スマッシュ文庫

うちのメイドは不定形 2 5   

うちのメイドは不定形 2 (スマッシュ文庫)

【うちのメイドは不定形 2】 静川龍宗:森瀬繚/文倉十 スマッシュ文庫

Amazon

「もっともっと美味しいごはんを作ってさしあげますからね! 」
優しくて献身的で家事万能、だけど人外。不定形のメイドさん、テケリさんが新井沢(あらいざわ)トオルのもとにやってきてから一ヶ月ほど経った。魔術師を名乗る級友のあさひ・ピーバディとその使い魔バロールは、五月の事件後も彼らの家に入りびたり、ほとんど居候状態。あさひはテケリさんと、トオルはバロールとそれぞれ交流を深め、クラスメイトを自宅に招待したりと、楽しくもウィアード(奇妙)な感じの日々が続いていた。
そんな日常を、一本の電話が大きく揺るがせた──『お前の家、見張られてるぞ』。意外な人物の到来と、一方的に告げられた突然の別れにトオルが叫ぶ時、とっておきの魔女の切り札、ピーバディ家第二の遺産が<出撃>する! 語られなかった数多くの謎が解き明かされていく中、長らく続きが待ち望まれてきた不定形メイドとご主人様の物語が今、改めて開幕!
……なにこれ、すんごい面白いんですけど!
前巻はあまりにもテケリさんの可愛らしさが尋常ではなかったので、期間があいてついついそっちの印象ばかりが焼き付いてしまっていたんだけれど、やっぱこれ単にテケリさんを愛でるだけの作品じゃありませんわ。基礎的な部分のスペックが無茶苦茶高い。ほんわか日常、テレッテレなラブコメ、ドライブ感タップリのアクション、陰惨でドロリと滴るようなダークさが垣間見えるオカルトサイド、不気味で得体のしれない薄ら寒さを感じさせるクトゥルーもの。これらの要素が見事にブレンドされて濃厚に味わえる。読み終えた時の充実感、満腹感はちょっとパないです。一巻の段階でも相当にレベル高かったと思ってたんですけれど、二巻で本格的にあさひがバロールとこっちサイドに加わったことで、完全に結実した感があります。いや、第一巻でこうしてみると見事にプロローグだった、という他ないですよ、これ。
重ねてイイますけれど、あさひの本格加入が実に大きい。彼女が何気に、トオルとはまた違ったテケリさんのご主人様として大きく機能してるんですよね。厳密には居候でお客様ではあるんですけれど、事実上家族の一員みたいになって、テケリさんとも心を許しあった関係になったことから、あさひの女主人としてのポテンシャルが見事に開花してるんですよね。あさひのアプローチがまたテケリさんに違う輝きを与えてるんだなあ、これが。
何気に心地いいのが、登場人物同士のインテリジェンスに富んだコミュニケーション。なんか、何も考えてないような頭の悪い会話が無いんですよね。そういうの、別に嫌いではないんですけれど、こんな風に思索と知性を丹念に織り交ぜたキャッチボールを、構えず気楽にポンポンと投げあう軽快さは、ほんと見てても気持ちいいんですよ。あさひとトオルのそれなんか、特に反応が敏感で会話が進めば進むほど喋っている会話の内容とは別に、お互いの人間性への理解が深化していくさまが垣間見えるようで、変にイチャイチャしているよりもエロく思えてくるくらい。知的な会話の応酬って、どうも相手の深い部分を弄り合うようなところがあって、それが噛み合えば噛み合うほど快楽を貪り合ってるような雰囲気すら感じるんですよね。
