ミステリー

虚構推理 ★★★☆   



【虚構推理】 城平 京/片瀬 茶柴  講談社タイガ

Amazon
Kindle BOOK☆WALKER

巨大な鉄骨を手に街を徘徊するアイドルの都市伝説、鋼人七瀬。
人の身ながら、妖怪からもめ事の仲裁や解決を頼まれる『知恵の神』となった岩永琴子と、とある妖怪の肉を食べたことにより、異能の力を手に入れた大学院生の九郎が、この怪異に立ち向かう。その方法とは、合理的な虚構の推理で都市伝説を滅する荒技で!?
驚きたければこれを読め――本格ミステリ大賞受賞の傑作推理!

虚構推理とはなんぞや、とタイトルを聞くたびに疑問に思っていたので、なるほどそういうものだったのか……でも、推理……推理?
漫画【スパイラル】の人の新シリーズ、とは伝え聞いていたのでてっきり漫画シリーズの方が元だと思っていたのだけれど、原作はこっちでしたのね。とはいえ、自分が読んだ講談社タイガ版は新装版で元は講談社ノベルスから出ていて2011年の出版となっているらしく、8年前になるのか。
8年前というのは微妙なラインだけれど、ネット文化が主要なキーワードとなる本作としては多少現状のネット模様とは変わってきてるんですかね。まとめサイトが話題の中心となる、という構図自体が段々と過去のものになっていっている気もするのだけれど、そういうのには疎い方なのでちっと何とも言えないなあ。
人の想像力が怪異を産む、という設定は妖怪もののフィクションにおいてはもう十年二十年という蓄積を経た定番ともいうべき設定となっていますけれど、虚構によって現実へと現出してしまった怪異を、さらなる虚構によって非現実へと引きずり下ろす、という手法は……今までもあったかもしれないけれど、これほど真っ向にそれ自体を作品の根幹として持ってきたのを見たのは新鮮なものがありました。
まず厳然とした真実があり、事件の真相があり、それを全部調べ上げて承知した上で、その真実を虚構によって塗りつぶす。塗りつぶして、真実を虚構にしてしまう。定番の事件解決の真逆を行く手法なんですよねえ。確かにこれは面白い。

でも、まとめサイト程度であれだけの強度があれだけ短期間に発生してしまうのに、口裂け女や人面犬が生まれもしなかった、というのはネット過信しすぎじゃなかろうか。果たしてネット発信の情報について、どれだけの規模の人が心底「信じる」か。
それを言ってしまうと、琴子が発信した「事件の真実」群。あれも、あの書き出しに特に論拠となる証拠を出すわけでもなく、憶測と妄想を重ねるだけ重ねて何となく辻褄だけは合ってるっぽい、というだけの「語り」に掲示板ってあんな風に盛り上がるんですかね? あんな断言口調で事実のように想像を語られても、と自分最初あっけに取られてしまったのだけれど。実際、リアルタイムで掲示板に張り付いていると、その臨場感に載せられて入り込んでしまうものなんだろうか。
4つの仮説ならぬ虚構の物語を順番に渦中へと投じていく琴子。投じていく語りを前振り前座ならぬ、伏線あるいは仕掛け・トラップの仕込みとして最後に叩き込む虚構を場の真実としてしまうための補強材、或いは対峙するネットの向こうの黒幕に有無を言わせぬ一突きとするための構成に関しては、まさに見事という他なく。
未来を確定する能力同士の争いだからこその、決め打ちとも言えるんでしょうけどね。でないと、もう少し場は混沌としそうなものだけど。ああ、そうか。その能力の行使があるからこそ、虚言も真実だと信じられてしまう流れが確定されるのか。だったら、とにかくネタを投じるというのは至極正しいのか、なるほど。そして、それが信じられやすければやすいほど、つまり論理的で合理的でとりあえず辻褄あってりゃ大丈夫なのか。これは情報を発信する側の特権でもあるなあ。匿名で個人が発信できる、というのがネット文化に基づくものなんだろうけれど。
そもそも、七瀬さん当人やその関係者たちがあれだけ好き勝手人間関係から内面から勝手に語られているにも関わらず、実は一切一から十までまったく無関係のまま終わってしまう、というのもまたらしいというべきかなんというべきか。
紗季さんはこの様子だとこの回限りのゲスト出演ということになってしまうのか。レギュラーでも良さそうな立ち位置なのだけれど、九郎との関係は琴子が邪推するものと違って当人同士が結論づけちゃってる方があっているみたいだし。まだ好きなのに生理的に受け付けない、というのはお互いキツイよなあ。ただ、その場合によっては一生引きずりそうだった部分を、こうして再会して一緒に行動することによって、ケリをつけることが出来た様子なのは両人にとって幸いなことだったのでしょう。犠牲者となってしまった刑事さんについては、可哀想としかいいようがないけれど。
しかし、琴子のあのシモネタ好きはどうしたものなのかねえ。あれ、確実に九郎から忌避されている原因の一つだと思うんだけどw
九郎とのそれは良いコンビなのか、琴子がしがみついて離れないだけなのか。でも、一応恋人関係にはなってるんですよねえ……なってるのよね? 琴子の自称とか妄想じゃなくて……。

