ビーズログ文庫

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず ★★★☆   



【茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず】 石田 リンネ/Izumi  ビーズログ文庫

Amazon Kindle BOOK☆WALKER

後宮の女官の茉莉花は『物覚えがいい』というちょっとした特技がある。そんな彼女は、名家の子息のお見合い練習相手を引き受けることに。しかしその場にきたのは、お見合いをしてみたかったという皇帝・珀陽で!?しかも茉莉花の特技を気に入った珀陽は「とりあえず科挙試験に合格してきて」と言い出し…!?皇帝に見初められた少女の中華版シンデレラストーリー!

やる気のない人に能力があるから出来るからと仕事押し付けないでー。
能力を活かせ、才能を活かせ、折角の才能を腐らせているのは勿体無い。存分に力を振るえるのは、力に見合う地位につくのは幸せだろう。という善意からの推しは、時として相手を苦しませる事になる。
瞬間記憶能力、とも呼べる一度見たものは決して忘れないという記憶力を持つ茉莉花の才能を発見した珀陽によって、女官という立場から無理やり文官として取り立てられてしまった茉莉花。本人は女官という立場に満足していて、それ以上は何も望まず周りとの軋轢をさけ、ひっそりと穏やかに日々を過ごす事に幸せを感じていたのに、かなり強引にやりたくもない立場に立たされてしまう姿になんとも身につまされる気分にさせられました。ほんとにね、出来るからといってやりたいわけじゃないんだよ! ほんとはやりたくないんだよ! というシチュエーションはそりゃもう身に覚えがあるってなもんじゃないので、茉莉花の皇帝からの命令というどう足掻いても逃げられない絶望感には思わず同情してしまったのでした。

でも、茉莉花の場合のやる気のなさは、決して怠惰などの感情からきたものじゃなかったんですね。彼女が語る『ちょっと物覚えがいいだけ』の能力。彼女が自分の絶大な能力をこう語るのは、客観的な自己評価が出来てない、というわけじゃなく過去に幾度もこの瞬間記憶能力によって覚えた事を何ら活かす事が出来ずに、期待してくれた周囲に失望され突き放され呆れられた事でトラウマに近いものを抱えてしまっていたからなんですね。
彼女にとって自分の能力は本当に『ちょっと物覚えがいいだけ』という意味しかなかったのだ。物事を丸暗記しても、暗記した内容を理解していなければそれを扱うことは出来ない。いわば、彼女は自分の能力に不信をいだいていた、いや違うか、この能力を効果的に扱えない自分自身に失望していた、というべきか。
だからこそ、茉莉花には余地があったのだ。自分の能力を存分に使いこなしたいという願望があり、その能力を存分に震える仕事に就いてみたい、本気の自分を見つけたい、という。
その意味では、珀陽には人を見る目があった、という事なのだろう。単に茉莉花の能力だけに目を向けていたなら、決して彼女の本気を引き出すことはできなかったはずだ。彼女の中に燻っていたものを見極められたからこそ、それを刺激し引っ張り出すことができたのだから。
世間には彼は文武を極めた万能の天才皇帝と評価されているけれど、彼自身は自分を天才などと想っておらず、せいぜい凡人が努力して相応のものを積み上げただけに過ぎない、と思っている。だからこそ、自分などでは及びもつかない本物の天才を集めようとしていて、その一貫として茉莉花にも目をつけたわけだけれど……。自分ひとりで何でもこなしてしまうワンマンなどより、彼のように多方面の人材を集めて活かすことの出来る人の方が上に立つ人間としては際立ってるんですよね。しかも、珀陽という人物はあらゆる方面に通じて、余人では理解できないだろう天才の言葉を聞き拾い理解できるというような評価を、側近たちから受けているような人物だ。
これもまた、天才の一種だと思うんですけどね。
でもならば、そんな天才の言葉を聞ける天才の、彼の言葉を心を理解できる理解者はいるのだろうか。自分は中継ぎの皇帝だ、と割り切っていて自分自身の「私」を消し去ってしまっているような珀陽。そんな彼がはじめて自分のことを語り聞かせてしまった相手である茉莉花の存在は、果たしてこの若き皇帝にどんな意味をもたらすのだろう。
ただ見たものを丸暗記するだけだった茉莉花が、本気を出して皇帝の側近の子星に教えを請い、彼の指導を受けてはじめて個別に記憶野に浮かんでいるだけだった意味を持たない「記録」が、シナプスが連結していくようにバチバチと繋がっていって「知識」となり、膨大な生きた情報となって彼女の血肉になっていく覚醒編はゾクゾクするものがありました。人が「化ける」瞬間というのはやはりくるものがありますなあ。
最後の語りからすると、茉莉花はずっと官吏として生きるみたいだけれど、それだと果たしてラブストーリーとしてはどうなるんだろう、と疑問も湧いてくるわけで、うん先も気になります。

なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。 ★★★☆  

なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。 (ビーズログ文庫)

【なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 後宮で、女の戦いはじめました。】 汐邑雛/ 武村 ゆみこ ビーズログ文庫

Amazon
Kindle B☆W

幼女でも妻です! 夫の心と胃袋は、ぎゅっと掴んで離しません!

グラディス四世が逝去し、王太子ナディルの正式な王位継承が決まった。
これまで幼さを理由に公の場に出ることのなかったアルティリエは、妻として夫ナディルの隣に立つために、いよいよ社交界デビューすることに。
ところが舞踏会には、幼女であるアルティリエに取って代わろうとする貴族や側妃候補がいて……!?
転生幼妻(中身は33歳)の餌付け計画、新章スタート!!
これ、本来はどうやったってアルティリエは絶対不可侵であるべきはずなのに、それを世間的に周知徹底できないために知らない貴族やその子女たちが気軽に足を引っ張ろうとして、触れてはならないものに触れてしまい、えらいことになっていくというある意味蟻地獄みたいなことになってるよなあ。
いやそれでも、あの複雑怪奇な血統図と王家とアルティリエの血筋との関係、表沙汰に出来ない役割とか抜きでも、アルティリエは王家の姫を母に持つ公爵家の娘なわけですから、表の血筋だけでも安易に手を出せるような相手じゃないはずなのに、考えなしすぎるというアルティリエの感想も宜なるかな、ってところではあるんですよね。タイトルには女の戦いはじめました、とあるけれど後宮での寵愛争いをするには、アルティリエ自身がもうナディル殿下に愛されすぎてて相手にならないし、アルティリエがやってるのは正妃としてちゃんと役割を果たそうというものであり、それに加えて愛しい旦那様のために美味しい食事を、という夫婦感のことばっかりで、別によその女を蹴落として、とか後宮の主として権力を振るって、というものではないんですよね。変にややこしい動きをせずに、難しい部分は全部ナディル殿下に全幅の信頼をおいて丸投げしてますし。
ってか、アルティリエに手を出したら一番激怒するのはナディル殿下自身であり、アルティリエの最大の守護聖獣なのナディル本人なのに、そのナディル殿下の寵愛を得ようとしてその逆鱗に無造作に毟ろうとするの、なにやってるんだろうって感じですよね。少なくとも、現状をちゃんと見ている人たちからすると、こいつらほんとどういうつもりなんだろう、と真剣に正気を疑う行為なんだろうな、あれやこれやは。そんなんで、人生棒に振っていいんだろうか、という。
それにしても、アルティリエも僅か12歳で四大公爵家を招いての晩餐会を実質主催してみせたわけで、それも大好評のうちに終わったわけですから、これで公務を果たしていない、というのは難癖以外のなにものでもないよなあ。
なんかラストでえらいことになりましたけれど、あれだけ警備強化しておきながらこれは、どういう絡繰りかわからないけれど責任者どうするよ。

シリーズ感想

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。 ★★★★   

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。 (ビーズログ文庫)

【なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。】 汐邑 雛/武村 ゆみこ ビーズログ文庫

Amazon
Kindle B☆W

転生幼妻、夫の胃袋より先に――真相つかんじゃいました!?

