バロックナイト

バロックナイト 4.Love Is Over:幻象煉獄3   

バロックナイト4 (MF文庫J)

【バロックナイト 4.Love Is Over:幻象煉獄】 葉村哲/ほんたにかなえ MF文庫J

Amazon

囚われたバロックを取り戻すため、立ち上がる京耶―だが目覚めるとそこは新妻瑠璃子の家で、しかも監禁されていた!日常風景と狂気が交錯する現象都市で、キョウコは京耶に最後のゲームを仕掛ける。バロックを助けるためにレイニーデイズと共にレガシーに立ち向かう京耶達だが、それぞれに喪ってしまった運命を取り戻すことができるのか。「信じているよ、京耶」「愛してます、京耶さん」「そんなに、私のことを愛してくれてありがとう京耶」永遠の因果を結ぶ、アンノウンバトルアクション第四弾!
うわぁ、これはもう思う存分好き放題やったなあ。ここまで読者の理解をぶん投げて、マイワールドに没入したのはデビュー作の【この広い世界にふたりぼっち】以来なんじゃないだろうか。一乃さんの方で何か鬱憤みたいなものでも溜まってたんだろうか。ヒロインにしても主人公にしても、総ざらえで破滅志向の権化となって手と手を取り合って終焉へと踊り込んでいく姿は、もうここまで行くといっそ痛快ですらある。個人的には、葉村さんの破滅へと至る滅びの道は、もっと静謐で胸がキュンとなるような儚い美しさに彩られているのが好きだったので、あまりに狂騒的すぎて論理破綻以上に情緒が崩壊している今回の楽園パレードは好みとは少しズレているのだけれど、ここまで吹っ切れた狂気三昧は清々しいくらいなので、嫌いではないんですよねえ。
バロックも瑠璃子も、キョウコも挙句に早香にしても、愛に狂い独占に耽溺して自ら破滅しようと狂乱していくのだけれど、誰もがその狂気の果てに幸福とか欲望を満たして満足しよう、という気はさらさらないんですね。表層的には近似のセリフを吐いているけれど、究極的には四人とも滅びをこそ志向している。同じ京耶に想いを寄せる女性たちを出し抜いて、自分こそが京耶に愛される事を望むのだけれど、それは同時に京耶を滅ぼし、京耶に滅ぼされ、一緒に破滅する事を望んでいるのである。滅びこそが、破滅こそが愛し愛されることなのだ、彼女たちにとっては。色々と言葉を飾り言葉を弄り遊興に勤しんでいるバロックや瑠璃子に対して、この点はこわれた早香のセリフこそがシンプルにすべてを表しているように思える。これも一つの殺し愛の極地であり、さながら、心中モノの様相すら呈している。まあいつもの葉村作品、と言ってもいいのかもしれない。その極端系と考えれば。
そのまま投げっぱなしにせず、どれだけとんでも展開であろうとキチンと京耶がバロックを選んだ、という結果を尊重しながら、それでいて見事に瑠璃子、キョウコ、早香の全員に対して京耶エンドを迎えさせた豪腕には、ちょっと笑ってしまったけれど、それ以上に感嘆させられた。これって冷静に考えてみると、ヒロインそれぞれのキャラを融解させて歪ませ切ってしまっている、という恐ろしい結末なんだけれど、狂気の産物の結果にして終焉の幕引きとして捉えるなら、いい具合におぞましく狂ってて良いハッピーエンドなんじゃないだろうか。私は結構お気に入りのエンドである、これ。
なにげに早香さんが役得w

葉村哲作品感想

バロックナイト 2.Fallen Angel:歪曲天使3   

バロックナイト2 (MF文庫J)

