徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  9月前半の漫画新刊カレンダー  9月後半の漫画新刊カレンダー  9月のライトノベル新刊カレンダー
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
 

オーバーラップノベルス

亡びの国の征服者 4~魔王は世界を征服するようです~ ★★★★   



【亡びの国の征服者 4~魔王は世界を征服するようです~】  不手折家/toi8 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

安全なはずの旅路。
“戦争”が少年達に牙を剥く――

家族の愛を知らぬまま死に、二つの人類が生存競争を繰り広げる世界で新たな生を受けた少年ユーリ。
彼は騎士院で学ぶかたわらでホウ社の事業を拡大し、いずれ来たる祖国の亡びを見越して“新大陸”の発見を目指していた。
そんな中、隣国のキルヒナ王国と“もう一つの人類”であるクラ人の遠征軍――“十字軍”との戦争がついに始まろうとしていた。
そしてユーリは女王の要請により、王女キャロルをはじめとした学生からなる観戦隊を率いて、前線を視察しに行くことに。
隊長として初めて隊を率いるユーリは、単身で下見も行い、万一のことが無いよう万全を期していた。
前線とはいえ、王鷲による上空からの視察。
この旅路には本来、大きな危険など無いはずだったが……!?
のちに「魔王」と呼ばれる男が、初めて戦場を目の当たりにしようとしていた――。
「小説家になろう」で話題の超本格戦記譚、戦争の恐怖を知る第4幕!
さすがはまだ少年と言ってイイ年齢にも関わらず、事業を立ち上げ会社を率いる経営者としても辣腕を振るうだけあって、ユーリのプロジェクトの実行力って並外れてるんですよね。
観戦隊の人選から隊の組織構築のための事前準備から、現地調査に行動計画の立案から精査まで、さらに必要物資の調達から現地の拠点の設営準備など、観戦隊派遣作戦の策定は緻密さと不測の事態を見越した柔軟さを兼ね備えた、非常に弾力性のあるものに見えました。
一人の未帰還者も出さないように慎重に、極力危険を排除するように、甘い見通しを残さないように策定されたもので、もうコレ以上万端の事前準備は出来ないだろう、というものだったんですよね。

それでも、想定外の出来事が起こるのが現実なのである。
現地の拠点の一つとするつもりだった村の宿の主が、前金だけ受け取って夜逃げしていた、なんて事態はまだ序の口。
真の想定外は、予想外は、不測の事態は、戦場でこそ起こり得る。最前線とはいえ、王鷲という空を飛行する存在に攻撃を加えることの出来る武器も兵器も、敵には存在しないはずだった。そのあたりの情報収集も、中立国経由での情報や実際に密輸入なんかで実物を手に入れて、確認はしてるんですよね。火砲や鉄砲など、火器の射撃による攻撃も有効射程距離をちゃんと把握した上できちんと安全高度を保ちさえすれば、危険はほぼない。
そのはずだったのに。
さすがに、あれはユーリでも予想なんて出来んわなあ。そこまで想定しろ、というのならそもそも前線への観戦隊なんてやるべきではない、って事になるだろうし。

ともあれ、そのどうしようもない予想外、想定外によって危険性のない安全な、いやユーリがほぼ安全と保障できるまでに計画を煮詰めた観戦隊による前線視察は、他の隊員たちこそ無事に逃がすことに成功するものの、本来なら他の隊員全員を犠牲にしても護らなければならなかった王女キャロルとユーリの二人が王鷲ごと撃墜され、敵中に取り残されることになる。

決戦は味方の大敗。味方の軍勢は四散し、敵は一気呵成に追撃戦を行うなかで、ユーリたち二人は敵軍が今まさに占領と略奪のために侵略してくる大地の只中に放り出されてしまったのだ。
しかも、キャロルが脚を負傷して自力で歩くことの出来ないというハンデを背負ったままで。
助かる見込みなどどこにもない、絶望の逃避行。
相棒として長年連れ添った王鷲は、墜落の際に負った怪我で再起不能となり、ユーリは手ずから親友を送ることになる。さらに、追い詰められたキャロルを救うために彼は生まれて初めて自らの手で人を殺したのだ。
体以上に心が傷ついた状態で、しかしなおもキャロルを守るために傾いた心を立て直し、味方がいる地まで敵から隠れ潜みながら、ユーリは逃亡を開始する。
どう考えても助からない、せめてキャロルの脚さえ健常だったなら、という塗りつぶすような黒が心を覆っていくのだけれど、しかしユーリの中には一欠片もキャロルを置いていこう、という考えは芽生えないんですね。キャロル自身はそれを主張するのだけれど、ユーリは一顧だにしない。
いつもユーリって地の文でも内心を語る際は、斜に構えててネガティブというか皮肉屋というか偽悪家なところがあり、実のところユーリ本人は自分のことをそういう人間だと思ってる節があるのですが……。
本作の場合、この主人公ユーリの内心の言葉は、本心とか本音だと思わないほうがいいんだろうな、と思いながら読んでいます。いや、ユーリとしては本音のつもりなんでしょうけどね。多分、心で思ってることと彼の本当の心は乖離しているところがあるんじゃないでしょうか。ユーリ・ホウは自分で思ってるほど、ろくでもない人間じゃあない、ということで。
だからこそ、彼に信頼や親愛を預ける人間は少なくないのである。過大評価じゃないのだ、それは各々から見たユーリへの正当な評価であり、素直な感情なのである。

この逃避行は、ユーリにとっても極限状態でした。絶望は常に心を蝕み、諦めが背中に剣をついてくる。それでも諦めることを良しとしなかったのは、隣に絶対に守るべき人がいたから。
キャロルが居たから。
もし、敵勢に追いつかれれば、それはもう絶対に助からないということ。二人共その時が来たら、自らを処す、自決する覚悟をもう胸に収めてるんですね。穏やかなくらい、覚悟を決めている。
一度、偵察から戻ってきたユーリの態度に追いつかれたとキャロルが誤解したシーンがあったのですが、騒ぐことも怯えることもなく、スッと静かに終わりを受け入れる姿を見せたのでした。
それを見た時、どれほどキャロルが極限状態に居て、その極限を覚悟を持って受け止めているのかが伝わってくるシーンだったのです。
そんな極限状態だからこそ、虚飾は引き剥がされるのです。その心は剥き出しになる。
そうして、二人きりである今に向き直った時、キャロルとユーリ、お互いを見つめ直した時に、さらけ出された自分の心を知るのである。
ユーリにとっては、王族だのなんだのと関係ない、キャロルという女の、幼馴染の存在が自分にとってどういう意味を持っていたのかを、理解するのだ。
この女が居なければ、自分はもう生きる意味がない、と自然に思えるほどの感情を。
それはキャロルも同じ。彼も彼女も、自分が何のために生きて何のために死ぬのかを、理解したのだろう。彼のために彼女のために、生き。そして、アナタの為に死ぬのだ。そして今は、共に生き、それが叶わぬなら共に死ぬ。お互いが無二、それを彼らは知ったのだ。自分よりも価値があるものを。自分なんかよりももっと大切なものの存在を。

それを知ることは理解することは、自分の存在がただその人のためにあるのだと受け入れたことは、ユーリとキャロルの、二人の命運を定めた、と言えるのかも知れない。
ユーリ・ホウとキャロル・フル・シャルトル、この二人はこの時知ってしまった在り方に、文字通り殉じることとなる。
彼が魔王と呼ばれることになるその歩みは、いちばん大切なものがある事を受け入れた、きっとこの時にはじまったのだろう。


現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 3 ★★★★☆   



【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 3】  二日市とふろう/景 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

ここからは、大人の仕事だ

現代社会を舞台にした乙女ゲームに転生した悪役令嬢・桂華院瑠奈。
21世紀を迎えた日本では恋住劇場が開幕し、瑠奈はその中で『小さな女王陛下』として辣腕をふるっていた。
子供の身でありながら国政だけでなく世界情勢にも関与し、事業としても新宿新幹線の開通を目指す。
そんな瑠奈の特異性を嗜め、『子供のままで居なさい』と叱る大人は、政策的には敵対する恋住総理ただ一人だけ。
それでも、瑠奈は新たな味方として赤松商事の精鋭である岡崎祐一を引き入れ、起こりうる未来の回避に全力を注いでいく。
――そして迎える2001年9月11日。
九段下桂華タワーで落成記念パーティーを催したこの日、世界が変わる。
「ゆっくり休みなさい。そしてありがとう。ここからは、大人の仕事だ」
現代悪役令嬢による日本再生譚、第3幕!

まさに9.11のテロの発生とそれに起因するアフガン紛争の勃発が主軸となるだろうこの3巻が発売する直前に、当のアフガニスタンが米軍撤退に先んじて政府崩壊、タリバン全土制圧などという事態が起ころうとは、誰が想像できただろう。
この作品、ウェブ連載中もちょうど書いてる内容に付随関連する、というか根底からひっくり返すような出来事がリアルで殴りかかってくるもんで、なにしてくれるリアルパイセン、と作者の人が良く嘆いていらっしゃるのですが、これはその最たるものでしょう。ちゃぶ台ごと全部ひっくり返されたようなものだもんなあ。
まさか18年を経て、またぞろマスード将軍の名前を聞くとは思わんかったよ。マスードJrが英国士官学校を出て地元パンジシールに戻ってるとか全然知らんかった。

かのマスード将軍に関しては、作中では北部同盟の将軍という形で登場している。最初にテロ勢力による核テロの情報をもたらしたキーパーソンとしてだ。
9.11の悲劇を知る瑠奈としては、もちろんあのテロを防ぐために動き出す。
彼女がエコノミックアニマルであり金の亡者なら、その情報を元手にというかもうインサイダーですよね、激動する世界経済を手球に取ることも可能だったのでしょうけれど、そもそも瑠奈が小さな女王と呼ばれるまでに立ち上がったのは、世界の理不尽に抗うため、弱きものを食いつぶすこの世界の理と戦うため、時代そのものに逆らうためでした。
でも、あまりにも巨額な金を握り、経済を動かし、世界に手を伸ばす彼女を、金の亡者たちは自分と同じ価値観のフィルターを通してしか見ないんですよね。
彼らは瑠奈を、自分たちの同類としてしか見ない。同志とすら考えている。賤しくも賢しくも、その価値観で善意を持って手を差し伸べてくる。その醜さに、彼女を貶めようとする。
彼女の本意を知るものは少なく、彼女の悲痛な想いを理解するものは更に少ない。誰もが、彼女を自分の都合の良い偶像としてしか見ない。彼女の言葉は、彼女の願いは、殆どが伝わらないのだ。
ゆえにこそ、カサンドラの慟哭。
だが、このカサンドラは決して無力な王女ではない。無尽蔵の経済力と、天より俯瞰する目と、張り巡らされた人脈をもって、世界そのものと渡り合う小さくも偉大なる女王陛下だ。
しかし、その彼女をして運命の日9.11は防げなかった。
瑠奈ほどの影響力と情報資源があれば、容易にアメリカを始めとする対テロ機関の働きで事前にテロの予防が叶うのも難しくはないと思ったのですが、まさかそこに被さる形でもたらされた数発の核がテロ組織の手に落ちたという情報が舞い込んでくるとは。
いつ、世界のどこかの都市で核弾頭が、或いはダーティーボムが炸裂するかもしれない、という危機感に世界中が厳戒態勢に突入し、アメリカや欧州をはじめとする情報機関が血相を変えて消えた核弾頭の行方を追う。
もし核テロが本当に起こるなら、ゆうに数万を超える被害者が出ること必至。対テロ機関の持つリソースのすべてが核テロ追跡に費やされ、陽動と思しき数々のテロ情報は後回しにされることになる。
この際の核弾頭追跡劇と、世界中が張り詰めた緊迫感はヒリヒリするものがありました。これだけで映画一本作れるんじゃないだろうか。
ついつい国際情勢ってのは一国と一国の対で見てしまうのですけれど、世界で何かが起こったときには国の大小を問わず様々な国が様々な形で関与し関連しクビを突っ込んでるんですよね。
この核弾頭追跡劇は、それをもうわかりやすいくらいロジカルに描いていて、パキスタンの国内情勢がどれだけアフガン情勢に関与していたのか。インド・パキスタン間の緊張がどれだけ周辺各国に波及していたか、がいろんな側面から照らされて良くわかるんですよね。
ここで核弾頭の行方の経路にリビアとイラクが登場してきてしまったが故に、のちのイラク戦争への強烈な後押しがなされてしまうんですなあ。
そして、核テロの予防へと各国情報機関治安維持組織は全力を投入し、結果……アンジェラは核テロの阻止を確約することで瑠奈を安心させようとして、こんな台詞をこぼすんですね。
「陽動テロについては『コラテラル・ダメージ』として割り切る事もまた必要なのです」
それがアメリカの、世界の見解だった。
ズーンと重く響くような衝撃が読んでる側のこちらまで伝わってくるのだから、テロ阻止に動き続けた瑠奈が受けたショックはどのようなものだったのだろう。
そして運命の日が訪れる。

そう言えば、前巻で雇用したアンジェラ・サリバンだけれど、これ以降ほぼ瑠奈の片腕として働きだすんですよね。ウォール街で辣腕のトレーダーとして暴れまわり、また元カンパニーとして今も合衆国の様々な地層にラインを繋げているくせ者中の曲者。合衆国の表と裏、政治と経済と謀略の世界と深く関わる彼女が側近として働き出すことで、瑠奈は今までとは桁違いの規模で世界とコミットしはじめるのである。
そういう意味ではスリルジャンキーの岡崎も、瑠奈のもう片方の腕としてアンジェラとは違うラインから世界の裏側表側と繋がり影響力を及ぼしていくんですよね。忠臣である橘や一条や藤堂が瑠奈傘下の桂華院グループの主要ポストにつくことである意味手足となって働いてくれる距離から離れちゃったのも大きいのでしょうけれど。
ってか、お誕生日パーティーに普通にアメリカの国務副大臣とか来て、イン・パ問題や共産中国も絡んだ地域情勢についてチャンネル繋いでくれ、と相談持ち込んでくるとか、どういうレベルなんだよって話で。
それでトラブってるネパールに PMC送り込むお嬢様もお嬢様ですが。こうしてみると、自前で赤松商事という総合商社という名の諜報機関と、北日本崩れの軍人を取り込んだ PMCという私設軍隊まがいの戦力抱えてるんですよね、お嬢様ってw
そりゃ危険視もされるわなあ。おまけに、ロシアで神輿として担がれかねない血筋まで抱え込んでいるのですから。
一方で国内でも恋住政権が猛威を振るう中でも堂々と手を尽くしていくわけで。大々的なパーティーじゃない方の内輪の友達身内だけで開いた誕生会で、さらっと新宿新幹線建設してしまおうかと、なんて言っちゃう小学生w
四国新幹線の方も作っちゃってるし、それ以外にも国内各地で路線立て直してるんですよね、このお嬢。そのうち海外でもえらいところに鉄道走らせちゃうからなあ。平成の鉄道王じゃないのか、これ。
彼女が獅子奮迅の勢いで進めた不良債権処理のお陰で、この日本って正史よりもまだだいぶマシな状態できてるんですよね。ただ、本来の日本と違ってこの作品の日本はWW2で分断国家となってしまい、近年樺太の北日本共和国を取り込む形で統一したわけだけれど、その際の北と南の経済格差や負債が重くのしかかってるっぽいんですよね。さらに、北日本の人間が二級市民としてあからさまに低く扱われていて、それが治安悪化に拍車をかけている。
普通の国として、自衛隊も軍隊扱い、海外派兵も普通に行っていることから軍事も正史ほどアメリカに任せっぱなしで、というわけでもないでしょうから。
それら諸々の負債を鑑みると、瑠奈が救済してなんとか取り戻した「正史よりもマシになった不良債権」部分を含めて、ようやく正史とおんなじレベルになってる、なんてことないでしょうかね、これ。
財閥も不自然に残っちゃってるみたいですし。それが、恋住総理の財閥解体論へと繋がっているのでしょうし。これ、郵政改革よりも覿面にわかりやすくクリティカルヒットしますよねえ。華族絡みで不逮捕特権なんて理不尽までまかり通ってしまっている以上。

