★★★★★

りゅうおうのおしごと! 11 ★★★★★  



【りゅうおうのおしごと! 11】 白鳥士郎/ しらび  GA文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

「私を殺して…」
奨励会三段リーグで三連敗を喫し心が折れた銀子は、八一に懇願する。
「俺が連れて行ってあげますよ。絶対に死ねる場所へ」
こうして二人は将棋から逃げた。それは同時に、なぜ将棋を指すのか問い直す旅でもあり―なぜ、八一は銀子を『姉弟子』と呼ぶようになったのか?なぜ、銀子は女流タイトルを求めたのか?八一と銀子の出会いと修業時代の日々、そして“浪速の白雪姫”に隠された最大の秘密が遂に明かされる告白の第11巻!将棋の神が定めし残酷な運命は、誰に微笑むのか?

八一と銀子が二人で映っている表紙絵は、そうかこれがはじめてなのか。満を持して描かれた二人は、幼い二人。原点であるこの光景は多くを物語っている。
思えば、八一と銀子の二人には手を繋いでいる場面が不思議なほど多かった。ただひととき繋ぐだけのものではなく、ずっと離さずそれこそ新幹線で移動している間中ずっと、というものまで繋いだままというケースが見受けられた。それを自分は二人の関係の甘酸っぱいものだと捉えていたのだけれど、二人の手を繋ぐ、繋いで離さないという行為にはそれだけで収まらない、本当に深い深い理由があり意味があり、想いがあり、寄す処であった事がこの物語によって語られる。
銀子と八一の出会いの物語であり、二人が将棋の沼へと真に足を踏み入れ抜け出せなくなる物語であり、一緒に二人で堕ちることこそが絆であったと知る物語だ。
そうして、いつしか放してしまった手を、お互いにもう一度繋ぐために足掻いて足掻いて血反吐を吐きながらのたうち回り続けたのが、この【りゅうおうのおしごと!】という物語だったのだろう。究極的に、二人が求めていたのはただ、放してしまった手をもう一度つなぎたい、とそんな願いだったのだ。そのために、将棋に強くならなくてはならない。誰にも負けないくらいに強くならなくてはならない。先へ先へと行ってしまう八一/銀子を追いかけて、いつか隣に立てるくらいに追いつくまでに。滑稽だろう、お互いに相手こそが先に進んでしまっていると、自分が必死に死にものぐるいになって勝ち続けないと辿り着けない所に行ってしまった、と思い込んで走り続けていたのだから。

銀子が走り続けていた道は、凄まじい過酷さが渦巻いていたことを八一は知らない。八一が知り得ない所で、この子は本当に死にものぐるいで生死の狭間を歩いていたのだ。桂香さんが、銀子に特に目をかけ慈しんでいるのも、理由なきものではなく二人の間にもそうなるまでの過程があり、歴史があったのだろう。ほんと、桂香さんは愛情深すぎて確かに棋士には向いていないんだろうなあ。それでも、向いていなくても才能がなくても、女流棋士になれるだけ頑張れたことこそが桂香さんの凄さなんだろうけど。

そもそも、銀子が清滝 鋼介の元に弟子入りした経緯からして、様々な人の銀子への愛情が介在してるんですよね。将棋界のアイドルに祭り上げられ、否応なく孤高の只中に放り込まれた彼女、孤独感に苛まれながら必死で一人で八一の後を追いかけ続けていた彼女だけれど、今将棋を指せている、ただそのことが彼女が多くの人たちに支えられ、愛され、導かれている証明だったことを、銀子は八一に連れられようやく八一とすれ違っていた想いが合わさったとき、気付かされることになるのです。
どれだけ多くの人たちが彼女のことを見守っていてくれたのか。将棋の神様である名人の一言が、銀子の軌跡をずっと追ってくれていた名人の言葉が、釈迦堂里奈の教えが、生石先生の導きが、桂香さんの慈しみが、清滝師匠の愛情が、明石先生の庇護が、鏡州先輩の叱咤が、空銀子に届いた時、この娘に火を灯す、この娘を空へと羽ばたかせる。
ずっと振り返ってくれずに置いていってしまったと思っていた八一が、ずっとずっと自分を見ていてくれたと理解したとき、彼女は星に手が届く。空の輝きに、手が届く。

空銀子、覚醒のときである。

……もうさ、二桁巻数になるまでずっとずっと、銀子ちゃん苦しみ続けてましたやん。どんだけ追い詰めるんだ、というくらい追い詰めて追い詰めて崖から蹴落として、這い上がってきたらゲシゲシ踏み詰めて、グリグリ踵と爪先で踏みにじって、そこまでするかってくらいに地獄を味わわせて、もうやめて銀子のHPはとっくに0よ! という有様だったのが、ついに前巻のラストでしらびさん渾身の銀子でトドメさしたところまで辿り着いちゃって。
誰よりも心弱かったこの娘。いつ折れるか、いつ粉々に砕けてしまうか気が気でなかったこの娘。でも、この娘こそ折れない心の持ち主だった。明石先生の言う通りだ、空銀子こそ九頭竜八一という未曾有の才能を一番そばで目の当たりにしつづけ、一番たくさん対局し一番たくさん負け続け思い知り続けながら、ずっと諦めずにそれを追いかけて居続けられた根性の持ち主だったのだから。
長かった、長かったよ。銀子、よかった、良かったよぉ。最初からずっと銀子党だった身としては、感無量を通り越してちと放心すらしております。
ラブラブパワー注入! くははは。

こう言っちゃなんだけど、八一はあまりにも一途であってあいちゃんじゃまだ勝負にもなってなかったんだなあ、と思ってしまう。その点天衣の方がヤバい、という誰かさんの台詞には納得なんですけどね。この娘の恋は、魂からの本気の恋なんですよね。なんだろう、将棋でも恋でも銀子と本当の意味で噛合そうなのって天衣の方に見えるんだよなあ。
そういう意味では、八一のお母さんの銀子にあてたあの言葉は息子を持つ母として至言ではないでしょうか。

しかし、こうしてみると八一と銀子の仲が拗れるというかややこしくなる楔となる部分に尽く絡んでる供御飯万智さんが本当にヤバいんですけど! 

シリーズ感想

筺底のエルピス 6.四百億の昼と夜 ★★★★★   



【筺底のエルピス 6.四百億の昼と夜】 オキシ タケヒコ/toi8  ガガガ文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

ゲート組織の過去に広がる、巨大な真相――

殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。未来を閉ざすその脅威に立ち向かうためには、衝突や非干渉を続けてきた鬼狩りの派閥――三つのゲート組織を和解させる必要があった。

バチカンの《ゲオルギウス会》との同盟が締結された今、日本の《門部》と敵対するゲート組織は不死者の軍勢《I》のみ。組織の裁定権を握る式務の一員となった百刈圭は、和解交渉の特使として、世界を牛耳る巨大な秘密結社のもとに赴くこととなる。
一方その頃、鬼狩りの訓練生となった若者たちも、各ゲート組織に君臨する異星知性体の目的を独自に考察しようとしていた。海を隔てた二つの場所で、真実に肉薄していく彼らが目の当たりにする、星界の影に覆われた、この世の真の様相とは。

不死者の首魁《プロフェッサー》と対峙し、夜空を見上げ、すべての真相にたどり着いたその先で、若き狩人たちが足を踏み出すことになる標なき道は、果たして、いかなる荒野へと続くのか――。
人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。終わりが始まる、継続の第6弾。

…………(白目
ヤベえわ、やっべえわこれ。なんちゅうもうを書いてくれなんさるんじゃ。
前回の感想で
これまでも十分壮大な話だったのですが、これからはもっと途方もなく、しかし地に足の着いた「ヒト」の話になりそうだなあ。
なんて書いたんですけどね。
それどころじゃなかったよ。途方も無いどころじゃなかったよ。想像を絶するレベルで想像以上に壮大すぎで、途方もなさすぎで、あまりにも「ヒト」の物語りすぎて、そうか筆舌に尽くし難いというのはこういうのを言うのか。
叶が二人になったあの絶望的な捨環戦でもうとてつもないスケールに圧倒されてたというのに、ここで明かされた真実はあの捨環戦ですら、砂漠の砂の一粒に過ぎなかったのだと思い知らされるこの世界の置かれた状況だった。
捨環戦というものがどれほど悲惨なものなのかは、叶のあの捨環戦で十分味わったはずなのに、あれと同じことが、或いはそれ以上に悲劇的な結末が、凄まじい数繰り返され世界が切り捨てられてきたという事実には立ち尽くすしかない。
もうこれ以上の絶望はないだろうという奈落の底を、毎度毎度なんでこんな簡単に更新していけるんだろう。
同時に、こんな絶望どうやったってもうどうしようもないじゃないか、という諦めを蹴飛ばしてみせる希望をどうやったらこんな風に繋げていけるんだろう。
絶望と希望が斑に押し寄せてくるのに、濁流の中の木の葉のように押し流されていくばかりだ。
でもこんな、3つのゲート組織の間に生じてしまっていた組織間抗争の根源的に理由がまさかあんな理由だったなんて、想像だに出来るはずがないじゃないですか。色々とな前提となっていただろう世界や組織の在り方とか状況が、次々とドミノ倒しのようにひっくり返っていき、その結果として全く違う世界の姿が現れだしていくのは、ただただ呆然と見ているしかなくて、こんな真実を抱えて今までずっと動いていたのかと思うと、阿黍師匠にはもう言葉もない。
そう、この人こそが根幹だったんですね。元々謎の多い人ではあったけれど、まさかここまで真実の根幹に食い込んでいる人だとは思わなかった。まさか、こんな風に生きてきた人だとは想像もしていなかった。
すごい人だ凄い人だとは思っていたけれど、どこか遠い人ではあったんですよね。あまりに遠くの境地にある人で、圭たちと同じただの人の地平に立っている人には思えない部分があった。でもそれは、結局この人のことを知らなかったからだったのだ。シリーズはじまった当初に、当主になってしまった妹の燈のことを、大切に思いながらも別人になってしまったように感じて心の距離が遠くなってしまっていたように、その人の内面がわからないとやっぱりどこか突き放して捉えてしまうんですよね。
しかし、ここで語られた阿黍宗佑という男の人生は……やっぱり常人離れしたとてつもないものだったんだけれど、その根幹に横たわり続けたのは常に人としての意志であり、愛した人たちとの約束であり、どうしようもないくらい人間という存在の体現者であり守護者そのものだったんですね。
ただ、彼はあまりにも突き抜けすぎて、大切な約束を守るために孤独になりすぎてしまった。
空虚の中身を叶をはじめとした周りの人たちによって埋め尽くした圭とは、そこで食い違ったのですね。覚悟の質が異なってしまった。彼の兄や姉が可愛い弟に願ったことは、その約束の本当の意味はもうちょっとだけ、違うものだったんじゃないかと思えてならないのです。彼の終着駅が、本当にここだったのか。まだちょっと信じきれないところがあるのですが、もしこれで終わりだとすると辛いよなあ。報われたとは、言えないよなあ。

そして、「i」の本拠地で行われる和睦会談。って、いきなりあのエンブリオが、3巻における絶望の権化そのものだったあの狂人がちょっかい掛けてきた時には本気で青くなったのですけど……花さん、貴治崎花女医がもうなんだこれなんだこれ!?
なにこの人、なんなのこの人!? ポカーンですよ、口開きっぱなしですよ。もしかしなくても、門部で一番ヤベえのって、花さんなんじゃないのか!?
別に力とかステータスとか能力がインフレしたわけじゃないのに、三巻で登場人物たちも読んでる読者の方も根こそぎ虐殺して心へし折ってくれたあのアクマが、エンブリオが……あばばばば。

ちょっと茫然自失になりながらも、なんとかはじまった不死者のプロフェッサー、百刈圭、そしてゲオルギス会の休眠者ギスラン猊下の三者による和解鼎談。その中で次々と明かされていくゲート組織誕生の秘密と人類史を横断する真実。
これまで疑問点として浮き上がっていた部分、そもそも疑問にも思っていなかったところに至るまで、キレイにパタパタとピースがハマり、伏線が明かされ、情報が一新されていく。そうして見えてくる世界のありようはこれまでとまったく一変していて、言葉が本当に出てこない。
でも集約するなら、これは愛の物語だ。
そう、この世界は真実、人の意志と愛によって成立していた世界だったのです。各ゲート組織の頂点に立つ異性知性体と人間の関係は、本当にまさかまさかのものでした。まさか過ぎるんだよぉ!!
もうこれ、紛れもなく人間讃歌じゃないですか。人の愛の素晴らしさと尊さを説く物語じゃないですか。
ギスラン猊下、人類愛を心の底から信じている生粋の平和主義者なんだけれど、その過去の重さも相まって愛という在りようへの狂信者めいた所があるんですよね。でも、彼の在りようはこの物語においては徹底して否定されない。彼の愛も善良さも狂うほどに極まっていても壊れてはいない。少なくともこの巻の間においては、彼はもっとも人らしい人で在り続けてくれて、愛とは素晴らしいものだと体現してくれ続けてくれた。彼の在り方こそ、この世界が人の意志と愛情によって成り立っていることの証明だった。彼がずっと人間そのもので居てくれたことで、どれだけ救われたことか。
もし、この会談がプロフェッサーと圭の二人きりのものだったら、圭はもっと深みにハマってしまっていたかもしれない。少なくとも、この現場においてギスさんの存在は圭にとってもアンカーになり続けてくれたんですよね。
この三者会談がはじまったとき、プロフェッサーとギスラン猊下という何百年もの時代をまたに掛けて戦い続けている化け物たちと果たして自分みたいな木っ端が肩を並べて対等に話し合えるのか、と圭は緊張を通り越してビビってすらいましたけれど、いざ会談がプロフェッサーが知る真実を伝える場になって佳境に入った頃には、この場における真の化け物はプロフェッサーと圭の方であって、ギスラン猊下こそがマトモな人間の側であったという、立場立ち位置の逆転には息を呑む形となりましたけれど、猊下が二人に置いてけぼりにされながら必死に圭がハズレ切らないように食い下がってくれた姿には、この猊下のファンになった人も多かったんじゃないでしょうか。
だいたい、この猊下いい年したおっさんなのに、色んな意味で可愛すぎるんですよ。なんだよ、この作品屈指の愛されキャラは! まさしくゲオルギス会の秘密兵器じゃないか。こんなの隠し持ってたのかよ、ゲオルギス会、色んな意味で侮れない、侮れなさ過ぎる。

プロフェッサーの正体も、想像を遥かに上回るものでした。確かにこの人、黒幕然として色々と暗躍しているんだろうな、と思ってはいたんですけれど所詮は3つあるゲート組織の一つを掌握する人物として出来る範囲の暗躍だと思ってたんですよね。
人類史そのものの黒幕じゃねえか!!
いやそれ以上だ。彼は反逆者であり、紛れもない人類の守護者であり志士であったのだ。そして、彼もまた人を愛して人のために戦い続けていた人だったのだ。その正体にはほんと度肝を抜かれたけれど。彼の素性というか、歴史上における本名ってこれまで伏線というか、推察できるヒントとか出てましたかね!?
でも、これほどの人が、プロフェッサーが本当の意味で味方であり、猊下がやっぱり味方になってくれるというのは、もう万軍の味方を得たような頼もしさなんだけど。なんだけど。
本当の意味で和解以上の同志、運命共同体めいた共感と結束を得た途端に、さらなる絶望のどん底が、地獄の釜の蓋が開くはめに。
だから、絶望と希望の波状攻撃が毎回毎回凄まじすぎるんですよぉ。しかも、波が来るたんびにそのスケールがわけわからん規模で大きくなってるし。これいったいどうするんだよ、という有様になってるし。
それでも、それでも叶とカナエがついにその日が来たと覚悟とあきらめを得た瞬間に戻ってくるとか、圭さんちょっとヒーローすぎやしませんかね!? くそう、格好いいぞお兄ちゃん。
だいたい、叶とカナエ、二人の置かれた状況が過酷すぎるんですよね。同一存在である二人が同じ場所にいる以上、常に一本角の鬼がどちらかの叶を抹殺することで正常化をはかろうとするために、いずれどちらかが鬼に殺される日が来ることを受け入れている。生きたいと願いながら、いつかその日が来ることを受け入れて、生き残った方が圭と幸せになるんだ、と叶とカナエの二人で決めている、とか。そんなの、圭さん受け入れていいんですか? 許していいんですか? 

異性知性体の目的はついに明らかになったのですけれど、「なぜ」そんなことをしているのか、については未だ明かされていないんですよね。そして、鬼の本当の正体についても。絶対に存在しないハッピーエンドに辿り着く、鍵はやはりそこなのか。
その前に、目の前の窮地をなんとかしないとどうにもならないんですけれど、正直コレどうにかなるのか!? 全面核戦争が起こる核ミサイルの発射スイッチが押されてしまったのと大して変わらない状況だぞ、これ!?


シリーズ感想

嘘つき戦姫、迷宮をゆく 5 ★★★★★   



【嘘つき戦姫、迷宮をゆく 5】 佐藤 真登/ 霜月えいと  ヒーロー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

クランバトルで『栄光の道』に勝利したリルドールたちはコロネルを取り戻し、クラン『無限の灯』として慌ただしく活動を続けていた。そんな折、リルドールは決闘で負けて追放されて以来、一度も戻っていなかった実家から呼び出しを受ける。そこで父親から、五十階層主討伐の褒賞として、叙勲の話が来ていると聞かされた。リルドールは家族との確執に揺れながらも、ようやく手にし始めた栄光に、明るい未来を思い描いていく。叙勲式当日。華やかなドレスを身にまとったリルドールたちはそこで、すっかり破壊され、血に塗れた会場を目にする。呆然とする彼女たちの前に現れた男は、コロネルの育ての親のような存在、クルクルだった―。

……凄かった。
もう、クルクルおじさんことクルック・ルーパーが凄すぎた。とんでもなかった。なんちゅう圧倒的な存在感。その言葉、その行動、その強烈な意志すべてが火花を飛ばして猛り狂っているかのようで、その一言一言に横っ面をひっぱたかれたようだった。
敵役として、悪役として、文句なしに魅力的で衝撃的で圧巻で、その生き様在り方の凄まじさにもうなんというか、引き込まれて引きずり込まれて飲み込まれて、言葉もないくらいに絶句させられて、ただただ魅了されてしまう。
この巻は、世界の謎の一端が明かされる巻である以上に、クルック・ルーパーという世紀の大悪人、歴史に燦然と輝く史上最悪の虐殺者の、独壇場でありました。
この人の戦う理由、人を憎み世界を呪うその動機は完全に狂ってはいるのですが、でも一切ブレることなく一貫していて、筋が通っていて、説得力があって、納得させられてしまうんですよね。
その在り方を許してはいけないけれど、これ以上なく共感してしまうのはダメなんだろうか。クルック・ルーパー自身は自分を大悪人と自称して胸を張り、彼の目的からすればその称号は汚名ではなくむしろ奨励すらするべきものなんだけれど、その根源はあまりにも純朴で……純粋で、だからこそ尊敬すらしてしまう。その在り方に尊さを見てしまう。
この人は、ただ友達が大切だっただけなのだから。
そして、この人は汚泥のように人という存在を憎みながら、その心の輝きに関しては常にリスペクトし続けているんですよね。根本的に、人を小馬鹿にしたような言動を取り続けながら、常に誰に対しても真摯で誠実で在り続けているのである。カニエルたち50階層主たちに関しても、甘言を弄して唆して彼らの秩序を崩壊させてしまっているにも関わらず、本気で彼らのことをクルック・ルーパーは尊敬してるんですよね。そして、この世に生まれる強者たちを、本物の英雄たちに敬意を隠さない。
それは、そんな本物たちを切り捨てることで自分の悪名を更に轟かせ、自分の悪名が轟けば轟くほど自分が決して勝てなかった親友の名があがるからこそ、なんだろうけれど、そんな理由抜きでこの人は本気で英雄たちを敬愛してるのが伝わってくるのです。彼が人を憎むのは、人を信じているからこそ、なんじゃないかと思ってしまう。狂気の淵に沈みながら、一方でこの人はあまりに理性的だ。世界が滅ぶことを納得しながら、自分を乗り越えていくモノたちにずっと期待している。
いや、その期待が産まれたのは、彼がコロを拾ったときからなのかもしれないけど。あの子を拾って育てて愛情を抱いた時にはもう、彼には不必要を切り捨てた余分が生じてしまっていたのだろう。
しかし、その余分を取り込んでクルック・ルーパーはさらに強くなったに違いない。コロネルたちの前に立ちふさがったクルック・ルーパーの威勢は、コロたちと関わったからこそより熱くなった。より強大になった。より鮮烈になった。
クルック・ルーパーは、誰よりも凄かった。それだけは、間違いない事実だ。

しかし、お互いに成人した時に名付けあったというイアソンとクルクルおじさんだけど、親友にしてライバルであった相手に、クルクルパーなんて名前つけるあたり、イアソンって相当に食わせもんだったんじゃないだろうか、これw


剥き出しにされたクルクルおじさんの心情の激烈さに震えた今回だけれど、彼に限らずその内側を剥き出しにされ無造作に曝け出されてのたうち回った、といえばリルドールも凄まじいものがありました。
いつものたうち回っているリルですけれど、クルック・ルーパーの出現という狂乱の中で、彼女は全く別のものにその全存在意義を踏み躙られてしまうのです。
ライラ・トーハ。現代最新の大英雄にして、リルドール没落のきっかけになった人物。彼女につっかかりながら一顧だにせず一蹴されあしらわれ、プライドというプライドを粉々にされた挙げ句にそれでも残されたプライドの断片にしがみついて、ライラと同じ冒険者として身を立てて、彼女を見返してやると醜く無様に意気込んだのが、リルドールのはじまりでした。
その歪んだ執念はコロネルとの出会いによって解消されていくのですが、それでもライラという存在はリルにとって根源であり原動力であり、彼女によって否定されたものを覆し、彼女に認めてもらうことこそが、コロネルに相応しい存在になるという理由と並び立つ、リルドールの根源だったわけです。
そうして頑張ってきたことを、仲間たちと証明してきたことを、死ぬ気で身を立て確立してきたものを、そしてリルにとっての密やかな憧れを、すべて全否定され徹底的に踏み躙られたのが、あのライラとの再会であり、かの英雄の本質があらわになってしまったシーンでした。
そのライラもまた、信じてよすがにしてきたものを、かろうじてしがいみついていたものを徹底的に全否定され、その在り方を木っ端微塵に打ち砕かれてしまうのですが。

