徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

ノーブルウィッチーズ

ノーブルウィッチーズ 8.第506統合戦闘航空団 英雄! ★★★★   

ノーブルウィッチーズ8 第506統合戦闘航空団 英雄! (角川スニーカー文庫)

【ノーブルウィッチーズ 8.第506統合戦闘航空団 英雄!】 南房 秀久/ 島田フミカネ&Projekt World Witches 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

ハイデマリーがサントロン基地上空付近で交戦して間もなく、大型ネウロイがガリア全土へと攻勢を開始する。絶望的な状況の中、微かな活路を見いだした黒田とハインリーケは母艦ネウロイへと突貫を仕掛けるが…!?
「ゆくぞ、黒田中尉!」
「はい!もうひと稼ぎしますよ!」
旧501メンバーが宮藤芳佳の救援に向かう最中、時を同じくして繰り広げられていた激闘の一幕が明らかに。繰り返される激戦。そして異なる身分に戸惑いながら、華族として部隊に招聘された少女が辿り着いた“高貴なる義務”の答えとは!?ノブレス・オブリッジを体現する魔女達の物語―感動の大団円!

劇場版ストライクウィッチーズで旧501メンバーが再集結している一方で、他の統合戦闘航空団もネウロイの再侵攻に当然激戦を繰り広げていたんだよ、もちろん第506ノーブルウィッチーズも!
ということで、劇場版ストライクウィッチーズの際のノーブルウィッチーズの戦いを描いたシリーズ完結編。
というか、劇場版ストライクウィッチーズでのネウロイの再侵攻って、史実におけるバルジの戦いがモデルだったんかー。映像観ているときにはさっぱり気づかなかった。小説の方も読んでいなかったので詳しい戦況、ネウロイの侵攻経路なども把握してなかったので元ネタとなる戦史があることすら気づいていなかったのですが、本作読んでるとなんか見覚えのある合衆国の部隊の名前がつらつらと出てきたり、あからさまにアルデンヌ方面の戦域が弛緩してたり、とお膳立てが出揃っていたわけで、ようやく「あ、これバルジ大作戦!?」と気づくに至ったわけです。
劇場版のアニメでもアイゼンハワー将軍がバストーニュに言及していたようですし、分かる人は一発でわかったんでしょうなあ。
戦気が見える。
というわけではないのですけれど、大戦を前にしたときその気配の変化を感じ取れる人、というのは居るもので……。B部隊のジーナ中佐のあの歴戦の勘はほんとパないわ。しかも脳筋ではなく裏側に通じた手練手管も持ち合わせているわけで。この人って統合戦闘航空団の隊長ももちろんこなせるだろうけれど、むしろ特殊作戦群の司令とかの独立性となんでもありの手段を有した部隊を率いたら半端ないことになりそう。「欧州一危険な女」にもなれそうな気がする。
今回のバルジの戦いだって、ジーナ隊長の決断の迅速さと勘の良さとこんなこともあろうかと、という備えがなかったら果たして戦域を支えられていたかどうか。
これまでノーブルウィッチーズでは、ネウロイとの戦いよりもむしろ国同士のパワーゲームやガリア内部の王党派の暗躍などへの対応など、人間同士の争いの中で非常に難しいバランスを取りながら部隊を育てていく、という方向性で描かれていて、ネウロイとの戦闘は殆ど定期の巡回と散発的な襲来への迎撃くらいであった。それが、今回は本格的なネウロイの大規模攻勢への迎撃戦ということでかなりの緊迫感が漂う中でのストーリー展開だったんですよね。
ガリア東部に配備されていたリベリオン陸軍の細かな動向なんかも描写されて、殆どの人間が予期していなかったネウロイの反攻と、対応しきれずに瓦解していく最前線。そんな中で決死の思いで踏みとどまる部隊の兵士たち。と、久々にストライクウィッチーズ・ワールドの戦時の激しさを思い出させてくれる内容でした。
そして、地を這う兵士たちにとってウィッチたちがどれほどの希望であるのかも。
バルジの戦いでも有名なバストーニュ包囲戦。リベリオン第一〇一空挺師団が市民を護って抵抗を続けるバストーニュ。ネウロイの大軍に完全包囲されつつあるバストーニュに突入し、最後の盾として獅子奮迅するジーナ隊長率いるノーブルウィッチーズB部隊。ウィッチたちの弾も魔力も空挺師団の弾薬も潰えて全滅までもうあと僅かというリミットに、さあネウロイの大軍を切り裂いてのA部隊の救援は間に合うのか。
とまあ、ラストに相応しい大激戦でありました。
悲壮感すら漂う中で、それでもいつもの調子を崩さず明るく元気な黒田の邦佳ちゃん。ほんと、ウィッチの中でもこの娘のメンタルは最高峰の一人なんでしょうなあ。わりとうじうじと悩むところがあるハインリーケにとっては、彼女の揺るがぬ明るさこそが頭の痛いところであり、何より信頼しているところなのでしょう。ハインリーケ姫デレた、と邦佳ちゃん騒いでましたけれど、何を仰る。随分前からプリン姫さま、邦佳ちゃんにデレッデレじゃあなかったですか。まあそれを、御本人が認めたのだから邦佳ちゃんも喜んでしかるべきか。

