徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
  1月の漫画新刊カレンダー  1月のライトノベル新刊カレンダー
 

メイデーア魔王転生記

メイデーア魔王転生記 俺たちの魔王はこれからだ。 23   

メイデーア魔王転生記 (2) ―俺たちの魔王はこれからだ。― (富士見ファンタジア文庫)

【メイデーア魔王転生記 俺たちの魔王はこれからだ。 2】 かっぱ同盟/るろお 富士見ファンタジア文庫

Amazon

かつて異世界メイデーアに恐怖をまき散らした最強の三魔王―トール、マキア、ユリシス。二千年の時を経て、故郷に舞い戻った彼らは、今は王都に滞在していた。前世での悲劇的な結末から、かつての妻である緑の巫女と距離を置こうとするユリシス。そのことで落ち込む彼女のため、二人の仲を取り持とうとマキアは決意する。一方トールは、王都を騒がす謎の連続殺人鬼エスカの捜査に追われていた。現場に残された手紙から、エスカの狙いが三魔王だと推測した彼は、マキアを守るため駆け回るが…。過去と立ち向かう、魔王たちのリベンジファンタジー!
エスカ、その外見はどう見ても怪人じゃないかw 特に歯並びのギザギザっぷりが。
外見も言動も、これは誤解されても仕方ないだろうという振る舞いなのですけれど、むしろ彼の場合は他人からどう見られても構わない、という考えのもとに動いているから些か質が悪い。ただ、そういう人だと理解が及べばわかりやすい人でもあるんですけどね。 聖灰の大司教としての過去生を知っていると、今の彼の生き方はなかなか感慨深くもあるのですが、それが語られるのはかなり先だろうからなあ。
生まれ変わっても、同じ人を好きになって一緒になりたいですか?
前世からの運命というと、どこか束縛や檻、決められて違う道を選ぶことが出来ない、などどこか窮屈な、縛られているような閉塞感を感じてしまうものなのですが、この作品における転生や前世からの絆というのは、どこかゆりかごのように柔らかく暖かく感じられるものなんですよね。
かつて、前世において白の賢者と緑の巫女として結ばれたユリシスとペルセリス。息子であるシュマにも恵まれ、幸せだった彼らの前世は、ですが白賢者が勇者に殺された事により悲劇といって差し支えない顛末を迎えてしまいます。
哀しみと苦しみによって彩られた記憶。ユリシスとペルセリスが再び結ばれるということは、もう一度あの時の悲嘆を、絶望を味わうという事でもあり、ユリシスとしては彼女を愛しているからこそ余計に彼女と結ばれる事を願うのを躊躇われてしまう状況だったわけですけれど……。
純真無垢な幼い少女なれど、愛は強し、女は強し、なんでしょうか。魔王クラスの中でも特に達観と老成しているユリシスを包み込むほどの、ペルセリスの愛は大きく深いものでした。むしろ、変に妖艶だったりするよりも、幼妻強し! というべきか。幼妻! 幼妻!!
ただ、ユリシスとペルセリスの過去生を知ることで、より深い衝撃と傷を負ってしまったのは、過去生の記憶を取り戻したペルセリスではなく、マキアの方だったりするんですよね。紅魔女の犯した大罪、それは後々に至るまでマキアを縛り付け、苦しめ、彼女の行く末に決定的な意味を持つことになるのです。
まあ誰が悪いって、この悲劇の引き金を引いた勇者……ではなく、回りまわってトールが悪いんですけどね。全部トールが悪い! 紅魔女が大罪を犯すことになった要因を、苦しみを、哀しみを、その奈落のような愛の深さを知れば知るほど、トォルゥ、と蹴っ飛ばしたくなりますよ、この野郎。
純真無垢なペルセリスにしても、アッケラカンと天真爛漫なマキアにしても、傲岸不遜なシャトマ姫にしても、その過去生からの愛の持ちよう、深さ、そして収め方、振るい方を知ると、この作者の女の情念の描き方の美しさ、切なさ、柔らかさ、儚さを思い知らされる思いなのですが、この2巻ではその端緒とも言うべきペルセリスのそれと、シュマという絆によって往還する家族愛の胸を締めつけるような熱をじっくり堪能するのでした。
それ以上に、ユリシスとペルセリスの、トールとマキアのイチャイチャっぷりに、胸焼けさせられるのですけどねw

1巻感想


メイデーア魔王転生記 俺たちの魔王はこれからだ。3   

メイデーア魔王転生記 -俺たちの魔王はこれからだ。- (富士見ファンタジア文庫)

