徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月のライトノベル新刊カレンダー
 

アイドライジング!

アイドライジング! 4 4   

アイドライジング!〈4〉 (電撃文庫)

【アイドライジング! 4】 広沢サカキ/CUTEG 電撃文庫

Amazon

 年末。アイドライジングの短いシーズンオフを利用して、保養地である箱根の温泉宿に羽を伸ばしにやってきたモモとサイ。オリンたちも加わって、ゆったりお風呂やおいしい食事に大満足!!
 だが、そのさなかにモモが新人賞候補として指名され、急遽大晦日の特別試合に出ねばならなくなってしまう。いきなりの試合設定にサイは関係各所との調整やデスクワークに忙殺されてしまい、一人訓練方法に悩むモモ。そんな彼女に手を差し伸べたのは、意外にもアイドライジング最強の“女王”、マツリザキ・エリーだった──!!
 いつもの彼女の気まぐれか、それとも!?
うはははは、これ来たわ。キマシタワー。いや、百合百合の方じゃなくて、確変入る直前一秒前ってな具合?
2巻で化けて3巻で予感させ、この4巻において準備万端整った、ってところでしょうかね。言うなレバ、ホップステップジャンプのステップ。あとはもう、飛躍するだけ、という所にたどり着いた【アイドライジング!】
この4巻までは、こうして振り返ってみると何も知らないままアイドライジングの世界へと飛び込んできたモモが、アイドルとは一体何なのか、というのを身をもって経験し身につけていく過程だったんですよね。才能はあっても素人同然で心構えも矜持も何も持っていなかったモモが、イッパシのアイドルとなるまでが此処までの物語。つまり、助走の期間だったわけです。そして、モモの滑走と並行して、オリンちゃんやエリーをはじめとした他のアイドルたちの掘り下げと立ち位置を確立し、気がつけばモモだけの物語じゃない、幾多のアイドルたちがそれぞれに想いと志を抱いて競いあう「アイドライジング・ワールド」という一つの巨大な舞台がぶわーーっと眼前に広がって完成した事に気付かされる。
エリーを筆頭に、タキさんやキジョウを加えたオペラ・オービットの四人を頂点として群雄割拠するアイドライジングの世界。そこに新たに加わるモモやオリン、そして今回新人賞を争ったミジョウ・レンゲなどの新人有望株。
一人ひとりのアイドルが本当に魅力的で、ともすれば主人公のモモのみならず、読者がそれぞれにファンとして違うアイドルを応援したくなるような、そんな世界観の広がりは、あれを思い出すんですよね。あの伝説を。
【ロイヤル・ヘキサゴン】
フィギュアスケートの世界を描いたスーパーダッシュ文庫の大傑作【銀盤カレイドスコープ】にて、バンクーバー五輪を興奮の坩堝へと巻き込んだ6人のフィギュア・スケーターたちの伝説の舞台を。
はたして、このアイドルたちの物語があの領域にまで達せられるかどうかはわかりませんけれど、新たなシーズンの幕開けを前にして、本格的にはじまるであろうこの魅力的な少女たちの戦いを、今までになくワクワクしながら待ち望んでいるのは確かな話。この作品がはじまった当初は、こんなにも胸を高鳴らせてくれる舞台が生まれるなんて思わなかったもんなあ。特に、主人公のモモの成長は目を見張るものがありました。なんせ、最初の頃の彼女ときたら無邪気さと無知と無自覚が相まってお世辞にも魅力的な主人公とは言えませんでしたから。これなら、オリンちゃんが主人公の方が面白くなるよ! と吠えていたのが今となっては懐かしいくらいです。まったく、素敵な主人公になりましたよ。変態だけどな!!
そんなモモの引き合いに出していたオリンちゃんも、その場に留まるどころかモモのライバルとして、親友として、或いは一人の主人公としてメキメキと頭角を現し、今や人気では一二位を争うんじゃないでしょうか。私はもうオリンちゃんが大好きすぎて死にそうです。今回なんて特に、普段からまとわりついてくるモモを邪見にしてるくせに、何だかんだとモモが大変な事になったら心配して気にかけてくれるわ、素知らぬ振りをしてモモの訓練に付き合ってくれたり、モモのために身を張って戦ってくれたり、ともうイイ子すぎるでしょう! めちゃくちゃイイ子じゃん! 誰だ、プロのカマセとかいうやつわ!!
孤高の女王として手の届かない所に立っていたエリーも、今回のエピソードを通じて、父親を慕い不器用に抗う歳相応の少女としての側面を見せてくれた上に、モモと絡むことで彼女と同じ高さまで降りてきてくれた感じがするんですよね。勿論、彼女は無敵の女王なんですけれど、断絶した別世界の存在なんかじゃなく、モモと同世代の少女であり同じアイドルなんだ、という認識が生まれて、凄く身近な存在になった気がする。ともすれば、気楽に自分はエリーのファンなのだよw なんて宣えるくらいに。
前回、モモをコテンパンに叩きのめしてくれ、アイドルとして大事な事をモモに教えてくれたキジョウさんも、あの堅物の性格はそのままに、妙におちゃめな面を見せてくれましたし、今回新たに登場した新人のミジョウ・レンゲも複雑な背景を現在進行形で抱えているのを垣間見せることで、単なる今回の敵、というだけじゃない先々にも続く存在感を示してくれました。ここにタキさんやもう一人のムラッ気たっぷりのオービットのアイドルも加わってくるわけで、主要なメンバーだけでもこんなにも魅力的な面々が出揃ってしまったのですから、新シーズンが楽しみでワクワクが止まらなくなるのも当然というモノ。そして、此処に来てモモに新バトルスーツで新たな能力が、という話になっては、盛り上がらないのは嘘ですよ、嘘。

