徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

うわみくるま

縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!! 彼女が高校デビューに失敗して引きこもりと化したので、俺が青春をコーディネートすることに。 ★★★☆  



【縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!! 彼女が高校デビューに失敗して引きこもりと化したので、俺が青春をコーディネートすることに。】  うわみくるま/かれい 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W


おいヒッキー幼馴染よ。今日からお前は――俺の着せ替え人形だ!

俺・小野友永は女の子に服を縫い上げ、脱がせ、着せかえるのが生きがいの紳士だ。ところがある日、今まで俺の望むまま着せ替え人形となっていた妹・みちるから突然、「お兄ちゃんの服は着ない」宣言をされてしまった! なぜだ!? 俺の服の何がいけなかったというんだァァァアアア!?
失意に沈む俺だったが、偶然にも深夜のコンビニで疎遠になっていた幼馴染み・凛堂鳴と再会した。しかしその姿はオールグレーのスウェット上下!? 色気のカケラもない上に体型が2年前と変わらない幼女のままだ……。聞けば、キメすぎた服装で高校デビューに大失敗して以来、残念なヒキコモリ生活を送っているらしい。体型が残念なのは遺伝らしい。
この運命的な利害の一致により、俺は新たな着せ替え人形をゲット……もとい、鳴の青春をコーディネートすることに!

スウェット上下で外出ちゃダメーー!! 最悪で、新聞受けに新聞を取りに行くくらいでしょ。ゴミ集積場にゴミ捨てに行くのもちょっとどうかと思います。ましてやコンビニとか、マジか!?(真剣)
斯くの如き残念な娘さんがメインヒロインである。しかも、金髪幼女(染髪)。デビューしすぎにも程がある。まあこの娘さんがまたアホの子でねえ、アホな子ほど可愛いと言いますが、実際可愛い。
半ばペット枠でありますが。
いやうん、鬱陶しい系のアホの子だと大変ですけれど、この鳴坊は愛嬌のあるおもしろ可愛い系だからなあ。しかも、チョロいので適当なこと言ってれば騙されてくれるしw
まあイジってると永遠に面白かわいいので、主人公の友永が甘やかしつくしてしまったのも無理カラン。ほぼほぼ保護者枠だな、これ。
ただ、保護者を気取るには友永が天才と紙一重の変態すぎるのであるけれど。変態と言っても性癖があれ、とかではなく別に鳴のこと女性扱いすらしていないのだけれど、玩具扱いだよね。ただ、女の子に服を着せて喜ぶ変態として極まっているので、鳴と友永が揃うとツッコミ不在の恐怖カップルになってしまうのが実に恐ろしい。いくら幼女に見えても同年齢の女子を堂々と脱がして着せ替えるのは犯罪だと思います! 二回目以降は鳴も速攻で順応して下着姿になることに抵抗なくなってしまっているあたり、この娘さんも心底ダメなんですが。女としてどうかというレベルでダメなんですけれど。
ともあれ、そんなダメを尽くしたような娘さんを社会復帰させるために、尽力する主人公の方がとりあえず社会通念、一般常識を習得しましょうね、という有様なので、一体何をやっているんだろう、という若干カオスじみた展開なのである、すごい。
でも、服一式作って用意してくれてコーディネートまでしてくれる、ってめちゃくちゃ楽ですよね。自分で考えないで済むし。ってか、鳴ちゃんこのままだと本気で着せ替え人形で止まってしまって自分でコーディネート考える、ということしなくなるんじゃないだろうか。最初からしてないけど。させると彼女が社会的に死ぬのは、すでに登場時に死亡者扱いだったことからも明らかなのだけれど。
それでももう、一生友永居ないと成り立たない人間になってしまうよなあ、と思ってたら彼女自身がそうなるつもり満々なので、なんというかご愁傷様である。
いいのか、その男は高校進学祝に妹にウェディングドレス(自作)を送るような男だぞ。しかも、高校生になった妹と未だに一緒にお風呂入ってる男だぞ。
兄の作った服を着ることを拒絶して、兄離れしたと見せかけて一緒にお風呂入るのはむしろバッチコイな妹もかなりどうかしているが。
一貫して掛け合いによどみがないというか、洗練されたコントのようにリズムよく転がる丁々発止は気持ちの良いくらいのもので、キャラのはっちゃけぷりも相まって読んでいる時間は非常に楽しいものでした。バカ話なんだけれど、何気にストーリーの方はきっちり完成度高くて面白かったです。

うわみくるま作品感想

運命に愛されてごめんなさい。 3 ★★★☆  

運命に愛されてごめんなさい。 (3) (電撃文庫)

【運命に愛されてごめんなさい。 3】 うわみくるま/智弘カイ 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W
軍縮政策で(僕の)シイナが拉致られる!?
予言の秘密に迫る学園運命録第3幕!!

