徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

テレビ

真田丸 第35回 犬伏   


「良き、策じゃ」


うおおおお! 素晴らしい、素晴らしかった。真田丸の中でもこれはもう屈指の神回と言って間違いないでしょう、これ。前々から宣伝して、満を持して送り出してきただけはある、というものです。
感極まった源次郎役の堺さんのボロ泣きに、思わずこちらももらい泣き。
あれはガチ泣きだよなあ。リハからボロ泣きしてたらしいけれど、あの「兄上……」と言葉を漏らしてからもう何も出てこなくて、ただただ涙が溢れてくる源次郎の姿は、ものすごい弟してて、それ見て目をうるませながらウンウンとうなずいて肩を叩く信幸兄ちゃんが、ほんと兄ちゃんしてて、真田兄弟最高だよ、最高だよ。
昌幸パパの、あの寂しそうでありながら凄く嬉しそうな表情。息子たちの成長を心から喜び、そして寂寥を
感じているあの複雑な表情、仕草の演技。
今回はもう草刈りさん、大泉さん、堺さんの真田親子の演技が極まってて、素晴らしかった。素晴らしかったしか言えないよ。

そうかー、犬伏の別れは戦国の習いでも悲劇でもなく、親を越えていく息子たちの成長を描く場になったのか。
まさか、徳川と豊臣に陣営を別れることを提案するのがパパでも源次郎でもなく、源三郎兄ちゃんになるとはなあ。


さて時間を巻き戻して今回冒頭から。徳川主軸による会津征伐に対して上杉に味方すると決めた真田親子。事情を真田家の女達にも伝えて、いつでも上田と沼田に逃れる準備を、と言い含める。
ここで女衆の取りまとめを源次郎が、きりに頼むんですよね。……いや、きりちゃんあなた細川家に仕えてるのに何しれっとコッチ戻ってるのw
わたし、真田の女ですからー。
これにカチンと来たのが源次郎の正妻の春で、きりに張り合うように薫さまに取り付いて自分が自分が、とアピール。うわぁ、これは面倒くさい本性が露わになってきたぞ。
一方で信幸兄ちゃんの嫁である稲の方は、徳川とはきっぱり縁を切り、真田の女として生きる旨を昌幸パパに誓うのである。変わったなあ、稲姫。それを嬉しそうに見つめているおこうさん。揉めてた二人だけれど、何だかんだと息のあったコンビになってるんですよね、こっちの女衆は。

上田に出立する前日、大坂城に挨拶に寄った源次郎が会ったのは石田治部の送った桃の木を手入れする片桐さん。この桃の木はずっと大坂城の中で豊臣の行く末を見守り続けるのだろうか。
北政所にも別れの挨拶をして、大坂城の天守を見上げる源次郎。思いをはせるは、ここでの思い出。秀吉との出会い、そして茶々との出会い。
再び、彼がここを訪れるのは大坂の陣が起こる14年後、となるんだよなあ。


場面変わって会津征伐。上杉主従は相変わらずで、注目は徳川の方。ここで、家康は一軍を秀忠に預けて本多佐渡をサポートにつけるんですよね。これを、お目付け役と思って機嫌を悪くする秀忠を宥めるのは……茶々の妹のお江……。この江姫、暑苦しい。なんかすごい暑苦しいぞww 飄々としている姉ちゃんと違って、なんかこうねっとりとした暑苦しい姫だ。この僅かなシーンだけで、キャラが伝わってきてしまうw

そして、上方で決起した石田治部は、美濃で陣を張る大谷刑部に味方になってくれるように頼むために訪れるのですが……
ここからが、大谷刑部の屈指の熱演。病に冒され死を目前にした男の、凄まじい熱量が画面を焼きつくす。
「私が、お主を勝たせてやる!!」

関ヶ原合戦に際して、これほど熱くたぎる大谷刑部少輔吉継があっただろうか。諦観でも、黄泉路の共連れでもなく、この生命を燃やし尽くしてこの不器用な男を勝たせてやるのだ、と気炎を上げる大谷刑部役の片岡愛之助の熱演、熱演、熱演!! 
思わず目を真っ赤にして泣く石田治部がまたいいんだ。男の、そう男と男の友情である。これほどの熱い思いを一身に自分に向けてくれる相手に、思わず言葉もなくハラハラと涙をながす石田治部に、
「泣いているヒマはないぞ!!」と叱咤する大谷刑部。でもね、刑部殿、目が見えてないはずなんですよ。あとで、娘の春が報告に来た時に、彼女がどんな表情をしているのかわからず「笑っているのか?」と尋ねたくらいにもう目も見えてないはずなのに……治部が泣いているのは、目が見えなくてもはっきりとわかるんですよ。

一方で、熱があがらないのが小早川秀秋。伏見城攻めを命じられたものの、気が乗らないのを臣下となっている板部岡江雪斎に愚痴るのですが……この段階で板部岡江雪斎、自分が徳川から送り込まれた間者であることを明らかにするのである。
おお、この段階で既に徳川方であることを教えてしまうのか。これは、土壇場で裏切る既存の展開を引っくり返す話になるのか!?

石田方が、大坂在住の大名たちの家族を人質として集め出したさなか、自ら屋敷に火を放ってしまったのが、細川ガラシャこと玉姫。きりちゃんが駆けつけるものの、夫である細川忠興にもし人質にされるようなことがあれば、その前に自害せよ、と言われております、となんか恍惚とした表情で殉じようとした挙句、家臣に自らを槍に突かせて死んでしまうのである。石田方の暴走、という形ではなく、ちゃんと細川忠興の言葉を取り上げて、ガラシャが自ら死を選んだ、という形にしたのか。
これは治部と刑部殿も想定外で、人質を死なせてしまったことで大義が薄れる事態に、治部殿またお腹痛くなる。
実際、これを見て危機感を覚えた稲姫は、おこうと共に沼田に脱出。また、混乱に乗じて上方にいた阿茶局もこっそり脱出。さすがである、阿茶局。

細川屋敷を脱出したところで捕まってしまったきりと佐助でしたが、幸い面識のある治部と刑部のおかげで解放。大谷刑部殿が事と次第を記した文を昌幸に渡すように佐助に託すのですが、何日で着く?と尋ねられて4日半、と答えた佐助に……微笑んでうん、と頷くだけの大谷刑部さま。容赦なく日数削ってくる出浦さまや真田家の面々と違って、すごく……ホワイトですw

そして、届けられた文によって上方の事態を知り、……犬伏の別れとなるわけですなあ。

「夢物語はもう終わりにしてください!!」
こうやって親父殿を怒鳴りつけるのが、信幸ではなく信繁の方だった、というのはパパにとってもショックだったかもしれません。
様子を覗きに来た河原綱家に、下駄が投げつけられて綱家の歯が折れてしまったエピソードもこの時。途中、家臣として河原綱家が登場した時から、この時要員なんだなあ、と思って待ってましたけれどw


くじ引きでどっちにつくか決めよう、から「私は決めました、決めた、決めたぞ!!」。この連呼は、ちょうど第二回のあのシーンの繰り返しなんですよね。それを、信幸兄ちゃんが決然と行ってみせたのが、本当に感慨深い。
敵味方に別れるのではなく、どっちが勝っても勝った方の陣営が負けた方の陣営についた家族を助けるのだ。どんな手を使っても、どんな手を使っても、絶対に助けるのだ。その為に、徳川と豊臣の両者に着く、まさに生き残るための大戦略。三人がまた一緒にこうして膝を突き合わせ、酒を酌み交わし、一緒に笑い合うための、策なのだ、と。
たとえ離れ離れになっても、真田は一つ!!
あのババさまが遺言として遺してくれた言葉を胸に、今一度違う道を歩もうとも真田はいつも心一つに。

「……良い、策じゃ」


昌幸パパがこぼしたセリフが、本当に染みました。信幸兄ちゃんのひねり出した策を、ただただ一言で褒め称えた昌幸パパ。ついに、策を褒めてくれた昌幸パパ。
息子が、父を超えていく瞬間でした。


「我等はこのときのためにうまれてきたのかもしれない、いずれまた三人で飲める日が来ることを祈ろう」


犬伏の別れは、涙涙の哀しみではなく、何気ない談笑で……よりにもよって韓進の話題なのですが。酒を酌み交わしながら、親子三人で笑って盛り上がって和やかにくるまれて行く、そんな別れでした。
これがまた、胸に染みて……素晴らしかった。大泉洋さん、すごいよ、素晴らしい真田信幸でしたよ。
この回こそ、真田丸の一つの集大成だった、と言って過言でナシ。ただただ、感動感激するばかりでありました。良かったよ、良い兄弟、良い親子だった。感無量です。


真田丸 第34回 挙兵   



おおっ、片桐さんが、片桐さんが家康相手に強気に押し切った!!
いつも胃を抑えて右往左往していた片桐さんがですよ、上杉征伐に秀頼公の名前を利用するのは罷りなりませぬ! と家康の要請を一喝して拒絶。すごい!!
あとで陰に隠れて胃薬大量に飲みまくってましたけれど、根性見せましたよ。
なんでここに来て、と思う所なんですけれど、その伏線は治部殿から秀頼公に送られた桃の木を、枯れかけてしまったので移植するシーンで垣間見えてたんですよね。
あそこで、桃の木を抜こうとしてすっ転んでしまった片桐さんに、秀頼がコロコロと笑い転げたのに、片桐さん満面の笑みを浮かべながらおどけて格好つけて「ほっ、大丈夫ですっ」なんて言ってるわけですよ。
秀頼、茶々母子に対して見せるあの慈愛の表情。かつて片桐さん、元浅井家臣として茶々様には一方ならぬ思いがある、と語られていましたけれど、そうか……片桐且元の忠義はこの母子のために捧げられるのか。
茶々と秀頼のためだからこそ、家康相手にも引かなかった、と思えばこれからのち殆どたった一人で豊臣家を支え続ける片桐さんの、その思いの強さがかいま見えるようじゃあありませんか。

初っ端から石田治部殿の語る源次郎の正妻・お春の黒歴史に吹き出し、石田様の屋敷に行っていた、と語るや動揺しまくって障子の紙を突き破って行ってしまったお春の行状にひっくりカエルや、なんちゅうかなんちゅうか。
この正妻さまもまたどえらい人のようで。今後、とんでもないトラブルを起こしてしまうんでしょうか。

一方、きりちゃんは北政所さまが僧籍に入るのをきっかけに退職して、今度は細川屋敷に務めることに。またしても率先して死地に赴くきりちゃん。どうしてそう危ないところ危ないところに突入するのか。でも当人も不穏どんとこい、な物言いなんですよね。危機に巻き込まれるたびに源次郎から心配され、何だかんだと役に立って、上田に居た頃よりも徐々に距離も近づいている気がするから、なんでしょうか。きりちゃん、徐々に良い関係になってるのかもしれないけれど、その徐々に……がガチに十年単位なのはジョジョすぎやしませんか? もう結構な歳ですよね、あーたもw

でも、早速7将の石田襲撃事件では役に立って細川屋敷から先んじて襲撃の情報をもたらしてくれるあたり、ほんと役に立ってるんですよね。源次郎もついに、「たまに!」ですけれど、役に立ってると認めてくれましたし。

しかし、石田治部を誅してくれるわ、と盛り上がってる7将ですけれど、一人清正だけテンション低いんですよね。かと言って乗り気ではない、というわけでもなく、ドロっとしたものを抱えているような雰囲気で。

治部殿は源次郎からの情報を得るやさっさと屋敷を退去。この時、徳川家康のもとに逃げ込む、という話はこの真田丸では俗説として完全に排除して、今通説となっている伏見城の治部少輔丸に立てこもる、という話に則ったのですな。残された屋敷の方は、源次郎から助けを求められた信幸兄様が配下を連れて駈けつけてくれて、資料の取りまとめと襲来した七将の対応にあたることに。
ここでの真田兄弟の堂々とした振る舞いがまたすごいのよねえ。いや、なんでわざわざ将棋盤挟んで将棋をせずに崩し将棋してるのか、と笑うところなんでしょうけれど、強面どもががなりたてながら迫ってくるのに一切動じず、逆にやるなら真田家との大名同士の合戦となるがよろしいか、と逆に脅し返すほどの貫禄をみせるわけで。兄ちゃん、すげえカッコいいし、真田兄弟此処にあり、というのを見せつけてくれる二人の良シーンだったんですよね。もうすぐ一緒に居られなくなるせいか、ここにきて兄弟セットの良いシーンを惜しみなく出してくるなあ。

ここで、今はまだ黒田家に仕えている後藤又兵衛が初登場。後藤又兵衛、演じるの哀川の兄貴なのかー。いや、最初は見てわからんかった。

事態収拾のために茶々さまに助けを求めた源次郎だけれど、これまで源次郎の頼みならいいですよー、と大概何でもOKしてくれていた茶々さまが、今回に関してはきっぱりと断るんですよね。もう考え方が一人の女としてではなく、秀頼の母として秀頼にとって良いか悪いか、が基準となってきてるんですなあ。
そのあと、源次郎は大谷刑部に知恵を借り、家康に直接仲裁を求めることに。しかし、のらりくらりと言質を与えぬまま、治部殿には政治の表舞台から退いてもらうことで事態を収拾することに。
ここで七将を処分してしまうのも手ですが、と言っちゃう本多佐渡が実にサドい(笑

公式に蟄居が決まり、これまで豊臣家のために尽くしてきた自分がどうしてこんな目に、とついに涙を見せる石田治部。泣いちゃった、泣いちゃったよ治部殿。なーかしたなーかした。
悔しかろうのう。
ここで源次郎に頼み込んで会いたいと申し出た相手が、まさかの加藤清正。虎之助と会いたい、とあの治部殿が自分から……。
そして、虎之助に何事か耳元で囁く治部殿……。
まさか、ここで……このタイミングで清正に秀吉からの呪いを送り渡すのか治部殿!
これは、もしかして加藤清正最期の戦い、があるんだろうか。

そして、蟄居先である居城佐和山城に去りながら、源次郎に迎えて一言。

「今生の別れである!!」

なんかもう、この段階で治部殿、死を覚悟してるみたいじゃないですか。



残された源次郎は、家康から勧誘を受けるも、これをきっぱりと拒絶。やんわりと、じゃなくてお前のところなんか絶対行かん! とばかりの拒絶です。これは家康も面白くないわなあ。


そして一年後、上杉に謀反の疑いがかかり、上洛しての弁明を促したところ、返ってきたのがめちゃくちゃ長い、そりゃもうわらっちゃうくらい長い紙にびっしりと書かれた反論文。世に言う「直江状」である。
いや、この紙特注だろう、わざわざ直江状のために作らせたんですか、直江さんww
この煽りに煽りまくる内容の文章を、これまた感情を逆なでするような口調で読み語る直江兼続がまた最高でな。これ、直江さんの最大の見せ場だよなあ。これは怒る、どれだけ温厚でもとさかくる。そして、先にこれ読んでウケまくってる景勝さまが……w

というわけで、怒りまくった家康公。軍を招集し、ついでに茶々さまをダマクラカシて豊臣の軍旗を手に入れ、徳川軍としてではなく豊臣家の軍勢として会津に進発する。

一方、上田では上杉から参戦を促された昌幸パパが、徳川に相対するべく立ち上がる。そして、同調する源次郎に、信幸兄ちゃんもこの段階では父親の側に付くつもりだったのか。
またぞろ、乱世が来るぞと盛り上がってる父上に対して、源次郎は兄に対して父上の思うとおりにはならないでしょう、と断じてしまう。豊臣の世は、なお続いて安定するでしょう、と。
でも、それもまた豊臣家という狭い視野の中での想定であって、願望にすぎないんですよね。都会に出て視野が広がったかのようだった源次郎の大坂編ですけれど、まわりまわって今度は源次郎もまた過ぎ去ってしまった豊臣の天下という過去に置き去りにされてしまったかのようじゃあないですか。

そして、空になった大坂で集う宇喜多中納言、小早川秀秋、片桐長束の奉行衆。そして、奥の間に控えるわ石田治部三成。
ついに天下分け目の大戦、関ヶ原合戦開幕である。


真田丸 第33回 動乱   

「よっぽどなんだろ!? なあ!!」

加藤清正の、虎之助の叫びが虚しく響く。決裂した、決裂したと何度も思ったにも関わらず、虎は佐吉のことを見捨てらんないのね。なんて、情深い男なんだろう。治部殿が家康に刺客を放った、と聞かされて皆が三成卑怯なり、と怒りを露わにする中で、虎だけその憤りの内容が違うんですよね。盃を叩き割った時、虎も治部殿のやり方に怒ったのかと思ったら、あいつがそんなやり方するわけがねえ。なにか理由があるはずだ、あるはずなんだ、と一人で治部殿の屋敷まで乗り込んできて、そしてこのセリフである。
もう、なんか泣きそうになった。
治部殿、違うだろう。太閤の遺言を、家康を殺せと命じられたことを伝えるべきは自分以上に秀吉という人に心酔していた清正であって、現実主義者な大谷刑部じゃないんだよ。刑部殿は、誰よりも治部殿の事を思いやり、考えてくれる親友ではあっても、治部殿の苦しみを共有してくれる人じゃないんだ。それを、共有してくれるのは虎しか居なかったのに。それなのに、突き放して……。なんで、そこで胸中をさらけ出せないんだよぉ。と、もうなんか悔しくて悔しくて。