夫ナディルの遠征中、アルティリエの侍女リリアが攫われた!
一連の事件の鍵を握る人物からの呼び出しだと悟ったアルティリエは、自作の菓子と【夫の手紙】をお守りに「絶対出るな」と言われた王太子宮を抜け出すことに。
そんな彼女の前に現れた驚きの人物とは……!?
アルティリエ出生の秘密も明らかに!?
元お菓子職人(パティシエール)転生幼妻の餌付け計画第一章クライマックス!
これ、改めて見ても凄まじいまでの血の継承の因縁なんですよね。ただし、そこに人の意思、願い、情念が絡むことによって加速度的に闇が深くなっていく。アルティリエを苦しめ追い詰めていたものの正体は暗い情念を結晶化したような代物で、それはもう歪んだ狂気の産物のようにも見えるし実際その通りなんだろうけれど、それを形作ってしまったのはそれこそ連綿と続いてきたこの国を維持するシステムであり、王家の人間―王族というものはそれを構成する歯車に過ぎず、そこに公はあっても私は無いとばかりにどうやったって逆らえないものがあった、という冷厳とした現実があったわけですよ。
えげつない以外の何者でもないのだけれど、同時にソレは国家を安定させ平和を維持してきたシステムでもあるんですよね。それを無視する、壊す、破壊するというのは国そのものを崩壊させ、動乱をもたらし、平和を破壊することそのものでもあるということになってしまう。
それでも、人は歯車であり続けるにはあまりに人すぎて、想い抱く生き物すぎて、そこに破綻が生じてしまう。歪みをもたらしてしまう。
なぜここで生きるのか。
生まれ変わり、アルティリエとして再誕した「彼女」が常に自分に問い続けている命題であると同時に、システムの歯車として組み込まれながらもそこに逆らおうとし、同時に義務を果たそうとする矛盾の苦しみの中から問いかけてくるその命題の重さたるや。
愛とは、なんたるや。
形骸と化した中にも残るものを、アルティリエは掬い上げる、その一点を以って彼女はまさに傑物なんだよなあ。そのままでは失われ行くはずだったものに、温もりをもたらす。それは、呪いを解くのと殆ど同じ意味だったんじゃないだろうか。お茶の温かさとお菓子の甘さ。ほんのひと時のお茶会が、真相の暴露と或いは弾劾になろうかという場を、一つの家族のうちの話へと落とし込んだという意味でもなおさらに。
いやもう、秘密が明らかになっていくにつれて、すべての辻褄と因縁と伏線が繋がっていく上に、呪詛めいた王家の在り方と、アルティリエという少女がどれほど重要であるか、の真実が見事にこれ以上無くわかりやすく詳らかにされていく展開は、ちょっと背筋が寒くなるほどでした。これほど宮廷の闇、血の継承の闇を色濃く導き出す話だったとは、サイド読み直しても来るものがあります。
アルティリエが、王太子ナディルすらよりも換えの聞かない最重要の存在である、というのは比喩でもなんでもない、ただの事実だったのか。
そんな途方もない真実を真っ向から受け止め、ナディル王子の王妃として、彼の妻として、家族として、守護者としてやっていく決意をまるっと固めたアルティリエ。幼女にして、実にこう、肝っ玉かあさんの貫禄すら伺えるのでありました。頼もしいったらありゃしない。

シリーズ感想

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 旦那様の専属お菓子係、はじめました。 ★★★★   

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 旦那様の専属お菓子係、はじめました。 (ビーズログ文庫)

【なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 旦那様の専属お菓子係、はじめました。】 汐邑雛/武村ゆみこ ビーズログ文庫

