徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  8月の漫画新刊カレンダー  8月のライトノベル新刊カレンダー
  9月の漫画新刊カレンダー  9月のライトノベル新刊カレンダー
 

このライトノベルがすごい!

『このライトノベルがすごい!2022』Webアンケート開始!!  


今年も既に「このライトノベルがすごい!」の投票がはじまっています。



締切は【9月23日(木)23:59】。
まだ2週間近くありますが、まだ時間大丈夫と思って気を抜いているといつの間にか期限ギリギリになっていることも侭ありますから、お気をつけください。
私ももうしばらく吟味を重ねた上で、投票する作品をキメたいと思っております。


このライトノベルがすごい! 2021   





【このライトノベルがすごい! 2021】 『このライトノベルがすごい!』編集部 宝島社

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

今年から協力者枠を新たに募集し、枠を拡大。さらに、アンケート回答者も一万人を突破して、と大幅に増えたようでランキングに変動が、そして新作の大量ランキング入りと、例年にもまして大きな動きを見せたのが本年の【このライトノベルがすごい!2021】だったように思います。
特に文庫の方のランキングは20代までの年齢が約70%を占めたということで、ライトノベル読者の高齢化がささやかれる昨今ですけれど、なかなかそうでもないという事なんでしょうかね。

ってか、ランキング入りした作品、全然読めてねーー!!
文庫版ランキングだと40シリーズ中22作。うち、新作26作のうち15作を読んでるということで、ようやっと半分くらいじゃないですかー。
上位10作品中でも6作品。ただ、トップの【千歳くんはラムネ瓶のなか】は読んでなかったんですよね。評判は聞いていたのですが、何となく手にとってなくて積んだまま。いや、本作や【弱キャラ友崎くん】などの青春ものって、読むのに気力と体力がいるタイプの作品なんですよ。真剣に青春してる、本気でフルパワーで日常に、学校生活に、友達との関係に挑んでいる子たちの物語って、こちらもがっつり構えて応じないと、となるので生半可に手を出すことが出来なくて、「よし!読むぞ!」と気力体力十分で時間もたっぷりに充填した時でないと、なかなか手に取れないんですよね。
これはもう、読む前から面白いに違いないと分かっている作品ほど、満を持してを心得てしまって、その満を持する時が忙しいやらしんどいやらで中々巡ってこない、というのが進んでいくうちにシリーズの方が既刊溜まっていってしまうという悪循環。
歳取るとこうなるのよ、ほんとにw 痛感します。

その意味でも、【このライトノベルがすごい!】はきっかけ、或いはタイミングになってくれて、ありがたいのなんの。
いやそれにしても、読んでないのがこれだけずらりと並ぶと、「おおぅ」となりますなあ。あらかた買って手元にはあるだけに、これだけ後回しにしてたのか、と。
杉井光さんの【楽園ノイズ】に関してはあの名作【さよならピアノソナタ】をもう一度、という作品だったみたいで、これ読んでなかったのは自分の中でも痛恨でした。
今月はさほど新刊本に追われていないので、なんとか崩していってみよう。
作者インタビューもなかなか面白かったのですが、「ちラムネ」の作者さん、こっちの道に入ったの院生の頃、しかも友人にやらされたエロゲの【パルフェ】って、オタク経歴がすごいなあ。
【パルフェ】が初体験ってそれはまた。個人的には、まっさらな人にこの手のを布教する人は本当に尊敬します。

しかし、ランキング見てもファンタジーものは確かに本当に少ない。オーソドックスな異世界転生モノに至っては皆無に近い。そんな中で【TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す〜ヘンダーソン氏に福音を〜】が33位に入っているのは大したもんなんじゃないだろうか。
てかこれ、もっとニッチな作品だと思ってましたわ。
いえ、自分もこれ投票させていただいたんですけどね!

