徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

クオリディア・コード

どうでもいい 世界なんて クオリディア・コード ★★★☆   

どうでもいい 世界なんて: ークオリディア・コードー (ガガガ文庫 わ 3-20)

【どうでもいい 世界なんて クオリディア・コード】 渡航/saitom ガガガ文庫

Amazon
Kindle B☆W
アニメ「クオリディア・コード」千葉編!

渡 航×さがら聡×橘公司が企画するアニメプロジェクト「クオリディア・コード」の書きおろし千葉編のエピソードがここに!異能力と策略、そして陰謀渦巻くこの世界を救うのは……!?アニメ前日譚となる物語!
なんでいきなり、ブラック職場、営業残酷あるある物語になってるのこれ!?
戦闘科から落ちこぼれて生産科へと出向となってしまった千種霞。朝令暮改で力の弱い部下をイビってくる先輩にコンプライアンスなにそれ美味しいの?という上司に囲まれ、出先の営業周りではゴミ扱いという理不尽な日々を、ローテンションながらフラフラと泳いでいく毎日。
異能力と策略、そして陰謀渦巻くこの世界を救うのは……!?というあらすじなんですけれど、異能力とか陰謀とか世界とかより先に、職場環境をなんとかしようぜ本当に。
と、思ってたら極々少数の戦闘科が特権を振りかざし、他の科は働いても働いても報われない現況のシステムに対して、生産科のトップである釣瓶朝顔が戦闘科のトップが単独出馬することが慣例となっている首席選挙に打って出る工作に、生産科出向の霞もドカンと関わることに。
理想は理想で素晴らしいし、霞も立場上出来る限りは協力する、というか仕事として携わるのですが、やっぱり仕事以上の熱量はそこにはないんですよね。きっちりとした線引がされてしまっている。
どんなブラックな仕事環境でも淡々とやるべきことはこなしているあたり、ある意味タチが悪いんですけれど。ブラックな環境に対して愚痴はこぼしていても、それから逃れようとか改善してほしいという積極性が欠片もなく、これまた淡々と現状を受け入れている。
「どうでもいい、世界なんて」
というのは、まさに霞の心境をそのまま物語ったものなのでしょう。
そんな霞にとって何が重要なのかというと……うむむ、あんまりベタベタしてないしテンションもあがらないしそれ以外眼中にないというほど一心不乱ではないのだけれど、妹の明日葉以外のナニモノもないんだよなあ、これ。
冷めた言動のわりに、言ってることやってることは全部妹ラブですし。なにこのローテンションシスコン兄ちゃん。そんでもって、妹の方も妹の方で外では恥ずかしいからと兄に対してそっけない態度を取る明日葉ですけれど、家では兄と同じくテンション低いまま兄の側でひたすらゴロゴロゴロゴロ。風呂上がりなど、下着姿で兄の前をウロウロとして、離れない。実は住む場所違っているにも関わらず、兄の部屋に入り浸ってるとか。
いやなんでそんなローテンションで激兄ラブなのこの娘!? すっごいブラコンだよね!!
兄に対する言葉はなかなか厳しい内容のものが多いんだけれど、ぼんくらな兄をめっちゃ心配しているのがまるわかりですし、将来に渡って兄を養う気満々ですし、実は兄を細くて長くて縛るのに役立つアレにする気満々なんじゃないだろうか、この妹。
このやる気が一切欠けている兄妹が、アニメ放送の段階では首席と次席に収まっているのだから、一体何がどうなったのか、千葉。その詳細が明らかとなるのは下巻となるんだろうけれど、展開があんまり想像できない。

それはそれとして、他の東京や神奈川と違って一番地域色が出ていたのが千葉編だったんではないでしょうか。
戦闘科がヤンキーばっかり、というあたりとか! 
あと、例のコーヒーみたいな練乳が千葉では最優先で生産されてたりとか! どんだけマックスよ。

渡航作品感想

そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐ ★★★   

そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐ (MF文庫J)

【そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐】 さがら総/カントク MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W
人類の『敵』――“アンノウン"の襲撃により世界が崩壊した近未来。湾岸防衛都市東京の学園に所属する朱雀壱弥は――人類を愛しすぎていた。全人類の発展のため、美少女の告白をバッキバキに叩き潰し、戦わない同級生の心をボッキボキに叩き折る。デート? カップル? それはこの世界でどんな意味が? なにもかもを論理で語れ。自分の正義を信じてやまない朱雀に、謎の転校生少女の調査任務が与えられ……? 「人類が好きか?」「大好きです! 」「なんでもできるか?」「なんでもします! 」ポジティブクズとドM天使が出会い、新たなる変態ストーリーの幕が上がる――!
『変態王子と笑わない猫。』コンビが贈る青春ラブコメの最前線! 刮目せよ!
人類という総体を愛しているに過ぎなくて、個々の人間の個体には一切興味もなく、総体としての人類に役立つ個体にのみ関心を持って愛でてる、ということ? この主人公。
真面目系クズ、というのじゃなくて単に価値観の違いなんだろうけれど……いや、この総体を愛して個には関心ないって、かなり理解し難いんですけれど。例えば、犬とか猫とかが好きな人って種としての犬猫を好きであっても、個々の犬猫を可愛いと思うからこそ、種としての犬猫も好きなんですよね。個々の犬猫には興味ないのに、総体としての犬猫は愛しまくってるって、想像できないんだよなあ。
駄目だ、本気でわからん。
ロジックとしては理解できても、心理構造がいびつすぎて無理矢理感が否めないんですよね。これだと、名無しのドレッド主席の無機質な個を無視した全体優先主義の方が、環境に培われた非人間性としてあり得るカタチで、そういうのが存在するというのに納得できるんだけれど、朱雀の方は無理やり造った下手くそな人工物的な愛情があって、なんというかわかりやすすぎる。斜め45度にチョップで叩けば治る程度の不具合というか。ちょっと上に被せた幕を外せば正常な感性が現れる、くらいの価値観でこれは、修正しやすそう。
噛み合わない朱雀とつぐみの掛け合いとか、カナリアのやればやるほど哀れなことになっていく訓練のポンコツさは面白かったけれど……。頭のオカシイキャラって、本当に骨の髄まで頭おかしくないと……というと語弊があるか、それぞれが持つ固有の価値観がブレないキャラでないと、どうしても浅くなるんですよね。もし、その価値観が変わるとき、壊れるとき、価値観が強固だったり強烈だったり、少なくとも簡単にブレないものでなければ、破壊された時のインパクトや痛快感にはやはりどうしても陰りが出てしまう。
その意味では、朱雀もカナリアも言動こそ過激だけれど、価値観の強度に関してはウエハースっぽく感じてしまって、タイトルにもあるような東京というエリアの価値観の破壊に対する痛快感に関しては、どうもあんまり盛り上がりを感じなさそうなのが、ちと残念で物足りないか。
名前も出てこない主席も、存在感薄いしなあ。あの捨てられた娘も、現場であんな風に切り捨てられるのは非常識で非合理だと思うけれど、自分の独りよがりな行動を反省もせずおんなじことを繰り返して失敗するわ、許してもらえると端から甘えた考えを抱いていたことやら、自業自得もいいところでさっぱり同情も湧かなかったですしねえ。
コント劇場はほんと、笑えて楽しかったんで次も読むつもりですけれど、シリアスサイドが増えてくるとどうかなあ。

いつか世界を救うために クオリディア・コード 2 ★★★☆  

いつか世界を救うために (2) -クオリディア・コード- (ファンタジア文庫)

【いつか世界を救うために クオリディア・コード 2】 橘公司/はいむらきよたか 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

暗殺対象である神奈川序列第一位・天河舞姫の突然の来訪。二人っきりになる絶好の機会であるにもかかわらず、動揺する紫乃宮晶。ストーキングの証拠満載の舞姫グッズで埋め尽くされた部屋を隠し通せるのか―。さらには四天王入りを果たしたことで、「神奈川伝統の寝起きドッキリでね!」今度は逆に舞姫たちからストーキングを受けることに!?そして明らかになる衝撃の事実―「シノって…女の子だったの?」「そうだが」新世代ボーイ改めガール・ストーキング・ガール!!
ほあーーーっ!? ちょっ、ええ!? えええ!? えええええ!?
ちょっと待ってーーー!! え? シノって女だったの!? 敵の能力で性転換させられてえらいこっちゃなイベントとかじゃなくて、最初っから女だったの!? びっくりすぎるわーー! それはびっくりすぎるわーー!
いやー、マジびっくりした。大仰天でしたよ。マジか〜。そうだったのかー。
はーーーー……そうか、そうなるとシノが舞姫に対してあれほどストーキングをしながら一切邪念らしい邪念が感じられなかったのは、シノがすっとぼけた天然系男子だったからじゃなくて、単純に同性だったからだったのかー。この男、稀代の逸材だぜー、と戦慄しっぱなしだったんだが、ちゃんと道理の通用する人間だったんですね。
……いや待て、そりゃシノが女だったから邪念が感じられなかった、というのはわかるとしても、あの凄まじいまでのストーキング熱はじゅうぶん変態だよ!! 女の子同士でも見事にアウトだよ! むしろ、女の子同士だからこそ執拗すぎて怖いよ!! しかも、あの熱心さは仕事だから、というわけではなかったんじゃないか、という疑惑がシノと舞姫の関係が明らかになることによって湧き上がってきてしまったんだが。
ケンゼンですか!? ホントに、ケンゼンな親友関係ですか!? 健全女子ですか!? むしろ、この巻のあとの話というか、舞姫とシノの関係の方が気になってきますよ、これ。のちのち再登場した時にどえらいことになってないか心配ですよ。

