ねぎししょうこ

身代わり伯爵の婚前旅行 2.狙われた花嫁3   

身代わり伯爵の婚前旅行  II狙われた花嫁 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の婚前旅行 2.狙われた花嫁】  清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon

アルテマリス入りした途端に誘拐!?そんな手荒い歓迎を受けたミレーユは、首謀者ジークから花嫁の介添え人である、薔薇の乙女の大役を任せられることに。ところが、シアラン国宝・蒼の宝石が盗まれる。ミレーユは、大公の婚約者としてお姫様ぶりっこ生活を送りながら、リヒャルトに秘密で潜入調査に乗り出す!!だが、時を同じくして、花嫁を狙った陰謀も動いていて!?国を超えた筋肉バトルも開催!?『婚前旅行編』第2弾。

やっと、やっとアルテマリスに帰って来たミレーユ。やあ、リヒャルトを追いかけてシアラン公国に向かった時には、これだけ長い間帰れない事になるとは思わなかったもんなあ。しかも、まさかのシアラン大公の婚約者としての帰還である。ミレーユを知っている人たちにとっては、一体何がどうしてこうなった、って感じでしょうねえ。しかも、あの活発が過ぎて暴走気味のハチャメチャ娘が、いっちょ前に色気を醸しだすようになった上に、周りの目も憚らずにリヒャルトとイチャイチャ時空を形成する始末。あのジークが唖然としてしまうくらいだから、変わりも変わったり、だろう。ミレーユはぶっちゃけ、何処に居てもあんまり変わらないのだけれど、リヒャルトがシアランに居る時よりもどうもリラックスしている節があって、その分余計にミレーユにベタベタしてるんですよね。お陰で近年稀に見るイチャイチャ度で、好い加減自重しろw まあ、立場や責任のあるシアラン公国と違って、一騎士として過ごしていたここアルテマリスでは、今尚同輩として接してくれる仲間もおり、家族同然に扱ってくれるアルテマリス王族の皆も居てくれるわけで、そりゃあシアランよりもだいぶ気楽なんだろう。エドゥアルトがなぜかまだ来てないので、ミレーユパパの御目付けがない、というのも自重しきれていない原因の1つか。

そういや、ジャック団長がまたエライ人に懸想してしまって。あんた、死にたいのかおい。って、団長ってば相手の素性気づいていないのか!? ミレーユ・ママその人を連れに行ったんじゃなかったんかい。気づいていてメロメロになっているのなら、それはそれで質が悪いぞw ただまあ、団長の失恋は決定的とは言っても、なぜここで団長のいつもの悪い癖の相手がミレーユ・ママだったのか、というのは注意しておくべきなのでしょう。もしかしたら、ミレーユとリヒャルトに先駆けて、ミレーユの両親の件が片付くフラグかもしれないな。

さて、アルテマリスに帰ってきた事によって、セシリア様関連もひとつの区切りがついたかな。ようやく、兄と妹として接することの出来たリヒャルトとセシリアの二人のひとときに、心もほんわか。異母姉のアノ人とも、どこまで真実を知っているのかわからないけれど、姉妹の契りを結ぶことに選って昔と同じような関係を取り戻すことが出来たわけで。でも、セシリアは今更元の身分を明かすことはやっぱりできないのか。まあ今の身分のままの方が、フレッドとはうまく行きそうだけれど。さすがに、ベルンハルト公爵家の子息二人共をシアラン公国家の人間と結婚させるというのはややも問題視されかねないですしね。セシリアがアルテマリス王家の王女という身分のままなら、まだ丸くおさまるでしょうし。
そのフレッドだけれど、彼のリディエンヌ様への思慕って本物だったの!? てっきり、フリなんだと思ってた。ジークとリディエンヌの結婚が正式に執り行われる傍らで、らしくなく黄昏るフレッドの姿に愕然。いやいや、似合わないから似合わないから。と言う事は、彼のセシリアへの感情って本当に忠誠心の方が多めのそれだったのかしら。うむむ、これはセシリア、思ってたよりも苦労するのかも。まあ彼女は彼女で今回の一件を通じて覚悟完了したみたいだけれど。頑張れ、お姫様。ミレーユよりも遥かに先行き大変そう、というのも妙な話ですけれど。

表紙は相変わらず男装短髪のミレーユですけれど、作中挿絵の彼女は仄かに色気が匂い立つような、実に女性らしい女性として描かれていて、改めて見違えたなあ、と実感させられました。過労で倒れたあとでリヒャに看病してもらうシーンの挿絵なんか、もうねえ……あきまへんあきまへん。歯が溶けるw

