ヤングガンガンコミックス

その着せ替え人形は恋をする 4 ★★★★  



【その着せ替え人形は恋をする 4】  福田 晋一 ヤングガンガンコミックス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
自分の好きなものややりたい事を人に言うのって勇気が必要なんです!

海夢とジュジュの“合わせ"準備は着々と進み…ついに衣装完成!!
あとは撮影だけ…のはずが、新菜には二人に秘密の作戦が…!?
好きなもの、大切なものへの強い気持ちが、それぞれの心を動かしていく…!!

続きを読む

その着せ替え人形は恋をする 3 ★★★★   



【その着せ替え人形は恋をする 3】  福田 晋一 ヤングガンガンコミックス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
GALだけどコスプレしてもいいですか…?

「てかこれ、おうちデートってやつ?」
初のコスプレイベントを乗り越え、海夢の心境に変化が…!!
そして、次のコスプレの原作アニメを観るため、部屋に二人きりに…!?
一方、新たな美少女コスプレイヤー、ジュジュが新菜の家を訪れて…。
3人の今後は一体!?

続きを読む

その着せ替え人形は恋をする 2 ★★★★  



【その着せ替え人形は恋をする 2】  福田 晋一 ヤングガンガンコミックス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
ギャルと初めてのコスプレ撮影…☆

雛人形の頭師を目指す主人公、五条新菜は、クラスのギャル、喜多川海夢のコスプレ衣装を作る事に。
しかし…タイムリミットはたったの2週間!?
乗り越えた先に、海夢の笑顔があると信じて――
新菜、試練の刻!!
コスプレ活動本格始動でドキドキも大増量の第2巻!!
続きを読む

その着せ替え人形は恋をする 1 ★★★★   



【その着せ替え人形は恋をする 1】  福田 晋一 ヤングガンガンコミックス

Amazon Kindle BOOK☆WALKER DMMブックス
クラスのギャルと秘密の関係…?

いつも友人の輪の中心にいるギャル系美少女、喜多川海夢。
クラスメートの五条新菜は、彼女を“別世界の人間"だと思っていた。
雛人形の頭師を目指す新菜が、放課後被服実習室で作業していると、そこに現れたのは…
まさかの…!?
二人のドキドキ山盛り☆コスプレ・スクールライフが始まる!!

続きを読む

サーバント×サービス 24   

サーバント×サービス(2) (ヤングガンガンコミックス)

【サーバント×サービス 2】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

Amazon

市役所を舞台にした公務員さんたちのドタバタな日常を描いた、やっぱり仕事あんまりしてないよ! というコメディ第二弾。確かにWORKING!!よりはしてるけれども、あっちはまったく仕事してないじゃん!
そして、仕事よりも熱心なのはラブ! ラブですよ、オフィスラブ!!
ルーシーさんと長谷部くんだけだったカップリングに、まさかの死角からの奇襲が。いや、これは本気で不意打ちだった。なんという凶悪な伏兵! 二巻にしてこのラブコメ濃度の致死量たるや、凄まじい殺戮力に。
一巻の段階では目立たない位置から無表情かつクールにグサッとボケたりツッコんだり、というかなり純然たる脇役、たとえば【生徒会役員共】の新聞部部長みたいな人を、中の人の声ともどもイメージしていた千早恵がまさかの躍進! ラブコメの中心人物に!! いや、なんで二巻の表紙この人なんだろうと読む前は真剣に首かしげてたんですが、これを読んでしまうと千早さん以外なかったんだと頷くより他ありません。
ルーシーが出来る女性と見せかけて恋愛方面の知識や初さでは天然記念物並みの無知っぷりなのに対して、千早さんのそれは純然たる大人の恋愛。元々、全員の年齢設定がWORKING!!よりも高いためにアダルティな雰囲気のあった本作ですけれど、ラブコメの描き方についてもきっちり区別してきてるんですよね。このあたりは上手いなあ、と。
いやあ、しかしあの千早さんがまさかあの人とお付き合いしていたなんて。もっと感情の読めない人だと思っていたのに、抑揚は少ないんですけれど彼氏が絡む話になると様々な表情を低温沸騰で見せてくれるので、悶絶しっぱなし。淡々と激怒してる千早さんが、面白可愛すぎるw 兄貴に彼女が居ると全く気づいていない彼氏の妹も絡んで、妙なトライアングルが絶妙なバランスで形成されてしまって、崩そうにも何故か崩れないようになってしまうあたり、高津さんらしいという感じで、ほんと面白いなあ!!