今の所、まだ恋住総理とのゴングは鳴る前。お互いに様子見段階と言ったところで鳴りを潜めていますけれど、総理の瑠奈へのスタンスは既にここで明らかになってるんですよね。

あとは大人に任せなさい。

子供がこんな事を頑張らなくてもいい。子供が、こんなことで傷つかなくていい。
小さな女王様の恩恵に、大人たちが群がる中で彼のスタンスは、瑠奈に子供のままでいる事を許してくれる優しさであり、大人の責任を果たそうという姿勢でもあると思うのだけれど。
それは、瑠奈がまだ子供なのに世界を相手に、時代を相手に立ち上がらざるを得なかった。その理不尽に戦いを挑まざるを得なかったことへの救いにはならないんですよね。
総理は、彼女の絶望を、彼女の怒りを、彼女の悲壮を、果たして理解しているんだろうか。
それでも、まだ桂華院瑠奈はあどけない子供なのだ、という事実に彼女の義父や義兄などは家族だからこそ苦悩する事にもなるのだけれど。
そうした彼女の心情を端から理解しようともしない、ただ瑠奈の金儲けのセンスだけしか見ない亡者どもが、地獄のような善意で群がりだすのもこの頃。
勝ち抜けさせてあげよう。もっともっと、儲けさせあげよう。その対価に、私達も多大な利益をわけてもらうけれど、弱き者たち力ないもの達、時代に流されるしかない者たちを生贄に、踏み台にして、自分たちだけ幸せを謳歌するために。彼らにとってはWin−Winの提案なんですよね。本心からの善意なんですよね。彼女を過酷な競争から救ってあげようという、瑠奈の意思を徹底して無視した。
桂華院瑠奈は金儲けに狂喜しているわけじゃない、世界政治に関与して権力に酔いしれているわけでもない。彼女は、戦士だ。いや、騎士と言えるのかもしれない。彼女はずっと、護るために戦っている。それを、余りにも多くの人が知らない、理解しようとすらしていない。
護られる王女ではなく、女王として彼女は自らが破滅するその日まで戦い続けるつもりなのだ。
だからこそ、桂華院瑠奈は彼女の幸せを願う善意に怒り狂った。激怒した。
ゼネラル・モーターズ・オンラインの経営破綻。史実においてはエイロン事件と呼ばれるこの多国籍企業の断末魔を機に、彼女はもう一度時代に逆らう闘争を再開することになる。

しかし、同時に桂華院瑠奈という少女の真の幸せを願う人々の苦悩は深まってもいくのだ。どうすれば、彼女は幸せになってくれるのか。
自らを滅ぼすことも厭わないように身命をなげうって行く少女の姿に、彼女の意思を、魂を尊重し守った上でどうやって彼女を護ることができるのか。そもそも、まだ子供でしか無い彼女がこんな風に立ち上がらなければならなかったのは、戦い続けるハメになったのは。
大人たちが不甲斐ないからだったのに。この時代を作ってしまったのは、今いる自分たちの責任なのに。
故に、大人たちは、大人であるからこそ悩み藻掻くことになる。

四巻発売決定、おめでとうございます。これでやきもきせずに、続きを待てる♪



フシノカミ 5 ~辺境から始める文明再生記~  



【フシノカミ 5 ~辺境から始める文明再生記~】  雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

『古代文明の伝説にあるような便利で豊かな生活』を今世に取り戻すため、領地改革推進室にて文明の復旧を続けるアッシュ。
アジョル村にてトレント討伐の事後処理を終えたアッシュたち領地改革推進室の一行は、休暇も兼ねて温泉地があるスクナ子爵領へ。
そこで思いを伝えると意気込んでいたマイカは、先んじてアッシュから告白を受けてしまう。
『私はあなたのことが好きですが――あなた以上に好きなものがあるんです』
振られてしまったマイカだったが、アッシュを絶対に振り向かせるべく、優勝すればどんな要望も聞き入れてもらえる武芸王杯大会へ参加することを決める。かつて父親が優勝し、婚姻を果たして歴史に名を刻んだ大会。
一世一代の告白をするため、マイカは伝説の再演に挑む――!
理想の暮らしを手にするため、世界に変革をもたらす少年の軌跡を紡いだ文明復旧譚、第五幕!
うはははははっ! ワハハハハッ! やった! やった! マイカがやった!
マイカ嬢、大勝利だーー!!
いやー、痛快だった。気持ちよかった。スゲえわマイカ。めちゃくちゃとんでもねー女ですわ。アッシュがもう人並み外れているだけで、マイカの方もその成長の仕方がハチャメチャの領域にあるとは思っていたのですが、ずっとアッシュの背中を追いかけていたマイカがついについに、誰も追いつけないと思われたアッシュの所に追いついてみせてくれたのは、感無量でもあり愉快痛快でもあり、一言で言って最高でした。
ここまで気持ちよく、惚れた男のために突っ走り、一途に想い続け、その想いを叶えるために努力しまくって成長してみせた女性を、カッコいいと言わずしてなんというのか。
女性として自分を磨きまくり、武人として途方も無い領域に達し、未来の領主として政治力交渉力問題解決力を余人に及ばないくらい叩き上げ、あらゆる方面で人並み外れた域を収めたマイカ。
前に、アッシュが次期領主候補である自分に相応しいかじゃなく、自分がアッシュという前人未到の人外に相応しくなれるかだ、みたいな事をぶちあげてましたけれど、文字通り有言実行してみせたんですよね。もう両親や、領主である祖父や叔父もこれ以上無く納得させ(というか、この人たちもアッシュの価値を誰よりも理解しているために押し押しだったわけですけれど)、外堀を埋め、環境を整え、誰にも文句を言わせない状況を作り上げた上で、それでもアッシュ自身を納得させられなかったとなるや。
落ち込む暇もなく、足を止めることもなく、次の瞬間から次の手段を模索して突っ走りはじめるの、ほんとアッシュに誰よりも相応しくて、お似合いの爆発的な行動力で思わずニコニコしてしまいましたよ。
そして、アッシュをすら有無を言わせない、アッシュをして思わず黙って首根っこ掴まれて振り回されるような……いつも周りの人間を有無を言わせず盛大に引っ張り回し振り回しぶん回していたアッシュが、もう何も言えずにマイカを見守り、彼女の行動の果てを見守るつもりにしかなれないくらいに、ド派手にやってくれたんですよね。
ここまでかっこよく、惚れろ! とやられたら、さすがのアッシュですらもう完堕ちですよ。元々、マイカの事は唯一無二で惚れ抜いていることは、彼自身が明言していた事ですけれど。それでも、彼の文明を再誕させるという夢は、他に比べられない無二であり、マイカですら押しのけられない不動のナンバーワンだった事はこれまでのアッシュの言動を見ていれば、よくわかることでしょう。
その一番の理解者がマイカだったのですけれど、その絶対に勝てないはずだった恋敵に、この女の子は真っ向勝負でぶち抜いてみせたのである。絶対にアッシュの一番にはなれないはずだったのを、マイカはそのありえない一番を自力で、勝ち取ってみせたのである。奪い取ってみせたのです。
これほど、痛快なことはないでしょう。アッシュが、もう魂から惚れ抜いてしまう瞬間は、なんか胸にくるものすらありました。
あれほど追いかけ続けたアッシュの背中に、この子はついに追いついたのです。ついに、隣に立ったのです。アッシュと対等になってみせた。さすがは、女神ユイカの娘。女神の娘はやっぱり女神だった。
マイカ、大勝利! それに尽きる回でありました。

再誕させた古代文明の様々な知識や技術を実用化させ、領内で運用させはじめたアッシュ。そのお陰で領地は空前の上昇気流にのり始めたわけですけれど、その波を領内のみに留めることなく、今度は近隣の交流のある親交の深い、或いはこの波に乗るだけの見識と好奇心を持つ他領の責任者たちともコンタクトを取って、同盟というよりも共犯者……いや、この文明復興という楽しい楽しい遊戯を一緒に遊ぶプレイヤーとして、多くを巻き込んでいくのでありました。
ほんと、これは共通しているんだけれど、アッシュによって巻き込まれた、いや振り回されはするものの最後は自分の意志で巻き込まれに行く、波に乗ってくる、自分たちも混ぜてくれーと飛び込んでくる奇矯な人達なんだけど、みんな共通して楽しそうなんですよね。アッシュの言葉に乗せられて、目をキラキラさせて、ワクワクを抑えきれずに、一緒にはしゃいで騒いで盛り上がってくれる人達。
そんなバカモノたちの輪がどんどん広がっていく。それがもう、楽しくて仕方ない。皆が見ていた未来の色が、まったく違うものに変わっていくことに、ワクワクが止まらない。
このワクワク感こそが、その広がりこそが、この作品の醍醐味だなあ、と再認識。
王都に帰った姫様ことアーサーが、当地で彼女なりにそのワクワクを広げていることが、今回の再会でわかって思わずニッコリ。マイカとの恋敵という友情物語はマイカの突出を許してしまったけれど、さて姫様も全力でマイカを応援しつつ黙って見てばかりもいないだろうし、王家との関わり方はどうなってくるのだろう。
姫様も、自分を傀儡化しようとしている後ろ盾の公爵家相手に、まだ雌伏しているみたいだけれど、なんか着々と自分の勢力は広げているみたいですしね。今回の一件で辺境勢力はこぞって姫様の親衛となるだろうし、彼女の侍女団があれほど姫様の思想に足並み揃えてくれているとは思わなかっただけに、足元は万全だろうし。
さて、今度はどんな規模の大騒ぎになるのやら。楽しみで、ワクワクしますよ。


現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 2 ★★★★☆   



【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 2】  二日市とふろう/景 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

私は、この立憲政友党をぶっ壊します!!

現代社会を舞台にした乙女ゲームに転生した悪役令嬢・桂華院瑠奈。
瑠奈は持てる知力・財力・権力を総動員し、執事の橘や極東銀行の一条支店長を味方へ引き込んだ上で、バブル崩壊後の金融機関連鎖破綻を見事乗り切った。
『小さな女王様』として表舞台に躍り出た瑠奈は、新たに発足した渕上政権の下でさらなる手を打ち続ける。
そのさなか、泉川副総裁と桂華グループに黒い疑惑があると取り沙汰されてしまい――。
騒動の終着点が東京都知事選だとにらんだ瑠奈は、『首都奪還』のスローガンを旗印に候補を立て、東京都知事選へ臨むことに。
未来を知る者としてあがき、やがて来る悲劇に目を背けながら、瑠奈は突き進む。
そして21世紀を迎えた日本で、ついにあの男が動き出し――!?
現代悪役令嬢による日本再生譚、第2幕!

よくドラマなんかで政官に金をばら撒いてやりたい放題する金持ち、みたいなのが登場する事があるんですけれど、正直鼻で笑ってしまうんですよね。金持ちのスケールがショボすぎる。金持ちという存在に対してのイメージがその程度、想像できる範疇がそのレベルなのでしょう。政治家、官僚個人を札束でひっぱたいたからといって、政界、官界、財界といった業界を、国家の意思決定中枢を動かすには至らない。
それを成すには、それこそ国の経済の行方を左右するほどの影響力を及ぼさなければ、箸にも棒にもかからない。数百億単位など端金、数千億で最低限。まずは兆を動かせるようになってから出直すがいいさ。
そうなってやっと、国家を動かす意思たちはその存在を無視できなくなる。相手が小学生であろうとなんであろうと、その言葉に耳を傾けなくてはならなくなる。彼女の一挙手一投足が、国の進む方向に影響を及ぼそうというのだ、無視できるはずがない。
桂華院瑠奈という存在は、否応なく注目の的になっていく。もっとも、この小さな女王陛下の本当の姿を知るモノは少ない。未だ小学生に過ぎない少女が、数兆円を稼ぎ出し、惜しみなく資産を投入して金融破綻を救済し、今なお凄まじい勢いで資産を増やしながらこの国の経済を叩き起こしながら暴れまわっているなど、常識的に考えてありえないだろう。
故に、桂華グループの動向は多くの錯誤を交えながら捉えられ、混迷を深めていく。
そんな中で彼女の真価、精髄を見抜いた傑物たちは、桂華院瑠奈を見くびること無く彼女の能力を存分に活かすことで、キャスティングボートを握ることに成功する。
もっとも、傍から見ればキャスティングボートを握っているのは、瑠奈の方に見えるかも知れない。
東京都知事選や与党総裁選で、瑠奈は紛うことなき「キングメーカー」として政治中枢に意見を通すことでこの国の行く末に深く噛むことになるのだ。
1巻での総選挙の際、泉川議員の選挙事務所で渕上次期総理から泉川議員に電話がかかってきて欲しいポストを尋ねられたとき、そこに居た瑠奈がメモ用紙にさらさらと「副総裁か副総理」と書いて泉川議員に見せたのを、しばし沈黙した彼がその通りに渕上さんに要求を伝えたシーン。
あれもまさに「キングメーカー」といった感じでゾクゾクしたものですけれど、都知事選で立候補が出揃っていくなかで世論や議員団の動向を読み切った上で最後にあの大物作家政治家と直談判して引っ張り出すところや、渕上政権がトんだとき泉川副総理を説得して中継ぎの選挙管理内閣として成立させたり、とか。もう完全に「平成のフィクサー」を地で行ってるんですよね。
挙げ句には、アメリカ大統領選挙へのアプローチである。2000年大統領選挙は、あのブッシュVSゴアの大激戦。僅か300票差で勝敗が決定した、と言われる最終局面で大問題となったフロリダに会社買っての選挙応援活動である。
この一件で小さな女王の名はアメリカ政界にも轟くことになり、ITバブルから資源関係に河岸を移していくと同時に、サウジと日本との鉄道建設契約に大投資して大いに噛むことで中東にも大きな足がかりを作ることで、アメリカの大統領府の意思決定にも意見を挟む立場になっていくのだ。