前巻でミレーユを助けてくれた謎の少年の正体は結局この巻では明かされないままの上、以前の記憶封印の魔術の伏線まで出てきて、また不穏な空気が流れだしていますけれど、それより何より、そろそろリヒャの理性が限界に近いっぽいので、早く結婚させてやれよ、と思う今日この頃でした(笑

シリーズ感想

身代わり伯爵の婚前旅行 1.すれ違いの蜜月4   

身代わり伯爵の婚前旅行  Iすれ違いの蜜月 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の婚前旅行 1.すれ違いの蜜月】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon

婚約式を終え、アルテマリスに里帰りすることになったミレーユとリヒャルト。婚前旅行と大はしゃぎのミレーユだけど、道中何者かに襲われ、リヒャルトが怪我を負ってしまい!? 2人の行く末は前途多難!! 新章開幕!
何者かの襲撃を受けて婚前旅行どころじゃないよ!! という話になると思ったら、むしろ久々に二人きりになれて普段よりもイチャイチャしてまさに婚前旅行!! って、どこが糖分控えめですか。本気で普段よりも加糖状態だよ、これ! 通常運行ですら稀に見る糖分過多状態なのに、参ったねえ。
普段邪魔してくるうるさ型とも離れ、それぞれの仕事や立場に追われる事もなく、リヒャが怪我をしたとは言えゆっくりと二人だけの時間を作り、お互い忙しさもあって離れていた時間も多い分、もう一度お互いの気持ちを確かめ合う事が出来たご様子で。まさにこれ、結婚を前にした婚前旅行ですよ。
考えてみれば、二人がちゃんと相思相愛になってからこれだけ二人きりで居たのって初めてなんじゃないかな。シアラン大公妃としてやっていく覚悟を決めてから、一生懸命花嫁修業や大公妃としての勉強を頑張ってきたミレーユだけれど、なんていうんだろうね……アルテマリスに居た頃、リヒャへの気持ちの正体をまだ自覚していなかった頃に比べて、二人きりで居ても芯が通った感じがするんですよね。ただ恋心にフワフワしているのではなく、というよりも恋人として一緒にいたい、というのじゃなくて、ちゃんと奥さんとしてリヒャルトと添い遂げるのだというどっしりとした自負を伴っているのである。リヒャルトというただの男を愛するのは当然なんですけど、彼は同時にシアラン公なんですよね。彼はその地位に戻るために多くの苦難を乗り越えてきて、公国を立て直すのだという使命に全霊をかけている。リヒャルトとシアラン大公はイコールによって結ばれ離れがたいものなのです。だからこそ、リヒャルトを愛するミレーユは、ただ一人の男を愛する無邪気な娘で留まる事など考えもせず、彼を愛するがゆえに、シアラン大公を大公妃として支え、守るのだという意識を自然と自身に根付かせていくのです。このへん、ミレーユってむちゃくちゃ健気で献身的なんだよなあ。この娘が凄いのは、影から支えるなんて大人しい真似はせず、自分が前に出てって彼の盾になる事も辞さない心持ちでいるところなのですが。この娘って奥さんとしての献身を、内助の功じゃなくて用心棒か何かだと思っている節があるのが面白いw
とはいえ、この娘がエラいのは、何度も言っていると思うけれど、ヒトの話を聞かずに勝手な行動に出ることを絶対にしないところなんですよね。それだけリヒャへの信頼が絶大なんだろうけれど、彼に言われたことは絶対に守るんですよ。ミレーユ当人は良かれと思って彼の言う事とは違う行動を取るべきなんじゃないかと悩みはするんですが、最終的に自分の手前勝手な判断よりもちゃんとリヒャや周りの人の言うことを聞くのです。このあたりは、その他の少女系レーベルの女性ヒロインとは決定的に違うところだよなあ。おかげで、リヒャとミレーユって婚約して以来、すれ違いや誤解による行き違い、離れ離れにはぐれてしまったり、ということが全然ないんですよ。今回の婚前旅行での襲撃事件ではついに二人が引き裂かれるのかと思ったら、結局離れることなく最後まで一緒にイましたしねえ。
お陰で読んでるこっちもストレスたまらないし、二人がどれだけイチャイチャしていても、それに相応しいだけの絶対の信頼と愛情をかわしあっているのを何度も示されているから、安心してニヤニヤできるのでありがたいです。

