徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月前半のライトノベル新刊カレンダー 1月後半のライトノベル新刊カレンダー
 

さがら総

そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐ ★★★   

そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐ (MF文庫J)

【そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐】 さがら総/カントク MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W
人類の『敵』――“アンノウン"の襲撃により世界が崩壊した近未来。湾岸防衛都市東京の学園に所属する朱雀壱弥は――人類を愛しすぎていた。全人類の発展のため、美少女の告白をバッキバキに叩き潰し、戦わない同級生の心をボッキボキに叩き折る。デート? カップル? それはこの世界でどんな意味が? なにもかもを論理で語れ。自分の正義を信じてやまない朱雀に、謎の転校生少女の調査任務が与えられ……? 「人類が好きか?」「大好きです! 」「なんでもできるか?」「なんでもします! 」ポジティブクズとドM天使が出会い、新たなる変態ストーリーの幕が上がる――!
『変態王子と笑わない猫。』コンビが贈る青春ラブコメの最前線! 刮目せよ!
人類という総体を愛しているに過ぎなくて、個々の人間の個体には一切興味もなく、総体としての人類に役立つ個体にのみ関心を持って愛でてる、ということ? この主人公。
真面目系クズ、というのじゃなくて単に価値観の違いなんだろうけれど……いや、この総体を愛して個には関心ないって、かなり理解し難いんですけれど。例えば、犬とか猫とかが好きな人って種としての犬猫を好きであっても、個々の犬猫を可愛いと思うからこそ、種としての犬猫も好きなんですよね。個々の犬猫には興味ないのに、総体としての犬猫は愛しまくってるって、想像できないんだよなあ。
駄目だ、本気でわからん。
ロジックとしては理解できても、心理構造がいびつすぎて無理矢理感が否めないんですよね。これだと、名無しのドレッド主席の無機質な個を無視した全体優先主義の方が、環境に培われた非人間性としてあり得るカタチで、そういうのが存在するというのに納得できるんだけれど、朱雀の方は無理やり造った下手くそな人工物的な愛情があって、なんというかわかりやすすぎる。斜め45度にチョップで叩けば治る程度の不具合というか。ちょっと上に被せた幕を外せば正常な感性が現れる、くらいの価値観でこれは、修正しやすそう。
噛み合わない朱雀とつぐみの掛け合いとか、カナリアのやればやるほど哀れなことになっていく訓練のポンコツさは面白かったけれど……。頭のオカシイキャラって、本当に骨の髄まで頭おかしくないと……というと語弊があるか、それぞれが持つ固有の価値観がブレないキャラでないと、どうしても浅くなるんですよね。もし、その価値観が変わるとき、壊れるとき、価値観が強固だったり強烈だったり、少なくとも簡単にブレないものでなければ、破壊された時のインパクトや痛快感にはやはりどうしても陰りが出てしまう。
その意味では、朱雀もカナリアも言動こそ過激だけれど、価値観の強度に関してはウエハースっぽく感じてしまって、タイトルにもあるような東京というエリアの価値観の破壊に対する痛快感に関しては、どうもあんまり盛り上がりを感じなさそうなのが、ちと残念で物足りないか。
名前も出てこない主席も、存在感薄いしなあ。あの捨てられた娘も、現場であんな風に切り捨てられるのは非常識で非合理だと思うけれど、自分の独りよがりな行動を反省もせずおんなじことを繰り返して失敗するわ、許してもらえると端から甘えた考えを抱いていたことやら、自業自得もいいところでさっぱり同情も湧かなかったですしねえ。
コント劇場はほんと、笑えて楽しかったんで次も読むつもりですけれど、シリアスサイドが増えてくるとどうかなあ。

僕は友達が少ない ゆにばーす3   

僕は友達が少ない ゆにばーす (MF文庫J)

【僕は友達が少ない ゆにばーす】 平坂読/裕時悠示/渡航/志瑞祐/さがら総 イラスト:QP:flapper/ぺこ/ぽんかん(8)/るろお/カントク/ブリキ/桜はんぺん MF文庫J

