徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

あやかし同心捕物控え

あやかし同心捕物控 とんちんかん ★★★★   



【あやかし同心捕物控 とんちんかん】 霜島 けい  光文社時代小説文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

盗人と疑われ、番屋につきだされてきた青物売りのお駒を放免してやった同心の柏木千太郎。跳ねっ返りで威勢はいいが、早くに両親を亡くし、十一で人買いに売られ苦労して生きてきた娘だ。そんなお駒を陰から見守っているらしき謎の男がいた―。その正体とは?(表題作)顔はないけど男前。のっぺら同心と仲間たちがあやかし騒ぎ解決に走る、妖怪捕物帖第三弾!


前の出版社でのシリーズは2巻までで止まっちゃったのですけれど、光文社から改めて再版されたのがこの「のっぺら坊」の同心柏木千太郎が活躍する【あやかし同心捕物控】でした。
でもそれって、同じ光文社から霜島先生が出されている【九十九字ふしぎ屋 商い中】との兼ね合いで再版しただけで、それでお終いだと思ってたんですよね。
まさか、新たに第三巻が出るとは。嬉しい……(しみじみ)

時代小説の醍醐味の一つに「人情物」があると思うのですけれど、本作はまさにその人情物の極みなんですよね。人情とはすなわち、人としての情け。他人への思いやり。これが、本作には目一杯詰まっている。情に厚いのは決してメインの登場人物たちだけではなくて、無名の人々もみんななんだかんだと優しいんですよ。
たとえば、第一話の主人公となるお駒。まだ十を幾ばくか過ぎたばかりの子供である彼女。人買いから逃げ出した子供に過ぎないこの子が、なんだかんだと長屋に暮らせて仕事も貰えて働いて生きていけているのって、様々な人たちがなにくれとなくこの身寄りのない娘を助けてくれたからなんですよね。住むところを世話してくれて、仕事も世話してくれて、と何の得もないのに手を尽くしてくれる情け深い人が幾人もいたわけだ。
お駒も、そんな情けに報いるために懸命に頑張るんだけれど、儘ならないのもまた人の世。人買いの追ってに追いかけられたり、見覚えのない金が手元に現れ盗人に間違われ、と苦労に苦労を重ねている。でも、そんな境遇に挫けることなく拗ねることなく、胸を張って真っ直ぐに生きてるんですよ、このお駒は。
もうメチャクチャいい子なのですよ。それも世間知らず故の苦労も知らない世の中の闇も知らないが故の気軽な善性ではなく、苦労に苦労を重ねた上でなおどっしりと揺るぎなく据え置いた貫目のある善性というべきか。まだ子供にも関わらず、お駒の言葉には人生の苦味を味わい尽くしたような悟りがあり、その上で人の善性を体現するかのようなセリフを誇るでもなくただただ自然と口ずさむのである。
イイ子を描くことはさして難しいことではないかもしれない。でも、倫理的にも当たり前のことを行い、口にすることでここまで「ああ、この娘は本当に良い子だ」としみじみと感じ入ってしまう、相変わらず霜島先生の人物描写たるや、尋常ではないと改めて思い知らされる次第である。
そんでもって、こういうホントにイイ子が、イイ子であるからこそきちんと報われることこそが、人情物の醍醐味なんですよね。それを主導するのが、我らがのっぺらぼうの千太郎とその一党。自分は盗みなんかしていない、と言い張るお駒を、お前は盗んでいない、と即座に信じて解き放つ千太郎、このシーンが好きでねえ。自分の潔白を、自分の在り方を、自分という人間そのものをこんな風に信じてくれることが、辛い思いを幾度もその身に、その心に刻んできたお駒にとってどれだけ嬉しいことだったか。
それからも、雨が続いて仕事が捗らずその日の食うものにも困っていた時に、さり気なく自分の子供の子守の世話なんかを頼んだりして、あれこれ世話を焼くわけですよ、千さんたら。
こういう、町の人達一人一人をよく見てくれる、見守ってくれる同心がいるわけですから、相手が人間じゃなくのっぺらぼうであろうと、そりゃ江戸の街の人々に慕われますわなあ。

第二話の憑き物のお話も、一度は途切れてしまった親子の縁、親子の情を人知れずつなぎ直す、そんなお話。本来なら既に潰えてしまったはずの絆であったものが、偶々最期を看取ったのが千太郎であったが故に、千太郎たちの尽力によって想いと願いを託して残すことが出来たというお話だったんですよね。本来ならもっと切なくも物悲しい話になりそうなところを、どこか心安らぐコメディチックなノリとテンポで描かれるのがまた良い味が出てるんですよね。暗い雰囲気などどこにもなく、どこか明るく脳天気に、しかししっとりと温かみの余韻を感じさせてくれる、思いやりをじっくり噛み締められる作品でありました。