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から4   

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から (幻冬舎文庫)

【パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から】 似鳥鶏/森川聡子 幻冬舎文庫

Amazon

証拠よりメレンゲを、手錠よりケーキを。

パティシエに転向した繊細すぎる元・刑事。
事件解決の裏には、必ず彼がいる。

警察を突然辞めた惣司智は兄の季が継いだ喫茶店でパティシエとして働き始めた。鋭敏な推理力をもつ智の知恵を借りたい県警本部は秘書室の直ちゃんを送り込み難解な殺人事件ばかり相談させている。弟をお菓子作りに専念させたい兄は、なくなく捜査の手伝いを。人の良い兄の困り果てた事態を見かねた弟は、しぶしぶ事件解決に乗り出す羽目に……。
華麗な解決と究極のデザートを提供する、風味豊かなミステリー。
どうもこれ、探偵役の智が性格暗そうなので(作中でも兄にハッキリと暗いと明言されている)、読みにくそうだなあと思い込んでいたのですが、そうした雰囲気の暗い重いイメージを一瞬にして払拭してくれたのが、事件を持ち込んでくる直ちゃんなのでありました。
なにこの娘、キャラクター良すぎるじゃん!?
いやあ、いきなり「〜〜ッス!」と三下口調で現れた時には何事かと思いましたよ。ってか、まずこれ性別女なのか? と疑うところから。ベネットか、おまえは!!
しかし、三下キャラかと思いきやこれが相当の食わせ物。本部長の意を受けて、智を事件に引っ張り込むための手練手管は口八丁手の巧妙さで、喫茶のマスターである兄ちゃんを巧みに逃げ出せない状況に追い込んでいく腕利きなのである。これで刑事じゃなくて、秘書室の人間というのも不思議なのだけれど、本部長が使い勝手の良いエージェントとして囲っていると考えるなら非常に納得しやすい。
とまあ、これだけなら無理やり嫌がる兄弟を事件に引っ張り込む困った人なんだけれど、三下口調のみならず言動に人懐っこい愛嬌があって、その強かさも全然憎めないんですよね。それどころか、話が進んでいくと、そんな食わせ者のキャラも仕事として装っているところがあって、ふとした瞬間に兄弟を無理やり事件に巻き込む事に罪悪感を感じている誠実な人柄が垣間見えて、その時は凄く女性らしい儚さを感じさせたりして、もう兄貴じゃないけれど、これは絆されるわw
実のところ、この兄貴の方もなかなかの食わせ者で、一方的に直ちゃんに食い散らかされるわけでもなく、お人好しなせいかついつい直ちゃんを助けてしまうのだけれど、それ相応に条件を引き出したり、きっぱり釘を差したり、と振り回されるばかりの人ではなく、かなり頼もしい人なのである。時折、鋭い視点で直ちゃんに突っ込んだり、とさすがは名探偵である弟の智の兄、というような洞察力を見せたり、と決してただの驚き役じゃあないんですよね。すぐに直ちゃんも兄貴には一目置くようになって、傍から見ると仕事抜きで懐いているように見えますし、ふと弱気になった時には甘えて見せたり、となんかいい雰囲気にもなってたり、で。
探偵役はパティシエの智なんですが、メインは完全にこっちの二人ですね。概ね、事件の調査は兄貴と直ちゃんの二人でやって、安楽椅子探偵として聴きだしてきた調査情報を元に智が事件を解き明かす、と。
面白いのは、事件の後の関係者のフォローに、うまく智のパティシエとしての役割を利用しているところ。事件は何らかの形で関係者に心の傷を負わせているのですけれど、智が振る舞うお菓子がそれを和らげることで、事件の後味の悪さを甘やかに蕩かして、すっきりとまでは行かないものの、やるせなさを残さない結末にしているあたりは、ミステリー作品として素敵な心配りだと思うし、良い特徴なんじゃないでしょうか。
最後の事件の後味は、本当にキツかったからなあ。あれは、極めて予想外でしたし。この作者ってわりとキツい真実持ってくる傾向があるのですけれど、それにしてもこれはキツいや。直ちゃんと兄ちゃんは、その分もっと雰囲気になってくれてもいいんですよ?w


