アルドノア・ゼロ

アニメ雑感  


【夜ノヤッターマン 第3話 「俺たちは天使じゃないけど天使のフリをすることにした」】
ヤッター兵って、一体一体ちゃんと個性とか自我があるのか。それはそれでなんか嫌だなあ。
ガッちゃんが一晩でやってくれました。うん、まさかドロンボー一味の正装を作ってくれるのが、ガッちゃんになるとはなあ。いや、なんだかこれ、嬉しくないですか。
ドロンボー一味を匿ったせいでヤッター兵に追われ、だけれど巻き込まれたわけではなくガッちゃんの意思でそのままレパードたちとヤッターキングダムに向かうことになったガッちゃんとアンちゃん。そうかー、バラバラに動くんじゃなくてみんなで一緒に行くのかー。ドロンボー一味と、おそらくは真のヤッターマンとなるであろう二人が一緒に、というのはなんだかニヤニヤしてしまう。みんないい子だから、尚更に。


【アルドノア・ゼロ EP15】
裏切られたにも関わらず、満足そうに逝ってしまったザーツバルム伯爵に涙。うん、なんでだろう。客観的に見るならば、地球人にも関わらず厚遇し、それどころか養子にまで取り立てた男に裏切られて殺されたにも関わらず、ザーツバルム伯爵には、良かったね、と言いたくなってしまった。本当に、最後の最後にスレインにお父さんと呼ばれて、満たされてたみたいだったもんなあ。ザーツバルム伯は、大義あれどそれよりも行き場のない怨みと復讐の念に駆られていただけに、たとえ念願果たしてもそれでスッキリしたやってやったぜ、と高笑いして次に進めるような為人でもなかったですし、彼の中には何も残らなかったと思うんですね。だからこそ、この最期は彼にとっては幸せだったのかも、と思ってしまう。
でも、だからこそスレインにはもう少しうまくやることはできなかったのか、と言いたくなる。彼はねえ、やることなす事なんか上手くいかないし、決断し選んでやり遂げたことについても何だかこう、本当はもう少し良いやりようがあったんじゃ、という自分から幸せになる道を踏みつぶしていっているような微妙な食い違いがしこりみたいに残るんですよね。そんなどうしようもない不器用さこそが、スレインが愛されるキャラである由縁であろう事は皮肉な話。


【牙狼<GARO>-炎の刻印- 第13話「彷徨-BURNING ASHES-」】
王子、働き過ぎ!! 昼は王子として病の国王に変わって政務を取り仕切り、夜は黄金騎士としてホラーを狩ってまわるというブラックすぎる日々。それを当たり前のようにこなしているのは本当に凄いが、危ういなあ。でも、視野狭窄に陥っている様子はないですし、あれだけ無様を晒し魔戒騎士として失格の所業を行ってしまったレオンをなおも心配してくれてるあたり、本当に良いやつなので不幸な事にはなってほしくない。
一方ですべてを失ったレオンは、流浪の果てにとある農民一家に拾われ、そこで療養するとともに地を耕し実りを得るという、地に足が着いた市井の生活、というか「生きる」という原点を体感していく事になる。
そして何より大切なのは、ついにレオンの「真ヒロイン」が登場ですよ! こういう天真爛漫で可愛らしい娘は初めてなだけに、イイです、凄くイイです。ゲストヒロインではなく、どうやらマジモンのレギュラーみたいですし。
一方で、親父ヘルマンの方にもヒロインの影が。全裸回で遭遇したシーツの女性が、何やら重要なポジみたいで。まさか、後妻フラグ!?

アニメ雑感   


【夜ノヤッターマン】
1話と2話を視聴。ロリっ子なドロンジョさまが本当に可愛らしいお子様で、どこがドロンジョ様なんだろうと思ってたんだけれど、二話でご先祖様の口調なんかを真似し始めたら本当に似ていたので驚いた。これでも幼児の頃再放送は見てたんだぜ。さすがに本放送見てるほどの年齢ではない。
何があったかわからないが、かつて戦争があってヤッターマンは北海道にヤッターキングダムという王国を作り、戦争に敗れたドクロボー一味は辺境の青森に追いやられてしまい、時代が流れ世代が進み一味の末裔であるレパード、ヴォルトカッツェ、エレパントスの三人が、レパードの母ドロシーと貧乏だが平和で幸福な日々から物語ははじまる。
面白いのは、正義の味方とされていたヤッターマンが完全に悪役として描かれているところ。ヤッターマンだから正義なのではなく、年月が経つ事で守ってきた正義の心は、心なき観念へと成り下がってしまったのか。正悪逆転、かつての悪党だったドクロボー一味の子孫であるレパードたちが、むしろ悪いことに対して嫌悪感を持ってるんですよね。
とはいえ、出てきたヤッターマンは人間ではなく自律機械。今週のビックリドッキリメカーがメカヤッターマン一号二号だったのにはさすがにびっくりどっきりだったよ!! そう、あくまで自動的に侵入者を撃退する機械。いや、ヤッターキングダムの住民の、もしかしたらレパードたち辺境の村よりも貧しそうな暮らしを見る限り、侵入者のみならず国民も弾圧する機械群なのかもしれないけれど。
2話のラストで出てきた少女。それから2話のEDを見ると……んんん? もしかして、本物のヤッターマンは敵じゃないのか?


