れい亜

パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。2 ★★★★☆   



【パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。2】  持崎湯葉/れい亜 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
日菜子さん、実はヤバいJKだったんです!

お疲れサラリーマンである梶野の家に入り浸る、ギャルなJK香月乃亜。お隣さんでもある彼女は、毎日梶野の匂いを嗅ぐことに夢中だ。
彼女が慕っている大人はもうひとり。花野日菜子――梶野の会社の後輩で、24歳の美人OL。仕事のデキる優秀なデザイナーで、人望も厚い。そして乃亜の恋のライバルでもある。
一見完璧に見える彼女だが、決して他人には明かさない、黒歴史を抱えていた。
彼女の過去のあだ名は「ヒナミチ」。赤く染めた髪を振り回し、毎日アロハシャツで学校に登校する不良だったのである!!


続きを読む

パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。1 ★★★☆   



【パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いしてみた。】  持崎湯葉/れい亜 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
お隣JKと繰り広げる匂いフェチ系ラブコメ

残業帰りの会社員・梶野了は、女子高生がパパ活をしている決定的瞬間を目撃する。
彼女には見覚えがあった。同じマンションに住むお隣の娘さん、香月乃亜である。
「親には言わないでください、なんでもしますから」そう懇願する彼女に梶野は、一つの要求をする。
「じゃあ、犬の散歩よろしく」
奇妙なきっかけから始まった二人の関係は、次第に親密になっていき--。
「カジさん、匂い……嗅いでもいいっすか?」
「なんで!?」
匂いフェチのパパ活JKと、お疲れサラリーマンが贈る、新感覚ドタバタラブコメディ堂々開幕!
まさかのおじさん加齢臭をターゲットにした匂いフェチJKである。業が、業が深い!
しかもただのフェチじゃなく、若干中毒症入ってませんか!? 加齢臭ジャンキーじゃないですか? 加齢臭吸ってるトキ、キメてる感がバリバリに出てしまっているんですが。
お隣さんの娘さんの乃亜が、見知らぬ大人の男性に車で送ってもらって帰ってくるのを目撃してしまった梶野さん。疲れ果ててメンタルやばくなっていた彼は、彼女に大人の男性の怖さを教えるためとしばらく散歩に連れて行ってあげられていなかった愛犬のために、とっさに彼女を部屋に連れ込んで黙っている代わりに犬の散歩をして、と要求してしまう。
これはこれで、わりとアウトである。
その御蔭で、むしろ逆に乃亜に軽く脅迫されて付きまとわれるはめになってしまうのですが。疲れ切っていると、頭回らなくなるんですよねえ。
あまり犬には興味なく、仕方なく何度かわんこのタクトを散歩させてそれでおしまい、にするつもりだった乃亜。梶野の方も頭回って無くて無茶したなあと思っていたので、数回散歩シてもらえればそれで終わりのつもりだったんですよね。ところが、まず乃亜がタクトを連れての散歩にハマってしまう。無邪気なわんことの戯れと、犬を連れて散歩すると何の意図もなく気軽に声をかけてきてくれる同じ散歩中の人や犬好きの人との交流が、心休まらない日々を送っていた彼女にとって癒やしになっていくのである。