ついに、リヒャを連れて地元の下町に訪れたミレーユ。ロイはもう、自業自得だw ツンデレは本命じゃないと概ねこうなるという無残な見本になってしまったなあ。にしても、婚約者を連れて帰ってきたミレーユへの地元の人達の反応が酷いw まあ、パン屋でおてんばやってたころは、女とも思えない豪傑っぷりを見せてたわけで、今の可愛らしいミレーユはまさに別人みたいなもんだもんなあ。イラストの方も、最初の頃のようなボーイッシュな雰囲気から今回のなんか見てると、わりとコミカルな表情のシーンばかりなのにどこか艶っぽさを感じる佇まいになってるんですよね、ミレーユ。イラストでも、しっかりと恋する乙女を通り越して人妻らしいラインがにじみ出てきたとでも言うんでしょうか♪

牢獄に入っていながら未だに伯爵が蠢動してて不気味な限り。無害かと思われたフィデリオがやっぱり不気味な動きをしているのがどうにも不安。この人、悪意もなさそうだし、ミレーユに対してもリヒャに対しても好意的な感情しか持ってなさそうなんだけれど、何を考えているかわからなくて気持ち悪いんですよね。単純に叛乱を企てているわけじゃないようなんだが……単に騙されてるだけ?
ともあれ、久々に舞台はアルテマリス。懐かしい面々との再会が楽しみだ。そうか、今度は兄貴の影武者じゃなくて、正式にシアラン大公の婚約者として登城することになるのか。

シリーズ感想

身代わり伯爵の花嫁修業 3.禁断の恋の手記3   

身代わり伯爵の花嫁修業  III 禁断の恋の手記 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の花嫁修業 3.禁断の恋の手記】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon

体力勝負で花嫁修業を乗り切ろうとするミレーユについに最後の試験が出された!! それは禁断の恋が綴られたベストセラー手記の作者を探すこと。何とこの手記はミレーユへの恋心を綴ったものでーー!?
やばいなあ、そろそろ自分も塩が欲しくなってきたぞ。いや、むしろインシュリンが必要なんじゃないか? 血糖値とか気にしなきゃいけない年齢になってきてるわけだし。
というわけで、ミレーユとリヒャルトのイチャイチャは留まるところを知らず、リヒャルトそろそろ死ぬんじゃね? こんな可愛らしくて無防備に懐いて甘えてくる婚約者を前にして、お預け状態のリヒャ。最近、過去の悪夢に苛まれて眠れなかったのは、葬送の儀が迫っているからという表向きの理由の他に、どうにもミレーユとスキンシップ禁止というエディパパのお達しに対するストレスがあったようにしか思えない。というか、あれはもう禁断症状でしょう。お陰で、ミレーユに粉掛けてきそうな相手への嫉妬やら防衛反応がえらい事になってるぞw
エディパパも、そろそろお婿をイジメてやるなよー、と思ってたら、ようやく我慢してくれた。よく頑張った、よく我慢した、よく空気読んだぞ、パパっ。だいたい、パパからしたらリヒャだって息子みたいなもので、むしろ本当の息子のフレッドよりも可愛がってたくらいなんだから、もっと祝福してやらんとねえ。パパからしたら、ミレーユの結婚相手としてリヒャが最高だったんだから、未練がまし過ぎたわけです、今までが。まあ、リヒャが真面目にパパの言う事聞きすぎたというのもあったんでしょうけどね。パパさんの反応見てると、そこまで頑なに言った事守ってると思ってなかったみたいだし。
何れにしても、パパよく頑張った。我慢した。褒めて遣わす(笑

今回、何やら不穏な話も出ていたので、もうちょっと修羅場っぽくなるのかと思ってたら、フィデリオには特に思惑はなかったのか。これは、未だに男装でミシェルを名乗ってウロウロしているミレーユが悪いっちゃ悪い気がする。その誤解の御蔭で、ミレーユとリヒャの仲もさらに深まったわけで……って、これ以上深くなるてどんな深みにハマってるんだよと思わなくもないが(苦笑
しかし、ミレーユはやっぱり昔と比べると結構変わってるんだな。お転婆で頭よりも体力勝負って所は一緒のような気もするけれど、久々に逢った親友のシャルロットの目から見ると、びっくりするくらい見違えるように女らしくなっているという。色気なんて欠片もなかった昔と比べると、そりゃあ今のミレーユは「恋してます」というオーラをキラキラ輝かせてるもんなあ。シアラン編に入ってから逢ってないアルテマリス王国の人たちと再会したら、相当驚かれるんじゃないだろうか。次回から里帰り編らしいし、再会パートは楽しみだな。

