ビブリア古書堂の事件手帖

ビブリア古書堂の事件手帖 5.~栞子さんと繋がりの時~4   

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)

【ビブリア古書堂の事件手帖 5.~栞子さんと繋がりの時~】 三上延 メディアワークス文庫

Amazon

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。
物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。
ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。いわくつきのそれらに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、二人の気持ちは次第に近づいているように見えた。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。
この邂逅は必然か? 彼女は母を待っていたのか? すべての答えが出る時が迫っていた。

浅はかなり!!
いやあ、思わず喝采してしまいましたよ。大助くん、よくぞ言った。彼のあの発言は、まさに思い上がった一人の女性の傲慢を粉々に打ち砕く無垢なるハンマーであり、心攫われようとしていた栞子さんの呪縛を解き放つ至言だったのです。痛快だったなあ。五浦くんの何の思惑もない心からスルリと滑りだした一言が、あの母親の魔を完膚なきまでに吹き飛ばしてしまったあのシーンは。人の心の奥底まで読むことが出来る、などと豪語していた智恵子の言葉を、彼は見事に覆してくれたのですから。
この素朴な青年の裏表のない心の中を読めずして、何が人の心の奥底まで読めるだ、深く交わらなくても人の心を知る事ができるだ。思い上がりも甚だしい、浅はかなり、浅はかなり、ざまあみろ。もう、あんたの虚ろな言葉は娘さんには届かない。そんな言葉が届く隙間がないほどに、あの瞬間栞子さんの心は満たされ奪い取られてしまったのだから。
完全無欠の大勝利である。五浦大助に、その自覚が全くないのが微苦笑を誘われるところか。
これまで、どこまで逃げようとも智恵子の全てを見通したかのような長い手は、囁きは付かず離れず纏わりつづけ、悪魔の誘惑は途切れないものだと半ば諦観を抱いていたので、まさかこんな形で五浦くんがやってくれるとは思わなかっただけに、痛快だったなあ。

五浦くんに告白され、自分の中に芽生えている彼への気持ちに気がついたものの、かつてからの自分への不信から安易にその想いに答える事が憚られ、一つの決着を求めて母を探す栞子さん。その間、二人の関係というのはあやふやな位置で宙ぶらりんに行き止まってしまったのだけれど、傍から見ているとそれでもイチャイチャしているようにしか見えない不思議。本人たちは真剣で深刻なんですけどね。
今回の各話は、そんな状況に照らしあわせてか、男女間の愛情、家族の愛情というところにスポットがあたっていた気がする。
志田さんの話は、最後まで自分も五浦くんと同じ勘違いをしていました。人に歴史あり、というけれど……。
あの奥さんの、あんな遠回りな手を使ってでも探したいと求めながらも、その繋がりが見えた時には食いつくこと無く、ただ電話して欲しい、とだけ願った心持ち。ナニカを新しく始めようというのでもなく、多分区切りを、ケリをつけようというのでもない、年輪を重ねたがゆえのもっともっと原初の、理由のない、理屈じゃない求める気持ちが、なんかねえ……思わず吐息が漏れてしまいました。
その後の二編もそうでしたが……過去というのは「思い出」なんて言葉だけでは括れない万感が刻まれてるんですよね。そして、この作品では「本」というものがその残滓を色濃く残している。中を読んだからと言って、全部わかった気になるのは、とても傲慢なことなのでしょう。その本の中身にとどまらない物語が、その作者、その所有者、その本に関わった者たちのモノとして、どこかに刻まれている。本の中身だけを読んで全部わかった気になるのは、とても寂しいことなのでしょう。
栞子さんは、中身だけではないすべてを内包した物語を伝える相手を、受け取ってくれる相手を、共有できる相手を、お互いに未知を与え合える相手を、選ぶことが出来ました。おめでとう、心からおめでとう、そう言いたいです。
もっとも、今度は物理的にそれを邪魔してくる災厄が訪れようとしている模様ですが。もう一人、決着を付けなきゃいけない相手が残ってたなあ、そう言えば。

