ウマ娘

ウマ娘プリティーダービー キタサン(SSR)PUガチャに挑戦  

ウマ娘 キタサンSSRPU


言わずと知れたウマ娘最強のサポートカード「キタサンブラックSSR」ですが、今まで自分一枚足りとて持っていなかったので、そろそろ凸は無理でも一枚くらいは持っておかないと。
ということで、200連回しました。
なんでか、同じく一枚も持っていなかったエルが完凸しました、あいやーー。いや、これはこれでありがたいのですが。とりあえず、上の画像のようにえらい勢いでエルとキタちゃんが来てくれたので、目標はなんとか達成。天井と合わせてキタちゃん2枚です。
ってか今回、なんか凄かったですよ。他にもSSR…たづなさんにグラスワンダー、ゴールドシチー、サトノダイヤモンド、バンブーメモリー、サイレンススズカ、と6枚も来てくれました。早朝か? 明け方にやったのが良かったのか?
正直、サポートポイント全然足りなくてこんなにもカードレベルあげられないんですがW
でも嬉しい。


毎日、時間がないのでようやくチーム戦とデイリー戦を消化している程度の進捗。育成は一日一回出来るか出来ないか、2日跨いでというのも多いです。結構育成だけでも一回終わらせるのに時間かかるんだよなあ。

ウマ娘 マンハッタンカフェ、ゲットだぜ  

マンハッタンカフェ



前々からそのデザインの好みさ故に来たら絶対引くの新年をたぎらせていたマンハッタンカフェが、ついに実装と相成ったので、ガチャしましたガチャ。
天井も覚悟していましたけれど、80連で何とか来てもらえました。他の未ゲットウマ娘では黒マックと格闘家エルコンドルパサーがすり抜けで来ましたけれど、もう少し色々来るかなあとちと期待してたのですが、仕方ないか。

マンハッタンカフェはアグネスタキオンと同期で、クラシック01世代。
ただ体質の弱さで本格的にレースに挑めるようになったのが3歳秋以降。アグネスタキオンとは、弥生賞で相まみえた一度だけの対戦でした。
皐月賞を勝ったのちに怪我で引退したアグネスタキオンの居なくなったクラシック戦線で、カフェは菊花賞を勝利。その後、同年の有馬記念でテイエムオペラオーとメイショウドトウという一時代を築いた二頭に勝利。翌年の天皇賞・春も勝って他に類を見ない長距離G1レースの三連勝を飾ったのでした。
が、カフェの栄光はここまで。その後、凱旋門賞に挑んだものの屈腱炎を発症してそのまま引退。タキホンほどではないですけれど、鮮烈な戦歴を残して短く駆け抜けていった馬でした。

ウマ娘では、アグネスタキオンのシナリオでライバルとして登場。タキオンが皐月賞で引退せず、なんとか現役を続行した際にタキオンが目指したウマ娘が走るその向こう側を見るためのライバルとして、正史では成立することの出来なかった好敵手として並び立ったカフェですけれど。
カフェが主役となる育成シナリオでは、今度はタキオンは皐月賞でレースの参戦を休止して、カフェのアドバイザーとしてタキオンが目指した先をカフェが代わりに見てくれるように支えてくれるようになるんですね。
トレーナーとの二人三脚ならぬ、トレーナーとタキオンのダブルトレーナー体制で。

カフェ、キャラとしては他の人には見えない「お友だち」というイマジナリーフレンドと戯れる不思議ちゃんとして描かれていたんですが、育成シナリオだとその「お友だち」……見えないけど完全に居るんですけどw ってか、これ守護霊というか背後霊というか群体霊というか、ヤバい奴じゃないですか? かなりカフェさん、取り憑かれてるんですが。
そして、見えないけどもメチャメチャその存在を「感じ」ちゃってる、霊感高そうなトレーナー。「お友だち」の存在を完全に受け入れたうえで、「お友だち」の姿をレースで追いかけ追いつこうとするカフェの願いを叶えるために没頭するトレーナーは、これはこれでなんか取り憑かれてるようで傍目かなりヤバい人である。
ここにタキオンが加わるのだから、完全にヤバい3人組になっててなんかもうヤバいw

ただシナリオは非常に引き込まれるもので、霊に取り憑かれたカフェがあちらの世界に行ってしまいそうなのを、敢えて引き止めずに自分も引っ張られそうになりながら、うまくバランスを取りつつカフェのハマっていく世界の方向性を魔でも闇でもなく、正道へと整えていくトレーナーの手腕が秀逸なんですよね。
また、タキオンが現実の向き合う相手として、お友だちばかりを負っていたカフェが意識せざるをえない相手として大きな存在感を示し、またアドバイザーとして進むべき道を示し、最後の再びライバルとして、いや並び立つ現実の「友だち」として立ち塞がる。
幻想的でありつつ、熱いシナリオでなかなか没入してしまいました。

タキオンやカフェの01世代は、彼ら以外にも名馬が揃っているのですけれど、本来カフェが海外挑戦で引退してしまうはずだったのが、ゲームでは海外挑戦を回避して国内のG1戦線を戦うのですが、そこで同世代たちと対戦することになるんですね。
ですが、彼らはウマ娘として実装されていないので、代わりに今いるウマ娘たちがライバルとして立ち塞がることになっています。