これ、今回そうやって自分が信じて拠り所にしていたものを木っ端微塵に砕かれて、全否定されて、その後がコロネルとリルドールとライラでは、正反対になってしまうんですよね。
それこそが、クルック・ルーパーをしてコロネルとリルには期待を込めて、ライラにははっきりと期待はずれと見なした理由であり結果であったのかもしれません。
とはいえ、これはライラにとっては酷な話でもあるんですよね。ライラにとって、リルにとってのコロ、コロにとってのリルはもういなかったのですから。だからこそ、クルック・ルーパーも自分の同類と見なしたのでしょうから。もし、同じようなシチュエーションになって、ヒィーコやムドラがセレナと同じような態度を見せたとき、リルやコロは果たしてライラと違う反応が出来ただろうか、と考えてもしまうんですよね。
それでも、あのライラの自分に対する無関心さを目の当たりにした時のリルドールのショックの描き方は、この作者が描く心を剥き出しにしてそれが罅割れる描写の生々しさ、本当に凄いと思うのです。この痛みの描写があるからこそ、それを乗り越えていく姿の熱量と瑞々しさが、心が一つ強くなる重さが、ダイレクトに伝わってきて、胸を打ち震わせてくれるのです。
メインのキャラたちの、強烈なシーンのみではなく、例えばリルが愚直に下手くそなレイピアの練習を続けるシーン。あそこで、リルドールが不器用に練習する姿にニナファンがリルの本質を知ってこれまでの英雄としてのリルに抱いていた尊敬が、全く異なるでももっと深い尊敬に変わるシーンなんか、密やかでありながら味わい深く、またリルという存在が他に追随を許さない輝かしい英雄であるコロやライラとはまた全く別の、普通の人々の心に火を灯してくれる存在なのだというのが伝わってくる、細やかで静かだけれど良いシーンだと思うのです。
非日常の中での激しい動きと、日常の中での静かな浸透、静と動どちらもがしっかりと書き込まれ、描きこまれているんですよねえ。

ちなみに、エイスの魂の叫びに関してはおおむねスルーの方向で、見たママを受け入れましょう。なんか完全にみんなから、アブノーマルな趣味と認識されてしまっていて哀れではありますが、まあエイスですし、うん。でも、これウテナがハマってしまって結構ヤバいことになるんだよなあw

カラー口絵見ると、何気に一番美人さんな仕上がりのドレス姿になってたヒィーコ。この娘も元の素材がいいからか、化けると凄いよなあ。そんな彼女ですけれど、ウェブ版には居なかった仲間であるムドラとのコンビで、ウェブ版よりもさらにパワーアップしてるんですよね。まさか、変身ヒーローバージョンを上回るところまで行くとは思っていなかった。
しかし、リルたちのパーティー、リルの縦ロール多脚走行モードなんかも加味すると、今度のヒィーコとムドラのコンビと合わせて普通の四人パーティーにしては占有面積というか、サイズがでかすぎませんかね!?

第七七階層の門番となっていたクルック・ルーパーが明かしてくれた歴史の真実、そして世界が現在置かれている状況は、まさにこの世界のタイムリミットが間際に迫っているという絶望的なものであり、今百層を占拠している謎の化け猫の存在、そしてその猫の犬に収まった裏切り者というあまりにも大きな壁の連続が、リルたちの前に示される。
しかし、逆に言えばはっきりと目標となり突き進むべき方向が明らかになった、というべき状況であり、何よりリルドールにとって果たすべき、付けるべきケリというものがその百層に生じたのですから、あとは突っ込むのみ。本当の意味で世界を救う戦いが、リルが掲げる「無限の灯」を先頭に今始まるのである。クライマックス、ここからさらに盛り上がるぞ!!

佐藤真登作品感想

全肯定奴隷少女:1回10分1000リン ★★★★★   



【全肯定奴隷少女:1回10分1000リン】 佐藤 真登/凪白 みと  MF文庫J

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

大丈夫なの!! まったくもってその通りなの!!!!!!

公園で見かけたボロボロの貫頭衣を身に纏った銀髪の美少女。
あざとい笑顔と快活な声で親身な言葉をかけているが、手には『全肯定奴隷少女:1回10分1000リン』と書かれた怪しい看板? どうやらお悩み相談を受けているようで――。
「奴隷少女はあなたのお悩みを全肯定するの!!!!!
さあ!! 日々のお悩みを叫ぶといいのよ!!!! えへ!」
たかが10分。されど10分。人生を変える言葉がその10分に詰まっている! 自分の歩む道に迷い、悩む、そんな頑張るあなたの弱った心に寄り添う、癒しの全肯定ファンタジー!


まったくもって面白かったの!!!!!!!!!

って、奴隷少女ちゃんの真似事なんてしてしまうと、イチキちゃんみたいに恥ずかしい事になってしまうので自重自重。
というわけで、先ごろGA文庫新人賞にて【処刑少女の生きる道(バージンロード)】にて大賞を受賞した佐藤真登さんの、新作第二弾。それが、この【全肯定奴隷少女:1回10分1000リン】であります。
全肯定奴隷少女:1回10分1000リンってなんぞそれ、と思わずタイトルを凝視してしまうだろうそれは、すなわち作中で件の看板を掲げて公園の真ん中で経っている奴隷姿の少女を目の当たりにした登場人物たちと同じもの。そうやってクエスチョンマークを頭上に浮かべて見守る先で、奴隷少女ちゃんとそのお客となる人たちの人生模様が繰り広げられていくのである。
一回1000リンを払うことで、様々な愚痴や悩みを吐き出す依頼者を十分だけ全肯定してくれる奴隷少女ちゃん。そのハスキーボイスから繰り出される全肯定に基づく勢いの良い励まし、応援、共感はまさに癒やし。日々積もっていく仕事のストレス、行き詰まっている問題や悩みを、奴隷少女ちゃんの全肯定はスカッと吹き払ってくれるのである。それはまさにメンタルヘルスケア。人の心の闇を、少しだけ晴らしてくれる救済のお仕事なのだ。
田舎から都会に憧れて飛び出してきた冒険者見習いのレンは、とある中堅パーティーに採用され、まずは荷物持ちからとダンジョン攻略に参加出来ることになる。しかし、所詮は右も左も分からない素人であり初心者。思い描いていた想像とは全く異なる自分の未熟、何も知らない不見識、ただただ何も出来ないという現実を思い知らされる。
そんな折に、公園で奴隷少女ちゃんとその顧客のやり取りを目撃することになるんですね。自分の檻に閉じ籠もるのではなく、他人の悩み、他人の愚痴を耳にすることでこの世の中、自分ひとりが悩んで闇を抱えているわけじゃない、という当たり前のことに気づくのだ。そんな風に、レンくんは自分の弱さ、情けなさ、みっともなさと向き合いながら、時に自分も奴隷少女ちゃんに励ましてもらう機会を得ながら、一歩一歩成長していくのである。

全肯定、そんな言葉を尽くして人を癒そうとする少女がメインだからか、本作はとかく言葉が重きを成している。語りかける一言一言に、無視できない力があり、心に届く強さがある。言葉ヅラだけの、表面上だけの薄っぺらな肯定ではない、全身全霊の肯定があり、それを受ける側にも全力で受け止める下地があるんですね。
この巻において、二度だけ奴隷少女ちゃんがお金のやり取り抜きに言葉を語りかけてくれるシーンがある。普段は看板で口元を隠して、お金を払うまでは微笑んだまま一言も発しない彼女だけれどに、二度だけ金銭を介さぬ形で、レンに語りかけてくれるシーンが有るのだ。
その時の台詞に込められた、あまりの優しさ、温かさには今思い返しても痺れるものがある。あれほど、慈愛という質量が込められた台詞があるだろうか。人を肯定するとは、実は生中なことではない。しかし、あの2回のシーンには確かにこれ以上ない「全肯定」が存在している。

しかし彼女「全肯定奴隷少女」は肯定するばかりの存在ではない。あの全肯定の看板の裏には「全否定奴隷少女:回数時間・無制限・無料」なる表記があり、下手な以来には奴隷少女ちゃんは敢然と看板を裏返して、全否定を突きつけてくるのだ。あの凄まじい罵倒の嵐は、なるほどある種の界隈にはご褒美かもしれない。
そんな奴隷少女ちゃんとは一体何モノなのか。彼女がチンピラに絡まれたあたりから、その謎さが浮き彫りになってくる。彼女の正体については、主人公のレンが預かり知らぬ場面でこの国の過去、後年前に起こったという革命の話と合わせて徐々に明らかになってくるのだけれど、全肯定奴隷少女という名目は伊達ではないんですよね。
そのバックストーリーは、救国の勇者の登場、或いは帰還とあわせてようやく扉が開かれたところで、その中を除くのは2巻以降の話となっている。もっとも、その開けられた過去と今とを繋ぐ扉の前で繰り広げられる攻防こそが、この第一巻のクライマックスにして目玉になるのだけれど。
全肯定奴隷少女の全肯定、彼女が今までやってきたことの意義を示すための抗いであり、弱い弱い新人冒険者レンの情けなくみっともなく、しかし最もカッコいい戦い。
このレンくん、微妙に雑魚気質があるんだけれど、がんばり屋で直向きでイイ子なんですよねえ。時々、ナチュラルにクズ男ムーブかましてしまうところも含めて、実に可愛い主人公なのである。
同じパーティの先輩方がすごく可愛がってるのもよくわかるんだよなあ。
ちなみに、彼が所属したパーティーってこの世界、この街の基準ではどのくらいなのかはわかりませんけれど、客観的に見て相当にホワイトです。成果報酬制だけじゃなくて、月給+成果に応じたボーナス。緊急の場合のためのパーティー内貯蓄あり。というなにこの超ホワイト企業並。しかも、ド素人だったレンくんに対するケアやフォローもしっかりしていて、彼自身の努力あってこそなんですけど、パーティー全体が彼を育てることを重視して動いてくれてるんですよねえ。個々人もみんないい人ですし。
そんな中で唯一、レンに厳しくあたってくるのが年下の先輩という女魔術師。意識高い系で自分に厳しく他人にも厳しい彼女が、もうひとりのヒロインなのでありますが、最初はとにかく嫌な先輩なんですよね。その尖った性格にはもちろん理由があり、彼女にはひたすら強くならないといけないという理由と覚悟があるからこそなのですが、ヌルい態度で素人丸出しなレンは当初はもう目の敵にする感じで、レンもそのお蔭で序盤は随分と悩むことになります。
その態度も、レンの努力と精進でなんとか見れる冒険者になってきたことで徐々に解消され、見直されていくことになるのですが……。レンの大失敗をきっかけに、彼女との関係もまー、えらいことになっていくのであります。おおむね、レンの誤解を招く言い方とタイミングの妙が悪いんですけどね!
正直、この一巻でレンに妙に意識させられてしまって狼狽えだす女魔術師もこの時点で相当に可愛いのですけれど、本番はまさにあのラストシーンの直後からはじまってしまうんですよね。
ウェブ版の連載時でも、まさにあの直後から女魔術師の人気が起爆爆発してしまう、凄まじいまでの女魔術師タイムがはじまってしまうのですが、それはもう2巻に乞うご期待ということで。
いやあ、あの時期は私も更新されるたびに、あまりの甘酢っぱさと彼女の蠱惑的なあれこれに悶絶しまくってやばいことになってたんだよなあ。あれは本当に凄まじかった。凄まじいとしか言えない凄まじいラブコメ模様だった!
ちなみに、この女魔術師の名前ってウェブ版ではその女魔術師タイムが最高潮に達した瞬間についに作中で描かれる、という悪魔的所業がなされていて、滅茶苦茶効果的だったんですよね。
同時に奴隷少女ちゃんの本名もあかされる、という二重構造の名前公開になっていて、演出としても非常に効果的だったのだけれど、さすがに書籍版だとそこまで一巻ではたどり着かないということで、女魔術師ちゃんの方はちょっと早いタイミングでレンの口から名前が飛び出すことに。
タイミングとしてはウェブ版の方が最高とは思うんだけれど、こっちもレンが彼女に最初にちゃんと認めてもらえた、というシーンでのことなので繰り上がりのタイミングとなってしまいましたけれど、これはこれで良かったんじゃないかなあ。

ほぼほぼ戦闘シーンとはかけ離れた日常シーンの中で物語が繰り広げられる作品なのですけれど、背景となる世界観の設定は佐藤真登さんらしい魅力的で独特なもので、まずダンジョンの設定からして他とは一味違ってるんですよね。人の集まる場所に生じるので大概街中に存在していたり、人々が発する強い思いに応じて、魔物や素材なんかが発生するので強い悪意や負の感情が生じる事件が発生するとダンジョン内でもそれに応じた凶悪な魔物が発生したりする、という設定なんぞは街中で起こっている出来事や事件がダンジョンにそのまま連動しているというのは物語上も結構重要だし、展開の妙にも繋がっているんですよね。
魔法なんかの設定もかなり捻ってて面白いですし、あの度々登場する聖女イーズ・アンとか、色んな意味でとんでもないもんなあ。今までフィクションで出てきた「狂信者」というカテゴリーへの認識を一変させてくれたとんでもないキャラですし。
奴隷少女の妹だというイチキの方も、まだチラ見せ程度の出演、というにはなかなか濃い出番で、女魔術師との出会いと関係は後々もかなり大事な意味を持つのですけれど、彼女の見せ場についても(ラブコメ的な意味においても)これからこれから。

やー、ウェブ版からもちょこちょこと改稿加筆されている部分もあり、改めて読み直しても胸にダイレクトに届くものがある、最高の面白い傑作でありました。GA文庫の方の【処刑少女の生きる道】とはまた毛色に違う作品でもあり、あちらを読んだ方でも新鮮な感じで頁をめくれるのではないでしょうか。
ラブコメ的にフルバーストモードに入る第2巻が、今からヤバイくらいに楽しみになってます。やばいやばい。

佐藤真登作品感想

Landreaall 33 ★★★★★   



【Landreaall 33】 おがき ちか ZERO-SUMコミックス

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

アトルニア王国の地下ダンジョンを巡回する騎士団の大哨戒に参加したDXたち。
無事討伐と巡回を終えた迎えた帰還の日--地脈に変動が起こり、坑(ピット)の座標が狂ってしまった!
閉じかける門に飛び込み、DXたちの部隊に合流したイオンだったがそこにはDXはおらず--!?

緊迫と興奮のダンジョン編を収録した第33巻!!

いかん、面白すぎて久々に感想手がけてしまった。
ダンジョン遭難編、大事件大事件大事件! スピンドル事件以来の学園での大トラブルである。今回は学園そのものじゃなくて、騎士見習いたちが巻き込まれてしまった事件ということになるけれど、いつものメンツだけじゃない総メンバーでの大事件となるとやっぱり盛り上がるんですよね。
浅層での探索のはずが、階をワープするための坑(ピット)の行く先がランダム設定となってしまい、未倒の深層に落ちてしまう、という展開は定番ながらやっぱり盛り上がるんですよね。
ただ、完全に音信不通になってしまうのではなく、ランダムに通路が繋がる坑や王城の転送門から聞こえてくる声や、コンタクトを取ることで設置された救出本部が着実に状況を把握して、各小隊の現在位置を特定して、可能な限り誘導を開始する展開は凄く好き。相変わらず、この作品の大人たちなみんな優秀なんですよねえ。
それでも、転送ゲートが時間とともに狭くなっていって、閉じてしまうというタイムリミットが設定されてしまったので、上で救出の指揮を取る人たちも地下に救出に向かった人も遭難している面々もそれぞれがいちいち迷っている暇なく、キビキビとスピーディーに即断していく、その決断や行動の速さが物語自体をグイグイと推し進めて、目まぐるしさに必死についていきながらついついワクワクしてしまうんだ、これが。
一応、地下王城ダンジョンは徒歩でも上がり降り出来るようにもなっているらしく、ピットや転送ゲートが使えなくなっても行き止まりになってしまう、というわけではないのだけれど、それでも入念に準備をして潜ったわけじゃなく突然放り出されてしまったわけですから、食料やキャンプするための準備もこれまで消費した分もあるわけで、そう簡単にはいかないものなあ。

ともかく、みんな判断が暴走していないんですよね。止める間もなく飛び込んでしまったイオンにしても、飛び込んだ先で現状を確認したらそこのメンツを取りまとめて、上層へのルートを確保して脱出するためにDXたちを探しに下に行くわけでもなく、ちゃんと的確に動いてますしねえ。
ルーディーと五十四さんとのやり取りも、忍者な五十四さんが主人である竜胆のもとに戻ることに拘らずに、ルーディーの意見を汲み取って彼に竜胆の刀を託してけが人込みの隊を上層に誘導する役を負ったりするの、意見と指摘と説得の肯定がほんとにしっかりしていて、何もかもが速いにも関わらず各人の発言行動にはちゃんとした中身が詰まっているので性急さが全然ないんですよね。最適に速い、というべきか。
おかげで、本当に危ない場面に陥りそうだったところにしっかりと手が届いていて、最悪の展開は避け続けられることに。これ、ほんとに現場と後方が速攻でガッチリ噛み合って最善を尽くせる体制を作れたからですよね。イオンやライナスの突入など、ほぼほぼなし崩しに突貫で応急を繰り返して綱渡し出来たからでもあるんだろうけど。
ゼクスレン教官の腕を犠牲にする覚悟の転送門の確保や、神官騎士長の活躍など後方支援体制の確立が肝だったんですよねえ。特に神官騎士長、いや転送門が異常をきたしたときの反応みて、この人大丈夫かと思ってたんだけど、蓋を開けてみるとなにこの折衝の神様w 後方支援体制の確立、ほとんどこの人が立役者でしょう。こういうトラブルになると真価を発揮する人、組織間の折衝、仲介、こういうおじさんの仕事しっかり書いてくれるの、ほんと好きです。アンちゃんの「名もなき国宝級の能力があるものだなあ」というセリフには、思わずニヤニヤしてしまいました。

しかしまー、こういうトラブルになると真価を発揮するのはイオンとDXの兄妹もおんなじで。イオンちゃんの大暴れっぷりが清々しくて笑えてきます。オズモおじさんの「あれは小型のDXと思え」というコメントには思わず爆笑。いやそうだけどさ、そのとおりだけどさ。そろそろ、イオンも淑女淑女で押し込めているの限界になってきてるんじゃないだろうか。スピンドル事件でもイオンだいぶ動き回ったから彼女についてはだいぶ知れ渡ってきていますし、マジで女子の騎士枠誕生しちゃうんじゃ……。
いやでも、イオンの場合は騎士じゃないしなーw 完全ニンジャ互換である。敢えていうなら傭兵枠。
これに関しては相変わらずDXの方もおんなじで、騎士装備で全力戦闘するのってもしかして初めてでしたっけ? あの飛んでハネての戦闘法、鎧着て剣持ってだとやりにくそうとは前々から思ってたんだけど、実際動きにくかったのか!
ルーディーにそれでふてくされてるのか、とか指摘されてて目を丸くしてるDXにちと笑ってしまった。そんな風に屈託なく指摘してくる人ってそういえば居なかったなー、と。思い返してみると、DXってあんな表情してテンション下がってる時度々あったような覚えあるんだけれど、もしかしてその時もふてくされてたりしたのかw

なんやかんやで合流したり別れてしまったりの末に、いつものメンバー、DX、竜胆、ライナス、ルーディー、ティ・ティ、フィルの六人が揃うと、ああいつものメンツだ、とばかりに一気にテンションあがってしまいますわ。安心安定のメインメンバーズ。合流した途端、混乱している状況をDXがあれこれ指示して指揮することでストンと状況が整理されて混乱が収まるシーンは、爽快ですらありました。
DXをパーティーリーダーにして、地下34階から全員で踏破脱出、と目標も定まり、いざ地下王城ダンジョン編、クライマックスへー。

……やっぱり面白いなあ、ランドリオール!! 楽しい、ひたすら楽しい!!


巻末のプチリオールでは、あのクエンティンとユージェニのその後の詳報が。クエンティン、生き残ったとはいえ、あんな有様になっていたとは。かなりギリギリの状態だったんですね。この掌編での出会いによって、最悪は逃れられたみたいですけど。
にしても、この作品世界の「馬」はほんと素敵な存在だなあ。この馬、ユルドゥの姉のフルムって、砂漠編でDXと出会ってたあのレディのことなのか。これもまた縁だなあ。


おがきちか作品感想

幼なじみが絶対に負けないラブコメ ★★★★★   



【幼なじみが絶対に負けないラブコメ】 二丸 修一/しぐれうい  電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

幼馴染みが負けフラグの時代は終わった? 予測不能なヒロインレース開幕!

幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。
……でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる! 普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺にだけ笑顔で会話してくれるんだぜ! これもう完全に脈アリでしょ!
ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!? 俺の初恋だったのに……。失意に沈む俺に黒羽が囁く――そんなに辛いなら、復讐しよう? 最高の復讐をしてあげようよ――と。
うん、タイトルがさ、ほら、【幼なじみが絶対に負けないラブコメ】じゃないですか? 普通、幼馴染が他のヒロイン蹴散らして圧倒的な勝利を掴む、言わば幼馴染TUEEE作品だと思うじゃないですか。古来より幼馴染ストとして肩で風を切って生きてきたわたくしとしましては、到底無視できる作品ではなく、ダラッシャー!とばかりに幼馴染蹂躙戦を堪能スべく手にとったわけですが。
あれ? 思ってたのと違うよ?
幼馴染の黒羽ちゃん、冒頭で既にフラれてるよ? 負けてるよ? 敗北してるよ? いいのこれタイトルと違うよ?
と思ったところから、思わされたところから、この最凶のラブコメは駆動を開始するのである。

もう笑った笑った。ヤバイなんてもんじゃなく、面白すぎて笑い倒してしまいました。バカウケ!
これね、主人公の丸末晴も、幼なじみの志田黒羽も、丸くんが焦がれる可知白草も、みんなぶっちゃけて言ってしまうと……人間としてちっちゃい!! 人としての器が小さい、狭い、せせこましい! そんでもって、心が醜い! 暗黒面拗らせすぎ!
そもそも、主人公からして好きになった人に彼氏が出来てしまった事実を前に……俺の初恋弄びやがって、許せん! 復讐してやる!! と、黒羽に煽られたからとはいえ、好きな人の幸福を祝福するどころか、自分を袖にしてくれたこと後悔させてやるのだ、と妬み嫉み僻みと負の感情を滾らせまくってしまうわけですからね。
そして実のところ、ヒロインである黒羽も白草もまた、丸くんと同レベルで人としての狭量さ、人間ちっちゃ! と言いたくなってしまう心の狭さを誇る同類項なのであります。
でもね、そんな人間としてダメダメだろう、という部分が彼らの場合なんでかねー、可愛いんですよ。凄く可愛くてしかたない。人の暗黒面なんて見てて不快になるものなのが普通なんでしょうけれど、彼らのはなんでか凄く微笑ましく、そのネガティブ全開な言動が愛おしくすら思えてくる。

だってこの子ら……アホですものw

そう、アホなんです。まあ自分の好きという感情よりも、復讐する方を優先してしまう時点で大概なのですが、彼らのアホの子としての資質はそんな程度でとどまらず、本末転倒、自爆特攻、一体何がしたかったのか!?とまず誰よりも彼ら自分自身がツッコむんだろうドツボのハマり方を自在にやり倒すありさまで。その自爆の仕方はもはや芸術的とすら言えるほど。
ほんともう、なにやってんのこの子らは、と思ってしまうそれは、まさにアホの子ほど可愛い、という格言のそれではないのでしょうか。
いやそれにしても、この丸くん、黒羽、白草の三者三様の目的と作戦と実行はほんと見事なくらい絡まり合ってて、物語の構成としてもエンタメの盛り上がりとしても抜群の一言なんですよね。
ラブコメ、と呼ばれるジャンルのコメディとしての部分をこれほど昇華さしめて成り立たせた作品もそうはないでしょう。ノリとテンポの良さでコーティングしつつ、根底の部分で構成の技巧の素晴らしさを感じさせてくれる作品でもありました。
それに、復讐だなんだ、と人としての醜さ、負の感情を全面に押し出しているにも関わらず、徹底して明るく痛快で気分爽快な仕上がりになっているのはなかなか特筆すべきところだと思うんですよね。やってることだけ見ると陰湿なはずなんだけれど、その陰湿さたるや非常にカラッとしてサッパリした陰湿さで、陰湿とは……と思わず言葉の意味を考え込んでしまうほどだし、彼らの内面と来たらひたすらネガティブな方向に凝り固まり拗らせまくっているにも関わらず、そのネガティブさと来たら何故か陽気でアップテンポのお祭り騒ぎ。いやだから、ネガティブとは……と思わず首をひねってしまう感じなのが、描写のやり方として何気に物凄く難しいことをヒョイヒョイっとやっちゃってるんじゃなかろうか、と思わず感心してみたり。
ともあれ、彼ら彼女らの復讐は、可愛さ余って憎さ百倍、という体を装いながらも憎しみの類などかけらもなく、ひたすら好き好き大好きを拗らせて、好きを暴走させているようなものだったので、それこそが作品全体を陽性たらしめていたのかもしれません。主人公の丸くんの、その人間性、キャラクターが掘り下げられ伝わってくる中盤以降、あっこいつすげえアホだ、とはっきりと分かってしまったからなのかもしれません。
いずれにしろ、物語が進むに連れて登場人物たちの思惑が明らかになっていき、抱える事情が自明のものとなっていくたびに加速していくこの面白さ、愉快痛快爆笑コメディ。それと同時に甘酸っぱさで絶妙な部分をくすぐってくれるラブコメのラブの部分も実に素敵で、黒羽と白草、その二人のヒロインの魅力で牽引してくれました。二人のヒロインとしての色んな意味での凶悪さがなければ、そもそも成立しない物語でありましたからねえ。さり気なく、あのカス極まる悪友の甲斐哲彦も折に触れていい動きしていて、あれはあれで助演男優賞でした。ああいうサブキャラが居ると物語として強い。
しかしこれ、やっぱりタイトル詐欺なような気もするし、あれは負けじゃないよノーカンだよ、とも言えるのでこれはこれでありなのか。
あれ、思いっきりフラれた方も実は挽回可能であることをもう片方が全編を以って証明してしまっただけに、完全にドローではあるんですよね。いやもう、改めて考えてみるとほんとアホだなあー!! やっちゃった方ww
いやもう、最高のラブコメでした。これ、きれいに終わっているとも言えるのですけれど、続くとしたらどう展開するのか、興味深いところです。

継母の連れ子が元カノだった 2.たとえ恋人じゃなくたって ★★★★★   



【継母の連れ子が元カノだった 2.たとえ恋人じゃなくたって】 紙城 境介/たかやKi  角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

元カノvs新カノジョ候補!? ぼっち系オタク少女・東頭いさな襲来!

親の再婚できょうだいになった水斗と結女は、元恋人同士。
両親の前では“家族”らしく振る舞うも、二人きりになるとあの頃の思い出が蘇り、やっぱりお互いが気になる日々で――。
そんな中、水斗の前にぼっち系オタク少女・東頭いさなが現れ、二人はすぐに意気投合! 図書室で放課後を過ごす関係に!?
ただの気の合う友達だと真顔で言い張る水斗といさなの、友達以上な距離感に結女はやきもき。しかも、
「わたし、水斗君の彼女に、なれますか……?」
徐々に水斗への恋心を自覚していくいさなを、”水斗の義姉(おねえちやん)”として応援することに!?
恋と友情ときょうだいの絆が錯綜する、『水斗攻略作戦』が始まる!
プロローグから殺しに掛かってるんですけどーー!? 殺意高すぎるんですけどーー!? 悶絶死させる気満々じゃねえかぁ!!
もうなんですか、あれ〜。自分の勧めた本を水斗くんが読んでいく様子を傍らからジーッと見つめてる結女。ついさっき自分が読み終えた本だから、どのくらい読み進めた段階でどんな展開が待っているのか当然知っている結女は、その展開ごとに水斗くんがどんな想いを抱くのか、どんな風に感情を揺らすのかを、彼の横顔をジーッと見守っているのですよ。そんでもって、自分が読んだ時と照らし合わせながら、共感したり思わぬリアクションに驚いたり、期待通りの反応に内心ニマニマしてしまったり。
人が本を読んでいる姿がこんなに色彩溢れているのか、と驚くようなシーンであると同時に、それだけ結女の目から見る水斗くんの姿が鮮やかということでもあるんですよね。ほんと、めっちゃ見てるんですよ。水斗くんが本の中にのめり込んでいくのを、傍から見ていてちゃんと把握しているし、彼が読んでいる時に何を考えているか、とか細かな仕草や表情の変化の捉え方がいやもうどれだけ見つめてるんだよ、というくらいなんですよね。その見つめていることそのものが、楽しそうで。
この場面の二人の様子を思い描くだけで、なんかもう悶絶してしまうのである。なんかもうたまらん気分にさせられてしまう。初っ端からなんという凶悪なシーン打ち込んでくるんだ、この作品は!!

でも、結女のこの視線って、多分中学生の頃の彼に恋していた頃ではきっと生まれ得ない視点だったんだろうな、とも思うのである。中学生の頃の結女は、水斗のことが好きで好きでたまらなくて、だからこそ「好きな人」という部分に意識の大半を奪われてしまって、果たして水斗という等身大の少年をどこまで直視できていたのか、怪しい部分がある。彼のどんな姿を見ても、そこの「恋」というフィルターが挟まってしまっていたのではないだろうか。
今、この時水斗の読書する横顔をジーッと眺めている結女の眼差しは、あの頃に比べるととても率直にこの新たに出来た家族である少年を見つめている。
だから、彼に対して生まれる感情は、見つめたその先にあるのだ。前のようにフィルターを通した先にあるのではなく。お互いを全部さらけ出して、お互いの様々な側面をもう一度知り直して、お互いの等身大を目の当たりにしたその先に、もう一度芽生えたものなのだ。
このプロローグはその象徴的な1ページであり、この先の物語はそうして芽生え始めたものを、新たに横から割って入ってきたファクターによってお互いにどう処理するべきか考え始める、そのきっかけとなるエピソードである。

と、言ってもその重要人物となる東頭いさなの登場は後半から、となる。前半を引っ掻き回してくるのは、前巻で友人となった南暁月と川並小暮の両名だ。
この二人がまた曲者であると同時に、何気に伊里戸兄妹を上回る地雷持ちなのである。サイコレズの看板を背負って結女に迫り、水斗を引っ掻き回した暁月だけれど、この巻では結女の親友として相棒として、思いの外存在感を示しながら立ち回るのであるけれど、ただの脇キャラじゃ済まない様相を呈してくるのが、川並小暮と暁月が実はマンションの隣同士の部屋に住む幼馴染であり、しかもどうやら水斗と結女と同じく交際していて、盛大に失敗した元カレ元カノ同士であるらしい、というのがわかってくるあたりからなんですよね。
あくまでメインが伊里戸兄妹二人の視点で進むために、詳細は不明なのですけど友人の家でのお泊り回でその一端が明らかになり、この元カップルの幼馴染同士の微妙過ぎる距離感がわかってくると、小暮のあの妙に傍観を気取りながら変なところに地雷ポイントがあるところや、暁月のある一定のラインを超えると尋常じゃなく重いキャラになるところなど、想像の羽が羽ばたくところが怒涛のように湧いて出てくるんですよね。思えば、結女たちのように突然家族となり同居生活になる、というわけじゃないけれど、この二人隣同士で住んでるだけあって普段の生活範囲や行動パターンは完全に重なっているし、別れても即他人というわけに行かず、物理的にも精神的にも離れられない距離に居る、という意味では伊里戸兄妹と似た傾向にあるとも言えるわけです。
しかし、そこは幼馴染という関係を理して、適切な距離感というのを保ってきていたはずだったのが。二人が伊里戸兄妹ともっとも親しい友人になってしまい、必然的に今まで以上に顔を突き合わせる機会が増え……でも、それだけなら今までの「適切な」距離感が揺らがなかっただろうところに、間近でその適切な距離感を取れずにトンデモナイ勢いでグルングルン揺れまくってる自分たちとよく似た関係の元カップルが暴れまわる余波をもろに真横で受けているがためか……どうも、こっちの幼馴染たちも煽りを喰いはじめている感があるんですよね。まだ兆候だけですけれど、しかし無視できない兆候が。正直、結女たちの裏側で着々と変質しつつあるこっちの幼馴染たちの動向もめっちゃ気になるところなんですよーー。

と、思わずメインの二人ならざるカップルの方で語ってしまいましたが、やはり最強にラブコメしまくるのはメインのお二人、水斗くんと結女の兄妹なわけで。
結女の方がもうこれ、一巻の最初の頃にはまだ保っていた平静が、二巻ではもう殆ど保たれてないんじゃないですか、これ!? いや、これはもう水斗くんが悪いとも言えるんですけどね。このカレ、ズルいですよ、絶対! 席替えのときとか、あれなんですか? 中学のときには忘れていた合図を、あのタイミングでやっちゃうとか、そんなん結女ちゃん死ぬに決まってるじゃないですか。あんなんされた日には、平静でいられるもんですかい。そもそも、結女が水斗くんを好きになったきっかけというのが、自分を対等の存在として意識してもらったこと、認めてもらったこと。
自分を見ていてくれること、それこそが結女にとっての最大の急所だったわけですよ。それをこの男と来たら、この巻だけで何回そのポイント、急所目掛けてクリティカルな会心の一撃を叩き込みました? ここぞというときに、一番強烈なやつをぶちかましてくるわけですよ?

死ぬわ!!

見なさいよ、今回結女ちゃんほぼ瀕死じゃないですか。そこ触られたら死んじゃうって場所をピンポイントでグリグリ刺しやがってからに、この男は! この男は!!
控え目に言ってももう、結女って伊里戸がいないと生きていけない身体にされてしまったんじゃないだろうか。
しかも、水斗くん無自覚でやってるわけじゃなさそうなんだもんなあ。一度、結女の方がちゃんとした「適切な」距離を取ろうとした場面があるんですよね。兄妹として、別れた元カップルの友人同士として、感情的に割り切った適切な距離感というものを、結女からちゃんと取ろうとした時にこの男ときたら。
普段、シレッと素知らぬ顔して知らんふりしているかのような平然とした態度とっているくせに、いきなりガッと来て、ガシッと手を掴んで、グッと無理やり引き寄せて顔寄せて、その態度気に食わない! ですからね! しかも、結女が思わずアヘ顔になってしまう結女理想の装いにわざわざ着替えて。
もう思わず「きゃーーー!」ですよ。少女漫画見て色めき立つ女の子か、という勢いで読んでるこっちが黄色い悲鳴ですよ。
もう、きぃゃーーーー! だよ!
うん、もうこの男、ズルいわ。ズルいズルいズルい。格好いい……。
いやこいつ、絶対モテるわ。そりゃモテるわ。
後半に満を持して登場のいさなも、この娘はこの娘で言うてしまうとエキセントリックなんだけれど、うん惚れるわなあ。わかる、わかりみ。
なんかこう、面倒くさかったり自分で自分をコントロール出来ない系女子からすると、そういう暴走しがちな面も含めて、理解してくれて逆にうまいことコントロールまでしてくれる身も心も行き届いたフォローをしてくれる優しくて頼りがいのある男性、とか。普通に接したら死ぬよね、死ぬわ。
いやー、いさなもまた結女とはまったく別のベクトルで面白すぎる娘なんだけど。ってか、同じ文学少女で引っ込み思案とはいえ、昔の結女とこのいさなって全然キャラの方向性違いますよね。最終的には異世界人呼ばわりされてしまう価値観と言うかメンタリティの持ち主ですけど、そもそもマイペースだし内気というわりに自己主張激しくてイイ性格してますし。あんまりぼっちらしくはないなあ、と思ったけど女の子グループの中に入ってやってけるタイプでは全然ないな、うん。
全部終わった後の「「ちょっと面貸せや」」には思い切り笑ってしまった。うん、あれはズルいよw
一連の、あの男人の心を持たんのか!? も終始笑いっぱなしだったし。
あー、面白かったなあ。なんかもう、読んでいる間中ハートがあっちに引っ張られこっちに弾み、と落ち着いている暇がないのですよ。ずーっと揺さぶられて弾まされて。
ドキドキして、ワクワクして、ニヤニヤして、キューーンってして。
ラブコメの醍醐味を味わい尽くしているような、そんな幸せ。読書における最高の味わいなんじゃないでしょうか。
1巻に引き続き、2巻もまた紛うことなき最高傑作でありました。
3巻はまだウェブ連載のストック全然ないそうで、最近連載再開しているみたいですけど、私も書籍版の方で新鮮な多幸感を味わいたいので読まずに居てます。なので、ほんとーに楽しみにしつつ、夏頃予定というのを信じて次巻を待ってます、待ってます!

1巻感想

昔勇者で今は骨 4.わたしからあなたへ ★★★★★   



【昔勇者で今は骨 4.わたしからあなたへ】  佐伯 庸介/白狼  電撃文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

骨になっても心は勇者な冒険者(※ただし骨)が往く、異世界ファンタジー!

『あ~故郷の香りっス~』
かつての愛船・ソカリスヘヌ号を修理するため、北方のオルダネル帝国を訪れたアルとイザナ。
そこで出会ったキメラの少女を救う為、断崖の街ガイムラを訪れたアルだったが、ひょんなことから封印された“神の骨”を探すことに。
いつものお気楽な冒険になるはずが、アルの魂が神の骨に取り込まれてしまったことで事態は急変し――
(あれ? もしかして俺マジで消し飛ばされる五日前って感じ。なのでは?)
骨になっても心は勇者、コツコツ世界を救ってきた最強冒険者もついに昇天!?
うぉお、テンション上がったぁ! 面白かったぁ!!
前回にも増して今回は登場人物も多い上に、各メンツが分散して行動していて場面転換も多かったのだけれど、どちらかというととっ散らかった印象があった前巻よりも遥かに物語として収斂していて、クライマックスなんぞ二箇所同時上映みたいな感じで同時進行していたにも関わらず、ギューっと凝縮された纏まりがあって、盛り上がりにしても燃え上がりにしても満足度充足度が半端なかったです。文句なしに滅茶苦茶面白かった。
というのも、やはり主題が一つのテーマで統一されていた上に、能力の上下関係なく登場人物全員に出番と重要な存在意義があって活躍度に過不足がなかったからなんでしょうね。お蔭であっちこっち場面飛んだり、そのシーンで動くキャラクターが次々と変わっていっても、物語として一点に流れが収斂していっているので、全体として一本の筋として意識が滑らずに集中して深みにハマっていくことが出来て、素直にお話にのめり込んで行けたんですよね。
そこに、話の盛り上がりの連鎖が登場キャラの活躍シーンやテンションを増し増しにする展開が多い分、それが多段加速効果となってたように思います。これはエンタメものとしても構成が抜群だったんではないでしょうか。これのお蔭で読後の満腹感が凄かったもんなあ。

「わたしからあなたへ」。これが今回のサブタイトルだったのですが、まさに今回のテーマはこれ。
受け継がれていく想い。今回のキーパーソンに滅種博ペルゼンという絶滅種の骨を蒐集する人物がいるのですが、彼がまさにその象徴的な人物でもありました。滅びゆく種が居た証としてその骨を蒐集する奇矯な人物。ある意味行き止まりの終焉を担っているような在り方に見えるかの人なのですが、その実はむしろ正反対。彼の真の目的、そして彼のもとに築かれた行き場をなくした希少種たちが集った街の姿は行き止まりの終わりなどでは決してなく、それは潰えて消えていくものを残し、先へと繋げ、届けていくための一つのカタチだったのです。
そんな彼のもとで偶然生じた死体の複合キメラである〇三。幾つもの希少種の亡骸をつなぎ合わせて生み出された彼女は、本来何も生み出さず何も残さず消えていくだけのゾンビという行き止まりの存在だったはずでした。しかし、その肉体に生じた意志は彼女の体を構成する部位である希少種たちのこれまで生きた証の残り香であり、終焉の街で眠りについた彼らの最後の安息の地への優しい思いを引き継いだ魂であり、だからこそアルに導かれて自らの生じた理由とその意味、そしてこれからなすべきことを思ったときに、彼女は気づくのです。終わったはずの自分でも、生きていない自分でも、子供を生むということも出来ない自分でも、自分の中に託されたもの、宿ったものを繋いでいける、受け継いで貰える、先へ未来へと送り出していけるのだ、と。
同時に、それは彼女〇三だけではなく、この物語に登場する幾多の人物にも該当する主題でもありました。それは師弟の話でも在り、姉弟の話でも在り、仮の母娘の話でも在り、船に宿った魂の話でも在り。
そして、そんな人のあり方を、想いの後継を、示された勇を、束ねて集わせて力に変えて先へと繋げていく存在こそ、勇者と呼ばれる者だったのかもしれません。個々の小さな可能性を、背中を押す願いに変えて、束ねて未来を手繰り寄せる力へと成す。
それこそが、勇者アルヴィスの強さであり、ならば今回はあの元竜王ダイスくんも見事に勇者やってたんじゃないでしょうか。
しかしまあ、勇者が想いを束ねてつなげる存在なのだとしても、アルにしてもダイスにしても放っておくとフラフラと人との繋がりを放り出してどこかへ行ってしまいそうな人たちなのですけれど。むしろ、周りの人たちが無理矢理に繋ぎ止めておかないと一人で消えていってしまいそうな人たちなのですけれど。そう考えると難儀な連中だよなあ。まだ人たらんと自分を律しているダイスくんの方がこの場合、根っからの根無し草なアルよりもマシな気もするけれど。無理やり構って丁度いいくらいですもんねえ。
ただし、構うにしてもアルにしてもダイスにしても、階位があまりにも高すぎて、並んで歩くどころか後ろからついていくにも一苦労。だから、凄まじい覚悟と努力が必要になってしまう。
自然と化物クラスの力量が必要になるわけで、ミクトラとハルベルは死に物狂いでそれを成し遂げようとしているお蔭で、無事にイザナやフブルさん級の化物クラスに足を踏み入れつつあるようで、毎度ながらアルたちよりもこの娘たちの方がよっぽど無茶してるような気がするぞ。アルやダイスが持ち得る能力を存分に振るっているのに対して、彼女たちは自分の限界を何度も何度も突破して血反吐を履くことでようやく追いかけているわけですからねえ。
彼女たちですらそうなのですから、秀才ではあっても一般人の範疇であるハルベルの級友であるペリネ、ダステル、ゲルダの三人組は今回ほんと頑張った。あのダイスをして勇を示した、と最大限の敬意を払ったくらいであり、彼の価値観をひっくり返したわけですからね。今回は誰も彼もが大活躍したわけですけれど、MVPはこの三人でしょう。それに、彼らは現状で満足なんかしないでしょうしね。それこそ、ハルベルにだって追いついてくるかも。
あと、なにげに影のMVP、地味に功労賞、あんたが一番、な活躍してたのってデケニーさんだったような気がします。この人、縁の下の力持ちすぎるw
これまでの登場人物根こそぎに登場させ活躍させての、集大成にして総力戦。見事なまでの盛り上がりは、なんか涙出てくるほどの感動すら抱くものでした。これぞ、エンターテイメントの傑作という逸品、心より堪能したぞーー!!