その上で、トオルがあれで結構あさひに気を使っているというか、特別扱いしている、自分の中で特別な存在として大切にしている節が随所に垣間見えるものだから、読んでてもなんだかドキドキしてくるんですよね。そうした彼の扱いというのは、勿論あさひも敏感に感じ取っていて、満更でもなさそうだったのが段々あてられたみたいに彼女の方もあたふたしはじめる様子がもう可愛くて可愛くて。
基本的に自立し孤高を旨とした、冷徹でウィットに富んだ合理的な女性だからこそ、感情的に揺れ動いたり、自己保身を顧みない一途さを見せたりすると、威力がとんでもないことになるのです。
テケリさんが純真無垢な天然の輝きを放つ可愛らしさだとするならば、あさひのそれは丹念に磨き上げられた機能美的な可愛らしさの極地だなあ、と思わず何度も首肯してしまうような素晴らしいお話でした。
あさひの過去もそうなんだけれど、これって何気にバックグラウンドが相当に暗いっつーか黒いっつーか。ちょっと気を抜いて緩んでたら手痛いダメージくらいそうな気配がビンビンと漂ってきたので、いい意味で緊張感を感じる展開になってきました。だいたい、主人公からしてこれテケリさん関係なくかなりヤバい秘密を抱えているみたいだし。この子、もしかして本格的に壊れてるというか、破綻してるんじゃないのか?
どうやらキーワードは「家族」という関係のようで。母親が与えてくれた示唆からすると、むしろ関係がより深まるほどドツボに嵌りかねない危険性が窺い知れる。もう半ば擬似家族的な関係になっているテケリさんとあさひだけれど、家族のなることの危うさが指摘されたとなると、むしろテケリさん、そしてあさひとの関係はより積極的に近づいていく事になりそうな予感。この二巻を読む前は、テケリさんはともかくとして、あさひはもっと適度に距離を保つ関係になると思ってたので、この急接近は嬉しい悲鳴だなあ。どうもこの段階ですでに、二人ともお互いのために命を消費するに躊躇もなく、しても全く後悔しないだけの情が絡まっているようですし。そして、何気に実際に二人とも自分の命を消費する手段を有していているのがたちが悪い。いや、実にたちが悪くて素晴らしい。
どうやらこのシリーズ、短くまとまるものではなく、それなりに大きな物語になっているようで全五部構成。しかも一部が一巻ではなく、この二巻で第一部の真ん中らへん、というのだからいやはや、これは思いの外長く楽しめそうじゃないですか。嬉しいなっ、嬉しいなっ。
さすがにこうなると次の巻が出るまでまた何年も待たされるということはないでしょうし、年に三冊くらい、せめて年内にもう一冊出てくれたら嬉しいなあ、などと期待したり。
長らく待たされたものの、これだけ面白ければ十分です。期待していた範囲を大きく上回る、滅茶苦茶面白いお話でした。テケリさんもあさひも可愛いよっ!!