それが出来るほどの凄まじい財力、その財力を的確にクリティカルな場所タイミングで放り込んでいく才覚、そして彼女のその才覚を正当に評価し協力を惜しまない各界の傑物たちとの間に結ばれた人脈。
それが、小学生・桂華院瑠奈が世界を動かすに足る根拠と説得力を与えているのだ。
そんな彼女が稀有足り得るのは、これほど絶大な儲けを得て、国家を左右するだけの権力、発言力を持ち得ながら、本質的に彼女自身は個人の利益に何の興味も持っていないところなのだろう。
もはや、彼女は桂華財閥の中でも独自の勢力として一連の企業群を率いることになっているけれど、瑠奈には「野心」はないんですよね。儲けというものを全く考えていない。それどころか、将来的に自分自身は破滅して表舞台から追いやられて消えていくことを覚悟している、受け入れている。
彼女の望みは、この国を破綻から救うこと。運命なんて理不尽に勝利すること。でも、そこに彼女自身が幸せになる、という未来があることを度外視してるんですよね。
これを多くの人は理解できず、桂華院瑠奈という少女の行動原理を誤解することになるし、瑠奈の存在に辿り着けない程度の人たちは桂華グループの動向を的はずれな方向に解釈して合点してしまうことになるのである。
企業家や投資家といった存在は儲けること利益をあげること会社を成長させることを当然のこととして考えている。だから、絶対に桂華院瑠奈の思考を理解はできないんですよね。
いずれにしても、桂華院瑠奈というファクターは野党、財閥、マスコミその他もろもろから邪魔者として認識され始める。自分達の手の届かないところで好き勝手する、イニシアチブを握ろうとする、コントロールが及ばない未知の存在、それでいて異常な影響力干渉力を持つナニモノか、となったらそりゃ排除対象として認識するのも当然か。
その中でも出来物たるものたちはその正体を見極めて首輪をつけて利用しよう、飼おうとするのだけれど、おとなしく首輪をつけられるようなタマではないんですよね、この小さな女王様は。スケールが、モノが違いすぎる。

一方で瑠奈という人物を正確に理解する人たちが現れても、そういった国家の重鎮たちは国の未来を守るために、この娘の崇高な自己犠牲を受け入れてしまう。正しく、この娘がこの国を救うだろうと認識するが故に。
瑠奈の絶対的な味方である橘や一条、藤堂といった面々も瑠奈の個人的な味方であるからこそ、根本的に自分の幸せを度外視している瑠奈の在り方は認めていないんですよね。瑠奈に忠実でありながら、彼女の見えない所で瑠奈の思惑や考えを飛び越えて彼女の幸せのために彼女の人生そのものを守るために暗躍している。

だから、本当の意味で桂華院瑠奈の在り方を全肯定してくれる存在というのは今の所いないんですよね。だから、瑠奈は本質的に孤独であり続けている。そして彼女は孤独であることを粛々と受け入れている。いつかその時が来たら、独りでひっそりと消えていくのだと思い定めているのだ、この女王様は。小学生のくせに、なんて寂しく誇り高い生き方をしているのだろう。
そんな自分という人間の終わりを常に見つめている瑠奈にとって、小学生である自分、子供である自分というのはもうモラトリアムに見えるのだ。
今回比較的、1巻のときよりも同級生のイケメン三人組、帝亜栄一、後藤光也、泉川裕次郎の三人との日常風景が多いんですよね。当たり前の小学生、というには三人も含めて特殊すぎるのだけど、彼らとの何気ない時間、一緒に遊び一緒に学び同じ目線から一緒にこの世界を見つめる時間を凄く大切に扱っている。でも、それらは現段階でもう想い出作りをしているようにも見えるんですよね。いつか独り寂しく消えていく時に唯一抱くことを許された財産として。懐かしく振り返る過去として、アルバムの中に仕舞い込むようにして、彼女はこの小学生としての時間を過ごしている。
それがどうにも物悲しく、切ない。

こうしてみると、桂華院瑠奈という存在をしっかりと理解した上で、だからこそ敢然と敵に回ることになるあのライオン宰相は、彼女のその在り方を全否定しようとする恋住さんは、瑠奈にとっても唯一無二の存在に思えるんですよね。
まあでも瑠奈さんてば、その行く道を止められるとそのまま破滅する所まで踏み入っちゃってる、ポイント・オブ・ノーリターンをとっくに通り過ぎてるとも言えるので、あの人は悪意はないはずなんだけど、瑠奈さまの破滅トリガーぽんぽん引いちゃう形になってるように見えるんだよなあ。
まあそれはまだもう少しだけ先の話。

小泉政権誕生の熱量、あれは当時を実際に体験していないと実感できないでしょうね。政治を取り巻く環境というのは、あの人を境に完全に変わってしまった、と言っていいでしょう。あの熱狂は忘れられない。
しかし、こうして振り返られると森政権のあのどうしようもなさは、本当にどうしようもなかったんだなあ。あれだけ酷いのもちょっと今となっては想像できないかもしれない。

あと、この世界線では渕上総理助かってるんですよね。小渕さんが急死したのは凄まじい衝撃だったもんなあ。療養のため政権は維持できなかったものの、早期に症状を発見できたことで生命が助かったのはほんと良かった。瑠奈にとっても泉川議員に並ぶ政界での味方ですしね。

この日本、四国に新幹線が通るぞ!! 鉄道事業って、信用そのものでもあるのか。なるほどなあ。
にしても各地の不採算路線を買いまくる鉄道女王・桂華院瑠奈! いや鉄道関係詳しくないのですけど、知ってる人からすると、あの鉄道が救済される! とか、あの路線が延びる! とか大興奮なんだろうな。

そして、金融破綻の次はサティ、そごう、ダイエーといったスーパーマーケット大手の大崩壊である。このあと、ゼネコンの大壊乱が待ち受けているとか、前巻のときもしみじみ呟きましたけど、これ全部吹っ飛んだ史実の日本、よく滅びなかったよなあ。

そして、最後の章のサブタイトルが「カサンドラのあがき」。
2001年、運命の日。9月11日へのカウントダウンが開始される。





亡びの国の征服者 3~魔王は世界を征服するようです~ ★★★★  



【亡びの国の征服者 3~魔王は世界を征服するようです~】  不手折家/toi8 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

隣国に迫る戦火。
少年が託された使命は――

家族の愛を知らぬまま命を落とし、異なる世界で新たな生を受けた少年ユーリ。
彼は騎士家の名家であるホウ家の跡取りとして入った騎士院で、王女のキャロルや魔女家の生まれであるミャロらとの交流を深めていた。
学業や訓練の傍ら、ホウ社での製紙業を成功させ、さらなる事業拡大を目論むユーリ。
全てが順風満帆かに見えたが、ユーリの目はやがて来たる祖国の亡びへと向いていた。
そして自分や大切な人々が生き残るための一手――“新大陸の発見"を目指し、ユーリは遠大な計画を推し進める。
そんな中、隣国であるキルヒナ王国に“もう一つの人類"であるクラ人の侵攻が迫っていた。
そしてユーリは女王から、隣国の戦争とキャロルに関わる一つの“厄介ごと"を頼まれることに……?
のちに「魔王」と呼ばれる男は、緩やかに、しかし確実にその運命を辿りつつあった――。
「小説家になろう」で話題の超本格戦記譚、戦火が忍び寄る第3幕!

これ、斗棋戦決勝戦の顛末はある意味象徴的なのかもしれない。
ホウ社の社長として、魔女家の強欲さ傲慢さと相対してきたユーリは魔女家のやり口というのを嫌というほどわかっている。だから、自分の名誉を投げ売っても相手と妥協できるラインを探るつもりでアプローチしていたにも関わらず、相手には全く伝わらなかった。
魔女家の卑しさと愚かさが、ユーリの想像を遥かに上回っていたわけだ。だからこそ、ユーリは利益調整のための妥協も融通も放り出して、文字通り正面から相手を叩き潰した。その程度の相手でしか無ったわけで、相手は魔女家の中でも劣悪な愚物にすぎなかったのは間違いない。
ただ、彼女が理由はどうあれユーリの想像を上回った、或いは下回ったのは確かだ。それは彼女が愚かだったから、とも言えるのだけれど、それ以上に品性の下劣さ、魂の腐敗からくるものなんですよね。そして、その魂の腐敗は有能さ無能さ関係なく、魔女家の宿痾だ。シヤルタ王国の7大魔女家のみならず隣国のキルヒナ王国の魔女家など、既に滅びたシャン人国家全体に跨る「魔女家」という存在、そこに属する者たちがもうどうしようもないくらい根から腐り始めている。
シャン人国家の成長を妨げ、社会の熟成を妨げ、今国どころか種をも滅ぼそうとしている。
それをユーリはわかっているようで、想像しきれていないのではないだろうか。図らずも、隣国への観戦武官として次代の国を担う若者たちを経験を深め箔をつけるために派遣しようという女王に対して、ユーリが抱いた危惧と重なるように。
でもそれは仕方のないことでもある。魂から腐った者の頭の中など、まともな人間なら想像だに出来ないからだ。どれほど賢明でも柔軟でも、いやだからこそ想像も予測も想定も出来ない。その腐敗に毒されなければ、その頭の中はどうやったって共有できないのだ。
ミャロも魔女家の出身だけれど、彼女はその意味ではどうしたって魔女家の人間とは言えないんですよね。
ミャロの両親の話を見ても、魔女家の女というのが本当にどうしようもないのがわかってしまう。
自分たちが幸いを得るためならば、何をしてもいいと考えているような奴ら。そのためなら罪悪感も抱かず、他人を虐げ陥れ不利益を見舞うことを当たり前と考え疑いもしない奴ら。逆に自分がそれをやられることをどうしても許せない奴ら。目先の幸いに飛びつき、その結果どうなるかなど何も考えていない視野狭窄した連中。それが魔女家というものだ。
ミャロもユーリも、それをちゃんと頭では理解しているし、実に現実的な対処、対策をとっていると言える。でも、本心から理解できない存在を、本当の意味で想像する事はどうしたって出来ないんですよ。
斗棋戦決勝でのユーリの小さな失敗は、ユーリ自身備えをして対策もしていたことから思惑違いにも当たらない範疇でしたでしょうし、それも相手の度し難い愚かさから生じた錯誤であって、取るに足らないものだと捉えていたのではないでしょうか。
どれほど悪どくても、悪どく狡猾だからこそ、有能辣腕の魔女家とは既得権益者ではあるものの、だからこそ話し合える、利害調整が出来る、と考えていたのではないでしょうか。
でも、こればっかりはどうしようもないもんな。想像だに出来ないことに、どう対処すればいいのか。決して、ユーリの甘さが招くことではないと思うんですよね、先のことは。
だからこそ、斗棋戦決勝の件は象徴的とも言えるのではないでしょうか。

さても、ユーリが運営する事業は、半ば大博打に近かった船舶による貿易の成功によって莫大な利益を得て巨大な商業力を持ち始める。キャロルの親友という王家に近い立場と有数の将家の嫡男という立場は、既存の勢力を脅かす新たなパワーと成り得る所まで来てしまっているのですが、ユーリの頭の中では既にシヤルタ王国の未来は非常に危ういものになっている。
クラ人国家の連合が着々と侵攻を続けて、今隣国を崩壊させようとしているとき、この国はもう持たないと思っている。彼が事業を大きくしようとしているのは、将来国が滅びる時に親しい者たちを別の大陸に逃がすため、という確固とした目的があるわけですけれど、国家の寄生虫である魔女家には国が滅びる、今のこの社会が消えてなくなるなんて想像も出来ない、今まさに隣の国が崩壊しようとしている最中にも関わらず。だから、メキメキと勢力を拡大するユーリの事業について、本来なら訳のわからない方向から危険視していっている。その錯誤が、致命的になるその運命の一歩が、このキルヒナへの観戦武官としてのユーリやキャロルたちの派遣になるわけだ。
正確には、その際に起こってしまった出来事により生じるものが、なんだけれど……。

16歳から18歳という一番の青春を過ごす時代。傍目よりもむしろ心中でこそ斜に構えすぎてるユーリだけど、傍から見るとこれ恋愛に対して潔癖、なのかしら。ドッラ相手に下世話な話していてキャロルからキレられるあたり、決してそんな事もないと思うのだけれど。あんまり現状では興味がない、という風に見るべきなのか。でも、彼の心中での皮肉屋めいた物言いってのは、どちらかというと偽悪的なものだとも思うんですよね。自分はまあこんなやつだ、というユーリの自分自身への思いから来ているような物言いであって、果たして他人の目からみるとどうなのか、て話ですよね。
ミャロは随分とキレイに見すぎている気もするけれど、彼の誠実さと情の厚さは、当人が思っている以上のものがあり、彼と親しくしている者たちはそれを快くも重く受け止めているようにも思う。
実際、人望はかなり厚いと思うんですよね。
なので、ユーリは自分自身が思っている以上にキャロルの事も大事に想っている。
それが一番わかってそうなのが、ミャロなのがなんともはや。彼女はそれをしっかり受け止めているようだけれど、それこそが彼女の献身性だよなあ。健気すぎるくらい、というのはユーリも危惧するところだけれど。その態度は親友というよりも相棒と言うよりも信奉者に近いところがあるんですよね。
だからこそ、まあミャロとキャロルが今、親友として胸筋を開くような関係、ミャロが自分の両親のことを、自分の在り方そのものをキャロルに打ち明けるような関係になっている、というのは感慨深いものがあります。本当の意味で自分の全部をさらけ出しあって打ち明け合うような関係ではないですけれど、そんな全部繋がってしまったような関係というのは、いざという時雁字搦めになって動けなくなる所もあるだけに、嘘も思惑も孕んでいるからこそ相手のために動ける関係というのは、それはそれで親友同士と言って過言ではないのではないでしょうか。
この関係だからこそ、ミャロはユーリよりも何よりもキャロルの意思を優先する決断を取れることになるわけですから。


というわけで、着々と近づいてきた戦争の影に、自ら踏み込む羽目になったユーリたち。
この世の地獄を垣間見る、その時はもう間近。



フシノカミ 4 ~辺境から始める文明再生記~ ★★★★   



【フシノカミ 4 ~辺境から始める文明再生記~】  雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

『古代文明の伝説にあるような便利で豊かな生活』を今世に取り戻すため、領都イツツに留学したアッシュは二年間の軍子会を修了。
新設された部署・領地改革推進室に配属されたアッシュは、生活水準をより良くするために日々励んでいた。
そんな彼のもとに持ち込まれた新たな問題は、『村の救済』。同じ部署に所属する侍女・レンゲの幼馴染みが住まうアジョル村が滅びの危機に瀕しているという。
アッシュとマイカが率いる視察遠征隊を待っていたのは、荒れた畑に、痩せ細った村人たち。
限界を迎えた村を救済する唯一の方法は、禁忌とされてきた畜糞堆肥による農法で……?
さらに、追い打ちをかけるように凶報が届く。
それは、アジョル村を襲うもう一つの脅威、魔物・トレント襲来の知らせだった――。
絶対的な脅威を前に、アッシュたちは村人を救う決意を固める――!