ロザリー隊長も残る魔法力を使い切って、実質アガリ。胃薬もハインリーケに引き継いだことですし、やっと一息ですなあ、と言いたいところだけれど、このあともなんやかんやと総隊長職は続けるんでしょうね。上層部とのダーティーな駆け引きはまだまだハインリーケでは難しいでしょうし。トラブルの責任はほぼほぼロザリー隊長へと放り込まれる予感。

シリーズ全体として、スパイの暗躍や結構人死にも出てたし、ウィッチたちの旧友もネウロイとの戦闘で戦死していたり、と戦時の仄暗い哀切とした雰囲気が流れているストライクウィッチーズの作品としては結構特殊な展開の作品でしたけれど、それでも邦佳ちゃんを中心とする明るくもしたたかな面々のやりとりで暗い方暗い方へと落ち込まずに、うまいことバランスが取れてたように思います。
なかなかこういう国際謀略モノ、ネウロイ相手じゃなく人間の組織相手の戦いというのは人気出づらかったかもしれませんが、私はけっこう好きでした。それ以上に、黒田邦佳というキャラはこのストライクウィッチーズ作品全体の中でも特に好きな一人となりました。いつか、アニメで動いて喋って守銭奴している彼女が観たいものです。

シリーズ感想

ノーブルウィッチーズ 7.第506統合戦闘航空団 反撃! ★★★☆   

ノーブルウィッチーズ7 第506統合戦闘航空団 反撃! (角川スニーカー文庫)

【ノーブルウィッチーズ 7.第506統合戦闘航空団 反撃!】 南房秀久/ 島田フミカネ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

ノブレス・オブリッジを体現する部隊、506JFWの"反撃"がはじまる!

パリに招かれマスコミから歓迎を受けている最中、ロザリーはド・ゴール将軍の愛娘が軟禁されている事を知らされる。何とか救出を試みようとするも、ウィッチが王党派の動きに関与すれば506存続に関わる――。隊がじりじりと軍部に追い詰められていく中、更にはガリア全土を脅かすネウロイまで襲来し!?「最高に高貴で、最高に馬鹿げたことをやろう、全員で!」ノブレス・オブリッジを体現する部隊、第506統合戦闘航空団の反撃がはじまる!

Bチームのジェニファーちゃん、ヒスパニア貴族の血を引いているとはいえAチームの娘らのように貴族貴族していないんだけれど、実家が超お金持ちのせいか、浮世離れしているという点ではもしかしたら隊全体の中でも抜きん出ているのかも。ノーブルではなく、セレブですよね、セレブ。平気でお店の売り物大人買いするどころか、店自体を買い取ってしまうとか。あんたなんで軍に志願したんだ、というセレブっぷりで。でも、そんな娘が志願して軍に入る時代であり、またよりにもよって荒くれ者揃いの海兵隊に望んで入るんだから、ジェニファーの気合の入りっぷりがよくわかる。Bチームのマリアンがあれだけ貴族嫌いにも関わらず、ジェニファーに対しては凄く強い仲間意識を持っているのもよくわかるんですよね。二人の馴れ初めがこの巻でも語られていますけれど、ええ話だったんですよね。リベリオンサイドのエピソードはそれぞれ古き良きアメリカの風情があって、凄い好きですわー。それはそれとして、ジーナ隊長の謎経歴がさらに増えてて草が映えそうです。ラッキー・ルチアーノと面識がある、というかやりあったことがあるとか、この人過去の経歴が明らかになればなるほどとんでもない過去しか持ってないんですけど。ハリウッドのアクション映画の主役を何編も張れそうな感じだよなあ。
一方のAチームの方はというと、フランス国内の王党派の勃興、テロリズムの横行という事態についに降りかかる火の粉を払うだけではなく、自ら渦中へと飛び込んでいくことに。
ただでさえ人災の卦すらあるやっかいな性質を秘めたネウロイの襲来に対応しないといけないところに、危険すぎる政治への介入である。ネウロイ関係ないところで、テロリストに捕まった要人の救出作戦や、人質の救出のために潜入作戦とかやっちゃってるもんなあ。図らずも、ウィッチが対ネウロイ戦だけじゃない、対人作戦のも有用というのを示してしまっているのが、将来的に危うくもあるのだけれど、それもまあ今更か。
プリン姫の成長も著しく、その隊長としての立ち振舞方も立派になって、ついにアドリアーナから貴族としてもみんなを率いるリーダーとしても、自分が命も志も預けられる相手として認められる、という領域にまで達したものの、やっぱり黒すぎる政治ゲームの指し手となるには真っ直ぐすぎるんですよね、この人。だからこそ、総隊長のグリュンネ少佐もしがみつかざるをえないという苦しい選択を選び続けてしまっているのだろうけれど。ほんと、対ネウロイ戦だけに傾倒できるならもうプリン姫でも何の不安もないはずなんだけどねえ。
幸いにして、監視役であるガリアの子たちが、案の定那佳によって洗脳状態が徐々に解かれ始めてて、殆どもうこっちサイドになっているあたりが安心材料なんだけれど。
時系列はついにサントロン、あの劇場版の事件へと突入するわけですか。ロザリー隊長が不穏すぎるなあ、これ。あの博士、胡散臭いのはいいとしても、ガリアの子たちがあっさり洗脳外れかかってるのを、そんなわけないと一顧だにせず無視しているあたり、肝心の洗脳技術に関しても怪しい限りですし。

シリーズ感想

ノーブルウィッチーズ 6.第506統合戦闘航空団 疑心! ★★★☆   

ノーブルウィッチーズ6 第506統合戦闘航空団 疑心! (角川スニーカー文庫)