1巻感想

彼女を言い負かすのはたぶん無理 23   

彼女を言い負かすのはたぶん無理 2 (スマッシュ文庫)

【彼女を言い負かすのはたぶん無理 2】 うれま庄司/しらび スマッシュ文庫

Amazon

高校ディベート部を舞台に繰り広げられるラブコメ『彼女を言い負かすのはたぶん無理』の続編が登場。

 ディベートの天才少女アイラに心を奪われた主人公・桜井は、彼女が自分のことをどう思っているのか気になってはいるが、結局は聞けないまま時間が過ぎていく。そんな折、先日の騒ぎ(第1巻の公開ディベート)を起こした件で桜井とアイラが職員室に呼び出される。そこで言い渡されたのは、アイラの退学と、ディベート部の廃部だった……!
ちょっ、もしドラを名指しでネタにしやがった(笑
いやいや、あれは環境整備の問題であってアイラ先輩の指摘しているところはちょっと的外れな気がする故に、桜井くんはそこを突っ込まないと。当たり前の事を当たり前に出来るように環境を整える為の具体的なイメージをゼロから構築するのは大変なんですぜ。まあ自分、原本読んでないのでどうもこうも内容を言えないのですけど。アニメは後半、ドラッカー関係なかったような気がするが。

さてもこの作品に興を覚えるのは、アイラと桜井の二人が弁論を持って相手を説くディベート部の部員でありながら、終始言葉を費やさずに相手に自分の想いや在り方を理解してくれないかと期待し続ける所なんですよね。言葉に出して言わなくたって、桜井くんなら、アイラ先輩なら、自分のこの気持を分かってくれる、はず。と、無言でお互いの距離を伺い合っている。
実のところ、この二人、お互いの気持はそれぞれが期待していたように、ちゃんと伝わっていたと思うんですよ。相手が自分をどう思っているか。相手が自分に何を期待しているか。
でも、伝わってきたものが本当に相手の気持ちなのか。真実の想いなのか。単なる自分の思い込みじゃないのか。アイラも桜井も、自分が感じた相手の想いを、心の底から信じる事が出来なかった。不安にかられ、自分自身にしがみつくしかなかった。
或いは言葉を最も大事にするディベート部の部員だったからこそ、言葉にして相手に伝えない気持ちというものを信じる事が難しかったのかもしれません。
だったら、言葉にして伝え合えばいいじゃないか、簡単だろう、という話になってしまうのかもしれませんが、それを簡単に出来ないのがまた人間というヤツなのでしょう。
これもまたディベート部員だったからこそ、言葉の重たさを知っていて安易に使えなかったのかもしれません。言葉の威力、言葉の重さ、言葉の力を誰よりも知り、それを駆使する事に青春を捧げる心づもりの彼らだからこそ、お互いの気持を確かめ合うのに言葉を惜しんでしまったのでしょうか。言葉を使えば、逃れようもなく決定的になってしまうが故に。
だからこそ、最後に二人はディベートという、二人にとって慣れ親しんだコミュニケーションツールを告白の手段に選んだのでしょう。学校や教師を相手に回して大暴れするアイラと桜井という人物を思えば、随分と可愛らしい話じゃないですか。もどかしくも切実な恋物語には、キュンキュンしてしまいました。こういう初々しい話は大好物です。まあ甘酸っぱさに七転八倒するには主人公がいささかヘタレすぎたのが残念。アイラ先輩は押すと面白いタイプだと思うんだがなあ。
って、これで大団円! なのかと思ったら、え、続くの!? しかもなんかややこしい事になってしまって……。

うちのメイドは不定形5   

うちのメイドは不定形

【うちのメイドは不定形】  静川龍宗 原案:森瀬繚/文倉十

Amazon
 bk1


ご主人さまの名前は新井沢トオル。メイドの名前はテケリさん。家事万能のテケリさんですが、
たった1つだけ、普通と違っていることがありました。彼女は南極から宅配便でやってきた、
不定形メイドさんだったのです―!クトゥルフ神話を下敷きに、日常を愛する高校生と非日常メイドさん、
そして逆噴射気味の同級生が巻き起こすハートフル・ラプソディ。

や、ヤバいヤバいヤバいヤバい、これはヤバすぎるなんてもんじゃないほどヤバい!!

テケリさんの可愛さが尋常じゃねえ!!

これが、これが、これがメイド萌えってやつなのか!? メイド萌えってこういう事なのか!? 今までメイド萌えって理解はしても実感はしたことなかったんだけど、自分、今はじめてメイド萌えというものを体感したのかもしれない。
メイドをやってるキャラクターに魅せられたことはあっても、それはそのキャラに魅せられたのであって、メイドであることは単なるアクセサリーの一つでしかなかったんですよね。別にメイドじゃなくなってもなんにも問題はなかった。どうでもよかった。
でも、テケリさんは違う。テケリさん個人が素晴らしいワンダフルなキャラクターであることは疑いようもない事実なのだけれど、それ以上にテケリさんはメイドさんであるからこそテケリさん、メイドさんとテケリさんは不可分にして分離不可能。テケリさんは嫁にしちゃあ台無しなんだ、テケリさんはメイドさんでないといけないんだーーーーーっ!!