天皇賞・春のスペシャルウィークは、ジャングルポケット。
宝塚記念のサイレンススズカはダンツフレーム。
そしてジャパンカップの一世代下のシンボリクリスエスは、ゼンノロブロイで。てなところでしょうか。
やっぱり、この世代はジャングルポケットがいないと完成しないよなあ、と思ったり。

ラストはカフェが追いかけていた、或いはカフェに取り憑いていた「お友だち」、或いは守護霊の正体、いや正体の一つがカフェに瓜二つだったという偉大なるSS、サンデーサイレンスだというのを匂わせながらの幕引きで、なかなかいろいろな意味でゾクゾクさせてくれるシナリオでした。







ウマ娘プリティーダービー フジキセキPUガチャに挑戦  


決して胸に釣られたんじゃありません! ありません!

というわけで栗東寮の寮長であり、ウマ娘で最もイケメンな男装の麗人フジキセキのPUが始まったので、仕方なく仕方なく。
男装なのに、一番セクシーアピールなのってどうなんですかね!

フジキセキはサンデーサイレンス初年度産駒です。まさに競馬界に革命を起こしたサンデーサイレンス旋風は、このフジキセキから始まったと言っていいでしょう。
その鮮烈な強さは、わずか四戦しか走っていないにも関わらず、あまりにも衝撃的でした。これがサンデーサイレンス産駒なのか! と、凄まじいインパクトを植え付けていきました。
そのまま印象が薄れないまま強く刻まれたのは、フジキセキが種牡馬として非常に優秀であり次々と優れた産駒を送り込んできたからでもあるでしょうけれど……とにかくあの走りは鮮烈でした。
実のところ四戦しかしていないフジキセキは獲得賞金額だけでみると、同年代でも上位50位にすら入っていません。この世代は特にタレント揃いでもあり、フジキセキが居なくなったあとのクラシックも、皐月賞をジェニュインが、ダービーをタヤスツヨシが、オークスをダンスパートナーが、とSS産駒が席巻。
おなじみマヤノトップガン。マーベラスサンデー、ヒシアケボノがこの世代で、短距離戦線の花でビコーペガサスを蹴散らしてG12つ取ったフラワーパーク、地味にG1で掲示板を外さないいぶし銀だったホッカイルソーなどが居ます。
ちなみに、この世代の賞金王はマヤノトップガン……ではなく、実は地方競馬所属のアブクマポーロだったりするんですよねw
メイセイオペラのように中央のG1こそ買っていないものの、G2の東海ステークスは中央馬を蹴散らしており、メイセイオペラとは1勝1敗の互角の勝負をしたライバル。32戦23勝地方G毅款,陵困任△蠅泙靴拭

と、この世代には思い入れもありますし、フジキセキ無事ならばと思い馳せた事も数しれず。
まあ、この世代では圧倒的にダンスパートナーのファンだったんですけどね。
というわけで、ガチャいってみましたよ。


1回目
フジキセキPU1


2回目
フジキセキPU2


3回目
フジキセキPU3



はい、しゅーりょー。全然来る気せず。★3どころか★2ですら疎らという始末でした。
ここで撤退しておきます。
サポートカードの方は……まだ、決戦場じゃないよなあ。

限定ミッションの方はスキルやらの条件はともかく、育成評価点を累計30万点以上獲得しようはこれ兎に角育成の数を重ねないとどうにもならないんで、開催期間中にムリちゃうんかぃ! と、内心悲鳴をあげてたんですが……あれ? このミッションって期限今の所区切ってないんですか!?
それなら、普通にやっていればそのうちクリア出来るのか。それなら有り難し。

ウマ娘 セイウンスカイPU ガチャ回したよ  


ウマ娘プリティーダービー。アニメでは第一期でスペちゃんのライバルの一人として活躍した曲者「セイウンスカイ」
黄金世代最後の一人ということもあり、これは見逃せません。
前回のマヤノトップガンとエアグルーヴのブライダルフォームはスルーしましたが、今回は行きまっせ。
なんか運営から十連したまえよ、とばかりに石1500個いただいたので、とりゃー。


一回目。

ウマ娘 セイウンスカイPU




………うお!?
はい、しゅーりょー。って、速攻キたよ! お、おおお、なんかキちゃったよー。ウンスきたー。
うわはははは(テンション↑

サポートカードの方は、もうちょっとこうピンと来るのがピックアップされるまで、まだ我慢しておきます。現状、育成の方が頭打ちになってきているので、もっとサポートカードは充実させたいのですが、逐次投入するよりも集中してやった方がいいでしょうしね。

最近はなんとか入手できたウマ娘はみんなA評価ゲットできるようになったのですが、A+までがだいぶ遠いんですよねえ。
ジェミニ杯も参加賞が関の山だろうなあ、と言った所でしょうか。

まあでも、ウンスを一発でゲット出来たのは嬉しい限り。でもセイウンスカイって、宝塚記念とか全然関係なかったなー。



強い! それはなぜか!  


