徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
  12月の漫画新刊カレンダー  12月のライトノベル新刊カレンダー
 

三ツ星生徒会

創立!? 三ツ星生徒会 4.そうして恋3は辿りつく4   

創立!? 三ツ星生徒会4 そうして恋3は辿りつく (ファミ通文庫)

【創立!? 三ツ星生徒会 4.そうして恋3は辿りつく】 佐々原史緒/大場陽炎 ファミ通文庫

Amazon
 bk1

調整型というと、どうしてもリーダーとして軽く見られる傾向があるように思われる。たとえば、政治家にしても、組織やグループのリーダーとしても調整型という肩書きがつくだけで、声が大きく率先して行動するタイプのリーダーと比べて、いささか指導力が一段落ちるような印象を抱いてはいないだろうか。
だが、それは現場を知らない外野からの一方的な認識と言えるのかもしれない、と自他共に調整型の生徒会長として認められ、広く支持を集めつつある向坂恵の存在感を目の当たりにすると、ふとそんな考えを巡らせてしまった。
実際、様々な意見や立場、利害関係が絡まりあう現場において、強烈な指導力による突破力は時に大きな革新の波となって旧弊を打ち砕くものかもしれないが、現実としてそれが全体の機能停止を招き、より大きな弊害を生み出すケースを挙げれば枚擧に暇がない。
皆の意見を集約し、立場を考慮し、利害の妥協点を見出して、誰もが納得し得る最適の解決方法を導き出すということは決して安易な解決法ではないのだ。むしろ、非常に困難で結果を導きだすことに多難を擁する道だとも言える。真の調整型とははいはいと人の意見を簡単に聞き入れ、耳障りの良い返事を返し、都合のいい題目を唱えるようなものではない。皆に難を割り振り、損を共有化し、恨まれながらも客観的な視点における最善を具体化し、その上で誰かにとっての致命的な損壊を回避するというものだ。
それは、ただがむしゃらに突き進めばいいものではない。俯瞰的な位置からの視野の広さを維持しながら、細心の注意を払い足元に目を凝らすという舵取りが要求される、余程の我慢強さと粘り強さと慎重さとタフネスさが要求されるやり方だ。

鳥越と葛城、二人の個性的な生徒会長の狭間で、向坂恵はずっとそのやり方を黙々と実行し続けた。嘆き愚痴り疲れ果て、何度も挫けながらも、彼は最後まで決して自分の仕事を放り出さなかった。
それがどれほど偉大なことなのか。彼の成し遂げていくことがどれほど大変なことなのか。それを堅実に実現していく彼がどれほどの人物なのか、一緒に仕事をしている生徒会の皆が気づかないはずがない。鳥越たちも、葛城女史たちも、とても優秀な人たちであるからこそ、恵本人が自覚している以上に、彼を高く評価し、一目置くようになっていく。
そして、その理解は幾度もの学校行事と、それら行事が頓挫しかねない危機を乗り越えていくことで、一般生徒にまで広がっていく。この巻においてもうすぐ始まろうとしている総生徒会選挙で、向坂恵はもう鳥越と葛城、二人の偉大なる生徒会長のオマケでも、名前だけの居るだけ生徒会長でもなく、星イチ出身生徒のみならず広く支持を得られ、三高校合併後の統一生徒会を任されるに足ると誰しもに認められるほどの評価を得るに至っていた。
よくぞ、あの意志薄弱でヘタレた男の子がここまで来たものだ。あとがきで作者も述べているけれど、向坂恵は作者がこれまで手がけてきた作品の主人公の中でもとびっきり、ダメな子だったように思う。なんだかんだと、作者の書く主人公はバイタリティにあふれていて、弱音や愚痴を吐きながらヒーヒー泣き言わめきまくる子は多かったものの、喚きながらも土壇場になるとガァーーーっとものすごい勢いで目の前の障害をバッタバッタと片付けていくような子たちだったのだ。それに比べてこの子と来たら、イジケる拗ねる自虐に甘える、と本当によわっちくちっぽけでツマラナイ、なんの取り柄もないお子様だった。

そんな子が、ここまで成長したのだ。なんかもう、感慨深くて仕方ない。
面白いことに、恵は結局最後まで才能が開花したり、能力が覚醒したり、という事はなかったんですよね。目覚しくやり手になった、という風情はどこにも見当たらない。ただ、堅実にみんなの意見を聞き、投げ出さないで、地味に黙々とやるべき事を投げ出さずに最後までやり遂げ続けただけ。でも、それこそが本当に立派だった。
どうしようもないと投げ出しても仕方ない、これはできないと諦めても仕方のない事件が起こっても、ラノベの主人公としては滅多と見ない、マジフラレ、本気の失恋を喰らって精神的にボロボロになるという、辛い辛い目に合ったにも関わらず、ピーピー泣きじゃくりながら、グチャグチャに凹みながらも、最後まで歩き抜いたこの子は、本当に偉かった。

