いかぽん

魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか 3 ★★★   



【魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか 3】 いかぽん/カカオ・ランタン  ファミ通文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

ウィリアム達冒険者四人パーティは、鉱山都市ノーバンに足を運び、坑道に発生したロックワームの退治という合同クエストを受注する。同行した他の冒険者が苦戦する中、ウィリアム達はいつものように易々とモンスターを倒していく。そして温泉に浸かり旅の疲れも癒やす余裕(?)の彼らだったが、次の日市長に告げられたのは、冒険譚に綴られた伝説の巨大ロックワームが潜んでいるかもしれないという情報で…?大人気冒険ファンタジー、激変の第3弾!

ライバル登場! というには、このグレンという冒険者、好敵手のイメージからはずいぶんと異なってる。そもそも、女性に対するスタンスがウィリアムとこのグレンは逆さまと言っていいくらいに違うんですよね。冒険を優先して仲間の女性たちは大事に思いつつも恋愛という関係に踏み込むには一線を敷いているウィリアムに対して、グレンは欲望に忠実で女性という存在もモノのようにしか思っていない。傲岸不遜で過剰なまでの自信家という厄介極まりない人種なのだけれど、ただの無法者というわけではなくある一定の自分なりのルールを持っている。そのルールはグレン自身も破らないし曲げることはない。それは信念であり、彼という人間を形作っている枠組みであると言っていい。
こういう部分はウィリアムと実は結構似通っているんですよね。自分を形作ってる枠組みに詰め込んでいる中身はまったく別物であるとしても。
面白いことにこの二人、お互いの行状については嫌悪感を覚えるほどに嫌っているにも関わらず、意外なことにその事自体を否定しようとはしていないんですよね。不倶戴天の敵となるのかと思いきや、こういう男もいるのか、こういう考え方もあるのか、と興味を覚えながら自分と全く異なるベクトルで動いている男の存在を飲み込んでいるのである。勿論、嫌ってはいるのだけれど。
それもこれも、相手に認めさせるほどに力を示したからなのだけれど、その力もそれぞれグレンとウィリアム、戦士と魔術師というクラスの違いもあるのだけれど、力の示し方がまた全然違っていて、だからなのかどうも新鮮な驚きとも興味とも取れる感覚を抱いているっぽいのである。
異なりすぎる価値観が、反発や拒絶ではなく新味を感じさせる関係とでもいうのか。
そのせいかよくわからないのだけれど、グレンもウィリアムもそれぞれ身近な女性に対するスタンスというか考え方が微妙に相手の影響を受けたのか、ちょっと変わってきてるんですよね。
競争の後、二人が微妙な雰囲気のまま何故かサシで呑みに連れ立っていき、決して仲良くなるわけでも意気投合するわけでもなくお互いに忌避感を抱いた微妙な空気のまま、しかし二人でじっくりと対話してお互いの人となりを確かめあい、それでどうこうするわけでもなるわけでもなく、さっさと別れて解散、となるシーンはなんともこう面白いものがありました。
お互いに相容れぬ、理解し合えない者同士。でもそれがそのまま敵となったり反発し合う関係になるわけじゃあないんですねえ。無視するのではなく、お互いを強く認識した上でオレはオレ、あいつはあいつ、と置き合える。自分とまったく違う人間を向き合うことで、むしろ自分自身と改めて向き合うことになる、なんてこともあるのかもしれません。ライバルというにはそっけない距離感ですけれど、こういう関係も面白いなあと思った次第。
女性陣との関係は進展しているようで、まあ個々の掘り下げらしい掘り下げもなく、ウィリアムの方から歩み寄ったというべきか。シリルがワーム生理的にあかん、というのはネタにされてたけれどパーティーとしてはそこそこ真剣に考えないといけない案件じゃなかろうか。ワーム相手だとメンバー一人使い物にならなくなるわけだし。

1巻 2巻感想

魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか 2 ★★★  



【魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか 2】 いかぽん/カカオ・ランタン  ファミ通文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

