書籍感想2020

転生したらスライムだった件 17 ★★★★   



【転生したらスライムだった件 17】 伏瀬/みっつばー GCノベルズ

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

本編では見られないあのキャラたちの活躍が詰まった『転スラ』初の短編集!

魔国連邦の幹部では珍しくも人間であるミョルマイルが西方諸国で暗躍する
――『ミョルマイルの野望』

愛する人の残滓を求め世界を旅するヴェルグリンドが関わった、とある国の物語
――『遠い記憶』

帝国再建に向けて動き出すカリギュリオは、己の過去とも向き合い始める
――『激動の日々』

魔王ギィ・クリムゾンのメイドにして原初の青レイン。そんな彼女も周りが異常ならボヤキたくもなるよね
――『青い悪魔のひとり言』

他、特別収録の1本を加えた『転スラ』本編とは違った視点で描かれる珠玉のSS集!
短編集ということで個々のキャラクターにスポットを当てて、というのは想像できたのだけれど、そのキャラのチョイスがまたぞろメイン級から遠く遠く離れてるあたり、大好きですわー。
特に特筆すべきが帝国の将軍だったカリギュリオ。この人なんてホントちょい役だし、小悪党のヤラレ役以外何者でもないにも関わらず、短編の主人公として描かれてここまで掘り下げてもらえるとか。
元々本作って最初期のベスターに代表されるように、この手の本来なら適当に使い捨てられるような別に強くもないし立派な人物でもない俗物の小悪党でも、結構大切に扱われて汚名返上するような立ち回りをして、ベスターのように後々まで重要人物として活躍することが多いんですよね。他にも何人も居ますし。
それも圧倒的な力にやられて感服して改心しました、という単純な心変わりじゃなくて、俗物だったそれぞれにも実際は人生の積み重ねがあり秘めたる思いがあり、時として道を外れていたりしたとしても、そこに至るまでには努力や奮起があり、それだけ頑張れる背景があり、としっかりと人物像を作り込んだ上で、心変わりというよりも敗北を気に初心を取り戻すような形で、それぞれが一番心輝いていた時期に立ち戻るような、そんな再出発を見せてくれるのでこういう小悪党たちの躍進はほんと嬉しくなるんですよね。
このカリギュリオも、将軍へと出世するまでの紆余曲折の人生には挫折と苦渋が刻み込まれていたのである。ただの野心家じゃなかったんですよね。そして、ただ利用し合うだけだった同僚と本当の意味で同志になり、友情が結ばれ、そこから過去に失ってしまった一番大切だったものを取り戻していく流れは、ちょっとした感動ですらありました。ああいうおっさん同志の多くを語らぬ心配りの友情はやっぱりいいよなあ。そして一番大切なものに裏切られた傷心を乗り越えて、真実に向き合ってもう一度それを取り戻そうとするおっさんの勇気、あれこそ勇気でありますよ。
カリギュリオのこれからに幸あれ、と心から思える短編でありました。

ミョルマイルも最初から強欲商人に見えてその心根が善人そのもの、という登場シーンから好きだったのですけど、この人を早々に取り込んで魔国の最重要人物に取り立てたのは、ただ強いだけが基準じゃない国造りの土台になってて、何気にキープレイヤーだったと思うんですよね。
そのミョルマイルの表舞台裏舞台もひっくるめての大活躍。実質、裏社会も牛耳るはめになったのか。その立場その仕事からどんどん金が懐に入ってくるにも関わらず、それどころじゃない忙しさに仕事の楽しさに、とこの人も人生謳歌してるよなあ。しかしテスタロッサ、もっと豪腕で交渉取りまとめているのかと思ったけれど、本当に繊手を持って丁寧にやってるんだなあ。これはほんと、他の悪魔には出来ない仕事だわ。いや、マジで彼女以外に出来るやついないんじゃないの? 他、色んな意味でバカばっかりだし。ギィのところのレインも澄ました顔して中身おばか、というのがこの短編で明らかになってしまいましたし。ミザリーの方はまだだいぶしっかりしてるんだろうか、これ見ていると。

ヴェルグリンドの話は、ルドラの魂の欠片を追いかけていろんな世界を駆け巡っていた頃のお話。世界が妖魔の謀略によって破滅しかけていて人類滅亡のピンチというさなかにヴェルグリンドが現れるという完全に異世界転移無双のお話じゃないですかー。まさかの近藤少佐のいた世界。あの人、地球の戦中の頃の人間、というわけじゃなかったのか。
ヴェルグリンドがもう圧倒的なんだけれど、彼女が無双する話というわけでもなく、彼女が色々と導くのだけれど基本的に現地の人間たちが頑張るお話になっていて、ヴェルグリンドこれ普通に救世の女神様じゃないですか。ルドラ以外どうでもいい、という態度を見せつつ結構世話好きというか親切にあれこれと手配りしてくれるし助言やフォローや、彼らが手が届かない所では手助けして、といたれりつくせりだったような。ヴェルグリンドも丸くなったものである。
いや、異世界のお話で実質別作品みたいになっているのだけれど、だからこその面白さがあった。この世界でも覚醒した連中は、頑張って転スラの世界まで来るつもりもあるみたいだし、彼らの再登場があったらそれはそれで楽しみ。

しかし、これだけちょい役のキャラですらこういう短編かけるのだから、それこそ登場キャラの分だけ主人公にして話を書けるんじゃないだろうか。長編の続きではなかったですけれど、満足度の高い短編集でありました。


Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 02 ★★★★   



【Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 02】 之 貫紀/ttl KADOKAWA

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

2018年。ダンジョン攻略が当たり前になった世界。
元社畜の脱サラリーマン芳村は不幸?な事故によって最強スキルを手に入れる。
のんびり生活を求めて金稼ぎのためにダンジョン探索をするが
気づけば国際レベルの要注意人物に!
憧れのスローライフが遠のくなか、幻のスキル「異界言語理解」採取を依頼され
ついに芳村はダンジョンの深層に潜入。しかし、それが世界にさらなる波紋を生む結果に!?
うおお、なんじゃあのでっかい犬わ、と表紙見てビビってたら本編にちゃんと登場しましたよ、ワンコ。ワンコーズ。いや犬じゃなくてヘルハウンドですが。三好命名のアルスルズ。このカヴァスを筆頭にしたワンコたちが実にかわいいのだ。デカイけど可愛いのだ。言葉は喋らないけど此方の言葉はちゃんと解して意思疎通できるし、反応がまた知性と愛嬌とウィットに富んでいてなんていうんだろう、キュート? そうキュートなんですよ。でもただマスコットなだけではなく、力が強いのは当然として凄く頭がいいんですよね。頭がいいなんて頭悪そうな言い方はあれかしら。一つの命令というかこれしといて、というお願いに対してただ従順に言われた通りに従うのではなく、ちゃんと自分達で色々と試行錯誤してよりうまくその命令をこなせるように工夫したり、なんなら新しい魔術を生み出してより洗練されたやり方でやってくれる。今回は大雑把に番犬しておいて、という類……には収まらないか、狙われている前提での身辺警護を彼らに頼んだのだけれど、言われた以上の緊密さで完璧にガードしてくれたんですよね。こういう賢さはほんと頼もしいし、賢さそのものが愛嬌に繋がっている。いやもうこのワンコたち凄く好きですわー。
検証のために彼らの個体を一度殺したりして再召喚とかしたら三好怒るかなー、とか平然と動物実験的な思考を当然のように脳内で繰り広げている芳村さん、マジ鬼畜です。いや、実際言わないだけまだマシなのでしょうけれど。

いやしかし、これアルスルズがちょっと強力すぎる。こんなんがガードしてたら無敵じゃないですか。ダンジョンの話じゃなく、実世界の方でも。
今回芳村たちDパワーズは、国際情勢のバランスを覆すような重要なファクターを内包したスキル「異世界言語理解」というスキルオーブをオークションにかけると表沙汰にしたお陰で、世界各国から狙われるはめに。ただでさえ、色々と今までの常識からするとあり得ないスキルの売買方法を行ったために目をつけられていたのに、今回は各国本気になって自国の情報機関の実働部隊の精鋭を動かすことに。お陰で、芳村たちがダンジョンに潜ればぞろぞろと尾行の部隊が後をつけてくるわ、Dパワーズの事務所周辺は世界中の情報機関の関係者で大渋滞を引き起こすわ、というとんでもない状況に。
さらにさらに、この一件で特にババを引くことになるロシアはより短絡的な方法、いわゆる暗殺処理という行動に打って出たおかげで、芳村たちは日本の街中で命を狙われるはめに。
いやこれ、何気にロシアが予想以上に強引な手に打ってでたために芳村たちが想定した状況を上回っちゃってたんですよね。アルスルズがいなかったら、実際アウトだったんじゃないだろうか、という場面が幾つか。
にして、これはいくら何でも日本のダンジョン協会(JDA)の判断がお粗末すぎる、と思ったんですが斎賀課長の暗躍があったとは。本来なら彼程度の立場でそこまで考える責任はないはずなのですが、自分の組織の益、自分が所属するセクションの益ではなく日本の国益を考えての暗躍であり、ある意味国の方針そのものの行方を導く行動なわけで、それを部下に命令するとか上司に進言するというやり方ではなく、ちょっとした行動で本来彼の指示などでは動かないはずの上司や、Dパワーズの言動を誘導して望む形に持っていったわけですから、さり気なくとんでもない事してるよなあ、この人。しかも独断w いや別に表立って彼は何もしていないのですし、咎めだてられる理由も一切ないわけですから、何も問題ないですよねとしれっとしているあたり、相当の食わせ者だぞこの人。

ダンジョン探索のお話でありながら、舞台はあくまで現代社会。ダンジョンの中ではなく、社会の中のお話になっているのがまた面白いんですね。ダンジョンでやったことがダイレクトに現代社会に影響を与え、各国の動向を激化させ、国際情勢を揺り動かす。直接国に関わっていない人でも、国家の中枢に影響を及ぼすような教団や富豪など、キープレイヤーとなる人物がどんどん関わってくる。
あくまで本舞台はダンジョンの外、というのが他のダンジョン探索ものと異なる部分でそそられる面白さなんですよね。それらを嬉々としてかき回す芳村と三好のコンビ。ほんと、いい面の皮の厚さしてますわ、ふたりとも。世界の大国を向こうに回してビビって萎縮することもなく、振り回しているわけですから。あれだけ凄まじい大金を稼ぐに至っているのに、その金に振り回されてもいませんしね。あくまで彼らの目的は実験、検証、実証、というところにあってお金は手段、だからというのもあるんだろうけど、人物として変人であり真っ当であるがゆえ、なんでしょうね。
あの最後の、モニカという国に縛られることになる少女への芳村の助言なんざ、その最たるものでしたし。
しかし今回目次みたら、プロローグとエピローグの間に第三章「異世界言語理解」という項目だけがどーんと一つだけ並べてあって、目次の意味殆どなくw しかし中身も濃く勢いもたっぷりでページも厚いたった一章でありました。
なんか特典小説もあるらしく、それもかなりの分量らしいので後ほど読んでみたいと思います。2020年11月一杯までしか見られないみたいだから、後回しにしすぎるとやばいぞ。
あと電子書籍版では、その特典小説へのURLは巻末近くにQRコードと共に記載されているのでお見逃しのないよう。


ナイツ&マジック 10 ★★★★   



【ナイツ&マジック 10】 天酒之瓢/黒銀 ヒーロー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

第10弾の舞台は、空に浮かぶ広大な大地。噂に導かれ冒険心からやって来たエムリスとアーキッドは、辿り着くなり争いに巻き込まれてしまいます。混迷を深める空飛ぶ大地に、彼が現れます。
銀の光に蒼き刃。新婚旅行中の銀鳳騎士団団長、エルネスティ・エチェバルリアが。
空飛ぶ大地の戦いは活発化してゆきます。空には史上最強の対飛空船戦闘艦である飛竜戦艦。大地からは絶えたはずの超巨大魔獣、竜の姿が現れます。人とハルピュイア、飛竜と魔獣。
大地の支配者の座を巡り激戦が繰り広げられる中、エルネスティの眼前に思いもよらぬ因縁が現れます。
「できるならばあなたとは戦いたくなかったですが……。勝つか負けるか。
トイボックスマーク2、最期まで全て魅せて差し上げなさい!」
戦いの決着へと向けて、覚悟を乗せた蒼き騎士が空を翔ける――!

このあらすじの文章、なんでこんな自動翻訳みたいなんだ?
ともあれ、久々二年ぶりですか。アディがついにエルを落したというインパクトがすごすぎて、細かいところ忘れていたのですが、そう言えばエルたちが帰還した時にはもうエムリス王子とキッドは国飛び出しちゃってて、エルたちが帰ってきていたの知らなかったんだ。
前回の記事でも触れていましたけど、ほんとキッドが真っ当な主人公やってるんですよね。彼の誠実さと勇敢さと優しさのお陰でハルピュイアの氏族の一つと信頼を得られ、ハルピュイアと昔から友誼を結んでいたというシュメフリーク王国とも協力関係を結ぶことが出来たのですから。おまけに、ハルピュイアの娘さん二人にも懐かれちゃって。一人はお子様なのでどこまで女の子のそれなのかわからないですけれど、もう一人のホーガラはちゃんとした淑女ですし、気が強くて戦士としての誇りを持つ女性でありつつ、めっちゃキッドの事意識してて、アディが現れた時に妹と知らないが故にやたらとキッドとの関係を警戒して問い詰めてきた様子とか見ると、完全に乙女心全開でしたし。
いや、ほんとどうするんだ? エレオノーラ女王陛下がいるのに、いるのに!
まあそこは当人同士で何とか決着つけてもらうとして、いやまだホーガラに関してはキッドがまだまだ追い打ち止めかけそうな予感もあるんですよね。今、ホーガラは戦士として打ちのめされて密かにメンタル追い詰められてる最中で、それにキッドだけが気づきかけているという状況ですし。完全にフラグ、フラグw

ともあれ、あの飛竜戦艦が再び出現。とはいえ、前にこれを運用していたジャロウデク王国とは別口だったんですよね。ってか、そのジャロウデク王国の面々も久々に登場してきているし。あの【狂剣】グスターボが再登場してくれるとは思わなかった上に色んな意味で活躍してくれたのは嬉しかった。敵キャラとはいえ、あれほど個性的で特徴的でド派手なやつもイなかったもんなあ。ある意味イカレっぷりに関してはエルくんに匹敵するものがありますし。今回のエルくんとグスターボの遭遇戦からの激闘と、その後のあっさりさっきまで殺し合ってたのがなかったみたいにくつろいだお茶会してた様子なんか見てると、この二人明らかに同類だし! ここまでエルくんと同じ世界というか感覚で居られるキャラって、まず居なかったもんなあ。ほぼアディだけじゃない。
なんにせよ、ジャロウデク王国の派遣部隊、というか収奪出張部隊? グスターボたちに関しては少数部隊なんだけれど、それに飛竜戦艦を運用し大規模な飛行艦隊を持ち込んでいる北の強国パーヴェルツィークが浮遊大陸争奪戦に本格参戦したことで、これまで暴れに暴れていたイレブンフラッグスが一方的に叩かれ始め、いずれにせよ幾つもの勢力が首を突っ込んできた混迷の空になってきたのである。
エムリス王子とキッドたちは浮遊大陸に冒険しにきたのであって、資源収奪に来たわけではなく、シュメフリーク王国も原住民であるハルピュイアとの友誼優先なのですけど、他の勢力は浮遊大陸で発見された飛行艦の燃料である源素晶石の大鉱脈の奪い合い、ということで資源収奪戦争の様相を呈したわけである。
とはいえ、一方的に奪うばかりだったイレブンフラッグスと違って、パーヴェルツィークは強権的ではあってもハルピュイアに対しても一定の配慮はあったし、話し合いもできそうな余地はあったのですけど。
ってか、エルくんが絡まない間はわりと真面目に国同士の駆け引きとか信義のせめぎ合いとか真っ当なやり取りが進んでたんだよなあw エムリス王子も破天荒で大雑把なキャラなんだけれど、王子としてマトモでもあり義を見てせざるは勇なきなりの英雄でもあり、とキッドと合わせて実にちゃんと話を進めてくれてたんですけどねえ。
いや、別にエルくんがぶち壊しにしたというわけではないのだけれど。作中でもちらっと触れられているけど、エルくんって勝手にむちゃくちゃするのではなく、ちゃんと言質取ったり根回ししっかりしてフリーハンドを握った上で、誰も想像していない斜め上のレベルでむちゃくちゃやり始めるだけであって、ぶち壊しにはしないんですよね。いざ動き出すと、雰囲気とかこれまでの流れとか全部ぶち壊すけど。
というわけで、均衡をぶち壊したのは浮遊大陸に乗り込んできた各国の派遣隊ではなく、元から浮遊大陸に存在した謎の存在……というわけでもなかったのか、これ。まさかのエルくん因縁の相手が、それもごく最近因縁できましたばっかり、という相手の再登場である。しかも、交渉中に横からぶん殴ってくる形で。
そんな、みんなの尽力で整えられた舞台を盛大にぶち壊されたら、大混乱に陥ってしまったら、もうエルくんがどれだけ自由にやりたい放題やっても止めるやついないじゃないですかー。止める理由がないというか、免罪符を与えてしまったというべきか、エルくんを解き放ってしまったというべきか。
そして実に実に可愛そうなことに、その自由に解き放たれてしまったエルくんの機体には、交渉相手だったパーヴェルツィークの総司令官であり姫でもあったフリーデクント姫が助けられたついでに同乗するはめに。
あのエルくんの機体に同乗するはめに!!
死ぬる!
それまでは、峻厳にして英明、冷静沈着の氷の姫、という感じだったフリーデクント姫が典型的エルくんに巻き込まれ、えらい目にあってしまう人たちのパターン入りました。しかも、遠くから見ているだけじゃなくて、自分自身彼の機体に乗り込んでしまっているわけですからね。
死ぬる。
こうして一般人がエルくんの機体に乗っていると、彼がどれだけ意味不明な戦闘機動をして戦場を飛び回っているのかがその悲鳴とともによく伝わってくるのです。ってか、一人だけ出てる漫画が違うw
目まぐるしく全く予想できないというかわけわからない動きをするエルくんの機体に振り回されて、あぎゃーーとなってる姫様が同乗してくれているお陰か、いつもより尚更エルくんのはちゃめちゃっぷりが体感できるんですよね。
映像作品でもない、ただ文章として描かれているアクションを文字で追っているだけなのに、なんだかエルくんの機体トイ・ボックス2の動きが目で追いきれずに、辛うじて見える残像を必死で追いかけているような気分になってくるんですよね。うぉぉ、あっち飛んだ、いやこっち? どこ行った? なんでそこにいるの!? とまあそんな感じで。本を読んでて光景がありありと目に浮かぶ、という事はまあまあありますけど、ここまで動きが激しくて意識引っ張られて持ってかれて引きずり回されるのはちょっとなかなか経験ありませんでしたわ。凄かった、面白かった、読むジェットコースター体験である。
そして、エルくんにまったくお荷物が乗っている、という意識も配慮もないあたりがこの美少年め。どれだけぶん回しても平気でほんとにまったく気にしてないですからね。それでいて、姫様を助けるためという緊急避難の理由付けはしっかりしているし、当人からもちゃんとこういう行動とりますよー、と事前に許可と言質はとっているあたり、悪辣なのである。実際、どれだけむちゃくちゃされても、たしかに姫が事前に許し、また自身が彼に頼んだ行動でもあるわけですから、やめてーとは言えないんですよね。言わせないようにして好き勝手してやがる。そこまでしろとは言ってない、とどれだけ言っても暖簾に腕押しw
ただ機体の動きだけなら、肉体的にダメージ受けて精神的にPTSDになるくらいでまだ済んだのでしょうけれど、さらにそこからいきなり攻めてきた敵の正体と直面ですよ。しかもエルくんのお知り合い。同乗してるから否応なくお互いの会話が耳に飛び込んできて、そのあまりの突拍子の無さにむちゃくちゃさにデタラメさと伝説神話に至ろうかという規模の話に、姫様白目w
わけがわからない、意味がわからない、聞かなきゃよかった、もう質問とかするのやめようかな、と姫様がどんどん死んだ目になっていく姿に、なんかもう笑うしかなく。
全部終わったあとは、はい名物の遠い目をしたエルくん被害者の会新規加入者の出来上がりーである。こうなると、もう同情と共感で同志みたいな感覚になる不思議。確か、つい先程まで交渉決裂寸前で相容れぬ敵として目の前に立ちふさがりそうな雰囲気だったのに、雰囲気さん見事に消し飛ばされてしまいました、ご愁傷様です。

いやでもこれで実際パーヴェルツィークとの全面対決は避けられそう。でもそうなると、飛竜戦艦の製作者であるあいつはどうなるんだろう。一応、この戦いでシリーズ通してのラスボスが定まった感もありますし、あれとの本格対決になっていくのでしょうけど。今回はエルくん、実験機のトイ・ボックス2という、あれ実戦用じゃねえだろうという仕様の機体でしたから、本番はイカルガを持ってきてからでしょうしね。
次はさすがに2年は長いのでもう少し短い間隔で出してほしいなあ。


2020年9月読了ライトノベルのおすすめ  

読んだ本の数:28冊 うち漫画:1冊

ラブコメ三昧!! いや【隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた 】と【虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん】の二作は秀逸ながら少し前に出た作品なので今月発売じゃないのですけど。あと【カノジョの妹とキスをした。】は全然コメディってないのですけど。
でもほぼ別次元の領域な【継母の連れ子が元カノだった】と、短編であらゆるラブコメの極地を網羅してみせた【川上稔 短編集】の二編があまりに圧倒的で、今月はラブコメ三昧!という気分でありました。
骨太の本格戦記【やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい 3】【亡びの国の征服者 2 ~魔王は世界を征服するようです~】や本格ファンタジー【Babel】、本格SFアクション映画な【デッド・エンド・リローデッド】と読み応え歯ごたえ充分な作品も目白押しで、満腹感あるひとつきでありました。



★★★★★(五ツ星) 1冊

継母の連れ子が元カノだった 5.あなたはこの世にただ一人】 紙城 境介/たかやKi 角川スニーカー文庫( 2020/9/1)

【継母の連れ子が元カノだった 5.あなたはこの世にただ一人】 紙城 境介/たかやKi 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

