徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

ビーンズ文庫

身代わり伯爵の婚前旅行 2.狙われた花嫁3   

身代わり伯爵の婚前旅行  II狙われた花嫁 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の婚前旅行 2.狙われた花嫁】  清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon

アルテマリス入りした途端に誘拐!?そんな手荒い歓迎を受けたミレーユは、首謀者ジークから花嫁の介添え人である、薔薇の乙女の大役を任せられることに。ところが、シアラン国宝・蒼の宝石が盗まれる。ミレーユは、大公の婚約者としてお姫様ぶりっこ生活を送りながら、リヒャルトに秘密で潜入調査に乗り出す!!だが、時を同じくして、花嫁を狙った陰謀も動いていて!?国を超えた筋肉バトルも開催!?『婚前旅行編』第2弾。

やっと、やっとアルテマリスに帰って来たミレーユ。やあ、リヒャルトを追いかけてシアラン公国に向かった時には、これだけ長い間帰れない事になるとは思わなかったもんなあ。しかも、まさかのシアラン大公の婚約者としての帰還である。ミレーユを知っている人たちにとっては、一体何がどうしてこうなった、って感じでしょうねえ。しかも、あの活発が過ぎて暴走気味のハチャメチャ娘が、いっちょ前に色気を醸しだすようになった上に、周りの目も憚らずにリヒャルトとイチャイチャ時空を形成する始末。あのジークが唖然としてしまうくらいだから、変わりも変わったり、だろう。ミレーユはぶっちゃけ、何処に居てもあんまり変わらないのだけれど、リヒャルトがシアランに居る時よりもどうもリラックスしている節があって、その分余計にミレーユにベタベタしてるんですよね。お陰で近年稀に見るイチャイチャ度で、好い加減自重しろw まあ、立場や責任のあるシアラン公国と違って、一騎士として過ごしていたここアルテマリスでは、今尚同輩として接してくれる仲間もおり、家族同然に扱ってくれるアルテマリス王族の皆も居てくれるわけで、そりゃあシアランよりもだいぶ気楽なんだろう。エドゥアルトがなぜかまだ来てないので、ミレーユパパの御目付けがない、というのも自重しきれていない原因の1つか。

そういや、ジャック団長がまたエライ人に懸想してしまって。あんた、死にたいのかおい。って、団長ってば相手の素性気づいていないのか!? ミレーユ・ママその人を連れに行ったんじゃなかったんかい。気づいていてメロメロになっているのなら、それはそれで質が悪いぞw ただまあ、団長の失恋は決定的とは言っても、なぜここで団長のいつもの悪い癖の相手がミレーユ・ママだったのか、というのは注意しておくべきなのでしょう。もしかしたら、ミレーユとリヒャルトに先駆けて、ミレーユの両親の件が片付くフラグかもしれないな。

さて、アルテマリスに帰ってきた事によって、セシリア様関連もひとつの区切りがついたかな。ようやく、兄と妹として接することの出来たリヒャルトとセシリアの二人のひとときに、心もほんわか。異母姉のアノ人とも、どこまで真実を知っているのかわからないけれど、姉妹の契りを結ぶことに選って昔と同じような関係を取り戻すことが出来たわけで。でも、セシリアは今更元の身分を明かすことはやっぱりできないのか。まあ今の身分のままの方が、フレッドとはうまく行きそうだけれど。さすがに、ベルンハルト公爵家の子息二人共をシアラン公国家の人間と結婚させるというのはややも問題視されかねないですしね。セシリアがアルテマリス王家の王女という身分のままなら、まだ丸くおさまるでしょうし。
そのフレッドだけれど、彼のリディエンヌ様への思慕って本物だったの!? てっきり、フリなんだと思ってた。ジークとリディエンヌの結婚が正式に執り行われる傍らで、らしくなく黄昏るフレッドの姿に愕然。いやいや、似合わないから似合わないから。と言う事は、彼のセシリアへの感情って本当に忠誠心の方が多めのそれだったのかしら。うむむ、これはセシリア、思ってたよりも苦労するのかも。まあ彼女は彼女で今回の一件を通じて覚悟完了したみたいだけれど。頑張れ、お姫様。ミレーユよりも遥かに先行き大変そう、というのも妙な話ですけれど。

表紙は相変わらず男装短髪のミレーユですけれど、作中挿絵の彼女は仄かに色気が匂い立つような、実に女性らしい女性として描かれていて、改めて見違えたなあ、と実感させられました。過労で倒れたあとでリヒャに看病してもらうシーンの挿絵なんか、もうねえ……あきまへんあきまへん。歯が溶けるw

前巻でミレーユを助けてくれた謎の少年の正体は結局この巻では明かされないままの上、以前の記憶封印の魔術の伏線まで出てきて、また不穏な空気が流れだしていますけれど、それより何より、そろそろリヒャの理性が限界に近いっぽいので、早く結婚させてやれよ、と思う今日この頃でした(笑

シリーズ感想

シスター・ブラックシープ 5.花嫁の聖戦3   

シスター・ブラックシープV  花嫁の聖戦 (角川ビーンズ文庫)

【シスター・ブラックシープ 5.花嫁の聖戦】 喜多みどり/桐矢隆 角川ビーンズ文庫

Amazon

大人気シリーズ、感動の完結巻!!
おかえり【黒い羊(ブラックシープ)】!!


「会いたかった――私があなたを悪魔から攫ってみせる」
冤罪で投獄された司祭ユリエルを救うため、悪魔の手をとった男装の少女コンスタンティン。豪奢な地獄で悪魔に甘やかされる日々の中、彼女は賭けに出る。自分自身を賭けて――「君が勝ったら僕をあげるよ」一方サクスでは、ユリエルがコンスタンティンを悪魔から奪い返し、自分の元へ取り戻そうとしていた。禁断のトリニティ・ラブ・ファンタジー、激動の完結巻!!
あー、やっぱりコンスタンスにとって一番だったのはサクスの街だったか。悪魔はユリエルには勝てたとしても、彼女のサクス愛には果たしてどこまで抗えるか、と危惧していたのですが、悪魔がんばった。超頑張った!!
悪魔の愛が献身的すぎて、ちょっと泣けてきてしまったほど。最初は彼にとって愛とは一方的に奪い取るものであり、捧げられるものだったはずだったのに、此処に来て惜しげも無くコンスタンスに愛を注ぎ続けるのである。見返りも求めず、ただただ与える愛。愛を与えることに幸福を感じ、彼女の為に何もかもを投げ打つことを喜びとする。
それは、無償の愛だ!
まさに、コンスタンスが絶句しながら呻きこぼしたこの一言こそが、悪魔の愛の形を体現していた。
ここまで献身的に愛されて、心打たれない人がいるものか。地獄の底でコンスタンスが悪魔にささやいた愛の告白は、決してほだされたものではなく、その時の彼女の本心だったと思う。
ヤバかったな、神父。状況如何によっては、せっかく地獄までコンスタンスを迎えに来たのに、お呼びじゃない、となるところだったぞ(笑
ただ、これは神父、フラれた、とまでは言わないけれど、正直殆ど見込みはないんじゃないかなあ。何だかんだと結局コンスタンスはサクスの街が最優先だし、修道院云々の話を聞いてると、ユリエルの相手はあんまりできませんよー、というスタンスっぽかったし。幸いにして、悪魔もあんなことになってしまって仕切りなおしになってしまったようだけれど。
個人的には、もうちゃんと悪魔とくっついて欲しかったですけどね。神父はいい面の皮かもしれませんがw

ちゃんとしろ、と言えばレオンもちゃんとしろよー!! あんた、あそこまでやっといてからに、気の迷いで済ませるな。グロリア様はあんな人だから、絶対に泣き寝入りはしないでしょうけれど。一度あんなことをしてしまった以上、この人はどんな手を使ってでもレオンに求婚させるぞ、きっと。

1巻 2巻 3巻 4巻感想

身代わり伯爵の婚前旅行 1.すれ違いの蜜月4   

身代わり伯爵の婚前旅行  Iすれ違いの蜜月 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の婚前旅行 1.すれ違いの蜜月】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon

婚約式を終え、アルテマリスに里帰りすることになったミレーユとリヒャルト。婚前旅行と大はしゃぎのミレーユだけど、道中何者かに襲われ、リヒャルトが怪我を負ってしまい!? 2人の行く末は前途多難!! 新章開幕!
何者かの襲撃を受けて婚前旅行どころじゃないよ!! という話になると思ったら、むしろ久々に二人きりになれて普段よりもイチャイチャしてまさに婚前旅行!! って、どこが糖分控えめですか。本気で普段よりも加糖状態だよ、これ! 通常運行ですら稀に見る糖分過多状態なのに、参ったねえ。
普段邪魔してくるうるさ型とも離れ、それぞれの仕事や立場に追われる事もなく、リヒャが怪我をしたとは言えゆっくりと二人だけの時間を作り、お互い忙しさもあって離れていた時間も多い分、もう一度お互いの気持ちを確かめ合う事が出来たご様子で。まさにこれ、結婚を前にした婚前旅行ですよ。
考えてみれば、二人がちゃんと相思相愛になってからこれだけ二人きりで居たのって初めてなんじゃないかな。シアラン大公妃としてやっていく覚悟を決めてから、一生懸命花嫁修業や大公妃としての勉強を頑張ってきたミレーユだけれど、なんていうんだろうね……アルテマリスに居た頃、リヒャへの気持ちの正体をまだ自覚していなかった頃に比べて、二人きりで居ても芯が通った感じがするんですよね。ただ恋心にフワフワしているのではなく、というよりも恋人として一緒にいたい、というのじゃなくて、ちゃんと奥さんとしてリヒャルトと添い遂げるのだというどっしりとした自負を伴っているのである。リヒャルトというただの男を愛するのは当然なんですけど、彼は同時にシアラン公なんですよね。彼はその地位に戻るために多くの苦難を乗り越えてきて、公国を立て直すのだという使命に全霊をかけている。リヒャルトとシアラン大公はイコールによって結ばれ離れがたいものなのです。だからこそ、リヒャルトを愛するミレーユは、ただ一人の男を愛する無邪気な娘で留まる事など考えもせず、彼を愛するがゆえに、シアラン大公を大公妃として支え、守るのだという意識を自然と自身に根付かせていくのです。このへん、ミレーユってむちゃくちゃ健気で献身的なんだよなあ。この娘が凄いのは、影から支えるなんて大人しい真似はせず、自分が前に出てって彼の盾になる事も辞さない心持ちでいるところなのですが。この娘って奥さんとしての献身を、内助の功じゃなくて用心棒か何かだと思っている節があるのが面白いw
とはいえ、この娘がエラいのは、何度も言っていると思うけれど、ヒトの話を聞かずに勝手な行動に出ることを絶対にしないところなんですよね。それだけリヒャへの信頼が絶大なんだろうけれど、彼に言われたことは絶対に守るんですよ。ミレーユ当人は良かれと思って彼の言う事とは違う行動を取るべきなんじゃないかと悩みはするんですが、最終的に自分の手前勝手な判断よりもちゃんとリヒャや周りの人の言うことを聞くのです。このあたりは、その他の少女系レーベルの女性ヒロインとは決定的に違うところだよなあ。おかげで、リヒャとミレーユって婚約して以来、すれ違いや誤解による行き違い、離れ離れにはぐれてしまったり、ということが全然ないんですよ。今回の婚前旅行での襲撃事件ではついに二人が引き裂かれるのかと思ったら、結局離れることなく最後まで一緒にイましたしねえ。
お陰で読んでるこっちもストレスたまらないし、二人がどれだけイチャイチャしていても、それに相応しいだけの絶対の信頼と愛情をかわしあっているのを何度も示されているから、安心してニヤニヤできるのでありがたいです。

