徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月のライトノベル新刊カレンダー
 

つなこ

デート・ア・ライブ 5.八舞テンペスト3   

デート・ア・ライブ5  八舞テンペスト (富士見ファンタジア文庫)

【デート・ア・ライブ 5.八舞テンペスト】 橘公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

夏休み前の七月一七日。来禅高校の修学旅行で或美島を訪れた五河士道は二人の精霊と遭遇する。「最後の決闘だ!この男―士道を、先に落とした方の勝ちだ!」「承諾。―その勝負、受けて立ちます」どちらが真の精霊かを争う八舞、耶倶矢と夕弦。彼女たちの裁定役に選ばれてしまった士道は令音に相談するのだが…。「…今回、私は、君をデレさせる。だから君はその上で二人をデレさせてくれ」謎の通信障害によって“ラタトスク”のサポートは受けられない状況の中。すれ違う二人の精霊の過酷な運命を覆すため、デートして、同時にデレさせろ!?―。
耶倶矢と夕弦という双子の精霊が登場したことで、ついにこれまで登場した精霊は計6名にまで達したのだけれど……壊れてしまっていた狂三を除いた全員がそのメンタリティは普通のそこら辺の年頃の女の子なんですよね。当人たちは記憶も目的もなく、ただ自分は精霊という存在であるという自覚があるだけで、訳もわからないまま現世に放り出されてパニックになっているだけの女の子でしかないのである。精霊としての強大な力を持っていること自体が間違っているようにすら思える、そもそもが力を振るう理由も目的も意志も持たない子たちなのだ。
デレさせろ、なんて意味不明としか思えない方法を推し進めている為にイメージが変になっているものの、「ラタトスク」の精霊を排除するのではなく保護しよう、という方針はこうして精霊の類形を見せられると非常に正しいものに思えてくる。
とはいえ、精霊とは出現するだけで社会を崩壊させかねない巨大な破壊を生じさせる存在でもある。実際に無数の犠牲者が生まれていて、人類側の攻撃は通じずに反撃は圧倒的という存在なのだ、精霊は。それを敵性と判断し、排除しようとする考え方を間違っていると糾弾するのはやはり一方的すぎるのだろう。
初期のエンゲージが致命的だったんでしょうね、きっと。人類側も精霊側も両者ともが予期せぬ事ばかりで冷静で居られなかったことが破滅のドミノを生んで対話が生まれないまま致命的な錯誤が固定化されてしまった。

でも、今、こうして精霊との対話が成功し、彼女らの破壊行為が一部の例外的な精霊を除いて概ね敵意も悪意もないものだったと知れた以上、そして士道とのコンタクトによって彼女らから精霊としての力そのものを封印できるという事実がある以上、一方的に精霊を敵として排除しようとする考え方は感情を抑えて間違いだとするべきなんだろうけれど……。
果たしてあの「DEMインダストリー」の過激なほどの精霊への敵視は、感情論や既存の考え方だけに基づくものなんだろうか。裏の思惑がある、というにしてはあの社長の態度には、憎しみに類する感情がかいま見える気がするんだよなあ。
いずれにしても、DEMインダストリーとラタトスクの両組織のみが、技術力が異常なほど突出しすぎてるんですよねえ。まず間違いなく、彼らの裏にこそ精霊という存在の秘密を解き明かす鍵がありそうなんだが。
それに、士道の力をラタトスクが正確に把握していたらしき件。そして、精霊の力を振るう事が出来るという士道の能力への、あの琴里の覚悟の壮絶さ。兄への好感度がMAXを振り切っているはずの琴里をして、あんな発言をせざるを得ないほどに、愛してるからこそやらねばならぬと思い定めなければならないほどに、士道の持つ力というのは危険なのか。

と、真面目な話をしている一方で、非常に残念なことになっている人たちも。
特に、世界最強の魔術師(笑)エレン・ミラ・メイザースさん、貴女ですw
鳴り物入りで登場したくせに、「DEMインダストリー」のエースにしてジョーカというワイルドカードとして登場したくせに、思わせぶりに強者風情で登場したくせに……この人駄目っ子だw
やることなす事うまく行かないし、実力を発揮する以前に発揮させる場に至れずに自爆してしまうという残念さ。いざようやく戦場に経ったと思ったら、本人関係ないところで不運が重なり、というかあれは監督不行き届きな面も強かろう気がしますが、魔術の実力とは関係ないところでボコボコに。
……もっとがんばろうな。