母親と折り合い悪く、学校でも中学の頃に揉めてトラブった際に同級生の大人気なさ子供っぽさに幻滅しきっていた乃亜は、学友との交流を一切絶って孤立を良しとしていました。でも、周りを全部拒絶する生き方はやっぱりしんどかったのか、拠り所として頼れる年上の大人の男性を求めるようになっていったんですね。家庭環境、母一人娘一人で父親いないみたいですし。さらに加齢臭フェチというのもあいまっていたわけで。
そんなこんなで、寂しい時はパパ活で紛らわせていたのである。性的な接触は一切なく、一緒にご飯食べて、という塩梅にとどめてはいたものの、そんな出会い系で女子高生と会おうとしている男が欲望抜きにそんな事をしているわけがなく、彼女の行動は考えなしの軽率と言われても仕方のないものでした。
だからこそ、梶野さんはそれを実感させようと冒頭の行動にうって出たわけですけれど。
幸い、乃亜は心底アホの子ではなく、梶野の意図もちゃんと察する聡さはありましたし、タクトとの散歩や年齢はいささか好みからは下がるけれども、頼りがいありつつ可愛げのある大人である梶野の部屋に入り浸ることで、寂しさや孤独感が解消されたことでパパ活からは遠ざかって行くのでした。
ちなみに29歳はおじさんじゃないですからね! アラサーってのは青年の範疇なんですよ。三十路だってまだ若い、若い、若いんですから。
でも若い若いと言っても大人は大人なんですよね。大人なんて中身は全然大人じゃないのも事実なんですけれど、それでももう子供でもないのは確かなんですよ。その意味では、乃亜はまだまだ社会の悪意も知らない、子供に過ぎないとも言えるのでしょう。生きづらさにあえいで呼吸困難になるのに、大人も子供もないのもまた確かなんですけどね。それでも、乃亜はその息継ぎのために危なっかしい事をしてしまい、今梶野に寄りかかっている。拠り所として頼りにしている。
それが悪いって訳でもないんでしょうけれど、そうしている間は梶野もこの子の事を子供扱いしてしまうんでしょうね。
そんな梶野だって、完璧な大人じゃないし頼られてもうまく対応できない事もある。乃亜が思い描くような大人の男性とは裏腹の、弱い部分だってたくさん抱えている。
そんな頼りない梶野に直面した時、乃亜がうろたえてしまったのは無理もないのですけれど、彼に幻想を抱いている間は梶野に対して依存しているとも逃げ場にしているとも言えなくもない間柄ではあったんですよね。
そんないびつさを、相談されたとは言え恋敵である乃亜にビシッと指摘しちゃう日菜子さんはちょっとお人好しが過ぎますよ。塩を送るどころじゃない、殆ど致命的と言っていいクリティカルな痛恨の支援じゃないですか。引き換えにとてつもない尊敬と信頼を乃亜から受けてしまう日菜子ですが、梶野と乃亜の関係に決定的な一撃を入れてしまったわけですから、よくまあやってしまったなあ、と。
イイ人過ぎて、これ絶対に報われないタイプだ。
いやもう、内心この女めんどくせー、と罵倒しくさりながら、ついつい的確なアドバイス送っちゃう日菜子さん、ものすごい好きです。報われなさそうだけどなー。そしてそれが似合う女w
とはいえ、自分の恋に自信を持てた、浮かれに浮かれてでも照れまくりデレまくる乃亜もまた、それはそれで残念臭が漂うのですが、梶野さんからの大切にされっぷりがまた半端なくなってきて、うんどこか社会から足を踏み外しかけてた少女が、明るく楽しくテンポよくただただ恋にときめく女の子になっていく様子はとても良きものでした。