【ノーブルウィッチーズ 6.第506統合戦闘航空団 疑心!】 南房秀久/ 島田フミカネ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

ロマーニャから無事帰投した那佳であったが、正体不明の輸送機より降下したガリアの子に強襲される! 那佳の安全と引き替えに王党派へ従属する事を選択した506であったが、それは国内において共和派の標的となることを意味していた。各勢力の陰謀、そしてネウロイの猛襲に対しロザリー、ハインリーケはそれぞれの高貴なる闘いへと赴く――。 ちょっぴり守銭奴な魔女が、混沌渦めくガリアで人質に!?異色の部隊、疑心と陰謀が交錯する第6弾!
プリン姫が少佐に任官するの、このタイミングなのか。というか、まだ大尉だったのね。劇場版に登場した際は確か少佐でしたものね。
しかし、ガリアの国情ってダークすぎやしないだろうか。カールスラントがまともな分、欧州の古き闇がぜんぶこっちに乗っかってるような気すらしてくる。貴族階級出身者のみを集めた統合戦闘航空団って設定がここまで難易度高い話になってくるとはなあ。そもそも、ガリアの子なんて完全にアウト案件でしょうに。戦時中とは言え、ここまで非人道的な人体実験の成果を公に運用してしまうとは。洗脳強化した孤児出身者の少女兵とか、ヒトラー・ユーゲントどころじゃない話ですよこれ。
でも、こんな少女兵がある程度受け入れられてしまうのって、ウィッチという先例があるからなんでしょうね。十代の、しかも場合によっては12,3歳の頃から武器担いで最前線で戦ってるんだから。
これまでこの世界観で出てきた大人の軍人や政治家って、子供を戦わせていることにどの人も程度の差こそあれ忸怩たる思いを抱えているまともな人間ばかりだっただけに、平然と私兵として子供の兵隊を、しかも洗脳という手段を用いて戦力化しようとしているガリア王党派には嫌悪感しか湧いてこんわー。
統合戦闘航空団の隊長って、どの人も管理職として上層部との折衝に苦労している印象はあるけれど、ロザリー隊長はそれだけじゃなく、政治にマスコミ対応に対テロルに、とやることが半端なく多い上に、どれも対応誤ると即座に部隊存続に関わる、というだけに難易度が尋常じゃないのを捌いてるんですよねえ。Bチームのジーナ隊長が協力的かつ有能極まるだけにだいぶ助かってるんだろうけれど、この人抜けるとノーブルウィッチーズがまともに機能するとは思えない。
後継指名されてるプリン姫、なんとか引き継ごうと努力しているし、ロザリー隊長も意図してかなり仕事振ったり、指摘や教授も欠かさないのだけれど性格の問題もあるし、ちょい厳しいよなあ。せめて、戦闘に専念できるところなら今のプリン姫なら十分こなせるんだろうけれど。ロザリー隊長、スパイマスターみたいなことも何気なくこなしてるし。
しかし、その洗脳下にある少女ですら、黒田那佳に掛かると平静では居られないというこの凄まじき人誑し。不倶戴天だったはずの506のAチームとBチームを一つの仲間としてまとめ、さらには王党派の辣腕エージェントを陥落させるという実績の持ち主だけに、次の標的と相成ったガリアの子がどう墜ちるかはなかなかに楽しみ。
印象的だったのは、カーラのエピソードか。カーラの過去回想であり、今の彼女を形作る出来事の話であり、彼女のコーラ好きが単なる趣向ではなく、一つの親友との誓いであった、という彼女を掘り下げる話なんだけれど、話の回し方がまた凄く心に残るんですよね。本作が、戦争をやってる渦中の時代なのだと、今更ながら思い出さされるのと同時に、アメリカ映画ぽいなあ、と思うんですよね。ハリウッドの戦争映画というと、派手なドンパチばかり思い浮かべてしまうけれど、それとは違うベクトルの、故郷から遠く離れた戦地である知らせを受けることで故郷の、懐かしい親友との青春時代を懐旧するという構図、凄くアメリカのオスカーっぽいなあ、と。
ジーナ隊長の過去エピソードも凄くアメリカ的だったんだけれど、Bチームのメンバーもリベリオン色を濃くしながらキャラ立ってきたなあ。

シリーズ感想

ノーブルウィッチーズ 5.第506統合戦闘航空団 激闘! ★★★☆  

ノーブルウィッチーズ5 第506統合戦闘航空団 激闘! (角川スニーカー文庫)

【ノーブルウィッチーズ 5.第506統合戦闘航空団 激闘!】 南房秀久/ 島田フミカネ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

オペレーション・マルス発令! ロマーニャ奪還に向け、激闘の空へ!!

将軍暗殺阻止の一件から活動停止となったA部隊は、出撃こそできないものの隊としての団結を日々強めていた。
そんな中、ネウロイの巣を掃討すべく501JFWと504JFWへオペレーション・マルスが発令される。
「これは私の国を取り戻す戦いなんだ・・・」
アドリアーナは単機ヴェネツィアへと飛ぶため活動停止中のA部隊に別れを告げて……!?

