レモンポップ

第24回チャンピオンズカップ G1 レース回顧  

3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量 中京競馬場1,800メートル(ダート・左)


さあ、今ダート界は新星・怪物が跋扈し世界の大レースを荒らし周り、新たな3歳世代も傑出した能力を見せ、地方からも次々と中央に殴り込んでこようというとてつもない大物たちが続出、と大戦国時代の様相を呈している。
ブリーダーズクラシックで2着に入った3歳新星デルマソトガケや、東京大賞典・川崎記念・ドバイワールドカップとG1を三連勝したウシュバテソーロ。JCBクラシックを圧勝したキングズソード。そして南関東無敗の三冠馬という地方の怪物ミックファイアといった面々は暮れの東京大賞典の方に回ったりと回避したものの、それ以外の現役のダートを席巻する馬たちはほぼ揃ったんじゃなかろうか。

そんな中で一番人気にあげられたのが、レモンポップ。春のフェブラリーステークスでは距離不安を語られながらもゆうゆうとした一人旅で他馬を寄せ付けずに圧勝。さらに前走南部杯ではJPN1の格付けレースとしては最も二着馬を突き放した大差勝ちで勝ってしまい、レモンポップならぬデモンポップ。悪魔なんて一部で称されるほどの強さを見せる。
ところがだ、レモンポップは中京競馬開催になってから誰も勝っていないまさかの大外8枠に入ってしまい、さらにはじめての1800メートルレース。元々レモンポップってダート1400メートルが主戦場。1600マイルですら長いんじゃ、と言われてたんですよね。それを真っ向から覆したのがフェブラリーステークスだったわけですけれど、そこからさらに200メートル延長となると。
さらに中京競馬場のダート1800は馬場の形態からして内有利。差しが効く、というレース形態。
1番人気にこそなったものの3.8倍という倍率に収まってしまったのもそこらへんに理由があったのだろう。

二番人気はセラフィックコール。これがまたとんでもない馬でこのレースまで5戦5勝の無敗ロード驀進中。化け物揃いのダート3歳世代でも、デルマソトガケと並ぶ怪物筆頭候補である。前走のみやこSがまたとんでもないレースをしやがりまして、盛大に出遅れながら盛大に並み居る他馬をぶっちぎって圧勝してしまうという桁違いの強さを見せた馬でした。

3番人気がクラウンプライド。父リーチザクラウン産駒の希望の星。去年のこのレースに2着馬であり、中京競馬場の適正はトップクラス。また前走コリアカップでは同じ日本馬でダイオライト記念と平安Sと重賞を連勝していたグロリアムンディを10馬身ぶっちぎるこれまたえげつない圧勝劇を繰り広げる。今回の人気上位の馬たちみんなアホかっというレベルの圧勝で勝ってきてるんですよね。しかも圧勝している相手が雑魚じゃなくてダート歴戦の馬たちなのですから、非常に価値が高い。

他にも上半期にかしわ記念と帝王賞とJPN1を連勝してこの頃はダート馬筆頭はこの馬じゃね、とも言われたメイショウハリオ。
皐月賞馬でサウジでは4着と頑張ってるジオグリフ。
一昨年のこのレースの覇者であり、G1級を3勝。今も馬券圏内を滅多と外さない連対率を誇る旧王者テーオーケインズ。
2歳チャンピオン戦であるホープフルSの覇者でありながら、皐月賞ではなくアラブのダートレースに出走し2着、と当初からダートへの適正を見込んでいたらしいドゥラメンテ産駒ドゥラエレーデ。
こっちはキタサンブラック産駒。新馬戦ではあのイクイノックスと戦い、ダート転向して以降は9戦7勝。名古屋・盛岡・金沢と地方競馬場で重賞を勝ちまくったウィルソンテソーロ。
中京競馬場では無類の強さを誇り、斤量最重量で前走シリウスSを完勝。ど迫力の走りは風格すら漂うハギノアレグリアス。
ダート転向後3戦2勝。負けたシリウスSもハギノアレグリアス相手に2着、とダートでは不利な牝馬でありながら牡馬たちを蹴散らし、牝馬対決となったJBCレディスクラシックでは女の子たちを寄せ付けずにこれまた楽勝。現砂の女王とも言うべきはアイコンテーラー。


