ステラヴェローチェ

第68回大阪杯 G1 レース回顧   

4歳以上 オープン (国際)(指定) 定量 阪神競馬場2,000メートル(芝・右)

例年は高松宮記念とカブるドバイワールドカップデーなんですが、今年は大阪杯と被ってしまったがためにルメールや川田騎手など一線級の馬たちのみならず、騎手たちも不在となった大阪杯。
ルメさん骨折大丈夫だろうか。鎖骨や肋骨なのはこの際不幸中の幸いなのかもしれないけど。

さて大阪杯であります。去年の暮れに各世代の一線級の名馬たちが一斉に引退。残った現役最強クラスのドゥデュースにリバティアイランド、スターズオンアースといった面々も軒並みドバイの方に行っちゃって、さて残留組はというといささか小粒に思える面々ばかり。
いやね、戦歴だけ見るならば去年のダービー馬に皐月賞馬のクラシック組が出揃い、キラーアビリティというホープフルS2歳チャンピオン、ジオグリフという一昨年の皐月賞馬。スタリングローズという秋華賞馬などなどG1馬もちゃんと揃っているのですけどね。
しかし今年の4歳世代は古馬との対決成績が散々なことから世代レベルが低いんじゃないか、なんて言われている状態だし、その他のG1馬たちは近年成績が振るわず低迷中。ジオグリフはダートまで足を伸ばして回ってきた末にようやく復調の気配が見えてきた感じですけれど。
4歳馬がいまいちならこれまで君臨してきた古馬はどうなんだ、というと先述した通り超一流どころはだいたい引退しちゃったかドバイなんで、残っているのはというとG1になると壁に跳ね返されてしまうG2番長やローカル重賞を勝ってきた馬とかばかり。
古豪ステラヴェローチェは屈腱炎で1年近く休養して最近復活したばかり。まあどうしてもメンバー見渡しても小粒の印象を否めない。
大阪杯だから、というこのレースに限ったことではなく、ほんとに去年の暮れあたりで一気に大量引退しちゃったんで新世代の4歳全体が低調なこともあって、もう全体的に小粒なんですよ、今。
逆に言うと、ここで強い競馬をして見せて勝って見せれば、小粒という印象を吹き飛ばせるわけですよ。

そういう意味では、このレースで勝ったベラジオオペラはいささか不甲斐ないクラシック三冠の勝馬たちに対して、腑抜けてるようなら自分がやってやるわいっ、と一気に自分こそが世代最強だ!と主張するような競馬を見せてくれたと思いますよ、これは。
三冠レースでは振るわなかったものの、暮れあたりのレースから同世代の中で一番気を吐いていたのがこのベラジオオペラでした。チャンピオンカップでボッケリーニを下し、京都記念ではプラダリアに負けたものの展開の妙でもあり強い競馬は見せてたんですよね。
だからこそ、2番人気の評価を受けていたんじゃないでしょうか。

阪神競馬場、今週からBコースに代わり内差しが決まる馬場。天気も良好で馬場も良かったですしね。
こうなると前残り傾向にもなります。外からの差しも今日は決まっていたので、展開次第ではあったのですけれど、前目内目有利というところは間違いなかったかと。

