デスニードラウンド

デスニードラウンド ラウンド3 4   

デスニードラウンド ラウンド3 (オーバーラップ文庫)

【デスニードラウンド ラウンド3】 アサウラ/赤井てら オーバーラップ文庫

Amazon

悪夢と絶望の国DNRで壮絶なサバイバルゲームが始まる!

ある日、組合から松倉チームに妙な依頼が入る。
尋常ではない高額なギャラの仕事とは『デスニードラウンド(DNR)』というテーマパークで夜な夜な行われている『何か』の調査だった。
一般客に紛れてDNRへ来たユリ達は招待を受けたとある園内のレストランへと足を運ぶ。
そこはDNRの真のゲストだけが訪れることを許された、秘密の会員制クラブだった。
そこでユリ達は知る。DNRの真実と仕組まれた狂気のシステム、そして閉園後の禁断のイベントを。
迫り来る、楽しげな音楽と笑顔に包まれた電飾で彩られたパレード、DNRの人気マスコットキャラクター達……。 「悪夢と絶望の国へようこそ! 幸福な死を君に――ハピデス! ! 」
悪夢に占められた夜に、未来を求めて足掻く者達のサバイバルゲームが始まる!
この作品を著してのち、アサウラ氏は浦安の路上で、衆人環視の中、名を記すのも憚られる怪物に貪り食われて果てたと伝えられる……なんて風にして消息不明になりそうですね!!
これが絶筆とならないことを祈るばかりです。もしくは、これ以降のアサウラさん名義の作品はもう中身が入れ替わった別人の作品として覚悟して捉えるべきか。
まあ、飯食う描写を見れば別人か否かは一目瞭然なんですけどね。こればっかりは真似できめえ。

というわけで、真打ち『デスニードラウンド(DNR)』である。悪夢と絶望の国へようこそ。これ、裏のコンセプトかと思ったら、堂々とこの悪夢と絶望の国で売り出してるのか! ハピデスの由来と言い、悪趣味の度合いが色々とぶっちぎり過ぎてて、読んでるこっちまで戦々恐々Deathよ。むしろ、マンハントを観覧している上流階級の連中は悪徳としてはわかりやすい分、怒りや嫌悪は感じても怖いとか気持ち悪いとかは感じないのですけれど、このデスニードラウンドの在り方、根底にはびこる悪意には理解できない邪悪さへのおぞましさ、吐き気のするような気色の悪さをねじ込まれるようで、ちょっとたまらんかった。これに比べたら、1巻や2巻の怪物たちはまだよっぽどマシだったのが知れる。というよりも、そもそもアレらの元凶がこのデスニードラウンドだったわけですから、当然の話なのか。でも、遊びに来るゲストを愚弄しきった、この人間そのものを蔑むかのような遊園地の在リようは、ゲスの極みもいいところでした。
だからこそ、ユリと美鳳の女の子同士の友情や、松倉さんたちの思いやりが余計に身に染みるんですよね。特に松倉さんたちは、ユリの扱い変わりましたよね。ユリがそれだけひたむきに頑張り、松倉さんたちに認めさせたのもあるんだろうけれど、最初のラウンドで心身ともに疲弊しきったユリを、ちゃんと精神面から庇護してくれたことといい、最後まで見捨てずに仲間として戦ってくれたことといい、なんかすごく嬉しかったです。松倉さんたち、何だかんだと怖い人たちだし、非情に酷薄に徹する事もできる人たちなんだろうけれど、自分の作った料理を美味しそうに食べてもらうと嬉しそうにしたり、信義を守り、プライドを掲げ、懐いてくるものを無視しない優しさがあり、怒りを共有してくれる。それはとても人間らしい在りようで、この狂って壊れて人間として破綻した思想がはびこる世界では、すごく安心させてくれるんですよ。何より、美味しそうに飯を食う様は、他の何よりも人間味に溢れている、その意味ではこの一連の物語の最大の鍵は、最初から最後まで「ごはんを食べるシーン」だったのかもしれません。
この第三巻でも、なんとユリの作ったお味噌汁がまた、美味しそうなんだ! それぞれがユリの出したそのままではなく、アレンジして食べるんだけれど、あのガッツリとしたおかず感と来たら、もう読んでるだけでよだれが垂れてくる。思い出しただけでも垂れてくる。あれにおにぎりつけて食べたら、どんなに幸せになれるだろう。
うんうん、何がハピデスだ。幸せってのはそんな戯けたもんじゃないんですよ。飯を食え! 飯を食え!!

