このライトノベルがすごい!文庫

ファンダ・メンダ・マウス 2.トラディショナルガール・トラディショナルナイト3   

ファンダ・メンダ・マウス2 (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)

【ファンダ・メンダ・マウス 2.トラディショナルガール・トラディショナルナイト】 大間九郎/ヤスダスズヒト このライトノベルがすごい!文庫

Amazon

10キロのヘロインと少女を巡って、マウスが駆ける!!

「お前はおれが守る。ずーっと守ってやる」
――イカれた奴らの純粋な愛の物語――


一見、落ち着きを取り戻したマウスの日常だったが、今度は美月にトラブル発生!父・豊島郁夫の死体と10キロのヘロインを押しつけられた美月。自らの命の対価としてヘロイン売買に巻き込まれていく。欲望渦巻く横浜ダークサイドは弾丸乱れ飛ぶ超危険地帯に。命を危険にさらしながら事態の終結を急ぐマウスだが、その背景にはマウスの第三婦人キンバの意外な思惑が……。第1回『このラノ大賞』栗山千明賞・待望の第2弾です。
あれ? 今回意外に読みやすかった。相変わらず冒頭から意味不明なマウスの脳内麻薬の羅列に眩暈を起こしてしまうのだが、このシリーズって兎に角冒頭20ページくらいは毎度こんな風なのか? さすがに勘弁して欲しい。まあマウスのどうでもいい戯れ言に関しては、ラストで満やディディが本題まで録音をすっ飛ばしたみたいに、話半分聞く耳半分くらいで真面目に読み込まずに読み流せば、あまり気にならなくなってくるので、これは慣れなんだろうなあ。主人公の独白を読み流せ、とはヒドイ話な気もするけど、いちいちマジメに付き合う話しじゃないだろう、これらは。だから、マウスについては本当にどうでもいい戯れ言をどれだけ適当に流しながら、イイこと言ってる所を逃さないか、というスキルが要求されるのか、これ。そんなの要求しないでおくれよ。まあ八割どうでもいいこといってるので、大事なシーンさえ把握してりゃあ見逃さないか。
なんで今回わりと読み易かったと感じたのかわかったぞ。マウスの一人称が一巻の時よりもだいぶ分量として減ったからだな、多分。今回の話の主役の一人である美月さんなんぞ、数少ない論理的に思考してくれるキャラがそれなりの量のシーンを掌握してくれてたからだな、うん。
まあ、主役が誰という点を度外視しても、今回は話自体が二転三転するにも関わらず分かりやすかった。黒幕の動機が非常に感情的で、しかし計画はしこたま論理的で目的が明快だった、というのもあるんだろうが、前回なんて相当意味不明のまま最初から最後まで突き抜けていたのに比べると、見違えるほど小説として成り立っていたと言っていい。分かりやすかった云々で論じられる時点でちょっと前提がおかしい気もするが、気にすると負けな気分にさせられる点で相当なタマであると思えばいいのだろう。
ただ、下手くそなのとは違うよなあ。読みにくいことと下手である事は全く別の話。無茶苦茶な文章で、自由にも程があるが、こうした作風なのだと受け止めれば、この作品が一本の物語として何だかんだと綺麗に整っている事は理解できる。加えて、不思議な牽引力があるのは悔しいが認めざるをえない。結局、読み始めたら一度も止まらずに一気に最後まで読んじゃったわけだし。読んでる間、あこれ面白いな、と思っちゃったし。思っちゃったんだよなあ。私、こういうのもっと好きじゃないと思ってたはずなんだけど(苦笑
まあなんにせよ、一巻よりもこの二巻の方が、話としては好きですわ。読み終えたあとの読後感もすっきりして心地良かったですし。一巻は、なんかすごかったけど釈然としないものが残ってた事を思うと、ちゃんと理解の範疇にある終わり方でしたし。
とりあえず、美月さん頑張れ、ちょー頑張れ。第一第二は正直ありえないほどダメですから。ステフと協力して超頑張れw