ちょっぴり守銭奴な魔女が煙焔を突き抜ける!異色の部隊、激闘が幕を開ける第5弾!
今回も肝心のネウロイとはあんまり戦わないのだけれど、ストパンワールドにおけるスパイアクションものというジャンルで捉えたら、これはこれでその方向性において充実してきたような感触が伺える。そもそもからして、国際政治の力学の結果誕生している統合戦闘航空団の中でも、この506は特にその誕生からして政治的な意味合いが強い部隊であったためか、より深く政治的な局面に踏み込んでいってるんですよね。その点から鑑みると、隊長のロザリー・ド・エムリコート・ド・グリュンネ少佐とB部隊のジーナ・プレディ中佐のクレバーな政治力と諜報戦能力は他の統合戦闘団の幹部クラスと比べてもちょっと図抜けてるんですよね。ロザリーさんは、ホワイトホールでも悠々とやってけそうな腹黒貴族系の政治スキルの持ち主だし、ジーナ中佐ときたらあれ諜報機関でスパイマスターやってても不思議じゃないタレントなんですよね。
国際政治の駆け引きのみならず、王党派というガリアの暗部に深く関わる政治結社との暗闘にその成立過程と立場上巻き込まれることになる506JFWを影に日向に守り続けているのは、明らかにこの二人の功績なんですよね。特にロザリー隊長は実質あがりを迎えた上にA部隊の活動停止に託つけて、名誉隊長として実権を半ば手放したことから、自由に動き回れる余裕を得て何気により辣腕を振るい出しているし。
プリン姫は那佳と関わるようになってからと、これまでの力押しではどうにもならない事件や仲間たちが理不尽に傷つけられる出来事を経験してきた過程から、随分メンタルも成長してB部隊ともある程度穏当にやれるようになったし、こと戦闘面での隊長としてはみんなを率いるに十分な態勢を整えつつあるのだけれど、やっぱり軍内政治のみならず政治家や暗部との政争を出来るタイプじゃないんですよね。貴族としてはこの娘は真っ当すぎる。だからこそ、ロザリーにはこれからも庇護してもらわないとちっとマズいんですよねえ。ジーナ隊長も実力と貫目と手練手管は十分以上にあるのは間違いないんだけれど、合衆国人で欧州の軍上層部や政治家に顔が利くとは言えないだけに、他の統合戦闘団ならともかく貴族ばかり集められたが故にそれに関する面倒事が持ち込まれがちな506を率いるのはちと難しいんだよなあ。
ともあれ、ロザリー隊長とジーナ隊長が諜報戦で奮闘はしてくれているものの、すべての問題を振り払えるわけではなく、幾つもの不穏な出来事やヤバイ事件が舞い込んできて、こういうケースが続くと部隊の雰囲気そのものが暗くなっちゃいそうなものなのだけれど、そんな空気を振り払って逆に皆の仲を深める要として躍動してるのが那佳ちゃんなんですよねえ。この娘の人からの好かれやすさはやはり尋常ではない。あれ、実家の本家の方ももうちょっとぞんざいな扱いを受けているのかと思ったら、礼儀作法を仕込まれるために滞在している間に、本家の人たちみんな陥落させちゃってたのね。本家の大御所や娘さんのみならず、現当主の若旦那まで誑し込んでいたとは。欧州行きの見送りの際に一番ガン泣きしてたのが、両親ではなくて初対面の時あれだけ酷い扱いであしらおうとしていた当主さんだったという話には笑ってしまった。
那佳ちゃん、いつも金なくて守銭奴極まってるみたいな態度だけれど、実際の所本家の方は那佳ちゃんのためなら幾らでも支援するぜ、という姿勢だったんですねえ。那佳ちゃん、あれで本家や実家にはろくにおねだりも要求もしていないようで。まあ、稼いだお金の殆どを実家に送ってるくらいだしなあ。

時系列的には、ちょうどストライクウィッチーズの二期クライマックス。オペレーションマルスでロマーニャに出来たネウロイの巣に、ネウロイ化の改造手術を施した大和を突入させるぜ、というあの最終作戦の頃だったわけで。
あれ、ロマーニャ奪還という大舞台にもかかわらず、肝心のロマーニャのウィッチが全く参戦していなかったのはどうにも違和感があっただけに、再建途中の504が道中支援、アドリアーナがずっと助攻で加わっていた、というところはむしろ納得だった。506が関与していなかったのはA部隊が活動停止を喰らっていたから、というのならまあ表向きは参加しないのも仕方ないわなあ。こっそり頑張っていたわけだけれど。
それぞれのウィッチが政治的な理由で集められた506だけれど、今となってはちゃんと所属するウィッチたちの帰る我が家になっているのは、なんとも嬉しい話じゃないですか。
ネウロイを打ち払って人類領域を取り返しても、その侵攻によって失われたものはもう戻らない。故郷を奪還し、でも疲れ果てて戻ったかつての自分の屋敷は空っぽの温かみの失われた人の居ない空間で、もう帰る場所にはなってくれない。迷子の子供のように途方に暮れて立ち尽くした彼女が思い描いた帰るべき我が家、そんな彼女の前に現れて、手を差し伸べてくれる新たにできた家族ともいうべき仲間たち。
そうなんだよねえ。統合戦闘航空団の物語は、ただ戦うために集った部隊の話ではなく、もっと親身な距離感へと至るホームとファミリーの物語なのよねえ。ノーブルウィッチーズも、きっちりそんな方向へと収束してきた感がある。

シリーズ感想

ノーブルウィッチーズ 4.第506統合戦闘航空団 暗雲! ★★★☆  

ノーブルウィッチーズ (4) 第506統合戦闘航空団 暗雲! (角川スニーカー文庫)

