オーバーラップノベルスf

ウィズレイン王国物語 2 〜虐げられた少女は前世、国を守った竜でした〜 ★★★   



【ウィズレイン王国物語 2 〜虐げられた少女は前世、国を守った竜でした〜】  雨傘ヒョウゴ/LINO オーバーラップノベルスf

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
隣国の狙いは守護竜エルナ!?
変化する日々の中、少女は一つの決断をする――。

勇者と相棒の竜により拓かれた国、ウィズレイン。
国王クロスと男爵令嬢エルナとして再会した二人は惹かれ合い、婚約者となった。
前世とは違う関係に戸惑いつつも着実に距離を縮めていく。
そんな折、城下で王城に竜がいると噂されていることを知る。
気にせず普段通り過ごすエルナだったが、外出した際に誘拐されてしまい――!?
犯人の目的を探るため大人しく捕まっていると、クロスと親しくしていたから目を付けられたことが判明! 
竜だとバレたわけではなかったため、遠慮なく制圧することに。
その後、心配して迎えにきたクロスとともに城へと帰るエルナ。
すると、隣国マールズの使者がクロスとの謁見を求めやってきていた。
目的は竜、すなわちエルナだと警戒するウィズレイン王国の面々。
真意を探ろうと準備を整え、使者のもとに向かうが、そこには前世の友と瓜二つの男がいて……?
――これは竜の少女が前世の友と再会し、人として生きる意味を見つけるお話。

続きを読む

ウィズレイン王国物語 1 〜虐げられた少女は前世、国を守った竜でした〜 ★★★☆   



【ウィズレイン王国物語 1 〜虐げられた少女は前世、国を守った竜でした〜】  雨傘ヒョウゴ/LINO オーバーラップノベルスf

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
前世は竜。今世は令嬢!?
友と死にたかった竜は、共に生きる意味を見つける――。

勇者と相棒の竜により拓かれた国、ウィズレイン。
男爵家の養子であるエルナは義姉ローラに虐げられる日々を過ごしていた。
しかしある時、水をかけられたことをきっかけに、自身の前世が国を守護する竜だったことを思い出す!
前世で「人間になりたい」と願っていたエルナ。
転生したことを喜び、虐めも気にならないように。
そうして“人生”を謳歌し始めるエルナだったが、国では勇者の遺した言葉に従い、成人した娘を集め竜の生まれ変わりを探していた。
エルナもローラと登城するが、ローラがエルナから取り上げ身につけていた石が竜の鱗だと判明!?
ローラが生まれ変わりだと認定されてしまう!
そこに現れた国王クロス。
瞬間、エルナはクロスが勇者の生まれ変わりだと気がつく。
再会の喜びを胸に見つめるエルナ。
しかし、クロスには前世の記憶がないようで……?
――これは竜の少女が前世の友と再会し、人として生きる意味を見つけるお話。

続きを読む

暁の魔女レイシーは自由に生きたい 2〜魔王討伐を終えたので、のんびりお店を開きます〜  ★★★★☆   



【暁の魔女レイシーは自由に生きたい 2〜魔王討伐を終えたので、のんびりお店を開きます〜 】  雨傘ヒョウゴ/京一 オーバーラップノベルスf

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
夏を迎えた「何でも屋」に、聖女来訪!?
季節のお悩みも、仲間の困り事も全部解決してみせます!

魔王討伐の褒美として、自由に生きることを願った暁の魔女レイシー。
プリューム村で何でも屋「星さがし」をはじめるが、なかなか依頼の来ない日々が続いていた。
丘の上にある屋敷で悩んでいると、見かねたアレンに連れられ村に下りることに。
そこでは……夏の「暑さ」というお悩みが待っていた!
話を聞くと、暑い時期は食糧の保存に困っているという。
特に畑に出る村人に持たせる昼食が味気ないものになっているらしい。
その話を聞いたレイシーは依頼として引き受け、「保冷温バッグ」という魔道具を作りあげる!
冷気や暖気を閉じ込める鞄は、村人のお悩み解決はもちろん、商人の手で国中に広がっていき――!?
その頃、レイシーからの手紙を受け取った聖女ダナがプリューム村に向かっていた。
癒やしの力を使い活躍しているダナだが、自分では癒やせない、ある悩みを抱えているようで……?
臆病な最強魔女の『何でも屋』ライフ、第二幕!