それはこの馬がグランアレグリアだからです!




この【ウマ娘風】シリーズ、毎週楽しみにしていたり。
今年行われている競馬のG1レースを、「ウマ娘」のアプリでのレースのような表現で演出している動画なんですよね。
実況を字幕で出してくれているだけでも非常にわかりやすくなっているのですけれど、これ回を重ねるごとに演出表現が凝りだしていて、スキルが発動したり、レースの進行バーが画面上に置かれたり。ついには、対象となる勝ち馬の現在地がわかるように馬の位置に▽がつくようになって、これが激烈に見やすくなったんですよね。大阪杯からシリーズはじまったのですが、最初から見ると進化の度合いが一目瞭然で面白いです。

さて、肝心のレースは圧倒的一番人気のグランアレグリアが、大阪杯の屈辱を晴らす圧巻の勝利。
今回のメンバーはマイル路線の牝馬が出揃った屈指のメンツでありましたが、文字通り一蹴してみせたグランアレグリアの強いこと強いこと。
4コーナーに差し掛かった時にルメールが前が塞がらない位置に持ち出したのを見た時点で、これは勝ったな、と思ったものですけれど、ムチを使わず持ったままで他馬をごぼう抜きして置き去りにしていく姿は、もう「強ええ!!」と思わず唸るほかないものでした。

「強い! それはなぜか。 それはこの馬がグランアレグリアだからです!」


ベテラン小林アナのこの実況はまた歴史に残るだろうなあ。


このグランアレグリア、趣味はラジオで好きな番組は国会中継なんですってw

アプリ版ウマ娘 スマートファルコンピックアップ  


十数年前のダート黄金時代。化け物という他ないダート馬たちが乱舞した中で地方レースを蹂躙したのがこのスマートファルコンでした。
その戦績たるや34戦23勝。
2000年以降のトップホースとしては破格の走破数であり勝利数であります。
そして2010年11月3日は船橋競馬場のJBCクラシックからはじまったG1・6勝、G2・3勝に及ぶ9連勝は正しく前人未到でしょう。しかも全レースで先頭を突っ走り後続に影も踏ませないという圧勝っぷり。
生涯5度に渡る「1.0倍」という元返しオッズを記録。
もはやダート界の伝説なんですよね、このスマートファルコンは。
一方で、三歳の皐月賞に出走して以降、中央では一切走ることなく中央ダート重賞には出走すらしなかったという戦歴の馬でもありました。結局フェブラリーステークスやジャパンカップダートと言ったレースで中央のダート馬たちと激突することはなく、自分の土俵である地方競馬場での対決に終始したことが、もう一つこの馬の名声が決定的なものになっていない原因な気がします。

さて、ともあれウマ娘では数少ない生粋のダート馬。オグリキャップとエルコンドルパサーにダートを頼っている現状では、スマートファルコンことファル子を狙わない意味がない。
ということで、ゴルシウィークも相まって溜まってるジュエルを投じてみました。

3回目で来たーー!!
ウマ娘 スマートファルコンPU


ありがとうございます、ありがとうございます。大切に育てますよー。
にしても、ファル子実装するなら地方レースもっと沢山実装してもらわないと、これどうするの?
ファル子が中央ダート走るとかアリなの!? ありなの!?


育成ではぼちぼちとA判定を取れるウマ娘も出てきたのですが、難しいウマ娘は難しいなあ。
バクシンオーが意外とファン数稼げなくて苦戦してるんですよね。ステータス確保とスキル取得とレース勝利のバランスが難しい。マイルまでAにして、何とか走れる範囲を広げてみているのですが。
因子も青の三ツ星なかなか出来ないしなー。一日一回くらいしかちゃんと育成できていないから、というのもあるのですが。

FGOの方も一応頻度減ってしまいましたが、朝にちゃんとやってるんですよね。
現在やってるイベントのワルツコラボは、田中天さんと矢野俊作さんというTRPG畑では知らぬ者はいないだろう、という人たちでリプレイでは自分も大いに楽しませてもらった人たちだけに、やらないという選択肢はありませんでしたし。ってか、実にシナリオがらしいシナリオで面白かった! 田中天さんって自分がプレイヤーだと笑い死にさせられるんじゃないか、というハチャメチャプレイしはるけど、自分がGMだと結構王道なんだよなあ。
というわけで、この両方をやってたら時間が爆死します。スマホゲーをやりながら、アニメ見たりテレビみたり作業したり雑誌をウェブ上で読んだりウェブ小説を読んだり、と必死にマルチタスクで処理してる現状……本読む時間がねぇーー!!
なんとか、なんとか確保、時間を確保……GW休み2日しかなかったんですけど!? 普通の休み込みで! 時間とかあるわけないじゃん!! うきゃーー!!(じたばた