今回の治部殿は本当に見ていられなかった。彼が本当の意味で自分がどれほど人に嫌われ、憎まれ、惹きつけられない人間なのかを、ようやく理解させられた、自覚させられた話であった。細川忠興に怒鳴り散らされた時の、あの表情。それまで治部殿が持ちえていたものが、粉々に砕け散ったような……心がひび割れたような表情に、胸がしめつけられましたよ。
自業自得とはいえ、彼がこれまで行ってきた無私の献身に対して、あまりに報いのない結果だったのではないでしょうか。だからこそ、彼の義に共感し、ついに本気になって立ってくれた上杉景勝の来訪は救いであり……そして、破滅への序曲だったのでしょう。御屋形さまの決心が、本気の覚悟が……図らずも治部殿の運命を決定づけてしまったのである。

この決定的瞬間を目の当たりにしていながら、東軍につくとは小早川秀秋、ある意味大した人物である。

治部殿の報われなさというと、北政所さまがまた完全に阿茶局に懐柔されて家康派になっちゃってたんですねえ。治部殿の本意にまったく気づかず、彼の野心と家康憎しの感情からくるもの、と思ってしまっている。秀吉最晩年の治部殿の行為の数々の印象が、北政所さまの心象を著しく悪くしていたという理由もあるのだろうけれど、同時に家康の政治的腹心の一人として活躍する阿茶局と比べて、北政所さまの政治的センスが著しく欠けていることが露呈してしまっている。このまま、致命的な段階に来るまで北政所さまは徳川サイドに政治利用され続けることに気づかないんだろうなあ。
そして、淀の方の方はそもそも案件を耳に入れてすら貰えない。外で何事が起こっているか教えてすらもらえないまま、大蔵卿局によって政治的に隔離されてしまっている。こちらも、彼女の意思は豊臣の先行きに殆ど寄与しないまま進んでいきそう。

石田治部が家康を襲撃する、という話に次々と家康警護のために徳川屋敷に集まってくる諸大名。あくまでそれを、家康の派閥としてまとめようとしている本多佐渡の思惑に対して、敢えて家康の元を病身をおして訪れた大谷刑部が、きっちりと釘を刺すんですよね。あくまで、自分は豊臣秀頼の家臣として豊臣家の重臣である徳川公を襲撃しようと言う豊臣家を蔑ろにする不貞の輩と対するために、豊臣家臣として参ったのであって、家康殿のためではござらん、と。家康をディスるのではなく、皆が集まったのは豊臣家のためなんだよ、という空気が醸成されて集まった諸将もその通り、と思わず頷いているあたり、刑部殿見事な手管よなあ、と感心するばかり。
一方で、刺客を放った犯人を治部殿に押し付けてちゃっかり潔白を勝ち取る我らが昌幸パパ……さすがであるw
でも、このあたりの猿芝居に面白いことに信幸兄ちゃん、間髪入れずに合いの手入れてサポートしてるんですよね。事前の打ち合わせなかったにも関わらず、するすると部屋の端から昌幸パパの隣に鎮座して、またぞろ口八丁をはじめるパパの発言に動じることなく、即座に合わせてるんですよね。しれっと暗殺未遂を三成に押し付けるパパに対しても、同じくしれっとパパの偽のお怒りに同調してるわけで。
パパが何か言う度に、目を白黒させて面食らってついていけねえ、何考えてるかわからねえ、と頭悩ませていた昔の兄ちゃんからすると、隔世の感である。成長したなあ、信幸兄ちゃん。
でも、一人だと陰でコソコソしていたのに、父ちゃんが現れるとその隣で堂々と諸大名に対して気後れせずに振る舞えるあたり、まだパパのサポート役という立ち位置に居心地の良さと自信があるのかなあ。

この軍議で、パパが発言する時は名乗れ、と言ってたのってなにこれ? と思ってたんだけれど、あれって目が見えなくなってきている刑部殿への気遣いだったのか。なるほど。

興味深かったのが、源次郎のきりちゃんへの評価。第三者的視点でズバッと物事の本質を見て取るきりちゃんに、今の石田治部さまがどう映るかを尋ねるのだけれど、源次郎がここまで他人にアドバイスを求めることがなかったんで、結構新鮮というかちょっとした衝撃だったんですよね。なるほど、きりちゃんこういうポディションで傍らに来ることになるのか。

結局、景勝さまの説得で石田治部はついに刀を収め、事態は収束。しかし、この事件で自分の一声で多くの大名が自分のもとに集まったのを目の当たりにした家康は、ついに「行けるんじゃね、これ?」と天下取りへの意欲を露わにし……そして、ふと気づくのである。あれ? これってもしかして本多佐渡の仕掛けですか? と。自分が襲われると知って、江戸に逃げ帰ろうとした家康を押しとどめ、諸大名に警備のため招集をかけて誰が使えるか見てみましょう、と案を出したのは本多正信。そこに秘められた真意は諸大名の意思や使い勝手などではなく、主君家康の意思を固めさせること。
これぞ腹心の鑑ですなあ。これぞ、やり手の智将ですよ。しかも、主君を自分の思い通りに操る、のではなくて、あくまで主君を立ててやる気にさせる手管なんですよね。だからこそ、家康が本多佐渡の意図に気づいても、思わず笑顔でこいつめ、と喜んでしまう。なんて魅力的で侮りがたい実に色気のある謀将なんだろう。いいですわー、古今の本多佐渡守正信の中でこの近藤正臣さん演じる本多正信が最強なんじゃないだろうか。

今回は特に、自分の至らなさに絶望する石田治部の山本さん、病身に苦しみながら忠臣として覇気を漲らせる大谷刑部の片岡さん、そして自在巧みに状況を動かしていく本多佐渡の近藤さん、と名優の円熟の粋に達した熱演、名演が光る回だったように思います。感じ入ったよ。

次回は、七将による石田治部襲撃事件。あの清正が、いかにして治部を襲撃する意思を固めたのか。ついに関ヶ原の導火線が付き、カウントダウンがはじまったぞ。


真田丸 第32回 応酬   


「俺はお前と呑みたいんだよぉ!!」
「俺はお前と飲みたくないんだぁ!!」

なんだこれ。

もう加藤清正が本当は治部殿と打ち解けて、仲良くして、協力していきたいというのが伝わってきて、というかこれもうはっきり言ってるよね。それを台無しにしてしまう治部殿の人と接するセンスの無さが、もうもう……ダメだぁ!
家康の真似して宴を催そうという時点であれなのに、折角呼んで来てもらった相手への饗応もせずに、仕事があるからと引っ込んでしまうその性格。いや、それが悪いというわけじゃないんだけれど、そういう性格の人が人の上に立ったり、他勢力と親交を深めたり、というポディションにつくこと自体がもうマッチングの不備なわけで、石田治部という人の有能さと全く噛み合ってないんですよね。彼の才能を活かす立場としては、まったく不的確なのである。それがもう痛ましいやらもどかしいやら。
石田治部だけじゃなくて、朝鮮から戻ってきた諸将を歓待する宴で治部殿がこっそり引っ込もうとしたのを、わざわざ皆に石田様がお帰りになりますっ、と大声で知らしめてしまう長束正家もまた空気全然読めてないという、奉行衆自体がその手のセンスを持ってない内向きの官僚タイプであることがわかっちゃうんですよね。
この点、同じ吏僚型でありながら本多佐渡守正信が外向きの能力も持ちあわせているのと大違い。でも、息子の正純はどうなんだろうね。そこのところは興味ある。

戦は嫌いじゃあ、もうたくさんじゃあ。と本心から吐露した家康だけれど……だからこそ、戦をなるべく避けるためにはなんだってやるよ? というあのクレバーさはやはり凄い。亡くなった秀吉に心から哀悼を示し、両手を合わせて拝む家康。何気にそうやって秀吉の冥福を祈ってるのって、家康を除けばお寧さまくらいなんですよね、今回見てると。あとは帰ってきたときの清正か。それだけ家康が情深い人であることを示しながら、同時に嫡男秀忠を渦中に巻き込むまいとして江戸に返す強かさを見せ、そして秀吉が死んだと同時に自分の権力基盤を確かなものにしていく婚姻政策を推し進めていく強引さ、そして遺言に逆らうそうした動きを平然と正当化し有耶無耶にする面の皮の厚さを押し出してくる、この徳川内府家康という戦国大名の重厚な凄まじさたるや、言葉も無い。一方で、前回刺客騒ぎで有耶無耶になってた信幸兄ちゃんの側室の子供の件、ちゃんと本多忠勝に穏便な形で伝えてるんですよね。しかもあれ、忠勝が怒っておらずむしろ兄ちゃんが以前の正室を蔑ろにせず大事にしていたことを、情の厚い良い男だ、と忠勝が思うように言いくるめているっぽいのを思うと、無造作に真田兄弟の間に亀裂入れまくってたり、無神経さを露わにしていた秀吉に比べても決めの細やかな、相手の心に気を配った仲裁を行ってるんですよね、家康公。なんだかんだと、この人に頼ると期待以上の形で帰ってくる。味方にしていてこれほど頼りになる人はいないですよ。
もし信長が本能寺で倒れなくて織田政権が続いても、家康は政権内で重用されたんじゃないかなあ、とも思うのです。

それにしても、家康以外の五大老の不甲斐なさ。自分に任せておけ、と言いながらハッキリと面と向かって文句も言えない上杉景勝さまの、情けないこと情けないこと。あの源次郎の冷たい目は、今までの御屋形さまを見る目の中で一番冷ややかだったようなきがするんですが。
正直もう、石田治部だけではなく他の誰も家康に対抗できなくて、応酬どころじゃないんですよねえ。家康糾弾の場が、一転して石田治部を貶める場になってしまう。あそこで、石田治部が前に出てしまうのは他の連中の体たらくを見るにこりゃ我慢できんところだったんだろうけれど、あそこで黙ってても結局家康の独壇場になってしまうわけで……もうどう見ても詰んでる。詰んでるよ、治部殿。
それにしても、宇喜多さんも熱血でギャーギャー大声でがなるわりに、肝心な時はだんまりとは役に立たないなあ。

真田家の方はというと、出浦さん辛うじて生きていたようで、良かった良かった。でも、現場のニンジャ働きはもう出来なさそう。それ以上に気心の知れた相手がいなくなって、真田昌幸パッパがもう寂しそうで寂しそうで。国に帰りたい、とつぶやくところなど哀愁がただよいすぎている。ちなみに、薫さまももう京だ上方だは飽きたのか、信州に戻りたい、と言っちゃってますねえ。薫さまにとっても、帰るべき場所は信濃になってたのか。


しかし、今回初登場の細川忠興……見るからにヤバゲな感じの人なんですけれど。病んでません!? この人なら、自分の刀に「三十六歌仙」とか名づけて薄ら笑いしてても不思議なさそう。忠興役の矢柴俊博ってドラマでもよく見るし、ここまでキモい印象なかったんだけれど、すっげえ役作りしてきたのか。
それからもっと度肝抜かれたのが、長宗我部盛親ですよ。残ってる長宗我部盛親の肖像とくりそつなんですが!! 笑った。

さり気なく、宇喜多家家老として明石全登も登場してますし、大坂夏の陣の諸将が徐々に出揃いはじめてますなあ。まだ関が原もまだなのに。




真田丸 第31回 終焉  


ひでえ。徳川にしても治部殿にしても、秀吉に遺言を無理に書かせようというやり方が、今時の痴呆老人に強制的に遺言書かせるやり方となんら変わらない、という。
あれほど秀吉に忠誠を誓う石田治部が、眠い眠いと書くことを渋る秀吉に「眠くない!!」と怒鳴りつけるとか、かなりキツいシーンだったなあ。治部殿が秀吉を慕っているのは、水垢離しているのを見ても変わっていないと思うのだけれど、それでも彼の中ではもう秀吉は終わっていて、彼の守る対象は豊臣家という体制にすでに移ってしまっているのを思い知らされたようだ。秀吉のために、秀吉のために、しかしもう秀吉は豊臣家を守るために役に立たないので、秀吉のために秀吉を蔑ろにしてしまう、という治部殿のあまりに真っ直ぐな迷走。
でもね、秀吉は今際の際で源次郎を呼んで、源次郎の名を呼んで、意識がある時はひたすらに秀頼を頼む、と誰彼構わず頼み込んでいた秀吉が、その時だけは源次郎にこう懇願するのだ。
佐吉を頼む、と。佐吉を支えてやってくれ、と。あいつは、寂しいやつなのだ。
治部殿は知らないのだ。知らずに進んでしまったのだ。今際の際で、秀吉が名を呼んだのは秀頼だけではなく、佐吉のことも呼んだのだと。佐吉のことだって、息子のように思っていたのだと、石田治部は知らずに生きていくのだ。それが、あまりにも悲しい。
そして、また源次郎に新たな呪いがかけられる。

呪いは、佐吉にも振りかかる。
秀吉が見た悪夢。自分をじっと恨めしげに睨みつける童子。あれは、茶々さまの兄であり、浅井家の嫡男で秀吉が磔にして殺した万福丸だったのだろうか。
そんな悪夢を見て飛び起きた秀吉が、なぜ徳川家康を殺せ、と叫んだのか。佐吉に命じたのか、関連性はわからない。しかし、その命令が石田治部の運命を決定づけてしまったのだと思うと、あまりにも悲惨すぎる。

その徳川殿はというと、野心をむき出しにして謀臣として暗躍しまくる本多佐渡や阿茶局などと違って、家康は終始乗り気じゃなさそうなんですよね。その心情は、あとで秀吉の枕元で源次郎に吐露することになるのだけれど、家康はずっと生き残るために手をつくしてきたのであって、決して天下を狙っていたわけじゃないんですよね。戦はいやじゃあ、もう伊賀越は二度とごめんじゃ。徳川内府のこぼす嘆きには、胸の内にずっと溜め込んでいた心情が溢れだしたような感があって、なんとも感慨深かった。そんな思いは、家臣の前では吐けないもんねえ。
本多佐渡が無理やり朦朧としている秀吉に遺言を書かせている時の、家康殿のあの罪悪感に押しつぶされそうな表情。そして、意識を取り戻すごとに懇願するように秀頼のことを頼んでくる秀吉の願いに、感じ入り打たれたような面持ちになる家康。
前回の上杉景勝も、秀吉の懇願に打たれた顔をしていたけれど。家康が一人で再び訪ねてきて、秀吉に懇願された時のあの表情。あれは景勝と同じ、死にゆく者の最期の想いに胸打たれてしまった男の表情だったように思う。
この真田丸では、家康は積極的に豊臣を滅ぼす気はなかった、という説を取り上げていくのだろうか。そうあって欲しい、と思うのがほんとうのところである。この徳川内府、本当に嫌いになれないのよねえ。

しかし、秀吉のもう一つの遺言。家康を殺せ、という命はまわりまわって治部殿から真田昌幸へと伝達され、ついに出浦さんが出陣する。
家康を暗殺せよ。

一方その頃、徳川家康の屋敷では、側室にも子供ができていた事を舅本多忠勝に伝えてなくて、もう自分からは伝えられないから、徳川さま代わりに伝えてくださいお願いします、と史上稀に見る情けないお願いをしにきていた信幸兄ちゃんの姿が……。
そんなん頼まれても、家康公が困るよ!
話を聞いて、脇でめっちゃ笑ってる秀忠くん。そのリアル「プークスクス」はやめれww
家康さまも、稲が未亡人になっては困るからなあ、と兄ちゃんが忠勝にぶった切られる前提で話をしてるし。家康公にしても昌幸パパにしても、とにかく信幸兄ちゃんはぶった切られる前提なのな!!
しかし、その信幸兄ちゃんが、屋根裏に潜む出浦さまの気配に一番最初に気づくのだから、運命であり皮肉な話。
兄ちゃんの指摘によって、出浦さまの存在が暴かれ、ついに東国無双本多忠勝と真田忍軍棟梁出浦昌相の決闘が繰り広げられる。
まさか、大河ドラマでこんな武張ったカッコいい殺陣が見られるとは!! ガチで手に汗握る攻防だったんですが。出浦さんの中の人の寺島さん、ちょっとすごすぎるよ。本郷猛とガチで戦ってるよ。
しかし出浦さん、堂々と顔を晒して大立ち回りしてるけれど、これって信幸兄ちゃん居なくても顔割れしそう。
不意に兄ちゃんを遭遇してしまったことで虚を突かれた出浦さま、隙をつかれてついにばっさりと背中から切られ、手足にも手傷を負い、満身創痍になったところで囲まれついに絶体絶命か。というところで、最後の力で自爆紛いの爆薬を炸裂させて、命令無視してついてきた佐助に助けられるのだけれど……。
これ、出浦さんどうなったんだろう。意識を失った出浦さんを昌幸パパが抱きしめて号泣するのだけれど、史実ではパパより長生きしてるんだが。
でも、これでパパの徳川家康への恨みがさらに募ることになりそう。