逆に、前回まで凄まじい無能具合を晒しまくってて、こいつ要らないんじゃね? と読者どころか同じラタトスクの部下たちにも思われていた副司令官の神無月恭平がついに真価を発揮! こいつに真価があるなんて思ってもいなかったよ! なんでこの人が副司令官なんだろう、と本気で疑問に思ってただけに、実はネタキャラでしかないんだろう、と思い込んでいただけに、その凄まじい実力と経歴には唖然呆然。そして、あの性格はやっぱり素でしかなかったと知れて愕然がっくりw
彼の初めての見せ場が、ラタトスクの空中艦<フラクシナス>とDEMインダストリー空中艦〈アルバテル〉の航空戦、という対精霊戦以外では初めてと言ってもイイくらいの大規模戦闘になるとはねえ。いやあ、変態のくせにマジ凄かった。

DEMインダストリーが本格的に動き出してラタトスクと衝突し、また拉致されたと思しき崇宮真那の方にも動きがあったことで、士道の能力が本格的に目覚め始めたことと相俟って、そろそろ物語自体も激しく動き出しそうな予感。精霊も新しいのが登場するにしても、これまでの子たちみたいな何も知らない子たちじゃなく、真実を知った上で動いている子たちがそろそろ出てきそうなものだけれど……さて。

1巻 2巻 3巻 4巻感想

デート・ア・ライブ 4.五河シスター3   

デート・ア・ライブ4 五河シスター (富士見ファンタジア文庫)

【デート・ア・ライブ 4.五河シスター】 橘公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

最悪の精霊、狂三を救ってみせると、そして真那も救ってみせると、言いながら結局、士道は何もできなかった。もし、あのとき五河琴里が現れなければ全ては終わっていた。「今から五年前。―私は精霊になった。士道の回復能力はもともと私の力よ」琴里の口から告げられる真実。彼女が精霊になり。士道が初めて精霊を封印し。折紙の両親が精霊に殺された五年前の事件。「今日で私は私でなくなる。その前に、おにーちゃんとのデートを」タイムリミットはたった一日。可愛い妹で、苛烈で強気な司令官を救うため、デートして、デレさせろ!?―。
これ、もうメインヒロイン、琴里でいいんじゃないのか、というくらいの妹ちゃんの存在感。素っ気無くて扱いがぞんざいだったり、クールで兄への感情をあまり表に出さないようにしているものの、琴里が士道を大好きだというのはその言動の端々から伺えるものだから、ギャップ萌えとでもいうんだろうか、琴里が可愛くて仕方がない。あくまで態度に見せないようにしているだけで、好意そのものはあんまり隠していないのが普通のツンデレと違って愛いんですよ。あからさまにしてしまうのは恥、という感覚が大人びてしまったこの妹の考え方にこびり着いているのかもしれませんが。
にしても、琴里の正体については想像しているのとは違ったので、驚かされた。実のところ、琴里は五年前に現れた精霊で、士道にデレさせられて力が安定したのと士道が記憶喪失になってしまったのを利用して、妹のポディションに収まった、のだと思ってたんですよね。士道の本当の妹は、その五年前の事件で行き別れてしまった真那の方だったと。でも、今回の話しによれば、琴里はちゃんと五年前の事件以前から士道の妹で、あの事件をきっかけに「精霊になってしまった」、ということで……あれ? じゃあ真那が実の妹だという話はどうなるんだ!?
それに、これで「精霊」が精霊として誕生するものではなく、元は人間であり何者かによって「精霊」にさせられた、という事実が出てきた事は大きい。十香や四糸乃、そして狂三もまた元は人間の少女であった、という可能性が生まれたのですから。
だとすると、誰が少女を精霊にしている黒幕なのか、というのが新たな謎になってくるのですが。琴里を精霊にした謎の影。これが今まで登場していない新キャラなのか、それとも誰かが正体を隠して暗躍しているのか。士道になぜ精霊を安定させる力が秘められているのか、という謎も相まって物語もそろそろ芯の部分に入ってきたか。

それにしても、ラタトスクのデートナビ能力の無能さはいっそ絶賛に値するw いや、あの司令官代理は論外にしても、だ。これまでも、結局デートを成功させたのってラタトスクの指導を無視して士道が独自に判断して動いたケースばっかりなんですよね。これって、ごちゃごちゃ横から横槍入れなくても、士道に任せておいた方がいいって事なんじゃ……。
相手が「妹」だからと言っても、今回の士道の愛の言葉は今までで一番熱がこもっていたんじゃないだろうか。あそこまで情熱的に思いの丈をぶつけられたら、そりゃ妹だってデレるわー……と言っても、琴里さんは最初からクライマックスだったようですけれど。好感度の話がラストで漏れたときは、笑ったけれどそれ以上に微笑ましかった。あんた、そんな精神状態でデートに挑んでたんだ。それでなくても、これまでの兄への苛烈で容赦のない態度も本心がアレだと知れてしまった今となると、どんなにキツい態度をトラれてももうニヤニヤするしかないじゃないですか、おのれ〜(笑 前巻で触れた琴里の行動原理は「献身」である、というのはどうやら間違ってはいなかった模様。琴里司令官、お兄ちゃん好きすぎ!!
どうやら作者的には一番書きやすいのは折紙みたいですけれど、正直あれをヒロイン扱いで見るのは腰が引けるなあ(苦笑