はーー、初っ端から凄まじいパンチ食らって動揺しっぱなしでしたからねえ。うん、開幕攻撃としてこれほど入念にして威力タップリのそれはなかなか経験できないものでした。普通、この手のネタバラシは巻末とかクライマックスなところでやるものだから、第一巻で一切明らかにしないまま、まさかの二巻冒頭で、というのは未だかつてなかった手法なんじゃないだろうか。一巻読んで、二巻の表紙目の当たりにした人は、いったい何事か!?と惑乱させられたでしょうし、そのまま中身を読んだ人は目を白黒させられながら度肝抜かれたでしょうし。
これはこれで、やられたなあ、という思いが。まいった。

しかし、そうなると「ほたる」との関係も男女のそれではなく、百合となってしまうわけで……ヘヴィだ。スーパーヘヴィだ。しかも、事実が明らかになるにつれて、「ほたる」の変態性がそれはもう取り返しのつかないことに。すでに取り返しの付かない変態だけで四天王が形成されているのに、それ以上の手遅れマッドクレイジーなのが浮かび上がってきてしまって、こりゃもうアウト!! これぞ、ヤンデレの極みよなあ。
でも、スッキリした。なるほど、そもそもの舞姫暗殺指令からしてずっともやもや感がつきまとっていたわけですし、シノの中にあった違和感、というか断線したような不可解な繋がりなど、すべてが一つの要因によって形成されていたわけですね。巧妙に消し去られていた部分が明らかになった途端、全部が綺麗に繋がったのは何気にお見事。

神奈川編はこれにて一応の幕引きと相成って、続きは他の地域の作品と合流しての、アニメ化ですか。舞姫とシノたちがアニメで見れるわけですか。ってか、あの変態たちがアニメ化してしまうのですか? 正直、他の作品とキャラの釣り合いがとれているのか心配なんですけど。多少なりとも、マイルド化されてしまうのでしょうか。そうだと安心のような少し寂しいような……。まあでも、素直に楽しみです。
それに、舞姫は健全ですし。彼女だけ?は健全ですし。

1巻感想

2015年8月読了ライトノベル系書籍からのお勧め  

月末発売のファミ通文庫、スニーカー文庫、コバルト文庫、HJ文庫、ビーンズ文庫などは来月送り。


読んだ本の数:46冊 うち漫画:12冊


気が付かなかったのだけれど、8月中にどうやら読書メーターに登録していた読了本が一万冊を超えた模様。
自分が所有していた本と確実に読んだ記憶がある本しか登録してないので、厳密には正確でないのですが、はたしてこれを多いと見るべきか、自分の年令からしてこれだけと思うべきか……。
最近よく思うようになったのだけれど、ただ本を読む、という一事に関してさえ人間の寿命は短すぎる。全然足りない。よくファンタジーとかで長命の種がやることなくなって生きる事に飽いてしまう、とか言ってるキャラを見るけれど、その度に探せばやることなんざなんぼでもあるだろうに、と思ってしまう。

先月も書いたのだけれど、新刊の消化率が減少し、積み本の崩し分が増えてきている。追っつかないのよね。お陰で、積み本の中にも面白いの確実、という作品が山となってきているから、読む本読む本期待値に至るかそれを上回るものばかりで、ご覧のように四つ星級がザックザクという状態だ。
と、そんな中でも超おすすめが、この下のこれ、【筺底のエルピス】。第一巻も瞠目に値する名作の気配プンプンさせてた作品なんだけれど、2巻になったらさらにブースト掛かって、もうどう見ても超大作。2巻にして恐ろしいまでの貫目がでてきてる。これは凄い。

新作の中で特に期待しているのは瀬尾さんの【横浜ダンジョン】。ちょうど富士見でシリーズ展開していた【スカイワールド】が完結したところだし、ぜひあれを上回る代表作を目指してほしいシリーズであります。



★★★★★(五ツ星) 1冊

筺底のエルピス 2.夏の終わり】 オキシタケヒコ/toi8 ガガガ文庫

【筺底のエルピス 2.夏の終わり】 オキシタケヒコ/toi8 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
こいつは大作だっ! 2巻にして圧巻の展開すぎる。まだ2巻だよ!? 


