トクマ・ノベルズEdge

宵月閑話 はかなき世界に、最期の歌を4   

はかなき世界に、最期の歌を―宵月閑話 (トクマ・ノベルズEdge)

【宵月閑話 はかなき世界に、最期の歌を】 佐々原史緒/toi8 トクマ・ノベルズEdge

Amazon


おお、珍しい! 小野篁の末裔が出てくるとは。阿倍清明なんかはそれこそ無数にあるわけですけど、同じ中世の幽冥の世界に足を踏み入れている人物であるにも関わらず、小野篁なんか無名も無名。小野篁が関わるライトノベルなんて、自分、【札屋一蓮】シリーズしか見たことないです。
まあ、清明や役小角なんて人たちは本職の魔術師ですし、その阿倍さんなんてその子子孫孫に至るまできっちり陰陽師を生業としてきたのに比べて、小野篁は歴としたお公家さん、しかも結構な要職についてた偉いさんらしいし、地獄に生きたまま出入りして閻魔大王の側近やってたというエピソードの他には、特に妖しい術を使ってた、という人でもないですしね。その子孫も普通にお公家さんですし。
その意味では、扱い難いのかな。

この小野篁の子孫を名乗る小野閑さんが酷い(笑
初対面の主人公に「ニートと引きこもりとヒモを全部合わせたダメさ」と称されるくらいに酷いw
元々華族で有数の資産家だった小野家の財産はすでに喰い潰されてろくに残ってないみたいだし。一応、元臣下の人たちの支援があるんだろうけど、使用人の仁希が主人公・麻里の依頼に、ちゃんとお礼するからの一言で眼の色変えるくらいだから、現状でもよっぽどお金ないだろうはずなのに、どうやって暮らしてるんだ、この人。まさか、デパ地下お菓子売り場の無料試供品食べ歩きだけで栄養補給しているわけでもあるまいに。

話は、祖母の異様な死にざまを目撃し、その死に不信を抱いた主人公麻里が、クラスメイトの仁希を通じて小野篁の子孫という小野閑に祖母の死の真相を調査してくれるように頼む事から始まる伝奇ホラー、ということなんだけど……閑・仁希・岡部の小野一家のやり取り掛けあいが面白すぎて、あんまり怖い雰囲気にはならなかったなあ(苦笑

閑いわく、頭の中身が明治時代の少女、仁希ちゃんが愛いの何の。元々小野家の家令の家系の出身ながら、両親を幼いころに事故で失い、閑のもとに引き取られ、養われている……というか、放っておくとそのままのたれ死んでしまいそうな閑の身の回りの世話をして、逆に養っている始末。それでいて、閑を崇め敬い、主君として絶対の忠誠を誓っているわけです。いやなんでこんなのにそこまで……と、周りのみんなは思ってるんですけどねえw
閑以外の人間に対しては人を人とも思わない辛辣な性格なのですが。同じ使用人の家系の出身である岡部さんに対しては、目上の人に対してとは思えないような酷い態度だったりしますし。でも、依頼を通じて親しくなった麻里を心配して、閑に手助けを頼みこんだり、と本質的には優しくて情に厚い少女というのがよく伝わってくるので、可愛いんですよね。
閑に対しても結構、仕事するように宥めすかし餌で釣ったり、と甘やかしてばっかりではないところがあって、伊達に独りで貧乏生活やりくりしているわけじゃないしたたかなところもあるようで。

その仁希が慕う閑ですけど、暢気で人畜無害のぐーたら男、という様相とは裏腹に……かなり怖い人ですよね、この人。黒いだのという次元でなく、どこか人の心を持たないまま人間の皮を被って人間のふりをしている怪物じみたところがある。岡部が、自分の娘が仁希のようにこの男の傍に仕えてたら、気が狂いそうになるだろうな、という心証をこぼしているのが、なんとなくわかるんですよね、その感覚。その気になれば一口で人間など頭から丸のみ出来てしまうだろう怪物の目の前で、子供を遊ばせているようなもんだもんなあ。しかも、怪物当人が、将来的には喰っちゃうよ(性的にだけど)と宣言してるもんだから、なおさらにw
ただ、閑が仁希を心底可愛がってるのは間違いなさそうなんですよね。彼女のお願いはなんだかんだと聞いてあげてるし、甘いんですよね、仁希には。
ただ、この怪物じみた男に愛でられるのがはたして幸せなことなのか。今でこそ無邪気に身の回りの世話をしていられるけど、お手つきになったらなんか淫蕩なあり様になりそうで、色々な意味でドキドキw


と、奇妙でおかしな小野一家の事はいいとして、肝心の本編部分もなかなか予期せぬ流れで、読み応えがありました。祖母がなぜ、あんな凄惨な死にざまを晒すことになったのか。過去から現在に繋がる祖母が胸の奥に秘め続けた想い。それが発芽してしまうきっかけになった出来事。
ただそれだけのことで。何も知らない人なら、唖然としてしまうような些細な、だけれど、すべての推移を見つめれば、それが破綻の原因とはっきりと知れる決定的な壊れゆく思いには、胸を打つものが。
そんな中で、麻里が真相に苦しみのたうちながら、さいごまで目をそらさずに祖母の遺した想いに追いすがっていったのは、最後の救いだったんだよなあ。誰にも知られずあの想いが消えて行ってしまうのは、あまりに救いがなかっただろうから。
傷つきながら、のたうちまわりながら、最後まで逃げなかった麻里は偉かったと思う。それこそ、他人に関心のない仁希がなんだかんだと気にかけてしまったのも無理ないよなあ。