1巻 2巻 3巻感想

デート・ア・ライブ 3.狂三キラー 4   

デート・ア・ライブ3  狂三キラー (富士見ファンタジア文庫)

【デート・ア・ライブ 3.狂三キラー】 橘公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

六月五日。士道の通う高校に災厄は突然やって来た。「わたくし、精霊ですのよ」転校生の少女、狂三の衝撃的な自己紹介。校内を案内することになった士道に、少女は微笑を浮かべささやく。「士道さんにお願いがありますの。…聞いてくださいまして?」世界を殺す災厄を体現するかのように己の意思と、明確な殺意で、愉悦を感じながら、人を殺す最悪の精霊。「精霊が現れやがったんです。ならぶっ殺す以外にすることはねーです」そして、その精霊を殺す少女、真那。人を殺す少女と精霊を殺す少女。悪夢を断ち切るため、デートして、デレさせろ!?―。
「狂三」と書いて「クルミ」と読むのは無理です先生!! どう考えても「キョウゾウ」としか読めないよ。どこの世紀末のチンピラか、というような名前である。せめて「狂美」とか「狂魅」という女性を連想させる感じが使われてたら女の子の名前と言われても納得できるんだけれど。サブタイトルを見て、真剣に「ついに男の精霊が現れて、男相手にキスを迫るはめになり『アーー!』」な展開なのか! と勘ぐってしまったじゃないか。
でも、敢えて「三」の字を使わなければならなかった、とも考えられるんですよね。これまで登場した精霊は、十香や四糸乃と全員名前に数字を含んでいる点は注視すべきか。一人例外がいるじゃないか、と言われそうだけれど、彼女についてはあれが本名なのか、という疑問もありますしね。苗字の方にも数字がついてますし。それをいうなら鳶一もじゃないか、という話になり、何気に全員に数字がついているという事実に気づいた次第。別に意味ないのか!?

さて、次に現れたる第三の精霊は、これまで人類に対して攻撃的な意思を持たなかった十香や四糸乃と違って、悪意と狂気を持ってして自らの手で人を殺して回る殺人精霊。人類がまともに対抗できない力を秘めた精霊が、その力を人を害する事に使い出したら、という悪夢を体現した存在。
これまで士道の能力に基づいた作戦が成功を収めていたのは、十香や四糸乃は自分の力に振り回された被害者という立場であったからこそである。精霊の力を振り翳し、人間を惨殺することを楽しんでいる狂三にはデートしてデレさせる、という作戦は根本から当てはまらないのだ。
無理ゲーである。
事態が拗れたのは、狂三の危険性を性格に把握していた自衛隊と違って、士道や琴里を含めたラタトスクの面々は狂三についての情報を全く持っていなかった為に、これまでと同じ、害意のない精霊に対するスタンスで彼女に挑んでしまったことにあるのだろう。違和感や嫌な予感を感じていながら状況を続行させてしまった事はもとより、明らかに狂三が十香たちとは違う危険人物だと把握したあとも、士道に打開を託したのは琴里のミスである。過去に似たような前例があったからこその判断ミスなんだろうが、お陰で状況を挽回するために琴里本人が出張るはめになってしまったわけだ。
琴里の正体については、二巻の段階でほぼ確信を得ていたけれど、どうやら間違いではなかったらしい。琴里の兄への信頼感には、盲目的なものや机上の理論というふうな感じがまるでなかったんですよね。それどころか、経験に裏打ちされた全幅の信頼があった。それが、自分が被験者となった経験に基づくものと考えれば、琴里の確信的な行動にも違和感がなくなるというものである。度々、それらしい発言してましたしね。
ただ、どうして彼女がこれまで頑なに真実を隠して口を噤んでいたかを考えると、琴里が直接出張る羽目になったのは計算外もイイ所だったんだろうなあ。これまでどおりの兄と妹でいられなくなる可能性を思えば、忸怩たる思いだったに違いない。それでも、最愛の「兄」は見捨てられんよなあ。傍若無人に見えて、琴里の行動原理って何気に「献身」だったりするし。
波乱の展開だったが、ラストの急展開は読んでてやたらと盛り上がってしまった。話の筋は結構ベタベタですし、文章の綴り方も決して特徴的だったするわけじゃないんですが、なんだかこの三巻はやたらと面白かった気がする。三股デートとか蛇足もいいところなのにねえ。

