スポーツ

場違い  

職場に出ると、目の虚ろな同僚が多数。
どうやら、例のサッカーの試合を生でご覧になっていた御様子。ご苦労なことである。というか、眠いんならいっそ休みなされよ(苦笑

しかし、ま。ニュースで試合のダイジェストを見たけれど、まー、なんというか。あれだ。アジアの枠は減らすのが打倒じゃないの? 悔しいとかいう以前に恥ずかしいとか思わない?


転じて野球。久保田が娘さんを助けようとして右手の甲を骨折。前半戦絶望、場合によっては今季絶望だそうで。
これに関してはウィリアムスのコメントが一番気が利いているというか、多くの人の気持ちを代弁してるんではなかろうか。
しかし、仕方ないとはいえ久保田の離脱は痛い。痛いのよ、ホントに。彼がいるといないとでは、阪神救援陣の機能は大幅に違ってくる。パコパコ打たれようが、点取られようが、逆転されようが、そういう問題ではないのだ。藤川が救援陣の大黒柱なら、久保田は土台なのである。彼が一番後ろにいることで阪神救援陣は最大限の力を発揮できていた。近視眼的に見れば、確かに彼はとても絶対的とは言えない不安定な抑えである。守護神、という冠は相応しくない。が、大局的な見地に立てば、彼は間違いなく他の誰にも代えられない阪神のクローザーだったのだ。打たれようが点取られようが、阪神の試合を締めるのは久保田であるべきなのだ。
その点、揺るがず久保田を最後の位置に置き続けた岡田監督は偉かった。

しかし、ケガで離脱してしまった以上、久保田の代役を立てねばならないのは逃れられない現実である。ここで藤川の名前が挙がるのは、必然なのだろう。
だが、私はあえて藤川のストッパー構想には不満を述べたい。
藤川をストッパーにしてしまうということは、あの完全封滅投手が試合に登場するのが九回から、場合によっては八回から、ということになってしまう。これは、想像以上に相手チームに余裕を与えるのではないだろうか。私は、藤川の効能を、6,7回という早い段階であろうと、その時点で敵の交戦意欲を叩き潰し、味方を勝利の流れを引き込む力だと考えている。敵は6回を迎えると、その段階で藤川という投手の登場を恐れなければならない。焦りは大きかろう。だが、藤川がストッパーになってしまえば、敵には9回まで精神的余裕が残されてしまう。
勿論、ジェフをはじめとしたほかの阪神救援陣も、スバラシイ力の持ち主である。だが、これまで藤川の神威に圧倒されていた他のチームは、たとえジェフたちが実力的に劣っていなくても、藤川に比べれば、という意識を持つに違いない。ここに精神的余裕が生まれる余地がある。

私なんぞはダーウィンを抑えに持ってきたら面白いと思うのだが。外国人枠の関係から彼は先発に回るらしいし。
やはり藤川が抑えに回るんかなあ。上記した理由以外にも、藤川を抑えに回すとあの神がかった部分が薄れるような気がするんだよなあ。これ、理由も特にない予感なんだけどね。

こうして久保田を欠いてみると、JFKというトリオが実に見事な組み合わせだったのが改めて実感されます。



不毛だ  

まあ一応、見てたわけですが。
うーん。
試合内容がどうこうというより、日本が点を入れても、逆転されても、殆どなーんも感じずに漠然と見ていた自分に、ちょっと愕然。
三点ボコボコ入れられても、あーあ、で済んじゃたしなあ。悔しくともなんともない。
実際始まったらもう少し盛り上がるかな、と思ってたんだが。どうやら、わたしゃ今回のワールドカップ、徹頭徹尾関心が湧いていないらしい。
四年前は、それ相応に盛り上がったんだがなあ。そうでなくても、サッカー以外の国際競技なら、日本ガンバレと応援にも力が入るんだが。
この冷めっぷりは、我ながらいったいなんなんだろう。
ほんとーにどうでもいい気分。

何十年と語り継がれる  

六月一日の岡田監督が久保田の投球練習を見守るあの光景。
とても印象的であり
なにか、歴史の一場面を目撃しているかのような。
そんな感動すら覚えていた。

今年、タイガースが優勝するとすれば、この日はそのターニングポイントとしてあのシーンは語られるに違いない。
それどころか、永に続くであろう阪神タイガースの歴史の中に、あの印象的な場面は決定的に刻まれたはずだ。

タイガースファンは、今後何十年とあの80という背番号の書かれた背中の大きさを語り続けるのではないだろうか。

今、私は一つの確信を得ている。
それを敢えて言葉として現す必要は無いだろう。
共通概念とはそういうものだし、
真理もまた然り、なのである。

こいつら、シーズン始まる前にこんな超絶体験してしまって大丈夫なのか?  