1巻 2巻 3巻感想

継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない ★★★★★  



【継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない】 紙城 境介/たかやKi 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

ある中学校である男女が恋人となり、イチャイチャして、些細なことですれ違い、ときめくことより苛立つことのほうが多くなって……卒業を機に別れた。
そして高校入学を目前に二人は――伊理戸水斗と綾井結女は、思いがけない形で再会する。
「僕が兄に決まってるだろ」「私が姉に決まってるでしょ?」
親の再婚相手の連れ子が、別れたばかりの元恋人だった!?
両親に気を遣った元カップルは、『異性と意識したら負け』という“きょうだいルール”を取り決めるが――
お風呂上がりの遭遇に、二人っきりの登下校……あの頃の思い出と一つ屋根の下という状況から、どうしてもお互いを意識してしまい!?

もう好きーーーー!!

完全にどストライクでありました。これって、未練を残したままの恋愛のやり直し、とはまた少し違うんですよね。一度は確かに終わった恋愛なのである。気持ちは冷めて、感情は沈静し、相手の何もかもを好意的に感じられていた時間は遠ざかって、相手の言動の何もかもが癇に障る。
初めての恋愛で舞い上がっていた心が、地面に降りてきてしまった。そうなると、むしろ想いは反転してベクトルは逆へと向かい、冷静とはまた違う逆立った視点で相手を見るようになってしまう。
それもまた感情的であるからこそ、拒絶へと繋がってしまうんでしょうね。
未練を引きずっていたわけではない。まだ実は好きだった、なんてことはない。この二人、水斗と結女の恋愛は、完全に終わったそれであったのです。
だから、この二人の二度目の義兄弟としての再会は、家族としてはじまった二度目の関係は、延長戦ではなく、ニューゲームなのだ。ただし、前回の感情の記憶を残した二週目の、ただ甘いばかりだった前回とは異なる、お互いの嫌な部分も私生活も何もかも曝け出した上での、リスタートなのである。
二人の回想から語られる中学時代の恋人時代の思い出は、中学生らしいというべきか、実に初々しく恋愛という事象に浮かれきった実に甘酸っぱいエピソードばかりで……まあ当人たちからすると思い出すだけでSAN値がガリガリ減っていく黒歴史でありました。曰く、狂気の沙汰、愚かの極み、今になって冷静に振り返ると頭がおかしくなっていたに違いない、花畑が咲き誇っていたという表現で過去の自分を罵り、恥辱に七転八倒する水斗と結女。まあ確かに、他人事で見ていても微笑ましくもこっ恥ずかしすぎて、直視し難い思い出ばかりである。これも年月過ぎて大人になったあとに振り返れば、苦笑とともに飲み込めるのかもしれないけれど、未だ記憶が薄れる前にその当事者と毎日自宅で顔を突き合わせるはめになってしまったのである。まさに、黒歴史と暮らす生活である。
面白いのは、彼らが付き合ってた事については、家族どころか友達も全然知らない、まさに二人だけの秘密、なところなんですよね。だから、周囲には過去に付き合っていた素振りなんかを見せられないし、図らずも秘密を共有して、秘密がバレないように協力する共犯者、という立場も維持しなければならない。
そんな新しい家族で共犯者で秘密の元カレ元カノ同士、という複雑な関係は、お互い好きというふわふわとした綿菓子みたいな関係性だけで完結していた中学時代の恋人時代とは、全く次元の異なる距離感を彼らに突きつけてくる。
そんな距離感から育まれていく関係というものは、お互いへの幻想だけを積み上げるだけで維持していたものとは違うものでありました。より深く踏み込んで、より深く相手の心を覗き込んで、より強く相手の意志を、感情を感じてしまう、浴びてしまう距離感。嫌いという感情ともしっかり向き合わなくてはならない関係。そこから生まれてくる淡い想いというものは、中学時代のそれとは全然別物の、でも想い出を引き継いだ、二重に補強されたものになるのである。
中学時代の恋愛が最後まで続くなんて、まさに夢物語。そんな当たり前の現実に則って終わってしまった二人の恋は、今度こそ現実に負けないものになるのかもしれない。

このラブコメの素晴らしいところの一つが、水斗の一方的な視点からの物語ではなく、水斗と結女の視点からのエピソードが交互に描かれるところでありましょう。これ、二人が主人公で二人がヒロインなんですよね。軽快でテンポのよい語り口で描かれる二人の日常は、実にエキセントリックな友人たちの登場と介入でどんどんとポップアップされていく。普段から落ち着いている水斗と比べて、根は大人しいのに調子に乗ると後先考えずにハシゴを登って、自分でハシゴを蹴っ飛ばして外してしまい高いところから降りられなくなって狼狽えまくる結女が、かなりポンコツ娘で最高に可愛いんですよね。盛大にやらかすもんなあ。
コミュニケーション強者なんだけれど、中学時代は大人しい文学少女だった頃の対人能力の低さが突然顔を覗かせてけったいな事になることも度々ですし、ポンコツ可愛い。水斗とのデート回なんて、変なスイッチ入りすぎて酷い有様でしたし、この娘は〜〜〜ww
でもニヤニヤがひたすら止まらないんですよー。イチャイチャするって、ベタベタするのとは違うんですよ。お互いのことすき〜すき〜って撫であうばかりがイチャイチャじゃないんですよ。
お互いそっぽを向き合っていても、憎まれ口を叩いても、誰も間に入れないくらい通じ合うものが垣間見えた時、そこに二人だけの時空間が誕生してしまっていれば、それはもう果てしないイチャイチャなのであります! いや、反発してるだけじゃあやっぱりだめなんですけどね。不意打ちまがいに訳のわからないレベルの超ゼロ距離の距離感を差し込んでくるのが凄まじい効果を発揮しているわけで。作者の紙城さんはこの手の、いやこのたぐいに限らず多種多様のイチャイチャ感の描き方で至極の域に達している方だと自分なんかは思っているわけですが、その中でも純粋なラブコメとして描かれた本作はちょっとそのへん極まってしまってるんじゃないでしょうか。
控えめに言っても、最高すぎる。これぞ、ラブコメ!! ラブコメですヨ!!

紙城 境介作品感想

東京レイヴンズ 16.[RE]incarnation ★★★★★   



【東京レイヴンズ 16.[RE]incarnation】あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

「この夜が明けたとき、『新しい呪術の世』が幕を開ける」
昭和20年、戦時下の日本。東京を焼く空襲に、土御門夜光と相馬佐月は『双璧計画』の実行を決断する。それは『神』を降ろすことによって帝都を守る結界を築くという作戦だった。極めて壮大で難解で運命的な儀式の決行を翌日に控えた夜。「お待ちしています。幾瀬、幾歳の彼方で。私は―あなたのものですから」月明かりの下で咲き誇る向日葵、響く虫の音―ほんの一瞬の仮初の夏の夜に、幼馴染は約束を交わす。それは彼女の魂を長き旅へと導いて―。時を超え時を繋ぐ陰×陽ファンタジー。
多分、この作品において一番困難で繊細さを要求される部分こそ、「転生」における異なる人物の同一性だったのでしょう。土御門夜光と土御門春虎は異なるキャラクターでありましたし、それにまして飛車丸と土御門夏目は同一人物というのもおこがましいくらいの全く別人でありました。
魂が同一であっても、新しい生を得たからには全く別の人物である、というのが転生モノの大半の扱いでしょう。ただ、本作において魂の転生は時系列的にも一方通行ではなかったんですよね。むしろ、未来が先にあった。それは運命の出会いではあっても、すでに敷き詰められたレールの上を行くものではなかった。往還の旅路だったのでした。
あとがきであざのさんが、この過去編を一つのシリーズを書ききったようだ、と語っているようにわずか2巻ではありましたが、激動の時代を生ききった当時の夜光たちの人生が描き切られてたと思うんですよね。相馬佐月との最後の最期まで絶たれることのなかった友情、共有できた願い、約束。仲間たちと築いた黄金の時間。飛車丸との間に育まれた大切な思い出。彼らが残したものを、いろんな形であっても受け継いでいってくれた同じ時代を生きてきた人たち。そんな想いを引き継いでいった次世代以降の若者たち。
その果てに、春虎たちが生まれた時代があり、彼ら少年少女が懸命に戦った時代へとたどり着いたんですよね。この時代の変遷、まさに目の前で描き出された夜光たちの生き様と、その後の時代を見守り続けた飛車丸の眼があり、そして春虎としてコンとして夏目として懸命に足掻いた東京レイヴンズの物語が描かれたからこそ、ラストの合一になんらの違和も感じなかったのでした。
先ず、土御門混という女性と飛車丸という式神の分けられていた部分が、あの夜光の不器用な告白で合一なされたのが、また時代降って飛車丸がコンとして生きて、春虎たちと寄り添って一緒に生きた上で飛車丸へと戻ったことが、ハードルを引き下げることに成功していたのかもしれません。
それでも、夏目と飛車丸、あんなに違う人物だったのになあ。ここまでスッと、あのラストシーンで納得が行くとは自分でも不思議なくらいで、なんか感動的ですらありました。
ああ、夏目から旅立った魂が、飛車丸となって生きて恋して、そうしてまた夏目に戻ってきたという事実に、むしろ心地よいほどの合致感を得られたんですよねえ。
過去編はじまるまでは、コンと飛車丸と夏目に、とてもじゃないけれどイコールを結ぶなんて出来なかったのに。夏目が復活するにしても、飛車丸が喪われることに凄まじい欠落を感じていたのに。
全部、埋まってしまった。見事なくらいに、満たされた。
その感覚を思い返すと、この過去編は偉大ですらあると思うのです。

そして、二人の魂は再び出会い、未だ見たことのない未来へと進み出す。ちょっともう、びっくりするくらいドキドキしています。ここからどうなるのか。春虎と夏目が、これからどんなふうになるのか。ワクワクが止まらないのです。

それにしても、本当に見どころたっぷりでした、過去編。夜光編。佐月が期待してた以上にイイキャラクターすぎましたよね。ほんと、最期まで裏切らなかったもんなあ。彼に限らず、あの時代夜光とともに生きて輝いていた人たちの中に、悪い人はいなかったんですよね。結果として悪しきを成した人もいなかった。みんな全力で、やるべきことをやろうとしていた。
あの破綻は誰が悪いというのではなく、まさに時代であったとしか言いようがなく、そんな中で夜光が願っていたものが、とてもスケールでかく、一方でその芯となる部分はびっくりするくらいささやかであったことは、なんかすごく納得の行くものでした。あの願いもまた、春虎と夜光を不可分にしてくれた要素なのかもしれません。結局、なんにも変わっていないんだ、と確信させてくれた部分でした。
この東京レイヴンズは、一貫して春虎と夏目の物語であり、夜光と混の物語であった、ということなのでしょう。その意味でも、次からの展開は真の幕開けとも言えましょう。いやもう、ほんと次はもうちょっとだけでも、早く早くと急かしてしまいたいです。早く読みたい!!

シリーズ感想

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット 3 ★★★★★   

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット3 (電撃文庫)

【ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット 3】 渡瀬草一郎/ぎん太 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W

「んー…そこは私と海世くんの仲ですからーー」
《SAOサバイバー》にして、VRMMOの中限定の《探偵》クレーヴェル。そんな彼のリアルをよく知るいわくありげな美女の登場に、戦巫女・ナユタと忍者・コヨミは動揺を隠せない。謎の美女、リリカとクレーヴェルの関係とは?
その一方、現実世界のクレーヴェルの自宅では、ナユタのお泊りイベントが発生。微妙な距離を保ち続けてきた二人の関係に、大きな変化が訪れるーー?
VRMMO《アスカ・エンパイア》を舞台に綴られるもう1つの《SAO》の物語、ここに完結!!

ナユタ、これヒロインとして最強なんじゃないですか? 圧勝ですよ。クレーヴェルこと暮井さんについに手も足も出させずに完落ちさせてしまいましたよ!?
すげえ、唖然でした。それも、まったく小細工らしい小細工も使うことなく情緒的にも感情的にも論理的にすら一部の瑕疵すらなく、暮井さんを全く有無を言わせないまま堂々と正面から押し切ってしまったじゃないですか。
泰然と一歩一歩歩み寄ってくるナユタに対して、暮井さんが一歩も触れることが出来ないまま後ろに退いていき、そのまま崖下に転落していった、という表現が思い浮かんでしまうほど抵抗の余地なくやられてしまった感すらあります。
本来暮井さんほどの人だと、女子高生からのアプローチなんてほぼ一蹴、取り付く島もない扱いのはずなんですよね。事実、クレーヴェルは隙らしい隙は一切見せていませんし、女性に対しても決して主導権を握らせていいようにされるタイプじゃないんですよね。いやまあ傍若無人な姉に対しては振り回されてたりしましたけれど、あれでちゃんと首に縄はつけているようですし。
どちらにしても、まだ未成年の小娘なんぞがどうこう出来る男性ではないはずなのですが、ナユタの方が小娘どころじゃなかったのですなあ。
未成年の女性に手を出すのは倫理的にも法律的にも大問題です、という所を強調してナユタに対して線引しようとしていたことが、あとになってみるとむしろ弱点になってしまったのかもしれません。
暮井さんの方からナユタに手を出すにしても、ナユタの方から暮井さんに何かをして彼に社会的なダメージを与えることにしても、どちらもお互いにそんな事はしないという信頼があれば多少プライベートに踏み込んでも問題になりませんよね、というところからナユタさんグイグイと攻めていって、その上でところで私が未成年じゃなくなったらそもそも問題の発生根拠からなくなるんじゃないですか? という虚を突くようなコンボは見事の一言でした。なまじ、未成年という点を強調して障壁としていた暮井さん側からしても、あれ?じゃあ何も問題ないんじゃない? と思ってしまう心の陥穽。そもそも、予防線として敷いていたそれが暮井さん自身の言い訳になってしまっていた時点でもう大勢は決まっていたのかもしれませんが。
それにしても、押し一辺倒とは程遠い自然にスルリと懐に入り込みつつ、泰然自若な姿勢を見せながらふとした瞬間に垣間見せる弱い部分、それを桐の切っ先にして飛び込んだ先で誕生日による条例的にヤバイ年齢からの脱却を宣告してみせた上での、本気の告白、というハメ技かというコンボの華麗さにはもう言葉もないくらいの見事さでありました。
ナユタさんの恐ろしいところはこれ、まったくの計算ずくでも天然でもないというところなのでしょう。多少の女性らしい奸計は図りつつも常に真摯であり自然な飾らない態度であり、そして怯むことのないくそ度胸でどんと行ってしまう男らしさが、暮井さんをして全く太刀打ちできない有様にしてしまったんですよね。
自分の存在が暮井のトラウマに対しての救いになる、と自覚しながらお互いを依存の対象とさせずに、ちゃんと対等の男女として立脚する付き合い方に終始していたのも、暮井さんからするとどうしようもなかったのでしょう。もっとナユタが寄りかかってきたり、自分が必要以上に彼女に寄りかかってしまったり、あるいはお互いに慰め合うような関係になってしまった、あるいはなりそうな気配があったら暮井さんみたいな人はキッパリと距離を置いてたと思うんですよね。
ところが、ナユタはそういう瑕疵を一切みせない対等の、依存ではなくお互いに真っ当に支え合う関係をテキパキと構築してみせたわけで。こういうところが、周りの人を含めてナユタが女子高生ではなく一回りは年上の大人の女性と勘違いさせるところだったんでしょうねえ。
一方で、甘えるところはグイグイえぐりこんでくるんだから、とんでもないですよ、ほんと。
女子高生を一週間近く自宅に泊まらせてあげる、なんて危険な真似、暮井さんみたいな人が絶対許すはずがない、というかもし他の人がそういうシチュエーションに見舞われていたら、両方に対して冷静かつぐうの音もでないほどの正論で滾々と説教して反省させそうな人なのに……。
あの、ナユタが帰ったあとになんで自分、許可してしまったんだ? と懊悩する暮井さんはなんとも可愛らしかったです。貴方は悪くない、あれはもうナユタが上手としか言いようがない。偶々、話を聞いてしまっていた取引先の虎尾さんがアレは無理、と太鼓判を押すくらいでしたしねえ。

いやもう、ナユタと暮井さんの関係の進展具合については、もう圧巻のナユタさんにアッパレアッパレと感服しきりだったわけですが、世界観の方も非常に面白かった。
SAOのスピンオフという体ではあるんですけれど、例えば同じスピンオフの【ガンゲイル・オンライン】がその世界観を利用して思う存分銃撃戦をドンパチやってるのに対して、本作はVRMMOの世界を利用する、というよりも<SAO事件>が世間に与えた影響についてその被害者たちの現況を踏まえて描きつつ、その先のVRMMOの未来の可能性について、使用者やそれに関わる企業、技術開発、そこから広がっていく社会的な影響、という土台部分にスポットを当てて描いていたのが印象的でした。
今回も、企業体とのコラボレーションやVRMMO世界内での観光事業やVRオフィスなどの事業展開、思考出力という新しい技術の可能性とその未完成っぷりなどについての話が飛び交っていたわけですが。
一足飛びに未来世界が近づいてくるのとは違う、VRMMOという新しい技術革新に対してもやはり社会は、社会の中で生活している普通の人々は、その新しいツールに戸惑いながらも着実かつ堅実に自分たちの生活の中に還元していっている様子が映し出されていて、そういうのって世界観の大いなる基礎工事だと思うんですよね。地に足の着いた土台のしっかりした世界観が、こうやって醸成されていくのは、むしろより強く未来を意識させてくれて、変に近未来的な世界観をぽんと提示されるよりもワクワクしてしまいます。
これで、本シリーズが終わりというのはものすごく名残惜しいのですけれど、いやもう重ね重ね名残惜しいのですけれど、もっと暮井さんとナユタの次元の違う甘酸っぱいのかクールミントなのかわからない大人の関係を堪能したかった、と同時ににゃんこやカピバラさんなど何気にマスコットAIキャラが可愛すぎるところや、謎の方向への展開を見せるアスカ・エンパイアという舞台も見ていたかっただけに、渡瀬さんにはまた何らかの形でこの世界観とキャラクターたちに関わってほしいものです。
ほんともう、めちゃめちゃ好きでした、この物語に登場する人たち同士にたゆたう繊細でありながら剛く靭やかな関係が。

1巻 2巻感想

好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる ★★★★★  

好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる (角川スニーカー文庫)

【好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる】 玩具堂/イセ川 ヤスタカ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

無言の『好き』に萌え死に必至!? ちょっぴり不思議な青春ラブコメ!

「恋人同士、ですか? よく解りませんが、それでよければ」
僕の彼女、帆影歩は少し変わっている。無口で無表情が基本な上に「人=哺乳類=おっぱい大好き」と、平然とトンデモ理論を語ってくる。さらに僕の足の甲を愛撫してきたり、入浴中の裸の画像を送ってきたり――って帆影?当初は清純派文学少女だったよね!? おかげでなぜか妹の映が心配?してきて、言葉責めに合うようになったのですが!?(妹よ、お前は何なんだ)
そんな帆影も“普通彼女”を目指してはいるらしく、参考にしているのは……ら、ラノベらしい?(なんか期待しちゃう)
彼女と妹と僕。ラノベを通じた不思議な三角ラブコメ開幕!!
ううっ、おもしろい、面白いよぉ(咽び泣き
なんだろう、玩具堂さんの作品って自分的にどストライクすぎて泣く。手の届かない痒いところをピンポイントでコリコリ掻いてくれるような、この奥まで届いてる感がもうたまんないんですけど。
いや面白いのがね、この作者さんの特異なところって奥まで届いてる感を細部まで余すこと無く全部書く、のではなくてむしろ肝心のところを直接「書かない」ことでその人物の奥行きを掘り下げていくところがあるのです。
そのキャラクターの内面を直接描写せず、他人から見た姿、仕草や発言、その様子から人物像を浮き彫りにしていく。そう、想像させるんですね。
本作だとそれをダイレクトにやっているのが、メインヒロインの帆影さん。何を考えているのか非常に分かりづらい、普通の人とは考え方の基盤が異なっていて、共通認識として言わずとも共有しているものを持ち合わせていないが故に、思考のアプローチがすっ飛んでいて常識に縛られて居ない人。
主人公の妹ちゃんの映からはトカゲ呼ばわりされてしまう彼女ですけれど、一方で主人公の新巻くんの主観からは妹ちゃんとは異なる人物像が形成されていて、彼は彼女に惚れ込んでしまっているわけだし、また彼女の友人である酒々井から見る帆影も、井伊坂から見る帆影もまたちょっと異なる人物像を浮かび上がらせている。それぞれの主観によって形成される帆影という人物像は微妙に異なっていて、それでいて内面が語られることのない帆影という娘が実際何を考えているのか、どう感じているのかというのはわからない。わからないが故に大いに想像を広げさせられるのである。
だからこそ、帆影の独白であり本人がまったく自覚していない告白は、無窮のインパクトをもたらしてくれるのだ。ってか、あれは反則ですよね。
とまあ、本作では書かれない部分を最後にああやって劇的に「書く」ことでリーサル・ウェポンとしちゃっているわけなのだけれど、実のところ主人公である新巻くんもまた何気に「書かれていない」人物である。
閑話を除いて新巻くんの一人称で進行する本作は、当然新巻くんの語りによって描かれているわけで、彼の内面描写や独白、彼がその場面で何を思い何を感じどう見ていたというのは余すことなく描かれ、彼の考えは語られている。
彼については全部書かれているじゃないか、と思われるところなのだけれど……実のところそれって全部新巻くんの主観によるもので、彼の客観的な人物像、他人から見た新巻くんというものはどうも彼自身の自己評価とズレがあるんですよね。妹の映の辛辣な評価と彼自身の自己評価は一致しているように見えますけれど、映のそれはブラコンを拗らせて実際の言動と映自身自覚してない部分の兄への憧憬は随分食い違ったものがありますし、新巻くんのあの初動こそ鈍いものの優柔不断とは程遠い明察かつ芯の通った物言いは彼自身が自認している新巻くんの人物像とはかけ離れたところがあって、なかなか図りきれない、あるいは計り知れないところがあるんですよね。
これは、帆影さんが語る新巻くんという男の子の在りようからも伺えるところで。
直接描かれる部分ではない、自己評価と他者からの主観のズレや、発言や表情、仕草や物腰といった客観的に判断できる事柄から、そのキャラクターの人物像が浮き彫りにされ、または掘り下げられていく。帆影さんの存在感に目眩ましされているけれど、こうしたキャラの描き方は新巻くんにもかなり当てはまっている気がするのだ。新巻くんに限らず、これは映なんかに対してもそうで、新巻くんから見た妹のみならず、新巻くんの主観から見た妹に対しての帆影さんの態度など、他者を介した妹の見られかたとか、すごい遠回しで直裁に書かれてない。また、結局誰もその想いを具体的に指摘することなく、示唆するような物言いに終始していた果歩の新巻くんに対してのあれこれ云々もそんな感じで。
新巻くんの一人称によって進行する物語だけれど、決して新巻くん視点だけによって形成される世界ではない、というべきか。或いは、新巻くんから見た帆影さんの話、ではなく、もっと俯瞰的なところからみた帆影さんと新巻くんというカップルと、それを取り巻く人々の物語というべきか。
新巻くんの語りだけれど、新巻くんも観察観覧の対象なんですよね。
その意味では、妹の映の視点である閑話というのは思いの外重要なバランス素材であることがわかってくる。妹の目から見た帆影、のみならず映から見た兄の姿を描写することで、視点と主観が幾つも錯綜してこの物語が形成されていってる指標みたいな形になってるというべきか。

