きくらげ

スメラギガタリ 弐.外道陰陽篇4   

スメラギガタリ〈2〉外道陰陽篇 (メディアワークス文庫)

【スメラギガタリ 弐.外道陰陽篇】 宇野朴人/きくらげ メディアワークス文庫

Amazon

 反乱の首謀者として陰陽寮に身柄を拘束され、裁きを待つ身となった在野の陰陽師・芦屋道代。だが、思いもよらぬ発言で仮釈放の特別措置を引き出す。三枝介や幾多郎、さらには陰陽寮からの監視役を伴って彼女が向かった先は、自らの故郷である芦屋道満に縁の地。一方、そんな道代の後を追って帝都を出奔した夜統は、旅先で雨宮潤という霊媒の少女と出会い、平安の世に名を馳せた二人の大陰陽師へと繋がる雨宮家の宿業に踏み込んでいく。だが、その夜統の後を追って澄香内親王殿下までが皇居を抜け出したことで、多忙な晴見の心労は続々と重なり……。疾風怒濤の第二幕、開演!
この作品のタイトル、【スメラギガタリ】って単純に一巻で新皇平将門公が出ていたことから付けただけで特に深い意味など無いように捉えていたのだけれど、参ったなあ、そういう事だったのか。つまり第一巻から実は一切ブレることなく「皇を語る」物語として成立してたのだな。平将門の存在は地味にミスリードを誘っていたとも言えるな、これは。
とまあ、物語としては重要な転機を迎える第二巻なのだけれど、本編の方は古の平安の世に安倍晴明と芦屋道満の残した因果にまつわる昔話と、そのツケを両血統の末裔たる土御門晴海と芦屋道代が協力して払うことになる現代編が主題として描かれる事になる。
それはいいとして、この世界、ちょっと霊障が多すぎないか!? 水神奉納の儀を無理やり滞らしていた為に土地が不安定になっていた、という理由もあるんだろうけれど、毎日雨宮の娘さんが集落を走りまわって何軒も霊障を解いて回らないといけないって、ちょっとしたパンデミックだぞ。しかも、未熟な彼女でも何とか対処出来る案件ばかりでそれなのだから、相応に深刻な案件も含めると一体どういう状況になっているのか。
これが普通の日常レベルだというのなら、この世界ちょっと怖い。
こんな規模で霊障が発生しているにも関わらず、陰陽寮以外の在野の術師に術の使用が制限されているとなると、そりゃあ反乱も起こりますわ。完全に一般市民の生活を脅かすレベルの話になっている。下手すりゃ国ごと根の国底の国へと堕ちるぞ。
その意味でも、現在の陰陽寮の頭が晴見となり、権威主義に凝り固まった保守派の妨害を払いつつシステムの改革を成そうとし、個人的な感情は別としても在野の術師の中でも大きな影響力を誇る芦屋道代と協力体制を取る方向へと舵取り出来たのは大きい。晴見姉ちゃんは、術師としても人間としても道代に敬意を抱きつつも、女として道代のこと大嫌いっぽいけどなあ(苦笑 てっきり二人の気性からして意気投合するかと思ってたんだが。
ただ道代さんの方は全然女っぽくないんですよね。気質からして女性的な部分が非常に少ない。母性よりも父性の持ち主っぽいし、そもそもお姉さんというより殆ど頼れる兄貴じゃないか、この人。ひたすら性根が男前だし。果たして、ご先祖である道満さんよりも男前じゃね? 道満さんは生真面目な分、どうも一生懸命になりすぎて余裕がなさそうでしたし。そう言えば、道満さん、芦屋という一族を残している以上ちゃんと妻帯して子供ももうけたのだろうけれど、やっぱりお相手はあの人なんだろうか。そうとしか思えないのだけれど、その辺明言してくれなかったからなあ。気になるといえば気になる。
さて、陰陽師と言えばこの人、とも言うべき大陰陽師安倍晴明がこの物語にも登場してきたのですが、またぞろ凄い人だったなあ。ただ、浮世離れしている割に俗っぽいところもあって、妙な愛嬌があるんですよね。何となくこの人が怖がられると同時に、何だかんだと好かれていたような気がする。道満が晴明の所業に苦笑と呆れを交えながらも最後まで敬愛の念を抱き続けたように。実際この人って、史実でも相当にやんちゃっぽいんだよなあ。まあ、恩恵に預かること未来までそれこそ大量にあるのだけれど、それと同じくらい未来にまで大迷惑を残してくれちゃっているので、善悪の彼岸を越えているにしろ、とにかく困った人であるのは確かだな、うん。