Amazon

『僕は友達が少ない』の世界を、いま大注目の人気作家たちが描き上げる! ・裕時悠示(GA文庫『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』他)・渡航(ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』他)・志瑞祐(MF文庫J『精霊使いの剣舞』他)・さがら総(MF文庫J『変態王子と笑わない猫。』)さらに平坂読&ブリキの原作コンビも参加した超豪華版! フレッシュだけどやっぱり残念、「はがない」初の公式アンソロジーノベルが登場!
よくぞまあ、ここまでタイムリーな人材を他レーベルから引っ張り込んでやったもんだ、凄い。特に【俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる】【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】は今のところ同じ残念系サークルものとしては【はがない】と並んで代名詞的なタイトルになってきている作品なだけに、その作者二人を連れてきたのは純粋に大したものだと感心させられた。今、はがないのアンソロを書かせてみたい一番の二人でしたものね。オマケにちゃんとそれぞれの作品のイラストレイターも引き連れているあたり、完璧である。
面白いなあ、と思うのはやはりそれぞれ色濃く各々の筆致がお話に滲み出てるんですよね。

【「ふふん夜空、あたしに友達ができたわ!」「あ? ぞ?」】 裕時悠示/るろお
いやいや、夜空はそんな事絶対しないから! と断言できてしまうところに、原作の夜空の酷さが垣間見えてしまう。人気ないのは仕方ないのよ自業自得。
ともすれば反発を繰り返しながら、何だかんだと根は良心的で博愛に溢れている所なぞ、裕時悠示さんらしいキャラクター造形である。じゃあ原作の連中は何だかんだとイイ子じゃないのかよ! というツッコミが起きそうだが、概ねいい子じゃないよ!! 肉がなぜ人気かというと、あの子がメンバーから頭ひとつ抜けてイイ子な面が見えるからなんでしょうね。


【ぼっちは変化球が投げられない】 渡航/ぽんかん(8)
だからなんでこの人、こんなにぼっち描写が生々しいんだよ!!(笑
はがないの方はある程度ファンタジーという認識を得られるのでいいのだけれど、渡航さんのは的確にぼっち経験のある人の心を抉ってくるので全然油断できない。あるある、どころじゃないレベルの高さに、何やらこう生温い視線というのを自然に体得で来てしまう勢いである。少なくとも、一人野球をやったことがある人はさすがに少ないんじゃないだろうか。それとも、これも「あるある!」なのか!?
あと、幸村が変な達人になってるんだが、いったい何を目指してるんだこいつw


【三二四駆】 志瑞祐/桜はんぺん
おい、こいつら何歳だよ! なんか話題がこの子の年齢よりも一昔まえのような気がするんだが。
ちなみに、どうやらこの子たちが話題にしている昔話はどうやら第2次ブームの頃らしいので、微妙によくわからないところがある。あたしは第一次ブーム直撃世代だからな!!
そんでもって、プラモデルとか改造とか全然やる気おきねータイプだったので、全く作ったことないままだったけどな!! 友達に自慢されても、まるで羨ましいとか自分でも作りたいと思うこと無くふーんと流すあの頃のスルースキルは今なお健在であるw
プラモデルの類、ガンプラも含めて殆どやらなかったもんなあ。例外はニッパーとか道具使わずに作れたゾイドのみ。ゾイドは未だに処分してしまったのを後悔している。


【将棋はとっても楽しいなあ】 さがら総/カントク
何気にこれ、読んでると将棋やるたくなる話でした。えー、将棋面白そうなんですがw 小鳩じゃないのですが、将棋の定石って何やら中二病全開のが多くて、思わず食指が伸びてしまいます。技とか叫びながら指せたら楽しいんだろうなあ。というか、普通にこの人将棋をネタにした話書いても面白いんじゃないだろうか。結構燃えるスポコンモノ、行けそうなんだが。ちょくちょく入る将棋のうんちくも読んでて興味惹きつけられるものでしたし、実際に指してる時の描写もテンション上がりそうでしたし。


【魔法少女うんこ★マリア】 平坂読/ブリキ
おいこらちょっと待て原作者。頼むから、三十路超えてしまった自分にこんな単語書かせんとって! もうなんかテンションがしょわしょわですよ! というか原作者ーー!! よりにも寄って原作者ーー!!
おまっ、これいわゆる「反省部屋」行きじゃねえか。なにやってんのーーぉ!?
ちょっともう、前後左右東西南北天上天下にむかって土下座して回った方がいいんでないかい? ないかい?