ユリは、この地獄を乗り越える過程で、ついに精神的な一線を越えてしまったようで、名実ともに松倉一味と同等になってしまいましたが、あれだけ美味しそうに飯を食えている間は何の心配もなさそうです。私も、松倉さんの作った豚の角煮食べたい! 角煮って最近食べてないけど、あれって至宝ですよね。角煮食いたい、角煮食いたい。角煮食いたい……角煮……。

ラストラウンドは、とにかく一から十、頭の天辺から足の先まで悪が詰まった邪悪にしておぞましいゴミクズばかりが敵だったものですから、それをぶっ飛ばす展開は痛快のヒトコトでした。特に、いつもの四人組だけじゃなく、松倉さんの知り合いや美鳳の家族まで集まっての総力戦ですからね。それも悲愴な復讐戦ではなく、お祭り騒ぎのどんちゃん騒ぎ。この人ら、揃いも揃って不死身すぎるw
その中でも特に、なんで死なないんだ? という不死身っぷりを見せつけていたのが大野でしたけれど。このポンコツ、なんであれだけ巻き込まれてて死なないどころかろくに怪我もしないんだ?
このDTくんって、わりと頭の中が【ベン・トー】の佐藤みたいですよね。あの訳の分からない不死身っぷりもそうですけれど、突然キメ顔で何の感銘も与えないセリフを語りだして、自分ではイケてると思い込んでるあたりとか。ナチュラルに変態のところとか。うん、キャラのパターンがやっぱり佐藤タイプだ、この人。多分、この人の一人称だと分けのわからないくらい長々と地の文で色々と垂れ流してるんだろうなあ。
残念ながら、こちらでは致命的にモテなさそうだけれど。

ともあれ、作者の人生そのものを紐なしバンジージャンプさせるかのような、際どいところを攻めきったシリーズもこれにて完結。なんちゅうか、読んでるこっちも精神が磨り減りつつ高揚させられた挙句に空きっ腹を抱えさせられるという、いろいろな意味で難儀で面白い名作でした。これでもかというくらいやりきった!!

1巻 2巻感想

デスニードラウンド ラウンド24   

デスニードラウンド ラウンド2 (オーバーラップ文庫)

【デスニードラウンド ラウンド2】 アサウラ/赤井てら オーバーラップ文庫

Amazon

女子高生傭兵VS警視庁
マスコットキャラクターを撃つ!

借金返済のために女子高生傭兵を続けるユリの前に、台湾から美鳳という狙撃手がやってくる。同年代だった美鳳とユリは自然と仲良くなっていき、いつしかユリの学校の先輩・宇佐美玲奈も一緒に遊ぶ関係になっていった。
そんなある夜、ユリの携帯に宇佐美から1本の電話が入る。
「ユリ…お願い、助けて。あ、あたし、殺される」
そして銃声と、甲高い子供のような人ならぬ声。はたしてユリは大切な人を守る事ができるのか…?
泥だらけの逃走、迎撃、そして事態は群馬県へ。現実を生き抜くためにユリが撃つ、今度の敵は――警察だ!
何が正義かわからない? 簡単だよ、美味しいご飯こそこの世の揺るがぬ正義ってもんだ。

