徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月前半のライトノベル新刊カレンダー 1月後半のライトノベル新刊カレンダー
 

よろず屋退魔士の返済計画

よろず屋退魔士の返済計画 3.時を越えた再会4   

よろず屋退魔士の返済計画 3 時を越えた再会 (オーバーラップ文庫)

【よろず屋退魔士の返済計画 3.時を越えた再会】 SOW/蔓木鋼音 オーバーラップ文庫

Amazon

過去からの依頼、よろず屋退魔士最大のミッション開始!

「おう、我が息子よ、久しぶりだなぁ! 」
今日も借金返済に励む狗朗とみぎりの元に借金の原因を作った追儺獅郎が帰ってきた。これまでの恨みをぶつける狗朗に対し、獅郎はある人物からの依頼を持ってきたという。渡された手紙を開くと封印されていた術が発動し、二人はなんと過去の世界に飛ばされてしまう。
20年前の東京で困惑する彼らの前に現れたのは、死んだはずの狗朗の母親、神堂杏花だった。杏花が持っていたトランクには狗朗とみぎりを過去へと飛ばした術と同じ封印が施されていたのだった。
借金返済コメディ、今度は過去からの依頼に挑む!
運命って言葉、最近はネガティブな意味合いで使われる事が多くって、「運命を打ち破れ」みたいな立ち向かうべき壁、或いは檻のようなものとして捉えられてるじゃないですか。でも、本来「運命」という言葉はもっと素敵で晴れやかでキラキラと輝いているものだったんじゃないかな、と思うのです。無数にあるはずの選択を消し去り、決まった結末へと収束していく、終わりへと至る「運命」ではなく……出会いであり再開であり、そこから無限に広がっていく起点となるべき始まりとなる「運命」。
「運命」とはきっと、祝福された奇跡のことなんだろう。それも、ただ与えられるものではなく、連なり積み上げ紡ぎ上げた想いの結実として、産まれい出たるモノなのだと……この狗朗とみぎりの運命の物語を読んで、熟とそう願ったのでした。
きっとこれは、終わりへと至るはずだった運命が、始まりへと生まれ変わる偉大な恋の物語。
元々、狗朗とみぎりの関係って凄く特別感が漂っていたんですよね。ただの女性上位の幼馴染関係、というには新堂本家に行ってしまった狗朗を、みぎりは七年間も誰も帰ってこない家で待ち続けていた、というみぎりの姿が普段の行動的で活力が漲っていて腹に一物も二物も抱えている腹黒で、常に一手二手先を読んでいる聡明さとは裏腹で、その愚直で一途で想い人の帰還をじっとじっと耐えて待ち続ける女という姿とのギャップがみぎりという少女のキャラクターに一言で言い表せない情の深さを纏わせることに成功していたように思う。
普段は狗朗を顎でこき使い傍若無人なくらいに振舞っている彼女だけれど、その根底には彼に対して自分の人生をまるごと捧げて悔いる事がないだろう一途さと献身が垣間見えて、もう一方の狗朗のみぎりに対する深い信愛、それこそ命を彼女のために費やす事に何のためらいも抱かないような、大切にしようという気持ちと相まって、この二人のカップルは普段のドタバタな関係からは想像できないくらい深く深く結びついていて、傍から見ていても、時々思わずドキッとするような奈落に片足を突っ込んでいるような、触れてはいけない神聖さすら感じるような絆を感じさせるものがあったわけです。
私は、二人のこの表層は軽々として、しかし深いところでは侵し難いほど通じ合い捧げあった関係が大好きでねえ、近年読んだ本の中でも特別好きなカップルの一つでした。
でも、果たしてこの二人にこれほどの想いが生まれた発端は何だったのか、あのみぎりが、七年という時を待つことに費やすほどの気持ちはどこから生まれたものなのか。そういうものだと疑問にも思わなかったのだけれど、どうやら二人のつながりにはきちんとした理由があり、奇跡があり、つまり二人にはちゃんと掴みとった運命があったのです。そのすべてが明かされるのがこの物語。過去から未来へと繋がる、運命の恋の物語。
その詳細は本編を参照してもらうとして、私はますますこの二人のことを好きになりましたよ。運命によって結ばれる、とは他人任せに聞こえるけれど、彼らの場合は決して誰かから与えられた決まりきった結末ではなく、正気を失うほどに求めて渇望して足掻いて苦しんでそれでも追い求めた果てのことであり、同時にそんな過去からの想いとは棚を別にして、今を生きる狗朗とみぎりが改めて自分たちで始めた関係であり、七年という十代の少女にとっては人生の大半を費やして、待って待って待ち焦がれた果てに取り戻した再会の運命であり、神堂杏花と追儺獅郎というロミオとジュリエットが全霊を賭して掴みとった末に生まれた愛の結晶なのである。
過去からの想いがあってこそ生まれたものであり、しかし過去に縛られない未来の始まりとして生じた「運命」。
そんな二人の運命に、目いっぱいの祝福を。彼らのこれからが幸せでありますように。とても、素敵な物語でした。