最悪の精霊の出現に、謎が謎を呼ぶ義理の妹、ついに現れた真の妹、と存在感を齧りとろうとする新旧ヒロイン衆の猛攻に対して、これを真っ向から迎え撃ったのがメインヒロインである十香さん。二巻ではさっぱり目立てなかったのを取り戻すように、純真無垢キャラで攻める攻める攻める!!
なにこの可愛い生物!! 捨てられた子犬か!? 天使じゃね!? 天使じゃね!?
この娘に嘘ついたり騙したりすると、胸を掻き毟りたくなるほどの罪悪感が湧き出てくるよ。健気だし一生懸命だしひたむきだし、人の言うことを素直に聞いてくれるこの純心さには、意味もなく土下座したくなる。
ごめんなさい。生きててごめんなさいw
さすがメインヒロインだわ。これは敵わん。ぶっちゃけ、鳶一じゃ相手にならんw
士道も三股デートでは明らかに他の二人と十香とでは態度違うし。ほだされてるほだされてる。まあ、あれはほっとけないよなあ。まだ異性としては見られないと思うけれど、仮にもまともな人間なら、あんな健気な子を蔑ろにはできんよー。
とは言え、まだまだ戦うヒロインとしては何も出来ていないので、そのへんは次回以降に期待カナ。まあ、次回も琴里が全部持っていきそうな気がするが。

1巻 2巻感想

を掻き立てる

デート・ア・ライブ 2.四糸乃パペット3   

デート・ア・ライブ2  四糸乃パペット (富士見ファンタジア文庫)

【デート・ア・ライブ 2.四糸乃パペット】 橘公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

第2の精霊、四糸乃をデレさせろ!? 新世代ボーイ・ミーツ・ガール!!
高校に転校してきた十香は、鳶一と事あるごとに喧嘩を繰り広げ、毎日が修羅場な士道。唯一心休まる自宅に帰れば、訓練ということで十香との同居イベントが発生。動揺する士道の前に、第2の精霊が現れて――!?
シドー、こいつ根性あるなあ。基本的にシドーってシャイというか誠実なところが強くて、精霊をデレさせて無力化する、という作戦に対してノリ気ではないのである。精霊の出現によって大ダメージを受ける人類のためであり、また本意ではなく破壊をまき散らしてしまう精霊たち自身のため、というのは理解しているので妹司令官からの命令を拒否はしないのだけれど、やっぱり好きでもないのにわざと気を引いて、デートの真似事をして、精霊の女の子の気持ちを弄んでしまう形になってしまうのが罪悪感を掻き立てるんでしょうね。どうしても、必死ではあるものの仕方なく、といった風情で任務についている。
でもだからこそ、いざというとき、シドーは精霊の娘たちに対して心の底から誠実に接しようとする。それはもう、献身と言っていいくらいの勢いで。自分が下心ありの損得勘定で近づいている事の代償を支払わんとでも言うように。
本来、彼がそこまでムキになる必要は何処にもない。あくまでそれは命令でやらされている事であり、社会のためにやらなければならない事であり、彼が悪意や欲望から望んだ事では全くないのだから。
それでも、彼は自分が精霊にアプローチした責任を、誰にも押し付けず、自分で果たそうとするのだ。
それは恋愛感情に基づくものではないからこそ、恐怖や弱気を乗り越えた先にあるものだからこそ、シドーという少年の侠気を、勇気を目の当たりに出来る。普段ははっきりしない優柔不断な男に見えるけれど、五河士道は本物の「漢」ですよ。カッコイイ男の子ですよ。
そりゃあ、あの「妹」ちゃんだってデレるわー。いや、まさかあの強烈なキャラの妹がこんなふうに崩れるとは思わなかった。

しかし、謎だった「妹司令官」の裏事情も今回の話で情報がいくつか出てきたことで仮説を立てる事が出来てきた。なんで幼い妹が特殊機関の司令などに収まる事ができたのか。そもそもなんで、シドーが精霊を無力化できるという不思議な能力があることを、妹ちゃんが知っていて、それを利用するための機関を組織するに至ったのか。大きな謎が幾つかあったわけですが、なるほど、十香が一番最初のシドーの能力の実例ではなかったとしたら、色々と説明がつくなあ。最後に「本物」が登場したのも、シドーの両親がなくなった精霊災害の件なども交えて、伏線としては大いに注目すべきところだし。

