徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

競馬

日本ダービーはマカヒキ  


ちゃうやん! マカヒキとリオンディーズのポディション逆やん!! なんでリオンの方がそんな後ろおんねん!?
あばばば。

史上最強メンバーが揃った、と謳われた第83回 東京優駿。実際、皐月賞を勝ったディーマジェスティ。2着のマカヒキ。クラシック前からダービー馬最有力候補と名高かったサトノダイヤモンドの三強に、朝日杯チャンピオンのリオンディーズ。京都新聞杯を勝って乗り込んできたスマートオーディン。ダービートライアル青葉賞をぶっちぎったヴァンキッシュラン。武豊の夢を背負ったエアメサイアの子、エアスピネルとタレント揃い。
NHK杯からの急戦組も含めて、非常に頭を悩まされるメンバーにうんうん唸るばかりだったのですが、それは誰しもが同じようで、単勝倍率も相当に割れ気味。中途半端に手を広げては、どうやってもリターンが薄いオッズばかりだったので、思い切ってえいやと皐月賞組にしぼり、その上で後方からの大外捲りではどうしても届きそうにない展開から、後方からぶん回してきそうで、なおかつエンジンの掛かりがどうも遅そうなマカヒキは馬券圏内まで入ってくるイメージが非常に薄かったので、これを消してサトノダイヤモンド、ディーマジェスティ、リオンディーズの三頭に絞って三連単を多めに買う、という方向に行ったのですよ。
あと、少しだけ皐月賞6着のマウントロブソンに手を広げて、これを軸に上の三頭にマカヒキを絡めた三連複を買い添えて、色気分も抑え……。
スタート初っ端からマウントロブソンが出遅れて、即座にこれは撃沈w
マウントロブソン、先行、先行だったのに。あの皐月賞のハイスピードでエアスピネルと一緒に前で粘ったのみこんだのに。
そして、何故か思惑と違い、前の方でサトノダイヤモンドと一緒に並んでいるマカヒキさん。一方、思いっきり下がって後方三頭目なんてところに居るリオンディーズ。
……デムーロっ、デムーロっ! おのれ、ミルコぉ。リオンのテンションがあがっていて、それを落ち着かせようとしたのは当然だけれど、折り合いをつけようつけようとするばかりに意識が行っちゃってて、レース展開どころじゃなく後ろ下げちゃったのがもうどうしようもなく……。あの位置じゃ折り合いどうのじゃなく勝負にならないよ! 前回前に行ってしまっての失敗ゆえなんだろうけれど、今回も騎乗ミスと言っちゃっていいんじゃなかろうか。川田、そしてルメールが完璧に近いレースをやってのけたのに対して、これではリオンは勝てんわ。
川田、絶対大外ぶん回すと思ってたのにw ちょっと見縊ってました。

いずれにしても、史上最強ダービーの評判に恥じぬ、歴史に残るマカヒキとサトノダイヤモンドの叩き合いでした。見応えありました。
……それにしても見事にハズレばかり引くんだよなあw

展開が読めない  

ヴィクトリアマイルである。

す、ストレイトガールかあ。
どうも最近、展開予想がことごとくハズレてしまって、考えていたレース展開にならないんですよね。
今日も、超高速馬場だとわかってたんだけれど……。なんでレッツゴーターキンが逃げないで、レッドリヴェールとかカフェブリリアントが前でガンガンレース早くするわけ?
前全滅じゃん。これで4着残ったスマートレイアーは大したもんですわ。
ってか、もうお年を召してあかんやろう、てか調教師の元気の無いコメントに騙されたよ! 舐めてたという意味では、このレコード決着でショウナンパンドラが三着食い込んできてるあたり、距離がどうの速い展開は無理だのと舐めてたかもしれない。距離が伸びる次走はきっちりわきまえないと。



艦これ、E5乙をクリア。比較的楽めだったんだけれど、ラスダン入ってからボスに辿りつけなくなったのには参った。ボス戦手前までほぼ無傷で辿り着く上にそこでの戦闘も圧倒するんだけれど、唯一残った一隻の魚雷が炸裂して、大破撤退してしまうんですよね。
最終的に応急修理で罷り通りましたが。

E6はどうやらギミックさえクリアすれば大丈夫みたいなので、野中隊も欲しいですからここは甲で行くかなあ。
E5で加入したポーラさんが、近年稀に見るはっちゃけっぷりで、楽しいですw

さらばゴールドシップ  



この馬に関しては、もう最後は勝つ負ける度外視で買っちゃいましたね。暴君オルフェーブルとはまた全く異なる暴れん坊、気まぐれ、オン・マイ・ウェイな馬だったゴールドシップ。これだけ個性的な馬が、この時代にこれだけの足跡を残していくとは思いませんでした。
変な馬だったなあ。馬券的には随分と恨まれてもいるでしょう。予想屋にしても鞍上やテキですら、この馬に関しては出来だとか適正とかもう関係なしに、馬が走る気になるかならないか、で完結していましたからね。
そんなん、予想のしようがないじゃないですかw もう、走ってみなきゃわからない。
こんな馬居ませんでしたよ。空前にして絶後だ。
でも、愛された馬でした。憎めない馬でした。返ってこないだろうなあ、と思いながらも投票してしまう馬でした。
最後のレースも、どうしようもなくゴールドシップの走り方でしたね。最後まで自由でした。どこかで、鞍上内田に戻って奇跡の復活、なんてチラリと期待もしましたけれど、まあそんな殊勝な馬じゃあなかったよなあ。ふてぶてしいまでに自分勝手なこの馬が、そんなストーリに乗っかるものかよ。
でもいいです、最後までゴールドシップらしかったですから。
楽しかったよ、ありがとう。

有馬記念は、ゴールドはゴールドでもシップではなく、ゴールドアクター。狙い目ズバリ、だったにも関わらず……キタサンっかーーーっ。ノリさんに乗り代わって、どうかと思って外したんだけれど、これは悔しい……。

しかし、先のモーリスといい、このゴールドアクターといい、まさかの父スクリーンヒーローの大活躍。果たして、こんな産駒が大活躍するとか誰が思ったでしょうか。グラスワンダーの血統だぜ。そして、母系を遡ると、ダイナアクトレスがお祖母ちゃんだぜ。SSが噛んでるとはいえ、ロベルトとノーザンテーストが入ってるスクリーンヒーローがここまで産駒排出するとは。
その肝心のゴールドアクター、母系がまたマイナーすぎる。この繁殖牝馬のレベルで、よくぞまあ……。
モーリスだって、母系は大概ですし。今後、繁殖牝馬のレベルは激烈にアップするでしょうし、そうなった時にスクリーンヒーロー、種牡馬として果たしてどの領域まで行くのか。面白いことになってきたなあ。

吉田隼人くん、初G1おめでと。


天皇賞・春  


まさしく、一から十まで、最初から最後まで、スタート前からゴールしたあとまで、全部全部ゴールドシップが独占してしまったゴールドシップ劇場でした。
もう、なんちゅうレースだ。
まったく、ステイゴールド産駒というのはこんなんばっかりか。すごすぎる。常識外すぎる。
まさしく歴史の残るレース。記憶に焼き付いて離れなくなる凄まじいレースだった。

そりゃあさ、みんなが心のどこかで思ってたよ。ゴルシは末脚に切れ味、一瞬の加速力に欠けるというのなら、それじゃあ他の馬よりも、どの馬よりも早くスパートをはじめりゃいいんだよ、と。

だからといって、四コーナー前どころか、3コーナーよりも前、向こう正面でまくり始めてゴールまで押し切るような超々ウルトラロングスパートをやらかして、実際に勝ってしまうとか思わんよ! 実際に出来るとは思わんよ!!
実際は3・4コーナー中間から息を入れていたとはいえ、なんであれで持つんだ? 普通バテるって。3200だぜ? そりゃ、ゴルシって走る気なくして伸びないことはあっても、バテて沈んでいったことは今までなかったけどさ。どんだけ底なしのスタミナなんですか。ゴールしたあともはしゃぎっぱなしで全然つかれた様子見せなかったし。
もう無茶苦茶である。オルフェも大概無茶苦茶だと思ったけれど、ゴールドシップのフリーダムさはあの金色の暴君をすら上回っているかもしれない。
こんな馬だから、みんな目が離せないんだろうなあ。どうしたって見切れない。飽きさせてくれないのだ。
京都コースは絶対ダメだ、と言われてなお、未練がましく買い続けてよかった。
三連複、ごちそうさまでした。

猛馬注意  

ドバイ、大盛り上がりでしたね。

ジャスタウェイもものすごかったけれど、ジェンティルドンナの走りっぷりは正直ビビる。怒れる女帝だ、この馬は。
トウケイヘイローは、あれ幾らなんでも突っ走りすぎましたね。タイムべらぼうに速かったんじゃないですか?
ホッコータルマエとペルシャザールは、あれだけ負けてしまったのを見ると、AWが合わなかったと見た方がいいんだろうなあ。

改めてジャスタウェイだけれど、巷で声があがっているように、日本に帰ってこなくてもいいんじゃね?


>到着メモ
月末のファミ通文庫、HJ文庫、スニーカー文庫などが到着。でも、ちょっとバラけて配送されてるみたいなので、いくつかまだ届いてないよ。


 【黒鋼の魔紋修復士 9】 嬉野秋彦(ファミ通文庫) Amazon

クライマックス前の短篇集。

 【夜姫と亡国の六姫士 3】 舞阪洸(ファミ通文庫) Amazon

これ、かなりダーク路線なのか。身内同士の内ゲバに発展しそうだし。


 【いちばんうしろの大魔王 ACT13】 水城正太郎(HJ文庫) Amazon

このシリーズもついに最終巻なんだが、最後にして凄まじいデザインを表紙に持ってきましたよ。古今でも屈指の怪表紙絵である。しかし、めちゃんこ薄いよ!?


 【無双嘘術の天才詐欺師<ハイスクール・チープトリック>】 志茂文彦(HJ文庫) Amazon

新人作家なのかと思ったら、アニメの脚本、シリーズ構成をやってる人らしい。


問題児たちが異世界から来るそうですよ? そして、兎は煉獄へ】 竜ノ湖太郎(角川スニーカー文庫) Amazon

長らく足踏みしていた本編もついに壁を突破。活躍するのか黒ウサギ!? 表紙のSDキャラが誰なのかも気になるところ。これ、斉天大聖?


薔薇のマリア 20.I love you.[noir]】 十文字青(角川スニーカー文庫) Amazon

完結編の上巻。表紙も上下巻で一枚絵、という構成に。何気にカップルばっかりじゃね、これ?


 【クロス×レガリア 女王の領域】 三田誠(角川スニーカー文庫) Amazon

六家総会、どうやらシリーズでも一つの山場みたいで。はったりと駆け引きが味噌となれば、盛り上がるといいのですが。


 【彼女たちのメシがマズい100の理由 6】 高野小鹿(角川スニーカー文庫) Amazon

メシマズもここで完結。最近メシマズになってなくて行き詰まってた感があったので、このあたりが締めどころでしたか。


 【ホームメイドヒーローズ 1】 鈴城芹(まんがタイムKRコミックス) Amazon

鈴城さんの新シリーズ。今度は家族で戦隊物!?