【ノーブルウィッチーズ 4.第506統合戦闘航空団 暗雲!】 南房秀久/ 島田フミカネ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W
負傷から回復した那佳は通常任務に戻るが、突如として魔法力が消失してしまいネウロイを撃ち逃してしまう。困惑する那佳へ医師が診察にあたるも、依然としてスランプの原因は突き止められずにいた。一方、ロザリーは将軍暗殺を目論む機関の計画を知り警護を申し出るが、突如部隊のレーダーは妨害され更にはネウロイまで出現し…!?ちょっぴり守銭奴な魔女がガリアとロマーニャの空を暗躍する!異色の部隊、暗雲漂う第4弾!
ちょっぴりじゃないよ、那佳ちゃんの守銭奴っぷりはちょっぴりどころじゃないよ!! もう筋金入りの鉄筋仕様だよ!
前回のスパイサスペンスばりの追跡劇で瀕死の重傷を負った那佳ちゃん。体は回復したものの、いきなり戦闘中に魔法力が消失してしまう状態になってしまい、出撃できなくなってしまう。
普通なら原因不明の不調に見舞われたら落ち込んでしまうものなんだけれど、那佳ちゃんってば表面上はずっといつもどおりの明るさなんですよねえ。それでも、プリン姫なんかはかなり深刻に心配してしまっているのだけれど。この姫、ほんと那佳ちゃん大好きなのよねえ。
でも、那佳ちゃんがずっと明るいものだから、部隊のみんなも心配はしながらも必要以上に暗くなったりはせずに様子を見よう、という雰囲気で居られたわけで、もしここで那佳が落ち込んでしまっていたりしたら506の空気はどれだけ淀んでしまっていたか。本気で心配したプリン姫が一度、那佳を部隊から遠ざけようとした時以外は、ウィッチとして働けない状態の那佳だけれどとりあえず居ればいいから、みたいにして誰も離そうとしなかったのは、彼女の存在がまさに506の要だとみんなわかっていたからなのでしょう。
だいぶ親密になってきたチームで、あのプリン姫ですらBチームの面々にも気をかけるようになってきた……今回なんぞ、ジェニファーが夜間戦闘用の武装のデモンストレーションの為に模擬戦で主役を務めることになった時も、プリン姫が陰に回ってフォローしてたり、と全体的に打ち解けてきた506ですけれど、それでもこの上手く回るようになってきた人間関係の扇の要が那佳であることは、誰しもが理解してることですからね。もし彼女がいなくなったら、果たしてAチームの中ですらちゃんとまとまるかどうか。那佳ちゃん居ないと、プリン姫すぐにピリピリし出すし、アドリアーナ大尉だってグレるだろうし。

果たして那佳ちゃんがどこまでそういうのわかっているか、多分当人まったく考えてないんだろうけれど、それでも無意識か本能的か、ムードメーカーとしての自分の重要性をこの娘は承知してるんでしょうね。
でなければ、どれだけ脳天気だって自分が役立たずになってしまったら多少はへこんだ様子を見せてしまうでしょうし、彼女のスランプの原因……ラストに明らかになったそれを見ると、黒田那佳は決して心が傷ついたり苦しんだりしない強いだけの娘じゃない、痛みを感じ恐ろしさに怯え罪悪感に苛まれる、体に変調をきたす程に心をきしませる普通の女の子なのが分かってしまっただけに、そんな内面をおくびにも出さなかった、というのは、周りの人間にまったく気づかせなかった、というのは翻ってやっぱり尋常じゃなく強い子なんだなあ、とより一層思うようになったのでした。ほとほと感心させられた。
ホントなら、表に見せる様子と自分でも気づかない内面の軋みとの差異は、将来的に壊れないか心配になってしまうところなんだけれど、那佳については不思議とそういう不安感を抱かせないんですよねえ。面白い子だなあ。
あんまり戦闘面では無茶したりする子ではないのだけれど、やっぱり銃じゃなく近接武装でネウロイやっつけちゃうあたりは、この娘もいわゆる「扶桑の魔女」である。でも、名槍「扶桑号」はほんとに名品なんで、そんな雑な扱いしないでー。物干し竿にしないでーー!

今回も、一人ひとり部隊のメンバーにスポットをあてて話を広げてましたけれど、一番興味深かったのはやはりBチームの隊長であるジーナ・プレディ中佐でしょう。
数あるウィッチの中でも、この人ほどガチでプロっぽい人は他にどれだけいるだろう。幼少時から、ネイティブリベリアンの達人のもとでサバイバル技術と戦闘技術を学び磨いていたって、合衆国の兵士としてはまず最強にあげられる履歴じゃないですか。
この人に関しては、あがりを迎えて魔力を使えなくなっても関係なく戦えそうな気がする。なにより、ジーナ隊長のかっこよさは尋常じゃない。ほんと、この人は語られれば語られるだけ格好良さが上積みされていく感じ。まったく、どこまでイケメンになっていくんだろう。

シリーズ感想

ノーブルウィッチーズ 3.第506統合戦闘航空団 結成!3   

ノーブルウィッチーズ (3) 第506統合戦闘航空団 結成! (角川スニーカー文庫)

