徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

かくて夜明けの神殺者

2015年1月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

月末発売のファミ通文庫、スニーカー文庫、コバルト文庫、HJ文庫、ビーンズ文庫などは来月送り。

読んだ本の数:46冊 うち漫画:7冊

年内でも時間あるこの時期が積み本の崩し時なんだけれど、思ったよりも進捗せず。微妙に忙しかったり予定外の用事が入ったり寝落ちしてしまったり。もうちょっと稼いでおきたかったんだけれど。
注目作は、最近ようやく評判になりつつあるようなないような【終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?】。どうも売上次第でこの2巻まで、という崖っぷちのようなので、なんとか首をつないで欲しいところ。
新作としてはコメディの鬼才壱日千次さんの戦記モノ【魔剣の軍師と虹の兵団<アルクス・レギオン>】、まさかのファンタジー世界でのバイオハザード【断末のミレニヲン】、青春ラブコメ小説の雄やのゆいさんが引っさげてきた【おいしいサンドイッチの作り方】、新たなストライクウィッチーズの世界【ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団】、直球にして豪速球の青春恋愛小説【ひとりで生きるもん!】など、なかなか豊作揃いの年末でした。この月発刊じゃない作品もありますけど。
あと、やっとこ読めた【この恋と、その未来。】は、さすがというべきか、もはやこのジャンルでは揺るぎないストーリーテリングだなあ、と感心するばかり。
一方で、【B.A.D.】や【千の魔剣と盾の乙女】など、長期シリーズの完結編も舞い込んできて、長く親しんだ作品の終幕は、やはり寂しいものがあります。でも、それ以上に満足感を与えてくれる結末でした。


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

【終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 2】 枯野瑛/ue 角川スニーカー文庫


感想はこちら
荒波のように押し寄せてくる悲劇ではなく、深々と音もなく降り積もっていくような切なさが、いつの間にか胸の奥を蝕んでいる。そんな優しい優しい終末譚。


【魔剣の軍師と虹の兵団<アルクス・レギオン>】 壱日千次/おりょう MF文庫J


感想はこちら
いや、本当に片っ端からアウトなキャラばっかりなんですけどw これだけ残念で愛すべき登場人物たちで果たして戦記モノなんか出来るのかと思ったら、締める所は締める見事なハイブリット具合。腹の底から笑って燃えろ。

【かくて夜明けの神殺者(デイブレイカー) 3】 中維/しらび 電撃文庫


感想はこちら
3巻完結ながら、まるで長期シリーズのクライマックスがごとき盛り上がりを見せたラストバトル。これらのキャラを本当の長期シリーズでじっくりと付き合いたかった。


★★★★(四ツ星) 11冊

【筺底のエルピス】 オキシタケヒコ/toi8 ガガガ文庫


感想はこちら


【ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団 飛翔!】 南房秀久/島田フミカネ 角川スニーカー文庫


感想はこちら


【B.A.D.チョコレートデイズ 4】 綾里けいし/kona ファミ通文庫


感想はこちら


【断末のミレニヲン 1.君を連れてあの楽園まで】 十文字青/so-bin 角川スニーカー文庫


感想はこちら


【黒鋼(くろ)の魔紋修復士(ヒエラ・グリフィコス) 11】 嬉野秋彦/ミユキルリア ファミ通文庫


感想はこちら


【おいしいサンドイッチの作り方 スタンバイタイム】 やのゆい/U35 ファミ通文庫


感想はこちら


【ひとりで生きるもん! 粋がるぼっちと高嶺の花】 暁雪/へるるん MF文庫J


感想はこちら


【文句の付けようがないラブコメ】 鈴木大輔/ 肋兵器 ダッシュエックス文庫


感想はこちら


【この恋と、その未来。 一年目 春】 森橋ビンゴ/Nardack ファミ通文庫


感想はこちら


【聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク>10】 あわむら赤光/refeia GA文庫


感想はこちら


【千の魔剣と盾の乙女 15】 川口士/アシオ 一迅社文庫


感想はこちら


今月のピックアップ・キャラクター

クトリ (終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?)
ヴィレム (終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?)
光橋誠二 (強欲な僕とグリモワール)
アイリス (VRMMOをカネの力で無双する)
黒田那佳 (ノーブルウィッチーズ)
ディミタール (黒鋼の魔紋修復士)
ヴァレリア・コスタクルタ (黒鋼の魔紋修復士)
文坂記子 ( おいしいサンドイッチの作り方)
トリスタン (魔剣の軍師と虹の兵団)