と、肝心のサブタイトルにもなっている禁断の恋の手記。これの真相にはちょっとびっくり。度々、ミレーユと比べられていたサラだけど、そんなに似てるのかなあと前々から首をかしげてたんだが……いやいやいや、サラさんってそういう人だったの。そりゃあ容姿云々全然似てなくても、そっくりって言われるのもわかるわ。貴族の女子としては破天荒すぎる。ミレーユは下街で育ったから分からなくもないんだが、よくぞまあシアランみたいな堅苦しそうな所でそんな風に育ったもんだ。色んな若者から焦がれた目で見られていたのも当然だったのかもなあ。眩しいよ、サラという人は。
今回の一件を通じて、僅かなりともわだかまっていたものがスッキリと晴れて、シアランの宮廷内の問題は概ね拭き払えたのかな。ルド様というとんでもないアレもありましたけどw
まだ、伯爵と偽王が牢の中で不気味な存在感を示してるけど、今のところは何が出来るというわけでもなさそうだし。里帰り出来る環境は整ったのでしょうかね。

シリーズ作品感想

身代わり伯爵の花嫁修業 2.嵐を呼ぶ花嫁合宿4   

身代わり伯爵の花嫁修業  II 嵐を呼ぶ花嫁合宿 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の花嫁修業 2.嵐を呼ぶ花嫁合宿】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

イチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャ。ええいっ、いい加減にしろぃ!(苦笑
って、思わず前巻と同じフレーズで入っちゃいましたよ。でもだって仕方ないじゃない、ほんとにもうずーーっとイチャイチャしてるんだから。ええい、人目をはばかれ(笑
そもそもリヒャは、ミレーユのパパさんからイチャイチャ禁止令を出されたんじゃなかったのか。これで我慢しているというのなら、こいつの中でミレーユとイチャイチャするというのはどのレベルまで想定してしまっているのだろう。時々、理性がプツンプツンと瞬間的に途切れてる様子をみる限り、歯止めがきいてなかったら簡単に物凄いところまで行ってしまいそうなので、親父さんの禁止令は、出したときは親ばかも大概にしろ、馬に蹴られて死んでしまえ、と思ったものだけれど、こうなってみると正解だったような気さえしてくる。リヒャは紳士だけれど、わりと狼さんだからなあ。おまけにミレーユは以前は無意識だった食べちゃってくださいという子羊光線が、花嫁教育のためか妙に自覚的になってきて、明らかに誘っているとしか言いようのない強力さになってきているものだから、パパさんの歯止めがなかったら絶対行くとこまで行っちゃってたでしょうね…………冷静になって考えてみると、それの何が悪いんだ、という気もするけど。まだ公式ではないものの、ちゃんとした婚約者同士だし、大方周りも二人の結婚を認めていて、邪魔してくるのは政敵か、政略結婚を仕掛けて権力の甘い汁を吸おうという輩ばっかりだし。そもそも、二人の結婚は外交的にも大正解だから、文句言われる筋合い無いもんなあ。
というわけで、大いにイチャイチャしたまえよ、お二人さん。という結論に至りました♪

とはいえ、ミレーユも色ボケしているだけではなく、むしろ大公妃としてリヒャルトを支えるための見識を日々高めていってるんですよね。最初の頃の庶民丸出しと違って、きちんと自覚が生まれ始めている。自分が自分が、じゃなくて常にリヒャルトを立てようと意識しているのも健気で可愛いったらありゃしない。普段から大人しい子が健気でもそんなに萌えないんですけど、元気でパワー有り余ってるような機関車娘が、こと想い人については健気で一途、ってやっぱり威力高いんですよー。
少女系レーベルに多い、すれ違いが少ないのも気持ちよく読める重要な点ですね。婚約するまではそれぞれ思い込みや何やで結構すれ違いは多かったんですが、第二部に入ってからはお互いに言わなきゃいけない事は自分の胸の内だけに秘めないで、きちんと話しあって伝え合ってくれるので、誤解やすれ違いが生じないんですよね。このへん、夫婦が長続きするための基本だよなあ、と感心しながら見てました、うん。特に、ミレーユパパから厳命されてるイチャイチャ禁止についても、リヒャは今回きちんと誰から言われたかは明かさなかったですけど(父娘仲が偉いことになるのでこれは正解)、きちんとこういう約束をしてしまったので、必要以上の接触は出来ないのですよ、と伝えることで、構ってくれない→飽きられ始めてる? というミレーユの不安なんかを払拭してましたし。
まあ、飽きられ始めてるんじゃないか? と思ってもウジウジせずに、よし、じゃあ頑張って誘惑しよう! となるあたり、ミレーユの前向きさは清々しいくらいです(笑