シリーズ感想

ビブリア古書堂の事件手帖 4.栞子さんと二つの顔4   

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

【ビブリア古書堂の事件手帖 4.栞子さんと二つの顔】 三上延 メディアワークス文庫

Amazon

珍しい古書に関係する、特別な相談――謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。
金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが――。
今回は、以前からビブリア古書堂を目の敵にしていたヒトリ書房の井上さんが深く絡んでくることに。店の名前を「ヒトリ書房」と設定した時点で、彼に纏わる話は既にできていたんだろうか。SF畑を特に重きをなして扱っている店、というのは当初から明かされていたわけですし、構想はあったんでしょうね。となると、思っていた以上に本作における構想は大きく広がって出来ているのかもしれない。栞子の母親が追い求めている古書、というのもまた同様に。
にしても、あんな脅しをかけられていたら、そりゃあ井上さんもビブリアを恐れ嫌悪するわなあ。直接関わりなかったとしても、場合によっては結果として同じような形で智恵子によって人生ねじ曲げられていたかもしれないのですから。この脅迫って、本気で犯罪レベルじゃないんですか? 以前の藤子不二雄の古書の事件でも大概でしたけれど、他人の弱みに付け込んで、というのはどんな理由があっても嫌悪しか催さないです。
その意味では、栞子さんの母親への拒絶というのは当然のようにも見えるんですけれど、あの過剰な反応は同時に彼女のフクザツな心境をもうかがわせるんですよね。それが理解できたのは、文香の母親への反応なんです。
これまで密かに母親につながりを求めるようにメールを送り続けていた文香。てっきりこの子は、姉と違って殆ど会ったこともない母親に対して、会わないからこその愛情に飢えているのかな、と考えていたのですが、この子はそんなタマではなかったですね。十数年ぶりに再会した母親に対して、年月のブランクもないかのようになついた素振りを見せておいて、バッサリと切り捨てたあの怜悧な態度には思わずゾクゾクっとなってしまいました。その文香が智恵子に示してみせたものこそ、あんまり不義理を働いしていると、あんた本当にこの店に居場所無くなるよ、私のこころの中に居場所なくなっちゃうよ……つまり、貴女に対して興味も関心も無くしてしまう、無関心・無価値な存在になってしまうよ、という最後通告だったわけです。
好きの反対は、嫌いじゃなくて完膚なきまでの無関心、というのはよく言われる言葉ですけれど、それを文香は再会を純粋に喜びながら、同時に冷厳と突きつけてみせてくれたわけです。ハッとさせられましたね。つまり、これが子を捨てた親に対する一番厳しい姿勢だとすれば、じゃあ栞子さんのそれは? と考えてみると、彼女の頑ななまでの智恵子への反発というのは、以前からその傾向がありましたけれど、惹かれてしまうからこそ過剰に反発することで逃れようとしているように見えてくるわけです。
嫌らしいことに、それを智恵子もまた十分わかっているっぽいところなんですよね。この母親は、異常な自分の最大の理解者がこの長女であることを十分に承知している。彼女をこれまで放置していたのは、まさに栞子さんが自分の分身のように育っていっていた事に安心していたからなのではないでしょうか。
ところが、ある日突然、その分身のもとに一人の男が寄り添うようになってしまった。
智恵子が栞子の元にその姿を見せ始め、ちょっかいを入れだしたのが、ちょうど五浦くんがビブリア古書堂に出入りするようになった後であることを鑑みると、あながち穿った見方でもないと思うのです。そして、彼を傍におくことで、娘が想定していたのとやや違う形を取り始めたことに焦りを抱き始めたのではないでしょうか。今回、直接姿を見せたのも、何より先に五浦くんに会いに来たのも、その現れだったのではないかと。そもそも、智恵子さんの言動は今回いくらなんでも挑発的すぎるんですよね。あれじゃあ、栞子さんを煽っているようにしか見えない。もっとも、完全に栞子さんを自分一人のものとして連れて行こうとしていたか、というと本気ではあったけれど、絶対そうしなければならないとまでは思いつめてはいなかったんじゃないかなあ、とも思える。最大の理解者を腕の中に留めたいという気持ちと同時に、自分から娘が本当の意味で離れていくことを受け入れようとする気持ちもあったのではないかと。
この人はやっぱり好きになれないんだけれど、やはり完全な悪人というふうには持って行かないと思うんですよね。でも、やらかしていることを思えば、とてもじゃないけれど許容は出来んよなあ。
まあそれだけに、最後の栞子さんのきっぱりとした答えには胸がすく思いでした。五浦くんの告白に対する答えとしたら、これ以上なく痛快じゃあないですか。それに、デートで栞子さんのあの癖が、本を読んで上機嫌な時しか出ないはずのその癖が、五浦くんとのデートで出た時には思わずニヤニヤしてしまいましたよ。いい雰囲気じゃあないですか。