心の底から褒めてあげたい主人公である。


しかし、見事に途中からヒラリとメインヒロイン入れ替わったなあ。最初から四月さんは脈薄そうではあったものの、当初は確かに恵は一途に彼女にアプローチしようと粘ってたもんなあ。
実のところ、もうちょっと水穂さまの方と恋愛イベントあるかとも思ってたのですが、意外にも最後まで親愛関係で終わってしまいましたね。
水穂さま、あれだけ俗っぽいにも関わらず、不思議と神様としての立場でキャラクターが立脚していて、ひとりの女の子の顔は本当に最後の最後の一瞬まで見せなかったもんなあ。あの最後の行為にしても、異性への愛情というよりも、心の底からの親愛、という感じだったし。
でも、とても美しいラストでした。
あの、駄神と呼ばれるにふさわしい身も蓋もない俗っぽさは、本当に大好きなキャラだったんですけどね(苦笑
ネトゲもできず、Amazonも配達してくれない神の庭でこの人がやっていけるのか、かなり絶望的にも思えるのですがw 

創立!? 三ツ星生徒会 3.それでも恋3は終われない4   

創立!? 三ツ星生徒会3 それでも恋3は終われない

【創立!? 三ツ星生徒会 3.それでも恋3は終われない】 佐々原史緒/大場陽炎 ファミ通文庫

Amazon
 bk1

学園祭目前、大錯綜の多重三角関係ラブコメ第3巻!!

「学校に、行きたくない」夏休み、陽菜に告白→玉砕した恵は憂鬱な2学期を迎えた。陽菜との関係はもちろんギクシャク……でもアレ? 陽菜と鳥越もギクシャクしてるのはなぜ? 一方で鳥越もまどかも向坂水穂(恵×金魚神=性別不詳!)への恋心を隠さない。そんな絡まった恋模様の中、突然文化祭の日程が一カ月も前倒しに。全校大混乱、黒プニ増量&生徒会の仕事も大激増! さらにその陰で蠢く"陰謀"も明らかに!? 多重三角関係、波乱の第3巻!!



この作品の主人公、向坂恵ってなにが凄いのか、三巻まで読み切っても分かんないんですよね。特別な才能もなければ、弁が立つわけでも事務処理能力が高いわけでも、頭の回転が速いわけでもない。本当にただの凡人。いつも愚痴ってるわ、失敗してへこんでるわ、自分の言動を後悔してウジウジしてるわ、と彼の内面を常に目の当たりにしていると、精神的に強いとか言う事も出来ない。むしろ、打たれ弱い。
咄嗟に八つ当たりしてしまうこともあれば、大人げない態度をとってしまう事もある。そうしてやってしまってから、後で頭を抱えてまたへこむ。
間違いなく特別で優秀で才気あふれる鳥越や葛城まどかと比べれば、どうしようもないくらい平凡なんですよ。
ところが、その鳥越もまどかも、恵には一目置いている。前巻で戻ってきてくれた同じ星一の三谷や池部さんも恵に信を置き、物凄く期待している。他の生徒会メンバーも、今となっては何だかんだと恵の事を大いに認めてるんですよね。
ほんと、言葉にして評しようとすると何も出てこないような主人公なんだけど、何か特別なものを持ってたり感じさせたりする所なんて一切ないんだけど。
まったくもって平凡そのものなんだけど。
この文化祭一か月前倒し、という緊急事態の学内大パニックの中で示した恵の働きと言うのは……やっぱり地味で、特別な何かをした、というような派手な事は何もないんだけど。
でも、言葉に変換しがたいんだけれども、確かに鳥越やまどかが一目置き、みんなの信望を集めるにたる、何かがあるんですよね。
皆が心理的に切羽詰まり、追い詰められ、余裕をなくしている中で、恵も例にもれず同じように余裕なんか一切なく、それどころか四月陽菜に振られたショックもあって、精神的にはボロボロのはずなんだけど、それでも仕事を投げ出さず、堅実にこなしていくんですよね。
必死に一生懸命に頑張っているのは皆、同じなんだけど、皆がその自分の一生懸命さに振り回されて、自分たちの足元や周囲の些細な出来事に目を配ることが出来なくなっている中で、恵だけは必死に慌ててバタバタとなりながらも、細かいところまで目を配り、他人の話を蔑ろにせずちゃんと聞き、物事を一つ一つ着実にこなしていくわけです。
凡人だからだろうか、劇的に幾つもの案件をバッサリと片付けるような真似なんて到底できないからこそ、目の前につみあがったものを一つ一つ丁寧に処理していくその地味さ、堅実さが、皆がギリギリの瀬戸際の中で慌てふためいている中で、際立って見えてくる。
前々から、恵のそんな所は同僚である生徒会の面々からは認められていたわけだけど、修羅場となった文化祭準備の中でも、一切ぶれることなく揺るがず、普段以上の堅実な仕事ぶりを見せた、というのはやっぱり凄いことなんだろうなあ。
それまで接点がなかった一般生徒たちにも、恵の存在感は伝わりだしているわけだし。
その誠実さ、真摯さは、確かに彼の得難い資質であり、皆の信望が集まってくる要因なんだろう。
恵の愚痴っぽくへたれまくった内面見てると、なかなか分かりにくいんだけどねえ(苦笑