ついに、リヒャを連れて地元の下町に訪れたミレーユ。ロイはもう、自業自得だw ツンデレは本命じゃないと概ねこうなるという無残な見本になってしまったなあ。にしても、婚約者を連れて帰ってきたミレーユへの地元の人達の反応が酷いw まあ、パン屋でおてんばやってたころは、女とも思えない豪傑っぷりを見せてたわけで、今の可愛らしいミレーユはまさに別人みたいなもんだもんなあ。イラストの方も、最初の頃のようなボーイッシュな雰囲気から今回のなんか見てると、わりとコミカルな表情のシーンばかりなのにどこか艶っぽさを感じる佇まいになってるんですよね、ミレーユ。イラストでも、しっかりと恋する乙女を通り越して人妻らしいラインがにじみ出てきたとでも言うんでしょうか♪

牢獄に入っていながら未だに伯爵が蠢動してて不気味な限り。無害かと思われたフィデリオがやっぱり不気味な動きをしているのがどうにも不安。この人、悪意もなさそうだし、ミレーユに対してもリヒャに対しても好意的な感情しか持ってなさそうなんだけれど、何を考えているかわからなくて気持ち悪いんですよね。単純に叛乱を企てているわけじゃないようなんだが……単に騙されてるだけ?
ともあれ、久々に舞台はアルテマリス。懐かしい面々との再会が楽しみだ。そうか、今度は兄貴の影武者じゃなくて、正式にシアラン大公の婚約者として登城することになるのか。

シリーズ感想

シスター・ブラックシープ 4.エデンの嘘3   

シスター・ブラックシープIV エデンの嘘 (角川ビーンズ文庫)

【シスター・ブラックシープ 4.エデンの嘘】 喜多みどり/桐矢隆 角川ビーンズ文庫

Amazon

幸福な結末など信じていたのか? そなたは悪魔の花嫁なのだ――
クライマックス直前!!


「無駄です。今夜は逃がしません――本当のあなたが知りたい」
悪魔憑きが続出し、【黒い羊(ブラックシープ)】として独自に捜査するコンスタンティン。しかし、司祭ユリエルの罠にかかり、【黒い羊】は捕らわれてしまう!! さらに、無理矢理コンスタンティンを地獄に連れていこうとしていた悪魔の心境にも変化が…? 「幸福な結末など本気で信じていたのか? そなたは悪魔の花嫁なのだ――」禁断のトリニティ・ラブ・ファンタジー第4弾!!

ああ、一番心が弱ったときに頼ってしまったのはユリエルでも悪魔でもなく、ヒースだったか。でも、これは仕方ないよな。ずっと自分の素性を偽って過ごしてきたコンスタンティンにとって、ヒースだけが性別だとか身分だとか善悪だとかを全く抜きにして、ただ純粋にコンスタンティンという一個人を認め、受け入れてくれた人だからなあ。彼は悪魔よりも悪魔らしい、本物の悪党なのだけれどコンスタンティンがどうしても彼から離れられなかったというのも、彼女の境遇からしたら仕方ない事だったのだろう。疲れたとき、自分をさらけ出して寛げる場所というものは彼女には必要なものだったのだろうから。
だからこそ、何処にも行けなくなった時、誰にも頼れなくなったとき、自然と彼のもとに逃げこんでしまったのだろう。ここでコンスタンティンが女だと知っていて味方でいてくれている同性のエリカを頼ることを思いつきもしないあたり、彼女の弱り方が想像ひどかったのが伺える。ただの女になってたもんなあ。もしここでヒースがコンスタンスを抱こうとしてきたとしても、この時の彼女なら抗わなかっただろう。むしろ、ヒースはそれくらい求めても良かったと思うんだけどなあ。この男は本当に大事なモノは宝箱に入れたまま大切にしまっておくタイプなんだろうな。だからこそ、陰から見守り手を差し伸べる事に徹して彼女の傍らで寄り添うように守る事はしようとしないのだ。だからこそ、一時の宿り木には慣れても、パートナーになることは絶対にないカップルなんですよね、この二人は。だからこそ、その一時だけでも自分のものにしてしまえばいいものを。

まあ。コンスタンティンについては誰か一人の男性と一緒になる、という構図はあんまり想像できないんですよね。これはユリエルも、純愛に目覚めてしまった悪魔も異性として愛してもあることはあっても、一番大切な存在として寄り添って貰えるとは思えない。コンスタンティンにとって一番大事なものって、この街そのもの、って感じだもんな。落とし所は結局この悪徳の街が鍵になるような気がする。ホントなら、最近もう天使ちゃん化しつつある純真一途な悪魔を応援したいところなんですけどね。ユリエル司祭は、イイ人なのはわかるがちょっと悶々としすぎ。最近もう悩みすぎてむっつりスケベとしか思えなくなってきたw

下手に縺れているメインのカップルたちよりも、むしろ行先が気になるのがグロリア様と代官のレオン兄ちゃんですよ。もうレオン兄がカッコ良すぎる。あそこでのあの行動はキザすぎて男の私ですら惚れそうになってしまった。ぶっちゃけ、出てくる男の中ではこの人が一番自分の信念に対して真っ直ぐで、思いに対しても一途なんですよね。迷いがない。ほんとにカッコイイと思うのが、迷い悩むようなシチュエーションだろうと迷わないところなのである。そりゃ、悪童コンスタンティンも懐くわなあ。
そして、グロリア様が乙女すぎてニヤニヤ。思えばやたらと黒羊にちょっかいかけてたのも、コンスタンティンに喧嘩売ってたのも、私のレオンと仲良くしてんじゃねえよ、という可愛い嫉妬だったわけか。もうかわいいのう。

1巻 2巻 感想3巻

身代わり伯爵と白薔薇の王子様3   

身代わり伯爵と白薔薇の王子様      (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵と白薔薇の王子様】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon

第五師団の同僚・アレックスは見た!! ミレーユ扮する男装のミシェルを見守る(つけまわす!?)、ロジオンの異様な眼差しを!! 果たしてロジオンの思惑は!?「身代わり伯爵と危ない保護者」。その他リヒャルトのために開かれる二人だけの甘い晩餐を描く「身代わり伯爵と真夜中の料理教室」や、フレッドとセシリアの初めての出会いを描いた著者渾身の長編書き下ろしなど6本を収録。爆笑&ラブ満載(初心者歓迎)の外伝集!!
短篇集ということで、久々にシアラン編の前のミレーユとリヒャルト、まだ恋人になる前の二人を見たのだけれど、そういえばリヒャってミレーユに夢中になる前からこんな風に口説いてるみたいな台詞をポンポン投げかけてたんだったなあ。
決して言葉が軽いわけじゃないし、ミレーユに対して最初から好意めいたものをいだいてはいたものの、ちゃんとした恋愛感情を持ってない初対面にちかい段階からこんな甘い言葉を囁かれ続けてたら、ミレーユも確かに誤解するよなあ。別に、私のことを好きだからこんな甘い言葉をささやいてくれてるわけじゃない、と。中盤あたり、リヒャルトの積極的なアプローチに対してのミレーユのスルーっぷりは、ミレーユの方もリヒャに対して特別な感情を抱きつつあるのに、なんであんなに華麗に流してしまえるのだろう、と首を傾げること度々だったのですが、ようやく理解できた気がする。こりゃ、リヒャが悪いわ。

まあそれでも、リヒャは軽薄から程遠い誠実な男性でミレーユに対して回り道せず真っ直ぐに好意をぶつけられるイイ男であり、ミレーユも勝気で積極的なわりに聞き分けが良く自分勝手とは程遠い聡明な女性だったので、この二人はストレスの貯まるようなすれ違いは殆ど起こさず、障害を乗り越えて相思相愛の糖分過多なカップルになってくれたのですが、それに比べるとミレーユの兄貴であるフレッドと、リヒャの妹であるセシリアのカップルは前途多難もいいところだ。
概ねその原因はフレッドの方にあって、セシリアはひたすら可哀想な立場なんですけどね。妹姫もまた、やたらと面倒くさい男に惚れてしまったものである。親友であるリヒャや、妹であるミレーユという一番の彼の理解者である二人ですら、フレッドにはうんざりさせられこいつは何を考えてるかわからない、という得体の知れないところがあるこの男を、はたしてセシリアみたいな娘が受容できるんだろうか。秘密主義だし、真意はふざけた態度の裏に綺麗に覆い隠してさっぱり見せてくれないし、どれほど深い愛を持っていてくれても、リヒャやミレーユみたいにストレートには伝えてくれないし、セシリアはもうこいつに関わっている間は永遠にやきもきさせられるんじゃないだろうか、と心配になってしまう。
正直、二人が結ばれてもしか夫婦なんて関係になったとしても、セシリアはフレッドに振り回され続けるんじゃないのかなあ。と、セシリア姫がこの破天荒な貴族の公子に不覚にも惚れてしまうエピソードを見て、苦笑交じりに思ってしまった。どうもこの二人がリヒャたちみたいに甘々で仲良くカップルになってる様子があんまり想像できないんですよねー。奔放な公子の振る舞いに姫が涙目になって怒ってるか、溜息をついている姿しか思い浮かばんw
リヒャが二人の気持ちを知りながら、あんまり積極的に二人の仲に干渉しないようにしてるのって、実はフレッドが相手というのが微妙に不安だからじゃないのか? と穿ってみたくもなるなw