という訳で、台湾から美鳳ちゃんという美少女成分も多分に加味され、殺伐とした世界の中にもほんのりと少女臭が香しくなってきました。なんか、あらすじだけ見ると宇佐美先輩が美鳳に狙われ、今度は仲良くなった少女同士で殺し合いか、と暗澹たる気持ちにもなったものですけれど、幸いにしてそんなえげつない展開にはならず、普通に美鳳ちゃん、いい子でした。何しろ、1巻が善性をおもいっきり踏みにじるようなひどい展開だったからなあ。思わず疑ってしまうのも仕方ないじゃないですか。そんな正義や善意よりもただただ生き残る、生き抜く選択をしてしまったユリは、あの体験を通じてメンタル的にスレちゃうんじゃ、と心配もしていたのですが、今回はひたすら大切な友達のために奮起し、銃把を握りしめ、血反吐を吐きながらも諦めずに走り回る、という情厚き行動に出て、少なからずホッとしました。色んな物を生き延びるために捨ててしまったユリですけれど、正義よりも倫理よりも大事な人間としての部分は、頑として譲らずにいてくれたわけですから。
ただ、そうなると情に流されずビジネスライクに徹する松倉さんとは、どうしても咬み合わない部分が出てきてしまう。たびたび、味方でも必要とあれば見捨てる人、と言及されてきた人ですしね。冷酷だったり非情だったりするのではなく、恐ろしく現実的であるからこそ、ソロバン勘定は譲らないというだけで、決して冷たい人ではないというのは伝わってくるのですけれど、だからこそこの理詰めの人を動かすのは難しい。実際に、宇佐美先輩に助けを請われて飛び出していってしまったユリに対して、松倉さんは一切手助けしようとせず、ユリは単独で宇佐美先輩を守っての逃避行を敢行するはめになってしまいます。
ここ、本シリーズ通じてのポイントだったんですよね。如何に、松倉さんが主義主張をかえることなくユリを助けに行く展開になるか。単に助けに行くだけじゃあ、ちょっと問題もあったんです。ただ条件が整ってユリを助けに行くだけの理が積み上がった、というだけじゃあ本当の意味でユリが松倉のチームに入ったことにならず、まだ身内になりきらない冷たい関係のままだったと思うんですよね。金と理の他に、松倉チームの面々がそれぞれに、自分の中のユリを助けたいと思う理由が必要だった。この点、武島と大野については情が移っていたから最初からハードルは低かったんだけれど、やっぱり松倉さんが問題だったんですよね。この松倉さんが、果たして損得以外でユリを助けてやりたい、なんて思うだけの何かが果たして見つかるんだろうか、と。
この滅茶苦茶高かったハードルを、本作は見事に飛び越えてくれました。
いやあ、松倉がユリを助けたいと思うだけの理由を見つけてしまったシーンは、思わず喝采をあげて頷いてしまいましたね。あれほど松倉さんがユリを必要と思う理由として納得できるモノはありませんでしたよ。松倉さんのキャラを曲げないまま、あそこまでストンと腑に落ちる理由を出してくるとは、ある意味痛快ですらありました。