年末のオフシーズンのはずなのに、いやだからこそか、モモを中心としながらもエリーをはじめとして各アイドルたちにスポットがあたる贅沢な展開の上に、準備万端整いました、という手応えたっぷりの内容の、実に胸高鳴らせてくれる温泉回でした。
そう、温泉回でもあったんですよね。湯煙漂う温泉郷にて、裸の少女たちのキャッキャウフフ。浴衣の襟元から覗ける肌色に、と視覚的な見所も盛りだくさん……となったら、エロ変態のモモ先輩が黙っているはずもなく。モモちゃん、あんたちょっとケダモノすぎますよ!? この変態め。

1巻 2巻 3巻感想

アイドライジング! 33   

アイドライジング!〈3〉 (電撃文庫)

【アイドライジング! 3】 広沢サカキ/CUTEG 電撃文庫

Amazon


ドキドキの学園祭&エリザベス予選! しかしモモに忍び寄る影が……!?

 モモたちの通う鳴谷鶯高校の学園祭が始まった。張り切るモモだったが、先輩アイドルのタキ・ユウエンがやってきて、ウキウキは一転。前回の『貸し』を盾に迫る彼女に押し切られ、モモは学祭期間中ずっとタキとデートしなければならないことに。さらに学祭のイベントで発生したトラブルにより、モモはアイドルとしても大きな壁にぶつかり……!? 新世紀アイドルストーリー第3弾!!
あれ? あれれれ!? モモをぱっくり食べてしまおうと隙あらば粉かけてくる変態アイドル、まずイロモノキャラとして賑やかしをやっていたタキさんが、なんか劇的に立ち位置変えちゃいましたよ!?
これじゃあまるで、新人のモモにアイドライジングの世界の真髄を教え、導く掛け替えのない頼もしい先輩キャラじゃないかw
そう言えば、これまでモモに関わってきたアイドルたちって、まずマツリザキ・エリーは頂点にして聳え立つ壁であり、オリンは共に競いあう好敵手という関係だったけれど、アイドルとはどういう存在なのか、というのを同じアイドルの立場から教導してくれるような人は今までいなかったんですよね。
先達として、アイドライジングの世界を盛り上げてくれるだろう逸材として有望だけれど、まだまだ右も左もわかっていない新人に、アイドルとしての在り方、心意気、一番何が大切なのかを、ここまで親身になって、身を持って教えてくれようとする人は居なかっただけに、あのタキさんが頼もしいやらカッコいいやら。いや、マジでイイ姉役じゃないですか。あんなヘンタイさんなのに、何だかんだと多くのアイドルたちから慕われているのは伊達じゃなかったのか。モモだって、最初のアプローチの仕方を間違えなければあんな苦手意識を持たれることもなかっただろうに。なんでモモが相手だと本能任せ全開になるんだ?(苦笑

アイドルにとって、勝敗よりも大事なこと。
そもそも、ただ戦って勝つことが一番重要な事だったら、彼女たちはアイドルなんて呼ばれて持て囃されてはいないんですよね。それなら、あくまで格闘技の一つの分野に過ぎなくなる。アイドルが求められているものは何なのか、という答えは最初はアイドルついて無関心で何も知らなかったモモがアイドルを続けようと思った動機と重なっていたのだけれど……あの最後の笑顔を見てしまうと、体格やセンスなんかを抜きにしても、この子は天性のアイドルだったんだな、というのが伝わってきましたよ。それと同時に、いまいち単なるプロレスの発展型なのか? とその在り様が見えて来なかったアイドライジングの世界の楽しさ、楽しみ方というものもようやく理解できた気がする。