思えばこれまでのアッシュの凄まじいバイタリティの原動力というのは、理不尽を強いて最低限の生存すらも難しくしてしまう衰退した文明、生きることすらままならない環境への怒りだったように思う。
アッシュくんはいつだってニコニコとしていて、感情的にならずに声を荒げる事すらない非常に温厚な性格の子に見えるけれど、もしかしたら彼はいつだって怒りの炎をたぎらせていたのかもしれない。
これまで、その怒りというのは環境そのものに向いていて、その環境を改善するために彼は突っ走ってきたわけです。彼の周りの人たちというのは、言わば同志でした。理解者であり協力者であり共犯者であり、彼の怒りを共有してくれる人たちだったと言えます。彼らは賢明で聡明で、現時点で未熟で理解が乏しくても、それを克服しようという意思がありました。それどころか、時として暴走するアッシュを導いてくれる人たちでもありました。
アッシュにとっては、理想的な人々だったと言えるでしょう。
でも今回、アッシュが志すものとは正反対の、逆の方向を向いた人たちが現れました。意欲ある人たちの邪魔をし、理不尽を退けようという意思を罵り、貴重なリソースを食いつぶして、人の善意を好意を優しさを踏みにじり、弱者という立場にかまけて視野狭く自分の周りだけで利益を確保しようとし既得権益にしがみつこうとする寄生虫。その卑しさによって、人の心を傷つけ、社会を行き詰まらせる輩たち。
アッシュくんが環境という不特定のものではなく、誰か、或いは特定の集団に対してこれだけ怒りを抱いたのは初めてだったんじゃないでしょうか。
でもこの子の怒りは、激高とか声を荒げたりとかわかりやすい形では現れないんですよね。エンジンにハイオク燃料打ち込んでニトロ点火してアクセルペダルを全開に踏み込んでしまう、という形で現れるのである。
火がつく、という表現では収まらない、ブレーキが壊れたような自分でも止められない暴走ブルドーザーの発進である。怒涛の津波のように企画計画が立案され周りを巻き込みまくり、最終決着点までノンストップで大計画が動き始めるのである。
良いだろう、そんなに助けて欲しかったら助けてやろう。お前たちの望むとおりに手を差し伸べ、至れり尽くせりで助けてやろう。ただし、助かりたかったら覚悟しろ。徹底的に覚悟しろ。完璧なまでに行き届いた配慮で行き届かせてやろう、完全なサポートで尽くし尽くしてやろう。
結果としてこの世の地獄を味わうことになるだろうが、そっちが望んだことなんだから構わないですよね?

全ては、一つの村を救うためなのだ。
ほら、よく言うじゃないですか。
地獄への道は善意で舗装されている、と。
私の決意も、人助けが目的なんだから立派な善意だよ。
さあ、みんなで地獄へと突撃しよう。


阿鼻叫喚の地獄絵図のはじまりである。

本来、地獄への道は善意で舗装されている、という格言って、善意で色々とやってあげたら結果として地獄のようになってしまった、という無自覚の酷いありさまを言うと思うのだけれど、このことわざを自覚的に使う奴ははじめてみましたよ。
本気で善意だけで、意図的に地獄を作り出そうという奴をはじめてみましたよ。
主人公なんですけどね、そいつ。
善意だから仕方ない、善意だからオッケオッケー、大丈夫大丈夫、みんなが幸せになれるなら、ちょっと地獄を体験するくらい大したこと無いよね♪の精神である。
どれほど抵抗しても、反発しても、彼は声を荒らげないし理不尽に振り切ったりしない。懇切丁寧に慇懃にわかりやすく誤解しようがないくらい噛み砕いて、言って聞かせるのである。ニコニコと笑顔を崩さないまま、穏やかな声音のまま、理性的に論理的に有無を言わせぬほど筋の通った言葉で、正論で……ずたずたに八つ裂きにしていくのだ。
怖いよ!
こんなに笑顔が怖い主人公、丁寧な物言いが怖い主人公、滅多と居ねえですよ!
態度も言い分にも理不尽なところが一つもないところが逆に怖い!

今回は、これまで周りの人が危惧していたアッシュくんの一番ヤバい側面が噴出してしまった回だったんじゃないでしょうか。
ただ、それを暴走やダメな行為として制止するのではなく、劇薬を薄めて誰でも安全に飲めるけど効果も薄くなってしまう薬とするのでなく、敢えて劇薬を劇薬のままで、劇症を起こしだした劇物に恐れおののきながら、逃げず引かず心中覚悟で乗っかったマイカは、大いなる決断決意覚悟でした。
最大の理解者であるマイカだからこそ、アッシュを盲信はしていないんですよね。アッシュくんだから大丈夫、と根拠なく信じているわけじゃない。彼の危険性を一番把握しているのが、アッシュを引き立てたマイカの母であり、今のマイカでしょう。
最悪、どれだけの惨劇が起こり、アッシュ自身も酷いことになるか、正確に思い描くことが出来るのが彼女らでしょう。
その予測に恐怖しながらも、一度はアッシュを制止しなくてはと思い定めながらも、マイカは敢えてアッシュを止めるのではなく、逸りに逸っている彼のやりたいようにさせようと決断します。それが自分たちの破滅に繋がるのだとしても、死なばもろとも。彼の破滅に、最後まで付き合う覚悟を。本当の意味で心中する覚悟を決めるんですね。
最近のマイカさんなら、アッシュを制御することは叶ったでしょう。脳筋だった頃から見違えて、政治力知力ともに最上級のものを備えた彼女。唯一、アッシュをコントロールしてのける女。そんなマイカが、敢えて制御を放り捨てたのである。一緒に、地獄を見ることにしたのである。
アッシュという化け物が、全力で大暴れするのを許し認め、自分もまたそれを全力で手伝うのだと、一緒にやるのだと、決めたのだ。アッシュという存在からひとかけらも削り取らず、抑え込まず、文明を再生するという大偉業に挑めるだけの器を、彼女は保ってみせたのである。これからも保ち続けるのだと決めたのである。
この瞬間、マイカは、もうアッシュの背中を追いかけるだけの存在ではなくなったのでしょう。本当の意味で、アッシュの隣に並び立ったのです。

ついに、追いついた。


しかし、こんな二人に他の人たちが置いてけぼりにされる、というわけではなく、みんな必死についてってるんですよね。今回の主役の一人とも言えたグレンくんもその一人。
彼を見てもわかるように、アッシュに対してみんな信者、というふうな信じ方をしてるわけじゃないんですよね。信仰ではなく、皆が理解者なのだ。彼がやろうとしていることにあっけに取られながらも、ちゃんと理解しようと努力して、聞いて見て噛み締めて飲み込んで、自分のものにしている。
こういう人たちに囲まれている、というのはアッシュくんほんと恵まれていると思います。彼自身、痛感していらっしゃいますけど。良き人と巡り合うという意味で、彼は運に恵まれている。マイカさんだけでもSSRなんですけどね。上司の領主代行のイツキさまが、ほんと理想の上司だもんなあ。

そろそろ、王都の方の話にもなってくるのかな。イツキ様の父親の辺境伯がちらほらと登場フラグ立てて来ていますし。王都は、それこそ話の通じない連中の巣窟みたいですし、さてアッシュの豪腕がどう唸ることになるのか。どんなひでえことになってしまうのか、色んな意味で楽しみです。




フシノカミ 3〜辺境から始める文明再生記〜 ★★★★   



【フシノカミ 3〜辺境から始める文明再生記〜】 雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

失われし航空技術を取り戻す!

『古代文明の伝説にあるような便利で豊かな生活』を今世に取り戻すため、領都イツツに留学したアッシュは、堆肥とトマトの食用化問題に一区切りをつけていた。
さらに、人狼との戦いで負った傷も癒え、アッシュは再び都市全体の生活水準向上を目指す。
そのさなか、アッシュが所属する軍子会では、少年ヘルメスの夢が嗤われていた。騒ぎの原因は、ヘルメスが手にしていた歪で不格好で――
しかし、精緻な細工物。それは、紛れもない航空機の模型だった。
自動車どころか内燃機関すら存在せず、絶対に空を飛べないと口々に嗤われる中で、ヘルメスはただ一人、諦めることなく空飛ぶことを夢見ていた。
空へ思いを馳せるヘルメスに感銘を受けたアッシュは、彼を嗤う人を見返すため、そして自身の夢のためにも、ヘルメスとともに航空技術の再現に挑む――!
理想の暮らしを手にするため、世界に変革をもたらす少年の軌跡を紡いだ文明復旧譚、第三幕!

さらっと触れられているだけでまだ突っ込んだ問題にまで取り上げられてはいないけれど、地下資源の類が古代文明時代にほとんど取り尽くされてしまっているのではないか、という推論はこれアッシュの高度な文明水準を取り戻すという目標に相当な障害になっていまうのではないだろうか、これ。石炭や石油などの燃料資源もそうだけど、鉱石のたぐいも殆どないとなると、なるほどなあ。石材が重要視されるのも無理ないのか。
ともあれまずは一歩一歩……その一歩の幅がやたら大きくて超大型人型決戦兵器並の一歩な気がするし、歩く速度も競歩だろうそれ、という速度なのだけれど、それでも一歩一歩、ちゃんと足場を確かめ固めつつ進めるアッシュ。まずは煉瓦関係を進めようとしていた所に、独自に航空機の研究を行いこの時代に古代文明時代の伝説であり実在すら疑われていた飛行機械の再生を目指すヘルメスと出会い、彼を応援するためにまず人の手で空を飛ぶ飛行機模型を作成することに。
目に見える形での伝説の再現。そして、同世代の同じ古代文明の再現を目指す同志を仲間に加え、様々な分野の人の協力を仰ぐことで、領都全体が新たな時代へとステージを進めることへの熱量、機運が盛り上がっていく。
アーサーにもアッシュが強調して言っていたことだけれど、彼は本当に何でも一人でやっているようで、協力者を見つけること、手伝ってくれる人を集めることをいとわないどころか、むしろそれを重視しているんですよね。自分の目指す夢が、決して一人では出来ないことを知っているのである。
この何もかも乏しく足りなく生きるだけで精一杯な時代に、ただ生きること以外の事にかまける事、夢を見て夢を追いかける事がどれだけ難しいか、彼自身ユイカさんの読書会に招かれるまで死んだようにこの時代を生きていたからこそ、身に沁みて分かっているから。
無力感も絶望も諦観も、ずっとずっと抱えていたからこそ、その苦しさ辛さ、悔しさを知っている。
だから、彼は夢追い人であると同時に自分と同じように、夢を追おうとして挫折しようとしている人、理不尽に膝を屈しようとしている人、無理解に悔し涙を流している人に、手を差し伸べる事を惜しまない。そこでうつむいている人たちは、かつての自分だからこそ。
そして、そんな夢追い人たちは皆総じて、アッシュが抱く夢の助けになる人だからこそ、彼は人情と打算を全開にして、全力で彼らを自分の夢に巻き込んでいくのである。
それも、無責任に巻き込むのではなく、アフターケアまでびっしり揃えた上で万全の体制を用意した上で、なので居たせり尽くせりである。それに、一方的じゃないんですよね。何も考えずに自分について来い、という牽引型でもない。
自分で考え、自分で立ち、自分で歩き、その上で自分を助けてくれたら嬉しいな、と後ろではなく横に立って一緒に歩いてくれる人に惜しみない笑顔を向けるのだ。
だいたい、その笑顔にやられるのである、どいつもこいつも。
だから、誰も彼も手を尽くしてアッシュに協力するけれど、それはアッシュの案件という他人事じゃないんですよね。みんな、自分のこと、自分がやりたいこと、自分がやりがいを感じていること、自分が成し遂げたいこと、自分がたどり着きたいこと、そんな風に自分のことだと胸に抱いて、志して、アッシュを手伝うのである。だから、みんな笑顔なのだ。充実した顔をしているのだ。楽しそうに、ウキウキと、目の前に積み上がっていく課題だの問題だのに悲鳴をあげながらも、そこに挑んでいくのだ。
領都イツツそのものが、明るい笑顔で溢れていく。

しかし、アッシュ論については今回の領主代行のイツキ様の見解が実にわかりやすく簡潔で納得の行くものでしたね。起承転結ぜんぶアッシュが担っていると。アッシュが問題を起こし、アッシュが問題を承り、アッシュが問題を転がして、アッシュが問題を解決している。ある程度その問題が周知され例えばイツキの元にまで報告が上がってくる頃には、もう問題は完結してしまっているわけだ。だから、信頼できる部下たちからは、問題ありません、という報告しか来ない。もう意味不明の混沌としか言いようがないわけわからない出来事があったにも関わらず、だ。
なんかもうドッタンバッタン大騒ぎで目が回りそうな大事に振り回されたはずなのに、なんかもう何事もなかったかのように安定して落ち着いた結果が一緒についてきて、なんかもうナニゴトー!? と目を白黒させるしかないんですよね。
イツキ様が毎度、報告を聞く度に「ひらがな」でしか喋らなくなるのも、うんわかるわかる。
これだけなら、トラブルメーカーという事でアッシュの事はちょっとコイツどうなの? と成果をいくら上げたってドン引きしてしまう所もあるのだけれど、同時にこの少年は粋と侠気を兼ね備えた気持ちのいい男でもあるんですよね。
この少年がアーサーの事を実は最初から察していて、でも何も聞かず問わず受け入れてくれていた事。そして今、アーサーのもとの危機が訪れようとしているときにも、何も聞かずあの子の事を助けようとしてくれている事、そしてそれをイツキにも知らせて安心させようとしてくれたのに気づいた時の、あのイツキさまの感動は、この少年の心意気への痺れるような感慨は、読者である自分のそれでもありました。
アーサー自身へのアッシュの言葉も、この娘が感じていた負い目を全部無しにして、前を向かせてくれる事で、この娘が必要としていた言葉や思い、全部満たしてくれたものだったんですよね。アッシュに語らせたイツキさま、グッドジョブである。
んでもって、アーサーの女の子としての部分、恋する少女としての気持ちまでは今のアッシュは受け止められないものだったけれど、それをきちんと整理して封じさせてしまわず大切に宝箱にしまわせたのがマイカだった、というのが……色んな意味でマイカはアッシュのパートナーだよなあ、と思わせてくれました。アッシュじゃどうしても出来ないことを、マイカが全部フォローしてくれるのですから。
この幼馴染、最初はそこまで出来なかったのにねえ。領都に来てからマイカは、本当に努力してアッシュをどんな風に助けられるかを考えて考えて、自分の成長する方向を完全にしてみせたんですよねえ。その方向性が、母親のユイカさんそっくりだった、というのは実に面白いところでありますけれど。
あのアッシュを見事にコントロールして、同時に彼が欲したものをあらゆる手を尽くして用意してみせた手腕は、本気で領主位引き継いでも不思議でないくらいのクオリティに、既に現状で至りつつあるんですよねえ。この娘、本気で自分をアッシュに釣り合うまでの高みに駆け上がるつもりだ。