しかし、ユリって松倉チームの面々からは実戦能力については随分と低く、というかあんまり役に立ってないみたいに言われてるけれど、今回殆ど独力でPくんの追撃から一般人の宇佐美先輩を抱えたまま逃げ切ったんだから、生存能力については結構なもんだよなあ。ここぞという時の危機回避能力、突発的な判断力は今回見てる限りでもなかなかのものだったんじゃないかと。前回のロナウドに比べて、今回のPくんは怪物性ではかなり劣るんですが……いや、これロナウドがヤバすぎたんですよね。あんな不条理で滅茶苦茶な怪物が居てたまるか。デビュー戦の相手としては破格もいいところです。あれと比べるほうが間違っていて、P君も十分バケモノなんですが……警察もなんだってこんなあからさまにヤバイもん運用してるんだ。これで正式にはP君シリーズ、ファミリーとして一通り祖父母両親に恋人、と一家族まとめて運用しているあたり、表向きと実態の凄まじいギャップのグロテスクさは、ドン引きものです。よくまあこんなん考えるよなあ。
ともあれ、暴走するP君の追撃から辛うじて逃げ続けるユリは、よっぽどロナウドとの戦いが経験値になってたんでしょう。あんまり普通の任務には役に立ってなかったみたいですけれど、土壇場の度胸やらどうしようもない相手とどう立ち向かうか、についてはそこそこ一端になってたんじゃないかと。面白いことに、今回ゲストの美鳳ちゃんが腕前こそピカ一なものの、実戦については殆どバージンというある意味ユリよりも未熟なところのある子だったのも、今回ユリが頼もしいなあ、と思えた要因だったんじゃないでしょうか。孤立無援でほんと、折れずめげず頑張ったよなあ、ユリは。
そのユリが守ろうとした宇佐美先輩が、実はろくでもない人でした、なんてこともなく、日常生活で借金抱えて他の生徒達からも距離を置かれている中で、一人ユリに積極的にかまってくれた人となり通りの、芯からイイ人だった、というのもユリのガンバレた原動力なのでしょう。今回、美鳳ちゃんも宇佐美先輩もちゃんとイイ人で良かったですよ。これで、実はひとでなしでした、庇った意味ありませんでした、助けてしまったのが間違いでした、なんてなると本格的にめげますもんね。
少女二人が寄り添っての逃亡劇、というと同じアサウラさんの【バニラ】を容易に連想できて、懐かしかったです。まあ、あれは本当に二人きりの世界すべてを敵に回して暴れまわる話でしたから、同じB級アクション風味でも随分と種類は違ってくるのですけれど。

そして、今回もほんとにご飯、美味しそうでした。【ベン・トー】って、実のところ「お弁当」がメインであって本当の調理した料理、というのはあんまり出てこない、出てこれないんですけれど、こっちには松倉さんという生粋の料理好きが居てくれるので、こう、ほかほかで熱々のできたてのご飯が出てくるわけですよ。「お弁当」でさえ、あれだけ美味しそうなのに、この作りたての御飯のまた、美味しそうなこと美味しそうなこと。それを、ユリがまた実に美味しそうに食べるんだわ。やっぱり、飯が美味そう、という描写力についてはこの作者は頭一つ二つ抜けてます。これを体験してしまってると、ライトノベルで料理モノが出てきても、生半可なものではぴくりとも琴線に触れそうもありません、ハードル上がるなあ。
……焼きサンマの美味しそうなこと……うはあ。そして、ラストのお握りのっ、お握りの……。やっぱりお弁当も最高です!! くぅぅぅ……お腹すいた。松倉さん、ウインナーきちんとたこさんに切るんだ。この人、男の料理的な大雑把とは程遠い細やかさだよなあ。

1巻感想

デスニードラウンド ラウンド 15   

デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)

【デスニードラウンド ラウンド 1】 アサウラ/赤井てら オーバーラップ文庫

Amazon

女子高生傭兵ユリの初仕事は人気キャラクターの襲撃! ?

多額の借金を持つ女子高生のユリは返済のために、銃を持ち、己の命をリスクに晒す……そんな危険な傭兵稼業に手を出した。
彼女は合法・非合法を問わず危険な仕事を請け負う「死に損ない」ばかりの松倉チームで仕事を始めるが、なぜか連れて行かれたのは都内のバーガーショップ。
「こ、これ、ヤバくないですか! ? 超ヤバイですよね! ?」
ユリの初仕事は、なんとバーガーショップのマスコットキャラクターを襲撃することだった…!
不可思議な仕事依頼をきっかけに、銃弾と血と笑い声が飛び交う常軌を逸した夜が始まる──ユリは未来を切り開くために戦い抜けるのか! ?
らんらんる〜。
美味しい美味しいと涙を浮かべながらご飯を食べるんですよ、このユリちゃん。かき揚げ丼をですね、一生懸命かきこみながら。美味しい美味しいって。
きっと、それで十分だったんです。この娘が、死にたくないと、生きたいと、何としてでも生きていたいと願うことを、全肯定するには。彼女がそう願ったことによって、どんな酷い有様になったとしても、この娘が生きたいんだと生にしがみついて足掻くのを、あんな風に泣いてご飯を食べてる姿を見せられたら、否定なんて出来ないですよ。
食べるってことは生きることで、生きる意志そのものなんだと、色んな物をズタズタにされながらも、それだけは揺るがない真実として信じることが出来る。多分、松倉さんも食べることに対する観念は一緒なのだろうと思う。だからこそ、あの人は料理にあれだけ拘って、仲間たちにも全力で美味しいものを食べさせようと振舞っているのではないでしょうか。美味しいご飯を食べたいという本能は、何よりも生存本能に直結しているのですから。業界一死ににくいとされる傭兵集団のリーダーとして、彼はそれを実践しているように思う。