ビワがきた  


アプリ版ウマ娘。プリティーダービーガチャ、つまりウマ娘ガチャですけどあれってたづなさんだけじゃなくて、理事長が登場する演出もあるんですね。
いきなりいつもの緑の人じゃなくて、理事長が出てきた時にはビビった。
そして理事長バージョンの時には大当たりなんですかね。十連の半分くらい金色か虹色演出で今まできていないウマ娘たちがガッポガッポきてくれましたよ。
タイキブリザード、じゃなくてタイキシャトルにエアグルーヴ、スーパークリーク。そして肝心要のビワハヤヒデ。
オーライオーライ。
やったぜ。

先にも一度語った覚えがあるのですが、ビワハヤヒデは自分の中の競馬の原点の一つともいうべき馬ですので、そりゃウマ娘の方も思い入れ生まれるというものです。

さても、ビワハヤヒデを育成する前にまだまだ育成できていないウマ娘たちが沢山いるわけですけど。
なんとか安定してURAファイナルズまでたどり着けるようになりました。そのまま決勝まで勝てるようにもなってきた。
やはり強いのがシンボリルドルフで、あの固有スキルの「汝、皇帝の神威を見よ」はメチャクチャ強いですよね。
レジェンドレースのエルコンドルパサー戦は、B+ですがこのルドルフさんで全部勝てました。余裕でぶっちぎるよ、この皇帝。
おかげさまでエルのピースが溜まってくれて、無事初の勝負服ゲット。いやー、★2以下のウマ娘たちの衣装、やっぱり勝負服着てほしかったので嬉しさもひとしおであります。あのステージ衣装、悪くないんだけど通り一遍でみんなアレ着てるとどうしても目が飽きてしまいますから、勝負服じゃないと。
他のウマ娘は先長いですけど、地道にピース貯めていこう。

しかしこのルドルフ様、固有スキルを継承で授けてくれるので、決め手に欠ける娘には大変ありがたいです。コーナー回復○の★3もついてるし。
これが一番クリティカルにハマったのがオグリキャップで、位置取り系スキルで進路確保して4コーナーから直線に入ったところでルドルフのスキルで超加速。そこから残り200になった所でオグリ本人の固有スキルによって二段加速。これで大概ぶっちぎれるようになってしまわれました。

それでもAランクは遠い遠い。ってか、育成って一日に一人できればいい方なんですよね。そんな沢山できんわー! グラス、グラスワンダー難しい。この娘やる気ダウンイベント多いなー。





アプリ版ウマ娘プリティーダービー エルコンドルパサーの巣立ち  



エルちゃん、そのマスク脱げるんだ!!
いや、そりゃ普通脱げるけどさ。アプリのミニ知識でマスク用の柔軟剤を使ってるとか情報出てたけどさ。

エルコンドルパサー。それは黄金世代と呼ばれた98世代の中でもひときわ鮮烈な軌跡を辿ったウマである。
当時、競馬界では国内生産者の保護のために外国産馬……外国の牧場で生まれ輸入という形で日本に持ち込まれた馬にはクラシックへの出走権は与えられなかった。これが覆されるには「サンデーサイレンス」という日本競馬界をSS以前とSS以後に分け隔ててしまった神域の種牡馬とその産駒たちの登場を待たなければならないのだが、とにかく当時は98世代でも外国産馬であるエルコンドルパサー、そしてグラスワンダーはクラシック三冠とは違う路線を辿ることになる。
セイウンスカイ、スペシャルウィーク、キングヘイローといった面々と同じレースを走る機会は、クラシックレースが終わったあとの秋以降を待たなければならなかった(グラスワンダーは同年暮れの有馬記念でキングヘイロー、セイウンスカイと激突している。この二頭にエアグルーブをはじめとした6頭のG1馬たちを蹴散らしての勝利であった)。

とはいえ、ウマ娘の世界。トゥインクルシリーズと呼ばれるレース番組では、そんな出走制限は存在しません。なにしろウマ娘たちは全員娘さんなので、現実の競馬では男の馬である牡馬が出走できない桜花賞・オークス・秋華賞という牝馬三冠でも、元のモデルが牡馬であろうと出走できるという仕組みなのであります。
なので、外国産馬では出走できないという制限が存在しない以上、エルコンドルパサーもまたクラシックに出走できるんですね。アニメでも、正史と異なる展開としてエルが日本ダービーに出走するという話がありました。
アプリでの育成ストーリーでも、エルはNHKマイルCという3歳限定のマイル王決定戦を経たあとに日本ダービーを次のレースに選択することになります。
正史よりも一足早く、彼女はここで同世代のライバルと激突することになるのです。

ウマ娘のエルコンドルパサーは、帰国子女という設定で妙に胡散臭い英語交じりのインチキ臭い日本語を駆使しつつ、そのテンションの高い表情豊かなキャラクターで同世代の中でもムードメーカー的なキャラクターだ。同時に、自信家でもありデビュー前から世界最強のウマ娘になることを高らかに公言している。
でも、そんな自信家で強気ではっちゃけたテンションはどちらかというと演技も混じっていて、本来は弱気で臆病な自分を奮い立たせるために、マスクを被ることで本当の自分と違うキャラを全面に押し出しているのだという。
そんな彼女の脆い一面が一気に噴出するのが、日本ダービーに出走しながらスペシャルウィークをはじめとした同世代にこれ以上ない勝負付けをされてしまい、敗北してしまった時だった。