勿論、長谷部くんとルーシーさんの方も、何だかんだと着実に進展していて、ルーシーも自覚ないなりに長谷部くんのわりとマメな攻勢にほだされていってて、いい雰囲気に。
三好さんの方も、仕事に振り回されているばかりではなく、天然に黒いというか無自覚に毒を吐くような一面も見せてきて、市役所外部からの参入組も含めて早速ノッてきた感じ。うんうん、面白いにニヤニヤが止まらないw

高津カリノ作品感想

WORKING!! 11 4   

WORKING!!(11) (ヤングガンガンコミックス)

【WORKING!! 11】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

Amazon

山田家の問題が解決して山田家族計画が解散したり、ついに小鳥遊家の魔王が襲来したり、と様々なイベントが起こったこの11巻ですけれど、何気に一番のビックイベントは店長の奥さんである春菜さんの帰還ではなかろうか。一巻の初登場時から今の今まで延々と迷子で在り続けた、殆ど見かけると幸運を得られる青い鳥か妖精か、という扱いだった春菜さん。一瞬目を離しただけでリアルに消失してしまうあたり、ガチで妖精さん。店長、どうやってこの人とお付き合いして結婚までこぎつけたんだろうw
そんな迷い子春菜さんを、山田だけが手軽に回収できる事が発覚し、お店としては店員としては役に立たないものの、とりあえず使い道のある駒とはなったわけだ、良かったね。その代わり、山田兄も店に出入りするようになり、もはや正規のバイトと臨時というか謎のタダ働きメンバーの人数が伍することに。この店、人件費がワヤだw

さて、長らくの懸案だったヤマダの家出問題も、どうやらヤマダと山田母のすれ違いが発端だったと発覚し、ややも紆余曲折あったもののヤマダと母も和解できてめでたしめでたし。なんであの無口で思慮深すぎて言動がフリーズしてしまう母親から、考えるより先に喋るのが身についてしまっているヤマダとかヤマダ兄が生まれたのか。あと、ヤマダ母が明らかに忍者な件についてw 一枝姉さんの元ダンナも含めて、小鳥遊くんの母親の秘書ってどういう仕事なんだ!? とパニクってたら、政治家秘書とわかって、しかもあんな魔女王みたいな人の部下だという事でようやく納得……って、一枝の旦那はやっぱりわからんよ! あんなん政治家秘書でいいのか!?
と、何故か事態が変なふうに転がって、長姉と元ダンナが復縁することに。姉ちゃん、そこでほだされてしまうあたり、未練あったのか!? そこにびっくりだよ。

小鳥遊くんと伊波さん、佐藤さんと八千代という本線は殆ど進捗なかったものの、あの明らかに人外な小鳥遊母の出現によって、これは小鳥遊くんと伊波さんの関係は大きく動くか!?