今回から協力者枠で参加した人は、それぞれ何に投票したのか個別に掲載していただけるようになりまして、自分の項目もバッチリ発表されてしまっていますw
それぞれ、期間内に刊行された作品の中から最高評価の五つ星バーンと叩きつけたものから頭悩ませて抽出した、自身を持ってこいつはとびっきりに面白すぎてヤバかった、というものをあげました。
去年は10作品だったのに、今回は5作品だけでしたからね。【りゅうおうのおしごと!】が殿堂入りだったのはこうなると助かりました。

ちなみに、私の投票内容はこんなでした。リンク先は私の感想記事となっております。


1位【継母の連れ子が元カノだった】 紙城 境介/ たかやKi 角川スニーカー文庫(総合6位)
2位【探偵くんと鋭い山田さん】 玩具堂/悠理 なゆた MF文庫J(総合66位)
3位【数字で救う!弱小国家】 長田 信織/紅緒 電撃文庫(ランク外)
4位【異世界拷問姫】 綾里 けいし/ 鵜飼 沙樹 MF文庫J(ランク外)
5位【TRPGプレイヤーが異世界で最強ビルドを目指す〜ヘンダーソン氏に福音を〜】 Schuld/ランサネ  オーバーラップ文庫(総合37位)

毎年のようにランキング外に投票している気がするぞ。しかし、ライトノベルで稀に見る「戦争芸術」を描いてみせた【数字で救う!弱小国家】の5巻に、【異世界拷問姫】の最終巻のあのラノベ史上に残る悍ましさと美しさを見事に織り交ぜたファンタジーの極には、逆らえませんでした。
面白いものはどうやったって面白いと言わざるを得ないのです。


男性キャラ投票
・ウェイン 【天才王子の赤字国家再生術】
・ガーディ 【やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい】
・姫宮春一 【お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。】

春一とウェインは去年に引き続き、でした。去年の見て決めたわけじゃなくて、投票してから見返して「お!?」となったのですけど。


女性キャラ投票

・エリザベート・レ・ファニュ (異世界拷問姫)
・空銀子 (りゅうおうのおしごと!)
・鷹月唯李(隣の席になった美少女が惚れさせようとからかってくるがいつの間にか返り討ちにしていた)


イラストレーター
・つなこ(デート・ア・ライブ)
・しらび(りゅうおうのおしごと!)
・鵜飼沙樹(異世界拷問姫)



単行本・ノベルズランキングの方は、文庫と比べると去年と同じタイトルが比較的多く見受けられます。そんな中で飛び込んできた【異修羅】と【Babel】。
異修羅、これも読んでなかったなあ。登場人物が何人か登場したところまでチラ見したのですが、面白くなるところまではまだ読んでないまま、置いてる状態でした。
【Babel】は投票時はまだはじまったばかりですので、むしろストーリー的にも本番となる来年以降、まだここから躍進してくるんじゃないでしょうか、これ。
はじまったばかり、という意味では【滅びの国の征服者】も、まだ助走の段階でランキング入りしているのは非常に楽しみです。

さて、おかげさまでエネルギー結構充填できました。読むぞーという意欲も溜まってきた。今年もあと一ヶ月ほどですが、それまでにもガンガン読むぞー(目標



このライトノベルがすごい!2020  



【このライトノベルがすごい!2020】 


Amazon


今年はちょーっとびっくりでしたよ。各所ですでにランキングの内容については明らかになっているようですが、文庫部門では宇野朴人さんの【七つの魔剣が支配する】が。単行本部門では古宮九時さんの【Unnamed Memory】が一位に。
【七つの魔剣が支配する】は十位圏内には食い込んできて然るべきとは思っていたものの、まさか堂々一位を飾るまでに確固とした人気を獲得していたとは、ちょっと予想外でした。
単行本部門の方も【本好きの下剋上】がしばらくは不動なんじゃないか、と予想していたのでこれを【UM】が上回っての一位というのは、昔からのファンからするとちとテンションあがってしまいましたよ。