ついに自分の想いを定めた結女のターンと思いきや、まさかの東頭いさなリターンズ。
ひとりの登場人物である東頭いさなという特異なキャラクターを、ここまで見事に掘り下げて解体し切り、その人物像を明確化してのけた渾身の一作であり、改めて周囲の人間関係が再設定することで水斗と結女の新しい関係をはじめる舞台が整えられた。まさに新展開に向けての踏ん切りの回でもありました。


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 2冊

カノジョの妹とキスをした。2】 海空りく/ さばみぞれ GA文庫(2020/9/11)
Babel II 魔法大国からの断罪】 古宮 九時/ 森沢 晴行 電撃の新文芸(2020/9/17)


【カノジョの妹とキスをした。2】 海空りく/ さばみぞれ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

うぉぉ、すごい展開になってきた。ただの浮気もの、不貞ものなら浮気をした男を糾弾すればいい。だが、ひたすらに純愛を貫き誘惑をはねのけながら、愛するが故に愛する人に愛を否定され拒まれて、なお愛を貫けというのか。誠実であるがゆえに苦しむ主人公にとって、それは許しであり救いであるのだとすれば、苦しいばかりの純愛に意味はあるのか。まさに衝撃の問題作。


【Babel II 魔法大国からの断罪】 古宮 九時/ 森沢 晴行 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら

道中いろいろと事件に遭遇しながらも、なんとか魔法大国ファルサスに到着したシズクたち。ここで元の世界に帰るための方法を探そうとしたら、なぜか目通りした国王ラルスに世界の敵宣言されて命を狙われるはめに。覚えのない疑いを晴らすためにシズクがとった方法とは。
そしてタイトルに直結する異世界にまつわる言葉の謎。風雲急を告げる第二巻でありました。


★★★★(四ツ星) 7冊

デッド・エンド・リローデッド 2.不倶戴天のトゥーム・レイダー】 オギャ本バブ美/ NiΘ HJ文庫(2020/9/1)
隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた 2】 荒三水/さばみぞれ モンスター文庫(2020/6/30)
川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 1】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫(2020/9/10)
川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 2】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫(2020/9/10)
虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.2】 蓮見景夏/こーやふ オーバーラップ文庫(2019/4/25)
やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい 3】 芝村 裕吏/片桐 雛太 MF文庫J(2020/9/25)
亡びの国の征服者 2 ~魔王は世界を征服するようです~】 不手折家/ toi8 オーバーラップノベルス(2020/9/25)


【デッド・エンド・リローデッド 2.不倶戴天のトゥーム・レイダー】 オギャ本バブ美/ NiΘ HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた 2】 荒三水/さばみぞれ モンスター文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 1】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 2】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.2】 蓮見景夏/こーやふ オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい 3】 芝村 裕吏/片桐 雛太 MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



【亡びの国の征服者 2 ~魔王は世界を征服するようです~】 不手折家/ toi8 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら



以下に、読書メーター読録と一言感想


続きを読む

悪役令嬢レベル99 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~ ★★★   



【悪役令嬢レベル99 ~私は裏ボスですが魔王ではありません~】 七夕 さとり/Tea カドカワBOOKS

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

RPG系乙女ゲームに悪役令嬢ユミエラとして転生した私。でも実はユミエラは、本編ではショボいが、エンディング後には裏ボスとして再登場し勇者と渡り合うキャラで――つまり超絶ハイスペック! ついゲーマー魂に火がついて鍛えた結果、学園入学時点で私はレベル99に達してしまっていた。
ゲームのストーリーには関わらず目立たず平穏に過ごすつもりが、入学早々レベルがバレて、ヒロインや攻略対象達には魔王と疑われてしまい……!?

パトリック、作中の印象だともっと大柄でガタイ良さそうな大人びた男性なんだけど、デザインだと普通に優男だなあ。
生まれたときから両親の顔も知らずに育ったユミエラ。一度も会いにも来ない両親に対して寂しいとも思わず、自分に向けられる悪意にも敵意にも無頓着なユミエラは感情がないわけじゃないのだけれど、どうにも淡々としている。感情の抑揚が少なく、どんな言葉をぶつけても暖簾に腕押しな彼女。これで行動も大人しかったら、存在感の薄い子かいじめられっ子ルート、或いは孤高の美少女というところなのだけれど、彼女の無頓着さは常識の方にも大いに発揮されていて、平穏に暮らしたいとか思っていながらレベル99の力加減をあんまり考慮せず、普通の人からするとわけのわからない規模の力をポンポンと炸裂させ、それはないだろうという行動を悩みもせずに行ってしまう。結果、だいたい盛大にやらかすことになるのだけれど、それでやっちまったと焦ったり後悔したりもせず「……まあいいか」くらいの適当さで流しちゃう子なのだ。
おかげで周囲の人間はユミエラの事をいつなにをしでかすか分からない導火線に火がついたまま自由気ままにその辺を転がりまわる爆弾岩みたいに畏怖されることになる。魔王呼ばわりされても仕方ないよね? これで目立たないで平穏に、のつもりがわりとあるあたりその時点で常識がない。まあ出来てないなあという自覚があるあたりはマシなのかもしれないけど。

ただまあ、こうして見ているとユミエラって他人にも世界にも対して興味がないのだろう。無関心ゆえに、何を言われても気にしないし、動じないし、結局どうでもいいのだ。一人であることを寂しいなんて思わないし、自分が他人からどう思われていてもわりとどうでもいい。彼女の淡々とした態度があんまり乾いていたり冷たい感じがしないのは、それなりにお一人様でレベル上げしたりやれる事を楽しんでいるからなのだろう。別に、世界がつまらないとか退屈している、という風に現状に飽いていたり絶望していたりするわけじゃないのだ。だが、他人と繋がることだけは最初から諦めている。期待していない。そして関心を抱いていない。自分の異常性については、ちゃんと自覚しているのだ。まあ治す気もさらさらないし、どこが他人と違うのかについても比べるつもりもないし、だからこそ常識はずれのことをやり続けるのだろうけど。

しかし、そんな他人との壁を埋めるつもりがないユミエラに、何故だか近づいてくる人間が学園に通うようになってからちらほらと出始めるようになった。その筆頭がパトリックだ。
彼の存在を意識しだすことによって、初めて他人との人間関係、そして世界との関わり方について彼女は考え始めることになる。
パトリックとの関係について、しばらくしてよく一緒に居るようになってからも、彼との関係が友人関係ではなく、知り合いレベルだと発言してパトリックをへこませていたのは、あれユミエラが鈍感だとかではなくて、それだけ自分が他人から距離を置かれる存在であるという自覚が深くに根ざしていたからなのではないだろうか。人間関係そのものに関心や興味がないからどうでもいい、と思っていたのだろうけれど、自分が普通の人間から受け入れられる存在ではないのだという思いはあったはずなんですよね。自然とフィルターがかかってしまう。
だから、パトリックがどれほど好意をぶつけてきてくれても、それをうまく理解できないし、自分自身に隔意ある解釈で納得してしまう。パトリックの苦労が忍ばれる。
でも、他人からの好意は理解できなくても、自分の中から生じて湧き上がってきた感情、好きという思いには目を逸らさず受け止めるユミエラは、傍目のアレっぷりとは裏腹に純真で素直な娘なのだろう。単純明快シンプルな生き方考え方をしている、とも言える。
何気に、同じ貴族令嬢でアホの娘を極めているエレノーラと同類なんじゃないだろうか、ユミエラって。
エレノーラの方も、ユミエラの突拍子の無さの影に隠れているけれど、この娘はこの娘でだいぶぶっ飛んでいるんですよね。アホの娘すぎるが故にユミエラの異質さ、異常性、普通の人間との差異について全く理解していなくて、だからこそ一度打ち解けてしまったら無邪気に無防備にじゃれついてくる。ユミエラがどれほど途方も無い事を仕出かしても、エレノーラはそれがどれだけ大事だったり常識はずれなのか理解してないので、ほいほいと受け入れてしまうのである。この娘はこの娘で作中でも随一の大物な気がするなあ。作中でも随一の常識人であるが故に、ユミエラのしでかすことに毎回目を回しているパトリックの苦労が忍ばれる。あれだけヒーヒー言いながらも、直向きにユミエラについていくパトリック、こいつはこいつで充分大物だと思うのだけど。

ともあれ、パトリックとの交流やエレノーラに懐かれ纏わりつかれて、国王夫妻や学園長からは(生)暖かく見守られ、という学園に入るまでは経験したことがなかった人との交わり、好意を向けられるようになったユミエラは、徐々に人の心を学んでいく、とまで言ったらさすがに過言でしょうか。
でも、いざ面倒くさいことになったら国を出奔して自由に生きたいように生きればいいさ、というある意味自分の一人の世界を生きていた彼女が、他人との関係を意識し感じることになったそんな折に、自分と同じような黒髪故に差別されイジメられる男の子と出会ったことで、世界に蔓延る一方的な差別意識に自分なりに出来ることがあるんじゃないか、と模索をはじめる。世界に対して自分が出来ることを考え始めるのである。
自分以外のことに対して関心を持たず、興味を持たず、最初から諦めて期待をしていなかった彼女が、自分から世界に関わり始めた。誰かを好きになって、その人から好きになって貰いたいと思うようになった。
能力的には最初からカンストしていたユミエラだけど、こうしてみるとちゃんと彼女の成長物語にもなっていたんだなあ。

たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。 ★★★   



【たとえば俺が、チャンピオンから王女のヒモにジョブチェンジしたとして。】 藍藤 唯/霜降(Laplacian) 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

その男――世界最強の“無職”。Web発大人気ファンタジーが遂に書籍化!

天性の<職業>によって人生が決まる世界。 コロッセオにて最強のチャンピオンながら<無職>ゆえに蔑まれ疲弊していたフウタは自ら八百長計画に乗って追放される。その後、放浪の果てに王女ライラックに拾われ――
おおぅ、この主人公実際わりとガチ目にヒモだな。置かれた環境がどうのじゃなくて、精神性というか自分の人生相手に預けきることでむしろ安心しきっているそのメンタリティが。
まあ実際のヒモなる存在は、もっと厚かましいというか養って貰ってる女の人からせびったお金でプレゼントを買ってお小遣いくれた女性にそれをあげて得意満面、みたいな人種らしいので、この主人公とはまた違うのでしょうけど。え? それだとまだマシ? 貰ったお小遣いで買ったプレゼントを別の女に貢ぐやからも珍しくない? それは御見逸れいたしました。
ともあれ、この主人公は自分で築き上げてきた努力を自分で台無しにしてしまったが故に、誇りも尊厳も何もかも失ってしまった。全部、諦めていたのである。人生も生きることも何かを成し遂げることも。その果てに惨めに野垂れ死にしそうだった所をこのお姫様に救われた。命を救われたというだけではなく、自分の生き方を肯定してくれた。誰も認めてくれなかった自分の努力を認めてくれた。
どうにもお姫様にとってはそこまで大したこと、踏み込んだことではなかったようなのだけれど、主人公フウタにとってはそれはもう自分自身のすべてを、これからの将来も何もかも人生そのものを捧げきってしまわないと、報いきれない恩だったわけです。もう既に返しきれないほどの恩を受けてしまった以上、あとは返し続けるだけしかない、とまで思い切れてしまっている。
剣を通じて姫様が孤独で誰も信じられなくて、ずっと苦しい思いをしていると気づいてからは尚更に、この人の為に自分の出来ることは何でもしよう、いっそ自分の人生そのものを貰ってもらおうとまで思っている。
……彼の一連の言動を見ていると、この人って自分でも自覚あるみたいだけど頭悪いですよね、うん。だからこそ一途なんだろうけど、思い込んだらそれしか見ていなくて、その周辺に意識や視野が及ばないというかなんというか。愚直で不器用、なんだろうけれど生き辛い性格だよなあ。その果てに、自分の人生丸投げして預けきって万事お任せしてしまった、というのはそれはそれでアリなのかもしれない。ある意味、もう難しいこと考えなくてもいいものね。
彼は「無職」な自分でも出来ることがあるはずだ、と努力して強くなって闘技場の闘剣士のチャンピオンにまで成り上がったわけですけれど、結局強くなる努力しかしなかった、とも言えるんですよね。いくら勝っても勝っても人気が出るどころかファンは増えず、アンチが増すばかり。それは彼の戦い方に理由があったわけですけれど、それを彼は自分が無職だから本職の「闘剣士」のような華がない、だから本物ではないから人気が出ないんだ、という風に結局「職業」を言い訳にして八百長にまで手を染めるまで落ちぶれるのである。
強いだけで満足できないのなら、観客に認めて欲しかったのなら、人気を得て声援をかけて欲しかったのなら、そのための努力もするべきだったんじゃないだろうか。強くなるための努力しかしていないのに、それ以外のことまで求めて、それを得られないのを職業のせいにするというのはなんか違うんじゃないだろうか。闘剣士として魅せるような戦い方を、工夫を、演出を、やれる事はいくらでもあったはず。なのに、彼はそれをしようとせず、戦い方を変えようとも工夫しようともせず同じやり方を貫きながら、周りの反応が変わらないことに耐えられなくなって、もちかけられた八百長に手を染めて、って自業自得ですし結局自分の無職でもやれる事があるはずという努力してきた事実に、自分で後ろ足で砂をかけている。職業を言い訳にしてしまった時点で、彼は自分に敗北してしまっていたと思うのです。
それをバシっと指摘して、叱ってくれたのはお姫様じゃなくてメイドのコローナの方でした。
八百長はお前の職業のせいじゃなくてお前のせいだ。無職がどれだけ大変でもしんどくても、お前の行いは全部お前のせいですよ。
これは金言だったと思うんですよね。負け犬だった主人公にある意味芯を通してくれるお叱りだったように思います。まあそれで芯が通って前向きになった末に、姫様のヒモに全振りしてしまうのですが。
まー、個人的にも主人公のあの戦い方は、人気でないし嫌われても仕方ないんじゃないか、と思えてならないんですよね。むしろ、観客よりも対戦者に嫌われそうなものなんですけど。模倣、完コピなんて。それも毎試合、相手と同じ武器使って同じ戦い方で、って。
この模倣って、直接対戦する相手とリアルタイムでしか出来ないのだろうか。戦い終わったら、得たものは全部リセットされてしまうのだろうか。出なかったら、対戦相手の技量とか経験とかコピーして鑑写しで戦うだけじゃなくて、以前戦った戦士の戦い方で別の対戦相手と戦ったり、またこれまで得てきた模倣してきた戦い方を織り交ぜて、新しい技とか編みだすとかも出来そうな気がするのですが、彼は愚直に相手を模倣するばかり。
何かを生み出す、発展させるという事がなんか全然なさそうなんですよね。
対戦相手からはむしろ無敗のチャンピオンとして敬意と憧憬を持たれていたそうなのですが、そういうものなのか。対戦相手からしたら自分の可能性を克服する、乗り越えるみたいな目標が設定できるのかもしれないし、主人公に勝つのは自分に勝つ事にも繋がる、みたいな見通しもあるのかもしれないけれど、個人的には観客から人気無いどころかアンチまみれになった、という方にちょっと共感してしまう所がありました。むしろ、それなら開き直ってヒールやってた方がコアなファン層も構築出来たのかも。まあそういう立ち回りが出来ない真面目で愚直で視野が広くないからこそ、盛大に踏み外したのですから、まあ仕方ないわなあ。
なので、やっぱり人生姫様に丸投げして考える必要をなくしてしまったのは、まあまあアリなんじゃないかと。
一方で、メイドのコローナにあれこれ叱咤激励され厳しいこと言われながらも自分で考えで歩いていく人生もあると思うんですけどね。どうも姫様専属でありながら、このコローナさん、姫様と一線を画する部分あるみたいですし。というか、このコローナさん強烈なキャラだったなあ。生まれてはじめて接客業のバイトしている不真面目ギャルみたいな、とても城勤めのメイドとは思えないフリーダムで若干なんかキメてそうな言動で、いや真面目な話どうやってメイドになれたんだ、この娘w
とはいえ、そのぶっ飛んだ言動で作品そのものを賑やかにしていたのは、このメイドさんの功績でしょう。彼女いなかったら作品そのものがもっと抑揚のないものになっていたでしょうし。主人公真面目で面白味のないキャラですし、姫様も本質はギラギラと尖って色んなものをみなぎらせている濃いキャラのはずなのですが、猫被ってずっと澄ました顔しててなかなか角見せませんでしたし。
コローナもなんか影で色々あるみたいですけど、むしろこっちのメイドさんがヒロインの方がいいなあ。


終焉ノ花嫁 2 ★★★☆   



【終焉ノ花嫁 2】 綾里けいし/村 カルキ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

魔導学園×主従バトル×ダークファンタジー、祭華夢幻の第二弾!

人類の敵【キヘイ】が世界を蹂躙して幾年。
魔導学園・黄昏院を設立し、人々はその脅威に抗戦を続けていた。
キヘイと婚姻し、【百鬼夜行】に転科・入隊したカグロコウは、一万五千回の試算の上にキヘイの大進行【逢魔ヶ時】を越える。
束の間の日常を謳歌するコウたちの前に――予想だにせぬ転科生が現れる。
時を同じくして【逢魔ヶ時】打破記念の祝祭が行われ、コウたちも出し物をすることに。
だが、祭りの最中、唐突にコウが殺される。
何度も何度も。
何度繰り返しても――。
さらには【戦闘科】最強の学徒で構成された【傀儡衆】の少女に襲撃されてしまい……?

ササノエ先輩、見事にミレイさんに洗脳されてお化け屋敷の脅かし役で動員されてるじゃん! 孤高の戦士を地で行ってるササノエ先輩だけど不思議と孤立はしていないどころか慕われていて、わりとイジられる事も多い気がするぞこの人。でも何より格好いい。最強の幻級の人は他にも二人いて頼りにされているけれど、百鬼夜行の支柱的存在というのはやっぱりササノエ先輩なんだよな。
百鬼夜行そのものが陥れられハメられたときに、切ってみせた啖呵には奮い立たずには居られなかった。
彼に限らず百鬼夜行の面々は気持ちが涼やかで本当に気持ちの良い人たちなんですよね。黒姫が転入生として教室に現れた時も、事情も何も説明せずともコウが真摯にお願いすることでキヘイの女王だった彼女を受け入れてくれた時も、コウを信頼して気持ちを汲んでくれたからこそ、なんですよね。
また時間遡行の繰り返しで、傍目には奇行に見える行動を起こし、また突然前触れもなく感情を爆発させたような不審極まる場面でも、状況のおかしさや異常さよりもまずコウが見せている感情を、泣きじゃくる彼の悲しみや安堵というものを優先して見てくれて、コウのどうしようもない気持ちの擾乱を皆して受け止め見守ってくれるのだ。こういうシーンを見せられると、本当に百鬼夜行の面々がみんな生き残れたという事が嬉しく思えてくる。この気持ちの良い涼やかな人達が、優しく強い人たちが生きてくれた、という事実にコウの一万五千回もの繰り返しが確かに価値あるものだった、この人たちを喪わずに済んだことがどれだけ掛け替えのない事だったのかが実感できるのだ。

だからこそ、コウが掴み取ったこの未来を否定し、貶めて、百鬼夜行が生き残った事実そのものを台無しにしようとする外部の人間の悪意に強い憤りを覚えるのだ。
敵はキヘイか、はたまたヒトか。
だからこそ、ササノエ先輩の一般の生徒は自分達の排斥に回るのは仕方ないが、これを企んだ連中は生かしておかん、という啖呵が沁み入るのである。怒りのみに染まらず、しかし怒りを留めず、敵と守るべき人たちを明確に区分けして斬り込もうというその姿に、この仮面の先輩の誇りを、百鬼夜行クラスの強さの意味を垣間見ることが出来るのである。
この人たちには幸せになってほしいなあ。
白姫との閉ざされた二人だけの愛の縁にとどまらず、こうして白から分たれた黒姫とも繋がり、百鬼夜行クラスというこれ以上ない仲間たちと出会い、そして途切れたはずの一般クラスの友人たちも、今もなおコウの事を想ってくれていた事を知れて、世界は捨てたもんじゃなくヒトは素晴らしいともっと思えるようになってくる。
だからこそ、余計にヒトの良き部分を塗りつぶすようなヒトの醜悪な悪意が際立ってくるのだけれど。
傀儡衆というのはこれ名前、結局ミスリードだったのか。直接対面してみると、いわゆる暗部な連中にも関わらずこの人たちも何だかんだと裏表のない気持ちの良い人たちだったんですよね。あくまで、彼らは意思を無視して使われる側であったのか。
しかし驚きだったのが、コウの時間遡行って即死した場合その時点で終わりだったのか。いや、これよくまあ一万五千回も即死せずに繰り返せたなあ。本人気付かずに流れ弾とかで頭吹き飛ばされて即死、とかいうケース決して珍しくないだろうに。精神がゴリゴリ削られていく以外は万能に思えたコウの能力だけど、これ詳細を知られた場合かなり容易に排除されかねないぞ。
今の段階では担任教師の二人以外には知られずに済んでいるのだけど。百鬼夜行の面々は知ろうともしていない、ほんとイイ連中なんだけど、敵サイドが全く気づいていないというのは大きいなあ。

ともあれ、学園祭の最中、いやその学祭の終わり際に突然脈絡もなく知人からナイフで刺されて殺されるという自体が続く中で、誰かが生徒たちを操ってコウに攻撃を仕掛けてきている、と察知するのですけれど、最初の案件、一般クラスで仲の良かったアサギリと再会して、話しているときにいきなりナイフで脇腹刺された時には瞬発型ヤンデレだー! と大いに興奮してしまったわけですけど……。
いやうん、ファーストインプレッションは侮れませんね、うん。

さて、今回からさらっと転入生としてクラスに加わってしまった一巻のラスボスである千年黒姫。無理にラスボスする必要なくなったというのもあるけど、ちょっと内気で周りの反応にビクビクしながらでも好奇心を隠しきれずにキョロキョロしつつ、コウの裾つまんで影に隠れてる、みたいなイメージのキャラがめちゃめちゃ愛らしくて、なんだこの新興マスコットは。コウよりもむしろ白姫の方がテンションあがって甲斐甲斐しく世話しだしているあたりは、なんとも微笑ましい光景でした。姉妹みたい、と言いたくなるけど姉妹どころかこの二人アレなんだよなあ。でも白姫よりも黒姫の方が経験も実体験も上のはずなのに、白姫の方がお姉さん風吹かせているのはふたりとも可愛いなあ。
そして、なんか作中で一番ラブコメしているヒカミとミレイのお二人さん。この二人が一番学生生活の青春真っ盛りじゃないですかー。ヒカミの方まったく無自覚にも関わらず、愛が深い、深い。そして薄々察してソワソワしてるミレイさん、乙女ですよ乙女。
そんな二人をみんなで隠れて出歯亀しながら見守る百鬼夜行クラス。こいつら、ほんとあらゆる意味で仲良いよなあ。そして、学園の最後の盾であり最強の矛、他の生徒たちから秘されし影の存在でありながら、わりとちゃんと生徒として青春してるんですよねえ。学園祭も何気に毎年参加してるそうですし。
そんな中に、コウも加わって最終的にちゃんと学園祭を全部回れてよかった。途中経過で、結局参加出来ずに終わるのではないかというちょっと寂しい予感があっただけに、ほんと良かった。
と、良かった良かったなんて言っていられないラストの驚きの展開。そうかー、そうきたかー。
さても、人の敵はやはりヒトか。


現実主義勇者の王国再建記 13 ★★★☆   



【現実主義勇者の王国再建記 13】 どぜう丸/冬ゆき オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

敵対国家・九頭龍諸島連合へフリードニア王国艦隊の派遣を決定したソーマ。
故国を救うべく身を捧げた九頭龍諸島の姫シャボンを味方に付けたソーマは、彼女の手引きで王国艦隊の到着前に島へと潜入する。
――目下の問題は諸島連合艦隊よりも、近海に出没する謎の巨大生物。そう睨んだソーマは敵国内で巨大不明生物の情報収集にあたる。かくして判明したその実体は常識を逸脱した怪物で……!?
敵国艦隊と巨大生物、迫る二つの脅威にソーマが講じた策略とは!?
革新的な異世界内政ファンタジー、第13巻!