いやっはあああーー!
WBC優勝、おめでとう。なにはともあれ、サイコウでした!!

しかし、今回の大会でイチローはついに人気の面でも、王・長嶋の領域に達したんじゃないだろうか。はたして、この大会であの人を好きになった日本人はどれだけ増えたんだか。
もちろん、私もその一人。スキはもちろん好きだったんだが、なんか今回の大会で好きの意味が決定的に変わったような気がする。
実に安易で迎合的だと自分でも思うのだが、こればかりは仕方が無い。今回、彼が見せてくれた顔は、それほどに魅力的だったのだから。

それにしても、すばらしい連中でした。

パンクラスinマイメロディ  

【パンクラス公式サイト】

ヒィィィィィ、マイメロさまがみてるぅっ!

アニメおねがいマイメロディを見てると、あの大きくつぶらな瞳にマイメロの天然な黒さしか感じなくなる罠。

最近、マイメロが御歳31歳になられると知って訳も無く謝りたくなりました。なめてました、ごめんなさいogz

仰木さんのこと  

今まで故人を悼む記事は沢山読んできたけど、今回ほど行間から記者たちの悲痛な感情を感じたことはない。どの記事も、文が泣いてるよ。

かくいう自分も本当にショックで。だって、仰木さんだぜ?
野球関係では他の誰が亡くなっても、多分これほどショック受けなかったと思う。

フィギュア NHK杯  

銀盤カレイドスコープから、いっぺん見とかにゃなるめえな、と思ってみたフィギュアスケートGPNHK杯。
いやいやいや、これは想像以上に。
面白いよ、フィギュアスケート。

昔、何にも興味も知識も無しに見たときには面白さがよく解からず、伊藤みどりのトリプルアクセルなど、なんか凄い技があるんねー、というとりあえず大技見たら満足というぐらいの一つのジャンプ技にばかり集中するという見方しか出来ず、やっぱり面白いとも思わなかったんだけど。
銀盤のお陰で楽しみ方が解かったと言うか、なんかスケーターの演技に対する意図がわかるようになったというか。
とにかく、面白かった。

フリーは全然ダメだったんだけど、イタリアのカロリーナ・コストナー。ちょい、この選手のスケートには魅了されてしまいました。いやー、スピード感はあるしダイナミックだし他の選手より一回り動きがしなやかで、ぶっちゃけ惚れた。ファンになりますた。
一方、話題の安藤美姫は精彩を欠いたけど、村主のすべりは凄かった。いや、素人が見てもわかるもん。
そんで優勝の中野友加里。フリーでは最初のトリプルアクセルに失敗したものの、その後どんどんノッて行くのが見ててわかるんだ、これが。ジャッジや解説の人のコメントにはちょいと辛い部分があったんだけど、観てて一番ドキドキさせられたのがこの人の演技でした。
この中野選手、この大会で初めて名前みたんだけど、本当にダークホースだったみたいですね。
確かに、日本のスケート協会が浅田出せって要請しないわけだ。陣容、厚いよこれ。しかし、現状この人らより浅田の方が上だってんだから、凄いなあ。

複雑な心境  

去年に引き続き、野球のプレーオフは素晴らしい試合を繰り広げている。
これがなかなか複雑な心境だ。
個人的にはロッテを応援したいのだが、阪神ファンとしては二年前の屈辱を晴らすためにもソフトバンクに勝ち抜いてほしい。そして1野球ファンとして、二年連続リーグ1位を取りながら二年連続でソフトバンクが日本シリーズに出場できないのはどうなんだろう、という気持ちがある。
一方で、これほど素晴らしい試合を繰り広げた結果なら納得して受け入れられるような気もしてきて、とにかく複雑な心境だ。
だがその納得できるかもという気持ちも、単にソフトバンクのファンじゃないからなのだろう。阪神が同じ事になったらとてもじゃないが憤懣が募るばかりのような気がする。
やはり、プレーオフはこのまま続けるにしろ相当のハンデはつけた方がいいんじゃないだろうか。首位と二位のチームにアドバンテージが生じるのが5ゲーム差以上からというのはちょっとどうかと思う。