本年度も協力者枠で参加させていただいたわけですが、新作として特に推しだった【七つの魔剣が支配する】、【Unnamed Memory】に加えて文庫部門7位、新作部門では3位に【継母の連れ子が元カノだった】が入ってくれて、何とも嬉しい限り。例年、あまりランキング上位に寄与しない投票が多かったのですけれど、今年は妙に噛み合ってたなあ。

しかしこれ【Unnamed Memory】ですけど、投票時点では三巻は対象外でしたからね、これ! ランキングの発表ページではさらっと3巻の表紙で紹介してますけど。一応3巻の発売が9月17日で投票期間は9月3日から9月23日の午後6時までだったので6日だけ被ってはいるのですけど、どれほど影響あったんでしょうね。3巻が対象外と言いつつ、あれ読んじゃうとなあ、絶対無視できないですよ。
ちなみに、自分は3巻読んだのが10月に入ってからだったので3巻は考慮外でした。もし範疇に入ってたらもっと上位で投票せざるを得なかったでしょうね。
……まあ、来年分に回せるのですけどっ! 3巻のあの怒涛の展開の分を来年に持ち越せるのですけど!



ちなみに、私の投票内容はこんなでした。リンク先は私の感想記事となっております。

1位【筺底のエルピス 6.四百億の昼と夜】 オキシ タケヒコ/toi8  ガガガ文庫(総合57位)
2位【嘘つき戦姫、迷宮をゆく 5】 佐藤 真登/ 霜月えいと  ヒーロー文庫(ランキング外)
3位【継母の連れ子が元カノだった 2.たとえ恋人じゃなくたって】 紙城 境介/たかやKi  角川スニーカー文庫(総合9位)
4位【りゅうおうのおしごと! 11】 白鳥士郎/ しらび  GA文庫(総合2位)
5位【七つの魔剣が支配する 3】 宇野 朴人/ミユキ ルリア  電撃文庫(総合1位)
6位【東京レイヴンズ 16.[RE]incarnation】あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫(総合40位)
7位【Unnamed Memory II 玉座に無き女王】 古宮 九時/chibi  電撃の新文芸(総合7位)
8位【昔勇者で今は骨 4.わたしからあなたへ】  佐伯 庸介/白狼  電撃文庫(総合60位)
9位【幼なじみが絶対に負けないラブコメ】 二丸 修一/しぐれうい  電撃文庫(総合5位)
10位【天才王子の赤字国家再生術 4~そうだ、売国しよう~】 鳥羽 徹/ファルまろ  GA文庫(総合68位)

【筺底のエルピス】、こんなに低いのかー。ランキング外でないだけ良いのかもしれませんけど、自分的には人生観ぶん殴られるほどのすさまじい傑作だったのですよ。
個人的に【天才王子の赤字国家再生術】は去年よりあがってくるかと思っていたので、去年の14位から急落するとは予想外でした。ぶっちゃけ、内容の面白さに関しては落ちるどころかヒートアップしているだけに、尚更に。



女性キャラ
エリザベート・レ・ファニュ (異世界拷問姫)
ネフィ(魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?)
綾井結女 (継母の連れ子が元カノだった)

男性キャラ
クルック・ルーパー (嘘つき戦姫)
姫宮春一 (お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。)
ウェイン (天才王子の赤字国家再生術)

イラストレーター
COMTA (魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?)
しらび (りゅうおうのおしごと!)
ue (終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?)