1巻感想

暴走少女と妄想少年 23   

暴走少女と妄想少年2 (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫)

【暴走少女と妄想少年 2】 木野裕喜/コバシコ このライトノベルがすごい!文庫

Amazon


入学から1か月。なかなか友達が増えない善一(と武瑠)は、自分たちと同じくクラスから浮いていた、内田杏子と友達になろうとする。だが、杏子は武瑠並みに面倒な性格の持ち主だった!善一はなんとか彼女の気を引こうとするが、事態はなぜか武瑠と杏子による「どちらが善一の主人にふさわしいか対決」に発展!果たして勝負の行方は!?新たな暴走少女が加わってさらにヒートアップしたドロップキックラブコメディ。『このラノ』大賞・優秀賞の第2弾!
うんうん、いいな、これはいい。
前作に色濃くあった悪い意味での素人っぽさが上手く解消されていて、よく洗練されていたんじゃないだろうか。こうも着実に成長の跡が見られると、なんだか嬉しくなってくる。
それ以上に、この新キャラ投入は成功だったように思う。一巻は面白くはあったものの、主要の登場人物、武瑠と善一にみみみと白柳、ベースとなる四人組がどうも連携が取れておらず、一人ひとりが物語の進行の中で孤立してしまっていたんですよね。名目こそ友達扱いだったけれども、場面場面でバラバラに動いてしまっていたというか何というか。二人が絡むと残りが弾かれるみたいな形で、遊軍になってしまっていたというか。微妙な距離感があったんですよね。
それが、杏子という新要素が加わってきた事による刺激によって、どの場面でも誰が弾かれるでもない仲良し四人組として機能し始めるのです。そうやって生まれた気心のしれた仲間という空気感は、肝心の杏子も拒絶することなくすぐに取り込んでいくのでした。最初の登場からしてヤッチャッタ感のあった杏子ですけど、武瑠の時からすると随分とすんなりと違和感や気まずい雰囲気なく接するようになりましたしね。もう、これにはみみみと白柳の二人の活躍があってこそ。今回の話では、善一以上にこの二人が頑張ってくれたお陰という感があります。武瑠に懸想している分、善一の出足やお節介は前回ほど意欲的かつがむしゃらに、とはいきませんでしたしね。でも逆にそのお陰で、善一一人の尽力で、ではなくみんなで一緒に本当の友達関係をつくっていこうという雰囲気にもなれたわけですし、良かったんじゃないかな。最後なんて、みみみも白柳もきっぱりと杏子の味方になってくれたわけですしね。あそこで二人がちゃんと武瑠と善一を叱ってくれたのは嬉しかったなあ。

前巻ではツンデレとかいう以前の問題で、女として云々、恋心がどうのという話どころか歳相応の分別すらまだついていない子供でしかなかった武瑠が、あれからちゃんと成長してわずかではありますが、ちゃんと女の子としての顔を見せてくれるようになったのは、善一じゃないけれどちょっとした感動ものでしたねえ。尤も、萌える云々の段階ではなく、どこか幼い娘の成長を目の当たりにしたみたいな気分でしたけど(苦笑
ただ、わりとガチに修羅場になったのは意外だった。その辺誤魔化さず、あの場面で逃げずに直球を投げ込んできた決断は、ラブコメとしてもナイスだったと思う。なあなあで済ます所じゃなかったですし、あの展開があってこそ、みみみと白柳からも友達としての真剣度が伝わってきたわけですしね。
何より、武瑠にはあれぐらいの刺激がないとダメだったでしょうし。他人に関心の薄い彼女に対しては、嘘や誤魔化しではなく本気の想いを見せないと、伝わらなさそうだもんなあ。
あの残念な尊大さには、はがないの肉を思わせる雰囲気があった杏子ですが、やっぱりいまどきって残念さは愛嬌なんですかねえ(苦笑

1巻感想

ランジーン×コード  

ランジーン×コード (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫 お)