しかし、正悟はまだぐだぐだしていて、おようさんとくっつけてないのか。じれったいというかなんというか。はやく所帯持ちなさいよ。

ひょうたん のっぺら巻之二 ★★★★   

ひょうたん のっぺら巻之二(仮) (廣済堂モノノケ文庫)

【ひょうたん のっぺら巻之二】 霜島ケイ 廣済堂モノノケ文庫

Amazon
Kindle B☆W

江戸の人々は言う、「江戸で人気ののっぺらぼう同心を見て驚くなんざ、とんだ江戸っ子の名折れよ」と。情に篤く正義感の強い柏木千太郎のことだ。しかし、江戸っ子たちにも、のっぺらぼうだからこそ気になることがある。柏木の旦那はどうやって飯を食べている?
―実は、腰から下げたひょうたんに、胃の代わりに食べさせるのだが、そのひょうたんがなくなったから一大事!他に使いようもないのに、いったい誰が盗んだのか。同僚の片桐正悟と下っ引きの伊助が江戸中を探し回り…。のっぺらぼう同心の心優しい捕物帳、大好評第二弾!

千さん、胃だけ外部端末なの!!? 昔、何かで見たのっぺらぼうは、食べるときだけ口の部分がぽっかり空洞が空いて、という感じだったので千太郎さんもその類いだと思っていただけに、携えているひょうたんに食べさせる、という発想はなかった! でも、それってなくしたら大変じゃないの!? と思ったら、案の定ひょうたんを誰かに取られてしまってさあ大変、という話に。
このひょうたん、千太郎さん自身が食べ物を入れないと千さんが食べた、ということにはならないのね。千さん、「あーん」という風に食べさせてもらえることは出来ないのかー。いやまあ、武士がそんな食べさせ方させてもらうというのはアリえないのだけれど、夫婦仲の良さと千さんの人柄を思うとないこともないような気がしないでもないので、微妙に勿体無い。
この「ひょうたん」がまたじんわりと心温まる人情はなしでねえ。人間とあやかしは違う存在でありながら、この江戸では寄り添うようにして一緒の時間、一緒に空間で生きていることを実感させてくれる話でもありました。ひょうたんを無くして食事を取れなくなって弱っていく千さんを心配して奔走するのは、人間の同心である正悟と伊助。話を聞きつけた江戸の人たちも、これがそうじゃないかとみんなしてひょうたんを持ち寄ってきてくれて、それこそ山になるくらいひょうたんが集まってくるんですね。そして、ひょうたんを盗んだ天邪鬼の子も、イタズラで盗んだのではなく、彼なりに必死の思いで食べ物を食べるひょうたんを盗ってきたわけで、その理由がまた泣けるのですよ。彼の行く末も含めて、人と妖怪の変わらぬ優しさが染み入る話でした。

一方で続く「丑の刻参り」は逆に人と妖怪、双方の怨念が渦巻く、それこそおどろおどろしい怪談になっているわけですが、それに一人の町娘の、自身の許嫁である岡っ引き見習いの伊助への複雑な思いが本物の愛情へと変わっていく恋物語にもなっていて、にんともかんとも(笑
元々幼馴染同士でもある二人であるが故に、成り行きというか自然の流れでそのうち夫婦になることも受け入れてはいるのだけれど、お互いよく知るもの同士であるが故に熱量みたいなものは存在しなかったんですよね。それが、この恐ろしい事件に巻き込まれたことで自分がどれほどこの幼馴染を心の拠り所にしていたか、そして相手が見栄っ張りで頑固者な自分の内面をちゃんと理解してくれていたことがわかって、その上で彼が体を張って自分を守ってくれることや岡っ引きの仕事や千さんを助けることをどれほど誇りに思って大事にしているか、彼の大切なものを飲み込むことが出来て、彼に対する想いがはっきりと形になり、熱が灯るのである。
いい話、なんですよ。
対比として、あやかしを産む怨念へとすら変わってしまう恐ろしい情念と対決する話でもあるだけに、なおさらに引き立つんですねえ。相変わらず、伊助が千太郎のこと好きすぎて、嫁さんとなる由良も色々大変だなあとも思うですがw

しかし、千太郎の母親でも有る妖狐の艶さんが実に頼もしい。格好の良い女の人の代表みたいな感じで、千太郎の親父さんとの若い頃世代の話なんかもみたくなるくらい、この両親も魅力的なんですよねえ。

1巻感想

2015年9月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

月末発売のファミ通文庫、スニーカー文庫、コバルト文庫、HJ文庫、ビーンズ文庫などは来月送り。


読んだ本の数:37冊 うち漫画:10冊


好きな作家さんは、なるべくアンテナ立てておきたい。たまに、ライトノベル枠じゃないところから出してる時もありますしね。霜島ケイさんの【のっぺら】シリーズは、最近まで出ている事にまったく気づいてませんでしたし。
【はたらく魔王さま!】が、これだけ巻数重ねているにも関わらず、未だに自分にとっては新鮮なんですよね。面白いなあ。