続きを読む

暁の魔女レイシーは自由に生きたい 1〜魔王討伐を終えたので、のんびりお店を開きます〜 ★★★★☆   



【暁の魔女レイシーは自由に生きたい 1〜魔王討伐を終えたので、のんびりお店を開きます〜 】  雨傘ヒョウゴ/京一 オーバーラップノベルスf

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
勇者パーティーの一人、暁の魔女レイシー。
孤児であった彼女は魔法の力を見込まれ、国との契約のもと生かされていた。
そんなレイシーは魔王討伐を終えた後に貴族と結婚するはずだったが、相手から他に好きな人がいると婚約破棄されてしまう!
レイシーがすんなりと受け入れる一方、傍で見ていたお節介な勇者は彼女に代わり貴族へ反撃。
結果、レイシーは国から解放されることに!
そこで初めて「自由に生きてみたい」という願いを得たレイシー。
願いは聞き入れられ、王都から離れた村に大きな屋敷を与えられる。
――やってきた村では穏やかな時間が流れていた。
しかし、何もない村は困りごとも多いようで、レイシーは自分にもできることはないかと考えるように。
そんな折、魔術が人の役に立つことを知った彼女は『何でも屋』を開くことを決意する!
けれど世間知らずの彼女が行うこと、生み出すものは規格外のものばかりのようで……?

続きを読む

ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 2 ★★★☆   



【ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 2】  雨川透子/八美☆わん オーバーラップノベルスf

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

婚約者の皇太子と城下町でお忍びデート!?

ループ7回目の人生が始まり、皇太子アルノルトのもとへ嫁ぐことになったリーシェ。
アルノルトとその弟テオドールとの確執も解け、戦争回避に一歩前進、のはずが。
「騎士候補生の訓練に混ざりたい、しかも『男として』だって」?
未来のアルノルトの強さの秘密を体感するべく、リーシェは男装して騎士候補生の訓練へ参加することに!?
アルノルトに発覚しないよう二重生活を送る一方、内緒で城下にお忍びなど、婚約者としての交流を深めていく二人。
そこへ、雪国コヨルの王子・カイルが訪れる。
リーシェにとって薬師人生の患者でもあるカイル。
そんな彼の、国の衰退をかけた決死の願いは、冷酷なアルノルトにすげなく一蹴されてしまい!?
このままではコヨル国が存亡の危機に立たされる。
その未来を回避するべく、リーシェは一計を案じることになるのだが……!?

ただでさえ婚約者として忙しく振る舞っているのに、さらに騎士候補生として男装して訓練に参加するとか、普通に過労死しませんかね? 相変わらずブラック気質というか、過酷な労働環境を労働と全然思っていないと言うか。リーシェって、これまでの人生も殺されなくても早晩過労死してたんじゃないですかね!?
そして、兄との和解を取りまとめてくれた借りもあってか、さっそく訓練に混ざるための裏工作よろしく、と義姉にこき使われるテオドール。人使いも荒いぞ、このご令嬢w
しかもテオドールのアルノルトへの未だもやってる複雑な気持ちを刺激して率先して動かすやり方とか、人使いのコツも備えてるんですよね、リーシェって。なんでも自分で出来るけれど、何からなにまで自分がやらないと気がすまない、ってタイプでもないんだよなあ。
そして、必要以上に騎士候補生の同輩と仲良くなってしまい、未来ある若者に危うい性癖を植え付けてしまってます。男装している以上、相手はリーシェの事を男だと思ってるんだから、男相手にドキドキときめいちゃったら性癖勘違いさせちゃうじゃないですか! どう責任取るんだろうw
一方、婚約者としても外交特使として訪れた前世の旧知であるカイル王子と接触して、コヨル国の危うい先行きと、かの国を滅ぼしてしまうだろうアルノルトの冷酷非情の皇帝となる未来を回避するために、何とか両者の和を取りまとめようとするリーシェ。
ただお国柄で女性に対して過剰な世辞で甘い言葉を投げ掛けてくるカイル王子に、リーシェは何とも思ってないのだけれど、アルノルト皇子が何気に苛ついてるっぽかったんですよね。アルノルト皇子の反応にもリーシェさっぱり気づいてなかったっぽいけれど。カイル王子にやたらとアルノルトが辛辣というか当たり強かったのって、基本はコヨル側の見通しの甘さが悪いんだけれど、アルノルトの私情が入ってなかったとは思えないぞ。
逆に、リーシェがコヨルと同盟を結ぶメリットを見つけ出して提示して見せた時に、アルノルトがそれを受け入れたのも、私情が入ってないとはイイ難い気がするんですよね。そこはリーシェに免じて、みたいな。
そういう意味では、アルノルト皇子の方が自覚的にリーシェの事を意識しているのかな、と見えるんですよね。リーシェの方はその点、アルノルトに凄く執心していて、彼と結婚することも他の選択肢を放り投げるくらいには受け入れてる、というより積極的に選んでいるし、アルノルトに冷酷な皇帝になってほしくない、というのも彼女の個人的な感情に寄るものが多く混じっているようにも見受けられるんだけれど、あんまり赤面したり恋心をあからさまにすることもなくて、結構さっぱり対応なんですよね。
彼からもらった指輪を、薬指にハメてみたりとか、明らかにアルノルトと結婚する事を望んでいるのは伺えるのですけれど、そこに感情的な浮ついたものとかテンション上がったりとか、ぽわぽわ沸騰したりとか、そういう熱量を持て余す様子が見受けられないものだから、果たして自覚がないのか、とも思うのですけれど。好きとか恋してるという感情を自覚していて、ああいうさっぱり対応という可能性もこの娘の場合なくはなさそうなだけに、ちょっとわかんないぞ。