恩師でもあるフォルケ神官が王都に戻り、アーサーもまた王都へと帰ったことで、次回以降王都関連の話になってきそうな予感。この領都イツツはいる人みんなイイ人で、同時に有能で聡く気持ちの良い人たちばかりだったので、楽しかったのだけれど、さていつまでここを舞台に遊んでいられるのか。マイカは、どこまでもついていけるのか。なんにせよ、どうやったってアッシュの行く所大騒ぎになるわけですから、ある意味安心して楽しみに出来ます。



現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 1 ★★★★☆   



【現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 1】 二日市とふろう/ 景 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

「北海道開拓銀行を買収するわ」

2008年9月15日、リーマンショック勃発。
ある女性もまた時代の敗者となり――現代を舞台にした乙女ゲームの悪役令嬢・桂華院瑠奈に転生!?
時はバブル崩壊後の金融機関連鎖破綻前。
少し違う歴史を歩んだ世界で過ごす瑠奈は、大学進学に悩むメイドをきっかけに桂華グループの財政状況を知る。
このままでは破滅の一途を辿るばかり。
身内を救うべく執事の橘と向かった極東銀行で一条支店長を巻き込み、瑠奈は前世の知識を元にハイテク関連の投資を行う。
そうして得た莫大な利益で、これからの生活に安堵したのもつかの間――。
「助けてください。お嬢様」
北海道開拓銀行に勤める銀行員の土下座から訪れた日本経済最大の試練――不良債権による連鎖破綻の悪夢が襲いかかる。
「ならば、手は一つしかないわ」
報われないかつての『時代』の流れに抗うため、瑠奈が打つ起死回生の一手とは……!?
「小説家になろう」発、現代悪役令嬢日本再生譚!

ライトノベルの皮を被った歴史のIFを辿る架空戦記、ここに爆誕!
いやまさか、書籍化なるにしてもオーバーラップから出なさるとは思わなんだ。あらすじ読んでご覧なさいよ、冒頭から最後までそこらのライトノベル、悪役令嬢もののあらすじとは書いてある事が全然違うから。少なくとも、リーマンショックとか金融破綻とかの単語を悪役令嬢もので聞いた事はなかったなあ。
所謂ところの内政モノの一種でありますが、それを現代日本でやってやろうという途方も無い挑戦。異世界じゃないですよ? 歴史の彼方にある中世じゃないんですよ?
戦国時代でも幕末でも日露戦争でもない、第一次世界大戦でも第二次世界大戦でも戦後昭和の時代ですらない。
平成! 平成です! あのバブル崩壊後の失われた20年を舞台にした、これは政経シミュレーションノベルなのです。出来るのか、そんな事!? 現代を舞台に政経架空戦記なんか出来るのか!? と、本作がウェブ上ではじまった時には目を疑ったものです。
何しろ、情報が桁違いに多い。ある程度、パターンが構築され資料が集約され評価が固まりだしている戦国時代やWW兇里修譴箸呂錣韻違う。正直、今まで自分たちが生きて歩いてきた平成という時代を、自分たちは正確に把握しているのだろうか。あの時、あの時代、平成のあの頃、何が起こっていたのかすら、知らないし分かっちゃいない。でも、そういうものでしょう? だって、まだ平成は自分たちにとって「歴史」ではなく、「過去」だったのですから。
それがひっくり返されるわけですよ。過去が改変されるのです。それを、この作品で、この物語で目の当たりにしてしまった衝撃、今なお忘れられません。
知らなかった、過去になった時間はもういつだって「歴史」足り得るのです。

本作を手掛ける「二日市とふろう」さん。これはデビューを期に定めた新しいペンネームで、以前は「北部九州在住」を名乗ってウェブ上に作品を発表している方でした。この名前ならご存じの方も少なくないでしょう。
戦国系架空戦記の傑作中の傑作【大友の姫巫女】の作者さんです。この作品、鎌倉時代から続く九州地方の地縁血縁の闇を描いたり、日本の戦国時代を世界史の中での重要な地域と位置づけて描いた先駆の一つだったり、と他の戦国モノと一線を画する要素は多々あるのですが、特に印象的だったのが経済感、戦国時代の中で金融というものを極めて大きな要素として描いていた点だったんですね。実際の合戦の裏で債権が飛び交う仕手戦を描いてみせた人はこの人しか知りません。
思えば、この頃から既にこの作者さんのワザマエはここにあったんですなあ。「銭」に対する価値観が普通の人とまるで違っていた。
それがそのまま、膨大博識な現代の経済史・金融史・政治史へと繋がり、この現代日本、ひいては世界経済と国際政治が激動する時代の流れに挑むこの作品へとたどり着くに至ったのだ。

ちなみに、この物語の舞台となる「世界」はちょっと本来の史実と流れが変わっております。WW兇任硫そ戦線ノルマンディー上陸戦が失敗に終わったことで、バタフライエフェクトが起こり、日本は史実のイタリアさながらに「降伏」し、世界大戦最終盤に連合国側へと鞍替え。その後のバタバタで華族制度がしぶとく残り、財閥解体はなされず、樺太を首都にした東側国家として北日本共和国が分裂立国。朝鮮戦争ならぬ満州戦争が勃発、と紆余曲折をたどり、近年北日本の崩壊によって統一がなされたものの、北日本の経済難民が流れ込み、ロシアと繋がったアングラマネーが政財界に食い込み、と北の負の遺産が今なお日本を蝕む状況。
主人公である桂華院瑠奈もまたロシアの血を引き、華族制度と北側との闇によって実父が不慮の死を遂げ、というその生まれから闇を抱えた存在。その生まれの業、蒼き血の呪縛は自力で金と地盤を確立した彼女をなおも長く苛み続けることになるのですが、この一巻ではまだそれも入り口くらいまで。うん、これで入り口くらいまで。
彼女の生まれに纏わる業は、もう少し彼女が成長してから本格的に襲ってくることになるので、まだ幼稚舎から小学生に入学、という頃はそこまでは、そこまでは。
誘拐、とかそれ関係でされかかったりもしていますが。
そして、小学生にしてこの娘、数千億のマネーを右に左にと動かしまくっているのですが。
でも、桂華院瑠奈のアイデンティティというのがまた壮絶にしてかっこいいんですよね。彼女は金の亡者ではない。金銭欲や権力欲とは程遠い存在である。でも、彼女の前世の記憶にある、時代の流れという個人では抗いようのない暴力によって儚く押しつぶされた、人生を破滅させられた敗北者、敗残者としての記憶が、悔しさが、理不尽に対する怒りが、彼女の原動力なのだ。
自分ひとりの復讐ではなく、かつて自分と同じように時代の流れに無慈悲に、誰にも助けられる事無く潰されていった無数の人々。そう、みんな自分と一緒、かつての自分と同じ。
自分ひとりが勝ち上がっても、それは果たして勝利なのだろうか。自分を踏み躙ったモノ、時代そのものに対する勝利なのか。
自分の遠縁に当たる女性で、自分を支えるメイドさん、その息子が。コネを嫌って自分の力で努力し就職した銀行で頑張った末に、母のコネを頼りに破綻を免れるために小学生にもならない自分のような小娘に土下座して、助けを求める青年の姿に。かつての自分の惨めな最期を幻視して。
彼女は、瑠奈は怒りに奮い立つのだ。この人はかつての自分だ。時代に破れたかつての自分だ。努力しても報われない社会を生み出した時代の流れに、彼女は怒るのだ。
悪役令嬢として、正しく主人公に破れて破滅する。それは幾らでも受け入れよう。でも、こんな光景を見たくて悪役令嬢の役を引き受けたんじゃない。
「私が負けるのは主人公だけだ!」
「時代なんてどうしようもないものに負けたくない!」

かくして彼女は立ち上がる。かつての自分たちを救うため。
日本経済を救うため。

「北海道開拓銀行を買収するわ」

このフレーズを、この台詞をこの作品の代名詞として抽出したのは、文句なしにスマッシュヒットだと思う。この作品、この物語の肝を、実に的確に捉えたからこそのセレクションだったと思う。
まさにここから、小さな女王・桂華院瑠奈の戦いははじまったのだから。


しかし、あの悪夢の金融機関連鎖破綻で一番有名というか、マスメディアでも名前が取りざたされ飛び交ったのは山一證券だと思うんだけど。門外漢で特にそっちに関心があったわけでもない自分でも山一證券を巡る一連の報道は印象に強く残ってますし。
いや、本作では「一山証券」ってなってますけどね。
その不良債権の額が2600億円なのに対して、北海道拓殖銀行……本作では北海道開拓銀行、はその額なんと2兆3000億円。
……これ、破裂したんでしょ? したんですよ。そりゃ、北海道頓死するわ。
というか、本作においてさえこれって序の口、はじまりに過ぎないんですよね。
このあとも、これでもかこれでもか、と様々な金融機関、大企業の不良債権問題が持ち上がり、それを瑠奈さまが快刀乱麻、というには色々と泥臭かったりもするのですけれど、片っ端から片付け、救済し、合併し、とやっていくわけですけれど。やってもやっても、全然なくならないんですよ。幾らでも出てくる、まだまだ出てくる。
これ、本作では瑠奈さまがなんとか辛うじてセーフティゾーンに蹴り込んでいるんですけど、史実においてはこれらの爆弾、全部炸裂したんですよね。全部、イッちゃったんですよね……。

……むしろ、なんで日本まだ生き残ってんの?
と、言いたくなるんですけど。いやマジでこれ、読めば読むほど青ざめていくというか、日本失われて当然と言いたくなるというか、そりゃ大蔵省がなくなるよね。
ここから日本のみならず、アジア通貨危機にロシア金融危機に、と世界経済そのものがつんのめり出すわけで。うん、こと現代においては経済は一国で完結しているものではなく、密接に世界中と繋がっているわけで、日本経済にこれだけ深くコミットすれば、必然的に世界と、アメリカとも関わることになる。当然、官庁は黙ってみていないし、生き馬の目を抜く政治家たちもこれを見逃さない。
政治の季節の到来であり、謀略の糸も絡みだす。
尤も、良いように振る舞わされるお嬢様ではなく、むしろ何を相手にしようと主導権を握り続ける彼女が「小さな女王」と呼ばれるのは必然だったのでしょう。
当代の政治家たちが絡みだすことでまた、面白くなってくるんですよねえ。後に彼女の最大の壁となる政界のトリックスター、恋住総一郎。末尾にて満を持しての登場である。
その前に、渕上さんが登場するのですけど、この人も見逃せないんだよなあ。平成オジサン。

ちなみに、さすがに舞台となる時代が近すぎるせいか、登場する人物にしても企業にしても、本来のそれからは名前変えられています。でも人名の方は大体見たらわかるようになっていますし、企業の方もマメに本社の所在地とか一緒に描写されているので、それも踏まえて検索すると大体すぐわかるようになってるんですよね、これ。岩崎財閥なんかは、わりとまんまでしょう。創業者の名前ですし。

個々のエピソードとしては、やはり資源調達部の藤堂社長と、図書館の魔女高宮晴香さんのお話が、人物の深みと人に歴史ありという味わいを感じさせてくれるもので、良かったなあ、と。
一発で終わらずに、度々同じ人でも違う角度から掘り下げてくれると、より人物に味が出るんですけどね。

平成時代の日本を舞台にした日本経済再生譚。当時を詳しく知らなくても経済だの政治だのに興味がなくても、瑠奈お嬢様を起点とする数千億、兆にも至る金が飛び交い、国際情勢の闇がせめぎ合う、あまりにもダイナミックで、想像の範疇を越えていく展開は、手に汗握る熱量でワクワクが止まらなくなるでしょう。
失われたはずの可能性が、小さな少女の手によって掬われ取り戻されていく怒涛の展開は、胸をすく痛快さでしょう。
魑魅魍魎が跋扈する政界、財界、官界と真っ向から対峙する火花飛び散る駆け引きは、痺れることこの上なし。

さあお読みあれ、ここにはあり得ざる平成日本が顕在している。とびっきりの面白さだ!



PS:一巻発売記念SSが特設サイトにて公開されているようです。これもまた一人の女性の人生を通じて時代の流れを感じさせる情緒的なお話で、染み入りました。


フシノカミ 2〜辺境から始める文明再生記〜 ★★★★   



【フシノカミ 2〜辺境から始める文明再生記〜】 雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

前世の記憶らしきものを持つ少年・アッシュは、『古代文明の伝説にあるような便利で豊かな生活』を今世に取り戻そうと寒村で奮闘していた。
その成果によって村の発展に貢献したアッシュは、都会である領都イツツへの留学の権利を手にする。
まだ見ぬ神殿の数多の蔵書へと思いを馳せるアッシュを迎え入れたのは、領主代行の好青年・イツキと、その弟を称する男装少女・アーサー――だけではない。
期待を下回る水準の技術力に、不足気味な資源など、山積した問題たちだった!
アッシュは、共に留学してきた村長家の一人娘・マイカに加え、アーサーすらも巻き込んで、危険とされる堆肥の利用、さらには毒とされている作物の食用化へと乗り出し、食糧事情の改善、ひいては都市全体の生活水準向上を目指していく!
しかし、そんなアッシュたちに、人類衰退の原因である“魔物"の足音が迫っていて――!?
理想の暮らしを手にするため、世界に変革をもたらす少年の軌跡を紡いだ文明復旧譚、第二幕!