★★★★★(五ツ星) 1冊

はたらく魔王さま! 13】 和ヶ原聡司/ 029 電撃文庫


【はたらく魔王さま! 13】 和ヶ原聡司/ 029 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
日常だって平坦で代わり映えのない日々ばかりじゃない。刻一刻と環境は変わり、人間関係は変化していく。この作品のリアルな生活感は、そんな日常における変化や機微もきっちり取り込んで描き切っているのがすごい。



★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。2】 CHIROLU/景 HJ NOVELS
のっぺら あやかし同心捕物控え】 霜島ケイ 廣済堂モノノケ文庫
黒鋼の魔紋修復士<ヒエラ・グリフィコス> 13】 嬉野秋彦/ミユキルリア ファミ通文庫

【うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。2】 CHIROLU/景 HJ NOVELS

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
そろそろラティナ可愛い教が創始されても不思議ではないくらいにラティナ可愛い! 


【のっぺら あやかし同心捕物控え】 霜島ケイ 廣済堂モノノケ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
のっぺらぼうの腕利き同心が、あやかしが普通に生活している江戸の街で大活躍。笑って泣けてじんわりと温まれる、素晴らしい人情モノでありました。


【黒鋼の魔紋修復士<ヒエラ・グリフィコス> 13】 嬉野秋彦/ミユキルリア ファミ通文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
壮大なラブロマンスも無事に完結。よくこの二人が恋仲になったもんだ、と最初期の二人の凄まじい険悪さを思い出す度に、感慨深くなります。


★★★★(四ツ星) 14冊

路地裏バトルプリンセス 3】 空上タツタ/平つくね GA文庫
魔剣の軍師と虹の兵団(アルクス・レギオン) 3】 壱日千次/おりょう MF文庫J
魔法少女育成計画 ACES】 遠藤浅蜊/マルイノ このライトノベルがすごい!文庫
再び始まる反救世譚(エスカトラ) 2】 上智一麻/nauribon MF文庫J
D9 聖櫃の悪魔操者 3】 上野遊/ここのか 電撃文庫
彼女がフラグをおられたら ここは修学旅行生に任せて、早く枕投げに行くのよ】 竹井10日/ CUTEG 講談社ラノベ文庫
七日の喰い神】 カミツキレイニー/ nauribon ガガガ文庫
この素晴らしい世界に祝福を! 7】 暁なつめ/三嶋くろね 角川スニーカー文庫
絶対城先輩の妖怪学講座 七】 峰守ひろかず/水口十 メディアワークス文庫
かくりよの宿飯 二 あやかしお宿で食事処はじめます。】 友麻碧/Laruha 富士見L文庫


【路地裏バトルプリンセス 3】 空上タツタ/平つくね GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【魔剣の軍師と虹の兵団(アルクス・レギオン) 3】 壱日千次/おりょう MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【魔法少女育成計画 ACES】 遠藤浅蜊/マルイノ このライトノベルがすごい!文庫

Amazon
感想はこちら


【再び始まる反救世譚(エスカトラ) 2】 上智一麻/nauribon MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【D9 聖櫃の悪魔操者 3】 上野遊/ここのか 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【彼女がフラグをおられたら ここは修学旅行生に任せて、早く枕投げに行くのよ】 竹井10日/ CUTEG 講談社ラノベ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【七日の喰い神】 カミツキレイニー/ nauribon ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【この素晴らしい世界に祝福を! 7】 暁なつめ/三嶋くろね 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【絶対城先輩の妖怪学講座 七】 峰守ひろかず/水口十 メディアワークス文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【かくりよの宿飯 二 あやかしお宿で食事処はじめます。】 友麻碧/Laruha 富士見L文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


今月のピックアップ・キャラクター

丁田小町 (路地裏バトルプリンセス)
鈴木梨香 (はたらく魔王さま!)
ルガイア (天壌穿つ神魔の剣)
トリスタン (魔剣の軍師と虹の兵団)
ラティナ (うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。)
柏木千太郎 (のっぺら あやかし同心捕物控え)
メルヴィーユ (D9 聖櫃の悪魔操者)
忍者林瑠璃 (彼女がフラグをおられたら)
神楽・ブレードフィールド (彼女がフラグをおられたら)
ラティメリア (七日の喰い神)
ララティーナ (この素晴らしい世界に祝福を!)
ベッチーナ (黒鋼の魔紋修復士<ヒエラ・グリフィコス>)
絶対城阿頼耶 (絶対城先輩の妖怪学講座)
湯ノ山礼音 (絶対城先輩の妖怪学講座)
 (かくりよの宿飯)