タキさんの本気宣言も出ましたし、今回戦う事となったムラサメ・キジョウを含めたオペラ・オービットの四人の頂点に立つアイドルたちもそれぞれキャラ立ちして存在感立ててくれましたし、此処に来て一気に世界観にドッシリとした安定感と広がりが出てきた感じ。
またオリンちゃんが、いいキャラになっちゃって。今回タキさんが導き手だとしたら、オリンはモモを後ろから支える役。此処ぞという時に、ヘコんだモモに喝を入れ、励ますのがあのオリンだとは……。その物言いは、モモのイイところも悪いところも全部わかってないと出てこない台詞ですよ。ホントにデレちゃってまあ。親友にしてライバルキャラが完璧に板についちゃいましたよ。

あとは、肝心のバトルシーンがもうちょっと魅せれるようになったらいいんですけどね。ちょっと文章的に派手さがなくて、動きがおとなしく、いささか盛り上がりに欠ける感があるのが勿体無い。これ、映像化すると意外と映えるのかもしれませんけどね。

しかし、最後のモモの変身は、あれ一発ネタにするには勿体なさすぎじゃないですか!? 絶対アイドルとしての売りになりますよ。場合によっては女性ファンの人気独り占め出来る勢いですよ!? 今後はその方向性で売りだしていけば、人気獲得間違いないでしょうに。
そもそもモモって、タキさん以上に同性の女の子に対して肉食獣なんですから、イケメン男装美少女路線は……あれ? なんかスキャンダル連発しそうでアイドルとしてはヤバいかしら?

1巻 2巻感想

アイドライジング! 23   

アイドライジング!〈2〉 (電撃文庫)

【アイドライジング! 2】 広沢サカキ/CUTEG 電撃文庫

Amazon

乙女の夢と願いが熱くぶつかり合う、新世紀アイドルストーリー第2弾登場!!

 アイドルデビューをきっかけに、海上都市ニライカナイの高校・鳴谷鶯(めいこくうぐいす)に転入したアイザワ・モモは、なんとハセガワ・オリンと同じクラスに! 仲良くしようと擦り寄るモモと、突っぱねるオリン。噛み合わない二人だったが──。
『さて今回は、アイザワ・モモとハセガワ・オリンの新人コンビvsユウゼンジ・アレコ&ナギコ姉妹のツインズヒールで送るタッグマッチナイト! 息ぴったりの双子を相手に、今注目の二人はどのような戦いを繰り広げるのでしょうか!? 二つの嵐がしのぎを削る、波乱の一戦がついに開幕!!』
うははは、面白い面白い! 一巻よりも確実にワンステップ面白くなってるよ。まさか、オリンちゃんとモモをかけ合わせるとここまで劇的な化学変化を起こすとは思わなかった。確か前回の感想で、モモとサイの物語は既に完成をみてしまったので、モモよりもキャラクターや環境に個性とハンデキャップのあるオリンの方を主人公にしたら面白いのに、と言及した覚えがあるのだが、そうかオリンとモモをコンビにするという手もあったか。オリンのモモへの敵視っぷりを考えると、この二人が組むという形を想像できなかったのだけれど、むしろ仲が悪いからこそ、いやオリンとモモの感情がそれぞれ一方通行という状態だからこそ、障害を乗り越え友情を育み、タッグを組んで強大な敵に立ち向かうという王道を体現できたわけだ。
モモという天然突撃娘のキャラクター特性も、むしろサイさんのような大人よりもオリンみたいな繊細で意固地でツンデレな娘さんの方が強烈に反応できたようで、キャラの精彩が一巻とは段違いに輝いてるんですよね。オリンもオリンでモモに引っ張られてデレた時の反応が素晴らしかったし、いい感じで相乗効果が発生したんじゃないでしょうか。しかしこれって、完全にモモが主人公でオリンがヒロインだよなあ。サイさんはやっぱり役目を終えてしまったのか、今回はろくに出番も無し。むしろ、一瞬しか出てなかったにも関わらず、パパへの複雑な感情をあらわにしてくれたマツリザキ・エリーの方が印象に残ったくらい。この娘、何気にファザコンだよなあw

それにしても、モモって何気にヘンタイですよね。女の子のくせに同じ女の子の女体が好きすぎるぞ。あからさまに迫ってくるタキ・ユウエンにはビビりまくって逃げ腰だけれど、絶対そっちの卦あるよね。才能あるよね。既にサイもオリンも欲望のままに襲ってるし。そのうちマジで毒牙に掛けそうだ。果たしてモモがタキの毒牙にかかるのが先か、それともモモが欲望のままに誰かを毒牙にかけるのが先か。何れにしても覚醒の時は近そうである(何の?