ああっ、そこまで昔から連絡取り合ってたのか。いやこれ、相当以前からじゃないですか。これは相手さんの先見の明を褒め称えないといけないでしょうし、余程の根気と忍耐と粘り強さがないとこの段階まで引っ張れないですよ。
やたらとソーマたちが和平を求めて飛び込んできたシャボンたちに辛辣だったのもわかります。献身的で現状を行き止まりと感じて打破するために自分から動く、というのは都合の悪い事実に目をそらしてなあなあで流れに身を任せてしまう事に比べれば上等この上ないとは思うのですけれど、危機感に対して深い考えなく動いてしまった、とも言えますからね。特に、深い思慮と遠謀とともに強かに交渉を続けてきたという比べる相手が居るのですから。
まあそれ以上に、何年も掛けて練り上げただろうシナリオに則って準備を整えていざ幕をあけたら、突然脚本も何も知らない役者が舞台に乱入してきて引っ掻き回されてはそりゃあ、何しに来たコイツ、てなりますよね。しかも、その乱入目的が計画の破綻に直結しているのですから、邪魔しないでおとなしくしててくれ、って事にもなりますか。
とは言え、なんにも知らないシャボンとしてはソーマたちに縋るという以外何も考えていなかったにしても、戦争を止めようという目的自体は彼女の立ち位置からすると間違ってはいないですからね。全然足りないにしても、彼女は自分の身でやれることをやろうとしたわけですから。
ただまあ、知らないとは言え自分から見事に地雷を踏み踏み踏んづけまくってしまったのは確かなのですけど。それでも、もうちょっと優しくしてあげてw

しかし、長年かけてシナリオ練り上げたにしては、本番での演技は大根もいいところだったような……。まあ、別に演技うまかろうが棒だろうが、ファニーウォーとして建前さえ成立すればよく、要は現場に王国と諸島連合の艦隊が勢揃いすればよかったのだから、別に演技力は求められていなかったのだろうけど。
それでもソーマはテレビ出演も多いんだから、もうちょっと頑張りなさいよw

その分、実戦の方で今までになく活躍してた気もしますが。あれをソーマの活躍というべきなのかは定かではありませんが。
というわけで、今回の本題は特撮怪獣映画。冒頭の嵐に襲われた島で未知の存在の痕跡が、というのはまさにゴジラ以来の伝統ある導入でもありましたしねえ。
いやでも、メカドラ出撃! には吹いた。完全にメカゴジラだこれ。漫画が違うw
これ九頭龍諸島連合の連中、魂消たどころじゃなかったでしょう。あんなの見せられたら。世界観が違うw
ソーマのあの人形の遠隔操作の能力の可能性については常々様々な形でアプローチされていましたけれど、あんなデカイの操作できるんだったらそれこそ戦争感が変わってしまい兼ねないですよ。あとドリルは定番、うんわかる。わかるんだけど、メカドラの腕に装着じゃなくてちょっと戦艦の艦首に取り付けて「海底軍艦突撃!」なノリも見てみたかった気がする。特撮でドリルだとやっぱり軍艦の艦首でしょう、定番は。

ただ今回注目すべきは派手なメカドラよりも、島型空母「ヒリュウ」の実戦投入でしょう。本来、海を嫌うワイバーンの部隊を搭載して、海上を自由に移動し好きな所からワイバーン部隊による航空攻撃をぶつけることが出来る海洋機動力の顕在化。
ソーマはここで、国家の方針としてシーパワー重視で国際関係の主導を握っていくことを明言しています。ちゃんとここで列島国である九頭龍諸島連合と盟を結んで海洋同盟を締結しているあたりが偉いんだよなあ。ランドパワーの超大国である帝国とは裏で密かに協力関係結べているし、もし大陸で大規模な紛争が起こって内陸の交通網が機能不全を起こしても、海洋交通網を握っている限り海運を通じて友好国との連絡や商業ルートは確保し続けられますし、空母の運用は常に攻撃のイニシアチブを握り続けることが出来るということでもあり、本当の最悪の場合でも九頭龍諸島連合という後背地が出来たというわけで。まともに戦わずして海洋の支配権、並びに九頭龍諸島連合という精鋭かつ多数の艦船群の協力を得られるようになったのですね。大陸中央ではいままさにフウガが勇躍をはじめている真っ最中ですけれど、こうしてみるともう既に着々と何が起こっても対処できるような、価値観の異なる者からすると全く視界に入らないところで盤石の包囲網が敷かれつつあるんですよね。
ユリガちゃんは、王国に居て間近に見えているから、また彼女自身の柔軟な視点からソーマの戦い方を理解しつつあるけれど、これを伝えるのは難しいだろうなあ。フウガもまた野性的な感性で何となくソーマの脅威はわかっているものの、わからないものを理解できるタイプじゃなさそうなんですよね。果たして、いつかあるだろう彼らの激突は、激突足り得る形になるのだろうか。
なにはともあれ、ジュナさんオメデタ!


聖剣学院の魔剣使い 5 ★★★☆   



【聖剣学院の魔剣使い 5】 志瑞祐/ 遠坂 あさぎ MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER


「よくもあたしを殺してくれたわね、レオ♪」波乱に満ちた聖灯祭の余韻も残る中、レオニスの前に現れたのは、倒したはずの〈竜王〉ヴェイラだった。暴虐の竜王に脅され、しかたなく都市を案内するレオニス。「大変、レオ君が誘拐されたわ!」こっそり二人を追うリーセリアだが、なぜかプールでヴェイラと勝負することに。そんな平和(?)な時間も束の間、第十八小隊に与えられる〈巣〉の殲滅任務。その目的地である〈死都〉では、魔王軍大参謀ゼーマインが、恐るべき〈不死者の魔王〉を復活させる陰謀を企てていた――!

ヴェイラ、あれで死んでなかったのか。どころか、あれで死んでないのどう殺しても死なないんじゃないだろうか。単細胞生物のスライムでもあるまいに、侵食汚染された部分切り離して自意識も覚醒させる、ってほぼ何でもありなんじゃないのそれ?
不死者の魔王顔負けの不死っぷりである。わりと力押しの脳筋っぽい竜王ですらこれなのだから、段々と情報解禁しだしている他の魔王たちもこれ、絶対死んでないだろうし格下に利用されるようなタマじゃなさそうなんだよなあ。絶対曲者揃いだ。
魔王同士よく衝突していたみたいなことをレオニスは常々語っていたけれど、ヴェイラとの気のおけない様子を見ていると、他の魔王とも別に仲が悪かったわけではなかったんだろうな。単にコミュニケーション方法が暴力的だっただけで。
ヴェイラを案内するレオニスの様子はデートみたいな雰囲気とは程遠かったものの、一応この戦術都市は自分の王国扱いしているレオくんなので、現代初体験のヴェイラに対してどーだすごいだろー、的に自慢気に案内して回る姿がちょっと可愛かった。いや、君が作った都市じゃないでしょうに。
レオくん、わりと中身も見た目相応に子供っぽくなってる疑惑は常々あったのだけれど、魔王時代からの知己であり同格であるヴェイラ相手ですら子供っぽさが抜けないあたり、完全にメンタルも幼くなってるぞ、これ。お陰で魔王ムーブかましている時もちびっこが背伸びしてカッコつけてるようにしか見えないのも気の所為ではなかったのかもしれない。名探偵コナンのコナンくんみたいに小学生してるの演技だけで中身ふてぶてしい高校生なのとは、全然違うっぽいんですよねえ。
それがレオくんの可愛らしい魅力につながっているし、お姉さんたちに可愛がられるのに違和感を感じない要因なのでしょうけれど。
とはいえ、お陰で周りはみんなレオくんを弄り回すお姉さんばかりなので、実は対等に接するヴェイラというのはなかなか新鮮な関係者でもあるんですよね。その他では見られなかった対等な関係に、セリアが触発されてこいつは見逃せねえ、と危機感を覚えるきっかけになるのですが。
今まで、他の女性陣が接触してきてもこんな風に嫉妬を感じることあまりなかったですしねえ。
現実的にも、魔王であるレオニスと対等に接する事のできる相手というのは同格の魔王しかいないだけに、そのヴェイラとこうして気のおけない関係でいられるというのは得難いものなのかもしれません。場合によっては、彼女を眷属化していた可能性もあるんですよね。それを回避出来たのは良かったのでしょう。彼女とは対等の関係であるほうが気持ちの良い間柄でいられそう。
とはいえ、こんなにあっさり遊ぶだけ遊び倒したら出ていってしまうとは思いませんでしたけど。でも、敵側にもヴェイラが生存している情報は知られていないだけに、彼女が遊軍としてフラフラ徘徊してくれているのは、いざという時かなりの助けになりそう。
生存が知られていない、というとまさに主人公であるところのレオニスもまだ封印されてると思われてたんですねえ。
敵側が今度は不死者の王を復活させる、とドヤ顔で暗躍しはじめた時は、なんかもう微妙に間抜けた図に微笑ましさすら感じてしまいました。その魔王さま、とっくに復活していらっしゃいますから。現代満喫していらっしゃいますから。いや、満喫してるのは部下のメイドとわんこの方かもしれないけど。
ただこうしてみるとレオニスの復活というのは本当に想定外のイレギュラーなんだなというのがわかるんですよね。敵サイドはそれなりに綿密なスケジュールと計画に基づいて動いているみたいですし、その中で眠れる魔王が勝手に目を覚ましている事態、なんてのは全く考えられていなかったようですし。となると、その事態を引き起こしてしまった、つまり本来なら絶対に目を覚まさないはずのレオニスを復活させたセリアという娘の異常さが際立ってくるわけです。

さらに、タイトルにもなっている聖剣と魔剣についてもかなり不穏な状況が見えはじめてきました。【聖剣学院の魔剣使い】というタイトル、単にみんなが聖剣使ってる学校の中でこっそり魔剣使って無双します、程度の意味合いだと思っていたのが、聖剣と魔剣に深い相関が見られてきたんですよね。ってか、レオくんが使う魔剣と、今回語られた聖剣が暴走した形での魔剣って全然別物? それともなんか関係あるんだろうか。今の所、レオが使うのは魔王時代から使ってたもので、現代に目覚めたらなんか知らんけど人類が使うように為ってた聖剣ってものに関しては全くレオくん知らなかったので関係は見えてこないのだけど。
ただ、レオの魔剣が女神を殺すもの。聖剣が変転した魔剣たちが、女神を復活させるために焚べられる生贄だというのを鑑みると、関係がないはずもないのか。
ともあれ、ここまで聖剣が怪しいものだとは思わなかった。なんかそういうものとして普通に受け入れてたもんなあ。聖剣の誕生、人類の中で発現するようになったこと自体仕組まれていたのか。となると、どうしてセリアには聖剣が目覚めなかったのか。レオの眷属になって初めて聖剣が目覚めたのか。それにもちゃんと理由がありそう。それに、咲耶が他の魔剣に侵食された使用者と違ってちゃんと自我を保ったまま魔剣を使えるというのも、そろそろ彼女が物語の中心に入ってきそうな予感。
今まで、ワンコと遊んでるのとメインの外側で一人でずんばらりんとヴォイド斬りしてたばかりでしたもんねえ。というか、ワンコと遊んでばっかりじゃないかw
そのワンコことブラッカス、いやもう君実質飼われてないかい? 咲耶の後見の翁はこの誇り高き獣は誰にも飼うことは出来ませぬ、と言ってくれてたけど、実質君学院では咲耶のペット満喫してましたよね。むっちゃ飼われまくってたよね?
本人ならぬ本犬、ご満悦そうなので別にいいのですけど。


亡びの国の征服者 2 ~魔王は世界を征服するようです~ ★★★★   



【亡びの国の征服者 2 ~魔王は世界を征服するようです~】 不手折家/ toi8 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

少年は歩む。
亡びを見据え、生きる道を――

家族の愛を知らぬまま死に、“もう一つの人類"の侵略に脅かされる王国で新たな生を受けた少年ユーリ。
彼は騎士家の名家であるホウ家の跡取り息子として、王女であるキャロルや魔女家の生まれであるミャロらと共に、騎士院での生活を送っていた。
そしてユーリは生まれて初めて、“もう一つの人類"――クラ人と出会う。
亡命してきた宗教者であり、クラ語講師であるイーサ。ユーリは彼女からクラ語を学びながら、「敵国」への理解を深めていくのだった。
数年の時が流れ、ある目的から学業の傍ら事業を興すことを決めたユーリ。前世の知識を元に植物紙の製品化を目指す彼は、協力者を得ながら試行錯誤を繰り返していく。しかし事業が成功した矢先、王都を裏で牛耳る魔女家の魔の手が迫り……!?
のちに「魔王」と呼ばれる男は、静かに、しかし確実に覇道を歩む――。
「小説家になろう」で話題の超本格戦記譚、待望の第2幕!
一巻では情報としては流れてきつつも、ユーリの実感としてはまだ得られていなかった騎士家と魔女家という両輪の上に王家が立っているというこの国の構造、その実態がこの王都では、この国を形作っているのか、どのように横たわっているのかを目の当たりにすることとなる。
また、遠い外国の話であったクラ人と呼ばれる異人種の侵攻によって、次々とシャン人の国家が滅ぼされていて、今その侵攻が隣国であるキルヒナ王国へと及ぼうとしている現実がユーリの前に突き付けられる。
もっとも、このクラ人たちの侵攻を自分事として危惧している者は王家や政治を担う魔女家を含めて殆どおらず、武官である騎士家ですら危機感を有しているとは言えないのだけど。
この段階で、既にクラ人の侵攻が避けられないこと、それどころか自国シヤルタもまた他のシャン人国家と同様にクラ人国家群によって亡ぼされるだろうと想定しているのはユーリだけなんですよね。
彼だけ、と言ってしまうのは極言かもしれないけれど、この国の要人たち、いや商人から一般庶民にいたるまではあまりにも長い間内向きにしか政治も武力闘争も行ってこなかったが為に、完全に国際感覚というものを失っているようなんですよね。その最たるがシャン人国家において文官系氏族を意味する魔女家と呼ばれるものたちで、シヤルタにもいくつかの魔女家が権勢を誇っているのだけどこれが完全に悪徳商人と腐敗官僚とヤクザを合体させたような存在で、国益を全く考えずに一族の益しか考えていない連中なんですね。国を富ますなんて全く考えていない、ただ家を栄えさせ、他家を蹴落とし陥れ、出る杭は片っ端から打ち込む事に躍起になっている国の癌であり寄生虫なのである。
その権益を守るためなら何でもするという姿勢は、非合法活動や謀略、暴力も厭わずこの国の健全な経済活動は魔女家によって妨げられている、と断言していいのだろう。発展や革新に至るだろう事業なんかも、片っ端から利益だけ吸い上げられて毟り取るだけ毟り取ったら後腐れないように徹底的に潰される、といった感じだし。
国そのものから活気が失われているように見えるのは、このせいなのだろう。
ユーリは、いくつか自分で商売を立ち上げることで、この魔女家というこの国に蔓延る悪徳と直接対決する事になる。とはいえ、真っ正直に正論振りかざして突撃するようなアホとは程遠い人種なんですよね、この少年。
まず、彼ら魔女家が口出しできないような制度を、王家を通じて構築し、権力を振りかざしての無体には、騎士家の名家であるホウ家の嫡男という立場を利用して振り払い、有形無形の嫌がらせは此方も武門の家らしく影に日向に叩き潰し、それでいて自分の商社を立ち上げた時には実家の紐付きになって変な方向から干渉を受けないように、自分の裁量に首を突っ込まれないようにホウ家には関与させないようにしてたりするんですよね。起業のための資金はほぼ自分で稼いだもので賄ってますし、人材の方も自分のツテで集めて回っている。
これに関しては、ホウ家を継いだユーリの父であるルークが、ユーリを信頼して好きなようにやらせてくれているから、というのも大きいんですよね。元々、ホウ家から一度は距離を置いていたからか、ホウ家至上主義なんて考えからは程遠い父親ですし、ホウ家を絡ませずに自分の権限でやりたいという息子に全然干渉してこない、というのはありがたいお父さんですよ。これで息子を放任しているのか、というといらんことを告げ口されて心配になって何をやってるのかを問いただしてきたり、というのはあるのだから、父親としてちゃんと息子のことは心配してくれていますし。それで、筋道立てて説明したらちゃんと理解してくれるんですから。
ユーリが醒めてるようで、この父親の事を滅茶苦茶尊敬しているのは、ルークが学生時代、騎士院をやめることになった事件の内実を聞いて、もう随分と昔のことなのにやたらと熱くなってその話を教えてくれた人に食ってかかってしまった事からも何となくわかるんですよね。よほど好きで尊敬してなかったら、そんな過去話で熱くならないですよ。
ともあれ、ユーリは学業の方はとっとと単位取れるところは取ってしまって、暇だからと商売はじめて自分の知識の中から使えるものをどんどんと利用して、商社を立ち上げて資金を稼ぎ出し、また商船持ちの商人と仲良くなることで、外地へも食指を広げていくわけです。
これに関して、ほとんどの人はユーリの金儲けを暇つぶしとは言わないけれど、シヤルタ王国という狭い範疇の中での事だと考えているしこれに関してユーリはまだあまり何も語らないのだけれど、リリー先輩に天測航法のための六分儀の開発を依頼したときに、はっきりと語っているんですね。このシヤルタ王国は近いうちに亡びる。その崩壊に巻き込まれないためには、海を超えてクラ人国家群の手の届かない所まで逃げるしか無い。そのための資金稼ぎであり、ホウ社の設立であり、幾つもの発明品の開発なのである、と。
これは、この異世界が地理的には地球とほぼ変わらないものであり、西の海を隔てた向こうに新大陸が存在している、と知っていなければ出来ない発想ではあるのだけれど。
いずれにしても、この段階から既にユーリはもう、国の滅びを前提に動き出しているのである。
王都に出てから、同じ学生の仲間たち以外にもクラ人の言葉以外にもその文化や国家の内実、クラ人の原動力の一つである宗教などについても詳しく教えてくれることになるクラ人の亡命者にして教師であるイーサ先生や、商船を駆りクラ人国家にまで商売しにいく商人のハロル、ホウ社の幹部として植物紙の生産をはじまりに組織を取り仕切ることになる辣腕の商売人カフ、そして時計職人の子であり機械系の職人でもあるリリー先輩、というユーリの人生においても後々まで深く関わることになる友人、恩師、仲間となる人物と出会い、またキャロルやミャロといった子供時代からの友人たちとは更に親密に交流を重ねて、まさに青春を謳歌しているというべき次第だろう。輝かしき青春時代だ。
しかし若く未来に希望を抱いて走るような青春とは裏腹に、ユーリの根底には先に語ったような迫りくる亡国に対する備え、抗い、それを妨げようとする旧弊との饐えた匂いのする暗闘が横たわっている。
ユーリの前世、研究者だった男の半生が語られるのだけれど、そこには身近な人からの裏切りがあり、怒りを原動力とした戦いがあり、すべてから解き放たれた自由があり、その果ての虚無感があったわけです。そして、彼は孤独だった。
ユーリの根底に、どこか乾いた風が吹いているように見えるのはこの前世の孤独があるのかもしれません。一方で、この生で彼は家族からの愛情に包まれ、友情と親愛を交わす友達がいて、目的をともに走れる仲間たちがいる。
今の彼の奥底に、闇はないはずです。乾いた価値観と醒めた意識が根ざしていて、それが彼に無邪気に未来を信じるなんて真似を許さないのだとしても、彼が戦う理由には温かい熱がある。まあいまいち、見る目がないというか、ミャロの性別自分だけが全く気づいていなかった事に人生最大級の衝撃というかショックというか、自分だけなの?という焦りが、鈍いというか変に彼の間の抜けた部分を垣間見せてくれるんですけどね。そういうのも織り交ぜての、複雑な人間性の質感がユーリという主人公の魅力なんだろうなあ。
ミャロの祖母と面談しての、ヤクザの事務所に連れ込まれたみたいになった時の、あの後ろでソロムの爺さんがやりたい放題やっているのを振り返りもせずに、不敵な笑みを浮かべたまま椅子の上で足を組んで脅されたはずが逆に脅しにかかっている様子なんて、十代の若造どころじゃない貫禄でまさに魔王さま、という風情の格好よさだったんですけどねえ。いや、魔王というよりもマフィアという感じだよな、あれ。

なんにせよ国際情勢と国内情勢が詳らかになってきた上で、キャロルを通じて王家ともよく関わるようになったユーリ。騎士家の嫡男という立場もあって、魔女家の領分にも首を突っ込み、と学生身分でありながらもうその他大勢の一人、なんてわけにはいかなくなってきたよなあ、これ。
既にこの段階で、キャロルの王配候補筆頭という扱いになりつつありますし。まあ、あのお互い遠慮も何もないキャロルとの親密な関係を目の当たりにしたら、ねえ。普段は男女のそれの気配はまったくなく、悪友みたいな付き合い方ですけど。
でも、書き下ろしでのキャロルの下町探訪にユーリが付き合う話なんぞは、完全にデートでしたしねえ。デートにしたら危ない所に首突っ込みすぎですが。ってかユーリってホント場馴れしてるというか、普段から悪所にも出入りしてるしこれどこでも生きていけそうな強かな処世に長けた人物なんだよなあ。
ってか、意識もせずにそういう事言うからなーこの男。いや、ユーリの場合しれっとちゃんとわかって言っていても全然おかしくないんだよなあ。そういう男なのだ。


やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい 3 ★★★★  



【やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい 3】 芝村 裕吏/片桐 雛太 MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
ガーディ VS 10万の大軍――異端のヒロイック・ファンタジー第3弾!