今回は、茶々の強さと弱さが引き立つ話でもあった。鶴松の死以来、茶々は死を恐れるようになった、と語る大蔵卿局。しかし、敢えて死にゆく秀吉に会いに行く茶々。しかし、今にも黄泉路へ旅立とうと言う秀吉の死の気配に怯える母に、秀頼は率先して秀吉の元へと歩いて行く。
この秀頼はこの幼いころから本当に賢そうで、茶々や北政所が褒めるのも親の目から見た贔屓じゃなさそうなんですよねえ。
そんな息子に引っ張られるように、怯えきった表情を立てなおして、常からのように天真爛漫な様子で秀吉に語りかける茶々。
このワンシーンでもわかるように、決して秀頼は茶々の言いなりなんかじゃなく、一方茶々の方こそ息子に支えられているような様子なんですよね。
そして、こらえ切れずに逃げるように崩れおちた茶々がしがみついた相手こそ、北政所。慰められよく秀頼を育てたと褒められて、はにかむ茶々の表情は、母の懐に抱かれた娘の顔をしてるんですよねえ。此処に至ってもなお、鶴松の死の時に育まれた二人の仲が断ち切られず続いていたことが、感慨深い。
この真田丸では、お寧と茶々の関係はずっとこのまま最期まで行くつもりなのか。だとすると、お寧さまにとってまだまだ辛いことが続いていくことになるんだなあ。

秀吉の最期は、誰にも見とられず、孤独に無力に、這いつくばって絶えていく、寂しく惨めな末路に。光の消えた瞳から流れ落ちた一筋の涙。これが天下人の最期なのか、あまりにも哀れで無残な最期である。

真田丸 第30回 黄昏   


そうか、源次郎が兄に背を向けてもなお豊臣に尽くそうとしていたのは、かつてこの人のようになりたい、この人のように生きたいと思った真田信尹叔父、上杉景勝の二人に、自分のようにはなるな、と言われたことを、忠実に守って人の心を捨てず、義を尽くそうとしていたのか。
真田源次郎の生き方として、それは凄く理解できる。
でも、それが故に真田家のために生きられず、敬愛する兄を裏切っている現状が苦しくてたまらない。
悩んだすえに、大谷刑部義父に苦しい胸の内を吐露してみれば、義父は誰かに言われたからではなく、真田源次郎の思うとおりに生きてみよ、と諭される。
そうして、源次郎は秀吉の現状を、それが徳川に伝わって利用される情報となる、と承知のうえで信幸兄ちゃんに告白するのだけれど、この時の源次郎、何を思っていたのだろう。どんな風に生きたいと思った結果、豊臣よりも兄ちゃんを選んだのだろう。
まだ、真田源次郎信繁が選んだ真田左衛門佐の姿は見えてこない。

大叔父どのーー! YAZAWA死す! 戦乱の予感に気を高ぶらせていた、と思ったらいきなり大往生していたよ! ナレ死を延長回避したババ様とは真逆に、矢沢の叔父貴の方はナレ死の入り込む隙間も与えぬまさに速攻であった。御歳80。最期まで元気なYAZAWAらしい生き様であり死に様であった。

まったく、あんな風にあっさりと逝ってしまうなんて思えないくらい活力にあふれた元気さだったのに。
そんな矢沢の大叔父さまで80である。対して、秀吉はまだ60代入ったところなんだぜ。それがあの見る影もない耄碌っぷり。
このあたりで、けっこう早回しで年月流れていて、南蛮船漂着はまだ文禄年間だったけれど、二度目の朝鮮出兵はすでに慶長年間に入ってるんですよね。加速度的に老化が進んでいく秀吉。
源次郎の介護スキルが否応なくあがるあがる。なんかねー、昌幸パパの晩年もあんなことにならないか心配になってくる。九度山で、介護再び、なんてことにならないだろうか。
醍醐の花見で、茶々さまの無茶振りに答えて、花咲爺をやろうとして木から転げ落ち、足腰立たなくなる秀吉。茶々さまの、無自覚にトドメさしていくスキルは秀吉にも当たり前のように作用してしまったのか。いつもいつも、最期の一押しをやってしまうのだ、彼女は。

形見分けがなされていくなかで、秀吉は側についていた源次郎の顔をついに忘れてしまう。恐れ慄き、その残虐無情な所業を嫌悪しながらも、偉大な天下人を見上げ続けた源次郎。その人に可愛がられつづけた彼が、秀吉にその存在ごと忘れ去られてしまった時の、あの複雑極まる面差しは強く印象に残ったのだけれど……、その後のあの秀吉との初対面でのエピソードが再現されるんですよね。
色々なことがあり、色々なものが失われ、色々な人がこの男の狂気によって潰えていった。それを思い返してなお、この初対面の時、秀吉が源次郎に示してくれた好意、それが老いさらばえて無垢となった今になって、あの時と同じように繰り返され、与えてくれた。そう、才ある若者が好きじゃ。お前のこと、気に入ったと言ってくれたあの日の秀吉の想いは、何の偽りもない真心だったのだ、とわかってしまう。わかってしまったのだ。
なんて悲しい、あの日の再現。もう市松は現れない。あの栄光の、輝けるような日々は訪れない。老人が開こうとする現実のふすまをそっと閉じ、源次郎は秀吉が夢から覚めぬよう寝床の中へと導いていく。
老人は、素直に若者の導きに従い、眠りへと落ちていく。色々なものが抜け落ちてしまった、その老いさらばえた寝顔が……本当に切ない。切ない。


秀吉、会う人会う人に、みんなに秀頼のこと、頼んでいくんですよね。あんただけが頼りだ、わしが死んだあと秀頼のこと頼む、頼むって。それが、どれほどの楔となって、後の託された人たちの運命を縛り付けてしまうのか。秀吉が哀れであり、託された人々にとってあまりにも残酷な先行きが待っている。

一方で、着実に真田家当主として公私ともに充実していく信幸兄ちゃん。領地である沼田の方ではきっちりと配下に統制を効かせて乱世に備え、プライベートではついに稲姫様が徳川のスパイではなく、本多忠勝の娘でもなく、真田信幸の妻として生きることを選び、つまりはめっちゃデレた上で、息子が二人も誕生。
悩み苦しみながら自分に嘘をついていた弟を、責めもせず滾々と諭せば、思い通じて弟は自分のために仕えていた豊臣の内情を打ち明けてくれ、まさに順風満帆じゃあないですか。
対して昌幸パパとくると、生き甲斐になってた伏見城普請は、地震が原因による方針転換で担当から外され、再び通いだした吉野太夫はなんと偽物で徳川のスパイだった挙句に、出浦さんにぶった切られ、もうこうなると爺として嫡男に生まれた可愛い孫達をかわいがるしかないじゃないですか。
なのに、来週また余計な野心を滾らせてしまうのか。なんか、予告すごいことになってるぞ。


真田丸 第29回 異変   



正式に正室として源次郎に嫁いだ大谷刑部の娘・春。今のところ、目立って変なところは内容に見えるんだけれど……治部さまが苦労するぞ、とかなんか不穏なこと言ってるんですよねえ。なにを知ってるんだ、治部さま。
まあ何となく、空気読まない発言があれこれ散見されるのは確かなんだけれど。薫ママの出自についてツッコんだり、きりと初対面で話は源次郎さまから聞いてます。ウザいやつだって! 当人にあっけらかんと物凄いこと言ってるんですよねえ、けっこう爆弾娘なんだろうか。

一方で信幸兄ちゃんの方はというと、前回おこうさんと稲姫が衝突した影響か、稲のほうが敵愾心、というよりも対抗心なんだろうか、おこうと信幸の関係にイライラしだした挙句に、ついにお兄ちゃんにおこうより自分の方を見てっ! とばかりに積極的に……これ、デレなんだろうか。なんか微妙だぞ。
いやそれよりも、ついに稲姫がお兄ちゃんに、というシーンにも関わらず、BGMが甘酸っぱかったり桃色めいたものではなく、やたら重厚で切羽詰まったクライマックス感たっぷりの音楽だったのはあれなに!?(爆笑

でも、結局このときのあれやこれやで、ついにお兄ちゃんに子供が出来るんですね。まさかの、おこうさんと稲二人同時に。正確にはおこうさんの子供のほうが先、という形になるのですが。
まわりまわってこの時に生まれる二人の子……のさらにその子、つまり孫の代でお兄ちゃんの寿命を縮めることになるお家騒動が勃発するわけであるが、こうしてみるとまあ自業自得な気がしてくる不思議w

この時、真っ先に子供が出来たことを報告するの、親父殿でも母でもなく、弟の源次郎なんですよねえ。そして、この時の兄弟の嬉しそうなこと。心から喜び合い祝福され、その心底にはなんの裏表もなく……。
だからこそ、最後のシーンの真田兄弟の道が分たれたあれが、ズシンと来るんだよなあ。

秀吉の老い。認知症を発症し、急激に心身ともに置いていく天下人。その憔悴の様子がもうきつくてきつくて。寝小便をしてしまい、自分の自信をなくし、また最近の記憶が急速に保てなくなり、同じ命令を繰り返したり前後で矛盾する命令を下してしまったり。そのことに自分では気付かず、でも周囲の妙な雰囲気にはちゃんと気づいてしまって、どうも自分がおかしな言動をしていることを理解して、余計に動転し、萎縮していく。その様子の演技がまた凄まじい。本当に、秀吉が一回り小さく見える。そして、あの表情の覇気の無さ。挙動不審な目線に力をなくした目線。これが、あの秀吉だというのが信じられないくらい。
そして一番ショックだったのが、拾とすでに死んだ捨を混同してしまった瞬間。秀頼が成人するまでは生きていたい、と言っていたのがいつの間にか、もうすでになくなっている捨が元服するまでは元服するまではっ、と叫んでいたのに気づいた瞬間のあの背筋が寒くなる感覚は、ちょっと覚えがない。ほんまの、迫真の演技だわ。
そんな秀吉に一番傷ついているのが、お寧さまなんですよね。大事な昔の思い出までも当人に否定され、悲嘆にくれる。お寧さまがあんなふうに声を荒げて八つ当たりしたのって、はじめてみたし。
治部さまも、どこか元気がない。最初奉行衆に政を任せる、と言われてたのが途中から家康を中心とした大名たちの合議で、という話になった時、もっと憤るのかと思ったら、老いさらばえた秀吉の様子に治部さまも気落ちしてる感じなんですよね。しかし、途中から誤魔化さずにはっきりと秀吉に対して勘違いや物忘れを指摘しだしたのは、どういう心境なのか。
いずれにせよ、秀吉没後の政治的混乱、奉行衆と大名たちの対立をこういう形で発露させていくのか。
一方で、茶々さまの方は老いさらばえた秀吉をはっきりと拒絶。そんな父の姿を秀頼には見せたくない、
とむしろ秀吉を秀頼から遠ざけようとする。大蔵卿局は、茶々さまはお拾さまが一番大事だから、と言ってるけれど、殿下のためです! と叫んだ茶々の言葉にはそれほど裏がないとも思うんですよね。あんな姿を、殿下自身も息子の記憶に残したくないはずだ、というのも往時の秀吉の性格からすると間違いではないはずですし。

この耄碌してしまった秀吉の現状は、豊臣家の最高機密。秀吉の様子は表向きには何も変わってない、ということで押し通すことが暗黙の内に決め事になっている。
だからこそ、信幸兄ちゃんが念を押して、真田家のために動けと念に念を押して、源次郎に秀吉の様子はどうなのだ、と尋ねられた時に、表情を変えずに公式発表である何も変わっていない、というセリフを源次郎が返した瞬間に、真田信繁は正しく、真田家のために生きるのではなく、豊臣の臣として生きる決断を下したのだ、と見ることが出来る。
すでに犬伏の別れより前に、父昌幸の意思を介在せず、真田兄弟の間で道はこの時分たれたのだ。

真田丸 第28回 受難  



今回の秀次さまの切腹に至るまでの過程に関しては、正直拍子抜けというかあれれ? なんでそこで切腹しちゃうの? という感想で、前回までの秀次のジリジリと精神を端から切り落とされていくような追い詰められっぷりからすると、崖下に突き落とされる最後の決定的に見える一押しがなかったなあ、という気持ちだったんですよ。
でも、色々と他の視聴者の話を見ていると、DV被害者の心境とか秀次の最期に共感できるか否かは実際に彼のような境遇を体験してこそで、むしろ共感しない方がいい、という言説があってなるほどなあ、と深く納得した次第。
確かに、そういう視点から見ると源次郎もお寧さまも、周りの人間もことごとくが秀次さまに対する対応を間違ってるんですよね。彼らの言ってることは至極正論で、普通に考えたらその通りにすればうまくいくはずの対処法だったかもしれないけれど、結果としてそれが余計に秀次を追い詰め、秀吉を頑なにしたのだったら、正論だろうが正しかろうが、やっちゃいけない、言っちゃいけないことだったんだなあ。
その意味では、最後に源三郎兄ちゃんが秀次に会って打ち解けたのは、お兄ちゃんの話が説教でも説得でも示唆でもなく、ただただ共感だったからなのでしょう。
多くの人にかわいがられる源次郎だけれど、彼の鋭敏さは相対する人を和ませるわけじゃないんですよね。景勝さまだって源次郎大好きだけれど、彼の明晰さにはビシビシ傷つけられてたし。
こういう傷つきやすい人たちに対しては、むしろ源三郎兄ちゃんみたいな人のほうがいいんだろうなあ。
結局、秀次は秀吉とこれからも接し続けることに疲れ果て、この世から逃げ出してしまう。自分が甥を追い詰めたことを自覚しながら、自分は悪く無いと喚き散らし、むしろ自分こそが傷つけられた、と被害者面して怒り狂い泣きわめく秀吉。最悪だ。
一方で、一度離れたことで冷静に立ち戻り、同じく振り回され続けた人生を歩んだ秀次との邂逅もあり、素直になって弟源次郎と仲直りする源三郎兄ちゃん。何気に、彼を振り回す人たちの中に、弟の名前が入ってなかったのは意外でもあり、けっこう重要なことなのかもしれない。
ババ様が言祝いでくれた真田の絆は、この兄弟を守り続けてくれている。そして、地獄の豊臣家。

とりあえず源次郎よ。お前、太閤殿下に一生添い遂げます! と秀次娘のおたかとの結婚を了承してもらったにも関わらず、舌の根も乾かないうちにそのおたかさんを呂宋に送ってしまうとか、だから肝心なところで信用されないんだよ!!

あと、公家の出という言が大嘘というのが発覚してしまった薫母さま。今更、まさか28回になって菊亭家出身というのが経歴詐称という話が出てくるなんて思わないじゃん! 公家説で行ってたと思うじゃんww
パパの方は伏見城改築を息子に押し付けて、自分は出浦さんと吉野太夫のところに遊びに行ってるし。キャバクラ通いかよ!!