リソースが極めて限られていた辺境地域のさらに開拓地の農村部という寒村を、見事に活性化させてみせたアッシュ。その功績もあって、村長家の娘にしてサキュラ辺境伯の領主家の血筋でもあるマイカの領都イツツへの留学に同行する事になるわけだが、ノスキュラ村とはキャパシティが段違いな都市部が舞台、となればアッシュもやれる事が全然違ってくるわけだ。
あれもこれも、とやりたいことが山程頭の中で唸っているにも関わらず、今まではどうしたって実現に至るまでの手段がなかった。技術も技術を生み出すための体制も、社会システムそのものも、それらを実行する教育を受けた人材も。
領都と言っても辺境部の都市なだけあって、決してアッシュの満足できる文明レベルではなかったものの、やはり村とは設備やら人材の層やらが全然違うんですよね。
とは言え、アッシュはマイカの母にして領主家の長女でもあるユイカさんの推薦があったものの、身の上はただの農民。ユイカさんの有能さをよく知っている彼女の弟にして領主代行のイツキさんや領主家の人間たちは十分以上にアッシュにも好意的ではあったんだけれど、それでも彼に対する認識は良識の範囲内であり、年の割には優秀、農民の割にはちゃんとしている、くらいの認識だったわけですよ、最初は。それでは、アッシュが目論んでいる文明向上計画なんて到底話も聞いて貰えない。
と、ここで一足飛びに無茶をしないのがアッシュである。この少年、わけの分からん勢いで皆を巻き込んで激走突進するわけだけれど、意外なほど段階を踏んで着実に物事を進めるんですよね。一歩一歩堅実に足場を固めて次の一歩へと進むのだ。その一歩がやたらと早いわ、歩幅が意味不明なほど広いわ、と巻き込まれた人たちが濁流に飲まれたみたいに正体をなくすはめになるのだけれど、それでも工程を見ると決して横紙破りとか不正とか独断専行はしないんですよね。
そこがまた彼の一番恐ろしいところでもある。
絶対に筋を通すんですよ、彼。関係各所に筋を通し、面通しをして、責任者各位にはちゃんと同意と協力を取り付けて、各種計画、稟議、プランにもちゃんと根拠となる前例や証拠資料を揃えた上で、ちゃんと許可を取り付けた上で計画を発動させる。
ここまでガッチリと正当な手段でゴーサインを貰ったなら、もう許可を出した方だって生半可なことでは計画を止められなくなる、というのをよく分かっているのだろう。
正当な手段、というのは遠回りに見えるかも知れないけれど、その強度においては途方もなくあらゆる横やりを跳ね飛ばす。一度始まってしまえば、用意には止められなくなる。つまるところ、変にショートカットしたり、勝手に物事を進めて既成事実化したり、という事をするよりも、何気に最短距離を突っ走ることになるのだ。そして、一度始まってしまえば、可能な範疇でやりたい放題行けるところまで突っ走れる。それこそ、許可を出したほうが想像もしていないレベルまで突っ走ってしまおうとも、何しろゴーサインは出ている訳だから止められる理由がなく、根拠がなく、手段がないわけだ。関係各所にもちゃんと協力を取り付けて、要となる人物も片っ端から懐に抱え込んでしまっているから、まず邪魔しようという勢力が存在しない。
アッシュくんがほとんどノンストップで周りの人達が目を白黒している間にわけの分からんスピードで物事を変革していけるのは、彼の前に障害がないからではなく、障害をぶっ壊しているわけでもなく、障害が障害足り得る前にそうでなくしてしまっているから、というのが一番近いのではないだろうか。
巻き込まれた人は大変だろうけれど、それが楽しくて仕方なくなるのは、最初彼のやることなすことに白目をむいて放心状態となりながら、いつの間にか同じように目をキラキラさせて、笑顔で彼のやることを手伝い、後押しし、自分の地位や能力の限りを尽くして喜んで彼に協力することからも明らかだろう。
楽しいのだ、アッシュと色々となにかやることは。大変だけれど、毎日がピカピカ輝いて、楽しくて仕方なくなるのだ。
あれほど鬱屈と憂いを抱えて日々を過ごしていたアーサーが、見違えるように明るくなったのはまさしくアッシュにアテられたからだろう。充実した日々が、この子にうつむいている暇を与えなかったのだ。前を向いてさえいれば、明るい光はいくらでも目に飛び込んでくる。見たこともない世界、いくらでもアッシュが見せてくれる。
しかし、光あれば影あり、勢いに邁進する彼についていけない人々はやはり一定数出てきてしまう。出る杭に我慢できなくなる層はどうしたって存在する。
アッシュは、理屈ではなく感情で突っかかってくるやつ、理不尽を押し付けてくるような相手は、眼中になく、無視しているけれど、そういった層が無視していればいなくなるわけじゃないんですよね。
強かなアッシュだから、決して油断しているわけじゃないし、理不尽を強要された場合やばい系の満面の笑みで裏から手を伸ばしてガッツリヤッてしまいそうな所あるけれど、まずもってそういう連中に邪魔させないことが最良ではあるんですよね。
そういう、アッシュの脇を突いてくるだろう勢力に対して、何気にマイカがアンテナを張り巡らせて警戒をビシビシ飛ばしているのがなかなか興味深いところでした。
都市部に入ってバージョンアップしたアッシュに対して、マイカも農村から都市部に一緒に出てきてアッシュのパートナーとして必要な部分をバージョンアップさせようとしている風なんですよね。
前回の熊に襲われた一件で、マイカは自分自身が強くなって騎士のようにアッシュを守るのだ、とユイカさんがドン引きするくらい夢中になって自分の役割を規定しようとしていましたけれど、今回人狼に襲われた件も相まって、直接的な武力を向上させてもいつも傍にアッシュが居て、彼を守っていなるシチュエーションでなければ、そうした力は意味をなさない、というのを思い知ってしまったわけです。今回、マイカはアッシュと同行してませんでしたからね。都市部での仕事の増大は必然的にアッシュをあっちこっちに走り回らせる羽目になり、マイカもマイカで色々とやることが増えて常に一緒に行動、という村での時みたいにはいかなくなりましたからね。
そんな異なる環境に置かれるようになった二人。それでもなお、自分がアッシュのために力を尽くすとしたら、彼の激走についていくには、彼の突進を助けるためにはどうしたら良いのか。
そうして、明らかに自分自身のスケール自体を格上げしようとしているマイカさん。自分ひとりでどうこうするのではなく、人の手を使い、立場を使い、彼に環境そのものを用意して、彼のもとに邪魔が入らないように手を尽くす。見ているステージ、立っているステージを階梯ごと上にあげないとたどり着けない結論へと至った彼女の、マイカの躍進が見事にアッシュから離れずについていっていて、この子もある種の化け物だよなあ、と思うのでした。
走っているスピードが、完全に周りの人と違うんですよね。アッシュと同じスピードで走ろうとしている。尤も、彼と深く関わることになった人たちは多かれ少なかれ、今まで歩いてきたスピードとは段違いの速度を要求され、本人も意図せずに突っ走りはじめているわけですけれど。
その点、理解者であるはずなのだけれどアッシュと常に接しているわけではない領主代行のイツキさんなんかは、アッシュを中心に加速していっている時代の速度に追いついていないどころか、加速そのものにまだよく気づいていない、というべきなのかもしれない。その辺のギャップは、マイカが一番よく理解してそう、というのも彼女がアッシュの脇を固め、或いは鎹となるだろう立ち位置に至る重要な要因なのかもしれません。何にせよ、アッシュ見ているのも面白いけど、マイカも同じくらい面白いなあ。アーサーはかなり色々と深い事情を抱えていて、重要人物かつヒロインとして食い込んできましたけれど、マイカも自力で同じ深度、同じ階位に自分から駆け上がってきた感があるんですよね。アーサーの正体が何であれ、マイカも対等のところまで自分であがってきそう。
うん、この怒涛怒涛の様々な登場人物を巻き込んでいく奔流の勢い、一巻に引き続きジェットコースターに乗っているみたいで、面白かったという以上に楽しかった!


亡びの国の征服者 2 ~魔王は世界を征服するようです~ ★★★★   



【亡びの国の征服者 2 ~魔王は世界を征服するようです~】 不手折家/ toi8 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

少年は歩む。
亡びを見据え、生きる道を――

家族の愛を知らぬまま死に、“もう一つの人類"の侵略に脅かされる王国で新たな生を受けた少年ユーリ。
彼は騎士家の名家であるホウ家の跡取り息子として、王女であるキャロルや魔女家の生まれであるミャロらと共に、騎士院での生活を送っていた。
そしてユーリは生まれて初めて、“もう一つの人類"――クラ人と出会う。
亡命してきた宗教者であり、クラ語講師であるイーサ。ユーリは彼女からクラ語を学びながら、「敵国」への理解を深めていくのだった。
数年の時が流れ、ある目的から学業の傍ら事業を興すことを決めたユーリ。前世の知識を元に植物紙の製品化を目指す彼は、協力者を得ながら試行錯誤を繰り返していく。しかし事業が成功した矢先、王都を裏で牛耳る魔女家の魔の手が迫り……!?
のちに「魔王」と呼ばれる男は、静かに、しかし確実に覇道を歩む――。
「小説家になろう」で話題の超本格戦記譚、待望の第2幕!
一巻では情報としては流れてきつつも、ユーリの実感としてはまだ得られていなかった騎士家と魔女家という両輪の上に王家が立っているというこの国の構造、その実態がこの王都では、この国を形作っているのか、どのように横たわっているのかを目の当たりにすることとなる。
また、遠い外国の話であったクラ人と呼ばれる異人種の侵攻によって、次々とシャン人の国家が滅ぼされていて、今その侵攻が隣国であるキルヒナ王国へと及ぼうとしている現実がユーリの前に突き付けられる。
もっとも、このクラ人たちの侵攻を自分事として危惧している者は王家や政治を担う魔女家を含めて殆どおらず、武官である騎士家ですら危機感を有しているとは言えないのだけど。
この段階で、既にクラ人の侵攻が避けられないこと、それどころか自国シヤルタもまた他のシャン人国家と同様にクラ人国家群によって亡ぼされるだろうと想定しているのはユーリだけなんですよね。
彼だけ、と言ってしまうのは極言かもしれないけれど、この国の要人たち、いや商人から一般庶民にいたるまではあまりにも長い間内向きにしか政治も武力闘争も行ってこなかったが為に、完全に国際感覚というものを失っているようなんですよね。その最たるがシャン人国家において文官系氏族を意味する魔女家と呼ばれるものたちで、シヤルタにもいくつかの魔女家が権勢を誇っているのだけどこれが完全に悪徳商人と腐敗官僚とヤクザを合体させたような存在で、国益を全く考えずに一族の益しか考えていない連中なんですね。国を富ますなんて全く考えていない、ただ家を栄えさせ、他家を蹴落とし陥れ、出る杭は片っ端から打ち込む事に躍起になっている国の癌であり寄生虫なのである。
その権益を守るためなら何でもするという姿勢は、非合法活動や謀略、暴力も厭わずこの国の健全な経済活動は魔女家によって妨げられている、と断言していいのだろう。発展や革新に至るだろう事業なんかも、片っ端から利益だけ吸い上げられて毟り取るだけ毟り取ったら後腐れないように徹底的に潰される、といった感じだし。
国そのものから活気が失われているように見えるのは、このせいなのだろう。
ユーリは、いくつか自分で商売を立ち上げることで、この魔女家というこの国に蔓延る悪徳と直接対決する事になる。とはいえ、真っ正直に正論振りかざして突撃するようなアホとは程遠い人種なんですよね、この少年。
まず、彼ら魔女家が口出しできないような制度を、王家を通じて構築し、権力を振りかざしての無体には、騎士家の名家であるホウ家の嫡男という立場を利用して振り払い、有形無形の嫌がらせは此方も武門の家らしく影に日向に叩き潰し、それでいて自分の商社を立ち上げた時には実家の紐付きになって変な方向から干渉を受けないように、自分の裁量に首を突っ込まれないようにホウ家には関与させないようにしてたりするんですよね。起業のための資金はほぼ自分で稼いだもので賄ってますし、人材の方も自分のツテで集めて回っている。
これに関しては、ホウ家を継いだユーリの父であるルークが、ユーリを信頼して好きなようにやらせてくれているから、というのも大きいんですよね。元々、ホウ家から一度は距離を置いていたからか、ホウ家至上主義なんて考えからは程遠い父親ですし、ホウ家を絡ませずに自分の権限でやりたいという息子に全然干渉してこない、というのはありがたいお父さんですよ。これで息子を放任しているのか、というといらんことを告げ口されて心配になって何をやってるのかを問いただしてきたり、というのはあるのだから、父親としてちゃんと息子のことは心配してくれていますし。それで、筋道立てて説明したらちゃんと理解してくれるんですから。
ユーリが醒めてるようで、この父親の事を滅茶苦茶尊敬しているのは、ルークが学生時代、騎士院をやめることになった事件の内実を聞いて、もう随分と昔のことなのにやたらと熱くなってその話を教えてくれた人に食ってかかってしまった事からも何となくわかるんですよね。よほど好きで尊敬してなかったら、そんな過去話で熱くならないですよ。
ともあれ、ユーリは学業の方はとっとと単位取れるところは取ってしまって、暇だからと商売はじめて自分の知識の中から使えるものをどんどんと利用して、商社を立ち上げて資金を稼ぎ出し、また商船持ちの商人と仲良くなることで、外地へも食指を広げていくわけです。
これに関して、ほとんどの人はユーリの金儲けを暇つぶしとは言わないけれど、シヤルタ王国という狭い範疇の中での事だと考えているしこれに関してユーリはまだあまり何も語らないのだけれど、リリー先輩に天測航法のための六分儀の開発を依頼したときに、はっきりと語っているんですね。このシヤルタ王国は近いうちに亡びる。その崩壊に巻き込まれないためには、海を超えてクラ人国家群の手の届かない所まで逃げるしか無い。そのための資金稼ぎであり、ホウ社の設立であり、幾つもの発明品の開発なのである、と。
これは、この異世界が地理的には地球とほぼ変わらないものであり、西の海を隔てた向こうに新大陸が存在している、と知っていなければ出来ない発想ではあるのだけれど。
いずれにしても、この段階から既にユーリはもう、国の滅びを前提に動き出しているのである。
王都に出てから、同じ学生の仲間たち以外にもクラ人の言葉以外にもその文化や国家の内実、クラ人の原動力の一つである宗教などについても詳しく教えてくれることになるクラ人の亡命者にして教師であるイーサ先生や、商船を駆りクラ人国家にまで商売しにいく商人のハロル、ホウ社の幹部として植物紙の生産をはじまりに組織を取り仕切ることになる辣腕の商売人カフ、そして時計職人の子であり機械系の職人でもあるリリー先輩、というユーリの人生においても後々まで深く関わることになる友人、恩師、仲間となる人物と出会い、またキャロルやミャロといった子供時代からの友人たちとは更に親密に交流を重ねて、まさに青春を謳歌しているというべき次第だろう。輝かしき青春時代だ。
しかし若く未来に希望を抱いて走るような青春とは裏腹に、ユーリの根底には先に語ったような迫りくる亡国に対する備え、抗い、それを妨げようとする旧弊との饐えた匂いのする暗闘が横たわっている。
ユーリの前世、研究者だった男の半生が語られるのだけれど、そこには身近な人からの裏切りがあり、怒りを原動力とした戦いがあり、すべてから解き放たれた自由があり、その果ての虚無感があったわけです。そして、彼は孤独だった。
ユーリの根底に、どこか乾いた風が吹いているように見えるのはこの前世の孤独があるのかもしれません。一方で、この生で彼は家族からの愛情に包まれ、友情と親愛を交わす友達がいて、目的をともに走れる仲間たちがいる。
今の彼の奥底に、闇はないはずです。乾いた価値観と醒めた意識が根ざしていて、それが彼に無邪気に未来を信じるなんて真似を許さないのだとしても、彼が戦う理由には温かい熱がある。まあいまいち、見る目がないというか、ミャロの性別自分だけが全く気づいていなかった事に人生最大級の衝撃というかショックというか、自分だけなの?という焦りが、鈍いというか変に彼の間の抜けた部分を垣間見せてくれるんですけどね。そういうのも織り交ぜての、複雑な人間性の質感がユーリという主人公の魅力なんだろうなあ。
ミャロの祖母と面談しての、ヤクザの事務所に連れ込まれたみたいになった時の、あの後ろでソロムの爺さんがやりたい放題やっているのを振り返りもせずに、不敵な笑みを浮かべたまま椅子の上で足を組んで脅されたはずが逆に脅しにかかっている様子なんて、十代の若造どころじゃない貫禄でまさに魔王さま、という風情の格好よさだったんですけどねえ。いや、魔王というよりもマフィアという感じだよな、あれ。