キャラクター部門の投票についてはお察し。
今年の結果ですけれど、文庫部門の10位以内はトップの【七つの魔剣が支配する】を除いて全部現代劇なんですよね、ですよね? いわゆる異世界転生モノの系統はなく、一位の「ななつま」ですら純正ファンタジーなんですよね。これ40位まで広げてみてもいわゆる「なろう系」に類別される転生モノは【この素晴らしい世界に祝福を】と【Re:ゼロから始める異世界生活】という大作2つしか見当たらないという結果に。
その代わり、単行本部門ではランキングに乗った15作品中10作品がそっち系統なのですよね。
むしろ単行本の方にこそ「転生モノ」の比重が傾いているという事なのだろうか。

前年まで文庫部門5作品、単行本部門5作品という投票だったのが今年から区別なく10作品に投票できる形になり、正直助かりました。どうしても単行本の方は読んでいる点数が少なくて限定されてしまい、投票したかった文庫部門のほうを削らないといけなかったですからね。5作はあまりに少なかった。なので、今年は存分に好きな作品に投票できたと思います。それでも、悩みに悩んで削って削って、とせざるを得なかったのですけれど。
まだ読んでない作品も上位に散見されるので、これを機会に手にとっていきたいとも思っております。

このライトノベルがすごい!2019  



【このライトノベルがすごい!2019】 


Amazon


おおぅ、今年はまたキレイに表紙から内容が推察できるだろう項目が消えてるなあ。
昔は雑コラみたいに白塗りしてあったのが、モザイクがかかるようになり、ランキング内容が露骨にバレちゃう部分だけ消してたり、と年々巧妙になっていくのがうかがえます。

さて、本年度もわたくし八岐は協力者枠で参加させていただきました。毎年ながらお声がけくださり、ありがたいかぎりです。

本年度の一位となった【錆喰いビスコ】に関しては、あれが登場した時に界隈を走った激震ともいうべき衝撃を振り返れば上位に食い込んでくるのは予想していましたが、まさか一位掻っ攫うまでにいたるとは流石に思っていませんでした。協力者枠では凶悪に票ゲットするだろうな、とは思ってたんですけどね。思いの外、HPでもポイントとってたんですよね。HPだけでも9位。4位くらいまでとはポイント差もあんまりないことを考えると、それだけ全方位に走った激震だったのかもしれません。
ただ、世代差で見ると見事に高い年齢層に偏っているようですが。
【ひげを剃る。そして女子高生を拾う】なんかはまた好みが分かれそうな作品だと思いましたけれど、想像以上に協力者枠でポイント入ってましたね、なるほど。
【弱キャラ友崎くん】はこれだけ順調に年々順位を上げていってるというのは注目に値すると思います。三位に入ってきているのは驚異的。【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】に続く新たな青春モノのトップランナーになってきていますね。

ちょっと虚を突かれたのが【三角の距離は限りないゼロ】。これはまったくノーマークでした。岬 鷺宮さんは甘くも切ないどこか落ち着いた感じの青春恋愛モノの旗手として、既に多くの作品を手がけてきた人だけに、ある意味新作によほどのインパクトがないとここまでググっといきなりあがってくるとは思えなかったんですよね。一応購入はしていたものの、本作はまだ未読。これはチェックミスでした。
注目の新作としては14位にランクインした【天才王子の赤字国家再生術〜そうだ売国しよう〜】でしょう。実際、中身もかなりアグレッシブで面白く引きも強い良作で登場当初から話題にあがっていた作品でした。私も大好物です。とは言え、来年ここからあがってくるようなタイプかどうかはちと微妙かもしれませんが。人気爆発するような展開があったらいいのですけれど。

さてさて、私の投票内容ですが、このような感じでした。


文庫部門
1位【魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?】 手島史詞/COMTA  HJ文庫(ランキング外)
2位【りゅうおうのおしごと!】 白鳥士郎/しらび GA文庫(ランキング2位)
3位【ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 】 聴猫芝居/Hisasi 電撃文庫(ランキング外)
4位【好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる】 玩具堂/イセ川 ヤスタカ 角川スニーカー文庫(46位)
5位【皇女の騎士 壊れた世界と姫君の楽園】 やのゆい/mmu ファミ通文庫(ランキング外)