【ランジーン×コード】 大泉貴/しばの茶番 このライトノベルがすごい!文庫

Amazon
 bk1

んー、これは自分にはダメだったなぁ。
描かれている登場人物の感情、想いや決意と言ったものが上滑りして、私の中まで届かなかった。掴もうとしても乾いた砂のように指の間からこぼれおちていく。
取っ掛かりがないんですよね。凹凸のない壁面で、登ろうにも手がかり足がかりとなる抑揚、波となるようなリズムがなくて、滑り落ちてしまう。起承転結の盛り上がり、濃厚な世界観、登場人物たちの想いの変転など、ちゃんと描かれているんだけれど、それをどうしても単なる言葉の羅列としてしか捉えられなかった。
物語としての旋律を、私が聞き取れなかった。
おかげで、読んでいても心がぴくりとも反応しなくって、しんどかったなあ。
そして主人公のロゴ。彼の偽善と逃げ腰と自分の都合のよい現実に耽溺する性向は意図的に構築されているものだということは、後半の展開からも理解できるが、その言動のすべからくが、作者のこうあるべきだ、という規定のもとに基づいていて、そこから一切逸脱する様子が感じられなかったのが、どうにも気に入らなかった。その傾向は、おおむねどのキャラからも感じたのだけれど。結局、どのキャラもが作者の言葉を反復している風にしか見られなかった、ひいては全体が本当の意味においてキャラの差異などない、作者の独り語りによって織りなされるもの、のように感じてしまったんですよね。
一つの物語として異様なまでに完成度の高い作品には、キャラの言動すべてが最初から最後までカッチリと固められた、作者の描いた脚本通り、一切逸脱しない、制御され切ったものであることは儘あることなんだけれど、その場合は作品全体が一つの調和のとれた完全な美しい完成物として構成されているので、むしろキャラの在り方はそうでなければならないのだけれど、これの場合は全然違うからなあ。
結局のところ、趣向や感性の違いなんでしょう。自分には合わなかった、という事に尽きる。読む人によってはまた違った印象になってくるだろうし、何より大賞受賞作ですものね。

ただ、特に前半から中盤に見受けられる説明文のくどさと繰り返しはいただけない。完全に物語を語るにおいて邪魔と停滞の原因となっている。ここでうんざりしてしまうケースは多いんじゃないだろうか。

なんにせよ、自分には合わなかったです。残念。

ファンダ・メンダ・マウス3   

ファンダ・メンダ・マウス (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫 お)

【ファンダ・メンダ・マウス】 大間九郎/ヤスダスズヒト このライトノベルがすごい!文庫

Amazon
 bk1

おれはマウス。しみったれた倉庫でくそったれな監視システム相手に終日ダラ〜っとすごす。家に帰ればネーネがべったり張りつく、そんな毎日。でも、おれは今の自分にかなり満足。人生がこれ以上でもこれ以下でも今いる自分になれないのならそんな物は願い下げだと、心の底から思っている。いい女はべらして万ケンシャンパンドンペリジャンジヤンBMベンツにPMゲッツーみたいなことがおれの今の生活に少しも必要だとは思わない――のに! 唐突にあらわれたオカッパジャリのマコチンが「嫁に!」とか言い出してから怒濤の急展開。どーいうことよ、コレ?