【バロックナイト 2.Fallen Angel:歪曲天使】 葉村哲/ほんたにかなえ MF文庫J

Amazon

魂を接続する幻想空間『レガシーオブタナトス』におけるバトルゲームに参戦を決めた京耶は、自らの秘密を徐々に知っていく。
そんな中、ゲーム管理者側の一味であり京耶の前妻――元恋人と主張する瑠璃子から協力要請があった。ゲーム内で頻発する“大量殺人"。人型レガシー『切り裂きジャック』に乗っ取られたプレイヤーに肉薄せよ!! 世界を侵食するレガシーとはいったい何か、セフィロト社の真の目的は? 京耶とバロックは深遠に踏み込んでいく。
因果と天命が交差する、アンノウンバトルアクション疾走する第二弾!
うわぁ、これはまたダークサイドに思いっきり舵を切ってきたものです。一巻はわりと多くコメディタッチの要素を残していたのですが、今回に至っては京耶が面白むっつりスケベな一面を封殺して、記憶の狭間で正気と狂気の淵をフラフラと歩く極めて危険な主人公として動くことになる。特筆すべきところは、バロックにまったくストッパーとなる意志がないところでしょう。殺人に対する忌避感を持たず、しかし殺人を忌避する倫理観を備え持つがゆえに辛うじて一線を越えずに居る現状の京耶を、バロックは肯定も否定もしていません。彼女にとって執着スべきは京耶の存在そのものであって、彼の精神性や正気度というのは言っちゃあなんだがどうでもいいと思っている節がある。彼が狂った殺人鬼であろうとなんだろうと、自分を嫁として大事にしてくれるなら彼が一線を越えようが何をしようが関係ない、と。それどころか、自分に都合が良いと考えれば京耶に一線を越えさせようという謀略に嬉々として手を貸した、と捉えられても仕方ない行動にすら出ている。そこに、罪悪感というものは露ほども感じられない。彼女の真意が、表に見える言動に終始しているのなら、彼女は文字通り堕天使と呼ばれるに相応しい存在だ。世界よりも秩序よりも正義よりも倫理よりもただ一人の男を愛するために、欲望のまま本能のまま想うがままに弄ぶ邪悪にして一途な天使と呼ぶべきなのだろう。
記憶の途切れた少年のまどろみにも似た温くも穏やかな日常は、気がつけばすでに遠く果ての果て。ふと見渡せば、悪意と殺意はゲームという枠組みを超えて軽々と現実世界への侵食を開始している。いや、すでに失われた記憶の向こうで、京耶はすでに血塗られた道を歩んでいたのだ。罪も業も記憶とともに喪われたわけではない。ただ、消し飛んだ記憶によって見えなくなっていただけで、常に彼の傍らに寄り添い続けていた。ただ、それが見え始めただけなのだ。えずくようなむせ返るような濃密な血の匂い、一度思い出してしまえば自分の身体から漂うその腐臭をもう無視できない。
どれだけ京耶が善意を持って行動しようとも、人を殺すことはイケないことなのだという倫理にしがみつこうとも、これは最初から手遅れの、終わりを迎えた向こう側からはじまった物語である以上、取り戻せる因果は自分の犯した罪の報いだけなのだ。だから、どれだけ早香さんとフラグが立ったように見えても、立った瞬間からフラグは折れたも同然だったのである。捨てられた前妻である瑠璃子の悲壮も、現妻であるバロックの余裕も、そのように視点を置けば必然なのだろう。特に瑠璃子の、京耶に記憶を取り戻させて関係を取り戻そうという意欲も、関係を刷新して新しくはじめようという意志もなく、宙ぶらりんな状況のままですがるように撓垂れ掛かるような京耶への接し方は、京耶がどうやっても終わり切ってしまっている事を誰よりも身に沁みて解っているからなのだろう、と思えてくる。この間で描かれた京耶の喪失に伴う彼女が抱いていた絶望感を思うなら、この奇跡のような猶予を壊せるわけもなく、恐る恐る堪能してしまうのも無理からぬことだと納得させられる。思いの外、彼女は臆病で繊細な女性なのだ。なるほど、瑠璃子がバロックから彼を強奪にかかれないはずである。
今のところ、京耶当人がいったいどうしたいのか、という目標や目的意識もなく、淡々と状況に流されているだけなので、しばらくはこれバロックの想うとおりに進んでいくんだろうなあ。容易にポコポコと人死も出ている状況でもあり、このまま話はどっぷりと作者の趣味に準じていくと思われる。
とりあえず、無意識に脳内で女性を全裸に剥いて分析を始める京耶さんは、シリアスなのか単にむっつりスケベを抉らせているのか判断しづらくて、とりあえず笑うしかなかった。こいつ、色んな意味で手遅れだw

1巻感想

バロックナイト overture:幻想接続3   

バロックナイト (MF文庫J)