1巻 2巻 3巻感想

ビブリア古書堂の事件手帖 3.栞子さんと消えない絆4   

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

【ビブリア古書堂の事件手帖 3.栞子さんと消えない絆】 三上延 メディアワークス文庫

Amazon

 鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。すっかり常連となった賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。
 人々は懐かしい本に想いを込める。それらは思いもせぬ人と人の絆を表出させることもある。美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読み取っていき──。
 彼女と無骨な青年店員が、妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは? 絆はとても近いところにもあるのかもしれない。あるいはこの二人にも。
 これは“古書と絆”の物語。
へえ、古書店同士こういう組合を作って横の繋がりを作って相互援助し合っているんだ。こうした仕組みを古書店が作っているのは世界的にも珍しいことのようで、思わぬトリビアでした。そんな顔馴染みの古書店主の中に、なんと栞子さんの幼馴染が!!
作者の三上延さんと云えば、電撃文庫においては渡瀬草一郎さんと並んで、名うての幼馴染ストとして勇名をはせた幼馴染作家。よもや三上さんがこんなカタチで幼馴染キャラを出してくるとは、時代は変わったんだなあ、と訳の分からない感慨に耽ってしまった。
でも、滝野さん、普通に良い人でよかった。ちょっと立ち回りが怪しかったから良からぬ事を企んでいたり、ビブリア古書堂に意趣があるのかもしれない、とか疑っていたりしてごめんなさい。純粋に幼馴染の栞子さんを心配し、かなり面倒くさい性格をしている彼女を深く理解している五浦くんを何かと応援してくれたり、トラブルになりそうな情報を先回りして教えてくれたり、とかなり助けて貰ってるんですよね、この人には。一応これ、ちょっとしたミステリー調の作品でもあるんで、むしろそんな風に細々と助け舟を出してくれる人って逆に怪しく見えてしまう時があるんですよね。そうじゃなくて、よかったと。
まあ、昔栞子さんとは滝野さんの妹の方が仲が良くて、滝野さん当人とは本の趣味で仲違いして以来、わりと疎遠、というのはなんというか栞子さんらしいw
でも、彼女が滝野さんの妹とよく店に飲みに行っているというのは、五浦くんじゃないけれど意外な情報だった。外飲みなんかしない引きこもりだと思ってたのに。店で飲む雰囲気が好き、というのは驚きだったなあ。人見知りなのに、外が苦手ってわけじゃないのか。
むしろ、伝え聞く母親の性格や、妹の文香のかしましいくらいの社交性を鑑みると、栞子さんがこれだけ内気というのも見合わない話なんですけどね。