レースはスタートで12番キラーアビリティが外によれ、16番カテドラルが内によれ、結果としてその間のエピファニーが両側から押されて挟まれた挙げ句に大きく後ろからの競馬となってしまい、ご愁傷さまでありました。
今回は明確な逃げ馬が存在しなかったのでどの馬が前に行くのか、というところも注目点の一つではあったんですけれど、まさかのスタニングローズ。
そして番手にスーッとつけたのがベラジオオペラ。オペラはこの番手への付け方のスムーズさが素晴らしかった。そしてジオグリフ、タスティエーラ、ミッキーゴージャスが内側に並び、リカンカブールが外側から3番手あたりに追走。ハーパーもジオグリフあたりの塊の外側につける。
直線抜けて1.2コーナー回って向正面に入る頃にはミッキーゴージャスが下げて、代わりにタスティエーラの後ろにプラダリアがつける感じになってて、この段階でベストポジションだったのはベラジオオペラとタスティエーラ、プラダリアも悪くない位置だったと思う。
後方につけていたローシャムパークが大外まくって一気に先行集団に加わってきたのを見たときには、こいつちょっと後ろ過ぎない?と危惧していたところだっただけに、戸崎攻めた!と思ったね。ペース的にもこれは遅いという判断だったのか。実際ここで2番手まで一気にローシャムパークが上げたことで緩みそうになったペースが上がりましたからね。ここから11秒台連発することに。
ただ必要以上にペースはあがらず、前が潰れるような展開にはならなかった。まさに戸崎の狙いすましたような位置取りチェンジである。
3.4コーナーでじわじわとソールオリエンスが位置を押し上げていってるんだけれど、いまいち手応えが鈍い。逆に中団後方で焦らずじっくりとためていた組が手応え貯まっていってるんですよね。
白眉が直線に入る最後のコーナーライン。ここで内ラチ沿いを走っていたルージュエヴァイユが最内を回りながら外に膨らまず、しかし加速しながら一気に番手を上げてるんですよね。カーブが終わった段階でいつの間には先頭集団を射程圏内に捕らえている。
逆にピタリと止まってしまったのがタスティエーラ。完全に勝ち負けのライン取りに乗っていたにも関わらず、手応えが全然なくなってるの。
お父さんのサトノクラウンが、香港勝って絶好調のときにこの大阪杯で6着で負けちゃってるんですよね。タスティエーラほどきつい止まり方はしていないんだけれど、スタミナ的にはまったく不安がないはずのクラウンがゴール前でぱたりと止まっちゃってるんですよね。次の宝塚記念で勝っていることを考えても、血統的に阪神の芝2000が合わないタイプなんだろうか。いやポディション的にもほぼ最適のところ付けてたもんなあ。
レースはスタリングローズを躱したベラジオオペラが、外から追いすがってくるローシャムパークを制してクビ差勝利。内からぐんぐん伸びてきたルージュエヴァイユがハナ差の3着。
唯一外からぶっ飛んできたのがステラヴェローチェ。ヴェローナは4角でハーパーの内に切り込むんじゃなくて外に出しちゃったんですよね。
あの瞬間、内側にはルージュエヴァイユにタスティエーラ、ジオグリフが並んでて隙間が見えなかった、というのもあるかもしれないし、スピードからしてあそこでハーパーの内側に切り込むだけの余裕がなく外に膨らまざるを得なかった、というのもあるのかもしれない。ただカーブの最終段階でルージュエヴァイユと半馬身ほどしかなかった差が、直線入ったところでは1馬身から2馬身差がついていたこと。また、ギアを入れて加速っという瞬間にソールが外によれてその分ヴェローチェも煽り食って外によろけて、立て直してから再加速と2テンポほど遅れてるんですよね。
これがなかったら4頭一団での1着争いになったかも知らん。それくらい、ヴェローチェの脚だけ最後の100メートルの勢いが違ったのでした。
長い休養のブランク明けながらも、衰えることなくエフフォーリア、シャフリヤール、タイトルホルダーのあの栄光の世代の残照をくっきり焼き付けてくれる走りでありました。
ドバイでいまだ衰え知らずに暴れまわってるシャフリヤールと並んで、この世代最後の生き残りたちは今なお輝きを弱めてなどいないですよ。
そして長らく不振が続き、ダート戦線に舞台を移すなんてこともしていたジオグリフが、前走中山記念で3着と復活の兆しを見せたと思ったら、G1でも掲示板に載る走りを見せてくれました。まだ5歳。あのイクイノックスを破った馬だというのをもう一度知らしめてほしいものです。
6着にはプラダリア。この子も内側につけてタスティエーラの後ろと隊列的にも悪くないポディションにつけていたのに、G1になると君どこで何をしてタの? となぜか存在感がなくなってしまうところはこの手薄になったメンツ相手でも変わることなく。やっぱりG2番長なんかな。
ソールオリエンスは7着。もう4角で手応え怪しかったですもんね。一定以上のスピードが持続しないというのか。息の入らない展開が苦手なんだろうか。