【興国の楯1945 ソ連潜水艦隊を壊滅せよ!】 林譲治(歴史群像新書) Amazon

最長シリーズを更新中。ってか、トータル何巻目だ。もうわかんなくなってるんですが。

艦これとか、  


本日から、アルペジオとのコラボイベント開催中の艦これ。自分も早速、イベント突入中。とりあえず、イオナとタカオを仲間にして、キリシマとハルナに突貫中。あかん、結構硬い。あと、レーザーがww
本気艦隊で行くと、綺麗に資源が融けていきそうなわりに全くボス戦にまで到達しそうにないので、雷巡三隻と軽空母・隼鷹飛鷹の片方に、イオナとタカオの艦隊構成でリターンマッチ中。
イオナとタカオは消費量パないんですけれど、クラインフィールドのお陰でかなり硬いので、まあ燃料弾薬消費だけ我慢すれば。ほかも、雷巡と軽空母なら大破しても修復資源はそこまで痛くないですしね。バケツなら山ほどある!!
なんとか、一度ゲージを削ることに成功。応急部隊も配置したので、これで何とかクリア出来るはず。

さて、大型艦建造ですが、一度やってみて心折れました。あれはあかん。消費量がとんでもなさすぎるw
全部4万近くためてたんですが、一回開発資源を100使って、空母レシピでやってみたんですが、既に持ってる瑞鶴が出たので、心がポキリしてしまいましたw この、既に居る艦が出た時のショックの大きさw
これは、週一くらいのペースでいいですわ。でないと、資源が尽きる前に心が痩せるw


コラボしているアルペジオのアニメの方は最終回。なんか、コントラしてる!? あのシーンで魂斗羅スピリッツが出てきてしまう時点で年齢が知れてしまう気がしますが。
全体の印象としては、原作から思いっきりストーリが乖離した上に、イオナをはじめとしたキャラの性格、立場の改変、そもそも登場機会すら失われてしまった、などといったものがありましたけれど、その割に不思議と原作ブレイク、とか原作レイプ、みたいな感じはなかったんですよね。原作サイドが制作に関与していたというのもあるんでしょうけれど、あれだけ違う話になっていたにも関わらず、どこか根本のところで原作とは乖離していなかった気がします。なかなか珍しい事案でありますが、概ね良かったんじゃないかなあ。素直に面白かったですし。
それに、全部をCGでやるアニメとしてはかなり画期的なものになったんじゃないかな。あそこまでCGキャラに違和感を感じなくすることができるまでになるとは。
コンゴウさんが救われて良かったです。コンゴウさんが泣いちゃうまでいじめるんだもんなあ。二期はコンゴウさんが助けにくる方向でお願いします。フェイトちゃん的な登場で。


関係ないですが、オルフェーブルは最後までオルフェーブルでしたね。あそこまではっちゃけるとは、本当にド派手で破天荒な馬だった。あれだけ競馬界を、関係者を、競馬ファンを、人間を引っ掻き回し倒した馬も居なかったでしょう。ネタ満載でありながら、あれほど強いとか、どんなキャラ立てなんだか。そして、最後の最後にあの走りである。反則だよなあ。【金色の暴君】オルフェーブル、まさに伝説でした。
子供たちにも、ぜひネタを提供してくれるエンターティナーになってほしいものです。

閃光の復活  


跪いて天皇皇后両陛下に一礼するミルコ・デムーロの格好良いこと、格好良いこと。あれは日本人の騎手にはなかなか出来ない礼の尽くし方だわなあ。敬意というものが伝わってくる、素晴らしい最敬礼でした。勝ったのがミルコで良かったと思える姿でした。
エイシンフラッシュも、あの強い勝ち方は復活と言っても構わないでしょう。もう終わった馬だと思っていたがとんでもない。よくやったよ、フラッシュ。馬券的には悲劇だったが。


到着メモ

【ベン・トー】の漫画版。小説の挿絵を書いている人がそのまま手がけてるんだけれど、まだまだ漫画として未熟なところのあった一巻と比べても、格段にうまくなってる。内容も、アサウラさんが手がけたボツネタが元になっているため、読み応えは充分。ベン・トーファンは即買い推奨。

【ベン・トー another Ropper’s night】
 柴乃櫂人/アサウラ(愛蔵版コミックス)

Amazon

オルフェ惜しいぃぃ!!  



一度ぶっちぎっただけに、差し返されて二着とか、悔しすぎる!! 悔しすぎる!!
深夜に絶叫してしまったですよ。
うががががが。
せめて、あと50メートル早く抜きに来てくれれば、オルフェも抜かせなかったんじゃないかと。あの暴君、気ぃ抜きやがっただろ、絶対。

届かなかったならともかく、これは未練が残るでや〜〜。

黄金色の暴君  

今まで見てきた競馬の中で、一番無茶苦茶なレースでした。もうわけわかんねえw
オルフェーブルのあだ名は【暴君】で決まりだな。




BASTARD!! −暗黒の破壊神− NINJAMASTER ガラ外伝 (JUMP j BOOKS)
BASTARD!! −暗黒の破壊神− NINJAMASTER ガラ外伝 (JUMP j BOOKS)萩原 一至 古橋 秀之

集英社 2012-03-19
売り上げランキング : 58


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第15回 マーメイドステークス(GIII)  

馬券購入や予想はしていなかったのだけれど、勝った馬が興味深かったのでちょっとだけ。
阪神2000メートルの牝馬限定ハンデ戦。集まるメンバーは近年はいわゆる中堅層。マイルから中距離あたりを主戦場とし、この時期宝塚記念には出られないものの、秋に向けてもう一叩きしたい牝馬が出てくるレースと言ったところか。
実際、5月の牝馬G1<ヴィクトリアマイル>から流れてくる馬が多い。また昇級戦を勝ち上がり、秋以降重賞戦線で活躍したいという馬もここを目標に定めている。
なんにせよ、よく見るメンツが出揃っているということだ。G1馬のリトルアマポーラはじめ、レジネッタ、チェレブリタ、ブラボーデイジー、マイネレーツェル、ムードインディゴ、ニシノブルームーン、ヒカルアマランサス。このあたりは、何度も同じレースで激突しているマイル〜中距離の牝馬重賞の常連である。

そんなレースで何が興味深かったのかというと、勝った馬。上記した常連連中を今回見事に下したのが、藤岡康太騎手鞍上のブライティアパレス。
この馬、実は前走が<メイS>だったんですよね。メイS三着。そう、この五月の単なる混合オープンに過ぎないこのレース、何気にこの上位三頭がこの三週間のメインレースで三週連続連対しているのです。
メイS1着のショウワモダンは<安田記念>を勝ってG1馬に。2着のシルポートは先週<エプソムC>でセイウンワンダーのハナ差2着。そして今週のブライティアパレス。
これ、比較的メイSがレベル高かったと言えるんではないでしょうか。んでもって、メイSで下した二頭がそこそこのメンツが揃った重賞で、これだけしっかり活躍したと言うことは、ショウワモダンの実力も証明されるのではないかと。
秋以降のショウワモダン、安田記念がたまたまのフロックとは考えず、ちゃんと注目していった方がいいんじゃないでしょうか。


この日は丁度、ディープインパクトの初仔が阪神の新馬戦に登場。内田騎手騎乗の牝馬シュプリームギフト。一番人気だったもののゲートでの出遅れが響いて結果三着。まー、まだ馬が子供でしたなあ。
ちなみに同レースで勝ったアヴェンチュラは、阪神JFとオークスを制したG1・2勝馬トールポピーの全妹。内容も圧勝でしたし、強かった。これは楽しみな馬が出てきたんじゃないでしょうか、

第27回 エプソムカップ(GIII)  

連日のG1ラッシュも先週で一区切りつき、今週の東京・京都最終節はエプソムカップとCBC賞。そういえば、今節の京都開催は中京の代替だったのか。
やはり馬場が変わると中京競馬場で蓄積されたデータが反映できないので、CBC賞の方は回避。エプソムカップには2歳時から応援しているセイウンワンダーが出ているので、朝日杯以来買っていないこの馬へのお布施のつもりで、彼を三連単の頭にして何通りか購入。
いえね、今年については18倍くらいの安い馬券が一回当たっただけで、まったく全然当たらない日々が続いてまして、さすがにへこたれてたんですよね。
だもんで、G1シーズンも一区切りついたし、検討にも時間をかけずに本気でお布施のつもりでひょいひょいと勘任せに買ったわけです。

……なんで当たるかな?

1着 2番 セイウンワンダー
2着 8番 シルポート
3着 4番 キャプテンベガ

セイウンワンダーは言うに及ばず。彼の格からすると、ここは負けられないレースだったんですよね。なかなかきわどかったけれど、きっちり勝ってきた以上まだまだ一線級で活躍出来ることを証明してくれたと思う。正直、良かった。
2着のシルポート。こいつは、先週安田記念を買ったショウワモダンが前走で勝っていたメイSで2着だった馬。元々メイS組は成績悪くないし、ショウワモダンのあの強さを考えたら、2着だったこの馬も決して引けを取らないんじゃないかと思って買っておいたんだが(三番人気でしたけど)、案の定強かった。先頭突っ走ってゴール間際まで二枚腰三枚腰だもんね。
三着には穴が来ると考えて、適当に人気薄過ぎないあたりを散りばめてたら、あたりましたよ。

よ、良かった。三連単で3万ついたから、今年の負け分概ね取り返せた。なんかもう今年はこのまま当たらないんじゃないかとすら思ってただけに、ほっとした。これで、今年あと全敗しても金額的には我慢できるレベルで収まる。

第60回 安田記念(GI)  


1600メートルのG1ホースが存在しない、混戦模様の前期のマイル王決定戦。
人気は前走マイラーズCを制したリーチザクラウン、名牝キョウエイマーチの仔で同レース2着のトライアンフマーチ、皐月賞馬で同レース3着のキャプテントゥーレ。と、マイラーズCの上位三頭がそのまま人気順に並んだ。
とはいえ、意外なことにマイラーズCからは近年勝ち馬が出ていない。リーチザクラウンはクラシックの頃から人気になると期待を裏切る性癖の持ち主で、控える競馬を覚えたという前走だけれど、二回連続で上手く折り合いつけれるか? という疑問が強かったので、敢えて回避。

結局馬券は、キャプテントゥーレ、トライアンフマーチ、去年の安田記念で三着だったファリダット、ダービー卿チャレンジトロフィーを勝ったショウワモダン、東京コースの1600で重賞2勝の実績を持つアブソリュート、そして香港馬からフェローシップ。この6頭で三連複を組んだのでした。


結果

リーチザクラウンは、案の定というべきか予想した通りになったというべきか。スタート後、馬群が安定するまでは4番手ほどといういい位置につけたものの、ペースがふっと緩んだ瞬間、リーチはペースを緩めず行ってしまおうとして鞍上と折り合いを欠き、この時点で脚を無駄に使ってしまったと思われる。結局、4コーナーを曲がって直線に入ったところで早々に失速。14着という無残な結果に終わってしまっている。