【ベン・トー】シリーズで長らく一世を風靡し続けているアサウラさんですが、あのシリーズを出す以前のこの人はというと、そりゃあもう女の子とガンパウダーとこの世の理不尽をごった煮にしたような、いっそ凄まじいと言っていいくらいグロテスクに美しい破滅の物語を描いた人でもありました。【バニラ A sweet partner】は今なお屈指の百合ガンアクション犯罪小説として異彩を放ち続けています。あれから6年。【ベン・トー】という異色作で培われた異能と偏執的なまでの描写力と変態的な発想力をこれでもかとつぎ込まれた本作は、もはや怪作などという言葉では括りきれないほどの狂気の産物としてこの世に産み落とされてしまいました。
ここまでハッチャケてしまったものを世に出したオーバーラップ文庫という存在には、レーベル創設から戦慄させられた次第です。初っ端から無茶やりすぎだよ!!(笑
いやあもう、凄かった。何が凄かったって、何から何まで凄かった。ほとんどアウトに近いアウトなネタの数々に、その狂気の産物たるネタの数々を笑い飛ばす冗談のネタにせず、マジなダークサイドに突き飛ばした挙句に悪趣味なくらいにグッチャグッチャの奈落の底に叩き落とすという救いの無さ。なんでこれで読んでて鬱に入らないか不思議なくらいの酷い顛末の数々。
はっきり言ってこの話、滅茶苦茶重いです。ヘヴィーどころじゃありません。ユリの境遇からして悲惨極まるグロテスクさ。正義もなけりゃ救いもない。だからといって、その救いの無さを真面目に受け取るには、あんまりにもネタがふざけすぎていて、いやもうよくこんなふざけたネタでこんなシリアスでダークな話を展開できるもんだと感心する他ありませんよ。どうやったらこんなん両立、というかブレンド出来るんだ?
松倉さんたち、ユリの同僚になった傭兵たちは腕利きである上に、イイ人たちです。何だかんだと新人のユリのことを気遣って親身に面倒見てくれて、ちゃんと仲間として扱ってくれてましたしね。
でも、仲間にとっては良い人でも、そこはそれ、合法から外れた非合法のアンダーグラウンドで死を撒き散らすプロの傭兵でもあるのです、彼らは。そこに倫理など存在しないし、良心なんて存在しません。生き残るためにはなんでもします。それこそ、なんでもです。
正直、主人公サイドがそこまでやるか、ということまでやらかしてくれて、あのシーンはさすがに絶句して固まってしまいました。
感心したのは、ユリという娘が凄かったのは、ある意味ここからだったかもしれません。
あの出来事に一番ショックを受けていたのはこの娘だったでしょうに、そこからこの娘、一切生き残るのに無駄なことはしてないんですよね。行動のみならず、心理面においてすら松倉たちに不信や拒絶を抱いていないのです。ただただ生き残るのに必死になって、涙を流して悲しみながらも全部飲み下して受け入れて、絶望すらも置き去りにして、ただただ無様なほどに足掻いてむしゃぶりついて生きることに執着し続けるのです。
生々しいまでに剥き出しの、生への執着。
でも、それをどうして否定できるでしょう。美味しい美味しいと泣いてご飯を食べてたこの娘が、生きたいと鼻水垂らしてしがみつくのを、どうして拒否できるでしょう。
死にたくなけりゃ、頑張って死に物狂いで生きるしか無い。全部眠って忘れて夢や希望を竈にくべて燃料にして、辛い現実を生きるのだ。
生きてりゃ美味しいご飯を食べれるのだから。