シリーズ感想

サーバント×サービス 14   

サーバント×サービス(1) (ヤングガンガンコミックス)

【サーバント×サービス 1】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

Amazon

某市、某区役所──の保健福祉課を舞台に、新人公務員達が活躍(!?)する、お役所WORK4コマ!!
"WORKING!!"より働いてます……たぶん!!
サーバントって、公僕って意味だったのか! 実はちょっとイケない仕事を想像してしまっていたんだぜ。
というわけで、とある地方都市の市役所を舞台にしたドタバタコメディ。WORKING!!と同じく決して仕事がテーマの話じゃないんだけれど、地方公務員という位置づけがそのままネタになってるんだな。
始まった当初はまだ徐々にキャラクターを立てていく段階で、読んでいるコチラも正座して様子を伺うしかないという感じだったのだけれど、一通り登場人物の性格付けや本性が見えてきたところで、キャラクター同士が絡み合いだすと、途端に激烈な勢いでキャラが立ち、いつも通りの高津カリノワールド展開!!
やっぱこの人、無差別に面白れぇ…。
今のところガンガン押してるのが、表紙にもなっている山神ルーシー貴美子明江愛里史織倫弥由保知帆子彩乃冨美佳千歳早苗美紀子壱花由紀乃麗奈恵利亜衣多美子千景エミリア樹理亜志津江絵里那千紗夢佳夏希蘭々理恵子刹里智香子あずみ……(以下略)さん。
受理するなよ市役所!!
この山神ルーシーさんが、当初は見た目通りのクールで仕事もバリバリできるけれど堅苦しくてやや角が立った美人さん、かと思ったら……やっべえ、この人脇がだだ甘だ!(笑
同じ新人の態度も性格もチャラいけれどやたら要領よくて凄まじく仕事の出来る長谷川豊が、ルーシーさんがセクハラだと怒るの前提でちょっかいかけたスキンシップを尽くスルー。理解して流してるんじゃなくて、完全にそれがセクハラだと理解してないのである。ちょっと手をなでなでされたり、体を触られても平然として気にもしていないのである。
無防備すぎる!
物理的な距離感どころか、人間関係における男女の距離感についてもこの人、全く無頓着で平気で送り狼されたり、据え膳と勘違いされても仕方ないようなお膳立ての上にキョトンと正座して座っているような始末。
普段のキレ者っぽいシャープな雰囲気と、この何も知らない無垢な幼女のような無防備さのギャップが凄まじく……萌える!
これまで経験してきた女性たちとは根本的に勝手の違うルーシーさんに、女の子とは遊ぶものと割りきって楽しんでいた長谷川くん、俄然マジになって積極果敢にアタックをはじめるのですが、彼の怒涛の攻勢にようやくルーシーさんも自分が好意を持たれ交際を持ちかけられていることを理解し、途端にあたふたしはじめるのです、これがまた凄まじく……萌える!
むふふ、まさか一巻の段階でさっそくラブ寄せしてくるとは思わなかった。WORKING!!は猫組も犬組もそこに至るまで結構時間掛けましたし。高津カリノ作品のヒロインが赤面してあたふたするのは至高よのう。
三好さんが今のところお年寄りにしか絡まれてないので、この人がもっとプッシュされてくるとさらに面白くなりそう。掲載誌の関係で単行本が出るペースはだいぶゆっくりみたいだけれど、これもじっくり付き合っていきたいとびっきりのコメディでした。くぅっ、堪能した!

WORKING!! 104   

WORKING! ! (10) (ヤングガンガンコミックス)

【WORKING!! 10】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

Amazon

小鳥遊くんがついに伊波さんの気持ちに気づいてしまったーーー!! うはははは、やべえやべえ、何このニヤリング空間!? 伊波さんからの一方通行だったテンパリ赤面ドタバタ展開が双方向性デジタル化してしまいましたよ!? 何この二乗効果!?
佐藤さん八千代組の方もあと一歩爪先踏み込むだけでたどり着く場所に辿り着いてしまいそうな位置に至ってしまって、店内完全にももいろ空間である。

仕事しろ!