魔王、配信中!? 2 ★★★★   

魔王、配信中!?2 (講談社ラノベ文庫)

【魔王、配信中!? 2】 南篠 豊/れい亜 講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle B☆W

勇者の家系である日下家に居候している引きこもリア充こと、魔王イスティ。協力して作ったMMD動画が300万アクセスを叩きだし、力を取り戻すも勇者パワーにあっさりと屈してしまう。そんな彼女の前に、最近流行りの○ーチューバーネットアイドル、『魔法少女レインボーキャット』が現れる。自らの存在価値に悩んでいたイスティは、キャットにそそのかされるままに日下家を飛び出してしまい――。一方日下家でも、勇真と友人の少女・奏多の仲がアレな感じになったり、妹・雪凪が初めてのイラスト仕事に悩んでしまったり――! 仲良く動画を作ったあの頃には、もう戻れない!? ハイテンションラブコメ、次は○ーチューブに進出の第2弾!
あっあっ甘酸っぱいぃぃ!!
前回はすれ違ってしまった兄と妹の関係修復物語であって、ラブコメしている余裕なんか一切なかったのだけれど、あれこれと家庭問題解決してしまってふと我に返ってみるといつの間にか目の前に、本来なら在りえないほどの近い距離にいる親友が。ということで、落ち着いてしまうと今まで気にする余裕がなくってそのままにしていたものにぶち当たってしまうわけで。これ、改めて知らん振りするには、お互い距離感見失ってしまってるんですよね。今まで通りの関係で、なんて今までがある意味平静でなかった分、どうやったらいいかわからないし、そもそもそれでお互い納得できるような感情じゃあなくなってしまっているわけですよ。
妹の雪凪との関係がかつての没交渉が嘘みたいに仲良しになってしまったのとは別に、キャットの登場で居候でいつの間にか家族となってたイスティが不穏な行動を取り出して、またぞろややこしいことになりはじめたことも、関係を元に戻すどころか急き立てることになってしまって。この勇真と奏多の二人して積極的なのかヘタレなのかわからん余裕なさすぎてお互いプロレスのちから比べみたいにつかみ合って押し合いへし合いしたと思ったらへっぴり腰になって、というやり取りがもう可愛いやら甘酸っぱいやら。二人共元々突っ張った気合入ってるタイプなだけに、押すとなったらガガガって押してしまうのが勢いこそ若者よねえ、という感じでなんともおもはゆいのよねえ。奏多姐さん、あの男前な性格なくせに女っ気でだすと途端に面倒くさい女になってるのがむしろらしい感じなんだけれど、勇真はあれ、惚れた弱みか付き合い出してからのあのへこへこっぷりはなんなんだろうね。何気に妹ちゃんへのおっかなびっくりの対応見てても、何気に女の子には弱いんだよなあ、こやつ。
あくまで惚れた女には、という限定なのはイスティへの容赦ないビシバシ制裁見てるとよくわかるのだけれど。でも、あれで家族としての愛情がたっぷり篭っているのは、イスティが出ていったあとの不機嫌さやもやもや吹き飛ばすための暴れっぷりを見てると伝わってくるものが十分あるわけですが。
前回は、雪凪の社会復帰のためにみんなでそれぞれの技能を持ち寄って一緒に一つの作品を作ろう、という一代プロジェクトを達成する、みたいな物語としての一本の道があってそれはそれでよかったのだけれど、今回はそういう縛り、敢えて物語の筋道としての流れを縛り、というけれど、それがない分、わりと自由に各人が動けていた気がするんですよね。そのお陰でイスティが随分と迷走はしたわけですし、それの巻き添えをくって勇真もえらいウロウロしてしまっていましたが、だからこそお互いの個々の人間関係や、キャラクター同士の大きな括りとしての人間関係の環の中でのそれぞれの立ち位置、役割を様々な側面や方向から改めて見ることが出来たり、知ることが出来たり、明らかになったり、という展開が積み重なっていて、一巻の話を踏まえた上での大きな飛躍であり、土台の上に家を建てました、みたいなホームとファミリーの現出があって、なんか読み終えて凄く満足感がありました。ラブコメものとファミリーものとしての両方の形が、見事に両立したのをこうして振り返ってみると実感できる次第。二巻でキレイに片がついた形でもありますが、まさに良作でありました。よかったよー。

1巻感想

魔王、配信中!? ★★★☆  

魔王、配信中!? (講談社ラノベ文庫)