前半600m通過が33秒6というハイペース。先頭で馬群を引っ張ったエイシンフォワードをはじめ、先行集団は総崩れ。後方でじっくり脚を貯めていた馬たちが、最後の200メートルで一気に突き抜けてくる。最内を縫うように突破してきたのはスマイルジャック。粘っていたエイシンフォワードを躱してそのまま先頭に躍り出る。そのまま突き抜けるかと思われたとき、外からさらに加速してショウワモダンとスーパーホーネットが来襲。
追い出しを我慢した分、スマイルジャックをスーパーホーネットとショウワモダンが上回り、結果勝ったのは後藤騎手のショウワモダン。道悪巧者、中山専門とこれまでスピード競馬への適正に疑問が持たれていた馬だけれど、前前走のダービー卿チャレンジトロフィーでの勝利と前走斤量59キロを背負ってのメイSでの怒涛の差し切り勝ちと、馬がまるで一変したという評価が偽りでなかったことがここで証明されたと言える。勝ち時計は1:31:7。レコードからコンマ0.3という素晴らしい時計が、この馬の本格化を物語っている。少なくともフロックではあるまい。秋以降でもマイル戦線の主役級として注目していくべきだろう。
二着のスーパーホーネットは最近はあまりレースをこなしておらず、着順も二桁近いひどいものだったので評価を下げていたのだが、これでもう一花咲かせられるか。しかし、G1はどうしても二着までなんだよなあ、この馬も。
トライアンフマーチは中団前付近にいながらじりじりと漸進して沈まずの4着。展開からすると頑張ったほうだけれど、G1ホースになるにはここでもう一粘り出来る馬に並んとなあ。
キャプテントゥーレは7着。この馬ももう一息、突き抜けられないなあ。もう一回くらいG1を取れる馬だと思ってるんだけど。

勝ったのはショウワモダン。全体的に先行崩れとなってしまった

第71回 優駿牝馬(GI)  

今年の樫の女王を選出する牝馬クラシック第二弾。優駿牝馬(オークス)到来。

一番人気は阪神JFを勝ち二歳女王、そして桜花賞と連覇したアパパネが前日オッズ4.5倍。
阪神JFと桜花賞を奪取したにしては倍率が高いが、これは距離適性への不安からきたものだろう。阪神JFと桜花賞は1600メートルであるのに対して、オークスは2400メートル。歴史的に見ても、桜花賞まで連覇しながら距離の壁に跳ね返された例は多い。
アパパネは母馬ソルティビッドが1200の電撃戦を専門にした典型的な短距離馬だったこともあり、半ば長距離へと足を踏み込んだ2400という距離を不安視されるのも仕方ないところだろう。
斯くいう私も、アパパネは本命から外さしていただく。JF、桜花賞とひどい目に合った意趣返しじゃないぞ?

やはり桜花賞組はしぶとくオークスでも結果を出しているので、中心は桜花賞組から。そして、新規参入組はフローラSの上位二頭から。
ということで、今回は桜花賞4着のショウリュウムーンと5着のアプリコットフィズの二軸を中心に、そこからアパパネ、フローラS1着のサンテミリオンに、二着のアグネスワルツ。桜花賞で本命にしたアニミトバイオ。桜花賞2着のオウケンサクラに3着のエイシンリターンズ。
天候があいにくの雨。馬場状態は8Rの段階では稍重だったんだけれど、これからさらに悪化する? 切れ味勝負の馬はツライかも知れないが、正直馬場状態の悪い状態でどの馬がくるのかわからないので、そのへんは思考放棄。逃げるアグネスワルツくらいが大駆けしてしまうか。


結果


アパパネとサンテミリオンの同着決着!!

レースはニーマルオトメが逃げをうち、アグネスワルツが追いかける展開。そこから少し距離をおいて三番手集団。前の二頭は予想通りだったのだけれど、ショウリュウムーンが三番手集団を引っ張る形になったのは意外だった。もう少し控えた位置に行くと思ったんだが。雨天の馬場状態を考えて前気味にしたのか。結果としてショウリュウムーンはいいところなく、ブービーだったからなあ。
現実に、前のほうで競馬をしていた馬はほぼ壊滅状態。そんな中で粘って参着に食い込んだアグネスワルツは強かったと考えるべきか。
アパパネは蝦名騎手がうまいこと乗ったというべきか、アパパネの気性が成長していたということか。いずれにしてもネックだった折り合いがびっくりするくらいうまいことついていたのが勝因。ただ、体勢的にはサンテミリオンだったんだけどなあ。うまいこと首の上げ下げになった。
でもサンテミリオンともに競り合いでどちらも譲らず、という見事なレースだった。
フローラS組はやはり侮れないということか。
4着にはアニメイトバイオ。5着にはオウケンサクラ。この二頭も中団から後方にかけての位置取り。馬場状態からして前残りになるかと想定していたんだけれど、これは完全に想定外だ。
前めで走っていたアプリコットフィズも結局鳴かず飛ばずの6着だったし。

第5回 ヴィクトリアマイル(GI)  

先年の牝馬クラシックで激闘を繰り広げた二頭の強豪ブエナビスタとレッドディザイア。最終対決となった秋華賞以来、二頭はジャパンカップ・有馬記念、そしてドバイとそれぞれの舞台で暴れまくり、今再びこうして東京競馬場にて相まみえる。
両者ともにマイル戦は去年の春の桜花賞以来。今開催の東京コースは時計が走り、スピード対決が約束されたような馬場状態である中、中長距離戦線で戦ってきた事が懸念されるものの、やはり人気はこの二頭で分けられることになる。

とはいえ、最終オッズはブエナの1.5倍とレッドディザイアの5.7倍と随分と差がつくことになった。ドバイでの敗退が影響したのか、それともディザイアとブエナのマイル適性が倍率のように見られたのか。
かくいう私も、マイルではブエナが一枚上手と見て、本命は彼女の方にした。さらに、ここは素直にディザイアを対抗に持ってくるところなのだろうが、どうも二週前の調教の様子があまりよろしくなかった、という風聞が耳に入ったこともあり、敢えて対抗から外すことにする。
対抗に押したのは、三番のラドラーダ。三番人気で前走では阪神牝馬Sで一番人気に押されたものの6着に破れたが、それまで500万クラスから三連勝で一気に駆け上がってきた上り馬。さらに、前前走では上がり33.0という鬼脚を炸裂させている。このヴィクトリアマイルの三着以内好走馬の殆どが、過去に33秒台の上がりを記録しているのを考えると、この決め脚は注目に値したわけだ。
さらにもう一頭、ワンカラットを据えて、そこからミクロコスモス、ブロードストリート、ブラボーデイジー、アイアムカミノマゴ、プロヴィナージュと流した次第。

結果は

1着 ブエナビスタ
2着 ヒカルアマランサス
3着 ニシノブルームーン
4着 レッドディザイア
5着 ブロードストリート

予想通り、レッドディザイアは飛んだものの、2着3着を華麗に外してしまったorz
ヒカルアマランサスは、馬体重の減り方が気になって外したんだよなあ。陣営は460キロ台で入れると言っていながら、実際は448キロとなっていたので、あれ? と思って外したんだけれど……やられた。ニシノブルームーンは完全に想定外。こいつには過去色々と馬券的に痛い目を見ているので、予想時に完全に意識の埒外にあって検討すらしなかった。やられた。

レース展開は1番のベストコンディションとブラボーデイジーが引っ張り、プロヴィナージュが追随する形。ディザイアは中段。ブエナは少し下げて後ろの方から。33.8と言っていたから最初はかなり速いペースだった模様。この辺は予想通り。
実際、二着に抜けたアマランサスは先行のいい位置につけていた。ディザイアも中団から、直線に入った時にいい感じで抜けてきたかと思ったんだけれど、彼女に限らず全体的にスピードが落ちなかったものだから、一気に抜けるという形にはならず。
それらを外から鋭くも長くきかせたロングスパートで抜き去ったブエナの脚はやっぱり凄い。正直、最後の50メートルくらいまで先頭集団に届くか、と心配になるくらいの位置だったし、20メートル手前で先頭に抜けたアマランサスに、こりゃあ届かん! と悲鳴をあげたくらい。ぶっちゃけ、スローで再確認するまで負けたかと思ったもんなあ。
そのカミソリみたいな切れ味の追い込みで一世を風靡したブエナだけれど、横山騎手の騎乗で先行策を経験して以来、まくりに切れ味だけじゃなくしぶとさも加わったような気がする。
何にせよ、あの場所から見事に躱して勝っちゃうんだから、ブエナビスタはやっぱりすごいわ。
ディザイアはハミ噛んじゃったとか色々あったみたいだけれど、やっぱりベストは中距離か。次走はどうするかわからないけれど、宝塚記念あたりに来るようなら本命も考えうる。勿論、もう一度ブエナと決着つけてほしいね。

あー、しかしディザイア外して馬券当てきれないのは、どうしようもないなあ。

第15回 NHKマイルカップ(GI)  

創設当初は、クラシックに出走出来ない外国産馬のタメの裏クラシックという趣だったこのレースも、クラシック戦線への外国産馬の門戸開放に加えて、松田国英調教師に寄るキングカメハメハのNHKマイルCと日本ダービーの連覇という、新しいルートの開拓によって、皐月賞・日本ダービー・菊花賞という三冠に匹敵するだけの格を手にした本レース。

今年もここを勝って、さらにダービーに挑もうと言う野心も露な馬たちが参戦してきている。
二強と謳われ、人気を二分しているのがNZTを圧巻の1:32.9で完勝したサンライズプリンスと、強豪が揃い踏みした毎日杯の激戦を制したダノンシャンティ。特にシャンティは、NHKマイルCと日本ダービーの連覇に並々ならぬこだわりを持つ松田師のお手馬であり、最初からここを目指して調整してきたという強みがある。馬としても、東京マイルは合っているだろう。

この二頭に追随するのが、リルダヴァル。骨折で成長期の大事な時期を棒にふったものの、なんとかクラシック戦線に戻ってきたリルダヴァル。皐月賞こそ6着で終わったものの、復帰後二走したことで復調気配。データ的にも皐月賞一桁着順、一着から0.5秒差、おそらく最終的にも三番人気あたりには食い込むと予想されることから、好成績を残せるデータは揃っている。才能は、ヴィクトワールにも引けを取らない。ここで真価を示して欲しい。

このNHKマイルCは三着以内に十番人気以降の人気薄の馬がポンと飛び込んでくる事にも定評のあるレースである。が、その人気薄の馬、なにげに前走や前前走で重賞で好走しているケースが多く、何で人気薄になっていたのかと思ってしまう成績の持ち主が多かったりする。まあ、ここに出てくるような馬は重賞で好走していないと賞金的に足らないという理由もあるんだが、それでもよくよく吟味してみると、美味しい馬が人気薄で転がっていると言う美味しいレースでもあるのだ。
その厳選が難しいと言われればそれまでなのだが。