ともあれ、ベラジオオペラはこれで現4歳世代の筆頭格に、と言ってもいいんじゃないでしょうか。そういう風格を感じさせてくれるレースでありました。
2着のローシャムパークも、去年後半の急激に実力をあげてきた感のある連勝とオールカマーの勝利はフロックじゃなかった、というのを証明してくれるような走りっぷりでありました。
3着はルージュエヴァイユ。これは内に狙いすましてためた脚を爆発させた菅原騎手のファインプレーでもあり、牡馬ともこうして戦えた以上G1戦線で活躍好走を連発する歴戦牝馬の一角になってくれそう。
4着のステラは距離が伸びる宝塚記念がさらに期待できそう。あ、でも今年の宝塚は阪神じゃなくて京都なのか。
タスティエーラも宝塚なら巻き返しも、と思ってたんだけれど、京都競馬場となるとどうなんだ?





第61回報知杯弥生賞ディープインパクト記念 G2 レース回顧   

3歳 オープン (国際)(指定) 馬齢 中山競馬場2,000メートル(芝・右)

今週は新人騎手のデビューと調教師先生の定年引退。
調教助手から障害騎手に33歳で転身という坂口騎手は応援してあげたいなあ。もちろん、若人たちも。
柴田裕一郎騎手は初日で初勝利は立派でありました。馬が先頭に立ってしまった時は制御できてないなー、あとで叱られるぞー。と思ったのですけれど1000メートルのタイムがむしろ標準からスローくらいで、おや?となったんですよね。離された後続の方がこれ遅すぎるぞ、てなってて短い小倉の直線で手応えもまた十分ありましたし、これは残るぞと。まあみんな新人がやらかした、と思ってペース控えちゃったんですかね?

調教師は七名が引退。特に安田隆行先生は重賞59勝って凄い先生だったんだよなあ。
騎手も秋山真一郎騎手が調教師試験に合格したこともあって、2月で引退。G1勝利は2つだけでしたけれど、中堅でずっとしっかり勝ってくれる良い騎手で好きだったなあ。
まだ44か43ですか。調教師になるには一番いい頃ですし、今度は先生として良い馬育ててほしいですね。

さらに、今日は阪神のメインレース「大阪城ステークス」。リステッド競走ですけれど、これ昔から重賞級の馬がたくさん出るなかなか質の高いレースだったんですが、今回もルージュスティリアやアリストテレスといった歴戦の重賞馬や、ピンハイ、オニャンコポンというクラシックを激走した馬たちが参戦していたのですが、勝ったのが……あのステラヴェローチェ。
ステラ、ここに出てたの!? と、レース前に出馬表チェックしてびっくりしましたがな。
エフフォーリア、タイトルホルダー、シャフリヤールたちとクラシックで火花散らして堂々と競り合ったあのステラヴェローチェ。ドバイシーマに出走したあと放牧に出されたまま一年以上音沙汰なくなり、そのまま消息不明になってしまうんじゃないかと心配されていた中で、去年の10月に突如富士Sで1年半ちかくぶりに復活。とはいえそこで7着。続く武蔵野Sではダート初挑戦で最下位と精彩を欠いて、往年の輝きはもう見られないのか……と、思った所で今日激走の末にデビットバローズを頭差押さえて神戸新聞杯以来の約2年ぶりの勝利ですよ。21年クラシック世代の強さを古豪の多くが去った今こそ見せてほしい。次は重賞ぞ!