しかし、母親の篠川智恵子という人物は、話を聞けば聞くほど怪物的な人物に思えてくる。殆ど空想の産物じゃないか、実際にこんな人間が居るのか、というバイタリティ?の持ち主なんですよね。その貪欲さや得体の知れなさが、ちょっと生身の人間離れしたところがある。例の古書店主が化け物のように恐れいているのも無理からぬところがある。あの手紙を見たら、ビビるよなあ。
そんな母親の異常性を、同じ血を引く自分は多分に引き継いでいるに違いない、と自分の本の執着性におびえている栞子さん。実際、彼女が本に対して異様なスタンスを見せることは、五浦くんも認める所なんだけれど……これまで、母親と栞子の複雑な関係が話しの中で浮き彫りになり、その母娘ゆえの類似性、同じ穴の狢、そういう理屈が語られるたびに、ずっと違和感というか、疑問というか、モヤモヤとしたものを感じていたんですよ。
うん、確かに篠川智恵子と篠川栞子には、否定出来ない共通性がある。異常性、破綻した人格、得体のしれない恐ろしい部分が引き継がれている。それは、血の繋がった母子故に、消せない繋がりなのかもしれない。
でも……どうして、その共通性は智恵子と栞子の間でばかり強調されるんだ? と。
それが母子ゆえに受け継がれたものなら……なんで、もう一人の娘、妹の文香についても同じじゃないかと、誰も考えようとしないんだろう、と。

血は争えない、という言葉が当てはまるのが、何故長女独りだと思った?

決して文香が黒いとかヤバイ、危険な子、だとは思わないけれど、いささかこの子を軽視しすぎていたんじゃないだろうか。仮にもこの子だって、篠川智恵子の娘で、栞子さんの妹なんだから、迂闊で口が軽い今時の女子高生、ってだけでは収まらないだろうに。
今後はこれ、もっとこの妹ちゃんについてもスポットが当たってきそうで、ちょっとワクワクしてます。この、不意にすぐ近くに底の知れない存在が居る事に気づいた時のドキドキ感って、結構くせになるんですよねえ。

とまあ、全体的に篠川智恵子の影を感じさせるエピソードが多かった中で、あの坂口夫婦が出演したお話は、このシリーズらしい親しき仲の心の機微に優しく触れる内容で、素敵なお話でした。あのしのぶさんが出てくると、大概こういう素敵な話になるから、この夫婦は好きだなあ。好きというか、しのぶさんについてはもうファンと言っていいくらい。
何やらおめでた、になってしまいましたけれど、次回以降もエピソードの主人公にはならなくても、是非顔を見せてほしいところです。

1巻 2巻

ビブリア古書堂の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち4   

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

【ビブリア古書堂の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち】 三上延 メディアワークス文庫

Amazon

 鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。
 だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。
 これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。
これは素晴らしい。あはは、いや、これいいですわ、めちゃくちゃ好き。大好き。
これまで主に重厚な雰囲気の現代伝奇小説を手がけてきた三上さんですけど、全く作品の装いを変えてきましたね。……いや、違うか。三上さんって、根強いファンがけっこういらっしゃると思われるのですが、この人の作品の中から私を含めたファンを魅了してやまない部分を抽出して純化した上で、日常ミステリー、あるいは本を縁として繋がる人と人との関係に重点をおいた物語に織り上げなおしたのがこの作品なんじゃないかと。三上さんの作品の中でも【ダーク・バイオレッツ】【シャドウテイカー】【モーフィアスの教室】というラインナップを好きな人は、この作品にはハマるんじゃないかなあ。ホラー要素は皆無なんですけどね、あの地方都市の灰色で乾いた空気の匂いのするシンとした静けさと、寒空の下だからこそ寄り添う人のぬくもりを感じるような感覚。余所余所しさと親密な身近さが同居するような相反する雰囲気。三上作品のあの感覚にこそ惹かれている人は気に入ると思いますよ。