年末の東京大賞典もダートのドリームレースと言えそうなレースになりそうですけれど、このチャンピオンズカップもまた優駿出揃った名レースとなりました。


これはもう【砂の悪魔】だ。
スタートからのレモンポップの行き足が素晴らしかった。一気にスピードに乗って軽々と大外から先頭に踊り出る。そんな無理にグイグイ行かせてるわけじゃないんですよね。スーパーカーの如く、軽くアクセル踏んだだけでトップスピードって感じでしたよ。
そこからは独壇場。ラップ見ると、通り一辺倒じゃなくてうまいこと息入れてるんですよね。坂井瑠星、これは上手いこと乗りました。直線で見事に脚残せる分溜められましたもの。
逃げたにも関わらず、上がり37.3は2位。これは他の馬追いつけませんよ。差しが届く展開じゃなかった。もう強い強い。距離不安とか全然ないじゃないですか。1400の無類の強さが1600でも1800でも全然消えない。まじかー。まさにレモンポップならぬデモンポップ。
砂の悪魔と呼びたくなる完勝でありました。
これで春のフェブラリーステークスに続いて中央ダートG1春秋同年連覇。初の1800メートル戦でのチャンピオンC勝利は初。8枠出走馬の勝利も初。初めてづくし、まさに不利な条件を実力で跳ね除けての完勝でありました。
来年またサウジかドバイに遠征する気まんまんみたいですし、いやマジで今年なんでドバイ1200出したの!? これ本当に陣営もみんな距離適性短い方って思ってたのか。

んで2着に突っ込んできたのが、12番人気のウィルソンテソーロ。この展開で追い込んできたウィルソンテソーロが凄いですよ。スイッチ入ってからの残り200で他馬をゴボウ抜き。一頭だけ36.6とぶっちぎりの上がり時計を出しています。正直この成績で12番人気は過小評価すぎない!? と思うんですけれど。前走のJBCクラシックだって5着でそこまで大負けしたわけじゃなかったのに。
鞍上がテン乗りの原優介くんだったのが人気薄だった要因だったのかな。まだ重賞も勝ったことないし、若手の中でもお世辞にも勝ってる方じゃない。新馬の頃から馴染んでいるお手馬でもなく、いきなりのテン乗りでもありましたからね。スタートもお世辞にも良くなくて、ポディションは想定よりもだいぶ後ろになってしまったんじゃないでしょうか。ウィルソンテソーロって差しじゃなくて、だいたい先行から中団前めで競馬してきた馬でしたし。
正直前が壁になりなかなか出られなかったのが功を奏した、という面も。でもこういう追い込みの競馬も出来るとわかったのは結構大きいんじゃないでしょうか。

3着はドゥラエレーデ。スタートからレモンポップに食らいつき続け、鞍上のムルザバエフが最後まで持たせました。しぶとい、実にしぶとく粘りました。最後まで内から食い下がってきたテーオーケインズを抜かせませんでしたから、根性もありますよ。これで彼の路線はダートで固定かな。
4着にはテーオーケインズ。この馬もほんと安定しているというか、どんな展開になっても必ずイイところ食い込んでくる。ただ、良いところ止まりに最近なってしまっている所が本当に強かった頃と比べると衰えてきたのかなあ、と。
5着にはメイショウハリオ。差し馬には苦しい展開で、掲示板乗っけてきたのはこの馬の地力でしょうか。

人気だったセラフィックコールはまさかの10着大敗。スタートから最後尾になってしまい、そのままズルズルと良いところなく。ただこのセラフィックコール、戦前からどうも中京競馬場合わないんじゃない? という声がけっこう上がってたんですよね。中京競馬場というよりも左回りが苦手なんじゃないか、という話で。これまでの5連勝の中で唯一左回りの東京競馬場の八王子特別だけどうもだいぶバタバタしてあかん競馬してたみたいなんですよ。これ、左回りダメなんじゃないの?と見る人けっこう居たみたいですね。あっちこっちで不安要素としてあげている人を見かけましたが、まさかここまであかんかったとは。流石に一線級相手となると、そこが明確な弱点となってしまったようで。
……東京と中京があかんって、フェブラリーステークスとチャンピオンCがダメってことじゃん!? サウジとドバイも左じゃね? こりゃ右回り路線となると、帝王賞・東京大賞典くらい? ブリーダーズカップは持ち回りで開催変わっていくんですけど、24年はデルマー競馬場? ……ここも左回り!? ちょっとこれ、大丈夫かセラフィックコール。