ヤバいヤバいヤバいヤバい、テケリさんのあまりの可愛さに、SAN値が下がってく。でもどうしようもない、テケリさんの可愛さはもはや正気のままでは受けとめきれない!!
てーててけてけ、てけりりん♪ てけて、てけて、てーけりりんー♪
テケリさんの歌声に、魂が消し飛びました。な、なんて素敵な歌なんだっ。これがSAN値直葬というやつなのか!?

はぁ、はぁ、はぁ。

と、とりあえずテケリさんに「☆☆☆☆☆☆☆」七つ星を進呈しておこう。
まったく、誰だよイラストレーターに文倉十さんを選んだのは。文章だけでも凶悪すぎるテケリさんの愛らしさが、文倉さんの絵によって完全に凶器と化してるじゃないか。まったく、勘弁して欲しい。ページを捲るたびに凄まじくかわいらしいテケリさんの笑顔が視界に飛び込んでくるという天国送りを味わわせられる方の身にもなってくれってなもんだ。

あー、テケリさんかわいいなー、かわいいなーーー。

いやあ、これは面白かった。テケリさんが可愛いというのはもちろんそれはもうとびっきりの理由なんですけれど、テケリさんのみならず全般的にキャラクターの描き方が素晴らしい。みんな、溌剌としているんですよね。まずもって、テケリさんのご主人となるトオルくんが、テケリさんのご主人様になるだけあって、こいつが素晴らしいんだ。まさにこの少年こそがテケリさんの可愛らしさを120%引き出していると言っていい。この子が主人公でご主人さまでなかったら、テケリさんもここまで可愛いとは思わなかっただろう。適応能力ありすぎだろう、とは思うけれど、むしろテケリさんの正体にびっくり仰天しながら、慌てず騒がず、なんだかんだと受け入れて、テケリさんがちゃんとメイドとしてやっていけるように手配りするトオルくん、まじ大物。器が大きすぎて尊敬してしまう。優しいし、人当たりは柔らかく、気が利くし、言うべきことはきちんと言う。意外と行動力もあるし、テケリさんを受け入れたみたいに突然の事態にもてきぱきと行動できる。トオルくん、パねえなあ、こうして見ると。

単純にね、話がうまいですわ、この筆者。特に特徴のある文章でもなんでもないんだけれど、すいすいと読める上に自然に話に引き込まれている。文章を追うのにストレスが全然感じられず、頭の中にするすると飛び込んできて心地が良い。キャラクター同士の会話は読んでいるだけで躍動感や活気があって楽しいし、おもいっきり感情移入してしまう。
テケリさんがあまりに可愛いので言及できずにいたけれど、もう一人のヒロインのあさひ・ピバーティも、テンパリ系ドジっ子直情型愚直ヒロインとして、そんじょそこらのテンプレヒロインとは比べものにならないくらい存在感があって、可愛いんですよね。
この子の話を聞かない思い込みから事態はやっかいな方向に行ってしまうのですけれど、この子なら仕方ねえなあ、と思っちゃうくらいには可愛い。ってズブズブじゃないか。
とりあえず嫁はこの子で、メイドさんはテケリさん。これは絶対に譲れないw

何気に魔術関連の描写や演出も精緻さとこだわり、アクションにもエンタテインメントとしての栄えがあって、設定面でも隙がないんですよね。話もこれなら、どんどん広げていけそうだし、今回まだちょっとしか出なかったクラスメイトの友達たちも、日常パートでワイワイガヤガヤと賑やかな場面で存在感を発揮しそうだし、これは続編も楽しみで仕方ありませんわ。
スマッシュ文庫というマイナーなレーベルだったのでチャック漏れしてましたけど、これは思わぬウルトラダークホースでした。

テケリさん、最高!!
 

4月17日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月2日

Amazon Kindle B☆W

4月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W

3月28日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


3月26日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


3月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月23日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索