さて、これまで七回繰り返してきた人生でリーシェはそれぞれ違う職業についてそのジョブを極めたわけですけれど、あと二回変身を残している! とばかりに、あと二つのジョブがまだ明かされてなかったのですけれど、今回そのうちの一つがガッツリ話に絡むことに。
その職業……錬金術の師匠がカイル王子と一緒に帝国を訪れてリーシェの前に現れることになるのです。
って、薬師だけじゃなくて錬金術まで修めていたのか、このご令嬢。リーシェのアトリエ、というのもやろうと思えば出来るわけね。
そんな中で出てきた「火薬」という今までこの近隣諸国の人々が手にしたことのない新しい要素が絡んでくる。いやまあ、火薬はどうやったって武器くらいにしか使えんわなあ。爆薬として、戦争以外でも用途はあるかもしれないけれど、意外と工業用の爆薬って近代に入って高度な発展をするまでは使い物になるレベルじゃなかったらしいんですよねえ。

火薬の存在をアルノルトに告げれば、彼はそれを当たり前のように戦争へと使うだろう。
後の冷酷な皇帝、という姿はアルノルトの素の姿ではないかもしれないけれど、彼が望んだ姿であるというのは、現在すでに殊更そうあらんと心がけている節からも伺い知れる。
その意思には、リーシェすらも踏み込ませまいとしているし、そこに干渉してくるならリーシェであろうと排除する、と明確に示してすらいる。
どうしてアルノルトが、冷酷であろうと拘るのか。そこには父である皇帝との関係が絡んでいるようなのだけれど、リーシェが目指すべきは彼が隔てているその壁にどうやって穴を開けて彼の真意を見つけるか、というところなのだろう。
ただ、安易にアルノルトを「甘く柔らかく」して彼の頑なさを解消してしまうと、それが彼の破滅へと繋がってしまいそうな、そんなピリピリとした危機感がアルノルトと皇帝の間に密かに漂っている気配が在るので、そのへんどんな塩梅で彼の懐に入り込んでいくかがリーシェに問われる所になるのかなあ。



ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 1 ★★★☆   



【ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する 1】  雨川透子/八美☆わん オーバーラップノベルスf

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

過去の人生で得たスキルを思いっきり発揮します!

「リーシェ! 僕は貴様との婚約を破棄する!!」
「はい、分かりました」「えっ」
20歳で命を落としては婚約破棄の瞬間にループしてしまう公爵令嬢リーシェの人生は、7回目を迎えていた。
過去の人生、商人や薬師、騎士などの生き方を満喫してきたけど、今度の人生こそ長生きしてごろごろしたい!
決意して飛び出そうとしたところ、とてつもない美丈夫とぶつかってしまう。
その男性は、数年後に戦争を引き起こし、リーシェが死んでしまう要因を作り出した皇太子アルノルトだった!?
さらに、騎士人生で培った立ち振る舞いを気に入られたのか、彼から結婚を申し込まれて――!?
自分の死の原因であるアルノルトを探るため、リーシェは求婚を了承する。
ごろごろしたい決意とは裏腹に、過去の人生で得た経験を発揮し注目を浴びていくリーシェは、果たして7回目の人生を生き残れるのか……!?

