書籍感想2021

2021年11月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

読んだ本の数:33冊 うち漫画:7冊


元々べらぼうにおもしろかった【転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件】だけれど、巻が進むにつれてさらにドライブ感が出てきて、ちょっと凄いことになってきた。今一番注目のラブコメかもしれません。
そして、特に猫好きという訳でもない自分ですらメロメロにしてくれた【ここでは猫の言葉で話せ】。ありのままの猫の姿と、そんな猫に人生を揺さぶられる事になる少女達の日常譚が感動モノでありました。
今月は、新作もベテラン強しという感じで、【霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない】と【僕らのセカイはフィクションで】など、流石の手練手管だなあ、と堪能させていただきました。


★★★★★(五ツ星) 2冊

転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件 3】  雲雀湯/シソ 角川スニーカー文庫(2021/10/29)
ここでは猫の言葉で話せ】  昏式 龍也/塩かずのこ ガガガ文庫(2021/11/18)

【転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件 3】  雲雀湯/シソ 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

今一番甘酸っぱいと言ってもいいんじゃないかしら、このラブコメ。幼馴染に恋をするその過程と関係の変化が丁寧に描かれていく、誰よりも大切な人、の大切さの意味が変わっていく。その甘酸っぱい変化を堪能して欲しい。



【ここでは猫の言葉で話せ】  昏式 龍也/塩かずのこ ガガガ文庫


Amazon Kindle BOOK☆WALKER

猫とはすなわち人生である。
猫に癒やされるのも、猫に救われるのも、猫を愛するのも愛されるのも、人の勝手な思い込みだ。勝手に猫に投影しているだけだ。
猫は、ただただ猫である。
だからこそ、人は猫に救われる。猫こそが人を浮き彫りにする。猫を通して人を感じる。
人だからこそ、猫を感じられる。そうして彼女は人たる自分を取り戻す。これはハードボイルドな救いのない世界から、一人の殺人マシーンが猫を通じて人の愛を感じ、ただの少女に戻っていく物語である。


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 0冊



★★★★(四ツ星) 8冊

僕らのセカイはフィクションで】 夏海 公司/Enji 電撃文庫(2021/11/10)
ドラキュラやきん! 4】  和ヶ原 聡司/ 有坂 あこ 電撃文庫(2021/11/10)
我が驍勇にふるえよ天地 11 ~アレクシス帝国興隆記】  あわむら赤光/ニリツ GA文庫(2021/11/12)
メイデーア転生物語 5.扉の向こうの魔法使い(下)】  友麻碧/雨壱 絵穹 富士見L文庫(2021/11/15)
霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない】  綾里 けいし/生川 ガガガ文庫(2021/11/18)
ただ制服を着てるだけ 2】  神田暁一郎/40原 GA文庫(2021/11/12)
オーク英雄物語 3 忖度列伝】  理不尽な孫の手/朝凪 富士見ファンタジア文庫(2021/11/20)
Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 05】  之 貫紀/ttl エンターブレイン(2021/11/26)

【僕らのセカイはフィクションで】 夏海 公司/Enji 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【ドラキュラやきん! 4】  和ヶ原 聡司/ 有坂 あこ 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【我が驍勇にふるえよ天地 11 ~アレクシス帝国興隆記】  あわむら赤光/ニリツ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【メイデーア転生物語 5.扉の向こうの魔法使い(下)】  友麻碧/雨壱 絵穹 富士見L文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない】  綾里 けいし/生川 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【ただ制服を着てるだけ 2】  神田暁一郎/40原 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【オーク英雄物語 3 忖度列伝】  理不尽な孫の手/朝凪 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



【Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 05】  之 貫紀/ttl エンターブレイン

Amazon Kindle BOOK☆WALKER




以下に、読書メーター読録と一言感想

続きを読む

佐々木とピーちゃん 異世界でスローライフを楽しもうとしたら、現代で異能バトルに巻き込まれた件 ~魔法少女がアップを始めたようです~ ★★★☆   



【佐々木とピーちゃん 異世界でスローライフを楽しもうとしたら、現代で異能バトルに巻き込まれた件 ~魔法少女がアップを始めたようです~】  ぶんころり/カントク KADOKAWA

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ペットショップで購入した可愛い文鳥は異世界から転生してきた賢者様だった

ペットショップで購入した可愛らしい文鳥は、異世界から転生した高名な賢者様だった。
世界を超える機会と強力な魔法の力を与えられ、佐々木は異世界へと現代の物品を持ち込み商売を開始する。
世界間を行き来しつつ――お金を稼ぎ、魔法の訓練をして、美味しい物を食べる――悠々自適なスローライフを目指すが、ある日の会社からの帰り道で異能力者と遭遇してしまう。
賢者印の魔法で異能バトルを切り抜けるも、実力を見込まれて内閣府超常現象対策局にスカウトされ、晴れて国家公務員に転職が決まり……?
異世界ファンタジー×異能バトル×年の差ラブコメ(?)。
さらには魔法少女、ご近所JC、同僚JK、貴族、ロリババア、王子etc...
属性ジャンル全部乗せでお贈りする、異世界と現代日本行ったり来たり物語。
MF文庫Jが放つ新文芸として、遂に登場!
この作者さんの作品は以前に【西野】を読んだのですけれど、これがどうも合わなかったものでこの【佐々木とピーちゃん】も話題にはなっていたのですが自然と手を出さずにいたのでした。ですが先日【このライトノベルがすごい!】の単行本部門で取り上げられたのをきっかけに、一度読んでみようかと思い手にとったのですが、これがうん、大丈夫だった。面白かった。
一番の要因はやはり佐々木さんでしょう。彼の温厚篤実な人柄は非常に好感が持てるもので、取っつきやすかったです。穏やかで自己主張は激しくなく積極的にガツガツいく性格ではないのですが、決して内向的とか引っ込み思案とか内向きの性格はしていなくて、行動スべき時はわりとフットワーク軽いですし、相手が誰でも言葉は尽くします。決して多弁ではなくむしろ静かな人という印象のわりに喋らないといけない時は雄弁に淀みなく言葉が出てくるのは営業職長かったおかげなのでしょうか。それでいて、この人けっこう聞き上手でもあるんですよね。上からものを語らないし、じっくり人の話を聞いて意見もそっと添えてくれる。
自己評価は高くないけれど、彼を慕う人は多かったんじゃないだろうか。同じ会社の後輩くん、独立しようとしていて佐々木さんを一緒に来てくれませんか、と誘っていたけれどあれってかなり本気だったんじゃないだろうか。
いや、マジであの異能課の上司とのタフなネゴを見ているとそれまでの仕事でも無能とか昼行灯ではなかったと思うんだがなあ。上昇志向や野心がなくガツガツ仕事するタイプじゃなかったから、窓際に追いやられていただけで実際は仕事だいぶ出来てたんじゃないだろうか。あまり実力が出世に反映しないブラック会社だったとか。
実際に、超常現象対策局では人員が大幅にいなくなっちゃったという要因はあったとはいえ、佐々木さんは異能力……というか魔法だけど、その魔法の能力の高さではなくて(そっちは極力力を見せないように隠しているわけで)人品の方を見てと思しき出世を果たしていますし、異世界の方では並々ならぬ有能さを示している商会のマルク副店長と対等に渡り合いビジネスパートナーとなっていったわけですし。あれも、単に珍しいものを輸入してくるってだけじゃあの副店長、そうそう胸襟をひらくたまじゃなかったですよ。
ピーちゃんという賢者がバックにいて、いつも判断を助けてくれるとはいえ、人の話をちゃんと聞き、咀嚼して自分で判断し続けていたのは佐々木さんだったもんなあ。
そもそも、ぴーちゃんからしてあれ、簡単に聞き分けるタイプじゃないんですよね、多分。かなり難しい人だったんじゃないだろうか。優秀な人特有の。でも、佐々木さんとは衝突もなくうまくやれてるんですよね。佐々木さん、はいはいと言うことを聞いているだけじゃなくて、ダメなものはちゃんと理由をいい含めてこれは出来ません、と言うべきは言ってくれるのでうまいこと回るんだろうなあ。
かくして、ピーちゃんと出会った佐々木さんは異世界と日本を行き来するようになり、異世界で戦争に巻き込まれ、日本の方では異能バトルに巻き込まれ、と平凡なサラリーマンから一転、騒がしいではすまない動乱のごとき日々を過ごすことになるのですけれど、それでも佐々木さん、慌てるし驚くしどうしようと困りはするんだけれど、常に穏やかで感情的にはならず訥々と目の前で起こることに誠実に対処していくのである。ピーちゃんと落ち着いてゆっくり出来る生活をしたいなあ、と思いながら。
まあ、佐々木さん穏やかと言いつつ、あれどんな場面でもその落ち着きが崩れないというのは「おかしい」人間であるのかもしれませんねえ。平凡なサラリーマンだった人が、人の生死、それも結構見た目にはひどい有様となっている横で焦りビビリはしていてもパニックにもならず錯乱もせず根本的に落ち着き続けることが出来ているって、なかなか普通ではないですし、修羅場くぐったあともPTSDになるどころか、普通の生活を普通に穏やかにそれまでと変わらぬペースで続けていられる、というのはメンタルちょっとおかしいですよ、うん。
とはいえ、彼が温厚篤実で誠実で善良で、親しい人の無事を喜び、不幸を悲しみ、幸せを望むことが当たり前の人格者であることは間違いなく、見ていて癒やし系なおじさんであることは間違いないんですよねえ。
しかし、ピーちゃん絶対元は女の子だと思っていたのに、違うんかっ!
そして、これだけ異世界でも日本の方でもやばい修羅場をくぐりながら、佐々木さんの一番の死亡フラグに成りかねない危険要因は、ただのサラリーマンだった頃の最初から一番近くにあって、既に導火線に火が付いていた、というのは結構怖いぞ、ホラーだぞ!

海鳥東月の『でたらめ』な事情  



【海鳥東月の『でたらめ』な事情】  両生類 かえる/甘城 なつき MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER



史上最高の応募総数2332作、その頂点! 第17回MF文庫J新人賞最優秀賞作品登場!

「財布? 携帯? ぜんぜん違うよ。私が盗まれたのは――鉛筆さ」仲良しのクラスの女子・奈良芳乃から突如、謎の相談を受けた海鳥東月。だがそれは奇妙奇天烈な事象の始まりに過ぎなかった。海鳥の自宅に現れた謎のネコミミパーカー『でたらめちゃん』。彼女によって引き起こされるトイレの貸し借り、裏切り、脅迫、掴み合いからの一転攻勢、そして全力の命乞い……全てを終えた後、でたらめちゃんは海鳥に告げてくる。「海鳥さん。私と一緒に、嘘を殺してくれませんか?」海鳥は訳も分からぬまま『嘘殺し』に協力することになり!? 
第17回MF文庫Jライトノベル新人賞〈最優秀賞〉作は奇妙奇天烈! だけど青春ストーリー?
それは、絶対に嘘を吐けない海鳥東月と嘘しか吐けないと主張する『でたらめちゃん』によるドタバタ劇。うん、ドタバタ劇としか言いようがないよね、これ。ドタバタというかバタバタというか。非常に忙しない息継ぎしようよと言いたくなるような、息もつかせぬどんでん返しの連続でありました……連続すぎて、つまるところどんでん返し、ちゃぶ台返ししかないお話だった、とも言えるのかもしれませんが。
だいたい、物語におけるどんでん返し、或いはそれまでの前提をひっくり返すちゃぶ台返しが行われるのは、ここぞという時なんですよね。まさに一撃必殺。もちろん、中には一撃必殺を幾度も繰り出すような「ここぞ」という展開、山場、盛り上がりどころを一冊の中に幾度も用意できるツワモノたる作家さんもいるのですけれど。
本作においては、一歩話が進むごとにこのどんでん返しが起こるんですよね。この物語の主人公である海鳥東月のそれまでの様子とは一転する本性が暴かれ、そうかと思えば「でたらめちゃん」の登場によって彼女の秘められた性癖が全然秘められなかった事が暴かれ、と話が一歩進むごとに「な、なんだってー!?」と言わんばかりの暴露が繰り広げられていくのである。前提となる設定がひっくり返され、それまで描かれていたキャラクター像がひっくり返され、さらにそこからもう一回ひっくり返され、とどんどんひっくり返されていくのである。
伏線とかあったかな? なかったよね。いきなりそれまで何の前触れもなかったのに唐突な展開、唐突な出現、唐突な性癖バラシ。バタバタと忙しいことこの上ない。
まあここまで連続で繰り返されると、そういう芸風なんですね、と言いたくなってくるものなのですが。そもそも、話の内容いかんより、この勢い任せの唐突な急展開の連続そのものが主体、メインという風に見えてきて、どういう話だったのかがいまいち頭の中に入ってこないところがありました。
一時期流行った、大声でまくしたてながらドンドン掛け合いそのものを加速させていく漫才みたいな感じで。あれ、漫才の内容云々よりも勢いで笑わそうとしてるみたいな感じだったんですよね。
本作はなにやら途中から異能バトルみたいなことになっていくのですが、肝心の嘘憑きに関する情報が出揃わないまま、なんか勢いで敵キャラがどんどん登場してきて勢いのまま退場していったので、なにやらよくわからないまま通り過ぎていってしまいました。これ、設定どうなってるんだろう。
でたらめちゃんも色々とぶれ過ぎでどういうキャラなのかよくわからなかったんですよね。そもそも、最初この娘、自分は嘘しか吐けない、吐けません! とか自信満々に主張していたのですけれど、以降まったく嘘つかないんですよね。嘘しか吐けないという設定忘れたんじゃないか、というくらい普通の発言しかしないんですよ。途中まで真剣にこの娘のセリフが全部嘘だとするとどういう事になるのだろう、と考え込んでいたのですが、ほんと言葉づらの意味しかなかったんですよね。全然嘘つかないじゃん! 普通にホントのことばかり喋ってるじゃん!
奈良芳乃という娘の思想も、いやもうちょっと奥深いなにかがあるのかと思ったら、特に深く何も考えてないみたいで、いいのかそれ。それに話の展開上、海鳥ちゃんの顔変わっちゃってるのだけれど、以降特に触れられてないの、あれどうなったんだろう。顔変わったまま? 奈良顔のまま? 元に戻った描写あったっけ。絵面的にはメインキャラの殆どが同じ顔というなかなかシュールな事になっていると思うんだが。漫画になったらコピペで済ませられるからちょっと楽になるんだろうか。
舞台的にも殆ど海鳥の部屋で次々と畳み掛けるように事が起こっていくというコントみたいな事になってましたね。さいごちょろっと外に出ましたけれど。それも忙しなさを感じさせる要素だったかしら。
まあ何にせよ、自分にとってはあまりにも乱雑にバタバタしすぎていて、あんまり頭に内容が入ってこない作品でありました。この勢い、息継ぎしてなさそうな畳み掛けの連続は大したものだと思いますけれど。





Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 05 ★★★★   



【Dジェネシス ダンジョンが出来て3年 05】  之 貫紀/ttl エンターブレイン

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
ダンジョンの怪人・ファントム参上!!

記者会見にブートキャンプと、ますます注目を集めてしまった芳村と三好のDパワーズ。
遠ざかるスローライフに嘆く芳村、そんな彼を世間の目から遠ざけるため三好が提案したのは
怪人コスチュームに変装した探索者のお助けマン「ファントム」として活動をすることだった!

「始めてみたのはいいけれど……どうするんだよ、これ?!」

書き下ろしの追加エピソードも多数!!
理系チート探索者の攻略は止まらない!!
ちょっ、これ仮装にしても大惨事じゃないですか!? 見た目的にはオペラ座の怪人のファントムモチーフなんだろうけれど、絶体絶命のピンチに現れて相手の手元にビシっと何かを投げて獲物を取り落とさせながら颯爽と登場って、ほとんどタキシード仮面さま(セーラームーン)じゃないですか。
そしていざやるとなったら、わりとノリノリで台詞回しする芳村さん。いったいどんなキャラを志向してるんだろう。いやこれ一発キャラじゃなくて、今後もなんかあればこの格好して人前に出ないといけないんですぜ。キャラに凝れば凝るほど恥ずかしいのは自分である。
これを考案してやらせているのが、世界的にはワイズマンとして一世を風靡している三好ちゃんなのだから、世も末である。この娘がワイズマンと呼ばれる賢者なのは、まあ否定できないのですけれど賢いってなんだろうね、と色々と考えさせられる享楽っぷりである。毎日が楽しそうでいいですねえ。
それにしても、芳村も三好も二人共理系人間のくせに、感性任せに動きまくってますよねえ。ダンジョン探索ド素人の六条さんを本腰入れて育てる事にしたのも、なんかインスピレーションが働いたみたいな感じですし、今までも神相手に準備もなく勢いで戦ったり、突如出現した館に勢いで突撃したり……勢いで行動しすぎなんじゃないだろうか。立ち止まって熟慮熟考していたら、今みたいな事になっていなかったかもしれないですけれど、それにしても理屈じゃなく感性に従っている所が多々見受けられるのが面白いところでも在る。
これは三好ちゃんの方も似たようなもので、新たに召喚するニューアルスルズを好みだけで子犬形態にしてみたり、完全にピーキーなステータスのフリ方、ロマン系極振りにしてみたりと……これがワイズマンですよ、世間の皆様w
ただ、その勢いまがいですけれど、二人の方針がより具体的な探索者の育成、全体の底上げに向かったのは面白いことになりそう。六条さんみたいなド素人ですら、短期間で中堅以上の探索者でも難しい領域まで達する目論見が既に立っていたり、世界ランキングトップ層に対してもサイモンのチームに施しているブートキャンプで目に見えたステのアップが実現しているわけですしねえ。
今の所Dパワーズが有名なのはスキルオーブの扱いであって、各国の注目はそっち方面にまだ終始しているのだけれど、芳村と三好の二人を中心に巻き起こっているトレンドは既に次の段階に入っている感じで、直接関わりのあるサイモンや涼子さんたち、そして斎賀さんや鳴瀬さんあたり以外は周回遅れになりつつある気がする。
しかし、あのラーテルと吉田の二人はいっぺん痛い目見て欲しいなあ。二人共方向性は違うにしても、ダンジョンというものを見縊っているフシがありますし。はからずもこの両者から大迷惑を被るはめになったテンコー氏が色々と不憫である。吉田に対しては雇われている以上文句言い難い立場かもしれないけれど、あれだけ勝手されるとそろそろ契約違反で蹴っ飛ばしてもよさそうなものだけれど、テンコーさんも商売人だからなあ。でも、プロの傭兵相手に見事な動きを見せて、結構テンコーさん見直したというか、これでも名うての探索者というのは伊達じゃなかったのか。見縊ってました。