もう一頭の人気馬クラウンプライドは、鞍上の川田いわくパドックからレースに後ろ向きになってしまっていた、とメンタルがよろしくなかったと主張。走る気ならんかったんかい。ちょい太めでもあったのか。でも、今回はレースの捌きもいいところなかったよ、川田。インに入れる隙がなく外外を回らされる羽目になってしまった。あれじゃあ勝てん。
改めて今回は大外にも関わらず内まで持ってきた坂井瑠星の好騎乗が光る。レモンポップもべらぼうに強かったけれど、その強さをフルスペックで引き出す騎乗だったんじゃないでしょうか。よかよか。

ほんと、来年がまた楽しみですよ、レモンポップ。海外でいったいどれだけのパフォーマンスを見せてくれるのやら。






農林水産大臣賞典 第36回 マイルチャンピオンシップ南部杯 Jpn1 レース回顧   

3歳以上 定量 盛岡競馬場 ダート1600m(左)


レモンポップつえぇぇぇぇ!! Jpn1での最大着差 2着と大差勝ち!

いやいやいや、どっかのまだまだ発展途上の外国の競馬に殴り込んだわけじゃなく、出走馬はJRAでも名うてのダートの名手ばかり。
前前走・かしわ記念2着のタガノビューティー。
去年この南部杯を勝って、今年サウジにドバイにと駆け回ったカフェファラオ。
女傑レディバグにジャパンダートダービーの勝ち馬ノットゥルノ。芝からダートに殴り込んできたジオグリフと結構なメンバーでしたよ?
地方からもイグナイターを筆頭に歴戦の馬たちが参戦していたにも関わらず。
レモンポップ、もう先頭に立っていたものの必死で追いすがっていたイグナイターを最後の4コーナーでぐいっと置いてけぼりにしたかと思えば、そのまま後続を離す離す突き放す。カメラはどんどん引いて引いてとしないと後ろが映らなくなってしまい、これほどの大舞台で見たことのない大差で勝利。2秒差って、マジ!?
いやもう、ダートマイルでレモンポップに敵はなしですよ。うん、逆にこのダートマイルでレモンポップ相手に互角に戦ってたギルデットミラーってなんなの? という話になってトレンドにあがってたのもよくわかります。怪我で引退してしまったの、ほんと惜しい馬でした。
適距離は1400あたりという話もありますけど、もう1600も問題なしだよなあ…ってこんなレースっぷり見せられて文句言いようがないでしょう。
次走は色々と考えてみるみたいですけれど、海外の可能性もあるのか。いずれにしてもこれは歴史に名を残す馬になりましたし、さらにどんどん歴史を積み重ねていきそうで楽しみだなあ。

あと、イグナイターがしっかりと2着に入ってるんですよね。今年は地方在籍馬がものすごい勢いで暴れ回ってます。地方発のヒーローが何頭も誕生していて、番組整ってきたのに合わせてダート界隈ほんと盛り上がってきたなあ。





2023 ドバイゴールデンシャヒーン(G1)1,200メートル (ダート)  


夜中もそもそと起き出して見てましたよドバイワールドカップ。
アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場。日本馬は27頭が招待を受けて出走予定だったのですが、ドゥデュースが残念ながら直前で足元に違和感が見つかり出走回避となってしまいました。どうも主催側からの診断での事だったのかな。まあ大事を取って、という事みたいです。あとで問題なしという判断が出ていたので取り敢えずは良かったかな、と。
ただドゥデュース史上最高の出来栄え、って感じだっただけに残念無念ではありましたね。



