徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月のライトノベル新刊カレンダー
 

うえお久光

紫色のクオリア 3 5   

紫色のクオリア (3) (電撃コミックス)

【紫色のクオリア 3】 綱島志朗/原作:うえお久光 電撃コミックス

Amazon


うおおおおおおおおおおおおおおおお!!

超大傑作!!!


あの、原作を読んだ時の超弩級の衝撃を、そのまま、或いはそれ以上の威力を持って食らった、喰らってしまった。願わくば、この漫画シリーズ三巻をまとめて読むことをおすすめする。蝶オススメする。その上で原作を読んで、満を持してこの三巻の付帯されたうえお久光さんが書いた書き下ろしの短編を読めば、それできっとパーフェクト。
貴方は、地上から時空の果てに浮かび上がり、宇宙の彼方へと吹き飛ばされ、天上天下の概念を完全に溶かされた挙句に地上に叩き落とされ夢から覚めたみたいな放心状態にさせられること請け合いである。
この、際限なく自己が拡大していって想像が及ばない領域まで広がりきって進み切って、果ての果ての最果てまで到達した末に、最初の地点に収斂していく感覚は、きっと二度と味わえない前人未到の感覚である。そう思っていた。この原作を読んだ時に打ちのめされた陶酔を、まさか漫画でもう一度、些かの瑕疵もなく再び味わう事が出来るなんて。なんて新鮮で、懐かしくも尊い感覚だろう。泣きそうだ、というか泣いた。
そんな、湧き上がる感覚を、湧き上がって留まることなく吹き上がって、飛び散っていってしまいそうなそれを、最後の短編が小箱のように内に収めてくれたんですよね。
小説と漫画の、両方の終着点。この【紫色のクオリア】という世界の本当のピリオドが、この短編をもって打たれたのだ、と思うと切なさと同時に止めどない安堵が溢れる。やっと、蓋をすることが出来たのだ、と。

内容について言及する必要性は、これっぽっちも感じない。というか、もうやだ、ごちゃごちゃ言ってる前にまず読め、としか言えん。読んでこの怒涛怒涛の疾走に何も出来ずに溺れるがいい。 
今はただ、感慨に浸るばかり。これほどの傑作をもう一度味わえたことに、ひたすら感謝を。もうこれ、課題図書ね?

1巻 2巻 小説感想

紫色のクオリア 2 5   


紫色のクオリア 2 (電撃コミックス)

【紫色のクオリア】 綱島志朗/原作:うえお久光 電撃コミックス

Amazon

学にかかってきた「自分からの」電話が、告げたのは――

紫色の瞳をもった少女・鞠井ゆかり。彼女は、ニンゲンがロボットに見えるという――。特異な感覚をもったゆかりと、その友だちの波濤学が紡ぎだす「すこし・不思議な」物語。留学生・アリスの登場を機に、ゆかりの、そして学ぶの運命が大きく動くだす……。