以下に、読書メーター読録と一言感想。

続きを読む

かくて夜明けの神殺者(デイブレイカー) 3 4   

かくて夜明けの神殺者 (3) (電撃文庫)

【かくて夜明けの神殺者(デイブレイカー) 3】 中維/しらび 電撃文庫

Amazon

それは突然訪れた。MUの精鋭をも全滅に追い込んだ大型ゲート『黄昏の門』。その前に現れた神の名は―怖血神。全ての霊異がその血を欲し、全ての霊異を斬り伏せる“対霊異資格者”にしてデイブレイカー・化野幸太。彼が探し求めてやまなかった、自らに呪わしい力を与えた「怖血神」が、全ての霊異を滅ぼすために帰ってきた。怖血神との争いの果てに、幸太の身に振りかかった呪いの意味が、ついに明かされる―そして幸太とメリアンは、全てを終わらせるための決断を下して…壊れた世界に夜明けを切り開くデイブレイク・アクション、感動の完結!
これ、3巻で完結なんですよね。この3巻はほぼクライマックスと考えると、出てくるキャラは概ね1巻と2巻で登場したキャラだけ。二冊分だけですよ。にも関わらず、このラストバトルにおけるオールスターキャスト感はなんなの? まるで5巻10巻続いたシリーズの全キャラ総出演クライマックスみたいな大盛り上がりじゃないですか。それだけ、たった二巻でこれだけたくさんの登場人物のキャラ立てが決まってたってことだし、二巻までで貯蓄したぶんを散財するだけじゃなくて、この3巻でクライマックス入ってからの渦中でもガンガンキャラを掘り下げて、同時進行でより魅力的なキャラクターへと増し増しで打ち立てていく勢いたるや、目覚ましいものがありました。とても、3巻打ち切りの作品のクライマックスとは思えないほど、筆が唸ってたよこれ。そうだよなあ、元から身内だったやつ、味方だった人たち、事件を通じて打ち解けて仲間になった人たちだけじゃなく、1巻2巻で敵サイドだった連中まであんな風に魅力的に幸太とメリアンの背中を後押ししてくれたらなあ、そりゃ盛り上がりますよ。お互いがお互い、感化しあってるんだもん。相乗効果で両方存在感唸ってたもんなあ。特に、やっぱり「怖血神」が素晴らしかった。元の存在の恐ろしさ、悍ましさを思い知っているからこそ、あの変化には、収束していくかのような変化にはなんだか感動すら覚えてしまったし、それを真横で見続けたあの人の至福の様子にも、何とも言えないウルウルとこみ上げてくるような感慨が。
軽妙なノリとは裏腹の、壮絶で容赦のない展開。何より、逃れられない別れの予感が悲痛な空気をはびこらせ、締め付けられていくような苦しさを抱かせる。そして、哀しいことに世界を守るためにはその別れを受け入れないといけないのだ。悲しみを打破するのではなく、受け入れる為の戦い。大切な人との別れを認められない人たちの抗い、世界を壊しても離したくない絆と、別れても離れても繋がっていようとする絆との戦いは、悲劇ではあっても憎悪はどこにもなかった。それだけは、救いだったか。そして、必然である別れは幸太とメリアンの間にあった余分なものを全部濾過して、信じ抜く純なる愛だけが残る。その切なくも何と美しいことだろう。
霊異は再び現世から去っていったけれど、最後の戦いは相容れぬはずだった人間と霊異の間に、確かな絆を、相互理解を残していったのではないだろうか。そんなシーンを、幾つも幾つも幾つも、目の当たりにした。別れは断絶ではなく、確かな縁になったのだ。
なかなか長いシリーズにならない作者さんだけれど、本当に面白いし実力もあると思うので、機会さえあれば絶対看板作品立ち上げられると思うんですよね。それを、この最終回の出来栄えで噛みしめる事が出来ました。うん、これからも全力で応援していきたいですね。次回作にも大いに期待させてください。

1巻 2巻感想

かくて夜明けの神殺者(デイブレイカー)24   

かくて夜明けの神殺者 (2) (電撃文庫)