今回秀次と交代するように新登場と相成ったのが、徳川幕府二代将軍となる徳川秀忠。
こーれがまた、一癖も二癖もあるっぽい人なんだよなあ。後半の最重要人物となるだろう人なだけに、この厄介そうな性格は非常に興味深い。彼に比べると、本多佐渡の息子である本多正純はウォーモンガーでもなく、戦争大好きでもなく、最初に登場した頃の石田治部みたいな官僚官僚してる風でもなく、盆暗そうというわけでもないんだけれどまだ特徴が掴めない感じ。
家康が、秀忠のことを後継者として認めながらも、結構不満や納得行かないものを抱えていそうなのも、注目点かも。




真田丸 第27回 不信  


不信って、秀次に対する秀吉の不信じゃなくて、理解できず受け止められない秀吉の真意に対する秀次の方の不信だったのか。
そうかー。真田丸では秀次事件を秀吉による粛清ではなく、思いやりのすれ違いにするのか。
秀吉としては、息子捨も可愛いが、甥の孫七郎も可愛いんだよ、という言葉が本心なのに、強引で相手の勝手も聞かず相談もなしに結局権力を離さないまま、秀次を手助けしてやろうとするあれこれが、秀次の恐怖を煽ってしまうのか。これはもう、意思疎通の不全なんだけれど、秀次のメンタルの弱さも然ることながら、やっぱり秀吉が甥を思いやっているのに人の気持ちが全然わかってないんですよね。あれ、兄ちゃんの官位任官の内情をバラしてしまったのも、わざとじゃなくて本気でその言葉が何をもたらすのかわからないまま言っちゃってたんじゃないだろうか。
あれだけ、信長に仕えていた時には自分の言葉の意図を慎重に吟味し、相手の考えていることを鋭く洞察して人よりも一歩も二歩も早く適切に動き、察していたからこそ出生していただろう羽柴秀吉が、ここまで無神経になってしまうのか。
実際、秀吉の傲慢な振る舞いとその冷徹さを知っていると、秀次の反応だって決して過敏すぎやしないんですよね。弟の秀保の死に対する対応なんてマトモじゃないもんなあ。
こういうケースではまったく役に立たないのが源次郎。昌幸パパの劣化版なのか、戦術家としては極めて優秀なのだけれど、近視眼的でその場しのぎの小細工に終始してしまい、結局相手を逆なでしてしまうのは源次郎の悪癖みたいなもので、上手くいった試しがない。
秀次はなあ、一度はもうメンタルめためたになるまで摩耗したにも関わらず、お寧さまの叱咤激励を受けて一念発起、関白らしく堂々と自分の意見を述べ、そのくらいに相応しい威厳と、相応しい能力を示し、それを秀吉に褒めちぎられたことで、一度は自信を得て一端の男になったのに。
なったのに。
まさか、真田兄弟の官位任官でこんな事態になるなんてなあ。
この豊臣の不穏さに比べると、兄ちゃんの怒りは可愛いというか、優しいんですよね。怒りを迸らせながらも、激高しながらも、原因である源次郎に当たり散らさないんですよね。グッと一度は飲み込んだし、怒って飛び出していった時も源次郎のことを腐したり罵倒したりするようなことはしなかった。
弟が、本当に自分を思いやってやってくれたことだと理解してしまっているが故に、その理解を踏みにじって感情に任せることが、この優しい兄には出来ないんだなあ。
弟源次郎としては、痛恨である。悪気があってやったわけではなく、それどこか兄を敬愛しているからこその行為であったのに、その兄に惨めな思いをさせてしまった。これは辛いよなあ。
そして、パパは「病気以外はもらえるものは全部もらっておけばいいんだよ♪」
相変わらずである。さすがであるww

もうね、この回でずっとゾッとなってたのが秀吉の一挙手一投足によって精神をすり減らしていく義兄・秀次を間近で見ている小早川秀秋となる青年の表情であり、目線なんですよね。
秀次が追いつめられていく様子を、その末路を一番近くで一部始終目撃しているのである、この青年。その柔らかげで呑気そうだった面影に、どんどん暗いものが混じっていくのである、その眼の色が淀んでいくのである。
この時の経験が、小早川秀秋に何を宿したのか。豊臣家という存在に対して、どのような思いを抱くようになっていったのか。
すでに、関ヶ原のフラグはこの時点で立っているんじゃなかろうか。
関ヶ原で迷った末に東軍に寝返った、と言われる小早川秀秋だけれど、最近の研究だと関が原は松尾山に布陣した時点で元いた西軍の一勢を打ち払ってあそこに陣を張っていて、この段階ですでに大方から東軍と認識されてたっぽいんですよね。
迷いなんぞ、これっぽっちもなかった、とこの暗い目をした小早川秀秋ならすごく納得できるんだが。

人物像というと、父の性格を良く見抜いていたことから、冷静な観察眼を持っているっぽい秀次の娘、おたか。
後に源次郎の側室となる彼女、正室となる大谷刑部の娘さんがすごい天然でほわほわーとしているのと比べて、また随分と対照的なのが面白い。
初恋でもなんでもない幼馴染のきりちゃん、いい加減もう室に入るの遅いんじゃないですか?w この期に及んで、まだ源次郎本気できりちゃん嫌がっているのが、なんか無性に笑えてきた、

今回の秀次に関する一連の出来事に関して、お茶々様は殆ど動きを見せず。話によっては、秀吉以上に秀頼の将来のために秀次を疎んで陥れようとする振る舞いを見せる淀君だけれど、真田丸ではまったく無関係……と、見せかけて茶々さま死神だからなあ。ただ、茶々様にとって秀次は別に親しい人でも大事な人でもないので、死神スキルは発動しない……んじゃないかと思ったけれど、将来的に見ると秀頼と淀君の末路を決定づけたのは、一門衆の壊滅である秀次事件が大きいだけに、大事な人だったといえば大事な人だったんだよなあ。石田治部も殆ど関与を見せず。

そして次回はついに……。

真田丸 第26話 瓜売   


ババ様、ババ様ッ!!

これまで、これほどまでにかっこ良い退場の仕方をした女性が大河ドラマで居ただろうか。
信長を筆頭に数々の人たちを殺戮してきたナレ死をもねじ伏せ、布団の中で眠るように逝くのではなく、孫二人を後ろに控えさせ、天守から真田の里を見下ろしながら満足そうな、不敵とすら呼べそうな微笑をたたえながらこの真田丸の舞台をあとにしたおとり様。本当に最期まで、戦国の女であり、真田の魂を最も示し続けた人であり、威風堂々格好良い女性でありました。
そして、これまで真田丸の登場人物はこの世から去る時に源次郎信繁の運命を決定づけるように、それぞれに呪いとも言うべき楔を打ち込んで逝ったけれど、ババ様だけは祝福を与えていってくれたと思うんですよね。
今後、真田源三郎信幸と真田源次郎信繁の道が分かたれることを暗示しながらも、その絆は失われることなく生き続けると、祝いでくれたのではないだろうか。


さて、話は戻って朝鮮出兵である。
嫡男鶴松を失って気落ちした風の秀吉、関白の座を秀次に明け渡して自分は太閤として隠居する、と言ってたのだけれど、それから程なくして、隠居する? そんなこと言ったか? とばかりに精力的に活動を再会するのである。
決して気狂いになったわけではなく、むしろその気質は冷徹に冴え渡っているようにすら見える。朝鮮出兵も、大気者と信長に言われたような稀有壮大な野望をたぎらせてのもの、というよりもむしろ国内勢力の掣肘のため、っぽい事を言ってるんですよね。
実際の所、朝鮮出兵で各大名が得るものは殆ど無く、異国の地を得ても仕方ないし、そもそも朝鮮半島は実りも少なく痩せこけた土地で慢性的に飢餓状態に陥っていたほどで、そんなもん貰ってもどうせいっちゅう話なんですよね。商売で儲けるにも種がないし。
現実として、この遠征でほとんどの大名が致命的な経済損失を受けて悲鳴をあげたのを、秀次が金をやり繰りして補填してあげてまわっていたという話もあり、その辺りの「金の話」が秀次切腹の原因となった、という話もあるようで。

関白になり、豊臣の後継者として自覚を得て精力的に動き回っている秀次。かつては身の程を知り、身の丈を上回る天下の後継者という立場に気後れしていた秀次だけれど、鶴松の死によって自分が豊臣を支えていかなければ、という責任感を負っての立派な振る舞いなんですよね。決して調子に乗っているわけでも、暴走しているわけでもない。実に真っ当な成長をしていたはずだったのに……。
家康や昌幸からは甘ちゃん呼ばわりされていたけれど、同時に愚鈍ではないと一定の評価を得ていた秀次。
その彼の転落は、あり得ないはずだった二度目の淀君の懐妊によってはじまってしまう。もし、秀次が愚鈍なただのお人好しだったら、ただただ新しい世継ぎの誕生を祝えたのでしょう。けれど、一定以上の聡明さを持ち、同時に秀吉という男の恐ろしさを知っている彼は、このままでは自分が粛清のターゲットになってしまうことに気づき、恐怖を抱くことになる。
自身の、嫡男の誕生すら喜べず、生まれてすぐに亡くなってしまった息子の死に、安堵してしまうほどに。
そんな自分を嫌悪し、泣き崩れる善良さを持ったまま。

悲劇は既に加速している。そんな悲劇の本流に片足突っ込んでるきりちゃん。まさかのこのままの巻き添え展開がないか、ちょっと期待してしまっているw
秀次が紹介した側室たち、無茶苦茶多いんだけれどこの人たちみんな……。
ちなみに、ここでちらっと紹介された息女が、源次郎の側室になるのよねえ。どういう縁だったんだろう。


瓜売の歌のフレーズが頭から離れないんだがw
文禄の役の膠着状態から沈殿している雰囲気を盛り上げるために、秀吉の発案で名護屋城にて大名たちによる仮装大会が開催!!
どうでもいいけれど、秀吉の前で猿回しやるとは片桐さん、何気に度胸あるなあw
文句を言いながら、えらいノリノリで瓜売の仮装で美声を轟かせる昌幸パパ。本当にノリノリじゃないか!! ところが、えらいことに直前で秀吉と演目が被ってしまうことが発覚して、ドタバタ劇に。
出浦さん、秀吉に痺れ薬を、とか本気で言い出してるんですけれど。怖いよ、危ないよ!!
演目が被っているだけでもやばいのに、どうやら秀吉と昌幸では昌幸パパの方が圧倒的に瓜売の売り文句の歌が上手いらしく、このままやると秀吉に圧倒的に恥を欠かすことに。
とにかく、昌幸パパの方が上手いんだよ、なんとか秀吉出演やめてくれないかねえ、という願いを込めて偶然を装って秀吉の前で昌幸パパの瓜売を演じてみせるのだけれど、秀吉にはまったく通じない。昌幸パパの方がめちゃくちゃ上手い、自分のほうが圧倒的に下手、ということに気づかない。

「殿下は自分を見失っておられます!!」

なんでこのセリフが朝鮮出兵に対してではなくて、瓜売の方で出るんだよ!!

結局、昌幸は出演を急病で断念する、という決断を下して、大会の賑やかな喧騒を遠くに聞きながら、自室でぼんやりと黄昏るのでありました……なんか、今までで一番切ない寂しい後ろ姿だったんですが。場合によっては武田滅亡とか秀吉の軍門に降った時とか沼田取られた時とか、家康の与力にサれた時よりも……悲しそうじゃないですか? 悲哀感がすごかったんですがw

ちなみに、この後ババ様の容体急変して急遽帰国し、意識もうろうとしているババ様の前であの絶賛された昌幸パパの瓜売が演じられた時は、そうか大名たちの前では演じられなかったけれど、家族の前で、ババ様の前で演じるために、あれだけ練習して瓜売を見事に修めたんだなあ、とちょっと感動してたら
「うるさい」
とババ様に一喝されて終わっちゃったし。
終わっちゃったし。
我が感動を返せww
しゅんとなっておとなしく座り直す昌幸パパ……(涙

しかし、上司と演目被ったから、メンツを潰してしまうと出演を自粛したり、別に行きたくもない飲み会にあっちこっちから強制参加させられてえらい目にあったり、なんかこう、身に詰まるものがありますなあ。
あと、真田丸飲み会多すぎww しかも、どの飲み会もあんまり盛り上がってる様子ないのが、なんともww
今回の、無理やりなキャバクラっぽいあれにはなんともはや。昌幸パパはまんざらでもなさそうでしたが。好きだなあ、この人。

結局、あの瓜売で優勝した秀吉。その様子を厳しく冷めた様子で見ていた源次郎。そして、散々秀吉をヨイショして、ふっと場から離れて心底バカバカしそうに息をつく家康。
何故か、本気で悔しがってる本多忠勝w
でも、これだけ太鼓持ちされて楽しそうだった秀吉だけれど、あとで冷めた様子で「士気などとうに下がっておるわ」とうそぶいているあたり、彼が現状を冴え冴えと認識していることが伺えるのである。決して浮かれても、煽てあげられて調子に乗っているわけでもない。むしろ、この仮装大会も自分が煽てられるためではなくて、本気で場を盛り上げるためにやっていたのか。いずれにしても彼自身、本当に楽しんでいたのか怪しいくらいで。

来週は、参院選のために時間繰り上げ。ってか、私はBSの方で6時から見てるんだけれど、BSの方はいつもどおりなんだろうか。

真田丸 第25回 別離   


「定め」。自らの死の原因となった人形について源次郎に問われた時に利休がこぼした一言。その意味を、源次郎も視聴者もその時は理解できなかったのだけれど、あとに真相が明らかになり背筋が薄ら寒くなる。

その「定め」は、真田源次郎信繁の「定め」でもあるじゃないか。


今回は今までにない構成だった。まずは北条征伐から時間が飛び、お捨こと秀吉の嫡男鶴松がわずか三歳にて危篤に陥る場面からはじまり、そこから遡るようにして利休切腹の話が回想として語られることになる。
それだけ、この豊臣の後継者の喪失という大事件を重たく描きたかったのだろう。利休の死を先に描いてしまうと、その分鶴松の死が後ろに追いやられてしまうことになるし。利休の死、そして大和宰相秀長の死という豊臣政権の屋台骨である二人の死を、内包という形で一つにひっくるめたかったのか。

秀吉が寵愛する利休を追い落とすために、大谷刑部と石田治部が助けを求めたのは既に死相濃くなられていた秀吉の弟、秀長公。自分の死を悟っていた秀長は、最期の御奉公として豊臣政権内部で絶大な発言権を有し始めていた利休を、自らの道連れとすることを選択する。
自分の死したあと、秀吉自身が亡くなったあとの鶴松が継ぐ豊臣政権をどうやって支えるか。それは絶大な権力者一人が支えるのではなく、有力大名が協力して支える体制こそが最適であり、だからこそ政権内に一人の突出した権力者を作るべきではない、と諫言するのである。
弟の最期の言葉に、感情少なく考えこむ秀吉。この時点で、ふたりとも鶴松の先が長くないなんてこと思いもよらなかったんだろうなあ。
そして、秀長の構想の中に甥・秀次の名前は出てこない。秀長の中でも秀次の評価とは、その程度だったのだろうか。この甥は、健気に秀長の役割を引き継ごうと覚悟を固めていたというのに。
この後、図らずもこの秀次がまさにその突出した立場の持ち主になってしまっていくのである。
少なからず、秀次の行く末にこの秀長の言葉が影響合ったのかと思うと複雑極まる。

鶴松危篤の際に、豊臣一族として集められた五人。秀吉の猶子となり一門扱いされた宇喜多秀家、北政所さまの甥にあたり、のちに小早川家に養子に行くことになる秀秋、そして秀吉の姉の子となる長兄秀次、次兄秀勝、三男秀保。
秀次の最後とはまた別に、彼の弟であり美濃を与えられた秀勝、秀長の後を継いで大和宰相となった秀保、この一門衆の若者二人も、文禄の役のあたりで若くして病没してしまうのである。

しかし、利休切腹の立役者を石田治部ではなく、大谷刑部の方にしてしまうんだな。先頃からの、大坂城の良心と思われていた刑部殿の暗黒具合が凄まじくなってきた。利休を嵌める形で秀吉に対して事実と嘘を織り交ぜるかたちで讒言して蟄居という罰を引き出すと、今度は利休に対して秀吉が口にしなかった切腹の沙汰をしれっと織り交ぜて命じることで、利休宗匠の運命を決定づけてしまう。
また鶴松危篤の夜、既に鶴松が死ぬことを前提にして明日以降の予定を立てて準備を進めようとするところなど、情無く冷徹にして冷淡、というのは石田治部よりもむしろ大谷刑部の方と言って過言ではない様相である。
鶴松の病は、利休の呪い、という世間の噂に対しても、呪われるなら自分のほうよ、と一笑に付す刑部殿であるが……それフラグだよ!!
しかし、この徹底して情を排して倫理に背を向け、豊臣政権を支えるための理に徹する姿は、天下を運営する政治家であり官僚としての覚悟みたいなものが透けて見えてくるんですよね。狂気とか闇とか、そういう情緒的なものではない、恐ろしくシステマチックな姿勢なのである。

一方で、大陸伝来の薬草を見舞いの品として持ってきた真田昌幸パパと薫ママ。それを渡されて、薫と一緒に薬作るべさー、とクッキングをはじめる片桐且元。前の裁定の時の沼田問題プレゼンといい、この人は、こんなんばっかりかー!!