警告しよう。

――ここから物語は急転する。


待っていた、待っていました。あの歴史的傑作の疾風怒濤の加速感を目撃する瞬間を。

「1/1,000,000,000のキス」

物語が走りだす。リミットを超えて、際限なく加速しだす。止まらぬ世界、窓から見える光景はもはや流れる光の線へと化していく。
正直言って、あの原作でのノンストップ感、ゴールまで一瞬足りとも減速することなく、ただただひたすら加速して加速して光速を超えたかのように限界突破して、そのまま走り抜けてしまったドライブ感は、漫画で十全味わうことは不可能だろう。あの感覚は、殆どトリップと言っていいもので、文章という媒体に寄ってもたらされる陶酔であった以上、漫画という媒体でありまたこの2巻で物語の執着まで辿りつけず続刊という形になってしまうコミックスでは味わう事は不可能なものだ。故に、あの乗ったが最後、終わりまで離脱できないという途方も無い感覚はさすがに薄れてしまっている。
多分、原作で内容を既に知っている事も大きいのだろう。何も知らなければ、これほど衝撃的な展開もないだろし。それを加味しても、小説と漫画という媒体の違いは大きいと思う。それは仕方ないことだ。だからこそ、逆に漫画という文章とは別の情報力を本作はこれでもか、と注ぎ込んできている。これは、原作では最後に我に返るまで置き去りにされてしまった心を、一から十まで首を引きずって連れ回す縦横無尽の所業である。一枚のページ、一つのシーン、一つの駒、その中の細かい仕草や表情で、これでもかと情感に訴えてくる。自分が何に乗っかってしまい、どんな状況の加速に巻き込まれてしまったのかを、つぶさに見せつけてくる。ワンシーンワンカットにぶん殴られる。あの時、マリィがどんなことを考えていたのか、学がどんな風に変貌し、その学の在り様に世界はどんなふうに激しく揺さぶられていったのかを、原作の学の語りだけでは知りえなかったところまで、つぶさに、つぶさに、外から光景を見ることによって窺い知ることになるのである。窺い知らされることになるのである。
目のあたりにするのである。
光のように一途な狂気を。すべてを置き去りにしていく最果てへの直滑降を。

漫画作品としては文章がやたらと多いですけれど、これでもかなり噛み砕き、さらに分かりやすく整理してSF的な解釈を説明していると思います。ゆかりの存在のありようや、学がどうなっていってしまっているのかを、簡潔かつ的確に説明しているかと。少なくとも、何が起こっているかさっぱりわからない、なんてことはまず無いんじゃないでしょうか。要点をきっちり抑えている分、原作小説よりも端的に状況は理解できるかもしれません。
だからこそ、ここで起こっていることが恐ろしくなるでしょう。未知もまた恐怖ですが、理解もまた状況如何によっては恐怖をもたらすものなのですから。もっとも、まだすべてははじまったばかり。加速を開始したばかり。
前人未到の領域へと踏み入ってしまうのは、むしろここから。三巻こそが本番中の本番、と言っていいのかもしれません。ここで一旦区切られることが、救いなのか嬲りなのかは微妙なところでありますが。

とは言え、一旦加速しだしてしまった中で、巻末の番外編はひとときの憩いですなあ。物語が急転する前の、平穏な日常……というにはぶっ飛ぶ過ぎていますけど! 
ひっくり返って笑ったわ、「目からビーム!!」
ガクちゃんの換装システムすごすぎw

1巻感想

紫色のクオリア 1 5   

紫色のクオリア 1 (電撃コミックス)

【紫色のクオリア 1】 綱島志朗/原作:うえお久光 電撃コミックス

Amazon

紫色の瞳をもった少女・毬井ゆかり。
彼女は、ニンゲンがロボットに見えるという――。
各評論等で絶賛されるなど、世に大いなる衝撃を与えた電撃文庫作品をコミカライズ!!


紫色のクオリアである。

未だにこの原作である小説を読んだ時の衝撃は色鮮やかだ。特に物語の後半「1/1,000,000,000のキス」に突入してからの次元を超越した疾走感は、今思い返しても呆然としてしまう。ライトノベルという括りから出されたSF作品としては間違いなくラノベ史上屈指の傑作だろう。
紛う事無き傑作だろう。
だからだろうか、後半のインパクトが強すぎてついついこの作品を語るときには「1/1,000,000,000のキス」のことばかりを語ってしまう。脳裏に思い出されるのはいつだって、ガクちゃんが走りだしたあの後編だったのだ。
でも、この【紫色のクオリア】という作品のコミカライズにあたって、改めて最初からこの物語を見つめ直す機会を得た今回、私は新たなる衝撃をうけることになったのでした。