しかし一方で、意思表示が明瞭な妹ちゃんや内面描写でけっこう懇切丁寧にいろいろと語ってくれる新巻くんとか、最終的にその想いをわかりやすく暴露してくれた帆影さんなど、はっきりと描かれている部分もまた多い、というか大部分である。
そういう意味では、迷彩に迷彩を掛けまくっていた【子ひつじは迷わない】シリーズとはまた異なったアプローチで物語世界を織りなしているとも言えるのだろう。
それはそれとして、合理性を突き詰めた結果「人間はほぼおっぱいでできている!」という結論に至る帆影さんの言を補強する形で例題として出されたライトノベルの表紙。自著【子ひつじは迷わない】の第五巻。一巻ではなく、佐々原が表紙を飾る五巻を選択するところに非常に強いこだわりを感じるのだが、これ如何に。

ともあれ、だ。本作の魅力というのは、帆影さんの不思議なキャラクターを愛でるのにとどまらない、そんな彼女の……帆影さん自身がコンプレックスを抱き、或いは傷ついている他者と共感しにくいズレている感性を引っくるめて、彼女をまるっと愛でる新巻くん。彼女に不自由さを感じること無く、何を考えているのか分かりづらい帆影が、何を考えているのかどう感じているのかどんな事を思い描いているのか、というのを常に思いめぐらせ思い馳せている。思い込みで決めつけるのではない、相手が何を考えているのかを考える、という当たり前だけれど尊い、彼女の存在をまるごと受け止め抱擁する新巻くんの、この二人のカップルを慈しみ、愛でるための物語なんだなあ、と思う次第。
「コーヒー牛乳みたいなのありますか」

この帆影の漢らしい発言でときめいてしまう主人公に尋常ならざる共感をいだくのでした。
読み応え、という意味でなんか自分の中の底まで浚うことが出来たような満足感というか堪能があって、ほんと好き、大好きです玩具堂さんの物語は。面白かった。

玩具堂作品感想

異世界修学旅行 7 ★★★★★  

異世界修学旅行 7 (ガガガ文庫)

【異世界修学旅行 7】 岡本 タクヤ/しらび ガガガ文庫

Amazon
Kindle B☆W

出逢いと別れの異世界修学旅行、最終日!

異世界修学旅行、そして伝説へ!

修学旅行の最中に突如飛ばされてしまった異世界で、王女プリシラと共にクラスメートを捜しながら修学旅行を続ける沢木浩介たち二年一組。
ついに、残るクラスメートはあと一人。
そしてその最後の一人、山田という少年は、大方の予想通り、浩介たちより先立ってこの世界にやってきて、魔王を倒し、世界を平和に導いた勇者となっていた。
世界を救った勇者は、やがてもとの世界へ――日本へと還っていく。
そんな、この異世界で何度も繰り返された筋書きをなぞるはずだったが、事態は予想外の方向に進んで……。
「ぼ……僕は、日本には還らない! この異世界で、これからも勇者として生きていくんだ!」
帰還を拒否する勇者山田を何とか連れ戻そうと、異世界を巻き込んだ最後の大騒動が幕を開ける!
そしてその最中、浩介は旅の終わりが近いことを意識する。
「おぬしらは、日本へ還っていってしまうんじゃよな。妾を置いて――」
クラス全員揃っての日本への帰還――異世界修学旅行の終わり。
それは、プリシラとの別れでもあった。

異世界から日本へ還ってゆく修学旅行生たちの異文化コミュニケーションコメディ、第七弾!

旅は旅でも当て所のない旅でもなく、どこか目的に向かって延々と歩き続ける旅路でもない。旅行なのだ。これは修学旅行なのだ。その旅先が異世界であっても、旅行であったならば家に帰らなければならない。どれだけ楽しくても、そこでかけがえのない友達ができたとしても、帰らなければならないのだ。
というわけで、さよならのシーンでボロ泣きである。わりとマジ泣きでありました。
だって、本当に楽しかったんだもの。楽しければ楽しいほどに、その終わりがとてつもなく寂しい。誰よりもこの旅行を、みんなとの旅を楽しんでいたプリシラと、ここで別れなければならないとなればなおさらに。
これが、もう二度と会えない別れとなるならば、なおさらに。

勇者山田はともかくとして、他のまだ未回収だったメンバーも雑に回収して、って本当に雑なんだけれど、その雑さすらもネタにしてしまうあたり、プリシラのキャラクターの強力さとお得さが知れるというものであります。
本作は、異世界集団転移モノというジャンルではあるのでしょうけれど、その中でもとびっきりの異端だったのでしょう。何しろ、呼び出された先は既に魔王が討伐され平和になった世界。召喚されたクラスメートの大半があっちこっちに散らばってしまって、その回収の為に世界を回ることになったのだけれど、その案内人たるプリシラ姫ときたら、こっちの世界の人間よりも日本のポップカルチャーに詳しいを通り越してもうあんた博士だろう、というくらいの現代エンタメネタの宝庫であり、そんな彼女とともにこれは異世界を遊び回り、異世界を観光し、それでいて色んなトラブルをみんなで協力して乗り越える、心を豊かにする青春劇だったのだ。二度と経験できないだろう、特別な体験だったのだ。それは、いつか異世界から訪れる異邦人たちと冒険の旅をするのだ、と夢見ていたお姫様にとっても、掛け替えのない体験であり、きっと予想していなかった楽しい時間だったのだ。
だから、こんなにも寂しい。別れが辛い。でも楽しかったからこそ、笑って「さよなら」を言い合える。二度と会えないのだとしても、「またいつか」と再会を約束できる。
旅行という特別な時間の中で、だからこそ少しずつ変わっていく自分たち。成長なのか羽化なのかわからないけれど、楽しいの冠がつく非日常体験は普段と違う自分を発見させてくれる。そうやって、少しずつクラスメイト同士の関係も変わり、自分も今までやろうとしなかったことを頑張る気になる。それは、修学旅行らしい特別な効果だ。今まであまり交流のなかった人と仲良くなったり、それまでよく知っていたと思っていた人のことを見直してみたり。
でも、幾ら特別な時間をもたらしてくれる旅行でも、同じメンツだとなかなか殻は破れないんですよね。異世界という特別すぎる環境に、ホームシックにさせてくれない日本に詳しすぎるプリシラという超強力な牽引役の存在こそが、この旅を最初から最後まで「楽しい」ものにしてくれたのだろう。
旅行の時間が終わりに近づいているのを理解しつつ、物語のノリはいつまでたっても変わらない。それは、プリシラもみんなも敢えて、だったんですよね。別れの時間が近づいてくることを努めて無視しようとしていた結果が、いつものとおり、だったのだと今にしてそう思う。
だから、本当に別れの時間になった時の想いの爆発が、抑え切れない感情の交歓が、もうたまらないあのシーンへと繋がっていったのだろう。たくさんいるクラスメイト、みんな強烈なほど個性的で、よく印象に残る連中ばかりでした。雑に扱われたw最終合流メンバーもその雑さ故にわりと印象に残ってたし。そういう意味でもプリシラのパーティー編成コミュは絶妙だったんじゃないでしょうか。楽しい、楽しい連中でした。綾ちゃん、ついぞ目立たぬポディションを維持し続けたなあメインヒロインなのに、と思ってたんだけれど、彼女の場合そうなってしまった、のではなくてキャラが勝手に動いてうまいことそんなポディションを確保し続けたのだ、という作者の回顧には思わず深く納得してしまった。いや確かに、うまく動かなくて、という目立たなさじゃなかったですもんね。そこにいるのにうまいこと視線から外れて、スススっとその位置に動き続けた、と言われると凄く納得。それでいて、プリシラと沢木が良い雰囲気になることがなく、友達ポディションに固着するようなバランスの取れた立ち回りをし続けてたわけですしね。このプリシラと沢木のまったく恋愛臭のしてこない、でも意気投合した息のあいっぷりは振り返っても感心させられるものでした。変に恋愛が絡んでしまうと、この旅行の楽しさやその終わりの別れに余分が混じっちゃうことを思うと、最上の関係性だったもんなあ。
締めの、あの余韻を余韻のままで終わらせてくれない、楽しいを想い出の中だけに置いていかないラストは、私はとても大好きです。それでこそ、それでこそ。
楽しい楽しい傑作でした。

シリーズ感想

異世界拷問姫 6 ★★★★★  

異世界拷問姫6 (MF文庫J)

【異世界拷問姫 6】 綾里けいし/鵜飼 沙樹 MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

世界に断罪されし少女と愚鈍な従者の物語、第六弾

「今だけは俺が王だ。盲目的に、俺に従え」
かつて異世界で無意味に死んだ少年・瀬名櫂人は狂王と化した。
――たった一人の女を救うために。
神と悪魔に囚われた『拷問姫』の代理として、人間、獣人、亜人による会合を掌握した櫂人のもと、三種族合同の防衛戦線が動き始める。
だが、従兵達の各地への侵攻は繰り返されるごとに激しさを増し、凄惨な地獄と化した世界は、櫂人に残酷な選択を突きつける。
「今一度問おう―――セナ・カイトには、エリザベート・レ・ファニュを殺せるのか?」
綾里けいし×鵜飼沙樹で贈る今最も熱いダークファンタジー第六弾。
話をしよう。
これは恋の物語ではない。
憧れと愚行と、幸福な愛の物語だ。
多くを語るも烏滸がましい。ひとえにこれは、あらすじにある通り「憧れと愚行と、幸福な愛の物語」なのだ。
だからこそ、物語はラストシーンへと集約される。
何者でもなく無意味でしか無く、この世界においてはそもそも存在すらしなかった少年であるところの瀬名櫂人が。この世界に何の責も負も原罪も持たぬ彼が、ただその憧れを以ってして誰にも出来ない愚行を成し遂げる物語だ。だからこそ、これは愚鈍なる従者である彼の物語であり、彼とともに在るお嫁さんの、二人の物語だ。二人だけの物語なのだ。
ほかはみんな、置いていかれてしまった。彼が大好きだった者たちは、彼を好いた者たちは、みんな置いていかれてしまったのだ。伸ばした手を優しく振りほどかれて、祝福の言葉を送られて、その果て見送るしかなかったのだ。カイトとヒナが、幸せになるのを見上げるしかなかったのだ。
それは他でもない、エリザベート・レ・ファニュですら例外なく。カイトとエリザベートの二人の最後の語らいが、お互いにこの上なく本音を曝け出しあった別れが、エリザベートを優しく包み込み、突き放す。
彼女は独り。ひとり。永遠に自らの傍に居続けるであろう最愛の二人に、逢えることはない。それでもきっと、これは、セナ・カイトの物語は善き結末だったのだ。

ここで、終わるなら、ね?

確信する。
綾里けいし先生をこそが、脳内に地獄を飼っているに違いない。
ここまで! ここまで! ここまでやっておきながら。世界を破滅においやっておきながら。彼と彼女に祝福を、拷問姫に寂しい安息を、世界に救いを与えておきながら。
なおも、ここで、そう言い放つのですか!! 後書きの最後の宣言に、文字通り震え上がり、心底恐怖させられた。これほど凶悪にして最悪にして、強烈なる一文がそう簡単に顕在できようものなのか。悪鬼羅刹の所業である。恐ろしや恐ろしや、もっとやれ。
まさに、ここからこそが、「彼女」の物語に相応しい舞台。相応しい有り様。相応しい惨状!!
「異世界拷問姫」の物語の開幕である!!

あとそれはそれとして、うちのジャンヌが恋愛脳になりすぎなんですけど。どうしてこうなったww

シリーズ感想

りゅうおうのおしごと!7 ★★★★★   

りゅうおうのおしごと! 7 (GA文庫)

【りゅうおうのおしごと!7】 白鳥士郎/しらび GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

「文句があるならかかってこい! 八一!!」
 清滝一門の祝賀会。師匠である清滝鋼介九段から叩きつけられたその
言葉に、八一は衝撃を受ける。
 順位戦――名人へと続く階段で、昇級のチャンスを迎えた八一と、降
級の危機にある清滝。師匠の苦しみを理解しつつも八一は己の研究を信
じて破竹の進撃を続ける。
 一方、棋力のみならず将棋への熱をも失いかけていた清滝は――
「衰えを自覚した棋士が取れる手段は二つ……」
 残酷な運命に抗うのか、従うのか、それとも……?
 笑いあり涙ありの浪速ド根性将棋ラノベ、号泣必至の第7巻!

これもう、何を言えってんだよぉぉ。もうあかん、あかんて。こんな、世界一かっこ悪くて世界一かっこいいおっさんの話とか、泣くよ! マジ泣きだよ! いやもうマジで泣いちゃったよ、どうしてくれんの!? ラストの対局の、あの熱さとかもうなんなんだろう、すげえよ、ほんとになんかもうたまらん!!
将棋はボードゲームである。とかく必要なのは頭脳の回転だ。しかし、その知力記憶力をフル回転させるには凄まじい体力が必要となる。特に順位戦の持ち時間は6時間。一人6時間である。それはそれは果てしない戦いが、精根尽き果てるまで繰り広げられるのだ。
だからこそ、老いは覿面に実力へと作用していく。女性棋士の誕生の壁となっている大きな要員のひとつもまた、男女の体力差とも言われている。作中で、八一が銀子の弱点として指摘しているのもまた、その体力の無さだ。
自分も四十間際となって痛感しているのだけれど、人間本当に年齢このあたりから気力体力が目に見えて下り坂になっていく。いやもうマジで。おっさんもね、実際におっさんになるまで言葉ではそういうものだと理解していたつもりだったけれど、事実そうなってみると本気で「びっくり!」するから。え?なにこれ? と頭が体においつかない感じであかんくなってくから。若い人には絶対に伝わらないだろうけれど。こればかりは、直面してみないとわからないだろうし、実のところ体力の低下に直面した今になってなお、わけがわからん!! 
いや、こんなことを力説しても仕方ないのだけれど、ともかく棋士の全盛期というのはなんだかんだと二十代三十代、いや十代が一番そうなんだ、という強い声もあるほどで、かの異次元たる羽生善治ですら、最盛期は終わってしまった、と言われている。まあ、この人が本当にバケモノなのは、その最盛期が過ぎ去ってしまったはずなのに、まだバリバリにあっちゃこっちゃ蹂躙して暴れまわっているからで、ほんとなんなのこの人人間なの!?状態なわけですが。
であるからこそ、五十代へと差し掛かった清滝師匠の衰えは顕著であり、それはもろに順位に現れ、棋譜に現れ、精神面にすら浮き上がってしまっていたわけです。
折しも、将棋界は今まさに革命期。将棋ソフトの出現とその活用法の発展によって、研究は加速に加速を重ね、それについていけない棋士たちはA級だろうと九段だろうと容赦なく振り落とされていく、まさに未曾有の激流が荒れ狂う激動の時代の真っ只中。そして今、その突端を突っ走っているのが、九頭竜八一竜王であり、幾多の若き棋士たち、命を削って這い上がろうとしている奨励会員たち。
そう、古き棋士たちはその背中を若者たちに見せ、追わせるどころか、追い抜かれていった若者たちの背中を、清滝師匠のような棋士たちが見送るしかないような現状が、今厳然と現れてしまっているのである。
古いものは追い落とされ、見捨てられ、放置され、忘れ去られていくのか。
何もせねば、そうなってしまうのでしょう。現状に妥協し、諦め、情熱を失い、炎を消して、遠ざかっていく背中に背を向ければ、そうなるのでしょう。
だがしかし、だがしかし、師匠はそうではなかった。そうならなかった。そうしなかった。
現実は覆らない。自分が遥か遠くに取り残され、今若者たちの背中を見上げるしか無い存在である事実は覆らない。それを、この人は苦しんで足掻いてみっともなく無様で情けない有り様を露呈し、八つ当たりで老害を晒し、しかしそんな自分の最低さを、愚かさを、情けなさを、認め受け入れ、恥じ入り、置物と化したプライドを勢い良く放り投げ、このおっちゃんは生まれ変わったのだ。新生したのだ。新しい時代の流れに乗ったのだ!!
だが、生まれ変わろうとおっさんは厳然としておっさんなのである。どうしたって、おっさんは若者にはなれない。新しくなんてなりきれない。おっさんは、どうしようもなくおっさんなのだ。
その事実に改めて直面した時、おっさんはついに真に目醒めるのである。新しきおっさんに。古きからこそ蓄積されてた経験と、若者たちとの親身の交流のよって吹き込まれた新しい風を併せ持った、古きと新しきのハイブリッドなネオおっさんに。
それは、師匠のその行動は、活動は、新たな棋士としての在り方は、まさに新風となって将棋界をかき回す。将棋ソフトの隆盛をきっかけとして将棋界そのものを覆い尽くそうとしていた、何かを置き捨てたまま多くを取り残したまま景色そのものを一変させようとしていた局面を、反対側の古きものからの逆襲という形ではなく、まさに古きと新しきを両の足場として次のステージへととても多くのものが、沢山の振り落とされるものを出すのではなく、まともな人間が住めなくなる世界になるのではなく、将棋を指す棋士たちの住まう世界全体の階位が一つあがるかのような。
これもまた、革命の風!! すべてを吹き飛ばす暴風ではなく、まるですべてに生命を吹き込むような優しくも頼もしい風!!
でも、そこに吹き荒れるのはやはり、熱波である。戦う棋士たちの、生命を櫛る鬩ぎ合い。勝ちたいという意思を握り込んで殴り合う凄まじき闘争。だからこそ熱い。だからこそ面白い。だからこそ、そこに感動が生まれるのである。見るものを涙させる物語が生じるのである。そこに自分も立ちたい、たどり着きたい、その世界の中に飛び込みたいという根源の衝動を生じさせる輝きが発せられるのである。

まさに、歴史に残る名勝負。伝説として残るだろう戦いでありました。
見ているだけで、ただただポロポロと涙が溢れて止まらない一戦でありました。

嗚呼。

幾ら尽くしても語りきれないものがある。そしてそれは、読めば一瞥を以て伝わるのだ。だからこそ、一読あれ。
傑作である。




それはそれとして、デンジャラスビーストを銀子ちゃんに着せてデンジャラスする八一は、がちで変態である。言っとくけど、中学生相手も十分ロリコンだからな!! あと、銀子さんもノリノリすぎである。絵師のしらびさんもノリノリすぎである。おっさんの熱さにアテられておっさん描きすぎた反動か、熱量がそのまま銀子ちゃんにも注がれてしまった結果かわからんけど、もう自重してはいけない。もっとやれ。

熱い物語の中で何気にメインから外れてしまっているせいか、ちょっと陰に入っているけれど、天衣の快進撃がひたすら続いている。月夜見坂さん、ヤラレ役極まってきてるんじゃないだろうかw まいど、鮮やかにぶっ飛ばされすぎですじゃ、大天使。しかし、この快進撃は反動がありそうで怖いんだなあ。八一が、なんか天衣の弱点みたいなの気づいている素振り見せてたし。
でも、角頭歩の奇襲戦法は、ちょうどアニメ四話で天衣が新世界でメタメタにやられてしまった戦法でもあって、それをここで持ってくるか、となかなか感慨深い。

最近、銀子ヒロインの対抗馬って、アイじゃなくて創多くんなんじゃないか? という疑念が生じ始めた。ってか、創多くんが八一に一喝されてキュン死しておられる!!  この竜王、小学生なら男女関係なく見境なしか!! 

シリーズ感想

水上悟志短編集「放浪世界」 ★★★★★   

水上悟志短編集「放浪世界」 (BLADE COMICS)

【水上悟志短編集「放浪世界」】 水上悟志 BLADE COMICS

Amazon
Kindle B☆W

少年の頃、世界の全てだった団地…でもそこは…!!? 出口も入口もない虚無の旅…その先に待つ衝撃の真実とは…。水上SFの新たなる金字塔「虚無をゆく」を含む全5作収録の待望短編集!!
個人的にはラブコメはじまったぜー!な空気感満載の【竹屋敷姉妹、みやぶられる】が続き読みた過ぎてたまらんかったし、【まつりコレクション】のファンシーなのかなんなのかわからない世界観のラストの強烈なオチとか、まつり姉さんのふわっとしたなんでもいいやな性格とか大好きなのですが、それよりもなによりも最後の【虚無をゆく】がもうなんか圧巻すぎて、全部持ってった感じなのです。
読む人は大変だったはず。疲れたでしょ。とかあとがきで書かれているのですが、そりゃ疲れたよ。なんかもう読んでるこっちの中身全部持ってかれてから、全部詰め込まれたような疲労感である。SFとして、この中編規模の長さでこんな密度のクロニクルでありスペクタルで、相反しないミクロとマクロの物語を描けるもんなんだろうか。なんか思わず繰り返し読み返してしまって、後から後から最初に読んだ時に追いついてこなかったものが、ぶわーーっと追いついてきたような感じで、あわあわしています。この感覚は、水上悟志先生の作品シリーズものの最終巻の最終回を読んだ時に、ぶわーーっと来るものなんですけれど、それをついに短編でやってしまえるようになってしまったのか。
いやもう、なんか本当に凄いです。ものごっつい作品でした。

水上悟志作品感想

俺、ツインテールになります。13 ★★★★★  

俺、ツインテールになります。 13 (ガガガ文庫)

【俺、ツインテールになります。13】 水沢夢/春日歩 ガガガ文庫

Amazon
Kindle B☆W


宿敵ドラグギルディ、完全復活――!!