大野君の八艘飛びの回想のくだりは、腹を抱えて爆笑してしまった。やっぱりこの人、ベン・トーでもそうだったけれど、過去回想のエピソードに関しては尋常じゃないくらい笑えるよなあ。
 
5月13日

あわむら赤光(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


只木ミロ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐野しなの(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐伯さん(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ケンノジ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月くらげ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅名ゆうな
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久生 夕貴
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


道草家守(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


来栖千依(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里 けいし
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


汀 こるもの
(講談社タイガ)
Amazon Kindle B☆W DMM


広路なゆる
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM


和田 真尚
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月12日

須賀しのぶ/窪中章乃
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しょたん
(サンデーうぇぶりコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


川岸殴魚/so品
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ゆうきまさみ
(ビッグコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和/いのまる
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


大井昌和
(夜サンデーSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/近木野中哉
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


緋色の雨/菖蒲
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ/彭傑&奈栩
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月10日

佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


逆井卓馬(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西条陽(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸深まろやか
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


入間人間(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸本和葉(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


有象利路(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


西塔鼎(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和泉弐式(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅月望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


古流望
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひだまり
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


内河弘児/よしまつめつ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


TYPE-MOON/コンプエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃこ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月9日

黒辺 あゆみ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


少年ユウシャ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


yocco
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


たままる
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


明。(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジャジャ丸
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


愛七 ひろ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


草壁レイ/紙城境介
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


緑青黒羽
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


碇マナツ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


潮里潤/三嶋与夢
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


渡真仁/三嶋くろね
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウミチ/高橋徹
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


小虎
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W DMM


七菜なな/Kamelie
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


門司雪/アルト
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


石沢庸介/謙虚なサークル
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真木蛍五
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉村英明/木嶋隆太
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


加古山寿/朱月十話
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐/青桐良
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


閃凡人/木緒なち
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧下信英/津田彷徨
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井万里
(ワイドKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈央晃徳/山川直輝
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中丸洋介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

5月7日

ケンノジ/松浦
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


道草家守/ゆきじるし
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


宇佐楢春/やまだしゅら
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


柊一葉/硝音あや
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


柊一葉
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


九頭 七尾
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


守野伊音
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

5月6日

CLAMP
(KCデラックス)
Amazon


雨隠ギド
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


細川忠孝/山村竜也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


植野メグル
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


南勝久
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


あっぺ/明石六郎
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


航島カズト/タンサン
(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


明石 六郎
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まえばる蒔乃
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深凪雪花
(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

5月5日

Kindle B☆W DMM

5月2日

東冬/三田誠
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


金丸祐基
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


古橋秀之/別天荒人
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和月伸宏/黒碕薫
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天野明
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


タカヒロ/竹村洋平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅倉秋成/小畑健
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朱村咲
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


肘原えるぼ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大@nani/吉緒もこもこ丸まさお
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/宵野コタロー
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


LINK/SAVAN
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田 雄介/ONE
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


猪口(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


しんこせい(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫又ぬこ
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


倖月 一嘉
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴 奈々
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


はにゅう
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


子日あきすず
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


茨木野
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


せきはら/柚原テイル
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


Minjakk/Liaran
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


西山アラタ/春野こもも
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


榎戸 埜恵/涙鳴
(フロース コミック)
Kindle B☆W DMM

4月30日

藤木わしろ(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


サイトウアユム(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂石遊作(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハヤケン(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紺野千昭(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


結石(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御子柴奈々(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W B☆W DMM


りゅうせんひろつぐ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


ムンムン
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍央(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


わるいおとこ
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


山崎 響
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


やまむらはじめ
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月28日

天空すふぃあ/奈須きのこ
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


餅田むぅ/新山サホ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


しめさば
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


久慈 マサムネ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜木桜
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岸馬きらく
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮 ゆう
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すずの木くろ
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