【ノーブルウィッチーズ 3.第506統合戦闘航空団 結成!】 南房秀久/島田フミカネ 角川スニーカー文庫

Amazon
Kindle B☆W

ノーブルウィッチーズの正式お披露目イベントが数日後に迫り、国同士の様々な思惑に翻弄されるA、B両部隊の魔女たち。一方、キーラとともに忽然と姿を消したジェニファーを追って、那佳とカーラはガリア中を探索する…!果たして那佳たちはお披露目イベントまでにジェニファーを取り戻せるのか!?ちょっぴり守銭奴な魔女の奮う名槍が、灰色のドーヴァー海峡を切り開く!異色の部隊、結成間近の第3弾!
2巻のラストの展開が、もうジェニファーが真っ黒けっけに見える流れだったのでかなり焦ったんだけれど、ちゃんと白で良かった。各国の情報部が内部の派閥ごとに違った動きを見せて暗躍するわ、正規の登録がなされていないエージェント・ウィッチが暗躍するわ、とウィッチーズシリーズの中でも特に組織間の暗闘、国家間のパワーゲームの歪みが描かれるのがこのノーブルウィッチーズなわけですか。ウィッチの中でも貴族の血を引くものを選んで集めた、という時点で胡散臭いことこの上なかったんだけれど、担がれる神輿だからこそ、その下では他よりも激しいパワーゲームが繰り広げられる厄介な立ち位置になってしまっているわけか。そこにさらに、合衆国が送り込んできたBチームが絡んでくるんだから、そりゃ駆け引きの類がより陰湿な方に向かってしまうのも仕方ないのかもしれない。統合戦闘航空団の中でも、特にごちゃごちゃ面倒くさい立場に立たされてしまっているわけだ。
だけれど、そんな周囲からの悪意たっぷりの攻撃が皮肉にもAチームBチームを超えた結束を506にもたらした、とも言える。なんだかんだと喧嘩しながらも、同じ戦場で同じ敵であるネウロイと戦う戦友同士であるのに、周囲からのちょっかいはそんな彼女らの誇りを汚し踏みにじるものである以上、好かない相手だろうと戦友の誇りを守るために戦うのは、まさに貴族として、兵士としての正しい在り方なのだろう。
この航空団だけ、なんだかネウロイよりも人間相手に戦っているみたいな感すらあるけれど、まあ正面で実際の敵と対峙しながら、後ろから撃ってくる味方と激戦を繰り広げるのは、ある程度どこでもやっていることであるからして。
501でもミーナ隊長が頑張ってましたしねえ。
その意味では、苦労性で気弱で生真面目故にマイナス思考なロザリー隊長ですけれど、見事に様々な横槍を捌ききってるんですよねえ。Bチームのジーナ隊長が色々と現場でも後方でも実に頼もしい補佐役であるのもあるんでしょうけれど。プリン姫とジーナ隊長が二大戦闘隊長で張ってるだけでも、他の戦闘航空団と引けは取らんのよねえ。

さて、消えたジェニファーとキーラを追って、黒田の那佳ちゃんとBチームのカーラの珍道中。こんな時でも食い意地が張り守銭奴に徹している那佳ちゃんのメンタルって、本当に図太い。明朗快活な元気娘であるはずのカーラが、不安から弱音をこぼすような状況でありながら、那佳ちゃんのあっけらかんとした態度は変わらんのですよねえ。那佳ちゃん、506に合流する以前でも相当の修羅場をくぐって来てるのだけれど、どんな絶体絶命のピンチだろうが態度変わらんのだから、ハッキリ言って凄い。これだから扶桑の魔女わ、と言われる類だよなあ、この娘も。
それでいて、ウィッチーズ全体を見渡しても黒田那佳ってかなりの頻度で死にかけてるんですよね。あれだけお金お金、と金に執着していながら、いざというときには体を張って仲間を守り、血を流し激痛に耐えながらチームの為に根性見せる。そこまで死にそうな目に合いながら、しかし仲間たちに苦しい顔をさせ続けないんですよね。重苦しい雰囲気を吹き飛ばすような軽口を、いつもどおりの態度で飛ばしてみせる。演技じゃなく、本気だからこそ、ついついみんな深刻な顔を解いて、笑ってしまう。数いるウィッチの中でも、この子は最強のムードメーカーなんじゃなかろうか。そりゃ、こんな娘が居たら貴族だなんだと、AチームとBチームで張り合ってるのも馬鹿らしくなってくる。その意味では、やはりこの那佳ちゃんがノーブルウィッチーズの要なのでしょう。
今回もネウロイと殆ど戦うことなく、スパイ映画さながらのサスペンス・アクションな話でしたけれど、2巻と違って3巻はこれはこれで面白いなあ、と思えてきました。

今回、表紙でも那佳ちゃんが振るっている槍は、あの名槍【日本号】ならぬ、【扶桑号】。やっぱりこっちの世界だと扶桑皇国だから銘も扶桑なのね。あの槍って、黒田家じゃなくてその家臣の母里家のものだったんじゃないか、と思ったら、この時期には紆余曲折あって確かに黒田家に渡ってたのか、知らなかった。

シリーズ感想

ノーブルウィッチーズ 2.第506統合戦闘航空団 混戦! 3   

ノーブルウィッチーズ (2) 第506統合戦闘航空団 混戦! (角川スニーカー文庫)

