三浦良

銀の河のガーディアン 34   

銀の河のガーディアン3 (富士見ファンタジア文庫)

【銀の河のガーディアン 3】 三浦良/久世 富士見ファンタジア文庫

Amazon

暗雲立ちこめる銀河の闇――。魔術師コンビに訪れる最大の危機!?
皇帝の進退を決める大会議の場に出席することになった、天才魔術師セーヤと皇帝の娘ラリエナ。刻々と会議が進む中、突如、謎の攻撃によって襲撃を受ける。首謀者を見つけるため、セーヤとラリエナは動き出すが……。
これ、次代の【星界シリーズ】を担えるスペースオペラになれると思ったんだけどなあ。あとがきを読む限り、どうも打ち切りっぽい。富士見は電撃みたいに一旦中断しても何らかの機会があれば再開も、というパターンが殆ど無いだけに、第一部完、では済まないだろう。
残念だ。
残念極まりない。
ほんと、なんでダメなんだろう。スペオペとしても、男女のでこぼこコンビによるバディものとしても、非常に面白かったのに。こういう風に期待していて、実際面白く書けてるシリーズがあえなく打ち切りになってしまうパターンが読み手としては一番辛い。

いくつかの事件を通じて打ち解けてきたセーヤとラリエナ。お互いの個性というか性格も把握したところで、段々と息のあった以心伝心のコンビプレイも冴えてきて、相棒としての信頼も醸成されてきている。
その魔力の大きさから中央に召しだされたものの、特に目的や目標というものがなかったセーヤが、ラリエナの愚直なくらい真っ直ぐで頑張り屋な人柄を目の当たりにし、宦官と誤解され酷い扱いを受けがちな姿をしている自分に対して何の含みも意趣もなく接してくれた彼女のために自分の力を尽くそうと心に決めたのはわりと最初の方でしたけれど、それに対してラリエナはセーヤの浮世離れした性格や、その異常なほどの規模の魔力への劣等感、冷静沈着に暴走する彼の危うさに振り回され、この変人とどう付き合ったら良いのか戸惑っていた節もありましたけれど、ようやく彼に命も何もかも預けられる相棒として認めてきた所だったんですよね。
この巻ではセーヤが向けてくる全幅の信頼と何くれとなく差し出される助けの手に、ラリエナが擽ったがるような心地のよい歓喜とともに、自分の不甲斐なさを悔しがり、彼の差し伸べてくれるものに見合うだけのものを返そうと奮起する彼女の内面の心の動きが、何だか胸の奥を羽でさわさわとなでられるみたいなキュンとさせられるものを感じさせてくれて、良かったんですよねえ。ただの仕事上の相棒という以上に、自分の弱さや情け無さも隠し隔てなくさらけ出してなお付き合えるパートナーという感じと、それを踏まえた上で女性としてのかすかな甘酸っぱい心境が入り交じっている感じがして。
ラリエナって短気で猪突で行動派というキャラクターなのだけれど、その一方で心のあり方は非常に繊細で女の子らしいところがあり、でもやけに太っ腹で鷹揚で細かいところは気にしないという大雑把なところもあり、と様々な性質が矛盾せずに混在しているところが非常に興味深く、好ましいキャラでありヒロインだったんですよね。
皇帝と養子の皇女という立場に縛られながらも、それを縁にしてお互いの愛情を示すことしか出来ない不器用な母娘のやり取りもねー、すっごい良かった。建前と立場に縛られた会談でありながら、ふたりとも娘を、母を、慕い、愛し、慈しんでいる様子があふれるくらいに滲み出てて。不器用であるからこそ、真摯で偽りの介在し得ない想いが伝わってくる、いいシーンでした。
ラリエナがどうしてあれだけ頑張れるのか、皇女として活躍し出世したいのかという理由も、よくわかる。単純に親にいいところを見せたいとか、養子という弱い立場、魔力の少なさからくる偏見の目を覆したいとか、そういう自分事じゃないんですよね。本当に、自分を娘にしてくれた、娘として愛してくれている母の役に立ちたいというだけなのだ、という事が伝わってくる。そりゃあね、元々ラリエナを支えたいと思っていたセーヤが、さらにラリエナを応援したいと想いを強くするのも当然だよ。こういう健気な子は助けてあげたいよ。