僅かな仲間と共に森州平定という大偉業を成し遂げながらも、相変わらず俗世に疎いガーディ。そんな彼を放っておけないフローリン姫の近侍に取り立てられた矢先、次なる戦いが忍び寄っていた。沿海州リエメンを率いる女王ニフレディルが、国の存亡を賭けて10万の大軍を率いてイントラシアへの侵攻を準備していたのだ。その動きを事前に察知したガーディはフローリン陣営の指揮官として、思わぬ人物との同盟を提案する。そして、種族を分け隔てない“究極の優しさ”が、決死の侵略軍すらも救う軍略へと至る時、誰もが予想しない結末が待ち受けていた――!
こうしてみると、ガーディというこの時代において異質すぎる存在を虚飾も偏見も少なく一番深く理解しているのって、アンドゥイレドとシンクロのおっさん二人なんじゃないだろうか。
ナロルヴァやフローリン姫、テイといったガーディと近しい子たちは、近しいが故にガーディの人となり、その性格の優しい所や抜けている所危うい所なんかをよくわかっているけれど、近しいが故に近すぎてその凄まじいとすら言える巨大な能力については頭ではわかっていても実感として把握しきれていない部分があるし、テイに至っては崇拝に近いものがあるからガーディの実像を正確に認識しているかは怪しいところがある。これは臣下になったモノたちも同様で神格化とまではいかないけれど、美化していたり凄い人という固定観念を持ってしまっている節がある。一方でタヘーや幼母は軍師としてのガーディを全く知らないからこそ、よく知っている彼の人柄だけに目がいき、その持ち得る能力については全く関知できていない事からも、見る人によってガーディという人物の捉え方がこれほど幅広くなるのは興味深い。
ナロルヴァあたりは、最近武将としてガーディからちょっと離れた所から前線に立つ者の視点でガーディの業績を目の当たりにしているので、実感を得始めている所もあるのだけれど。
彼を知らない人たちなら、尚更その実像は伝わらないし敵対者として対面する者たちからすれば、その圧倒的な能力ばかりに直面することで、本来の姿とはかけ離れた姿を見出してしまう。もっとも、実像を知らないからこそ、本質を見抜いている節もあるのだけど。

その点、アンドゥイレドとシンクロの二人はガーディという天才のバケモノじみた能力も、逆にその人並み外れた無垢さや弱点、世知の疎さなどちょっと考え方が抜けているのもちゃんと把握してるんですよね。まあ、凄さもダメさもたびたび想像を遥かに越えてしまうので、そのたびに振り回されてしまうのですが。
それでも、このおっさんにしてフローリン陣営の文武のトップを担う重臣二人がガーディの最大の理解者にして後援者であるという事実が、どれほど皆にとっての幸いであるのかは、彼らがほぼガーディの好きなようにやらせて、彼の望むようにすべての準備を取り計らってくれた事からも明らかでしょう。もちろん、これまでにガーディは彼ら二人のお眼鏡に適うだけの実績を立て、信用を勝ち取り、その能力を示し人となりを知らしめたからこそ、なのですけど役職も重く実績も多分にあり経験も深いだろうこの二人が、判断の殆どをガーディという新参に任せきっている(そして恐らく責任の方は自分達で引き受けるのだろう)事は、この二人がどれほどの傑物かを示しているのではないだろうか。
この二人が後ろ盾だと、ほんと何の邪魔も入らないどころかガーディの思う通りにスムーズに準備段階から事が運ぶんですよね。
軒並み、反対勢力を粛清し尽くさなければならなかったニフレディル女王と比較するのも可哀想になるくらい。リエメン側の人材の払底は目を覆わんばかりでしたからね。実質、この幼女王一人であらゆる実務をやってのけざるを得なかったのを見れば尚更に。
忠臣と言える人は僅かも居ましたけれど、実務能力はほぼ役に立つことなし、みたいでしたし。
今回はガーディも三方から迫る敵軍に対するために、自分は後方に待機して各戦線を手ずからではなく他人に任せる必要があったわけですから、ガーディも自分だけで全部やってしまうという訳にはいかなかったんですよね……まあお膳立てはこれでもかというくらい丁寧にやってのけたわけですけれど、これに関してはニフレディル女王も一緒ですからね。
ただ、ガーディには後ろにも前にも自分の代わりに任せられる人が居て、足りない部分も「自分じゃわからないので紹介お願いします」と頼める人が居て、その人は適切な人選で適格者を引っ張ってこれる人だったりするんですよね。
こうしてみると、英雄譚のような戦記物のように綺羅星のごとく将帥が揃っている、というわけではないのですけれど、ガーディ陣営には質実剛健の頼もしい土台を担える人材が揃っているのがよく分かる。そして、ガーディを慕って集まることになったゴブリンや人狼、トロールなどの異種族による精鋭諸兵科部隊という槍の切っ先。
まあそれ以上にやっぱり、精霊魔法、或いは占いという名称で語られる高等数学による演算に基づくガーディの先見が並外れているからこそ、すべてが適切に配置されていくのですが。
ガーディって情が深いように見えてそれらに左右されない完全に理系軍師なんですよね。政治はわからないどころか人の世界の常識も知らない世知に疎い人物だし、あれほど優しさに特化した性質でありながら人の心理というものにも疎い。
今回、リエメンの侵攻をまるで予知したように侵攻の開始から軍勢の数、侵攻ルートに戦略目的まで見抜いてみせたのは、それだけニフレディル女王による侵攻計画が合理性と必然性の塊だったから、と言えるのかもしれません。不合理の入る余地のないほどの完璧に整えられた計画だったからこそ、ガーディには手にとるように予測できた、と見るならばそれだけニフレディル女王が完璧な計画を完璧に実行していたという事実に突き当たるわけで、この幼女王ガーディと遜色ないバケモノなんじゃないだろうか。
惜しむらくは、彼女が才能を発揮せざるを得ないリエメンという国の状況が、災害によって破滅を避けられない状況であり、動ける間に生きるための食料を確保するために他国に全国民ごとなだれ込まなければならない、という時間制限付きの絶望的な状況であり、それを理解していない現状を把握できていない者たちを排除したために、人材という人材が払底しきってしまったという事なのでしょう。軍は糧食がなく、ただただ前に進んで略奪しなければそのまま枯死するしかない。前提条件が悪すぎた。
この幼い女王の身を確保できたことは、森州にとってどういう意味を持ってくるのか。リエメンという国が崩壊しながら、その国民の少なくない数を難民としてではなく移民的な形で森州に吸収できそう、というのはフローリン姫の立場にとっても重要な意味を持ちそう。
すでに、ガーディを近侍としたことでフローリン姫は独立領主としての道を歩みだしている、と周囲からは認識が持たれはじめているし、アンドゥイレドとシンクロのフローリン姫の両輪も、ここにきてガーディとフローリン姫の婚姻を本気で進めに掛かってますし。本国から独立独歩の道を歩もうという気満々なんだよなあ。
そのフローリン姫はというと、もう王族として仮面をかぶるのは完全にやめてしまって、今は公然とガーディの世話を焼くと公言して実行してますからねえ。それはもう好意以上のものだと思うのだけれど、この姫様は浮世離れして危なっかしいガーディの世話を焼かねば、という使命感に燃えているので彼が旦那様に、とかは果たしてどこかで現実味をもって捉えているのか。
むしろ、一旦婚約しそうになりながら引き離されたナロルヴァの方が、ちゃんと自分の気持ちというものに向き合えている様子が見える。
それにしても、世話を焼きたくて仕方ないフローリン姫がまたかわいらしすぎてたまんないんですよね。作中でも繰り返し語られてますけれど、近侍とは本来主君の世話をするような役職のはず(まあ実際は建前に縛られない必要に応じた自由度の高い立場みたいだけど)なのに、なぜか主君のフローリン姫が彼のお世話をしようと彼の住まいまで毎日訪ねてくるような様子で。森州の最高幹部が集まって今後の方針を決めよう、という会議に姫様が直々にガーディ呼びに来て、手を引っ張って会議室まで連れてきた挙げ句に「連れてきました!」ですもんね。なんだこのかわいいお姫様は。
それをみんなが微笑ましく見守っている、というのがこの森州の雰囲気を一番最適に現しているような気がします。
アンドゥイレドさんも、「ワシは、意外に小僧のことを小僧と呼ぶのが好きだったのだな。ガーディさまと呼ぶのが惜しい」という一言でこれまでも好きなキャラだったのですけれど、なんかもう大好きになってしまいました。こういう露悪的で周りからは嫌われているけれど、有能だし実は情も深いしというキャラはやっぱり好きですわー。

ついに「信長公記」の太田牛一みたいな、武将でありながら後にガーディの業績から日常的な様子まで書き残すことになる人物まで登場してるんですよね。
さながら現代から当時の人が残した資料を元に歴史家の視点で、ガーディたち当時の人たちの現代での評価を語ったり、歴史的事実に関しての見解や論説を述べたり、という歴史小説風味の語り口はやはり本作の大きな魅力の一つで、うん面白いなあ。面白い。


ワールドエンドの探索指南(あるきかた)3 ★★★☆  



【ワールドエンドの探索指南(あるきかた)3】 夏海 公司/ぼや野 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ついに垣間見えた、世界の真実とは――ボクと彼女のサバイバルファンタジー

地図と周囲の風景が違う? 探索を続け町を進行するタイキとヤヒロは、世界への違和感を強くしながらも、高層ビルの立ち並ぶ繁華街へとたどり着く。無数の落書きに迎えられたここは、どうやら2つの勢力が縄張り争いをする、戦場の真っただ中のようだ。
〈天文館〉と〈果樹園〉という二つの部隊は戦闘を繰り広げ、究極の〈秘宝〉を探し求めているらしい。そんな中で、双方に和解を呼びかける勢力、〈灯台〉に所属する陽羽里クイナと出会う。
目指す〈ミハシラ〉へは繁華街を通過しなければならず、タイキは両陣営とクイナを前に選択を迫られ──。

エグいなあ。黒幕の人、目的は自身が語ってくれていましたけれど、あれで一応本気で善意なのかも。いや、みんなを見下し嘲弄に染められているそれを善意と言っていいのか。結局、ゲートの保持が目的なんだからそんなはずないよなあ。
にも関わらず、さも自分は善意で彼らを妨害していたんだ、なんて事を平然と笑みすら浮かべて宣ええる時点でその性根は最悪である。
だいたい、ただゲートを保持するため爆発を阻止するのならやり方はいくらでもあったんですよね。なのに、わざと関係をこじらせるように誘導し、本来理性的なリーダーに率いられた穏当な集団を敵意どころじゃない憎悪というマイナスの感情に染め上げて、人間の醜い面を引き出すように誂える。あとは、見ているだけで殺し合いだ。目的を達するための殺害ではなく、殺すための殺しを行わなければ気がすまないまでに両陣営の精神を汚染する。目的を達成するためには不必要なそれは、悪趣味以外のなにものでもない。

そも、振り返ってみると最初に与えられた「天文館」と「果樹園」という集団の情報からして悪意たっぷりだったんですよね。どこの戦闘狂で人でなしの集団か、というような言い草でしたし。
しかし、実際に問答無用で殺されかけた挙げ句に同じ目にあった人からの中立の立場を装った立ち位置からの冷静な、これまで彼女が経験した実際に見聞きして両陣営と交渉した結果から抽出された情報、という形で出された話は実感とともに真実味があったんですよね。
タイキたちが両陣営のリーダーに直接対面しにいく、なんて真似をしなければ、実像はわからなかっただろう。
実際、完全に冷静さを失っている現場最前線を何とかくぐり抜けて、両陣営の幹部たちが集まる指揮系統の中枢までたどり着いて見ると、聞いていた話とまた随分と違ってきているんですね。
また、両陣営とも敵対するに至った理由を聞いていると、明らかになんかおかしい。いや、当事者からしたらそれ以外に真実はないのだけれど、第三者の立場から見てみるとどうにもおかしい。
ただ、これに気づけるのはやっぱり第三者ならでは、なんですよね。
だからか、早々に彼女がタイキたちに接触してきたのは。
予期せぬ形で、この状況に介入してくる第三者が、彼女がお膳立てしていた状況を台無しにしていた危険性に、速攻で気づいていたのかもしれない。でも、まずいちばん最初に接触することで一方的な情報を与えて誘導することは可能だし、そうでなくても近くにいればタイキたちが介入して変化する状況を、即座に修正することが出来る。狡猾だ。
話してみてわかるのだけれど、天文館、果樹園双方ともグループを指揮するリーダーが優秀なんですよ。単に能力が優れているというだけではなく、理性的でここまで憎悪が循環する状況でありながら、暴力だけに丸投げしてしまう思考放棄に逃げない粘りがあったんですよね。他人の話を聞くことができ、冷静さを失わない。人望も厚くカリスマもあり、半ば統制を失いながらもそれでもグループを崩壊させていなかったのはそれだけ手腕が優れていた、というのもあるのでしょう。
逆に言うと、これほどのリーダーに率いられながらも、彼らはほぼ一方的に良いように弄ばれてしまったわけだ。黒幕の悪魔的な人心操作の技術を感じさせられる。それも、最小の介入だけで、だ。

では、そんな彼女の正体はなんだったのか。
一応、彼女自身が全部タイキたちにバレたときに語ってくれているのだけれど、前提となる情報が殆どないだけに、彼女の立ち位置はよくわかんないんですよね。
そもそも、タイキとヤヒロはもともとどういう存在だったのか。彼らはどうして今、ここにいるのか。若者の姿で、ここにいるのか。かつて、彼らに何があって、今この状況におかれているのか。
断片的に夢という形で過去の様子を垣間見ることが出来るのだけれど、断片的すぎてやっぱりわからない! 世界の本当の姿、というのも今まで見聞きしてきたものに、ここで体験したものを含めてもやっぱり判断材料が少なすぎるんですよね。
具体的に語れるものが、今の所殆どない。

ただ、タイキとヤヒロは記憶のない昔から、分かちがたく離れがたい存在だった、という事だけは実感できたのだ。それがなんという関係なのかはわからない。兄妹なのか、恋人なのか、親友なのか、好敵手なのか。
死なば諸共、が一番二人を言い表している言葉だ、なんてヤヒロが言ってたけど、それって敵対している関係性の人間が、負けそうなときに地獄まで道連れにしてやるー、と相打ち覚悟で挑んでくるような状況を指すことばで、一蓮托生とはまた違う気がするのだけど。
なんにせよ、運命共同体。そう言い表せる関係だと、二人で実感して納得して受け入れて、それを良いと思えたのだから、それで十分なのかもしれない。
特にヤヒロは、その魂が欲していたものはタイキと一緒にいる、ということだけで十全だったみたいだし。今が、彼女にとって望み叶った状況なんですよね。振り返ってみると、タイキと出会ってからのヤヒロってなんか常に上機嫌、だった気がするぞ。

世界の真実の核心に迫ったようで、実のところ何がなんだかさっぱりわからないままではある。ミサキたちの正体と目的についても、前巻の最後にちらっと触れられたところから殆ど進展していないし。果たして、話はここから進むことが出来るんだろうか。次巻が出るなら、ありがたいのですけれど。



虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.2 ★★★★   



【虐殺スペック赤三月さんと低スペック九木野瀬くん plan.2】 蓮見景夏/こーやふ オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

周囲の心を殺すほどの圧倒的な才能『虐殺スペック』。
低スペックな俺、九木野瀬伊吹は、【万能】の虐殺スペックを持つ絶対的美少女・赤三月朝火の攻略本制作に巻き込まれてしまった。
夏休み前の休日に出かけた俺は、本屋で出くわした朝火に誘われ、黒花とともにテニスの試合を見学することに。
試合を優位に進めていた朝火だが、あろうことかケガをしてしまう。
真意を問いただすと、「人間関係」の攻略法のためにサンプルを取ったとか言い始め!?
そして、『あいつ』も学校にやってきて――。
低スペックが虐殺スペックと挑む人生攻略本制作、第2巻!
あー、これ終盤あたりから展開に巻きが入っている様子が伺えるんですが。歌ノ森という赤三月に匹敵する総合虐殺スペック・戦争の持ち主の登場までは予定通りだったのか、それとも九木野瀬伊吹の過去に因縁を持つ彼女の出現自体がクライマックスへのトリガーだったのか。
九木野瀬くんの容姿と恋愛に関しての人生攻略本作成、黒花に宿題出されてまだそれがはじまった所で急転してしまいましたからね。いや、ここで状況がそっちに急転してしまうのは、九木野瀬の変化の分量が足りない、少なくとも人生攻略本の作成が全然進んでなくて、赤三月が密かに抱えているだろう問題や悩みに対してのアプローチ、或いは攻略の材料が全然足りないままポイント・オブ・ノーリターンを越えてしまったんじゃないだろうか。

……黒花夜はアホかわいいなー(現実逃避)

赤三月朝火が九木野瀬伊吹に何を求めていたのか。詳しい所は結局の所わからない。話はそこまでいかなかったし、そこに行くにはまだ赤三月も九木野瀬もスタートラインに立っていなかった、というのがラストの展開で明らかになる。
ふたりとも、お互いの実像をちゃんと直視しきれていなかった。相手に幻想を押し付けて、そうして出来た虚像を見ていただけだった。いや、それは赤三月朝火という人物を、九木野瀬伊吹という人物を形作る様々な側面の中の一つであり、実像でもあったのだけれど、その一面だけを見ていることでやはり本来の姿とはまた違った虚飾をかぶせた上っ面だけ。その内実を無視していた、目に入っていなかった、というべきか。
九木野瀬伊吹の場合は、赤三月たちを虐殺スペックなんて言葉で繕って自分とは根本から存在が違うという線引きしていた。というよりも、あれは憧れに近い特別視、いやここまで来ると神聖視していたとすら言えるのかもしれない。信奉に近いナニカ。
しかし赤三月だろうと、中学時代から近しい仲だった歌ノ森だろうと、彼女らがどれだけ特別な存在で世間からも隔絶している能力の持ち主であり、実績を伴う才能の塊であったとしても、一皮剥けばただの年相応の女の子だ、という当たり前の事実を、この男は信じていなかった。
彼女らは本当に特別で余人とは違う存在なのだと、本気で思っていたのだ。
それが間違いだということを、すでに彼は中学時代に歌ノ森との出来事でわかっていたはずなのに。痛感していたはずなのに。
彼は未だそれを「裏切り」だとしか感じ取れていなかったのか。
だから、赤三月で同じことを繰り返し、また戻ってきた歌ノ森にすらもう一度それを求めてしまった。
特別な人間なんて、いなかったのに。
一方でまた、赤三月の方も何もかも投げ捨ててこの世からおさらばしてしまおうと思った瞬間に、自殺してしまおうとした瞬間に、自分の前に現れた九木野瀬のことを特別視していたのか。他と違うナニカを持った特別な存在。彼のことを中学時代から実は知っていて、中学時代の歌ノ森を思いも寄らない形で変えてしまった謎の男。それがすべてを終わらせようとしたときに、自分の前に現れて、こう言っちゃなんだけれど、自分を救ってくれた。止めてくれた。もう一度始めさせてくれた。
ああ、舞い上がってたのか赤三月朝火は。
そのわりに、扱いが酷いなんてものじゃなかった気がするけれど、それだけ気のおけない素の顔を見せていた、他のクラスメイトには見せないような姿を預けていた、というのはそりゃあ特別視だ。
そんな特別なナニカなのに、この男は何もかもがうまくいってない。この自分が特別な存在だと思っている男がそんな体たらくというのは納得できない。そのための、彼がうまく人生を歩けるための人生攻略本、というわけだったのか。いやはや、浮かれまくってるじゃないか。
しかし、その男は一皮剥けばただ挫折して、一方的に憧れて神聖視していたものに裏切られたと思い込んで人生すねてしまっただけの、ただのつまらない普通の男だった。
ただの人間だった。
失望、と彼女はそう評して、そう語ったけれど……。
でも、切り捨てたわけじゃあないんだよなあ。あの日の再現で身を投げて、でも普通のつまらない人間の男にすぎなかった彼はもう一度必死になって、今度は自分と空を飛んでくれた。
テニスのとき、己を顧みずにわりと自業自得なことをしていた自分のことを守ろうとしてくれた。
幻想から目が覚めて、憧れに冷水を浴びせられて、現実に立ち返って、彼がただのその辺にいるのと同じ人間だと失望して、でもそうしてただの人間の彼と向き合ってみれば、彼がしてくれたこれまでの事は何一つ失われてなかったんですよね。
だから、赤三月の心は死ななかった。同じように、今度こそ自分の中の幻想を失いながら九木野瀬伊吹も素直にそれを受け入れることができた。

熱が冷めて、痛々しい妄想から解き放たれて、誰も特別なんかじゃないと理解して、ようやくスペックだとかそういうのを抜きにした、ただの人間として向き合うことができるようになった。
ようやくここで、赤三月朝火と九木野瀬伊吹はスタートラインに立てたのだ。

……ってところである意味ここからが本番のはずなのですが。わりと酷いことを言ってしまって泣かせた歌ノ森へのフォローとか、赤三月が自殺しようとしていた本当の理由、彼女の中の爆弾とか大事なことはまだまだ残っているし、何より人生攻略本の中の「恋愛」項目。ラブコメがはじまりそうで始まらないまま。
終わりっぽいなあ、これ。てか事実としてこの2巻が出たの一年半近く前なので、こりゃあ続きは出なさそう。
ある意味、終盤に巻きを入れつつこの物語の趣旨にラストで見事に切り込んで、なんだかんだと綺麗に着地させて余韻を感じさせるエンディングに持ち込んでみせたのは結構凄くね、と思ったり。
ここで終わるのは非常にもったいない作品でした。次回作にも大いに期待したいなあ。


終焉を招く神竜だけど、パパって呼んでもいいですか? ★★★☆   



【終焉を招く神竜だけど、パパって呼んでもいいですか?】 年中麦茶太郎/にもし GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

境界領域ブルーフォレスト公爵領。
『人』と『魔』と『神』とが混在する、地上で最も危険で、熱気ある街。
十五歳にしてブルーフォレスト公爵領の現公爵を務める少年リヤンは、
最愛の『妻』レイと共に神々が気まぐれで起こす世界崩壊に今日も立ち向かっていた。

そんなある日、リヤンは戦場で保護した少女をワケあって家族に迎えることにしたのだが――
「パパって呼んでも――いいの」?
少女の名はアマデウス。人間の形をした厄災『終焉の神竜』という剣呑極まる存在だ。
しかし、子供を熱望していたリヤンたち夫婦にとっては、目の中に入れても痛くない愛娘に他ならない!
つまり、溺愛・不可避ッッッ!!!!
「あああ、娘の可愛さが致死量に達した!!」

家族も世界も守るため、天才魔法士――最強かっこいいパパになる!
ほっこり可愛く最強無敵な『父・娘』ファンタジー、ここに開幕!