最高は5着のリメイク。以下6着にレッドルゼル。10着にレモンポップ。12着にジャスティンという結果でした。
レモンポップは日本のオッズだけじゃなく、海外の各種投票でも一番人気だったみたいなんですけれど。レモンポップって1400のスペシャリストで、それが距離延長して1600のフェブラリーステークスでもその強さを発揮してくれたのですが、逆に距離短縮となる1200のスプリントはちと辛かったみたいですね。何気に1200は初めてでしたし。
フェブラリーステークスから一ヶ月という短期間に海外に出てレースという間隔的にもちょっと厳しかったのかもしれません。今まで連対を外した事がなかったように、こんなに大敗する馬じゃありませんからね。去年から使い詰めというのもありましたし、しばらくゆっくりと体を休めてまた頑張ってほしいですね。
レッドルゼルは2年連続ゴールデンシャヒーン2着で、3回目の今年こそという意気込みだったのですけれど、6着。ビッグタイトルには後少し届かない子だなあ。JBCスプリントは取っているけれど。

第40回フェブラリーステークス G1 レース回顧  

4歳以上オープン(国際)(指定)定量 東京競馬場1,600メートル(ダート・左)


ウイニングチケットが亡くなりましたね。つい先日まで元気そうなポヤポヤした姿を見せていただけに、残念ですが大往生でした。
また福永祐一騎手が今週でJRAのレース騎乗は終了して来週海外での騎乗が残っていますが、実質引退。調教師へと転身することになります。ワグネリアンで念願のダービーを取り、またコントレイルという三冠馬と出会ったことで、騎手としての目標を全部達成できたんでしょうね。調教師試験の勉強とか色々あったんでしょう、ここ数年は以前ほどバリバリとした強烈なまでの勝とうという意欲が薄れてるなあ、という感触と実際騎乗数減ってるところがあったのですけれど、調教師試験に受かったあとの今年は、引退決まっているのが不思議なくらいガンガン勝ってましたからねえ。体力的にもまだまだ全盛期を引っ張れそうで勿体ないというか残念なのですが、新たな目標は調教師として、という事で頑張ってほしいものです。
一方で、福永より年長の、ってか貴方より上の騎手どれだけいるの? ヨシトミさんと小牧太さんくらいじゃないの? という年齢の熊沢重文騎手が大怪我から復帰して一年ぶりの騎乗。ってか熊沢さんが障害じゃなくて平地乗ってるの本当に久々に見ましたわ。現役、まだまだ頑張ってください。

さて前フリが長くなってしまいましたが、レースです。今年最初のG1レース。ダートマイルのフェブラリーステークス。
これを制したのが、前走根岸ステークスを制したレモンポップでした。ダート1400では無類の強さを誇るレモンポップでしたが、距離延長となる1600ではどうか、とも言われてたんですけれど、根岸ステークスの勝ち方見てたらあと200増えたくらいでどーってことないでしょう、って強さだったんですよね。
むしろ心配だったのは中2週というローテーション。2着に破れてしまった武蔵野Sの際は中1週で精彩を欠いていたという部分もあったみたいですし、実際今回も根岸ステークスのダメージが抜けきれてないんじゃないか、という疑惑もあったんですよね。
これまで鞍上を担ってきた戸崎騎手が、4歳の有力馬ドライスタウトの方に乗り替わり、なんて事もありましたしね。
しかし実際にレースに行ってみれば……うん、文句なしの完勝でした。先行押し切り。新たに相棒となった坂井瑠星くんが、他の有力馬を制して堂々と競馬を運び、直線でゆうゆうと突き放してのまー強い勝ち方で。自分乗ってただけでした、って坂井くんそれは謙遜だよ。
距離はなんの問題もありませんでしたね。
かつてないくらい究極の好仕上げしてきたというレッドルゼルが猛追してきましたけれど、追いつけず。この状態のレッドルゼルを寄せ付けなかったというだけでも、ほんま強いですわ。
今年の最初のG1勝利騎手となったのが坂井瑠星という若い子というのもまたいいですなあ。今年も順調に勝ち星を重ねてますし、その上で重賞G1も取れているとなったらさらに飛躍も期待できるでしょう。
また調教師のタナパクこと田中浩康師はこれが初G1。てか前回の根岸ステークスも初重賞だったのか。騎手から調教師に転身してもうすぐ丸5年。ようやく苦労が実って良かったです。