冒頭20ページぐらいまでの文章のメチャクチャさは、幾ら何でもこれは無いだろうというレベルで、あっけに取られた。なにしろ、何が起こっているのか何が書いてあるのかさっぱり分からないし、書いてる方もさっぱり説明する気がないのだからして。
ところが、20ページ前後を超えた当たりから、5W1Hがとりあえず判読できるレベルになってくるのだが、そこから一気に首根っこをひっつかまれて地面に押し付けられて、引き釣り回されるはめになる。
おら読め、よりあえず読め、別に理解しなくてもいいから読め、なんとなくで読め、いいから読め、読め読め読め。読まないんだったら失せろ、あっちいけ、しっしっ。蹴っ飛ばすぞこら。とでも言わんばかりの、凄まじさ。
とりあえず、ごめんなさいと言いたくなったぞ、おい(笑
いやまいった、今まで結構な数の本を読んだつもりだけれど、ここまで無理やりというか強制的にというか上から目線というか、顔面に見開き押し付けられてオラオラとこすりつけられるような勢いで読まそうとしてくる本を読んだのは初めてだ(笑
聞けばこの人、これまで小説どころか文章すらまともに書いたことのないズブの素人なのだという。そんな人の書いた最初の、初めての、原点にして源泉にして根源となる作品がこれだというわけだ。
そりゃあ、物議も醸すわ。
ただまあ、これを無視できないってのもよくわかる。上述したように、読ませる強迫観がなんかおかしいんだ。異常である。異端なくらいに異常である。これで、冒頭のような文章のままだったら、さすがに苦痛でしかないのだが、無茶苦茶なりにちゃんと物語として読める文章になっていくので、思わずしがみついてしまうことになる。
ヤバい、なんか楽しい。面白いか、というと実際のところ話としては特段筋立てになにか感じるものがあるわけじゃないし、キャラも変ではあっても個性的というものでもない、感銘や感動を湧き立たせるようなドラマティックな展開があるわけでもない。
ただ、この経験したことのない無茶苦茶さが、どこへすっ飛んでいくかわからない危うさが、予想を許してくれないとんでもなさが、ドーパミンを分泌させるかのようだった。
スリルが、楽しかった。

でも、このままだとただの刺激物だ。

喉元過ぎればなんとやら。初めての経験は興奮を呼び起こすものだけれど、その興奮が本当に初めてだから、という理由だけだったならば、以降では二度と同じレベル以上の興奮を呼び起こせない。それは単に、物珍しさによるものでしかないからだ。
然らば、この作品はどうだろうか。無茶苦茶さの向こう側に、上に積み上げる基礎となる土台はあったか。破天荒の奥に、枝を張る太い幹となる芯はあったか。自由の先に、寄りかかれる不自由は得られたか。書き終えたその先に、新たな境界線は見えていたか。
言葉は、産まれたか?
私の感触は空転している。この上昇しない期待値を、今回のように度肝を抜く形で覆してくれることが一番の幸福なのだが。

暴走少女と妄想少年3   

暴走少女と妄想少年 (このライトノベルがすごい!文庫) (このライトノベルがすごい!文庫 き)

【暴走少女と妄想少年】 木野裕喜/コバシコ このライトノベルがすごい!文庫

Amazon
 bk1

春。高校の入学式を迎えた沖田善一は、門の上から飛び降りてきた少女にいきなり鎖骨を折られてしまう。少女の名前は明華武瑠。才色兼備だが性格に激しく難アリの暴走少女。彼女の友達に(無理やり)なったことで、善一は彼女のさらなる友達作りの手伝いをさせられることに……。「まあでも、手伝ってるうちにあんなことやこんなことになったりして。うへへ」「……キショいぞ善一」暴走少女と妄想少年が贈る、青春ラブコメディ!