シリーズ感想

シスター・ブラックシープ 3.薔薇と聖歌3   

シスター・ブラックシープIII  薔薇と聖歌 (角川ビーンズ文庫)

【シスター・ブラックシープ 3.薔薇と聖歌】 喜多みどり/桐矢隆 角川ビーンズ文庫

Amazon

この僧衣を剥ぎ取ってしまえば、コンスタンティンが【黒い羊(ブラックシープ)】かどうか確かめられる――美貌の司祭ユリエルに助祭の美少年コンスタンティンへの疑いが生まれる。だけど強引に【黒い羊】にキスをして傷つけた手前、コンスタンティンに「肌を見せてほしい」のひと言が言えない。そんな中【黒い羊】の偽物が現れたことで事態は急展開し!? 「怖かったか? 俺に会うのが。なあ、シスター」禁断のトリニティ・ラブ・ファンタジー第3弾!!
なんか、登場人物の殆どが多かれ少なかれ、煩悶や懊悩を抱えるようになってしまったなあ。そんな中で、ユリエル司祭の苦悩だけが、多くの人の運命を左右する事からも本来一番深刻な類の代物のはずなのに、何故か一際馬鹿馬鹿しい気がするのはなんでだろう(苦笑
いや、バカにしてるわけじゃないんですよ。本人、凄く真剣ですし、シスター・ブラックシープの正体に関わることですからね。
でも、司祭が悩んでるのって、
・コンスタンティンがどうも【黒い羊】に似ている気がする、疑わしい。
・しかし、【黒い羊】は女である。コンスタンティンは男である。
・どうやら自分はコンスタンティンに恋心らしきものを抱いているのではないか、という疑惑が……。
・コンスタンティンが女なら、この恋心は正常のものだが彼の正体が悪魔に憑かれた【黒い羊】であり、エクソシストの自分の討伐対象になってしまう。
・逆にコンスタンティンが男だと、自分は同性に恋をしてしまっているということに!?
・しかも、同性に恋をしているという事実を認めたくないがために、彼が女である【黒い羊】であってほしいという卑しい願望から、彼を疑った事になるのではないか?
と、纏めるとこう云う事になるのか。
なんか深みにハマってしまっているユリエル司祭が、最近可哀想になってきましたw
コンスタンティンが女で【黒い羊】なんだよ、と教えてあげたら、彼の悩みはとりあえず自分が好きになった人は黒い羊でしたどうしよう、という一点に絞られるので、むしろ教えてあげたくなってくる。何かいつの間にか、ユリエル司祭以外の登場人物の大半が、コンスタンティンの事を女で【黒い羊】なのだと知ったか確信してしまっているので、ユリエル司祭だけやたらと置いてけぼりになってますし(苦笑

とりあえずユリエル司祭は置いておくにしても、コンスタンティンと【黒い羊】を取り巻く状況は油断できないものになってきている。女領主はほぼコンスタンティン=【黒い羊】と確信して彼女を手に入れるために様々な清濁合わせた手を打ってくるし、悪魔は悪魔で段々と人の心と恋すること愛する事について自分の中に染み入らせ始めているけれど、その発露の方向はやはり悪魔めいていて人心を惑わすもので、コンスタンティンを人の世から引き剥がそうとしているし。
何より、コンスタンティン自身が自分が【黒い羊】というダークヒーローをこの悪徳の街でやる事で起こる影響について、真剣に向き合わなければならない状況へと追い込まれている。
面白いことに、前巻にしてもこの巻にしても、悪魔との婚姻の指輪が示した彼女の善行って、【黒い羊】として行った事じゃなくて、コンスタンティンとして行った事に反応してるんですよね。はたして、彼女はそれに気づいているのか。【黒い羊】は正義の為なんかじゃなく、結局は自分が暴れたいが為にやっているに過ぎない事を、彼女はちゃんと自覚しているので、何となく承知しているのかもしれないけど。
何れにしても、エリカが全部事情を知った上で味方になってくれたのは大きいなあ。これまで小さい頃から男として生きてきて、同性の友人がいなかったコンスタンティンにとって、エリカの存在はかけがえのないものになりそうだ。問題は、エリカが相手が女と分かっても、構わずゴーゴーの戦闘態勢を崩さない所だけど(笑

さて、あの悪人ヒースですらコンスタンティンに対して思うところ有り、胸に煩悶を宿している中、たった一人我が道を威風堂々と突き進むのが、女領主グロリアである。この人だけは、迷いがないよなあ。自分が正しいと信じ込んでいるタイプじゃないんだが、領主としての自負が悩んだろ迷ったりするような遊びを自分に許していないかのように見える。
とはいえ、その本心の奥底、領主としての鎧を取り払った奥底に迷いや躊躇いのひとつもないとは思えないので、実のところ本当に迷いも何もなく自分の生きざまを見いだしているのは、彼女に仕える代官のレオンなのかもしれないな。
むしろ、最近はこっちのグロリアとレオンの関係の方が気になってきた。

1巻 2巻感想

身代わり伯爵の花嫁修業 3.禁断の恋の手記3   

身代わり伯爵の花嫁修業  III 禁断の恋の手記 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の花嫁修業 3.禁断の恋の手記】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon

体力勝負で花嫁修業を乗り切ろうとするミレーユについに最後の試験が出された!! それは禁断の恋が綴られたベストセラー手記の作者を探すこと。何とこの手記はミレーユへの恋心を綴ったものでーー!?
やばいなあ、そろそろ自分も塩が欲しくなってきたぞ。いや、むしろインシュリンが必要なんじゃないか? 血糖値とか気にしなきゃいけない年齢になってきてるわけだし。
というわけで、ミレーユとリヒャルトのイチャイチャは留まるところを知らず、リヒャルトそろそろ死ぬんじゃね? こんな可愛らしくて無防備に懐いて甘えてくる婚約者を前にして、お預け状態のリヒャ。最近、過去の悪夢に苛まれて眠れなかったのは、葬送の儀が迫っているからという表向きの理由の他に、どうにもミレーユとスキンシップ禁止というエディパパのお達しに対するストレスがあったようにしか思えない。というか、あれはもう禁断症状でしょう。お陰で、ミレーユに粉掛けてきそうな相手への嫉妬やら防衛反応がえらい事になってるぞw
エディパパも、そろそろお婿をイジメてやるなよー、と思ってたら、ようやく我慢してくれた。よく頑張った、よく我慢した、よく空気読んだぞ、パパっ。だいたい、パパからしたらリヒャだって息子みたいなもので、むしろ本当の息子のフレッドよりも可愛がってたくらいなんだから、もっと祝福してやらんとねえ。パパからしたら、ミレーユの結婚相手としてリヒャが最高だったんだから、未練がまし過ぎたわけです、今までが。まあ、リヒャが真面目にパパの言う事聞きすぎたというのもあったんでしょうけどね。パパさんの反応見てると、そこまで頑なに言った事守ってると思ってなかったみたいだし。
何れにしても、パパよく頑張った。我慢した。褒めて遣わす(笑

今回、何やら不穏な話も出ていたので、もうちょっと修羅場っぽくなるのかと思ってたら、フィデリオには特に思惑はなかったのか。これは、未だに男装でミシェルを名乗ってウロウロしているミレーユが悪いっちゃ悪い気がする。その誤解の御蔭で、ミレーユとリヒャの仲もさらに深まったわけで……って、これ以上深くなるてどんな深みにハマってるんだよと思わなくもないが(苦笑
しかし、ミレーユはやっぱり昔と比べると結構変わってるんだな。お転婆で頭よりも体力勝負って所は一緒のような気もするけれど、久々に逢った親友のシャルロットの目から見ると、びっくりするくらい見違えるように女らしくなっているという。色気なんて欠片もなかった昔と比べると、そりゃあ今のミレーユは「恋してます」というオーラをキラキラ輝かせてるもんなあ。シアラン編に入ってから逢ってないアルテマリス王国の人たちと再会したら、相当驚かれるんじゃないだろうか。次回から里帰り編らしいし、再会パートは楽しみだな。

と、肝心のサブタイトルにもなっている禁断の恋の手記。これの真相にはちょっとびっくり。度々、ミレーユと比べられていたサラだけど、そんなに似てるのかなあと前々から首をかしげてたんだが……いやいやいや、サラさんってそういう人だったの。そりゃあ容姿云々全然似てなくても、そっくりって言われるのもわかるわ。貴族の女子としては破天荒すぎる。ミレーユは下街で育ったから分からなくもないんだが、よくぞまあシアランみたいな堅苦しそうな所でそんな風に育ったもんだ。色んな若者から焦がれた目で見られていたのも当然だったのかもなあ。眩しいよ、サラという人は。
今回の一件を通じて、僅かなりともわだかまっていたものがスッキリと晴れて、シアランの宮廷内の問題は概ね拭き払えたのかな。ルド様というとんでもないアレもありましたけどw
まだ、伯爵と偽王が牢の中で不気味な存在感を示してるけど、今のところは何が出来るというわけでもなさそうだし。里帰り出来る環境は整ったのでしょうかね。

シリーズ作品感想

シスター・ブラックシープ 2.林檎と堕天使3   

シスター・ブラックシープII  林檎と堕天使 (角川ビーンズ文庫)

【シスター・ブラックシープ 2.林檎と堕天使】 喜多みどり/桐矢隆 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

漆黒の悪魔にはめられた結婚指輪を壊すため、昼は男装し教会の助祭、夜は伝説の聖女【黒い羊(ブラックシープ)】の二重生活を送る少女コンスタンティン。しかし、助祭の仕事中に事件に巻き込まれ、僧衣を切り裂いてしまった彼女はドレスを着るはめに! さらにその姿を【黒い羊】を追う司祭ユリエルに見られてしまい!?「あなただとわかっているのに、女性に見えて…」司祭の懊悩と悪魔の猫化が加速するトリニティ・ラブ・ファンタジー第2弾!!

