グラウスタンディア皇国物語

グラウスタンディア皇国物語 5 3   

グラウスタンディア皇国物語5 (HJ文庫)

【グラウスタンディア皇国物語 5】 内堀優一/野崎つばた HJ文庫

Amazon

難攻不落と名高きゾラ港を見事手中に収めたクロムたちは、矢継ぎ早に次の進軍準備へと取り掛かっていた。
今度の作戦は、リジア海軍司令部が鎮座する重要拠点アラティアの陥落。
陸路から四つの関を突破することが最低条件とあって、今までにない激戦が予想される中、最後の皇国七聖である鍛冶屋・ウルの血縁を名乗る者がユースティナの下を訪れて――。
ラトルグ国のレイリン姫、優しくて責任感のある人ほど、思いつめて覚悟完了してしまうと徹底的にやらなきゃならないことを妥協せずにやっちゃうもんなのか。彼女の道はこれ、覇道になっちゃったなあ。神代の真実に触れる事が彼女に覚悟を強いたのだとしたら、ユースティナもあの時境界を踏み越えてあちらを覗いていたら、レイリンと同じ道を選択していた可能性もけっこうあるんだろうなあ、これ。コウソンは姫を大事に思いながらも、あくまで彼女に為政者として在るように望んでしまっている。ここが、クロムとユースティナとの関係の微妙な違いになってしまうのか。
リジアの若き法王も、実は賢君である事が明らかになり、それぞれ三国とも内部の他派閥や敵対勢力との権力闘争の中で実権を握ろうとしているのだけれど、たとえ三国が賢君の指導下に収まったとしても、どうやら争いは収まりそうにないのがキツイなあ。利権や権益による争いなら幾らでも妥協できるのに、これは宗教どころか神権による代理戦争の影があるので、どこにも妥協の余地がないんですよね。皆が、それに乗らざるを得ず、神が敷いたルールに則って犠牲を多く出しながらも戦乱を終結させようともがいている。それが、余計に血で血を洗う地獄を引き出しそうなんですよねえ。そろそろクロムが握っているカードを表に向けて貰わないと、希望が持てなくなってくるんですが。
皇国七聖の最後のメンバーが現る……って、二人いるじゃないですか。いや、鍛冶師の兄ちゃんはともかくとして、算術家の妹の方はこれ存在価値がパないんですけれど。ラトログ国の黒色火薬の出現も世界を刷新するかもしれないけれど、彼女のもたらす概念はこの世のすべてをソフト面から刷新しかねない。革命的、とすら言って過言ではないかと。クロムは、果たしてどこまで正しく彼女のもたらした力の及ぶ先を見て通せるのか。弾道力学なんか、本当に瑣末なそれだぞ。
一方で、今回一番スポットが当たったのは七聖の一人にして盗賊、或いは諜報の専門家ファウラの過去話。彼女がいかにして今の彼女になったのか、を彼女を救ってくれた、彼女に名を与え人生を与え未来を与えてくれた恩人の娼婦との物語。この作者の人は、こういう個人にスポットを当てたシットリとしたお話の方が上手い気がするんだよなあ、と思わずウルウルきながら思ってしまった。勿論、ラブコメも素晴らしいのだけれど。
しかし、皇国七聖もこれどんどん世代交代している、ということなのね。実態のない称号のはずなんだが。フィフニスも新七聖に入りそうだな、これ。なにこの地上に舞い降りた大天使様は(苦笑
なんか、一人だけ別次元でわけのわからないことをしてるんだけれどw そのうち、新宗教が立ち上げられかねないんですけれど。リアル神群VS偶像神(アイドルマスター)フィフニス、とかならないだろうか、マジで心配なんですがw

シリーズ感想

グラウスタンディア皇国物語 4 3   

グラウスタンディア皇国物語4 (HJ文庫)

【グラウスタンディア皇国物語 4】 内堀優一/野崎つばた HJ文庫

Amazon

物語の舞台は皇国の外へ! 少数精鋭で月の港を攻略せよ!!