さて、この作品ではあんまり起きると予想していなかった、ダンジョンスタンピードの危機。いや、スタンピードというよりオーバーフローじゃないのこれは、むしろシステムの不備に見えるんだが。
いずれにしても、芳村も三好も今回の大事件にはがっつりと現場で働かざるを得なくなりそう。それとも再びファントムの出番なんだろうか。あれ、やればやるほど恥ずかしさが累積していくばかりの代物の気がするんだが大丈夫か?w





王女殿下はお怒りのようです 7.星に導かれし者   



【王女殿下はお怒りのようです 7.星に導かれし者】  八ツ橋 皓/凪白みと オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

絡まる運命の糸は転生王女(レティシエル)に収束する――――

プラティナ王国とイーリス帝国の戦争は続く。
帝国内の急進派であったディオルグを討ってなお、帝国の攻勢が勢いを増す中、レティシエルが命じられたのは帝国本陣への潜入調査だった。
そこでレティシエルが目にしたのは、無辜の民の魔力を奪い、兵器の動力とする非道な行いだった。
かつて王女であったレティシエルは静かに怒りを燃やす。
必ずこの戦争を止めなければならない、と。
しかし帝国の企みすらも、レティシエルに忍び寄る悪意の序曲に過ぎなかった。
行方を眩ませたはずのサリーニャ。
千年前のレティシエルを知るサラと白の結社。
絡まり合う運命の糸は、すべてレティシエルへと繋がっている――
いや、やっぱり替えのきかない技術者、それも兵器の開発研究を担える人材をまとめて戦地に送って、至近でドンパチやっている所で働かせるって、相当頭おかしいんじゃないだろうか。
ちょっと聞いたことないですよ、そんなの。後方の安全な所でやるもんでしょうに。
タイムラグなしに兵器の改良が出来る、というのはそりゃ大きいかもしれませんけれど、大量に生産改良できるわけじゃないですし、落ち着いて作業とか出来ないでしょう。
実際、敵兵の浸透を許した挙げ句に被害を出しているわけですから。これ、なにげに取り返しがつかない被害受けてないですか? 
ジークが働いていたここだけではなく、なんだか戦場全体がなにやってるのかよくわからないんですよね。レティシエルがあっちこっち飛び回って火消しして回っているのはわかるんですけれど、どういう形で兵士たちって戦っているんだろう。槍を構えて戦列を形成して、というのではないのはわかるんですけれど、じゃあ散兵して散らばった兵士たちがどういう指揮の元に動いてるのか。指揮できてるの、これ? 小隊ごとに散らばった兵士たちを統制って出来るんだろうか。こんなに兵士たちバラバラに動いているのに、司令部の方で戦局把握しているみたいなんだけど、どうやってるんだろう。無線みたいなのないですよね。なんか全然戦場の様子がイメージできなくて、よくわかりませんでした。
ライオネル王子も冷酷な切れ者っぽく振る舞っているんですけれど、この人もやたらとリスク高い謀略ばっかり仕掛けておきながら、わりにリターン少ないような。開発部を前線に引っ張り出すのも、学園の生徒たちを囮にするのも、不必要なリスクにしか見えないんですよね。レティと価値基準が違うというよりも、単にリスク評価に失敗してるだけのようにも見えるのですけれど。
今後の王国内の不穏分子というか、レティに対するカウンターみたいな形で動いていくキャラになるんでしょうけれど、あんまり有能そうには見えないなあ。
レティはというと、ライオネルの指揮下に入っているせいか、お使いみたいにあっちこっちに派遣されるばかりで、主体的に動く余地がないというか。彼女自身は動き回っているにも関わらず、話の方は全然進んでない感じだったんですよね。
ジークが他国の王子だった、という話もあれ何の進展もないまま、ジークの心のうちに留められているままですし。
学園の学友たちとは、護衛という形で久々に再会叶いましたけれど、疎開という形で安全な場所に下がったわりにはなんかずっとバタバタしていて、落ち着いて話す暇もあんまりなかったですしね。ってか、疎開した先で襲撃って、ライオネル王子の目論見だったにしてもそれ命令したライオネルの責任問題とかならないんだろうか。
とかまあ、話進まないなあ、と思っていたら今戦地でドンパチ起こっている最中にレティシエルらが敵国の都市に潜入って、バタバタしすぎなような。いや、レティシエルもなんでこんな時にこんな事させられてるんだろう、と疑問に思ってるくらいだからやっぱりおかしいですよね。同行したルーカスとジークと共に潜入捜査、の際に諜報活動ということでジークに名前で呼んでもらうようになる、というラブコメとしては重要なイベントが起こっているはずなのですが、あんまり盛り上がらないというか、もっと盛り上がりなさいよ二人共w
そしてラストには急展開。ちょっと展開が強引と言うか唐突な気もするのですが、白の結社にしろサラという謎の人物にしろ、情報が少なすぎて謎ばかりなので何をシたいのか何をやっているのか、派手に動いているわりにさっぱりわからないんですけど。急展開は急展開なんだろうけれど、何が起こっているのかわからないと置いてけぼり感が半端ないのですが。
ちょっと今回は色々とわからないことがわからないまま置いてけぼりで進んでいった感が強くて、終始「??」が浮かんでいた気がします。
それにしても、サリーニャはあれで退場なんですか? いや、幾らなんでもサリーニャ本人はそれで良いのか、と言いたくなるあんまりな退場の仕方だったのですが。本人にとっては自分の罪が暴かれることが、自分の生死や名誉よりも大事だった、という事なんでしょうか。人間、追い詰められると手段と目的が入れ替わったり、価値基準がひっくり返ったり、となってしまう事がありますけれど、サリーニャのそれは視野狭窄の極みだったんじゃないでしょうか。
いや、正直ここまで引っ張っておきながら、こんな形で終わってしまうとは思わなかったんで、ちょっと呆気にとられてしまいました。


百花宮のお掃除係 2 転生した新米宮女、後宮のお悩み解決します。 ★★★☆   



【百花宮のお掃除係 2 転生した新米宮女、後宮のお悩み解決します。】  黒辺 あゆみ/しのとうこ カドカワBOOKS

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

子どもの病いは呪いじゃありません! 新米宮女、後宮でまたまた大暴れ!
中華風の異世界に転生し、後宮でのお掃除生活を満喫していた雨妹は、庭でやせ細った子どもと出会う。皇帝の息子にもかかわらず酷い扱いを受ける子に違和感を持ち、その原因を探ることにしたが……

ああ、食物アレルギーはやばいですよね。この症例が世間的に周知されるまでに一体どれだけの人たちが犠牲になっていったのか。ぶっちゃけ、私が子供の頃なんてアレルギーなんて全然一般的に知られていなかったもんなあ。
前世の華流ドラマファンを拗らせて、この新しい人生でも後宮ウォッチャーとして掃除係生活をエンジョイしている雨妹。あくまでウォッチャーであって自分から面倒事に首を突っ込むつもりはないし、派閥争いにも興味なし。出世して忙しい仕事に追い立てられる人生は前世でもう十分堪能したし、この人生ではのんびり楽しく過ごしたい、と仕事の合間、ご飯の後の甘味を楽しみに過ごしている雨妹だけれど、いざ目の前に病気で苦しんでいる人や虐待されている子供を目の当たりにしたら、この娘は放っておけずに突っ込んでいくんですよね。
彼女の悠々自適には、見て見ぬ振りは存在しないんだよなあ。そんな事をすれば、それこそ楽しく過ごせない。
それは命を救う現場で人生を全うした人間の、魂に刻まれた胸を張るべき為すべき事なのでしょう。甘いものを上げていたらホイホイと嘴を開いてピーピー鳴いて喜ぶ小鳥のような、小動物のような愛らしさとはまた別の、それが雨妹の魅力なのでしょう。そういう毅然とした側面はほんと好きだわー。
そんな彼女の見守り人と半ばなってしまっている立彬くん。最初、立ち位置的に明賢太子が物語上の雨妹の相手役なのかと思いましたけれど、この人血統的には雨妹の実の兄にあたるんですよね。そうこうしているうちに、太子という立場上早々簡単にうろつけない太子に変わって、立彬が頻繁に雨妹に会いに来るようになって、なるほどこっちか、と理解した次第。
最初は胡乱な態度だったのに、そのうち餌付けするみたいに雨妹に食べさせるために甘味持参してくるようになりましたしねえ。さらに、何か雨妹が困っていたらすぐさま現れて助けてくれたり求めているものを調達してきてくれたり、と完全にお助けマンになってるぞこの人。
……暇なのか? と、雨妹にも思われていそう。一応太子の命令もあって雨妹の動向を観察しているはずなのですが、段々と個人的にも目を離していると何をしでかすかわからない小動物、という感じで見守っている節があるんだよなあ。にしても彼も雨妹が本来なら公主であり主である太子の妹だと知っているはずなのだけど結構扱いがぞんざいであるw
さても相変わらず、目の前で苦しんでいる人は見捨てられない雨妹は、呪いだなんだと騒ぐ皇太后の命令を踏みにじる形で、それは病気だ症状だと看破して治療の助言をしてまわっているだけに、いい加減目をつけられそう。既に注目は集めちゃってますしね。
一方で太子や幾人かの妃のお気に入り、という立場は周知されつつありますし、太子の側近や幾人かの聡明な人は雨妹の素性についても察知しはじめているし、さていつまで後宮ウォッチャーなんて悠長なことを言っていられるか。
派閥争いなどとは関係なかったものの、病気などに詳しいというのはすでに知れ渡っているために今回は拉致までされる展開になってますしね。段々と、派閥争いの核心になっていきそうな予感である。
それに、どうやら皇帝陛下も雨妹の存在に気づいた節もあるからなあ。これまで勝手に自殺していなくなった母親にもあまり情が感じられず、会ったこともなかった父親である皇帝陛下については自分が皇族なんて実感もなく育ったこともあり、実際父帝を見かけても何の情動も湧かなかった雨妹。
自分には関係ない世界だ、と割り切る以前に無関心だったはずなのに。
それでも、父親の口から確かに母とその生まれるはずだった娘への愛情が語られたら、この雨妹という名前に込められていた目いっぱいの想いを知ってしまったら。
思わず無意識に涙が溢れてきてしまった雨妹の姿には、何か胸を打つものがありました。愛情を求めてなんていなかった。でも、それは確かに嬉しく温かいものだった。
そのあと、さっぱり切り替えて引きずらず、空元気じゃなく本気で元気いっぱいに振る舞う雨妹の様子は何とも微笑ましく愛らしく。強くていい子である。
そんな表に出来ぬ妹に、何くれとなく目をかけて、助けの手を伸ばす明賢太子。彼女に妃を助けてもらった恩もあるけれど、それ以上に名乗れぬ妹を目一杯気に入って可愛がっている節があって、なんともお兄ちゃんしてるんですよね、太子さま。美味しそうに甘味パクパク食べてる雨妹を見ている太子のニコニコとした表情が浮かんでくるようである。
一方で同じ親族でも、雨妹の母譲りの髪を通じて厄介な執着をみせる皇子が登場し、派閥争いとは別に雨妹の周囲に不穏な影も見えてきているし、これまで以上に立彬が見守り人として見守っていないと大変なことになりそう。それはそれとして、立彬、軽々に女の髪に触れるのはどうかと思うぞ。まあ、簪の件も含めて雨妹は立彬に触れられることには全然嫌な想いをしていないようだけれど。
むしろ、皇子の件もあって立彬に触れられる事に安心を覚えているくらいだから、……ふむふむ。
立彬の母が太子の側仕えとして雨妹にも接触していて、なんか娘みたいに可愛がっているのを見ると、段々と堀が埋められていっているようなw


オーク英雄物語 3 忖度列伝 ★★★★   



【オーク英雄物語 3 忖度列伝】  理不尽な孫の手/朝凪 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

オークの英雄はドワーフの国で花嫁を手に入れるため、闘士となる――

「あたしの闘士になってくれ!」

オークの英雄バッシュは訪れたドワーフの国で、ドワーフの少女プリメラからプロポーズ(?)を受ける。勘違いであることがわかり、一度は話を断るも彼女が参加しようとしていた『武神具祭』で優勝すれば、あらゆる望みが叶うことを知り――
「女を手っ取り早く手に入れたいってワケか……」
鍛冶師プリメラの闘士となることを決意する。
「あんたは馬鹿力で、剣の腕も大したことない」
「……間違ってはいない」
バッシュのことを知らないプリメラの心配をよそに、英雄は武を示し、当然の如く大会を勝ち上がっていく!
前回のエルフの国編、あとになって振り返ってみるとバッシュはオークらしくエルフ好きでもあったから終始テンション高かった気がする。勿論、顔には出さないにしても。
それに比べるとこのドワーフの国では、ドワーフちょっと無理めです、になっているせいかわりとテンション低めだったように見えるなあ。人間とのハーフであるプリメラはバッシュの好みからしても可愛かったので彼女にプロポーズするために頑張ることになったものの、それでもサンダーソニアなどと比べると……となってましたもんね。
サンダーソニアさん、マジでドストライクだったんだよなあ。今からでもサンダーソニアさんてばいくらでも挽回出来そうなんだが。
それはそれとして、テンション上がりきらなくても手を抜かずにきっちりと与えられた役割を文句も言わずやり遂げようとするバッシュさん、マジ生真面目である。いや実際プリメラにかなり理不尽な物言いされているにも関わらず、バッシュさんてば謙虚ですし誠実に対応し続けてるんですよね。
彼の目的が女目的、嫁取りのためだとしても、下心があったとしても、彼の女性への誠実な対応はなんらくすむものじゃないんだよなあ。
バッシュがオーク英雄として各種族に畏怖されるのはその強さ故なんだろうけれど、ただ強いだけの粗暴で無軌道な輩なら決して英雄とは呼ばれないのである。種族問わず、このドワーフ編では皆から尊敬の目で見られ、闘士たちは彼と試合でも戦えることを歓喜し、職人たちは彼に武器を使って貰えるだけでも咽ぶほど、憧れ讃えられるのはバッシュの強さが威徳を伴っているからなのでしょう。
そしてバッシュは、嫁取りが目的とは言えその振る舞いも内心も、周りがオーク英雄として見ているバッシュとズレがあるわけじゃないんですよね。見てくれも中身もバッシュは見事なほど英雄なのである。お嫁さん欲しい、で頑張ってることすら愛嬌である。
だから、周囲の評価は決して勘違いや誤解じゃないんですよね。一周回って、正確な評価になっている。過剰に持ち上げられてるわけじゃないのである。
とはいえ、彼が童貞でそれを隠して嫁取りのために旅をしている、というのを英雄が世直しのために旅をしている、と勘違いされているのも確かで。でも、実際見てみると結果的に確かに世直しの旅になっているし、バッシュの行動は英雄のそれであり、内面の方もオークの戦士としての矜持があり謙虚があり勇猛さがあり、男としての女性に対する配慮があり優しさがあり、まあ一言で言って格好良いんですわ。つまり、誰もが想像するオーク英雄バッシュという姿は虚像ではなく実像そのものなのである。だから、勘違いされているにも関わらず、全然勘違いじゃない、という矛盾した結果になっているの、面白いなあと思うんですよね。

でもこうしてみると、各国ともに戦後の混乱が戦時中の闇を引きずったまま現在に禍根を残しかねない状況になっているんですよね。せっかく訪れた平和を脅かす闇が、各国にはわだかまっている。
それを戦時中の英雄であるバッシュが、種族の枠をこえて解決して回っているという姿は、平和の価値を示すと同時に未来への希望ともなり、過去の英雄が平和になっても英雄として平和を守ってくれるというのは、戦争しか知らない世代が、兵士や戦士たちが過去の産物となって置き去りになって燻っていくその閉塞感をぶち破ってくれる象徴にもなるんですよね。
この『武神具祭』でも戦争で名を馳せた幾人もの英雄たちが選手として登場しますけれど、戦争という舞台を失った過去の遺物として錆びついて打ち捨てられていく、という恐れみたいなものが垣間見えたんですよね。でも、オーク英雄バッシュと相対することで彼らの錆は落とされ、彼らは胸を張って過去の戦いを誇れるようになっていった。恐れは憧れとなり、憧れは希望となってくれた。
バッシュは何もしていないかもしれない。彼は彼としてやるべきことを、やりたいことをやっただけかもしれない。彼らを救ったのは、彼ら自身なのだろう。でも、彼らが自らを救うことが出来たのは、バッシュの存在があったから。
プリメラが自分の技量に分不相応な肥大化した自信を抱いて盲目になっていたことに対して、バッシュは何もしていない。ただ言われた通り、プリメラの指示通りに戦っただけ。誠実に真面目に、謙虚に彼女の理不尽で理の通っていない見当違いの叱責に怒りもせず応え続けたのみである。
でも、その物言わぬ誠実さが、プリメラに自分の未熟さを自然と理解させ、彼女に自分の非を、恥知らずさを受け入れさせたのなら、やっぱりバッシュは英雄なんですよね。
勘違いだけど勘違いじゃない。胸のすく痛快できもちのよい英雄譚でありました。
ほんとに彼には最終的にはちゃんと嫁貰えてほしいなあ。





ただ制服を着てるだけ 2 ★★★★   



【ただ制服を着てるだけ 2】  神田暁一郎/40原 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「私、あなたの『彼女』ですよ? ちゃんと『彼氏』らしく、優しくエスコートしてよね?」
同居生活を送る社畜・広巳とニセモノJK明莉。ヒミツの関係は広巳の店の従業員、舞香にバレてしまう。
「……え? マジに付き合ってないんですか? キモ〜い!」
バレても構わない明莉と職場の人間関係的に困る広巳、そんな中、明莉の職場の店長にもバレてしまう。
「あゆみ、直引きしてるだろ?」
店長の疑いを晴らすため二人は恋人関係を演じることに!? そんな日常の中、明莉の過去を知る人物が現れ、トラブルが起きてしまう――。
いびつな二人の心温まる同居ラブストーリー第2弾!

