徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

やむ茶

横浜ダンジョン 3.世界を変える最初の五人 ★★★☆  

横浜ダンジョン (3) 世界を変える最初の五人 (角川スニーカー文庫)

【横浜ダンジョン 3.世界を変える最初の五人】 瀬尾つかさ/やむ茶 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W
世界各地にダンジョンが出現した世界―。無詠唱で魔法を使える特殊な力を持つ少年・黒鉄響の前世の記憶、それは異世界で四人の仲間と共に『異界神アグナガラグ』を倒した、白き賢者アルランとしての記憶である。再び覚醒しつつあるアグナガラグの調査を進める響だったが、各地で魔物の大暴走が立て続けに発生し、春菜たちを連れて討伐へと向かうことになり―。響、春菜、彩、シンシア、クレアの五人が世界の危機に立ち向かう!!
異質な外界からの侵略者によって、世界が滅亡の危機、というシチュが多い瀬尾作品の中でも、特に本作は迎撃の態勢も整っておらず、まず敵の存在、危機感の認識からして持っていない事から非常に危うい状況にある、とは前回の感想でも触れたところでありますけれど、その危機感を『異界神アグナガラグ』と相対した経験があるからこそ、異世界にて一致団結して総力戦を戦った経験を持つ響だからこそ、誰よりも危機感を持っているがゆえに、手段と問わずに敵の脅威を知らしめ、共有し、その上で迎撃の態勢を整えるための下地を作るために奔走する、というのが今回の話の肝でありました。
その為に、そりゃもう世界規模で暗躍しまくる主人公。完全に、フィクサーです。場合によっては、黒幕と言われてもおかしくないくらいに、世論の操作から被害の選択、敵サイドの謀略を逆手に取って誘導、など
文字通り、世界を裏から操り動かし導いていた彼はある意味正面切って大暴れするよりも、やりたい放題やってたんじゃないだろうか。
勿論、何もかも都合よく物事が動くわけでもない。異界神アグナガラグに対抗するための戦力を育てるためには、なりふり構わぬ国家による非人道的な活動にも肯定的だし、メリットが多ければ人的被害も許容する、どころか自分から率先して「コントロール」するような所業にも手を出している。
ここまで冷徹な合理性に徹底している主人公、というのもなかなか珍しい。
一方でプライベートの方では思いっきり甘ちゃんで、周りの女性陣には振り回されてばかりで全く彼女らを制御できないどころか、完全に乗っかられてしまっている、尻に敷かれてしまっている、という部分が、彼をまったく冷たい人間に感じさせないところなのだろう。
彼の割り切りというのは、実体験に基づくものであり、より過酷で人権意識の薄い世界で育った故の、個人の特質としての価値観ではなく、そこに住んでいた人が共感できる価値観、という点も大きいのだろう。
小悪魔な女性陣にやり込められつつ、逆にいじり倒したり、という日常のキャッキャウフフなやり取りは楽しかった。瀬尾さんのハーレムの距離感は、毎度ながらベタベタしつつサッパリしているので、凄い好みなんですよねえ。
とはいえ、打ち切り展開ということでだいぶ急いでまとめた感もあり、これから本番、というところでの終了はやっぱり勿体無かったかなあ。ぶっちゃけ、下地を整えた段階で終わってしまったわけですし。不穏な、響が敵側に回ってしまう、という未来予知も、原因不明のママでしたしね。それが起こりうる可能性を、響が潰して動きまわっていましたけれど、まさかのイレギュラーがラストに明らかになったわけで。
正体を明らかにした彼女との問題は、まさにこれからが面白いところだっただけに、尚更に。
帰ってきた夏美さんとどう絡むのか、などまだまだラブコメ的にも楽しめる要素はたくさんあったでしょうからね。次は、もっと長く続いてほしいけれど。

1巻 2巻感想

横浜ダンジョン 2.英雄姉妹の挑戦 ★★★★   

横浜ダンジョン (2) 英雄姉妹の挑戦 (角川スニーカー文庫)

【横浜ダンジョン 2.英雄姉妹の挑戦】 瀬尾つかさ/やむ茶 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W
世界各地にダンジョンが出現した世界―。前世で白き賢者と呼ばれた少年・黒鉄響は、無詠唱で魔法を使える特殊な力を持ちながらも、それを隠して日々を過ごしていた。クラスメイトの真藤春菜とその相棒である坂霧彩に戦い方を教えながら、夏休みもダンジョン攻略を進める響。そんなある日、大剣使いのクレアと魔術師シンシアの姉妹に突然春菜が決闘を申し込まれて―。戻らない探索部隊、そして姉妹に課せられた重き使命とは!?
危機感、というのは得てして共有されにくいもので、こればっかりは仕方ないんだよなあ。現状、ダンジョンの奥に潜む脅威について知識・情報として持っているか否か、から危機感は変わってくるし、たとえ知っていてもその脅威を「実感」として得ているか、正しく理解出来ているか、によっても差は出てくる。ぶっちゃけ、響が感じている危機感、切迫感をこの現代の地球で共有できるのはそれこそ、その脅威を目の当たりにした春菜の姉たちだけであり、そして彼女はその脅威に抗うためにダンジョンの奥に姿を消してしまったわけで、わりと響って現状行き詰まりがあったと思うんですよね。色々と、星繰り人強化の為に手は打っていたものの、かなり地道な活動で影響力としてはそこまで劇的に及ぼせたかどうか。
先進国間の星繰り人のレベルの上昇が停滞していたのも無理からぬ話で、「敵」の存在がちゃんと把握されていない現状では、先進国が星繰り人の「安全」を重視するのは当然の話で、なりふり構わぬやり方をした結果犠牲が大量に出てしまうと、世論としてなんで安全性を無視してそんな無茶をやらせるのか、許すのか、という論調が出てきてまあ当然だし、当の星繰り人たちも「無茶」をする理由も今はないわけですよ。
その意味では、数々の世界滅亡の脅威を描いてきた瀬尾さんの作品の中でも、本作はトップクラスに危なっかしい世界観なのかもしれない。何しろ、敵の勢力とまともにやりあえる戦力が現状殆ど皆無に等しいわけですし、その戦力を生み出すのに必要な危機感が、世界の中で全く共有されていないわけですから。
だからこそ、夢見で正しい知識と実感として敵の脅威に対する危機感を得ている上に、うん初動が遅かろう日本政府ではなく、英国中枢に多大な影響力を及ぼす力を持っているシンシアの登場は、非常に大事なものなんですよね。星繰り人として超一流、というのはこの際添え物なのかもしれない。彼女の重要性とは、世界に対する影響力そのもの、と言って良いのでしょう。その彼女が、この危機を打開する鍵こそが、黒鉄響という少年である、というのを正確に捉えている。鍵である響に対して、シンシアこそが扉、とすら言えるかもしれない。
この扉を台無しにしようとしたわけですから、政府はヘタを打ったもんですわ。事情を鑑みると、クレアの横槍のせいとも取れるので、一概に政府攻めるわけにもいかんのでしょうけれど、おかげで「ザ・ブラック」が誕生してしまい、響の繊細な心に消えないダメージが刻まれてしまったじゃないですか、どうするんだ。仮にも白の賢者と呼ばれたホワイトイメージが、黒くなっちゃうのは如何なものかw
でも、こっちでの名前も黒鉄なんですよね。何気に、シンシアがラストに見た新たな夢見も絡んで、この白と黒の相克は何らかの意味がコメられてるんだろうか。