と、在野と陰陽寮との軋轢も晴見と道代のお陰で何とかまとまる筋もみえてきたはずだったのに、此処に来てさらなる大混乱の元となる要素が、唐突に出てきたわけで。いったいなんでこうなった!?
振り返ってみると、彼は以前からずっとこの件について悩んでいた、ということなんだろうか。澄香殿下を澄ちゃんと愛称で呼ばないようにしていたのにも一定の理由があったのかもな。
しかし、その悩んだ末の結論がどうしてこう言うことになっているのか、彼の目論見も含めてまだ全然わからないだけに混乱ばかりが増しましていくのだけれど、まさか現在の体制を根こそぎひっくり返してやろうなんて事を考えているわけでもないだろうし、それとも朝霧の巫女よろしくあの御大が彼の心根を乗っ取っている訳でも、前後のやり取りを見ていると違うようだし、まったくどうなるんだ、これ。道代さんも、ここで晴見との共闘を崩してまでそちら側に付くとも思えないしなあ。
なにはともあれ次巻だ。次巻を早く。

1巻感想

スメラギガタリ 新皇復活篇4   

スメラギガタリ―新皇復活篇 (メディアワークス文庫)

【スメラギガタリ 新皇復活篇】 宇野朴人/きくらげ メディアワークス文庫

Amazon

 1984年、帝都東京。若くも卓越した陰陽師として働く女性・土御門晴見は、ある日、かねてより陰陽寮による日本の呪的業界の一元的支配に不満を募らせていた在野の術士・芦屋道代から呪力蜂起の宣言を受ける。誘拐を予告された皇族の姫君・澄香内親王殿下を守るため、古くより皇室に仕える退魔の一族の末裔・殿克夜らと共に事態へ備える晴見らだったが、相手の思惑は彼女らの想像を超えたところにあった。
 一方、姫君の身代わりに攫われた華族の少年・継実夜統は、道代らと行動を共にしながら、帝都の裏側に隠された歴史の闇を知り……。壮大なる伝奇譚、ここに語りの口を切る。
これはこれは……何やら皆さん思うところは一緒のようで、なんでこれ電撃文庫の方で出さなかったの?(苦笑
見方によっては、同じ宇野さんの作品である【神と奴隷の誕生構文】よりもライトノベル色が強いように思うんだけどなあ。同じ現代陰陽師モノには富士見ファンタジア文庫はあざの耕平さんの【東京レイヴンズ】があるけれど、あの作品が呪術が色濃く社会に反映された世界観ながらも、「平成」という時代色が背景に建て込まれているのに対して、こちらは同じ現代ながら関東大震災や第二次世界大戦における東京空襲が回避されて、東京という都市や日本人の生活スタイルや文化模様が洋に染まりきらず和洋折衷の独特の雰囲気が醸し出されている。ちょうど、大正時代がそのまま映り込んできたかのような。関東大震災で倒壊したあの有名な凌雲閣が今も尚浅草の名物として賑わっている様子が描かれているのなんて、ちょっとした感動ものですよ。改装に改装を重ねて、だいぶ趣は変わっているようですが、あの凌雲閣が今もあるなんてロマンだなあ。
そんな、ハイカラとかモダンという言葉が似合う帝都を舞台に繰り広げられる陰陽合戦。メディアワークス文庫なので、陰陽道にしてももっと理屈っぽい学術的な意味での運用がなされるのかと思ったら、それこそ【東京レイブンズ】や【陰陽の京】ばりにど派手な術が飛び交い、式神が召喚されるバトルでありました。キャラクターからして、皇族のお姫様が女子高生ですよ。「〜〜じゃっ♪」という喋り方ですし。そこに、春見に殿克夜、継実夜統が加わって、「幼馴染」四人組ですよ。重ね重ね、なんで電撃で出さなかったのか、と。
在野の術師と陰陽寮の術師との対立という構図はいわば定番とも言うべきものなのですが、こちらの芦屋道代さんはもう一人の主人公とも言うべき一本スジの通った好人物で、彼女に協力する仲間たちも憎めない愛嬌の持ち主で、権力側に派手に喧嘩を売りつける姿は痛快の一言。それでいて、関係ない一般人はもとより敵である陰陽寮に対しても極力被害を出すまいとする姿勢は清廉で、その真の目的も重なって非常に清々しい人たちでした。
それでも、改革派とは言え晴見たちは権力の中枢に居る以上、道代たちを取り締まらなきゃならない訳で、晴見たちの方も快刀乱麻を断つようなイイ人たちだっただけに、両者の対立というのは見ていてもどかしいものがあったんですよね。
だから、二度に渡る直接対決の末に晴見たちが下した決断は、驚きであると同時にいやはや権力側の人間として大したものだと、その判断には感心させられました。幾ら改革派とは言え、なかなかそこまで割り切れないですよ。
新皇こと平将門については、随分と好漢として描かれてましたね。元々、国内屈指の大怨霊でありながら、その人物像については悪し様に言われない方ですが、それにしても憑依先の少年の鬱屈まで気にかけるような良い人っぷりを見せられるとなあ、照れる(笑