以下に、読書メーター読録と一言感想。

続きを読む

のっぺら あやかし同心捕物控え 4   

のっぺら-あやかし同心捕物控え- (廣済堂モノノケ文庫)

【のっぺら あやかし同心捕物控え】 霜島ケイ 廣済堂モノノケ文庫

Amazon
Kindle B☆W
南町奉行所定町廻り同心、柏木千太郎はのっぺらぼうで顔がない、れっきとしたあやかしだ。だからといって江戸っ子はいちいち驚かない。そんな千太郎の元に「ある娘が拐かされそうなので男を捕まえてくれ」と、話の筋が通っていそうで通っていない奇妙な依頼が。依頼人は赤い珊瑚の玉簪をした婀娜っぽい美人だったがどうにもおかしい。下っ引きの伊助、同僚の片桐正悟とともに調べ始めると…。江戸の町を颯爽と歩く、顔も気性も「さっぱり」としたのっぺらぼう同心が不思議事件を解決する、心優しい捕物帳!
あらすじを読まないでそのまま本編突入したので、てっきりあやかし関連の事件ばかり巻き込まれる同心のお話かと思い込んでいたのです。まさか主人公の八丁堀その人が妖怪とは想像だにしていなかったんで、いきなり出てきた主人公がおもいっきり「のっぺらぼう」だったのには、度肝抜かれたさ! ひっくり返ったわ! しかも、正体全然隠してないし! 全江戸に知れ渡ってるし! 
ものがのっぺらぼうだけあって、千太郎こと千さんには目も鼻も口もなく、口がないのでこの人、全然しゃべらないんですよね。でも、一言も口を利かないにも関わらず、千さんって恐ろしく雄弁で感情豊かなのである。いや、言葉無しで語るべき表情すらないので、顔を見りゃわかるってなもんじゃないんだけれど、なんでかわかるんだよねえ。ジェスチャーか? ジェスチャーなのか? わりと愉快な性格していて、小物な上司をからかって遊んでたり、江戸っ子らしい粋なところを見せてくれたり、とこれがまたいい男なのである。江戸市中でも評判の頼りになる同心で、「男は顔じゃあない」とそのいい男っぷりを噂されている人物、ならぬあやかしなのであります。
いやあ、もうさすがは霜島ケイさん、というべきか。まったく頭になかったところからザクザクとつきこんでくるあやかし譚でありました。人間の世界と幽世の、相容れぬところと寄り添うところの境界線を人情味たっぷりに描くことに関しては、これまで書かれた様々な作品の中でも共通していたものでありますけれど、まさか江戸時代の時代小説で、こうも面白おかしく、じんわりと染み入るような人情モノのあやかし物語を書いてくれるとは。
しかし、こののっぺらぼうの旦那、既に奥さんと娘さんまで居るのだから大したものである。いや、この奥さんが千さんに惚れて添い遂げるまでのエピソードがまた笑えて楽しいんですけどね。奥さんの顔の好みがある意味すごすぎるww
へのへのもへじのエピソードとかでは、千さんの娘小春への溺愛っぷりが物凄いことになっていて、家族仲の良さは羨ましいほど。のっぺらぼうとか関係ない良い家族ですなあ。

短編集の三話構成。第一話こそ、いわゆる仇討話の変則型となるのですが、二話目の「ばらばら」なんか、女性のバラバラにされた肢体が発見されて、という凄惨な始まりのわりに随分とほっこりとした、全然血生臭くない、愉快でありつつも誠実な人間の心根の健やかさにじんわりと温かくなる良い話でしたし、三話目なんかは女性が苦手で堅物だけれど本当にイイ男な、千太郎の同僚の同心片桐正悟の淡い恋物語だったりと、読んでいて思わずニコニコと相好を崩してしまっている心地良いエピソードばかりで、いやあ堪能させていただきました。事件もそれぞれ、ひねりが聞いていてなかなか先が読めない紆余曲折っぷりが本当に面白かった。

筆談という形で結構色々喋ってくれる千さんだけれど、やはり表情がない分ふとした瞬間何考えてるかわからない時はあるんですよね。それを長年の付き合いで真っ直ぐな性根の片桐正悟や、何となく千さんの気持ちを感じ取れる下っ引の伊助が代わり、と言っちゃあなんですけれど、いつも一緒になって頭を悩ませ、時には千さんの想いを組んで動いてくれる。逆に千さんは何も言わず、何も語らず、影に日向に彼らを助け、気遣い、いつも必要な時、居て欲しい時にそこにいる。なんか、凄くいい関係なんですよねえ。
うん、笑って泣けてじんわりと温まれる、素晴らしい人情モノでありました。これはオススメ。

霜島ケイ作品感想
 
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索