膨大な知識と鋭い観察力、そして明晰で論理的な想像力を以て「安楽椅子探偵」をやってのけるのが、この物語のヒロインである栞子さん。祖母の遺した一冊の本。主人公が活字アレルギーになってしまった原因であるその本を鑑定してもらう為に「ビブリア古書堂」を訪れた事から、物語は始まるわけですが。実のところ、栞子さん、肝心の古書店にはいないんですよね。ちょっとした事故で足を怪我して病院に入院しているのです。その本をめぐるお話から縁あって、彼女が不在の店で働く事になった大輔が、持ち込まれてくる本とその本によってつながれた縁によって生まれたささやかな日常の中のミステリーを、栞子さんとともに紐解いていく、そんな大事件という程のものも起こらないささやかな事件簿なのですが、これがどれもいい話でねえ。
いや、必ずしもイイ話、というわけじゃないんですけどね。特に最初の大輔がはからずも知ることになった祖母の秘密なんぞ、決してイイ話ではなかったんですが、彼女の秘めた思いといい、家族との関係といい、祖母の秘密を知ることになった大輔の想いも加えて、実に味わい深いお話だったと思います。
他にも、本の窃盗事件を通じて本来なら決して関係など生じないはずの女子高生と老人の交流なんかも、後の二人の関係と、その様子を想像すると微笑ましくって。
でも、一番好きな話は、論理学の本を発端になれそめた夫婦のお話。彼らを取り巻く環境というのは、客観的に見ると非常に重たいもののはずなんですが、不幸を決して不幸とは思わせない、当人たちの愛情溢れた幸せそうな姿には、胸が熱くなりました。なんていい夫婦なんでしょう。この話には心底感動させられました。

そして、ラストの本好きの業をこれでもかと思い知らされる最後の事件。栞子という人が今置かれていた現状が明かされる話でもあり、大切なモノをどう扱うべきなのか、あるいは男心の繊細さをくすぐるようなお話で、事件の中核自体はこれまでの日常ミステリーとは一線を画した、危機感を煽られる本物の事件なのですが、同時に男女の機微をつつく話でもあるんだよなあ、これ。
繰り返し、内気さ、内向性、人見知りで引っ込み思案な性格を強調されてきた栞子さんの本気と頑張り、心のそこから求めたものを見られた、という意味では眼福な話だったのかもしれません。
なんちゅうか、お幸せに、と心からエールを送りたいですね。この微笑ましい二人が不器用に探り合う距離感のやりとりが好きだったのもあるのでしょうが、志田さんと奈緒、坂口夫婦といった脇を固めるキャラクターたちがこの静かな古書店を中心に広がる世界観を、じんわりと沁みいる素敵な物語へと形作っていたような気がします。
読み終わったあとに、ホッと温かくなった胸に手を当てて微笑む事ができる、そんな素晴らしい読後感を与えてくれる一冊でした。
 

7月1日

紙城 境介
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


メソポ・たみあ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ナナシまる
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


shiryu
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あまさきみりと
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ミヤ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


榊一郎
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


たすろう
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


シクラメン
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


かみや
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月30日

之 貫紀
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


kawa.kei
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


槻影
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


白水 廉
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸山 くがね
(エンターブレイン)
Amazon


鹿角フェフ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


力水
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井美紗
(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


よねちょ
(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


あきさけ
(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


唐澤 和希
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


中野 在太
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


新城一/海月崎まつり
(KCx)
Amazon Kindle B☆W DMM


キダニエル/四葉夕卜
(KCx)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W

6月29日

榊 一郎
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


弥生 志郎
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨宮 和希
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎走 かける
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


謙虚なサークル
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


深山 鈴
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


右薙 光介
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


火事屋/蛙田アメコ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真鍋譲治/すかいふぁーむ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


伊吹 亜門
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


柴田 勝家
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W

6月28日

Amazon Kindle B☆W DMM

6月27日

浦上ユウ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫夜叉/亀小屋サト
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


たくま朋正/伊藤暖彦
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾村切人/ナフセ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


結城鹿介/髭乃慎士
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


幌田
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W

6月25日

十文字青
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鬼影スパナ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


迷井豆腐
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


篠崎 芳
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


寺王
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御鷹穂積
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


メグリくくる
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨川水海
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


江口 連
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和島 逆
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


KK
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨川透子
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月24日

芝村 裕吏
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


長月 達平
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


長月 達平
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


月見 秋水
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


衣笠彰梧
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


常世田健人
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジルコ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


