ぐれーともす

ポンコツ勇者の下剋上 2 ★★★★   



【ポンコツ勇者の下剋上 2】 藤川 恵蔵/ぐれーともす MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

勇者の素養がない英雄。今度は世界を救う勇者の“仲間”を探す旅に――!?

選ばれし勇者のみが扱える神剣――聖光剣エクスキャリバーを無事に勇者の下に届け、目的を果たしたかに見えた少年・クロウ。ところが全部で12本あるという神剣の姉妹剣の過半数が所在不明という事実が判明。これでは魔王戦に臨めないということで、聖光剣の精霊・ホリーの導き(という名の脅し)によって残りの神剣を探すことになり……
〈貴方が私と一緒に探してくれないなら、もう人類には滅びてもらうしかありませんねえ〉
「……俺が姉妹剣を全部見つけるよ……」
そう覚悟を決めたクロウの下へ、姉妹剣を持った暗殺者が訪れ――!?
おおおっ!? ちょっと主人公のクロウくん、思っていたのとは全然違う方向でこの子ヤバイ子なのか?
一巻の印象では、根本的に怠惰でやる気ないタイプなのに妙なところで責任感が強くて自分しか出来ないことがあったら、どんな困難を前にしても頑張ってしまう子。他人に評価してもらうことに殆ど興味なく、ある種の自己満足で充足できるが故に、前回なんぞ世界中を敵に回すような状況になってしまっても臆さなかった、という風に見えてたんですよね。
基本的にそれは間違っていないと思うんだけれど、立脚点が想像していた善性によるものとは全然違うのかも知れない、このクロウくん。
生まれ育ちの孤独さ、育ってきた環境の下劣さ。それから救い出してしまった恩人に何も報いることの出来なかったという無力感。自分の無能さと、それ故の苦しみ多き生涯をこれまで渡り歩いていた経験が彼を形作っているのだとすれば、その研ぎ澄まされた才覚と根底にある冷たい鋼のような精神性は絶望と諦観によって形成されているのではないだろうか。
自分に期待せず、他人を利用することでしか何もなし得ない自分に対する嫌悪感。そこから派生して生まれてくるのは、冷徹なまでに理想も願望も介在しない現実主義だ。先の勇者捜索で、国に反逆者認定されてすら思いとどまらずに、勇者の発見をやり遂げたのは彼にとってはそれが世界を魔王の脅威から救うために必要なただの現実だったからなのかもしれない。正当な世界の破滅に対する危機感が、それ以外を余分として処理してしまったが故の邁進だったのか。
クロウくんに情がないとかそういうことはないんですよね。親しいクラスメイトを心配し、世話になった恩師に気遣い、幼い勇者を慰め、うるさい聖剣の精にはなんだかんだ構ってあげている。
ただ、目的を達するためには手段を選ばない以前に拘泥すらせず、降った暗殺者の少女にもう殺しという汚れ仕事をさせないという大切にする態度を示しながら、一方で欠片もその心底を信用していなかったその心持ち。なんというか、ダーティーである……というよりもバランスが崩れている、或いは偏りきっている、リミッターが外れている? というべきなのか。
無知とやたら強烈な女の情念故に倫理観と常識に欠けている幼女勇者は、いわば未成熟ゆえのアンバランスさなので成長いかんによっては突拍子のない子に育ったとしても壊れた人間になるようには見えないんだけれど……ヤンデレにはなりそうな気質ではあるが。
クロウくんに関してははっきりと異常者のたぐいっぽい。
誰が悪いというわけではなく、状況と環境とクロウくん自身の見通しの甘さの結果とは言え、この主人公を選択の余地のないところまで追い詰めてしまったのは、果たして誰にとっての致命になるのか。
完全にスイッチ入ってしまったクロウくんの、これからの活躍が色んな意味で楽しみすぎます。

しかし、電書の特典SS読むと聖剣ホリーと勇者シオン、二人きりだとそこまで仲悪いようにも見えないんですよね。ホリー、幼女勇者のことあれだけ毛嫌いしているのに、何気に過保護かというくらい細々と面倒見てますし。恋愛脳のホリーですけれど、意外と子供の面倒見るの嫌いじゃないのかしら。

1巻感想

ポンコツ勇者の下剋上 ★★★☆  

ポンコツ勇者の下剋上 (MF文庫J)

【ポンコツ勇者の下剋上】 藤川 恵蔵/ぐれーともす MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

勇者の素養がない少年が、神剣を勇者に届けるだけで英雄に!?