そんな相棒として揺るぎない絆で結ばれつつある二人に対して、丁度うつし鏡のように対峙するであろう敵役の二人組が登場。セーヤそっくりの容姿と膨大な魔力を持った少女と、生き別れていたラリエナの実の兄。今のセーヤとラリエナの在り方とまっこうから反発するような立ち位置に登場した敵役の登場だっただけに、まさにここから大盛り上がりという流れだったのになあ。
なんで終わっちゃうんだよぅ……。


にしても、この皇帝陛下は名君である。同盟との戦争に勝ったことそれだけでも君主として名望を高めただろうに、彼女は一番難しいであろう戦後を、単なる征服と併合と支配ではなく、新たなグランドデザインでもって舵取りし、帝国の人間も同盟の人間も見たことがない新しい世界を作り出そうとしているのだから。しかも、その融和への筋道の立て方がまた強かなんですよね。彼女の強みは、破壊者であり改革者であり創造者でありながら、性急さからは程遠い、どっしりとした長期のスパンで物を見て、準備を整えているところなのでしょう。それこそ、数十年、数百年の単位で自分が思い描いている世界へと近づいていけばいい、という遠望でいるのだ。
それでも、保守的な人々には急激な変化に見えてしまい、反発が高まっているのを見ると、彼女の描いているデザインがどれほど大きく、変化に富んだものかというのが伺える。
同盟をとり込み、自分の正統性を強化し広く知らしめた上で、反乱分子を炙り出すという鮮やかな手並みには惚れ惚れさせられましたよ。

重ね重ね、これでおしまいというのが勿体無い作品でした。なんでこれが続かないかな、ほんとに。

1巻 2巻感想

銀の河のガーディアン 24   

銀の河のガーディアン2 (富士見ファンタジア文庫)

【銀の河のガーディアン 2】  三浦良/久世 富士見ファンタジア文庫

Amazon


魔力を封じるオーロラの下、旧同盟軍残存部隊との交渉に挑め!
皇帝の娘という高すぎる身分と低すぎる己の魔力に悩む親衛隊の少女ラリエナと、膨大なな魔力を持てあます天才魔術師セーヤ。コンビとなった2人は、叛徒が潜伏する惑星の調査に赴くが、ラリエナの身に危機が!?


いやあ、面白い! 前巻でべた褒めしたものだけれど、やはりこの作品のスペースオペラとしての世界観は非常に高いレベルで綿密に構築されているようだ。魔法というファンタジーな要素が根底にあるにも関わらず、エーテルと重力子を密接に関連付けることでロジカルなSFとしての側面を強固に補強しているし、なによりも魔力と科学が併存する世界観における社会構造が確かな実体感を以て構築されている。銀河帝国などというと、ついつい中世的な統治システムを連想してしまうけれど、その辺はむしろ【星界の紋章】を想起させる、銀河という広大な空間を統治するために洗練された機構として立脚してるんですよね。それでいて、魔術というファクターをふんだんに取り込んだ、独特の世界観になっている。
うーん、自分でもびっくりするくらい、この世界観には惚れ込んでるなあ。いっそ、ページ数を分厚くするかハヤカワ文庫みたいに文字を小さくして、事細かく世界観に付いて解説して欲しいほど。正直、今の情報量じゃ物足りないくらいなんですよね。

物語の方は、もしかして実はこの二巻をもってようやくプロローグが終わった、ということなんじゃないだろか。一巻は主要メンバーのキャラクター紹介と、人間関係の構築。そして、二巻は散らばっていたそれらメンバーを一所に集めて、一つの部隊として取りまとめることで、ようやく物語が動き出すための下準備が整った、みたいな?
カン艦長とトゥバ副長の迷コンビなんか、一巻の段階ではどうやってラリエナとセーナの主役コンビと絡ませるんだろう、と不思議に思ってたものなあ。なるほど、一つの特殊部隊に取りまとめて、カン艦長を指揮官にしたら、確かに全部うまくいくわ。
舞台背景が戦後十年という月日が経ち、戦後でありながら時代が変わりゆく過渡期として各地で情勢の不安定さが露呈し始める時期、というのもこうした対テロ特殊部隊が活躍する舞台としてはピッタリだし。そこに、ヒロインのラリエナが不肖の皇帝の養女という立場も、単なる火消し役というだけでなく、政治的な不安定に対しても能動的に関わることが出来るわけだし、物語のポテンシャルはやはり非常に高いつくりになっている。
ラリエナが単なる戦力ではなく、社会の在り方について強く訴えかけることのできる存在であるということは、この二巻のラストにおける敵叛徒の演説に対する反論と糾弾を見れば、確かなはず。
つまり、この物語は圧倒的な力でテロ組織を叩き潰す話というよりも、時代が変わりゆく中で不満を抱き、武器を手に取る人々に対して、暴力だけではなく理性と理想と論理を以て立ち向かう物語でもあるわけだ。ラリエナはそれを体現する主人公であり、セーナは彼女の理解者であり、彼女の心を支え、体を守り、彼女が目指すものを貫かせる、剣であり盾であり矛、かけがえの無いパートナー、ということなのだろう。
まだはじまったばかりの二人だけれど、絆はしっかりと結ばれている。出来れば、これからもっともっと二人の関係が醸成されていくところを、つきっきりで見ていたい。
その為には、このシリーズがもっともっと続いてくれなくては、困る、とても困る!!
ほんとに期待してるんですよ、このシリーズには。売れろー! 売れろー! って、前の感想見返したら、やっぱり売れろーと叫んでた自分が居た(笑