疎陀陽
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


九十九弐式/すかいふぁーむ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


甘岸久弥
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


yokuu
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天ノ瀬
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ラチム
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


櫻井 みこと
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


御手々 ぽんた
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


支援BIS
(KADOKAWA)
Kindle B☆W DMM


藤也卓巳
(あすかコミックスDX)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひろやまひろし
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひろやまひろし
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


横田卓馬/伊瀬勝良
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぶんころり/プレジ和尚
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


蛍幻飛鳥/志瑞祐
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


水無月すう
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


鈴見敦/八又ナガト
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮ゆう/香澤陽平
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


人生負組
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


ZUN/水炊き
(角川単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


神地あたる/白米良
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


黒杞よるの/雨川水海
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村光/ベニガシラ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


七六/鬼影スパナ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天羽銀/迷井豆腐
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


白砂/麻希くるみ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


木乃ひのき/雨川透子
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

6月23日

日向夏/ねこクラゲ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


押切蓮介
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底/りいちゅ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深見真/真じろう
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


金田一蓮十郎
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐藤真登/三ツ谷亮
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


萱島雄太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


優風
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


栗井茶
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


栗井茶
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月22日

浅草九十九/和ヶ原聡司
(MFコミックス アライブシリーズ) Amazon Kindle B☆W DMM


安里アサト/シンジョウタクヤ
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


中山幸
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


三ツ矢だいふく
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


内藤隆/榎宮祐
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


花鶏ハルノ/相川有
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


久真やすひさ
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


衣笠彰/紗々音シア
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


フジカワユカ/理不尽な孫の手
(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


藍屋球/アネコユサギ
(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


クマガエ/宮澤ひしを
(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


カルロ・ゼン/石田点
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


泰三子
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハナツカシオリ
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀬下猛
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


NICOMICHIHIRO
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鍵空とみやき
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


鍵空とみやき
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤近小梅
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


田代哲也
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


柊裕一
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田真哉/速水時貞
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


都月景/いふじシンセン
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


殿ヶ谷美由記
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

6月20日

風間レイ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ほのぼのる500
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


楢山幕府
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


リッキー
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


こりんさん
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


武田すん
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


ペトス/橋本カヱ
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


千田大輔
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


Cuvie
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小坂泰之
(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM

6月19日

Amazon Kindle B☆W DMM

6月17日

上遠野浩平/カラスマタスク
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野田サトル
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


二宮裕次
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


原泰久
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


双龍
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深川可純/広報広聴課ゾンビ係
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


赤坂アカ/横槍メンゴ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


赤坂アカ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中山敦支
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


光永康則/入鹿良光
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ソウマトウ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中村力斗/野澤ゆき子
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


峰浪りょう
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


畑健二郎
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田鐘人/アベツカサ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


コトヤマ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


熊之股鍵次
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


栗山ミヅキ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


高橋留美子
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


草場道輝/高谷智裕
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


福井セイ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


安西信行
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


新井隆広/青山剛昌
(少年サンデーコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


日向夏/倉田三ノ路
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


麻生羽呂/高田康太郎
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


池澤真/津留崎優
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田 リツ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


寺嶋裕二
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


三宮宏太/西田征史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヒロユキ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


福留しゅん/天城望
(フロースコミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


伊吹有/葉山湊月
(フロースコミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


羊太郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河 ごーすと
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜生 懐
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


陸奥 こはる
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


高橋 びすい
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


恵比須 清司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三原 みつき
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


白井 ムク
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里けいし
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


カミツキレイニー
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


伊崎喬助
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


平坂 読
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


猿渡かざみ
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


猿渡かざみ
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


緒二葉
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


川上 稔
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


美浜ヨシヒコ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


草薙 刃
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


時田 唯
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月16日

樋口彰彦
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


松岡健太
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


さとうふみや/天樹征丸
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


あだちとか
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和武はざの
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月15日

石田リンネ(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫田パナ(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐々木禎子(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