師団の連中や太后妃など味方は多いものの、同じ年代の女性に近しいヒトがいなかったミレーユ、太后妃の指令で未来の側近となる女官を選ぶため、令嬢たちを集めて「花嫁合宿」を開催することに。しかし、その中にはリヒャルトの元花嫁候補たちが多数含まれており、さらにミレーユを狙った新たな陰謀が……。
リヒャルトの幼馴染で、彼の花嫁候補の本命だったと前々から噂になっていたレルシンスカ嬢が、満を持して登場。いったいどんな修羅場が待っているのかと思ったら……うわぁ(苦笑
ダメだ、このヒト。ある意味、ミレーユと同じベクトルの暴走娘だw なまじ色々と完璧なところが多いので、抜けてる部分が強調されてひどい有様になってる気がする。リヒャが逃げまわってたのも無理ないわ。この手のパワーで押しまくられるのってリヒャ苦手そうだもんなあ。ただ、ミレーユはこれ、息が合いそうだ。思いのほか強力な、或いは凶悪な味方になってくれそうで、頼もしいやら危なっかしいやら。他の女官候補たちも個性的な面々で。女性側の変人についてはミレーユの孤軍奮闘で、個性的な男性陣に男女比で押しまくられていたのを、これで拮抗状態にまで移行できるんじゃないだろうか、ってシアラン宮廷がなんかえらいことになってきた気がするぞw

そして、ここしばらくの懸案だった、リヒャの弟でミレーユの幼馴染だったキリルの動向は、彼の過去のミレーユとの関わりの真相が明らかになったことで、一気に解決。
これは、これは恥ずかしい。無茶苦茶恥ずかしい。
……キリル、これは不憫すぎる(笑
いや、絶対フレッドの野郎がなんかやらかして誤解が生じたんだと思ってたけど、ロイの野郎が関わってたのか。あいつも、こっそりと色々やらかしてるよなあ。まあ、そのたびにミレーユの好感度は下がってるんだが。自業自得としか言いようがない(苦笑
キリルも悪いっちゃ悪いんだが、これはやっぱり被害者だよなあ。何年悶々とさせられたんだか。タイミングさえうまくあったら、もしかしたらミレーユといい関係になれてた可能性だってなくはなかったはずなのに。
可哀想に(苦笑

シリーズ感想

身代わり伯爵の花嫁修業 1.消えた結婚契約書4   

身代わり伯爵の花嫁修業  I 消えた結婚契約書 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の花嫁修業 1.消えた結婚契約書】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

イチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャ。ええいっ、いい加減にしろぃ!(苦笑
もう初っ端からミレーユとリヒャルトのいちゃいちゃっぷりがひどい、ほんとヒドイ(笑
砂を吐くとはこういう事を言うのかー。リヒャルトはこの間から完全に螺子が2、3本飛んじゃってる状態だし、ミレーユも照れながらもツンデレちゃんじゃないから、自分の気持に気づいた今の状態だと素直に青信号、来るならこいっ! てな感じだし、もう留まるところを知らないというか二人とも自重しろというか。
名実ともに婚約者になって、お互いに気持も通じ合い、もう誰憚ることなくイチャイチャできる環境になったとはいえ、本気で自重しないんだもんなあ。大公になって国内の混乱を収めるために半端じゃなく忙しいはずなのに、なんとか暇をひねり出してミレーユにベタベタしにくるリヒャルトのミレーユ・ラブは、もう尊敬しなくちゃいけないなあ。
とはいえ、ここまでラブラブされるとさすがに生命の危機を感じるほどだったので、普段なら馬に蹴られて死んでしまえ、と思うはずのミレーユパパのイチャイチャ禁止令もGOOD JOBと喝采してしまった。まあ、ミレーユに手を出すやつは全殺し上等のミレーユ命のパパさんだけど、リヒャルトのことはある意味フレッド以上に自分の息子同様にかわいがっているので、何だかんだと二人の仲は許してくれているし、喜んでくれてもいるので、二人の仲を裂くとか嫌がらせというわけじゃないので、嫌な感じはしなかったですしね。

ミレーユとリヒャルトとの結婚にはまだまだ難題が山積みなんですけれど、二人とも今更相手の気持ちに疑心暗鬼になるような段階を乗り越え、立場の違いといたものも先のシアラン編で散々苦しみ悩んだ挙句に添い遂げるためならなんとでもしてやろう、と二人して覚悟を決めているので、二人の仲を裂く動きがあっても二人の絆はまったく動じないので、安心してみていられましたね。この手のラブストーリーって、特に少女系レーベルの作品だと、何だかんだとすれ違いや誤解や思い込みで、変にこじれたりするパターンが多いので心配してたんですが、マジ鉄板ですわ、ミレーユとリヒャルトは。
幸い、王太后など二人を応援しながらちゃんと指導してくれる人たちも沢山いるみたいですし、ミレーユはシアランは異国にも関わらず、第七師団の連中をはじめ身内とも言える味方になってくれる勢力がいるので、その意味でも孤立せずがんばれるんですよね。
なにより感心したのが、拗れるパターンの最たるものである、愛する人と情報を共有せず、相手に心配を掛けまいと自分ひとりで問題を解決してしまおうとする姿勢を、ここで見事に潰しているところなんですよね。王太后の指導もあったわけですけど、ミレーユは自分でちゃんと、リヒャルトと問題を共有して、一緒に解決していこうという考えを自分のものとしている。独立独歩の自立心の強いヒロインはこの辺、独走してしまいがちだし、ミレーユも最近までその傾向は強かったのですけれど、なんかこう、リヒャルトを人生の相棒として見るようになったから、つまり奥様としての自覚が出てきた感じがして、凄くいい雰囲気ですw
その点、リヒャルトはまだ、ミレーユが好きすぎて、大事にしすぎる嫌いがあるのですけれど。自覚と反省はあるみたいなんですけどねー。