というわけで、私の予想であるが、ここは期待も込めて本命はリルダヴァル。そういえば先週おんなじようなことを言って、フォゲッタブルで痛い目を見た記憶もないではないが、競馬なんてものは夢を失ったら終りなのである。夢を買って、希望を買って、それがお金になればうれしいなというゲームなのである。お金になればうれしいな、の部分は二着以降の選択で操作すればいい話。それが一番ハズレるパターンだ、というのも耳の痛い話。
サンライズプリンスはスパッと切ります。無謀だと言うなかれ。あの馬は強いよ、というのもわかっている。ただ、ダノンシャンティに比べると、まだコチラの方がポンと掲示板を外れそうな予感があるのだ。単なる予感なので、根拠はない。せいぜい、NZTをステップレースにするのはあまり成績が良くない、と言うことくらいだろうか。本当に強い馬なら関係ないよ、というレベルの話である。
二着にはダノンシャンティと、アーリントン、NZTと連続で三着に食い込んでいるレトを持ってくる。さっきNZTはだめじゃんと言ったそばからこれである、われながら信用がならない。
三着には、サウンドバリアー、キョウエイアシュラ、エイシンアポロン、シゲルモトナリ、ガルボから。

よし、頑張れリルダヴァル。


結果

に、日本レコード。レースレコードでもコースレコードでもなく、日本レコード出しやがった。
前半から飛ばしに飛ばしまくった超高速レース。結果は後ろに控える競馬になったダノンシャンティが、33.5という上がり時計(二番目のエイシンホワイティと0.7秒差という別次元)で前で粘るサンライズプリンス。それを抜きにかかるダイワバーバリアンとリルダヴァルをまとめてちぎって、なんと日本レコードで圧勝。
つええ。激烈につええ!!
こ、ここまで強いのかダノンシャンティ。松田先生がキングカメハメハの再現を狙うだけはあるということか。
いや、このレース展開だとあそこまで前で粘ったサンライズプリンスも滅茶苦茶強かったと言っていいはず。それを抜き去ったダイワバーバリアンも大したものだし、直線、前がふさがったところを無理やり外に7,8メートル横っ飛びに持ち出してそこから追い出したリルダヴァルもすごかった。すごかっただけに、それらをまとめてちぎったシャンティの凄まじさが際立つことに。
そりゃあ、レース展開は後ろに下がったシャンティに優位に働いたとはいえ、これは凄い、すごいわ。

いやあもう、ダービーこれすごいことになりましたよ。皐月賞組だけで再戦したって例年よりも遥かに高いレベルの馬が集まっているにも関わらず、青葉賞・京都新聞杯・プリンシパル、そしてこのNHKマイルCから恐ろしいまでの馬たちが乱入してくるわけですから。
これは日本競馬史上でも屈指の、今までに見たことの無いレベルの戦いが待っているとしか……。これでも長いこと競馬見てきましたけど、ここまでの陣容が揃ったのは覚えがない。
あのフジキセキ、ダンスインザダーク、フサイチコンコルド、バブルガムフェローなどといった強豪馬が揃った1996年クラシック世代がいままで見てきた中では一番凄かったと記憶する世代だけれど……あの世代は結局、揃ってクラシックを戦うことはなかったし、いや揃ったとしても果たしてここまでのものになったかどうか。
恐ろしいことに、本当に恐ろしいことに、ここや京都新聞杯で三着になってしまったリルダヴァルやレーヴドリアンといった馬たちはダービー出られないんですよ、おそらく。信じられない。今年のダービー、いったいなんなんだ!? 三歳戦時は最強と謳われたローズキングダムが、これじゃあ添え物扱いじゃないか。

第58回 京都新聞杯(GII)&プリンシパルステークス  

例年はあまり盛り上がらないこの時期の日本ダービートライアルですが、今年は熱い熱い!
先週、ペルーサが凄まじい時計を記録し、一躍日本ダービーの本命の一角に名乗りを上げる形となった青葉賞に引き続き、今週も京都新聞杯とプリンシパルSというダービートライアルが開催されました。

プリンシパルの本命は、やはりあの馬、大器ルーラーシップ。皐月賞前哨戦の若葉Sでは、ザタイキの故障や前走の激走の影響もあってか、脚が伸びずに結局皐月賞の出走権を取り逃してしまったのですが、ダービー優先出走権をかけたこのレースでは、その実力をいかんなく発揮してくれました。
圧勝だったとは聞いていたのですが、公式サイトで実際のレースの模様を見て口をあんぐり。まじでケタ違いの圧勝じゃないですか。他馬をまるで問題にしない四馬身差。突き放してから流していたので、実際はもっと突っ走っていたでしょう、これ。相手はわりと小粒だったとは言え、二番人気のダイワファルコンはヴィクトワールピサが勝った弥生賞で三着に入っている馬ですし、なにより時計ですよ、時計。東京コースと中山の違いはあるとはいえ、皐月賞よりも一秒以上早い1:59:1という記録を叩き出したのは評価できるんじゃないでしょうか。もちろん、ダービーはそこからさらに400メートル距離が伸びるのですが、キンカメとエアグルーヴの子供と来たら余裕で大丈夫でしょう。
単純に出走権が取れたらいいなあ、といった程度の期待値だったので、ここまで強烈なインパクトで殴り込んでくるとは思いもよらず、これは嬉しい悲鳴だ。

そして、京都新聞杯では皐月賞で私が馬券を捧げたゲシュタルトが、先行押切でコスモファントムを競り落とし、レーヴドリアンの凄まじい追い込みを躱して、見事に勝利。
うむ、皐月賞では瞬発力勝負になってしまったところがあったけれど、先行馬で唯一と言っていいほど見せ場を作っただけあって、前優位の競馬になったらやっぱりこの馬、思ってた以上に強いわ。レーヴドリアンが評判どおりのド迫力のまくりを見せながら、あれで追いつけなかったのはレーヴドリアンからすれば痛いし、ゲシュタルトとすれば会心の競馬だったろう。
時計も過去五年さかのぼっても一番の時計で文句もない。
レーヴドリアンは、これはファンがつきそうな馬だなあ。確かに、見ていて痛快だ。あのダイナミックなストライドは、他馬とはスケールが全然違っていて、見ていて惚れ惚れしてしまう。このレースでも他馬とは次元の違う脚を見せたものの、展開やゲシュタルトという相手が悪かった。この馬をダービーでも見たかったが……まだまだ先があるさ。
なんども繰り返しになってしまうけれど、今年の三歳牡馬はタレントぞろいだワ。

第141回 天皇賞(春)(GI)  

グランプリホース・ドリームジャーニーが脚部不安の為にレースを回避したため、古馬の総大将不在のレースとなった今年の天皇賞・春。
G1馬が前年の覇者マイネルキッツのみ、となってしまったが小粒ぞろいというなかれ。
なにしろ、今年はこの馬がいる。この馬の伝説ロードのスタートゲートだと捉えれば、このレースも趣が出ようというものだ。

フォゲッタブル

去年の秋から本格化の様相を呈していた超良血馬。菊花賞二着、有馬記念4着という足馴らしを経て、今年の快進撃はまさにここから始まる。
勿論、人気も一番人気。長距離ならお手の物。まさにフォゲッタブルの為に用意された舞台と言えよう。


対するは、去年の覇者マイネルキッツ。去年の天春以降、パッとしない成績の侭暮れを迎えてしまったキッツだが、有馬記念で掲示板に乗る五着に入り、年明けてのAJCCで四着。そして前哨戦である日経賞で見事に復活を果たし、調子はまさに去年に勝る勢い。唯一のG1ホースの面目を保てるか。

そんなキッツを差し置いて、二番人気を獲得しているのは未完の大器ジャガーメイル。未だに重賞をひとつも奪取していない馬ながら、16戦して未だに掲示板を外したことが3歳OP特別での一度しか無いという安定感。それはG1の最前線でも、海外重賞でも変わらない。まず一つ目の重賞制覇がここだとしても、なんらおかしくはないのである。

そして、フォゲッタブルと並ぶ今一番の上り馬といえば、1600万以下から一躍阪神大賞典で二着に躍り出たジャミールである。その阪神大賞典も、ある意味馬が遊んでしまってかわされた面があり、しっかりと追い込んだ場合の結果を想像するとそら恐ろしいものがある。
初の重賞挑戦で見事に天皇賞春の出走権を手にしたこの馬こそ、今年の出世馬かもしれない。

その阪神大賞典を、五回目の挑戦で初制覇したのがトウカイトリック。御ん年8歳という大ベテラン。しかし、その8歳にして今が最高潮というのが凄まじい。
この天皇賞・春も挑戦は5回目。過去には三着という実績も残している。ちなみにその年の阪神大賞典も三着だった。はてさて、その符号や如何に。

さらにお歳を召していらっしゃりながら意気軒昂、というのならこの馬エアシェイディこそ、老雄の名に相応しい。さらに一年歳を経て、今は9歳。でありながら、去年の暮れの有馬記念は3着。日経賞では2着に入るという活躍っぷり。その安定感もずば抜けていて、掲示板は外さない。

ブエナビスタ、レッドディザイアという若かりし女傑たちがヴィクトリアマイルに向かう中、一頭この超長距離路線に殴り込みをかけた名牝が、メイショウベルーガである。常に華ある戦場にて戦い続けたブエナやディザイアと違い、クラシックでは鳴かず飛ばず。2009年の一年間を、OP特別の長い下積みで過ごした叩き上げ。それが、日経新春杯を制し、阪神大賞典では古豪を押しのけ、一番人気。長距離を懸念されながら、三着に粘り込んだ遅れてきた女王陛下である。


さて、私の購入筋はというと、本命はフォゲッタブル。ここは勝っておきたいというよりも、この馬の将来を考えたときにはまず勝たないといけないレース。三連単の頭に持ってくる。

対抗はエアシェイディ。ぶっちゃけ、高い位置での安定感では、他のメンバーを頭ひとつ上回っている。これより強力なメンツの揃ったレースで常に勝ち負けという結果を残してきた馬であり、今もまったく衰えるどころかのぼり調子という怪物である。9歳という年齢に騙されてはいけない。

そこから、阪神大賞典を勝ったのに妙に人気があがらないトウカイトリック。地味でどうしても買気が盛り上がらない馬なんだが、だからといって軽視していい馬じゃない。
勢い重視でジャミール。馬もそうだが、アンカツと松元調教師というコンビがこの春天では怖すぎる。
この三頭が二着・三着

さらに、三着のみでメイショウベルーガと穴狙いでミッキーペトラ。
これで勝負。

ジャガーメイルは、これまで散々、散々裏切られてきたので、ここは切ってやる。
マイネルキッツもここは見送り。


結果

ああー、ジャガーメイルがきたかー。京都記念のブエナの二着はフロックじゃなかったか。二走連続で強い走りを見せられたら本物と認めざるを得ない。ついに無冠の帝王返上か。
鞍上のウィリアムスも好騎乗。此の人、日本で短期免許取り始めてまだ間もないけど、この人も上手いなあ。
二着には前半から積極的に前でレースを仕掛けたマイネルキッツ。スローペースを見越してだろうけど、これも好騎乗と言ってもいいかと。松岡もやるようになったもんだ。
あーー、敢えて外した二頭が来てしまったか。こりゃあ、お手上げ、完敗だ。
三着には16番人気のメイショウドンタク。これもレースの流れに上手く乗ったのでしょう。
一番人気のフォゲッタブルはゲート内で暴れてスタート出遅れ。ただ、それ以上に動きが悪かった。久々が響いたのかなあ。正直、期待していただけにガッカリ感は否めない。次走で真価が問われるところだ。
エアシェイディは最下位か!! トーセンクラウンが降着で最下位になってるけど、実質はこの馬が最後尾。これはどうしたんだろう。馬体重14キロ減が響いたんだろうか。調整失敗?