【魔王、配信中!?】 南篠豊/れい亜 講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle B☆W

『はいどうもおー! みなさんこんばんは、魔王でっす!』
『わこつ』『ばんわ』『魔王さん今日もかわいい』『死ねクソ魔王』
勇者の息子である日下勇真の家には、引きこもりの魔王がいる。その名はイスティ。一度勇者に滅ぼされながらも復活し、息子である勇真に復讐せんがために現れるが、機嫌の良くなかった勇真に一瞬でボコられ、そして日下家に引きこもってしまったのだ。
そんな魔王は、爆死ガチャ生放送や他の生主に喧嘩を売るなど、引きこもりのリア充として生き生きと活動していた! 状況を苦々しく思っていたら、ある日魔王がとんでもないことを提案して――!?
生放送は危険がいっぱい!? 炎上上等コメディ、開幕!
ついにMMDにまで手を出す作品が出てきたかー。たった数分の動画を作るだけでどれほど魔窟にのめり込むことになるのか、見る専からするとややも身につまされる。でもキャラと言いオリジナルと内輪ネタばっかりだと、よっぽど動きが凄くないとMMD大会でもなかなか注目されなさそうであるが。
ともあれ、これは血反吐を吐きそうな凄惨極まる作業を一緒に行って一つの作品を創ろうとすることで、一度見失ってしまったコミュニケーションの方法を模索し、関係を取り戻そうとする破綻した兄妹の物語なのである。
実のところ、魔王イスティって停滞した状況を動かすための化学反応の触媒であり、きっかけであり、賑やかしであって、メインはあくまで勇真と雪凪なんですよね。ポンコツすぎるイエティとの掛け合いのリズムの良さが常に空気を循環させてくれていて、イスティはイスティで重要な気がするポディションなんですけどね。このどうしようもない娘がどうやってリアル魔王やっていたのか、どう想像しても具体的なイメージが浮かんでこないのであるが。まあどう考えても、どうしようもないろくでなし魔王だったのだろうけれど。それでも、肝心なところで活を入れてくれたり、とシメてくれるところはシメてくれる……のかなあ。

家族が引きこもり、という話は数あれど、家の中に二人も引きこもりがいるというダブルス状態な有様の一家はなかなかに珍しいだろう。しかも、両親は家を離れていて家事やらなんやらはナッちゃんおばさんという謎のオネイサンが取り回しているという……このお姉さん結局作中各所で大いに語られながら結局登場しなかったのだけれど、ナニモノなんだろうか。控え目に言っても天使か女神のたぐいかと思ってしまうくらいこの行き詰った家庭を支えてくれてる人なんだが。
それはともかくとして、焦点は繰り返しになるが兄と妹のすれ違ってしまって噛み合わなくなってしまった関係の修復なのである。最初、勇真が妹雪凪をあれだけ溺愛しながらも長年一緒に食事をとるどころか会話もままならないくらい没交渉、という状態に、なんでそこまで断絶しているんだろうという違和感みたいなものは感じていたんですよね。ある種過剰なくらいの、触れれば壊れてしまう砂の人形でも扱うような、妹に対する過敏な対応。それも、儚げなメンタル細そうな雪凪のキャラクターにそういう対応もまあ当然か、と思うようになりながら読み進めていったのだけれど、雪凪が過去に引き起こした彼女が引きこもるきっかけとなる事件の内実が明らかになるに連れて、覆い隠されていた錯誤が浮き上がってくるのだ。
妹と、そして兄に刻まれてしまったトラウマ。それが故に、お互いへの接し方を間違い続けて後戻りできなくなってしまった二人。それを、イスティがくれたきっかけを期になんとか修復しようとして、二人で頑張って、そして余計にどツボにハマってしまう悪循環。イスティを始めとしたMMD作品を作るために集った面々がうまいこと賑やかしてくれるので、重苦しいだけの雰囲気にならずに済むものの、親しいもの同士であるが故の難しい人間関係、というものを丁寧に描写した地面の固い踏みしめ甲斐のある物語でした。
でも、兄妹二人にあまりにスポットを当ててしまったので、作者も語っていますがラブコメ要素は一切これっぽっちも存在しないのはなかなか清々しいくらいで、これはこれで中途半端なことはせずに思い切ってよかったんじゃなかろうか。イスティやシルファはヒロインとしては話にもならない論外なので、若干オラついてるぼっち仲間の奏多あたりしかヒロインとして機能しそうなキャラいなかったもんなあ。奏多のやさぐれてる荒っぽい態度とは裏腹に、気軽に家までご飯食べに来たりぼっち同士学校でもいつも一緒にいる一方で趣味とか秘密にして必死に隠しているあの距離感のとり方の危なっかしさは、なかなかに可愛らしかったですし。
まあ肝心の勇真が実質妹しか眼中にありません状態だったからなあ。それも、雪凪との関係が修復され妹たちの引きこもり状態が解消されたとき、果たして他にまで眼が向くことになるのか。続編あるかどうかわからないけれど、どの方向性に描かれるのかは非常に興味深い。

南篠豊作品感想
 

2月29日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

2月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月26日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

2月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


2月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W

2月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

2月6日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


2月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

2月2日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索