にしても、本来のメインヒロインであるはずの十香がいまいち目立っていなかったような。同居イベントに精霊の力を復活させての相棒展開と、メインヒロインとしてちゃんとやることはやってたのに。かと言って、新ヒロインのパペットマメットが目立ってたかというと、別にそんなわけでもないわけで……。
鳶一、恐ろしい子w

1巻感想

デート・ア・ライブ 十香デッドエンド3   

デート・ア・ライブ  十香デッドエンド (富士見ファンタジア文庫)

【デート・ア・ライブ 十香デッドエンド】 橘公司/つなこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon

世界を殺す少女を救う方法は――デートして、デレさせること!?
「――君、は……」「……名か。そんなものは、ない」四月一○日。五河士道は精霊と呼ばれる少女と出会った。世界から否定される少女。だけど自分だけは少女を肯定したいと願った。新世代ボーイ・ミーツ・ガール!!
ちょっと笑っちゃうくらい、解説とか説明とか投げてるな、これ! 本来なら、精霊とは何なのか、どうしてこの世界に現れるのか。妹ちゃんがどうしてああいうことになってしまっているのか、など物語の主題の一ツとして追求したり、言及して然るべきところを大胆にスルーされた時には「え? それツッコまないの!?」と読んでるこっちでツッコミを入れさせられてしまったがな。これ見よがしに餌をぶら下げられて、かぶりつくのかと思った途端にひょいとスカされるこの感覚。これがかの有名な放置プレイか!
相変わらず、トントン拍子で展開が思わぬ方向へと転がり落ちていくのは【蒼穹のカルマ】から変わらないこの作者のお家芸といったところか。ただ、あちらと比べてもこの【デート・ア・ライブ】はよりコミュニケーションと内面描写に重点を置いてじっくりと人物を描こうとしているようだ。それがなぜああなるのかは、やっぱり謎に包まれているが。だから、なんで妹があんな事になってるのか誰か説明してくれよ! 何も知らなかった兄貴の士道も含めて誰も突っ込んでくれないから気になって仕方ないんですよ! シドー、おまえ十香の事が気になって頭が一杯なのは分かるけど、もうちょっと妹の方も気にしろよ。可愛い妹が青天の霹靂みたいに訳の分からない正体を見せたってのに、なんでそのまま受け入れちゃってるんだよ(笑
こいつ、実は普通にバカじゃないのか?

それにしても、ちと面白いのが登場人物の幾人かが、【蒼穹のカルマ】シリーズと登場人物が同じ名字だったり、地名にあれ? と思うところがあったり、微妙に互換性を感じさせる部分がある所なんですよね。特に世界観が共通してたり、過去の話だったり、という訳じゃないんだろうけど(断言できないが)、サブヒロインの名前に鳶一を使うのは色々と反則だと思うぞ(笑
さすがに、年齢的に苦しい魔法少女にさせられて痛かったり、黒歴史の自作小説を大々的に売り出されて痛かったりと、痛々しいありさまにはなっておらず、それなりにちゃんとヒロインらしく扱われてて、こちらの鳶一は幸いでしたが。
鳶一さんは置いておいて、むしろ注目すべきは主人公である士道と十香ですよ。村雨玲音が彼のことを「シン
と略した時に「ん?」と思ったんですけど、この二人って何気に【蒼穹のカルマ】シリーズの鷹崎宗吾と冬香の互換モデルなんじゃないのだろうか。キャラや性格までそのまま一緒だとは言わないんですが、シュウと冬香が結ばれるまでのシチュエーションと、今のこの二人の立場ってわりとそっくりなような気がして。名前の感じが似ているのもそうなんですけど、特に十香なんかは冬香がまだ人間という生き物や彼らが構成する社会を知らない怪物だった若い頃を想起させるところがありますし、結構似てるところが多い気がするんだよなあ。
もしかしたら【蒼穹のカルマ】では描かれなかった、かの人間の青年と空獣の女王の娘とのラブストーリーを、舞台から作品から全部移し変えながらも描いてみたかった、という意図があるのかなあ、なんてちょっと妄想してみたり。

さすがに、色々と謎を放置しすぎててこっち涙目だったので、続きがあるのには安心したんだが、逆にさらに放置プレイをかまされた挙句に、またぞろ予想だにしない方向にぶっとびかねない前例をイヤというほど思い知らされているので、実は全然安心出来ないことに気づいた。取り敢えず、妹については誰か説明してください、お願いだから。気になって仕方ないんだっw
 
1月18日

(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月17日

(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索