グロリアにはしてやられたなあ。あの驕慢な態度には、てっきり底の浅い増長したタイプのキャラクターかと思わされたのだが、ブラック・シープへのあの一言にはそこ迄の意が込められていたとは。コンスタンティンは全く知らないところで上手く利用されてしまったということになるじゃないか。幸いにして、利害が食い違っていなかったから良かったとはいえ、全部終わってもコンスタンティンはグロリアに上手く動かされたことは自覚してても、一体どういう思惑があってのことなのかについてはサッパリの状態にあると思うと、こりゃしばらく手ごわい指し手として裏に表にちょっかい掛けてこられそうだ。
しかし、思いっきりミスリードされたなあ。この作品については裏読みせずにありのままに読んでいたものだから、最初は犯人もその思惑もわからなかったし、あいつが怪しいと思いはじめてもその手綱を引いている人物についてはまったく勘違いしていたし。
代官のレオンも、当初の印象から単に気のいい兄ちゃんだと思ってたんですよね。それが思わぬ激しい情念と重苦しい心の内を抱えている事がわかってきて、ついついその意外な素顔に引きずられてしまった。ほんと、助祭のコンスタンティンに対しては明るく屈託の無い兄ちゃんなのになあ。それだけ、気のおけない相手として見てくれてるってことなんだろうけど……思わぬ味のあるキャラになってきた。
一方のユリエル司祭ときたら、なんか色々な意味でメロメロのフラフラである。純真で清廉で生真面目な人柄が思いっきり裏目に出てるじゃないか(苦笑
妥協とか誤魔化しが自分に対してもできないものだから、ついつい抱いてしまう邪念や自身の正義に反する行動に思い悩み自爆しまくるユリエル司祭は、可愛いと言っていいのかもしれないが、それ以上についつい笑ってしまう。もっと緩く生きてもよさそうなものなのに。その点は清濁合わせ飲みながらも善心を決して失わないコンスタンティンを見習うべきなんだろう。まあ、その濁を呑む方面は司祭には見せないようにしてるんだが、彼女も。
まあ可哀想っちゃ可哀想なんだよね。悪魔の使徒であるはずのブラック・シープに心惹かれ、同じ男性であるはずのコンスタンティンにブラック・シープと同じような心惹かれる感覚に襲われ、とどちらかだけならまだしも、悪魔祓いとしても司祭としても許されない感情を二人同士に覚えてしまった、というのはそりゃ苦悩するわ。
実際は、ブラック・シープはむしろ悪魔と敵対関係にあるのだし、コンスタンティンは男装した女性であり、何より両者は同一人物なのだから、ある意味ユリエルの目利きは確かであり、その胸に芽生えた感情は本物である、という証左であるはずなんですけどね。

悪魔の方も相変わらず他人の迷惑顧みない悪事を働きまくっているのけれど、コンスタンティンを彼女の心の在処など無視して花嫁にしようとしていたくせに、彼女が自分を気にしてくれないことにやきもきしたり、ユリエルを心配する姿に嫉妬したり、コンスタンティンを奪ったユリエルに憎しみを抱いたりと、なんだかその感性、段々と人間みたいになってきたじゃないか。
悪魔と言われているけれど、異教の、というか古くから土地に伝わる祭りによって力を増すあたり、その出自はやはり純粋な邪悪などではなくて、古い精霊や異教の神にあたるものなんでしょうかねえ。実際人の心を弄んだりと悪いことをしているし、デリカシーとか無い奴だけど、妙に憎めない奴ですし。

そしてコンスタンティン。一巻ではヤンチャな暴れん坊だけれど此処ぞというときには随分と女性的だ、なんて描いたものだけれど、今回もその印象は変わらず。それ以上に今回強く感じたのが、彼女が務める助祭という聖職者の立場は、偽りのものじゃないんだなあ、と。今回の犯人の一人に、彼女が切々と訴えた言葉は、とても胸をうつものだった。神に言葉を借りるのではなく、自分の言葉で語りかけ、その人の心に訴えかける言辞だったように思う。本当に聖職者みたいで、なんか感動してしまった。

コンスタンティンとユリエルと悪魔、三人の関係は悪魔が仕掛けた儀式を阻止するためにユリエルがとった行動によって、そりゃもう大混迷を極めることに。ブラック・シープの正体を知らずにいるユリエルにとっては、まだ何も与り知らぬ所なんだが、こいつはこいつで一人で頭抱えて懊悩してるわけだし、三人が三人とも面倒な事になって大変ですねえ、という笑えるような笑えないような事態である。やっぱり笑えるな。苦笑だけどw
なんか、最後の最後にコンスタンティンの幼馴染のエリカが大勘違いの末にトドメ刺していきやがりましたが(笑
誰か、あの司祭助けてあげてーー

1巻感想

身代わり伯爵の花嫁修業 2.嵐を呼ぶ花嫁合宿4   

身代わり伯爵の花嫁修業  II 嵐を呼ぶ花嫁合宿 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の花嫁修業 2.嵐を呼ぶ花嫁合宿】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

イチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャ。ええいっ、いい加減にしろぃ!(苦笑
って、思わず前巻と同じフレーズで入っちゃいましたよ。でもだって仕方ないじゃない、ほんとにもうずーーっとイチャイチャしてるんだから。ええい、人目をはばかれ(笑
そもそもリヒャは、ミレーユのパパさんからイチャイチャ禁止令を出されたんじゃなかったのか。これで我慢しているというのなら、こいつの中でミレーユとイチャイチャするというのはどのレベルまで想定してしまっているのだろう。時々、理性がプツンプツンと瞬間的に途切れてる様子をみる限り、歯止めがきいてなかったら簡単に物凄いところまで行ってしまいそうなので、親父さんの禁止令は、出したときは親ばかも大概にしろ、馬に蹴られて死んでしまえ、と思ったものだけれど、こうなってみると正解だったような気さえしてくる。リヒャは紳士だけれど、わりと狼さんだからなあ。おまけにミレーユは以前は無意識だった食べちゃってくださいという子羊光線が、花嫁教育のためか妙に自覚的になってきて、明らかに誘っているとしか言いようのない強力さになってきているものだから、パパさんの歯止めがなかったら絶対行くとこまで行っちゃってたでしょうね…………冷静になって考えてみると、それの何が悪いんだ、という気もするけど。まだ公式ではないものの、ちゃんとした婚約者同士だし、大方周りも二人の結婚を認めていて、邪魔してくるのは政敵か、政略結婚を仕掛けて権力の甘い汁を吸おうという輩ばっかりだし。そもそも、二人の結婚は外交的にも大正解だから、文句言われる筋合い無いもんなあ。
というわけで、大いにイチャイチャしたまえよ、お二人さん。という結論に至りました♪

とはいえ、ミレーユも色ボケしているだけではなく、むしろ大公妃としてリヒャルトを支えるための見識を日々高めていってるんですよね。最初の頃の庶民丸出しと違って、きちんと自覚が生まれ始めている。自分が自分が、じゃなくて常にリヒャルトを立てようと意識しているのも健気で可愛いったらありゃしない。普段から大人しい子が健気でもそんなに萌えないんですけど、元気でパワー有り余ってるような機関車娘が、こと想い人については健気で一途、ってやっぱり威力高いんですよー。
少女系レーベルに多い、すれ違いが少ないのも気持ちよく読める重要な点ですね。婚約するまではそれぞれ思い込みや何やで結構すれ違いは多かったんですが、第二部に入ってからはお互いに言わなきゃいけない事は自分の胸の内だけに秘めないで、きちんと話しあって伝え合ってくれるので、誤解やすれ違いが生じないんですよね。このへん、夫婦が長続きするための基本だよなあ、と感心しながら見てました、うん。特に、ミレーユパパから厳命されてるイチャイチャ禁止についても、リヒャは今回きちんと誰から言われたかは明かさなかったですけど(父娘仲が偉いことになるのでこれは正解)、きちんとこういう約束をしてしまったので、必要以上の接触は出来ないのですよ、と伝えることで、構ってくれない→飽きられ始めてる? というミレーユの不安なんかを払拭してましたし。
まあ、飽きられ始めてるんじゃないか? と思ってもウジウジせずに、よし、じゃあ頑張って誘惑しよう! となるあたり、ミレーユの前向きさは清々しいくらいです(笑

師団の連中や太后妃など味方は多いものの、同じ年代の女性に近しいヒトがいなかったミレーユ、太后妃の指令で未来の側近となる女官を選ぶため、令嬢たちを集めて「花嫁合宿」を開催することに。しかし、その中にはリヒャルトの元花嫁候補たちが多数含まれており、さらにミレーユを狙った新たな陰謀が……。
リヒャルトの幼馴染で、彼の花嫁候補の本命だったと前々から噂になっていたレルシンスカ嬢が、満を持して登場。いったいどんな修羅場が待っているのかと思ったら……うわぁ(苦笑
ダメだ、このヒト。ある意味、ミレーユと同じベクトルの暴走娘だw なまじ色々と完璧なところが多いので、抜けてる部分が強調されてひどい有様になってる気がする。リヒャが逃げまわってたのも無理ないわ。この手のパワーで押しまくられるのってリヒャ苦手そうだもんなあ。ただ、ミレーユはこれ、息が合いそうだ。思いのほか強力な、或いは凶悪な味方になってくれそうで、頼もしいやら危なっかしいやら。他の女官候補たちも個性的な面々で。女性側の変人についてはミレーユの孤軍奮闘で、個性的な男性陣に男女比で押しまくられていたのを、これで拮抗状態にまで移行できるんじゃないだろうか、ってシアラン宮廷がなんかえらいことになってきた気がするぞw