これ、後半に突入する前から、最初から超特急で傑作だ!!
ヤバいわ、この巻のラストシーン近辺、わかっていても鳥肌が立った。綱島志朗、パないわ。元々この作品自体、うえお久光と綱島志朗のコラボ企画によって生まれた作品で、小説の方の挿絵も綱島志朗さんが担当しているように、作品の理解度については心配のしようもないところでしたけれど、それでもコミカライズとなればそう簡単に行くとは思わなかったんですよね。……ちょっと舐めてたかもしれない。完璧だわ、今のところ。多分、言われなければこれが原作付きのコミカライズとはまずわからないんじゃないだろうか、という隙のない出来栄えでした。というか、私自身一旦原作のことは忘れて思わず夢中になって読んでた次第。のめり込んでたなあ、我ながら。
さらには、漫画になったことで視覚情報としてマリイの異質性を目の当たりにできたのは新鮮な心地にさせられた。あのシーン、あんなことになってたのか。
マリィの目は人間がロボットに見えてしまう、人と器物の区別が付かない、という風に冒頭から説明され、それは大筋として間違ってはいないのですが、でも根本的に間違ってもいるわけです。途中、天条が訴えてくる警告は、実のところ比喩でも例えでもなく、全くそのままの意味だった事が追々わかってくるわけだけれど……端的に言うなら、マリィは目や脳がおかしくて見ているものが普通の人間と違ってしまっている、のではないんですよね。まったく、そういう事じゃないのです。見ている世界が違うのではなく、存在している世界そのものが違ってしまっていることを、まだ誰も理解が及ばない段階に居る。
ぶっちゃけその差こそが、「1/1,000,000,000のキス」においてもガクちゃんの前に立ち塞がる壁となるのだ。原作の感想を書いていた時、何故ガクちゃんは最後まで目的を達成デキなかったのかについて、読破後の興奮や冷静になれずに頭に血がのぼっていたのも相まってか、疑問への明確な答えを導き出せず仮定しか並べられなかったのだけれど、こうして漫画化された最初のエピソードを見て、マリィという少女の本質的な違いを実感した今ならその理由に納得が得られる気がする。
ゆえにこそだ、早く綱島志朗の絵描くあのスタンピード「1/1,000,000,000のキス」を見てみたい。絶対に読んでみたい。
あの傑作を、もう一度目撃したい!

待ってます。

原作:紫色のクオリア感想

紫色のクオリア5   

紫色のクオリア (電撃文庫)

【紫色のクオリア】 うえお久光/綱島志朗 電撃文庫

Amazon
 bk1

……言葉を失うという感慨を久々に味わわされた。
これはすごい。本当にすごい。
本物の傑作。紛う事なき傑作。完全に抜きん出た、卓抜した凄まじい傑作。
すごいものを読んだ。まったく、凄いものを読んでしまった。
これほど際立ったSF作品にも関わらず、同時にライトノベルとして一つもぶれていないのだから、もはや呆気にとられるしかない。
まいったな、これは。体の芯から揺さぶられたまま、未だにうまくこの作品を咀嚼し切れていない。
正直、これをネタバレなしに語るなど難易度が高すぎるんだが、いやネタバレをしたからといって小揺るぎもしないんじゃないのかとも思うんだが、だからと言ってどんな小さな瑕疵すらも付けることに怖れ慄いてしまうこの感覚を無視できようはずもない。