神の一剣の幹部・戦女神ヴァルキリアギルディの能力“死して尚変態(ヴァルハラ)”で、これまでに倒したエレメリアンたちが完全再生! 積み重ねてきた全ての戦いをリセットされたツインテイルズ。彼らの終わりなき悪夢が始まった――。 だが、この重大な局面で、愛香にある異変が起きていた。ヴァルキリアギルディとの戦いのなか、自分が誇れる唯一のもの――ツインテールを失う危機に直面した彼女は、激しい恐怖心に支配されてしまったのだ。エレメリアンに絶望を与えてきたテイルブルーの弱体化。総二の優しささえ、今の愛香には不安でしかなかった。その間、再生エレメリアンたちは複数同時侵攻を開始する。圧倒的な数を前に、トゥアールが導き出した作戦とは――。一方、アルティメギルの女科学者マーメイドギルディは、エレメリアンの復活の先に、更なる恐るべき計画を企てていた!

愛香が、慧理那が、イースナが……次々に危機に瀕していく、ツインテイルズ! 果たして、彼女たちの運命は!? そして、宿敵と相見える総二! 究極のツインテール・テイルレッドと、最強のツインテール・ドラグギルディ――今再び、ツインテール頂上決戦の幕が上がる!!

もうボロ泣き。いやマジで。いい歳したおっさんが、マジ泣きですよ。それも感動で。
ああ、今まで【俺、ツインテールになります。】を読んできて良かった、と心底思わせてくれる、シリーズの集大成にして到達点とも言える決戦でした。そう、ずっとこの光景を望んでいた。愛すべきエレメリアンたち。お互い相容れぬ存在でありながら、ずっと互いをリスペクトしあい、全力を尽くし全身全霊をかけてお互いの信念をぶつけ合い、最後には溢れんばかりの敬意と友情を分かち合いながら、倒れていったエレメリアンたち。
彼らは敵でした。しかし、誰もが尊敬できる敵だった。その属性に対する信念と愛情は敬服に値するものばかりだった。どれほど変態であろうと、美しく格好良い生き様ばかりだった。そして、何より優しい益荒男ばかりだった。力と思いの限りを絞り尽くしてぶつかり合う果てに、間違いなく友情が、親愛が芽生えていた。
「強敵」と書いて「とも」と読む。そう語るに相応しい変態ばかりだった。
だから、そんな彼らが前巻において再生怪人として復活した時、抱いた思いは「またか」ではなく、「また会えた」というどこか喜びにも似た感情だったのです。
そして、復活した彼らがそんじょそこらの特撮モノの再生怪人と根本から違ったのは、作中でも彼ら自身が語ってるように、自分たちを倒したツインテールズへの恩讐極まる亡者たちなどではなく、第二の生を謳歌する粋人ばかりだったんですよね。まるで、かつての賑わいがまとめて戻ってきたような活気がアルティメギルに戻ってきていて、いずれ終わる祭りであってもその光景は心温まるものでした。
でも、どれほど満足して散っていったとしても、エレメリアンたちそれぞれに未練や思い残すことがあったのは確か。そこには、ツインテールズの面々とのまだ果たされない因縁だったり、思いを告げられぬまま先に散ってしまったが故に届かなかった気持ちを、再会なったことでついに繋げられたり、となんかねー、みんなが一斉に戻ってきたことで叶ったこともあり、思い残したことが次々と果たされていくんですよね。読んでいるこっちもどこか胸の片隅にこびりついていたものが、キレイに丁寧に引き剥がされていくようでした。
これはツインテールズもおんなじなんですよね。かつて出来なかったこと、届かなかったもの、悔しい思いをしたまま果たせずに終わったこと。それを、こうして成長した段階で再び向こうから現れてくれて、後悔や心残りを再戦によって吹き飛ばしていってくれたのです。受けて立つエレメリアンたちも、リベンジを! というよりも、まだ未熟だった頃のツインテールズたちの成長を見届けることが叶って喜び満足したようにまた去っていき、全力を発揮できないままなんか適当にやっつけられてしまった連中も、やっと自分の本領を発揮することが叶って満足して逝ったり、とこれまで残されてきた小さな隙間を丹念に埋めるようにして再戦は続いていくのである。
そこで確かめられたのは、ツインテールズの成長であり進化であり、その糧としてエレメリアンたちが間違いなく彼女たちを押し上げ、育て、伸ばしていったのだという事実でありました。相容れぬ敵であろうと、矛を交えるしかない関係だったとしても、彼らは間違いなく戦友だったのだ、と……。

正直もうね、こんだけ丁寧にリスペクトを充実させてくれたから、彼らともう一度再戦という形だけでもかなり満足感はあったんですよね。
でも、それだけでは終わらなかった。終わってくれなかった。
あのクライマックスの、望んでやまなかった光景が叶ったことへの感動が、どれほどのものだったか。思わず泣けてきてしまうほどの、素晴らしい、素晴らしいシーンの連続。
スワンギルディの、ドラグギルディへの崇敬。洗脳され自由意志を失っていた状態から、自力で復活して皆のピンチを覆してみせたオトコの意地。もうね、カッコイイなんてもんじゃなかったですよ。そこからはじまるオールキャストの大騒ぎ。
並び立つドラグギルディとティラノギルディの二大エレメリアン・ツインテールズの勇姿。
貴の三葉のレディース軍団とブルーという喧嘩友達の共闘。死の二菱の左右両牙将プテラギルディとトリケラトップギルディのタッグ戦。ビートルギルディとスタッグギルディの兄弟が合体したヘラクレスギルディがイエローを乗せ、敵軍を蹂躙していくその光景。相争っていた巨乳派リヴァイアギルディと貧乳派クラーケギルディによる、今度こそ手を取り合い、お互いを認めあった肩を並べあっての闘争。
そして、ティラノギルディのまさに「帝王」を名乗るに相応しい揺るがぬ巨大な背中をもって少女の涙を止めるために守り抜いた最期の戦い。
そしてそして、誰よりも通じ合いわかり合い理解し合った者同士。戦友同士。親友同士。或いは、ツインテールの二房であったテイルレッドとドラグギルディの、ずっと思い描いていた二大ツインテール戦士の共闘。
クライマックスにおける、エレメリアンたちから注がれた、託された属性力により成るこの場この時限りの究極進化エレメリアン・チェイン。
熱い、熱い、熱い。そして優しく激しくカッコよいシーンの連続は、もうありえないほどの盛り上がりで、テンションの上がり方で、まぶたの裏にはありありとこの激烈で素晴らしいシーンの光景が思い浮かぶようでした。
そして、あまりに美しいラストシーン。友との別れのシーンを描いた挿絵は、もう言葉にすることもおこがましい心を震わす傑作でした。あれはもう反則だよー。泣くよーー!! ボロ泣きだよっ!!
ティラノギルディ、復活してからひたすらかっこよいドラグギルディとは裏腹に、その見事までの小物っぽさを、もう見ていられないっ! と思うほどに随所に見せつけてくれて、色んな意味で目立ちまくって、もうなんだか愛おしくすらなってきていたんですが、最期の戦いに見せた勇姿は筆舌に尽くしがたいほどにカッコよくて、ドラグギルディに並び立つに相応しい勇姿でした。かつて泣かせてしまった少女の涙を止めるために戦うって、どんなヒーローだよ。かっこよすぎるんだよ、小物のくせに。帝王のくせに。
んで、ドラグギルディですよ。もうこんなカッコイイ敵キャラ、こんなライバルキャラ、出てこないんじゃないかというくらい、あまりにもあまりにもすごすぎた。
ライトノベル史上に残る、最高の好敵手でありました。

これ、作品としてこれ以上登れないというくらい頂点を極めてしまった展開で、あとどうするんだろうと心配になってしまうんですけれど、それくらいこれまでのシリーズのすべてを費やし燃やしきったような、全力全開の物語でした。文句なしに最高傑作。【俺、ツインテールになります。】という作品は、この話を描くためにあったんだ、と言ってもおかしくないくらいの集大成でありました。
ただただ、感動の涙が湧き出してとまらない。

シリーズ感想

りゅうおうのおしごと! 5 ★★★★★  

りゅうおうのおしごと! 5 (GA文庫)

【りゅうおうのおしごと! 5】 白鳥士郎/しらび GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

将棋という名の奇跡に最後の審判が下される、激闘の第5巻!
「アーロハ―♪」
遂に始まった八一の初防衛戦。挑戦者として現れた最強の名人と戦うべく常夏の島を訪れた八一だったが……なぜか弟子や師匠までついて来てる!? 一門(かぞく)旅行!?
おまけに銀子と夜の街でデート!? そんなんで名人に勝てるのか!?
あいと天衣、そして桂香のマイナビ本戦も始まり、戦いに次ぐ戦いの日々。誰もが傷つき、疲れ果て、将棋で繋がった絆は将棋のせいでバラバラになりかける。……だが、
「もう離さない。二度と」
一番大切なものに気づいた時、傷ついた竜は再び飛翔する――!!


将棋は、一人でするものじゃあないんだ!!

師匠が居て、兄弟弟子が居て、自分の弟子が居て、家族が居て、将棋を指す場を作ってくれる協会の人たちが居て、スポンサーが居て、場を提供してくれる宿の人たちが居て、世に戦いの情景を伝えてくれる記者の人たちが居る。
そして何より、対局者が居なければ将棋は指せない。

将棋は、一人で出来るものじゃあない。一人で、戦えるものではないのだ。

だが八一は、どこかで将棋は一人で戦うものだという信仰があったように見える。自身こそが、人と人との繋がりを作り、その棋跡に多くの人の魂を縛り付け引きずり回し、何より自身が姉弟子・銀子との繋がりを求め、二人の「アイ」という弟子に棋士として新生させられたにも関わらず。
どこかでずっと、将棋という闘争における孤高の神聖さを、信じ続けていたように思う。
その根源が、思えば銀子の想いを受け止め損ね続けている理由でもあるのではないだろうか。銀子の願いは、観戦記で語られたようにただ一つ。しかし、八一はこのシリーズが始まった当初に銀子の棋士として追い求める先を絶対の孤高であるのだと、信じ切っているようだった。強さは、孤高の果てにあるのだと、銀子の棋士としての姿に、その結論を見出しているようだった。
だからこそ、なのだろうか。彼が、心の底から強さを求めた時、ひたすら他者を拒絶し、関係を断ち、孤独へ孤独へと突き進んだのは。
彼が「竜王」というタイトルに決死の思いでしがみつき続けた理由こそが、孤高を追い求める銀子を追い続けるためだったのだと、彼女の側に居るのに相応しいタイトル保持者である銀子と同じ格を維持しようとする我武者羅な思いだと、自身で血を吐くように吐露しておきながら。
矛盾である。しかし、これほど純粋な迷走があるだろうか。これほど一途な迷走があるだろうか。

根底から信じ続けていた棋士としての在り方を、名人戦を通じて九頭竜八一は覆すことになる。
それは銀子に囚われ続けていた軛からの脱却である。彼の将棋人生は、常に銀子とともにあり、銀子の為にあったとすら言えるのかもしれない。それから、彼はとうとう抜け出すことになったのではなかろうか。
しかし、それは同時に今まで見失い続けていた銀子の本当の願いと、ようやく真正面から向き合える姿勢になれた、と考えることはできないだろうか。
置いて行かれてしまったと、銀子は泣いた。でも、必死に脇目も振らず銀子の影を追いかけ続けて、銀子本人すら見ることもせずに走り続けた青年は、今ようやく振り返る余裕ができたんじゃないだろうか。
振り返った先に、本当の銀子がいることを、さて今の傷心の少女棋士が気づく余裕があるものか。
今、振り返った八一の目には多くの人が映っている。彼を支え、彼を愛し、彼を助け続けてくれた多くの人たちの姿が映っている。彼の目に映っているのは銀子独りだけではもうないのだろう。でも、そこには確かに、今までと違ってありのままの銀子が映っているはずなのだ。
今回随分とかわいそう、というよりも大いに下手を打ってしまった、恋愛以前に生きるのが下手くそな銀子らしいやらかしを、挽回できないままもうズブズブと沈んでしまった銀子だけれど、むしろここからこそが彼女のターンだと信じたいところである。
今回、その一途さと献身で一身に八一の暴れ狂う心を受け止め尽くしたあいだけれど、表立って頑張ったあいと違って、もう一人のアイ。天衣の方は目立たなかったのだけれど、むしろその弟子としての健気さではあいを上回っていたんじゃなかろうか。自己アピールが強烈なあいと違って、気づかれなくてもいい、理解されなくても良い、しかし最も自分を殺してでも師匠の為に尽くし、想いを捧げていたのは天衣の方だったように思うのです。
そんな天衣の秘めたる献身をすらちゃんと理解し、師匠と同じように傷つくあいを守り続け、ボロボロになった銀子を慈しみ、そして自分の夢も人生の行く末をも押しやって、絶対に負けられない戦いを、そのはての勝利を、八一に捧げた桂香さん。誰も届かなかった、当事者である銀子ですら触れることすら叶わなかった八一の孤独を、唯一打ち破った彼女。あれほど魂を削る戦いを、心身を憔悴させ尽くした戦いを、ただ八一に手を差し伸べるために費やした彼女を、女神と呼ばずしてなんと呼ぶのか。
人外魔境が渦巻くこの将棋界で。人ならざる天才ばかりしかおらず、その上に地球人ですら無い将棋星人が跋扈する中で、圧倒的な凡才でありながら、清滝桂香その人こそ、もっとも熱く、もっとも輝いていた。ただ一度の輝きではない。3巻からこっち、この人はずっと泥の中から天上に届くほどの輝きと熱量を放ち続けている。
凄い。
本当に凄い。

その熱と、輝きの照らし出され、救い出され、孤高ではなく多くの人の支えと愛情を受け取っていどんだ八一の名人との対局。
ただ名勝負だからではない。歴史に残る奇跡の戦いだったからではない。八一がこれまで残した棋跡に、そして名人が残した棋跡に、引き寄せられて、あの第四局には自然とあれほどの人が集ったのだろう。心奪われたのだろう。
月夜見坂燎の慟哭が、一番胸を打ったのは。八一の跡を一心不乱に追い続けたのが彼女だったからこそなのだろう。だからこそ、追いつけないと理解してしまった彼女の慟哭が痛切に響いたのだ。
彼女はこの時、本当の意味で置いて行かれたことを受け入れてしまったのだから。
将棋は一人では出来ない。一人では、出来ないのだ。
そしてそれこそが、空銀子がもっとも恐れる未来図なのである。
銀子はまだ、諦めていない。追いかける。追いかける。追いつくまで、追いかけるつもりなのだ。
だからまだ、作品は続く。完結なんてとんでもない。少なくとも空 銀子の闘いは、まさにこれからなのだから。


記者の鵠さんについては、もう完全にやられました。まったく気づかんかった。いや、もうね、読み仮名読み飛ばしちゃったのかな、と首を傾げてたんですが、まさかまさかそういうことだったとは。
冒頭のキャラ紹介の配置の塩梅も妙だったんで、あっちはあっちで別に???となってたんですが、まさか五巻に至っての種明かし。これは参りました。あひゃーー。

シリーズ感想

筺底のエルピス 5.迷い子たちの一歩 ★★★★★   

筺底のエルピス 5 -迷い子たちの一歩- (ガガガ文庫)

【筺底のエルピス 5.迷い子たちの一歩】 オキシタケヒコ/toi8 ガガガ文庫

Amazon
Kindle B☆W

癒やせぬ傷を抱え、狩人たちは前を向く。

殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。
だが、その脅威に立ち向かうべき狩人たちは、断絶を経た長い歴史の結果として、不毛な衝突を続けていた。

白い鬼の出現によって口火が切られた組織間抗争こそ無事終結したものの、未来を切り捨てる戦の果てに、多くの者が傷つき、道を見失う。
背負う重責に震える者。慢心の罠に陥る者。無能さを悔やむ者。自身との軋轢に苦しむ者。欲望へと走る者。救いたい者を救えぬ者。そして地獄から流れ着き、独房でひとり、静かな狂気に沈もうとする者。そんな彼らを立ち上がらせるのは、はたして誰による、いかなる選択なのか。

新たなる鬼の脅威。秘密の開示の先に待つ、太古の闇。
時を超える旅によって増殖し、この世にふたり存在することになった乾叶を渦の中心として、歴史の背後に潜んでいた数多の謎も浮上を始める。

残酷な運命に抗うべく、傷だらけの迷い子たちがそれぞれ踏み出す、新たな一歩とは。
人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。再起と転換の第5弾。


……はぁ。何から書けばいいのか。何から想えばいいのか。ただただ吐息ばかりがこぼれていく。溢れんばかりのそれは、なかなか言葉という形にならない。この湧き上がってくる感情に名前をつけたくない。ただあるがままに感じていたい。そんな気分。
前回の感想の最後に書き殴って叩きつけた懇願は、果たされたと思っていいのだろうか。あの「カナエ」は救われたと思っていいのだろうか。
地獄は続く。生きている限り、彼女の地獄は続いていく。でも、そんな地獄の中を彼女は前を向きて、狂気に沈むことなく歩いていけるだけのものを再び掴んだ、そう信じていいんだろうか。
ならば、そうなら……良かった。良かった。良かったよぅ……。
静かに、ズブズブと狂気の沼の中に、闇の泥の底に沈んでいくカナエの姿は、本当に見ていられなかった。彼女にとっての安息が、そちらにしかもうないことを知っているが故に。
そして、自分の末路を。自分がそこまで堕ちていけることを実物付きで目の前に突きつけられてしまった、16歳の叶の当然の恐れ。圭がカナエに心を「持っていかれ」てしまった事によって生じた自身の空隙への自己嫌悪。こちらの叶もまた、カナエとは違う形で徐々に破綻していこうとしている様子に、もうね、なんちゅうかね、たまらんかった。あの筆舌に尽くし難い地獄から戻ってきたにも関わらず、すべてが救われ好転したはずなのに、新たな悪夢が現出しつつある状況に、胸が締め付けられるようだった。

それでも、70億の人間と世界まるごと一つと、それにともなう様々な想いを犠牲にして繋がれた新たな未来は、ただ絶望だけを繰り返す世界なんかじゃなかったと、それを生き残った人たちが証明してくれた。
圭が、結が、朱鷺川ひかえがそれを作り出してくれた。仕組まれていた結末以上の結果を、彼ら自身が引き寄せたのだ。
捨てられ滅びたあの世界で、彼らがどう死んでいったかを今もしっかりと覚えている。どんな思いで、カナエに希望を託して逝ったかを知っている。だからこそ、今こちらの世界で生きている彼らが、生きて怒って覚悟して決意して心に決めて、閉塞を打破していく姿にやるせなさと感動を押し殺せないのだ。
そして、生きてる彼らが、心を今も滅びたあちら側に残されたままのカナエをちゃんと救ってくれたことを、カナエをちゃんと乾叶として再誕させてくれたことに、感謝しきれない。
カナエが決して誰にも知られまいとしまいこんでいた秘密。自身が殺人者となった事実よりも、滅びゆく世界で圭と結ばれたことよりも、絶対に圭や結たちに知られてはいけないと抱え込んでいた秘密がわかったとき、あれほど変わってしまったように見えた、修羅に成り果ててしまったように見えた、人間すらもやめてしまったように見えた未来のカナエが、紛れもなく「乾叶」であり、その根底は何も変わっていなかったのだと、ふっと納得できたんですよね。
それまでは、むしろカナエを叶として扱うことを譲らない圭や結に対して、むしろ今の叶と未来のカナエを別人として扱った方が、二人の叶にとっても救いになるのではないか、と二人の叶の苦しみ方を見ていて思っていたのですが、そういう浅はかな考えを圧倒的なまでにひっくり返して叩き伏せて、淀みを吹き払ってくれるあのシーンでした。やっぱり、結は凄いわ。圭はカッコイイわ。
だからこそ、燈さん提案の、同一人物だから合法的に重婚できるね、発言には心惹かれるのですがw
いや、圭と二人の叶の様子からして相手はもう決まってしまったようなのですけれど。

今回の捨環戦を通じて、門部とそれに所属する面々の置かれた状況は劇的に変化し、組織間の抗争はほぼ終息した、と言っていいんでしょうけれど、だからこそ物語の方は新たなステージへと進んでいるんですよね、これ。
勉強会と称した、結たち天文部の他愛もない仮説の披露回。なんの解決にも結びつかず、はたして真実に掠りすらしているかどうか怪しいそれは、しかしなぜ今、世界はこんな状況に置かれているか、という疑問へのアプローチとして、これまでまったく起こってなかった動性なんですよね。これこそが、始まりの号砲だったのかもしれない。SF作品として、世界と人類のクロニクルとして、結論と決着をつけるためのステージへと至った、と。
どうやら作者の発言でも、この五巻からの第四話の主題が語られてましたけれど、これまでとテーマの方向性が変わってる感じがありますし。よりSF的になったというかなんというか。
これまでも十分壮大な話だったのですが、これからはもっと途方もなく、しかし地に足の着いた「ヒト」の話になりそうだなあ。