1巻感想

アイドライジング!3   

アイドライジング! (電撃文庫)

【アイドライジング!】 広沢サカキ/CUTEG 電撃文庫

Amazon

超大型新人アイドルとちびっこプロデューサーのコンビが贈る新世紀アイドルストーリー!!

 アイドライジング。それはアイドルたちが己の夢と希望を懸けて戦う、新時代の一大エンターテインメント! 各企業の科学技術の粋を集めて作られたバトルドレスをその身に纏い、美少女たちは華麗にステージを舞う──!
『さぁ始まりました! 今夜はなんと採れたてぴちぴち産地直送アイドルの登場です!
 彼女の名前はアイザワ・モモ! とある事情で72万円が必要になり単身上京してきたばかりのモモちゃんは、ファッションモデルもびっくりな恵まれた体躯だけでなく、何より素朴で元気いっぱいな人柄を気に入られて急遽株式会社ミニテックスのアイドルになったそうです! そして彼女を支えるのは若手プロデューサーのオウダ・サイ!
 果たして凸凹二人三脚でどのような戦いを見せてくれるのでしょうか!? そして襲い来る難敵に打ち勝つことができるのか──!』
第17回電撃小説大賞金賞受賞作品。元ネタはやっぱりアイドルマスターなんだろうな、これ。アイドルひとりにプロデューサーが一人付くとか。72万円とか数字が恣意的すぎるじゃないか(笑
しかし、このアイドライジングなるエンターテインメント産業はジョービジネスとして実際よく出来ている、というよりも産業構造が結構生々しいくて好みである。純粋に格闘によって強さを競う純然たるスポーツではなく、むしろプロレスみたいなシナリオのあるショーという側面が強いんですよね。スポンサーである企業の技術力の宣伝の為に、バトルスーツに付与された特殊能力を一度はお披露目しなくてはならない、とか。新人は初戦はだいたい勝利を譲ってもらえるとか。バトルそのものも、ガチンコ勝負もあるにはあるけど演出と宣伝重視の戦いも実際多いようだし。ここらへん、なぜ「選手」ではなく「アイドル」として売り出しているのかをよく考えているビジネスなんじゃないだろうか。
勿論、出来レースばかりじゃただの芸事になってしまう訳で、此処ぞというときには本気同士の真剣勝負がなければ盛り上がりも頭打ちになってしまうわけで、多分これ、ちゃんと住み分けみたいにしてガチンコ勝負重視のアイドル、演出重視のアイドル、と善玉悪玉以外にも自然と分かれてきてるのだろう。
んでもって、この主人公であるモモは、アイドル業界の事を何もわからないまま飛び込んだ結果、ガチンコ勝負の魅力に引き込まれていくわけだ。そんな右も左もわからない新人素人の女の子が、恵まれたセンスと体格を武器にして、かつてアイドルを目指しながら夢叶わなかったプロデューサー・サイの助けを受けて強敵をなぎ倒していくサクセスストーリー、という王道も王道の真っ向勝負の物語である。
なんだけど……いや、王道だからこそ、か。ぶっちゃけ、この一冊でモモとサイの物語って殆ど完成しちゃってるんですよね。既に彼女らが望むべきステージにこの巻でたどり着いてしまったわけで、彼女ら二人としてはまだまだこれから始まったばかりなんだけれど、物語を読む側の立場からするともう見るべきところは無くなってしまった気がするのである。
そこで、視線が向くのがもう一人の新人アイドル、オリンちゃん。むしろ、最初から最後まで光り輝く日の当る道を歩んでいるモモよりも、オリンの方が設定が無茶苦茶面白いのだ。
一旦、採用試験に合格しながらも、突如割り込んできたモモに採用枠を取られて梨の礫で放り出され、それでも諦めずに粘って就活した結果たどり着いたのは、潰れかけのアイドル派遣会社。しかもそこで運用されてるバトルスーツは、失敗作として曰くつきの欠陥品。そして会社を一人で切り盛りしているオジさんは、一癖も二癖もありそうな食わせ物。そしてオリン自身もカワイコぶりっ子お手の物、その本性はひねくれ者の性悪猫で、しかし諦めの悪いしぶとく粘り強いタフネスガール。
どう考えてもこっち側の話の方が面白そうなんですが(笑
もし続編があるなら、絶対主人公はオリンを希望したいですね。悪役邪道の麒麟児と曲者プロデューサーが幾度も挫折を繰り返しながらも、やがてアイドル業界を引っ掻き回してのし上がり席巻していく物語、なんて方が絶対に面白そうで、読んでみたいですよw

 
1月18日

(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月17日

(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索