Amazon
Kindle B☆W

王太子餌付け作戦甘さ増量で進行中!! 転生幼妻(@33歳)の奮闘第2弾

夫の胃袋をつかむべく、日々おいしいお菓子を作る12歳の幼妻アルティリエ(中身は33歳)。
政略結婚の夫との間には、恋愛感情なんて生まれるはずもないと思っていたのに、彼は案外独占欲が強かったようで!?
そんななか、王妃主催のお茶会に招かれたアルティリエは、その席でまたも命を狙れ……!?
夫の愛情と共に危険も増量!? 元お菓子職人の餌付け計画第2弾!
そこで終わるんかー!! ウェブ連載読んでるので、一応先行きの展開は知っているのだけれど、これ初見でここで終わられるというのは凶悪極まるなあ。
ナディル殿下、事実上国政を仕切っていて現王国の執政みたいなもので、その政治手腕、軍事手腕、外交手腕から宮廷の掌握の仕方に至るまで完璧超人、外面もいいだけに一般的には人格的にも穏やかで優しい人物、みたく思われているのだけれど、今回彼の身近な人間、弟や幼馴染の側近たちから見たナディル殿下について多く語られているのだけれど、聞けば聞くほどヤバいというか極まっているというか、かなり面倒くさいヒトなんですよね。
王太子として、というか公の人間としては実際に完璧に近いのだけれど、だからこそか、王族、王太子、次期国王という機構そのものに近い存在になってて、もはや人間じゃないんじゃないか、という在り方を徹底している一方で、何気に結構ネガティブな感情についてはほとばしらせている節もあり、かなりこう危なっかしいのyね。興味がなかったり自分に関係なかったら、ちょっとどうかと思うほど徹底して無関心であったりするし。
アルティリエが初対面でナディルに本能的に怯えたのも理由がないではないと思うのである。
こうした、いびつなシステムのような人間にナディルがなったのは、生来のものではなく紆余曲折、波乱万丈な、本来王位を継ぐはずのなかった父親があまりにもあり得ない過程を経て王位を継がざるを得なくなった、という誰も、当人も、家族であるナディル含めた子供たちや奥方の誰ひとりとして望まず、考えてもいなかった形での王位継承が、今の彼を形成する要因となってしまったわけだけれど、それをアルティリエが変えていったのか、それとも変わってしまっていたのをもとに戻していったのか。
あれだけ仲の良い兄弟たちでさえ、ナディルの闇を払えなかったことを考えると、弟妹たちはナディルによって守られ育てられ導かれてきた、という庇護下にあったが故に対等ではなかった、と見るべきなのだろうか。アルティリエもまた庇護下にある、という意味では一緒なのだけれど、姫さんって守られているという自覚をしっかりと持った上でナディルと対等に接してる、という風に見えるんですよね。
餌付け、というわかりやすい手段を取りつつも、単に美味しいものを食べさせて釣ってるのではなく、ちゃんとナディルの身体のことや環境、事情を踏まえて食事を提供している。そこには深い知見と聡明さ、自分の意見を一方的に押し付けるような我儘さはなく、しかし理路整然としてナディル殿下に納得を与える言で意見を述べるだけの強さも持っている。殿下、話が通じない子供が大嫌いなんだそうだけれど、アルティリエとはまったく逆に見事に意思も言葉も愛情も噛み合ってるんですよね。殿下からのわかりにくい思いやりも、完璧に伝わってるし、アルティリエに伝わっていることもアルティリエ自身の思いやりと共にしっかり殿下に伝わっている。このあたり、もう恋人通り越して夫婦感すら感じられる慈しみの相関が成ってるんですよねえ。
それは、常に孤高であった王太子の比翼となり得る存在の出現である。弟たちや、親友たるフィル・リンがアルティリエの存在とその意味を知った時の、あの歓喜とナディルから彼女を喪わさせてはならない、という決意の重さも、ナディル殿下の闇の深さを知ってしまうと凄く納得してしまうんだなあ。

そんなナディル殿下のそれよりも、深く重く苦しい闇が、この宮廷には横たわっている。それは奥の院に蔓延する女の嫉妬や悪意という感情的なそれが可愛くみえるくらい、必定であり、逃れ得ない拘束具であり、歴史の淀みであり、汚泥のようにまとわりついて離れないものであることを、これからアルティリエは思い知り、それと直面し、対決することになる。
宮廷ロマンというジャンルにおいて、このあたりの人の闇をどれだけディープに書けるかが、一つの境界なんだろうなあ。

1巻感想

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 異世界で、王太子妃はじめました。 ★★★★   

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 異世界で、王太子妃はじめました。 (ビーズログ文庫)

【なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 異世界で、王太子妃はじめました。】 汐邑雛/武村ゆみこ ビーズログ文庫

Amazon
Kindle B☆W

おでんのからしを買いに出た和泉麻耶(33歳職業パティシエ)は、そこで事故に遭い--次に目覚めたとき、12歳のお姫様に転生していた!!
しかも彼女には、年上の旦那(しかも王太子)までいる。
命を狙われたところに転生したらしいと悟った麻耶は、身を守るためにも夫と仲良くしようと決めるが!?
お菓子職人の名に懸けて、夫を餌付けしながら胃袋と犯人つかみます!!