仲町鹿乃子(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


竹岡葉月(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


竹岡葉月(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鍋敷(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


LA軍(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


天然水珈琲
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


西尾維新(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


葛城阿高(ビーズログ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん(ビーズログ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小田ヒロ(ビーズログ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾河ららら
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


バッド(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


真安一(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


カヤ(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


コイシ/緑黄色野菜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


よこわけ/やしろ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


わかば/白露雪音
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小田山るすけ/たつきめいこ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月14日
ふか田さめたろう
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


星奏なつめ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬坂右折(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


白石定規(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


星崎崑(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


えぞぎんぎつね
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


三木なずな
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


カイシャイン36
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


よっしゃあっ!
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


6月13日


Amazon Kindle B☆W DMM

6月12日

Amazon Kindle B☆W DMM

6月10日

荒川弘
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天那光汰/梅津葉子
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


おーしおゆたか
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫田ゆかり
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


リムコロ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


冥茶/萩鵜アキ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅野りん/ヤングエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


春花あや
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


経験値/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐島勤/おだまさる
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


古宮九時/越水ナオキ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


ベキオ/ていか小鳩
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


森田季節/シバユウスケ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


顎木あくみ/みまわがお
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


加藤衣緒
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


竜騎士07/夏海ケイ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


竜騎士07/刻夜セイゴ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


飯島浩介/汐里
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


イノウエ
(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


こじまたけし
(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


白井もも吉
(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


オジロマコト
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


田村由美
(フラワーCアルファ)
Amazon Kindle B☆W DMM


もこやま仁
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


影崎由那/川獺右端
(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


相模映/吉田杏
(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


となりける/shiryu
(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ユンボ/風楼
(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


秋乃かかし/裂田
(アース・スターコミックス)
Amazon


東崎惟子(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三雲岳斗(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三雲岳斗(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和ヶ原聡司(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


白金透(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/冬川基
(電撃文庫)
Amazon B☆W


佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


二月公(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


真代屋秀晃(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


周藤蓮(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧岡 くるじ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


小田 ヒロ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


壁首領大公
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


七夕 さとり
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


KK(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


うみ(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM

ふか田 さめたろう
(宝島社)
Amazon Kindle B☆W DMM


魔石の硬さ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ニシキギ・カエデ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


地雷酒(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


サンボン
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼月海里(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


椹野道流(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


森見登美彦/原案:上田誠
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桑原水菜(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


仁木英之(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月9日

石塚千尋
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


荒川弘/田中芳樹
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈良一平
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小玉有起
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


横田卓馬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


高田裕三
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


長谷川三時/七烏未奏
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヤスダスズヒト
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


村上よしゆき/茨木野
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


K9/小林裕和/支援BIS
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬葉つがる
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


樋野友行/瀬戸メグル
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


刀坂アキラ/加茂セイ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


光永康則
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


西田拓矢/海空りく
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


松琴エア/はにゅう
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


原口鳳汰/カラユミ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


山本やみー/門馬司
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


一二三
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


がしたに/MITA
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


うかみ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エターナル14歳/御子柴奈々
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜野みねね
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


森野きこり
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

6月8日

かみはら(早川書房)
Amazon Kindle B☆W DMM


西尾維新(講談社)
Amazon Kindle B☆W DMM


ちんねん/能一ニェ
(BRIDGE COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐藤二葉
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


山本崇一朗
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲葉光史/山本崇一朗
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月7日

泉光
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


TNSK
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


水瀬るるう
(まんがタイムコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


琴子/TCB
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


枢呂紅/優月祥
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨後一陽/とちぼり木
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


西島ふみかる/白縫餡
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨沢もっけ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


ふか田さめたろう/松元こみかん
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


えぞぎんぎつね/春夏冬アタル
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


リキタケ/三木なずな
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


琴子
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫子
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


平成オワリ
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


榛名丼
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


蝉川夏哉
(宝島社文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


貴戸湊太
(宝島社文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索