1巻 2巻感想

よろず屋退魔士の返済計画 2.魂縛りの少女4   

よろず屋退魔士の返済計画 2 魂縛りの少女 (オーバーラップ文庫)

【よろず屋退魔士の返済計画 2.魂縛りの少女】 SOW/蔓木 鋼音 オーバーラップ文庫

Amazon

洋館! 海! そして薄幸の美少女襲来!

「もう夏かぁ……海にでも行きたいものだな」
莫大な借金返済のため、「死者専門の何でも屋」を開業した追儺狗朗(ついな・くろう)と九十九みぎり、そして新たに押しかけてきた神堂葛(しんどう・かずら)の三人。
相変わらずのヘンテコな依頼にドタバタしつつも、たまにはということで海へ遊びに来ていた一行のもとに、狗朗を狙う術士の少女が現れる!
狗朗の実家でもある「追儺一族」の因縁に縛られた少女に隠された謎とは! ?
借金返済コメディ第二弾、今回もフルスロットル!
凄いなあ……いや、みぎりの度量の広さには思わず唸らされてしまった。彼女ってば、実質その人生を狗朗の為に捧げてきたようなもので、ずっと狗朗の事を待ち続けていたんですよね。それで、ようやく願い叶って狗朗の身請けが出来たと思ったら葛なんてお邪魔虫が後からくっついてきてしまった。正直、面白く無いと思うんですよ。葛という娘自体、酸いも甘いも噛み分けた狗朗と違って良い所のお嬢様で苦労知らずの世間知らずでプライドばかり高い扱いにくい娘で、決して無条件で仲良く出来るような娘さんじゃないわけですよ。その上、狗朗に対して憎からざる感情を抱いている。敵です、みぎりにとっちゃあ敵以外の何物でもない。自分と狗朗との生活に紛れ込んできた異分子であります。そんな葛に対して、当初から辛辣な態度を取っていたみぎりに、まあ無理もないよなあ、と思っていたのですが、ここからが彼女を見損なっていたところでして……。
葛は、前回の事件をきっかけにそれまで長い間狗朗を見下し酷い態度で接し続けていた事に大きな負い目を抱いていて、一生懸命自分を繕って不遜に振る舞ってはいましたけれど、一枚皮を剥くと心身ともに大きく傷ついて、自分を追い込んでいたのでした。その挙句、必死に自分は役に立つとアピールしようとして、尽く失敗してしまい、新堂の保護をハズレて裸一貫の自分がどれほど役立たずか思い知ってしまい、へこむやしぼむわ、報いようとした狗朗に逆に迷惑をかけてばかりだわ、とかなり深刻に精神的にメタメタになってしまっていたわけです。
みぎりは、狗朗が気付かないような深く細かい部分まで葛の状態をちゃんと見抜いていて、なんちゅうかなあ……ずっと息を止めてしまって膨らむ一方だった葛の張り詰めた心を、真っ向から突っ込むことで解き放ってしまったのでした。それも対等の立場で、これ以上引け目を与えないように、受け止めきって吐き出させたのです。あのお風呂で、葛が堰を切ったように泣きだしてしまったシーンにはほとほと感心してしまった次第。それ以降、葛が完全にみぎりに懐いちゃうんですよね。あの気難しかった娘が。
ほんと、大した女ですよ、九十九みぎりという人は。メインヒロインであるんだけれど、完全にこの娘を中心に物語やキャラクターが動いているのがよく分かる。女王というか女将さんというか、1巻でも彼女こそが牽引役だと感想で書いていましたけれど、単に狗朗を尻に敷いている、というだけではない多くの人の光となり、支えとなる人なのだというのが、この二巻を通じて実感した次第。そんなみぎりだけが、異能とは縁のない一般人である、というのが不思議で面白いんですよねえ。何の力もないにも関わらず、狗朗や葛を庇護してるのは間違いなくみぎりなんですもの。
そんなみぎりに対する狗朗の接し方も、幼なじみ故の気安さの中に確かに憧憬めいたものが感じられるんですよね。守られているが故に、絶対に守らなければならない、という確信。騎士の忠誠めいた絶対命題がかいま見えるわけです。それが、1巻でも触れた、お互いに自分の存在、人生を相手に捧げ尽くした関係につながっているんだろうなあ。そして、それこそがこの二人に幼馴染という関係以上の深度を感じさせる空気を醸しださせているのではないだろうか、と。いやね、そんな二人だからこそ、葛が介在する余地なんてどこにもないと思ってたんですよねえ。故に、その葛を懐に入れて家族に迎え入れたみぎりは、本当に凄い女だと感嘆させられたわけです。
やっぱり、魅力的なヒロインと、味わい深い人間関係があるとお話は面白くなりますよねえ。