思ってたよりアルティリエがイラストで見るとデカイなあ。年齢が12歳なのだからこのくらいと言えばこのくらいなのだけれど、ナディル殿下に持ち運びされるサイズとなるとちょっとでかい気がする。って、まだそこまで進行していないんですけれどね。
ウェブ版はArcadia版のときから読んでいて好きだったんですよねえ。イラストだとかなりキラキラした感じですけれど、実際の作品の雰囲気は非常に落ち着いていて上品な物静かさに満ち満ちている。これは静寂を好むナディル殿下のそれもあるんだろうけれど、何より主人公にしてヒロインたるアルティリエの中身が落ち着いた聡明な大人の女性だからなのでしょう。むしろ性格としては楽観主義者で物怖じせず行動的ですらあるのですけれど、浮ついたところがなく無茶と無謀の境界線を心得ているせいか危なっかしいところもないですからねえ。
大人びていながら庇護欲を掻き立てる絶妙なバランスの取れたキャラクター。それが、和泉麻耶が中身に入ったアルティリエという少女なのですけれど、今のこのアルティリエが形成されるには和泉麻耶だけでもアルティリエだけでもいけなかったんですよね。両者の要素がお互いに不可分になるまでに混ざり切る、そのために二人の人格というものについて徹底的に掘り下げているのである。人形姫と呼ばれ特殊な立ち位置にいたアルティリエ姫のこれまで歩んできた人生と、和泉麻耶という女性が歩いてきた人生を丁寧にすり合わせることによって、今のアルティリエ姫に揺るぎのない土台を与えているのである。
転生モノって前世の人間の知識や技能ばかりを武器にして扱っていて、その前世の人生については案外蔑ろにしがちなものも少なくないのですけれど、本作に関しては麻耶のパティシエとしての知識や技術やあくまでツールなんですよね。大事なのは、パティシエとして歩んできた和泉麻耶の人生そのもの。彼女がその人生をどうやって歩き、何を選んで、何を意欲的に取り込み、どんな展望を持って生きていたか、何を得て、何に充実を感じ、結果としてどんな人格を形成していっていたのか。その積み重ねがあってこそ、今のアルティリエという存在が成り立ち、これからどのように生きていくかを選び取るに至る実が生じるのである。その実あってこそ、彼女のパティシエや料理人としての知識が活かされるのである。
ナディル殿下がアルティリエという少女の沼にハマってしまったのは、彼女のわかりやすい聡明さではないのでしょう。和泉麻耶という成熟した人格が、人形姫アルティリエという少女の幼くも過酷で、しかし決意と誇りに満ちた人生を理解し飲み込んだ上で「彼女」となったその強い意思にこそ魅入られたのでしょう。
餌付けされる、というのはその発露に過ぎない。もちろん、ご飯は大事なのですけれどね。そして、潤いでもある。
ナディル殿下の歩んできた人生もまた、とても乾いたものであった以上、その潤いというものは誰もが想像している以上にかけがえのないものなのである。その重要さを、アルティリエ妃殿下はちゃんとわかった上でやろうとしているんだから大した女性なのであり、その理解度と実行性の難易度と希少性がわかる人はみんな彼女に頭を垂れるわけだ。