単行本部門
1位【ロード・エルメロイII世の事件簿】(36位)
2位【野生のラスボスが現れた!】(ランク外)
3位【はぐるまどらいぶ。】(11位)
4位【冒険者になりたいと都に出て行った娘がSランクになってた】(ランク外)
5位【さようなら竜生、こんにちは人生】(ランク外)


女性キャラ
ナユタ (クローバーズ・リグレット)
セラ (もう異世界に懲りたので破壊して少女だけ救いたい)
相原璃子 (オタギャルの相原さんは誰にでも優しい)

男性キャラ
石動 迅 (聖剣使いの禁呪詠唱)
ギュネイ (叛逆せよ! 英雄、転じて邪神騎士 )
ザガン(魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?)

イラストレーター
しらび(りゅうおうのおしごと!)
鵜飼沙樹(異世界拷問姫)
ぶーた(七星のスバル)

毎度ながら圏外の嵐! とは言え、一位の【魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?】がランク外なのはちょっと衝撃でした。まじかー。いやもうめっちゃ自分が好きなのはともかくとして、結構人気ある作品だとも認識してたんで。辛うじて【帆影さん】が50位以内に入っていたのが嬉しい。
単行本の方はこれ難しいよなあ。【野生のラスボスが現れた!】は今一番面白い展開に差し掛かっているところでもあり、あの大前提のちゃぶ台返しが見事なんですよね。
キャラ部門は、まあ毎年ながらランクインしたことがありませんw ここは上位作品の主要キャラが圧倒的に強いですからねえ。

その他、アンケート内容では電子書籍の利用割合が興味深かったです。ってか、まだこれくらいの利用頻度なのか。自分はもう部屋に本置くスペースが皆無を通り越して絶無になってる状態で、数年前からほぼほぼ完全に電子書籍に移行しております。例外は以前から書い続けているシリーズもの、境界線上のホライゾンみたいな電子化していない作品を買うときのみですね。あと、小説以外の新書とか。
ぶっちゃけ、そういう例外を除けば電子書籍化されてなかったら、買うの諦めてます。使い始める前は色々ためらいましたし悩みましたけれど、使い始めてみるとやっぱり極めて便利でねえ、これが。
ふと読みなおしたい、自分なんか感想記事書くのに読み返したい時が頻繁にあるので、そんな時にあっという間に引っ張り出せる電子書籍の便利さは筆舌に尽くし難いものがあります。外でも自由に読めますしねえ。というわけで、自分は重宝しています。



『このライトノベルがすごい!2018』Webアンケートスタート!  



『このライトノベルがすごい!2018』Webアンケートスタート!


今回も協力者枠で参加させていただくことになりました。まだ全然選んでないし、締め切り直前まで粘るつもりです。また、知らなかった面白い作品に巡り会えればいいなあ。

このライトノベルがすごい! 2017  


このライトノベルがすごい! 2017

今回は順位結果のところ、モザイクでうまいこと消しているようで。前回までは白塗りで塗りつぶされてて変な感じでしたもんね。

というわけで、本年度も協力者枠でアンケートに参加させていただきました、お声掛けくださりありがたく存じます。
今年から「文庫部門」と「単行本・ノベルス部門」という2つの系統にランキングが分かれるという驚きの出来事が。単行本という部門を別に分けられるほどにシェアを広げている、ということなのでしょうか。
かくいう自分はというと、電子書籍にだいぶ比重を傾けてきたお陰でスペースを取るという問題については解消されたのですが、やはり値段の関係上早々気楽には買い漁れないのは相変わらず……と言っても、まあそこは学生じゃあないんで融通きくので実質買い漁っているのですが、それでも文庫と比べたらやっぱり軽々とはいかない面がありますねえ。

で、本年度のランキングでありますが……先に私の投票内容の方を晒しておきますか。


文庫部門
1位「筺底のエルピス」 オキシタケヒコ(ガガガ文庫)
2位「東京レイヴンズ」 あざの耕平(富士見ファンタジア文庫)
3位「竜は神代の導標となるか」 エドワード・スミス(電撃文庫)
4位「ふあゆ」 今慈ムジナ(ガガガ文庫)
5位「疾走れ、撃て!」 神野オキナ(MF文庫J)