さて、肝心の夜統の抱え込む鬱屈の真相については結局語られなかったのには拍子抜けさせられてしまった。かろうじて、将門が垣間見た記憶によって断片くらいは見えたものの、結局一切語られぬまま、でしたもんね。ある意味キャラクターの顔見せ的な面もあった本作では触れず、次回以降で本格的にキャラを掘り下げると同時に扱う予定なのか。彼については澄香殿下が御執心なので、彼女が深く絡む形でないとまとまる話もまとまらないのでしょうし。この二人が仲睦まじく手を繋いでいる様子など、見ていて微笑ましいカップルだったので、出来れば次回はこちらをじっくり描いて欲しいなあ。道代姉さんは再登場希望。この人、晴見姉と絶対意気投合するタイプでしょw

神と奴隷の誕生構文(シンタックス) 34   

神と奴隷の誕生構文III (電撃文庫)

【神と奴隷の誕生構文(シンタックス) 3】 宇野朴人/きくらげ 電撃文庫

Amazon

一大スペクタクルで贈る、次世代ハイ・ファンタジー第三弾!

 発展世界による侵略から後発世界を守るため、大陸統一を進めるロケィラ女皇・セレィ。オルワナ・アヌビシアとの三国同盟に成功し、盟主を務める彼女の次なる舞台は、同じ有角種のヘィロンが支配する中陸地域の大平原へとうつる。
 中平原の覇者であるヘィロンと、東方を支配下においたセレィ。有角種同士の威信と覇権を賭けた戦いが始まる……!
 同時期。発展世界の尖兵“神狩り部隊”が再び動き出す。若き導神・クルァシン不在の中、その防衛はアヌビシアの少女・サーリャの手に委ねられ……緊迫の第三弾登場!
これまで異種族との対話と融和がセレィ女皇にとっての試練だったわけだが、今度の相手は同じ有角種。しかも、現状中平原を征服して、長爪種と牙種を支配下に収めている一国となる。融和をもって大陸を統一し発展界の侵攻に抵抗しようとするセレィに対して、ヘィロンは同じ種族ということで友好的に振る舞いながらも、セレィに融和と違う大陸統一の手段を示すこととなる。それこそ、武力による征服。
ここでセレィは、なぜ征服ではなく融和をもって大陸を統一させなければならないか、という命題をクラゥシンからの教えや導きに手を引かれた結果でも、健全な良識や人としての良心に基づくものでもなく、皇として、エナ・ガゼを発展界からの侵攻から守る者として、融和による統一が征服による統一よりも発展界に対抗する際に有効である事を、具体的に証明しなければならなくなるわけだが、これはヘィロンたち中原の有角種に証明する、という以上にセレィがクラゥシンからの借り物の思想ではなく、自分で考え自分で実感し体感し、導き出した答えとして、民族の融和と統一というこれまでの目的を彼女自身のものとする意味があったと思われる。
丁度、クラゥシンが別行動になって一連のヘィロンとの交渉と対決はすべて残されたセレィと、サーニャたちによって為されるわけだけれど、ここで彼女たちは自分たちがもう導神に手をひかれるだけの存在でなく、自立した彼と対等の、発展界と戦うための同志であることを証明してくれるんですよね。
中原の覇者たるヘィロンたちに対抗するため、有角、有翼、盲、長爪、牙という異種族の力と想いを結集して立ち向かうセレィたち。これは面白かったなあ。
クラゥシンと掛け合いをしているセレィたちも好きなんですが、今回彼が居ないことでむしろセレィたちは輝いていたような気がします。特にサーリャなんか、セレィの軍師的な立場になり八面六臂の大活躍。セレィの異母妹であるコリォの活躍も含めて、三人の少女たちの絆が姉妹以上に深まっていくんですよね。セレィは今回、統一王としての威風を見事に確立しました。同時に、妹や友を愛する姉としても、カリスマ性を大きく発揮して、これまで以上に敬愛と忠誠を獲得したんではないでしょうか。サーリャなんか、これまでクラゥシンに傾倒していたのが、セレィ個人に随分と魅せられ惹かれていたような気がします。勿論、その前にサーリャが献身的に自分の心身を削ってセレィの為に奮迅したからこそ、セレィが先にサーリャにメロメロになった、という流れがあったんですが。なんか終わってみればこの三人娘、お互いに好き好きだろう、というくらいに仲良くなったなあ。良かった良かった。
その頃、クラゥシンさんといえば、メリェを連れて今度は長爪種と牙種の娘さんに粉掛けてました。いや、別にそういう意味じゃないんですが、なんて女の子ばっかりなんだ、という疑問はあるぞw