JKビジネスという夜の世界に生きる19歳のニセモノJK。その彼女を通して描かれる、その夜の世界から抜け出せずに藻掻く女性たちの姿を浮き彫りにする異色のライトノベル第二弾。
誰にも頼らずに独りで生きていくという強烈な自立心、誰かに依存して生きることへの拒否感にも似た反発心。そんな矜持を明莉が抱くに至った転落の人生がここでは語られている。
明莉の自分の半生を語ったエッセイの内容は決して軽はずみな事情ではなく、家庭家族の問題や環境によってどうしようもなく追い詰められ、JKビジネスの世界へと足を踏み入れ、そして昼の世界から足を踏み外して二度と這い上がれないまま、ズルズルと底へ底へと落ちていく、その悔しさに塗れた人生が赤裸々に描かれている。
母親が陥った精神的な病と依存症、それが明莉を追い詰めたのですから、彼女が誰かに頼り切りになって生きる依存という関係に忌避感を抱くのも当然だったのでしょう。
搾取されるのは絶対に許さず、だからといって無償の施しは受け入れられない。何も求めず、ただ与えてくれる広巳の存在に、彼によって助けられ今生活できている事実に一時は反発し彼のもとを飛び出した理由もよくわかります。
でも、広巳のそれはただ無償で与えるものではなく、哀れみや施しなんかじゃなかった事は、明莉にも何となく伝わっていたのでしょう。だから、彼女は戸惑いながらも彼にもとに戻ってきたのでした。
だからといって、広巳との関係が安定したわけでも定まったわけでもありません。周りに言い訳するために恋人という関係をでっち上げましたけれど、その関係を本物にしてしまって寄りかかるのは彼女の生き方に反してしまう。でも、本音を言うと彼の傍にいるのはただただ心地よい。
それでも広巳に住む所を提供してもらう以上は求めず、リフレを続けて彼に頼り切りにならずに生きていこうとした彼女ですけれど、広巳への頼り方というのはもう少し違った形もあったとは思うんですよね。でも、頼ること自体、彼女にとっては依存になってしまう忌避感に繋がっていたのでしょうか。
そんな彼女の自縄自縛に切れ目を入れてくれたのは、昔から明莉のことを見てくれていた
NPO法人の代表として夜の街を駆け回っている千秋というおばちゃんでした。なんていうんだろう、こういう人って本当にいるんですよね。上から目線の善意の人じゃなく胡散臭い鼻につく格好つけでもなく、自分は可哀想な人たちを助けてるんだという自負に鼻の穴を膨らませているのでもなく、幸せになるのが義務なんですと押し付けてくるでもなく、本当に同じ目線から寄り添う事を厭わず、想いを共有しようとしてくれる尊敬に値する人たちが。
千秋さんの言っていた、依存することは人が自立するためにむしろ必要な事なんだ、というセリフはちょっとした衝撃でありました。
誰かに頼れ、自分ひとりで背負い込むな。そんなたぐいの言葉は聞き飽きるくらい聞いた事があります。千秋の言葉はそれらと意味としては変わらないのかもしれません。でも、依存していいどころか依存することは必要なことなんだ、とまで強い言葉で言われるとハッとさせられるんですよね。普通なら届かない所まで言葉が届く。
勿論依存体質の人にそんな事を言えば逆効果ですし、千秋さんも正しい依存とは誰か独りに頼り切りになってしまうものではない、と。一つの依存を深めるのではなく、小さな依存を増やすのがいいんだ、とちゃんと言葉を尽くしてくれるのですが、依存という関係に過去の出来事から強烈な忌避感を抱いていた明莉にとって、むしろ依存は必要だという真逆の言葉は素直に受け入れられず納得いかないものだとしても、届きはしてるんですよね。しっかりと、明莉の心に刻まれることになる。
それは確かに、明莉の勇気に繋がったと思うんですよね。
誰かに頼る勇気。広巳という人に頼ってもいいんだ、と思える勇気。そして彼に頼り切りに寄りかかるのではなく、本当の自分を知ってもらうことで本物の自分を受け入れて貰うことで対等になる、そのためにすべてを打ち明ける勇気を。
どんな転落人生だろうと、それは明莉にとって必死に生き抜いてきた人生だった。ニセモノの制服を来て仮初の時間を与える仕事についている自分だけれど、後ろめたい間違いだらけの落ちぶれていくばかりだったこれまでだけれど、それこそが明莉にとっても本物だった。
それを彼は理解しようとしてくれた。彼女の、彼女たちの苦しさを辛い思いにお為ごかしじゃない優しさを投げかけてくれた。
それこそが、明莉に自分のこれまでの人生が「本物」だと、後悔はしても否定しない、それだけの勇気を与えてくれたのでしょう。
広巳との出会いは、そして今この夜の世界にいる自分に良くしてくれた人たちの出会えたことは幸せだった、と思える勇気を。
そうして積み重ねていけた勇気は、彼女に「本物の制服」を着る踏ん切りに繋がっていったのでした。
ああタイトルの【ただ制服を着てるだけ】ってここに繋がっていくのか、とエピローグを見て思わず感じ入ってしまいました。
そうして、広巳と明莉の関係は、こうしてお互いを「支え合う」関係に至ったんじゃないだろうか、と思いつつ、読後の余韻を噛みしめるのでした。


娘のままじゃ、お嫁さんになれない! ★★★☆   



【娘のままじゃ、お嫁さんになれない!】  なかひろ/涼香 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

高校教師と女子高生。恋人未満<家族未満の二人が贈る、日常系ラブコメ。

高校教師の見取桜人、26歳、独身。銀髪碧眼女子高生の星咲藍良、15歳。
冒険家の祖父が亡くなったのをキッカケに桜人は藍良を引き取ることに――
「起きた? おはよ、ご飯できてるよ」
「お風呂上がったから、お次にどうぞ」
「私……あの頃よりも、成長したよ? 今の私の……見たい?」
だけど二人は、教師と教え子の間柄でもあって――
「一緒に学校行ってもいいんじゃない?」
「え? 誰かに見られたら、変な噂が立つかもしれない……私は気にしないのに」
「『学校ではちゃんと先生って呼ぶんだぞ』って……バカ」
親と娘、先生と生徒、近くて遠い関係が織りなす年の差ラブコメ!
タイトルのポップさを見るとすぐにでも仮の親子のラブコメが始まりそうな勢いだったのですが、果たして現実のこの日本という国で赤の他人である若い男女が結婚以外で家族になるには、様々なハードルがかせられている。
いや、それをハードルと言ってはいけないのだろうけれど、公に認められる正式な家族という関係になるには、それだけちゃんとした手続きをしないといけないということだ。
その点を本作では適当に流してしまわずにきちんと向き合う形で描いている。まあそれでも、現実からするとだいぶ簡略化され、書類や手続きなどが受理されるためのハードルも下げられているのだろう。
そもそも、藍良の身の上からして冒険家の祖父が赤ん坊の頃にどこからか引き取ってきたという日本人ではない外国人の娘であり、日本国籍を持っていない。それどころか、産まれた国すらも定かではないので無国籍者という国家による法的な庇護から多くハズレてしまっている存在になってしまっている。
一応、桜人の祖父の娘、という形で引き取っていたようなので桜人とは親族のはずなんだけれど、正式に里子の申請をしていなかったというので、制度的には赤の他人なんですよね。
さらに、桜人の職業は高校教師。社会的な立場からしても年頃の娘を引き取るには色々と問題があるはずなんだけれど、教育委員会の方はほぼ責任放棄して桜人に丸投げしてしまったというのはともかくとして、同僚や上司は全部知っている上で受け入れてくれているのは助かりますよね、これ実際。
尤も、桜人自身は教師という職に思い入れはなく、教育にも熱を持っていないので、藍良との同居が周知されて問題になったら辞めればいい、と考えているので社会的立場についてはそれほど構えている様子はないのですが。
世間体や対面ばかり気にして自分を含めて子供達の進路や将来なども型にはめることしか考えていなかった家族とは不仲であり、人生の師ともいえる冒険家という一族の中でも異端だった祖父にばかり心を残している桜人にとって、幼い頃以来久々に再会した藍良を引き取って祖父の家で同居するという選択肢を選んだのは、彼なりの踏ん切りでもあったのだろう。

いきなり家族として一緒に暮らすことになった若い男女、となると感情的な行き違いが生じそうなのだけれど、実際のところ二人の関係は再会時こそ恨み言を言われたものの、それ以降は衝突もすれ違いもなく、お互い距離感を測りかねているという感じでもなく、お互い生活にすいて相談摺合せしながらだけれど、共同生活を穏当にはじめるんですね。
むしろ、社会制度や無国籍者という問題、親族との感情的行き違いや祖父や藍良を取り巻く事情など、二人の周りの環境が桜人と藍良が家族になるために整えなければならないものだった、という感じなんですよね。
二人が納得していても、そう簡単に家族ってのはなれないんだよ、とでも言いたいように。
でも理不尽に家族になりたい二人を引き裂くものでもないんですよね、制度も環境も。だから、ちゃんと一つ一つ手続きを通していくことで、二人が家族として暮らすための環境が整えられていく様子は、だからこそ二人の生活がふわふわとした現実感のないものではなく、しっかりと地に足がついたちゃんとした関係として成立していくもの、として実感が得られていくんですよね。
こういうのちゃんと描いてくれたおかげで、二人の同居モノとしての体裁に芯がしっかり通っていった気がします。
そうして環境が整った上で、では家族として暮らし始めた桜人と藍良は果たして具体的にどんな「家族」になりたいのか。そういった点にスポットがあたっていくのである。未だ教師の延長線上として生徒として藍良と接してしまう桜人。本人はそんなつもりはないのだけれど、それまでこの年頃の女の子とは教師と生徒としてしか接したことがなかったから、意識せず似たような対応を取ってしまっていた、というのは無理からぬところではあるんですけどね。
でも自覚があるくらい、教師としての職業に熱がなく、生徒への対応もシステマチックにこなしていたのだから、藍良との接し方もちょっとでもそちら側に寄せてしまった、というのはまあ下手くそでしたよね。家族関係がそもそも最悪で、ちゃんとした家族というものを体感してこなかった、というのも大きいのかも知れませんが。妹とだけは仲いいんだから、そっちに寄せていけばいいのにとも思わないでもないですけど。
まあ桜人のあの生活環境や健康への無見識っぷりは、家族云々教師云々以前の問題だと思いますけど。不摂生とか睡眠、食生活を蔑ろにしてしまうのは、若いうちは仕方ないけど、少なくとも身体に良くない、という認識や罪悪感みたいなものはあって当然だと思うのですが、この男、あんな生活しておいて何の問題意識も感じていなかったのだから、かなりやばいです。悪い、と全然思ってる様子がないんだもの。教師として、社会人としてあれはやばいでしょう。アホな大学生かよ。
でも、こういう大人って少なくはないんだろうなあ。
桜人のそれはひどすぎるので、藍良の生活態度へのお小言、説教、酒量制限は全然厳しくないと思います。完全に適切です。これ、誰かが厳しく見ておかないと、この男早晩死ぬわ。
その意味では元カノさんは放任主義というか、自分の趣味趣向は主張して譲らないものの押し付けるタイプではないようですし、そもそもあっちもちゃんとした生活してるのか怪しいタイプなので、くっついたままだったら二人共ヤバかったのかもしれません。
その点、藍良はまず前提として嫁になる気満々なので、旦那の健康については強く意識しますよね。
まだまだラブコメとしては始まっていないか始まったばかりですけれど、土台作りに比重を掛けた分家族ものとしてしっかり読み込ませてくれる一作になっていたのではないでしょうか。
ここから、二人のとっての家族の形がどう変わってくるのか。続きが楽しみです。

このライトノベルがすごい! 2022  



【このライトノベルがすごい! 2022】  『このライトノベルがすごい!』編集部 宝島社

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

今年も協力者枠で参加させていただきました。
去年から新たな協力者参加者が増えたこともあり、ラインナップの傾向もガラッと変わった感があったんですが、今年もちょっと予想外というかあんまり想像していなかった作品がたくさん上位に並んでいて驚かされました。
昨年に引き続き一位を飾った【千歳くんはラムネ瓶のなか】は堂々の連覇ですけれど、それ以外ではかなり新作が並んでるんですよねえ。
2位の【春夏秋冬代行者】って【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】の作者の作品だったのか。いや、実はそのヴァイオレット・エヴァーガーデンも見てないんですが。
上位10作品の中でちゃんと新作まで読んでいるの、隣のアーニャさんだけ、というのはちょっと置いて行かれているかなあ。
現代の少年少女が織りなすラブコメ作品や青春恋愛ものが非常に強いのは、文庫ベスト40のうち半数近くがそっち系だという事からも明らかなのですが、なかなかこういうタイプの作品全部追いかけるのはしんどくなってきたかもしれません。おじさん化が進行してしまってる。
10位の【バレットコード:ファイアーウォール】は読もう読もうと思っていた作品なだけに、これをきっかけになんとか読み始めてみたい。


ちなみに、私の投票内容はこんなでした。リンク先は私の感想記事となっております。

1位【継母の連れ子が元カノだった】 紙城 境介/ たかやKi 角川スニーカー文庫(総合14位/文庫11位)
2位【TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す〜ヘンダーソン氏に福音を〜】 Schuld/ランサネ  オーバーラップ文庫(総合60位)
3位【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変】  二日市とふろう/景 オーバーラップノベルス(総合46位/単行本8位)
4位【探偵くんと鋭い山田さん】 玩具堂/悠理 なゆた MF文庫J(ランク外)
5位【川上稔 短編集 パワーワードの尊い話が、ハッピーエンドで五本入り】  川上稔/さとやす(TENKY) 電撃文庫(ランク外)

確認できたところでは、【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変】でコメントが採用されていました。ありがとうございます。【探偵くんと鋭い山田さん】も、協力者の選出作品紹介のページでピックアップとして取り上げていただいています。
探偵くんと鋭い山田さんはねえ、発売時期が投票範囲の一番最初の月に一冊だけ出た、という時期的なハンデもあったと思うのですが、ほんとにオススメですので、はい。
【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変】は、感想でもいろいろと書きまくってますけれど、とにかくライトノベル界隈ではほぼ同系統のものを見たことがない他に類を見ないタイプのスリリングな作品なので、これも是非おすすめ。ってか、期間中に読んだ作品の中でとびっきりを5作選んだわけですから、それをオススメできなくてどうするんだ、という話なのですけれど。

男性キャラ投票
・ウェイン・サレマ・アルバレスト (天才王子の赤字国家再生術)
・エーリヒ (TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す)
・笹原直哉 (やたらと察しのいい俺は、毒舌クーデレ美少女の小さなデレも見逃さずにぐいぐいいく )

女性キャラ投票

・東頭いさな (継母の連れ子が元カノだった)
・桂華院瑠奈 (現代社会で乙女ゲーム)
・神宮寺那織 (恋は双子で割り切れない)

瑠奈お嬢様が女性キャラ29位に登場。自分、キャラ投票で投じたキャラがランキングに載ったのはじめてかもしれない。

上位作品の中では【ミモザの告白】【佐々木とピーちゃん】が完全にアンテナで捉えられていなくて、意識の外だったんですよね。これはなるべく早めに読んでおきたいです、非常に興味が湧いてます。


霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない ★★★★   



【霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない】  綾里 けいし/生川 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

その少女は「かみさま」のなりそこない――

藤咲藤花の元に訪れる奇妙な事件の捜査依頼。
それは「かみさま」になるはずだった少女にしか解けない、人の業が生み出す猟奇事件。

人の姿を持ちながら幽世のものに触れる異能をもつ彼女は、事件の解決に自分の居場所を求めて歩む。
そして、その隣には「かみさま」の従者として彼女を守る役目を負うはずだった青年・藤咲朔の姿が常にあった。

数奇な運命のもとに生まれ――そして本来の役割を失った二人は現世の狂気のなかで互いの存在意義を求め合う。
これは、夢現の狭間に揺れる一人の少女と、それを見守る従者の物語。

思えば、綾里けいしさんの描く物語の多くが、主人たる少女と従者たる青年の二人を中心として描かれる物語だ。そして、その主人たる少女たちの多くがまた超常の存在である。存在以上にその精神性が人並み外れた強靭さ、或いは異常さを有している特異な人物だった。
【B.A.D】の繭墨あざかも、【アリストクライシ】のエリーゼも、【異世界拷問姫】のエリザベートも、狂気であり誠実であり残酷であり異質であり優しくもある突き抜けた人物だった。従者たる青年たちは、彼女らに振り回されながら彼女らを追いかけ付き従い、支える者だった。【B.A.D】の小田桐くんについては異論多々あろうが。
「かみさまのなりそこない」藤咲藤花もまた、そんな人外たる女主人の列に連なるヒロインだと思っていた。なにしろ、かみさまのなりかけ、だ。この場合の神様というのは、人の身でありながら人でなくなる、生きたまま幽世の住人になるような、俗世から完全に隔離されてしまうような、超常の存在だ。人としての人格も、人としての人権も、人としての柵も、何もかもから解き放たれた、贄のようなカミのような、祭り上げられた祀り上げられた神秘。
そんなモノになりかけた、なるはずだった、そんな少女はやはりそもそもが超常の存在なのだろう、と。超然として達観して透徹として、ふと目を離すと消えてしまいそうな浮世離れした儚いカゲロウのような少女なのだと、勝手に考えていた。

まさか、こたつから出てこないただの引きこもりニートだとは思わなかったさ。
食べ物に関してだけはアグレッシブになる、食物を買いに行くのなら積極的に外に出る種類のニートだとは思わなかった。
ただの食っちゃ寝してゲームして遊んで、従者の朔くんに衣食住ぜんぶ依存しているダメニートだとは思わなかった。
そして朔くん、厳しいことを言っているようでこの男、藤花にだだ甘である。甘やかしまくっている。口を開けて餌をねだるヒナにせっせと餌を放り込む親鳥のごとくである。なんだかんだ辛辣な文句を言いながら、一生彼女が引きこもりでも嬉々として養いそうな、人をダメにするたぐいの男である。
「少女たるもの」
それが藤花の口癖、或いは決め台詞だ。
かみさまになれなかった彼女の能力は中途半端。霊能探偵を名乗って看板を立てているけれど、聡明ではあってもカミソリのように謎を事件をズバッと解決するような切れ味はなく、自称かみさまの劣化品である彼女の精神性は、自分で宣うように当たり前なほど少女だ。ただの15歳の少女なのである。そこに、かみに連なる神秘も超常性も、異常性も狂気すらも持ち得ていないかもしれない。
本当に、ただの女の子なのだ。
だからこそ、藤花は傷ついている。現代の残酷な御伽噺のような、この異能と超常の世界に生まれるにはあまりに普通の少女だったが故に。かみになれなかった、成り得なかった自分への意味を、存在意義を見失っている。
いや、すべての真相が明らかになったあとに振り返ってみれば、彼女が苦しんで自分に価値を見い出せずにいたのは、かみさまになれなかったからではないのだろう。かみさまにもなれなかったにも関わらず、かみの従者となるはずだった「彼」藤咲朔を自身に縛り付けてしまったから。彼を自由にしようともがきながら、結局誰よりも自分が彼を縛り付けてしまったから。そして今この瞬間も彼にすがりついているから。もうかみさまでもないというのに。
つまるところ、藤花の想いはただただ朔一人に向けられていたと言っていい。藤花の振る舞いは、そのたどった歩みは、徹頭徹尾ひとりの青年を想ってのことだった。
それはもう少女以外の何者でもない在り方である。到底かみさまになんてなれるはずがない、ただの女の子のありかただった。
好きな人のためならば、たとえ自分を殺しても。たとえかみすら殺しても。

だからきっと、そんな彼女を救うには、かみさまでもかみさまの劣化品でもなりそこないでもなく、ただの無意味な少女をこそ守るのだという青年の想いを伝えることが必要だったのだろう。
従者という役割だからじゃなく、ただ単に藤花だから傍にいるのだと、そんな当たり前を彼女に信じてもらうことが必要だったのだろう。
でも、この異常で残酷で半ば狂った異形の世界で、そんな当たり前こそが普遍的ではなくそう在る事は難しい。こんな歪んだことわりが罷り通っている世界の中で、ただの少女であったというのはいっそ惨劇ですらあったかもしれない。

霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない。
当然だ。人の惨劇を嗤えるような、そんな歪んだ存在では彼女はなかった。本当に、ただの少女だったのだ。
少女はただ恋をして、恋に殉じた。それこそが、彼女自身の惨劇だったのかもしれない。
それがただの惨劇で、悲劇で、末路として終わらなかったのは、朔もまた、かみの従者になりえなかったからなのだろう。
彼もまた、最初から役目など意味をなしていなかった。彼にとってかみさまなんてどうでもよかった。最初から、彼の目にはかみさまではなく少女しか映っていなかったのだから。
与えられた役目によって結ばれた二人は、最初からかみさま候補とその従者という役目など関係なかった。最初から、お互いしか眼中になかったのだから。
でも、それを二人共知らずわからず理解せず、そのまま拗れて固まり、どうしようもないまま藤咲の因果としがらみに囚われて、彼らもまた惨劇の道をたどるはずだったのかもしれない。

そう考えると、本物の「かみさま」になったあの名前も語られぬ少女は、役割としてのかみさまではなく、彼女自身の意思と力で「縁結び」の神様と成ったのかもしれない。ほんの些細で親切なおせっかい。意地悪で迂遠な依頼にして道しるべ。傷ついて向き合うことのできなくなっていた少女と青年に、真実をたどる道筋を示すことで、お互いの想いを伝え合えるきっかけを与えてくれた。
彼女は狂ったかみであり、正しいかみであり、だからこそ血を厭わずまともな倫理に縛られず、でも友人だったひとりの女の子の恋を、大切になるはずだった青年の想いを、そっと結ぶ機会をくれたかみさまだった。
それはかみというより、少女のようで。名前も語られぬ彼女もまた、かみさまとなった彼女もまた、少女たるもの、だったのだろう。

かくして、これは最初から最後まで徹頭徹尾、純粋な恋の物語でありました。幾多の惨劇の上を歩んでいくものだったとしても、穢れを感じさせない純愛の物語でもありました。
死がふたりを分かつまで、或いは死すらも分かてぬ、この世界にただ二人きりであるような恋人たちの物語。




ここでは猫の言葉で話せ ★★★★★   



【ここでは猫の言葉で話せ】  昏式 龍也/塩かずのこ ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

命懸けの猫ミッションをクリアせよ!