にしても、凄まじきは後宮モノに相応しきドロドロの情念が渦巻く人間ドラマである。面白いのは、アルティリエはその当事者であり中心に存在しながら、あくまでそれは引き継いだもの。実際に起こった悲劇と情念の絡まりは彼女たちの上の世代、親の世代における血脈のゴタゴタなんですよね。アルティリエもナディル殿下も、その煽りを真正面から受けることになってしまっている。ある種の尻拭いを、子の世代が押し付けられた結果になっている。過去の愛憎によって生じた負の情念によって、アルティリエは命すら狙われており、彼女の周りには死が敷き詰められたような有様にすらなっている。アルティリエが人形姫と呼ばれるほどに感情を表に出さなくなった根源でもあり、アルティリエの中に和泉麻耶が入り込む原因ともなったわけだけれど、場合によっては親世代からの引き継ぎではなく、さらに塗り重ねるようにアルティリエの世代でまた負の情念が生じてより深いドロドロの惨劇が生まれかねない情勢だったんですよね。
それを打開するきっかけとして、麻耶と混ざった今のアルティリエの決意があるわけで、ただただ胸を押しつぶされそうな重苦しい雰囲気になりそうな世界が、清々しさと凛とした落ち着いた空気へと整えられているのはひとえにアルティリエに尽きるんだなあ、と。

ナディル殿下がズブズブにアルティリエ沼にハマるには後編をまたなくてはならないので、それを楽しみに来月を待ちましょう。殆ど前後編構成と言ってもいいので、二ヶ月連続刊行は英断だったかと。


 

7月4日

松本直也
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲垣理一郎/Boichi
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤本タツキ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


阿賀沢紅茶
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


マポロ3号
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


yatoyato
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


土田健太
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


橋本悠
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


辺天使/津田穂波
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


伊藤砂務
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


三条陸/芝田優作
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲岡和佐
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


有馬あるま/フカヤマますく
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


田中靖規
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


岩田雪花/青木裕
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


堀越耕平
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


古橋秀之/別天荒人
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


神江ちず
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle DMM


路生よる/藤堂流風
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


蝉川夏哉/ヴァージニア二等兵
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


三上康明/田中インサイダー
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM

7月1日

紙城 境介
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


メソポ・たみあ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ナナシまる
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


shiryu
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あまさきみりと
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ミヤ
(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


榊一郎
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


たすろう
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


シクラメン
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


かみや
(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぎんもく
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


晩野
(FUZコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


明地雫/霜月緋色
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


森山ゆっこ/はむばね
(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


黒野ユウ/遠野九重
(B’s-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


大和田秀樹
(近代麻雀コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月30日

之 貫紀
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


kawa.kei
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


槻影
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


白水 廉
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W DMM


丸山 くがね
(エンターブレイン)
Amazon


鹿角フェフ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


力水
(モンスター文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼井美紗
(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


よねちょ
(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


あきさけ
(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


唐澤 和希
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


中野 在太
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


新城一/海月崎まつり
(KCx)
Amazon Kindle B☆W DMM


キダニエル/四葉夕卜
(KCx)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W

6月29日

榊 一郎
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


弥生 志郎
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨宮 和希
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


虎走 かける
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


謙虚なサークル
(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


深山 鈴
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


右薙 光介
(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


火事屋/蛙田アメコ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


真鍋譲治/すかいふぁーむ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


伊吹 亜門
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


柴田 勝家
(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W

6月28日

Amazon Kindle B☆W DMM

6月27日

浦上ユウ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫夜叉/亀小屋サト
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


たくま朋正/伊藤暖彦
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾村切人/ナフセ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


結城鹿介/髭乃慎士
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


幌田
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W

6月25日

十文字青
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鬼影スパナ
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


迷井豆腐
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


篠崎 芳
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


寺王
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


御鷹穂積
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


メグリくくる
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨川水海
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


江口 連
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和島 逆
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


KK
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨川透子
(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月24日

芝村 裕吏
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


志瑞祐
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


長月 達平
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


長月 達平
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


月見 秋水
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


三月みどり
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


花間燈
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


衣笠彰梧
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W DMM


常世田健人
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ジルコ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


疎陀陽
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


九十九弐式/すかいふぁーむ
(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


甘岸久弥
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


yokuu
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天ノ瀬
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ラチム
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


櫻井 みこと
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


御手々 ぽんた
(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


支援BIS
(KADOKAWA)
Kindle B☆W DMM


藤也卓巳
(あすかコミックスDX)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひろやまひろし
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


ひろやまひろし
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


横田卓馬/伊瀬勝良
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぶんころり/プレジ和尚
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


