ちゃうやん! マカヒキとリオンディーズのポディション逆やん!! なんでリオンの方がそんな後ろおんねん!?
あばばば。

史上最強メンバーが揃った、と謳われた第83回 東京優駿。実際、皐月賞を勝ったディーマジェスティ。2着のマカヒキ。クラシック前からダービー馬最有力候補と名高かったサトノダイヤモンドの三強に、朝日杯チャンピオンのリオンディーズ。京都新聞杯を勝って乗り込んできたスマートオーディン。ダービートライアル青葉賞をぶっちぎったヴァンキッシュラン。武豊の夢を背負ったエアメサイアの子、エアスピネルとタレント揃い。
NHK杯からの急戦組も含めて、非常に頭を悩まされるメンバーにうんうん唸るばかりだったのですが、それは誰しもが同じようで、単勝倍率も相当に割れ気味。中途半端に手を広げては、どうやってもリターンが薄いオッズばかりだったので、思い切ってえいやと皐月賞組にしぼり、その上で後方からの大外捲りではどうしても届きそうにない展開から、後方からぶん回してきそうで、なおかつエンジンの掛かりがどうも遅そうなマカヒキは馬券圏内まで入ってくるイメージが非常に薄かったので、これを消してサトノダイヤモンド、ディーマジェスティ、リオンディーズの三頭に絞って三連単を多めに買う、という方向に行ったのですよ。
あと、少しだけ皐月賞6着のマウントロブソンに手を広げて、これを軸に上の三頭にマカヒキを絡めた三連複を買い添えて、色気分も抑え……。
スタート初っ端からマウントロブソンが出遅れて、即座にこれは撃沈w
マウントロブソン、先行、先行だったのに。あの皐月賞のハイスピードでエアスピネルと一緒に前で粘ったのみこんだのに。
そして、何故か思惑と違い、前の方でサトノダイヤモンドと一緒に並んでいるマカヒキさん。一方、思いっきり下がって後方三頭目なんてところに居るリオンディーズ。
……デムーロっ、デムーロっ! おのれ、ミルコぉ。リオンのテンションがあがっていて、それを落ち着かせようとしたのは当然だけれど、折り合いをつけようつけようとするばかりに意識が行っちゃってて、レース展開どころじゃなく後ろ下げちゃったのがもうどうしようもなく……。あの位置じゃ折り合いどうのじゃなく勝負にならないよ! 前回前に行ってしまっての失敗ゆえなんだろうけれど、今回も騎乗ミスと言っちゃっていいんじゃなかろうか。川田、そしてルメールが完璧に近いレースをやってのけたのに対して、これではリオンは勝てんわ。
川田、絶対大外ぶん回すと思ってたのにw ちょっと見縊ってました。

いずれにしても、史上最強ダービーの評判に恥じぬ、歴史に残るマカヒキとサトノダイヤモンドの叩き合いでした。見応えありました。
……それにしても見事にハズレばかり引くんだよなあw