3歳以上オープン 別定戦 阪神競馬場ダート1800メートル。

年末に中京競馬場で行われるダートG1チャンピオンズカップの前哨戦という位置づけですね。

勝ったのはこれまで高い能力を評価されながらも、どうもレースとなると気性の問題で能力を発揮できなくて人気を落としていたサンライズホープが、11番人気という低評価を覆して勝利。
話によると気性難は気性難でも性格が荒ぶっているというよりも、レースを途中でやめちゃうところがあったみたいですね。
先頭に立つと途端にやる気をなくしてしまったり、ブリンカーでそのあたり矯正しようとすると、今度は外から躱されるとやる気なくす、とか面倒くさいやっちゃな!!
おかげで、本来の能力を発揮しないままレースで惨敗を繰り返す始末。前年シリウスSを勝っているように、能力は間違いなくあったのにね。
あれこれと工夫して馬を調教してきた陣営の苦労が忍ばれますけれど、今回はそれが見事に結実したということなのでしょう。
パートナーの幸さんもずっと試行錯誤してたんでしょうね。今回、出遅れ気味になってしまったんですけれど、それを幸いに後方からの競馬で見事にサンライズホープの能力を引き出してくれました。3コーナーから4コーナーにかけての手応えは抜群でした。そのまま揉まれないように外から回り、直線残り200で先頭に立ってからも脚を緩めることなく、そのまま突き抜けて勝利。
二桁人気のまぐれ勝ちではないです、非常に強い勝ち方でした。

2着はホープの同期ながら遅咲きだったハギノアレグリアス。遅咲きというよりも、一年以上屈腱炎で休養してたんですね。戦績をみると非常に優秀で、このみやこステークスまで9戦で5勝を上げているのです。にも関わらず、重賞はここが初挑戦だったんですね。
福永騎手は3コーナーの段階で進路取りを間違えてしまった、と述懐してるのですが、確かに直線入ったところでごちゃついちゃったのかな。ギアが入ったのが残り200くらいからに見える。馬群を捌いて抜け出してきているので、力は示せたんじゃないだろうか。

3着は一番人気のオメガパヒューム。直線入るまで最後方で、どうしたパヒューム、大丈夫かパヒューム!? と、心配したのですが、直線入ってからの大外からの豪脚はこれダートなんですけど!? というド派手なもので一頭だけ脚色が全然違いました。が、位置取りがさすがに後ろ過ぎて、前二頭には届かず。
とはいえ、ここは叩きのつもりか仕上げきっていなかったみたいなので、狙いはやはり本番なのでしょう。

4着5着はハピとタイセイドレフォンの3歳組。3歳でこれだけ走れるのだから、将来有望なのでしょう。ハピの鞍上ノリさん、今年終了みたいなコメントだけど年末は走らないのか?