【ノーブルウィッチーズ 2.第506統合戦闘航空団 混戦!】 南房秀久/島田フミカネ 角川スニーカー文庫

Amazon

破壊工作と思われる大規模な基地爆破事件に巻き込まれてしまった黒田那佳は意識不明の重体に陥ってしまう。混乱の中、事件は何と内部犯行説が浮上する。内通者はAか、Bか、互いに疑心暗鬼に陥る魔女達…!軍部から傷病手当が支給されるか気が気でない黒田であったが、事件の真相究明に向けて奮闘して―!?ちょっぴり守銭奴な魔女が貴族と庶民の間を駆け巡る!異色の部隊、混戦必至の第2弾!
あまりにも露骨に怪しすぎるものだから、むしろ怪しいが故に怪しくないんじゃないか、とすら疑ってしまっていたら、やっぱり普通に怪しかったのでござる。
那佳ちゃん愛されてるなあ。テロ事件で昏睡状態(?)に陥ってしまった那佳ちゃんに、みんなが順繰りにお見舞いにくるんだけれど、特に普段ツンケンしているプリン姫とマリアンのへこみようと言ったら。まあ、昏睡の原因が明らかになって、那佳ちゃんの愛されっぷりは大暴落してしまうのですが。てかこの娘、爆発から姫を庇って肋骨何本も負ったあとにあんな真似しでかしたのか。ある意味凄まじい。
と、冒頭に基地でテロ事件が起こってしまったのを象徴するように、今回は対ネウロイ戦というよりも人間同士国同士の駆け引き謀略戦のとばっちりを受ける形で様々な妨害工作を受けることになったノーブルウィッチーズ、という話になっている。これが嫌がらせ程度ならまだしも、ロザリー隊長と懇意にしていたアメリカの記者が謀殺されたり、諜報部が乗り込んできて調査の主導権を奪ったり、内部にスパイが、506の解散を目論む勢力が、とかなりきな臭い話になっている。ただでさえ仲の悪いAチームとBチームが、さらに疑心暗鬼を誘われてギスギスを通り越した、戦闘における致命的な不具合まで発生しかける事態になって、雰囲気としてはかなり重苦しいものになっていた。こういう時こそ那佳ちゃんの出番、のはずなんだけれど、怪我した影響でそれほど活発に動けてなかったしなあ。それでも、本当にヤバい時に大事な大事なお金を放り出してBチームを助けにいった那佳ちゃんは殊勲ものであります。あの行動がなかったら、本当にノーブルウィッチーズは致命的な段階を迎えていたかもしれない。
男の子として育てられたイザベルの掘り下げ話なんかもあったけれど……那佳ちゃんが同世代で一番仲良いのはこのアイザック君ということになるのかな。

506のみんなで慰問として子どもたちに劇をやってみせる話では、意外なことにリベリオン海兵隊のマリアンがメインでした。Bチームだとこの娘が一番存在感あるというか、面白いキャラしてるなあ。貴族嫌いというのは、アメリカ南部の閉鎖的な田舎街の生まれ、外の世界から隔絶された時間の止まったような場所から必死に這い出してきた彼女だからこそ、華やかな貴族社会に劣等感混じりの憎悪を感じている、というところなのか。でも、そんな場所で憧れを抱きながら停滞したまま、ではなく彼女はちゃんと自力で外の世界に抜け出して、こうして外国の地に立ってるわけだから、そこまで今更コンプレックスを感じるまでもないんだよなあ。彼女が501の同じリベリオン出身のシャーロット・E・イェーガーを凄く尊敬し憧れている、というのもシャーリーが自由に自分の夢を追っているのに憧れているから、なんだろうけれど、自分だってもう自由に自分の夢を追いかけるだけのものは持っているはず。なのに未だにどこか井戸の底にとどまっているような感覚を抱いているんだろうか。彼女の夢、女優や演劇に関わることに今回の一件を通じて、もう少し気軽に向き合えるようになれたら良いのですがね。
まあラスト、あれだけしっちゃかめっちゃかになってしまうと……この連中で劇をやる、という時点でもう終わっていたのかもしれませんが。
「……わたくし、危うくこの隊を引き受けるところでしたのね」
ロザリーの前に506の隊長就任を打診されたものの、ガリア復興事業に携わるためにこれを断ったペリーヌ・クロステルマンが、506の実態を目の当たりにした際にこぼした心からの一言である。神回避(笑

ラストはなかなかに衝撃的な展開で、まさかの人物がスパイ、内通者だったのか、という話になっているけれど、さすがにこれは驚いた。だってこれ、あの娘が白だろうと黒だろうと、いずれにしても「アウト」ということになりますもんね。

1巻感想

ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団 飛翔!4   

ノーブルウィッチーズ 第506 統合戦闘航空団 飛翔! (角川スニーカー文庫)

【ノーブルウィッチーズ 第506統合戦闘航空団 飛翔!】 南房秀久/島田フミカネ 角川スニーカー文庫

Amazon

「侯爵家なんて言っても分家だし、たいしたことないんだよね」
肩を竦めるのは黒田邦佳。
「その血にふさわしい振る舞いができぬのなら、貴族を名乗る資格はない! 」
豪語するのはハインリーケ。全く異なる二人のウィッチが、第506統合戦闘航空団に配属されて……!?
ノブレス・オブリッジを貫くべく、二機の乙女が蒼天を翔け巡る!