しかし【少女とロボット】というテーマから第一話「毬井についてのエトセトラ」へと至る時点でその発想のぶっ飛びっぷりはおかしいとしか言いようがないのに、そこからどうやったら第二話の「1/1,000,000,000のキス」に発想が至るのか、もはや常軌を逸しているとしか思えない。なんなんだ、この話の転がりっぷりは。
第二話が始まった途端、第一話のあらゆる要素が起爆剤となり、物語は尋常ならざる速度で加速していく。それは規定されたルールを飛び越え、常識を乗り越え、可能性という可能性を網羅し、人であることすらかなぐり捨て、ただ一つの目的を達成するためにあらゆる観測点を踏みにじり、世界の外へと飛び出していく。
その果ての果てに辿り着いた場所で遭遇したもの、それこそが彼女の誤謬であり到達点であり、回帰であったのだ。
ここで思うのだが、これほど遠大な探求を成し得ながら彼女が目的を達成できなかったのはなぜなんだろう。ここで目的の対象である彼女の言は、あまり全面的に信用できないように思う。なにより彼女は、対象以外の運命はほぼ完全に操作しきっていたからだ。
そして、果てでのあの邂逅。まるでお釈迦様の手のひらの上を彷徨っていたような感覚。
そう、万物理論へと至るまでのあれほどの段階に達した彼女ですら、結局あの子のいた地平には辿り着く事は叶わなかったという事になるんじゃないだろうか。
というよりも、そもそも回帰することで既に辿り着いていた同じ地平に戻ってきた、と言えるのか?
いや、でもそういうメンタル面の話ではなく、存在の階梯という意味ではやはり、ああなってすら辿り着けない断絶があったような気がする。
それでも、着地点としてこうなるのは、正しくライトノベルであったというべきか。でも、IFでのあれを考えると、色々と意味深に推測できることも多々あるわけで……まいったなあ。

とにかく、ものすごい作品である。このドライブ感に巻き込まれれば、それこそどこまでも、人が本来辿り着けるはずのない地平の先まで覗けてしまいそうな恐怖感と興奮に取りつかれることだろう。
繰り返す。紛うことなき、これは傑作である。

シフト 3 世界はクリアを待っている4   

シフト 3―世界はクリアを待っている (3) (電撃文庫 う 1-22)

【シフト 3 世界はクリアを待っている】 うえお久光/STS 電撃文庫


読み始めた当初から、微妙な違和感はずっと感じてたんですよね。冒頭、高嶋空の特異なワールドシフトをしばらく伏せた形で見せられていたせいもあるんでしょうけど。
ああ、ウェイトレスが【都】の存在を知らなかったり、という点なんかも引っかかってたのかな。世捨て人同然だったラケルやまだまだ新人で世間知らずなセラたちと違って、それなりにベテランらしく、野心もあり、情報に対してビンビンとアンテナを張り巡らしていそうなこのウェイトレスが、いかな辺境の町とはいえ【都】の存在を知らなかった、という点が気になったのかな。それ以上に、カレンが【都】をこれから発展していくまだまだできたばかりの代物のように口にしていたところが、引っかかったんだろう。
多分、この時点で高嶋空がシフトしてきている世界は、ラケルたちが転位してきている世界の<過去>にあたるものだというのは薄々勘付いていた。それが決定的に確信に変わったのは、既にシフト世界から退場したはずの人物が、現在進行形でカレンの口から語られた一件だったわけだけど。
それでも、以前話題になっていた競馬の話などからして、ある程度の転位の時差みたいなものがあることは理解していたのだけれど、年単位のずれが生じるケースがあり得るのだろうかと逆に悩む羽目になったのだけれど。
とにかく、異例尽くしの高嶋空の状況。
よくよく振り返ってみると、彼女の状態を説明する伏線はそこかしこに配置してあったんだけど、まったく気付かなかったですよw
でも、気づくわけないよなあ。実際、カレンとソラは対話してるんだから。
不覚にも後から気付いたんだけど、この巻って総体的に見て過去編そのものだったんですね。ラケルがサラマンデルとして魔王を名乗っていた時代。そして、リカルドとラケルの因縁の始まり。
そもそも、ラケルは昔がたりなんて絶対したがらない性格だし、昔に起こった事件を語るには、このカレンが確かにもっとも相応しかったと言える。彼女こそ発端であり、中心であり、焦点であり、元凶であり、誰よりも真実を知る人物なのだから。
そして、彼女の真実を彼女とともに体験した高嶋空――ソラが、その真実を携え、今の時代に降り立ったことは、彼女がとてつもない重要なキーパーソンとなることを示していると考えて間違いないはず。
ただ、単純に絡まった糸を解きほぐすマスターキーになれるかというと、それは安易にすぎるからなあ。