仕事が手につかないのも大変よくわかりますが、ぽぷら先輩が一人で大変そうだ。もうこの人一人だけが安全地帯というか、恋愛時空からの安心空間だよなあ。……ぼっち可哀想とか思ってないよ?
むしろ店長の方が本格的に八千代の嫁入りに感傷的になってしまってて、らしくないやら何やら。それでも、問答無用で自分から八千代を奪おうとしている佐藤を攻撃してしまわないあたり、この人本気で八千代のこと可愛いんだなあと実感できて、妙にしみじみ。まあいい加減独り立ちしろ、という話でもあるんだが。店長、浮いた話ないのかぃ。

と、ついにラブコメ展開も核心に至りかけたところで、本編の本筋はなんと「山田」へと移行。これまで見ないふりをしていた「山田」家出問題が、彼女の存在が「山田兄」に知られることでようやく結論を出さなきゃいけない問題としてワグナリアにて表面化するのであった。
相馬さん、結構マジで山田に接してたんだな。相馬さんが本気で怒った……怒ったかどうかはわからないけれど、相馬さんが巫山戯てないで真剣に強い調子で何かを言ったの、初めて見た。あれだけ最初迷惑がってたのになあ。山田はもうどうしようもないアホの子なんだが、そろそろ甘え方を考えないといけない時期に来てしまったんだなあ。というわけで、ついに山田家の母登場である。山田の山場だ!!

高津カリノ作品感想

DARKER THAN BLACK 漆黒の花 44   

DARKER THAN BLACK-漆黒の花-(4)(完) (ヤングガンガンコミックス)

【DARKER THAN BLACK 漆黒の花 4】 岩原裕二 ヤングガンガンコミックス

Amazon

【DARKER THAN BLACK】のアニメ第一期と第二期の間の時期を描いた漫画化シリーズもこれにて終了。
元々作者がDTBの世界観構築に深く携わっていた、ということもあるんでしょうけれど、ちょっと乱暴な言い方をしてしまうとアニメよりもDTBらしかったなあ、という不思議な感覚を味わわせて貰った。何やら妙な方向に行ってしまった第二期は元より、本来の原点であるはずの第一期よりもこれぞDTB、と感じてしまったというのは変な感じである。特に黒のキャラクターは、考え方から感情の火の付き方まで非常にしっくり来るものだったんですよね。アニメ版よりも熱い男になってる、と語られてますけれど、本来黒って熱量的にも熱く、情にも厚い男だったじゃないですか、分かりにくいだけで。ああそっか、第一期は黒が契約者という点について色々迷彩かけられてたから、黒という男の本質がかなりわかりにくい表現構成になってたんでしたっけ。その意味ではやっぱりこの漫画版が一番黒らしい黒を見られる媒体になるのか。
実のところ、黒と銀と課長以外は全滅するエンドをかなりの割合で覚悟していたので、思いの外主要メンバーが生き残ってくれたのは嬉しかったなあ。しかも、単純になしくずしに生き残るのではなく、それぞれに決着をつけて前向きに生きていけるだけの物を掴みとっての生存だったのは望外の事だった。
ハーヴェストとの最終対決の場に、銀だけでなく足手まといの梓まで連れて行く黒は、契約者としてはトチ狂ってるよなあ。合理的じゃないどころの話じゃない。普通の人間だって、あの場面に梓は連れていけないですよ。でも、梓が失ったものを取り戻すためには、この先生きて行くために必要な思い出を、たとえ罪にまみれていようと悲しみに叩きのめされようとも、取り戻すことが必要だと思ったから、黒は梓の決死の願いを聞き入れるのである。梓の姿に、妹のこと、アンバーのことを今も苦悩の源泉であると同時にこれからを生きる力として大切に抱え込んでいる黒にも思うところがあったんでしょうが、でも梓ってそこまで黒とかかわりが深い娘じゃないんですよね。それなのに連れて行く。足手まといなのに連れて行く。ここに、黒の熱さが現れてて、いやあ惚れますわ。
そんな黒に当然のように寄り添う銀は、かわいいのう。二人の息の合いっぷりは麗しいくらいです。一緒にいるだけでよかったのに、この二人は。なんでああなってしまったんだろう。未だに納得行かないんだよなあ。