1巻感想

よろず屋退魔士の返済計画 1.100億の契約書4   

よろず屋退魔士の返済計画 1 100億の契約書 (オーバーラップ文庫)

【よろず屋退魔士の返済計画 1.100億の契約書】 SOW/蔓木 鋼音 オーバーラップ文庫

Amazon

再会した幼馴染は借金取り! ? 死者専門の何でも屋、はじめました

「おめでとう、わたしの一生をかけて、オマエを使い尽くしてあげよう」
退魔の名門「神堂家」から破門され、かつて住んだ家に戻った追儺狗朗を待っていたのは幼馴染の九十九みぎりと100億円という莫大な借金だった。
破門された身のため、退魔士として依頼を受けることができない狗朗だったが、みぎりの発案により「死者専門の何でも屋」を開業することに。
しかし舞い込む依頼は死者のしょうもない心残りなど、どれもひとクセあるものばかり。
更には神堂家からも後輩にあたる退魔士、葛が追いかけてきて! ?
退魔士の少年と暴君少女が始める借金返済コメディ、ここに開幕!
あー、これは掛け値なしに面白いわ。実のところ、設定やお話の展開についてはかなり王道路線で特別珍しい事は何もしていないのだけれど、それでこれだけ面白いのだから余程土台の段階でしっかりしているのでしょう。
退魔師業界の雰囲気としては、【いぬかみっ!】や【ラッキーチャンス!】の有沢まみずさんが描いてるあんな感じを想起するとわかりやすいかと。まあ、あんな変態連中は出てこないのでその意味では安心ではあるのですけれど。
しかしこれ、多少見鬼の能力はあっても基本的に退魔の力を何も持たないヒロインのみぎりが牽引役で、辣腕の退魔師崩れである狗朗が言われるがままひーこらこき使われる、という構図は考えてみるとこれはこれで珍しいのかもしれない。つまるところ、この構図は退魔業界の常識に則っている狗朗ではなく、素人であるが故に発想が自由であるみぎりが主体となって依頼をこなしていく、という事でもありますしね。尤も、まだそこまで素人故の奇抜さが事態を打開した、という懸案はないのですけれど、そもそも死者から依頼を受けるという発想こそが行き詰まっていた狗朗の現状をひっくり返したという意味では、大本の段階で素人故の発想が生きているのかな。それに、変にバトルものに走らないのもいいんですよね。依頼の内容は死者特有のものではあるんですけれど、同時にすっとぼけた日常ならではのあんまり危険のない依頼ばかりで、文字通りの何でも屋という雰囲気で、屈託のないコメディの中に結構人情モノの要素もあって、ほろりと泣かせてくれるような、胸を熱くさせてくれるような話もあって、いやあこういうの好きなんですよ。
ラストの大物との対決も、結局バトルではなく相手の名前を探し出す、という命を賭けつつも、力ではなく絆をこそ試させる流れでしたし。ところで、あの鬼哭姫の元ネタはやっぱり戸隠の鬼女紅葉伝説なんだろうか。

みぎりと狗朗の関係も、何だかんだとお互い信頼し切った大切にし合ってる関係で見ててもほっこりさせられる。みぎりときたら債権者を気取って無茶苦茶振り回してくるけれど、視点を変えると自分の人生丸ごと狗朗に捧げてるとも言えるんですよね。何だかんだとその行動の殆どは狗朗の為ですし。一方で狗朗は狗朗で、百億の借金という建前はありますけれど、ホントそれって建前だけで自分の心身をみぎりに預けきっているように見えたのは決して自暴自棄ではなかったはず。最後のエピソードは、そんな二人の関係を……つまり「自分が生きるのはアナタのため」という相手の存在が生きる理由そのものになっているということを改めて各自に自覚させるという意味で、実のところ葛はあのエピでかなり突き放されてるんですよね、可哀想に。
そして、ありきたりではあるんですけれど、あの世の境界で狗朗が生まれたことを全肯定されるシーンは思わず目尻が熱くなってしまいました。ああいうの弱いんですって。
善き哉善き哉。大変面白かったので、次回以降も積極的に追いかけていきたいと思います。さらにみぎりのラブ寄せを期待しつつ。
 
1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索