かーーわーーいーーいなあもう!!
いやもうホントにカワイイぞ、この娘。なにこれもうどうしよう、可愛いかわいいカワイイ可愛い!!
リヤンとレイの若夫婦が出会った途端に悶死してしまったのもこれは無理ないです。だってホントに可愛いもの。素直でイイ子で元気よくて好奇心いっぱいでパパとママが大好きでとても可愛らしい満面の笑顔で笑ってくれて。そこにいるだけで、ほっこりですよ。パパママだけじゃなく、この娘と触れ合った人みんなが自然と笑顔になる可愛らしさ。
もう幸せの具現化なんじゃないだろうか。
そんな突然現れた少女アマデウスを預かることになったリヤンとレイは将来を近いあったカップル。実質的な夫婦であり、生涯を共にすることを願い合う連れ合いだ。
彼らが暮らす境界領域ブルーフォレスト公爵領は、神々が遊技場と定めた世界の最前線。神の玩具たちが降って湧いて、暇さえあれば世界を滅ぼそうとしてくる破滅の波打ち際である。
世界が滅びると定められた日をあらゆる種族が協力して乗り越えてから、二年。多大な犠牲を出して滅びを乗り越えた世界は、今なお終末の瀬戸際を歩いている。
リアンとレイは、かつて終末戦争を戦った戦士であり、特にレイは神々のもたらした設計図により作られた神滅兵器の生き残り。しかし、兵器であったが故に戦って戦って戦い抜いて壊れ潰えるはずだった存在であるが故に、子孫を残す機能を持たず自身を生存させ続ける力にすら欠けている。
でも、そんな二人は戦争前から出会い、恋をし、愛を育み、今こうして寄り添って今なお襲い来る滅びと戦いながら、途中で潰える運命の未来に抗っている。
めっちゃイチャイチャしながら、抗っている。
……バカップルである。もはや止めるものの居ない完全無欠のバカップルである。そこにこんな可愛い娘を放り込んでしまったら、どうなってしまうのか。
えらいことになってしまいました。
娘が可愛すぎるパパとママと、パパママが大好きすぎる娘の無限に加速するダダ甘生活のスタートである。隙あらばイチャイチャするパパとママであるが、そこに娘が加わることでかわいすぎる娘の言動に悶絶し猫可愛がりしまくって、そうして構うとなおさらに可愛い姿を見せてくれる娘にもはやテンションが筆舌しがたい状態になりつつ、娘を愛でるママ、あるいはパパの幸福そのものの光景に思わずキュンキュンしてしまい、流れるように再びバカップルのイチャイチャを開始して、そんな両親に娘もキャッキャと懐いてきて、さらに家族三人で好き好き大好き超アイシテルが終わらない。
いや、ほんと終わらないんですけど。無限連鎖か!!
元々子供は出来ないと、諦めていたわけじゃないのだけれど、可能性を手繰り寄せるために奔走する段階だった二人であったために、娘アマデウスの出現はレイとリアンにとっても授かりものだったんですよね。たとえ血が繋がらなくても、こんなにもパパとママが大好きな娘です。愛おしくてたまらない。
これだけなら、多幸感に浸っていればいいのですけれど、前述したようにリアンとレイの前途には大きな壁が立ちふさがっていて、二人で手を握りあいながら必死にそれを乗り越えようとしている所でもあったんですね。世界もまた、破滅の瀬戸際にあり、どこかみんなテンション高く神々の遊びに立ち向かってはいるのですけれど、そのテンションの高さの表裏一体のところにいつ世界ごと滅びてもおかしくない、という薄氷の感覚が横たわっている。
そんな中でのアマデウスとの出会いは、リアンとレイにとってさらに幸せを手にしているという実感を与えてくれるものであり、夫婦二人で未来を、という決意にさらに娘と三人で、というさらなる勇気を与えてくれるものだったんですね。
たとえ、その娘アマデウスが世界に終焉をもたらすために神が遣わした終末のドラゴンだったとしても。
幸いだったのは、アマデウスという少女を構成する魂が、本当にパパとママの事が大好きで、彼女を優しく迎え入れてくれたこの世界のことも大好きだったこと。たとえ世界を滅ぼすことになったとしても、それはこの娘の意思ではないという事でした。だから、リアンは何の憂いもなく、娘を守ることができる。娘を助けて世界を救える。
この若い家族は、どうしようもないほどの破滅を内包し、いつ訪れてもおかしくない終わりを傍らに携えている。それでも、彼らは自分達が一緒にたどり着ける未来を信じている。信じられるだけの幸せを、今三人一緒にいることで噛み締められているから。これを失わないためなら、どんな不可能だって乗り越えられると思えるから。それだけ、幸せ一杯愛情いっぱい、溢れるほどに止めどなく湧き上がってる三人だから。
これはそんな愛しき家族の物語。


Babel II 魔法大国からの断罪 ★★★★☆   



【Babel II 魔法大国からの断罪】 古宮 九時/ 森沢 晴行 電撃の新文芸

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

魔法大国ファルサスへ到着。しかしそこで知る衝撃の真実とは――。

幾度となく命の危険に遭いながらも、雫のひたむきな前向き思考と魔法士エリクの機転によって切り抜けてきた長い旅路。カンデラ城での禁呪事件を経た後も、行く先々で何故か騒動に巻き込まれながら、遂に二人は当初の目的地であった魔法大国ファルサスへと到着する。
日本帰還への糸口を求めて、ファルサス王ラルスとの謁見が実現するが……。

「──立ち去るがよい、外部者よ」

雫の存在を“ありえない異質”と断じ、冷徹な意志を持って王剣を突きつけるラルス。処断を逃れるため、自分が人間であることを証明するために雫が取った行動とは。そしてファルサス城の中で知ることになる、エリクの過去とは。
やがて解明されていく世界の謎。異なる世界の言語を教え合う中で少しずつ降り積もっていった違和感は、衝撃的な事実として雫たちの前に立ち現れる。

それ、その人!! リースフェンを迎えに来た人ーー!! イラスト付くとあからさますぎてちょっと笑ってしまった。これ、現在進行系でのみ電撃の新文芸から出ている古宮さんの作品を追いかけている人はどういう反応になるんだろう。ちょっと気になるなあ。
というわけで、ついにファルサス編に突入であります。その前にリースフェンというどこぞのお姫様みたいな逃亡者と遭遇したり、偽装結婚の替え玉にされそうになったり、と相応のでっかいトラブルには巻き込まれているのですが。いや、結構な頻度で巻き込まれてますよね。自分から首突っ込んでいるわけでもないのに。
とは言え、一つ一つはまったく関係ないような事件に見えるのだけれど、これが「言葉」にまつわる物語であるという根底でしっかりと繋がってもいるんですね。偽装結婚の話では、この世界の大陸の成り立ちにまつわる神話に基づいた結婚式が行われるのだけれど、その神話の内容、特に花嫁を迎えるエピソードに関しては、ラストで明らかになった言葉にまつわる認識の齟齬。雫の住んでいた地球と、この世界における言語についての成り立ち? いや発端? そもそも根本的に違う部分について発覚するのだけれど、神話で確かにそれを示唆するような内容が含まれているんですよね。
それはそれとして、偽装結婚の事件の当事者となる人たちについても言葉が重要な意味を持っていました。言葉によって傷つけられ、言葉によって満たされる。伝わらないと思い込んで言葉を費やさなかったことは、彼らに決定的な断絶と孤独をもたらし、でも最後の最後に彼と彼女はもう一度、今度こそは本当に伝え合うことが出来た。心重なることが出来た。それが、悲劇の後の終幕でしかなかったとしても。破滅は時として美しい。それが幸福に満たされての破滅なら、なおさらに。
ただ、雫には似合わない。
この娘はいつだって直球勝負だもんなあ。直球というのも違うか。無神経にズカズカ踏み込んだりとかしないわりに、理不尽さには憤るし背を向けて逃げたりしない。行きずりで出会ったばかりのリースフェンの境遇に怒り、彼女の自由を取り上げようとするものに向かっていったあれは、勇気とか正義感とかじゃあないんですよね。なんだろう、これを負けず嫌いとでも言うのだろうか。それとも正しい怒り? いずれにしても、彼女には譲れないものがあるし、それを踏みにじろうとするものには徹底的に反抗する。エリクは雫を頑固と評するけれど、頑固どころじゃないですよね。硬骨漢か! 
ただそれが権力者だったりしても、譲らないんですよね、この娘は。
ファルサス王ラルスに突然言いがかりめいた見に覚えのない理由で断罪されようとした時、エリクに身を挺して逃されて、それで一目散に一旦王城から飛び出しておきながらそのままの勢いで戻ってきて、アレですよ。
いやそれはおかしい。一般人は絶対、そこまで出来ないから。そんな一線を持っていないから。
でもそれは体を張ったとはいえ、会話を交わそうとしない相手に対して言葉を届かせる手段ではあったんですよね。無理やりグリグリと押し付けて飲み込ませるようなやり方でも、此方の言葉を聞かず一方的に自分だけが理解する理由で相手の意思を無視して結果を押し付けようとする行為に対して、ただ反抗するのではなく、それは間違いだと突きつける行為。
エリク、怒るよそれ。
でも、結果としてラルスと一応とはいえ交渉可能になった。いびってイジメてくるけれど、言葉は交わせるようになった。言葉をちゃんと聞いてくれるようになった。
そういう状態になっておきながら、わざわざラルスの土俵に乗って言葉以外のところで張り合って彼のイビりに真正面から付き合って、負けるかおらー、ってやってたのはやっぱり負けず嫌いなんじゃないのかな。
ともあれ、この娘は、雫はとにかく言葉を惜しむことだけはしない。自分だけで溜め込まずに、ちゃんとコミュニケーションを取ろうとする。思えば、異世界に飛ばされて身一つで見知らぬ土地に放り出され、そうでもなんやかんやと辺境の街で生活基盤を築き上げてしまったのも、彼女のそういう意思疎通を惜しまないところだったのだろう。
エリクは、その辺決してうまい方ではないと思うんですよね。でも、自分からなかなか見せようという能動性に欠けるだけで、問われれば問われた以上を返してくるし、押せばそれなり以上に押し返してくる。待ってたら、あんまり反応してくれなくなるけれど、そうじゃなかったら、この人はきちんと以上に対応してくれる、考えてくれて、慮ってくれて、実行してくれる。
その意味では雫とは相性ピッタリなんだろうなあ。
そして、彼の……エリクの過去は。ファルサスで彼が得てしまった喪失は、意思疎通の齟齬と欠如に基づいてしまっている。かの人の正体を思えば、最初からこれは行き場のない物語だったのかもしれないけれど、行き着く所はそこ以外になったのかもしれないけれど。
それでも、エリクにとっては清算の済んでいない傷だったのだ。でも、それを雫に話したことでなにかほどけたものはあったのかもしれない。自分のことを話すことは、許すことに繋がるのだろうか。
いずれにしても、伝える、という事の意味の深さをこの物語は常に意識しているように思える。

だからこそ、尚更に。ラストで明らかになった言葉にまつわる雫とこの世界の齟齬の大きさ、認識そのものをひっくり返すような事実にはドキドキしてしまう。心揺さぶられてしまう。言葉で意思を疎通する、という事そのものが、自分の中から生み出してきたものではなく、誰か大きな存在によって手を加えられてきたのではないか、という疑問のその恐ろしさに。
そもそも、生得言語なんて雫や、彼女の側に属する読み手にとっては発想すらないものですもんね。気づくわけがない。雫にとって、最初意味がわからなかったのも当然であるし、彼女と誰よりも言葉を交わし、彼女から異世界の言語を習ってきたエリクですら全く気付かなかったのも無理はない。
そんな両者の齟齬を暴くことになった、今子どもたちの間で流行りだしているという言語障害の病。それが病気ではない、という事実を理解できるのは雫と彼女との齟齬を正確に認識したエリクだけ。果たして、今この世界に何が起ころうとしているのか。ものすごく得体のしれない方向から忍び寄ってきた不気味な世界そのものを揺るがそうとしている変容に、これからどうなるのか。雫とエリクはどうするのか、と思った所でさらなる急展開である。
ああ、電撃文庫版ではここで打ち止めになっちゃったんですよね。ここまでやっておいてからに、そこで打ち止めって。いや、こうしてちゃんとカットなしでの再スタートを行ってくれたわけですから、むしろありがたいというべきなのか。
今度こそついに、ついに本作の真ヒロイン、というか雫にとってのヒロイン?の登場ですよ。もう顔見せはしてるけど。ある意味、ラルスのイビリは予行演習みたいなものですからな。王様相手だろうと一歩も退かずに張り合ってみせた雫である。耐性はついてるついてる、うんうん。



アラフォーおっさんはスローライフの夢を見るか? ★★★☆   



【アラフォーおっさんはスローライフの夢を見るか? 】 サイトウアユム/ジョンディー HJ NOVELS

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

おっさんだけど若返ったし、異世界で第2の人生やり直します! !

人生に疲れていたおっさん・マコト(38歳・独身)は夜の公園で暴漢に襲われて死んだ。
かと思いきや、目覚めればそこは異世界のダンジョン! しかも、体は若返ってるし、黒炎を操る精霊術士の力まで持っていた!!
これ幸いと、日本での最悪な日々とはおさらばしたマコトは、魔女帽を被ったツンデレ気質の訳アリ女子高生・ユウカと手を組み、新たな人生をやりなおすことに。
モンスターを倒し、依頼をこなし、スローライフを実現するのだ! そのために――まずはダンジョンを脱出せよ! !
「モンスターからあたしを守る仕事よ、簡単でしょ」「?アラフォーに何を期待してるんだよ!」
喧嘩するほど仲がいい、元おっさん×女子高生の凸凹コンビが、スローライフのために最強を目指す、人生リスタート系ファンタジー開幕!!

家族に自分の人生を台無しにされ、浪費されて、それを悪いとも思われない、というのは地味だけれどとてつもない精神の疲労を招く。他人ならそこまでダメージ受けないことでも、家族だともう取り返しがつかないんですよね。失望、それがどれだけ心を蝕むものか。
マコトが抱いていた人生そのものへの疲労感というのは、ブラック企業で働いていただけではなく、いやそういう所で働かざるを得ない形に追い込んだ家族への失望が多くを占めていたのではないだろうか。
そう考えると、彼のユウカへの寛容さというのは大人としての器の大きさというよりも、他人にはもう期待しないという諦めに近いものだったのかもしれない。でも、咄嗟に見捨てずに命をかけて庇ったり、と諦めに根ざした無関心に近い寛容さだけでは説明できないのも確かなんですよね。
物事を斜に構えて見ていて、ネガティブな考え方をしていて、明るさとは程遠い皮肉めいた性格をしている主人公だけれど、悪い人間じゃないんだよなあ。ユウカへのあの気遣いは本物なのだろう。
問題は、そのユウカ。マコトが目を覚ましたダンジョンで出会った一人で迷子になっていた女子高生が、性格最悪だった件である。マコトは相手が子供だから、まだ女子高生だから、こんな命がけの状況に追い込まれて余裕なんかモテないだろう、と彼女の最悪な態度にもおおむね寛容で適当にあしらって流しているけれど、まあ控えめに言っても根性ひん曲がった最悪のガキである。
自分に甘く自分以外には徹底的に厳しい。マコトの気遣いもそれを当たり前のことどころか足りないかのように振る舞い、受け取るばかりで自分からは何も与えようとしないんですよね。ささやかな感謝や気遣いすらも。吐く言葉は毒舌を通り越してただ相手を傷つけるだけのもので、自分を擁護するだけのもの。相手のことを考えない無神経さ、自分のことばかりのワガママさ、礼儀知らずで相手を悪しざまに罵ることで無意識にマウントを取ろうとする。相手を信用せずに敵意ばかりを浴びせて、そのくせ相手からは見返りばかり要求する。
これを好意的に見るのは無理でしょう。彼女と一緒にダンジョンに潜ったクラスメイトたちが、彼女を置き去りにしたのもこう言っちゃなんですが、無理からぬことだとすら思ってしまいます。和を乱すどころじゃないもの。こんな言動ばかりだったら、ヘイトどころか憎悪すら集めてたんじゃないだろうか。
いや、なんでマコトはこれスルーできるんだろう。まあ必要以上に親身にはなっていないのだけれど。命がけで助けただけでも過分だよなあ。
ユウカのそれを子供だから、まだ高校生だから、とは思えないです。思春期の尖った振る舞い、の領域をちょっと越えてしまっている。むしろ、高校生にもなってこんな振る舞いをしているという時点でどうか、と思う所なんですよね。誰も相手、してくれなかったんだろうなあ。誰も指摘してくれなかったんだろうなあ。相手するだけ無駄、まともに相手したくないと思われてしまってここまで来てしまったのだろうか。指摘するのも叱るのも、しんどいものです。大抵は、わざわざ矯正や教育なんてしてくれません。ただ遠ざかるばかりです。
その意味では、マコトはユウカにとって久々なのかはじめてなのかはわかりませんが、ちゃんと相手してくれる相手なんですよね。丁寧に指摘したり叱ったりなんて真似まではしてくれませんけど、彼女の身勝手な言動に対していちいち文句は言うんですよね。それをマトモに聞いている素振りもなく、反抗されて苛立つようなふりしか見えないユウカですけれど、少なくとも自分の言動が嫌がられている、というのを目に見えて伝えてくれる振る舞いでもあるんですよね。それを受けて、果たして彼女は自分を省みることができるのか。
今の所、そういう気配はまったく見えないのですが。死にかけながら助けてもらった事にお礼言ってなかった事を思い出して、うんうん悩んでたりする当たりは希望なのかもしれませんけど、結局言わないしこの娘。
そのユウカが唯一、慕う同級生たちのリーダー格の少年が、また裏で卑しいこと考えてるような輩なんですよね。このJK、人を見る目すらない!

死闘をくぐり抜けてなんとかダンジョンを攻略して脱出に成功したマコト。ギリギリの崖っぷちを落ちかけながら、ユウカとたった二人でダンジョンを攻略したことで大量のレベル上げに成功したことで、能力的にも金銭的にもなんとか余裕を手に入れたわけだけれど、目標であるスローライフを手に入れるためには、安定した収入と貯蓄と生活環境が必要なわけで、それを手に入れるためにはまだまだ手持ちも見聞も足りない、ということでこれから異世界の人間との交流を深めていくことになる模様。おっさん的にはやはり地に足がついた生活がしたいよねえ。


川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 2 ★★★★   



【川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 2】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER

・『幸せの基準』
 「意地汚い豚です私……!」弁当を、つまらなく食うヤツがいるんだなあ、と、そう思った。そんな“ウマメシ”少女と“マズメシ”少年の弁当交換会。

・『星祭りの夜』
 「女のプライド一本勝負です」彼は気付いていない。いやホント、困っちゃうくらい気付いてなくて困る。想い人に別の女性との恋愛相談をされてしまった家業が神社の私。得意の占いで彼の恋愛成就を手助けしようとするが……?

・『鍵の行き先』
 「……うわあ生々しい……」本を読んでいる間は、他を気にしなくていい。自分のことも気にせず、心に鍵を掛ける。そんな少年“俺”は、入部した文芸部で、風変わりな先輩に出会うが、彼女もまた心に鍵を掛けていた。

・『自由の置き場』
 「弟! 今、エロ本落ちてた!」自由ってあるじゃん。まあノーパン未満の自由ってのに、不意に気づいたんだ。元秀才女子と才覚男子の勉強攻略。

・書き下ろし短編『再会の夜』
 「お前はモブの自覚あんの?」夜の町で会ったら告白しようと決めた。何の話だっけ。ああ、ゴリラ女子の私と、オスの人類のちょっと恥ずかしい昔話をしようか。

 川上稔が贈る、最高にハッピーでキュンとくる珠玉のラブコメ短編集、第二弾!