日本のひなびた地方都市の女子高校。
寒い国からやってきた小さな転校生アーニャことアンナ・グラツカヤには、誰も知らない二つの秘密があった。
一つは、ロシアの犯罪組織に属した殺人マシーンであったこと。
もう一つは、猫アレルギーの猫嫌いなのに、その猫をモフらなければ自分が死ぬ……という、他人から見れば謎だが本人だけは必死な使命を帯びていること。

猫好きの同級生・小花や謎多き年上の女・明良たちに囲まれた、平和で少し奇妙な毎日の中、ひたすら猫を追いかけるアーニャのインポッシブルなミッションは始まった!
猫が導く少女達の出会いと喧騒――コミカルでデンジャラスな新感覚ガールミーツガール開幕!

ううっ……か、感動した。感動したぞ。なんてこった、これは傑作だ。傑作だ。

猫とはすなわち人生である。

いや、別に猫礼賛の作品じゃないんだ、これは。猫を崇め奉る話ではない。ここに出てくる猫たちは、ただ猫に過ぎない。猫たちはただあるがままに猫であるだけで、それ以上でもそれ以下でもない。
だからこそ、素晴らしい。これ以上無い猫小説だ。

これ、コメディじゃないんですよね。むしろ、ハードボイルドだ。日の当たる世界に迷い出てきた殺人マシーンの物語だ。
彼女、アーニャが生きてきた、今も囚われているその世界は、仄暗く冷たい心に澱が積もる夜の世界だ。ただ機械のように与えられた任務をこなし、淡々と人を殺してきた殺し屋、それがアンナ・グラツカヤである。
それが何の因果か、日の当たる世界に迷い出てきた。いや、導き送り出されてきた。親友である、姉のような人の願いによって、彼女は機械から人になるべく日本という平和な国にたった一人、ただの女学生として生きることになった。アーニャ自身、そこに何の意義も見いだせないまま。
殺し屋の物語、その世界観というのはニトロプラスの傑作ゲーム【PHANTOM OF INFERNO】の頃から、哀愁と惜別という切々とした空気に彩られたものだと思ってる。絶望するほどの感情もなく、希望を抱くほどの未来もなく、淡々と寒さに身を震わせて、僅かな温もりを無意識に求めて人恋しさに身を寄せ合う。その僅かな温もりもすぐに遠ざかり、消え失せて、そうして胸の奥から産まれてくるのは虚無の空白。
そんな無常に囚われながら、硝煙の中を刹那的に駆け抜ける殺し屋たちの生き様に、どうしようもなく惹かれてしまう。
そんな世界観を、このアーニャもまた生きてるんですよね。いや、彼女はまだ生きてすらいなかった。ただ、囚われたまま義務的に存在しているだけだった。
それでも、彼女はユキという友と組織を抜けて行くことを選び、彼女が死んだあともその願いに従って、この日本まで逃げてきた。そこにはもう、萌芽はあったのだろう。

アーニャにとって、猫とは単なる生存を伸ばすための手段に過ぎなかった。彼女に投与されている毒薬は、定期的に解毒薬を摂取しないと宿主を殺す、裏切り防止の抹殺薬だ。ユキは研究の末に、どの毒を無効化する効果が、猫アレルギー物質にあることを発見し、彼女らが組織から逃げ出す大きな要因の一つとなった。
つまり、猫にむしゃぶりついてアレルギー症状になると、発症した毒薬が無毒化されるという仕組みである。
だから、別にアーニャは猫が好きではない。その気ままで何も束縛されない在り方を不愉快にすら感じている。それでも猫に触れなければならない彼女は、必然的に猫という生物の生態に近づくことになる。猫に触れ、猫を知り、猫を感じることになる。
「猫がきっと、君の失ったものを取り戻してくれるだろう」

マインドコントロールによって不要な感情を封印され、戦闘機械として完成されたアーニャにとって、平和な日本での学生生活は戸惑いの連続だ。猫を追いかけるアーニャを、猫好きと勘違いした学友達はすぐにアーニャと親しくなり、特に家で猫カフェを営む小花はアーニャに猫成分を提供してくれる欠かせない友人となり、アーニャに猫の知識を、猫との付き合い方を、猫と共に寄り添う生き方を教えてくれることになる。
他にも、猫を通じて、アーニャの他者との交流は増えてくる。また、ユキの協力者としてアーニャの逃亡を手助けしてくれた子が直接尋ねてきて、同じ部屋に暮らすようになる。いつしか、我が物顔で部屋に入り込むようになった野良猫も、一匹同居するようになった。二人と一匹の共同生活である。
アーニャにとって、猫との繋がりが、人との繋がりとなっていく。
疎んでいた猫の自由さが、彼女の心を解きほぐしていく。猫の姿に、いつしか安らぎを抱くようになってくる。なついてくる猫に動揺し、そっけない猫の一挙手一投足に身体をこわばらせ、それは解毒のためという必要性ゆえではない、猫と共にある日々がアーニャにとって当たり前になっていく。
それは同時に、誰かと一緒に過ごす日々、それを温かく心地よいと感じる日々のはじまりだった。

重ねていうが、これは猫を過剰に持て囃す物語ではない。猫たちは、それぞれ思うがままに振る舞っているだけだ。生きるも死ぬも、猫たちは何にも縛られず在るが儘にただ猫として在るのみ。
そこに自由だの不遜さだの、何かを見出し当てはめ感じ入るのはいつだって人間の勝手である。
猫に癒やされるのも、猫に救われるのも、猫を愛するのも愛されるのも、人の勝手な思い込みだ。勝手に猫に投影しているだけだ。
猫は、ただただ猫である。
でもその猫こそが、アーニャに他者と繋がるカスガイだった。猫を通じて、猫を介して、アーニャは人を感じることが出来た。人の感情に触れることが出来た。人の愛情に自分を重ねることが出来たのだ。
小花の友情も、明良の好意も、コーシカの親愛も、そしてユキの切なる想いも。
アーニャは猫を通して、実感することになる。それが、眠っていたアーニャの根源を目覚めさせることになる。
アーニャがあの日流せなかった涙を流せたとき、猫との別れが彼女を再び人間として生まれ変わらせたのである。
哀愁も惜別も、哀切も諦観も、猫と人の温もりが洗い流してくれたのだ。そうして、これは殺し屋の物語ではなく、猫を愛する人々の物語になっていく。
その仄暗い寒色の空気感が柔らかな暖色の世界へと移り変わっていくその行程が、アーニャの感情が目覚めていく様子が、猫とともにある姿が、美しいほどに自然で見惚れるほどに綺麗だったのでした。
ああ、猫こそが人生なる哉、人生哉。
【ここでは猫の言葉で話せ】、見事な一作でありました。




ちなみに、私は犬派である。悪しからず。

江戸の花魁と入れ替わったので、花街の頂点を目指してみる 二 ★★★☆   



【江戸の花魁と入れ替わったので、花街の頂点を目指してみる 二】  七沢 ゆきの/ファジョボレ 富士見L文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

なぜか江戸時代の花魁・山吹に成り代わってしまった杏奈。現代に戻れないと覚悟を決め、自分を頼りにする禿のためにも、花魁の頂点を目指すと決心してしばらく。
 人気を競った桔梗花魁とも、良き友として研鑽し合う仲に。だが、そんな桔梗をあの宿業が襲い……。
 さらに、杏奈が成し遂げた逸話の数々がきっかけとなって"将軍家の姫の縁談"を助けてくれと相談が舞い込む。
 現代で培った教養と、キャバ嬢として学んだ機転で、杏奈は彼女たちを救おうと奮闘し――。
 山吹花魁の伝説、待望の第二幕!
公方さま出てきたー!
って、思いっきり暴れん坊将軍なんだけれど、時代はどの時代なんだろう、これ。いや、よくよく読んでみると時代を特定できるような人物名って出てきてないんですよね。バカ殿こと池田松平の殿様も、推しの土屋さまもどの松平か、土屋か下の名前は出してないのでよくわからないようになっていらっしゃる。
あくまで江戸時代中期から後期という曖昧な括りでぼかす目論見なのだろう。
ともあれ、この将軍様は徳川吉宗ではない事は間違いないでしょう。推しの土屋さまの話で、この土屋さまは老中ではないらしく、吉宗公が将軍だった時代は土屋家当主の人は老中だったみたいなので。
いやしかし、徳川家にこんなバイタリティありそうな将軍様居ただろうか。とりあえず、フィクション、フィクションということで。

その気風の良さや女だてらの武芸の腕、そして誇り高さもさることながら、博識さも噂で広がっていたらしく、異人の饗応で外国料理を出すための知識を貸してくれるように江戸城の料理番の偉い人からお願いされてしまった山吹。もはや、花魁の仕事でもない気がするけれど、ついに花魁の身でありながら江戸城に乗り込むことになってしまう。
なんで江戸時代で現代風の料理作ろう、となるとイタリア料理になるケースが多いんですかね? 調べてみると、材料準備できそうなのがイタリア料理だったりするのだろうか。
膳奉行の梨木さま、教わる立場とはいえ腰が低いというか、花魁の山吹にちゃんと礼を尽くすの偉いなあ、と思うんですよね。彼に限らず、ここに出てくる武家衆はみんななんだかんだと礼に厚いというか、花魁とはいえ遊女である山吹に対してちゃんと敬意を持って接するのはジェントルマンだなあ、と。
まあ、吉原に通うような人はしきたりに従うものですし、いわばアイドル的な存在である花魁という存在そのものへの憧れやら敬服なんかが元からあるんでしょうけれど、梨木さんとか全然関係ないのにね。
さても、御城に出向いたことで公方さまとも直接お目にかかってしまうのですが、幾ら自分の城とはいえ徳川将軍、一人でフラフラ出歩かないでくださいな。
ともあれ、公方さまにも見込まれて、彼の妹である小夜姫の縁談に持ち上がった問題の解決に手を貸すように頼まれる始末。まあ婚活とか結婚トラブルを直接解決しろ、というとんでもな話ではなく、小夜姫の容姿に関する問題で、コーディネートとか化粧の話なので、流行の最先端というか発信者にもなり得るアイドルな花魁に依頼する、というのはあながち間違っていないのかもしれない。
が、山吹とは関係ないところで問題がさらに拗れてしまって、山吹花魁はまさに結婚トラブル、ロミオとジュリエット的な二人の仲を裂きかねないトラブルの発生に、またぞろ侠気を発揮して公方様相手に大見得を切ることになるのでありました。
いや、だから花魁のするような仕事じゃもうないんですけど。だからといって、じゃあ誰がやるんだ、という話になってしまうのですが。

そんなもう吉原からはみ出すどころか江戸城まで出張って、快刀乱麻を断つがごとくバッサバッサとトラブルシューターしている山吹さんですけれど、彼女の見所はむしろ同輩の桔梗花魁とのマブダチ関係なんですよねえ。
一巻では最初、商売敵として嫌がらせしてきた相手なのですけれど、打ち解けてからは花魁同士というのが不思議なくらい意気投合して、今や対等のライバルという以上の親友同士。こういう花魁という立場でありながら、同じ位である別の花魁とこんな風に仲の良い、腹の割った助け合える関係というのはなかなか見られない珍しいものなので、二人の関係は見てても気持ちよかったなあ。
そんな桔梗花魁が、遊女の職業病ともいうべき梅毒に掛かってしまうのですが……けっこう荒っぽい治療法だったな、これ。かなり念入りにフィクションです真似しないでください、という但し書き注意書きが書かれていたのもまあ納得。でも梅毒はマジヤバイもんなあ。
歴史上の登場人物でも若くしてなくなってる人、少なくない数これでやられている、って話もあるみたいですし。
そんな山吹に命を助けられた桔梗が、また別の機会に自分の大切なものを切り売りして、山吹の晴れ姿を彩るのに惜しみなく費やして、頑張んなさいな、と送り出してくれるの、またいいじゃないですか。
こういう気持ちの良いライバル関係は本当の好ましいです。山吹の前世でもこんな風に親友になれた人はいなかったかも、という回想にじんわりと来るものがありました。
またぞろ、最後は未来の桜と梅の回想で終わっていますけれど、ちゃんと山吹と桔梗、二人が推しの人と添い遂げるまで描かれるんだろうか。まあ公方様まで出ちゃったので、やることあらかたやったような気もするけれど。
しかし、店の御内儀さん、自分の店の娘たちがみんな幸せになって出てってくれるのは嬉しかろうなあ。本来なら、なかなかそんな風に店から居なくなることなんて少ないだろうに。



百花宮のお掃除係 転生した新米宮女、後宮のお悩み解決します。 ★★★☆   



【百花宮のお掃除係 転生した新米宮女、後宮のお悩み解決します。】  黒辺 あゆみ/しのとうこ カドカワBOOKS

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

憧れの後宮はトラブルだらけでした!? 新米宮女、医療チートで大活躍!

前世の記憶をもったまま中華風の異世界に転生していた雨妹。後宮へ宮仕えする機会を得て、野次馬魂全開で乗り込んでいった彼女は、そこで「呪い憑き」の噂を耳にする。しかし雨妹は、それが呪いではないと気づき……

あれ? これもイラストがしのとうこさんなのか。中華風後宮ファンタジーでは引く手数多だなあ。
主人公の雨妹は前世の記憶持ち。元看護師で定年まで勤め上げて老後も穏当に過ごして天寿を全うした、という経歴は転生者としては珍しい完走組である。趣味は華流ドラマ。韓国で制作されたドラマが韓流と持て囃される一方で、中国で作られたドラマは華流ドラマって言うんですねえ。実際アレ、制作費がよほど違うのかセットの作り込みとかスケール感とか凄いです。
そういうの好きで好きでたまらんかったら、そりゃ実物現物となる後宮は実際見てみるどころか体験だってしたいよね。
というわけで、身売り同然に故郷を出されて後宮の宮女として働くことになった雨妹は、自分の境遇に凹むことなく、下働きの掃除係という立場を大いに楽しむことになるのである。
実際、この雨妹、メンタルが本当に強い、強いというか図太い! なんかこう、オバちゃん的な図太さとバイタリティなんですよね。前世で天寿を全うしたからか、看護師としてバリバリ働いて厄介な連中を相手にしてきた経験か。あんまり前世については細かく触れないのですけれど、子供も育て上げていたようですし、今更細かいことをぐだぐだと気にはせんくらいの経験は溜まっているか。経験というよりも性格な気もするけれど。
それでいてオバちゃんくさいだけではなく、小娘っぽい好奇心の強さや食いしん坊で餌付けされやすいところなど、小動物的なマスコット的な所も大いにあるので、年上の人や身分の高い人には結構目をかけられて可愛がられてるんですよね。よく気もつくし、働き者で情に厚いとなるとそりゃあ気にいるし目もかけますよねえ。
でも、普段から周りにくっつかずに一人で悠々自適に動き回っている上に、ほっかむりに口元も布で覆う、というほとんど眼しか覗いていない格好でうろついているので、多くの宮女や宦官からは不気味がられているのも確かで、うんそれは確かに見た目が怪しすぎるw
そういう周りの眼をまったく気にしない、という素振りもまた距離を置かれている理由でもあるんでしょうね。それもまったく気にしていないのですが。
人の目を気にしないので、言うべきこともためらわない。元看護師として迷信や呪いなどの妄言で人の命が危機に陥っているときには介入も辞さないし、ズバズバと直言も繰り出すので、気持ちいいのは気持ちいいんですよね。偉い人にも気を使わないし。