それにしても、色んな意味で貴治崎先生がヤバいんですけど。本当にいろんな意味で。この人、場合によっては黒幕になりかねないんですけどw

シリーズ感想

オール・ユー・ニード・イズ・吉良〜死に戻りの忠臣蔵〜 ★★★★★   

オール・ユー・ニード・イズ・吉良〜死に戻りの忠臣蔵〜

【オール・ユー・ニード・イズ・吉良〜死に戻りの忠臣蔵〜】 左高例 

Kindle
BOOK☆WALKER

元禄15年(1702年)、12月14日。江戸本所にて、赤穂浪士らが吉良邸に討ち入りを仕掛ける。そこで抵抗虚しく武林唯七によって殺害されてしまう吉良義央。だが、死んだと思った吉良は気がついたら14日当日の朝に戻っていた。
何度も同じ一日を繰り返し、何度も赤穂浪士に殺されてしまう吉良義央。様々な方法で襲撃から生き延びようと奮闘する彼の運命は──
小説投稿サイト『小説家になろう』の歴史ジャンル短編で一位だった小説「オール・ユー・ニード・イズ・吉良〜死に戻りの赤穂事件〜」を、文庫本一冊分になるぐらい大幅に書き下ろし加筆したオルタナティブ時代小説。

これ、Kindleで自主出版という形で出したのか。こういうやり方もあるんだねえ。
というわけで【異世界から帰ったら江戸なのである】の左高例氏が以前書かれた傑作短編小説である。タイトル見てわかるかもしれないけれど、桜坂洋氏の傑作SFライトノベルにしてハリウッドで映画化までされた【All You Need Is Kill】のパロディ作品でもある。と言っても、死んだ時点で同じ日時へと戻ってしまい何度も何度も同じ時間を繰り返しながら、生存への道を探っていく、というコンセプトが一緒なだけで時間が巻き戻る原因などは一切関係がない。
それでも、この【忠臣蔵】で赤穂浪士に殺される側であった吉良上野介義央を主人公にして、彼が赤穂浪士に殺される運命から生き残るためにあらゆる手段をとっていく、この話からしてまず目のつけどころがすっ飛んでいて面白い。
その上で、この最初は怯えて奮えて納屋に隠れているだけだったお爺ちゃんが、最初は自分が生き残るために、そして段々とこの赤穂浪士の襲撃に巻き込まれて死んでしまう嫡男や家臣たち、吉良の家を護るために頭を悩ませ、脳髄を絞り、身体を張って奮起しはじめる姿に感情移入していってしまうのである。
赤穂浪士側から描いた忠臣蔵というのは山ほどあると思うんですけれど、吉良側から描かれた忠臣蔵は決して多くはないと思うのですけれど、本作はコミカルなテイストでありつつも、左高例氏の手掛けた作品らしく当時の吉良家を取り巻く環境や風習、人間関係など思わぬところに聞いたことがなかったような詳しい話がこぼされたりしていて、「へぇ!」と思うような話も多いんですよね。
上杉家と吉良家の関係なんて、単に屋敷が隣同士なだけかと思ってたら当時の上杉家の当主って吉良の息子が養子となって収まっていたり、吉良家の財政事情や家臣の話も全然知らんかったんだよなあ。
ともあれ、何度も赤穂浪士に惨殺されることを繰り返すうちになんとか生き残るために足掻こうとしだす吉良お爺ちゃん。武芸者でもなんでもない彼がはじめは逃げ出したり、外に助けを求めたり、という消極的手段を選ぶのは当然の話なんだけれど、その過程で大事にしていた嫡男……上杉家に養子に言った息子の子、つまり孫をまた養子に貰って、という実は孫なんだけれど公式では息子というややこしい扱いになってる――義周や忠臣たちまでが目の前で惨殺されるのを目の当たりにして、吉良お爺ちゃんの意識も激しく変わっていくのである。あの老人が狂ったように慟哭するシーンは、読んでいるこっち側の意識にとってもターニングポイントだったのかもしれない。あそこで、完全に気持ちが吉良サイドに同化しましたからね。
自分だけが助かるのではなく、自分の周りの人たちみんなが助かる道を勝ち取るために、吉良義央は幾度もの死を乗り越えて闘争のループへと身を投じるのである。
そんな吉良の前に立ちふさがる最大の障害が、狂乱する武人・武林唯七隆重である。誰よソレ!? と思うマイナーな人物なんだけれど、本作では殆ど赤穂浪士側はこの男の描写によって埋め尽くされている。彼の先祖が中国人で武林出身だったので武林と名乗った、というのはウィキにも書いてあるが、謎の武術の達人だったというのはさすがに聞いたことが無い。ともあれ、その武術が原因故にかなり頭がおかしいことになっていて、その為か時間ループの中で大概の人物が同じ行動を取る中で彼だけが完全にランダムに動いている上に、どのような行動をとっても彼が突っ込んでくるのでとにかくこいつをなんとかしないとどうにもならない、という最大の障害になってるんですな。しかも、べらぼうに強い。まともにやりあっては絶対に勝てないモンスターなのである。この武林一人のために吉良お爺ちゃんの生存戦略の難易度が三桁ほど跳ね上がっていると言っていいほどに。
実際、武林が居なければ吉良お爺ちゃんの死に戻り試行回数って相当減らせたはずなんですよね。
ちなみに、武林が喚いている意味不明な台詞は、実は全部元ネタがある台詞だというのはウェブ版読んだときには全然気が付きませんでした。言われてみると、なるほど、と頷いてしまうんですけれど、せめて明日乱くらいの名前はついてないと、ねえ。

Kindle版を配信するにあたって大きな加筆が加えられているのですけれど、その中でも第百回目の別居中の奥さんとの再会の話は、アレ良かったなあ。老いた夫婦同士の和解の物語であり、老人の心がこの繰り返しの死の中で確かに鍛えられ、柔らかくなっていた証であり、老人が未来を希望し、改めて掴み取る原動力を得る話であったわけですから。ループの中で摩滅していく吉良お爺ちゃんの精神に、新たな支えを加え、力を与え、勇気を与えてくれるエピソードであると同時に、彼に自分だけが良ければいいという選択肢を選ばせずに、正しく皆が幸せになるための結末を選ばせたターニングポイントともなり得る話でしたしねえ。本作の中でも随一の重要なエピソードだったかもしれない。

というところから、一気にクライマックスまで突入していくのですけれど、本来の忠臣蔵からするとラストの展開って、もう筆舌に尽くしがたいほどむちゃくちゃもいいところなんですよね。いやもう考えてみてくださいよ、思い浮かべてみてくださいよ、まさか四十七士の襲撃に対してあんな絵面になるとか、もう凄えなんてもんじゃないじゃないですか。
でも、本作においてはそこにたどり着くまでに吉良お爺ちゃんの文字通り何百回モノ死を繰り返した苦痛と絶望を乗り越えた努力があり、過程があり、果たして果てがあるのかもわからない霧の中を進み続けた決意と覚悟の結果として、あのラストがあったのですからもう痛快の一言なんですよね。
いやもう、吉良お爺ちゃんがべっらぼうに凄えんだ!!

時に熱く、時にシリアスに、凄惨に、そして時に人情味あふれる情緒漂う話でありますが、基本は左高例氏らしいコミカルな語り口で、思わず笑ったりニヘラニヘラと気持ち悪い笑みを浮かべてしまったり、とスルスルと楽しく読める作品なのでした。一方で、何度も繰り返し読んでしまうスルメのような味わいというか、やめられないとまらない、というクセもあり、荒唐無稽でありながら当時の江戸時代の風俗を意識しない範囲でするっとなじませて、当時の風景や喧騒をリアルに感じさせてくれる描写が敷き詰められていて、読み応えと読みやすさが見事にマッチしている快作でもありました。いやもう、内容見ると怪作もいいところなんですけどね。
なにはともあれ、無茶苦茶に面白い! 面白い! もう、めっちゃ面白い!!
これを機会に一読あれ。そりゃもう、ハマってしまうから。今後、忠臣蔵はどうしようと吉良お爺ちゃんを応援してしまうことうけあいです。
あー、面白かった♪

左高例作品感想

りゅうおうのおしごと! 3 ★★★★★   

りゅうおうのおしごと! 3 (GA文庫)

【りゅうおうのおしごと! 3】 白鳥士郎/しらび GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

「あいも師匠と一緒に『おーるらうんだー』めざしますっ!!」

宿敵《両刀使い》に三度敗れた八一は、更なる進化を目指して《捌きの巨匠》に教えを乞う。
一方、八一の憧れの女性・桂香は、研修会で降級の危機にあった。急激に成長するあいと、停滞する自分を比べ焦燥に駆られる桂香。
「私とあいちゃんの、何が違うの?」
だが、あいも自分が勝つことで大切な人を傷つけてしまうと知り、勝利することに怯え始めていた。そして、桂香の将棋人生が懸かった大事な一戦で、二人は激突する――!

中飛車のように正面からまっすぐぶつかり合う人々の姿を描く関西熱血将棋ラノベ、感動の第三巻!!
……やっべえわ。これ、やっべえくらい面白いわ。いやいやいやいや、普通「両刀使い」との決戦だけでも一冊分の山場としてこれ以上無い盛り上がりを見せるのに、その対決を踏まえた上でラストにもう一つ山場を持ってくるとか、物語としてもボリュームありすぎるんじゃないですかね、これ!?
確かに、両方の戦いがテーマとして連動している以上、ここで一連なりの物語として片を付けるのは絶対であったのは理解も認識も納得も出来るんだけれど、それでもすげえわ。一冊でこれだけの熱量が摂取できるとか、贅沢すぎる。

……はぁ〜〜〜。
久々に、読み終えた後の高揚と酩酊感にふらついてしまった。
昨今、藤井四段という将棋界の新星が蹂躙戦を開始したことでにわかに将棋への世間体な注目があがっているところで、実際解説込みで将棋の中継見てても面白いなあ、と思うこともしばしばなんですが、改めて思い知りましたよ。
将棋って面白い!!
いやもうなんですか、あの八一の山刀伐戦の盛り上がり。震撼、震撼、震撼ですよ。本作のすげえところは、対戦者同士のみならず、観戦している人たちの空気感の見せ方なんでしょう。あの、神懸った手の意味が開示された瞬間、この戦いを目撃していた人たちみんなに電撃のように走る戦慄が、震撼が、思わず「ああっ!」とあげられる呻きが、叫びが、読んでるこっちともシンクロして、目の前の盤上以外が真っ白に塗りつぶされるような、あの瞬間。そして、あり得ない光景が現出したことが事実なのかと確認するかのように、お互いの顔を見合う瞬間をも、読者側も彼らと同じ心境になってしまうことで共有してしまうんですよね。
歴史的瞬間を目撃した体験を、これほど鮮やかに味わえるなんて。
そりゃあね、興奮もしますよ。テンション上がりますよ。自分がいま何を見たのかわけがわからないまま、うろたえてしまいますよ。
凄いよなあ、何よりすごいのがこの八一の手って、実際にモデルあるんですよね。将棋界ではかなり有名な対戦だったらしく、調べたらあっさりポコポコと出てきました。「トリプルルッツ」って、名称がまたもうなんちゅうか、キてるよなあ。
将棋って、戦法名もそうなんだけれど結構ハッチャケていて好きですわー。
今回の鍵となる振り飛車の「ゴキゲン中飛車」なんか、その代表格ですしねえ。
まさに、異次元同士の戦いのあとで、最後に敢えて持ってくるのが桂香さんの戦いというこの構成。年齢制限ギリギリとなり、これ以上将棋を続けていくのか苦悩する常人でしかない女の足掻きを、同じ土俵の上で同じだけの盛り上がりを持って描くこの白鳥さんの手腕。
本作って、もう徹底して「才能」あるものこそが強い、という将棋界の様相を冷徹なまでに貫き通して描いてるんですよね。
才能あるものに、才能のないものは「絶対」に勝てない。努力は才能を上回らない。絶対にして無比な事実にして現実がここにあるわけです。それを、銀子は地球人と「将棋星人」の違いと表現して、無情なまでに突きつけてくるのです。地球人が決して覗き見ることの出来ない領域を、将棋星人たちは悠々と泳いでいく。八一も、あいも、まさにそんな人外の側の宇宙人なんですよね。
でも、それでも。
才能を持たない地球人たちは、破れ打ちのめされ朽ち果て心潰されながら、それでも生き残り戦う闘志を喪わなかったものが、将棋星人たちに戦いを挑んでいくのである。諦めないのだ。諦められないのだ。
将棋という魔性に魅入られてしまった人間は、たとえ才能を持たなくても、絶対に勝てない才能の差を前にしても、なお将棋を捨てられないのだ。
なぜなら、将棋が好きだから。
その好きという気持ちが、その魔性に魅入られた堕落が、届かない頂点への憧れが、ときとして「絶対」を覆す。
才能の有無は「絶対」だ。残酷なまでに「絶対」だ。にも関わらず、その「絶対に勝てない」の「絶対」を覆すのだ、棋士たちは。
本作の凄まじいところは、才能の絶対性をこれ以上なく描き尽くしながら、「努力」というものが限界を超えて突き詰められた時にどれほど恐ろしい殺戮兵器となるのか、憧れという源泉が信じがたい原動力として可能性を爆発させるのか、それをまざまざと見せつけてくれるところなのでしょう。
地球人だろうと、将棋星人だろうと、このプロの将棋という世界で生きていくことを決めたなら、さながら土星の大白斑のように、そこに居るだけで存在自体消し飛ばされそうな嵐の中を往くことになる。それをみんな覚悟の上で、喜々として挑んでいく。その棋士を取り巻く世界の厳しさ、凄まじさ、異次元さを、今回は今までにもまして味わえた。アイや天衣のように、新たにこの世界に飛び込む新星ではなく、才能なくその世界に飛び込むことすら叶わなかった飛鳥や、今まさに崖っぷちに立たされ人生を終えようとしている桂香さんにスポットが当たっていたからこそ、痛切なまでに斬りつけられた物語だった。そして、そんな彼女たちがそれでもなお「好き」とのめり込める将棋という存在。まさに魔性の魅力である。本当に、凄まじい世界だ。
そんな世界を、地球人として、女性として切り分け、切り開き、八一の場所までたどり着こうとしている銀子。その道の険しさを、彼女こそが誰よりも知っている、痛感していることが、桂香さんを支え、叱咤する姿からうかがい知ることができる。誰よりも、彼女こそがわかってる。
それでもなお、征くのか。
やっぱり、彼女こそがヒロインだよなあ。

なんかもう、ものすごいものを読んでしまった、という読後感でした。恐るべきことに、このシリーズまだまだ燃え上がること確定してるんですよね。やばいわ、ほんと。

白鳥士郎作品感想

最果てのパラディンIII 鉄錆の山の王(上/下) ★★★★★  

最果てのパラディンIII〈上〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)

【最果てのパラディンIII〈上〉 鉄錆の山の王】 柳野かなた/輪くすさが オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle B☆W
ウィルが聖騎士となってしばらく。悪魔たちやキマイラを倒し、無法と困窮の“獣の森”には、人々の営為と笑顔が戻りはじめていた。しかし最果ての地に、再び邪悪の影が忍び寄る。季節外れの花が咲き乱れたことから始まる、森の異常。解決のため、仲間とともに“獣の森”の深奥に挑んだウィルを待っていたのは、森の王からの不吉な予言だった。「鉄錆の山脈に、黒き災いの火が起こる。火は燃え広がり、あるいは、この地の全てを焼きつくすであろう」滅びしドワーフの都、“鉄錆山脈”に眠る災いとは―?新たな出会いとともに、再びウィルたちの冒険が始まる!


最果てのパラディンIII〈下〉 鉄錆の山の王 (オーバーラップ文庫)

【最果てのパラディンIII〈下〉 鉄錆の山の王】 柳野かなた/輪くすさが オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle B☆W
平和を取り戻しはじめた最果ての地に、再び邪悪の影が忍び寄る。「鉄錆の山脈に、黒き災いの火が起こる。火は燃え広がり、あるいは、この地の全てを焼きつくすであろう」“獣の森”の深奥で不吉な予言を受けたウィルは、新たな仲間を加え、ついに“鉄錆山脈”へと挑む。懐かしき再会と、予期せぬ出会い。そして、不死神スタグネイトからの死の予言。「もう一度だけ言う。―挑めば、死ぬぞ」今は無き地底の王国で、切って落とされる決戦の幕。“最果ての聖騎士”を待ち受ける結末は、果たして…?

うわぁ、王道だ、これぞ王道だと言わんばかりのファンタジーだ。竜殺しですよ、ドラゴンバスターですよ。神代から生き延びている古き竜に挑む若き勇者たち。ドラゴンがねぐらとする山に向かう戦士たちの図は、かの【ロードス島戦記】のエンシェントドラゴン・シューティングスター討伐戦を彷彿とさせるもので、思わずワクワクしてしまったなあ。
エルフが仲間になれば、次は勿論ドワーフが、というのも王道なんだけれど、今まで見てきたドワーフというものはみんな生まれ持っての歴戦の戦士で、出会った段階で既に揺るぎのない不動の貫禄を持っているものばかりだったので、今回仲間になるルゥのように未熟で箱入りだった若者のドワーフを主人公であるウィルが、というか仲間たちが寄ってたかって鍛え上げていく、という構図はなかなか珍しいもので、新鮮さがありましたね。そう言えば、メネルもあれでエルフっぽくないガラッパチな兄ちゃんなんですよね。ウィルも敬虔な神官戦士という基本的に生真面目で温厚な性格ながら、結構おちゃめというか可愛らしいキャラクターとやたら筋肉信仰の強いポンコツさが愛嬌あって、テンプレートからハズレているので物語は揺るぎのない王道にして、その道を走るキャラクターたちは個性的に躍動してる、というのが本作の魅力の一つなのかもしれないなあ。
放浪賢者のガスにしても、あの俗っぽさと口数の多さは普通の賢者像から外れていますし。
しかし、どのファンタジーでもドワーフの境遇たるや過酷を極めるものばかりだわなあ。ドワーフの坑道王国というのは、真っ先に魔軍に攻められて滅び去る運命にあるのか、ってそれほど類型があるわけではないんだろうけれど、これもロードス島戦記前史での魔神戦争における石の王国の滅亡の印象が強いからなんでしょう。
でも、こっちのドワーフ王国の興亡はより鮮烈であり、その滅びは戦士たちに逃されたドワーフ難民たちの塗炭の苦しみの内にも焼き付いていて、ボロボロになりながらもその生き様を支え続けていたんですよね。そして、その集約として、結実として、ウィルとの出会いがドワーフたちに戦士の誇りを、未来への希望を、ルゥという若き王者の誕生を生むことになるのである。
ウィルの足跡というのは、もう片っ端から英雄譚なんだよなあ。本人たちは決してそんなつもりはないんだけれど、運命は濁流のように彼をめがけて押し寄せてくる。それこそ、彼を見守る神々の想像をすら超えて。もう、神様たちのハラハラ感が伝わってくるようである。ウィル自身は無謀とは程遠いわりと堅実な性格で、彼自身自分の中の勇気に疑問を抱いているように、闇雲に突っ走る見ていて危うい部分は本当に少ないのだけれど、迷って悩んでビビって怯んでそうやって捻り出した決意、確信は絶対に揺るがない若者だけに、見守る神様たちの気持ちたるや複雑なものがあるんでしょうなあ。何しろ、彼の決意の起源というのは往々にして自分たち神に起因しているのだから。それも、灯火の神様にしても不死神にしても、自分たちの気持ちや思惑を無視してのものではなく、むしろ自分たちの在り方、信念を慮り、尊重し、何よりも大事に思ってくれているからこその決意だと伝わってしまうために、なおさらに嬉しく、苦しくなるのではないでしょうか。
ウィルの信仰というのは、むしろ神様たちの方をこそ襟を正してしまい、気持ちを新たにさせられるものなんじゃないだろうか、と思うほどなんですよね。そして、その信仰は彼女らを矢も盾もたまらずにさせてしまう。
これも一つの神殺し、なんでしょうかねえw

いや、本作の女っ気のなさにはビックリするくらいのものがあったんですけれど、そうだよなあ、これだけド級のヒロインが控えていたら、並のヒロインなんてお呼びじゃないわなあ。
ガスに出会いがないのかとツッコまれて、様々な劇的な出会いのイベントあったのに、それ全部相手男だったんだよ!! と慟哭するウィルには失礼ながら爆笑してしまったんですが、まあこの調子だとこの先も女には縁なさそうだ。いやマジで。
気風の良いエルフのお嬢さんが出てきた時はついに!? と思ったものですけれど、なんか普通にメネルといい雰囲気になってたもんなあ。メネル、何気に女慣れしてそうなの、ほんとエルフらしくないですよねw
将来はウィルの子孫を見守って……なんて嘯いてましたけれど、その将来展望叶わないんじゃないかなあ。むしろ、自分のほうが早く子孫できそうじゃないですか?
いや、不死神さまの爆弾発言見ると、可能性は大いにあるのか。グレイスフィールさまのあの嫉妬全開モードはめっちゃ可愛らしかったですし。

肝心の対ドラゴン戦ももう大満足の激戦でした。本作の気持ちのよいところは、決して一方的な論法で正義と悪を線引してそれを強制しないところでもあるんでしょうね。竜であるヴァラキアカとの激論も正義の押し付けではなく、お互いに自分の譲れないものと許容しえるものとのぶつけ合いであり、結果として相容れず戦うしかないという結論に至ったものの、お互いに大いに納得した上で相手を否定するためではなく、何としてでも倒さなくてはならないとしても、この上なく認めあった上での闘争でしたからね。確かに邪悪であり強欲であり俗な竜でしたけれど、ヴァラキアカはだからこそ非常に魅力的で堂々としていて敬意に値する実に格好良い敵でした。神代の竜として上から見下ろすのではなく、同じ舞台に立って戦った対等の敵でした。
最後の、ウィルに付与された竜の血による効果も、確かに呪いではあるんだけれど、同時にやっぱり祝福でもあったと思うんですよね。皮肉と嫌味に満ちた、挑戦状みたいな祝福ですけれど。うん、やっぱり呪いか。でも、憎しみや恨みというドロっとした感情は微塵も感じないんですよね。せいぜい、嫌らしくも意地悪げな竜の笑みが透けて見えるような、そんな呪い、という感じで。
ヴァラキアカが認めた英雄であり続けるなら、呪いは呪い足り得なず祝福となり続けるのでしょう。ほんと、やらしい竜だわなあ。これに比べると、不死神さまはだいぶ素直というか、ストレートですよね。

いずれにしても、文句なしに面白い最高のヒロイック・ファンタジーでした。

1巻 2巻感想

はたらく魔王さま! 16 ★★★★★   

はたらく魔王さま! (16) (電撃文庫)

【はたらく魔王さま! 16】 和ヶ原聡司/029 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W

魔王さま、義理チョコを貰う!?
異世界で始まった大魔王の遺産捜索の裏で庶民派バレンタインが開幕の、第16弾!