あと、なんで揃いも揃ってマリアがうんこうんこしか言わないんでしょうか!? うんこ言い過ぎ!! 
なんか、書くにあたってマリアについてはそういう縛りでもあったの!? なかったらなかったで総じて色々と問題な気もするんだが。

こういう明確な方向性のある作品のアンソロを、今一線級にいる作家が集って書いてみるというのはなかなか面白い企画だと思うので、はがないに限らずもっと色々なケースで試みてほしいなあ。特に、今回はレーベルの枠を超えて意欲的にやってくれたのは何やら嬉しいくらい。
またを期待しております。

変態王子と笑わない猫。24   

変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)

【変態王子と笑わない猫。2】 さがら総/カントク MF文庫J

Amazon


夏が終わる。十六歳のたった一度きりの夏が。いったいぼくは何をして過ごしたというのだろう? 大いに焦る横寺陽人は、今日も今日とて空回り。月子に振られ、小豆に振られ、ポン太に振られ――自宅までも消滅した! なんで? どうして? どういうこと!? 雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあてすらもない。「それなら先輩。今夜は、わたしの家に泊まるですか」「あ、うん。うん?」……夏の終わりの台風日和。最後の最後に、最高のホームランイベントが待っていた! 風呂場の裸。縛られる布団。落ちる手錠。破られる衣服。そして――土蔵に潜む猫? 早くも人気沸騰の爽やか系変態青春ラブコメ第二弾! バイバイ、ぼくの初めて――
そんなに月子の兄になりたいのなら、いっそお姉ちゃんと結婚してお義兄ちゃんになっちゃえばいいじゃない、と兄兄連呼する主人公を半眼で見てたら、その通りだと言わんばかりにお姉ちゃんがとち狂った!!
すまないが、何がどうしてこうなったか全然わからん! お姉ちゃんの思考プロセスって訳の分からないタイミングで全く予想できない方向に空間跳躍してしまうものだから、時々前後関係微妙に繋がっておらず、何がどうしてそういう事になってしまったのか咄嗟に理解できずに、あのシーンは一瞬唖然としてしまった。
いやまさか、戸籍謄本まで見せたのにそういう結論に達してしまうなんて、予想外すぎるよ!(爆笑