そして、ここしばらくの懸案だった、リヒャの弟でミレーユの幼馴染だったキリルの動向は、彼の過去のミレーユとの関わりの真相が明らかになったことで、一気に解決。
これは、これは恥ずかしい。無茶苦茶恥ずかしい。
……キリル、これは不憫すぎる(笑
いや、絶対フレッドの野郎がなんかやらかして誤解が生じたんだと思ってたけど、ロイの野郎が関わってたのか。あいつも、こっそりと色々やらかしてるよなあ。まあ、そのたびにミレーユの好感度は下がってるんだが。自業自得としか言いようがない(苦笑
キリルも悪いっちゃ悪いんだが、これはやっぱり被害者だよなあ。何年悶々とさせられたんだか。タイミングさえうまくあったら、もしかしたらミレーユといい関係になれてた可能性だってなくはなかったはずなのに。
可哀想に(苦笑

シリーズ感想

シスター・ブラックシープ 悪魔とロザリオ3   

シスター・ブラックシープ 悪魔とロザリオ (角川ビーンズ文庫)

【シスター・ブラックシープ 悪魔とロザリオ】 喜多みどり/桐矢隆 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

【光炎のウィザード】の喜多みどりさんの新シリーズ。【光炎のウィザード】は最近の少女レーベル系では大好きな作品だったので、これも期待していたのですが……やっぱりというか相変わらずというか、この人の書くキャラクターは一筋縄じゃないかないなあ。
先のヒロインであるリティーヤは天然アーパー系で少女らしい元気の良さには溢れていたんですが、その分女としての色気にはちと欠けた部分があったのですが、逆に今度のヒロイン・コンスタンティンは普段男として振舞っている、しかも夜遊び大好きの遊び人で腕っ節に自信のある暴れん坊、というタイプにも関わらず、ここぞというシーンでは仕草や振る舞いに自然とした女性らしい淡い色気と優しいたおやかさが備わっているんですよね。
最初のがらっぱちな印象はどこへやら、話が進みコンスタンティンの人柄が伝わり、その内面の部分がさらけ出されていくに連れて、その複雑なキャラクター性が綯い交ぜになって不思議な彩りになっていくんですよね。
ヤサグレ者で短気で短慮なところもあるけれど、傷付いた心を今は亡き育ての親である司祭の愛情によって癒され、自分が受け取ったものを他人にも分けたいと思う純粋な善意。これが、コンスタンティンという子を、生意気で気が強いけれど他人のために親身になれて、町の人からも可愛がられている、という少年のキャラクターとして成り立たせているのだけれど、この口うるさいけど気が回り世話好きの少年というキャラと、女の子としてのキャラの境界線が非常に不安定に揺れ動き、焦点をなかなか絞らせない、それが彼女に男の子のような女のような、なんとも不可思議な魅力を付与しているのです。
その上、<黒い羊>という、変身ダークヒーローみたいな事もやってしまっているものだから、コンスタンティンという子のキャラクターは目まぐるしくも鮮やかになってるんですよね。リティーヤもまあ落ち着かないキャラだったけど、コンスタンティンも別の意味で落ち着かないなあ(笑

そんな彼女に付きまとうのは、彼女が生まれたときに見初めて自分のものにしようとする悪魔と、その悪魔を追いかけてきた司祭ユリエル。
愛を知らない悪魔と、普段はへっぽこの癖に悪魔に魅入られたと勘違いして<黒い羊>を追いかけます司祭。司祭は街の教会の助祭と務めるコンスタンティンがその<黒い羊>の正体とも、そもそも女性とも知らず、力の大半を失った悪魔は自分にかまってくれないコンスタンティンを忸怩たる思いで上目に見ながら、彼女の語る愛とは何かにクビを傾げる。そしてコンスタンティンは自分に無理やり結婚を強いた悪魔と離婚するため、善行を積もうと正義の味方<黒い羊>として奮闘するものの、自分をしつこく追いかけまわす司祭に頭を悩ませ逃げまわる日々。まあ、複雑に入り組んだ三角関係である。まだ始まったばかりで、三人ともがスタートラインについたところだけれど、これは面白くなりそうだ。

身代わり伯爵の花嫁修業 1.消えた結婚契約書4   

身代わり伯爵の花嫁修業  I 消えた結婚契約書 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の花嫁修業 1.消えた結婚契約書】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

イチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャ。ええいっ、いい加減にしろぃ!(苦笑
もう初っ端からミレーユとリヒャルトのいちゃいちゃっぷりがひどい、ほんとヒドイ(笑
砂を吐くとはこういう事を言うのかー。リヒャルトはこの間から完全に螺子が2、3本飛んじゃってる状態だし、ミレーユも照れながらもツンデレちゃんじゃないから、自分の気持に気づいた今の状態だと素直に青信号、来るならこいっ! てな感じだし、もう留まるところを知らないというか二人とも自重しろというか。
名実ともに婚約者になって、お互いに気持も通じ合い、もう誰憚ることなくイチャイチャできる環境になったとはいえ、本気で自重しないんだもんなあ。大公になって国内の混乱を収めるために半端じゃなく忙しいはずなのに、なんとか暇をひねり出してミレーユにベタベタしにくるリヒャルトのミレーユ・ラブは、もう尊敬しなくちゃいけないなあ。
とはいえ、ここまでラブラブされるとさすがに生命の危機を感じるほどだったので、普段なら馬に蹴られて死んでしまえ、と思うはずのミレーユパパのイチャイチャ禁止令もGOOD JOBと喝采してしまった。まあ、ミレーユに手を出すやつは全殺し上等のミレーユ命のパパさんだけど、リヒャルトのことはある意味フレッド以上に自分の息子同様にかわいがっているので、何だかんだと二人の仲は許してくれているし、喜んでくれてもいるので、二人の仲を裂くとか嫌がらせというわけじゃないので、嫌な感じはしなかったですしね。

ミレーユとリヒャルトとの結婚にはまだまだ難題が山積みなんですけれど、二人とも今更相手の気持ちに疑心暗鬼になるような段階を乗り越え、立場の違いといたものも先のシアラン編で散々苦しみ悩んだ挙句に添い遂げるためならなんとでもしてやろう、と二人して覚悟を決めているので、二人の仲を裂く動きがあっても二人の絆はまったく動じないので、安心してみていられましたね。この手のラブストーリーって、特に少女系レーベルの作品だと、何だかんだとすれ違いや誤解や思い込みで、変にこじれたりするパターンが多いので心配してたんですが、マジ鉄板ですわ、ミレーユとリヒャルトは。
幸い、王太后など二人を応援しながらちゃんと指導してくれる人たちも沢山いるみたいですし、ミレーユはシアランは異国にも関わらず、第七師団の連中をはじめ身内とも言える味方になってくれる勢力がいるので、その意味でも孤立せずがんばれるんですよね。
なにより感心したのが、拗れるパターンの最たるものである、愛する人と情報を共有せず、相手に心配を掛けまいと自分ひとりで問題を解決してしまおうとする姿勢を、ここで見事に潰しているところなんですよね。王太后の指導もあったわけですけど、ミレーユは自分でちゃんと、リヒャルトと問題を共有して、一緒に解決していこうという考えを自分のものとしている。独立独歩の自立心の強いヒロインはこの辺、独走してしまいがちだし、ミレーユも最近までその傾向は強かったのですけれど、なんかこう、リヒャルトを人生の相棒として見るようになったから、つまり奥様としての自覚が出てきた感じがして、凄くいい雰囲気ですw
その点、リヒャルトはまだ、ミレーユが好きすぎて、大事にしすぎる嫌いがあるのですけれど。自覚と反省はあるみたいなんですけどねー。

しかし、キリルのあれは絶対フレッドがなんか悪いことして原因になってるんだろうなあ。あいつは一度痛い目みた方がいいんじゃないだろうかw
セシリアのことも、言い分は聞いたけど、ちょっと彼女のことを甘く見すぎというか、優しくしすぎというか。余裕見せすぎなんですよね。この辺は、ミレーユのことが好きという感情に真摯で一生懸命なリヒャルトを見習え、と思う。

決闘 脱走 潜入 求婚 失恋 告白 誓約の感想

身代わり伯爵の誓約4   

身代わり伯爵の誓約 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の誓約】 清家未森/ねぎししょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

くあああ、甘い甘い、でら甘のスイートラブ。極まるところまで極まってしまったミレーユとリヒャルトのイチャイチャっぷりに、悶えて悶えて七転八倒。
ああもう、ご馳走様でしたぁっ!!
開き直ってからのリヒャルトの攻勢は凄まじいものだったけど、結局それで押し切ってしまった。なにしろあのミレーユの鈍さも記憶封印すらも諸共せず、だったもんなあ。ミレーユの恋愛に対する鈍感さはかなりのものがあったはずなのに、押して押して押しまくったお陰で、いつの間にかミレーユも無理やりこじ開けられたみたいに自分がリヒャルトに抱いていた想いが彼への一途な恋愛感情であるのだと分からせられてたし。何も分かって無いミレーユに対するちょっとした洗脳じゃないのか、と疑いたくなるところすらあったけど(笑
でもまあ、元々控えめで抑制的ですらあった男性があれほど積極的に愛する女性を欲する猛進さはかなり心地よいもので、世のへたれ主人公共はちょっとは彼を見習いたまえ、と尊崇の念すら抱いてしまった。
ミレーユの記憶喪失をあまり引っ張らずに、早々に片付けたのも好印象。この手の記憶喪失って、ようやく成就しかけた二人の関係を一旦リセットして最初からやり直させるようなものなので、長引くと結構うんざりさせられることが多いんですよね。また最初から繰り返しかよ、みたいな。それを、明快に、多少記憶を失おうがミレーユはミレーユで、リヒャルトとの仲は揺るがない、というのを示す事で迅速に済ませてしまったのは、ちょうどクライマックス入っていたところだったし、ここでは良かったんじゃないだろうか。
ウォルター伯爵については、これで終わり? というくらいにあっさりと片付いたので拍子抜け。なんだけど……どうも、これで彼の妄執が終わったとはとても思えないんですよね。彼の企みが阻止されたあとも、なんか妙な余裕があったような。まだなんかありそうなんだよなあ。