一方で、玉砕してしまった恋模様の方は、何故だか振った陽菜と、鳥越がギスギスしてしまい、恵の内心は穏やかではないわけで。これ、忙しさにかまける状況じゃなかったら、みんなメンタル的にかなりアップアップな事になってたんじゃないかなあ。その意味では、この修羅場も良かったのかもしれないけど。
目の前でイチャイチャされたらたまらんけど、だからと言って上手くいかないのを見せつけられても、キツいわなあ、恵は。
それでいて、幼なじみ特有の特別な雰囲気や、余人の割り込む余地のない絆を折あるごとに見せつけられてるわけだから、恵の立場は悲痛そのもの。
まさしくこれ、ギャルゲの親友ポディションそのものだよなあ(苦笑
失恋模様のなんという苦しさよ、痛みの辛さよ、てなもんである。
でも、この文化祭の背景で起こっていた鳥越の家庭環境にまつわる問題と、それに対する陽菜の決死の行動。陽菜のピンチに取り乱しながら叫ばれた鳥越の本音。二人の関係は、どう見てもお似合いで、陽菜の一途さは眩しいくらいで、この二人はやっぱりこの二人だからこそいい、という感じなんですよね。恵には可哀想なんだけど。
陽菜のあんな想いを見せられたらねえ。鳥越も、めちゃめちゃイイヤツだし。こいつ、まったく完璧に主人公キャラクタだもんなあ。しかもあんな堅物ひねくれ者のドジっ娘ヒロイン属性持ちだと、嫌味も感じられないし。
病院の一室での一幕は、恵の立場からするとトドメの一撃。告白して振られた時よりも決定的な、完膚なきまでの失恋だったわけだけど、第三者の立場から見ると、ほんとによかったねえ、という甘酸っぱくも微笑ましい気持ちにさせられたわけで。
恵の悲痛な思いと、鳥越や陽菜側。そのどちらにも傾かず、異なる共感を同時に抱かさせる作者のバランス感覚は驚嘆に値する。両者の気持ちが伝わってくるだけに、複雑なんだけど、妙に清々しいんですよね。

まあ、この二人はくっつくだろうな、と予想はしていたので、ラストの展開もまた、ある程度は推測できていたわけだけど。
水穂さんを女性と誤解していた鳥越と違って、まどかの方は男性と認識していたから、齟齬はそれほどじゃなかったわけだしねえ。
でも、今のところ恵は失恋したばかりで他を見る余裕はないだろうし、まどかの方も真実を知って収まりがつくかどうか。
どうやらあと一冊でシリーズ完結するみたいだけど、はたしてこの整理されはじめた多角関係がどう決着するのか。もう一、二波乱があるのか。ううっ、これは完結編が待ち遠しい!

創立!? 三ツ星生徒会 2.それから恋3は加速した4   

創立!? 三ツ星生徒会2 それから恋3は加速した (ファミ通文庫)

【創立!? 三ツ星生徒会 2.それから恋3は加速した】 佐々原史緒/大場陽炎 ファミ通文庫

Amazon


この作品って、考えてみると凄いんですよね。ラブコメにも関わらず、ラブコメとして在って当然の、ラブコメとして大前提となるべき部分を放棄してるんですから。
ラブコメ史上、他に類をみないこの設定。

主人公を好きな異性が皆無!