北条征伐で戻ってきた沼田城。でも、城主は矢沢の大叔父ではなく信幸が引き継いだのね。でも、信幸の下でも城主気分で勝手に城の拡張とかやっちゃう大叔父さまに、信幸の怒りが爆発。しかし拗ねる、知らんもんワシー、とばかりにそっぽを向くYAZAWAw この人はー。
そんな金と人と暇があるなら、領民のために使いたかった、と良いこと言おうとしてたら、隠し扉を作動させてしまって外に放り出されるお兄ちゃん。お兄ちゃんwww
このへん、未だに戦乱に備える大叔父と、既に平安の世の中で領地経営を進めていこうとする信幸の意識の差、世代格差が見えてくるなあ。

利休等身大人形は茶々のオーダーで、しかも大徳寺への寄進も茶々が何気なくアドバイスした結果。原因は茶々にあり。きりちゃんが怯えてるけれど、まさに茶々が悪気なく関わったことで、どんどん人を不幸にしてしまう連鎖が続いてるんですよね。
利休切腹を前に、利休の点てたお茶を飲む源次郎。そこには、かつて景勝とともに見様見真似で茶の湯の真似事をしていた少年の姿はない。
金で人を操るは業。しかし、その深い深い俗物の極みとも言うべき業こそが、利休を茶の湯に極めさせたというのだから、それもまた業ではないか。


清正と正則の水垢離祈願のお誘いを、やらん、の一言で断る石田佐吉。
それに対して激高するまでもなく、冷たく誘ったのが間違いだった、と出て行く清正。佐吉に対しての感情が冷めてしまっていて、しかしそれでも未練がましく言葉をかけてしまう清正の思いがなんとも……。
でも、あとから追いかけてって、一緒に水垢離しちゃう石田さん!! 上半身、イイ筋肉ついてガタイいいじゃないですか、石田さん!!
また、バカの相手は疲れる、とか言ってしまうんじゃないかと思ったんだけれど、むしろこの時は大谷刑部の相手をするほうが辛かったのか。むしろ、刑部殿と鶴松の死後のことについて淡々と実務するよりも、清正たちと純粋に鶴松の快癒を願ってなにかしたかったのか。



秀吉に、源次郎が良いことばかり考えましょうとふき込むが、それが唐入りにはじまる秀吉の暴走のトリガーを引いてしまったのだとしたら、この後の混乱、そして豊臣家の衰亡を招いたのはまさに源次郎ということになってしまう。

鶴松が死ねば、豊臣家を引き継ぎ支えていくのは自分の役目となる。秀次、自らが関白を継ぎ、天下を収めていく覚悟を決めるのであった。そこに、かつての気弱に自分では役者不足と嘆いていた男の姿はない。分不相応でもやり遂げようという男の顔がある。
そして、きりちゃんにプロポーズ。それ、死亡フラグが立ちました! ギリギリで死亡フラグを躱しつづけるキリちゃん。
家康や本多佐渡は、秀次を無能ではないが天下を治めるには甘ちゃん、と評しているけれど、ほんとタイミングの問題だったんだよなあ。彼のその甘さこそがタイミングさえ良ければすっぽりとハマるように天下を引き継げた要因になっただろうに。


鶴松、峠を越えることが出来ずに幼くわずか三歳弱にして早世。
フラフラと、寝所を出て行く茶々。悲しむことをやめてしまったこの女性は、自らが腹を痛めた子の死にすら、死んでしまったらそばに居ても仕方ないじゃない、と平坦な顔で源次郎に嘯き、遠くへ遠くへ歩いて去っていく。
ぽつり、とこぼした、みんな死んでしまう、という言葉がその表情と言葉を裏切っているというのに。
誰よりも、自分の死神のようなありかたに怯え、震えていたのは茶々本人なのだ。
そして、そのまま去っていく茶々の前に立つのは北政所お寧さま。一礼して避けて通ろうとする茶々の前を遮り、そして抱きしめるお寧さま。
悲しむことをやめたはずの茶々が、茶々が……泣いたよ。子供みたいに、子供に戻ったみたいに泣きじゃくる。
ああ、お寧さまは茶々相手にすら母であるのか。母を亡くして、涙を捨てて笑って生きてきた茶々が、子を失ったこの時に、お寧の抱擁に母を感じて自らが戻れなかった子供に戻って泣きじゃくる。
なんて、シーンなんだろう。
この真田丸の、今までにないもの、というのがこのお寧さまと茶々の関係なのでしょう。どの作品でも、お寧と茶々の関係って犬猿の仲ばっかりだったんですよね。ところが、この真田丸では茶々はまあ無邪気にザクザクとお寧さまの心をえぐったりするものの、ちゃんと正室として北政所を立てて交流をしており、お寧も時々凄まじい眼で見据えたりするものの、茶々のことを側室として丁重に扱っている。
わりと穏当な関係だったんですよね。
そこにきて、これである。
これから、茶々が秀頼の誕生を経てどうなっていくかはわからないのだけれど、意外とお寧さまとの関係はこのまま行きそうなんだよなあ。


言葉もなく、号泣もなく、身罷った鶴松の亡骸を前に座り込んだ秀吉の手にするでんでん太鼓の寂しい音だけが響いていくラストシーンは、なんかもうすごかった。


そして、最後にこれだけは言いたい。
婆様、元気じゃないか!!
もうサブタイトル的に、前回の予告で床から離れられなくなってたっぽいとり婆様、ついにここでお別れなのか、と悲しい気持ちに陥ってたのに……。途中で、戻ってきた小山田茂誠とお松姉さんに見舞われて笑顔で岩櫃に行くという二人を見送った婆様のシーン見て、ああもうすぐ、と胸を痛めていたのに。
婆様、粘った! ってか、当然のように次回予告で元気にふんばってるんですけど、婆様ww
いやあれが最後の見納め、となるかもしれないと勘ぐってしまうのなんとも言えない気分になってしまうのですけれど。
にしてもこう言ってはなんだけれど……とり様、しぶとい!!

真田丸 第24回 滅亡   


小田原城内で、主戦派に襲われ間一髪のところを懐かしい小山田茂誠に助けて貰った源次郎。
いやはや、本当に懐かしい。昔の頃の源次郎だと、ここで一緒になってテンションあがるところなんだけれど、今は御役目の最中だからか、意外とそっけない態度で。
しかし、小山田家が北条と関係が深かったとは言え、なんとかなるもんなんですなあ、再就職。

改めて、氏政公と対面。顔面に白粉を塗りたくった、それでも顔色の悪さとコケた頬が隠せない憔悴した面持ちとなっている氏政。
いや、冷静になって考えてみると、よくここで源次郎ぶっ殺されなかったよね。YAZAWAのオジキは、北条の使者ぶっ殺しまくってたんだぜ、仕返しにやられても仕方なかったぞ!
源次郎の城の外の様子を聞く氏政公だけれど、場内にはそれだけ情報が入ってこないのか、それとも氏政の元に届かないのか、知っていて敢えて、なのか。
氏政が鉢形城の陥落に一番ショックを受けていたっぽいのは、その城が小田原城郭の外部の城の中では野戦派だった弟の北条氏邦が手勢を率いてこもっていた城だったからでしょうか。小田原城外では一番兵数が居た城だったっけか。
結局、源次郎は氏政公の答えを聞けずに下がることになったのだけれど、恐らく最後の一押しは公式の使者である黒田官兵衛の折衝だった、ということになるんでしょうね。源次郎のそれは、後押しの一つにはなった、という位置づけか。
どうやら、作中では源次郎の役割は、史実でも数合った各勢力が氏政に勝手に出していた降伏勧告の一つ、という扱いであり、公式の使者は黒田官兵衛のようで。
ちなみに、黒田官兵衛の提示した降伏条件も、源次郎が言っていた内容と同じだったらしく、秀吉あっさり反故にしていろんな人のメンツ潰してるんですよねえ。

しかし、帰る時に板部岡江雪斎のセリフ、耳を傾けてくれたはず。聞く耳持たなければ、殺されていただろうしな。という、源次郎死んでても全然おかしくなかった状況だったのを明かしながら、彼を名指しで引っ張りこんだのを悪びれもしない江雪斎の態度にしびれた(笑
さすが、戦国ネゴシエーターw

帰りに改めて小山田茂誠に挨拶して、松姉さんが生きてることを伝える源次郎だけれど、重要なのはここからで、彼が居た倉庫で備蓄された大量の鉛塊。鋳潰して銃弾にするためのもの、を発見するんだけれど、そこに見覚えのある刻印がされているのを見つけてしまうんですね。
源次郎が小田原場内に入ったのって、物語上一番重要なのって、氏政の説得でも茂誠との再会でもなく、もしかしてこれが一番の理由になるのか!?

しばらくして、氏政から降伏の使者が送られ、氏直が剃髪して城外に現れ、ついに小田原城が陥落することに。
降伏条件であった氏政の助命を覆す秀吉に、憤りを隠さない家康殿に、抗議する大谷刑部や源次郎をしかし一顧だにしない秀吉。
ただ、これだけの大戦で名目上とはいえ当主だった氏直の助命が認められてる、というのはかなりの譲歩にも思えるんですよね。氏政と親族衆筆頭の氏照、それから筆頭重心の松田などが切腹させられてるけれど、それ以外の氏政の弟たちも許されてるし、これよっぽど家康が頑張ったっぽいのよなあ。
氏直はこのあとしばらくして早世してしまうのだけれど、大名として復活する予定が組まれていたそうなので、待遇としては優遇と言っていいくらいじゃないかと。
北条家は、結局家康の幼馴染であった氏政の弟の一人である氏規が狭山藩を起こし、江戸幕府下で幕末まで続くことになる。
だから、厳密には滅亡はしていないのだけれど、あれはまさに戦国大名北条家の滅亡、であったんだよなあ。

既に死ぬ気の氏政を、家康は心を砕いて説得しようとするのだけれど、どうしても首を縦に振らない氏政。それでも諦めきれずに、上杉景勝、真田昌幸という北条と争い続けた関東の雄たちを引き連れて、再度説得に訪れる。
この時の氏政の、自分の助命のためにかつての敵たちがこうして集い、本気で生き残れ、と言ってくれることそのものを噛み締めているような、実の篭った表情をしてるんですよね。下からでも上からでもない、対等に向き合った立場で、先に逝く戦国大名となおもあがき続ける戦国大名が見つめ合い、語らい合っている。
家康たちの言葉は、心は十全届き、それを噛み締め、味わい、それでなお微笑んで固辞する氏政の姿に、いったい何を見るべきなのか。

最期に、飯に掛ける汁を分けずに一気に注ぎこみ、それを掻き込んでなんとも得難い頷きを繰り返しながら味わう氏政公。さらば、戦国時代よ。


一方、忍城は未だ落ちず。時系列は前後するけれど、小田原城が降伏したあとも徹底抗戦し続ける忍城に、結局予定通り城を落とせず荒れ狂った石田治部殿、被害の多い総攻めを選ばざるをえないか、という段になって、自分なら2日で、と提案する真田昌幸の、自称卑怯な策を受け入れる。
事実と違う小田原の北条家を貶める噂を流して、内部の士気を砕いて予告通り降伏させた昌幸の手腕に、その策は嫌いだ、と言いながらも率直に教えを乞う石田治部。そうなのよねえ、この人偏屈者のくせに、妙に素直で率直に頭を下げてくる時があるんですよね。それを目の当たりにしてしまうと、どうしてもこの男を突き放せなくなる。島左近や舞兵庫といった歴戦の武将が石田治部に仕えたのも、そのへんなんだろうなあ。

そうそう、源次郎がこっそり持ち帰った鉛板。その刻印、前回茶々が購入してそのまま源次郎に預けていた山吹の扇に押されたものと同じものだったわけで。そう、千利休の屋号である。
小田原城陥落とともに、現物を抑えようと倉庫に乗り込んだ大谷刑部と源次郎が見たものは、鉛や箱など一切消え失せた空の倉庫。間一髪、ものを回収した千利休の、冷や汗を掻きながらこぼす「危なかったー」という一言に汗……。俗物や、この商人、ものすげえ俗物だw
しかし、これはまた盛大に粛清の材料があがってきましたなあ。石田治部たち奉行衆との対立軸は、やはり政商として逸脱しすぎた千利休にスポットをあててきたか。

そして、遅れてきた奥州の龍、伊達政宗の本格登場。さっそく、餅つきしはじめたぞ、この道化者w
伊達を反秀吉の旗手として当てにしていた昌幸パパも呆れる、秀吉へのゴマのスリっぷり。うんうん、似てるわ。あんた、秀吉そっくりだ。
プライドを捨てず、関東の覇者として消えていった北条氏政に対して、高いプライドを盛大に投げ捨てて、生き残ることを選んだ奥州の覇者伊達政宗、というこの対比。プライドの高さに関しては、それこそ氏政に負けず劣らずであろうこの梟雄は、しかしその高いプライドを投げ捨てることを厭わない。それもまた、強さよなあ。
そして、投げ捨てたプライドをこっそり拾って懐で温める手癖の悪さ。この後も、奥州で暗躍を続け、スキあらば領土を広げようとするその悪どさ。まあ、いろいろな意味で質の悪いこの男、真田源次郎信繁と同年齢。この時、まだ二十余歳というのだから、若いんだよなあ。

そう言えば、今回は未だ野望を隠さず天下を動乱に導く策を練る昌幸に対して、出浦さんがそれを聞く信幸に、これは冗談だ気にするな、と昌幸に同調せずにむしろ信幸に寄り添うような姿勢を見せてるんですよね。
これで、ああ出浦さん、やっぱり前回の一件で信幸を試していたんだなあ、と。これ、もう兄ちゃんの方についていくことに決めてるっぽいですねえ。

そして、印象的だったのがやはり板部岡江雪斎。家康、景勝、昌幸の説得が失敗に終わり、三人が伴である本多佐渡、直江兼続、真田源次郎と共に去っていったあと、彼は家康たちに深々と頭を下げたあと、氏政の居る奥には向かわず、そのまま庭に飛び出し、そのまま走り去っていくのである。
アレを見て、ああ板部岡江雪斎は真田丸という舞台から、今退場したんだなあ、というのが伝わってきて、なんとも感慨深い気持ちにさせられました。
史実の板部岡江雪斎は、この後秀吉に御伽衆として仕え、その後は家康のもとに出仕して関ヶ原でも一つの役割を得るのですが……、もう山西さん演じる板部岡江雪斎は、多分これが見納めなんだろうなあ。
素晴らしい、熱演でした。


真田丸 第23回 攻略  


板部岡江雪斎、吠える!!
前々回あたりからの江雪斎役の山西さんの迫真の演技に引きこまれていたけれど、北条滅亡を目前にしてそれでも足掻く今回の江雪斎は、ほんとに魂の篭った猛演で、すごかった。
最初出た時は氏政の腰巾着みたいな役回りであるかのような立ち回りだったのに、今回氏政に対しての苛烈なまでの一喝にはもう震えた震えた。
この大河で、好きな戦国武将に「板部岡江雪斎」を上げる人が日本全国で僅かなりとも誕生したんじゃないだろうか。だとすれば、非常にこの大河ドラマの意義深さには唸らされる。いやもう、信長の野望やっても板部岡江雪斎、蔑ろに出来んよ。丁重に扱うよ。
外交僧という立場なのに、鎧姿と言いあの覇気といい、一端の武将だよなあ。


北条攻めが決まり、秀吉は大坂に諸将を集めて大軍議。久々の上杉景勝様の登場だよ!!
他にも前田利家、黒田官兵衛、小早川隆景や蒲生氏郷、長宗我部元親など西日本の名立たる武将が参加してるはずなのだけれど、さすがにキャストは置けないか。

昌幸パパ、徳川の与力ではなく上杉の北方方面軍に割り振られて、有頂天。いや、喜びすぎだって。もうちょっと謙虚になろうよ。家康さまだって気分悪いよ、そんな態度取られたらw
源次郎、この配置を整えた治部殿にお礼言ってたけれど、それで良かったのかなあ、と後のことを思うと考えこんでしまう。しかし治部殿、てっきり源次郎にもっとそっけない返答するのかと思ったら、もし家康が裏切った時真田がくっついていってしまったら困るからな、と本当に真田家に配慮してるみたいじゃないですかっ、って本当に配慮してくれたんだろうけど、治部どの完全に真田を贔屓してくれてるじゃないですか。

そして、源次郎を放って越後に帰ってしまって以来の景勝さまとの再会。眼も合わせず逃げるように立ち去ろうとする景勝さまに追いすがって、キにしてません気にしてませんから、前と同じくお慕い申し上げておりますから、と一生懸命景勝さまを慰める源次郎。健気だぞ、源次郎!
恥ずかしそうに、でも嬉しそうにちょっと目を細めて源次郎を一瞥して、小さく頷く景勝さま。乙女か!!