しかし、キリルのあれは絶対フレッドがなんか悪いことして原因になってるんだろうなあ。あいつは一度痛い目みた方がいいんじゃないだろうかw
セシリアのことも、言い分は聞いたけど、ちょっと彼女のことを甘く見すぎというか、優しくしすぎというか。余裕見せすぎなんですよね。この辺は、ミレーユのことが好きという感情に真摯で一生懸命なリヒャルトを見習え、と思う。

決闘 脱走 潜入 求婚 失恋 告白 誓約の感想

身代わり伯爵の誓約4   

身代わり伯爵の誓約 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の誓約】 清家未森/ねぎししょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

くあああ、甘い甘い、でら甘のスイートラブ。極まるところまで極まってしまったミレーユとリヒャルトのイチャイチャっぷりに、悶えて悶えて七転八倒。
ああもう、ご馳走様でしたぁっ!!
開き直ってからのリヒャルトの攻勢は凄まじいものだったけど、結局それで押し切ってしまった。なにしろあのミレーユの鈍さも記憶封印すらも諸共せず、だったもんなあ。ミレーユの恋愛に対する鈍感さはかなりのものがあったはずなのに、押して押して押しまくったお陰で、いつの間にかミレーユも無理やりこじ開けられたみたいに自分がリヒャルトに抱いていた想いが彼への一途な恋愛感情であるのだと分からせられてたし。何も分かって無いミレーユに対するちょっとした洗脳じゃないのか、と疑いたくなるところすらあったけど(笑
でもまあ、元々控えめで抑制的ですらあった男性があれほど積極的に愛する女性を欲する猛進さはかなり心地よいもので、世のへたれ主人公共はちょっとは彼を見習いたまえ、と尊崇の念すら抱いてしまった。
ミレーユの記憶喪失をあまり引っ張らずに、早々に片付けたのも好印象。この手の記憶喪失って、ようやく成就しかけた二人の関係を一旦リセットして最初からやり直させるようなものなので、長引くと結構うんざりさせられることが多いんですよね。また最初から繰り返しかよ、みたいな。それを、明快に、多少記憶を失おうがミレーユはミレーユで、リヒャルトとの仲は揺るがない、というのを示す事で迅速に済ませてしまったのは、ちょうどクライマックス入っていたところだったし、ここでは良かったんじゃないだろうか。
ウォルター伯爵については、これで終わり? というくらいにあっさりと片付いたので拍子抜け。なんだけど……どうも、これで彼の妄執が終わったとはとても思えないんですよね。彼の企みが阻止されたあとも、なんか妙な余裕があったような。まだなんかありそうなんだよなあ。

様々な障害を乗り越え、自身の中の葛藤や迷いにも片をつけ、リヒャルトにどこまでも着いて行くのだと決心したミレーユ。もうこれで、お幸せにー、となっても良さそうなんだけど、まだまだ続くのね。師団の連中のように味方になってくれる人も出てきたけど、彼女のことを敵視する人もまだまだいるわけで。ようやく二人が添い遂げることを誓い合ったにも関わらず、最後のあの人の不穏な動きを含めて、今度は周りが障害になってくるのかな。
どーも、またフレッドが元凶のような(苦笑
この兄ちゃん、大概迷惑だよね。散々リヒャルトとの仲をけしかけてたくせに、いざミレーユがマジになったら要らんチャチャを入れだすって、どんだけ鬱陶しいんだかw まー、兄貴として気持ちは分からんでもないが。ようやく、認めてくれたと言うか受け入れてくれたというか妹離れしてくれた(してないけど)のはいいけど、次の波乱の元凶も貴方が原因なら、ちゃんと自分で後始末して欲しいなあ。というか、いい加減妹に構ってないで、自分の大切な人を大切にしなさいよ。セシリアをいつまでも放ったらかしにしてー。まだシアランに残るとか言い出した時には、蹴っ飛ばしたくなりましたよw