王立士官学校の卒業を間近に控えたクロウ。ある日彼は、選ばれし勇者にしか扱えない神剣――聖光剣エクスキャリバーの声を聞いてしまう! 声の主である聖光剣の精霊・ホリーが言うには、世界を滅ぼす魔王が復活するため、一刻も早く勇者を探して聖光剣を渡さないといけないらしい。クロウは、剣を勇者に届けるというお手軽なお使いだけで世界を救う立役者になれるならと快諾し、勇者を探す旅に出た。ところが問題児のクロウと、性格がハチャメチャなホリーの2人で旅は前途多難! さらに見つけた勇者は、なんと奴隷の幼女で――!? 一体どうやって連れて帰ろう……? 〈あの子の主を、私を使ってぶった切れば良いんじゃないですか?〉「良くねえよ!」
頑張ったなあ! いやこれ、あらすじだと軽い気持ちで神剣の運び屋請け負ったみたいな書き方されているけれど、王家に保管されている神剣を盗み出して、いまいちあてにならない剣の精霊の対勇者レーダーしか頼りがない状態でどこにいるかわからない勇者を探しに行く、というミッションがただ事で済むはずがないと最初から承知していないはずがなく、なんだかんだこのクロウ、相当の覚悟を持って挑んでるんですよね。勇者になれない自分でも、出来ることがあるんじゃないか、と。怠惰で無能で事なかれ主義の彼がこれだけの事をしでかしたのは、身の程を越えた野心でも出世欲でもなく、ただただ魔王が出現して世界が破滅する、という危機感であり、それを知っているのが自分だけという孤立無援の状況であったわけで……いや、それでもなかなかこれだけの事は仕出かせないですよ。下手をすれば、どころか間違いなく神剣を盗み出したカドで処刑されるだろう事を理解しながら。これで自分に自信を持っている人間ならまだしも、彼は自分の無力さ無能さを痛感した上で受け入れている人間である。語りかけてくる剣の精霊は、まあろくでもないことしか言わない糞ビッチで罵倒混じりの放言はやる気をゴリゴリ削ってくるものばかり。
数少ない親しかった人たちも含めて周りの人間、世界そのものが彼を糾弾し、彼に真実を告げた神剣の精霊はろくでなし。世界の危機を知ってしまった自分は筋金入りの能無し。これで、一人で頑張って、勇者の女の子を見つけて、奴隷身分で鬼畜外道に身請けされてしまったのを救い出し、無事王都まで連れて帰る、という偉業を無い能力と機転を振り絞ってやり遂げたんだから、頑張った、本当に頑張ったよ。しかも、見返りを求めず、本当の意味で世界の危機を救うために。
これが、最初から無私無欲の聖人君子みたいなやつだったらそんなもんか、と思うところだけれど、彼はもっと俗人であり、やる気に欠ける面倒くさがりの人間であり、楽して生きていければいいやという男であったのである。そんな、彼なりの人生観を、生き様を、在り方を、信念を投げ捨てて、多くの人に罵られ責め立てられながら、ただ自分でもやれることがあるんだ、というささやかな満足感と引き換えに、そして本気で世界を守るために、頑張ったのである。
こういう、頑張る子は本当に好き。一人で暴走するんじゃなくて、一人で頑張るしかなかった状況で、逃げ出さず投げ出さず、自分の責任を自分で決め、それを成し遂げる姿は、本当に格好いいと思う。神剣精霊は、ぶっちゃけクズだと思うけれど、イケメン勇者じゃなくクロウの頑張りに惚れたのは、見る目がないわけじゃないんだなあ、と。
しかし、このクロウくん。決断の思い切りの良さといい人間観察力といい判断の速さや機転の利かせ方とか、戦う力云々でいうと確かに最下層なのかもしれないけれど、もっと大雑把に「仕事」という括りでならめちゃくちゃ有能なタイプだよなあ。
むしろ、彼がまだ幼く分別のない勇者ちゃんの守り役になったの、多くの人にとって幸いなんじゃないだろうか。いわゆる政治感覚や交渉、組織間のパワーゲームに関する知識や感覚についてもかなりのものがありそうだし。

最強聖騎士のチート無し現代生活 1.姫君はイタズラな副会長 ★★★★   

最強聖騎士のチート無し現代生活 1 姫君はイタズラな副会長 (オーバーラップ文庫)

【最強聖騎士のチート無し現代生活 1.姫君はイタズラな副会長】 小幡京人/ぐれーともす オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle B☆W

平和な学園に聖騎士(お騒がせ野郎)降臨!!

「俺の名は『ユウキ・グレン・オーガス』! ラバールの聖騎士である! 」
宿敵との決戦の果て、奈落へと堕ちた聖騎士ユウキ。彼が目覚めるとそこは見慣れぬ建物が並ぶ異形の街――現代日本だった! 警官に補導されたり妹に魔剣を折られたりしたユウキは、いろいろと勘違いしたまま高校に通うことに。
鎧を着て通学したり異世界での旅の思い出を語ったりと、周囲から重度の中二病認定されながら学園生活を送るユウキ。
しかしそんな彼のぶれない聖騎士っぷりが、悩みを抱える少女達の心を救っていき……!?
これは、異世界の聖騎士さんが囚われの姫の涙を止める物語……かな?