1巻 2巻感想

神と奴隷の誕生構文(シンタックス) 23   

神と奴隷の誕生構文 2 (電撃文庫 う 4-2)

【神と奴隷の誕生構文(シンタックス) 2】 宇野朴人/きくらげ 電撃文庫

Amazon

若き神が、その身を賭して世界を駆ける。気鋭のハイファンタジー第二弾!

 発展界による歪な歴史干渉。
 その脅威から後発世界を救うため、地上に舞い降りた一人の若き神クルァシン。
 敵対する最悪の暴神オルデンダラィムを退け、無事オルワナとの会戦に勝利したクルァシンは、ロケィラの皇女・セレィと共に、隣国アヌビシアと同盟を結ぼうと考える。彼女は近い未来、この世界を統一し、いがみ合う大陸全土に平穏をもたらすはずの、選ばれし少女だった。
 しかし、アヌビシアとの交渉が始まった矢先。若き神を狙って、“神狩り部隊”最強の男が別次元から襲来した。
その国産みの成り立ちから、他国、他民族への不信が根底にあるアヌビシア。深く暗い森の底で、視力を無くしその際立った聴力でもって不可侵を司る盲民族たちの鎖国国家。長年血で血を洗う戦争を繰り返してきた有角種と翼の民を纏め上げたセレィだが、ある意味発展界による分かりやすい侵略行為を利用しての和平だったこともあり、彼女がこののち大陸を統一するための力を持っているのかの真価が問われる最初のハードルがこのアヌビシアだ。武力を背景としながらも、それはあくまで交渉の場を成立させるためのカードとして。ただ力で相手を屈服させるのは征服に過ぎない以上、ここで彼女は他国を信じない民族に対して、武威ではなく志と利潤を以て信頼を得て、同胞として彼らを迎えなければならないという試練を得ることになる。
実のところ、ここからなんですよね。セレィが本当に王としての資質を示し始め、クルァシンと対等の同志として立ち始めるのは。一巻では打ち解け心許しあい認め合いながらも、まだセレィはクルァシンに一方的に教えを受け、導かれる立場だったのですが、むしろ此処では文化の衝突など未知の概念をクルァシンから学びながらも、多くを知るが故に立ち止まり迷いがちになるクルァシンを、セレィが逆に叱咤し、彼の迷いを晴らし、勇気を与える存在になっていくのです。導きの神と自称するクルァシンですが、果たして彼はそれを自分が導く者であるという自負から称しているのではないような気がしてきました。意識してか無意識か、彼は自分がこの地の民を導くと同時に、自分を導いてくれる存在を求めているのかもしれません。それこそ、果てのない贖罪の旅路を終わらせてくれる答えへと導いてくれる者たちを。答えをくれる人々を。
彼の懇願にも似た願いに、セレィは応え得るだけの存在へと成長してくれそうな手応えを、ここでようやく感じました。そして、新たに登場した盲民族にて天才と謳われるサーリャ。まだ見ぬ世界に恋焦がれ、世界の美しさを信じている彼女もまた、クルァシンの因業の旅路に光を与えてくれる存在になり得そうです。メリェは逆に距離感が近すぎて、彼女に取っての世界がクルァシンそのもの、となりそうなくらいだから、支えになっても導きとなるかは微妙なんでねえ。セレィ一人にクルァシンの闇を導く役割を担わせるのはちと酷な所があると思っていたので、サーリャの存在はクルァシンにとっても、セレィにとっても思っている以上に大きくなるのかも。
他者と交わることは、ある意味その純粋性を失わせ、侵略と同じように決定的に相手の存在を失わせしめてしまうものなのかもしれない。あるいは、自分が行なっている事は結局発展界の行う植民侵略と変わらないのではないか、という深刻な疑問に因われるクルァシン。しかし、他者と交わらないということは閉塞であり停滞であり衰退へと繋がるものである。特に、世界は閉じたままでは息苦しいばかり。交流によって生まれる変化は必然であり、健全な発展になるか一方的な搾取になるかは結局当事者たちの心づもり次第。
悪意だけじゃなく好意や善意が原点であっても、容易に交わりは相手を摩滅させることにつながりかねない以上、話はそう簡単じゃないのでしょうけどね。でも、セレィが語るように、サーリャが望んだように、世界の美しさとは止まって変化しないから生まれるのではなく、常に対流し、新しきを生み出すことによって発現するものなのでしょう。それを忘れない限り、セレィたちは上手くやれるはず。一度すべてを失ったクルァシンは、ここで再び得難い良き同志に出会う事が出来たんだなあ、とちと感慨深くなってしまった。