秀次くん率いる本軍、特にイベントなくあっさり小田原城まで到着してるようだけれど、秀次軍が山中城を一日で粉砕して突破してるように、相応の活躍はしてるんですよねえ。

小田原では、源次郎、黄母衣衆の一員として使番の任を果たすべく各地を走り回ることに。ちゃんと、黄母衣背負ってるよ!! 一緒に見ていた母に、何アレ、あの変なの何!? と問われたので由来やら効果など説明すると、ははぁ、と関心しながら、こんなん付けてるの初めて見たよー、今まで見たことないよー、と言うのでさもありなん、と頷いてしまった。自分も、母衣つけてる武者見たのって【クレヨンしんちゃん】の映画くらいしか記憶ないもんなあ。

自分のところに伝令に来た源次郎を連れションに誘って、愚痴をこぼしたり秀吉に色々と叛意がないことを伝えてくれ、と訴えるんですけれど、わりと率直に内心をこぼしつつ秀吉に繋ぎを頼む、というのはそれだけ源次郎に対して信頼と信用を抱いてる、って風にも見えるんですよねえ。昌幸パパはそりゃ嫌いなんだろうけれど、息子の方は縁も色々あって、結構親しい感じなんだよなあ。

と、場面が変わって今度は家康が秀吉に連れションに誘われ、その場で領地替えを申し渡される。北条の領地を丸々与えられる、というのは凄いことなんだけれど、一方で父祖からの故郷である三河と今川から奪い取った駿河を取り上げられる、という家康にとっては複雑な事態に。
まあ実際の所、まだ東北が安定せず、大北条のあとを引き継いで要となる関東の地を安定して収められるのは徳川しかいない、と見込まれたからだ、という話に最近はなってきてるみたいですねえ。
ちょうど、この小田原征伐の陣中で、関東を与えられる候補と言われていた「名人」堀秀政が陣没してしまった影響もあるのでしょうけれど。この堀秀政も、死ぬのが早すぎた名将なんですよねえ。

一方、小田原城内ではどんどん追い詰められた雰囲気に。氏政も、はためには平静を保ち優雅に日々を過ごしながらも、憔悴を重ねて化粧を施して隠さなければならないほどの顔色に。
伊達さえ来れば、と繰り返し言い募る氏政だけれど、北条がそんな他家を頼りにして命綱にしてしまっている時点で、ダメだよぉ。しかも、よりにもよってこの日の本で信用出来ない戦国武将最上位にランクインしそうな伊達政宗に命運をたくそうだなんて。

上杉、真田の北方軍は、侵攻路の城塞郡にかなり兵数が割り振られていたせいもあって、進軍は停滞気味に。秀吉のために戦うなんてやる気でねえよー、とか言ってるけれど、別にやる気の問題でもなかったはず。ってか、昌幸パパ、やる気ならんとか言いながら、じゃあ次ウチが攻めるから、任せて任せて、と実はやる気満々なんじゃないか、という振りがw
でも、忍城攻略は信幸兄ちゃんに、やってみろ、と任せるんですよね。真田家としての決断や、内治に関しては結構任せてくれてましたけれど、さらに実際の戦場での指揮も任せるあたり、パパはちゃんと後継者の育成を着実に進めてるんですよねえ。ここらへん、絶対君主として君臨し続けた氏政と、その下で沈黙し続けた氏直親子の関係と比べてみると興味深い。

と、ここで出浦さんが、信幸を呼び出して、北条とここで結んで秀吉の陣を急襲すれば天下をひっくり返せるぞ、とまさかの裏切りの示唆を。
興味深いのが、これを昌幸パパに提案するのではなく、信幸の方に語ってみせ、さらに彼の目の前で佐助に北条に繋ぎを取らせようとしたところなんですよね。
勿論、信幸はこれを止めるのですけれど……出浦さん、明らかに信幸にわざわざ止めさせたんですよねえ。信幸兄ちゃんに。乱世にしか生きられない男も居るのだ、とうそぶく出浦さんですけれど、これって果たして自分のことなのか、それともパパのことなのか。色々と彼の中でここで決断がくだされたんじゃないだろうか。

さて、一連の小田原攻略戦の作戦計画を立てた石田治部殿。忍城などで行き詰まっている北方方面軍に対して、計画通りじゃない、なにやってんの! とお冠。
だ、駄目だこの人、実戦を机上でしか考えてない。あいつ、実戦経験なくてあかんねん、と大谷刑部にディスられる始末。いや、焦るわ繊細すぎて神経性の腹痛まで発症しちゃってる治部殿を心配してるんだろうけれど、わりと容赦無いのが刑部さまのやり方で。秀吉に対して、あいつちょっと実戦放り込んで鍛えてやりましょうぜ、と忍城攻略戦に向かわせちゃうんですよね。す、スパルタですね、刑部さま。
でも、治部殿を送り込まれた方の上杉主従と昌幸パパの表情がまた、えらいことに。特に、治部殿のキャンキャン喚きながらの叱責と、頭のなかで考えた「ぼくのさいきょうのけいかく」を聞いた時の直江さんの表情の冷めっぷりと来たら……。ほんと、この人ものすげえ顔するなあw
まあでも、戦下手っぷりだと、直江兼続も何気に相当だと思うんですけどねえ。
でもまあ、この調子でキャンキャン吠えられたんじゃあ、唐入りで苦境を重ねた前線で戦った連中が、治部殿に対してヘイト溜めまくった、というのもありありと想像つくなあ。
関が原も、この調子で机上の空論を重ねた挙句、戦う前に決着ついちゃってた、という有様になってしまうのが透けて見えてしまって、なんだか悲しくなってくる。
ほんと、治部殿は官僚やってるのが一番だったんだよ。

小田原征伐は佳境を迎え、場内は降伏か徹底抗戦かで激しく対立が生じ、包囲している豊臣軍の方も総攻めじゃー、と逸る秀吉に、家康や刑部殿が必死になだめ、氏政という男は死なせるには惜しい、彼ならば豊臣政権を支える大黒柱になれる、と助命嘆願するんですよね。北条氏政という男に対する、この高い評価。なんか、感慨深くすらあります。
そして、一縷の望みを託し、徹底抗戦に固執する氏政を説得するために、家康公が選んだ使者こそ、真田源次郎信繁!
先の沼田争議での縁もあって、板部岡江雪斎からも猛プッシュされ、本多正信からも太鼓判を押され、とまさかあの老獪なメンツが、あの裁定で信繁という若者を認めていたんだなあ、というのがわかると嬉しくなってしまうじゃないですか。特に、江雪斎。そうかー、あの激しい意見のぶつかり合いの中で信繁を評価してくれてたんですねえ。休憩の時に交わした会話が、今更に染み渡ります。
そして、ここで一番胸に響いたのが、家康公の信繁を送り出す時に「頼むぞ、源次郎!」という思いの篭った一言。家康公から、ここまで気持ちを込めて名前を呼ばれることがあるなんて……。
もうね、これ聞いた時は、源次郎、このまま徳川仕えなよー。秀吉なんかよりずっと気心の知れた主従になれるよ。本多佐渡と同じくらい、家康公と気持ち通じられるよ、と思ったものです。
歴史の皮肉よなあ。
まあ、実際の使者役は黒田官兵衛なんですよね、これ。さすがに、ここで主人公に重要な役割をねじ込んでくるのは如何なものか、と思わないでもないのですけれど。

と、思ったら、まさかの小田原城内で、お松姉さんの旦那さんの。本能寺の変以来、お松姉さんを弔うと言って別れていらい音沙汰なかった、小山田茂誠義兄さんと再会!? 茂誠義兄さん、この頃北条に仕えてたの!?
しかし、ついに茂誠義兄さん再登場してくれて、やっとという感じですよ。お松姉さんがせっかく戻ってきたのに、全然音沙汰なかったですからねえ。

次回、ついに北条戦決着。予告の顔色が戻りどこか穏やかさと覇気が相俟った氏政の姿に、今から胸熱である。また、忘れられない滅びの美を見せられるのか。

真田丸 第22回 裁定   


戦国リーガル・ハイ! いや、自分リーガル・ハイの方は見てなかったのですけれど。

山西さん演じる板部岡江雪斎。北条家の外交僧として活躍したこの人が、今回また素晴らしい存在感で……、ってかあの弁論するときの袖を強調するような立ち姿、あれ反則だわ。なんかもうあの立ってる姿だけで、インパクトあったわー。

討論の方は、北条・真田とそれぞれに声高に主張を述べ、源次郎の率直な物言いは好感を得るものの、やはり論述に関しては板部岡江雪斎の方に部があり、狡猾に発言の隙を突かれて追いつめられてしまう源次郎。
残念ながら、役者が違うんですよねえ。いや、源次郎は勿論頭の回転の速い良く気の回る有能な青年なのですけれど、やっぱり謀を巡らしたり、言葉で相手を言いくるたり窮地に追い込むようなタイプの人間ではないんですよねえ。将足りえても政治家ではない。それを言うと、治部殿も政務は取れても政治が出来るタイプでもないんだよなあ。このあたりが、大名になれるかそうでないかの境目なのかもしれない。
もっとも、ほんの少し昔までは、この「政治」が出来なければ国衆だとて生き残れない修羅場が散在していたのが戦国乱世なのですが。

沼田をめぐって論を戦わせる源次郎と江雪斎ですけれど、必死に戦を回避しようとしているという観点に置いては、決して敵ではなくむしろ同志ですらあることが、あの休憩の一時での一瞬流れた和やかな雰囲気なんだろうなあ。
でも、全然手加減はしてくれない板部岡江雪斎w
しかし、窮地に陥った源次郎に手を差し伸べてくれたのが、まさかの本多正信。自分、こんなに綺麗な本多佐渡守、見たこと無いよー。前回の主君の、情にあふれた姿に感化されたのか「必死で戦こうておる若者を見たら手を差し伸べてやるのが 年寄り というもの」という佐渡のセリフには、もうなんか心がほんわかと。
ほんま、徳川家中は癒やしやでえ。

……だが少し待って欲しい。そもそも、これだけ問題こじれたのって、結局徳川の二枚舌外交がけっこうな原因なんですよねw
すごくいいコトした、的な後ろ姿で去っていった本多佐渡……やはりタヌキじゃw

何気にこの沼田裁定。途中で放り出して退席した秀吉に無茶振りされて、後を引き継がされた秀次。最初あたふたしていたものの、最終的に両者の言い分から北条方の矛盾点を付き、穏やかに窘めるように沙汰を言い渡していたのを見て、ちょっと感心してしまった。いや秀次さま、ちゃんと裁定役やれてるじゃないですか。伯父貴からの変なプレッシャーさえなければ、明晰な判断下せるじゃないですか。すごい優秀じゃないですか!
いや、本当は北条に華を持たせなきゃいけなかったシチュからすると、空気読め、な裁定なのかもしれないですけれどw
なにも出来ないボンボン、という本人も思い込んでいる姿とは裏腹に、この秀次様なら十分この大坂政権、次代まで引き継げたんじゃないかという期待と、だからこその余計な絶望を抱いてしまうお姿でした。

で、石田治部である。この人は本当に……。最初から北条に勝たせるつもりだったにもかかわらず、裁定には不正を持ち込まずにきちんと最後までやらせてしまうところに、この人の頑固なまでの誠実さが出てしまってるなあ。北条有利に持っていくことなんぞ、いくらでも出来ただろうに、最中はまったく口出ししなかったですし。
終わってから、わざわざ安房守昌幸のところまで赴いて、誠実に頭を下げて頼み込む。何気に親父殿、滝川一益さんのときのこと引きずってるんじゃなかろうか。真っ向から誠実に来られると、抗えないというか逆らえないというか、あれだけ反発していた沼田引き渡しの件を、名胡桃でごねたとはいえあれだけあっさりと頷くとは思わなかった。あれ、昌幸パパも治部殿には何かしら感じるところ、あったんだろうか。

しかし、それで収まらないのが沼田を預かるYAZAWA大叔父である。
あかん、YAZAWAのシーン全部面白いわw 

片桐さんの沼田城問題の解説、聞いてあげましょうよ。せっかく詳しく調べて資料化して万全に準備してたのに! 実際、本当に内容的にも面白そうだったんだよなあ。別に時間枠取って放送してくれないだろうか。大河ドラマで長野業正の名前を見ることになるとは思わなんだ。


と、一応の裁定が降りて、ここまですぐにあの名胡桃城問題が発生するとは。
この辺、実際はまた相当にややこしい問題であったようで、単純に現場の暴走ではなかったようなのですけれど……。
注目すべき点は、起こってしまった問題に対しての、それぞれの対応ですか。
即応して反撃に出ることなく、加勢するぞと乗り込んできた舅本多忠勝を一喝して追い返し(ここ、立派に真田家をまとめる風格が出ていて、お兄ちゃん貫禄出てきてたわー。舅殿がここで一気に信幸兄ちゃんを気に入ってしまったのも無理からん)、我慢してまず大坂の父に、ひいては秀吉に裁定を委ねる判断を下したお兄ちゃんに対して、どうして秀吉が、中央政府がこんな地方の領土問題に首を突っ込んでくるのか本気で理解できない北条氏政。この認識の違いが致命的なんですよねえ。
あの様子だと、決して氏政、秀吉を無視しているわけでもないのですけれど、中央の威光というものを結局、室町幕府は足利将軍からのお達しと同程度のもの、としか受け止めてなかったんじゃなかろうか。
ちょうどその頃、東北では伊達さんが同じように秀吉からの惣無事令をわかったわかったと頷きながら、蘆名ぶっ殺しにかかってますしw 一報を聞いた昌幸パパが、氏政と同じ反応をしているのが、戦国乱世の渦中を生きた人間と乱世が終わろうとして世界が変革していく最中に世に出てきた世代との、或いは実際に畿内で天下が収まる具体的な様子を目の当たりにしていた中央の人間と、それを知らない地方の人間との認識のギャップであり常識の食い違いなんだろうなあ。
あと、昌幸パパ、佐助に2日で信濃に帰れとか、さすがに無茶振りすぎ!! あんた、何も考えずに脊髄で物言ってるだろうww

名胡桃城取られたんで、自力で取り返します。迷惑かけんから、どうか兵を動かすのを許してください、と秀吉に目通りして頼み込んだものの、秀吉からすると問題は沼田云々じゃなく既に関東の沙汰をどうするか、にあるので、勝手するな、と昌幸に言い渡すわけで。
そういう大きな視点を持たない昌幸からすると、なんやねん、なんで取り返したらあかんねん、と不満が募るばかり。ここで、出浦さまがより過激な発言、聚楽第、攻め落とせるぜ、なんならやったるかい!? と煽ることで逆に昌幸パパを宥める流れにするのが、なんか見てて良い仲だなあ、と首肯してしまった。むしろ、いつも出浦様の方が無茶苦茶なこと言うのだけれど、そうやって昌幸のブレーキ役になってるんだなあ。

北条方では板部岡江雪斎が、大坂では治部殿と源次郎が、必死に戦になるのを止めようとするものの、既に秀吉の意思は固く、北条の頑なさは止めどなく、大戦への流れは止めようがなくなっていく。
この、非戦派の必死な足掻きにも関わらず、事態がどんどん悪化してい様に無常観があってたなんとも……。


今回の氏政さまの形相も相当にいきりたってて凄まじかったけれど、次回予告はまた壮絶極まるなあ。
そして、あの小説・映画「のぼうの城」の舞台となった忍城攻防戦もついに描かれるのかー。忍城の水攻め、治部殿発案説と、秀吉の命令説があるけれど、さてこの真田丸ではどちらになるか……って、まず後者っぽいよなあ、この治部殿と秀吉だと。

真田丸 第21回 戦端   


早速、対北条戦がはじまるのかと思ったら、戦端って違う意味だったのか。


家康、わざわざ自ら出向いて北条氏政と対談し、上洛して秀吉に頭を下げて生き残れ、と説得。家康さん、本心から北条には滅んでほしくない、と思ってるのか。何の益もないどころか、徳川家の利益を思えば北条家には滅んでもらった方がいいにも関わらず。
そんな主君に眉をひそめるのではなく、だからこそ仕え甲斐がある、と目をうるませる本多正信がすごい好き。この正信は謀臣というよりも本当に側近というか、心の通じた家臣という感じですごい好き。
武田家が滅んだ時も、あれだけひどい目に合わされたにも関わらず、全然嬉しくないっ、と言ってたけれど、家康公は他家が滅びるのを好まない人なんだなあ(どうでもいい小規模な国衆は除く)。
この様子だと、豊臣家の滅亡も家康が率先して滅ぼしに掛かったのではなく、家康当人は滅ぼすつもりなかったのに大坂方の暴走や徳川秀忠の主導で大坂の陣に転がっていった、という筋になるのかも。

家康の説得、ある程度は聞いたんでしょうね。これまで大坂からの上洛命令を一顧だにしなかった氏政ですけれど、家康の言葉にはかなり考え込んでいたようですし、この後条件をつけたとはいえ上洛して秀吉に拝謁するむきを伝えてきたわけですし。
もっとも、その条件こそが「沼田よこせ」というもので、沼田問題の再燃である。
戦を起こしたくない石田治部たちは、それで事が収まるなら、と受け入れる方針。勿論、真田としては沼田だけは受け入れられない。源次郎も頑としてはねつけるものの、あの石田治部が懇願、という形で親父殿を説得してくれ、と頼み込むくらいだから本気でこの落とし所で事を収めようとしていたのがわかる。
とはいえ、昌幸パパが言うこと聞くはずもなく。
すごすごと戻ってきた源次郎に、「ふん、最初から期待してなかった」と言っちゃう石田治部、最初の頃だったら、じゃあ最初から説得なんてやらすなよ嫌味な奴だなあ。と思うところだけれど、今となっては、ああ源次郎が責任を感じて気に病まないように気を遣ってくれたんだなあ、とわかるようになってきてしまったw


大坂では、秀吉に北条攻めを進める千利休と、大戦を避けようと尽力する石田三成、大谷刑部という奉行衆という構図が。千利休、あれは秀吉に耳障りの良い事ばかり進言する奸臣、というスタイルというよりも、堺の豪商・田中与四郎の顔を前面に出していた、と見た方がいいのかも。
北条との大戦ともなると、商人としては大いに儲けどころですし、金貸しとしても動員される大名に貸付して儲けられるし。