第17回 テレビ東京杯青葉賞(GII)  

後続を四馬身ちぎったペルーサがあまりに別格過ぎた。

皐月賞トライアルである若葉Sを完勝したものの、厩舎の方針で皐月賞には向かわずダービー直行コースを選んだペルーサ。
ちなみに、この若葉Sでペルーサの二着に入ったヒルノダムールが、皐月賞本番でも並み居る強豪を押しのけて、ヴィクトワールピサに続く二着に入った事実を鑑みれば、そのヒルノダムールをケチらしたペルーサの実力を推し量れるのではないだろうか。

元来、青葉賞組は決してダービーではいい成績をあげている印象がないのだが、今回ばかりは馬の強さがケタ違いすぎるので、これまでのデータはあまり考慮しなくてもいいのではないだろうか。
少なくとも現状ではヴィクトワールピサと甲乙付けがたい。

二着には、これもデビュー前から前評判が高く、その評判通りにデビュー戦から二連勝を飾っていたトゥザグローリーがきっちり追随。ちなみにこの馬はかの名牝トゥザヴィクトリーの息子さんである。

三着には追い込みのまくり脚に定評のあったハートビートソングが、後方からの34.1の凄まじい追い上げで他馬をかわして三着入線。でも、勝ったペルーサは33.8なんだよねw

結局、1〜3番人気の馬が人気通りに順当に入線。これは鉄板だよなあ、と100円だけ三連単で買ったら、順当に当たってくれました。三連単1880円。
ちなみに、これが今年の初的中。よ、ようやくあたってくれたorg これまでの負け分を取り返すには程遠いんだけど、とにかくこれまで外れまくってたので、気分的にずいぶんと楽になりました。
しかし、いつも10通り以上買ってて当たらないのに、一点買いで当たってしまうと言うのはド本命でも多少複雑。ああ、でもようやく当たってくれたんだからいいや。

さて、天皇賞の検討に入ろう。

第70回 皐月賞(GI)  

今年は例年に比べても非常にレベルの高い馬が集まったレースになった。この世代は野球で言うところの松坂世代、と言っていいかも知れない。
結局皐月賞に歩を進めなかった馬の中にも、若葉Sをどえらい勝ち方をしたペルーサ。毎日杯を勝ったダノンシャンティ。フォゲッタブルの半弟、ルーラシップ。名牝トゥザヴィクトリーの仔トゥザグローリーなどといった大物たちがまだなりを潜めている。
まさに群雄割拠。

大戦国クラシック!!


本命は、これはヴィクトワールピサは譲らないでしょう。去年のロジユニバースみたいな例はあるけれど、初戦の新馬戦でローズキングダムの二着に敗れた以外は、未勝利戦・京都二歳S・ラジオNIKKEI杯2歳S・報知杯弥生賞と四戦を一番人気で危なげなく勝利。とにかく自由自在で乗り手の言う事を素直に聞く頭のいい馬。どういう状況からもスマートに突き抜けてくる勝利勘。
少なくとも二着は絶対保持するでしょう。

相手は皐月賞で一番成績の良いスプリングS組から。激戦を疾風のごとく駆け抜けたアリゼオ。敗れた共同杯も、あと数十メートルゴールが先なら勝利したハンソデバンドをちぎった勢いで捲くってきていた。逃げて、ゲシュタルト・ローズキングダムの猛追を振り払ったレースを見ても、この馬はマジで強い。問題は、他馬を気にする精神面だが、乗り手が横山典さんというのはとてつもない安心材料と言っていい。
そしてこのレース二着だったゲシュタルト。皐月賞でも四十倍を超えているように人気はしていないのだけれど、ローズキングダムをついにゴールまでかわさせなかったあの脚は瞠目に値する。調教の様子がまた凄まじく、合わせたリトルアマポーラを子供扱いしてみせた(その彼女、今日のマイラーズCで最下位だったけど)、穴をあけるならこの馬が美味しい。

重賞未勝利ながら強さが目立つのがヒルノダムール。若駒ステークスで大器ルーラーシップを蹴散らし、続く若葉Sでペルーサとともに他馬と別次元の競馬をしていた。元々若葉S組も皐月賞では優秀な成績を残している。これも押さえておいて損はない。
実績が残せていないという意味では、リルダヴァルも同様。伝説の最強馬ディープインパクトの甥であり、新馬戦・野路菊賞と鮮烈な連勝をしてみせ、スターホースへの道を着実に駆け上がりかけたところで、骨折のアクシデント。長期休養明けの毎日杯ではザタイキの事故の煽りを食ったっぽく、参着に終わってしまったが、一度叩いて良化は確実。データからすると、この戦歴は決して良い成績を残せるようなものではないのだが、天才は常識を覆してなんぼである。

二番人気の王様。薔薇の王ローズキングダムは、まだちょっともう一叩きしたいところなんだよなあ。スプリングで三着になってしまったのは、まあ仕方がない。が、その後で見違えるように馬が艶を増したという類の話もあんまり聞かないんだよねえ。
むしろこの馬はダービーの方で重視したい。あって二着まで、か。


それにしても、今回は悩まされた。メンバーが揃いすぎてて、正直何から買ったらいいものか。

・リルダヴァル     3戦[2010] 野路菊賞1着・毎日杯3着
・ハンソデバンド    5戦[3200] 共同通信杯1着・ジュニアC1着
・ネオヴァンドーム   5戦[2300] きさらぎ賞1着
・ローズキングダム   4戦[3010] 朝日杯2歳S1着・東京スポーツ杯2歳S1着・スプリングS3着
・ゲシュタルト     4戦[1201] スプリングS2着
・エイシンフラッシュ  5戦[3011] 京成杯1着
・エイシンアポロン   7戦[2302] 京王杯2歳S1着・朝日杯2着・弥生賞2着・デイリー杯2着
・ヴィクトワールピサ  5戦[4100] 弥生賞1着・ラジオNIKKEI杯1着
・レーヴドリアン    4戦[2110] きさらぎ賞2着
・ヒルノダムール    5戦[2201] 若駒S1着・若葉S2着
・アリゼオ       4戦[3010] スプリングS1着・共同通信杯3着


確かに、こうして有力馬の戦歴を並べて見ると、図抜けているのが一頭だけ四勝しているヴィクトワールピサだわなあ。
エイシンアポロンが一頭だけ七戦しているんだよね。負けたのは新馬の頃だけで、以降は強豪相手に銀を譲らないレースをしている。ヴィクトワールピサとローズキングダム、両方相手に二着やってるんですよね。
不気味なのは、きさらぎ賞2着のレーヴドリアン。あのレース、一番人気はこの馬だったんだけど、一頭だけ次元の違う追い込み見せてるんですよね。差し足の凄まじさでは、このメンツでも頭一つ抜けているかも。

難しいなあ。今回は本当に難しい。


結果


1着 13番 ヴィクトワールピサ
2着 16番 ヒルノダムール
3着 11番 エイシンフラッシュ
4着 05番 ローズキングダム
5着 18番 アリゼオ
6着 01番 リルダヴァル
7着 06番 ゲシュタルト


ヴィクトワールピサ、完勝! これは鞍上岩田のコース選択がうまかった。最内をするするとくぐり抜けてしまった。ヴィクトワールピサは前走もそうだったけど、隙間を縫って抜けてくるの、上手いなあ。わりとS字というか、グネグネと間を縫って走っているはずなのに、躊躇ったり脚が鈍ったりとかせずに、ヒラリヒラリと躱すように抜けてくるんですよね。いや、華麗だわ。そして強い。

馬券は、ゲシュタルトとエイシンフラッシュ、どちらを最後まで選ぶかを最後まで迷った挙句にゲシュタルトの方に転んだために、全滅です全滅。今年、マジでスランプだわー。京成杯一着が引っかかってたんだけどなあ。最近、自分の勘が信じられず、ついつい保守的なデータにすがってしまう傾向がある。気をつけてはいるんだけど、なかなか難しい。

勝ったヴィクトワールは強かったけど、リルダヴァル、いやゲシュタルトまではまだまだ巻き返せる。ヒルノダムールの追い込みは凄まじかった。若葉Sの再現とも言える脚だったけど、ダービーではこのヒルノダムールをねじ伏せたペルーサが出てくるんだから、恐ろしい話である。
薔薇の王様は、正直調整不足と言って良かったかも。調教での騎手コメントも、良く良く言ってることを鑑みると、まだまだ持ち直してないねー、と言ってるようなもんだったし。こちらも本番はダービーよ。
アリゼオは大外枠が響いたと言っていい。馬を気持ちよく走らせることが出来なかったからねえ。精神面で成長したら、この馬も化けるよー。
才能だけで走っているようなリルダヴァル。ぶっちゃけ、その才能だけで何とかしてくれないかと思ってたんだけど、今年のメンバー相手じゃちょっと辛かったか。それでも、6着に入っているあたりは、その価値は薄れていないよ。

馬券的にはへこんでいるけれど、レースとしては非常に満足だった。勝ったヴィクトワールの歴史的な強さと同時に、他の馬たちも群雄に相応しい勝負を魅せてくれたと思っている。
ダービーが楽しみだわ。

第70回 桜花賞(GI)  

本命は二歳女王決定戦阪神ジュブナイルフィールズを制し、道悪のなかチューリップ賞で二着に入ったアパパネ、ということになるのだろうけれど、現実的には重賞を二勝している馬がいない以上、飛び抜けた実力馬不在の混戦模様と言ってしまっていいのではないだろうか、というところの今年の桜花賞。

人気どころは上記したアパパネとクイーンCを制したアプリコットフィズが単勝倍率一桁台。そこに、チューリップ賞勝ち馬のショウリュウムーン。フラワーC勝者のオウケンサクラ。阪神JF二着で同レースを挟み、三レース連続で二着を譲らない歴戦馬アニメイトバイオ。新潟二歳Sで怒涛の32秒台のマクリをみせたシンメイフジ。二歳時から最前線で戦い続け、Fレビューで二着を取ったラナンキュラス。このあたりが十倍台で追随といったところか。