『大魔王サタンの遺産』捜索のため、六畳一間の魔王城からは、生活用品一式が異世界エンテ・イスラへと移されていた。通勤時間の問題により、魔王はそんなからっぽのヴィラ・ローザ笹塚201号室で寝泊まりをすることに。独り身の生活に寂しさを感じながらも、正社員登用研修に参加する魔王。そんな中、研修で一緒になったゆるふわ女子に思いがけず義理チョコを貰ってしまう。アシエスの食い意地によりその情報が知れ渡った時、女性陣に動揺が広がるのだった――!
一方エンテ・イスラでは、大魔王の遺産の一つ『アドラメレキヌスの魔槍』を手に入れるため、鈴乃、ライラ、アルバート、ルーマックが北大陸に旅立っていた。日本のジンギスカン屋そっくりの店では、「囲いの長」と呼ばれる北大陸の代表が待ち受けており……? 庶民派ファンタジー第16弾!

千穂ちゃん、まじすげえ。この娘のくそ度胸と聡明さには何度度肝を抜かれれば済むのか。悪魔大元帥の称号は決して名誉職のそれじゃないのだ。称号にふさわしい働きを、常にこの娘は示している。だからこそ、何の力も持たない女子高生という点は最初から殆ど変わらないのに、彼女の名望はヴィラ・ローザ笹塚の小さなコミュニティに留まらず、魔王軍の幹部たちも人類諸国の名立たる者たちに広がっていくのも当然だろう。
事態がエンテ・イスラを中心に動くことになって、千穂ちゃんが蚊帳の外になってしまうんじゃ、という危惧なんてどこへやら。むしろ、真奥と恵美の方が大っぴらにエンテ・イスラで動くわけにはいかないから蚊帳の外になってるくらいじゃないか。
その清々しいまでの威風堂々とした振る舞いと、意思の強さによって、今は亡き前魔王軍大元帥アドラメレクの遺産、いや彼の魂の後見を得た佐々木千穂。もはや、名実ともに誰もが認める、魔王軍大元帥筆頭である。
今回の一連の話を鑑みると、この16巻の表紙絵は白眉なんじゃなかろうか。千穂ちゃんの凛々しい姿に、奮闘しながらもすっ転ぶベル、そして完全に乙女の表情になってしまっている恵美。三者のヒロインのこの巻における動向を、一発で表してしまっているのだから。
それにしても、真奥さんはもっとしっかりしなさいよねえ。芦屋たちがエンテ・イスラの方に生活の比重を置いてしまったが故に、逆単身赴任みたくなって部屋に一人取り残されてしまった真奥。ベルもエンテ・イスラの方で忙しく、千穂ちゃんは男の一人住まい状態になってしまった201号室には簡単に足を運べなくなってしまったせいで、孤独感に打ち震える真奥のメンタルがマッハで消耗してしまっているんですが、飯事情が寂しくなって、おまけに人恋しくてみるみる元気がなくなっていく魔王さまって、どんだけだよww
まさかここまで真奥が軟弱だとは、そりゃあ芦屋やっつけてたら魔王軍勝手に自壊してたんじゃないか、というベルたちのコメントは的を射すぎてて笑えない。
一方のベルも、エンテ・イスラの政治的なバタバタ騒ぎでも十分大変なのに、そこに真奥のハッキリしなささが原因で千穂や恵美、その他もろもろの女性関係のもやもやした状態に神経をすり減らすことに。自分では傍観者というか中立の立場で居るつもり、でいるのが余計に拍車をかけているような気がするなあ、彼女は。ベルも当事者なんですよね、それを認めていないから余計に真奥の考えが足りない言動に過剰反応して感情を滾らせることになる。この点、ひたすら自分と戦っている恵美がひたすら内圧を高め続けているのとは裏腹に、活火山並みに小規模噴火を繰り返しているのは、まだマシと考えるべきなんだろうか。
ただ、真奥へのイライラが色んな側面でベルに踏ん切りをつかせてしまっているのは何とも面白い状況で、ベルの場合は冷静にさせるよりもむしろ暴走させる方がガンガン閉塞を打開していくんですよねえ。その意味では、彼女も魔王軍大元帥として派手に思い切って振る舞った方がいいんでしょうなあ。でも、人魔共同戦線の陣中でも教会の幹部ではなく、本気で魔王軍の立場で物言いしてるのは笑ってしまいましたけれど。あれは八つ当たりみたいな状態だった、としても。
あと、チビカマはストライクすぎて、もうこれ絶対定着して離れなくなったぞ。
いずれにせよ、今回の一件は魔王も勇者もそっちのけで、悪魔でも天使とのハーフでもなく、ただの人間でありながら魔王軍大元帥の看板背負った二人の少女の活躍で、様々な行き詰まりやらしがらみやらをふっ飛ばしてくれたのは、痛快の一言でした。
梨香さんもここにきて、ベルの企みにも一枚噛んでエンテ・イスラにも出入りしていたように、完全に仲間入りしてきた上に、芦屋に対しても一歩も引かない姿勢を見せてきて、肝を据えた女性陣はほんと気持ちいいですわ。芦屋も、タジタジなんだけれど彼の場合は実のところ既に心中かなり傾いてるからなあ。
そして、完全に内面は乙女とかしてしまっていて、口に出して言っている言葉が本当に建前だけになってしまっている恵美。彼女、マジでどうするんだろう。うちに篭めてる熱量がどんどん凄いことになってるんだけれど。

シリーズ感想

恋愛ラボ 12 ★★★★★   

恋愛ラボ(12) (まんがタイムコミックス)

【恋愛ラボ 12】 宮原るり まんがタイムコミックス

Amazon
Kindle B☆W

ナギに想いを告げたリコ、正面切っての真っ向アプローチにタジタジのナギ!?
マキはついにヤンへの恋心を認めるが…
恋愛研究サンプル外の男子の気持ちに大混乱??

ひゃあああ! ひいやぁぁ! うひょーーーー!!!
とまあ、リアルで奇声をあげてしまったぜ。思わずジタバタゴロゴロ悶え転がってしまったじゃあないか!!

やー、もー、いひひひ、ひゃーー!! 甘酸っぺぇ! なにこれもう、甘酸っぱさが天元突破だよ。どうするよこれ、反則だろう、ずるいずるいこんな告白劇見せられたら、ひょあああっってなもんだよ。テンションあがるし体温あがるし顔面赤くなるし、もう……もう……たまらん。
しかし、ついに、ついにかーー。ついにリコがナギに告白ですよ、告白。誤解しようのない物凄いのかましやがった。これまでの恋愛研究はなんだったんだ、と天を仰ぎたくなるようなしっちゃかめっちゃかの末の雰囲気とかガン無視の、そりゃもう恋に恋する年頃の乙女の告白としては残念極まる告白だったんだけれどさ。
それでも、最高の告白だった。至上にして最上の告白だった。
一生黒歴史として封印したくなるような、しかし思いっきりマキに見られてて抹消できない悲惨な代物だったけれども……それは女の子の立場から見たもので、ナギからするともう青天の霹靂だったわけで、一生忘れらんないすんげえ告白だったんだよ。
まあ、なぜあそこまで男女の立場ひっくり返った告白になってしまったかには、首を傾げざるをえないというか、リコならまあ仕方ないというか当然と言うか、男前だなあと遠い目になるしかないのだけれど。
そして、何故か告白されたあとの「……まじかよ」と真っ赤になった顔を抱え込んでうずくまるナギが一番この巻で可愛かった、というのもまあ仕方ないんだよ、うん。
すげえなあ、中学生。

マキもついにヤンへの認めたくない恋心を認めざるを得なくなって、観念したわいいけれど、どこをどうひっくり返しても自分が理想としていた恋愛像に従ってくれないヤンの在り方に頭を抱える日々。惚れたら負け、というのを地で行ってるなあ、マキは。それでも、ヤンに変な理想を投影せずにちゃんとヤンの人となりを率直に把握して受け入れて、その上でこの不器用な青年を好きだと自覚したわけで、その意味では変な理想を押し付けて拗れることにはならないだろう、という安心感がある。何より、ナギを除けばマキこそがヤンという人間をもしかしたらヤン自身よりも素直に、言動に騙されずに見通しているわけで。これまでヤンの歩く道というのはナギが切り開いてきたようなものだったけれど、今はマキが捻くれて斜に構えて自分から道を逸れようとしてしまうヤンに道を指し示している。繕わない素の、恥ずかしく歪んで無様な己をお互いに一番最初に見てしまったからこその、不思議な距離感、という面白い関係なのである。

逆に、思わず飾ってしまった自分に囚われて進展しなかったのがエノで、それが今回の文化祭で本性というか、あの気の強い負けず嫌いの性格を会長に曝け出してしまったことで、一気に関係が進展してしまうんですよね。こっちも面白いアプローチなんだよなあ。これらの関係が一気に結実したこの第12巻、いやまじ凄かった。
凄かったといえば、普段の黒縁メガネじゃなくて、縁無しのメガネかけたサヨの凄まじいメガネ美人さには度肝を抜かれましたがな。いや、別人じゃね? メガネをとったら美人、という類ではなかったんですよね、サヨって。いやまあ普通にきれいな顔なんだけれど、あの縁の目立たないシャープなメガネをかけたサヨときたら……マジでメガネこっちにしようよ。

ついに、告白という一大イベントを乗り越えてしまったリコとナギ。まだもう付き合うとか付き合わないとかどころじゃなくお互いテンパっちゃってるんだけれど、すれ違っていた気持ちが伝わってしまった以上はこのままでは済まないわけで……うわぁうわぁうわぁ、もうどうすんのこれ!? また次の巻出るまで1年待つの!? 
まじかー、一年かー!

シリーズ感想

荒野に獣 慟哭す ★★★★★   

【コミック版】荒野に獣 慟哭す 5 (徳間文庫 ゆ 2-35)

【荒野に獣 慟哭す】 伊藤勢/原作:夢枕獏 徳間文庫

Amazon
Kindle B☆W

漫画雑誌「マガジンZ」の休刊によって、一時連載が途絶えてしまった本作。夢枕獏原作の伊藤勢が漫画を手掛けた【荒野に獣 慟哭す】。あれから長い空白のあとにそれでも打ち切りとせずにウェブ連載が開始され、徳間文庫から文庫サイズのコミックスとして改めて一巻から。そして、中断以降のウェブ連載版の掲載となる10巻から最終巻までの15巻。やっと、やっとヨミましたよ。読み切りましたよ。
感無量。
独覚兵たちを生み出した独覚ウイルスの原点となる中南米の深い深いジャングルの奥に秘められた古き文明の闇。まさに異世界のようなジャングルという、森という異界の中で繰り広げられる様々な勢力が入り乱れた血みどろの攻防。
そんな中で喪われた記憶の真実にたどり着いていく御門周平の旅路。
ド迫力のアクションも然ることながら、迫真に迫っていく独覚ウイルスの真実。これが文化論や文明論まで踏み込み、荒唐無稽に思われた神話を解体していき人間を進化させるものと思われた独覚ウイルスの有り様を暴いていく展開は、なんかこう冒険心を刺激されてワクワクさせられっぱなしだった。
人の姿を失い、ケモノそのものの姿となり食人衝動まで生じさせてしまう独覚ウイルスの効果が、進化でも獣化でもない、あれこそは極端な人間化なのだ、という結論に至り、そこから中南米の古き文明にある生贄や食人の習慣まで踏み込んで、一つ一つ紐解いていくウイルスではなく文明そのものの謎解き。いや、人間という存在の成り立ちにまでたどり着いていく回答編。
ああ、凄かった。
そして、そんなストーリーをより深く、より綺羅びやかに盛り上げてくれる要因こそが、登場人物たちの魅力的な生き方であり、在り方であり、その魂からの叫びなのである。
殺し合う敵でありながら、時として共闘する味方でもあった独覚兵たち。12の干支に例えられた彼ら独覚兵たちは誰もが個性的であり、人を辞めた存在でありながら誰よりも人らしくて……終盤彼らの殆どが死に絶えてしまった時のあの寂寥は未だに心に隙間風が吹きすさんでいる。去っていく独覚兵たちとすれ違い違う方へと歩いていく御門の一枚絵が印象的で焼き付いているのだ。
敵でありながらどうしても憎みきれなかった彼ら。御門にとって、同じ独覚ウイルスに冒された同胞だった彼ら。自分だけが取り残されていく、というあの寂しさ。あれだけ殺し合った相手に、こんな感覚を抱くことになるとはなあ。
そんな中で、唯一常に味方でいてくれた摩虎羅の姐さん。彼女、原作小説だと端役も同然ですぐに退場してしまうのですが、漫画版だと御門の頼もしい相棒として最後まで側に居続けてくれるんですよね。独覚兵の中ではまだしも人の姿を保っている彼女ですけれど、やっぱり見てくれは毛むくじゃらの猿なのですが……それでも美人なんだよなあ。彼女のお陰で、猿系の獣人も全然アリじゃないか、と思うようになったし、斉天大聖孫悟空の女性化もばっちこいになったんですよねえ、うんうん。
ある種、価値観をひっくり返してくれるほど魅力的なキャラクターだったわけだ。
それ以上に、シリーズ通して敵味方全員喰うほどの存在感を見せ続けた魅力、カリスマの塊みたいだったのが薬師寺法山。丸メガネのサングラスに髭面、野太刀を担いだ怪人にして奇人。独覚兵たち死人部隊の隊長でありながら、ただの人間。ただの人間でありながら人間を超越した独覚兵たちをも上回る戦闘力を誇る超人であり、何より最後まで皆に慕われ、敵対した相手にも一目置かれ続けたクソ親父。
このグラサン親父のキャラクター造形は伊藤勢作品のスターシステムでよく登場し続ける最強トリックスターなんだけれど、本作でも盛大に持ってったなあ。本当にタチの悪い正面からの戦闘でも謀略でも策略でも常にこちらを上回られるタチの悪い最強の敵でありながら、同時に彼こそが御門を含めた様々な登場人物の最大の理解者でもあり続けたんですよね。それは御門や身内であった独覚兵たちだけではなく、明石教授や現地ゲリラの人たちの理念にも通じていたことを考えると、計り知れない人物であったように思う。彼が敵であったからこそ、アレだけ銃火を交えながらも、互いに殺し合いながらも、憎しみに囚われきらず、ときに矛を収めて話し合うことも共闘することも出来たんじゃないだろうか。
だからこそ、ラストは凄く救われた気持ちになったんですよね。
何もかも奪われて、喪って……そう思わされたあとに訪れる救済。行き着いてしまった果てから、戻ってこれるという希望。連れ戻すという確かな意志と伸ばす二人の、いや三人の御門に差し伸ばされた手。そして、誰も居なくなったと思われたあとに帰ってきた彼らの姿に打たれた、法山の素の笑顔から放たれた「おかえり」という言葉に満ちていた生きているということの素晴らしさ。

ストーリー、キャラともに原作小説とは大きく改変されながらも、夢枕獏さんの大いなる後押しを得て作り上げられたもう一つの【荒野に獣慟哭す】。掲載雑誌の休刊による中断という絶望的すぎる局面を乗り越えて最後までたどり着くという、紆余曲折というには波乱万丈すぎる展開でしたが、それに足るに相応しいまさに大作、大作でした。ラスト近辺の、漫画編集者の彼女の魂の絶叫は、色んな意味で打たれたなあ。あれは、まさにこのシリーズの紆余曲折を経験した作者でないと吐き出せない魂の叫びだったんじゃないかと。
だからこそ、無性に感動してしまった。彼女の決死の働きが、絶対に見捨てないという想いが、最後の希望、最後の救いに繋がったと思うと、なおさらに感慨深い。
自分、伊藤勢さんのコントとかギャグとか大好物なので、これの勢いも最後まで衰えなかったのはホント嬉しかったです。波長が合うのよねえ。
最近は活動が見られず心配していたのですが、丁度先月9月からヤングアニマルで新連載はじまったみたいなので、良かった良かった。

シリーズ感想
 
5月20日

橘 公司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

<
kattern
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


進九郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


飴月
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


凪木 エコ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


七斗 七
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷高 悠
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


下等 妙人
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


イスラーフィール
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヤマモトユウスケ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


早瀬黒絵
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


望月淳
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM



(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


はくり
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月19日

渡航/伊緒直道
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月18日

久住太陽/杉浦理史
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


わだぺん。
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


クール教信者
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


オニグンソウ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


雪森寧々
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


辻村深月/武富智
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


武田綾乃/むっしゅ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


錆び匙/ひびぽん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


椎名高志/高橋留美子
(少年サンデーコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


サンドロビッチ・ヤバ子/MAAM
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村崎久都/アトラス
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ほりかわけぇすけ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


のんべんだらり/山悠希
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


さと/小田すずか
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


境田吉孝
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬条一(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


虹元喜多朗
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月17日

吉河美希
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


赤衣丸歩郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


sigama
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


阿部花次郎
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮島礼吏
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


音羽さおり
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金城宗幸/ノ村優介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


水森崇史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


吉河美希
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


片瀬茶柴/城平京
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


森下真
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


えんじゅ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


こはるんるん
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


相原あきら
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


仏ょも
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


らる鳥
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月14日

福成冠智/柊遊馬
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


abua/ナカノムラアヤスケ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ありのかまち/箱入蛇猫
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


烏間ル/紅月シン
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


勝木光/香月美夜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月13日

あわむら赤光(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


只木ミロ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐野しなの(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐伯さん(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ケンノジ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月くらげ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅名ゆうな
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久生 夕貴
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


来栖千依(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里 けいし
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


汀 こるもの
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


広路なゆる
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


和田 真尚
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


内々けやき/佐伯庸介
(リュウコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月12日

Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


酒月ほまれ/アルト
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


かじきすい/左リュウ
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


青辺マヒト/十夜
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


名苗秋緒/九頭七尾
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


沢田一/夾竹桃
(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


檜山大輔
(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W DMM


ワタヌキヒロヤ
(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


いしいゆか
(まんがタイムKRフォワードコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


須賀しのぶ/窪中章乃
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚/so品
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ゆうきまさみ
(ビッグコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和/いのまる
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/近木野中哉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


緋色の雨/菖蒲
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ/彭傑&奈栩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月10日

佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


逆井卓馬(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西条陽(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


入間人間(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸本和葉(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


有象利路(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西塔鼎(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和泉弐式(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


古流望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひだまり
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


TYPE-MOON/コンプエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃこ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月9日

黒辺 あゆみ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


少年ユウシャ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


たままる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


明。(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


草壁レイ/紙城境介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


緑青黒羽
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


碇マナツ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


潮里潤/三嶋与夢
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウミチ/高橋徹
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


小虎
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


七菜なな/Kamelie
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


門司雪/アルト
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真木蛍五
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


加古山寿/朱月十話
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


閃凡人/木緒なち
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧下信英/津田彷徨
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井万里
(ワイドKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈央晃徳/山川直輝
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月7日

ケンノジ/松浦
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


道草家守/ゆきじるし
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


宇佐楢春/やまだしゅら
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/硝音あや
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


柊一葉
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


九頭 七尾
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

CLAMP
(KCデラックス)
Amazon


雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


細川忠孝/山村竜也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


南勝久
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


あっぺ/明石六郎
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


明石 六郎
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まえばる蒔乃
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深凪雪花
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月5日

Kindle B☆W DMM

5月2日

東冬/三田誠
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


古橋秀之/別天荒人
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和月伸宏/黒碕薫
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朱村咲
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


肘原えるぼ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大@nani/吉緒もこもこ丸まさお
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/SAVAN
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田 雄介/ONE
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


猪口(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しんこせい(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫又ぬこ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


倖月 一嘉
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴 奈々
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


はにゅう
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


子日あきすず
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


茨木野
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


せきはら/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


Minjakk/Liaran
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


西山アラタ/春野こもも
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


榎戸 埜恵/涙鳴
(フロース コミック)
Kindle B☆W DMM

4月30日

藤木わしろ(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウアユム(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂石遊作(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハヤケン(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紺野千昭(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


結石(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴奈々(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W B☆W DMM


りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


ムンムン
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍央(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


山崎 響
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


やまむらはじめ
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月28日

天空すふぃあ/奈須きのこ
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅田むぅ/新山サホ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久慈 マサムネ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸馬きらく
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すずの木くろ
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


雪だるま
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


可換環(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


てぃる(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


木嶋隆太(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


川井 昂(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


アネコユサギ(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

4月27日

TYPE−MOON/大森葵
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小龍/八木戸マト
(電撃コミックスEX)
Amazon


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


あさなや/yocco
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


小祭 たまご
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月26日

ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと/奏ユミカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


平安ジロー/灯台
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


火野遥人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


オクショウ/MGMEE
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


槌田/TYPE−MOON
(角川コミックス・エースエクストラ)
Amazon Kindle B☆W DMM


リヨ/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月25日

紙城境介(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


両生類かえる(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


どぜう丸
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


彩峰舞人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


まさみティー
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


六海刻羽
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紙木織々
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


泉谷一樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍翠
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エノキスルメ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜あげは
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


参谷しのぶ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲井田そう
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎馬チキン
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷純(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


epina(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Y.A(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


COMTA/樋辻臥命
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Nokko/龍翠
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


灘島かい/三嶋与夢
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野地貴日/黄波戸井ショウリ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


つむみ/君川優樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぱらボら/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


遊喜じろう/みりぐらむ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


成田良悟/藤本新太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まつたけうめ/栖上ヤタ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月22日

川上真樹/富士伸太(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


新挑限(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


丹念に発酵(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


やませ ちか(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索