予言により朝倉会長失脚!! ついに僕が政権へ復帰する時だ!!
……と思ったのに、次の会長はその予言をもたらした転校生本人だった!? しかも彼女・オリヴィアの軍縮政策によって、シイナが生徒会に連れ去られるだって!? これは僕とシイナを別れさせようとする陰謀に違いない!! ゆるせん!! 僕は必ずや、シイナを権力の横暴から守りぬくぞ!!
そのためにも、まずはオリヴィアの足を舐めてくる! ……何でかって? かわいいからさ!!
結局、最後まで訳の分からない設定部分はそういうものだ、という前提として全力で放置して、バカに徹して突っ走ってしまったけれど、その勢いや良し!
一巻の感想からして、勢いだけだけれどその勢いだけで最後まで見事に突っ走ってみせた、というものでしたけれど、遂に2巻、3巻と巻を重ねてもまるで減速する様子すら見せず、日和らず迷走せずブレずに一貫して勢いに任せ、しかし話を取っ散らかさずまとめてみせたんだから、本当に大したもんです。主人公の純くんも、一切ブレずにゲスっぽい小悪党のまんまでしたしねえ。最後の最後までまったく改心しなかったもんなあ。野心家で権力欲に塗れていて自分に正直すぎて、それでいて、全然憎めない愛嬌のあるキャラクターがまた小憎いというかなんというか。シイナも男の見る目が無いのか何なのか。口では悪態をつきながらも、態度だけ見るとデレデレなんですよね、シイナって。これぞクーデレってやつなのか。いや、ツンツンはしてるからツンデレなのか? そっけない態度のようでいて、ずーっとベッタリでしたしね、純に対して。結局、シリーズの最初から最後までずっと張り付きっぱなしだったんじゃないだろうか。二人が離れてるシーンって殆ど思い出せないくらい。
さて、これまでの1巻、2巻は純くんが無駄なのかそれとも彼が好き放題動きまくったことで定まったのかはわからないけれど、結局予言の通りに運命は決着していたのだけれど、ついにこの3巻では本気で運命を、予言を打破することが最大目標となって物語は動いていきます。これまでは、目的を達成することが結果として予言を覆すことになるものだったのだけれど、今回は運命を打破することそのものが目的でしたしね。次々と繰り出される予言は、オリヴィアに好都合なものばかり。予言は偽物であると証明し、打破しなければいけない、という話が、ついには本物の予言を、定められた運命を本当にぶち壊す、そういう激動の展開へと突入していく本編。なかなかカッコいい主題にも関わらず、純くんの言動たるや一貫して目先の欲に全力で流されていく小悪党プレイ。まあ毎度のことであるが、この小悪党の行動力と実行力と口八丁手八丁による扇動力は大したもので、場当たり的にしか動いていないのにどうしてこうも周りごとシッチャカメッチャカになっていくのか。
その混沌としたハチャメチャっぷりこそが、本作の魅力だったんだろうけれど、うん確かにそれこそが楽しかったんだろうなあ。
結局、この3巻で締められてしまいましたけれど、ぶれない勢いが実に楽しく面白い作品でした。次作も変に沈滞せずに、この勢いの良さを失わないで欲しいものです。

シリーズ感想

運命に愛されてごめんなさい。24   

運命に愛されてごめんなさい。 (2) (電撃文庫)