2着は上記したように、川田騎手騎乗のレッドルゼル。これだけ仕上げて勝てなかったのは悔しかろうなあ。次はドバイらしいのでそこで悔しさを晴らして初G1を獲ってほしいですけれど、しかしここがピークであと下り坂になっちゃうんじゃないか、と心配でもある。

3着にはメイショウハリオ。ハリオ、スタート直後にものすげえつんのめって、浜中くんがかなり危ない形で落ちそうになってたんですよ。いや、よく踏ん張ったよ浜中くん。しかし、そのアクシデントで馬群から相当遅れてしまって、5,6馬身は離されちゃったんですよね。そこから改めて馬追って加速しなきゃならないハンデもありましたし、もうこの時点でハリオ終わっちゃったと思った、多分見てた誰もが思ったと思うのですけれど、最終直線までになんとか馬群最後方に追いついた、かと思ったらそこから外ぶん回してまくるまくる。浜中くん、決して無理追いはしていなかったですけれど、それでも馬がぐんぐんと飛ばして追っかけてくれて、馬群まとめて抜き去っての3着入線。
これ、最初のアクシデントがなかったらレモンポップと勝ち負けなってたんじゃないの? と思わせてくれる走りっぷりでした。去年帝王賞勝ったの、伊達じゃありませんでしたね。

地方から参戦のスピーディキックは6着。4歳牝馬でこれだけ走れれば立派でしょう。牝馬限定戦、と言わずとも今後伸びていけば混合戦でもチャンス大いにあるんじゃないだろうか。
海外から参戦のシャールズスパイトは、さすがに日本のダートは合わなかったと見るべきですね。BCマイル2着の実績がありましたけど、あれは芝だしなあ。そうでなくても向こうのダートは土だけに、こっちのガチ砂の深い馬場はやっぱり難しかったか。



第37回根岸ステークス G3 レース回顧  

4歳以上オープン(国際)(指定)別定 東京競馬場1,400メートル(ダート・左)

ダートG1フェブラリーステークスに向けての最終前哨戦であります。てか、フェブラリーは2月19日だから中2週なんですよね。こっからだと結構厳しいローテーションではあるのですが。

一番人気は圧倒的1.6倍でレモンポップ。こと1400ダートに関しては文句なしに現段階で最強。その評価が反映された倍率でしたね。直線における仕掛けどころでの手応えも、ちょっと他馬とは違いましたし。どんだけぶっちぎるかと思いました、その割にはそこまで引き離しませんでしたけれど。まあ無理させる所じゃないですしね。カンテレ実況の重戦車レモンポップはなかなか耳に残りましたねw
取り敢えず1400ダートではまあ文句なしでした。完勝。
問題は本番となる1600ですけれど、武蔵野ステークスではギルデッドミラーに惜しくも負けてしまいましたが、2着に入ってますし、あれは中1週で万全というわけでもなかったですから、1600となるとダメというわけじゃないので十分勝ちを狙える立ち位置ではあるはずです。前年の覇者であるカフェファラオがサウジ行きますしね。

2着はギルデッドミラー。武蔵野ステークスのリベンジを食らった形ですが、きっちり2着に入るあたり堅実にこの馬も強さを発揮してきますね。かつて芝でNHKマイルカップの3着に入った強豪馬。本番のマイルはまさに適距離。三浦皇成初G1制覇のチャンスも間違いなくありではないかと。
3着には条件戦を勝ち上がり、リステッドも勝って重賞に挑んできたバトルクライ。イスラボニータ産駒の稼ぎ頭なんですよね。これくらい走れるなら重賞も取るのも難しくはないはず。

明暗分けたのが去年のこのレースの勝ち馬で間違いなく現ダート戦線の強豪のうちの一頭であるテイエムサウスダン。今回も3番人気だったし鞍上もルメールだったのだけれど、14着といい所なく大敗。調教でもどうも身体が重たく見えてたみたいなんだが、馬体重自体はマイナス6キロとなっててあれあれ? とは思っていたのですが。ちょっと負けすぎですよね。


 

4月25日


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月24日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月22日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月20日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月19日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月18日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月17日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月15日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月14日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月12日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月10日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月9日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月8日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月7日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月6日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月5日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


4月4日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

4月2日

Amazon Kindle B☆W

4月1日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月29日

Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W



Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索