今後、このプレーオフ制度はセ・リーグでも導入されるというが、紛糾は必至だ。多分、えらいことになるぞ。

沖やんトレード  

まさか、あのエラーが原因ではあるまいな(汗

詮索は抜きにして、今回のトレードは沖原にとっても良かったと思われます。関本だ藤本だ鳥谷だと、二遊間のポディション争いにおいて彼は不遇すぎました。実力において決して引けはとっていなかったはず。結果もそれなり以上に出していた。ウェークポイントはやはり年齢だったのでしょう。とはいえまだ32歳。これからバリバリやれる年齢です。
是非、楽天でレギュラー取って、三割打って、二桁走って、出世して欲しいものです。
がんばれー。

八岐は阪神を出て行った選手を応援します。

井口、自由契約へ  

もう一個、野球ネタで。

ダイエー井口が自由契約で大リーグを目指すそうです。
これはもう逆指名で獲得した際に大リーグ移籍に関する密約があったという情報が間違いなかったと証明する事態と言っていいでしょう。
これって野球協約に違反じゃないの?
追記:前の高塚オーナー代行が先年のポスティングを井口に諦めて貰ったときに勝手に自分がやめたら自由契約にしてやると覚書書いてたらしい。
本気でむちゃくちゃな人だったんだな、この人は……

それにしても、今年は思いのほか大リーグ挑戦を公言している選手の多いこと多いこと。これは日本人選手の活躍や大リーグでやってみたい云々だけでなく、日本球界でいい加減これ以上やりたくなくなったって理由があるんだろうな。うんざりしたってところがあるはず。
正直活躍できるかどうかはみんな怪しいと思うのだが、活躍するななんて思うわけは無いので、是非頑張ってほしい。

田口ってカージナルスじゃなかったらもっと出番あったんだろうな(苦笑)
本人はやりがいあるみたいだが。
田口日記はかなり面白し。

楽天野球団  

田尾先生は大ファンなので、是非頑張って欲しいところ。
それにしても、仙台での楽天の不人気はどうした事でしょう。そんなにライブドアが良かったんでしょうか? 確かに後出しは後出しだったけど、仙台にしてみたらどっちが当確しても仙台に野球チームが来るんだから良かったような気もするんだけど。
楽天がライブドアが唾付けてたのに仙台選んだのは分かるんよ。現状、日本中をグルリと見渡して、新球団来訪で盛り上がれそうな地域――すなわち空白地帯ってやつは、東北を除けばあとは北陸か四国なんですよね。で、確実な数字があるわけじゃないんですが、恐らく(将来はともかくとして)来年からの集客として北海道日ハムみたいな成功を一番収められそうだったのがやはり仙台らへんだったわけで。多分、三木原社長でなくてもリスクとメリットを順当に見定めたら仙台を選んだと思う。ただ、三木原さんが予想してなかったのは後から来た楽天に対しての不支持の多さでしょうね。最初がこれだと、ちょっと苦労するかも。福岡ダイエーもあれだけ支持を集めるにはそれなりに時間掛かったわけだし。まあ普通以上にやっていけば、充分人気チームになれると思いますけどね。
球場の貧相さはなんとかしなきゃなんないだろうけど。

それにしても、あと4チームは増やしたいところだわなあ。四国と新潟、あと南九州とか静岡とか。沖縄はさすがに無理か? 長野はアクセスがどうなんだろう。

近鉄の呪い  

視聴率低いって、そりゃ関東じゃそうかもしれないけど!

プロ野球日本シリーズです。今年もマレに見る名勝負の七戦だったですが……関東で盛り上がらなかったからって、日本全国で盛り上がっていませんでした、みたいな報道はいい加減にして欲しいですわ。野球界の地方分権が叫ばれてる中で、マスコミの頭の中は相も変わらず中央偏重視野狭窄のようで。
前に近鉄が優勝したときもそうだったもんな。あれ、関西じゃ盛り上がってたのよ?