身代わり伯爵の告白  

身代わり伯爵の告白 (角川ビーンズ文庫 64-10)

【身代わり伯爵の告白】 清家未森/ねぎししょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

兄貴の身代わりに男装して王宮に出仕していたのも、今となっては随分と昔の話に思えてくる。ミレーユがミレーユ本人として王宮に出入りするようになってからは、身代わり〜のタイトルも名前だけみたいになったのかなと思ってたけれど、よくよく読んでると細かくあっちゃこっちゃでちゃんといろんな人やら役割の「身代わり」をやってたりするんですよね、ミレーユ。作者さんが律儀なのか、タイトルに縛られているのか。
なんにせよ、今回はとうとう兄のフレッドが化けていたミレーユ姫に、フレッドが行方不明になってしまったために、当のミレーユ本人がミレーユ姫の身代わりとしてミレーユ姫として振舞う事に……わけがわからんわい!!(w
フレッドがミレーユの恰好をしてシアラン王宮で思いっきり変人な振る舞いをしていたために、本人であるミレーユが仕方なく兄の演じていたミレーユを演じる羽目になって、へこむやらブチ切れるやら、大変なことになってて、わりとシリアスな状況にも関わらず、笑った笑った。
後々、リヒャルトの妻としてシアラン公国の后妃となるかもしれないのに、シアランの人たちにこんな変人として認識されてしまったら、あとあと偉い事になるだろうに(苦笑
フレッドは一度は痛い目にあった方がいいんじゃないだろうか。結局敵情を探るために捕まったのはいいけど、あまりに行き当たりばったりじゃないの。自分がいなくなってしまったら、ミレーユ姫が行方不明扱いになって随分な騒ぎになっただろうに。たまたまミレーユが潜入してこなければ、どうなっていた事か。さらに挙句、ミレーユが敵中に取り残される羽目になっちゃうわけだし。
お兄ちゃん、シスコンはいいけど状況ひっかき回して逆にミレーユの足引っ張っちゃってるような気もしないでもないぞw

今回は最後までミレーユとリヒャルトは顔を合わす事もできないままなのだけれど、逆にその分お互いの恋心は燃え上がってしまっているようで。相手が目の前に居ないと、余計にその人の事を考えてしまうというのもあるんでしょう、ミレーユがリヒャルトとの今までの想い出を反芻するうちに、彼がどれだけ自分の事を想いやり、気遣い、大切にしていたのかを気付いてあげられたのは、思わずよくやったと褒めてやりたくなった。この子の鈍感度合いはヒドイもんだったからなあ。リヒャって、わりと強めに自分の好意を自己主張している方だったんだけど、完全にスルーしていたもんなあ。リヒャルトが自分の事を前々から好きだったと知った以上、それに照らし合わせて彼のこれまで行状を振り返ったら、そりゃあミレーユでもわかるか。
リヒャルトと結婚する事になるかもしれないという事実に、今までは現実感がなく戸惑いを感じている様子だったミレーユも、いつの間にか自然と彼と結婚することを前提に思考が回っている事に、ニヤニヤ。これで、顔を合わせたら合わせたで、結婚がリアルに目の前に感じられてパニックになるんだろうな、と予想出来てしまい、ニヤニヤ。
だったんだけど、また最後にえらい展開になっちゃったからなあ。少女モノの恋愛モノだと、これってかなり定番ですよねえ。あんまり引っ張らないで欲しい所だけど。この二人、ちゃんと両想いになってからまともに落ち着いて二人だけで過ごしてないもんなあ。お互い、身を潜めて敵中に潜入している立場だし、逢うのも隙を見ての逢瀬で僅かな間だけ。そりゃあ、燃え上がる一方だろうけど、ここまで燃え上がりっぱなしで行くとこまで行っちゃうと、落ち着いた時が大変だろうに(苦笑

今回はついに第5師団の面々にもミレーユの正体バレ。団長含め殆どのやつ、本気でミレーユが女だとわかってなかったのね。そりゃ、女にもてんわw


身代わり伯爵の脱走5   

身代わり伯爵の脱走 (角川ビーンズ文庫 64-5)