秀吉が北条攻めを性急に進めようとするの、どうやら「お捨て」が生まれたことによって急いで天下を平定して、生まれてきた子に苦労させまい、とする親心、という所なのか。それにしては、焦っているようにすら見える余裕のなさである。それだけ、捨てを溺愛している様子が今回だけでも随所に見受けられたのだけれど、この溺愛、執着が瓦解した時が本当に怖い。最初の子の時でこれだもんなあ。
世間では、秀吉に実子が生まれたことで後継者とされていた甥の秀次が不満を抱いている、と見られているようで、徳川家康と正信も秀次の後継者問題に豊臣家の凋落の予感を感じている。
のだけれど、当の秀次は全然そんな気ないんですよね。むしろ、天下を継ぐ器ではないと自覚していて、そこから外れたことにホットすらしている。そして、お捨が成人するまでは自分みたいな不出来でも頑張って踏ん張って天下を保って、ちゃんと渡してあげないと、と気合を入れなおしてすらいる。ほんと、いい人過ぎて、泣けてきた。今から泣けてきた。
子供生まれて喜んでる秀吉を遠くから見ていて、秀次くんなんか寂しそうなんですよねえ。あれは、安堵とともに自分では尊敬して敬愛する伯父にあんな顔をさせてあげられなかった、と自分の不甲斐なさをかみしめているのか、なんか胸を打つ表情だったんですよねえ。優しい、いい人なんだよなあ。
史実の秀次は、小牧・長久手の戦いでの不始末が取り上げられて無能のレッテルが貼られがちだけれど、あの頃ってまだ十代。その後、各戦いでは武功をあげてますし、大領の統治でも瑕疵なくしっかりつとめていましたし、決して無能じゃないどころか、秀吉の一族の中では秀長に継ぐ確かな実力の持ち主だったんじゃないだろうか、と思う所。
いずれにしても、今から憂鬱ですよ、この愛すべき甥っ子のことを思うと。

ほんと、暗澹たる大坂や天下の情勢からすると、ゴリゴリSAN値が削られている信幸兄様の家庭内事情とか、平和だなー、とすら思えてしまう(苦笑
毎週のように襲来する舅・本多忠勝。なんで駿河か信州上田までそんな毎週来れるんだよ! 暇なのか、この義父殿はw あんたの主君、わりと忙しく大坂や伊豆やとあっちこっち行って働いてまわってるのにw
体調を崩して伏せるおとり婆様、あの真田を体現したような女傑も、そろそろこの時期なんだっけか、亡くなるのって。家族みんなで心配そうに世話を焼くなかで、稲姫はこの場にいないんですよね。それが、まだ彼女が真田家という家族の一員ではないことがわかってしまう。
一方で、なんか元気ハツラツになってきているおこうさん。病弱キャラはどうしたんだ、本当にw この人、初登場の段階で、ああすぐに病気で死んじゃうんだなあ、とみんな思っただろうに。どうしてこうなったw
でも、このおこうさんもおとり婆様からすると、源次郎や源三郎と同じ孫なんですよね。長男の娘なわけですし。そりゃ、可愛いだろうなあ。

真田家の京屋敷、昌幸パパが自慢気に隠し扉も作ったぞ、と言っているのを実に胡乱げに見ている信幸兄ちゃんに、隠し扉とか要らないので作りませんでしたー、とあっけらかんと報告する信繁くん(笑
なんか、大坂での沼田問題の解決は、北条・真田、そして関係者兼見届け役として徳川の三者が関白の門前で討議して、話し合いで解決する、という形に。槍を合わせての戦ではなく、言葉による戦、という意味での戦端、というタイトルだったのか。石田治部たちからすると、これからの戦はこれだ、という意気なんだろうけれど、なぜ「逆転裁判!」な感じになってるんだ!?(笑
しかし、昌幸パパ。せっかく、北条も徳川も名代を出してきて当人出席してこないんだから、自分が出ればまず心証は良いだろうし、名代なんかきりきり舞いに蹴散らせるだろうに、チャンスをのがしてもったいない。
と、思ってはみたんだけれど……でも、昌幸パパってしれっと嘘をつくのは得意だけれど、そう言えばあんまり論理的に喋ったり、相手を説得したりするのって見たことがなかったような。裏でコソコソ暗躍するのはともかく、面と向かって相手を説き伏せたり、説得力のある言葉で翻弄したり、って実は出来ないんじゃないのか!? そう言えば、初っ端から武田勝頼公の説得にも失敗してたし!!
源次郎に丸投げしたのも、意地とかだけじゃなく、その辺の自覚あったんじゃなかろうか。ぶっちゃけ、昌幸パパって大坂来てから公式の場では「ボェェェェ」としか唸ってるだけだったし。秀吉に対しても気の利いたセリフとか全然言えてなかったしw

真田丸 第20話 前兆   


タイトルが重いなあ。
豊臣の一番の信奉者であろう石田治部に、落首の犯人は民だ、と言わせてしまうとは。

聚楽第落首事件は当時でも衝撃だったのか、いろんな資料に残っているようですけれど、実際無茶苦茶なんですよねえ。
片桐さん、石田さんが穏便に済まそうとしているのに余計なことしてーー!!
実際にいるんですよね、本人悪気なく些細な事を上に報告してしまって大事にしてしまう人。
片桐さん、こういう時こそ胃痛に苦しみなさいよ。あんたが余計なことしたおかげで、関係ない人死にまくってるんだから。おかげで、石田さんが酔えない酒をひたすら飲み続けるはめになってるんだから。

それにしても、今回は石田さんの魅力が炸裂した回だったんじゃないだろうか。
惚れるわー。あれは、惚れるわー。あの石田さんが、真っ向から秀吉に諫言して、乱心しているのは殿下の方です! とまで言ってのけるとは。
その前に、口を挟もうとした源次郎を一喝して黙らせたのは、秀吉の怒りに彼まで巻き込まないため。この時点で、石田さん完全に死ぬ覚悟決めてたんですよね。今の秀吉は、石田治部ほどの側近でもあっさり死を賜り兼ねないと、理解していた。大谷さんが諫言しようとしたのを、顔色変えて止めたのも、それをわかっていたからでしょうし。
実際、北政所さまが止めに入らなかったら、切腹を申し付けられていたわけですしね。
ただのイエスマンではない、本心からこの豊臣の天下を守ろうとする気概をもった忠臣じゃないですか。熱い男じゃないですか。そりゃ、彼のために死んでやろうという漢が少なからず出るのもよくわかる。
そしてそんな男に、この豊臣の世はもう民から見放されはじめている、と言わしめてしまうのか。

何気に、北政所さまの登場によって有耶無耶にされてしまった、尾藤道休の一族隣人皆殺しの一件ですけれど……実際は60人近く処刑されちゃってるんですよね。
石田治部の覚悟の諫言も、北政所の制止も結局無視して、だが許さんとばかりにやってしまうのか、秀吉。
ドラマではうやむやにされてしまったのも仕方ないよなあ。だって、源次郎がでっち上げた犯人によって、関係ない民が巻き添えくって殺されちゃうんですもん。これは堪える、なんてもんじゃ済まないでしょうし。

しかし、北政所さまにあそこまではっきりと、最近秀吉が変わったんじゃな。昔からあの人は怖かった。信長公よりもずっと、冷たくて怖い人だった。とまで言わせますか。長年寄り添った人の言葉だからこそ、ズガンと来る。

ちょっとおもしろいというか興味深かったのが、北政所さまと茶々さまがわりと普通に交流してるところでしょうか。よく、淀君が正妻面して北政所を蔑ろにして、顔も合わさない断絶関係、というのがこの二人の定番の描写だったように思うのですが、真田丸だとちゃんと側室として正室北政所の立場を尊重しつつ、わりと協力して奥向きのことをやってる様子なのが、なんとも不思議な感覚で。
もしかして、二人の関係はそこまで悪化させないまま、コネクションを維持していくのだろうか。

一方の真田本家の方は、稲姫が輿入れしてきてバタバタしていますが、おこうさんが強かに家に残ったり、とほのぼの路線で。娘が心配すぎて下男に化けてついてきてしまった挙句に、輿に抱きついて泣いている本多忠勝の姿に、ニヨニヨw

ボンクラ上司の平野さんと、才迸る源次郎の凸凹探偵ものも、これはこれで面白かったです。けっこう、いいコンビじゃね?

真田丸 19話 恋路   


恋路というにはドロドロすぎるよぉ。
茶々は完全にあれ、呪をかけていきましたよねえ。先を知っているからこそ、今回は空恐ろしい想いをさせられる描写があちらこちらに。
だいたい、茶々さまと大坂城の蔵って、それだけでもうアウトじゃないですか。まさか此処に至って万福丸の話題を茶々さまから出してくるとは思いませんでしたけれど、家族身内のことごとくを秀吉によって殺されたことを、よりにもよって大坂城の蔵で語るのかぁ。

正直、確かに終始及び腰で逃げまわっていた源次郎はかっこわるかったんですけれど、じゃあどうしろって話なんですよねえ。でも、スキはあったのは確かなのか。きりに責められ、秀次に責められ、とどめに石田治部に詰られて、もう私が悪くていいですごめんなさい状態にまで心折られた源次郎が、可哀想だが笑えてしまったw

今回ひたすら恐ろしかったのはお寧さまでした。あの冷め切った表情。側室のことを正室に相談するのってアタリマエのことかもしれませんけれど、織田の血筋を取り込むためとか政治的な理由を建前でも言ってくれりゃいいのに、好きだの惚れただのどうやって落とせばいいだの、そんなもん旦那から聞かされちゃあお寧さまとしても立つ瀬ないじゃないですか。

そして、虎視眈々と源次郎を井戸に突き落とす機会を狙って陰からじっと見つめてくる加藤清正w
怖いよ!! まじこわいよ!!
なんとかしてくれ、と泣きついた秀次さま。ちゃんと話聞いてくれるの優しいんだけれど、あっさり無理と断じちゃうあたり、本当に頼りにならない!! かっこつけない分、景勝さまよりマシなのかダメなのかw
それでも、ちゃんと石田治部になんとかしてやって、と手紙書いてくれるあたり、本当に優しいw

で、泣きついてきた源次郎に、よしよし自分がなんとかしてやろう。と兼ねてからの清正の九州行きにかこつけて源次郎に恩を着せる石田治部。
それはいいんだけれど、いつもは落ちた石田治部をフォローする大谷刑部さまが、逆に感謝する必要はないぞ。清正の九州行きは前から決まってたんだから、とぶっちゃけてしまうのはどういうつもりなんだ、この人(苦笑

ある種の怨念のようなものが篭った、茶々さまが源次郎に送った山吹の押し花。じっと魅入られたようにそれを見つめる源次郎の手から、きりちゃんがさっと奪い去って食べちゃったのは、けっこう意味深。あれは嫉妬というよりも……。

ひたすら粘性のある情念が渦巻いている大坂の一方で、駿府の方では真田家の情報奪取のための間者代わりに、本多忠勝の娘・稲を家康の養女にして、信幸兄の室として送り込む算段が。
最初、その命を受けた忠勝がポロポロ泣き出したのには、もうなんかすげえなあ、と。娘さんの方の武辺っぷりもなんだけれど、濃いなあこの父娘。
一方で、婚姻を押し付けられることになった信幸の辛いこと。正室のおこうさんとは離縁しろ、とまで言われて……。あっさり離縁すればいいではないか、という家康ひでえなあ、と思うのだけれど、当時としてはよくあることなんですよねえ。
茶々の父親である浅井長政だって、お市の方を迎える時に先妻であった六角氏の奥方を離縁して別れちゃってますし。
だからこそ、本来なら別れさせられても仕方ない境遇でも添い遂げる夫婦の話は語り継がれるのですが。

来週はあの落書きの話、やるのか。あれをドラマでやるのって初めてなんじゃあないだろうか。


真田丸 第18話 上洛  


松姉ちゃん、記憶の戻り方そんなんでええんかい!!!
伏線っぽく、冒頭で夫の小山田茂誠さんが作ってくれていた匂袋を意味深に取り扱ってたから、やはり茂誠さんとの再会で記憶が戻るのかと思ったら、そんなしょうもないことで! そんなしょうもないことで!(爆笑
それなら、お父ちゃんの背中でしょんべん、でも良かったじゃないか、と思ってしまうのでした。昌幸パパ、それだけしかないんかい。

ただ、この喜びの再会を最後に持ってきた構成には唸らされましたね。この家族内での喜びがなければ、昌幸パパ完全にここで萎れてたかもしれない。それくらい、今回ダメージ食らってましたし。
予告でも聞いていた、「どこで間違った!」というパパの嘆き。もっと軽いものかと思ってたら、昌幸パパが今までになく小さく萎れてみえるほど絶望的な嘆きでしたからねえ。みんな、予告聞いた時点では、最初から間違えまくりだよ! と思わず突っ込んでたでしょうけれど、今回直接話を追って目の当たりにしてしまうと、軽口叩けなかったもんなあ。
だからこそ、これまで昌幸の判断に常に疑問と不安を抱き続けていた信幸兄ちゃんが、間髪入れず「間違ってなどおりません!!」と叫んでくれたことには、すごい励まされた。
思わず、そうだよ間違ってなんかなかったよ! と思ってしまったくらいですし。

実際、どうなんでしょうね。果たして武田滅亡以来の昌幸パパの選択は、どこかで間違えていたのか否か。
最大の岐路はやはり、第一次上田城攻城戦になるのか。あれで真田の名が轟いて名が売れたのも間違いないですが、徳川を騙して裏切って叩き返してメンツ潰してしまった、というのはなかなかに大きいかと。
でも、なんだかんだと独立した大名になれて、その後秀吉に臣従すると同時に本領を安堵されて、さらに徳川の麾下に入る、というのは後々のことを考えると一番安心コースなんですよね。だから、ここまではむしろ間違えていなかったんじゃないか、とも取れるわけです。
そう、むしろ間違えるのはここからなんだよなあ。

しかしまあ、上洛してきた身内と豊臣との間で奔走する源次郎の頑張ること頑張ること。ちょっと押す力を間違えると、真田家もろとも潰されてしまいかねないし、かと言って親父殿や兄上の機嫌を損ねて変なことをされると、やっぱりお咎めうけて真田家取り潰されかねないし、という極めて難しい状況下で双方の顔を立てつつ、あかんところは素直に引き、場合によっては強引に押してみたり、とまさに綱を渡るような調整で、大坂来て以来、信幸兄ちゃんよりも苦労人らしい哀愁が似合うようになりましたよ、源次郎くん。
大人になったんやねえ……(涙
秀吉の気性をわかっているとはいえ、あそこで堂々と恫喝してみせるあたりは、勇気あるなあと感心するばかりでしたが。嫌というほど秀吉の恐ろしさを承知しながら、ですよ。
この源次郎の抱く命がけの緊張感が、上洛してきたパパと兄ちゃんには共有出来ていなかったのだけれど、パパが気づいたのはやはり秀吉と直接対面した時なのか。それとも、秀吉の世の先は長くないわー、と愚痴った際に、源次郎が血相を変えて「誰が聞いているかわかりませぬ」と囁いた時か。
いずれにしても、徳川の与力になるように言われたことに反発せずに、逆らえないという雰囲気を出していたのは、ちゃんと秀吉の今の大きさが伝わったからなのでしょう。あの様子だと、オババさまに言われた面従腹背の気力も保てていなかったようですし。
……迷う昌幸パパに、表向きは頭下げて従って、弱ってきたら背後からぐさっとやりなさい、的な卑怯上等! なアドバイスくれる御祖母様、やっぱりカッコいいわー。どうなっても農民の母である大政所さまや、他の女衆ともひと味違う、戦国乱世の一番激しい時代を生きてきた女の勇ましさを感じる格好良さ。さすがは、真田幸隆の奥方様ですわ。

さて、相変わらず石田様は石田様らしいわかりにくさ。真田が持ち込んできた贈り物にケチをつけまくる風でありながら、実際はなるべく見栄え良くして受け取る秀吉がちょっとでも印象良くなるようにしてくれる石田さま。
あれ、本当に馬鹿にしてるなら、こんなもん殿下に渡せるか、とかいって無茶苦茶にしそうなものなんだけれど、ちゃんと受け取ってもらえるように少しでも喜んでもらえるように手直ししてくれてるんですよね、本当にわかりにくいんだけれど。
それに比べて、わかりやすく親交を温めにくる大谷刑部さま。真田の価値をあげるんじゃ!と粋がってたのが粗雑に扱われ、自尊心粉々にされて落ち込んでいるパパさまに、大いに上田での勇名は大坂でも名を馳せてらっしゃいますよ、とばかりに是非お会いしたかった、と下手に出て持ち上げながら挨拶に来た大谷さんに、そりゃあパパさんも思わず相好を崩してしまいます。なんという人誑し。逆に、この人相当黒いんじゃ、と思えてくるくらい。

最後、挨拶に来た昌幸たちに、家康大いに呵々大笑して迎えてるけれど、家康の性格からしてあからさまに演技なんですよね。あんな人前で感情爆発させないでしょうし。
だとすると、誰に対しての演技なのか、というところで、昌幸たちにではなくて、むしろ周りのめっちゃ殺気立った顔してる家臣たちに対してなのでしょう、あれは。いやまあ、嬉しいは嬉しいんでしょうけれど。真田が与力になるという知らせに、正信と一緒にめっちゃ悪い顔して喜んでましたし。
でも、今後イイように真田を使い潰してやる、なんて思っているかというと、真田嫡男に本多忠勝の娘を娶せようとするわけで、そんな扱い悪いわけではないのですから……。
って、ついに来週、親バカ忠勝の怒髪天がくるのかー。稲姫さま本格参入なのですね。