こーれーはー面白いっな!!
いくら異世界から来た勇者様だろうと騎士様だろうと、学校に鎧着て毎日登校はなかなかできないぞ!
異世界から現代に逆に召喚され、みたいなパターンは多くはないけれどチラホラ散見はされるんですよね。ただ、本作みたいに元々現代側に居た人間に入れ替わったのか憑依したのかわからないけれど、成り代わるというパターンは珍しいかも。元々こっちに居た人間としての立場や人間関係があるから、いきなりトチ狂ったか重度の中二病に目覚めてしまった、としか思われんわなあ。
パラレルワールドなのか、家族は異世界側でのそれとおんなじだし、同じ学校に通うメンツには向こうで知り合いだったり主君だったり仲間だったりする娘がたくさんいて、それがユウキの確信と思い込みをさらに強固なものにしていくのである。
ただ、召喚にしろ転生にしろ勘違いや思い込み系にしろ、結局徐々にその人物の突飛な言動は鳴りを潜めていくものなんですよね。それが適応なのか妥協なのかはそれぞれだけれど、現代の日常生活というものに慣らされて、現実というものを受け入れていくことになる。
そうだよね、そうでないと社会不適合者どころじゃないものね。
ところがである。このラバールの聖騎士たるユウキは違うのである。違うのだ! まったくブレない。自分が聖騎士ユウキであることを疑わない。自分の世界観をまったく揺るがせないのである。マイワールド・オンリーワン。
もちろん、どうやらこの現代日本が自分が居た世界とは似て非なる、いや全然似てないんだけれど、自分の知っている人たちと同一人物が暮らしているけれど、まったく異なる世界線上に存在する場所なのだ、というのは決してバカじゃないので、いや相当のバカなんだけれど、頭が悪いわけじゃないので段々と理解していく……段々としか理解できない時点で頭も悪い気がしてきたけれど、とにかく現実を無視してここが自分の居た世界だという思い込みにしがみつくようなみっともない真似はしないのだけれど、だけれども、だ。聖騎士ユウキとしての生き様はまったく変えようとしないのである。いや、変える必要すら発想しないというべきか。彼はまったく自然に、自分の思うがままに真面目に、真剣に生きているだけなのだ。頑張っているだけなのだ。おそらく、向こうでそうであったように。
ユウキの言動はまったくトンチンカン以外の何物でもなくて、そもそも会話からしてあんまり噛み合っていないのだけれど、たとえ思い込みとマイワールドに専有された言動だろうと、現代の、そして現実のしがらみにまったくとらわれない、人間関係や社会の枠組みや暗黙の了解とか、そういう普通の人が捕われ、引っかかって、気にして、思う通りに出来ないようなこと、思ってることを言えないことだろうと関係なく、ある意味物事の本質を容赦なく、衒いなく、率直に指摘して、突きつけて、疑問して、体当たりでぶつかってくるこの聖騎士に対して、むしろ揺さぶられてしまうのは「物分り」良く現実に馴染んでいる、こちら側現代の人間の方なのである。
現代の不登校気味だった運動も勉強もできない高校生の中身になってしまった聖騎士ユウキは、あちらの世界のように超人的な身体能力や魔法も剣技も何も使えなくなってしまってる。一生懸命走っても、妹にすら追いつけずにいる鈍りきった体力の持ち主になってしまっている。それにも関わらず、ユウキはその事自体に一切不満らしい不満をもらさなかった。今の自分はそういうものなのか、と受け入れて、だからといって怯むことなく、嘆かず、できなくなったことを振り返ったり数えたりすることなんかまったくしないで、ただただ自分がこうするんだとキメたことを、こうした方がいいんだと思ったことを、機関車のように推進する。
でも、本気で叱られたり、窘められたり、ダメ出しされたら、素直にへこむんですよね。聞く耳一切持たない、といわけではないのだ。そんなところが、無茶苦茶でとんちんかんなことばかりやってるにも関わらず、可愛げとして滲み出てるんだろうなあ。
彼の巻き起こす騒動、トラブル、事件の数々に巻き込まれていくヒロインたちはじめ、学校の関係者たち。ほんと、ご愁傷様なんだけれど、不思議とみんな怒りながらも、彼を嫌わず、仕方ないなあ、と受け入れていってしまうのもなんとなくわかる、ユウキという少年の嫌味の無さであり、愛嬌であり、壁を蹴破って閉ざされた密室に風穴をあけるような痛快さなのでしょう。まあ、できれば自分関係ないところでやってくれ、ってなもんなのでしょうが。でも、ほだされるよなあ。そして、肝心なところでちゃんとカッコイイのである。
コメディとして、最初から最後までテンションを落とすことなく、全力疾走で走り抜けたそのパワフルなまでの面白さ、最高でした。これは勢い出そうですわ。

 

6月15日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月3日

Amazon Kindle B☆W

6月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月30日

Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


5月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

5月23日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月19日

Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索