様々な障害を乗り越え、自身の中の葛藤や迷いにも片をつけ、リヒャルトにどこまでも着いて行くのだと決心したミレーユ。もうこれで、お幸せにー、となっても良さそうなんだけど、まだまだ続くのね。師団の連中のように味方になってくれる人も出てきたけど、彼女のことを敵視する人もまだまだいるわけで。ようやく二人が添い遂げることを誓い合ったにも関わらず、最後のあの人の不穏な動きを含めて、今度は周りが障害になってくるのかな。
どーも、またフレッドが元凶のような(苦笑
この兄ちゃん、大概迷惑だよね。散々リヒャルトとの仲をけしかけてたくせに、いざミレーユがマジになったら要らんチャチャを入れだすって、どんだけ鬱陶しいんだかw まー、兄貴として気持ちは分からんでもないが。ようやく、認めてくれたと言うか受け入れてくれたというか妹離れしてくれた(してないけど)のはいいけど、次の波乱の元凶も貴方が原因なら、ちゃんと自分で後始末して欲しいなあ。というか、いい加減妹に構ってないで、自分の大切な人を大切にしなさいよ。セシリアをいつまでも放ったらかしにしてー。まだシアランに残るとか言い出した時には、蹴っ飛ばしたくなりましたよw

光炎のウィザード 未来は百花繚乱4   

光炎のウィザード  未来は百花繚乱 (角川ビーンズ文庫)

【光炎のウィザード 未来は百花繚乱】 喜多みどり/宮城とおこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

くわぁぁぁ、クライマックス入ってからの、ヤムセ先生の理性と欲望の激しいせめぎあい、そう<男の情念>とでも言うべき胸のうちで荒れ狂う激情に、ゾクゾクしっぱなし。
このゾクゾク感っていうのは、やっぱり飢えた狼の目の前で無警戒に子羊さんがウロウロしているという、狼さんがちょっとその気になったら簡単にパクッと食われてしまうという、スリルから来るんだろうか。
でも、前は無警戒にヤムセの生の情念に触れてしまって、ビビり倒していたリティーヤだけど、もうただの師匠と弟子という関係ではいられないと彼女も分かった上で自分の中で育ってきていた先生への気持ちを無視できなくなった状態だったから、もう既に無警戒で懐いてくるんじゃなくて、食べたいなら食べちゃってもいいですよー、という所まで行っちゃってて、このドキドキ感はスリルの段階を通り越して、いつリティーヤが美味しくいただかれてしまうか、という所に焦点が当たってた感じ。参った参った(苦笑

何にせよ、この作品、男のふきこぼれそうなギリギリの瀬戸際の感情の描き方が、特に後半際立ってた。時々理性がキレて、半分くらいマジでリティーヤに襲い掛かるんですもん、もうドキドキだったよ。そこで勢いに任せてしまわず、ぐっとこらえるあたりが大人の男らしくて、むしろセクシーというかなんというか。
先生のユローナへの思いの決着のつけ方にしても、既に亡くなった尊敬する師であり、姉の仇という相手へ抱いていた、ずっと押し殺していた好きだったという感情をついに認めることが出来、それを想い出として消化していく過程が素晴らしかった。
こうして過去に決着をつけることで、現在から未来に向かうリティーヤとの関係も一気に変化してくるんですよね。過去に向き合えたからこそ、現在とも向き合えたわけで。リティーヤ本人はヤムセの変化を不安に思ってたみたいだけど、リティーヤに対しても実は良い方向に変化してたんですよね、これ。リティーヤを攫ってから、ことさら彼女を子ども扱いしているとロードマスターに指摘された時の反応も見事だった。
ヤムセの態度の変化は、たとえ必死に抑制していたとしても如実にリティーヤにも伝わってくるわけで、幾らリティーヤが暢気で天然であったとしても、元々ヤムセに対して抱いていた複雑な思いが触発されて明確な方向性を得てしまうのも、これは避けられない事なんですよね。
このあたりの、師匠と弟子という関係が徐々に跨いではいけない部分を跨いで、男と女のそれと混じっていくところが、なんか凄まじい色気が漂ってて、その辺のラブストーリーとは一線を隠した艶が出てたんだよなあ。
こうなってくるともうゼストガさんの割って入る余地はなく、案外諦めよくイイ人に徹していたゼストガさんが、切ないやら健気やら。拗ねるなよーw

ラストはとびっきりのハッピーエンド。頑なな男の胸を貫くのは、やっぱり恋する女の子の本心からの訴えであり、願いであり、うるさいくらいの叫びであり、あーもう、リティーヤは最初から最後まで楽しく可愛かったなあ。昨今では最高クラスの元気系天然ヒロインでございましたよ。
素敵な素敵なラブ物語でありました。次回作も絶対速攻で買います、はい。

身代わり伯爵の告白  

身代わり伯爵の告白 (角川ビーンズ文庫 64-10)

【身代わり伯爵の告白】 清家未森/ねぎししょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

兄貴の身代わりに男装して王宮に出仕していたのも、今となっては随分と昔の話に思えてくる。ミレーユがミレーユ本人として王宮に出入りするようになってからは、身代わり〜のタイトルも名前だけみたいになったのかなと思ってたけれど、よくよく読んでると細かくあっちゃこっちゃでちゃんといろんな人やら役割の「身代わり」をやってたりするんですよね、ミレーユ。作者さんが律儀なのか、タイトルに縛られているのか。
なんにせよ、今回はとうとう兄のフレッドが化けていたミレーユ姫に、フレッドが行方不明になってしまったために、当のミレーユ本人がミレーユ姫の身代わりとしてミレーユ姫として振舞う事に……わけがわからんわい!!(w
フレッドがミレーユの恰好をしてシアラン王宮で思いっきり変人な振る舞いをしていたために、本人であるミレーユが仕方なく兄の演じていたミレーユを演じる羽目になって、へこむやらブチ切れるやら、大変なことになってて、わりとシリアスな状況にも関わらず、笑った笑った。
後々、リヒャルトの妻としてシアラン公国の后妃となるかもしれないのに、シアランの人たちにこんな変人として認識されてしまったら、あとあと偉い事になるだろうに(苦笑
フレッドは一度は痛い目にあった方がいいんじゃないだろうか。結局敵情を探るために捕まったのはいいけど、あまりに行き当たりばったりじゃないの。自分がいなくなってしまったら、ミレーユ姫が行方不明扱いになって随分な騒ぎになっただろうに。たまたまミレーユが潜入してこなければ、どうなっていた事か。さらに挙句、ミレーユが敵中に取り残される羽目になっちゃうわけだし。
お兄ちゃん、シスコンはいいけど状況ひっかき回して逆にミレーユの足引っ張っちゃってるような気もしないでもないぞw

今回は最後までミレーユとリヒャルトは顔を合わす事もできないままなのだけれど、逆にその分お互いの恋心は燃え上がってしまっているようで。相手が目の前に居ないと、余計にその人の事を考えてしまうというのもあるんでしょう、ミレーユがリヒャルトとの今までの想い出を反芻するうちに、彼がどれだけ自分の事を想いやり、気遣い、大切にしていたのかを気付いてあげられたのは、思わずよくやったと褒めてやりたくなった。この子の鈍感度合いはヒドイもんだったからなあ。リヒャって、わりと強めに自分の好意を自己主張している方だったんだけど、完全にスルーしていたもんなあ。リヒャルトが自分の事を前々から好きだったと知った以上、それに照らし合わせて彼のこれまで行状を振り返ったら、そりゃあミレーユでもわかるか。
リヒャルトと結婚する事になるかもしれないという事実に、今までは現実感がなく戸惑いを感じている様子だったミレーユも、いつの間にか自然と彼と結婚することを前提に思考が回っている事に、ニヤニヤ。これで、顔を合わせたら合わせたで、結婚がリアルに目の前に感じられてパニックになるんだろうな、と予想出来てしまい、ニヤニヤ。
だったんだけど、また最後にえらい展開になっちゃったからなあ。少女モノの恋愛モノだと、これってかなり定番ですよねえ。あんまり引っ張らないで欲しい所だけど。この二人、ちゃんと両想いになってからまともに落ち着いて二人だけで過ごしてないもんなあ。お互い、身を潜めて敵中に潜入している立場だし、逢うのも隙を見ての逢瀬で僅かな間だけ。そりゃあ、燃え上がる一方だろうけど、ここまで燃え上がりっぱなしで行くとこまで行っちゃうと、落ち着いた時が大変だろうに(苦笑

今回はついに第5師団の面々にもミレーユの正体バレ。団長含め殆どのやつ、本気でミレーユが女だとわかってなかったのね。そりゃ、女にもてんわw


光炎のウィザード 運命は千変万化4   

光炎のウィザード  運命は千変万化 (角川ビーンズ文庫)