【運命に愛されてごめんなさい。2】 うわみくるま/智弘カイ 電撃文庫

Amazon

『五十嵐優美が生徒会長に発砲する』六月最初の予言によって、五十嵐センパイは生徒会から追われる身になった。僕のエロ本展示会を開こうとした報いだ、ざまーみろっ…と高みの見物ムードの僕に、なんとセンパイが助けを求めてきた。しかも―スク水を着用していた。ちくしょう!これじゃ助けないわけにいかないじゃないか!!かくして、僕とセンパイの共同戦線が誕生したのである。目指すは権力への返り咲き!!立てよ民衆、集えよ同士!!在りし日のスク水パラダイスを取り戻し、僕を生徒会長の座からひきずり下ろした憎き朝倉朝顔に正義の鉄槌を!!運命に振り回される僕の逆襲がいま、始まる!!
「勢いだけ」「勢い任せ」という、本来なら否定的とされるだろう評価を、まったく逆の「勢いだけで走りきった!」と思わず絶賛してしまったデビュー作から、果たして二巻はどうなるかと興味津々で覗いてみたわけですが……。
すげえ、勢い一切衰えないまま、内容は洗練されてきてる!?
いやいや、本気で勢い任せばっかりで内容についてはかなり乱雑だった前回に比べて、ドタバタ具合の騒ぎっぷりは変わらないまま、その展開、どんでん返しの流れについては雑味が消えていて、かなり洗練されてきてる感があって、かなり驚かされました。これ、売りとなった部分は維持したまま、基礎の部分は向上してるというのは、デビュー作の二冊目としては上々の仕上がりなんじゃないでしょうか。新人さんのたどるルートとしては、いい流れですよ。
しかし、思っていた以上に主人公の皐月って天才じゃないのか、これ? 権力志向のアジテーターという俗物の極みとして、尋常ならざる才能の持ち主ですよ。既に稼働していた既存の組織に後から参加しながら、瞬く間に指導者の管理体制を崩壊させて、事実上組織を乗っ取ってしまい、権力を奪取するためのバックグラウンドとして使い倒す、とかやり口が鮮やかすぎて、ちょっとあっけにとられてしまったくらい。表向き、その組織の構成員たちが望んでいる目的を達成するため、という大義名分を標榜することで、圧倒的な指示を集めて、構成員たちに自分たちが駒として使われていることを一切自覚させないあたり、なんてどんな辣腕の独裁者なのか、と。これだけ、他者から信頼されない人間であり、わりと欲望を垂れ流しにする俗物丸出しながら、これだけ民意を掴んで支持を受け、大衆を動かすに長けている、というのは、これはこれで傑物なんじゃないだろうか。いやもう、大義もなにも持ってなくて、本気で自分の欲望だけ、というあたりでろくでなし以外の何物でもないのですけれど。でも、妙な所で人情があったり愛嬌があったりするので、意外と憎まれない人柄なんですよねえ。ソフトボール部部長みたいに、絶対に裏切らない友情と忠誠を示した人もいるわけで、少数ではあっても妙に人望はあったりする、というのも面白い主人公だよなあ。いやもう、実際言い逃れできないクズなんですけれど、クズなんですけれど、これほどあけっぴろげに堂々とクズいと、それも愛嬌になるのか。クズでゲスくて小物で俗物なんだけどなあ、でも憎めない。まあ、この作品の場合、五十嵐元会長といい、いちごちゃんといい、あけっぴろげにクズい人が多すぎる気もするけれど。ちょっとは隠せ、ちょっとは偽れww
しかし、そんな皐月くんに、何故かぴったりくっついて離れないシーナが、ある意味一番謎だよなあ。彼への態度は辛辣でそっけなくて温度を感じさせない、そんなふうに振舞っているようにみえるんだけれど、客観的に見ると、シーナってメチャクチャ皐月に甘いんですよね。だだ甘やかしてる!! まともに相手してないふりして、皐月のお願い大概聞いちゃってるし。あれ? これってマジでラブコメってる!? シーナってダメ人間属性なの!?ww
皐月のセクハラに対しても、蔑みきった目で見下しながら、実際はあんまり拒絶してないし!!
カノジョ呼ばわりされても、毎回バッサリ否定してるけれど、あんまり拒絶感感じられないし。そして、突き放している素振りの一方で、あのダダ甘やかしっぷり。どれだけややこしい、皐月の自業自得の展開になっても常に一緒に行動して離れないことといい、なんだか見ているうちにニマニマさせられてしまってきましたがな。
そして、ラストのあの明確なジェラシーを垣間見せた態度。デレた、シーナがデレた!
朝倉会長や、こっちもなんか振り切ってしまった五十嵐元会長といい、苺さんといい、あの副会長たちといい、みんなキャラ立ち始めてるし、ちょいとこれは見逃せない作品になってきたかもしれない。

1巻感想

運命に愛されてごめんなさい。3   

運命に愛されてごめんなさい。 (電撃文庫)

【運命に愛されてごめんなさい。】 うわみくるま/智弘カイ 電撃文庫

Amazon

運命はこの僕を選んだのさ! 運命に愛された僕とドライな美少女転校生で贈る、波乱の学園盛衰物語!!