本当は、自分は最強でも何でもないんじゃないのか。世界を目指すなんて、身の丈にあわない烏滸がましい目標だったんじゃないか。

敢えて同世代みんなが目指すクラシック戦線とは違う路線を選び、孤高であることでより高みへと羽ばたこうとしていたエル。コンドルのように、高く高く、誰もいない空を舞うように飛ぶことを目指して、たった独りの戦いを選んできた自分は、もしかしたらライバルたちとの勝負から逃げて楽な道を選んでいただけじゃないのだろうか。
スペちゃんたちとの、どうしようもない実力差を突きつけられた時、エルが自身を奮い立たせるために鎧ってきた自負も自信も、すべてがもろく崩れ落ちてしまった。

思えば、アニメの第一期でもエルは、あのエセ外国人っぽい喋り方とか演技としてやってるっぽいところを見せてたんですよね。素に戻った時、普通に滑らかな日本語で喋っていましたしね。
そして自信家の顔が仮面に過ぎなくて、本当は臆病で気の小さい自分を隠しているというのも、5話の日本ダービーの本馬場入場前。地下馬道から日の光が差し込む地上を見上げながら、立ち尽くして顔を強張らせて握りしめた拳を震わせていた姿は、きっとエルコンドルパサーという娘の本当の姿だったのでしょう。

そして毎日王冠での圧巻の逃げ、いやたった独りの独走によって影も踏ませてもらえなかったサイレンススズカという最速の走りに、エルは世界のあまりの遠さを思い知らされてしまう。

本当の弱い自分を覆い隠してくれていたマスクも、もう自分を支えてはくれなかった。
マスクを脱ぎ捨ててへたり込むエルの素顔は、派手な言動とは裏腹の素朴な顔で、美人ではあるのだけれどどこか大人しげで内気そうですらある容貌でした。
こんな娘が必死に自分を奮い立たせ、夢のためにマスクを被って、走る自分を戦う自分を作り上げ、世界の頂きを目指していたのか。最強のウマ娘になるのだと自分に言い聞かせ、信じ込ませて走らせ続けていたのか。
そう思うと、泣き沈むこの娘の弱さが愛しくてたまらなくなってしまう。
この娘の弱さは、強さの裏返しだ。弱さに怖じけてしまわずに頑張ってきた証拠じゃないか。
そしてこの娘の奮い立つ「勇気」は、こんな所で挫けてしまう程度の弱虫とは違うのだ。

もう一度立ち上がったエルが被るマスクは、弱い自分を隠すものではもうなかった。それは彼女の勇気の証。スペシャルウィークをはじめとする、同い年のライバルたちと今度こそ真っ向から勝負して勝つための新しい翼。
そんな風に彼女をもう一度羽ばたかせてくれたのは、スペちゃんやグラスワンダーといった友人であり好敵手たる競い合う仲間たち。
今こそ、怪鳥はたった独りの檻の中から巣立っていく。

エルコンドルパサー、激戦のライバルたち。
僕らは、ひとりでは強くなれない

JRAのCMで流れた、エルコンドルパサーに送る詩。
実際のエルコンドルパサーは、その戦歴もあってむしろ「たったひとりで強くなった」と言わしめた馬だったけれど。
ウマ娘のエルコンドルパサーのシナリオは、まさにこのCMの言葉「ひとりでは強くなれない」を体現したような成長譚でした。
じわじわと、感動させられてしまいました。
なにげにこのゲームの育成シナリオ、全勝じゃなくても負けを挟む展開だからこそ味わい深いストーリーがあったりするので、侮れないです。





アプリ版ウマ娘 マヤノトップガンの憧憬  


現役時代、変幻自在の脚質を持ち、ときに逃げで、ときに追い込みで、先行で、と戦法を問わずG1を勝ちまくったマヤノトップガン。
そんな実話を背景にしてか、何でも出来る何でもわかる、という天才肌の天真爛漫な少女としてウマ娘化されている。
そんな彼女の育成ストーリーは、そんな自由気ままに何でもわかってしまうからこそ何でもこなせてしまうからこそ、さほどの情熱もなくレースに挑んでいたマヤノが、ギラギラと輝くような闘争本能で走る一世代上の先輩である三冠ウマ娘ナリタブライアンの強烈な覇気に惹かれ、魅せられ、孤高を貫き脇目も振らずひた走るブライアンの背を追いはじめることで加速しはじめる。
あの人に、あのキラキラと輝いている人に追いつきたい、勝ちたい!
初めて灯る情熱の炎はマヤノに真剣にレースに取り込ませる原動力となり、彼女はブライアンの出るレースに飛び込み、そのたびにブライアンに挑む。
そんな彼女に手を差し伸べたのが、ブライアンのライバルを自称するヒシアマ姐さんことヒシアマゾンだった。マヤノがはじめてブライアンに負け、その輝きに魅せられたレース。ブライアンの勝利者インタビューに殴り込み、真っ向から宣戦布告してみせたマヤノを気に入ったヒシアマ姐さんは、マヤノに目をかけてくれて、何かとアドバイスと指導をくれるようになる。
なんでもわかるからこそ、わかった気になってそれ以上周りを見なくなってしまうというマヤノの欠点を鋭く指摘したのも彼女だった。蛮族に見えて何気に鋭い観察眼と世話好きな一面を持っている意外性のヒシアマゾン。さすがは美浦寮の寮長を任せられているだけあるのだなあ。