単行本部門
1位「異世界から帰ったら江戸なのである」 左高例(エンターブレイン)
2位「その無限の先へ」 二ツ樹五輪(MFブックス)
3位「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」 CHIROLU(HJノベルス)
4位「火輪を抱いた少女」 七沢またり(エンターブレイン)
5位「さようなら竜生、こんにちは人生」 永島ひろあき(アルファポリス)

女性キャラ
1位「ラティナ」(うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。)
2位「乾叶」(筺底のエルピス)
3位「キリカ」(天空監獄の魔術画廊)

男性キャラ
1位「石動迅」(聖剣使いの禁呪詠唱)
2位「サージェス」(その無限の先へ)
3位「トリスタン」(魔剣の軍師と虹の兵団)


イラストレーター  ue/八坂ミナト/柴乃櫂人

こんな感じになってます。うん、ご覧いただければわかるとおり、文庫部門の一位に投票した「筺底のエルピス」が20位に入ってくれたくらいで、他はさっぱりランキング50位内のどこにも見当たりませんでした、あはは。
毎度といえば毎度のことなんですけどね。自分のスタンスといたしましては、もうあくまでアンケートの質問に応じて何も考えずに「期間内で自分が読んで面白かったもの、好きなもの」をうんうん唸って選んでいるだけで、全体の傾向とかこれから人気出そうな作品とかまるで考えてませんですからねえ。
だからこそ自信を持って、自分が読んだ中でこれが面白かったんだッ、と言い切れるしオススメできます。
悩むべきは、読めてない作品がやはり増えていることですか。読んでなかったら面白いもなにもないもんなあ。
アンケート1位をとった将棋作品に関しては、最新刊まだ読めていないのがいろいろな意味で痛恨です。いやもう納得なんですけどね、納得以上にこれが一位というのは驚きだし嬉しいなあ。

単行本部門の方は自分が選んだ作品もわりとどれもランキング内に入ってて、良かったというかなんというか。単行本部門が出来て一番ありがたかったのは、「江戸〜〜」がランキング載ってくれたことですね。
これ、前年では部門分かれてなかったですけれど一位で投票して、案の定ランキングのどこにも入ってなくて「あうあうやっぱり」とため息をついてたものですから。

しかし今年のランキング、このすばこと「この素晴らしい世界に祝福を」が自分はもっと上位に入るかと思ってたんですが、ランクアップしているとはいえ9位というのは意外でした。協力者枠のポイント少なかったのか。かくいう自分も入れてないんですけれど、最後まで悩んだ作品の一つであったんですよね。巻によってべらぼうに面白い時と普通に面白い、くらいの波があった分だけ、他の右肩上がりっぱなしな作品の方に傾いてしまったのですが。
去年のこのラノの記事でもちと触れたんですが、今年も思ってたより小説家になろう出身の作品のランキング入りはそれほどフルってないんですよねえ。いや、今年は猛威を振るうと予想していたのですが。ゴブリンスレイヤーなどが上位に入っているとは言え、リゼロなどの以前からの人気作品を除くと新規が殆ど見当たらないのが意外と言えば意外。
その分、単行本部門の方がそちらの受け皿になっている、とも言えるのでしょうけれど。
【戦国小町苦労譚】、こんなにランキング上の方なんだ。生産系では一番好きな作品だったけれど、そんなにウケるタイプじゃないよなあ、と思っていただけにこれは嬉しい。