冒険者のウィリアム達は、オーク退治のクエストを遂行中に出会ったエルフの娘に連れられ、彼女の集落へ赴く。しかしそこでオークによって重傷を負わされた彼女の母親から、仲間が敵地に取り残されていると告げられる。救出作戦に参加することになったウィリアム達。統率された百を超える軍勢を前に、彼の導き出した戦略は―!?そしてウィリアムとサツキたち女性陣の関係にも変化の兆しが見えて…!?Web発の大人気異世界冒険譚、緊迫の第2弾!
いきなりサークル崩壊、じゃなくてパーティー崩壊の危機。恋愛問題は容易に小さなグループ内の空気をギスギスさせて維持不可能にしてしまうんですね、わかります。
いやこれ、真面目にウィリアムが鈍感なふりせずに特に態度が露骨なサツキに好意の有無を確認した上で、自分は冒険優先で恋愛はその邪魔になってしまうから後回し、とはっきり告げたのはタイミング的にもギリギリでファインプレーだったんじゃないだろうか。
ともかく、ウィリアムの意志と優先順位がわからないままだったら、女性陣としても自分の気持を優先して考えずには居られなかったでしょうし。ウィリアムが冒険優先だとはっきりしていたからこそ、自分たちの気持ちをちゃんと表明した上でウィリアムの意志を尊重して自重する、という協定が結べたわけですから。
まあでも、そこかウィリアムの意に反しない範囲から彼の優先順位を奪い取るだけの寝技を仕掛ければいい、という話にもなってしまうのですが。やりすぎてしまうとレッドカードが出てしまうので何気に微妙な加減が求められてしまうので、恋愛初心者な女性陣には難しいところでしょうし、あんなこと言いながらウィリアムの優しさは結構ズルいだけに、まあ脆そうな協定ですけど。
あくまでサツキ、シリル、ミィの三人の間での牽制関係だけに、外部からちょっかいかけられたらあっさり崩れてしまうものですし。
そもそも、ウィリアムあれでチョロいからなあ。アイリーンもいることですし、こっち方面の方はそのままなし崩しになっていきそう。

今回はエルフたちの味方をして、攻め込んできたオークの集団と戦うという集団対集団戦の様相を呈していたのですが、パーティーの戦闘管制のみならずウィリアムって集団戦闘の作戦立案まで出来るのか。そのあたり、魔導師の教育の範疇ではない気もするのだけれど。
地形を利用し相手の心理状態も誘導して、自分の火力を冷静に計算のうちにいれ、最大効率最小被害での戦闘結果を導き出す。派手だったり奇策を講じたりするわけではない、手の内にある札を使ったけっこう堅実な作戦で、戦力的には上であるオーク勢を打倒していく戦闘パートもなかなかおもしろかったです。あれ、最後アイリーンと途中で合流できていなかったら結構苦しい戦いになってた気もするけれど。
でも、鳥に化けて俯瞰的に敵の位置を把握できる、というのは圧倒的優位なのでアイリーンがいない場合でも、うまくオークの進撃先を避けながらチクチクと戦力削ってなんとかは出来たかしら。

1巻感想

魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか ★★★☆  



【魔術学院を首席で卒業した俺が冒険者を始めるのはそんなにおかしいだろうか】 いかぽん /カカオ・ランタン  ファミ通文庫

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

魔術学院を首席で卒業したウィリアムには高給と安定のエリート街道が開かれていたのに、彼は自由と可能性に満ちた冒険者の道を選ぶ!盗賊、神官、侍の少女三人とパーティを組むことになった彼は、駆け出し冒険者の水準を遥かに凌駕する高い魔法能力と、頭脳的かつ実践的な戦い方で、軽々とギルドのクエストをこなしていく。更に彼は、魔術師を超える導師の称号すら持っていて…!?実力派の冒険者少女もタジタジ、凄腕魔術師の冒険譚、ここに開幕!