ある時は辣腕の女商人、ある時は流浪の女薬師。ある時は歴戦の騎士、またある時は瀟洒な侍女。しかしてその実態は!
と、多羅尾伴内かキューティーハニーか、という勢いでそれまで繰り返してきた人生で成り行きから様々なスキルを極めてしまった公爵令嬢リーシェ。婚約破棄された15歳から国外逃亡してからの5年間でそれぞれジャンルの違うだろう分野を高度に極めてしまってるのって、それはそれで天才極まってるような気もするんですけどね。二十歳の段階で超一流てのは単純に凄いわ。
それも貴族令嬢やってる合間の手慰みじゃなくて、国を出て裸一貫からの叩き上げでのことですからね。二十歳で死亡して婚約破棄の場面からのやり直しというループ状態になっているのですけれど、これだけ人生経験積んでしまうとスキル云々よりも度胸やメンタルの方が完全に鋼である。貴族令嬢の精神じゃないわなあ。その上で、普通の貴族令嬢なら絶対に持っていないだろう知識や技術がぽんぽんと飛び出てくる。それも一つの分野だけならともかく、まったく関係ないジャンルを飛び越えてだから、そりゃ皇太子アルノルトも「ふっ、おもしれー女だ」みたいな感じの少女漫画的な俺様系男子な興味を抱いてしまうのも仕方ないってなもんよ。
これが少年向け漫画とかラブコメだと周辺でウロウロしだすがせいぜいなんだけど、少女漫画や少女小説系列の俺様系男子だと、そのまま強引に身柄を持ってっちゃう。今回の場合は婚約破棄されて身分中途半端になってしまったリーシェを、そのまま自分の婚約者として有無を言わせず引っ張って手の内に入れてしまう、までやってしまうんですよね。
本当の意味でお互いの関係を深めていく、心の距離を近づけていくのはそれからになるわけだ。
実際、アルノルトは底を見せないリーシェに興味津々で彼女の実態を見極めようとどんどんと突いてくるのだけど、一方でアルノルト自身の方には一線を画して踏み込ませようとはしないのである。
リーシェの方も、これまでのループの要因。死亡原因となっているアルノルトの事は最初警戒していた、前回は騎士として帝国との戦争に関わっていた上にアルノルト自身の手で殺されるはめになっていたのでそりゃそうなのだけど。でも、これまでの人生で伝え聞いていた冷酷非情の皇帝アルノルトの評判とは違う、この皇太子時代のアルノルトの姿に段々とこっちも興味を持って気になってくるわけですが、この男なかなかガードが固い。
なぜこのアルノルトという男が、前世のような非情の皇帝になってしまったのか。彼に興味を持ち近づくというのは、彼が秘めているであろう闇を暴き、同時に彼の未来に暗い影を落としていく要因を先んじて見つけていく、という事に繋がっていくわけで。
いつの間にか、アルノルト攻略編になってるんだなあ、これ。もっとも、直接彼の方にツッコンでいくと鉄壁に巡らせているであろう壁に跳ね返されてしまうので、壁の向こうから身を乗り出してきてちょこちょことちょっかい掛けてくるのに構ってあげて距離を詰めつつ、彼の周辺状況から段々と攻略していく感じになっていますね、これ。弟テオドールとの確執に首突っ込んでしまったのもその最たるもの。と言っても、この件は向こうから突っかかっていたので、まだ積極的にリーシェが動いているわけでもないのか。
ともあれ、今世ではリーシェはこれまで商人や薬師、騎士や侍女といった成り行きでなった職業に全身全霊をかけて挑んだように、なんだかんだとなってしまった皇太子妃という身の上に全力投球しはじめるのである。皇太子として全力を尽くすぞー!てな感じで。
……この女、タイトルののんびり感とは裏腹に、実際は相当のブラック企業戦士気質だぞ。全力で働かないと死ぬ的なタイプだ。だからこそ、短い人生でも職業スキルを極めることが出来た、と言えるのでしょうが。でもこれまでの人生の平均睡眠時間とか聞くと普通にドン引きなんですが。それをわりと平然と当たり前的に思っているのも含めてw

そしてこのリーシェさん、これまでの6回の人生で極めたスキル、まだ2つ明かされてないんですよね。あと2回の人生、なにやってたんだ!?
「このリーシェ様はまだ2回の変身を残している!」とばかりに、まだ奥の手を隠し持っている皇太子妃様。いや隠してるわけじゃないんだろうけど、何が出てくるかわからないびっくり箱みたいなの、そりゃアルノルト様も面白がるわ。


 

5月20日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月19日

Amazon Kindle B☆W

5月17日

Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月16日

Kindle



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon
Kindle
B☆W


AmazonKindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


5月5日

Kindle B☆W

5月2日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月30日

Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月26日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W




Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索