なんにせよ国際情勢と国内情勢が詳らかになってきた上で、キャロルを通じて王家ともよく関わるようになったユーリ。騎士家の嫡男という立場もあって、魔女家の領分にも首を突っ込み、と学生身分でありながらもうその他大勢の一人、なんてわけにはいかなくなってきたよなあ、これ。
既にこの段階で、キャロルの王配候補筆頭という扱いになりつつありますし。まあ、あのお互い遠慮も何もないキャロルとの親密な関係を目の当たりにしたら、ねえ。普段は男女のそれの気配はまったくなく、悪友みたいな付き合い方ですけど。
でも、書き下ろしでのキャロルの下町探訪にユーリが付き合う話なんぞは、完全にデートでしたしねえ。デートにしたら危ない所に首突っ込みすぎですが。ってかユーリってホント場馴れしてるというか、普段から悪所にも出入りしてるしこれどこでも生きていけそうな強かな処世に長けた人物なんだよなあ。
ってか、意識もせずにそういう事言うからなーこの男。いや、ユーリの場合しれっとちゃんとわかって言っていても全然おかしくないんだよなあ。そういう男なのだ。


亡びの国の征服者 1 〜魔王は世界を征服するようです〜 ★★★★   



【亡びの国の征服者 1 〜魔王は世界を征服するようです〜】 不手折家/ toi8 オーバーラップノベルス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

家族の愛を知らぬまま死んだ男は、異なる世界で新たな生を受ける。ユーリと名付けられた彼は、両親の愛を一身に受けながら新たな人生を穏やかに過ごしていく――はずだった。しかしユーリ達の住む国家群は大陸の広域を支配する“もう一つの人類”に脅かされ、亡びの危機に瀕していた。ユーリとその家族も無関係ではいられず、戦乱に巻き込まれていく……。
槍を振るい鳥を駆る王国の剣――騎士家。そんな騎士家の名門ホウ家の頭領だった叔父の戦死が、殺し合いを嫌って家を離れていたユーリの父を再び騎士の世界に引き戻す。そしてユーリもまた騎士を育成する騎士院への入学を余儀なくされ、そこでの出会いがユーリの、そして王国の運命を大きく動かしていくのだった――。
これは、愛する者達のために戦い、のちに「魔王」として世界に名を轟かせる男が歩んだ覇道の記録。
「小説家になろう」で話題の超本格戦記譚、ついに開幕!

この作品がついに書籍化かー、感慨深い。古参の作品の中でも、なぜこれが書籍化にならないんだとずっとやきもきしていた作品でしたからね。一度、いや二度か。年単位で更新が途切れたときはもはやこれまでか、と覚悟も決めただけになおさらに。
はぁ〜〜。うん、ウェブ版既読です。つまり、最新話まで読んでいて、この作品のタイトルである【魔王は世界を征服するようです】の意味の一端を知ってしまっているということ。
あの衝撃は未だにわだかまっていて、自分の中で渦巻いています。なので、この物語をもう一度最初から、ユーリの幼い頃からまだ彼が何も知らず、ただ幾つもの愛情と友情を受け入れ与え合う姿をはじめから見つめ直すという事に、今いい知れぬ感情の波を湛えています。
ユーリの、ユーリとしての人生が今、こうしてはじまっていることに。彼という人間を構成する根本となる日々が、人々との出会いが、大切な人たちとの繋がりが生まれていくすべてを、今こうしてもう一度最初から見守り直すということに、色々と堪えきれずに溢れてくるものがあるのです。
この一巻だけ見ると、【魔王は世界を征服するようです】というタイトルは少々意味がわかりません。どうにも、タイトルが内容の実際を表しているようには見えないからです。魔王という要素が、どこにも見当たらない。文脈からして、魔王とは主人公のユーリを指している事は自明なのですが、ユーリは辛辣な現実主義者という側面があり、徹底して敵となる要素を排除する冷徹さこそあるものの、そこに魔王と呼ばれるほどの危うさや残酷さ、非情さや危険性は見受けられません。家族への愛情に溢れ、友情を大事にし、どこか突き放した所はあるものの懐に入れたもの、頼られた時に相手を見捨てられない情のある当たり前の善良さを持つ少年です。
実のところ、この一巻に留まらずこの物語はタイトルからどこか乖離したように、滅びゆく国を、亡びゆく種族を何とか自分の手の届く範囲で守ろうと、大切な愛する人たちを生き延びさせようと奮闘する少年の、青年の、抗いの物語であり続けます。
そして、この一巻は彼がその人生を捧げる事を厭わないだけの、情を交わすことになる大切な人たちとの出会いの章です。尊敬スべき、でもどこか善人過ぎて放っておけない父親ルークと、愛らしい母親スズヤ。前世で親の愛情に恵まれなかったユーリに、人の親として目一杯の愛情を注いでくれて、この主人公に人を愛し世界を愛することのなんたるかを教えてくれるとても素敵な両親。ユーリの人生の指針となった二人。
そして頭脳明晰で人並み外れた知能を持つが故に他者から理解されず孤立しがちだった従妹のシャム。やがてユーリの片腕となり、あらゆる意味で彼の理解者となり共犯者となり罪と罰の共有者となるミャロ。
最後に、ユーリの生き様を決定づけることになる、彼の人生にとっての光であり災厄であり全てとなるキャロル・フル・シャルトル。
どこか淡々とした語り口で描かれる文章の中で踊る登場人物たちは、その乾いた地の文の中で驚くほどに瑞々しくその為人をきらめかせていく。グイグイと、引き寄せられていく。心、惹かれ囚われていく。
まだこの一巻で子供でしか無く、育った領地から騎士院と呼ばれる学校に通い出したばかりのユーリの目に映る世界は、まだまだ狭い。豪族たちの駆け引きも、魔女たちの陰惨な陰謀まみれの在り方もまだ知らず、宮廷政治の闇にもまだ触れる機会はなく、この国に迫る人類という族滅という脅威もまだ遠い。ユーリ・ホウの物語はまだはじまったばかりだ。だからこそ、青春にもまだ至らぬ頃の子供時代の輝きがここにある。
ラストの、ユーリがはじめて目のあたりにしたキャロルの笑顔は、その象徴とも言うべき光だろう。
居丈高で傲慢で、一生懸命背伸びして自分を高く強くみせようと頑張る王女さま。でも、意地を張りながらも素直にお礼を言えて、健気さも見せてくれる女の子。
キャロルと繰り広げた、最後の冒険は子供が経験するものとしては範疇を越えていたと思うのだけれど、その締めに二人で市井の食堂でミートパイを頬張る様子が何とも微笑ましく、ただの切った張ったの逃亡劇で片付けず、こうやって二人で買い食いして終わらせた事がこの一件を黄金の思い出として刻み込んだのではないでしょうか。きっと、生涯の思い出になったのでは、と。最後の笑顔に思い巡らすのです。
これからこそが波乱万丈となる二人の人生ですけれど、ここがスタートだったことを、二人にとってのはじまりだったことは、忘れられないでしょう。toi8さんの描いてくれた挿絵、最後のキャロルの柔らかな微笑みと重ね合わせて、きっと忘れないでしょう。

さあ、ではここからユーリ・ホウの物語を追いかけ始める事としましょう。傑作と呼ぶに相応しい本格ファンタジー戦記の開幕です。

フシノカミ 1〜辺境から始める文明再生記〜 ★★★★   



【フシノカミ 1〜辺境から始める文明再生記〜】 雨川水海/大熊まい オーバーラップノベルス

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

前世らしき記憶を持つ、辺境の寒村に暮らす少年アッシュ。
豊かな生活の記憶を持つアッシュにとって、内燃機関すら存在しない中世暗黒時代並みの今世の生活は耐え難いものだった。
記憶にあるような理想の暮らしを送るためには、現状の最上級ではまったく足りない、今ここに存在しない最低限が必要だった。
アッシュが目指すのは、整備された上下水道や衛生的な住居、馬より速い移動手段で世界を繋いだという文明の再生!
そのためには、遙か昔に発達していたという、古代文明の知識が記された本を読む必要があった。
識字の教育機関を兼ねる教会すら形骸化しつつある中で、アッシュは文字を覚えて本を読み、知識を得る。
さらには、村長家の令嬢マイカをはじめとした、周囲の人々からの協力を得ながら、手始めに自らの住む村で養蜂業の再興を行い、村の発展を目指していく――!
理想の暮らしを手にするため、世界に変革をもたらす少年の軌跡を紡いだ文明復旧譚、開幕!

うはは、めっちゃ暴走してるぞ、この主人公のアッシュくん。こいつはあれだ、【ナイツ&マジック】のエルくんや【本好きの下剋上】のマインなんかと同じ人種だ。趣味に人生賭けてて、一つ一つ積み重ねていくことが楽しくて楽しくて仕方ない奴だ。大騒ぎしてはしゃぎ周りながら、周りもみんな巻き込んで世界そのものをひっくり返していってしまう奴だ。
もっとも、当初のアッシュはこの中世暗黒時代な世界に対して、無力感と絶望感に首まで浸かっていたんですよね。死が身近で、昨日まで一緒に遊んでいた同じ年頃の子供たちが次の日には簡単にいなくなってしまっている世界。それを、諦めとともに当たり前のように受け止めている村の人々。何をしてもムダで、ただ生きて死んでいくまでの日々を苦しみながら過ごすだけの生涯。
そんな世界を前に立ち尽くし、他の人達と同じように諦め切っていた彼を変えたのは、村長婦人のユイカさんが開いた朗読会でありました。
本によって紡がれる、未知の世界。誰かが書き残した記録の向う側にある、確かに在った過去。喪われていた古代の知識が、文明の残滓が、しかし決してなくなることなく言葉として、本として、受け継がれ受け取るものを待っていると気づいたとき、それを見出したとき、諦めと絶望という灰の中から不死鳥は甦る。
タイトルのフシノカミって、てっきり不死人とかアンデットとかが主人公か主題となる作品なのかと読む前は思ってたんですよね。違いました。そういう永遠ではありませんでした。
これは過去から今へ、未来へと受け継がれていく永遠。どれだけ世代を超えても死なないもの。人間の叡智の話であり、それをつないでいく本という奇跡に希望と可能性を見出した少年のお話なのでした。
そして、そんなテンションあげあげではしゃぎ回って、古代の叡智を掘り起こしていく子供のハイに感染し、便利さとか利益だとか生き残る術だという実益以上に、彼のあまりに楽しそうな姿に乗せられて一緒になってはしゃいで暴走する人の輪が広がっていく物語なのでした。
まずは、落ちぶれた古代語の研究者だった村のヤサグレ神父。才女として謳われながら何もない村落でその力を振るうすべを持たずに無力感を噛み締めていた村長婦人。そして、いつも仮面の笑顔を貼り付けていたアッシュの、心からの笑みにハートを撃ち抜かれた村長の娘マイカ。
ともすればどこまでも突っ走ってしまいそうなアッシュを、むしろ本人よりも理解し認め、手綱を引き絞りながらもこの子が存分に翼を羽ばたかせられるように導き先を示し、一緒になって同じ目線ではしゃいでくれる大人たちが居てくれることが、この物語をどんどんと足止めなしに加速させていくのである。
特にユイカさんは、アッシュが絶望を乗り越えるきっかけにもなった人で、アッシュの絶望を誰よりも理解し共有もしていた人で、彼の途方も無い可能性を一番わかってくれた人でもあるんですよね。よくまあ、こんな人がこんな限界集落にいたもんだと思います。アッシュと出会うまではユイカさんほどの人がこの村に居るのって、才能の無駄遣いの最たるものだったのでしょうけれど、アッシュを目覚めさせ、彼の後援者になったことで全部帳消しですわ。
ウェブ版では、全部主人公のアッシュ視点となっているらしいのですけれど、書籍版ではマイカ嬢とユイカさん視点のお話が結構たくさん挟まれていて、これが第三者から見るアッシュという人物を描き出すと同時に、村の様子や村民たちの姿など多角的に見ることができたおかげでアッシュ視点だけではわからなかった部分まで色々と描かれることになったんですよね。おかげで、随分と作品そのものに奥行きが出来たんじゃないでしょうか。マイカがアッシュに惹かれていく様子や、ユイカさんに煽られたりして反応してしまうところとか、メチャクチャ可愛いんだよなあ。
また、アッシュがこの文明が衰退した時代に絶望し、身近に死が当たり前に横たわる理不尽に打ち震えている様子が、ユイカさんの目から映し出されているのですけれど、彼女の目から見たからこそアッシュの原点というものが、彼の行動原理であり原動力であり、怒りであり喜びがよりはっきりと伝わってくるものがあったんですよね。この小さな少年の決然とした想いが伝わってくる。そんな彼の在り方に、自分が成すべきことを見出したユイカさんの感動であり、戦慄であり、奮い立つ想いというのがまた強烈に来るものがあったんですよね。
ウェブ版は読んでいないのですけれど、これは素晴らしい加筆部分だったんじゃないでしょうか。
一度は気に入らないと喧嘩売られて対立した同い年の子と、真正面から向き合ってお互い心の内をぶつけ合い、打ち解けた仲になる下りとかやっぱりこういうの好きだなあ、とか思わせてもらいましたし。……あと、猟師のバン兄さんはマジ寡黙な青年というジャンルのかっこよさがビシバシ出てた、うんかっこよかった。はよ結婚せい、お兄さん。

年末にご紹介いただいた作品だったのですが、期待していた以上の面白さ、楽しさでありました。ご紹介くださった方々には感謝です。次回からは村を出て、さらに大きなフィールドを縦横無尽に使い倒しそうな勢いで、次もまた楽しみ楽しみ。

はぐるまどらいぶ。1 ★★★★  

はぐるまどらいぶ。 1 (オーバーラップノベルス)

【はぐるまどらいぶ。1】 かばやきだれ/ 杉浩太郎 オーバーラップノベルス

Amazon
Kindle B☆W

アンティ・キティラ! 15歳の誕生日です!!
魔法の使えない、食堂の看板娘だったんだけど!
魔無しにとっての最後の砦、能力おろしで得たスキルは――は、“歯車法"!?
なんじゃそりゃぁああ!? “金の歯車"しか、出せないスキルって!?
一度は落ち込んじゃった金の髪の看板娘。でも、両親に超励まされ! 冒険者、目指そうって、決っめまっしたぁぁあああ───!!
……ん? なんだ? この王冠みたいな歯車?