文庫部門

このライトノベルがすごい!2016   



このライトノベルがすごい! 2016

この書影、発売日になっても変わらないのか(苦笑

今年も協力者枠で参加させていただきました。今年に関しては例年に比べて取りこぼしが多くて、手を伸ばせる範囲を網羅してそこから選び抜いた、という手応えにいささか欠けた感があり、ちと悔いが残ってるんですよね。
せめて月30は最低限読んでおかないと。歳なのかなあ、仕事から帰ってから一冊読んで感想一つ、というペースがなかなか保てなくなりました。疲れて起きてらんないのよさ。
と、愚痴はともかくとして、今年も第一位は俺ガイル。これで三年連続ということで殿堂入りらしいんですけれど、殿堂入りってもうランキング除外ということですか。凄いなあ。
この作品、然るべき時に読むぜー、と6巻あたりから大事に置いておいたら然るべき時が来なくて
今まで最新刊まで読まずに積んじゃってるんですよね。完全にタイミングを逃してしまってるのです。読もう読もうと思うのですが、暇があって余裕があってガッツリ読みふけって浸れる時間を図ってたら、来ないんですよそんな時間(苦笑
同じように大事にしすぎて抱え込んじゃってるシリーズが他にもけっこうありまして、気合入れて読みたいと思う作品ほど積んじゃってるんですよね。【とある飛行士】シリーズなんか、そのままついに完結しちゃいましたよ、あわわっわ。
出た時にこそ読むべき、とわかってるんですけどねえ。あれもこれも、とどんどん積み本が溜まってきてしまっていて、今となってはどれから読んでいいものか途方に暮れてる次第です。
俺ガイル、結局アニメ第二期は内容知りたくないから一切見なかったもんなあ。

今年のランキング、やはり目立つのは新作部門の【エイルン・ラストコード】と【終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?】の2タイトルでしょう。【エイルン・ラストコード】に関しては完全に予想外で、この名前を見た時は驚きました。私、一巻しかまだ読んでないんですよね、これ。かなりハードな世界観で歯応えある内容だったのですが、これも読まないとなあ。
終末こと「すかすか」については、私も二位で投票していました。20位以内くらいは食い込むかなあ、と期待していたのですけれど、これも想像以上の位置で。
本作の打ち切り予定からの復活劇は、私も感激した口です。今まで、どれだけ打ち切りにしないでっ、と願っても覆った試しなんてなかったですからね。いつだって、続きを見ないまま去っていく名作、傑作を歯を食いしばって見送ってきたか。そんな中で、こうして打ち切りから蘇った作品の存在は、言わば希望の種。【魔法遣いに大切なこと】【echo 夜踊る羊たち】以来の枯野さんファンとして、本作の続きが読めることも然ることながら、こうして復活の前例が出来たことは嬉しい限りです。

さて、今回私が投票した作品は【異世界から帰ったら江戸なのである】【終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?】【はたらく魔王さま!】【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン】【問題児たちが異世界から来るそうですよ?】でしたが、ガンゲイルとはたらく魔王さまがそれぞれ36位と41位。他はランク外。江戸はまあ個人的趣向に走りまくってたんですが、問題児はあれ発売時期的なのかな。

ランキングを見ていて、ふと感じたことなのですが今年猛威を奮っているなろう出身小説なのですが、意外なほどランキングには姿を見せてないんですよね。いや8位の「ダンまち」、11位に劣等生。ソードアートも含めれば上位にちゃんと顔を出しているといえるのですけれど、これらはもう数年前から既に地位を築いているタイトルばかり。明確に新顔と呼べるのは、【異世界食堂】くらいなんですよね。さり気なく、ランク外からにょきにょき上にあがってきている【薬屋のひとりごと】もありますけれど。あとは【Reゼロ】と【オーバーロード】くらいか。60位以内でわずかこれだけ、というのはちょっと意外な結果でしたね。

ともあれ、ランキングにあがっている中でも積んでいる作品がこれでもか、と散見されてあうあうとなってしまいました。エイルンは早く読まないとなあ。

コメントはガンゲイルで採用されてるの、一つ発見w

『このライトノベルがすごい!2015』のWebアンケート スタート  

今年もこの季節がやってまいりました。

ライトノベルBESTランキングウェブアンケート


またぞろ頭を悩ませることになりそうです。とりあえず、締め切りまで今月いっぱい発売の分も含めて検討を重ねる予定。
選びたいのがたくさんある、というのは幸せなことだと実感できるイベントなんですよね。