さて、今年は結局プレーオフを勝ち抜いてきた西武が日本一を勝ち取ったわけで、50年ぶりの日本一を目指した中日は悲願を果たせませんでした。
日本一になったことのないままチームを解散してしまった近鉄バッファローズ亡き今、一番日本一から遠ざかっているチームこそ中日ドラゴンズだそうです。
残念ですが、近鉄がなくなってしまった以上、日本一になれない呪いは引き続き中日ドラゴンズがお引き受けくださったようなので、皆さんご安心ください(^○^)

仙台へ  

今の日本を見渡すと、楽天が結局ライブドアとの競合を覚悟してなお仙台を本拠地に選んだのは非常に納得できますね。
北海道でブレイクした日本ハムのような成功を目論むには、長野や大阪ではやはり辛い。次善として四国松山という考えもあるのだろうが、ファンの獲得を考えると東北というフィールドのポンテンシャルは随一とも言えるだろうし。

どうやら新規参入は楽天の模様。
それはそれでいいんだけど、来期以降の拡大はどうなってるんでしょうねーー。多分これで打ち止めになっちゃうのかな。

プロ野球再編問題  

色々これに関するコラムは多いんだけど、この広瀬一郎氏のものが一番分かりやすく論理的に思えました。
この問題に関して何がいけないのか知りたい人は必読。

プロ野球再編問題の本質を考える

ストライキ  

球団側の人たちは自分が悪いって思ってないんだろうなあ。
会議後の会見での、あの球団代表たちの被害者面を見てたら本当に腹が立ってきた。誠意誠意って、羽賀ケンジの方がまだ誠意があったんでないかい? 少なくとも羽賀っちは裁判所にお前は誠意がないと叱られてないし。
選手会にもファンにもお前らはわかってない、とでも言いたいんだろうが、だったらそれ相応の見通しを具体的に語れってんだ、ちきしょうめ。

スト回避  

合併反対ストとマスコミは煽ってたわけですけど、実際のところ選手会が望んでいるのは単なる合併反対、身分保障じゃないんですよね。
今回の団交での交渉内容を見るとそれが良くわかります。ドラフト改革や年棒協議にまで自分から踏み込んでるんだから。他にも新規球団の参入促進や球団数の拡大など、選手会はかなり建設的に踏み込んだ球界改革案を仕掛けた模様。これらは以前からずっと言われてたことで、本来なら選手会に言われて協議するような事じゃないはずなのに。
ともかくオーナー会議などの不毛で何の進展もない会議に比して、選手会からのアプローチのなんとまぶしいことか。

ストライキ賛成派ですが、今回の回避は理性的で良かったかと。事前に予想してたよりだいぶ成果があったように思う。ただ、予断は許さない。次回の会議に具体的な方策を示さなければ、球団側の合意は口先だけだったとなりかねないですから。
本気で改革に踏み出す気があるならいいんですが、これまでがこれまでですからね。全然信用ならないわけで……

アテネ五輪 ソフトボールが銅メダルに終わった真相は  

アテネ五輪 ソフトボールが銅メダルに終わった真相は

これを見て愕然。
う……むう、ここだけを見て判断するのは避けたいんだけど、これは、うーん、こうもはっきりと分かりやすい資料が出されると……

長嶋ジャパン敗北  

長嶋Japanって名前がキライ。日本代表だろう、日本代表。
あー、かなりショックです。点取られた瞬間から今日は勝てる気しなかったなあ。だれも彼もがガチガチなんだもん。落胆。
っていうか、ウイリアムズ打てないって、あいつ(苦笑) オーストラリア戦は先行逃げ切りしかなかったはずなのにねえ。
監督不在のデメリットが露骨に出た試合でなかったですかね。泰然自若とすることと動かないことで決断を回避することは全然違う。中畑を責めるつもりはない。責めるべきは新しい監督を選ばなかった、もしくは中畑を名実ともにちゃんとした監督にしなかった連中だろう。名は無く、ただ実だけを押し付けられた立場に置かれた彼に、微妙な心理的慎重さが掛かっていたのではないかと思わずにはいられない。
正直、ウィリアムスにあの場面で藤本をそのまま送ったのには自分から動くことへの微妙な躊躇いが作用してしまったとしか考えられないわけで。

あと、敢えて敗戦の責任を論うなら、タイムリーを打たれたときの城島の配球は失敗だったと思う。打者のあのベースから露骨に離れた立ち位置、一球目のこれでもかと前に踏み込んだスイング。外角の変化球を狙い済ましているのは明白だった。
あれは打たれるべくして打たれた球であることは肝に銘じるべきだろう。
惜敗?
結果としてそうであって、今日はどう見ても完敗だったとそう思う。
ああ、悔しいなあ!!