この娘、性格に難有りとか傍若無人どころじゃないなあ、と善一のみならずクラスメイト、教師などなど、身内である姉以外に対して全方位に暴虐に振舞う姿に首を傾げていたのですが、中盤くらいか、武瑠の反応パターンがある程度見えてきたところで大体わかってきた。
この娘、性格に難があるんじゃなくって、単純に精神が幼い子供なんだ。
それも、身内と認めた相手以外、寄せ付けまいと頑なになっている子供。だから、社会のルールなんてまるで見向きもしないし、無造作に手を伸ばしてくる相手は突っぱねる。気に入らないことがあれば、相手の立場など考慮もせずに牙を剥く。
その代わり、好きなものを餌にされると簡単に餌付けされて機嫌を直すし、一旦身内と受け入れれば無防備に接してくる。
彼女は、ものすごく単純なルールの中で生きてるんですよね。ただ、それが許容されるのは幼稚園や小学校低学年までで、それ以上は年を経るごとに社会秩序というものが行動や考え方に制約をかしてくるもの。彼女はその圧倒的な身体能力と学力によって、秩序からの逸脱をカバーしてきたのだけれど、それも高校生になって限界を迎えていたわけです。
恐らく、彼女の保護者である姉は、自分が妹の育て方に失敗したのをちゃんと理解していたんでしょうね。社会性とコミュニケーション能力が皆無に近く、同時にそれを全く問題視していないという有り様では、早晩武瑠は社会からドロップアウトしてしまい、人間のコミュニティーの中では生きられなくなってしまう、と。
とは言え、どこまで危機感があったのかは知れたものではありませんが。彼女が高校に進学するにあたり、とにかく友達を一人つくりなさい、と厳命したのは危機意識の現れとも思えるし、武瑠の現状を思うと何を悠長な、と思わないでもないし。
まあ、その結果、武瑠の友達作りという名目のマンハントに引っかかってしまったのが、善一くんだったわけです。
さて、この出会いが誰にとっての幸いだったのか。
ただ、人並み以上の下心と諦めの悪さと、甲斐甲斐しいまでの面倒見の良さと男らしい誠実さを持ったこの男は、加減を知らない幼児のような、動物のようなこの少女に対して、懲りることなく付き合い続けるわけです。
それは、ワンパクすぎる保育園児を笑顔で世話する保父さんのようでもあり、躾がなってない愛犬に振り回されながら、必死に手綱を離すまいとしている飼い主のようでもあり、ちっとも振り向いてくれず、そっけなくあしらう女の子に、デレデレとつきまとうエムっ気のありそうな男の子のようでもあり。
そう、この面倒見の良さの原動力が下心、というあたりが善一くんに嫌味がないところなんですよね。それでいて、肝心の時には淑女に接する紳士のように誠実に献身的に振る舞える。だいぶ冴えない男の子なんですが、それでもなかなか好感度の高い主人公だったような気がします。気のせいと思いたくなるところもありましたが。ヒロインの武瑠も、その本質が単なるお子様、と分かるとその暴虐っぷりもあんまり気にならなくなりました。むしろ、行動パターンや考え方が単純明快で理解しやすい分、可愛く思えてきたなんてところも。実際に、身近に居られるのは勘弁して欲しいですけど。
それに、幼子の時点で停止してた彼女の精神年齢は、姉しか存在しなかった彼女のパーソナルスペースの中に、善一という異分子が紛れ込み、さらに彼を通じて「友達」という存在が生まれることで、初めて成長が始まるのです。
自分本位の子供に過ぎなかった武瑠が、ラスト直前あたりで確かに「女の子」としての反応を見せ、そんな自分に戸惑っている様子が描かれているところなど、なかなかくるものがありましたよ。

タイトルにある、妄想少年という語句はいささか過大だった感は否めない。確かに善一には妄想癖があり、時々妄想にトリップしてあっちの世界にイッちゃうのですけど……それで充分妄想少年なんですけど、妄想の内容が、というか妄想の原動力となる善一の妄念や願望が、甘いというか易いというか何十年前のラブコメだよ、というか。妄想というにはいささか粘度や深度が足りなかった。そんな軽い上に現実の武瑠からはありえない、夢想に等しい妄想でトリップしてしまうなんて、お易いとしか言えないぞ。まだ伊波さんの方が妄想家として一段高い位置にいるんじゃないだろうか。
仮にも妄想少年と標榜するからには、世の妄想家諸氏のごとく、その妄想が表沙汰になったら社会的に死ぬ! 死んでしまう! むしろ殺して!! くらいの妄想を常に胸に熱く滾らせていないと、看板倒れになってしまいますぞ。
って、変なところで力説してしまったw
 
1月26日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


角川コミックス・エース
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W

1月25日

(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索