★★★★☆彡(四ツ星Dash) 3冊

不戦無敵の影殺師(ヴァージンナイフ)5】 森田季節/にぃと ガガガ文庫
となりの魔王 襲来編】 雪乃下ナチ/ちほ ビーズログ文庫アリス
いつか世界を救うために クオリディア・コード】 橘公司/はいむらきよたか 富士見ファンタジア文庫

【不戦無敵の影殺師(ヴァージンナイフ)5】 森田季節/にぃと ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
大切な人を喪った時、取り残された者はどう生きるのか。それを迫真とともに描いたシリーズでも屈指の傑作回でした。


【となりの魔王 襲来編】 雪乃下ナチ/ちほ ビーズログ文庫アリス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
ヒロインのキレッキレなツッコミと地の文が冴え渡る爆笑日常コメディ第二弾。この作者さんの言い回しは本当にセンスがあって面白いのよ。


【いつか世界を救うために クオリディア・コード】 橘公司/はいむらきよたか 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら
クソ真面目にアホなことを貫徹させることに関しては、この橘さんはちょっと極まってる部分すらあるなあ。


★★★★(四ツ星) 14冊

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉 2】 SOW/ザザ  HJ文庫
異世界食堂 2】 犬塚惇平/エナミカツミ ヒーロー文庫
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 4】 羊太郎/三嶋くろね 富士見ファンタジア文庫
埼玉県神統系譜】 中村智紀/shimano ガガガ文庫
コップクラフト 5】 賀東招二/村田蓮爾 ガガガ文庫
東京侵域:クローズドエデン 01.Enemy of Mankind (上) 】 岩井恭平/ しらび 角川スニーカー文庫
絶深海のソラリス 】  らきるち/あさぎり MF文庫J
魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 12】 川口士/片桐雛太 MF文庫J
ストライク・ザ・ブラッド 13.タルタロスの薔薇】 三雲岳斗/マニャ子 電撃文庫
横浜ダンジョン 大魔術師の記憶】 瀬尾つかさ/やむ茶 角川スニーカー文庫
仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》】 すえばしけん/マニャ子 GA文庫
聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 13】 あわむら赤光/refeia GA文庫
アルバート家の令嬢は没落をご所望です 2】 さき/双葉はづき 角川ビーンズ文庫
リーングラードの学び舎より 2】 いえこけい/天之有 オーバーラップ文庫


【戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉 2】 SOW/ザザ  HJ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【異世界食堂 2】 犬塚惇平/エナミカツミ ヒーロー文庫

Amazon
感想はこちら


【ロクでなし魔術講師と禁忌教典 4】 羊太郎/三嶋くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【埼玉県神統系譜】 中村智紀/shimano ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【コップクラフト 5】 賀東招二/村田蓮爾 ガガガ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【東京侵域:クローズドエデン 01.Enemy of Mankind (上) 】 岩井恭平/ しらび 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【絶深海のソラリス 供曄 らきるち/あさぎり MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉 12】 川口士/片桐雛太 MF文庫J

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【ストライク・ザ・ブラッド 13.タルタロスの薔薇】 三雲岳斗/マニャ子 電撃文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【横浜ダンジョン 大魔術師の記憶】 瀬尾つかさ/やむ茶 角川スニーカー文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》】 すえばしけん/マニャ子 GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 13】 あわむら赤光/refeia GA文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【アルバート家の令嬢は没落をご所望です 2】 さき/双葉はづき 角川ビーンズ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


【リーングラードの学び舎より 2】 いえこけい/天之有 オーバーラップ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER
感想はこちら


今月のピックアップ・キャラクター

スヴェン (戦うパン屋と機械じかけの看板娘)
立花孝介 (埼玉県神統系譜)
冬川朱雀 (不戦無敵の影殺師)
瀬野夏織 (となりの魔王)
アイシュ (絶深海のソラリス)
坂霧彩 (横浜ダンジョン)
真藤冬音 (横浜ダンジョン)
真藤春菜 (横浜ダンジョン)
黒鉄響 (横浜ダンジョン)
紫乃宮晶 (いつか世界を救うために)
阿由葉秋輔 (仮面魔女の解放戦記《レジスタンス》)
メアリ・アルバート (アルバート家の令嬢は没落をご所望です)
ヨシュアン (リーングラードの学び舎より)



以下に、読書メーター読録と一言感想。

続きを読む

いつか世界を救うために クオリディア・コード 4   

いつか世界を救うために -クオリディア・コード- (富士見ファンタジア文庫)