【冴えない彼女の育てかた 第2話 「フラグの立たない彼女」】
ファミレスで加藤をキャラが死んでる!と罵っている後ろで、めっちゃキャラ立ててるモブのウェイトレス(笑
面白い、めっちゃ面白い。ただストーリーをなぞって映像化するのがアニメ化じゃないんだよ、というのを渾身の力で振りかざすような、趣向を凝らし見せ方というのを考え尽くしたような演出の数々。本当に面白い!! 実質、殆ど動かずに対面でしゃべっている場面が殆どだったにも関わらず、アニメとしては縦横無尽というくらいに動的でした。作画がすごかったとか言うんじゃないですよ。いや、かなり作画的にも頑張ってたと思うけど、単に良く動かせばイイ、という考えにとらわれない見せ方、見せ方、見せ方。これに尽きる。
しかし、加藤はあれはあれで凄まじくキャラ立ってるよなあ。


【アルドノア・ゼロ EP14】
あれ? もう宇宙来たの!? どうやって大気圏突破したの? あの戦艦、普通に飛んで大気圏突破できるの!?
作品初めての宇宙戦闘でしたが(前話でやってたけど)、あの高速ですれ違う軌道上の交錯戦は、SFっぽくてよかったなあ。好きですよ、ああいうの。
しかし、通常のカタフラクトではまともに命中させる事もできない軌道上反航戦で、イナホだけがあれだけバンバン当てられるということは、イナホの義眼に仕込まれたシステムって、カタフラクトに搭載されている火器管制システムよりも高性能ってことなのか? あの義眼、試作品らしいけれど、カタフラクトに詰めるサイズのFCSより高性能って、あれもアルドノアじゃないのか、と疑いたくなるぞ。






ひたすらに眠る眠る  


今日はもう肉体的に疲れ果ててたんで、アウトプットする出力が無くて、帰宅してからひたすら寝る食べる読む寝る、と言った感じでグデグデと過ごして、ようやく風呂入ってちょっと復帰して今これ書いてます。
そろそろなー、ほんと若くないんですよねえ。十代二十代の頃ってどんなだったっけか。
阪神大震災の二十周年が近づいてきて、二十年前の事をよく取りざたされるようになってきて、思い馳せることが度々あります。……昔から体力というか生活持久力もなかったけど。



【アブソリュート・デュオ 第1話】
原作のライトノベルは未読。OPは剣舞が凄く動いて映えてて好き。うん、これは好きだなあ。内容的にもキャラ的にも特筆するべき所はあまりなく、ぶっちゃけ原作力はあまり強くないと思うんだけれど、アニメとしてはなかなかおもしろかったんですよね。演出とかキャラの動かし方が意外なほど上手いというか締める所締めてるというか、うん、面白い。これはスタッフに恵まれた作品なんじゃないだろうか。視聴継続。


【アルドノア・ゼロ 13話】
第二期スタート。あの衝撃的な第一期のラストのあとがどうなったか、というのをもったいぶらずに見せてくれたのは良かった。さすがにあんまり引っ張られると逆に冷めちゃいますもんね。スレインくんは、腹括って思想がどうの出身がどうの、それどころか姫の気持ちもどうのとかもうっちゃって、アセイラム姫の命を守る事に徹することにした結果が今の状態、みたいな感じか。若干、線切れちゃってる節もあって危なっかしい所もあるんだけれど。それに、結果としてだけれど傍目には、というか伊奈帆から見るとスレインは姫を利用しようとしている奴、という認識をより強固にするような状態なんだよなあ、これ。
ザーツバルム伯まで生きてたのは意外だったけれど、あの独白を聞いてしまうと失われるには惜しいキャラだっただけに、生き残ってくれたのは嬉しい限りだけれど、この人今どういうつもりで動いてるんだろう。一期と全く同じ、とも思い難いし。
一方的に思われた地球と火星との戦争だけれど、意外と善戦している地域もあるのか、これ?

伊奈帆くんはなんか自身が魔改造されてるんだけれど、なんか凄いなw


【探偵歌劇 ミルキィホームズ TD】
ちょっ、警察のD4がD1になってるよ! ココロちゃん意外番組的にリストラかよ! お陰でココロちゃんのボッチ感が物凄いことにw
かなり初期のカオス感が戻ってきているのは確かだけれど、さすがにあのレベルの「狂気」を感じるまでにはまだ至ってないなあ……至ってしまうとそれはそれで恐ろしいのだけれど。
しかし、未だかつて「伏線」という張り紙がはられた伏線があっただろうかw


【蒼穹のファフナー EXODUS】
うわぁ、蒼穹のファフナーの新作ってどういう話になるのかと思ったら、そのまま数年後という設定かよ! それはそれで嬉しいけれど、また彼らを戦わせるのかという苦しさも感じる複雑な気分。
しかし、みんな大人になったんだなあ。さくらが先生やってるのには驚いたんだけれど、まだ二十歳なってないよね、彼ら。確認したら、最初のシリーズが14歳で今度のシリーズがその4年後ということなんで、まだ十八なのか。若いとは言っても、それぞれみんな各分野で働いていて、落ち着きのある大人の風情になってるんだよなあ。カノンがいい意味で美人になってて、なんともニヤニヤ。
しかしフェストゥム、昔みたいに敵対一辺倒じゃなくて、共生を選択してるようなのもいるのか。ある意味そこが希望の突破口となりえるのか。


>到着メモ
【まのわ 2】 紫炎(このライトノベルがすごい!文庫) Amazon

宝島社さまからいただきました、ありがとうございます。
ネット発の小説の傾向なんだけれど、だいたい出足は遅いけれど小慣れてきたこの辺りから物語的にもキャラ的にも動き出す感じなのか。
 

6月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


6月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W 


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月18日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W

6月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月3日

Amazon Kindle B☆W

6月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索