この雨妹、何気にその出自が非常に怪しいというか危ういもので、雨妹本人も自分の身の上はちゃんと知ってるんですよね。よくまあ知っているのに、平然と後宮にあがってきたなあ、とちょっと感心してしまいます。いや、何らかの思惑や感傷があるならともかく、この人ほんとに好奇心とかで乗り込んできただけだし。その出自を利用してどうこう、は全く考えていないのですが、彼女の身の上に気づいた人たちはとてもそんな風には考えられないですよね。何らかの思惑あって入り込んできた、と思うよなあ。
しかし雨妹は本当に野次馬根性とあと元の暮らしが孤児ということもあって本当にひどかったので、働いてたらちゃんとご飯食べれる宮女としての暮らしを求めてきただけで、それ以上のことは何も望んでおらず、出世欲とかも全然ないんですよね。むしろ前世で看護師という過酷な職業についていたこともあって、今世では身を削ってまで働きたくない、悠々自適に生きたい、と思っているので、医局ヅトメも拒否してただの掃除係にこだわっているのである。
いや、本来下働きの宮女もしんどい仕事じゃないのか、と思うところなのだけれど、マメにちゃんと働きながらも、うまいこと個室ゲットしたり、厨房のお姉さんと仲良くなって毎日お菓子食べさせてもらったり、何人かの妃と親しくなって甘いものを差し入れてもらったり、と……ホントに悠々自適に暮らしてるな、この娘!
前世での医療や健康についての知識を利用して、身近な流行病対策や安全安価な化粧品などを密かに流行らせたりと、段々と一部で注目を集めていく雨妹。まあこの娘のバイタリティからすると、嫌がらせは気にしなかったりうまいこと回避したりも出来るだろうし、あんまり心配にもならないのだけど。
しかしこれ、雨妹の出自からすると彼女の相方役って、太子じゃないんだろうねえ。となると、その側近の青年の方になるんだろうか。今の所、まったく眼中にない気もするけれど。

メイデーア転生物語 5.扉の向こうの魔法使い(下) ★★★★   



【メイデーア転生物語 5.扉の向こうの魔法使い(下)】  友麻碧/雨壱 絵穹 富士見L文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

明かされる転生の秘密、訪れる仲間との別れ。マキアの魔法学校生活が終わる

魔法学校の終業式の日。マキアたちは空から降ってきた魔物――帝国による強襲を受けていた。突然の侵攻に防戦を強いられ、散り散りになっていく学友たち。窮地を打開するため、マキアとトールはユリシス先生の指揮で、学校に封じられた強大な力を解放することに。そして封印を解く鍵は、三人の前世にあるのだという。
黒の魔王、白の賢者、そして紅の魔女。おとぎ話の悪役として語られる、三大魔術師の転生の秘密。そして想いの一端に、マキアは触れて……。
赤く染まる“メイデーア”の空が、遥かなる物語へと繋がる。
ネロ、さすがにカノンの肉親というわけじゃなかったか。それ以上に、秘められし正体だったわけですけれど。
考えてみると、ちょっとチンピラ入ってるフレイ王子よりもよっぽどネロの方が品の良い王子さまだった気がするぞ。
集まるべくして集まったガーネットの9班。でも彼らは決して仕組まれた形で同じ班になったのではなく、みんなマキアが見つけて集めてきたメンバーだったんですよね。何の裏事情も背景もなく、ただのネロとして、ただのフレイとして、ただのレピスとして、彼らはマキアの元に集ったのだ。何の思惑もなく、彼らは仲間になり、友達になった。
戦争がはじまり、四人はそれぞれに背負った運命、肩書、使命の下に戦いに赴くだろう。それぞれ、別れ別れとなり己が道をゆくことになる。
でも彼らは決して忘れないだろう。この学園での日々のことを。四人の仲間たちと一緒に過ごしたこの楽しかった時間を。肩書も立場も関係なく、友人となった皆のことを。
ネロにとっても、レピスにとっても、フレイにとっても、マキアにとっても、この友情は掛け替えのない拠り所になるのだろう。時に孤独のうちに戦わなければならないとき、それでも大事に宿す想い出がある。決して切れることのない繋がりがある。それこそが、彼ら自身を励まし続けるのだ。
そして何があろうと、何が起ころうと、ガーネットの9班は仲間である。友達であり、味方であり続ける。
そんな切々たるネロやレピスの心情が痛いほど伝わってくる、楽しい日々の終わりであり友との別れであり、旅立ちの物語でありました。

そして、ついにマキアとトールに明かされる、二人の内に眠る真実。彼らが紅の魔女と黒の魔王の末裔……ではなく、魔女と魔王当人の生まれ変わりであるという事実。
伝説の大魔術師(ロード)クラスの転生体なのである、と。
それはユリシスも同じ立場であり、また大司教エスカやシャトマ姫もまたかつて伝説に残る偉大なる魔術師の生まれ変わりなのだという。今、歴史に刻まれる伝説の大魔術師の生まれ変わりたちが、この時代に一同に会そうとしているのだ、と。

って、ここでユリシスが学園の深層に秘められたこの世界の秘密が隠されている場所に連れてきてくれながら、待っていたエスカやシャトマ姫とともに色々と説明してくれたのですけれど……。
え? ええ!? そこまで全部語っちゃうのですか!? まだマキアとトールが覚醒しておらず、前世の記憶もちゃんと戻っていないにも関わらず、伝説に残る魔術師たちの正体と転生の謎についてまで全部一気に暴露してしまったのは、ちょっと情報量多すぎやしませんか!?
ウェブ版だとどういう展開だっただろう。そもそも、マキアたちには前世の記憶が残っていた、という前提から違ったんでしたっけか、そう言えば。にしても、前世の紅の魔女時代の様々な想い出、心残り、痛切な願いや灼熱にして後悔にまみれた恋の記憶など、様々な形で前世の物語が語られその運命の激しさを味わったからこそ、さらにその前世の前世、幾年も人生を駆け抜けていく重厚さを感じられて、その大本である創世神の物語に辿り着いたときの壮大さに打ちのめされた記憶があるんですよね。
そして、その神代の時代から続く切なる願いの壮大さを味わったからこそ、その悠久のような時間の流れの中でただ一人記憶を継続したまま使命のために命を注ぎ続けるカノンの生き様のその凄まじさ、悲壮さに行き当たってしまったのでした。
それを全部ここで一気にネタバラシ的に語っちゃうのは、巻きですか!? と、思っちゃうところなんですよね。そりゃ、前世の話だけで一巻どころで済まない気もするしなあ。
にしても、ここで全部語ってしまったのは、ちょっと余韻とか感傷とかあんまり感じられない忙しなさだった気がします。マキアとトールも実感も何もない、というか彼女たちまだ前世の記憶も思い出してないものだから、ぽかんとしてたんじゃないでしょうか、これ。
未だ、カノンがどうして彼らマキアたちを殺し続けるのか、その理由についてはすべてが明かされていないので、彼の生き様の壮絶さはそれこそすべてが明らかになった時に嫌というほど味わうことになるのかもしれませんが。それに、紅の魔女の鮮烈な生き様も。黒の魔王の後悔も。それを直接見聞きして味わうことで、ようやくマキアとトールの運命の再会の尊さを実感できることになると思うので、そのへんは次回以降の楽しみですわなあ。
しかし、ユリシス先生はハラグロ感がウェブ版よりもいや増している、というかあんなちょっとイッちゃってるユリシス先生初めてみたよ! あんなユリシス先生が実在していたのかw

そして、救世主として完全に立ち直ったアイリ。いやもうこの娘は、なんであんなドリーム状態に陥っていたのか、そっちの方が不思議なくらい、元々いい子だったのだけれど、ココに来て完全に覚悟キメて根性据えて目を覚ましてくれたので、一安心を通り越して頼もしいくらい。
今度、マキアの方がどうにも不安定になりそうなので、自分の全身全霊を賭けてマキアの事を支えてトールの事も応援してくれそうなアイリの存在は正直かなり助かるんじゃないだろうか。


Mayday Mayday Mayday 

それがこの世界の名前に込められていた叫びだという。
助けて、助けて、助けに来て!
その叫びを名前に刻んだこの世界の有り様は、果たしてどんな形をしているのだろう。10柱の創世神が、子供達が、今なお転生を繰り返している意味を、本当の意味を、まだ知ることはない。
知っているのは、ただ一人の死神だけだ。さても、メーデー、それはいったい誰の叫びなのか。


巻末には短編がいくつか。掌編と言ってもいいくらい。いや、いや、いや、マキアとトール、これお互い好きすぎじゃないですかね!? まだ幼い頃の無邪気で穢れのない純粋な好きの領域だったかもしれないけれど、ちょっとパパさんの出張にトールがついていくことになってしばらく離れ離れになっただけで、マキアに禁断症状が出てるんですが。
これ、後々トールが救世主の守護者に任命されて離れ離れになったとき、よくマキアがトール不足で枯死しなかったなあ、というくらいトール成分を常時取らないとマキアおかしくなってるんですよねえ。
トールが家を出る際、トール筆頭に家全体でこれ絶対やべえんじゃないか、という空気に染まっていたのも、二人の文通の内容見てるとよくわかりますわー。


我が驍勇にふるえよ天地 11 ~アレクシス帝国興隆記 ★★★★   



【我が驍勇にふるえよ天地 11 ~アレクシス帝国興隆記】  あわむら赤光/ニリツ GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

吸血皇子と冷血皇子。
ともにクロードの皇子として生をうけながら、母親の身分の低さゆえに侮られ続けた二人の怪物が激突す。

「――俺の覇業に立ちはだかるのは、レオナートかもしれん」

かつての予測を見事に的中させたキルクスは万全の軍備を整え、一切の容赦も斟酌もなく、途上にある尽くを蹂躙しながら迫り来る!
その進軍を遅らせんと寡兵で挑むアランの命運や如何に? 半分血を分けた兄との決戦に臨むレオナートの命運や如何に?
そして暗闇より放たれた刃にシェーラの命運は――

痛快にして本格なるファンタジー戦記、堂々完結の第11弾!!
これ、一旦シェーラは完全に戦略的に負けちゃってるんですよね。アレクシス軍が敗北を避けられたのは、個々の将帥が献身的にその全身全霊を傾けて各々の戦場で粘ってくれたからであって、一箇所でも敗走していたら全軍が瓦解していたと思うと、ゾッとしないですわ。
恐るべきは、アレクシス軍にはシェーラに匹敵する人類史最高峰の戦略家が在籍していたということで、レイヴァーンが味方にいるってなんかバグってないですかね、戦力比。
重ね重ね、アドモフ帝国になんで勝てたんですかね!? あの国の人材と戦力をそのまま吸収できたことで、実質倍どころか3倍5倍とアレクシス軍って強化されてたんじゃないだろうか。内部分裂してなかったら、どう考えても勝てなかったでしょう、あれ。
そんでもあって、アレクシス軍に吸収された結果、アドモフ帝国の分裂していた政軍がほぼ統一された形で全力発揮できるようになった、というのはもうなんというか敵対国からすると反則としか思えなかったんじゃないだろうか、これ。
にしても、まさかよりにもよってトラーメさんが退場することになるとは思わなかった。キャラクターとして一番しぶとく生き汚い人でありポディション的にも一番死ににくい人であり、戦力的にもアレクシス軍の中で替えの居ない唯一無二の人材であってこの人が居なくなった場合のアレクシス軍が受けるダメージ、機能不全起こしかねないレベルのものだっただけによりにも寄ってこの人が死戦に身を投じることになるとは本当に想像していなかったです。
こんなトラーメさんですら、自らを省みずに自分の死と引き換えにしてでも、と思わせてしまうほどの魔性が、レオナートのカリスマだったのやもしれません。
これ、結果的に見ると無茶振りされまくり限界ギリギリのきつい仕事ばかり押し付けられた挙げ句に、使い潰されてしまったとも言えなくもないんですよね、トラーメさん。本人としては命の賭けどころを見つけてしまって、それで良かったのかも知れませんが。
この人はもっといいとこ取りの美味しい思いをして戦後を暮らして欲しいとも思ったんだよなあ。
実際、トラーメさんを喪ったことで以後のアレクシス軍は相当不具合が出てしまったらしいことは、巻末の評伝でも触れられていて、頷くばかりでありました。

しかし、これで完結巻と謳いながらも、今回の包囲網こそ食い破りながらも戦争自体は全然終わりそうにないのに、これどうやって完結まで持っていくんだろう。打ち切り!?それとも、もしかしてシェーラまで逝ってしまうことで描くべきものがなくなってしまうの!? とか、混乱していたのですが……天下統一までの道のりで一番山場というか危地というか、戦力的にも敵と釣り合いが取れていたのがここまでで、以降は圧倒的にアレクシス軍が優位になって、ほぼほぼ消化試合になっていたんですね。
なので、戦記としては以降は思い切ってバッサリと切って落とす形で終わらすことにしたんですなあ。
これは戦記物としては納得ではあるんですけれど、素直になれないジュカと余裕なアランとの恋模様とか、個々のキャラクターそれぞれにスポットを当てた物語を見ていたかった身としては、そのあたりもバッサリと片付けられてしまったのはちょっと肩透かしではあったんですよね。
巻末の列伝でそれぞれ個人の後日談についてちゃんと書いてくれていたのはありがたい限りなのですけれど、やっぱりその辺のラブコメ的な展開については直接話として見たかったなあ。特にジュカ関連は。
しかし、シェーラはなんで表舞台から消えなくちゃいけなかったんだろう。ジュカが大いに活躍して列伝残しているように、他にも侍女出身者でも名臣伝に名を残し重臣として遇された人は何人もいるのに。
まあ戦略結婚的に、絶対に子供が出来ないレオナートとメリジェーヌを差し置いて他の側室が子供作ったら、クロードとアドモフの国家統一事業に罅が生じるから、というのもあるだろうし、実質シェーラが表舞台に立つなら宰相以外の何物でもなく、シェーラひとりに権力が集中しすぎる、しかもレオナートがシェーラの言う事全部受け入れてたら傀儡に見えてしまう、と確かにまあ逆にシェーラの立場が危うくなってしまいかねないのも確かな話。
その上でシェーラ個人の幸せのため、そんでもって彼女の叡智をレオナートが全面的に受け入れて活かすためには、表舞台から消えて裏の女主人にして影の王妃になるのが最適だったんだろうなあ。
でも、確かにシェーラの件のみならず、他の人の列伝にしても真実から程遠い記述や情報隠蔽がこれほど沢山あると、ウイリアム・レイバッヘが歴史家としてはド三流と言われるのも仕方ないよなあ。記述者の恣意が入りすぎだよw
でも、ウィラン帝、表舞台から完全に去って隠遁生活送り続けるのかと思ったら、史書官でありながら安楽椅子探偵さながらに、助言を求めて訪ねてくる人にアドバイスを与え続けてズバズバとあらゆる問題解決に活躍しまくっていた、ってめちゃくちゃ表舞台で活躍してるじゃないですか、この隠遁者w
なんでこの人が皇帝やってる国に勝てたんだろう。振り返ってもちょっと信じられないんだが。

にしても、こうして見ると本作って信長の野望とか三國志といったコーエーの歴史シミュレーションゲーム的な側面がありますよねえ。内政とか戦争パートじゃなくて、人材方面で。
本来の史実だと、敵対した相手の家の武将どころか大名とかをまるごと吸収、登用するとか出来るもんじゃないのですけれど、信長の野望とかだと武田信玄とか上杉謙信とか大英雄たる戦国大名も自分の勢力の武将として登用できるじゃないですか。
そんな感じで、本作ではアドモフ帝国のレイヴァーンはじめとした諸将どころか皇帝陛下もこっそり登用していたわけですけれど……まさか、後日、この巻で決戦していたキルクス王子や、ガビロンの四兄弟まで降伏させたあとに首切らないで全員臣下にして、以降の大陸統一事業に投じていた、ってちょっと反則もいいところじゃないですか、これ!?
どんだけ世界最強の軍にしたかったんだよ、というくらいの人材の確保っぷりである。
これ、最後まで残ったヂェン帝国が一番割り食ってるんですよね。レオニート率いるアレクシス軍に、キルクス、ガビロン四兄弟、レイヴァーンにアレン。これに各国の名将勇将知将が揃って襲いかかってくるんですから、どんなフルボッコだよ、と。
さながら、織田信長に率いられた武田信玄、上杉謙信、北条氏康、毛利元就、島津四兄弟、徳川家康、三好長慶、今川義元、大友宗麟、などなどといったオールスターキャストに攻められる伊達政宗といった様相である。
もうやめてあげて、と言いたくなる人材力差なんだよなあ。
まあノブヤボなんかも、勢力がある一定のラインを超えるとあとはもう消化試合になるわけで、だらだらと続けずにすっぱりと物語を〆たのはやはり最善だったのかもしれません。
でもまあ、やっぱりもうちょっと後日談的な形での短編集みたいなものは欲しいですよねえ。特にジュカに関しては!