うん、一巻完結としては非常に完成度が高くて面白かった。特に小野一家の掛け合いは楽しくて仕方なかったので、もう一度読みたいところですねえ。続編希望。


さよならストレイウルフ 2.赦されざるもの  

さよならストレイウルフ 2 (2) (TOKUMA NOVELS Edge)

【さよならストレイウルフ 2.赦されざるもの】 嬉野秋彦/菅野博之 トクマ・ノベルズEdge


どんな親しい人でも、良く知っていた相手でも、時の流れはいやおうなく人間を変えてしまう。それが、生きること自体が過酷で絶望的な世界ならなおさらのこと。
魔龍王ベラッツェラとの決戦に敗れ、三千年後の世界に飛ばされてしまったジュノーたち。流れ着いた世界は、ベラッツェラとその眷族が支配し、人間たちは虐げられ隷属させられるだけの存在に堕ちた世界となり果てていた。
六人の仲間たちは同じ時間に跳ばされたわけではなく、それぞれ何年か、何十年かの時間差を隔てて未来へと送り込まれ、主人公のジュノーが未来に流れ着いた最後の一人。
見慣れぬ未来世界に戸惑いながら、ようやく探り出した仲間の消息は、リーダーだった男は病を得てすでに病没し、弟分だった少年は十年以上の歳月をこの未来で過ごした末に戦意を失い、ただ平穏な暮らしを望むくたびれた中年へとなり果てていた。

というところが、一巻のあらましなわけですが、一巻の最後に合流する兄貴分のカザークと、幼馴染にして恋人でもあったマハールも、ジュノーが知る彼らとはどこか違ってしまっていたわけですが……。
よくあるパターンだと、こういう時の流れを隔てた再会で人が変ってしまっていたら、かつてのその人の面影を全否定するような、別人みたいな変わりよう、というのになりがちなんですけど、この作品のカザークやマハールは、ちょっと違うんですよね。
かつてとどうしようもなく変わってしまった部分と、でもやはり変わらない部分が上手く混在して同居している。彼ら二人が未来に流れ着いたのは四年ほど前となっているのですけど、その四年という歳月が非常にリアルに感じられる微妙にして決定的な変化なわけです。
これが一巻のジントなんかだと何十年もの時間差があったので、完全に別人みたいになってますけど。

で、こんな見知らぬ世界に放り込まれ、親しかった仲間たちも以前とは変わってしまっている。主人公のジュノーとしたら、たまったもんじゃないはずなんですけど……このジュノー、そんじょそこらのなまっちょろいラノベ主人公とはどっか違います(笑
いや、こういう特異なキャラクターの主人公ってちょっと他じゃお目にかかったことないなあ。
口は減らないわ、軽口は途切れないわ、泰然自若としてるわ、恍けてて喰えないわ、とにかく一筋縄でいかない性格なのに、不思議とひねくれているという印象はなく、むしろ人品は素直でまっすぐ。単純なくらい清廉で、想った事は隠さずなんでも率直に告げることを厭わない、という風に見える。
矛盾したキャラクター要素がまったく反発せず美しいほど見事に融合してるんですよね。
思えば、嬉野作品で、女性キャラ、ヒロインでならこういうタイプのキャラはいたけど、主人公で、というのは見たことなかったかも。口の減らないキャラとか食えないキャラは、大概性格も悪かったし(笑
性格の素直で綺麗な、口さがない人を食うようなキャラ、ってまたややこしいなあ。でも、これがやたらと面白く、ぐいぐい物語を引っ張ってってくれる主人公になってるんですよね。
かなり重苦しく雰囲気も暗くなりそうな世界観なのに、このジュノーが動き回るだけでなんかこう、希望みたいな淡い空気が立ち込めてくる。
カザークもマハールもずいぶん荒んでひどい有様になってたけど、ジュノーと接してるうちに澱が払われたみたいに、どこかスッキリとしてきたし。特にマハールなんか……可愛いなあ、もう(笑
かつては年下の幼馴染だったのが、今や年齢的には年上のお姉さん、しかも冷酷非情の笑わないクールビューティーになってしまったわけですけど、このジュノー相手じゃあ、この過酷な未来世界で自分を守るために必死に凝りかためてきたものも、全部吹き飛ぶわなあ。
ジュノーがいない間に彼女を襲った悲惨な出来事、自分はもっと救いようのないものを思い描いてたんですけど……いや、これも十分えぐいし、女の子としての気持ちを考えたら、ジュノーによそよそしく接してしまうのも無理はないか。好きな相手だからこそ見せたくない、見せるのが怖いものもあるだろうし。なにより、彼女の感覚からしたら四年近く会ってなかったわけだし。
にしても、ジュノーにまっすぐすぎるくらいの想いをぶつけられて、凍っていた想いが氷解したあとのマハールは、細かいしぐさや表情やらがいちいち可愛くて、たまらんなあ(w

一方、敵方のザバラオンも、二巻で描かれる内情を見ると、三千年近い支配期間を経るうちに、色々と複雑な事情を抱えてるのが透けて見えてくる。
ドッパのザバラオンらしからぬ懊悩の内容をみると、永劫に続くように思えるザバラオン族の繁栄にも、どこか閉塞感の影らしきものが垣間見えてくるんですよね。そうした中で、新たな、だが異端の生まれである、ベラッツェラの娘の出現は彼らの未来にどういう影響を与えるのか。

単純にベラッツェラを倒して終わり、という上映二時間映画的展開では終わらなそうな顛末に、次巻への期待が募ります。
とりあえず、ジュノーはマハールといちゃいちゃすることに自重するようなことは一切考えなさそうなキャラなので、その辺は存分にニヤニヤさせてくれそうw

 
1月25日

(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索