大国リジアによる30万の猛攻を辛くも退けた皇国。
それで一息つく間もなく、軍師クロムはたった千の兵で難攻不落と名高いゾラ港攻略に挑むことに。
その前準備として、クロムたちは西の大国ラトルグへと赴き、前代未聞の大博打に打って出る!!
一方、北方騎馬民族との内乱平定に動くコウソンもまた、自らの命を賭して単身、敵陣へと乗り込むが――。
ああ、これは問題が根深いなあ。てっきり神の暗躍は、国々の戦乱を煽る形でこっそりと行われていると思っていたのだけれど、今回明らかになった事実からすると、大陸における国々や民族の紛争そのものが神々の代理戦争という理由で行われている事になる。表向きは国益や安全保障を求めて起こっていると思われた戦乱だけれど、根本に神々の争いというものがあるのなら、多国間における交渉によって平和裏に戦乱が集結する、という可能性は皆無になってしまう。いずれにせよ、何らかの形でどこかの国、或いは民族が他国を支配下に置き、他国他民族の崇める神を自分たちの奉じる神の下に敷く、つまり唯一神が誕生しなければ戦乱はどうやったって終わらない、という構図になっているのだ、この大陸は。
なるほど、クロムが着々と喧嘩を売る準備を整えているのは、こうした神々の作り上げた代理戦争システムそのものか。果たして、この世界の仕組みについてちゃんと理解した上で動いている人物については、クロム以外にもう一人、ラトログ国のコウソンがその辺承知した上でラトログ国を勝ち残らせようと動いているみたいだけれど、果たしてそれがクロムと同じように神と敵対する道なのか、神に沿う形なのかはまだちょっとわからないんですよね。クロムが具体的にどうしようと目論んでいるのかがわからないと、果たしてコウソンが同志足りえるのか、それとも絶対に戦い勝負をつけざるをえない相手なのか見えてこないので、何ともいえないのですけれど。ただ少なくとも、クロムにはリュリュという鍵があり、コウソンの方にはリュリュに該当する切り札が見当たらない、という点は見逃せないかも。
二人の、自身が忠誠を捧げる姫に対するスタンスも結構違うんですよね。主従の関係でこそあっても、目的を同じくする同志として姫に対して遠慮もなく、時に厳しく時に親身に接するクロム対して、コウソンは彼自身が語っているようにレイリン姫に崇拝に近い忠誠を誓いつつ、一線を引いている。レイリン姫はコウソンをもっと身近な親身になって欲しい存在として欲しているのであるから、既にすれ違いが生じているとも言えるんですよね。
ただ、ラトログ国における女王の扱いというのは、聞いている分にはかなりとんでもない代物であるんで、コウソンがレイリン姫をどう扱うかが、彼が神威に従い国の要としての姫に忠誠を誓っているのか、それとも一人の少女としての姫を大切にしているかが明らかになるのでしょう。今のコウソンは潔癖すぎて、或いは背負わされたものがおもすぎて、果たして私情を優先できるのかちょっと危ういところがあるので、今から悲劇の種は撒かれているような気もするのであります。
その点、クロムは緩くて欲張りで欲するものに正直な部分がよく見えるので、逆に安心感があるんだ、特に姫様については。まあ安心感はあっても、ユースティナ姫はなんだか振り回されてえらい目にあいそうな気もするのだけれど。
むしろ、一番正しく姫とその騎士の関係を築いているのは、今回のガジェルとリリア皇女なんですよね。どう考えても幼女と野獣なのですが、あのクロムにも手綱を握りきれてない凶人ガジェルが、まだ一〇にも満たない幼さで既に苦労苦難を自分から背負い込みそうな生真面目な幼女姫の言うことだけはキッチリ聞くとか、何とも微笑ましいじゃないですか。ガジェルに肩車をして貰って心からの笑顔を浮かべるリリア姫の姿は、和ましい癒される光景でした。

一巻 二巻 三巻感想

グラウスタンディア皇国物語 3 3   

グラウスタンディア皇国物語3 (HJ文庫)

【グラウスタンディア皇国物語 3】 内堀優一/野崎つばた HJ文庫

Amazon

大国随一の知将VS皇国最強の軍師、激突!!