【メイデーア魔王転生記 俺たちの魔王はこれからだ。】 かっぱ同盟/るろお 富士見ファンタジア文庫

Amazon

二千年前、異世界メイデーアに悪名を轟かせた三人の魔王。勇者に討たれた彼らは、今は日本で高校生活を送っていた。『なぜ我々は勇者に殺されなければならなかったのか』それだけを考え続けていた彼らの前に、あの勇者が現れる!「懺悔は十分に済んだだろう、魔王共。ならば、お前たちのしでかした事が何だったのか、その目で確かめてみるんだな」そうして再び勇者に殺された三人は、戦争前夜のメイデーアへと帰ってきた。かつてを上回る強大な魔力を手にして…。“黒魔王”トール、“紅魔女”マキア、“白賢者”ユリシス。前世の罪を清算するための、最強魔王たちの戦いはこれからだ!
難しいもので、発表媒体が変わるとフォーマットも変わってしまう。そして、それが商業物だったりするとマーケティングが鑑みられてある種の整理整頓が要求されてしまうのです。昨今での一番わかり易い例題が、いわゆる「アニメ化」というやつで、特にライトノベルからアニメ化するものは特にこの傾向があり、1クールという括りの中に収めるために原作となる作品はひたすらその内容を削り落とされることになる。実際のところ、もっと柔軟に対応できる余地はあるはずだし、事実としてそれが出来ていた作品もあったわけだが、まあそれはさておき。
この手の媒体が変わることで整理整頓という形で元の姿を少なからず損なってしまうパターンにおいて、ライトノベルというものは概ね「削り取られる」側だったのだけれど、昨今ちょっと事情が変わってきた。そう、ウェブ小説から書籍化という形式が増えてきた件である。逆に、削り取られる側だったライトノベルが、削る側にも立ち始めたのである。
インターネット上で作者が思うがまま自由に執筆するウェブ小説は、商業的要素が無いが為に一切の制約が存在しない。一話にどれだけの分量を費やしても構わないし、ある一定の領域の中に起承転結を収めなくても構わない。その自由さは往々にして無軌道の巷に散逸してしまうのだけれど、時としてその自由さなればこその「特別」が誕生することもある。
だが、そんなウェブ小説の「自由」さは、書籍化する場合まずもって既存のフォーマットに当てはめるために編集されることになる。
さて、そのプロの洗礼となる「裁断」が吉と出るか凶と出るかは、ケース・バイ・ケースなのだろう。一概に良い悪いとは言えないと思う。見違えるように洗練され、より磨き上げられた形で上場される場合だってあるはずだ。しかし、その一方で元あったものが損なわれてしまう場合も当然存在するだろう。
個人的には、そのケース・バイ・ケースを見極め、フォーマットに拘らず、柔軟に対応することこそ出版側におけるプロのお仕事、だと思うのだけれど、そういう柔軟なお仕事を考える、思う、想像するにとどまらず、まず実行に移し、意見を通し、本当にやってしまえる人はどの業界でも本当に一握りなのでしょうね。
さて、初っ端から随分と話がズレてしまいましたが、本作【俺たちの魔王はこれからだ。】もまた、今もなおインターネット上で連載が続いているウェブ小説であります。上にも記した類型の一つとして、本作もウェブ版からは色々と削られてしまっているのですが、大事な部分、肝心な部分はキッチリしめて残してあるんですよね。なので、決して無茶な再構成がなされているわけではなく、かなりうまくやっている方なんだとは思います。削られている部分も、本筋とはあんまり関係ない部分が殆ど、益体もない日常パートとか、メインの三人とは違う周囲の人の視点のお話とか、地球時代のお話とかで、無駄といえば無駄な部分なんですよね。削ぎ落とすなら、そのあたりなんじゃないかという……。
でも、こうしてそういう本筋から外れたお話であっても、なくなってみるとどうも味気ない。肉付きが薄くなってしまっている。マキア、トール、ユリシスのどこか神秘的ですらある親密で特別な関係が、味気ないものになってしまってるんですよね。こうしてみると、関係無いように見えてなんでもない日常のお話とかが決して無駄ではなく、空気感、雰囲気、キャラクターの深みなんかを醸し出す重要な要素だったんだなあ、というのがわかります。
トールとマキアの再会にしても、むしろ当人たちよりもその初対面のはずの再会を周りから見ていた人の視点からとらえた方が、あの再会シーンがどれだけ神聖にすら思える犯し難いものだったのかが伝わってくるんですよね。マキアの両親にしても、自分の娘への愛情の注ぎ方や、娘にとって特別な存在であるトールへの想いなんかが日常シーンに込められていて、トールの母親への複雑な感情なども含めて、魔王でも地球からの転生者でもない、幼い少年少女としてのトールとマキアとしての生活と人生が日常を通して描かれていたからこそ、あの再び魔王として立つ決心が、これまでの穏やかで愛情に包まれた生活に背を向ける決意が尊いものとして浮かび上がるのに、なんか決戦に至ってもあっさり風味でしたもんね。
ユリシスにしても、彼視点のシーンがだいぶ削られてしまったせいで、ユリシスの王子として生まれた苦労とか、それ故にトールやマキアとの再会をどれだけ渇望していたかが伝わらずに、いきなしぽっと出で現れて、あ、再会出来ました、なんて感じの呆気なさが生じてしまい、なんともむにゃむにゃ。番外編の地球時代のお話も、こうしてみると大事だったんだなあ。
ともあれ、全体的に出汁が入ってない味噌汁みたいな感じでした。なまじ、出汁の入った状態を知っているだけに、物足りなさは否めませんでした。
三人の魔王時代のお話は、これは本当に大事なのでちゃんとやって欲しいなあ。
しかし、この頃のマキアってまだ幼いはずなのに、ウェブ版最新あたりの彼女と比べるとむしろ大人びている気がする。貴族のお嬢様としての教育があれでもまだ生きていたのか。今のウェブ版のマキアってもういろんな方向の箍が外れちゃって、フリーダムも良いところだもんなあ(笑
藤姫は、名前からしてもっと和風のすました感じのイメージだったのですが、なるほどこのデザインはいい意味で予想外だった。シャトマ姫は、過去編から今に至るまで一番気合入った真っ直ぐで情の厚い人生送っている人でめっさ好きなんですけれど、これはアリだな。うん、そしてカノン将軍かっこ良すぎるだろう、これ。トール、これ無理だわ、敵わん。これがイケメンっていうのよ?

 
1月18日

(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月17日

(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月15日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


1月14日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月12日

(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス) Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

1月10日

Amazon Kindle B☆W

1月8日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W

1月7日

(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(good!アフタヌーン)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンポケット)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

1月6日

(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W

1月5日

(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーローズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

1月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月28日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグ コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

12月27日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(B's-LOG COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月26日

(モンスターコミックス)
Amazon Kindle B☆W

12月25日

(ZERO-SUMコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ZERO-SUMコミックス)
Amazon


(DNAメディアコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスEX)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索