島田フミカネ氏完全監修! ! 大人気アニメ『ストライクウィッチーズ』待望の新シリーズが始動!
邦佳ちゃん、めっちゃいいキャラじゃないですか!! ストライクウィッチーズの宮藤芳佳も、隊のみんなから好かれる愛され系でしたけれど、この黒田邦佳ちゃんは物怖じしないネアカ系で人懐っこい子犬みたいにじゃれついていくタイプで、かなり難しい性格揃いの第506統合戦闘航空団のみんなから可愛がられるという偉業を達成している。いや、マジでこの航空団、面倒くさい性格の人ばっかりじゃないですか。プリン姫ことハインリーケ・プリンツェシン・ツー・ザイン・ウィトゲンシュタインばかりが取りざたされますけれど、他の部隊で抗命や上司への反抗など納得出来なければ断固として譲らないアドリアーナ・ヴィスコンティや、B部隊の筋金入りの貴族嫌いのマリアン・E・カールとか、狷介と言ってもよい性格ですし、イザベル・デュ・モンソオ・ド・バーガンデールやカーラ・J・ルクシックなんかもかなりイイ性格してますし、相当厄介な人材の揃った隊ですよ、これ。
そんな人付き合いなんて鼻を鳴らしてそっぽを向きそうな面々から、こぞって構われて、時には取り合いまでされる邦佳ちゃんがどれほどの逸材か。ノーブルウィッチーズは、貴族主体で欧州全土から(無理やり)集められたA部隊と、アメリカから送り込まれたB部隊の2つの部隊が基地も2つに別れて協力もせず事実上いがみ合ってる状態なのですが、邦佳ちゃん着任の際に間違ってB部隊の方に最初行ってしまい、その際にB部隊のアメリカ娘たちとも仲良くなってしまうのですが、良くB部隊の面々からこっちに移籍しろ、と誘われてる、とエピソードが以前から語られてましたけれど、冗談交じりにこっち来なよ、というニュアンスじゃなくて、これ読んでるとかなりマジで勧誘してるんですよね。それを、プリン姫やアドリアーナが抱え込んで牙を剥いて威嚇しているような有り様で……。ガチ取り合いですw
いやいや、まさかあのプリン姫がここまで邦佳ちゃん気に入る事になるとは思いませんでした。貴族の誇りなんてどこへやら、超庶民派でちゃっかり者の脳天気娘な邦佳ちゃんってプリン姫とはかなり相性悪そうだし、邦佳ちゃんがちょっかい出してもプリン姫の方があんまり親しまないかなあ、と思ってたんで、二人きりの夜間航空戦のお話なんか、物凄く顔がニヤけてしまいました。デレたプリン姫の強力極まりない事。

それにしても、期待以上に面白くって、キャラクターも個性的でよかったなあ。南房さんは、やっぱりノベライズよりもオリジナルで書いた方が段違いに面白いですよ。ストライクウィッチーズの小説版も、アニメのノベライズ部分よりもオリジナルの話の方が俄然面白かったですし。
プリン姫以外は、まだハッキリとしたイメージが確立していないキャラばっかりだったと思うのですけれど、それぞれこの一冊でバッチリキャラ立ててきましたねえ。イザベルの笑えない冗談は本気で笑えないし。面白くないのではなくて、ネタがやば過ぎて笑うにしても引きつった笑いが、というパターンで。これって毒舌の範疇に入るんだろうか。押しのキツイプリン姫とアドリアーナの影に隠れがちですけれど、イザベルも相当ですよ、これ。ただでさえ、男の子として育てられたボクっ子で、アイザック君なんて呼ばれてる個性の持ち主なのに。邦佳ちゃんもあれフリーダムですし、このメンツをまとめるグリュンネ隊長の不憫さがすさまじいことに(笑
この人、思いっきり愛玩動物系で押しも弱いし隊長なのにみんなあんまり話聞いてくれないし、と見てて可愛そうになってくるくらい大変そうで、いやもう笑った笑った。別に蔑ろにされてたり軽く見られているわけではなく、これであの気むずかしいメンツに認められ、尊敬すらされているのですけれど、傍から見てると扱いが……w
一方でB部隊なんですけれど、度肝を抜かれたのがB部隊の隊長を務めるジーナ・プレディ中佐である。この人、アンラッキー・プレディと呼ばれるほど何度も不幸に見舞われて、事故で重傷を負う事も度々、という大変な目に何度も合ってる人なんですけれど、その実力たるや固有魔法の【ホークアイ】という能力がそのまま異名となってるほどの狙撃の名手であり、戦闘巧者。作中でA部隊とB部隊の模擬戦の話があるんですが、このノーブルウィッチーズのメンツの中ですら別格じゃね? と思ってしまうほど尋常じゃない腕前を見せてくれるんですよね。プリン姫もジーナ隊長には完全に一目置いてるし。
邦佳ちゃんも脳天気だけれど、あれで結構古参兵で、紅海での激戦ではユニット片肺で負傷した仲間を背負ってネウロイの制空権を突破して味方の基地まで帰還したというエピソードの持ち主で、歴戦のパイロットなんですよね。ガリア防衛の為に編成された部隊とはいえ、相当の古強者揃い。戦闘面でもビシッと引き締まってるし、逆に日常編でも邦佳ちゃん中心に実に楽しく引っ掻き回してくれて、いやあこれ一気に506も好きになってしまいましたよ。これがこのままシリーズ化してくれるのは、滅茶苦茶嬉しいし、先々が楽しみです。
私の中で506ブームが来そうな勢いですよ。

南房秀久作品感想

 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索