『────クラウンギアによる:髪型分析完了。
────"ツインテール"へ移行します。』
「しゃ……しゃべったッッ!?」

突如現れた王冠っぽい歯車“クラウンギア"と、黄金の髪と瞳の少女"アンティ"が織り成す、どこにもない、ここだけの“物語"────!!

アンティの、アンティだけの冒険が今、始まる!
「好きラノ」一位がきっかけでした。
って、本自体は以前に購入してたんですけどね。あらすじからして元気な女の子が主人公ということで非常に好みでしたし、ウェブでの評判も良さげだったので。でも積んじゃっていたので、きっかけとしては「好きラノ」で一位になったことでした。

さて、話は変わるようで変わってないもちろん「はぐるまどらいぶ」の感想なんだけれど、その前に。
皆さんは「AI萌え」という概念をご存知だろうか。

「電線に、電気を通すと、そこには意識が生じるんです」.
今なお甘い痺れを伴って私の心に響き続けているかの名言を残したのは【E.G.コンバット】の双脚砲台「GARP」でありましたが、2000年前後って彼のようなAI――人工知能・機械知性体、その機械としての冷静かつ合理的で論理的な思考を持ちながら、相棒となる人間たちの熱い魂に触れることで合理性を逸脱し、いつしか魂を持ち得たように振る舞う健気で熱いAIたちに萌える、そんな時代があったんですよね。
【フルメタル・パニック】の「アル」然り、【ZONE OF THE ENDERS】の「ADE」然り、【E.G.コンバット】の「GARP」然り、【リリカルなのは】の「レイジングハート」然り、【ザ・サード】の「ボギー」然り。【攻殻機動隊】の「タチコマ」たち。【戦闘妖精雪風】の「雪風」ですらそうだったかもしれない。
記憶や記録を掘り返してみれば、まだまだあるでしょう。いるでしょう。そんな人工知能を掛け替えのない血の通った相棒として、ともに駆け抜け、戦う時代があったのです。
もっとも、これは過去の話ではなく、今だって探せばこういうAIたちはいくらでもいるのかもしれません。或いは、SFから離れ、かの【ゼロの使い魔】の「デルフリンガー」のような魔法の産物、インテリジェンスソードのような形で、ファンタジー世界の中を駆け巡っているかも知れませんし、或いは体を得て擬人化して主人公の力になったりヒロインとなったりしているケースも多々あるでしょう。
んで、本題たるこの【はぐるまドライブ】であります。もちろんSFとは言い難いファンタジーである本作で、そのAIモドキの対象となる「クラウンギア」。主人公少女アンティのスキルとして生じたは、果たしてナマモノとは程遠い、まさしく機械的な人工知能。歯車という実は野放図に自由度が高かったスキルのユーザー補助AI的な存在でありました。語る言葉はシステマティックでおおよそ人間相手の会話とは異なる非感情的な受け答え。
そう、それは本来なら会話ではなく、ユーザーによるスキルというシステムへの入力と出力に過ぎないはずだったのです。このような機械的な受け答えをするスキルやステータスフリップを扱う作品は多々ありますけれど、その多くは音声入力という意味合い以上のものを見出すことなくこの手の「使って」いくものでした。
でも、アンティは違ったんですよね。この娘は、クラウンに入力するのではなく、彼を一個の存在として認識して「会話」することになんの疑問も抱かなかった。自分のスキルでありながら、彼女は彼「クラウン」を意思ある存在として、自分を助けてくれる相棒として、最初から捉えていたのだ。
だから、ある場面でアンティが行おうとする行為を危険と見做して「非推奨」と連呼しスキルを起動させなかったクラウンに、アンティは強制入力するのでも命令するのでもなく、訴えかけた。語りかけた。叫びかけたのだ。
自分の後悔を、ここで引き下がることが出来ない理由を、想いを、願いを。そして、自分と貴方なら、それを成せるのだと。貴方と一緒なら、出来るんだ、と。
考えろ、受け止めろ、自分たちの可能性を諦めるなと!
だからクラウンは命令に従ったのではない。指示を受け入れたのでもない。そのギュンギュンに回りだした歯車が、彼の想いを示してる。彼は、アンティの意気を汲んだのだ。自分たちなら出来る、というアンティの叫びに、奮い立ったのだ!
この時を以ってして、クラウンはただのスキルから逸脱する。
すべてが終わったあとの一幕に、眠るアンティを見守るクラウンの、アンティから目一杯の感謝を貰った彼に生じた深刻なエラーを敢えてそのまま残すという全く非合理で理不尽な判断を下した情景が、それを証明している。
そう、これよ、これなんだよAI萌え。人間との交流の中で機械的な思考の中に生じるバグ。それを果たして魂と呼ぶのかゴーストと呼ぶのかは人それぞれなんだろうけどさ、冷たい機械に熱い意思が迸るシチュエーションには、やはりぐっとくるものがあるんですよ。胸を突くものがあるんですよ。
アンティとクラウンの関係はまさにそれ。ユーザーとスキルという関係でありながら、お互いを信じて手を携える唯一無二の相棒というそれが、歯車法という発想と可能性の自由度の高さの面白さ、だけではない熱さを、この物語にもたらしてるんじゃなかろうか。

もちろん、それもアンティという主人公のめちゃめちゃかっこよくて真っ直ぐで熱血なキャラクターこそが、作品の面白さをギュンギュン加速させている一番の要因なんでしょうけどね。
村の食堂の看板娘、という何のバックグラウンドも持たない娘さんが、これだけ男前さと女っぷりの良さを兼ね備えた人物というのは一体どういうことなんだ、と言いたくなるところなんだけれど、それもう両親の薫陶だよね、というのがまあすぐわかるんですなあ。
作品冒頭から、わけのわからんスキルを貰って落ち込むアンティを励ます両親の、この立派な親としての姿勢、人間性のハイクオリティさがもうこれでもかと描写されるんですよね。そりゃ、こんな立派な両親に育てられたら、一廉の人間になるもんよ、と疑いなく確信してしまうほどの大人なのだ、このご両親。
それを言うと、今回の話に出てくる村の門番のおっちゃんにしても、大いにやらかすことになるガキンチョたちの、反省したあとの姿勢にしても、この上ない立派の一言で、出来た人間ばっかりなんですよね。それも、完成された出来物ではなく、失敗や大きな後悔、挫折を味わった上での前を向き上を向き、後ろを顧みて足元を確かめ、先人の背中を見つめての在りようである。親や周りの大人の背中見て、健全に育ってんだよなあ。良き教育受けてんだよなあ。
アンティもそうやって、小さい子たちに背中を仰ぎ見られる、自分もこんな人になりたいと思ってもらえる一端の大人の証明を果たしたわけで、うん文句なしに格好良かった。
まだ旅立ち編ということで、はじまりはじまりの段階なのだけれどそれでこれだけ面白くて燃えてどきどきわくわくさせてくれるんだから、そりゃあ先々期待しちゃいますよね。
文章的には殆ど情景描写はなく、セリフと地の文でのキャラの声ばかりというのが結構ネックになる人も多いかもしれないのだけれど、それでもこの勢いと熱さ、直接ダイレクトに訴えかけてくるようなセリフの重み、大きさ、これがたまらん人にはたまらんでしょう。
私はめっちゃ大好きだ。

神殺しの英雄と七つの誓約<エルメンヒルデ> 1 ★★★☆  

神殺しの英雄と七つの誓約<エルメンヒルデ> 1 (オーバーラップノベルス)

【神殺しの英雄と七つの誓約<エルメンヒルデ> 1】 ウメ種/柴乃櫂人 オーバーラップノベルス

Amazon
Kindle B☆W

「――みんな、俺の事を誤解してるんだ」
異世界より召喚されし十三人の救世主の一人、山田蓮司(ヤマダレンジ)。
彼は他の十二人と力を合わせ見事に“魔神”討伐を果たすも、その栄誉を捨て仲間と袂を分かち、行方をくらます。
時は流れ、正体を隠し相棒の“喋るメダル”エルメンヒルデと共に旅をする蓮司は、その日暮らしだが穏やかな生活を送っていた。
しかし、彼の平穏は魔術学院の生徒フランシェスカとの出会いをきっかけに終わりを告げる。
オーク討伐を請け負った蓮司たちの前に現れたのは、かつて滅ぼしたはずの“魔神”の眷属で――!?
『七つの制約(エルメンヒルデ)』が解放されし時、最強の英雄が再び顕現する!!
“神殺しの英雄”の称号を得ながら「英雄ではない」と言い張り続ける男の紡ぐ英雄譚、ここに開幕。
なるべく楽に過ごしたい。面倒事はかんべんしてほしい。わりとそんな風に嘯いて楽隠居を決め込んでいる主人公は多いけれど、このレンジくんは妙に実感が篭っていて、実際ダラダラと自堕落な生活を営んでいるのに、親しみを感じてしまいました、苦笑混じりだけれどw
酒飲んでクダ巻いてたり、美人なお姉さんに目移りしたりしているのもそうなんですけれど、本当にダラダラ生活するのを堪能してるらしいところがねえ……羨ましいw
まあこの生活出来るだけぼちぼち稼いで、だらだら過ごすという生活は先を考えると胃がキューっとしてくるので、自分には到底無理なんでしょうけれど、あんまり先のことを心配せずにサボっていられる余裕には嫉妬してしまいますねえ。いざとなればなんとでも出来るから、なんだろうけれど。幾ら自分なんて大したことがない、と自己評価低くても、そんだけ余裕あるんだからまあ……この野郎、って感じですよね、うんw
でも、メダル状態で人型にはならないものの、エルメンヒルデは完全に女房格ですなあ、これ。尻叩いて叱咤激励するタイプの。撫でられて機嫌よくしているあたり、チョロいようですけれど。ってか、人型にならないのにこれだけ正妻感があるのは凄いというか何というか。
でも、うんこうやって嫁さんにちゃんと働けと叱られながら楽そうな仕事をつまんで小銭稼いで、お酒飲んでへらへら過ごす、というのはある意味究極の平和なんじゃなかろうか。堪能してますねえ……。
昔の仲間達、特に年少組は本当にレンジのことを誤解してるっぽいですけれど。ダメ人間生活を堪能してるとはつゆほども思っていなくて、人知れず世直し旅してる、と思っているらしいですけれど。お兄さん、あなたちょっと頑張らないと恥ずかしくて子供らの前に立てないですよ、これw
ただ、子供らに慕われているだけあって、実に面倒見が良い男である。英雄の旅の当時、自分が年長だったというのもあるのでしょうけれど、ツライ場面や大人としての責任が必要な場面では子供たちの前に立って盾になり、一方であくまで自分は引き立て役として縁の下の力持ちに徹していたあたりは、実に出来た大人だったようで。そのわりには、場面場面でイイトコロ掻っ攫っていたようですけれど。肝心な場面にしか役に立たない能力の持ち主であるとはいえ。
仲間とたもとを分かって、などとあらすじに書かれているのでそれこそ決別したのかと思ってたら、仲間連中とはみんなと普通に仲良さそうで、安心した。あまりギスギスしてても、なんですもんねえ。子供というのはできてる子はちゃんと見てるところは見ているもので、レンジ君が敢えてしんどい役回りを背負って自分たちに華を持たせてくれていた、というのをよくわかっているようで、これは随分と懐いて慕っているようで、なんとも微笑ましい。
貴族のお嬢様で魔術師とはいえ才能もなく、外のことなど何も知らない世間知らずのフランシェスカのことも、あれこれと親身になって面倒を見つつ、前のめりにならずに彼女の意思ややる気を尊重して立ちまわってるあたりに、レンジが子供らや仲間たちとどうやって付き合っていたのかが透けて見えて、なんだか微笑ましくなってしまった。フランシェスカ嬢がえらい素直で真面目で聞き分けがよく聡明な子、というのもあるんだろうけれど、告げたことを真剣に考えて、丁寧に受け答えしてくれる様子にはすごく好感が持てたのですけれど、こんな子相手だとそりゃあ親身になっちゃいますよねえ。あの英雄の年少組もこんなんだったのかなあ。
エルメンヒルデとのツーカーのやり取りも含めて、鐘を打てば響くような意思の疎通が滞り無く出来て、レスポンスが素直に返ってくるやり取りというのはキモチイイですねえ。

一方で、かなり鬱陶しかったのがレンジくんが何度も何度もしつこく同じことを繰り返す言い回しですか。主に自分弱い発言なんですけれど、それ以外にももう聞いた、というような内容を何度も何度も短いサイクルで繰り返しつぶやくので、いい加減うんざりした次第。はいはい、聞いた聞いた、もういいから、と何度思ったことか。このあたりはもうちょっと何とかならんものか、とため息が漏れてしまいました。

 
10月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(ウィングス・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月21日

(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
10月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W

10月19日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月18日

(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

10月16日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W

10月15日

(ハルタコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W


(コロナコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W

10月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W

10月12日

(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
10月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

10月8日

(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ニュータイプ100%コミックス)
Amazon


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ヴァルキリーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヴァルキリーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(アルファライト文庫)
Amazon


(アルファライト文庫)
Amazon

10月7日

(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

10月5日

(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W

10月4日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

10月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川ビーンズ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W


9月30日

(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


(楽園コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(楽園コミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月28日

(ヤングアニマルコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月27日

(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

9月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W

9月24日

(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle


(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon

9月22日

(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索