という訳で、表紙は小豆にも関わらず、今回のお話はこれでもかというくらいに筒隠姉妹のための姉妹による姉妹のお話。小豆も途中で無理やり合流してきてるけど、どうも賑やかし扱いだな、これ。そもそも、主人公の小豆に対する扱いが酷すぎるんですが。気がないにしても、眼中にないとしても、その対応はないだろうと。なんでこいつ、万事に万事こんなに確信的なんだ? 世の中こうあるべきという確固とした信念を持っているといったらカッコイイけど、どうも自分の気持から他人の気持ちまでこうあるべきと決めつけて一寸もそれを疑ってない部分があって、折々で殺意が湧いてくるんですがw
ただ、その主人公の一方的な見方と各ヒロイン衆との錯誤、噛み合わなさこそが、この作品の芸術的なほどの会話テンポの軽快さ、軽妙さに繋がっているので損なうのも難しい要素なんですよね。
うーん、改めて見るとホントに凄いんだよな、この会話のテンポ。打てば響く鐘の如し、とでも言うべきか。この手のラブコメというのは軽妙な掛け合いこそが主眼な所があるが故に、逆に言うと掛け合いなんて見慣れきっててよっぽど光るものがないとすぐに埋もれてしまうものなんですよね。キャラクターの魅力や存在感によって面白さを維持向上させているパターンのものもあるといえばあるんだが、純粋に掛け合いだけで魅せれてる作品はやっぱり少ないんですよ。
その中でもこの作品は、会話の内容ではなく、掛け合いの間で魅せるという一点において別格かもしれない。恐ろしく完成度の高い漫才を見せてもらったような気すらしてくる。何より凄いのは、このリズム感が最初から最後まで一貫して調子を崩さず走り抜けてしまうところだ。普通は展開によって、ある程度高低差は出るものなんだけど。これを一本調子と見る人もいるかも知れないが、今回の話については私は高い位置に高度を保ったまま跳躍し切ったと見てる。もう凄いなあと感心するに終始してしまった。
まああれだ。端的に言ってしまうと、単純に掛け合いの描き方が上手いんだわ。それに尽きる。特に今回は、冷静なツッコミ役の月子と、見事な振り回され役の小豆に対して、主人公のボケに対して更なる大ボケで返してくるつくし姉さんが前回よりも遥かに多く関わってきたせいで、ボケとボケの応酬によって会話が明後日の異次元に飛び回るという噛み合わなさが芸術的な領域にまで達した混沌となってた分、余計に冴え渡ってみせたのかも知れない。
自分としては、このアホの主人公にはあのアホなつくし姉さんが意外とピッタリなんじゃないかと思うようになってしまった。小豆さんは不憫だがなっ! いや、不憫すぎて、この主人公相手だと彼女苦労しそうを通り越して悲惨な有様になりそうな気がするし。それならいっそ、何一つ噛み合わないことでむしろ噛み合ってる気がしてきたつくし姉さんとの方が上手くいくんじゃないかと。月子はつくしと横寺くんの皆の望むとおり、妹というポディションのまま事実婚という形で……w
いやね、本気でデレたつくしさんがもう訳分かんない可愛さなんですよ。鋼鉄の王なんて呼ばれてた一巻からは想像できないくらい。ただでさえアホの娘なのに、自分で自分が訳分かんなくなっちゃって、混乱して、一杯いっぱいになってテンパッた挙句の行動がアレですもんねえ。「察して」には直撃くらいました。あれは反則。参った。


1巻感想

変態王子と笑わない猫。4   

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)

【変態王子と笑わない猫。】 さがら総/カントク MF文庫J

Amazon
 bk1

横寺陽人は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。ひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったら、心で思ったことがいつでもどこでも垂れ流しになってしまった! 人生の大ピンチを救ってくれたのは、クールでキュートな無表情娘、筒隠月子――「頭の先から尻尾の終わりまで撫でまわしたくなる感じの子だなあ」「変態さんですね」「ち、違っ、褒め言葉の一種だよ!?」「裁判沙汰の多そうな変態さんですね」「!!??」とにもかくにも猫像のせいで喪われた本音と建前を奪還しようと、ふたりは協力してアニマル喫茶に行ったり水着を買いに行ったりお嬢様のペットになったり――ん?第6回新人賞<最優秀賞>受賞、爽やか変態×冷ややか少女の青春迷走ラブコメ!