陸路と海路の両面から、30万という未曾有の軍勢で皇都陥落を狙う大国リジア。
その目論見を早々に看破した皇国の軍師クロムは、あらゆる策を講じて相手の兵力を着実に削っていく。
一方、皇女ユースティナは皇族が背負いし精霊神シオンを契機に世界の秘密の一端に触れてしまい!?
大国随一の智将と皇国最強の軍師が刃を交える皇都防衛戦、最高潮!!

ヒィーッ、これはたまらん。どれだけ相手の能力を信頼していても、その相手が敵であり、その敵が此方の策を見抜いてくれる事を前提に作戦を立てるとか、怖くて出来んよ。博打的要素を限りなく排し、状況を整える事で相手の意思決定まで必然に近い形で誘引誘導して望んだ形を作り出すという軍師冥利につきる名采配。さらに、相手に意図を読み取られることすら作戦に組み込み、敵将の能力を分析しきった上で肝心要の一手を起死回生の局面に持ってくる。突飛な奇作ではなく、意外と堅実でもあり、同時に非情で容赦のない作戦は説得力を伴っていて、リジア軍の主力を担う貴族たちは決して無能でも短慮でもないにも関わらず、クロムの作戦に絡め取られていく姿にも不自然さはなく、これはもうクロム凄い、としか言えないんですよね。
尤も、クロム一人が孤軍奮闘しているわけではなく、絶体絶命な状況に追い込まれながら精神論に逃げずに最後まで諦める事をしなかったグラウスタンディアの官僚たちといい、名将の名に相応しい攻防のそれぞれに長けたシドとシェルシュ、精強なるラング騎兵隊、若き次世代の逸材として見事に成長しつつ在るフィフニスなど、救国七聖と呼ばれる英雄たち以外にも人材がキッチリ揃えられていたからこそ、クロムが十全に采配を振る整っていたのでしょう。いかな名軍師とはいえ、味方の足並みが不揃いだったり、内部に問題があったりしたら、その能力を活かしきる事など出来ませんからね。
その意味では、むしろ全く無手の状況から着々と足場を築いていっているラトルグ国のコウソンの方が強敵っぽいなあ。今回、読み合いに完全敗北し、手酷い惨敗を負ってしまったナターシア女史も、むしろ叩かれて伸びるタイプっぽいですし。
とまあ、表向きの国同士の鬩ぎ合いの裏では、ファンタジーらしい神と呼ばれる高位存在の干渉が垣間見え、国盗り合戦の一方で、人と神との地上における主権を争う戦いらしきものの存在が提示されたことで、敵味方の構図がガラっとひっくり返る要素も見えてきてるんですよね。
さて、どの段階で物語がひっくり返るのか、楽しみ楽しみ。
絵師さんが今回から交代してますけれど、自分はむしろこっちの野崎さんの方が好きだなあ。


1巻 2巻感想

グラウスタンディア皇国物語 23   

グラウスタンディア皇国物語2 (HJ文庫)