蛍幻飛鳥/志瑞祐
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


水無月すう
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


鈴見敦/八又ナガト
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


御宮ゆう/香澤陽平
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


人生負組
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


ZUN/水炊き
(角川単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


神地あたる/白米良
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


黒杞よるの/雨川水海
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


村光/ベニガシラ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


七六/鬼影スパナ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天羽銀/迷井豆腐
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


白砂/麻希くるみ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


木乃ひのき/雨川透子
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

6月23日

日向夏/ねこクラゲ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


押切蓮介
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小林湖底/りいちゅ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深見真/真じろう
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


金田一蓮十郎
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐藤真登/三ツ谷亮
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


萱島雄太
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


優風
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


栗井茶
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


栗井茶
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月22日

浅草九十九/和ヶ原聡司
(MFコミックス アライブシリーズ) Amazon Kindle B☆W DMM


安里アサト/シンジョウタクヤ
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


中山幸
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


三ツ矢だいふく
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


内藤隆/榎宮祐
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


花鶏ハルノ/相川有
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


久真やすひさ
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


衣笠彰/紗々音シア
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


フジカワユカ/理不尽な孫の手
(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


藍屋球/アネコユサギ
(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W DMM


クマガエ/宮澤ひしを
(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


カルロ・ゼン/石田点
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


泰三子
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


ハナツカシオリ
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀬下猛
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


NICOMICHIHIRO
(モーニングKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


鍵空とみやき
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


鍵空とみやき
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


藤近小梅
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


田代哲也
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


柊裕一
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


村田真哉/速水時貞
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


都月景/いふじシンセン
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W DMM


殿ヶ谷美由記
(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

6月20日

風間レイ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ほのぼのる500
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


楢山幕府
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


リッキー
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


こりんさん
(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


武田すん
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


ペトス/橋本カヱ
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


千田大輔
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


Cuvie
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小坂泰之
(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Kindle B☆W DMM

6月19日

Amazon Kindle B☆W DMM

6月17日

上遠野浩平/カラスマタスク
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


野田サトル
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


二宮裕次
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


原泰久
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


双龍
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


深川可純/広報広聴課ゾンビ係
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


赤坂アカ/横槍メンゴ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


赤坂アカ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中山敦支
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


光永康則/入鹿良光
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ソウマトウ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


中村力斗/野澤ゆき子
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


峰浪りょう
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


畑健二郎
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田鐘人/アベツカサ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


コトヤマ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


松江名俊
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


熊之股鍵次
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


栗山ミヅキ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


高橋留美子
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


草場道輝/高谷智裕
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


福井セイ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


安西信行
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


新井隆広/青山剛昌
(少年サンデーコミックススペシャル)
Amazon Kindle B☆W DMM


日向夏/倉田三ノ路
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


麻生羽呂/高田康太郎
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


池澤真/津留崎優
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


山田 リツ
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


寺嶋裕二
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


三宮宏太/西田征史
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヒロユキ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


福留しゅん/天城望
(フロースコミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


伊吹有/葉山湊月
(フロースコミック)
Amazon Kindle B☆W DMM


羊太郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三河 ごーすと
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜生 懐
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


陸奥 こはる
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


高橋 びすい
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


恵比須 清司
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三原 みつき
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


あボーン
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


白井 ムク
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾里けいし
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


カミツキレイニー
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


伊崎喬助
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


平坂 読
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


猿渡かざみ
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


猿渡かざみ
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


緒二葉
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


川上 稔
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


美浜ヨシヒコ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


草薙 刃
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM


時田 唯
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月16日

樋口彰彦
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


松岡健太
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


さとうふみや/天樹征丸
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


あだちとか
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


和武はざの
(講談社コミックス月刊マガジン)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月15日

石田リンネ(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫田パナ(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐々木禎子(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


仲町鹿乃子(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


竹岡葉月(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


竹岡葉月(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鍋敷(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


LA軍(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


天然水珈琲
(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


西尾維新(講談社文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


葛城阿高(ビーズログ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


ぷにちゃん(ビーズログ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


小田ヒロ(ビーズログ文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


綾河ららら
(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


バッド(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


真安一(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


カヤ(サーガフォレスト)
Amazon Kindle B☆W


コイシ/緑黄色野菜
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


よこわけ/やしろ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


わかば/白露雪音
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小田山るすけ/たつきめいこ
(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月14日
ふか田さめたろう
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


