かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月 (角川スニーカー文庫)

【かりゆしブルー・ブルー 空と神様の八月】 カミツキレイニー/白狼 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W


悪童〈ヤナワラバー〉が切り結ぶ、神様とのちょっと不思議な“縁”の話。

「人間の上でもなく、下でもなく。私たちのすぐそばにいるもの。それが沖縄の神々さ」
怪異を祓うため神々の住む島・白結木島を訪れた春秋の前に現れたのは、地元の少女、空。天真爛漫で島想い、どこまでもフリーダムな彼女に呆れる春秋だったが、空は神様との縁を切ることで怪異を祓う“花人”の後継者――春秋が島を訪れた理由そのものだった。未熟ながらも、島の人々とともに怪異解決に挑む少年少女の、沖縄青春ファンタジー!
先日ハヤカワ文庫JAから出た【黒豚姫の神隠し】に続く沖縄を舞台にした青い空と海のもとで繰り広げられる青春ストーリー。
ってか、黒豚の悪神ウヮーガナシーってそんなヤバい神様だったのか。こちらでも、伝承での黒豚神の危険度についてちらっと触れられているのだけれど、最高危険度じゃないですかヤダー。
それにしても、あちらの作品にしてもこのかりゆしブルー・ブルーにしても沖縄本島が舞台ではなくて、本島よりもさらに向こうにある架空の島、が舞台になっているというのは結構肝のようにも思える。けっこう、本島とそれ以外の島とでは雰囲気が違うという話も聞きますし、またこういう架空の島の存在がなんとなく許容できる、あっても何の不思議もなさそうな空気感が、あの南国にはあるんですよねえ。
まあ、例えば瀬戸内海なんかでも、同じように架空の島とか物語の舞台として出しても違和感ない海域だったりするのですが。
でも、沖縄の方だとなんというか、ニライカナイ的な要素があるだけに島の外から訪れた人にとっての、特別な時間、特別な思い出を生み出してくれる場所という印象が残るんでしょうな。
面白いことに、本作のヒロインであるところの青囲空という子。作者のカミツキレイニーさんが生み出したキャラクターではなく、元々挿絵担当の白狼さんが手がけていたオリジナルキャラクターなんだそうで。神との縁切りの巫女をやっているなど、本作出演するにあたって色々と設定は改めて小説用に書き直されているようだけれど、こうした形で他のところで活躍していたキャラクターを、小説のキャラクターとして役者みたく抜擢するというやり方は見たことがないだけに、なんとも面白い。
表紙絵を見ると驚かされるんですけれど、体操服着てるんですよね、この子。作中で普段着みたく着こなしているとしても、表紙絵でもわざわざヒロインに体操服着せて出す、というのは珍しいなあ、とも思ったのですけれど、空の由来を知るとなるほど青囲空というキャラクターにとっての体操服姿は一種のアイデンティティみたいなもので、ここでその服装というのが大事なところだったんだろうな、と納得した次第。
実際、見た目のインパクトというか、印象に残るという意味ではこの格好、なかなかのものがあったんじゃないでしょうか。
さて、中身であるところの物語はというと、ブルーブルーというタイトルや沖縄領域が舞台というイメージからスルところの爽やかさは、空をはじめとするこの島の住人たちの明るい雰囲気も相まって、裏切られることなく感じさせてくれるのだけれど、そのまま爽やかさっぱりとした気分で終わらせてくれないのがカミツキレイニー作品であります。そもそもからして、主人公が抱えている問題が非常に重い。問題だけじゃなく、この主人公の都会の政治家の息子のちょっと拗らせてしまってる少年の人間性が「重い!!」
そして、天真爛漫にして溌剌たる空だって、決して能天気なだけの娘さんじゃない。その明るい顔の裏には、中学生の女の子が背負うには重すぎるものを背負っている。彼女の語る言葉の、どこまでが本当でどこまでが嘘なのか。嘘と演技と本音が入り混じり錯綜して、彼女の想いの真実は決して見通すことが出来ない。そもそも、空自身がどこまでが本当かなんてわかっていないのだろう。だからこそ、わからないまま芯を一本自分の身体と心の中心に通しきっている。未熟でありながら、代用品でありながら、彼女がブレないのは空の抱える本当も嘘も、まるっとまとめて彼女の真実だからなのだろう。大した中学生女子である。
そして、主人公・春秋の口から語られる真実の愛の物語の、現実における顛末。熱い情熱も、恋心も、一度皮をむけば醜い人間の本性が剥き出しにしてしまう触媒となってしまうことを、春秋は凄絶な後悔とともに吐き出してくる。胸ときめくような、不器用な少年少女の甘酸っぱい青春の物語も、実際には無残なほどに淡々と崩壊する。
しかし、たとえ無残に壊れても、ボロクズのように破綻してしまっても、生ゴミのように腐ってしまっても、かつてあったキラキラとした夢のような物語は、無くしてしまっていいものでも、無かったことにしてしまっていいものでもないのだと、嘘と本当を区別せず内包する南国の島の少女は切々と語る。
だから、彼女が覚えていてくれる。それが、どれほどの救いなのかを実感できるのは、きっと春秋だけなのだろう。すべてを忘れてしまっても、きっとその実感だけは忘れないのだ。
神と人の縁は切られた。みっともないほど縋って掴んで離すまいとして恐ろしいことになってしまった恋の縁も、決断の果てに切られてしまった。それでも、何かもが切り離されて終わってしまうのではなく、空と春秋の縁が改めて結ばれたように、あたらしい縁は繋がっていく。縁切り巫女は孤独にならず、今日も元気に人の相棒と神の相棒とともに駆けずり回り、切れない縁を結んでいく。
終わってみればやっぱり、心爽やかになる南の国らしい青春物語でありました。

カミツキレイニー作品感想