第一話のヒロイン、早くに父を亡くし、母は深夜まで働きに出てて幼い妹の分もメシを作ることになった娘。長じて高校になった頃、母と自分と妹の分の弁当も作ることになり、という境遇を見るとなかなか大変なご家庭で、という風に見えるのだけれど、当人たちはそのあたり決して深刻には考えてないんですよね。弁当作りも、娘、楽しんでいるのだし。母も一人で子供を育てて夜遅くまで働いて、となると生活に疲れてそうだけど、むしろバイタリティ満タンでバリバリ働いてるの謳歌してる感じナノが結構似たもの母娘なのである。この二人の掛け合いというか関係がまた楽しくてねえ、好きですわー。このお弁当を作るという作業に纏わるお話だけでも充分に面白いといえるほどに。
この作品に限らず、この短編集のお話って短編という短い枠組みにも関わらず、ラブコメの舞台となる登場人物たちが置かれた生活環境や、人間関係がそれ自体で見てて面白い! と思えるほどにしっかりと、同時にはっちゃけて構築されてるんですよね。
二話の巫女さんの実家のフィジカル系恋愛神社の来歴とか。三話の文芸部の実像とか、最終話のギアナ高地に自分たちでなぞらえる地方都市とか。地元の短大をラブホという隠語で呼ぶのやめいw
このシリーズって、登場人物は具体的な名前が一切でないまま名無しで進行するのですけれど、固有名詞を必要としないほど、ありありと姿が浮かぶんですよね。
彼女たちが、どんな風な家庭で育ってきてどんな学生時代を送ってきて、どんな想いを描いて生きてきたのか、その在り方というのが人間像みたいなものがこうして描かれた背景、生活環境や人間関係や幼い頃から今に至るまでの凄くぶっちゃけた物言いの過去語りによってありありと浮かび上がってくるんですね。
だから、ラブコメがスタートした時点で彼らは凄まじく濃い存在感を焼き付けているのである。心の在りようというものを明瞭に見せつけてきている。だから、そんな彼女たちの人生の歩みの中にポッと現れた存在がものすごく目立つのですよ。いや、最初はやはりそこまで目立ってないんですよね。これまでの歩みを揺るがすような存在ではなく、紛れでしかないのだ。
でも、その存在を無視できなくなった時点で、それまでの彼女たちの在り方に影響を与えている時点でそれはもう大きな変化なんですよね。
弁当を交換するようになるのも、得た自由を自ら縛るのも、どれもが自ら邁進してきた歩き方を変えるに等しい。
それに気づいた段階でもう取り返しはつかないのだけれど、でも果たしてその取り返しがつかねー、となってるのは自分だけで、相手にとっては別にそうじゃあねえだろう、という気後れみたいのもやっぱりあって当然なんですよね。というか、この娘らどいつもこいつも傍若無人に見えて、なかなかの繊細さというか気遣いの娘さんたちで。唯一の男性視点のちびっこもまあそうなんだけど。
でもそれはそれとして置いておいて、気持ちを伏せるばかりではなくやっぱり気づいてほしいなあ、とアプローチもするんですよ……往々にして気付かれないんだけどな。
でもまあそれで怒るのは筋違い。なにしろ、自分だって往々にして気づいていないのだから。
今回特に「やっはー」となったのが視点側の彼女・彼が不器用にアプローチしている一方で、相手側も同じような感情曲線を辿っていて同じように不器用にアプローチしていた事に、気付かされるわけですよ、最後。気付かんて、そんなんー、と思いつつもそりゃこっちもだよね、と苦笑して、初々しくて乙女チックでやっぱり不器用な数々の気持ちを滲ませてチラチラを垣間見せるあれこれに、ひゃわにゃわー、となってしまうんですよ。
この双方向性は、この2巻は特に良かったなあ。
また、2話はその気遣いを失恋前提の条件故に自分のために使わずに一生懸命想い人のために費やしていた姿が、川上先生の描く巫女さんらしくて、キュンキュンしてしまいました。
こんな姿見せられたら、傷心だろうと一発撃墜だわさ。

まったく、一話残さずどれもこれもが最高のラブコメ揃いでした。加えて、パワーワードというタイトル通りの、なんかこうパワフルなラブコメでした。キャラのバイタリティがすごいのは川上作品の常だけれど、そのキャラのバイタリティがラブコメに全力投球されると、ほんと凄いパワー、パワーあるお話、パワー型ラブコメになってて、なんかこうキュンキュンするだけじゃなくて元気にさせられる感じすらありました。ああ、パワフルなハッピーエンドって最高じゃないですか?



七つの魔導書と再臨英雄 ★★★   



【七つの魔導書と再臨英雄】 年中麦茶太郎/まっちょこ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
私をお読みください、賢者様。
本好き少年×魔導書お姉さん。永遠約束の魔術ファンタジー!
「あなたは伝説の賢者の転生体。再びあなたに読まれる日を二千年待ちこがれておりました。
さあ『私』と『私が集めた一万冊』をお読みください、最愛にして最強の我が主様」
スラム街に生きる少年アラステアは、美しき魔導書の化身エレフィールに出会い、告げられた。
そして前世の知識と魔力に覚醒し、魔法世界のエリート達を圧倒していく!
「こんな魔力と技術をなぜ子供が!?」
「読書量の違いですかね」
だが、エレフィールの忠誠は二千年間であぶない域に達しており……
「そ、れ、か、ら。現世では私を“お姉ちゃん”って呼ぶんですよ♪」
本好きな少年と魔導書お姉さんの前世超越ソーサリーファンタジー!
アラステアのスラム時代がこれまた凄まじい。幼い頃に娼婦の母がある日帰ってこなくなり、そこから一人で生きてきたわけだけれど、まさに地べたを這いずるような生活。まともな家も持たないストリートチルドレンであり、鉄くず拾いで辛うじて生き延びているだけで、これそのままだったら早晩力尽きて路地裏の片隅で冷たくなっていたんじゃないだろうか。
必死で生きながらえながらも、犯罪には手を染めず、でもだからこそ塗炭の苦しみにのたうちまわる生活。まだ子供であるのに笑顔もなく、生きることそのものが辛く、まともに生きている普通の人々と比べて薄汚れボロを纏い垢に塗れた姿はゴミのようで、その惨めさを俯き背を丸めてやり過ごす日々。
これは味わった当人にしかわからない辛さだったのでしょう。痛みなのでしょう。
アラステアのそこからすくいあげてくれたエレフィールへの感謝と親愛は、それこそエレフィール当人にすら察し得ないものでした。彼女が叡智の魔導書であり元女神であったとしても。
アラステアに、前世の記憶が無いというのも尚更に、エレフィールへの思いを純粋なものにしてるんでしょうね。逆にエレフィールにこそ、アラステアが前世の主人であるという前提が彼女を惑わせることになるのですけれど。
惑わせるというよりも、余計な引っ掛かりになってしまうというべきか。余計な雑念を取っ払ってしまえば、エレフィールもまたアラステアを引き取り彼と生活しだした日々の積み重ねによって、もう前世とか関係なしにこの少年のことを慈しんでいたにも関わらず、前世の関係が余分になってしまうのですよね。余分と言ってしまうと可哀想かもしれないけれど。前世での関係もまた彼女にとっては大切なものであったでしょうし。
ともあれ、そんな辛いなんてモノじゃない惨めで希望も何もない環境に居たからこそ、その中でエレフィールに最初に出会ったときに貸して貰った本で読んだ英雄という存在に、彼が憧れたのはすごく納得できるんですね。自分のような孤児と比べるべくもない、光り輝く英雄という存在。それがただ心のなかで思い描くだけしか出来ないものでも、絶望すらも抱くことが出来ず諦観に、惨めさに俯きただ生きるために這いずるだけだった日々の中で、そうした夢を思い描くというのは暗闇の中の小さくも確かな灯火だったのでしょう。希望にもならない、未来ですら無い、ただの想像であったとしても何もない苦しいだけの人生の中で、想いを馳せるという事自体が彼にとっては光だったのだ。
魔力を扱えるようになり、かつての賢者としての力を手に入れて、現実として英雄になれる立ち位置に立てたとしても、彼がこのとき思い描いていた英雄像への純粋な気持ちは、潰えるものではなかったのでしょう。何より彼はまだ12歳の幼いと言ってもいい少年。スレるにはまだ早い。
現実は、彼に全く他の追随を許さない野放図と言ってもいい力を与えてくれるのですけれど、掃き溜めの中で掴んだ光は、憧れは彼から純粋さを奪わず、また闇の中から救ってくれたエレフィールへの親愛は、彼に歩む道を踏み外させない方向性を与えることになるのである。
それが、アラステアとはまた別の形で孤独となり、自らの魔導書セレナと二人きりの関係にしがみつくことでようやく自らを維持していたミラという少女、と言っても先輩、に対して孤独から彼女をすくい上げる手を差し伸べることに繋がっていくのである。

とはいえ、物語のインパクトとしては最後に出てきたラスボスであるアラステアの前世のお兄ちゃんとその奥さんの強烈なキャラクターになんかもう色々と持っていかれてしまうのですが。
まさに邪悪極まる人間でありながら、同時に信念の人でもあり努力の人でもあり、妻への愛に殉じる男でもあり、わりと本気で弟であるアラステアも愛していただろう兄上。感情としては弟を愛しているけれど、それはそれとして敵なのでぶっ殺す、という色んな意味で気が触れている在り方がどうしようもなく強烈なんですよね。ついでに奥さんの方も、突き抜けた悪女であり、突き抜けすぎたせいで純粋にすら見えてしまうという、なんというか突き詰めた似たもの夫婦?
敵キャラとしては、このインパクトの強さは美味しいの一言なのですけど、インパクト強すぎてそれまでのお話とか主人公たちの印象吹き飛ぶくらいだったのはどうなのかしら、思わず微苦笑してしまうほど。
ミラは途中から合流のヒロインとしてはアラステアからも大切にされていたし、何気にこの娘も年上組で乱暴ながらもショタっ子な主人公を可愛がる小さいお姉さんという感じで良いヒロインだったのですけれど、最後はお兄ちゃんに割りを食わされてしまった気がします。ってか、最後放置されちゃってて、あれで登場シーン終わりというのはちと可哀想なんじゃないかと。再登場しての挽回シーンがあると思ったのに。エピローグでも出番なかったし。これ再会場面、ちょっとどころじゃなく気まずいというか、あんまり立つ瀬が無いんじゃないだろうか、ミラちゃん。


年中麦茶太郎・作品感想

竜と祭礼 3.神の諸形態 ★★★☆   



【竜と祭礼 3.神の諸形態】 筑紫一明/Enji GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

“竜の杖”の依頼から季節はめぐり、冬。イクスは作杖のため、ある修道院へ向かっていた。
亡霊哭く“神の街”エストーシャ。魔法杖の祖レドノフの伝説が残るその街で、イクスは職人仲間と出会い、自らの職人としての在り方を見つめ直しはじめる。
その頃、故郷に戻るはずだったユーイはマレー教の勢力争いに巻き込まれ、ノバとともにエストーシャの神学会議に出席していた。異教徒ユーイを召喚した新派の狙いとは──。
レドノフの“究極の杖”は実在するのか。マレー教の、そしてルクッタの神とは。
謎の爆破予告で神学会議に動揺が走るなか、イクスとユーイの思惑が“星拝”の日に交差する。

杖職人たちの物語、雪と星の第3巻。
面白いもので、これって文章の筆致の質なんだろうか、冒頭から物語から伝わってくるのは静謐と言っていい静けさなんですよ。元々静かなお話だったのですが、舞台が冬となり雪がけぶる季節、そしてイクスたちが訪れた街は神の街と呼ばれる聖職者たちが集う場所であるせいか、行間からシンとした冷たいような痛いような静寂が伝わってくるのである。
イクスという人間自身、多弁ではなく物静かな男、というのもあるのだろう。彼らが招かれた場所が修道院という騒がしさから遠く離れた場所、というのもあるのでしょう。でも、登場人物の一人である見習い職人のシュノという子は黙っていたら死ぬのではないか、と思えるほどに益体もない事を喋り続けるえらい騒がしい子だったのですが、こういう子が一人常に居続けているにも関わらず、この静謐という印象は物語の最初から最後まで揺るぎないのである。
静かな世界、静かな物語、こういう印象を頭から強烈に突き付けてくるだけの色を、文章に込めることができるというだけで、この作者さんはある種の特異な才能の持ち主だよなあ、と思ったり。
今回はさらに主人公の一人であるイクスが、職人としての在り方により求道者のように踏み込んでいく、という話の中身にも大きな要素があったようにも思います。
図らずも、同時に同じ街で行われている教会新派の信仰規定の会議の中で、杖の職人を聖職者として教会に取り込むべきではないか、という話し合いが持たれているのですけれど、彼ら杖職人のより良い杖を作るために目の前の作業に没頭していく姿は、神に祈りを捧げる聖職者の姿に重なるようにも見えるのです。一方で、彼らが求めるのは杖という道具への探求であり、神の信仰とは全く異なるはずなのですけれど、そこにまた一神教の信仰論理が、何事にも神の意志、神の奇跡が介在するという論法が杖職人たちの在り方にまで入り込んでくるのである。果たしてそれは受容なのか、侵略なのか。
ユーイもまた、そうした教会新派内の信仰論争の中に放り込まれ、自分の立ち位置を模索するはめになっていく。彼女の場合、異教徒の姫であり敗残者であり虜囚にも似た存在、という立場もあって、元々難しい舵取りを求められる立場だったのですが、結局これって彼女生贄に等しい立ち位置だったんですよね。彼女自身、何も出来ないまま翻弄されるしかなかったはずの所から、ほぼ自力でその信仰論争、或いは教会新派内の政争においてプレイヤーとしての立場を、誰にも悟られないままスルッともぎ取ってみせたその手練手管たるや、いったいいつの間にそんなものを身に着けたのか。
彼女の目指すものが、いわゆる政治の世界にあるというのなら、頼もしいというべきか空恐ろしいというべきか。
図らずもユーイのピンチを目にしたイクスが仕掛けた論陣の、ある意味初々しいとすら思える素朴さを思えば、ユーイのそれは彼女自身の欲望もあいまって悪辣ですらあるんですよね。しかし、彼女としては最低限のあがきでしかなくもあるのですが。主導権を掠め取ったとはいえ、彼女が教会の尖兵という立ち位置に追いやられてしまったのは確かですし。でもユーイ、その立場を利用して将来的にイクスの身柄をゲットしようと図ったのは、さてどういう真意によるものなんですかね。というか、彼を欲した理由というのはなんなんだろう。個人的な感情? 或いは、彼が考案してしまった熟練の職人という存在を無為にする量産化の発想の確保のためだろうか。まあ、安易にどちらか片一方、なんてものではないのだろうけど。まあ彼が考案した杖の話を聞いたのはすべてが片付いた後なので、それはないのだけれど、イクスという杖職人の腕前と彼がもたらす魔法杖の強大さを求めていたのは間違いない、実際ユーイは明言しているし。
……でも、イクスが思いついてしまって彼自身、苦悩しているそれって、国家規模で見ても相当にやばい戦力となりかねないものなだけに、これを利用する目算を立てているのなら、ユーイの中でかなりの深度の野望みたいなものが湧いているのだろうか。
これだけ、身勝手に翻弄されて場合によっては処刑されかねない所に放り込まれた身としては、何も考えないわけにはいかないのだろうけど。
しかし、イクスのアプローチがまさかそっちの方向に行くとはなあ。師匠は、彼のような発想は出来なくても、彼がそっちの方向に向かってしまう事は想定していた、ということなのだろうか。魔力無しのイクスにしか出来ない発想。それはもう、究極の杖の向こう側、と言っていいのかもしれない。
しかしだからこそ、彼は職人としての柱を失ってしまった。彼の中の神を裏切ってしまった。
背信者二人、というラストシーンの表現は、なんとも胸を締め付けるものがあった。その罪は己のうちにあり、お互いに許しあえる関係ではない。いいじゃないかそれで、と許してくれる人も今の所彼らにはいないんだろう。彼らの救いは、どこにあるのだろう。少なくとも、彼らの前から竜は去り、彼らの中にはもう神は居ない。




川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 1 ★★★★   



【川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り 1】 川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫

Kindle BOOK☆WALKER

・『恋知る人々』
 「ホント、バッドステータス」私は人の心が読めると、そう自惚れた事はないだろうか。人の心が読める。そんな私に訪れた一つの変化――好き? 色恋? 私が? 無口系少女の不器用な初恋の物語。

・『素敵の距離÷2』
 「マー頑張って下さいよ少年」恋愛成就の「告白の木」が三本もある町。その一本をお気に入りスポットにしている私と、ある日、対岸の丘にあるもう一本の木の下に現れた黒のジャージ少年。300メートルの、安全な、卑怯な思い。

・『地獄の片隅で笑う』
 「笑ってよ。そうして欲しいんだ」地獄広場って、知ってる? 開かずの踏切とその周辺の喫茶店に集まる作家と編集者たちの奇妙な恋愛物語。

・『嘘で叶える約束』
 「こんにちは、虫です」よう、幽霊です。まあこの学校の学生みたいなことやってんだけどね、俺。そんなある日。俺のことが“見える”後輩が現れて……?

・『未来の正直』
 「巨乳、解りやすいよな」漫画家を目指していた少女の初めての挫折と、解決する感情。美術部の彼に「通じないと」そう言われたときから全てが始まる。

 川上稔が贈る、最高にハッピーでグラッとくる珠玉のラブコメ短編集、第一弾!
エッモぉぉいッ!!
そうかーっ、エモいってこういう感覚をいうのかー。はじめて頭で何となく理解するんじゃなくて、感覚として実感したぞ。エモいエモい、なるほどなるほど、これがエモいだっ!
というわけで、【境界線上のホライゾン】や【終わりのクロニクル】の川上稔先生によるはじめての短編集。鈍器じゃないよ、短編だよ?
鈍器云々以前の問題として、本作ってこの後の二巻も含めて実本では発売してないんですよ。電子書籍限定発売という形式になっていて、電撃文庫の公式ホームページにも載ってないでやんの。いやさ、電書限定はいいとして公式サイトに新刊情報が載ってないってなんなのさ。
まあそれは良いとしても、ラブコメですよ。考えてみれば、川上先生の作品って世界を救う物語であると同時に、どれもこれも壮大なラブストーリでもあったんですよね。それも主人公とヒロインのみならず、様々なカップルによって繰り広げられる恋模様が幾つも幾つも描かれていた物語。
都市シリーズもそうだし、言ってしまえばゲームセンターでひたすらシューティングゲームに青春を注ぐ【連射王】ですら、むしろあれこそ生粋のラブストーリーでありました。
そんなこんなで長年蓄積されてきたラブコメパワーの純結晶化として送り出してきたのが、この短編集なのではないでしょうか。ラブコメに関するあらゆる熱量と技術を凝縮したパワーオブラブコメ。それがこれらの物語なのです!(言い切った!)

『恋知る人々』

初っ端にして最高傑作。この主人公たる女性って、言うたら「サトリ」に近しい他人の心を読む、というか聞くか、この場合。声として聞けてしまう女性がそれまで他人事で恋愛相談なんかしてたのが、自分がはじめて恋をして、恋っ正直見くびってましたすんません!と土下座する勢いでパニクりながら、七転八倒しながら初恋にのめり込んでいくお話。初っ端にして、一番好きなお話でした。
女性視点のお話で、結構むき出しの心の言葉を思うがままに垂れ流しているような自由な言葉の本流なんだけれど、本能任せノリ任せの言葉垂れ流しのようで全体的にすごくロジカルでもあるんですよね。制御された垂れ流しとでも言うのでしょうか、野放図に見えて感情の推移が、どんな風に心の持ちようが変わっていくのかがすごくわかりやすく描かれてるんですよね。ほとんどが彼女の内なる言葉によって綴られていくのですけれど、この娘のテンションの上がり下がりも明瞭だし、一人称視点なのに周りの人たちの反応も含めて情景がとても浮かびやすい。
ここらへんの塩梅というか、描写力は流石だなあ、と言わざるを得ない。何も考えずに垂れ流してるだろう、というような言葉の綴のなかに、唐突に鋭い刺さるような言葉が投げ込まれてきたときのドキリとした感覚は、ちょっとたまらないものがあります。そういうぐにゃぐにゃしたものと凄まじく鋭い差し込みのバランスが、この一作目が一番エッジが効いてた気がするんですよねえ。
ってか、本作に限らずこの短編集の恋って、恋心って、グミみたいにぷにぷにして柔らかいのに弾力があって、好きだわー、超好きだわー。

『素敵の距離÷2』

ずっと見ていました、って卒業式に告白されるやつ。だいたい、告白される方視点で「え? なにそれ?」ってなるものですけれど、これはその「ずっと見ていました」側の女性からのお話。いや、彼女からしても見ている事をアピールしていたわけじゃないですよね。一人で見守ってそれで満足していたわけで。「推し」という表現にはちょっと笑ってしまった。でも、ずっとその男の子が頑張っているのを密かに見守り密かに応援していたことでちょっとモヤモヤしてくるわけですよ。この距離感の煩悶、陰ながら勝手に応援しているからこそ、相手からなんか期待するのは間違っている、と思うんだけど、ちょっと期待しちゃったりしてしまうので戒め戒め、な長きにわたる300メートルの距離感。人と人との距離って面白いねえ。


『地獄の片隅で笑う』

一杯二五〇〇円のコーヒーってすごいよな、すごいを通り越してエグいよな。果たしてどれだけ金持ちになれば、そんなコーヒー毎日飲もうと思うようになるんだろう。
これもいわば見守る系なのか。喫茶店の席から作家の執筆仕事をしながら、開かずの踏切で繰り広げられる人間模様を観察する日々。そんな中で一人、特に目にするようになった若造。彼を眺めるうちに、ひょんなことから彼が自分の本を携えていて、そこから彼に感情移入していくのである。地獄の広場と呼ばれる踏切前。それを隔てられた窓の内側から眺める彼女の気持ちがあるのはどちら側だったのか。それを外からの視点で教えてくれる喫茶店のマスター、粋ですなあ。


『嘘で叶える約束』

今巻唯一の男性視点のお話。だけど、この男、身体もなにもない幽霊なのであった。
とりあえず男を出したら全裸にしたがるのは、もはや性癖なのだろうか川上稔大先生w
女の子が指差してる指先に全裸の先端を持ってくるなしw 見えていないからといって、それはやりたい放題の類だからね。
唯一幽霊のはずの男の子のことが見えた転入生の女の子とのボーイ・ミーツ・ガール。いや、そこには裏があるんですけどね。これ、気づいたあとの女の子サイドの気持ち考えると結構大変だったんじゃないかな。幽霊くんはのほほーんと幽霊生活、まあ人恋しくて寂しくなって結構辛かったみたいだけれど、女の子の方はもっと混乱と動揺とが激しかったんじゃないだろうか。それをあんまり彼には見せなかったので、なかなか幽霊くんの方からは見えてこなかったけれど。
それでも彼女が勇気を出すきっかけになったのが、彼がどうしようもなく幽霊であるという自覚のまま、彼女との関係を維持しようとした事なわけで。うん、そうなのかな、どうなのかな。でもきっかけはあそこですよね。家に誘って云々。あの時点で、家に呼ぶけど意識はしないで、と言ってたのが、ラストではっきりとひっくり返して……あのセリフは、また直撃ですわー。


『未来の正直』

生き様が漫画家、というよりも生来の漫画家。物心ついたときから、息をするように漫画に没頭し続けた女が直面する、生の人間、生の男の子、生の恋。自分の漫画を読む他人。自分の漫画が他人に読まれるという革新。そこから生じていた感情が、恋だと気づいたときから始まる葛藤。恋という感情、或いは現象に対する分析がまたいいんだ。感覚を言葉にしていく作業、それを情動のママ漫画という表現に形作っていく情熱。魂をフル稼働するこのパワーの若々しさよ。青春だよ、これが青春だよ。青春とはパワーだよ、心の力だ。パワフルだ。ひゃー、熱い! 