しかし、何度挑戦してもナリタブライアンの豪脚はマヤノを千切り去っていく。追いつけない、どうしても追いつけない。悔しい思いに歯噛みしながら必死に追いすがるマヤノを尻目に、ブライアンは独り走り続け……孤高はいつしか孤独へと移り変わり、どれほど走っても届かない高みにやがて終わりを望むようになる。
そして、マヤノの逃げを粉砕した天皇賞・春のあと、ナリタブライアンは次の目標を有馬記念へと定め、それをもって引退すると宣言したのだった。
斜陽、それは沈む夕日のごとき茜色の……しかし最も大きくキラキラと輝く日の光。そんなブライアンを追いかけるように、登る朝陽のように彼女の背に焦がれ続けるマヤノ。
今度こそ追いつく、という決心の元、ヒシアマ姐さんの後押しを得ながら、宝塚記念、天皇賞・秋を連覇したマヤノは、ついにブライアンとの決着をつけるべく、有馬記念へと挑むのでありました。
そんなマヤノにもう教えることはないとばかりに背中をたたき、ブライアンの目を覚まさせてやれ、と激励の言葉を贈り送り出してくれたヒシアマ姐さん。
そして、ブライアンに対してマヤノはお前に勝つ、そして目を覚めたなら今度こそあたしと決着だ! と、ヒシアマ姐さんは明日の再戦を宣告するのであった。

そして来たる有馬記念。4コーナーで果敢に抜け出し、追撃してくるブライアンをついに突き放してゴールへ向けて一直線に駆け抜けるマヤノ。

その時! 後方大外から居並ぶウマ娘たちをまとめてぶっ刺し、ブライアンをも並ぶ間もなく抜き去って、マヤノを猛追する黒い影。
そのウマ娘は伝説的とすら言えよう凄まじい差し脚を持って、残り2ハロンで5バ身差はあっただろう距離を叩き潰し、ゴール板直前でマヤノをハナ差差し切るのであった。

呆然のマヤノ、唖然の私。

そう、ブライアンもマヤノもまとめて差し切ってきたウマ娘こそ、かの女傑ヒシアマゾン。
ヒシアマ姐さん、その人なのでありました。

……いや、ちょっとマテーー!!
姐さん、あんたさっき快く送り出してくれたじゃないですか。マヤノとブライアンのタイマン勝負として、二人を叱咤激励して見送ってくれたじゃないですか。
あれだけの事をしておいて、本番で自分が二人をまとめて叩き潰して我が物顔でウイニングランとか、そういうところだから、ヒシアマ姐さんそういうところだから!!

泣く泣くコンテニューする私でした。

……また鬼脚で今度は7バ身くらい二着マヤノをぶっちぎるヒシアマ姐さん。

こ、コンテニュー。
また大外の画面外からぶっ飛んでくるヒシアマ姐さん。

ら、ラストコンテニュー!!

画面外からワープしてくるヒシアマ姐さん。

いやちょっと!! これ確か、マヤノとナリタブライアンの感動のラストラン、というシナリオだったはずなんですが! なんで、ことごとくヒシアマ姐さんが立ちふさがって差し切ってくるんですかよ。ブライアンどこいった? 

いや、人気はあるのに何度コンテニューしてもどうしても勝てなかった、という展開はままあるのですけど、全部同じウマ娘、本来のシナリオのライバルと違う子に同じレース展開で叩き潰されるというのはさすがに初めてだよ!
これが特にシナリオと関係ないモブだったらこんなにもひっくり返らなかったんだけど、よりにもよってヒシアマゾン。シナリオの名脇役だったはずの彼女が最後の最後で彼女自身が磨き上げたようなシナリオの集大成を自分自身で盛大にひっくり返すような展開になってしまって、ひたすらも唖然呆然。
見事にヒシアマ姐さんによって最後の最後に育成失敗してしまったのでした。ちょっとオモシロすぎる展開で、ある意味ドラマチックすぎて笑ってしまいましたがな。
こういうところあるから、このゲームほんと楽しいですわ、ほんと好きw









ウマ娘 アグネスタキオンという夢の話  

アプリ版ウマ娘、ようやく育成シナリオを優勝で終わらせることができました。
順当に、スピードあげてりゃいいという一番な簡単なサクラバクシンオーであることはご了承いただきたい。
いや、つい先日までステータスあがらんよー、と悩んでたら、サポートカードのレベルをマニーとかのアイテムでカンストまであげられる事に気づいていなかった程度の人間なのでw
いや、最初にプレイはじめた時にはちゃんと確認してたんだけど、これカードのレベルあげるってまたアイテムわけわからんほど数かかるんだろうな、課金向けなんだろうな、と思い込んで端から選択肢として遠ざけちゃってたんですよね。なんか思った以上にわりと安上がりにあげることができて、自分程度のちょっとしかプレイしていないプレイヤーが貯めた程度のマニーとかで十分あげられてしまった時には思わず天を仰いでしまいました。
今まで地道に育成したときの経験値で積み上げていたものですから。