これ、読み終えたあとにサブタイトルを見直すと、なんだか泣きたくなってきますよ。主人公・向坂恵、恋の加速に完全に置いていかれてるじゃないか!(涙
普通、ラブコメの主人公っていったら、誰かしら女の子に好意を持たれてるもんじゃないですか。たとえ現在は好きに至らなくても、好意の萌芽のようなもの。現代風にいうなら、フラグみたいなものが立ちかかってるみたいな。
皆無。
もうびっくりするくらいに皆無。

これほど誰からも眼中にない、っていうのは凄いですよね。恵の秘密を知る共犯者であり、恵の恋の相手である陽菜は、一途に鳥越の事を想っていますし、葛城さんはと言えば水穂さんに夢中。ゴスロリヤンキーさまはと言えば、葛城女史一択ですし。敢えて言うなら水穂様なのかもしれませんけど、この駄神様に恵へのそういう感情があるようには一切見えないしなあ。
ただこの主人公、恋愛面でこそ誰からもアウトオブ眼中なんですけど、肝心の生徒会活動に関しては、その地味ながらも堅実な働きが徐々にですが皆に認められ、信頼を得はじめているわけです。三校が合併してできた新設校の三ツ星学園は、それぞれの学校出身者が別れて対立軸を構成し、これまで反発や敵対、そして無関心によって乱れに乱れていたのですが、それが今、ここに恵を中継点というか楔というか緩衝地帯みたいにして、段々と一体感を獲得し出してるんですよね。
その意味では、彼はほんとによくやってると思うし、皆もその努力をちゃんとわかって認めてくれてるわけです。
ちゃんと頑張って、結果出してるんですよー。存在感薄いというわけじゃないんです。
なのに、恋愛面ではひとり蚊帳の外(笑
いや、蚊帳の外ではないのか。水穂様と合体した謎の転校生水穂さん(性別不明)として、葛城・鳥越両名のハートをがっちりしとめてるわけですし。
ただ、水穂として頑張れば頑張るほど、恵としては割りを食っていってしまうわけで。また、葛城・鳥越の二人を騙してるわけでもあり、精神的にも罪悪感によるダメージ大きいしで、恵ってけっこう一貫してボロボロなんですよね。可哀想に。
そんで、最後のアレでしょ。報われないんだよなあ。

陽菜の行動は、正直確かに酷いと思います。本人も最後に自分の酷さに気づき、愕然としてましたけど、やっぱりこの娘の目には鳥越しか入ってないんですよね。
ただ、彼女はそれでいいと思うんだよなあ。そりゃ、本人は大いに反省し、罪悪感に打ちのめされ、痛みに唇をかみしめるべきだとは思うけど、それでも恋する少女としてそれは受け入れるべき悪業ではないかと。綺麗なだけじゃいられない、というかなんというか。
でも、生徒会活動で付き合うにつれて、恋敵である鳥越の魅力的な人柄に気づかされ、そのたびに打ちのめされる恵の心の痛みは如何ばかりか。
実際、鳥越君のスペックって、主人公マックスレベルなんですよね。多少性格が気難しかったり、とてつもないドジっこだったりという欠点すら、完璧へと至る御愛嬌ってもんです。挙句、過去にトラウマあり。そんで、陽菜とは幼馴染。本来ならこれ、主人公とヒロインの立ち位置で、他人が割って入れるもんではないわけで。
……本気でなさそうだもんな。

今後これ、どういう展開になるんだろう。まるで想像できないんですよね。あれは、完璧にどうにもならない失恋だったわけだし。
可能性としては、葛城女史が一番大きいのかなあ。衣装選びで一応接点あったわけだし。ただ、恵も葛城女史も今のところ異性としてはお互いまるで眼中ないわけだし。これからの進展によるんだろうけど……。
しかし、あの恵のファッションセンスは彼女無し、姉妹無し、ただの野暮ったい一般高校男子としては、的確すぎて吹いたんですけど。佐々原先生の中身ですぎじゃないですか、あれ(笑
出すぎといえば、サッカーネタもアレですけどw

なんだか水穂さまも調子悪いみたいだし、ここから話がどう転がっていくのか。星イチ生徒会のメンバーもここで合流したことだし、改めて恋模様、複雑に再編されていくのかしら。どうなるのか、次また楽しみ。期待期待。
 
12月3日

(PASH!ブックス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Amazon B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
12月2日

(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(講談社ラノベ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Kラノベブックス)
Amazon Kindle B☆W


(早川書房)
Amazon Kindle B☆W

12月1日

(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(角川スニーカー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(HJコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月30日

(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月29日

(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W

11月28日

(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(Mノベルス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月27日

(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索