1巻感想

神と奴隷の誕生構文(シンタックス)3   

神と奴隷の誕生構文(シンタックス) (電撃文庫)

【神と奴隷の誕生構文(シンタックス)】 宇野朴人/きくらげ 電撃文庫

Amazon


 翼をもつ民からの侵略を受ける有角種。君主セレィのもと、奮戦するも既に戦局は深刻化の様相を呈し、有角種は滅亡寸前の状況であった。
 しかし一人の若者が戦場に舞い降りる。自らのことを『若き神』と称する彼が、ここにやってきた目的はただ一つ。翼の民に加担し、異世界より来る『歴史を改変する者』を打ち滅ぼすためだった。
 世界を自らの理によって律しようとする強大な勢力に、一人で立ち向かおうとする『若き神』。その双眸には秘めたる決意が映っていた。
 神と奴隷の誕生秘話に迫る、期待のハイ・ファンタジー、いよいよ開幕!

SFファンタジー戦記とは良く言ったもので、これは凄いなあ。ある程度ジャンルの違う世界観は一緒の所に閉じ込めても上手く混ざらないものだけれど、この作品は実に絶妙な配合で同一線上に攪拌されている。なるほど、ファンタジーの世界の上位にある神話世界を、SFの世界観と=で繋げているから上手く合致するのか。
ギュウギュウに盛り込まれた設定群の大津波にも圧倒されたけれど、それ以上に主人公である若き神「導神クラァシン」こと奄倉信の寄って立つ背景の事情が凄まじいを通り越して凄絶である。彼の背負うものの悲惨さは、これヘヴィとかハードとか言ってられないよなあ。ある意味、彼についてはもう既に終わってしまっているとすら言っても過言ではないはずだ。彼個人はもう救われることはないだろうし、幸福な結末なんてあり得ない。彼と共に歩いてくれる人は死者以外に存在せず、彼が愛し彼を愛した人々は本人が望むと望まざると彼を苛む呪いとなり、彼を縛る鎖となり、彼を否定する在り方として寄り添うしかなくなっている。結局彼のやっていること、やろうとしていることは彼が生前にできなかった事をやり直しているに過ぎず、自分と同じ惨劇を他所で繰り返させないための足掻きであり、それは彼個人を救うものではないんですよね。それ以上に、彼がやっていることは対処療法に過ぎず、元凶を揺るがすものではない以上、ひとつの世界を守りきったとしてもその次の世界に旅立ち、永遠と終わることのない防衛戦を続けなければならない無限地獄だ。そして、戦いを続ければ続けるほど彼の神としての在り方は負債を相乗に負わせ続け、彼の苦しみは増して行く。
そこに、救われる余地など何処にもない。
これだけの業と罪と呪いを主人公に背負わせて、これ、どうやって決着を付けるつもりなんだろう。
もし彼が救われる可能性があるとすれば、それこそ発展界が他の界に侵攻する根本原因である、人間存在に対する絶望と諦めを根底からひっくり返すようなナニカがなければ始まらないわけだが、それを遥かに文明の遅れた植民界のセレィたちが示せるのだろうか。それでなくとも、クラァシンの神の罪の痛みを、彼女らは癒せるのだろうか。何れにしても、非常にハードルが高い前提条件である。
 
1月25日

(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索