【身代わり伯爵の脱走】 清家未森/ねぎししょうこ 角川ビーンズ文庫


ほんとにいい意味で立ち止まらない暴走娘ですね、このミレーユ嬢はッ。止まると死ぬのか? 死んでしまうのか?
前回のリヒャルトの思いがけぬ対応に、悶々と思い悩むミレーユなのですが……あんた、年頃の乙女なら悩むにしろ寝室に篭るとかしなさいよ。
三日三晩厨房に篭ってひたすら徹夜でビスケットを作り続けるとか、いやまあそれは百歩譲っていいとして、それでリヒャルトのことを考えながらついついビスケットを作ってしまっているというシチュならまだ納得……できんけど! ひたすら「無……無無無無」とか「ここにはあたしとビスケットだけ。あたしはビスケットが大好き。ビスケットしか目に入らない――――」とか。
悩め、せめて大人しく悩めよ! 
こんなに全力全開で現実逃避に暴走するお嬢は見たことないよ(笑

ミレーユの素性が内外に露見し、公人としてジーク皇太子に拘束された際も一瞬もじっとしておらず、自力で脱出しやがるし。しかもこっそりじゃなく、騎士団相手に正面突破(笑
落ち着け。おまえ、ほんと落ち着け。
貴族の令嬢らしからぬ乱行とか騎士団の人行ってますけどね、庶民の娘だってこんな無茶苦茶なのいませんから。庶民を誤解しないでください、庶民はもっと普通です、限りなく普通ですw
ジュリア母ちゃん、あんたどういう教育してきたんだほんとに。どう考えてもあんたの育て方の問題でしょうに、なに今更ショック受けてんだww

と、いつもにも増して暴走しているミレーユですが、物語の方は以前から不気味に胎動を続けていたシアラン公国関連の懸案が、ミレーユの婚姻問題から表に浮上してきて、一気にシリアス展開に。
てっきり、内外に存在が露呈しシアラン公との政略結婚が持ち上がったミレーユの婚姻問題が中心に物語が進行すると思ったのですが、これが思わぬ方向に。
そうか、ジークってばそんな構想を抱いていたわけか。実際、これってまったく問題らしい問題なく関係者にとってもいいことずくめで、素晴らしい政略のはずなんですが……リヒャルトはこれを拒絶してしまうわけです。
リヒャルトの過去を考えれば、こういう危うい決断をしてしまうのも無理からぬこととは思うのですが、もどかしいったらありゃしない。
ミレーユは、リヒャルトのことを完全に好きで、それを論理的明確さをもって自覚するまで首の皮一枚のところまで迫ってる状態。その上、リヒャルトが自分にとってどういう存在かわからないままでさえ、自分の身の危険を覚悟してまで後を追いかけるぐらいの意気がある。
もし、リヒャルトがあと一言、ほんの一言でいい、ミレーユが足踏みしている原因である勘違いを正しさえすれば、二人の関係を押し留める障害は一切なくなるというのに。
今のミレーユなら、シアラン公国がどんな危険な魔窟だろうと、リヒャルトへの気持ちがはっきりしたなら、彼のパートナーとして一片の怯みもなく殴り込んでいくぐらいの気概はあるだろうに。
ただ、リヒャルトはそうした危険な場所にミレーユを連れて行きたくないからこそ、寸でのところ自分の気持ちを抑えているわけですから、この首の皮一枚の擦れ違いは、ある意味現状での必然ともいえるわけで……もどかしいなあ!
結局さ、リヒャルトがどんなことからもミレーユは自分が守り通す! っていう覚悟さえあれば、全部解決することなんですよね。
男の覚悟が足らんのですよ、覚悟がww
そのくせこの野郎、寝てるミレーユに不埒な真似を、不埒な真似を(どんがらがっしゃーん

とにかく、舞台はシアラン公国に。
むしろ、次の巻こそタイトルが【身代わり伯爵の殴り込み】になるんでなかろうかと期待するところでありますが。
今回、フレッド兄ちゃんがなんか本気で怒ってたっぽいのにはっきりとした動きが見えなかったのが逆に恐ろしいです。なにしでかすつもりだ、兄ちゃんww 兄ちゃん、やられたら仕返し三倍どころじゃ済まないタイプ
だしなあ。今からミレーユの政略結婚企てた身の程知らずの末路が可哀想なのですがw
今回意外だったのがヴィルフリート王子ですか。ミレーユがフレッドじゃなくフレッドの妹だと知って恋愛模様がどうなるかと思ってたら……ダメだこの王子。典型的イイ人だ(苦笑
場の勢いでリヒャルトを追いかけようとするミレーユを助けておいてからに、あとで自分が何やってるのか自覚してへこむあたり、真性のイイ人だww
大丈夫、あんたならきっといい人みつかるよー
 

12月8日


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月5日

Amazon Kindle B☆W


12月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



12月1日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月28日


Amazon Kindle B☆W

11月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月24日

Amazon Kindle B☆W


11月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月19日

Amazon Kindle B☆W


11月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月15日

Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索