似鳥鶏作品感想

午後からはワニ日和4   

午後からはワニ日和 (文春文庫)

【午後からはワニ日和】 似鳥鶏 文春文庫

Amazon

「イリエワニ一頭を頂戴しました。怪盗ソロモン」凶暴なクロコダイルをどうやって?続いて今度はミニブタが盗まれた。楓ヶ丘動物園の飼育員である僕(桃本)は解決に乗り出す。獣医の鴇先生や動物園のアイドル七森さん、ミステリ好きの変人・服部君など、動物よりもさらに個性豊かなメンバーが活躍する愉快な動物園ミステリ。
まさかの動物園ミステリー。普段なかなか知ることの出来ない動物園の裏側、それも飼育員たちの動物たちに対するスタンスを垣間見ることができて、その点からもなかなか面白かった。特に至言だったのが、
動物好きは2割、あと3割は動物マニア、残りの5割は動物バカ
という台詞。最初に動物好きが二割、という言葉が先に見えた時には、「あ、その程度なんだ」と飼育員って言っても動物に関わるのはあくまで仕事であってビジネスライクなんだ、なんてちょっとがっかりしたものですが、続いて出てきた台詞を目の当たりにして、思わず相好を崩してしまいました。いやね、無責任で何の関わりもない外の人間の気持ちにすぎませんけど、やっぱり動物園で動物を飼育している人たちがちゃんと動物のこと大好きだという方が嬉しいじゃないですか。
とまあ、そんな感じで動物園がどんな風に運営されているか、という観点からも非常に興味深く読み込めると同時に、これ、ミステリーなんですよね。誰が、何の目的で、どのようにしてイリエワニを、ミニブタを盗み出したのか、という様々な謎を解き明かしていくあの特有の閉じられた蓋をパカッと開けるような感覚がきっちり味わえるのです。さすがは、【理由あって冬に出る】以降、一連の学園ミステリーで良作を絶えず届けてくれている似鳥さんです。その辺りは不安ありません。そもそも、希少価値が存在しないわりに捕獲し持ち運ぶには危険すぎ、目立つことこの上ないというリスクばかりのイリエワニが何故盗まれたのか、という最初の地点から首を傾げることばかりで、自然とこの疑問を晴らしたいという欲求を呼び起こしてくれる、という時点でもうミステリーとしては掴みオッケーなんですよね。
その上で、粗筋にもあるのですが、個性的な飼育員さんたちが積極的に動いてくれるので、キャラクターを追うだけでもまったく楽しい。鴇先生については、動きすぎ! とも思いますけどね。アグレッシブにもホドがあるでしょう、この先生。獣医さんのくせに、途中の暴走はなんばしよっとね!? と口をあんぐりあけてしまいましたよ。桃さんも止めろよ! それでいて、何気に乙女を爆発させていきなりヒロイン化しやがるしw あんた、いい年して男慣れしてなさすぎでしょうw ちょっと男の人からほめられたくらいで動揺し過ぎだ。純情過ぎるw 
てっきり七森さんがヒロインなんだと思ってたですけどね。この娘も最初のか弱い先の細い印象をぶち壊して、異様にバイタリティあふれるところを見せつけてくれたからなあ。それでいて可愛げは一切失せてないので、立派にダブルヒロインです。ちゃんと表紙も鴇先生と七森さんが出張ってますもんね。

事件の真相は、想像以上に人の恐ろしさと人生の懊悩、その上で愛情の篭ったミステリー作品らしい真相で、読み応えもバッチリです。そしてこれでもか、と動物園愛が感じさせる良作でした。さすがに動物園でこれ以上事件が頻発するのも問題なので、続編はなかなか期待しづらいのですが、また桃さんたちと動物園の話を読みたいなあ、と思わせてくれる一作でした。面白かったです。
 

5月20日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月19日

Amazon Kindle B☆W

5月17日

Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月16日

Kindle



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon
Kindle
B☆W


AmazonKindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月11日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


5月5日

Kindle B☆W

5月2日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

5月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月30日

Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W


Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月26日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W




Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月25日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索