ところで、ザンですよ、ザン。
こいつ、その評判とか初登場した時の挿絵とかからして、冷徹な孤高の剣士、みたいなイメージだったんだけど……どうも、なんか全然違うっぽい。
ガキだ、こいつ。たぶん、かなり年下なんじゃないだろうか。しかも、チビに違いない。腕白坊主で、脳筋の熱血バカ。しかも、根っからの子分体質とみた(笑
鷹生なんか目茶目茶憧れてるっぽいけど、現実の方だと鷹生の方が絶対出来た人間だと思うんですよねw

シフト II ―世界はクリアを待っている―5   

シフト 2―世界はクリアを待っている (2) (電撃文庫 う 1-21)

【シフト II ―世界はクリアを待っている―】 うえお久光/STS 電撃文庫


たとえ、別人になっているとしてもシフト世界での体験は、そのままその人個人の体験となる。ネットゲームなどと違い、五感を有し、暑さ寒さ、痛みや空腹も現実世界と同じように感じる世界。たとえ身体が違っても、世界を跨いでも、それはその人の経験であり記憶であり、生きた感覚そのもの。
だとすれば、シフト世界での殺人、人を殺したという経験は、人を騙し、犯し、傷つけた、傷つけられたという経験は、現実世界では夢の話と割り切れるはずがない。
やがて世界の境界は曖昧になっていく。
祐樹がセラを守るために現実世界でやろうとした行為は、現実世界では犯罪として社会的に許されない行為であったが、シフト世界においては誰かを守るために違う誰かを殺そう、という発想は決して珍しいものではないはずである。
いやそれ以前に現実世界でのセラに迫っていた危機は、現実とシフト世界を別の世界と区切っていては起こりえない出来事であったはずだ。現実に、過去に恋人を助けるためにシフト世界ではレベルが違い過ぎて太刀打ちできなかった相手を、現実世界で殺害するという事件が起こっているのだという。
二つの世界は繋がってる。別人になれるわけでも、なんでもないのだ。
主人公の祐樹は、それを嫌と言うほど、おそらくほかの多くのシフト世界移動者よりもはるかに身にしみて、それを理解している人物である。故に、彼は慎重で、臆病すぎるくらいに身を屈めて生きている。シフト世界でも、現実世界でも。
……でも、そんな風に隠者のように過ごし続けることのできる男なら、基よりかつて【魔王】と呼ばれるほどの存在になれるはずがない。魔王とは何と言っても【王】なのだ。異形としてシフト世界に顕現した怪物系たちに慕われ、人間型を含めて多くの人々を魅了し、惹きつけたモノを持った男が、無気力に周りの声に耳を閉ざし、周りの訴えから目を逸らしながら生きていけるはずがない。
現実世界で、彼が今の学校に編入してきた目的を目の当たりにした時、自分は愕然とした。
この男には、シフト世界が偽りの世界、所詮は夢の世界という観念はないのだろうか。多分、明確に自覚してそんなことは考えてないだろう。でも、この男の行動ロジックは、どう考えてもシフト世界でのそれだ。普通、そんな夢の世界のことでここまでしない。ただ、ただあれだけのことで、夢の世界でのあんな出来事だけで、現実世界であれだけの覚悟を決められるだろうか。
あの場面、日野の『悪に甘えるな』という叫びに、彼の漢を感じいって痺れまくっていたが、同じくして祐樹の生きざまに震え上がった。
この男は弱く、迷い、道化のようにうろたえている。でも、根底のところで何かが尋常でない存在なのではないだろうか。

シフト 1 世界はクリアを待っている5   

シフト 1―世界はクリアを待っている (1) (電撃文庫 う 1-20)