しかし、これだけ正直に自身の持つ秘密をあけっぴろげに公言しているのに、まるで信じてもらえない主人公、というのも苦笑してしまう。本人、別に信じてもらうつもりもなくて、持ちネタみたいに使っちゃってるけれど、そりゃあ出処不明の革新的すぎる知識や怪しげなネタを全部、前世の記憶です、と言っても信じてもらえないか。

1巻感想

横浜ダンジョン 大魔術師の記憶4   

横浜ダンジョン  大魔術師の記憶 (角川スニーカー文庫)

【横浜ダンジョン 大魔術師の記憶】 瀬尾つかさ/やむ茶 角川スニーカー文庫

Amazon

世界各地にダンジョンが出現した世界―。前世で白き賢者と呼ばれた少年・黒鉄響は、無詠唱で魔法を使える特殊な力を持ちながらも、それを隠して日々を過ごしていた。だがある日、クラスメイトの真藤春菜を魔物から救ったことで「戦い方を教えてほしい」と言われてしまう。彼女はダンジョンの探索者・星繰り人だったのだ―。春菜の相棒である坂霧彩を加えた3人が、それぞれの目的のために横浜の大ダンジョンを今、攻略する!
あとがきで書かれている本作のコンセプトと、それに纏わる主人公の立ち位置がなかなかに興味深い。これは響の目的にも適うところなのだけれど、彼がヒロインの春菜たち星繰り人の舞台まで降りてくることはなさそうなんですよね。少なくとも、春菜たちが駆け上ってくるまでは主人公とヒロインたちが同じステージで戦うことはないっぽい。ところが、同時に目指すところが定まっている響に対して、春菜や彩という娘たちは目指す果てが無いのである。ただただ高みを目指し、どこまでもどこまでも行こうとしている。この構図は、瀬尾さんの初期作品である【クジラのソラ】を想起させられて、ちょっと懐かしさに目を細めている。
しかし、この主人公、逢いたい女の元に行く為に強い仲間が必要なので、春菜や彩を鍛えあげて利用しようとしているのは兎も角として、それを春菜にはっきり告げちゃうところが、誠実にゲスいw 何がゲスいって、春菜が自分に好意を抱いていることをハッキリ認識した上で言っちゃうところ。
「わたしの気持ち、もうご存知ですよね」
「うん」
「わたしに、そのひとのところまで黒鉄くんを運ぶ手伝いをしろってことですよね」
「そうだ」
酷い男である。これに対する春菜の対応が最高というか彼女もけっこうアレだよなあ、と思うところなのだけれど、これこそ瀬尾作品のヒロインだよなあ、と頷いてしまうあたり、この人の作品、自分大分好きなのよねえ。
病弱少女キャラの殻を盛大に割りまくってシモネタお色気ネタで積極的に食いにくる食わせ者の春菜の妹の冬音といい、無口系野生少女キャラを盛大に蹴り倒して、クールに悪戯っ子しまくってる彩といい、真面目で優等生ヒロインに見せかけてかなりイイ性格している春菜といい、ヒロイン衆はみんな普通とは一味も二味も違ったキャラをしていて、実に面白い。色々と人生経験豊富な響でなけりゃあ、一方的に振り回されてどうしようもなかったでしょう……あれ? すでに散々振り回されつくして悲鳴をあげている気がしないでもないですが、響は響で腹黒というか性格悪いというか、彼は彼でけっこう意地悪でサディストっぽいところもあるので、引っ張り回し合いの綱引きは拮抗してるんじゃないでしょうか。能力隠していた理由も、端的にいうとシスコンを拗らせた結果というか、賢者のわりにかなり抜けてるというか足元が疎かなところがあって、あれは愛嬌があるんだろうなあ。
【スカイ・ワールド】が完結に至り、一迅社文庫では長期シリーズが見当たらない今、瀬尾さんの本命はこれになるのかしら。現代ダンジョンものとしてはかなり面白そうな奥行きと広さを持ちそうな作品だけに、今から期待大であります。

瀬尾つかさ作品感想
 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索