このライトノベルがすごい! 2010  

このライトノベルがすごい! 2010

Amazon
 bk1

あ、自分のコメが載ってる。去年はなかったので、何気に嬉しい。
というわけで、今年も協力者サイトとして参加させて貰ったのですが、案の定というべきか投票した作品はベスト10には一切あがらず。
まとめによると、今年の協力者票はバラけまくってたようで、やはりこの類の人種には流行は置いておいてそれぞれに一押しで譲れない好きな作品を抱えているでしょうから、集合勢力としては機能しないんだろうなあ。
一位のバカテスについては、意外だったなあ。そこまで盛り上がっているという気運を感じていなかっただけに。確かにアニメ化も決まって今からが旬というところではあるけれど、あくまで今からであって、まだピークに来ている風はなかったと思ったんだが。
まさに今が旬であるところの化物語を抑えるとはねえ。
ぶっちゃけ、自分は最新6.5巻まで読んでもういいかな、と思ってしまった口なので、これが一位になった理由とかわかんないです。ほんとに、似たような系統の作品とバカテスが違う要素ってどこなんだろう。
いや、むしろ兆候のあったバカテスよりも驚いたのは7位のみーくんまーちゃんですよ。これ、そんなに人気だったのか。

嬉しかったのは、アンゲルゼが30位にランクインしてたことですか。少女系レーベルではこの作品が唯一なのかな。紛れもない屈指の傑作なのでこれを機会に手をとってくれる人がいればいいんだけど。

というわけで、自分が投票した五作品を探してみると、ブラックブラッドブラザーズは20位、翼の帰る処は60位、戦闘城砦マスラヲは16位。アンゲルゼは30位と概ねランクイン。ただ、一位で投票した時載りリンネの姿は影も形もないやー(涙
去年はまだ、名前あったのに。ちょいヘコむ。
個人的には翼の帰る処も、評判からしてもっと上に食い込んでくると思ったんだけどなあ。レーベル的にそこまで広がってなかったってことなのか。むしろ60位に入ったのが凄いのかもしれないけど。

ちなみに公表されている60位までで、途中でシリーズを追うのを止めたのが11作。まったく未読だったのは【電波女と青春男】【これはゾンビですか?】【いつか天魔の黒ウサギ】の三作だけでした。我ながら読んでるなあ。そりゃ、部屋が埋まるわけだ。
ちなみに、電波女は近々手を出す予定。

イラストレーターは竹岡美穂さんが二連覇。これはもう納得としか。
本文中で名前がピックアップされてるブリキさんだけど、この人は確かにイイですよ。カラーの淡い色彩といい、くしゃっとなった時の表情の描き方が凄い印象的で惹かれるんですよね。

売り上げや今年の総括、各レーベルの状況などの記事も興味深い内容で面白かったです。

この流れだと、来年当たり上位にあがってきそうなのは【僕は友達が少ない】あたりか、と予想してみたり。
 
9月21日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月19日

Amazon Kindle B☆W

9月18日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W


(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W


(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月17日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


少年サンデーコミックス
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月16日

(ボニータ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


9月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ハルタコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(LINEコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

9月12日

Amazon Kindle B☆W

9月11日

(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W


(アルファポリス)
Amazon Kindle B☆W

9月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャルダンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス/フォワードシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(双葉文庫)
Amazon Kindle

9月8日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヴァルキリーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月7日

(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムコミックス)
Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

9月6日

(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W

9月5日

Kindle B☆W

9月3日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W

9月1日

(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W

8月31日

(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

8月30日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W

8月28日

Amazon Kindle B☆W

8月27日

(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

8月26日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索