なにはともあれ、11巻にも及ぶ痛快なる英雄戦記、完結お疲れさまでした。


異世界食堂 6 ★★★☆   



【異世界食堂 6】 犬塚 惇平/エナミ カツミ  ヒーロー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

オムニバス形式のエピソード集としてお届けする待望の第6巻。
時に森の中に、時に海岸に、時に廃墟に……その扉は現れる。
猫の絵が描かれた樫の木の扉は、「こちらの世界」と「あちらの世界」をつないでいる。
扉を開けて中へ入ると、そこは不思議な料理屋。
「洋食のねこや」。
「こちらの世界」では、どこにでもありそうだけど意外となくて、生活圏に一軒欲しい小粋な洋食屋として、創業五十年、オフィス街で働く人々の胃袋を満たし続けてきた。
グルメの井之頭某が孤独にメンチカツを頬張っていそうな、高級すぎず安っぽくもなくイイあんばいの店内は、昼時ともなるとサラリーマンで溢れかえる。
「あちらの世界」では、「異世界の料理が食べられる店」として、三十年ほど前から、王族が、魔術師が、エルフが、究極の味を求めて訪れるようになった。
週に一度だけ現れる扉を開けてやってくるお客が求めるのは、垂涎の一品と、心の平穏。
美味いだけではないその料理には、人々を虜にしてしまう、不思議な魔力が宿っている。
誰が呼んだか「異世界食堂」。
チリンチリン――。
今日もまた、土曜日に扉の鈴が鳴る。
オムニバス形式なんで一気に読まず、休憩時間なんかでぼっつらぼっつらと読んでたからか気づかなかったんだけれど。
この6巻、クロ出てないのか!?
カラー口絵には居ましたよね? それなのに、本編の方では存在消されてしまっているのがなんともはや。元々ウェブ版の方ではお客さんとしてちらっと登場しただけのクロが書籍版でウェイトレスになったのは、アニメでアレッタの同僚として女給さんとしてレギュラーに加わったのに合わせて、書籍版でもクロが3巻から加わったわけですが。
ウェブ版の更新は最近では滅多となくなってしまい、作者さん多忙からか執筆から遠ざかっているようなのですけど、今回アニメの二期の開始に合わせて新刊となったのですけれど、加筆修正ほとんど出来なかったんでしょうね。ウェブ版をそのまま持ってきたがために、クロの存在が消えてしまったということなのでしょうか。
アニメに合わせて新刊を出す、というのはまあ当然の事なんでしょうけれど、こうしてみるといささかやっつけ感があるなあ。
とはいえ、この巻ではついに「ねこや」の後継者候補が登場するんですよね。店主の姪にあたる女子大生の山方早希さん。料理人志望で修行中の身なのですが、暦婆ちゃんの推薦を受けてこのねこやのバイトに現れるのであります。
実質、このねこやの創始者にして管理人でもあるヨミこと暦婆ちゃん公認なので、お婆ちゃんとしては将来的に彼女に店を継いでほしいなあ、という想いはあるんでしょうねえ。現在の店主は、もう結構いい年になりますけれど独身のままで、このままだとねこやは店主に何かあったらそのまま閉店になることは避けられませんものねえ。
店長、昔の恋を大事にしていてもう恋愛する気なさそうだしなあ。
アレッタが早希にコンプレックス感じちゃうのはちょっと意外でしたね。そういうネガティブな感情を抱えちゃうタイプではないと思っていたのですけれど。いやでも、劣等感感じるのは仕方ないよなあ。早希は料理人志望でもあるから、料理についても詳しいどころじゃなく店主を追いかける形でその精髄を学んでいるわけですし。
それでも、そんなネガティブな感情を維持し続けられないのはアレッタのいいところ。早希も、あっさりとアレッタがご飯食べて幸せそうにしているのが一番かわいい、と早々に見抜くあたり、ねこや店主の後継者としての才は十分ありそう。

今回はねこやという中継点にして特異点、という世界中のあらゆる人種、種族が同じ場所にいる、という特異性が与える影響についてよく書かれていたような気がします。
普通に暮らしていたら絶対に知ることがないだろう遠い異国の地の風俗や文化を直接目にすることが出来る。それどころか、人間じゃない魔物なんかの性質や意外な知性、独特の文化なんかも知る機会になるんですよね。
未知こそが恐れを呼び、不信を招き、偏見を産んでしまう。そういう意味では、このねこやのお客たちって、この店での交流や見知ることでそういう未知によって生まれるねじ曲がった知識や感情を解消できる人材に知らずなっていっているわけだ。そんな人達が、この店から世界中に隈無く散っていく。知っているということは理解できるということ。そんな理解できる人たちが影響を及ぼして既知を広げていく、知見を束ねていくことによって、起こる必要のない争いが避けられたり、積極的な交流が育まれたり、それが国同士の平和に繋がることもアレば、個々人の不幸を回避する要因にもなったりする。
あのハンバーガートリオの少年冒険者たちだって、ねこやを知らなければ世間に根強く残る偏見を持ったままラミアの少女と出会った時、そのままただの魔物として討伐してしまう顛末もあり得たでしょう。
でも、彼らはねこやで穏やかに理知的にご飯食べてるラミアたちを見知っていることで、巡り合ったラミアの少女が危険な魔物なんかじゃなく当たり前に話が通じるただの女の子だとわかっていて、だから仲良くなって一緒に旅する仲間になる、なんて幸福な顛末をたどることが出来たわけだ。
そんな大げさな話でなくても、生で魚を食べる文化を自ら挑戦することで知り得たり、アレッタの真面目で誠実な働きっぷりから、魔族への偏見を薄らげたり。何気に国の要人や大商人、宗教関係者も多く出入りしている店だけに、アレッタを通じての魔族への忌避感の減少は世界中に少なくない影響を及ぼしそうなんですよねえ。
ともあれ、今回はそんな横のつながりというか、文化交流、未知の駆逐というささやかながら大きい変化が端々に感じられる話が多くあったような気がします。

それにしても、フルーツグラタンって存在自体知らんかった。そんな食べ物があったのか。
いやでも、想像してみると美味しそうだなあ、これ。




ドラキュラやきん! 4 ★★★★  



【ドラキュラやきん! 4】  和ヶ原 聡司/ 有坂 あこ 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ポンコツシスター、今度は恋煩い!? 吸血鬼たちが過去と向き合う第4弾

京都での動乱から二週間、アイリスの様子がおかしい。あれだけ虎木に絡んできていたのに、顔を合わせるとすぐに姿を消してしまうのだ。
そんな中、コンビニオーナー村岡の娘・灯里が家に転がり込んできた。新たなトラブルの予感に困惑する虎木であったが、灯里の『虎木とアイリスは付き合っている』という勘違いが更に事態をややこしくして――!?
そして、コンビニを訪ねてきた思いがけない人物とは……!!
吸血鬼×シスターの日常ファンタジー。ラブコメの気配を感じつつも、過去に向き合う第4弾!!
アイリスの男性恐怖症の原因となった出来事がついに発覚。アイリス自身も理由がわからないんじゃなくて、明確に自覚していたのか。ええ、この娘、こんなもの抱えて今までずっと生きてきたわけ?
ちょっと想像以上に重たかったんですけれど。これは無理だわ。男性への性的な嫌悪感とか潔癖症から来る恐怖症じゃないんですよね。なんでファントムの男性相手なら大丈夫なのか、ようやく理解した。幾らファントムでも男性は男性じゃないか、と思っていたのだけれど。これ、下手したら男とか女とか関係なく恐怖症になっていた可能性もあったわけなんですよね。
村岡さんや虎木の弟の和楽、という絶対に安全で人柄も承知している相手ですら、生理反応としてどうしても耐え難い状態になってしまう、というのもこうなると理解できる。完全にPTSDだわ。

同時に、アイリスにとってそれだけ「家族」という存在が重要なワードになっている事を考えると、虎木が吸血鬼から人間に戻れる方法、というのが確実に存在する、というのが明らかになった……これも物語上重要な出来事ですよね。虎木たちは既に「聞いて」いたから疑っていなかったみたいだけど、それを語った本人の口から確証を得られたのは大きい。
ともあれ、このまま下手に虎木が人間に戻ってしまうと、アイリスの恐怖症の対象が虎木にまで及んでしまいそうだけれど、虎木が人間に戻る前に彼がアイリスの「家族」になった上で人間に戻ったら、彼はその対象から外れる。もしくは、アイリスが恐怖症に陥った原因の因果が反転する、家族が人間になることで人間の男そのものが恐怖症の対象ではなくなる、という可能性も出てくるのか。
虎木が人間に戻りたいと切実に願い、焦りすらしているのは彼の家族である和楽のためでもあるのだけれど、これはそれだけに留まらない理由が生まれてきたのかも。
尤も、虎木からするとまだなんぞそれ!?という状態なのだろうけれど。
でもアイリスが、虎木に対して告白を敢行したのはただ好意を伝えたいというだけではなく、彼に自分の家族となって欲しい、と願うことでもあり、アイリスにとっての「家族」という存在の意味を考えたらそれを虎木に願うということの重たさが果たして虎木にはわかっているだろうか。

幼い頃でももう分別のつく年齢の際に、母を喪ったアイリス。ただ奪われただけじゃない、彼女が死ぬことになった理由も意味も、彼女が何を自分に願ったのかも全て承知した上で両親の願いを叶えるために、今まで嘘を突き通してきた彼女。自分が周りにどう見られ、両親のことを言われ続けてきたのか、小さい頃からずっと理解しながら今まで闇十字騎士団の修道騎士として生きてきたアイリスが、果たしてどれだけ頑張ってきたのか。どれだけの想いを胸に秘めてやってきたのか。ちょっと思い巡らせるだけでもキツいものがあります。彼女にとってファントムとは、吸血鬼とは、決して邪悪でも滅する対象でもなく、むしろ恐怖の対象となっていた人間の男性に比べれば……。そんな中で彼らファントムと敵対する組織で生きてきたのですから……彼女が遠い東方の地で虎木という存在と巡り合った時、あれほど友好的に交流をはじめた理由が、よくわかるというものです。
そしてまさか、その虎木とアイリスにそんな縁があったとは。
虎木にとっての吸血鬼の師匠が、アイリスの継父だったとは。
その師匠ザックにとっては、虎木もアイリスもまさに愛する我が子だったわけだ。こんな因果がまさか隠れているとはねえ。

アイリスにとって、自分の所属する教会組織はファントムと敵対する組織というだけでなく、本当の意味での教会。迷える人に手を差し伸べる人を救い助ける組織の一員という意識を強く持っていたんですね。シスター、という呼び名にこそ意義を見出していたのかもしれない。
それ故に、だからこそ、アイリスにとって家族間の関係で苦しむ灯里は決して見捨てられない存在だったわけだ。両親の離婚問題の間に挟まれて苦しむ子供、というのは現代社会にとっては決して珍しくない存在だけれど、だからこそ教会組織にとって無視できない救済の対象でもある。家族の問題なら、アイリスなら尚更だ。その一助に、村岡家の行く末にザックが……世界的ジャズシンガーのザックの存在が必要なら、それはアイリスにとって十分な理由になったんですよね。
もちろん、自らの家族。残された唯一の親。愛する継父のこととなれば尚更に。

今回は特に「家族」がテーマとなったお話でした。この作品自体の根幹ともなるテーマだったのかもしれません。村岡家の家族問題はシリーズはじまった当初からのことでしたしね。
そこにアイリスの家族の話が主軸となり、虎木家の話が絡み、とみんな家族のために生きてるんだよなあ。未晴の方だって大体が家族のお話だ。
だからこそ、だからこそ、アイリスの告白は恋という想いを伝えるに留まらない。彼女ははっきりと告げている。将来あなたと家族になりたいという気持ち、だと。
アイリスが「家族になりたい」と口にする事がどれほどの事なのか。今回一連のアイリスの過去を知ってしまえば、それが生半可な思いではないとわかるはず。ほんと、ただの告白じゃないのだ。
虎木はほんと十分にちゃんと受け止めないと。
その虎木の方も、和楽の様子がどうもおかしいのを見る限りではのんびりしていられないのかもしれない。
虎木、大丈夫か? 周りの進展に対して頭ついていけてるのか? みんな、待ってはいてくれないぞ。


ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインXI フィフス・スクワッド・ジャム〈上〉★★★☆  



【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインXI フィフス・スクワッド・ジャム〈上〉】 時雨沢 恵一/黒星 紅白 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

SHINCとの合同チームで挑んだクエスト《ファイブ・オーディールズ》。その壮絶なバトルから間髪入れず開催が発表された第5回スクワッド・ジャム。
スポンサー作家によって課せられる今回の特殊ルールは『ゲーム途中で、チームメイトが運ぶ別の装備一式にスイッチ可能』という、全プレイヤー混乱必至のものだった。
当然のごとくSJへの挑戦を決めたレンたちは、首都・グロッケンの酒場で作戦会議を敢行するのだが、思いもよらぬ知らせが彼らのもとに届く――。それは『今回のSJでレンを屠ったプレイヤーに1億クレジットを進呈する』というもので……。

「わたし、賞金首になったくらいで、 SJから逃げないもん!」
時雨沢恵一×黒星紅白が贈る痛快ガンアクション、第11弾が登場!
およそ一年半ぶりの新作! もう出ないのかな、とも思っていたので正直嬉しい。好きなシリーズなだけに。時雨沢さん、違うシリーズ手掛け始めてましたしね。
さて毎度はじまりました、アレな作家がスポンサーの大会スクワッド・ジャム第五回。当たり前みたいにシャーリーとクラレンスがメンバーとして参加してくれてるのは嬉しいなあ。相変わらずシャーリーは隙あらばピトは殺す、と言ってますけれど。いや照れ隠しじゃなくてこの人はホント殺す気だと思いますけれど、前回までのチーム自体裏切ってでもという雰囲気ではなくなって、ピト以外とはちゃんとチームとして協力してくれそうなので、それでよし。ピトさんはちょっと一度殺しちゃってもいいくらいだと思ってるし。
しかし、今回の大会ルールとはまた別に、謎の依頼人からこの大会においてレンの殺害に成功したものに賞金を出す依頼が出され、参加者たちが沸き立つことに。事実上の賞金首となってしまったレン。
もちろんその賞金とはゲーム内マネーなのだけれど、これリアルマネーに換算すると100万円にもなるという話で、そりゃあちょっと無視できない金額だよ。ついつい手が滑ってでも殺りたくなっちゃう金額だわ。
この件に関しては、上巻では少なくとも誰がこの賞金を賭けたのか、についての話は進まなかったのだけれど、ポンと100万円もの金を出せる人間ってそうそういないと思うので、自然とポンと100万円出せる人間の顔を伺ってしまうのですが。
いやまじであんたじゃないの? ピトさんや。
ピトさん完全否定してるけれど、この人の場合真顔で否定しておきながらあとでシレッと実はわたしでしたー♪とかほざいても全然おかしくない人だからなあ。
今の所、なぜわざわざレンに賞金をかけたのか、という理由も原因も推測すらもあがってきていないので、想像のしようもないのだけれど。

本編の方は今大会用の特殊ルールがいくつか。事前に公表していた装備品のスイッチ機能は、説明されてもよく頭に入ってきませんねー。こればっかりは実際に使用してもらわないと。
そしてもう一つゲーム開始と同時にチームメンバーがフィールドの各所にバラバラに配置されることに。このメンバー同士の居る場所が異なってしまう、という事を加味してのスイッチ機能だったんろうか。
ともあれ、いつもワケわからんルールでむしろ行動が縛られて展開が狭くなっていくばかりだったのに比べると、このメンバー分散は面白い試みかも。
自然と、違うチームのメンバーとの協力プレイ、時間制限だけれど共闘なんて選択肢が生まれることで、いつもと違うメンバーと一緒に戦うというなかなか見られない戦争シーンが見られることになりましたし。前巻の女子高生チームとの共同戦線も面白かったけれど、あれをよりシャッフルした形か。それ以前の4巻のイベントでもVSNPCで他の全チームとの共闘があってあれ凄く良かったんですよね。ああいうのをもう一度見られるという展開は楽しかったです。
それに今回は個別に臨時チーム組むという形で、他のチームの人間と組む形で相手の人となりとかより深く知れる話になってましたしね。あのマシンガンラバーズの新女王の人、前回優勝を掻っ攫ったわけですけれど、その辣腕振りは思い知らされましたけれど意外とどんな人なのか、というのはマシンガンラバーズの様子を外からチラッチラッと見かけるだけだったので、本当の意味で詳しくはわからなかったのですけれど、今回レンと二人で行動することになったので改めてどんな雰囲気の人なのかわかってきましたしね。とはいえ、まだまだ底知れないところのある人なのですが。
しかし、別チームのメンバーと共闘しながら、偶発的な戦闘を繰り返していたら、いつか同じく別チームのメンバーと組みながら戦っていた同じチームのメンバーと遭遇戦になってしまうのではないか、という懸念は最初からあったわけで。
二人で組むとかなら、声をかけて戦闘を止める、ということも出来るでしょうけれど、今回のレンは最終的に4人で組んで全員他のチーム、という形になってしまっていたわけで、こんがらがって同士討ちになるんじゃ、と思ってたら案の定……どころか、臨時リーム内で不意打ち銃殺ってやらかしおった奴が出おった!! なんて邪悪、なんて卑怯! こいつはゲロの匂いのするクズやろうの登場かーー! と、ここは敵役の登場により一致団結の流れか? と手に汗握ったところで、出てきたやつがあれですよ〜〜。
うん、まあ何となくわかってた。まあ、ピトさんだとありがちすぎて、拍子抜けしてたと思うくらいなのですが。奴なら、やらかしてもおかしくはないなあ、うんうん。
いやもうこれ、レンちゃん普通に今の臨時チームで頑張ったらいいんじゃないですかね!? 元チームのメンバーって半分くらいこの際殺ちゃってもむしろスッキリ気分爽快な気分にさせてくれそうですし。
いや、クラレンスちゃんは普通に凹みそうなので、勘弁してあげるとして。



僕らのセカイはフィクションで ★★★★   



【僕らのセカイはフィクションで】 夏海 公司/Enji 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

自作小説のキャラが現実世界に? 作者の知識で理想のヒロインを守り抜け!

学園事件解決人・笹貫文士の高校生活は忙しい。学園内外のトラブルを引き受けながら、創作活動――Webで小説を連載する作家としても人気を博していた。
最新作『アポカリプス・メイデン』の評価は高く、有名イラストレーターがファンアートを描いてくれるほど。しかし今、文士の筆は止まっていた。この先の展開に詰まっていたのだ。
定期更新の締切が迫る中、学校からの帰り道でも、ヒロイン・いろはが活躍する山場のシーンに思考を巡らせる。ようやくイメージがまとまりそうになった瞬間──そのいろはが文士の目の前を駆け抜けて行くのだった──。
超常現象(ファンタジー)と現実(リアル)の境界を超えて、作者知識で無双せよ!? 謎が謎を呼ぶボーイ・ミーツ・ヒロインここに開幕!