っと、肝心の弥生賞の話にたどり着くまでだいぶ遠回りしてしまった。
今日の中山は馬が蹴った芝土が飛ぶわ飛ぶわ、良馬場だったけれど芝自体はだいぶ緩んでたんじゃないだろうか。
2戦無敗でぶっちぎりの上がりを見せてるトロヴァトーレ。同じく無敗でダノンの決戦存在ダノンエアズロック。
凱旋門賞馬ソットサス、G1を7勝した名牝シスターチャーリーを兄姉に持つ世界的良血シンエンペラーといった馬が人気を集める中で、勝ったのは伏兵6番人気コスモキュランダ。
久々のデムーロの騎乗炸裂というレースでしたよ。父は皐月賞大阪杯を勝つなど中距離戦線で活躍したアルアイン。産駒では初の重賞馬誕生です。
馬場も荒れ気味でしたし、まだこの勝ちがそのまま実力として認められるかは微妙な所ですけれど、時計も優秀みたいですし、これがフロックではないとここから証明してほしいですね。
2着はシンエンペラー。本番前とはいえ、勝ちきれなかったのはちと微妙か。
ダノンエアズロックは7着と直線で伸びを欠く結果に。プラス18キロが重かったのか、テンションも高かったですしね。にしてもちょっと負けすぎ。

あ、乗ってたキング騎手はこれがラスト週なのか。レイチェル・キング騎手。女性ながらも、当たり前みたいにガンガン追ってガンガン勝つ、短期免許で来てる海外騎手の中でも一際の活躍を見せてくれました。この人、今の女性騎手の一つの理想像だよなあ。今の女性騎手たち、まだまだ経験も浅い若い騎手なんで、経験積んでいってここからキング騎手みたいにガンガン勝てる騎手になってほしいです。すでに平場じゃしっかり乗れてるんですから。




第26回富士ステークス G2 レース回顧  

3歳以上 オープン (国際)(指定) 別定 東京競馬場1,600メートル(芝・左)

すみません、こっちは土曜日に行われた重賞だったのですけれど、せっかくのステラヴェローチェ復帰せんであり、待望のナミュール復活戦だったので触れておかないと。

2歳の頃は世代トップと目され、阪神ジュベナイルフィリーズでは破れたものの、春のトライアル戦のチューリップ賞では評判通りのカミソリの切れ味を見せつけて勝利したナミュールは桜花賞でも堂々の一番人気に担ぎ上げられました。しかし、立ちふさがったのはあの地上の星スターズオンアース。それ以前にナミュール自身10着と今までにない大敗をしてしまったのでした。
それでもクラシックはオークス3着秋華賞2着と世代トップクラスの評判に違わぬ成績を見せたのですけれど、それ以降もどうしても勝ちきれないどころか、体調が整わなかったり展開が向かなかったりとその実力を発揮する事が叶わず、安田記念ではついに16着と無惨な形に。
実力能力は間違いなくG1級であるのに、なかなかそれを全力で発揮できない馬。いつしかその評価はこのままではかつては強かった馬、として段々と埋もれていってしまうのが常。なるべくなら今年の間中にもう一度勝っておきたかった。そういう意味でもここは必勝を求められるレースでした。
人気も前回の大敗にも関わらず1番人気。ほんとの超一線級こそ顔ぶれにはいないものの、重賞G1の常連がゴロゴロといましたからね。そこで1番人気というのは大きいです。そしてここで勝てたのは本当に大きい。戦場がマイルに留まらない馬だけにこれからの展望も開けたはず。

そして話題となっていたのは放牧後音信不通になり長らく心配されていたステラヴェローチェの1年7ヶ月の復帰戦というところでしょう。いやほんとにさー、放牧行ったっきり全然帰ってこないし、かといって消息も聞こえてこないしだからといって引退という話も聞かないし、現役で放牧中となったままずっと音信不通だっただけに、ファンはみんな心配してたんですよね。そのステラがついに放牧から帰ってきたときは大いに話題になったものです。なにやら故障もしていたみたいですけど、ほんとどうしてたんだろう。
ともあれ、超久々の競馬でしたけれど馬当人は走りたい気持ちいっぱいだったようで、前進気勢ガンガンで挑んでいました。残念ながら体のほうがまだ戻っていなくて気持ちについていかなかったみたいで7着に終わってしまいましたが、これなら次以降も体が整ってきたら十分競馬になると思います。頑張れステラ。

 

4月25日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月18日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月2日

Amazon Kindle B☆W

4月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索