ヤワラすげえ  

殆ど圧勝じゃないの。
彼女の柔道は見てて面白い。最近じゃK−1見てても感じない颯爽感とドキドキ感があるよ。
いや、興奮した。鮮やか、素晴らしい、無敵。
靭帯切れてるなんて全然思えない。歩けないとまで報道されてて今回ばかりは危ういかと思ってたけど、この人は本当に凄い。

野村もほぼ相手を寄せ付けないまま。世界を相手に寄せ付けないってどうなんでしょう。しかも3大会連続。はぁぁ。ため息しか出ません。
凄い

ドラフト暗部  

一場も可哀想といっては変なんだが、貧乏くじ引かされましたよね、これ。
ナベツネが逃げるのにていよく利用されたようにしか思えない。明大の監督が怒ってたのはそういう事についてじゃなかろうか。
野間口相手だと例の人が絡んできちゃうからなあ。

これをきっかけにプロ側だけじゃなくて、アマの選手の周りで甘い汁を吸おうとする寄生虫が横行する現状がなんとか改善されればいいんだけど。

なんにせよ、これは球界再編にもドラフト改革にも重要なきっかけになるはず。この一件だけでなあなあにならなければいいのだが。
コミッショナーの役立たず振り、どうにかならんものか、ほんとに。

オリックス・近鉄合併  

震撼すべき事態。
ローズをあんな形で放出せざるをえなかった時点で、こうなることは考えておくべきだったのかも。
誰もが可能性として論じながらまさか現実となるとは思っていなかったはず。
楽観していたのかもしれない。野球界はもう本当に立ち行かなくなっているのかも。

プロの球団が減って門戸が狭くなるということは、日本における野球の裾野もまた狭くなるということ。いい加減支配下選手の登録数上限をあげるべきではなかろうか。今のところ一番即応的にやれる案だろうし。二軍以下の選手の給料設定を抑えれば多人数を保有することは不可能だとは思わないんだけど、ファーム運営自体が経営を圧迫しているという話もあるし、どうなんだろう。
結局、上の連中が金貰いすぎなんですよね。現実として球団の経営が立ち行かなくなっている以上、もう貰いすぎていると言うしかない。

何年も前から悪化していく野球界の状態を改善するための提言は色々と出され続けている。なのに、どれ一つとして野球機構が取り上げた事はない。
1リーグ制なんて、余計つまらなくなるだけじゃないか。日本シリーズがなくなってしまえば、日本一という称号の魅力が半減してしまう。今まで試合できなかったチーム同士が戦えるのだから、面白さもアップする? 冗談じゃない、そんなもの一年も経たないうちにそれが普通になってしまう。交流戦とは訳が違うんだ。
球界を盛り上げるには、チームは増やすべきであって、減らすべきではないというのに。

ジョニーッ!!  

 感無量。
 エースとして球界を席巻しながら、怪我によって長期離脱。そのまま復帰すること叶わず去っていく投手は最近でもヤクルトの伊藤智仁などを初め、数多く存在する。
 そんななか、あの黒木は帰ってきてくれた。帰ってくるだけじゃなく、勝って見せてくれた。
 三年ぶりの白星。黒木が勝ったよ。
 ジョニーが帰ってきたッ。

今年初めての野球ネタ?  

時代はもうサッカーじゃないっ、バレーボールだ!
と思ったら、惨敗してしまいました。ここぞという時で弱いのはどのスポーツでも変わらんなあ。

大人しく野球見ます、野球。
今日は鳥谷くんがようやく本塁打を打った、というよりようやく納得の行くスイングでボールを捉えたんで、今年初めての阪神話。
ああいう打ち方が出来るのなら、まだ二軍に落ちずにやっていけるはず。
アリアスが本調子でないんですが、中核がいい雰囲気になってきたので、大崩はしないはず。ただ、先発陣がまだ不安定だから連勝街道も期待できそうにないんだけど。金本が打ったのは今岡が変態憑いた大暴れが継続してるんで、好材料です、うん。
 

12月8日


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月5日

Amazon Kindle B☆W


12月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



12月1日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月28日


Amazon Kindle B☆W

11月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月24日

Amazon Kindle B☆W


11月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月19日

Amazon Kindle B☆W


11月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月15日

Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索