【グラウスタンディア皇国物語 2】 内堀優一/鵜飼沙樹 HJ文庫

Amazon

軍事大国リジアとの全面戦争、突入。

海賊に扮して罠を張っていた四千のリジア海軍を相手に、少数の軍勢で勝利を収めた《皇国七聖》の軍師クロム。
その際に得た800名余りの捕虜を交渉材料とし、クロムは皇女ユースティナのお付きとして開戦の緊張高まるリジアとの会談に臨むことに。
しかし会談の直前、クロムは皇太子ダカットから急遽、不可能とも思える敵情視察を命じられてしまい!?
これ、タイトルこそ【グラウスタンディア皇国物語】になっているけれど、物語の焦点は皇国に留まらず、リジアやラトルグに散らばる群像劇となっているじゃないですか。クロムは皇国のキープレイヤーとして縦横に活躍する事になるんだけれど、むしろ主人公は後ろ盾のない無力な状態から兄の皇太子や国王に対して自分の理想を立脚していこうとしている皇女のユースティナや、軍官僚から嫌がらせを受けながらも自分だけの部隊を育てて行こうとしている騎士フィフニスのようにも見えるんですよね。一方で、リジア宗旨国家でも、ナターリアという貴族の指揮官将が、国政を主導する十二貴族の中で孤立しながら自分なりの道を模索し、ラトログ国では国政を壟断する宰相に対して、力を持たないながらも理想を持つ王女を補佐して、腹心たる若き俊英が臥薪嘗胆で主君を盛り立てようとしている。
少女たちの戦争……戦乱の時代の中で平和を求めて抗う少女たちの戦いが、表の戦争とはまた別の形で狼煙をあげようとしているのです。単なるグラウスタンディア皇国物語の一国の興亡記、戦争の勝敗の行方を追う物語ではなく、大陸全体の行く末を複数の焦点から導いていこうとする群像劇の様相を見せ始めているんですよね、これ。
同時に、人間の視点とはまた別の、超常の存在の世界への関与を感じさせる要素が各所に垣間見えてもいる。一人、クロムだけがリュリュというこれもまた超常の娘を伴うことで、それと対峙しているようにも見えるわけです。果たして、彼が本当に戦おうとしているのは一体何者なのか。グラウスタンディア皇国の王ジルバの背後にうごめくものとは。なぜクロムがユースティナを盛り立てて行こうとしているのかも、この事実から色々と伺うことも出来るんですよね。
とはいえ、まずは対処するべきは大軍をもって皇国に攻め込んできたリジアである。前哨戦である外交交渉は、クロムとユースティナの頑張りによって優勢を勝ち取ったものの、問答無用で大軍を送り込んできたリジア。
それも、漫然とした侵攻ではなく、その全貌が明らかになった時にはなかなかに唸らされた包囲圧殺作戦なんですよね、これ。凄まじく強引ではあるけれど、被害を鑑みなければ短期決戦狙いとしてはかなりの脅威。自軍を最初からすりつぶして構わない、という心持ちで来られるのって、迎撃する側からするとやっぱりキツいですわ。それが、兵力差からして圧倒的となると尚更であり、しかも初撃でいきなり首都を狙われたとなると。
この外線作戦に如何に対向するのか。幸いにして、敵軍の連携はラング騎兵隊の遅延作戦で乱れている上に、揚陸軍もユースティナの看破でまだ致命的な状態になる前に敵情を把握出来ている。さて、殆どクロムのお膳立てだけれど、ここから挽回の余地はまだ十分に残っていると言っていい。内戦作戦の粋が見れるかもしれないな、次回。
しかし、ユースティナ皇女はクロムに甘えること無く、自分で考え成長し続けてますねえ。あれでクロムって手取り足取りなんでもやってくれるわけじゃなく、自分でやれることはやりましょう、と案外責任ある仕事を放り投げてくる人なので、ユースティナも安穏としていられないのですが。肝心なときにはひょいひょいとフットワーク軽く来てくれる人ですけれど、結構スパルタですよ、クロムって。泣き言言わないユースティナなほんと、頑張り屋さんで健気だのう。
もう一人の少女主人公であるフィフニスも、かなり不当な待遇を受けながら、自分に与えられた権限に誠実に向き合うことで悪意を覆す真っ直ぐな力強さが、気持よかった。もっとへこたれてもいい状況だったと思うんですけどね、こんなに良い娘だったのか、と思ってしまうついつい応援したくなる騎士さまじゃないですか。クロムが手伝ってくれたとはいえ、ほぼ自力で自分の隊を創りだしてしまったんですから、大したものです。このままなら、立派に一軍の将に出世していきそうじゃないですか。
でも、本作で一番ヒロインしているのって、皇国の少女たちよりもむしろ、今回初登場のラトログ国の王女様なんじゃないでしょうか。レイリン姫と侍従のコウソンの二人が実に良いコンビで。ユースティナよりも厳しい立ち位置のレイリン姫が、僅かな忠臣、そしてコウソンという気鋭の才気迸る若者に支え守られ、国にはびこる腐敗と戦う、とかこの人が一番ヒロイン、お姫様プレイしてらっしゃるんですよね。コウソンも地位低いのに、クロムよりもなんか主人公してるっぽいし。こっちサイドも注目だなあ。

1巻感想

グラウスタンディア皇国物語 1 3   

グラウスタンディア皇国物語1 (HJ文庫)

【グラウスタンディア皇国物語 1】 内堀優一/鵜飼沙樹 HJ文庫

Amazon

皇国最強の切り札は――双剣使いの英雄軍師! 超王道カタルシスで刻むファンタジー戦記、始動!!