【かくて夜明けの神殺者(デイブレイカー)2】 中維/しらび 電撃文庫

Amazon

神や悪魔、精霊―「霊異」の全てが恋焦がれる特別な血を有する少年・化野幸太。封印された「怖血神」の能力を解放した幸太は、同じく生来の姿を取り戻しかけた魔物少女・メリアンと共に、力の制御に悩む日々を過ごしていた。そんな折“対霊異資格者”としての彼に訪れたのは、古の神々からの依頼。「学府に仇なす可能性のあるものを探し出せ」その依頼を受けたが最後、幸太の前に現れるのは、最凶の魔術師コンビ、最悪の霊異犯罪者、そして―封印された最強のデイブレイカーが禁を解かれ、ついにはメリアンまでもが敵の毒牙に!?絶体絶命の状況下で、幸太が見出す活路は―少女の愛と少年の刃が、世界の夜明けを切り開く!
前作で、それまで主人公の幸太に根付いていた霊異への憎しみやわだかまりが解けたことで、元々の幸太の気風の良い性格にブレーキが掛からなくなったために、一気に痛快さが増してきましたね、このシリーズ。
どうしても、前回までは要所要所で幸太の行動や思考に、わだかまり故の躊躇や沈滞があって動き出すまでに一コマ間が空いてしまっていたのだけれど、それらが拭われたことで、良い意味で対人関係でも「化野」としての在り方にも、そして恋愛感情に対してもフットワークが軽くなったのです。これは、主人公の内面、心身に迷いがなくなり芯が一本通ったということで、幸太の言動にも揺るぎのない芯が生まれ、それが痛快さにつながり、話の流れそのものにも勢いを生む、という相乗効果をもたらしてるんですね。その煽りでか、メリアン含めてクラスメイトたちも、幸太とのコミュニケーションのレスポンスが良くなり、彼らサイドキャラクターの存在感も活性化してきて、大いに盛り上がってきた感があります。
前巻最後の師匠との別れは、幸太に大きな成長を促したんでしょうなあ。自然と、師匠から独り立ちして、「化野」として組織のしがらみに縛られず、自分の心意気に素直に従う痛快なヒーローとしての格を身につけつつあって、これがまた格好いいんだ。
デタラメに強かった師匠へのコンプレックスもいい方に解消されて、自分自身の弱さを飲み込んだ上で、自分のスタイルを確立して、これが自分だ!と胸を晴れる図太さ。
 そうだ。幸太という男は、もともと卑劣で卑怯な男。
 誰が正々堂々などと戦うものか。
最愛の人を無理やり奪っていった怨敵を、出し抜きだまくらかし地団駄を踏むほど悔しがらせて嘲り笑う。この素晴らしく、やってくれたぜ!とグッと拳を握らせてくれる主人公は最高ですわ。ムカつく相手を、これ以上無くスカッとする手練手管でぶちたおし、ギャフンと言わせてくれるほど痛快な事はありませんからなあ。
それに、前回にも増してメリアンのヒロイン度が上昇していて、えらいことになってますよ、これ。普段はガンガン積極的にアプローチしてきて空回りしてるくせに、ここぞというときに、思いっきりしおらしくなるところなんぞ、見事にツボをついていらっしゃる。メリアンの場合は肉食ぶって攻めっ気見せてる時よりも、無自覚無意識に乙女全開状態になってる時のほうが圧倒的に威力あって、幸太をメロメロにしてるのが、なんともチグハグというか残念感があって、うんそれも可愛いね!

噂の最強のデイブレイカーも、思いの外良いキャラしていて……というか、あれは幸太が良いキャラにしたんだよなあ。燻り停滞し腐敗していた最強の男を、カッコ良いヒーロー(デイブレイカー)として復活させてくれるわ、一癖も二癖もある魔術師コンビを、ただの敵として終わらせずに上手いことねじ込んでくるわ、組織優先で融通聞かず悪巧みばかりしている神様に一発食らわしてくれるわ、とこうしてみると八面六臂の活躍だったなあ、幸太。
なんかお為ごかしのようだった異文化交流コースも、クラスメイトや先生のキャラが立った上に幸太のスタンスも変わり、さらにバックアップに新規参入もあって、と完全充実してきて、むしろ以降はここをメインというか、拠点として話も進展させていけそうだし、2巻でキャラも物語も着実にステップアップしたんじゃないでしょうか、これ。
これは長期シリーズ化してバッチリな作品だと思うんだけれどなあ。

1巻感想

かくて夜明けの神殺者(デイブレイカー) 3   

かくて夜明けの神殺者 (電撃文庫)