本命サイドで決まるか大荒れになるかの桜花賞ですが、今回は混戦模様と踏んで、上位二頭は飛ばします。
同時に、本命サイドで決まりガチなラスト直線での瞬発力勝負を捨てて、タフネスな展開を予想。
本命は大崩れしない実績のアニメイトバイオ。この馬の場合、しぶといというよりも虎視眈々、といった雰囲気があるんですよね。銀メダルホルダーもそろそろ上を狙ってるんじゃないだろうか。
そこから、ラナンキュラス。レディアルバローザ。ワイルドラズベリー。コスモネモシン。
この辺を狙ってみます。


結果

ぐあっ、朝方、雨が降ってきたために天候の悪化を鑑みて狙い馬を変えたにも関わらず、雨降らんかったー! 持ったーー!
いずれにしても、アパパネを外していた以上、これはどうにもならなかったわけですが。
アプリコットは経済コースを通って直線も一瞬伸びかけたのになあ、そこからパタッとアシが止まってしまった。先行していたオウケンサクラが内に切れ込んできたために、一瞬前を塞がれたというのもあったんだが、それにしてもあれはちょっと不甲斐ない。

あーー、結局馬券の方はいささか変更して、アプリコットフィズも押さえて、アニメイトバイオ、ラナンキュラス、コスモネイシンに、アルバとラズベリーは外してショウリュウムーンとエイシンリターンズ。この六頭の三連複ボックス20点買でいったのですが、
結果は

1着 9番 アパパネ
2着 8番 オウケンサクラ
3着11番 エイシンリターンズ
4着 1番 ショウリュウムーン
5着 3番 アプリコットフィズ

概ね予想通り、前で競馬をした馬が残る展開になったんだけどなあ。アニメイトバイオは前走から20キロ減。前走が休養明けで体重増えていたにしても、これはちょっと減りすぎじゃなかったか? 休養前は456〜60台だったのに、450キロだったもんなあ。成長期にこの減りは、うーん。
まあ、アパパネは順当に強かった、ということでした。桜花賞は一番人気を外す方が無謀ということか。
しかし、当たらないなあ。今年は未だに的中無しですよ。さすがに焦ってきた。
 
12月4日
【呪禁師は陰陽師が嫌い 平安の都・妖異呪詛事件考】
黒崎 リク
(宝島社文庫)

Amazon Kindle B☆W

【異世界転生して生産スキルのカンスト目指します! 4】
渡 琉兎
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【神猫ミーちゃんと猫用品召喚師の異世界奮闘記 4】
にゃんたろう
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【転生したら小魚だったけど龍になれるらしいので頑張ります】
真打
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【幼馴染のS級パーティーから追放された聖獣使い。万能支援魔法と仲間を増やして最強へ!】
かなりつ
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【厄災の申し子と聖女の迷宮 1】
ひるのあかり
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【主人公じゃない! 1】
ウスパー
(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W

【おっさんはうぜぇぇぇんだよ!ってギルドから追放したくせに、後から復帰要請を出されても遅い。最高の仲間と出会った俺はこっちで最強を目指す!】
おうすけ
(BKブックス)

Amazon Kindle

【俺だけ作れる魔道具でポンコツパーティーを最強に! 〜ハズレスキル【鑑定眼】、実は最強でした〜】
塩分不足
(BKブックス)

Amazon Kindle

12月2日
【アレクサンダー英雄戦記 ~最強の土魔術士~】
なんじゃもんじゃ
(一迅社ノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【天才最弱魔物使いは帰還したい 〜最強の従者と引き離されて、見知らぬ地に飛ばされました〜】
槻影
(一迅社ノベルス)

Amazon Kindle B☆W

12月1日
【戦翼のシグルドリーヴァ Sakura (下)】
長月達平
(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【真の仲間 Episode.0 今だけ最強の走竜騎士は、いずれ無双の妹勇者を守り抜く】
ざっぽん
(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について】
桜木桜
(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【元スパイ、家政夫に転職する】
秋原タク
(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【クロの戦記 5 世界転移した僕が最強なのはベッドの上だけのようです】
サイトウアユム
(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【魔界帰りの劣等能力者 5.謀略の呪術師】
たすろう
(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【夢見る男子は現実主義者 3】
おけまる
(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【精霊幻想記 18. 大地の獣】
北山結莉
(HJ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【アルバート家の令嬢は没落をご所望です 8】
さき
(角川ビーンズ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【王太子妃パドマの転生医療 「戦場の天使」は救国の夢を見る】
さくら 青嵐
(角川ビーンズ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す 4】
言寺あまね/鏑木 ハルカ
(MFC)

Amazon Kindle B☆W

【アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3】
彩月 つかさ/さき
(B's-LOG COMICS)

Amazon Kindle B☆W

【メニューをどうぞ ~異世界レストランに転職しました~ 2】
黒野 ユウ/汐邑 雛
(B's-LOG COMICS)

Amazon Kindle B☆W

【1/10の花嫁 4】
ゆきの
(サンデーうぇぶりSSC)

Amazon Kindle B☆W

11月30日
【賢者の弟子を名乗る賢者 14】
りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【聖者無双 〜サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道〜 8】
ブロッコリーライオン
(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【異世界転移したら愛犬が最強になりました 〜シルバーフェンリルと俺が異世界暮らしを始めたら〜 1】
龍央
(GCノベルズ)

Amazon Kindle B☆W

【むすぶと本。『嵐が丘』を継ぐ者】
野村美月
(ファミ通文庫)

Amazon Kindle B☆W

【俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた】
わるいおとこ
(ファミ通文庫)

Amazon Kindle B☆W

【未実装のラスボス達が仲間になりました。】
ながワサビ64
(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W

【魔法使いで引きこもり? 8 ~モフモフと駆ける雪山の決戦~】
小鳥屋エム
(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W

【おお魔王、死んでしまうとは何事か 〜小役人、魔王復活の旅に出る〜】
榊 一郎
(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【剣帝学院の魔眼賢者】
ツカサ
(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます 2】
謙虚なサークル
(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【雪の名前はカレンシリーズ】
鏡 征爾
(講談社ラノベ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【精霊の友として】
北杜
(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

【俺だけ入れる隠しダンジョン 6 〜こっそり鍛えて世界最強〜】
瀬戸 メグル
(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

【Free Life Fantasy Online 〜人外姫様、始めました〜5】
子日 あきすず
(Kラノベブックス)

Amazon Kindle B☆W

【コミックライド2020年12月号】

Kindle B☆W

11月28日
【まんがタイムきららキャラット 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月27日
【ガヴリールドロップアウト 10】
うかみ
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【ガンフェスタ 2】
芝村裕吏/ku−ba
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【まったく最近の探偵ときたら 8】
五十嵐正邦
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【航宙軍士官、冒険者になる 3】
たくま朋正/伊藤暖彦
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【魔法使いの印刷所 5】
もちんち/深山靖宙
(電撃コミックスNEXT)

Amazon Kindle B☆W

【JKからやり直すシルバープラン 3】
李惠成/林達永
(ヴァルキリーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ポンコツ女神の異世界創世録 4】
金光鉉/林達永
(ヴァルキリーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【転生したらスライムだった件 16】
川上泰樹/伏瀬
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【Sランクモンスターの《ベヒーモス》だけど、猫と間違われてエルフ娘の騎士(ペット)として暮らしてます 5】
東雲太郎/銀翼のぞみ
(ヤングアニマルコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【常敗将軍、また敗れる 3】
渡辺つよし/北条新九郎
(HJコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【電撃マオウ 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊コミックアライブ 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊コミック 電撃大王 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【コミック電撃だいおうじ VOL.87】

Amazon Kindle B☆W

【Comic REX 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【神眼の勇者 11】
ファースト
(モンスター文庫)

Amazon Kindle B☆W

【村人転生 最強のスローライフ 13】
タカハシあん
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【のんべんだらりな転生者 〜貧乏農家を満喫す〜】
咲く桜
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界で 上前はねて 生きていく 3〜再生魔法使いのゆるふわ人材派遣生活〜】
岸若まみず
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【勇者パーティーを追放された白魔導師、Sランク冒険者に拾われる 〜この白魔導師が規格外すぎる~】
水月 穹
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【冒険者ギルドの万能アドバイザー 〜勇者パーティを追放されたけど、愛弟子達が代わりに魔王討伐してくれるそうです〜】
虎戸 リア
(Mノベルス)

Amazon Kindle B☆W

11月26日
【少年エース 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【コンプエース 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊少年シリウス 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

11月25日
【涼宮ハルヒの直観】
谷川流(角川スニーカー文庫)

Amazon Kindle B☆W

【殺したガールと他殺志願者】
森林梢
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【同い年の先輩が好きな俺は、同じクラスの後輩に懐かれています】
凪乃彼方
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【ハイスクール・フリート あらいばるっ】
姫ノ木あく
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【探偵はもう、死んでいる。4】
二語十
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【ライアー・ライアー 6.嘘つき転校生は正義の味方に疑われています。】
久追遥希
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【ぼくたちのリメイク 8.橋場恭也】
木緒なち
(MF文庫J)

Amazon Kindle B☆W

【絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 14】
鬼影スパナ
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 6】
篠崎 芳
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【本能寺から始める信長との天下統一 4】
常陸之介寛浩
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【底辺領主の勘違い英雄譚 2 〜平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件〜】
馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【Sランク冒険者である俺の娘たちは重度のファザコンでした 2】
友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ブレイドスキル・オンライン 1 〜ゴミ職業で最弱武器でクソステータスの俺、いつのまにか『ラスボス』に成り上がります!〜】
馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【黒鳶の聖者 1 〜追放された回復術士は、有り余る魔力で闇魔法を極める〜】
まさみティー
(オーバーラップ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【望まぬ不死の冒険者 8】
丘野 優
(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界で土地を買って農場を作ろう 8】
岡沢六十四
(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【俺の前世の知識で底辺職テイマーが上級職になってしまいそうな件 2】
可換 環
(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【太宰治、異世界転生して勇者になる 〜チートの多い生涯を送って来ました〜】
高橋 弘
(オーバーラップノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【社畜ですが、種族進化して最強へと至ります】
力水
(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【影使いの最強暗殺者 ~勇者パーティを追放されたあと、人里離れた森で魔物狩りしてたら、なぜか村人達の守り神になっていた~】
茨木野
(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【進路希望調査に『主夫希望』と書いたら、担任のバツイチ子持ち教師に拾われた件】
yui/サウスのサウス
(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【元勇者は静かに暮らしたい 3】
こうじ
(ダッシュエックス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【八男って、それはないでしょう! 21】
Y.A
(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

【二度追放された魔術師は魔術創造〈ユニークメイカー〉で最強に 2】
ailes
(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

【ほのぼの異世界転生デイズ 〜レベルカンスト、アイテム持ち越し! 私は最強幼女です〜 1】
しっぽタヌキ
(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界帰りのパラディンは、最強の除霊師となる 1】
Y.A
(MFブックス)