【バロックナイト overture:幻想接続】 葉村哲/ほんたにかなえ MF文庫J

Amazon

放課後の屋上に呼び出された京弥を迎えたのはバロック――【歪み】という名を持つ少女だった。彼女と口づけを交わした瞬間、京弥は『レガシーオブタナトス』という異空間に『幻想接続』した!!
待ち受けるのは悪魔に天使、妖精と幻獣、神々の遺跡。バロックは、京耶と共にバトルゲームの頂点『王冠』を目指すという。実は現世で存在が消滅していた京弥の「因果」を取り戻すため、バロックは京弥と共に武器を手に
したのだった!
そう、全ては――、「私はキミを、あいしているから」
剣哮と弾丸が交差する、アンノウンバトルアクション開幕!
一乃さんの方がもうイチャラブの箍が外れてしまったせいもあるのか、気分を一新して新シリーズを新たに起草。それがこの【バロックナイト】なのだが、これまた葉村哲の真骨頂である「滅び」の要素が十二分にインサートされた作品でした。葉村哲と言う人はデビュー作である【この広い世界にふたりぼっち】の頃から、その世界観に「滅び」や「終焉」と言ったこれまで続いていた日常や平穏が終わる直前の「滅びの美」みたいなものが内包されている。これは延々とヌルいイチャラブを続けているような【おれと一乃のゲーム同好会活動日誌】も同様だ。あれも、最近はかなり踏み外しかけている素振りがあるけれど、常に「終わり」を意識させる設定構造になっている。その傾向が特に顕著だったのが【天川天音の否定公式】。あれが凄かったのは、主人公の存在を含めて「滅び」にキッチリとタイムリミットが敷かれていたにも関わらず、その「滅び」に抗うのではなく、誰もが暗黙にそれを受け入れていたところでしょう。終わり消え去り潰える事を前提とした日常の、終へと至る美しさ。それが、あの作品には色濃く浮き出ていました。
然して、この新しいシリーズはと言うと……それからさらに一つ進んだステージのお話なんですよね。
言うなれば、終わった跡の物語。或いは、終わりの始まりならぬ、終わりの終わりの物語。既に、これは滅びて終わった日常の、その残り香を無理やり繋ぎ止めているだけの後日譚にもありえない未練の縁の物語、なんですよね。
一応、一度終わってしまったものを取り戻し、因果を覆そうという進行方向を向いているものの、この人が描くと前向きだったり、絶望にあがく物語にはならず、残影のような、影絵遊びのような、淡くも静謐な甘く蕩けるような靄がかったお話になるのは、もうこの作者の筆の特性と言っていいのかもしれない。それこそが、この人の作品の魅力そのものでもあるんですけどね。
だいたい、主人公を取り戻そうとしているヒロインのバロックからして、その名前からしてもまともな人間足り得ない。バロックという言葉には「いびつ」や「不規則性」という意味が篭められているように、普通から外れてしまったものだ。そんな存在が、主人公の何を取り戻そうというのか。少なくとも、普遍性や一般性を伴う日常への回帰になるのだろうか。どうやらこの主人公は、元々相当の破綻者だったようだし。むしろ、平穏という意味では現在の人間性の方が心の平穏を保っているのではないだろうか、と思えるほどに。因果を失うということは、しがらみや執着を失う、というのと同意なのかもしれない。その執着の中には愛する人や、親しい人という正の人間関係も含まれるのかもしれないけれど、それ以上に負の要素が強かった人間にとって、この滅びはむしろ救いだったのではないか、という考えも浮かんでしまう。薄くなって消えることは、果たして不幸であり絶望なのか。
残された人にとっては、絶望以外の何物でもないのだろうけれど。だからこそ、バロックは消え去るだけだった残影にしがみついたのだろうし。おそらく、滅びの前の立場、人間関係をかなぐり捨てて。本来、そうするべきは彼女ではなく、恋人であった瑠璃子の役割なんだろうけれど、彼女はそれを拒否して今の彼に対して敵対とも傍観とも付かない態度を取ろうと努力している(失敗しているけれど)。彼女にとって、京弥の中にあった狂熱的な柵こそが、大事なものだったのかもしれないけれど……。だからといって今の滅びてサッパリしてしまった京弥にも未練が無いわけではなく、バロックに好きにされているのも我慢ならず、なかなか綺麗に割り切れずにぐるぐると迷走してしまっているあたりは、実に面倒くさくてこういうヒロイン大好物(笑
主人公の京弥くんのキャラクターも面白い。面白いというか、滑稽w 
他人とコミュニケーションを取るのが苦手であんまり上手く喋れないのを、俺様超イケメンでクールだぜ、的なスカした態度で誤魔化そうとして華麗に失敗して逆に恥ずかしいほどダサくなっているのがむしろ愛嬌になって可愛らしくなってる重度のむっつりスケベ、という残念を抉らせた主人公なのだ(笑
この説明だと一見して意味不明かもしれないが、読むと一目瞭然なので御覧ください。かなりのむっつりスケベです。自分ではこっそり気づかれてないつもりでガン見しちゃってるのがバレバレなタイプのむっつりスケベですw
一度終焉を迎えてしまったことで、自分の中身を一切合財を空っぽにしてしまった主人公。そんなゼロ以下の、未だに終わり続けている存在が積み上げられるものは、新たに手に入れたものか、無くしておいて取り戻したものか。またぞろ全部無くしてしまうことを前提に、儚く上書きしているだけなのか。何れにしても、葉村さんの作品でこうした0スタートの主人公は珍しいので、その意味でも注目。

葉村哲作品感想




 
1月26日

(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


角川コミックス・エース
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W

1月25日

(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon KindleB☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月21日

(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


Amazon KindleB☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月20日

(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングマガジン サード)
Amazon Kindle B☆W

1月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


1月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索