何れにしても、アニメのスピンオフというところに留まらない、素晴らしい漫画作品でした。梓と響子の友情には最後まで泣かされた。

1巻 2巻感想

WORKING!! 94   

WORKING!!(9) (ヤングガンガンコミックス)

【WORKING!! 9】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

Amazon

うわあああっ、うわあああっ、うわあああっ、やったーーっ、ついに佐藤さんがやったーーっ!
あの、佐藤さんがッ!!
佐藤・八千代の牛歩のようにしか進展しないカップルに、ついに大激震の時が訪れる。いやあ、ここにきて八千代さんの佐藤さんへの気持ちがようやく具体化してきて、アレアレアレ? とは思ってたんだけど、まさか一気にこんな事になるなんてなあ。
一大決心をして二人が休みの日に八千代さんを飲みに誘った佐藤さんだけど、面白いのは実際に出かける段になってあわあわと慌てだしたのが八千代の方だった所なんですよね。誘われて、あっけらかんとOKしたくせに。それこそ、佐藤さんと遊びにいく飲みに行くなんてナンテこと無いことかのように返事したくせに、それこそ初めてデートに誘われたかのように着ていく服に頭を悩ませたり、いったいどんなふうに振舞ったらいいのかわからずに、小鳥遊三女に教えを請いたりと、焦り慌ててジタバタする八千代がなんとも新鮮で、これは微笑ましかったなあ。もう、佐藤さんと遊びにいく事が楽しみで仕方ないって、この人自分で気づいてないんだろうか。
そして、エロ姉ちゃん、ナイスなアドバイスぐっどじょぶー(笑
正直いたいけで無垢で無知な女の人に何を教え込んでるんだ、という内容の教授なんだが、この二人の場合はむしろそのくらいはっちゃけないと進むものも進まないんですよね。何しろ、佐藤さんがアレだから。佐藤さんがアレだから。大事なことなので2回言いました。
ほんとねー、この二人はねーー。いや、頑張りましたよ。今回は特に頑張りました。認めます、今までのヘタレっぷりに比べれば、佐藤さんちょー頑張りました。八千代さんも自分の自覚の無さを克服して、考えて悩んでちゃんと自分を見つめ直して、答えらしきものに辿り着いたのは、とても頑張った結果だと思います。だから、敢えて一言言いたい。
そこまで頑張ったんだから、あとちょっとだけがんばれよ!! あとちょっとだったんだよ、あとちょっと。つま先の小指の爪先くらい、もうちょっと頑張れば、特に佐藤さん!!
八千代さんの友達じゃイヤ宣言って、八千代本人はわかってないかもしれないけど、ちゃんと聞いてたらどう考えても告白じゃないですか。ちゃんと聞けぇぃ!!w

こっちのふたりだけでも大盛り上がりなのに、此度は同時進行で小鳥遊・伊波組もえらいことに。どえらいことに。
未だかつて無い、最強の伊波パンチが小鳥遊くんに炸裂してしまいました。痛い。あれは痛い。これまで小鳥遊くんがうけた中で、一番痛かったであろうパンチが炸裂してしまいました。
なんていう青春パンチ!
今回すっげえところで終わってるし。え、なにこれ、ラブコメ? マジラブコメ? ラブコメなの? いや、元々ラブコメでしたが……あれ? ラブコメだったっけ。いや、ラブコメですよ、うん。何につけても伊波さんの事が頭をよぎるようになってしまった小鳥遊くん。認めろ。もう末期だから、それ。

シリーズ感想

WORKING!! 84   

WORKING!! 8 (ヤングガンガンコミックス)

【WORKING!! 8】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

Amazon
 bk1

なんかものすごいヘンタイきたーーーー!?

