去年、このレースを勝ったネヴァブション、去年のこのレースの記事では飛躍を期待するような話をしたけれど、結局鳴かず飛ばずでしたねえ。
今年も参戦、5番人気になってますけど、さすがに今年はちょっと買えない。去年、この馬を飛ばして酷い目にあったけれど、10着以下の着外ばかりが続いているからなあ。

今年は、去年復活後G1戦線で好走を続けているキャプテントゥーレと、中山金杯を勝ち馬と同タイムで4着に入ったデルフォイ、去年の三着馬。中山金杯二着のトウショウシロッコの三頭が人気。
そこに有馬記念5着のマイネルキッツ、去年の勝ち馬ネヴァブションが続くと言う形。
このレース、人気馬で決着する割に一番人気の馬の勝率は決してよくないのだけれど、このメンバーならキャプテントゥーレを応援する意味でも三連単の頭に据え置きたい。元々中距離が主戦となる馬だし、中山は皐月賞を勝っているように得意馬場。さらに先行押切のスタイルは、このメンバー見渡してもそれほど切れ味抜群の差し脚を持っている馬もいないことだし、まず有利と言っていいでしょう。デルフォイとの叩き合いになるかもしれんが、仮にもG1馬。負けられんでしょう。デルフォイは、上がり馬なのだけれど、前走競り合いで潰れてしまったのがちょっと瑕疵か。それなら、近走重賞戦線で好走続くトウショウシロッコの方が雰囲気は良さそう。
それから、意外とこのAJCCでは条件戦あがりの馬が好走するレースとしても知られている。今回の該当馬はベルモントルパン。勝った前走は中山の2200とこのレースとまったく同じ。脚質も典型的逃げ馬と展開も向いており、押さえておいていいかも。
そして、一昨年のダービー以来。近年医療技術の進歩著しく、昔なら即引退だった屈腱炎からあのカネヒキリのように見事に復活を果たして爆走する馬も出てくる中、青葉賞を快勝してクラシックに高らかに名乗りを上げたあのアドマイヤコマンドが、ここに約一年半ぶりの復活。
さすがに即座に連勝街道とは行かないだろうし、そもそも素質の高さを謳われながらもまだ青葉賞を勝っただけで実績を上げたわけではない馬なので、真価を見るのはこれからだろうけれど、押さえておくくらいはいいでしょう?

というわけで、キャプテントゥーレを頭に、デルフォイ、トウショウシロッコ、ベルモントルパン、アドマイヤコマンドの四頭流しの三連単12点買いで行きます。
マイネルキッツとネヴァブションは外し。ネヴァブションは上に書いた通り。マイネルキッツは、有馬記念五着ながら一着とは1.2秒も遅れているので、割り引いて。


結果


またネヴァブションか!!
まさかの好位抜け出し。まさかの連覇。これはもう横山典にやられたとしか……。大敗続きでも、それはあくまでG1でのことで、このメンツ相手なら大丈夫だったってことなのか。それにしても、二年連続でネヴァブションにやられるとは。
二着には逃げて引っ張ったシャドウゲイトが。三着にはトウショウシロッコと、そこそこの荒れ具合。
トゥーレは四角までいい感じだったんだけどなあ。コーナーから直線に入るところで両側からギューっと挟まれて、なんか走る気無くしたみたいな感じでズルズルと後退。見せ場なく11着。これはよろしくなかったなあ。デルフォイも姿形も見えなかったし。
狙い目だったベルモントルパンは、肝心のスタート直後で足が前に出ず、逃げの体勢を作る前に足を使ってしまった感があり、こりゃああかんなあと思っていたら三コーナーを過ぎたあたりで早々に足をなくして、結局最下位。

うーん、今回は簡単だと思ったんだけれど。難しいなあ、競馬は。