うおおお、怒涛の展開じゃあ! 一巻完結なんですよね、多分これ。それ故の凝縮された密度とドライブ感。それ以上に足場からひっくり返されるどんでん返し。
そうだったそうだった、夏海さんと言えば電撃文庫でももう古参作家であると同時に屈指のガチガチSF者だったんでしたっけ。自作キャラであるはずのヒロインが登場するまでの初っ端の段階で、もう既に主人公の文士のキャラと活躍がインパクト強で面白すぎて、その辺さっぱりと忘れてましたわ。

そもそも、自作の小説のキャラクターが現実に現れて、という設定の作品はこれまでもありましたけれど、だいたいそういう作品って「痛さ」から逃れられない宿命を背負ってたんですよね。自分の妄想が現実に具現化する、というのは多かれ少なかれ痛々しさを伴うものです。
それ故か、そういう設定の小説の主人公、自作の妄想であるキャラクターと対面することになる人物というのは往々にして内向的だったり繊細で引っ込み思案だったり、とどうしても消極的だったり人当たりが弱かったり、と言うたらば陰キャ系統の主人公が多かったんですよね。
ところが、この作品の主人公である笹貫文士ときたら……いや、あらすじの段階で学園事件解決人なんて呼ばれている時点で、自分の世界に引きこもっているタイプじゃないよなあ、とは思っていたのですが。
ちょっと想像以上にアクティブでアグレッシブで、というか何こいつ!? という名探偵コナンくんでもそうはならんやろ! というくらいの超有能探偵だったんですよね。それも、あらゆる事件を解決するどころか、事件が事件として発生する前に事前に解決してしまうこともしばしば、というよく警察や探偵が感じているジレンマ。事件が起こってからしか、警察も探偵も活躍できない。自分たちは事件そのものを防げない、というのをこの文士は類稀なる情報収集能力で事件が起こる前の段階で防ぐことに成功しているケースが多々あるようなんですね。
冒頭の依頼なんぞ、依頼人が電話を掛けてきた段階で依頼人が依頼内容を口にする前に、事件は解決しました! と、その解決の経緯を喋りだすのですから、なんぞ!? となりますわ。
依頼人がなんで私まだ何も話していないのに、もう事件が解決してるんですか!? と、度肝を抜かれるのもわかるってなもんです。
そんなドアクティブな切れ者、自分から様々な事件を解決、事件になる前に解決、を繰り返すトラブルシューター、警察にも顔を知られ、学園内にとどまらずその能力を知られている学生探偵笹貫文士がそうやってあらゆるトラブルに首を突っ込んでいるのは……自作小説のネタ集めのため、というまあ凄まじい理由だったわけです。そりゃ、何事も取材して自分で体験した方が書き物には有効活用できるでしょうけれど、だからといって自作小説のためにこれだけトラブルに首突っ込んで片っ端から解決していくって、なんかこう……目的のための手段が吹っ飛びすぎてないですかね?
でも世界が羨むようなトラブル解決の才能を持つ文士が、心からやりたいことが小説を書くこと。トラブル解決ほどの際立った才能はないものの、それでも緻密な設定とシナリオを駆使してコツコツと人気を集めていくその努力家でもある姿勢は好感を持てるもので……。
っと、つまるところこの文士という主人公は、自作小説のキャラが現実に現れて、という設定のお話の主人公としてありがちな内向的なキャラクターとは、ちょっと想像を絶するほどベクトルが逆向いちゃってる個性的すぎるくらいの主人公だったんですよね。
だから、敵に追われている自作小説のヒロインと遭遇してしまったときも、そして実際にこの現実世界にはありえない異能を振りかざして襲いかかってくる自作小説の敵組織の幹部を目の当たりにしたときも、当たり前ですけれど混乱の極みに陥りながらも何故自分の作品のキャラクターが現実に現れてしまったのか、という理由原因要因は一旦脇に置きながら、今現実に襲いかかってくる脅威にアグレッシブに対処していくことになるのです。
巻き込まれ、じゃなくて明らかに自分から首突っ込んでってるんですよね。そりゃ、自作のキャラが現れてたら無視できないにしても。パニックになりながらも、的確にヒロインを追いかけ、敵の弱点をつき、何の異能力も持たないのに、いくら敵幹部の異能の詳細を知っているとはいえ現実に滅茶苦茶な現象を引き起こして破壊などを引き起こしている相手に、あれだけ見事に対応してみせるって……こいつマジすげえわ、と文士くんに感嘆するばかりで。
異能バトルもので、異能力に異能力で対応するのじゃなくて、現実的な手段と現実にある道具とその果断さ、発想やタフなネゴシエーションで勝利するって、それだけでもなかなか出来ない面白さなんですが、それをバリバリとやり遂げていく文士くんがもう面白すぎて、これはすげえ、すげえ主人公だ!
と、若干興奮気味に感じ入っていたのですが。
考えてみると、そうした感想を抱いてしまうことすら、予定通りの掌の上だったんですなあ。つまるところ、笹貫文士は紛うことなき「主人公」だったわけだ。
でも文士って、これまでの夏海作品に出てきた主人公らしい主人公でもあったんですよね。この人の書く主人公の少年って、普通に見えていやお前半端なさすぎだろう!? というとんでもないタフさの持ち主が多かったですし、ありえない舞台に引っ張り出されて立たされてこそ輝く、みたいな所も。
だから、そのまま受け取ってたんだよなあ。
そして何より、笹貫文士という主人公に魅せられていたという事でもあります。俄然、魅力的でしたもの。冒頭の掴みから思いっきり食いつかされましたし、彼が何するにしてもいちいち面白かった。
だからこそ、文士に負けず劣らずあのどんでん返しには愕然とさせられたわけです。
そして否応なく突きつけられるSF展開。これ以上は実際物語を読んでテンション揺さぶられることを推奨します。
いやあ、面白かった。久々にこう、ぶん回された感覚を味わわせてもらいました。初っ端から文士に心掌握されたが故のこの振り回され感でしたねえ。
おそらくは一巻完結でキレイに終わっていると思うのですが、読後も含めてキレの良い満足感を与えてくれる逸品でした。



宮廷魔法士です。最近姫様からの視線が気になります。 ★★★   



【宮廷魔法士です。最近姫様からの視線が気になります。】 安居院 晃/美和野 らぐ 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER


魔法士の少年は今日も大忙し! ……何故見てるんです? 姫様

宮廷魔法士レイズには一つ悩みがあった。それは何故か王国の姫様がずっと見つめてくること。目が合うと顔を真っ赤にして走り去る姫様に困惑しつつ魔法士として仕事をこなすが――ちなみに姫様。視線バレバレです。

おおっ、ホントにめっちゃ見てるな、お姫様。ってか、王宮内とはいえ仮にも王女様が一人で出歩いていていいんだろうか。誰かお付きの人とか一緒にいないのだろうか。結構、王宮内では自由というかフリーというか、誰にも縛られることなく好き勝手に動き回れるみたいなんですよねえ。
まあこの辺の王族の行動制限とか身辺警護は、国によって違うでしょうからこの国はそういう緩さがある、という国なのでしょう。
実際、姫様が自由に行動しているのは王宮内だけで、王宮の外にはほとんど出たことがないと仰ってましたしね。外に出ない限りは安全、という考えなのでしょう。まあその割に親衛隊員の行方不明事件とか起こってて物騒なのですけれど。
そして、王都の郊外には魔物がはびこっていて、頻繁に間引きしないと王都まで侵入してくる、というなかなかヤバい環境のようにも見えるのですけれど。あれ? これかなり人類に対して厳しい世界環境じゃないですか? 何気に人類の生存圏狭いんじゃないですか、これだけ魔獣の脅威がヤバいって。主人公のレイズ君、超長距離のロングレンジの魔法を得てとする狙撃系魔術師なのですが、幾ら超長距離狙撃がメインとはいえ、この人王宮から直接狙撃して魔物の駆除してるんですよね……。
届く方も凄いっちゃ凄いのですけれど、王宮から届く範囲で魔物の脅威が日常的にある、というのも相当怖いんですけれど。あくまで狙撃であって、数百キロ飛ばすような弾道弾魔法とか使ってるんじゃないですし。
というわけで主人公のレイズの得意技は超長距離射撃。逆に言うと、近接戦闘はゴミ、とまでは行かなくても一般兵レベルなので簡単に無双、という風には行かないんですよね。しかも、必然的にお姫様をかばいながらの戦闘、というケースが多くなってしまうだけに、尚更苦戦は免れない。そこは、工夫と発想の勝負となってくる。そこに距離を置けば一撃必殺、という強みも持っているのでなかなかメリハリのついた戦闘シーンになってるんですよね。
しかし、レイズを始めとした同じ兵室の面々、やたらと事務仕事押し付けられて明らかに労働過多で過労で死にそうになってるの、彼らの使いみち相当に誤ってないだろうか。いや、本来の使い方をしつつ事務雑務も押し付けてる、というのが正しいんだろうけれど。
かなりブラックな扱いすぎて、ヘイトばかり溜まっていきそうなんだが。そういう扱いをされて然るべき人材達、とも言えるのかも知れないけれど、その割に彼らに対しても自由度は高く設定してるんですよね。それが契約、であったとしても。
本来なら、王宮内であんなふうにお姫様と接触できるのって、彼らが管理対象になっている事を考えると、さらにあんな誓約まで課せられているのを考えると、随分と無防備な話だなあ、と思ってしまいます。厚遇するのか冷遇するのか、えらい中途半端な扱いなんだよなあ。
こういう場合、お姫様はどういうポディションになるんだろう。レイズたちが宮廷魔法士の中でも特殊な任務についている人間たち、というのを知った上で王族として何らかのアクションを見せてくれるんだろうか。たとえば、後ろ盾になってくれるみたいな感じの。
お姫様としても、柱の陰からこっそり覗いているばかりではヒロインとしてもおとなしすぎますもんね。彼女がレイズの事が気になりだした理由というのもまあ王道といえば昨今珍しいくらいの王道で、いやこれ逆にこれからどうするんだろうと心配になるほどでしたし。このまま覗き見して様子を見守って満足しているだけじゃ、話進まんでしょうw せっかく、ちゃんと仲良くもなったわけですし。ってか、お姫様今後どうするかとか特に考えてないんだろうなあ。まあ以前助けてもらったしカッコいいし優しいし、影から見守ってキャアキャアしてたい、という気持ちはよくわかる……かしら。でもそれから先はどうするとか、なにか思案あるんですかね?

<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 17.白猫クレイドル ★★★☆   



-インフィニット・デンドログラム- 17.白猫クレイドル】  海道左近/タイキ HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

孤島バトルロイヤル開幕!

ジュリエットたちとの狩りでドロップした四枚のチケット。それはデンドロで行われる特別なアニバーサリーイベントへの招待状であった。
期待に胸をふくらませるレイたちだったが、その内容とは孤島で行われるサバイバルバトルロイヤル……!?
大学のリアル友人も参加していることを知ったレイはチームを組んでこの催しに挑むことにするが、世界中から参加できるこのイベントには、普段出会うことの無いはずの猛者が集ってきており――。
大人気VRMMOバトルファンタジー、混戦必至の第17巻!!
今回は運営側の過剰な介入もなく、誰かが死ぬとかどこかの国とか都市が滅ぶとか後味が悪くなるような展開ナシの純粋なイベントだったので、安心して見ていられました。……いや、今までこんな普通のただのイベントってあっただろうか。レイが参加するともれなく酷いことになる、というわけじゃなく事前に仕掛けられていたところにレイが飛び込んでくるだけでレイはあくまで巻き込まれなのですが、ともあれそういう裏の企みとかもなく、本当に偽り無くただのイベントバトルだったのでただただみんな楽しく遊べました、良かったね。
今回は外伝漫画の【クロウレコード】の主役キャラでもあるジュリエットとその仲間たちであるチェルシー、マックスちゃん、死音の四人がメイン級の活躍でいっぱい出てきてくれたので、色々と大満足でもありました。漫画版インフィニット・デンドログラムは本編も外伝も最高ですよ?
クロウ・レコードももっと続いてくれても良かったんですけどね。ジュリエットとチェルシーはこれまでもちょくちょく本編にも出てましたけれど、マックスや死音なんかは漫画読んでた方がどんな娘かよく分かるんじゃないだろうか。
マックスちゃんのキャラネーム「グレートジェノサイドマックス」は全キャラクターの中でも頭一つ抜けてイカした名前だと思うんだがw これが今ではフリフリの可愛い衣装着せられているの、是非イラスト付きで見ておくべきだと思うんですよね。
さて、今回は……って今回はってフレーズなんども使ってるな。まあいいや。今回はさらにレイのリア友である同じ大学生のキャラ名「アルト」と一緒に遊ぶことに。この娘、本名の高音と書いて「ソプラノ」と読む、の方がキラキラしすぎてる気がするんだが。まだアルトの方が大人しいじゃないですか。
でも、珍しくアルトは変に飛び抜けたところのない普通の一般プレイヤー枠なんですよね。レイの周りってホントこう突き抜けちゃってるプレイヤーばっかりなので、逆に普通のプレイヤーが珍しい……と、思ってたらこの娘もとんでもねーもの持ってるじゃないですかー。いや、あくまでメンタル・能力ともに一般プレイヤーなのが面白いとも言えるのですが。こういう普通の娘でも、やりようによっては一部の超級プレイヤーに匹敵するものを手に入れられる可能性がある、という事でもありますからねえ。思いっきり持て余しまくってますがw
しかし、リア友でもゲーム内では所属する国自体がアルター王国と天地という事で離れてしまっているので、物理的な距離として一緒に遊ぶこともままならないのかー。デンドロの世界は広い、という事なのでしょう。今回みたいに、参加者が転送で一所に集められて、みたいな機会でもないと連れ合う事も難しいんですからねえ。

このイベントは本当に純粋に楽しむためのもの、報酬目当てとはいえ誰の命も掛かっていないイベントだった、というのはそれだけレイの「不屈」が発動しにくいシチュエーションでもあったんですよね。レイ・スターリング推しであり殺し愛が心情の阿修羅姫・重兵衛としては出会うタイミングが悪かったとも言えますね。レイの「本領」が発揮される状況ではありませんでしたし。
無理矢理にでもレイの「本領」を出させるためにヒールムーヴ取ろうとしていましたけれど、重兵衛ちゃんってバトルジャンキーで傷つけあってこそ愛を確かめ合える殺し愛推奨のヤバい人ではあるんだけれど、一方で他人に対してリスペクトを欠かさない人にも見えるんですよね。勝敗に関わらず相手を見下したり強い弱いで人を判断したりなんて真似もしないですし、あの決闘で勝利し続けているマックスちゃんに対してのあのリスペクトっぷりを見ても、本来かなりイイ人っぽいんですよねえ。
口でいうほどのダーティープレイは出来ないんじゃないだろうか。この人の性質からして、レイと本気の殺し愛ができそうなシチュエーションって、なかなか難しそうな気がするなあ。正々堂々の勝負だとレイは普通のプレイヤーの範疇だろうし。それこそ、彼が絶対に引けない場面で敵側に立っていない限りは。割と仲間になる方が自然な感じのするキャラクターな気がするんですけれど、好きになるほど戦いたい、殺し合いたいという厄介難儀な性向なだけに難しいんだろうなあ。

ある意味完成形の方向性が見えているこれらの超級職獲得者に比べると、マックスやチェルシーはまだまだだいぶ伸び代みたいなのがあるように見えますねえ。チェルシーは特に一旦自分のスタイルを放棄しているだけに。海賊系超級職が空いてないというのは痛いのだけど、だからといって果たしてどういう方向性の超級職を獲りにいくのか。派生系とかないんですかねえ。
そんでもって、一番面白かったのがやっぱり曼珠沙華死音ちゃんである。いや、漫画でもアホの娘だったけど、こうして文章として見るととんでもねーアホの娘やなあw でも強いアホの娘である。アホであるがゆえに強いというべきか。いやあの能力反則すぎますよ、めちゃくちゃ強いんだよなあ。でも絶対、死音は自分の能力ちゃんとわかってないぞ。わかろうとすらしていなさそうなのが凄い。そしてアホの娘かわいい。
そう言えば、何気にクロウレコードの四人組は全員お嬢様なんだよなあ。
何気に今回ジュリエットが一番戦闘では大人しかった気がするぞ。ジュリエット語は、キレキレでしたが。何言ってるか完璧に理解できるレイが一緒にいると、会話もはかどりますなあ。
これでまだ中学2年生なのだから登場人物の中ではだいぶ年少組なんだよなあ。今回は高校受験という現実の問題も絡んで悩む中学生でありました。まだこのくらいの歳の娘だと、自力で現実世界に大きく動かすことは難しいですからね。親からゲーム時間減らして勉強しなさい、と言われることほど現実的な脅威はないでしょう。なんだかんだ、現実世界でもスケール大きな話が転がっているこの作品ですけれど、そんな大仰なトラブルがなくても、ただ親から禁止されるだけでデンドロの世界から居なくなる、というのもまた現実にありえる展開でもあるんですよねえ。
まあこのゲームの主要人物たちはだいたい大人であり、自力で自分の都合を融通できる種類の人間が多いのですけれど。

あと、クマは普通にお兄さんかと思った、最初。キグルミと言えばクマにーさんという認識が刷り込まれていたけれど、結構いるのよねキグルミプレイヤー。しかも、超級にも複数。
そのうちキグルミ大集合みたいな展開もいつか来る日があるのだろうかw








ヘルモード ~やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する~ 4 ★★★☆   



【ヘルモード ~やり込み好きのゲーマーは廃設定の異世界で無双する~ 4】 ハム男/藻 アース・スターノベル

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ローゼンヘイム戦争編、突入!

エルフの女王が治める国、ローゼンヘイムは、魔王軍の進行を受けて滅亡寸前となっていた。
アレン達は、王国の要請と学友であるローゼンヘイムの王女、ソフィアローネの願いにより、国を救うために戦うことを選ぶ。
首都が陥落し、負傷者で溢れるローゼンヘイムへと到着したアレン達。300万もの魔王軍の軍勢が相手では、明日にでも滅亡するだろうと語る女王に対し、アレン達は街の周囲を囲む魔物を一掃することで、希望を与えるのだった。

これまでの召喚獣と成長した仲間の力を総動員して、魔王軍との戦況を次々とひっくり返していくアレン。しかし、魔王軍にいるのはただの魔物だけではない。魔族達が占拠した拠点を取り戻すため、エルフの協力も得ながら策を講じていく。

さらに、ローゼンヘイムを攻める魔王軍の将は、かの勇者ヘルミオスすら敗北したことのあるという「魔神」だということが発覚する。
これまでの敵とはレベルの違う相手に対し、アレンに勝算はあるのか……!?