国内の最高学府を首席で卒業、というのはそりゃもう凄まじいことなんだけれど、逆に言うとそのレベルの人は毎年一人は卒業してくるし、同程度の人間は上位十名くらいを範疇としても数年で何十人と出てくる程度なんですよね。つまり、チートな能力を持った特別な人間でも世界で五指に入る実力者というわけでもない、ある意味常識的な範疇に入るエリート、というくらいの人間なんですよね、この主人公。
……いや、ぶっちゃけリアルだとそのレベルの人は本気で「バケモノ」なことも全然珍しくないのですけどね。エリートって本来やられ役なんかじゃなくて本気で凄い連中なんだぞー。
とはいえ、所詮学生での首席レベル。現場に出れば机上の勉強とは異なる実践についていけない、なんてことはザラにあるのですが……。
このウィリアムくん、なんちゅうか実践派すぎるんじゃないだろうか!?
派手だったり強力な目立つ魔法や、莫大な魔力、高度な術式に基づくなんていうんだろう、特別であることを全面に押し出しての圧殺という方法じゃなく、彼が取る手段というのは睡眠魔法でモンスターを眠らせて安全に処理する方法だったり、事前に先の地形や敵情を偵察することの出来る遠見や透視魔法によって完全に主導権を握ってから行動するようなやり方だったり、地味なんだけれど玄人好みの方法ばかりなんですよね。
いやそりゃもう安全マージンを確実にとって、危険を極力排除し、出来れば戦闘前に勝利を確定させられる優位を確保して、という支援と補助を優先した戦闘というのはもう文句の付け所もないのですが、それを新人の身で出来るというあたりにウィリアムの地に足の着いた姿勢が鑑みれるわけです。
そこまで地に足がついているなら、そもそも冒険者にならずに宮廷魔術師として安全で高収入で仕事としてもやりがいのあるだろう政務関係に入ったらいいじゃないか、と思う所なんですが、何事も効率ではなく、夢を追うという若者らしいあり方を忘れてないあたりが、彼の面白いところなのでしょう。
そういう効率重視だけれど絶対視をしていなくて、情や自分と異なる価値観や考え方も尊重するというあり方は、組むことになったパーティーメンバーとの間で育まれていく信頼関係の中でも大きく作用してるんですね。頭でっかちでもなく、自分の考えが正しいと考えているわけでもないので、人の話はよく聞きますし、自分の節を曲げることになるケースがあってもそこに理があるなら、その理由がその人にとって大事なことであるのなら譲ることに躊躇いのないおおらかさみたいなものもありますし。
なによりも、彼の美徳としては人を褒めることがうまい、というのがあるのでしょう。それもおべっかや建前ではなく、他人の良いところを目ざとくみつけて、それを嫌味なく褒め称えることが出来る。
いやね、褒められるってどんな形でも人間嬉しいものですし、頑張ろうって気になるんですよ、これが。それでいて、他人を褒めるのって案外難しかったりするんですよね、これ。
多分、ウィリアムはそれを自然に出来る青年なんでしょうね。彼の数ある長所の中で最たるものがもしかしたらこれなのかもしれません。お蔭で、彼を慕いまた可愛がる人は老若男女問わない多岐に渡る模様で、人脈の広さがえらいことになっている。
これって、父親が反面教師になっているのかもしれませんけどね。逆にあの対人関係壊滅的だろう狷介な性格の父親が魔術師の筆頭やってるあたり、それだけ能力ずば抜けてるんだろうな、と想像もつくわけですが。まあそれだけではないのは、彼の峻厳さが自分自身もまったく守っていないあたりに垣間見えるのですが。でも、ああいう在り方って敵しかいなさそうだけどなあ。

ヒロインたちはまあ、確かにチョロいとは思うのだけれどあの子らはあの子らであんまり褒められたこともなさそうだし、自分の能力や成果を正当に評価してもらい称賛してもらえる、というのはほんと、思いの外グリグリと心をくすぐるものですから、多少チョロくなってしまうのもわかるんですよね。まあ、さつきはあれ極端だと思いますけれどあのキャラ、チンピラ系純情乙女だからなあ(苦笑


 

2月29日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

2月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月26日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

2月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


2月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W

2月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月6日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


2月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

2月2日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索