【光炎のウィザード 運命は千変万化】 喜多めぐみ/宮城とおこ ビーンズ文庫

Amazon


……うわぁ、スゴっ。
前回、ヤムセ先生がリティーヤに対してあらわにしてしまった黒い情念。ただの師弟関係ではありえない、弟子に向けるはずのない強烈な感情の発露にさらされたことで、純粋に師として慕っていた男に恐怖の念を抱くリティーヤ。
まさか、この二人の間にここまでドロドロと濃厚な男女の想念の交感が行われることになるとは。その生々しさにあてられて、ちょっと酔ってしまったかも。うはぁ……。
ヤムセって、もっと割り切りのしっかりした質実剛健タイプの人だと思ってたんだけど、ここまでドロっとした執着を見せるとはなあ。いや、あのユーロナに対する執着を思えば、本来この人はこんな淡白で冷厳な人ではなく、そもそもが情念に身をやつす人だったのかもしれない。というより、特定の対象に対しては極端な執着を見せるタイプ、というべきか。
だいたい、相手がリティーヤに手を出さない、と分かった瞬間、一気に冷めたあのヒドイっちゃひどい態度をみたら、元来は淡白だよな、先生って絶対ww
ヤムセとリティーヤ、二人の関係が同性代の対等のものではなく、明確に上下関係が存在する師弟というのも、この背徳的な雰囲気を膨らませている。
自身の手から離れてほかの男のもとに行くというのなら、いっそ殺してしまっても。嫉妬の念が一瞬とはいえ殺意にまで高められるほどの情念。そんなものをぶつけられて、能天気なリティーヤでもそれまでと同じようにヤムセと接することもできず、師のことがわからなくなり、怯えに駆られる彼女の感情は、弟子であり女である彼女からすれば当然のものなんですよね。それでも、必死に彼への信頼に縋りつき、これまでと同じように接しようとするのは、機関車少女の面目躍如と云ったところなんでしょうけれど。
そうやって、必死におびえる心に鞭打ってヤムセから離れまいとすることで、自分がなぜおびえているのか。ヤムセがなぜ、あんな行動をとったのかを、彼女は一生懸命に考え、想像をめぐらせ、胸に手を当て確かめて、徐々に自分の心を、先生の感情を理解していきます。
それに伴って、強張っていた心が解きほぐされていく様子、ピンと張り詰め今にも壊れてしまいそうだった二人の間に流れる緊張感が、溶けていく姿。師であり、弟子であった関係が、決定的に改変されていく過程。ここが、本当に素晴らしかった。
何も知らない無邪気な少女でしかなかったリティーヤの仕草、所作に、不意に混ざりこむ艶めかしいまでの女の色気。それが、ヤムセの漂わせる男の情念とまじりあって、表向きは何も変わっていないはずの二人の関係、やりとりに、なんだか、背筋をなめあげられていくような、ゾクゾクするものが走ってたんですよね。
酔っ払った、というのはこのあたり。
ものすごい濃度だった。



しかし、改めて女ってのはすごいなあ、と思い知らされる。リティーヤって、馬鹿だし無鉄砲だし天然で悪意なくトラブルを引っ張り込む迷惑娘で、ヤムセにとっちゃあ馬鹿弟子、年下で妹のような、もっと言うなら娘に近いような手のかかる弟子なわけですよ。でも、守られるべき存在で、庇護者でしかないはずのリティーヤなんだけど、ふとした瞬間、まるですべてを包み込むような包容力が垣間見える。師でありはるかに年上の男性であるヤムセを、まるでできの悪い弟か息子のように扱うこともある。
なんでしょうかね、この大きさは。リティーヤの普段が普段だけに、この不思議な感覚は顕著に感じられる。
これが、年の差、立場の差のある男女の間に芽生える関係のカタチというやつなのか。


事態は、まるで予想だにしていなかった急展開が発生し、いったいどうなるのか、と思ったら……先生、やりやがった!!
とんでもないことやらかしながら、リティーヤに何か言葉を投げかけるでも、行動を示すでもなく、あろうことかそのあと何事もなかったかのように文庫本ひらいてわれ関せずとばかりに知らん顔をする、この外道(笑

この外道!(爆笑

それでこそヤムセと、爆笑してしまったよ。この人、大好きだわ。あの無茶苦茶なリティーヤには、こういう傍若無人な人でないと付き合えないわ、と改めて思った。
そして、憐れゼストガさん(苦笑
いや、もうね。誘拐だ! とか。無駄な抵抗だって、もうこの人は。可愛いなあw 可哀想だなあw

身代わり伯爵の失恋4   

身代わり伯爵の失恋 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の失恋】 清家未森/ねぎししょうこ ビーンズ文庫

Amazon


走り出したら止まらなさすぎにもほどがあるわーーーーっ!
なんかねー、ミレーユ見てたらあれ思い出した。チョロQ。ゼンマイが切れるまで、絶対に止まらない突進性。壁にぶちあたっても、すぐさま方向を変えて全力疾走。一瞬たりとも止まらねえぜ! という落ち着きのなさ。
止まったら死ぬのか、おまえさんは。

もうね、こうなってくるとリヒャーがかわいそうになってきたわ(笑
あれだけ危険だからと必死に遠ざけよう遠ざけようとしてた時には、あのわけのわからないすさまじいまでの行動力で、逃げても逃げても追いかけてくるし、追い払おうとしても無茶苦茶な手段でかかわってくるし、あげくにおらおらてめえらあたしのリヒャルトになにしやがんだー、とばかりに敵対勢力に喧嘩売るし。腹の減ったオオカミさんの前にあたしを食べてーとばかりにお腹見せて横たわる兎さんみたいに、無自覚にデレまくるしで、とまあ、子犬が足元でじゃれつく、とは程遠い、なんか大型犬か、むしろトラみたいな巨大な猛獣が圧し掛かってくるような勢いで追いかけてきていたのが、いざリヒャルトが切れて開き直って、もうたまらん好きですだー! と本気で告白してどんなお馬鹿でも疑いの余地がないほど気持ちを伝え切り、もう離さない遠ざけない何があろうとも一緒にいてください! と受け止め抱きしめようとした途端……今度は全力疾走で逃げだされたこの唖然茫然の境地。
もうなんか、笑えてきたわい!!
リヒャルトからすれば、「なんでーっ!?」だよなあ、これは。
ミレーユからすると、その行動原理はリヒャルトのため、という一点で一貫しているし、今回ようやく自分のリヒャルトへの想いが恋によるものだと自覚したにも関わらず、自分の想いは脇に置き、とにかくリヒャルトの助けになりたい、とする健気さは、実に女の子らしいかわいらしさにあふれていると思うんだけど……この娘の場合、その女の子らしさの発露が、「うおおおおおお!」という擬音だか雄叫びだかが聞こえてきそうな勢いでの全力疾走、暴発的な行動力に転化してしまってるのが、もうたまらんのよねえ、色々な意味で。
何気に彼女なりによく考え、それなりに真っ当なロジックのもとで行動しているだけにたちが悪い。なんか、考えてたら暴走というより、単純にスピード違反と一時停止違反なだけな気もしてきた。……いやいや、やっぱり暴走じゃないか、それは(w
もういっそ首に縄をつけるか、檻にでも入れてしまったらどうだ、とすら思うんだけど、そうなればなったで当たり前のように縄引きちぎるわ、檻破るわしそうで、全然安心できなさそうだなあ。
リヒャルトも、難儀な娘に惚れたもんだ。正直このロケット娘をどう捕まえておけるのか、想像もできん。両想いであることを認め合ったらうまくいくと思い込んでいただけに、止まらないミレーユの爆走にこっちも唖然茫然だったよ。いいから、ちょっとでいいからその場に立ちどまって云うこと聞いてくれー(苦笑

ギルバートの正体も明らかになり、シアラン宮廷陰謀劇も一気にリヒャルト側によって打開を迎えるかと思ったけど、着々とリヒャーが足場を固めて包囲網を構築していく一方で、相変わらずの偽王の不気味さと、ウォルター伯爵の狂気があらわとなり、一筋縄ではいかない様子。というより、真相が明らかになるにつれて、単純だった構図が混迷を深めてきた感があるよなあ。ミレーユの行動は、その混迷の霧を吹き飛ばすことになるのか、それともより事態を混乱させる方向に向かうのか。
どちらにせよ、リヒャルトの苦労は続くわけだ。ばかだなあこいつ、遠慮なんかしてないで、もう押し倒してしまえばよかったのに。我慢できないできないと言いつつ、意思決定を彼女のほうに預けるからそうなる。ミレーユに対抗するには、同じくらいの勢いで押して押して押しまくるしかないだろう?w
彼の攻勢は、並みのヒロインならひっくり返って後頭部打ってしまいかねない十分な勢い、積極性、問答無用さでしたけど、それでもなお、一瞬たりとも止まらないミレーユには足りなかったということだな。
どれだけだよ、いったい(苦笑


光炎のウィザード 選択は唯一無二4   

光炎のウィザード  選択は唯一無二 (角川ビーンズ文庫)

【光炎のウィザード 選択は唯一無二】 喜多めぐみ/宮城とおこ ビーンズ文庫

Amazon



うわぁ……。いやいやこれは。まさか、ヤムセ先生がリティーヤに対してこんな黒い反応を見せるとは。
驚いた。なんだかんだと、虹ドロさんとしての記憶を取り戻してからも、リティーヤに対してはあくまで教え子という認識で留まっていると思っていたから。
いや、それともあれは恋愛感情とはまた別の形の、あくまで教え子に対する執着なんだろうか。ユローナに捨てられた過去から、ヤムセという男には師弟関係というものに対する尋常でない思い入れがあることは、学園長やロードマスターたちが、リティーヤをヤムセにつけた理由を見ても、よくわかるところだ。
うーん、どちらか一方ではなく、両方がドロドロに混じっているんだろうけど。幼いリティーヤを自分の力だけでは助けられなかったという劣等感キツネに感じているというのも、あの瞬間の殺意の理由ではあるんだろうけど。それでも、あそこで殺意を抱いてしまう、という点にヤムセという男の抱えている業や闇の深さが垣間見えてしまって……逆にえらい魅力を感じてしまった私。なんだかんだと、これまで無茶苦茶しでかすトラブルメーカーと、それに頭を抱えながら後始末をする師という、大変そうではあるけれど上手く回っている師弟関係に見えていたので、ヤムセが垣間見えた凄絶な執着心は、なにやら一気に二人の関係を背徳的に見せてきた気がします。
その一方で、ヤムセはあくまで師弟であろうとするんですけどね。彼が最後に学園長たちに示してみせた後始末の方法は、リティーヤに対して師としての責任を取ろうとした結果だろうし。
それを知ったリティーヤが何をしでかすかわからないところが怖いわけですけど。
でも、リティーヤは今となっては学園に拘る理由もあんまりなくなってきている気もするんですけどねえ。
既に家族は見つかっているわけですし、生きる為の拠り所。帰るべきホームというには、親友は去り、大師父たるロードマスターは今回あのような結果となり、またヤムセも同様の道をたどろうとしているわけで。
夏の魔術に関する真相を知るための研究機関、として学園を利用するにしても、今の立場だとかなり苦しいですよ。学園内の各機関に目ぇ付けられてるわけですし。
そもそも、学園ってとてもじゃないけど居心地のいいところとは思えないんですけどねえ、ロードマスター。
主体である学園よりも自分の部署の益を優先するようなセクション主義が堂々とまかり通り、内ゲバ上等、研究成果を秘匿、横どりするためには死人が出ようと構わないという殺伐とした環境。
あのユローナだって、結局はそんな学園の体質の犠牲者と言えなくもないわけだったんだし。
バドさんですら、今回とんでもなく怖い顔見せてくれましたしねえ。
考えてみりゃ、リティーヤの明るさで忘れがちでしたけど、ほんとに最初っから学園という組織は外に対しても内に対してもおっかない組織でしたよ。
思い切って、外に出るのもいいと思うんだけど。だいたい、学園じゃあ魔術師同士の結婚は禁止されてるんですもんねえ、ゼストガさんw