もんのごいバカが居た!!(爆笑
そこに到るまで、主人公の突き抜けたバカっぷりが際立っていたので、まさかそれを上回る逸材が隠れ潜んでいるとは思わなかったので、途中から馬脚を現し始めながらもまさかまさか本性がそこまでどうしようもなく酷い(笑)とはとても想像できず、クライマックスのカミングアウトだか暴露だか、実は本人全然隠してなかったのかもしれないけど、兎に角驚愕の真実に、もうひっくり返って大笑い。その真相単体では多分ここまでウケなかったと思うんだけど、変態方面については主人公のハデさに目を奪われ完全に死角に入っていたのと、当該のキャラについて全く違うイメージで固定してしまっていた分、此処ぞというときのインパクトにブースト掛かったんだろうなあ。
いやあ、あのシーンはウケにウケた。
とはいえ、それに塗り潰されるほど主人公のキャラクターも薄くはない。というか濃い、いや濃いというよりも酷い。ある事情から煩悩強度がふたり分抱える羽目になった上に建前を奪われ、嘘がつけず本音が駄々漏れになってしまう、という有り様になっているとはいえ、その本音が酷すぎるw
逆に素直に感情や本音を表に出せなくなり、表情や抑揚を失ってしまった月子とのポンポンとリズムのいい掛け合いは、本当に面白かった。二人がこういう有り様になってしまって以降、加速度的にノリやテンポが良くなっていくんで、冒頭しばらくのノッタリとして話に入りにくいテンポは一気に払拭されていく。どんどん楽しくなっていく。月子も、クールに主人公の変態発言の連発を罵るんだけど、建前を奪われた事で行動への歯止めも消えてしまった主人公の突進を制止したりもしないし、それどころか結構付き合いよくひょこひょこと主人公の後ろを付いてくるので、実はブレーキ役がいないんですよね。お陰で鉄砲水みたいな主人公たちの勢いに巻き込まれて押し流されてしまうのが、被害者にしてもう一人のヒロイン、小豆梓なのである。被害者だよね、どう見ても(苦笑
主人公視点なので、なかなか梓と月子、二人のシーンがないんだけど、これはちょっともったいなかったかなあ。どうやら主人公の居ないところで相当、二人仲良くなってたみたいなんですよね。三人一緒で行動するときのドタバタ感の楽しい雰囲気が良かっただけに、余計に女の子二人での様子も見たかった。何気に、月子にとっても梓にとっても、お互いの存在ってキーパーソンになっているわけですし。月子にとって、姉との拗れた人間関係の悩みをいだいている中、梓はお姉さんのような存在として重きを為し、実際の姉妹関係について考える節目になっているし、梓は梓で失楽し遠ざけるようになってしまった同性の友人という立場にスルリと滑りこんできた月子は、友達という存在をもう一度梓に考え求めるに至るきっかけになったわけですから。
主人公のパワフルな言動に振り回される事が、月子と梓にそれまで立ち止まっていた所から一歩進ませ背中を突き飛ばされて前に進むはめになったとはいえ、そこでまた立ち止まってしまわずに勇気を持てたのは支えとなるもの、ちゃんと自分を見てくれるもう一人のお姉さんや逃げまわる自分を追いかけて友達になってくれた年下の娘が居てくれたから、とも言えますものね。
その意味でも、梓と月子の二人の関係についてはもっと突き詰めて見てみたかったと思います。ただのライバルじゃない、という意味においても。
さて、肝心の変態王子なのですが、これまた単純に見えて複雑怪奇になってるなあ……。彼の猪突猛進性と、まるで逆な後退りしてしまう性質。そのまるで別人、二人いるみたいな乖離性は、つまるところ本音だけがその人のすべてか、って事なんでしょうね。建前にだって、本音は介在している。いや、建前を振りかざしてしまうその意志にもまた、嘘のない本心が隠れている、とでも言うのでしょうか。肝心なときに、自分の本音がわからないから、と尻込みしてしまう行動と、建前を振りかざして有耶無耶にしようとする行為に、何の違いがあるのか。
つまるところ、肝心なときに二の足を踏んでしまうのは、建前本音を抜きにしたところにある彼の本質だった、ということか。だから、彼が“笑わない猫像”に祈った自分の建前を取っ払って欲しいという願いに込められた、自分の中で変えたい部分は、猫像の奇跡では変わらなかったということなんでしょう。結局、それを成すには他力本願ではなく、自分の力、自分の意志でやらなきゃならなかった。妖精さんと笑わない猫に背中を押してもらったとはいえ、それをちゃんと出来た主人公は、偉いと思いますよ。
でも、自分の思ってることをちゃんと言えるようになったなら、次はもう少し周りに居てくれる娘たちの事をよく見て、彼女たちが何を思っているかを考えてあげて欲しいな。女の子に淋しそうな笑みを、ため息をつかせている間は、まだまだ、だよ。

 
1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索