さあ、間をおかず同時発売の2巻に行きますよ。


カノジョの妹とキスをした。2 ★★★★☆  



【カノジョの妹とキスをした。2】 海空りく/ さばみぞれ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

初めての恋人・晴香と付き合って一ヵ月。親が再婚し恋人とそっくりな義妹が出来た。名前は時雨。晴香の生き別れの妹だ。
俺はそんな義妹とキスをした。重ねられた時雨の唇の感触が忘れられない。晴香とキスはそれに塗り潰されて思い出せないのに。時雨を異性として意識する時間が増える。
でもそんなのは晴香に対する裏切りだ。俺は晴香との仲をもっと深め、時雨と距離を置こうとする。
だが俺がそう決意した日、時雨が高熱を出して倒れてしまい……?
彼女の双子の妹からの告白。高2の夏休み。お泊りデート。動き始める“不”純愛ラブコメ、『堕落』の第二巻!
これは、とんでもねーなあ。いや、これはもう博道に同情してしまう。
てっきり、悪いと思いながら裏切りと知りながら、徐々に時雨の愛に蕩かされていく、堕ちていく背徳一直線の不倫モノになるのかと思ってたんですよね。
ところが、博道は想像以上に誠実で晴香に対して一途でした。自分が信じた愛に初々しいほど一途だったのです。時雨の誘惑をはねのけて、晴香から目を逸らさなかったのです。時雨とキスしてしまった罪悪感が、余計に彼を一心不乱にしてしまったのかもしれません。時雨の愛の深さ、愛情の激しさをその身に体感したことによって、より晴香への愛情の深度を高めてしまったのかもしれません。
それが、自分を追い詰めていくとも知らずに。
これ読んでいると、博道が晴香を裏切って後ろめたいことをしているというよりも、博道が精神的に追い詰められていく中で時雨の存在がどうしようもない救いに見えてくるんですよね。博道は悪くない、これは仕方のないことなのだと思えてくる。彼の晴香への愛情は本物で彼は一途に晴香に愛を捧げているのに、それを一方的に否定し踏み躙ったのは晴香のように見えてくる。
あのシーンあの瞬間、繊細で純真だった少年の心が、ズタズタに傷つけられたのは間違いないんですよね。センシティブな問題が絡んでいるとは言え、彼の愛はその相手から一方的に否定されたのである。汚らわしいものとして嫌悪されたのである。
それは、価値観とか恋愛観、愛情の在り方の相違であってそれだけならどちらが悪い、というものではなかったと思うんですよね。本来なら、それは話し合いや対話、コミュニケーションの積み重ねによって擦り合わせていくべきものなのでしょう。しかし、晴香は過去の家族崩壊に関するトラウマや父親からの刷り込みなんかで自分の恋愛観に疑い一つ抱いていなくて、それが絶対正しいものだと考えているようなんですよね。一方で博道の方は時雨との事での罪悪感も後押ししたのでしょう、自分が悪いと決めつけ思い込もうとしながら、晴香の恋愛観の方に無理やり自分を合わせようと四苦八苦しながら、晴香への愛情の深さ故に自分の中からこみ上げてきた自然な想いを否定する事は出来ずにいた。晴香の恋愛観を肯定してあの時の行動を間違っていたとするのは、そのまま自分の感情を想いを否定すること、晴香への愛情そのものが間違いだ、ということになってしまう。
晴香に対して誠実であろうとする、彼女の愛情の在り方に寄り添おうとすることが、自分の晴香への愛情を否定することになってしまう矛盾。そして、自分が信じてきた愛情が、否定どころか嫌悪されて踏みにじられた事への痛み。愛をただの肉欲と貶されてしまった悲しみ。それが、少年を苦しめ疲弊させていくのである。一緒に過ごすことが幸せだったはずなのに、恋人と過ごす時間が徐々に苦痛へと、恐怖へと変わっていく。
この変転には、もうなんかゾクゾクしてしまいました。愛している事は何も変わっていない、愛が薄れていっているわけではないのに、心の距離がどんどんと離れていく、幸せが辛いに変わっていく光景は、衝撃ですらありました。
そして、気のおけない義妹である時雨と過ごす時間の方が癒やしになっていく、追い詰められ精神的に崖っぷちに立たされるほどに疲れ果てた博道の救いに、時雨の存在が成っていく。ここで時雨は別に疲弊する博道につけ込んで、博道の愛情を独り占めして奪い取ろうという積極的な行動に出てるわけじゃないんですよね。ただ、博道を否定せずに受け止めているに過ぎない。むしろ、彼の晴香への愛情の在り方を肯定しているとすら言えるんですよね。あれほどの甘い毒を注ぎ込みながら、時雨は博道に何かを求めたりしなかったのです。そんな自然な、自分の価値観を強いしてこない、自分の欲求は伝えてきても、そのために自分に合わせる事を求めてこない、そんな時雨の存在こそが彼の救済になっていくのである。
これ、時雨の存在がなくても晴香とは早晩うまくいかなくなってたんじゃないだろうか。それとも、時雨によって注がれた甘い毒が、博道から晴香と接する際の余裕を失わしめていたから、罪悪感が晴香と正面から意見をぶつけ合う自信を削り取ってしまっていたから、こんな有様になってしまったのだろうか。
晴香も本当に博道を愛しているからこそ、彼にも同等のそれを求めたんだろうけれど、それが彼をどれだけ傷つけたかを想像もしていない以上は、無理解と言われても仕方ないよなあ。
晴香のプラトニックラブの考え方に対する時雨の肉の喜びありきの考え方も結構極端寄りだとは思うのだけれど、博道への理解という点ではこの時点では確かに時雨の方が正確に捉えていると思うし、だからこそ時雨が姉に抱いてしまった憎悪に正当性を感じてしまうのである。
なんか、いつの間にか読者である自分の方にまで毒が回っているじゃないか。時雨の方を選ぶほうが正しいと思えてしまうように作り変えられてしまっているじゃないか。
ラスト、感情に任せて決定的な一歩を踏み出してしまった時雨。前巻のラストも時雨が感情に任せて決定的な一歩を踏み出してしまった事ですべてが始まってしまったわけですけれど、今回もまさに二度と元に戻れない関係になってしまうのか。どう転んでも泥沼は必定、修羅場必至、一瞬たりとも気が抜けないこのお話のどこに「ラブコメ」のコメがあるんですか!?
いやほんとにとんでもねー作品だこれ。


転生魔王の大誤算 ~有能魔王軍の世界征服最短ルート~ ★★★☆   



【転生魔王の大誤算 ~有能魔王軍の世界征服最短ルート~】 あわむら赤光/ kakao GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

歴代最強の実力を持つ魔王ケンゴーにも、決して漏らせぬ秘密があった。
「転生前より状況がひどくない!?」
前世の彼は、伝説の不良だった兄と勘違いされ舎弟から尊敬を集めた、草食系高校生の乾健剛だったのだ!
今度こそ平穏に生きたいのに、より凶悪な魔族達に臣従され、いつ本性を見抜かれるかハラハラの生活を送るケンゴー。
だが命惜しさに防御魔法を極めれば無敵の王と畏敬され、ハーレムに手を出す勇気がないだけなのに孤高だと逆にモテ、臣下の顔色を伺えば目配りの効く名君だと絶賛の嵐で、第二の人生は順風満帆!?
これは己の強さも権力も持て余し、誤算続きで名声まで爆上げしてしまう、転生魔王のサクセスストーリーである!
ルシ子さん、傲慢の魔将なんだけれど嫉妬するわ憤怒するわ、色々と忙しい。というか、傲慢というよりただのツンデレなんですが。しかも、かなりダダ甘のツンである。
勘違いモノの常として、どうしても主人公がひどい誤解をされる事で本当の気持ちとか想いを蔑ろにされ、思い込みでこうと決めつけられて、相互理解が致命的に喪われているケースが目立つんですよね。結果として、主人公は持て囃されながらも本当の自分を見てもらえないまま実質的に孤立してしまっている場合が多いのですけれど、本作の場合は幼馴染のルシ子がちゃんとケンゴーのことわかってくれてるんですね。前世が人間だったのも知っているし、彼がヘタレチキンなのもよくわかっている。いつクーデター起こされて酷い目に合わされるか怯えながら、必死に魔王として繕ってヘタレがバレないように頑張っているのもずっと横で見ていてくれているのである。
口ぶりはキツいし積極的に魔将たちとの関係を取り持ったりなんかはしてくれないものの、秘密を自分ひとりだけで抱えていないだけでも随分救われるし、へこたれた時なんかは何だかんだと甘やかしてくれるし、頼めばツンツンしながらもなんでもしてくれそうなチョロい所もあって、こんな幼馴染居るだけで勝ち組だろう、こいつ。
神様、自分なんか悪いことしました? というのが口癖で自分の境遇嘆くケンゴーですけれど、ルシ子を幼馴染にしてくれただけで大ボーナスだと思うんですけどねえ。
勿論、自分の境遇こそ嘆きながらも、ルシ子こそが自分にとっていちばん大事なもの、という真実だけは見失っていないので、ラストでもその辺ケンゴーにとっての一線に繋がってくるんですよね。どれだけ草食系で小心者で臆病でも、触れてはならないものに手出しされたら戦争である。
ともあれ、これだけ深い理解者が傍に居てくれているというだけでも、周りからどれだけ勝手な魔王像を押し付けられても彼が孤独にはならないのだと安心できる。ルシ子だったら、どれだけ酷い状況に追い込まれても絶対に味方で居てくれる、とケンゴー自身無意識にですが完全に信じ切ってますしね。
とはいえ、他の魔将たちもやんやと囃し立てて、深読みや思い込みでケンゴーの事を超絶魔王と思い込んで尊敬し慕いまくってるのですが、よくよく個々の魔将たちのケンゴーに対する見解を聞いていると案外と的を外していない気がするんですよね。いや、サ藤は相当思い込み激しくて勘違いが進んでますけれど、マモ代なんかはケンゴーがヘタレなのもう見抜いていますし、他の連中もケンゴーのやろうとしている事、どうしてそうしようとしているかは誤解しているか自分の都合の良いように解釈しているものの、ケンゴーのやろうとしている事はちゃんとわかっている奴もいますし、今までの歴代魔王と違うケンゴーのやり方についても分かった上で非常に好意的に見ていたり、彼の魔王としての実績についても決して過大評価じゃなくて、実情を見て評価してたりするんですよね。ケンゴーはそんなつもりないんですけど、とか言いそうですけど当人からは分からない所で彼の魔王としての在り方が魔将たちに良い傾向をもたらしているのは確かなんですよね。
魔族的価値観から、ケンゴーの本心についてはまったく分かっていないにしても、魔王が自分達魔将をかなり気を使って大事にしてくれている事はみんな大体気づいてるのである。ケンゴー、ビビリながらも何だかんだと魔将たち、嫌いじゃないみたいですし、愛が重いとはいえ一途に慕ってくれる彼らのことは何だかんだと親しんでる節もあるんだよなあ。
それにしても嫉妬の魔将のチャラ男なレヴィ山くん、嫉妬するために他人のイイ所探しが得意、というのは実は相当にイイ奴なんじゃないのか?w

なんだかんだと和気あいあいな魔族陣営に対して、むしろ怖いの人間サイドですよ。聖女さまが完全に狂信者&ドMという救いがたい変態だったりするし、全体的に神の使徒という体で思想が操作されてる様子が伺えるんですよね。おまけに、唯一神が実在しているみたいですし、神の意向によって魔族との絶滅戦争が施行されているので、何気に和解の余地がなさそうですし。そもそも、天使なんて神の尖兵まで攻めてくるわけですから、はたしてケンゴーの人間との和平なんて目的は叶えられるのか。魔族はどんどん殺る気満々、神様も殺る気満々、妥協の余地が見当たらねー。
それこそ、魔王のもとに世界征服するのが一番手っ取り早い気がしてきたぞ。

自他共認めるヘタレチキンであるけれど、肝心なものは見失わず、なけなしの勇気の出しどころは間違えない。ビビリで臆病者だけど、だからこそ油断なく、守るべきを護り通せる実力を死にものぐるいで手にしている。そして、怒るべきときに怒れる一端の男なのだ。ルシ子がべた惚れなのは、決して理由なきものではないのである。そんな彼の手による世界征服、うん重ね重ねそれが正解に思えてくる。なんか唯一神、ぬるぬるグチョグチョ系の邪神の可能性も出てきたし。


ドラキュラやきん! ★★★☆   



【ドラキュラやきん!】 和ヶ原 聡司/有坂 あこ 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

夜しか外出できない吸血鬼が現代日本で選んだお仕事は“コンビニ夜勤”!?

太陽の光を浴びると灰になってしまう存在、吸血鬼。夜しか活動できない彼らだが、現代では割と問題なく生活していた。
そう、なぜなら“夜勤”で働くことができるから――。
虎木由良は現代に生きる吸血鬼。バイト先は池袋のコンビニ(夜勤限定)、住まいは日当たり激悪半地下物件(遮光カーテン必須)。人間に戻るため、清く正しい社会生活を営んでいる。
なのにある日、酔っ払いから金髪美少女を助けたら、なんと彼女は吸血鬼退治を生業とするシスター、アイリスだった! しかも天敵である彼女が一人暮らしの部屋に転がり込んできてしまい――!? 虎木の平穏な吸血鬼生活は、一体どうなる!?
『はたらく魔王さま!』の和ヶ原聡司が贈るドラキュラ日常ファンタジー!

いや、夜勤でしか働けないって結構現代社会でも問題だとは思いますよ!?
昨今、日中でも平気で出歩くデイウォーカーが珍しくない吸血鬼界隈ですけれど、主人公の由良は陽の光に当たると速攻で灰と化してしまう正統派。それどころか、日が昇ると起きていられないほどの眠気に襲われてしまう、というのだから屋内での活動もままならなそう。尤も、力を使った直後でなければこれほど眠気に抗えないんでしたっけ? とにかく、活動時間は極端に制限されることになる。
ただ、彼にとって夜勤のコンビニバイトだけが社会とのつながり、みたいな結構孤独な境遇を予想していたのだけれど、肉親との交流はこれ並の親戚づきあいよりかなり深いし本邦の退魔集団みたいな家とも付き合いがあって、決して社会から孤立しているわけじゃあないんですよね。
【はたらく魔王さま!】と似たような設定ですけれど、こうして見ると結構コンセプトも異なっていることに気付かされます。あっちは特に当初は魔王や勇者が異世界からきて現代日本で地道に生活していく様子こそがメインで描かれていましたけれど、本作は日中活動できない吸血鬼がコンビニの夜勤バイトだけを収入源に、どうやって生活していくのか吸血鬼の日常譚、みたいな所は今回はあんまり重視されてないんですよね。
突然、生活圏に飛び込んできたアイリスとの男女の共同生活で起こる様々な細かい齟齬や妥協や同居生活はじめのあるある話、とかいうのもそう言えばあんまりなくて。わりとオーソドックスにアイリスが追う犯罪者吸血鬼の確保を巡って、由良が協力しつつお互いの理解を深めていく、みたいな当人同士の関係重視のお話になってましたね。
そもそも、アイリスも吸血鬼退治の専門組織から派遣されてきた、と言っても決して人外そのものを敵視しているわけではなく、男性恐怖症の彼女が男性を意識せずに頼れる相手としてむしろ由良に懐くというかしがみつく、というかバチバチ張り合ったり敵対し合ったりする関係にはならなかったんですよね。むしろ、思いっきりまとわりついてきていたような。自分のポンコツさを逆手にとって、おしかけ居候するあたりはやり手なんじゃないかと思うほどですし。
とはいえ、生活力がないわけではなく、むしろイギリス人であるにも関わらず料理上手ですし(偏見)。いやイギリスの飯がマズいと言われるのとイギリス人が料理うまいか下手かは関係ないんでしょうけどね。本人はイギリスじゃなくてイングランド人だと主張していますが。
ともかく、一緒に暮らすことでしばらく一人暮らししていた由良に家族という郷愁を思い起こさせるきっかけになるアイリスなのでありました。
今現在も、血縁の弟家族と深い交流がある由良ですけれど、今回は明言はされてなかったですけれど、どうも人の女性に想いを寄せていた過去がある節があったんですよね。寿命の差を意識しているようでしたし、亡くなった弟の奥さんにも思う所あったみたいだし、こうしてみると実年齢的にも爺さん!というほどじゃないけれど、若者にはないある種の人生の年輪みたいなものを垣間見せることのある人物像なんですよね、由良って。なので、アイリスにしても以前からの知人で由良を一方的に慕ってくる未晴に対してもどこか年の差を意識しているような接し方、自分の娘みたいな、とまでは言わないですけれど、自分が働いているコンビニのオーナーの娘さんに対しているのと似たような距離感が感じられるんですよね。
実年齢から言うと、娘どころか孫か曾孫でもおかしくない年齢差なのですが。なので、彼女たちの事はなんだかんだと手助けしてあげつつも、自分のことに関しては協力を求めたり利用したり、というのをあんまり考えておらず、自分の仇であり人間に戻るために倒さなければならない祖との対決でも自分一人でなんとかしようとしちゃうんですね。
それをおとなしく待っていられるようなヒロインたちではなく、むしろ無計画な由良の首根っこ抑えて自分達のプランに無理やり彼も同乗させる、という逞しさを見せてくれるのですが、こういうのも一人暮らし故の不安定な生活様式を、同じ生活圏に入ってきた女の子がパパっと整えてくれて、乱れていた夜型生活が一新される、のパターンの一つになるんだろうか。

今の所、アイリスの方の過去が定かではなく、男性恐怖症のおかげでろくに任務遂行できずに辺境日本に左遷されてきた、くらいしかちゃんと語ってくれていなくて、どうも家族関係にしてもなんで生活に支障があるレベルで男性恐怖症になったのかも不明なんですよね。本人は方向音痴や迷子の先で名物食べ歩いてたり、という図太さなどポンコツ面も強いのですけれど、何だかんだと能力的にも人格的にも優秀かつシスターとしても清廉で、人外相手にも偏見少なく気遣いも上手だったり、と良い子なのですが、果たして由良にどうしてあれだけ拘っているのかがちょっとした謎めいた部分でもあるんですよね。彼女の男性恐怖症って、男嫌いとはちと異なっていそうですし。ちゃんと普通に接することのできる異性である由良に拘っている、というのは恋とはまた違ったものみたいですし。まあ後から出てきた由良にアタックしまくる未晴にあれだけ張り合っているあたり、由良を意識しだしているというのはあるのでしょうけれど。
彼女に対する掘り下げは、次回以降になるのかな。
ただのコンビニバイトで生計立ててるフリーター、というには由良さん、吸血鬼としての能力が高い云々以前に、洞察力や人間力が非常に高いし、結構あっちこっちに(国家権力方面にも)顔が聞いて人脈も広かったりするので、いやなんでこの人コンビニバイトしてるんだ? と思ってしまう所もなきにしもあらず、なのですが。普通にアイリスに付き合って吸血鬼犯罪者の捜査や探索、潜入に確保など忙しく駆け回ることも多くなるので、バイトくらいが時間の融通きいて良い、という事なんだろうか。
ともあれ、ラブコメ風味もそこそこ強めみたいですし、人の社会に溶け込む人外たちと裏路地で相対するようなアイリスとのバディものとしての要素も全面に押し出されていますし、その意味では王道的な現代異能バトルものでありラブコメ、になっていくのでしょうか。次回以降もそのへん興味深く拝見ですね。

和ヶ原聡司・作品感想

隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた 2 ★★★★  



【隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた 2】 荒三水/さばみぞれ モンスター文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

クラスの席替えで隣同士になった成戸悠己と鷹月唯李。「唯李が『隣の男子を惚れさせるゲーム』をしている」と勘違いした悠己は、唯李からのアタックを返り討ちにする日々を送っていた。そんなところに、一年前に唯李の隣の席だったクールな“女の子”花城凛央が現れた! なぜか凛央に敵意を向けられる悠己だったが、ひょんなことから凛央の「とある願い」を叶える協力することに! 一方、その様子を見た唯李は二人の関係を疑い始めて――。漫才のような掛け合いが面白いネット発ラブコメ、アクセル全開の第二弾!