うん、ゼストガさんはちょっとかわいそうなくらい痛い目見ちゃったわなあ、今回。立場に対して、ちょっと姿勢が甘かったというか。この人、有能そうに見えて、けっこう隙が多いしやることなすこと上手く出来ないこと多いよなあ。もしかして、結構無能なのか? それとも相手が悪いのか。
リティーヤと関わったのが運の尽きだったのか。リティーヤって、本気で天然のトラブルメーカーだものね。全然悪気ないけど。

身代わり伯爵の求婚4   

身代わり伯爵の求婚 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の求婚】 清家未森/ねぎしきょうこ ビーンズ文庫

Amazon



ちょ、ちょ、ちょっ!! うぉい、リヒャっち。リヒャルト君! あんたぁ、そりゃあちょっと違うだろう。あんたのそれ、ミレーユを守る覚悟を決めた、っつーよりもミレーユの可愛さに辛抱たまらんくなりました! という投げっぱなしじゃないのか!?
我慢しきれなくなるくらいなら、最初から遠ざけようとすなーー!!(笑
そりゃあさ、もう逢わないつもりで置いてきたら、こっちの国まで追いかけてくるわ、追い返そうとしたら勝手に手助けしようと奔走しはじめるわ。なんでそんなことするんですか、と問い詰めたら、意訳するところの「リヒャルト苛めるやつは私が許さねえもん!」ときた。
逢うたんびに、無自覚に無防備なセリフぽんぽん投げ付けられたら、そりゃあクラクラ、と来るのもわかる。男だもん。食べちゃいたくもんるわさな。
だいたいミレーユって、ほんとーに自覚ないんだけど、自覚ないくせに「どうかわたしをたべちゃってください」と言ってるとしか思えないこと口走るもんだから、相手の男からすりゃあ、頭おかしくなるのも仕方ないのよ。これで当人に自覚があって言ってるのなら、多少はこっちも理性というか正気を以って対応できるんだろうけど。ミレーユのあれは、凶悪だからなあ。しかも逃げても逃げても追ってくるし。あの行動力だけは、半端じゃねえ。
うん、じゃあ仕方ないよね。
……なんか、最終的にリヒャルト君を擁護する側に回ってしまいました。


まあでもね、兄ちゃん伯爵はやっぱり妹のこと、甘やかしすぎなんだと思うのよ。そりゃあ宮廷暮らしはミレーユには辛いだろうし、シアラン王国では周りは味方と言えない相手ばかりで苦労はするでしょう。
でも、そこは敢えて送り出してやらないと。むしろ、帰ってくるな、というぐらいの勢いで。
結局のところ、フレッドの方が妹離れ出来てないんでしょうけど。
フレッドの気持ちも分かるんですけどね。実際に、兄妹の両親は大貴族とパン屋という形で別れ別れで暮らしてきたという過去があるわけですしねえ。王宮はある意味魔窟。自国ならともかく、可愛い妹を、自分の手の出せない他国の王宮に送り出すのは、やっぱり不安になるんもしゃあないっちゃしゃあないわけで。
でも、政略結婚じゃなくて、惚れた相手といっしょなんだから、送りだせよ、ほんとに。

とはいえ、なーんか上手い逃げ道らしきものも見えてきたわけで。現シアラン公が本当にそうなら、リヒャルトも戻ってこれる道が見えてくるんだよなあ。……それはそれで、ミレーユに対して甘いとおもんだけど(苦笑

身代わり伯爵の潜入4   

身代わり伯爵の潜入 (角川ビーンズ文庫 64-6)

【身代わり伯爵の潜入】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫


意外と言えば意外だし、改めて指摘されてみるとそういえばそうだと思わされた。ミレーユって、特に特技らしい特技って持ってなかったんですね。
いや、これまで自分が読んできた少女系レーベルの女の子の主人公って、何かしらの特技や特殊能力を持ってたり、何でも人並み以上にこなせたりという人たちばっかりだったので、成り行きから騎士団で見習い騎士として働くことになったミレーユが、なんも出来ないのを見て、今更のように驚いてしまったり。
そういやこの子、パン屋の娘として育った庶民の子なんですよね。いつも元気爆発だったから、普通に剣とかも使えるように思いこんでたし、事務処理能力も高等教育受けてないから、全然ないも同然だったのか。
……でも、これって最初の時の、兄貴である伯爵の身代わりをさせようって時にある程度教育しとけって話ですよね。流血女神伝のカリエほど詰め込めとは言わないけど。
とはいえ、この手の女の子の長所は、やはり負けん気の強さだわなあ。前向きでへこたれず、へこまされたら逆に剥きになって奮起する。あきらめないし、屈しない。何もできないから、とそこで立ち止まらないのが偉い所。
特にこのミレーユは、猪突猛進なくらいの勢いで突っ走るから、誰にも止められない。
止められないのが分かっているなら、リヒャルトはあそこで覚悟を決めるべきなんだよな。こいつ、ミレーユのことわかってるようで全然わかってないですよ。どれだけ突き放したって、付きまとわれるんだから、それなら目に見える手元に置いておいた方が実際的にも安全じゃないのか? 放っておいたら何をしでかすか分からないのは、これまでも嫌というほど思い知らされているはずなのに。
結局は、自分が惚れた女は自分の手で守る、という決意と覚悟が足らんのですよ。ビビってるのですよ。そのくせこの野郎、手を出しやがって手を出しやがって(笑
こりゃもう、無自覚にあんな可愛いことwあの場面でほざくミレーユが悪いんですけど。だいたい、結婚までしていいとまで思い、危険な場所まで一人で追いかけてきていながら、未だに好きかどうかよくわからんなんてヒドイだろうが。
いやいや、そうでもないか。ひどいのはやっぱりリヒャルトの方ですよ。好きだ、という決定的で後戻りできない一言を言うことなく、ミレーユはリヒャルトに対して甘すぎる言葉や提案を投げかけてくれているというのに、それを突っぱねちゃうんだから。
ミレーユの復讐発言は正当だと、判決します。控訴は認めません。

今回は潜入編ということで、シアラン公国での内紛は次回からが本格的に動き出しそう。兄ちゃんの独り言からすると、ミレーユそのまま残るルートになるのかなあ。

光炎のウィザード 愛は完全無欠4   

光炎のウィザード  愛は完全無欠 (角川ビーンズ文庫 42-15)

【光炎のウィザード 愛は完全無欠】 喜多みどり/宮城とおこ ビーンズ文庫


ちょ、兄ちゃん。兄ちゃん。念願かなっての妹との再会がそれって、無いだろう。無いでしょう。ヒドいよ(笑
戦争で家族と生き別れてからのリティーヤの悲惨な境遇と、どれだけ家族に会いたかったかの気持ちについてはこれまでも語られていたし、この巻では兄ちゃんの方もどれだけ行方知れずになったリティーヤを探し求めていたかが明らかになり、双方ともにどれだけ再会を願い、祈り、求めてきたか、わかるだけに。わかっているだけに……。
…… orz

この兄ちゃん、ダメだ。
いや、でも兄ちゃん確かにリティーヤの兄ちゃんだわ。天然に破天荒なことをやらかす爆弾娘リティーヤ嬢ですが、兄ちゃんもよく見てると行動パターンというか発想と言うか、条件反射の方向性が妹とベクトルおんなじジャンというところが多々見受けられて、なんか物凄く血の繋がりを感じさせられる。この分だと、姉ちゃんもおんなじなんだろうなあww

と、惚けた風情を醸し出してる兄妹ですが、それでも生き別れた兄妹の七年越しの再会なのです。感動的……とはでも一概には言い難い。七年という歳月は、否応なくリティーヤにも兄ちゃんにもそれぞれに置かれた立場、状況と言うものを作りだしてしまっている。二人とも、この七年間で最上の目的は家族との再会だったはずなのに、いざ事が成ったときそれでめでたしめでたし、というわけにいかないのが現実というものだったりするわけだ。
儘ならないものである。苦々しくも苦しいものである。
兄ちゃんの考え方は形骸にとらわれているともいえるけど、実際本人の立場からしたら、変節は厚顔無恥の所業そのものなんだろう。リティーヤを探すために他の家族を傷つけ、その挙句リティーヤの生存に絶望し家族であることすら捨ててしまい、再会なったリティーヤまでも傷つけて。

でも、そんな葛藤を乗り越えて、リティーヤに向き合った兄ちゃんの、それは讃えるべき勇気であり、誇るべき愛情なのだろう。
もっとも、リティーヤもまた家族を愛するが故に、兄ちゃんを拒絶せざるを得ない状況になるだけに、この作品、コメディタッチの風味なのにやたらと内実は過酷で容赦がなかったりする。事実だけ羅列すると、けっこうエグい話なんだよなあ、光炎って。ミカの正体やリティーヤとの友情にしたって、ヤムセとユローナの形容しがたいドロドロとした感情にしたって。
ただ、最終的には兄ちゃんにしてもリティーヤにしても、お互いを大切に思う心がすれ違うことなく、お互いを抱きとめることができたのは、とてもよかった。安心した。ホッとした。
お互いに、苦労に苦労を重ねた七年の結実が、決別だったら、それは悲劇であり惨劇でしかないものなあ。
とはいえ、リティーヤが置かれた状況と言うのは楽観できるものではなく、彼女が頼りにしている師匠ヤムセもまた、身辺が怪しくなってきているのも確か。
そして、遂にリティーヤがあの真相に辿り着きそうな……。

話も本筋にかなり切り込んできた模様なので、これからさらにクライマックスか。
役者も揃ってきたし……うむ、気合いを入れろ。
 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索