Amazon Kindle B☆W

【Missing 3 首くくりの物語(上)】
甲田学人
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【Missing 4 首くくりの物語(下)】
甲田学人
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【おにぎり処のごちそう三角 家族を結ぶ思い出の食卓】
つるみ犬丸
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【それでも、医者は甦る -研修医志葉一樹の手術カルテ-】
午鳥志季
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【レッドスワンの死闘 赤羽高校サッカー部】
綾崎隼
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【後宮双妃の救国伝 ふたりの妃は喧嘩しながら国を救う】
柳なつき
(メディアワークス文庫)

Amazon Kindle B☆W

【レベル1の最強賢者 4 呪いで最下級魔法しか使えないけど、神の勘違いで無限の魔力を手に入れ最強に】
木塚麻弥
(ブレイブ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【すべての人類を破壊する。それらは再生できない。6】
横田卓馬/伊瀬勝良
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【武装少女マキャヴェリズム 11】
黒神遊夜/神崎かるな
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 5】
池野雅博/ざっぽん
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【コードギアス 反逆のルルーシュ外伝 白の騎士 紅の夜叉 4】
曽我篤士/高橋びすい
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【コードギアス 復活のルルーシュ 1】
曽我篤士/高橋びすい
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 4】
しめさば/ぶーた
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【家庭教師のルルーシュさん 4】
漆魂
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【もし、恋が見えたなら 1】
七路ゆうき/みかみてれん
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【機動戦士ガンダム ジオンの再興 レムナント・ワン 1】
近藤和久
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【屍刀 シカバネガタナ 1】
瀬川はじめ
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【田舎のホームセンター男の自由な異世界生活 5】
うさぴょん/古来歩
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【氷菓 13】
タスクオーナ/米澤穂信
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【薬屋のひとりごと 7】
日向夏/ねこクラゲ
(ビッグガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ナイツ&マジック 13】
天酒之瓢/加藤拓弐
(ヤングガンガンコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【現実主義勇者の王国再建記 6】
上田悟司/どぜう丸
(ガルドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【最果てのパラディン 6】
奥橋睦/柳野かなた
(ガルドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【望まぬ不死の冒険者 6】
中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【月刊ビッグガンガン 2020 Vol.12】

Amazon Kindle B☆W

【月刊アクション2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【アフタヌーン 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

11月24日
【このライトノベルがすごい! 2021】
『このライトノベルがすごい!』編集部
(宝島社)

Amazon Kindle B☆W

11月21日
【じいさんばあさん若返る 2】
新挑限
(MFC)

Amazon Kindle B☆W

【はいふり 7】
阿部かなり/AAS
(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【戦翼のシグルドリーヴァ ノンスクランブル 1】
阿部かなり
(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 5】
fujy/合田拍子
(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【ガールズ&パンツァー リボンの武者 15】
野上武志/鈴木貴昭
(MFコミックス フラッパーシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【盾の勇者の成り上がり 17】
藍屋球/アネコユサギ
(MFコミックス フラッパーシリーズ)

Amazon Kindle B☆W

【死神様に最期のお願いをRE 4】
山口ミコト/古代甲
(ガンガンコミックスJOKER)

Amazon Kindle B☆W

【六畳一間の魔女ライフ 2】
秋タカ
(ガンガンコミックスJOKER)

Amazon Kindle B☆W

【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア 17】
大森藤ノ/矢樹貴
(ガンガンコミックスJOKER)

Amazon Kindle B☆W

【月刊ガンガンJOKER 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【まんが4コマぱれっと 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

【リビティウム皇国のブタクサ姫 12】
佐崎 一路
(モーニングスターブックス)

Amazon Kindle B☆W

【ウォルテニア戦記 XVII】
保利亮太
(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

【TOKYO異世界不動産 3軒め】
すずきあきら
(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

【魔眼と弾丸を使って異世界をぶち抜く! 9】
かたなかじ
(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

【食い詰め傭兵の幻想奇譚 15】
まいん
(HJ NOVELS)

Amazon Kindle B☆W

【ロード・エルメロイII世の事件簿 9 「case.冠位決議 (中)」】
三田 誠
(角川文庫)

Amazon

【友達以上探偵未満】
麻耶 雄嵩
(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【遺跡発掘師は笑わない あの時代に続く空】
桑原 水菜
(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

【准教授・高槻彰良の推察 5.生者は語り死者は踊る】
澤村御影
(角川文庫)

Amazon Kindle B☆W

11月20日
【限界超えの天賦は、転生者にしか扱えない ―オーバーリミット・スキルホルダ― 1】
三上康明
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【デート・ア・バレット 7 デート・ア・ライブ フラグメント】
東出祐一郎
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【公女殿下の家庭教師 7.先導の聖女と北方決戦】
七野りく
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【幼馴染の妹の家庭教師をはじめたら 2.怖かった幼馴染が可愛い】
すかいふぁーむ
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【世界一かわいい俺の幼馴染が、今日も可愛い】
青季ふゆ
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【君は彼方】
瀬名快伸
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 10】
合田拍子
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【幼馴染をフッたら180度キャラがズレた】
はむばね
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【好きすぎるから彼女以上の、妹として愛してください。5】
滝沢慧
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【史上最強の大魔王、村人Aに転生する 7.外なる神のピエロ】
下等妙人
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【Only Sense Online 19 ―オンリーセンス・オンライン―】
アロハ座長
(富士見ファンタジア文庫)

Amazon Kindle B☆W

【淡海乃海 水面が揺れる時 〜三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲〜 九】
イスラーフィール
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【没落予定の貴族だけど、暇だったから魔法を極めてみた 4】
三木なずな
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界創造のすゝめ 2 〜スマホアプリで惑星を創ってしまった俺は神となり世界を巡る〜】
たまごかけキャンディー
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる 2】
稲井田そう
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【ざまぁの後の王子様とわたし】
家具付
(TOブックス)

Amazon Kindle B☆W

【それをAIと呼ぶのは無理がある】
支倉 凍砂
(中央公論新社)

Amazon Kindle

【ぐらんぶる 16】
井上堅二/吉岡公威
(アフタヌーンKC)

Amazon Kindle B☆W

【てんぷる 4】
吉岡公威
(アフタヌーンKC)

Amazon Kindle B☆W

【グラゼニ〜パ・リーグ編〜 10】
足立金太郎/森高夕次
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【この会社に好きな人がいます 5】
榎本あかまる
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜 15】
泰三子
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【マリアージュ〜神の雫 最終章〜 25】
オキモト・シュウ/亜樹直
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【刷ったもんだ! 2】
染谷みのる
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【半沢直樹 4】
池井戸潤/フジモトシゲキ
(モーニングKC)

Amazon Kindle B☆W

【神呪のネクタール 10】
吉野弘幸/佐藤健悦
(チャンピオンREDコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【少年マガジンR 2020年12号】

Kindle B☆W

11月19日
【ゲート SEASON2 5. 回天編 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり】
柳内たくみ
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【無限のスキルゲッター! 〜毎月レアスキルと大量経験値を貰っている僕は、異次元の強さで無双する〜】
まるずし
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【とあるおっさんのVRMMO活動記 22】
椎名ほわほわ
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【いずれ最強の錬金術師? 8】
小狐丸
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界召喚されたら無能と言われ追い出されました。 4 〜この世界は俺にとってイージーモードでした〜】
WING
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【神に愛された子 5】
鈴木カタル
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【間違い召喚! 2 追い出されたけど上位互換スキルでらくらく生活】
カムイイムカ
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【超越者となったおっさんはマイペースに異世界を散策する 7】
神尾優
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【変わり者と呼ばれた貴族は、辺境で自由に生きていきます 3】
塩分不足
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【のんびりVRMMO記 10】
まぐろ猫@恢猫
(アルファポリス)

Amazon Kindle B☆W

【ゲート SEASON2 1.抜錨編 (上)自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり】
柳内たくみ
(アルファライト文庫)

Amazon

【ゲート SEASON2 1.抜錨編 (下)自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり】
柳内たくみ
(アルファライト文庫)

Amazon

【かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜20】
赤坂アカ
(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【リアル 15】
井上雄彦
(ヤングジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【亜人ちゃんは語りたい 9】
ペトス
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【オカルトちゃんは語れない 4】
ペトス/橋本カヱ
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【グレイプニル 9】
武田すん
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【サバゲっぱなし 7】
坂崎ふれでぃ
(サンデーGXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ディオサの首 2】
伊藤明弘
(サンデーGXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【任侠転生-異世界のヤクザ姫- 3】
宮下裕樹/夏原武
(サンデーGXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【煩悩☆西遊記 1】
クリスタルな洋介
(サンデーGXコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【まんがタイムきららMAX 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊サンデーGX 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月18日
【友人キャラは大変ですか? 10】
伊達 康
(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【結婚が前提のラブコメ 3】
栗ノ原草介
(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ハル遠カラジ 4】
遍 柳一
(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【史上最強オークさんの楽しい種付けハーレムづくり 4】
月夜 涙
(ガガガ文庫)

Amazon Kindle B☆W

【100人の英雄を育てた最強予言者は、冒険者になっても世界中の弟子から慕われてます 3】
あまうい白一
(ガガガブックス)

Amazon Kindle B☆W

【北海道の現役ハンターが異世界に放り込まれてみた 3】
ジュピタースタジオ
(ガガガブックス)

Amazon Kindle B☆W

【ロメリア戦記 〜魔王を倒した後も人類やばそうだから軍隊組織した〜 2】
有山リョウ
(ガガガブックス)

Amazon Kindle B☆W

【君は008 11】
松江名俊
(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【名探偵コナン 警察学校編(上)】
青山剛昌/新井隆広
(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【天野めぐみはスキだらけ! 22】
ねこぐち
(少年サンデーコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ウルトラジャンプ 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月17日
【化物語 11】
西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【化物語 11 特装版】
西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【カッコウの許嫁 4】
吉河美希
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【カノジョも彼女 3】
ヒロユキ
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ダイヤのA act2 24】
寺嶋裕二
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【炎炎ノ消防隊 26】
大久保篤
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【彼女、お借りします 18】
宮島礼吏
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【獣の六番 1】
永椎晃平
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【少年マガジンエッジ 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【リアリスト魔王による聖域なき異世界改革 IV】
羽田遼亮
(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W

【その色の帽子を取れ -Hackers' Ulster Cycle-】
梧桐 彰
(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W

【外面だけは完璧なコミュ障冒険者、Sランクパーティーでリーダーになる(上)】
とまとすぱげてぃ
(電撃の新文芸)

Amazon Kindle B☆W

11月16日
【ヘルモード 〜やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する〜 2】
ハム男
(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【追放されたお荷物テイマー、世界唯一のネクロマンサーに覚醒する 〜ありあまるその力で自由を謳歌していたらいつの間にか最強に〜 2】
すかいふぁーむ
(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【戦姫アリシア 婚約破棄してきた王太子に渾身の右ストレート叩き込んだ公爵令嬢のはなし】
mery
(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【冒険者ギルドのチート経営改革 魔神に育てられた事務青年、無自覚支援で大繁盛 1】
ハーーナ殿下
(アース・スターノベル)