雪だるま
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W


可換環(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


てぃる(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


木嶋隆太(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


川井 昂(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


アネコユサギ(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W

4月27日

TYPE−MOON/大森葵
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


友麻碧/夏西七
(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小龍/八木戸マト
(電撃コミックスEX)
Amazon


朱月十話/ROHGUN
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


あさなや/yocco
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


小祭 たまご
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月26日

ユリシロ/紙城境介
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと/奏ユミカ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


平安ジロー/灯台
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


火野遥人
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


オクショウ/MGMEE
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


槌田/TYPE−MOON
(角川コミックス・エースエクストラ)
Amazon Kindle B☆W DMM


リヨ/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月25日

紙城境介(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河ごーすと(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


両生類かえる(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


どぜう丸
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


大崎アイル
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


彩峰舞人
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三嶋与夢
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


馬路まんじ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


まさみティー
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


友橋かめつ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


六海刻羽
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紙木織々
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御堂ユラギ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


泉谷一樹
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


丘野 優
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


龍翠
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エノキスルメ
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜あげは
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


参谷しのぶ
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲井田そう
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎馬チキン
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


氷純(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


epina(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Y.A(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


COMTA/樋辻臥命
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Nokko/龍翠
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


灘島かい/三嶋与夢
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


霜月なごみ/瀬戸夏樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野地貴日/黄波戸井ショウリ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


つむみ/君川優樹
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぱらボら/馬路まんじ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中曽根ハイジ/丘野優
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


遊喜じろう/みりぐらむ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松浦/大堀ユタカ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


成田良悟/藤本新太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


はっとりみつる
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


六本順
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


まつたけうめ/栖上ヤタ
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月22日

川上真樹/富士伸太(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


新挑限(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


丹念に発酵(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


やませ ちか(MFC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


瀬尾 つかさ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon


川口 士
(ダッシュエックス文庫)
Amazon


とーわ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


柑橘 ゆすら
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


すかいふぁーむ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


マサト 真希
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


紅玉 いづき
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


近江 泉美
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月21日

小杉光太郎
(4コマKINGSぱれっとコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


荒井チェリー
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


森高夕次/足立金太郎
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


須賀達郎
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


白浜鴎(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


三原和人
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉本浩二
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


田素弘(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐藤宏海/白浜鴎
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


オキモトシュウ/藤川よつ葉
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

4月20日

橘 公司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


クオンタム
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


海月 くらげ
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


水棲虫
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


茜 ジュン
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小狐 ミナト
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐波 彗
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


戸塚 陸
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


岬(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


じゃがバター(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


伴名 練
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


森山 光太郎
(ハヤカワ文庫JA)
Amazon Kindle B☆W


有山リョウ
(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


吉野弘幸/佐藤健悦
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


大和田秀樹
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


北野詠一
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


今井ユウ
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM

4月19日

野田サトル
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


朝倉亮介
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松原利光
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬目景
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


妹尾尻尾/そら蒼
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀬尾つかさ/BOMI
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


的良みらん/川口士
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂崎ふれでぃ
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


宮下裕樹/夏原武
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


昏式龍也(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨森たきび(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


栗ノ原草介(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


水田 陽(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


立川浦々(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


喜多川 信(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


衣太(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W DMM


kaede7(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W DMM


Allen(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬原パトラ(HJ NOVELS)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月18日

福井セイ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


田中モトユキ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

4月15日

ナフセ(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


坂木持丸(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


香坂茉里/浅野りん
(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


野水はた(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨咲はな(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾坂キョウ(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


深海 亮(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


一色孝太郎
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎戸リア
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


六つ花えいこ
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


六つ花えいこ
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


井上みつる
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


西尾維新(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


野田宏/若松卓宏
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


硬梨菜/不二涼介
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


山本崇一朗
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村枝賢一/石ノ森章太郎
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


海冬レイジ/かんざきももた
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヒロユキ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


三宮宏太/西田征史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索