300万の軍勢VS召喚獣軍団
勝つのはどっちだ!?
前回、これ大丈夫なの!? と驚かされた仲間たちのレベルキャップ。みんなレベル60になったところでそれ以上あがらなくなっちゃったんですよね。そこが頂点、システム上の上限にまで至ってしまったわけです。僅か1年のダンジョンアタックでみんなまだ10代なのにですよ? それ以上成長できなくなってしまった、って絶望じゃないですか?
そんな人類の上限値に達したにも関わらず、魔王軍にはさっぱり敵わないレベル差が横たわっていたわけで。いやさすがにこれで打ち止めはないだろう、と思ったらちゃんと主人公のアレンがねじ込んでくれました。
亜神精霊王を通じて、ローゼンヘルムを救う報酬としてシステムへの干渉を申し込んだんですね。ってか、他の人達に断り無くいきなりみんなをヘルモードにしてください!はないんじゃないかな!?
 相談! そういうのは相談してから! 人の人生勝手に決定しちゃだめ! いやもうノーマルモードの上限値に達しているんだから、望む以外にないにせよ。
幸か不幸か、モード変更ほどのシステム弄りは神様をして不可能なのか、システム自体機能に支障をきたしてしまうのか、却下サれてしまったのですが、代わりに転職システムが導入されることに。現状、パーティーの仲間たちの職業は☆でいうと1つだけの人が多いんですね。クレナだけは剣聖で☆多いわけですけれど。その職業をレベル1に戻るかわりに上位職に転職させてくれる、という報酬だったわけです。
思いっきりRPGの転職システムだわなあ。ドラクエ3は偉大です。
一年でレベルキャップまで辿り着いたこれまでの育成を鑑みるなら、今後のレベルアップはさほど行き詰まりはないでしょうし。まあやる方は地獄でしょうが。
それでも、成長限界が事実上取っ払われたのは幸いになるのでしょう。このままだとどう考えても魔王軍に勝てないもんなあ。

ともあれ、今回はエルフの国ローゼンヘルムを舞台に、押し寄せてくる魔王軍数百万を相手に決死の防衛戦。ってか、敵の数が完全にインフレしているのですが。50万とか100万とか、実際に一所に集める数じゃないんですよね。本来なら雲霞のごとく、魔獣の海、というような表現で視界全部を埋め尽くすような敵の軍勢が津波のように押し寄せてくるなんて光景はド迫力になると思うのですけれど、なんか大雑把に数字だけで100万とか300万とかで出てくるので、なんか全然実感湧きませんでした。そんでもって、それ全部倒しちゃうわけですしねえ。
まあ攻められていたローゼンヘルムの人達にとっては、亡国寸前だった戦況を一気にひっくり返されてしまったのですから、そりゃアレンの言うこと一から十まで聞きますわ。途中から、アレンの言うとおりに軍の首脳部も女王たちも従うどころか率先して意見を求め、作戦を出してもらうようになっていましたが、まあ仕方ないよね。
最強の精霊使いの人は、なんか反発に近いリアクションあるのかなあ、と思ったら最初から最後まで特に意見もしなく終わってしまった。いや、あの人なんだったんだろう。名前だけ出てるくらいで特に存在感もなかったのだけれど。
まあ全体的にキャラに関しては弱いんですよね。剣聖であるクレナからしてあんまりパッとしないですし。今回はドゴラがクライマックスでエクストラスキルに目覚めるように彼にスポットがあたっていたと思うのですが、ドゴラという子がどういう子なのか、なんか書いてある部分で全部って感じで想像の広がる余地がないんですよねえ。これは他の人達にも共通するところ。
勇者ヘルミオスくらいじゃないだろうか、バックグラウンドとか過去とか内面などに色々と掘り下げる余地がありそうなのって。
敵である魔神レーゼルについても、巻末の書き下ろしで過去エピソードが描かれてましたけれど、これで掘り下げたか、と言われるとちょっと首を傾げてしまいました。

しかし、あの転職システムってアレンの仲間限定なんですよね。アレンの交渉によって成立したわけですし。これ、せめて人類全体に広げないと、犠牲者全然減らないぞ、と思うんだけれどシステム上では無理なんだろうかねえ。



ロクでなし魔術講師と追想日誌 9 ★★★☆   



【ロクでなし魔術講師と追想日誌 9】  羊太郎/三嶋 くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

私が生きている意味はーーこれだったんだ

「Project: Revive Life」から生まれ、グレンに救い出されたリィエル=レイフォード。しかし、彼女には生きる意志が消えていた。帝国に存在を偽り、彼女を育てることに決めたグレンは……


レーンの受難
あんまりクローズアップされないけれど、システィたちの下の世代、一年生たちもちゃんと学園にはいるんですよね。そりゃ、グレンの実態を直接知らず、その来歴だけみたらポンポンと学園のみならず国の危機まで救ってるとんでもない人物だもんなあ。そりゃ、人気も出るわさ。
そんな一年生の女子寮で発生している下着ドロを捕まえるため、セリカ特製の女性化魔法薬によって再び超絶美人女教師となって女子寮を警備することになったグレン。って、これグレン女性化する必要どこにあったんだろう。生徒たちにも極秘に、というわけじゃなく生徒みんなグレンが女となっているのを承知しているのですから。これって単にサービスなだけですよね?


嵐の夜の悪夢
グレン先生、幼少からのトラウマである首なし騎士にビビリまくるの回。教師としての威厳も大人としての立場も男としての面目も投げ売って、ひたすら幽霊ならぬ首なし騎士にビビり倒すグレン先生の醜態W
いやまあ、霊障とかにトラウマある人からすると、怖いもんは怖いよなあ。徹底してシスティを盾にしてるのは笑ってしまうけれど、それだけ耐久力ある盾だと信頼してのことでしょうW
しかしあれだけ良い反応をしてくれると、ドッキリ仕掛けた方もやりがいあっただろうなあ。
そしてセリアは子供相手に深い心の傷を負わせすぎである。親としてはやりすぎです、それW


名も無きビューティフル・デイ
出るたんびに、神秘が薄れて単に突っ張った小娘(チョロい)という本性が発覚していくナムルスの、初めてのデート回。
いやマジで普通にデートしてもらってるだけじゃないですか、やだもう。口では偉そうな尖ったことをイイながら、本当にチョロい。作中随一のチョロさを露呈しまくるナムルス。おまえ、本当にただの小娘だなあ。
逆に言うと、本当ならただの小娘でしかないナムスルが重い役割負わされすぎている、とも言えるのだけれど。
あとちょっと感心したのが、グレン先生。この人やろうと思ったらちゃんとしたデートのプランニングから実践からそつなくやれるんですよねえ。このへん、その辺の経験不足の子供と違う大人だなあと感心してしまった。
ちなみに、ホテルの寝室に連れ込まれた場合、ナムルスちゃん身を任してしまいそうな流れだった件について。君、それがルミアの身体だというのを完全にスルーしてたでしょう。チョロすぎる。


君に教えたいこと
なかなか将来有望な娘が。グレン先生、才能豊かな天才児とその母である未亡人に引っかかる、の巻き。いや、未亡人ではないんだが。
いやまじでこのママさん、最強の刺客じゃないだろうか。13歳の娘がいる28歳のシングルマザーって……あんた、15歳で娘さん産んだんですか!?
政略結婚の挙げ句DV離婚したというのがまた生々しいというか。28歳って全然若いですがな。
このママさん相手だと、グレン先生本気で更生してしまいそうなのですが。イヴをライバル視している場合じゃないですよ、システィとルミア。
しかしここで将来の学院生を出す、というのは将来を感じさせてくれるのがいいですよね。未来において、グレンはまだ講師やっていてウルが入学してくるのを迎えてやれる、そういう希望が見えるじゃないですか。


迷子の戦車
「Project: Revive Life」によって生み出され、関係者の多くが無念の死を遂げる中、独りグレンに救われた人造生命であるリィエル。その人形でしか無い、自分の生きる意思を持たなかった彼女が、グレンと同じ特務室の一員となるまでの。何のために生きるのかを見つけるまでのお話。
と言っても、リィエルはほとんど無気力に横たわっているだけで、そんな彼女の身の回りの世話をして必死に彼女に生きる意思を持たせようとするグレンの霞を掴むような介護の様子をその奮闘と挫折の繰り返しを描く物語になっているわけですが。
しかしリィエルを助けたはいいけれど、彼女の身分保障の偽造やら何やら全部お膳立てしてくれたのってイヴだったんですねえ。グレンをリィエルの世話に専念できるようにしてくれたのも彼女ですし、お互い反発しながらどうしてかイヴが一番のグレンの理解者っぽいんだよなあ。
グレンは昔からイヴは嫌がらせしかしてこないろくな上司じゃなかった、みたいな言い方してたし、イヴの方もグレンのことをずっと反発してぞんざいに扱ってたみたいな述懐してたけれど、短編集だけ見ていると、なんだかんだグレンのフォローしてくれるし支援やら何やら手厚くしてくれてたりするし、かなり助けられてるんですよねえ。
グレンの切なる思い、生きてくれという願いに応え、ようやく生きる意志を得たリィエル。でも、その生きる目的はグレンのため、というただ一点。それは依存の先を変えただけの生き様。結局、グレンはそれを変えることが出来ないまま、彼女を放り出して特務室から消えてしまうのですが……。
こうしてみると、リィエルの成長はシスティのそれとはまた少し違って、独り立ちするための成長なんだよなあ。彼女は自分で守りたいものを見つけ、誰に寄り掛かるでもなく自分の意志で戦い生きる「人」になった。それはもう彼女の生存にはグレンは必要としなくなったということでもあり、そうしてようやくリィエルは一人の女の子としてグレンを追いかける事が出来るようになったのかもしれないのですね。




迷探偵の条件 1 ★★★   



【迷探偵の条件 1】  日向夏/magako MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

あなたは「運命の人」(はんにん)を捕まえられるのかしら?

真丘家の男子は十八歳までに運命の女性に出会わなくてはならない。
でないと、十八歳で必ず死ぬ。
つまり本日、十七回目の誕生日を迎えた俺・真丘陸にはあと一年の猶予しかないということである。
しかし、その残念な運命を回避するには厄介な体質が俺にはあった。
しかも二つ。
一つは女難体質で、この中に運命の相手がいても困るレベルでヤンデレばかり引き寄せてしまうこと。
そしてもう一つは、超がつく探偵体質であること。
それはもう、ちょっと出かけると事件に巻き込まれるような。
というわけで、今日もまた死体に出くわしたのだが……。
もしかして、犯人が運命の人ってことはないよな?
あらすじでは、陸の厄介な体質が真丘家の運命を回避するために邪魔になる、という風に語られていますけれど、中身をよくよく読むとむしろこの2つの女難体質と超探偵体質が真丘家の18歳で死ぬ、という運命に直結してるんじゃないですかね?
話を聞く限りだと、歴々代々真丘家の男はみんな同じ体質だったみたいだし、叔父がなくなったのもヤンデレに刺されたからでしょ、これ?
……よく、家系続いているよなあ真丘家。
そもそも、読んでいるのを見ると陸の周りにヤンデレが集まってくる引き寄せてくる、というよりも……これ、普通なら眠ったままのヤンデレ因子を陸が励起させてしまっているようにも見えるんですよね。元々病んでいたというよりも、陸が関わったことで異様な執着を生んでしまったり正気を逸してしまったり、なんかヤバいフェロモンでも出してんじゃないだろうか。
特に最後の事件のラストシーンなんか、本来なら陸が攻撃受ける理由なんか全然ないのに、既に相手が冷静じゃなくなっていた事を鑑みても、なんか誘因されたみたいに陸の挑発に乗っちゃってましたもんね。陸自身も自分の体質を鑑みた上で挑発していたみたいですし。いやそれもうフェロモンかなんかで頭おかしくなる前提の挑発ですよね!?
普段から、自分が接すると女の人の頭がおかしくなる、みたいな感じで女性のことなるべく避けている風でもありますし。それもうヤンデレを引き寄せるんじゃなくて、生み出してるといった方がいいんじゃないだろうか。
そんな彼が唯一ずっと側に置いている女性がユキなわけだけれど……いや、なんでいつも一緒にいるんだろう。もう既に彼女が完全に病んでしまっていることはラストで発覚するのだけれど、それってつまり陸はもう完全にそんなユキを受け入れてるってことですよね。自分の近くにいると女性がおかしくなるのをわかっていて、彼女を側に置いているのはもう既にユキが取り返しのつかないことになって離れることが不可能になっているから諦めているのか、諦めじゃなく一緒にいることをこそ望んでしまっているのか。
いずれにしても将来、18歳になったときに自分が死ぬ際にはユキも一緒に破滅することが決まっているにも関わらず、どこかでそれを良しとしている時点で陸も相当病んじゃっている気がするんですけどねえ。
だいたい、なんでこれでユキが運命の相手扱いじゃないんだ? 陸もユキもユキがその相手ではない、という前提で考えているみたいだけれど、陸が語る運命の相手と出会った時の基準が感覚的すぎて、それ合ってるの!? とどうしても疑問に思ってしまう。そもそもそれって、初対面でわかるものなの? 既に知り合っている相手に後からビビッとくることはないんだろうか。もしくは、その運命の相手に出会ったのが幼い頃過ぎて忘れちゃってるとか。
いずれにしても、ユキがそうだ、という以外考えられないんですよね。だいたい、ユキ以外を選んだとしてそれはそれで結局刺されるエンド以外ないじゃないですか、これー?

さて、話の内容はというと学校を舞台にしたミステリー。女難体質と探偵体質故に周りで事件が起こりまくる陸とユキにとって、それはいつもの事なのかもしれないけれど、日常ミステリーなにそれおいしいの?と言わんばかりに、高校の中で起こりまくる重大犯罪。
いやいや、それもう金田一少年の通う学校並みの犯罪率になりそうじゃないですかね? 普通、校内で殺人事件とか起こったら日本中が大騒ぎになりますからね? 何十年と語り継がれる大事件なのですが、さらっと蓋をされてしまうあたり、何気に怖い世界観である。
謎解きの手順のわかりやすさ、トリックや犯人の意外さなど流石はと思わせてくれる読みやすさなのですけれど、犯人がわかった時点で主人公の陸がだいたい事件から離れてしまうので、その後主に関わった人物がどうなったかわからず、なんか曖昧なまま流されてしまう事が多いのであんまりスッキリしないんですよね。モヤモヤが残ってしまう。
特に二番目の事件とか、え?そのあとどうなったの? とかなりぶった切られた終わり方で気になって仕方ないのですが。陸くん視点の物語なので陸が関われない部分についてはそうならざるを得ないのかもしれませんが、この主人公あんまり深入りしたがらずに関わらずに済む部分は本気でスルーしてわからないままでも平気だったりするので、仕方ないんだよなあ。
いちいち深入りしていたら、体質上身が持たないのかもしれないですが。

あと、立ち位置がかなり意味不明だったのが、表紙にもなっている柊木まりあ。いやマジで意味不明だったのですが。非常に思い込みが強く、勝手に決め込んで身勝手なヘイトを主人公にぶつけてくる後輩、というだけで嫌な感じなのですが、最初から最後まで独りでヘイトを集めてるだけで、ここまで嫌な顔を見せられてしまうと後で態度を翻しても嫌な感じしか残らないと思うんですけどねえ。ヒロイン枠に思えないというよりもして欲しくない、とすら思ってしまったキャラクターが、なんでか表紙飾ってるんですよね。なんでユキじゃないんだろう。ユキに関しては作中でも登場人物紹介でも最初から公然と男装女子と謳っているので、別にミスリード誘っているわけでもないから表紙飾ってもおかしくないと思うのですが。

日向夏・作品感想


 
5月20日

橘 公司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

<
kattern
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


進九郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


飴月
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


凪木 エコ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


七斗 七
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷高 悠
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


イスラーフィール
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヤマモトユウスケ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


早瀬黒絵
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


望月淳
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM



(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月19日

渡航/伊緒直道
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月18日

久住太陽/杉浦理史
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


わだぺん。
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


クール教信者
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


オニグンソウ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


雪森寧々
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


辻村深月/武富智
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


武田綾乃/むっしゅ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


錆び匙/ひびぽん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


椎名高志/高橋留美子
(少年サンデーコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


サンドロビッチ・ヤバ子/MAAM
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村崎久都/アトラス
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ほりかわけぇすけ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


のんべんだらり/山悠希
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


さと/小田すずか
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


境田吉孝
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬条一(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


虹元喜多朗
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月17日

吉河美希
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


赤衣丸歩郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


sigama
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


阿部花次郎
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


音羽さおり
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金城宗幸/ノ村優介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


水森崇史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉河美希
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


片瀬茶柴/城平京
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


森下真
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


えんじゅ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


こはるんるん
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


相原あきら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


仏ょも
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月14日

福成冠智/柊遊馬
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


abua/ナカノムラアヤスケ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ありのかまち/箱入蛇猫
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


烏間ル/紅月シン
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月13日

あわむら赤光(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


只木ミロ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐野しなの(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐伯さん(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ケンノジ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月くらげ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅名ゆうな
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久生 夕貴
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


来栖千依(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里 けいし
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


汀 こるもの
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


広路なゆる
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


和田 真尚
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


内々けやき/佐伯庸介
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月12日

Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


酒月ほまれ/アルト
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


かじきすい/左リュウ
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


青辺マヒト/十夜
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


名苗秋緒/九頭七尾
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


沢田一/夾竹桃
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


檜山大輔
(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W DMM


ワタヌキヒロヤ
(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


いしいゆか
(まんがタイムKRフォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


須賀しのぶ/窪中章乃
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚/so品
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ゆうきまさみ
(ビッグコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和/いのまる
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/近木野中哉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


緋色の雨/菖蒲
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ/彭傑&奈栩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月10日

佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


逆井卓馬(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西条陽(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


入間人間(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸本和葉(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


有象利路(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西塔鼎(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和泉弐式(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


古流望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひだまり
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


TYPE-MOON/コンプエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃこ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月9日

黒辺 あゆみ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


少年ユウシャ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


たままる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


明。(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


草壁レイ/紙城境介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


緑青黒羽
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


碇マナツ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


潮里潤/三嶋与夢
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウミチ/高橋徹
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


小虎
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


七菜なな/Kamelie
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


門司雪/アルト
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真木蛍五
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


加古山寿/朱月十話
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


閃凡人/木緒なち
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧下信英/津田彷徨
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井万里
(ワイドKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈央晃徳/山川直輝
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月7日

ケンノジ/松浦
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


道草家守/ゆきじるし
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


宇佐楢春/やまだしゅら
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/硝音あや
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


柊一葉
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


九頭 七尾
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

CLAMP
(KCデラックス)
Amazon


雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


細川忠孝/山村竜也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


南勝久
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


あっぺ/明石六郎
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


明石 六郎
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まえばる蒔乃
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深凪雪花
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月5日

Kindle B☆W DMM

5月2日

東冬/三田誠
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


古橋秀之/別天荒人
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和月伸宏/黒碕薫
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朱村咲
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


肘原えるぼ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大@nani/吉緒もこもこ丸まさお
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/SAVAN
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田 雄介/ONE
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


猪口(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しんこせい(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫又ぬこ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


倖月 一嘉
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴 奈々
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


はにゅう
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


子日あきすず
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


茨木野
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


せきはら/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


Minjakk/Liaran
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


西山アラタ/春野こもも
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


榎戸 埜恵/涙鳴
(フロース コミック)
Kindle B☆W DMM

4月30日

藤木わしろ(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウアユム(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂石遊作(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハヤケン(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紺野千昭(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


結石(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴奈々(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W B☆W DMM


りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


ムンムン
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍央(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


山崎 響
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


やまむらはじめ
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月28日

天空すふぃあ/奈須きのこ
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅田むぅ/新山サホ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久慈 マサムネ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸馬きらく
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すずの木くろ
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


雪だるま
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


可換環(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


てぃる(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


木嶋隆太(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


川井 昂(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


アネコユサギ(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

4月27日

TYPE−MOON/大森葵
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小龍/八木戸マト
(電撃コミックスEX)
Amazon


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


あさなや/yocco
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


小祭 たまご
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月26日

ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと/奏ユミカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


平安ジロー/灯台
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


火野遥人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


オクショウ/MGMEE
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


槌田/TYPE−MOON
(角川コミックス・エースエクストラ)
Amazon Kindle B☆W DMM


リヨ/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月25日

紙城境介(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


両生類かえる(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


どぜう丸
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


彩峰舞人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


まさみティー
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


六海刻羽
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紙木織々
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


泉谷一樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍翠
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エノキスルメ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜あげは
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


参谷しのぶ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲井田そう
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎馬チキン
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷純(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


epina(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Y.A(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


COMTA/樋辻臥命
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Nokko/龍翠
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


灘島かい/三嶋与夢
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野地貴日/黄波戸井ショウリ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


つむみ/君川優樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぱらボら/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


遊喜じろう/みりぐらむ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


成田良悟/藤本新太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まつたけうめ/栖上ヤタ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月22日

川上真樹/富士伸太(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


新挑限(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


丹念に発酵(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


やませ ちか(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索