Amazon Kindle B☆W

【マージナル・オペレーション改 10】
芝村 裕吏
(星海社FICTIONS)

Amazon

【2020年のゲーム・キッズ →その先の未来】
渡辺 浩弐
(星海社FICTIONS)

Amazon Kindle

【ぼんくら陰陽師の鬼嫁 1】
秋田みやび/遠野由来子
(ボニータ・コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【異世界狙撃手は女戦士のモフモフ愛玩動物 2】
光永康則/いのまる
(YKコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【月刊ヤングキングアワーズGH 2021年1月号】

Amazon Kindle B☆W

11月14日
【おいしいベランダ。 あの家に行くまでの9ヶ月】
竹岡 葉月
(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【探偵はサウナで謎をととのえる】
吉岡 梅
(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【菓匠風月 〜深夜霊時の夢菓房〜】
真鍋 卓
(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ジギタリスの女王に忠誠を 修道院の王位継承者】
仲村 つばき
(富士見L文庫)

Amazon Kindle B☆W

11月13日
【ダンジョンおじさん 1】
広路なゆる
(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

【宮廷魔法師クビになったんで、田舎に帰って魔法科の先生になります 3】
世界るい
(サーガフォレスト)

Amazon Kindle B☆W

11月12日
【天才王子の赤字国家再生術 8 ~そうだ、売国しよう~】
鳥羽徹
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく 2】
ふか田さめたろう
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【邪神官に、ちょろい天使が堕とされる日々 2】
千羽十訊
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【週4で部屋に遊びにくる小悪魔ガールはくびったけ!】
九曜
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【パワー・アントワネット】
西山暁之亮
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【尽くしたがりなうちの嫁についてデレてもいいか?】
斧名田マニマニ
(GA文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ゴブリンスレイヤー外伝 2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》 中】
蝸牛くも
(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

【転生賢者の異世界ライフ 7 〜第二の職業を得て、世界最強になりました〜】
進行諸島
(GAノベル)

Amazon Kindle B☆W

【結婚するって、本当ですか 2】
若木民喜
(ビッグコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【舞妓さんちのまかないさん 15】
小山愛子
(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)

Amazon Kindle B☆W

【ピーター・グリルと賢者の時間 7】
檜山大輔
(アクションコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【巴マミの平凡な日常 8】
あらたまい
(まんがタイムKRコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【月刊少年ガンガン 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【まんがタイムきららフォワード 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【ゲッサン 2020年12月号】

Amazon

11月10日
【艦隊これくしょん -艦これ- 海色のアルトサックス 1】
柚木 ガオ
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【創約 とある魔術の禁書目録 3】
鎌池和馬
(電撃文庫)

Amazon B☆W

【キノの旅 XXIII the Beautiful World】
時雨沢恵一
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【三角の距離は限りないゼロ 6】
岬 鷺宮
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【日和ちゃんのお願いは絶対 2】
岬 鷺宮
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい?】
二月 公
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい 2】
五十嵐雄策
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【吸血鬼に天国はない 4】
周藤 蓮
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【少女願うに、この世界は壊すべき 2】
小林湖底
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【桃瀬さん家の百鬼目録】
日日日/ゆずはらとしゆき/SOW/森崎亮人
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【となりの彼女と夜ふかしごはん 〜腹ペコJDとお疲れサラリーマンの半同棲生活〜】
猿渡かざみ
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【百合に挟まれてる女って、罪ですか?】
みかみてれん
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【妹の好きなVtuberが実は俺だなんて言えない】
芦屋六月
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【エージェントが甘えたそうに君を見ている。】
殻半ひよこ
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【白百合さんかく語りき。】
今田ひよこ
(電撃文庫)

Amazon Kindle B☆W

【オールラウンダーズ!! 転生したら幼女でした。家に居づらいのでおっさんと冒険に出ます】
サエトミユウ
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【悪役令嬢は今日も華麗に暗躍する 追放後も推しのために悪党として支援します!】
道草 家守
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【無敵の万能要塞で快適スローライフをおくります 3 ~フォートレス・ライフ~】
鈴木 竜一
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【実質大賢者 ゲーム知識とDIYスキルで辺境スローライフを送っていたら、いつの間にか伝説の大賢者と勘違いされていた件】
謙虚なサークル
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【君は死ねない灰かぶりの魔女 II】
ハイヌミ
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【勇者?賢者?いえ、はじまりの街の《見習い》です 3 なぜか仲間はチート級】
伏(龍)
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【最強の鑑定士って誰のこと? 11 〜満腹ごはんで異世界生活〜】
港瀬つかさ
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【デスマーチからはじまる異世界狂想曲 21】
愛七ひろ
(カドカワBOOKS)

Amazon Kindle B☆W

【本好きの下剋上ふぁんぶっく 5】
香月美夜
(TOブックス)

Kindle B☆W

【異世界に転移したら山の中だった。反動で強さよりも快適さを選びました。2】
じゃがバター
(ツギクルブックス)

Amazon Kindle B☆W

【王妃になる予定でしたが、偽聖女の汚名を着せられたので逃亡したら、皇太子に溺愛されました。そちらもどうぞお幸せに。】 糸加
(ツギクルブックス)

Amazon Kindle B☆W

【身体は児童、中身はおっさんの成り上がり冒険記3】
力水
(ツギクルブックス)

Amazon Kindle B☆W

11月9日
【ネガくんとポジちゃん 2】
森田俊平
(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【きょうも黒咲さんのターン! 2】
あゆか
(ドラゴンコミックスエイジ)

Amazon Kindle B☆W

【双穹の支配者 1 この世の半分を支配する! ハズレチートで異世界を救え!!】
赤衣丸歩郎
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【転生したら第七王子だったので、気ままに魔術を極めます 1】
石澤庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【目黒さんは初めてじゃない 5】
9℃
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【オレと邪神と魔法使いの女の子 3】
小原ヨシツグ
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【よくわからないけれど異世界に転生していたようです 3】
内々けやき/あし
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【嫁いできた嫁が愛想笑いばかりしてる 1】
マツモトケンゴ
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【今まで一度も女扱いされたことがない女騎士を女扱いする漫画 6】
マツモトケンゴ
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【人外姫様、始めました 〜Free Life Fantasy Online〜 2】
園原アオ/割田コマ
(シリウスKC)

Amazon Kindle B☆W

【UQ HOLDER! 24】
赤松健
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【イジらないで、長瀞さん 9 特装版】
ナナシ
(講談社コミックス)

Amazon Kindle

【イジらないで、長瀞さん 9】
ナナシ
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ヒロインは絶望しました。5】
千田大輔
(講談社コミックス)

Amazon Kindle B☆W

【別冊少年マガジン 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【まんがタイムきらら 2020年11月号】

Amazon Kindle B☆W

【月刊コミックフラッパー 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【ドラゴンエイジ 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月7日
【うちの奴隷が明るすぎる 2】
ぶしやま
(ガンガンコミックスUP!)

Amazon Kindle B☆W

【そうだ、売国しよう〜天才王子の赤字国家再生術〜2】
鳥羽徹/えむだ
(ガンガンコミックスUP!)

Amazon Kindle B☆W

【友達の妹が俺にだけウザい 2】
三河ごーすと/トマリ
(ガンガンコミックスUP!)

Amazon Kindle B☆W

【good!アフタヌーン 2020年12号】

Amazon Kindle

11月6日
【デスティニーラバーズ 2】
智弘カイ/カズタカ
(KCデラックス)

Amazon Kindle B☆W

【サタノファニ 15】
山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【なんでここに先生が!? 11】
蘇募ロウ
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【パラレルパラダイス 12】
岡本倫
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【女神のスプリンター 5】
原田重光/かろちー
(ヤンマガKCスペシャル)

Amazon Kindle B☆W

【うららのパンツは店長を困らせる 1】
saku
(まんがタイムコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【大家さんは思春期! 13】
水瀬るるう
(まんがタイムコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ヤングマガジン サード 2020年 Vol.12】

Amazon Kindle B☆W

【大正野球娘。3.帝都たこ焼き娘。】
神楽坂 淳
(小学館文庫)

Amazon Kindle B☆W

11月5日
【ダイブ・イントゥ・ゲームズ 2 電子の海で出会った仲間たち】
佐嘉 二一
(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【斥候が主人公でいいんですか? 失敗しらずの迷宮攻略】
神門 忌月
(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【もぐら少女のダンジョン攻略記】
黒喪 ぐら
(レジェンドノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【不死鳥への転生 3 ドラゴン倒せるって普通の鳥じゃないよね?】
shiryu
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【ダンジョンだらけの異世界に転生したけど僕の恩恵が最難関ダンジョンだった件】
まるせい
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【黒檻の探索者 『吸収/成長』の魔剣と死の巫女の謎】
迷井豆腐
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【絵筆の召喚術師 2 〜神絵師が描いたら何でも具現化できました〜】
真波 潜
(ドラゴンノベルス)

Amazon Kindle B☆W

【世界に復讐を誓った少年 〜ある暗黒魔術師の聖戦記〜】
やま
(BKブックス)

Amazon Kindle

【悪徳領主の息子に転生!? 〜楽しく魔法を学んでいたら、汚名を返上してました〜】
米津
(BKブックス)

Amazon Kindle

【トランスヒューマンガンマ線バースト童話集】
三方 行成
(ハヤカワ文庫JA)

Amazon Kindle B☆W

【万博聖戦】
牧野 修
(ハヤカワ文庫JA)

Amazon Kindle B☆W

【ヤングキングアワーズ 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

11月4日
【瀧夜叉姫 陰陽師絵草子 一】
伊藤勢/夢枕獏
(ヒューコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【であいもん 10】
浅野りん
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【ヒーロー探偵ニック 1】
座紀 光倫
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【君は死ねない灰かぶりの魔女 1】
楓月誠/ハイヌミ
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【地獄くらやみ花もなき 2】
路生よる/藤堂流風
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【反抗できない!いばらちゃん 1】
藤原 あおい
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【夫婦以上、恋人未満。5】
金丸祐基
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【理想のヒモ生活 10】
日月ネコ/渡辺恒彦
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【ひぐらしのなく頃に 業 1】
竜騎士07/07th Expansion/赤瀬とまと
(角川コミックス・エース)

Amazon Kindle B☆W

【Dr.STONE 18】
稲垣理一郎/Boichi
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【Z/X Code reunion 3】
浦畑達彦/藤真拓哉
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【チェンソーマン 9】
藤本タツキ
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ド級編隊エグゼロス 11】
きただりょうま
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ボーンコレクション 2】
雲母坂盾
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ボクとキミの二重探偵 2】
辺天使/津田穂波
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【怪物事変 12】
藍本松
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【灼熱のニライカナイ 1】
田村隆平
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【双星の陰陽師 23】
助野嘉昭
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【憂国のモリアーティ 13】
竹内良輔/三好輝
(ジャンプコミックス)

Amazon Kindle B☆W

【ヤングエース 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【ジャンプSQ. 2020年12月号】

Amazon Kindle B☆W

【村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない 03】
昼熊
(エンターブレイン)

Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索