五年前、隣国リジアとの大戦を終結させた七人の英雄――《皇国七聖》。
その一人である双剣使いの青年軍師クロムは、主たる姫君ユースティナとの誓いを守り、再び開戦が迫った皇国の切り札として戦場の最前線へ舞い戻る!
武力と知略の両面で卓越した才能を発揮し、絶望的な戦況さえも鮮やかに覆す英雄軍師の活躍を描いたファンタジー戦記、開幕!!
大戦が終わった後、山奥に隠棲して俗世から離れた生活をしていたという、何とも浮世離れしたというか仙人めいた雰囲気のある経歴からはじまり、また登場してしばらくは生真面目な態度に徹していたので、あんまりおちゃらけたところのない、性格的に面白味のないタイプの主人公かと思っていたら油断した……(笑
大戦期、暇さえあれば読書に没頭していた姿が、当時まだ幼かった少女騎士フィフニスの憧れの記憶として残っており、彼女のクロムへの憧憬を形成する光景となっていたのだけれど、まさかその時黙々と読んでいた古書が……エロ本だったとは思うまいw
バレたからって開き直るな、このムッツリスケベ。いやいや、仙人どころか普通に助平な兄ちゃんじゃないですか、こいつ。本性がバレたあたりから、クロムの態度もなんだか飄々としてとらえどころのない食わせ者的なものになってきて、皮肉や図太い言動、身近な人達をからかって弄るような面も見えてきて、刺客的にも面白味ばっかりじゃないですか。
うむ、エロ本ネタは素晴らしかったな。あの一個だけで、とたんにすんごく親しみの湧く主人公になりましたよ。同じく、再会のシーンが結構重めな展開だっただけに、こちらも重苦しい雰囲気だったフィフニスも皇都に戻ってきたあたりから緊張が解けて素に戻ったからか、乙女的な思い込みの激しい妄想少女であることが発覚してしまい……ああわりと残念な娘だ(苦笑
しかしこのクロム、かなり悪辣というか口が立ち機先を制して現場の応急判断から外交交渉にはじまるグランドデザインに至るまで、状況の主導権を握り続けて自分で描いた図に世界を引きずり込むタイプの軍師にも見えるんだけれど、同時に双剣使いとしても際立った腕前を持ち、さらに器用貧乏的ではあるものの、あらゆる方面に手腕を見せる、とかなりの万能選手なんですが、結構性格が悪いというかイイ性格をしているのであんまり嫌味な感じはしないんですよね。これで性格までスマートで欠点なかったり、理想家や正義感たっぷりだと鼻につくものなんですが。やっぱり、軍師は腹黒でないとねえ。

ストーリー自体はオーソドックスな戦記モノ、と見せかけつつ、クロムの義妹であるリュリュの存在が微妙に違う色を見せてるんですよね。どうやら、人間の戦争の物語にとどまらない、神代と人の世の交錯が介在してきそうな予感。クロムたちの主人となるお姫様の勢力基盤がほぼ無いに等しく、現皇王と皇太子が能力的にも性格的にも存在的にもかなりヤバ目である、というのもなかなか面白い舞台設定なんじゃないでしょうか。平気であの国王に口出しして国政の現場にしゃしゃり出てくるクロムの図太さというか豪腕は、さり気なく凄いと思いました。逆に言うと、あそこでクロムにやらせる国王と皇太子も怖いなあと思うのですけれど。


内堀優一作品感想
 

6月15日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

6月3日

Amazon Kindle B☆W

6月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月31日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月30日

Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


5月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

5月23日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月19日

Amazon Kindle B☆W




Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索