【シフト 1 世界はクリアを待っている】 うえお久光/STS 電撃文庫



睡眠睡眠睡眠不足♪
ええ、御蔭さまでわずか二時間の睡眠時間で炎天下、労働に向かう羽目になりましたよ、ええ。
寝る前にちょっとさわりだけでも読んでみようか、なんて思ってしまったのが運のつき。三巻出るまで、と置いておいたこの【シフト】を手にとって……気がついたら午前四時。
いえ、嘘です。気がついたら、じゃありません。ちゃんと時計は見てました。刻々と減っていく睡眠時間を横目に見ながら、止まるに止まれないページをめくる手。明日の仕事を考えたらいい加減限界突破している時刻とわかりながら、さらに二巻にまで手が伸びて……。
ええ、そうです、その通りです。自制さえしていれば、翌日半死半生、ふらふらの熱中症寸前状態に陥ることはなかったでしょう。

でもね、

自制なんて知ったことかぃ!!

だって面白かったんだもの。めちゃくちゃ面白かったんだもの。こんな面白いもん途中でほったらかして眠れるか!!

というわけで、最初は単行本で刊行され、このたび文庫化加筆修正してきたうえお久光氏の新シリーズ。

一部の若者たちの間で起こった不思議な現象――眠るとRPG(ロール・プレイング・ゲーム)にも似たファンタジー世界へ《シフト》し、そこでもう一つの生活を送る。なぜこの現象が起こるのかは分からない。たった一つのヒントは、《シフト》する時に聞こえる「世界はクリアを待っている」という言葉だけだった……。「現実世界」と「シフト世界」、眠るたびに二つの世界を行き来する少年少女たちの日常と冒険を描く。


このあらすじを読んだ時は、【.hack】シリーズみたいなネットゲーム的な話かと思ってたんですが、読み進めているうちに「シフト世界」がゲームとして楽しむ世界とはまったく別の代物だということが、登場人物たちの懊悩によってわかってくる。
シフト世界は、ゲームとして楽しむ場所ではなく、生きる場所。それも、社会や法律といった人が人として生きるために必要なルールが確立されておらず、各々の力だけが優先される無法地帯。そして、ゲームのようにプレイヤーが自由意思で行き来できる場所ではなく、強制的に放り込まれ、場合によっては何年も何十年も現実世界に戻ることが叶わない世界。
ネットゲームはいわゆるキャラクターを演じて遊ぶ世界ともいえるけど、このシフト世界はどちらかというと人が社会の中で生きるために誰もが何かしら演じている部分をかなぐり捨てた己が本性を剥きだしにしてしまう世界なんじゃないだろうか。
恐ろしい世界である。
ゲームと違い、その世界で感じる痛み、苦しみ、死の感触は生のもの。巻の終わりの方でとある登場人物が語っているのだが、統計であちらにシフトしている人間の約3割、実際には4割近くがレイプ被害に遭っているのだという。
この物語のメインヒロインの一人であるセラも未遂ではあるが、かなりヒドイ目にあわされ、精神に拭えぬ傷を負っている。まあ、それを感じさせないくらいひたむきでまっすぐな子なんですが。
ラケルが気にかけるのも無理はないなあ。ヒロインとして、というより1個の個人として周囲を惹きつける何かを持ってる。

主人公であるラケルが、またいいんだ。ヘタレっぽいけどw
いわゆる人間型ではなく、怪物系。リザードマンなんですよね。無論、人間型と違うというだけで、世界では迫害される立場。
こいつが、めちゃくちゃイイやつなんだよなあ。バカがつくほどお人好しといってもいい。第2話「勇者」のエピソードなんて、その極みといっていいでしょう。
そして、シェラザドのエピソード。

このシフト世界は巻き込まれた子供たちにとっての地獄なのか、楽園なのか。
そして、シフト世界の出来事は現実世界での彼らにとっても無視できない変化と影響を及ぼしていく。夢と現実、だけど両者の記憶がある以上、それは決して無関係とは言えないんですよね。心の傷は傷として残り、人を殺した記憶は失われず、憎悪や憤怒という負の思いもまた、消せずに燃えたぎる。

2巻では、その軋みがまた描かれていくわけだ。
 
1月18日

(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月17日

(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索