【いつか世界を救うために クオリディア・コード】 橘公司/はいむらきよたか 富士見ファンタジア文庫

Amazon

西暦二〇四九年。世界は終わるかと思ったが、終わらなかった。突如として現れた正体不明の『敵』―“アンノウン”と戦争を続ける人類。防衛都市のひとつ神奈川の学園に転校してきた紫乃宮晶。彼の目的は『神奈川序列第一位・天河舞姫を暗殺すること』。しかし『最強』の称号を有し、人類の希望である少女の強さはあまりにも規格外で…。
「のぞきではない。監視だ」
「今は胸を調べている」
「無論、尾行だ」
「変態ではない、調査だ」
「秘密裏に行う家宅捜索だ」
舞姫の全てを知るための観察が始まった!?新世代ボーイ・ストーキング・ガール!!
こ、この人はー。橘さんという人は、【蒼穹のカルマ】がそうだったんだけれど、真剣にろくでもないことをさせるとやっぱり抜群にうまいわ〜。久々にこの作家さんの真髄を味わったような満足感であります。
主人公の紫乃宮晶は実に生真面目な男で余計な邪念など入る余地もなく任務を達成するために真剣に標的である舞姫の観察・調査を行うのであるが、やってることはどこからどう見てもストーカー、盗撮、痴漢行為という見事な犯罪行為! 完璧なまでのアウト! なのだけれど、本人本当に邪な気持ちないんですよね。欲望にかまけているわけではないのである……ないよね?? ないんだよね? 傍目から見てると本当に真剣なので、無いように見えるんだけれど、見えるんだけれど、それにしてもやることなすこと……w
それに、彼の能力って戦闘的にも凄まじすぎるんだけれど、ストーカー的にもさらにすごすぎるんですよね。見えてさえいれば触れるって、何この超々長距離狙撃ならぬ、スーパーロングレンジお触りとか。エロ漫画でも早々お目にかかれない優れた能力なんじゃないだろうか。
これが鼻の下を伸ばしながらやらかしてたら「この野郎!」なんだけれど、真面目なんだ。真剣なんだよ。このスットボケっぷりは、あの【フルメタル・パニック】の相良宗介のコメディのそれに近似するものなんだけれど、橘さんはこういう真剣に馬鹿をやるときは、それこそ手加減抜きに底抜けに馬鹿で「変態!」の方に全力疾走し出すので、たいてい目を覆わんばかりに酷いことになるのである。
でも【デート・ア・ライブ】の主人公の五河士道ってちょっとそのパターンにそぐわないキャラクターなんで、あのシリーズは作者得意のギャグパターンがなかなか機能してないのが、ちと残念なんだよなあ。まだ読んでいない本編最新刊では彼のキャラがかなり変貌するらしいので、期待しているのだが。
と、話は逸れたが、本作においても目を覆わんばかりに残念なのは残念ながら紫乃宮ことシノだけではない。というか、オールマイティーに変態行為をマスターしているシノではあるが、残る連中はガチで変態である。さすが、と言わんばかりの変態揃いである。舞姫の下に集った歴戦たる能力者たち四人の「四天王」。
近年稀にみる四天王である。これに匹敵するのは、さすがに【のうりん】の四天農くらいしか思いつかないw
いや、普通に強かったり有能だったりするからこその四天王なんだけどね。うん、それが基準と思う時代が本作にもありました。違うのね、違うんです。違ったんです。うん、強さが基準ではないのね。
でも、もうどちらにしてもシノはあまりにも適格者すぎて、笑っちゃうくらいハマりすぎてしまう基準でもあるわけです。誰がどう似てもあなたが文句なしにナンバー2ですww

しかし、ヒロインの舞姫は、天真爛漫さが素晴らしいですね。天使ちゃんですね。まさにみんなの舞姫すぎて、可愛すぎる。最強キャラなのに、基本的に初な小娘らしいキャラキャラした甘やかさが眩しいかぎり。これは、みんなのアイドルになるのもわかるなあ。こういう底抜けに陽性のヒロインというのは、どうにも太刀打ち出来ないカリスマ性があって、真面目なキャラほどズドンされてしまうのかもしれない。
一方で、こういうキラキラした娘にこそ、対比として光あるところ陰あり、な娘が並び立てるわけで。シノの本来のパートナーである彼女。もうあからさまに謎と陰謀と後ろ暗い思念を抱え込んでいて、これはこれで実に素晴らしい。
シェアワールドということで、この作品自体長引かずに次の巻あたりで完結するらしいですけれど、長期で楽しめないのが勿体ないくらい期待に違わぬ面白さでした。

 
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索