【かくて夜明けの神殺者(デイブレイカー)】 中維/しらび 電撃文庫

Amazon

霊異災害フルフラット―国土の五分の一を焼き、総人口の三割を殺す大破壊。後に残されたのは、神や悪魔、精霊―「霊異」が闊歩する、壊れた世界だった。来たるべき脅威「裁きの日」を防ぐべく彼ら「霊異」が訪れる「ゲート」を監視する“対霊異資格者”。その中に、霊異討伐数ゼロのFランカーにして、全ての霊異が恋焦がれる特別な血を持つ少年・化野幸太がいた。幸太は解呪のカギを探すため、血の契約により共生関係を結ぶ魔物の少女・メイリアンとともに、霊異と人間の共存を目指す、特殊な学園へと潜り込むが―!?少年が流す禁断の血は、世界の全てを更新する。神も魔も鏖殺し尽くすデイブレイク・アクション登場!
これ、怖血神についてはヒント出しすぎじゃないですか? 出会った時の神様の残したセリフですぐ判ったんで、本編中で怖血神の正体が不明という話を、何かのフェイクかミスリードか何かかと思ってしまって、読み進めながら妙な齟齬感にしばらく混乱してしまいましたがな。幸太があの時の会話を正確に誰かに伝えるか、自分でちゃんと調べるかしたら即座にわかったでしょうに。ググればわかるよ?
ともあれ、この神も悪魔も仏様も妖怪も怪物もドラゴンも一切合切混沌として現実世界に顕現してしまった、或いは現在も高次元から降臨してくるごった煮の世界観はかなり大好物。悪魔の少女を相棒に、そんな世界を渡り歩くお話は定番としてばもう定番もいいところなのだけれど、そこは【探偵失格】や【斉藤アリスは有害です。】で存分に遊び心を踊らせてみせた中維さん、である。スチャラカでテンポの良いコンビの幸太とメリアンを中心に、「Trick or Treat」じゃないけれど、どこかハロウィン的なお祭り騒ぎの様相を引っ担ぎながら彩り鮮やかな世界を描き出していく。
その呪いから「霊異」を強く憎み忌避感を抱いているという幸太だけれど、その背負っている負の感情ほどには仄暗い陰は背負っておらず、憎んでいると言って辛辣な態度を示しながらも「霊異」そのものを憎みきれずにいる微妙な感情を持て余していて、ちょいと知り合ってしまえばすぐに心を許しガチになり、そもそも相棒のメリアンに対しては何だかんだとゾッコンという甘やかしいな主人公なのである。ってか、この手の妖物とのコンビって、わりと悪魔少女からの一方的な好意を、主人公サイドが持て余し気味というスタイルが多いのだけれど、この幸太くん、普段からかなりメリアンに対して満更じゃなさそうな態度に終始しているので、傍から見てるとまんまラブラブカップルである、爆発しろ。
二人の仲違いイベントも、殆ど拗れる前に解決しちゃいましたし、なんか素直になりきれなかった幸太がメチャメチャ素直になっちゃって、むしろイチャイチャ増量の養分だったんじゃないか、これ?
ただ、ストーリー的にはかなり重要なターニングポイントではあり、一気に事態が動き出すきっかけであり伏せられていた真相が明らかになるイベントではあったのは間違いなく、別に親密度アップだけじゃないんだからね!
個人的には、もっと過去編、というか師匠の右近を加えた化野一家の出来事を堪能しておきたかったですねえ。幸太が弟子入りした時の話の右近師匠はかなりダメ人間で、幸太に対しても距離感あったはずなんだけれど、ラストでは本当に良い師匠してくれているので、その間の、特にメリアンが加わった後の三人のドタバタな日常をもっと味わっていれば、ラストシーンはもっと感動できたんじゃないかなあ。真嶋さんの複雑な感情や、コンプレックスももっと実感を伴って感じられたでしょうし。この人については、もうちょっと意表をついて欲しかった。ドラマがはじまって、役者の格見て、あっこの人が犯人役だ、とわかっちゃうレベルのあからさまっぷりだったし。もしかしてミスリード? と疑ってたのですけれど、まったくよどみなくそのままイッちゃいましたしねえ。
ただ、この人がこうなるに至った好きだからこその焦燥感と暴走に至る複雑な心境はかなり好みだったので、だからこそもっとその要となる右近師匠についてはもっと描いて欲しかったなあ。幸太にしても、メリアンにしても、その在り方に対しての右近師匠の存在感はかなり大きかったわけですから。
思わぬ人物が重要な役どころを担っていたり、むしろ今後の展開にこそ大きな含みを残していて、こっからスタートというダッシュ感もあり、腰据えてじっくりシリーズ作ってったら、だいぶ面白くなりそうなんだよなあ。できれば長期シリーズを期待したくなる、おもちゃ箱みたいな楽しい一冊でした。

中維作品感想
 
12月3日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索