真田丸 第17話 再会   


おお、流石に茶々を利用して秀吉に翻意を迫る、という展開にはならなかったか。そうりゃそうだよなあ。茶々が幾らお気に入りに吹きこまれたとはいえ、他家のことに興味を持ってその興亡に口を挟むようなことはしないと思うし、あの秀吉が茶々から何かを言われたからと言って翻意するとは思えない。

もっとも、徳川の真田攻めに関しては石田治部の言うとおりになったのだけれど。詳しいことは言わないまでも、石田治部、ちゃんと本当のことを源次郎に告げていたのか。
この件について、三成は源次郎にチクリと刺しているのだけれど、面白いことになぜ自分の言った事を信じない、と攻めるのではなくて、もっと相手の言葉から物事の裏を読め、と忠言してくれてるんですよね。信州へ送った手紙をぜんぶ回収してることについても、あれそのまま秘密にして確保しておけば、後々いろんなことに利用できるだろうに、届いてないよ、ちゃんと届くようにもっと考えろ、と教えてくれてる上に、源次郎が書いた手紙に関しては返してくれてるわけだし……めっちゃ優しいよ?
あれ、昌幸パパや本多正信なんかなら一度手に入れた手紙は武器としてずっと隠し持ってるんだろうなあ。多分、謀将の卦がある人なら大概そうするんだろうか。
だとすると、やっぱり石田治部は腹芸とかあんまり出来ない人なんだろうなあ。
不器用な男、なんてのはまあ好意的すぎるんだろうけれど。明らかに性格は抉らせてしまってるし。
清正と福島正則との確執だって、あれ直前に石田治部が熱心に源次郎に対して、家康は秀吉の母の大政所を人質に送っても、大切にしてくれるだろうか、と心配して確認を繰り返し、自分は大政所さまの安全を確保しなければならないのだ、と熱く語ってるのを清正が聞けば、それだけで納得してくれただろうに。正則は心底石田治部を嫌ってる様子なので、捻くれた見方するかもしれないけれど、清正があそこで悔し涙を流したのは石田治部のこと、嫌いじゃなかったからなんだろうなあ、と思っちゃうじゃないですか。わざわざ屋敷に押しかけて酒一緒に飲んで、太閤殿下のことについて愚痴をこぼすなんて、嫌いな相手のところで出来ることじゃないんだし。
まあ、清正は心があるからこそ、狂信的なくらいの忠臣になってしまっているのでしょうけれど。井戸の件でビビってしまったけれど、清正やっぱり熱くて嫌いになれないなあ。
その熱さをさあ、嗤っちゃあいけないよ石田治部。向いてる方向性も熱量も同じはずなのに、それを剥き出しにする感情的な連中を馬鹿にしてしまう石田三成。いや、本当に馬鹿にしてるのかはわからないんですけどね。口や態度では突き放した小馬鹿にしたような様子を見せるけれど、本心では違うと思いたいなあ。
あと、石田治部に突っかかってくるくせに、秀吉当人には突撃していかない虎と市松……。
もう一つ、大谷刑部さん、そんなフォローじゃ全然心響かないよ!? 


姉ちゃん、登場。
本能寺の変の混乱の折に琵琶湖に身を投げて行方不明になっていた姉の松さまが、まさかの阿国舞踏団の一員として登場。なかなか再登場しないんでどうするんだろうと思ったら、このタイミングかー。案の定記憶無くしたままみたいだけれど、記憶無くしても元気だ!
これは、夫の小山田茂誠の登場が待たれるか。

キリちゃん、北政所さまの侍女になったことで良い情報収集役になってる模様。役に立ってるよ!! それどころか、茶々さまの追求を避けるために、源次郎苦慮した結果、きりと良い仲です、と茶々に言ってしまう。
それ、源次郎自身は安全かを確保できるかもしれないけれど、きりが危ない!! まあ、きりが北政所の保護下にある、というのはここで生きてくるのかもしれないが。あれ、違うところに居たら、来襲井戸の底からお送りします、みたいなことになってしまってた可能性大なんじゃね!?

秀吉、源次郎のこと確かに気に入ってるんだろうけれど、彼の意見を聞くつもりなんかは全然ないんだな。徳川との戦の件で取りすがった時も、あとで詫びを入れた時も「うるさい」の一言で取り付く島もない。あれ、源次郎のこと気を使ってるとかじゃなく、本心でうるさい、と思って言ってるのが伝わるだけに怖い。
いつ、お手打ちにされるのか、とビクビクしてしまう。
源次郎役の堺さんも、今回は特にずっと声がこわばってるんですよね。緊張の糸をビンビンに張り巡らせているのがよくわかる。ほんのちょっとのことで何をされるかわからない、という緊張感が源次郎をガチガチに縛ってるんですよね。返事の声も甲高くなっちゃってるし。
上田や上杉のところに居た頃の、あのゆるゆると奔放で柔らかい源次郎の姿勢が完全に失われてる。
面白い。

片桐且元さん、もうこんな頃から徳川と豊臣の板挟み、という運命を背負っていたのか。単なるメッセンジャーならともかく、片方からの言いがかりみたいな一方的な通告を、彼自身の責任をもって持ち運びせざるを得ない運命。胃が持たない!!


一方の信濃。今までは昌幸の元から状況を見ていたけれど、今源次郎が居る大坂側から天下の動きを見ていると、昌幸パパがどれだけトンチンカンな事を言っているのかがよくわかる。完全に時流から乗り遅れてるよ!! 何気に徳川側からの正確な情報が、徳川家臣になった信尹叔父から流れてきてるのはさすがだなあ、と思うところなのだけれど、事後とは言え徳川と秀吉の動きの推移を掴んでいるにも関わらず、それから導き出される答えが全然的外れなんですよね。
もう豊臣も徳川も真田なんて眼中になくなってる、せいぜい釣り針の先につけた餌程度のものなのに。やっきになってた徳川も、上洛の件で一気に目は中央に向き、おそらくは据える腰もあっちにいってしまいましたからね。
信幸兄貴の危惧は見事にあたっているわけだ。実のところ、折々で信幸兄が言い募ってた判断というのは大概あれ、当たってたんですよね。所詮、天下なんて視点を持たない田舎者である昌幸パパよりも、いや武田信玄という大きすぎる虚像を追いかけ続けたパパよりも、信玄亡きあとの動乱の世をダイレクトに見続けた信幸の方が、天下の動きというのもを正確に捉えていたのか。
この昌幸の的外れな考え方、というのは関東以東の大名・国衆の判断ミスにも通じてるんですよね。北条氏政のそれもそうだし、東北大名の動きの遅さも、まさに秀吉という存在、中央に突如出現した謎の成り上がりに対する軽視が招いたわけだ。その事については書物の字面としては理解していたけれど、こうして昌幸パパの言動を実際に見ると、なるほどこういう見方をしてしまっていたんだなあ、とすごく腑に落ちたんですよねえ。なるほどなあ。


家康公、ここは見せ場多かったですよねえ。秀吉に礼を尽くして真田攻めの許しを得たのに、それを直前で覆されて、怒り心頭にも関わらず、その怒髪天で判断を間違わない。怒るのは怒ってるんだけれど、ブチ切れる直前でグッと我慢できる。正信などの側近の制止でグッと冷静な判断を取り戻せる。
そのまま怒りを通してしまう、そして家臣はその意に従うだけ、の豊臣サイドとは如実に違う。天下を取った男と、その下にくだらざるを得なかった男との立場の差かもしれないけれど、少なくとも家康の方はこのスタイルで一貫している。えらい。
それでいて、秀吉が誠意を見せて、実母を人質に送ってきて、先に正室として送り込まれていた秀吉の妹の旭との再会を見て、大政所が本物かどうかの確認のはずが、思わず貰い泣きしてしまってるところで、この人は(笑 とすごい人情家としての一面を見せられてしまって、これはッ負ける。
これは、秀吉と家康の深夜の会談の時も同様で……って、あの秀吉の「ああもうめんどうくさい!」からはじまった展開には爆笑してしまいましたが。そりゃ、家康もうわぁ!と悲鳴あげてひっくり返るわ。
前振りもなく、いきなり明日の対面ではこうしろ、と言い始める秀吉に困惑しながらも、段々興が乗っておそらく昔の信長の家臣だった頃の、相手の懐に飛び込んで頭を下げることも厭わない人誑しの秀吉の懇願に、思わず感極まってしまう家康、これも情の人、という一面が感じられてしまうんですよねえ。
あれ、秀吉は本気は本気なんだけれど、「本気の演技」というものなんでしょうなあ。自分でも信じこんでるくらい感情を込められるけれど、多分すぐにカチリと切り替えられる。
一方で、家康はあれ、天下人の懇願、二人で天下を治めるのじゃ、という秀吉が頼ってきてくれてる、自分を頼みにしてくれてる、という想いに本気で打たれちゃってるんですよねえ。
それがまた魅力的なんだよなあ。芝居は苦手、芝居が増えておりまするー、と思わず本音で弱気零してしまうところとか。
そして、秀吉がどこまで考えていたかはわからないけれど、これが家康が豊臣政権のNo.2となる分水嶺になるわけだ。

……二人の実際の大坂城での対面、マジで棒演技なのには苦笑してしまった。これが猿芝居かw

石田さん、源次郎のこと、皆が次々と惚れ込んでいく不思議な男だ、とか他人事みたいに言ってるけれど、傍から見るとあんたも十分、源次郎に入れ込んでるよ!? 単に太閤殿下のお気に入りだから、という対応以上に、源次郎に対してあれこれと口うるさく面倒見てるんですよねえ。
自分では絶対に気づかない、あるいは治そうとしない面倒臭さだなあ、治部省も。





真田丸 第16回 表裏  



ひえぇぇぇ。こわい、大坂城がブラックすぎる。なにこの一歩間違えばデッドエンド空間。それも、最大の死亡フラグはどれだけ逃げようとしても向こうから寄ってくる、という。

しかし、あれだけ前回幸せな光景を見せていた秀吉一族や大坂城の内部が、これだけ闇に覆われていたと見せつける構成がまたエグいなあ。秀吉だけじゃないじゃん! みんなダークサイドに足突っ込んでんじゃん!!

初っ端から、上杉主従から一言もなく置き去りにされて呆然とする源次郎からはじまるという酷さ。結局、景勝さまも源次郎に合わす顔がなかった、ということなのか。それを笑顔で源次郎に告げる秀吉がまた黒すぎるんだけれど。
そして、前回茶々姫が色目つかっていた青年・立花権三が今回すでにこの世のものではなかったことが発覚。彼の後釜で源次郎、馬廻の黄母衣衆に加わることになったのだけれど……。
まさか、これほど迅速に抹殺されているとは。それも、まさかの加藤清正の手によって。これ、後々清正は自分が勝手にやったことだ、と噂を肯定しちゃってるんだけれど、まさか本当に勝手にやったはずもなく、秀吉は明言せずに匂わすカタチで促したんだろうなあ、というのが想像つく。清正の忠誠心の狂気もそうなんだけれど、子飼いの身内にそういう処理やらせる秀吉の悪辣さがなあ。
この辺、同じ忠誠の士であっても、清正と違って本多忠勝の方は、非常に面倒くさい人間だけれど主君への諫言などは厭わないんだろうなあ、と思いを馳せてしまう。

しかし、馬廻りの直属の上司が、あの平野長泰とはw その筋では賤ヶ岳の七本槍で唯一大名になれなかった男、としてある意味糟屋とか脇坂安治なんかより有名なあの平野さんである。
まー、これじゃあ大名は無理だよなあ、と思わせるダメっぽい頼りにならなさそうな上司感がまたなんとも素晴らしいw でも、この人もあれやこれやで後々まで源次郎に関係ある歴史イベントに参加し続ける人でもあるので、もしかしたら長い付き合いになるのか?

茶頭、もしくは前回のように秀吉の相談役としての役割で描かれることの多い千利休だけれど、今回石田三成が語っていたように、堺の商人としても大いに活躍していて、茶道宗匠としての立場や権威も利用して大いに儲けまくってたんですよね。そのへんを、サラッと異国の珍品を山程揃えて秀吉に買わせるなどして見せてるわけで、後々の千利休の処分の遠因がここに垣間見えてくる。
謎とされている千利休の切腹理由だけれど、彼が金貸しとして各地の大名に多大な貸付をしていたこともその一因じゃないか、なんて囁かれてるのですけれど、この金融問題には羽柴秀長も大きく絡み、さらには秀次にも引き継がれてたんじゃないか、なんて話もあるので、想像の闇は広がるのである。
秀長が早世せずに長生きしていたら、なんてIFはよく語られますし、この真田丸でも秀長さん、闇多き成り上がりの豊臣一門の中でも自分たちの有様を客観的に見ている良心の人として描かれていますけれど、だからこそ病没せずに長生きしても、秀次みたいに排除されていた可能性も、なきにしもあらず、なんだよなあ。
ちなみにこの秀長、作中でも源次郎が大和宰相殿なんて呼んでますけれど、非常に評判の良い人物として知られていますけれど、金に汚く派手好きで結構無茶苦茶やらかしてて、そうそう万民から慕われていた人だったかというと、怪しい部分もあったとかなんとかw

異国伝来の帯を、秀次の見立てで利休から購入する秀吉。センスの良さは、秀次の方が圧倒的に上なのね。それはもう周知の事実なのに、誰が見立てたかお寧さまに見抜かれたとき、参りましたなあとカラカラ笑ってみせた秀次に対して、認めようとせずに怒りを露わにした秀吉の姿が、今回一番印象に残ったシーンだったかも。
本来、秀吉のイメージ、信長麾下で活躍していたころの秀吉のイメージというのは、むしろこの秀次の方なんですよね。実際はどうだったのか。少なくとも、権力の頂点に立った今となっては、秀吉はこんな事ですら笑って流せず、恥をかいたと怒りを隠さない、自らの情けない部分、劣ったところを気心のしれた女房にすら見せることを許さない。狭量、嫉妬心、猜疑心、劣等感、こういったものがグツグツと煮こまれているようじゃあないですか。
こんな秀吉に、孫七郎秀次、まったく危機感を抱いてないんですよね。自分がどれだけ危ない橋を渡っているか、自分が使えている伯父さんがどれだけ恐ろしい人か、この呑気な人は全然感じていないのだ。
なんて危うい。いい人なんだけど。善良な若者なんだけれど。善良というだけで、この真田丸では死亡フラグなのだよ!

件の帯、お寧さまに与えたものよりも茶々さまに与えたものの方が派手なのはご愛嬌。

その茶々さまも、天真爛漫さが怖くなってきた。色目をつかっていた立花が死んだ、と聞かされても全く悲しむ様子も動じる様子もなく、次の興味は源次郎に移っていてガンガンと距離を詰めてくる。
そのあっけらかんとした様子は不気味ですらあったのだけれど、大蔵卿局が鋭く言い放った、茶々様は哀しむことをやめてしまったのです、という一言がこれまでの彼女の壮絶な人生を思い出さされて言葉を失う。
彼女もまた、壊れているのか。

しかし、徳川の真田攻めが秀吉によって容認されてしまい、真田滅亡が確実となった時、それを止めることが出来ずに焦りのまま大坂城を彷徨い歩く源次郎が、最後に遭遇したのが茶々だった、というのは、なんかすごかったなあ。
茶々に近づけば、嫉妬した秀吉によって謀殺される。こちらから近づこうとしなくても、馬廻りとして秀吉に従ったら自然と茶々と顔を合わせてしまうし、なんとか接触を避けても向こうから呼び出してきて親しくしようとする始末。必死に、マジで必死にそんな死亡フラグから逃げ回っていた源次郎にとって、その死亡フラグそのものがお家のための起死回生の切り札、となり得るのか。なってしまうのか。

彼女との縁が、大坂の陣まで続くのを思うと、これもまた奇縁というか、とても豊臣にいい印象など持ちそうもない体験をし続けている源次郎が、最後に大坂に入場したのかを想像させる、このラストシーンだったなあ。


あと、引っ張り続けてたら上杉にまで裏切られて、秀吉が想像していたどころの存在ではなく、上杉にも徳川にも上から命令を下せる、戦するにも許可を与えるまでは動くのを掣肘できるような巨大な存在であることに気づいた時にはにっちもさっちもいかなくなってしまっていた昌幸パパ、ざまあw
そして、前回あれだけ父上は源次郎ばっかり、と拗ねていた信幸兄ちゃん。どうしよう、とパパに相談されたのに兄ちゃんも結局、源次郎頼りじゃん!!w

B01EIYE8CE【Amazon.co.jp限定】真田丸 完全版 第壱集(「真田丸」扇子付) [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2016-07-20

by G-Tools

 
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索