例年はあまり盛り上がらないこの時期の日本ダービートライアルですが、今年は熱い熱い!
先週、ペルーサが凄まじい時計を記録し、一躍日本ダービーの本命の一角に名乗りを上げる形となった青葉賞に引き続き、今週も京都新聞杯とプリンシパルSというダービートライアルが開催されました。

プリンシパルの本命は、やはりあの馬、大器ルーラーシップ。皐月賞前哨戦の若葉Sでは、ザタイキの故障や前走の激走の影響もあってか、脚が伸びずに結局皐月賞の出走権を取り逃してしまったのですが、ダービー優先出走権をかけたこのレースでは、その実力をいかんなく発揮してくれました。
圧勝だったとは聞いていたのですが、公式サイトで実際のレースの模様を見て口をあんぐり。まじでケタ違いの圧勝じゃないですか。他馬をまるで問題にしない四馬身差。突き放してから流していたので、実際はもっと突っ走っていたでしょう、これ。相手はわりと小粒だったとは言え、二番人気のダイワファルコンはヴィクトワールピサが勝った弥生賞で三着に入っている馬ですし、なにより時計ですよ、時計。東京コースと中山の違いはあるとはいえ、皐月賞よりも一秒以上早い1:59:1という記録を叩き出したのは評価できるんじゃないでしょうか。もちろん、ダービーはそこからさらに400メートル距離が伸びるのですが、キンカメとエアグルーヴの子供と来たら余裕で大丈夫でしょう。
単純に出走権が取れたらいいなあ、といった程度の期待値だったので、ここまで強烈なインパクトで殴り込んでくるとは思いもよらず、これは嬉しい悲鳴だ。

そして、京都新聞杯では皐月賞で私が馬券を捧げたゲシュタルトが、先行押切でコスモファントムを競り落とし、レーヴドリアンの凄まじい追い込みを躱して、見事に勝利。
うむ、皐月賞では瞬発力勝負になってしまったところがあったけれど、先行馬で唯一と言っていいほど見せ場を作っただけあって、前優位の競馬になったらやっぱりこの馬、思ってた以上に強いわ。レーヴドリアンが評判どおりのド迫力のまくりを見せながら、あれで追いつけなかったのはレーヴドリアンからすれば痛いし、ゲシュタルトとすれば会心の競馬だったろう。
時計も過去五年さかのぼっても一番の時計で文句もない。
レーヴドリアンは、これはファンがつきそうな馬だなあ。確かに、見ていて痛快だ。あのダイナミックなストライドは、他馬とはスケールが全然違っていて、見ていて惚れ惚れしてしまう。このレースでも他馬とは次元の違う脚を見せたものの、展開やゲシュタルトという相手が悪かった。この馬をダービーでも見たかったが……まだまだ先があるさ。
なんども繰り返しになってしまうけれど、今年の三歳牡馬はタレントぞろいだワ。