密かにずっと気になってたんですよね。小鳥遊さんちの長女さん。バツイチということは結婚していたということであり、どこかに元旦那がいるわけで。あのきっつい姉さんの旦那さんがどういう人だったのか。何が原因で離婚してしまったのか。
わりと軽いノリの本作ですけれど、離婚云々はやっぱり重い設定ではあるじゃないですか。である以上、どういう形のエピソードがここには介在していたのかと、元旦那のキャラクターとともにいつ話が出てくるのか、いつ元旦那が出てくるのかと興味津々であったわけですよ。
それが、ついにこの8巻で登場してくれたわけですが……

これは駄目だーーー!!(笑

なずなが面識ないというのはちょっと驚いたな。離婚後交流がなかったのは、小鳥遊家一同のあの反応を見たらものすごく分かるけど。すげえな、みんなに嫌われてる。いや、これは嫌われているというよりも怖がられてる? というよりも気持ち悪がられてる!? うん、気持ち悪いですね、これww
一枝姉さんは、何をトチ狂ってこんなのと結婚してしまったんだ?
何気にヤバいのは、伊波さんのお陰でなずなが勘違いしている小鳥遊くんの性癖と、この元旦那の性癖がかぶっちゃってるところなんですよね。兄をドMと思い込みながら受け入れているなずなが、この元旦那を果たして邪険に扱うだろうか(笑

さて、メインとなる小鳥遊・伊波と佐藤・八千代というカップルの進展は、相変わらず徐々に前進、だなあ(苦笑 交代せず前に前に邁進しているのは幸いなんだが、そのペースがw
だいたい、まだ伊波さんと小鳥遊くんがメアド交換してなかったのは驚きだよ!!
佐藤さんは佐藤さんで決心を固めたくせに、結局なかなか積極的に動かないし。じれったい、じれったいよ。あの相馬さんがじれったすぎてキレかかっってるよ(爆笑
八千代の感じからして、佐藤さんがハッキリしてガツンと押せばあっさり落ちるくらいにはいい雰囲気なのに。いやもう、告白とかはずっとあとでいいから、仕事以外で飲みに行ったり遊びに行ったりはこまめにしておいた方がいいよ。
と、真面目にこんなところでアドバイスしてどうするんだw

あと、小学生を普通にヘルプに使うな(笑 なずなはまだ小学生小学生。そうは見えないけど。あかん、みんな慣れてしまって感覚が麻痺してるw

3巻 4巻 7巻

WORKING!! 74   

WORKING!! 7 (ヤングガンガンコミックス)

【WORKING!! 7】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

Amazon
 bk1

アニメ放送が始まり、改めて種島ぽぷら先輩の愛らしさを再認識しているわけだが、この七巻では久しぶりにぽぷら先輩の出番が多かった気がするなあ。なんだかんだとカップリングが固定され始め、キャラクター同士の絡みもそれに準じた組み合わせでの掛け合いに終始することが多くなってきているのだけれど、ぽぷら先輩については特に誰が相方、という頚木もないので自由奔放にみんなと関わり、みんなにイジられる日々w
なごむなー。
でもその代わりと言っちゃあなんだけれど、ぽぷらにだけ恋愛フラグが予感すらないというのは微妙に可愛相でもある。なにしろ、山田ですら最近相馬っちに可愛がられてるもんなあ。
まあ、彼女に関しては小鳥遊くんに愛でられるような永遠の少女性を失わないでいて欲しいので、恋人なんて許しませんよ、というスタンスでよろしいかとw そのままコマの隅っこに身体の一部分を露出し続けるがいい!!