サクラバクシンオーの育成ストーリーも良かったのですけれど、これ相手がニシノフラワーになってるのが玉に瑕なんですよね。いや、サクラバクシンオーの現役時代の前半生においては先達ニシノフラワーは確かに立ちふさがる壁なのですけれど、バクシンオーのライバルといえばスプリント王者のバクシンオーVSマイルの女王ノースフライト、という全盛期同士がぶつかり合いお互いの距離で一歩も譲り合わずに競り合い続けた攻防が劇的だっただけに、フーちゃんの登場が待たれるところ。

さて表題のアグネスタキオンです。
このウマ娘については、件のサポートカードが全然レベルあげてない状態でプレイしていたときに最初に育成シナリオのファイナルまで辿り着いたウマ娘だったのですけれど、このタキオンのシナリオがまた良かったんですよ。

アグネスタキオンのことはご存知でしょうか。例のJRAのCMでも取り上げられた光速の素粒子。僅か4戦で神話になった馬。
そう、タキオンは僅か4戦しか走らず、屈腱炎という競走馬にとっては骨折と共に引退を強いられる怪我によって現役を退くことになった馬でした。
しかし、その戦績は4戦4勝。三歳クラシックがはじまったときに、もはや三冠間違い無しと謳われ実際に皐月賞を圧勝した馬でもありました。
その戦歴の中では、のちの同世代の馬として競馬界を席巻するジャングルポケット、クロフネ、マンハッタンカフェという錚々たる面々を下しています。
「ラジオたんぱ杯3歳S」、のちにJRAで最も新しいG1レースとなる「ホープフルS」の前身でもあるレースで、日本ダービーを制覇し世紀末覇王テイエムオペラオーの天下を踏み越えてジャパンカップを制覇することになるジャングルポケット。そしてNHKマイルカップという3歳マイルの頂点に立つと同時にジャパンカップダートという砂のG1で現在も破られていない伝説のレコードを出したクロフネという二頭の名馬を子供扱いしている。
続いての弥生賞では未だ本格化なっていなかったのちの菊花賞・有馬記念を制するマンハッタンカフェを圧倒し、皐月賞では再びジャングルポケット、そしてのちに宝塚記念を勝つダンツフレームに追随を許さず、完勝無敵を誇り……そしてそのままターフを去っていったのでした。

僅か4戦だけとはいえ、どのレースも他を寄せ付けない圧勝。あまりにも強くあまりにも早く、強烈に記憶に焼き付ける凄まじく強い勝ち方。そして、4歳以降になったあともG1戦線を荒らし回ったジャンポケをはじめとした同世代の馬たちに明確に勝ち負けをつけていたことが、タキオンを神話にしたのでした。

ウマ娘ではアグネスタキオンは、スピードスターでも無敗の圧倒的な王者でもなく、どこかマッドな雰囲気をたたえた不健康そうな顔色の研究者という装いをしており、実際あまり彼女はレースそのものには情熱を抱いてはいません。
その実、彼女は自分の卓越した才能に比して器としての肉体が弱すぎて、最高峰のレースには耐えれないと早々に断じていて、自分が構築する最強ウマ娘の理論を自分で体現するのではなく、その研究結果を他のウマ娘で叶えようと考えています。
ですが、トレーナーの熱い情熱に促されるように彼女はレースに挑戦し続けることを選び、ついに正史ではあり得なかった日本ダービーに参戦することが叶い、これに勝利することで自分を諦めることなく、夢を自分の力で、自分を信じてくれるトレーナーと共に叶えよう、と心定めるのでした。

実際、ここステータスの数値が全然あがってなくてスキルも全然取れていなくて7番人気くらいだったのに、勝っちゃったんですよね。未だにあれなんで勝てたのかよくわからないんですけど、皐月賞とダービーを連覇してしまったのです。いやあ、あれは驚いた。
そして挑んだ菊花賞。
そこで彼女の前に立ちふさがったのは、正史でも夏を越えて本格化し菊花賞を制覇することになるマンハッタンカフェでした。
ジャングルポケットとクロフネ、ダンツフレームは居ないんですけど、マンハッタンカフェはウマ娘化しててくれたんですよ、ありがたし。
ゲームでも私のタキオンはここで二着となってしまい、彼女の横を駆け抜けていったのはマンハッタンカフェでした。

ただ、この時点ではタキオンはそのマッドサイエンティストな面を自分の強化という面に集中していて、彼女の理論をどう自分に当てはめるかに頭が一杯で他のウマ娘は眼中になく。
一方のマンハッタンカフェも不思議ちゃんっぽい所があって、お一人様の世界に入り浸っていて理想の相手をイマジナリーフレンドのように構築して愛でているような感じで、ライバルって感じではなかったんですよね。