星奏なつめ(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬坂右折(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


白石定規(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


星崎崑(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


えぞぎんぎつね
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


三木なずな
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


カイシャイン36
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


よっしゃあっ!
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


6月13日


Amazon Kindle B☆W DMM

6月12日

Amazon Kindle B☆W DMM

6月10日

荒川弘
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


天那光汰/梅津葉子
(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


おーしおゆたか
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫田ゆかり
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


リムコロ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


冥茶/萩鵜アキ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


浅野りん/ヤングエース編集部
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


春花あや
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W DMM


経験値/TYPE−MOON
(単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐島勤/おだまさる
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


古宮九時/越水ナオキ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W DMM


ベキオ/ていか小鳩
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


森田季節/シバユウスケ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


顎木あくみ/みまわがお
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


加藤衣緒
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


竜騎士07/夏海ケイ
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


竜騎士07/刻夜セイゴ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


飯島浩介/汐里
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


イノウエ
(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


こじまたけし
(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


白井もも吉
(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W DMM


オジロマコト
(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


サンドロビッチ・ヤバ子/だろめおん
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


田村由美
(フラワーCアルファ)
Amazon Kindle B☆W DMM


もこやま仁
(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


影崎由那/川獺右端
(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


相模映/吉田杏
(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


となりける/shiryu
(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ユンボ/風楼
(アース・スターコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


秋乃かかし/裂田
(アース・スターコミックス)
Amazon


東崎惟子(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三雲岳斗(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


三雲岳斗(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


和ヶ原聡司(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


白金透(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鎌池和馬/冬川基
(電撃文庫)
Amazon B☆W


佐島勤(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


二月公(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


鏡遊(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


真代屋秀晃(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


周藤蓮(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


瀧岡 くるじ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


小田 ヒロ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


壁首領大公
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


七夕 さとり
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


KK(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM


うみ(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W DMM

ふか田 さめたろう
(宝島社)
Amazon Kindle B☆W DMM


魔石の硬さ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


ニシキギ・カエデ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


地雷酒(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


サンボン
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


蒼月海里(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


椹野道流(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


森見登美彦/原案:上田誠
(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


桑原水菜(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


仁木英之(角川文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月9日

石塚千尋
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


荒川弘/田中芳樹
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


奈良一平
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


小玉有起
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


横田卓馬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


高田裕三
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


長谷川三時/七烏未奏
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


ヤスダスズヒト
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


村上よしゆき/茨木野
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


K9/小林裕和/支援BIS
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


冬葉つがる
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


樋野友行/瀬戸メグル
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


刀坂アキラ/加茂セイ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


光永康則
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


西田拓矢/海空りく
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


松琴エア/はにゅう
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


原口鳳汰/カラユミ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


山本やみー/門馬司
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


一二三
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


がしたに/MITA
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


うかみ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


エターナル14歳/御子柴奈々
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


桜野みねね
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


森野きこり
(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM

6月8日

かみはら(早川書房)
Amazon Kindle B☆W DMM


西尾維新(講談社)
Amazon Kindle B☆W DMM


ちんねん/能一ニェ
(BRIDGE COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


佐藤二葉
(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W DMM


山本崇一朗
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


稲葉光史/山本崇一朗
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM

6月7日

泉光
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


TNSK
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W DMM


水瀬るるう
(まんがタイムコミックス)
Amazon Kindle B☆W DMM


Amazon Kindle B☆W DMM


琴子/TCB
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W DMM


枢呂紅/優月祥
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨後一陽/とちぼり木
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


西島ふみかる/白縫餡
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


雨沢もっけ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


ふか田さめたろう/松元こみかん
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


えぞぎんぎつね/春夏冬アタル
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


リキタケ/三木なずな
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W DMM


琴子
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


猫子
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


平成オワリ
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


榛名丼
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W DMM


蝉川夏哉
(宝島社文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM


貴戸湊太
(宝島社文庫)
Amazon Kindle B☆W DMM

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索