我が校には運命力学に従って、毎週月曜日に転校生がやってくる。そして彼らは転校初日に全校生徒の前で予言を口にする。どうして? それが運命だからさ! そんなことより重要なのは、その週にやってきた転校生・シイナの予言だ。なんと僕・皐月純が今月中に生徒会長になるらしい! ひゃっほぅ!! これで学校中のかわいい女の子は僕のものだぜ!!
ところが、そうはさせじと現生徒会長・五十嵐優美センパイが予言の阻止に動き出す。でも、いくら運命に抗おうとしたってだめだよ。僕のシイナの予言によって、バラ色の未来は約束されてるんだから! はっはっは、運命に愛されてごめんなさ「純くんうるさいし気持ち悪いし臭いので口を閉じててもらえますか?」……こらシイナ、僕が喋ってるのに割り込まないでよ!
地に足がついていない勢い任せの作品、などと言ってしまうと随分と印象悪くなってしまうけれど、こう言い換えればどうだろう。
一切地に足をつけようとせず、一瞬足りとも留まらず、その勢いだけで最後まで浮つき切った!
何事も、徹しきれば一廉なのでありましょう。
ペース配分考えずに、スタートから全力で突っ走るなんて、そりゃあ馬鹿の所業でありましょう。起承転結なんのその、序破急いったいなによそれ。ひたすらに転転転転、起承も結もあったもんじゃない。説明無用の、ひたすら運命任せ。運命力とか、そんな設定、いつから出てきたよ。もはやその場の勢いとしか思えない設定の付与に、組織の投入。しっちゃかめっちゃかな内容をさらに爆発させ飛び散らせぶちまけるのは、調子に乗ること天下無双の主人公・皐月純。この男、信念もなく思想もなくプライドと見栄は高けれど誇りもなく矜持もなく、根拠の無い行動力だけは有り余っているという、もはやいっそ痛快と言っていいくらいのクズである。しかし、その潔いまでの隠すつもりのないさらけ出した欲望や煩悩はいっそ純粋であり、悪意はどこにも感じられない。嫉妬などといった負の感情は、おすそ分けしてまわった方がいいほど抱え込んでいるものの、不思議とそこに陰はなく、汚れきった人品はなぜか陽の明るさを輝かせている。奇妙奇天烈なクズなのだ。
愛嬌がある、のだろう。この馬鹿を嫌うほどは山ほどいるだろうが、恐らく憎むものはいないのじゃなかろうか。
これも、一つの魅力である。
だから、最初から最後まで彼のことを悪し様に罵り、毒舌を履き続けながら結局彼から離れずに側に寄り添いつづけたシイナの気持ちは、何となく理解できるのだ。この清々しいクズは、馬鹿でアホでろくでなしのゲス野郎だけれど、きっと一緒にいるとバカバカしくて楽しいのだ。褒める所が一つもないくせに、不快を感じさせることだけはない。浅はかで薄っぺらな人間性だけれど、そこには本音しか無く虚偽がない。
きっと彼女にはダメ人間属性の類も少なからずあるのだろうけれど、信念も思想も理想も理念も何もない空虚で自然なシイナという少女にとっては、あの愛すべきクズは刺激そのものだったのか。
好き、という形には様々なものがある。この勢い任せの物語の着地点が、本心と本音しか無い主人公の暴走のゴール地点が、何を考えているかさっぱりわからない毒舌少女が垣間見せた心の素顔というのは、なかなかにきれいな帰結だったんじゃないだろうか。
全くもってフワフワとして立て板に水のような流れのお話でしたけれど、その流れに乗ってしまったのでしょう、なんじゃこりゃ、と呆れているのもつかの間、存外楽しく面白かったのだと、読み終えた後微量の苦笑を交えながら相好が緩んでいた事実を前にしては認めざるを得ません。
これを延々続けられるのかはわかりませんけれど、一歩目としては十分刻んでみせたんじゃないでしょうか。
お見事。
 
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索