でも、お互いが意識していなくても、事実としてここにライバル関係は生まれていたのです。同じ世代、同じ舞台で競い合う相手として。
それは正史では存在しなかったライバル、でもタキオンが現役を続けていれば必ずあったであろう幻のライバル。

シニアへと戦場を移し、幾つものG1を戦い抜いていった先で、タキオンはついに最強の理論に到達し、しかしそこに僅かな足りなさを見出します。いくら内側を探しても見当たらない最強に至る最後のピース。それはラストレース「有馬記念」を前に、マンハッタンカフェとぶつかった際にようやく見つけることが叶ったのでした。
自分の内側に理想のウマ娘を探し続けイマジナリーにすがりついていたマンハッタンカフェが、はじめて外に見出した「理想」アグネスタキオン。
そして、自分に足りなかった最後のピースこそ「最強のライバル」だと気づいたタキオンの視線を奪って離さないマンハッタンカフェ。

競馬に置いてもウマ娘というコンテンツにしても、特にウマ娘のアニメの二期は切磋琢磨するライバル、というテーマを取り上げているだけに、この正史には存在せずしかしあり得るはずだったライバルというタキオンとマンハッタンカフェの二人を取り上げたタキオンのストーリーのクライマックスには、なんかもうこみ上げるものがありました。
特にアグネスタキオンは皐月賞を勝ったまま早々にターフから駆け抜けていってしまっただけに。

アプリのレースは残念ながら育成ストーリーのラストである有馬記念までたどり着きながら、力及ばず敗退。しかし、並み居るウマ娘たちをごぼう抜きにしてゴール板を先頭で駆け抜けていったのは、正史と同じく(正確には年代が一年違いますが)マンハッタンカフェでした。
育成失敗とは相成りましたけれど、これはこれで美しい終わり方だったなあ、と心に残るストーリーでありまして、思わずこんな風に記事にして書き上げてしまった次第。
うん、今度こそタキオンもクリアしてみせよう。そして彼女のストーリーの結末を見るのです。

それはそれとして、同じ世代のライバルとしてやはりジャングルポケットも一緒にウマ娘として見てみたいなあ……。ウマ娘化がされていない社台系の馬なのでまずもって難しいでしょうけれど。

そのジャングルポケット、つい先だっての3月2日に23歳でお亡くなりになっております。現役時代もさることながら、種牡馬としてもウマ娘にもなってるトーセンジョーダンや、菊花賞馬のオウケンブルースリ、ジャガーメイルなどを送り出した良種牡馬の一頭でした。ほんと、お疲れ様でした。

ちなみに、タキオンも種牡馬として非常に優秀で、おなじみダイワスカーレットは、アグネスタキオン産駒だったりします。運命を感じる?


アプリ版ウマ娘プリティーダービーがやばい  

やばい、ほんとヤバい。
無限に遊べてしまう。やろうと思えば何時間でも遊べてしまいそう。

めっちゃ面白い!!

いやもう危険を感じるまでもなく、明らかにこれ時間が消し飛ぶ系なので頑張って時間区切ってやってるんですけど、それでもヤバいです、ほんと面白い。
レースが見てて全然飽きないんだ。何度見てても手に汗握ってしまって、ついつい全部見てしまう。
PVで見るよりも、レースシーンめちゃくちゃ燃えてしまう。一歩も譲らず迫りくる後続馬をねじ伏せて逃げ切ったときも、遥か後方からぶっ飛んできて一気にまとめて前の馬抜き去ったときも、もうたまんないんですわー。

一応、長い間事前登録して待っていたから触りだけでもやってみておこう、というくらいのつもりだったのですが……これ、ゲームとしてオモシロすぎますわ。やばい。
システムとかまだちゃんと把握しきれていないし、あんまり時間かけるわけにもいかないので、ちょびっとずつしかやってないのですけれど。
リセマラとかもしてません。ぼちぼちやるつもりのライトユーザーに徹するつもりなので。
つもりなので!

……毎日、ちょっとずつプレイ時間が伸びてってるような気もしますが。育成ついつい一日一人でやめられずに、もうひとり、もうひとり、となっちゃってますが。
自重、自重しながらやらねば。やばいよー、ほんと面白いよー、やばい、これはマジやばい。
永遠に遊べる、遊べる……おおう。

まだ実装されてるウマ娘、紹介されているラインナップからするとまだまだ少ないのですけど関係ないもんなー。あんまりウマ娘自体の底レアとか高レアも気にならないですし。どのウマ娘も元が名馬なので、育てると関係なく強くなりますし。つおい! 

ちょっとしばらく、無限に遊び続けたい欲求との戦いになりそうです。
ダート馬が、ダート馬が全然足りないよ! 現状実質ハルウララだけじゃん! スマートファルコンも実装されていませんし。
メイセイオペラとかトランセンドとかカネヒキリとかヴァーミリオンとかエスポワールシチーとか、ダート馬を、ダート馬をもっとウマ娘にしてください!

 
1月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


電撃コミックスNEXT
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W

1月26日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


角川コミックス・エース
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
1月25日

(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索