そんなロンリーロードを知らずスキップを踏みながら邁進しているぽぷら先輩とは裏腹に、伊波・小鳥遊組と佐藤・八千代組の恋愛模様は徐々にだが進展している模様。
元々その傾向は垣間見えていたとはいえ、伊波→小鳥遊、佐藤→八千代という一方的だった恋愛感情が、最近かなり確かな感触を持って伊波←小鳥遊、佐藤←八千代というパターンが出てきてるんですよね。まだまだ小鳥遊くんや八千代さんは無自覚なんだが、伊波がモテたりして小鳥遊がえらく過剰反応してイライラしたり、佐藤が辞めるという可能性を知った八千代が動揺しまくったり、と相手のことをはっきりと意識しだしている姿が頻繁に見られるようになって、ニヤニヤ度もましてきましたよーっというところ。
特に佐藤については、そろそろ長年の片思いに決着をつけようかという切羽詰ったというか退路を絶ったと言うか、火サスで断崖絶壁にたどり着いてしまったとかいうような心境に至ってしまっているので、こちらは早い段階で劇的な動きがあるかも知れない。
どういう意味で劇的なのかが実は予想出来ないのが、この【WORKING!!】の恐ろし面白い所なんだが(笑

3巻 4巻感想

ユーベルブラット 84   

ユーベルブラット 8 (ヤングガンガンコミックス)

【ユーベルブラッド 8】 塩野干支郎次 ヤングガンガンコミックス

Amazon


うわあ、ここまでやるか!
もし、最後の展開が詐術無しの見た目通りの出来事だった場合、ケインツェルの復讐は、もはや救いようのない泥沼の中に足を突っ込んだことになる。
彼の復讐の正統性は、何一つ揺らいではいない。七英雄が過去に犯した罪はあまりに深く陰惨で、彼らが裏切ったものはケインツェルら仲間だけでなく、彼らを導き送り出し、そして死んでいった数えきれない人々を裏切る、絶対許せない所業だった。ケインツェルの怒りや憎悪は、決して自分への裏切りに対するものだけではない。もし、己に加えられた裏切りだけで彼が動いているなら、ケインツェルが復讐を果たしていく中であれほどの哀しみを抱くことも、人々に対して英雄性を示す事もなかったはず。
彼の怒りは、自分以外の誰かの為の怒りだからこそ、その復讐の原動となる激情に、正気が塗りつぶされておらず、彼は彼のまま剣を揮っているわけだ。
だけど、その剣がグレンを切り裂くことは、これまで彼が斬った二人の英雄と明らかに意味を異にしている。
英雄としての座に胡坐をかき、かつて自分が行った裏切りを罪とも思わず、更なる悪行を重ねる外道に落ちていた二人を討つことは、国家秩序の観点からこそ悪としても、復讐や虐げられていた民の視点からすれば決して曲がった事ではなかった。故に、ケインツェルは辺境の英雄として人々から讃える声があがることになったわけだが。
だが、グレンを斬ることは決定的にこれまでと異なっている。
これまで登場した彼の部下が、人品に優れた、敵であるはずのケインツェルが好感を抱くような人物ばかりだったのが奇妙な違和感として残っていたのだけれど。
まさかとは思っていたが、グレン、本当に改心していたなんて。
彼が、過去の罪を己に刻み、贖罪として国に尽くし、民に尽くしてきたのなら。今なおケインツェルが忠誠を誓う王に、誰よりも忠を尽くしてきたのがグレンなのだとしたら、ケインツェルが過去の罪の断罪として彼を斬る事の意味は何なのか。
あの瞬間、ケインツェルは<現在>の敵になったのかもしれない。それは同時に、本当に彼が国家に対する敵になったということ。
あの瞬間、ケインツェルは本当に【裏切りの槍のアシュリート】として生きざるを得なくなったのかもしれない。
ある意味、とんでもないところで切られた8巻。あのシーンが意味する所は何なのか、これからどうなるのか。予想もつかない衝撃の展開で、次巻が待ち遠しいばかりです。
 

12月1日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月30日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月28日


Amazon Kindle B☆W

11月27日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月24日

Amazon Kindle B☆W


11月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月21日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月19日

Amazon Kindle B☆W


11月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月16日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月15日

Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月13日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月7日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月6日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月4日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月2日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索