唯李さん唯李さん、そろそろポンコツ少女を通り越して「超クソ雑魚ヒロイン」の道をひた走りはじめてますよ!? あんまり悠己にフルボッコに返り討ちされまくってパンチドランカーになったのか、言動がどんどんクソ雑魚化していき、自爆を繰り返すありさまに。
いや、悠己の方も鬼か! 人の心はないのか! というくらいバッサリバッサリ斬殺しまくった挙げ句に鼻フックして引っ張り回すみたいな軽妙な切り返しするものだから、わりと女の子としてやっちゃいけないような事やったり口走ってますよね、唯李さん!? 
隣の席になった男の子を片っ端から勘違いさせ惚れさせて、振りまくってる同級生の中でも屈指の美少女、という評判はどこへ行ってしまったのか。いや、男子連中にはまだ勘違いされてるんだけれど、この娘本性がクソ雑魚でアホの娘でわりと友達からも残念扱いされてるっぽいんですよね。
女の子同士で集まっておしゃべりしてても、時々「唯李うるさくて話進まないからちょっと黙ってて」とイジメとかじゃなく素で言われて黙らされてるのを悠己が目撃してたりして、結構友達からの扱いが雑だったりするし、引き篭もりで友達いない悠己の妹である瑞奈にも親しまれてはいるけれど、一方でかなりナメられてて「所詮はちゃんゆい」とか「ゆいちゃんの分際で」とか面と向かって言われてたりするし。あんまり年上、お姉ちゃん扱いされてないぞ、唯李さん。
まああれだけアホを晒してしまうと弁護のしようもないのですが。インテリを気取るためだけに姉からメガネ借りて、学校まで掛けてきて見せびらかしたりとか(勿論、悠己には雑にあしらわれる)、あれだけテストテストと騒いで、点数勝った方が相手を言いなりに出来る券発行します!とかノリノリで言っていながら、テスト勉強そっちのけでゲームしまくってたりとか(テスト中にやべえよやべえよ、と顔を青くしてつぶやいている様子が悠己くんに目撃されております)。
いやもう一巻の頃のほうがまだ正統派クラス1の美少女をやってたんじゃないだろうか。それだけ、悠己には素を曝け出してしまうほど馴染んでしまっている、べったり心寄せてしまうほど慣れ親しんだ関係になった、とも言えるのでしょうけれど、それでもここまでクソ雑魚化するとは思わなんだw
でも、このやたらヤサグレたチンピラっぽいポンコツ残念娘が、ほんとカワイイんですよ。面白カワイイの極致に達してしまったんじゃないだろうか。これで同時に、恋する乙女を全開にしてるので……その発露の方向性がどうにもアホなのですけれど、悠己への本気の恋に余計に頭緩くなっている節もありますし。いや、元が緩いので恋してるから頭ゆるゆるになってるとは言い難いのですが。
そして、ただのアホの娘ではないんですよね。
前回の瑞奈がメンタル追い詰められて切羽詰まってしまった時、土壇場で瑞奈の心を柔らかく包んで守ってくれたのは真剣に向き合ってくれた唯李でした。
そして今回、自身のハリネズミな相手に棘を刺さずには居られない性格に心傷つき、離れていこうとした凛央を引き止め、彼女の本音を受け止めたのも彼女でした。
両方、唯李はいつもの緩い浮かれたようなふざけたようなノリを崩さないまま、逃げていく相手を逃さないように掴まえてみせたのですけれど、あとに悠己に本心をこぼしてるんですよね。すごく怖かったって。触れれば壊れてしまいそうなほど傷ついていた二人をどうしたらいいかわからなくて、それでも見ないふりも掛けるべき言葉を見失ったりもせず、いつもの調子を心がけて直接に飛び込む、それは勇気ある行動でした。肝心な時、土壇場の大事な時、そういう時だけこの娘は決して迷走せず、まっすぐに飛び込んでいくのである。普段、あれだけデフォルトで迷走してるのに、こういうときは本当に頼もしくて相手の心を奪っちゃう隣の席キラーを体現するんですよね。
その姿に、悠己がどれほど心震わされてるか、あんまり気づいてないあたりが唯李さんらしいのですが。いや、気づいているのかもしれないけれど、あれだけ悠己の事落とそう落とそうとしていながら、いざ落ちそうになったら茶化しちゃうの、なんなんでしょうね。
でも、実際の所わりともうすでに結構落ちている気もするのですけどね。充分、鷹月唯李という美少女に成戸悠己は惚れ込んでいる気がします。そのわりに、扱いホント雑ですけどね。ぼんやりしてるくせに、隙あらばトドメ刺しにいくし、マイペースに淡々と溺れてる犬を棒で叩くみたいに追い打ちかけていきますしね……この主人公もたいがい頭おかしい気がしますけど。若干、マイペースすぎて人の心がない節があるからなあ。
唯李相手だけじゃなくて、言動がとにかくキツくてトゲだらけな凛央の言動に対しても暖簾に腕押しで全く応えた風を見せずにグイグイとマイペース貫いて、凛央を仰け反らせていましたし、なんだかんだと自分のペースに巻き込んでるんですよね。唯李が実はコミュ力やべえんじゃないかコイツ、と慄くほど我が道を行く主人公。その彼を、なんだかんだと落としかけているというだけで、やっぱり唯李ってすごい娘な気がしてきたぞ。クソ雑魚化著しいけれど。

とにかく登場人物同士の掛け合い漫才が、やべえくらい面白かった。ほんと、キレキレなんですよね。典型的なボケとツッコミ形式じゃなくて、ボケにボケを重ねて畳み掛けてくるときもあれば、漫才コントのように寸劇めいたやり取りで笑いのツボを二重三重に積み重ねていく時もあり、それを本人たちギャグでやってるわけじゃなくて普段の会話のなかでひたすら繰り広げていくので、もう楽しいやら面白いやら。漫才めいた掛け合いの面白さが売りなラブコメも決して少なくないと思いますけれど、本作はちょっとその辺の切れ味やセンス、それに呼応する登場人物のキャラの立ちっぷりが頭一つ抜けているようにすら思います。
それでいて、ただくだらないギャグやコメディだけの作品になっておらず、しっかり友達との関係に悩む青春をして、乙女が恋にひた走るラブコメを花開かせている。
そんな素晴らしい作品でした。いやもうホントに面白すぎですわ、この娘ら。


はたらく魔王さま! 21 ★★★☆   



【はたらく魔王さま! 21】 和ヶ原 聡司/ 029 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

魔王城を打ち上げ、エンテ・イスラでの人間同士の争いも治めた魔王たち。残すは天界で神討ちに挑むのみ──だったのだが、その前にやるべきことがあった。魔王と勇者はじめ、一同が正装で向かったのは、千穂の自宅、佐々木家だった。
 千穂の父と会い、日本にやってきた当時のケジメをつけた魔王。しかし頂点会議から続く体調不良で、日常生活にも影響が出ていた。決戦を前に、見かねた恵美は魔王を心配するのだが──?
 最後まで格好つけられない魔王たちを待ち受ける、天界の真実とは。神討ちは成るのか。成ったとして日本での生活はどうなるのか――フリーター魔王さまと元テレアポ勇者の長い戦いもついに決着、庶民派ファンタジー、感動の完結!

10年も続いたのか。長い間お疲れ様でした。終わってみれば……これ、漆原がニートから脱却する話だったんじゃないの?
いや、このラストバトルってなんだかんだと漆原が主体になっていた、とも言えますし、親の軛から脱することでフラフラと当て所なく彷徨っていた彼が地に足をつけて生きていけるようになった、とも見えますし。
ただ漆原ことルシフェル、本当に長い時間フラフラしていたせいで大事な記憶も朧気になっていて、肝心の部分もこの最終局面に現場にたどり着いてようやく思い出す、という感じだったのでそもそも本人に当事者意識がなかったもんなあ。ダァトに関しても一番最後になって現れて、その姿がルシフェルそっくりだった、というのが結構重要な問題になっていた事に殆ど誰も気づいていないという顛末でしたし。
まあこの最終決戦である神討ちって余談は余談だったんですよね、本作においては。そのために千穂ちゃんが槍ゲットするためにエンテ・イスラではっちゃけたり、魔王城飛ばすためにみんなとっかえひっかえエンテ・イスラと日本を行ったり来たりと大忙しだったりしたわけですけど、やっぱり本作においてはエンテ・イスラの政治的な部分だったり戦争の部分だったり、決戦なんてものは余談だったわけですよ。そういう風な作りにしていた、とも言える。そういうのを、日本での日常生活と天秤にかけて日本での生活の大事さの方に比重をかけたかったのでしょう。少なくとも、日本で生活していた主要人物たちにとっては、日本での生活こそが大事という意識になっていたわけですから。
だから、最終決戦なんてものはアルス=ラムスの兄妹たちを開放して小さい娘を喜ばせる誕生日プレゼントであったわけですし、最終目標というのは千穂が思い描いた日本の小さなアパートの一室でみんなが賑やかにごはん食べてる光景をいかに守るか、てなものだったわけです。
守るだけではなく、先々までその光景を継続する、というのが千穂の願いであり彼女が本来の身の程を越えて頑張った理由でもあったのでしょう。千穂にとって、もうハッピーエンドに等しい時間はとっくの昔に彼女の前にあったわけですから。あとは、それを以下にして将来まで維持できるか、という問題が前にあり、恵美たち含め異世界組が元の世界に戻ってしまうなど憂慮すべき問題は山積みだったのを、あれこれ努力して解消していき、自分の願望をみんなにとっての願いであり望む光景として共有していくことに、千穂は見事に成功した、と言えるんですよね、これ。
最後には、みんな一致団結してそれを叶えるべく動く形になっていましたしね。
千穂個人の幸せとしては、真奥とお付き合いする関係になる、というのは勿論無視できない要素ではあったと思うのですけれど、最重要ではなかったと思うんですよね。そういう関係になれるのを踏まえて、みんな一緒の光景の一要素になれれば、という感じで。だから、真奥に対する独占欲みたいなものが薄かったんじゃなかろうか。彼女にとって、アムス・ラムスという娘を間に挟んでパパとママしている真奥と恵美、というのも彼女の望む光景にとって欠かせない要素だったわけですし。
恵美との関係についてもうるさく言わないどころか、寛容な態度をみせていたのはそのせいではないかと。
まあ、その千穂当人がなにやらエンテ・イスラの方に就職しそうな勢いではあるのですが。結構簡単に帰ってこれるだけにハードルは高くないとは思うのですが、あっちに行くとそのまま政治家ロード一直線っぽいしなあ。
個人的には、周りに変に気を使って忖度したりもせず、自分の感情に背を向けて色々繕ったりもせず、まっすぐに本心を曝け出して直向きに恋していた鈴乃のことは応援していたんですけどね。
一番こう、登場人物の中で乙女していたと思いますし。
しかし、なんでこの大司教さまは、異世界宗教の頂点近い地位に立ってるのにお遍路さんなんて仏教ロードに凝りだしてるんだ!?w

ちなみに、真奥と千穂の関係ですけれど真奥が何となく流れで受け入れるのではなく、ちゃんと千穂との出会いまで遡って彼女に対する気持ちを自己分析した上で、彼女が大事という気持ちに特別な感情があるのだと発見して、ちゃんとそれを踏まえた上で千穂に返答したことは評価してあげたい。
でも、悪魔だから恐怖を力に出来て、逆に愛情には拒絶反応、という設定は構造上は誠実に捉えてあって然るべき設定ではあったかもしれないけれど、物語上はちょっと面倒くさくてあんまり必要性がない設定だった気がするなあ。というか、真奥以外の他の魔族はこの問題どうするんだろう。真奥も先々種族間の分断に繋がりかねない問題だと認識していたけど。魔族でなくしてしまえば、解消されるにしてもそれ恵美がして回るわけにもいかないだろうし。
ちょっと、リヴィクォッコと岩城店長の関係に期待してしまったのですが、あれはまったく職務上の関係以上ではなさそうだなあ、うん。
逆に度肝を抜かれたのはやっぱりサリエルと木崎さんで、うんあれが一番驚いた。なにがどうしてそうなったんだろう。想像がつかないのだけれど、木崎さんのあの娘に対した時のキャラ崩壊してるんじゃ、という声音みると、あの人知らざる一面がまだあるに違いない、うん。
お付き合い、という面でみると三年後の場面の方で真奥と話す千穂ちゃん、もう敬語が抜けてるんですよね。あれは新鮮でしたけれど納得でもあり、順調にお付き合い進んでるんだなあ、と実感させてくれる小さくも丁寧な描写であったと思いますし、ちーちゃんが大人の女性になったんだなあ、と感じさせてくれるシーンでもありました。
芦屋と梨香はもうワンチャンないかなあ。

というわけで、結構ややこしくもなっていたセフィラやら天使関連の話もなんとか伏線を回収し終わり、三年後の場面と並行しながらの最終決戦はあんまり盛り上がらない事は想定済みだったのでしょう。そういう構成でしたし、というかこの作品の方向性そのものがラストを決戦で盛り上げるものではなかった、というのを徹底して貫いたとも言えるのかも。そういう手かせ足かせを嵌めたまま外さなかった、とも言えるのかも知れません。それは四角四面であったとも思いますし、また誠実でもあったとも思うんですけどね。
恵美ことエミリアはもうちょっと許されざる秘恋に葛藤するというかドロドロするというかねっとりしても良かったかなあ、と思うのですが、彼女なりにあの一夜のキスは精一杯のそれだったと思うので、それなりには堪能させて貰いました。
神は細部に宿る、を体現するような日常シーンの細かすぎるほど繊細な描写によって他の追随を許さない生活感のリアリティを常に物語そのものに根ざしつづけた本作、存分に楽しませてもらったと思います。長い間お疲れさまでした。完結、おめ♪

シリーズ感想


……でも、昨今のコロナ禍がこっちにも直撃してたら、真奥さんの会社もろにやられてそう、とか思っちゃうのがリアリティありすぎる世界観ゆえか。図らずも、梨香に語ったまおう組の顛末繰り返しかねないか、恵美のヒモですね、うん。

 

10月4日

冬瀬
(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


中村 颯希
(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


遠藤達哉
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


眞藤雅興
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


藤本タツキ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


那波歩才
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三浦糀
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


末永裕樹/馬上鷹将
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


堀越耕平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


あきやま陽光/堀越耕平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


城戸みつる
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


有馬あるま/フカヤマますく
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鏡貴也/山本ヤマト
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


星野桂
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


オオヒラ航多
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


住吉九
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


阿賀沢紅茶
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


水あさと
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


馬渕朝子/安藤コウヘイ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


夜諏河樹
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


橋本悠
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


神海英雄
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


竜騎士07/赤瀬とまと
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


染野静也/gulu
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Nykken/Toy(e)
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


小神 トイ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月3日

暁社 夕帆
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


御子柴 奈々
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


日日綴郎
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


深津/はーみっと
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


櫛灘ゐるゑ/魔石の硬さ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


梅渡飛鳥/もちもち物質
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W
9月30日

南野海風
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


神無フム
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


サイトウアユム
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


軽井広
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


東條功一
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


海翔
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


紺野千昭
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


健速
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


綾里けいし
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


慶野由志
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


三上こた
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


ヤマモトタケシ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


桜目禅斗
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


タンバ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


伏瀬
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


棚架ユウ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


アロハ座長
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


万野みずき
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


支援BIS
(エンターブレイン)
Kindle B☆W


ぺもぺもさん
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


とくめい
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


飯田 栄静
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


竹井 10日
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


小鈴危一
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


川井 昂
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


アネコ ユサギ
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


朱雀 伸吾
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


岩船 晶
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


陽山 純樹
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


ひだかなみ/山口悟
(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


おだやか/クレハ
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


藤丸豆ノ介/友麻碧
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


一メルカ/深海亮
(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


太田垣康男/矢立肇
(ビッグコミックス スペシャル)
Amazon Kindle B☆W


万乗大智
(少年サンデーコミックス スペシャル)
Amazon Kindle B☆W

9月29日

いのうえひなこ/棚架ユウ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


餅田むぅ/新山サホ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


八木ゆかり/保利亮太
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


青乃下/まきしま鈴木
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


表野まつり/柊遊馬
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月28日

三雲岳斗/Mika Pikazo
(新潮文庫nex)
Amazon Kindle B☆W


吉上亮/Mika Pikazo
(新潮文庫nex)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月27日

異識
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ひさまくまこ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Koi
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


相崎うたう
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


セトユーキ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


こめつぶ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


福きつね
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


メイス
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月26日

えすのサカエ/宇野朴人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


相野仁/市倉とかげ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


平未夜/之貫紀
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


大和田秀樹/矢立肇
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


今ノ夜きよし/イノノブヨシ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Ark Performance
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


石田あきら/東出祐一郎
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


前田理想/沢村治太郎
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


鏡/丘野優
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


東方Project/芦山
(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


笹倉綾人
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


苗川采
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


Dormicum
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


山路新
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


宝乃あいらんど/震電みひろ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


小早川ハルヨシ/金斬児狐
(アルファポリスCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


くろの/永島ひろあき
(アルファポリスCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月25日

涼樹悠樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


迷井豆腐
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ネコクロ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ネコ光一
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


白米 良
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


白米 良
(オーバーラップ文庫)
Amazon


でんすけ
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


出井 啓
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


一分 咲
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


筧千里
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


カヤ
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


波多ヒロ/あまなっとう
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


やもりちゃん/じゃき
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


もちろんさん/猫子
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉川英朗/月夜涙
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉乃そら/ネコ光一
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天羽銀/迷井豆腐
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


卯乃米/桜あげは
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


綾北まご/冬月光輝
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月24日

棚架ユウ/丸山朝ヲ
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


天乃咲哉
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


洋介犬
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


かくろう/石神一威
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立/五十嵐あぐり
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立/五十嵐あぐり
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立/めきめき
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


長田悠幸/町田一八
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小林立/めきめき
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


福田晋一
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田尾典丈/三雲ジョージ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


戌森四朗
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田澤裕/友井太郎
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月22日

十文字 青/原作・プロデュース:Eve
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


総夜ムカイ/原作・監修:みきとP
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


両生類 かえる
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


木緒 なち
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


長月 達平
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


川口士
(ダッシュエックス文庫)
Amazon


川口士
(ダッシュエックス文庫DIGITAL)
Kindle B☆W


川口士
(ダッシュエックス文庫DIGITAL)
Kindle B☆W


赤金武蔵
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


河本ほむら/尚村透
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


河本ほむら/斎木桂
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


昆布わかめ
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


サラ イネス
(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


ハナツカシオリ
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


江口夏実
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


瀧下信英/津田彷徨
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


藤本正二/Juan Albarran
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


千嶌オワリ/津田彷徨
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


森高夕次/足立金太郎
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


一乃ゆゆ/佐島勤
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


杉井光/篠アキサト
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


ぐう/水無瀬
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


柏木郁乃
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


倭ヒナ/ぷにちゃん
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月21日

Amazon Kindle B☆W

9月20日

大和田秀樹
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


クール教信者
(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


いとうえい
(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


小宮地千々
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W


一色一凛
(GCN文庫)
Amazon


風間レイ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


やしろ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


もちもち物質
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


夕立悠理
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


鳴沢明人
(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W


はぐれメタボ
(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W

9月19日

Amazon Kindle B☆W

9月16日

橘 公司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


長岡 マキ子
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


羊太郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


七斗 七
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


いつきみずほ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


ラマンおいどん
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


ラチム
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


紫大悟
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


朝陽千早
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


コイル
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


相原あきら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W



イダタツヒコ/広江礼威
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


やまむらはじめ/広江礼威
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


坂崎ふれでぃ
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


了子
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


神内アキラ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/じろあるば
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


内藤マーシー
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


久世蘭
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ヒロユキ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


裏那圭/晏童秀吉
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


むちまろ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


硬梨菜/不二涼介
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


さゆこ
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


あるてぃ/染井由乃
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


原泰久
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中村力斗/野澤ゆき子
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


峰浪りょう
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


雪森寧々
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


小瀬木麻美/宮田ダム
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


キナミブンタ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


大河原遁
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


武田綾乃/むっしゅ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


子新唯一
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


グレゴリウス山田
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ヤマザキマリ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


スガワラエスコ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


スガワラエスコ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


瀬尾つかさ/bomi
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


川口士/的良みらん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月15日

コトヤマ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


草場道輝/高谷智裕
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


山田鐘人/アベツカサ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


畑健二郎
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


福地翼
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


青山剛昌
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


青山剛昌/阿部ゆたか
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


かんばまゆこ/青山剛昌
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田中現兎
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


川田暁生
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


ひな姫/猫又ぬこ
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


水森崇史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ひととせひるね
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


杜乃ミズ/餅月望
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


中島鯛/ほのぼのる500
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


まいたけ/生咲日月
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


わかさこばと/春の日びより
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


羽尻伊織/鉄人じゅす
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ハム男
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


柚原 テイル
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


七沢 ゆきの
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W

9月14日

鳥羽徹
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


神田暁一郎
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐伯さん
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐伯さん
(GA文庫)
Amazon


海空りく
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


海月くらげ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


柚本悠斗
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


白石定規
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


白石定規
(GAノベル)
Amazon


守雨
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


金明豪×KJ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


こだまはつみ
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W

9月13日

横島日記
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W


わらいなく
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月12日

荒川弘
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


河添太一
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮澤伊織/水野英多
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


南海遊/村山なちよ
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


高津カリノ
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


オジロマコト
(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ゆうきまさみ
(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田岡りき
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


源素水
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


七尾ナナキ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


空谷玲奈/昴カズサ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


高野裕也
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


礼島れいあ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


長岡マキ子/カルパッチョ野山
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


森貴夕貴
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


咲メギコ/師裏剣
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


瑚澄遊智/漂月
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


しろ
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


檜山大輔
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


浜田よしかづ
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ピロヤ
(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


火曜
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


カエルDX
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


霜月絹鯊
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


そめちめ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月10日

餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


もちだもちこ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


岡崎マサムネ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


ニシキギ・カエデ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


榛名丼
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

9月9日

アサウラ/Spider Lily
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


アサウラ
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐伯庸介
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


西 条陽
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


宇野朴人
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


三河ごーすと
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐島 勤
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


鎌池和馬
(電撃文庫)
Amazon B☆W


駒居未鳥
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


逢縁奇演
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


ミサキナギ
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


岬 鷺宮
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


夏 みのる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


遠野 九重
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


明。
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


流優
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


ヤマザキコレ
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ツクモイスオ/三田誠
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


住川惠/甘岸久弥
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


yoruhashi
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W



(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


横山コウヂ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


福原蓮士/つちせ八十八
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


稲葉白
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


二式恭介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


遠野ノオト/流優
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


はっとりまさき
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


神谷ユウ/桜木桜
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


吉岡剛/菊池政治
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


唐澤和希/藤本れもち
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


皇ハマオ/月夜涙
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


緒原博綺
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


げしゅまろ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ヨシラギ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


RYOMA/カンブリア爆発太郎
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


レフトハンド/伽藍堂
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


窪茶/涼暮皐
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ゼロキ/雪村ゆに
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


蟹丹/トネ・コーケン
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


TYPE−MOON/中谷
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Team RWBY Project/スエカネクミコ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


コトバノリアキ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


金田陽介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ/青井聖
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月8日

エターナル14歳/御子柴奈々
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


ヤチモト/resn
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


ヤスダスズヒト
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


茅田丸/丁々発止
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


内々けやき/あし
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


くうねりん
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


光永康則
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


芳橋アツシ/延野正行
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


亜希乃千紗
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W

9月7日

赤堀君
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


伊口紺/保志レンジ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


LEN[Aー7]
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


深山鈴/茂村モト
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


森田季節/出水高軌
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


ケンノジ/松浦はこ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


羽柴実里/zinbei
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


常磐くじら/桃山ひなせ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


串木野たんぼ/ぽんこつわーくす
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


鈴木竜一
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


初枝れんげ
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


十夜
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

9月6日

西尾 維新
(講談社)
Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索