さて、多くの人が言及しているようだけど、やっぱりカン将軍のキャラはすごい、というかエグい(笑
これほどだったとは。あのラストの発想は無いわー。普通はその効能が分かっていたとしても、あんな真似は出来ないよ。この人が俗っぽい割に有能極まりない人だということは、作中でも多くの人の共通認識なんだろうけど、有能さよりもやはりどうしようもない変人として、どこか緩くてついつい侮ってみてしまう部分が強い。あの式典が爆笑に包まれた事からも、彼がいい意味でユーモアがあり親しまれ頼みにされる指揮官として皆に認められた事がよくわかる。
それが彼の資質であっても何も問題ではなかったんですけどね。……いや、セーナがビビるのもわかるわ。あれを完全に作為としてコントロールしたのだから、このカン将軍、かなり怖い人だ。伊達に、旧敵国人であり魔術師でないにも関わらず、艦長という城の主となり、また今回対テロ部隊の隊長として将帥に駆け上っただけはある。逆風の中で出世できる人間が、くせ者でないはずがないのは分かっていたつもりだけれど、思っていた以上にヤバいわぁw
直属の上官となるんだから頼もしいのは確かだけれど、頼り切りにするのは非常に危険な人物なのだとよくわかった。少なくとも、彼にとって有用な人材だと、少なくとも邪魔になったり害悪になる人物ではないのだと証明し続けないと、あっさり切り捨てられそうだ。いい意味で緊張感のある関係になれそうだな、これ。

1巻感想

銀の河のガーディアン5   

銀の河のガーディアン (富士見ファンタジア文庫)

【銀の河のガーディアン】  三浦良/久世 富士見ファンタジア文庫

Amazon
 bk1

天才魔術師セーヤと努力型のラリエナ、知謀と魔力で帝国を救う!
魔術帝国・ガルドミル帝国の皇帝直属部隊に属する少女ラリエナは儚げな美貌の新人セーヤと組むことに。強大な魔力を持ち超マイペースなセーヤに頭を抱えるが星に星を呑み込ませる「星贄の儀」に乗じたテロが発生し!?

来たよこれ、来たよこれ、来たよこれ!!!
当たり、当たり、大当たり!!
帯の読者モニターのコメントに「こういうものを待っていたッ!!」という言葉が使われていたけれど、読み終えて出てきた言葉はまさにこれだ。
長らく、長らく見なかった、これはまさしく<本格スペースオペラ>だ!!
そりゃ、小粒なのや安っぽいのは幾らでもあったけどさ、これは明らかに毛色が違う、全然違う。匂いが違う、気配が違う。
無責任に大言壮語してしまうなら、これは【星界の紋章】シリーズの「次」に位置してもおかしくない、それだけの「資質」のある作品だ。
大袈裟と言われるかもしれないが、そう感じたのだ。これは本物だと。
扱いさえ間違えなければ、方向性を違わなければ、そのポテンシャルを如何なく発揮できたとしたら、この作品は長く空隙を得ていた本邦のスペースオペラの系譜に燦然とその名籍を刻めるだけのものになるに違いない。

いやあ、ここまでビリビリと大物の予感を感じさせてくれる作品と行き会ったのは久々だ。定型句じゃなく、本当に久々だ。うふふ、やべえやべえ、顔がニヤケるのが止まらない。
先に【星界の紋章】シリーズのタイトルをあげたけれど、作品に漂う気配がすごく似てたんですよ。勿論、設定や世界観、キャラクターの性格や文章のリズムや描き方など、まったく全然違います。そういう意味ではほとんど似ちゃあいない。
でもね、触れると波紋のようにどこまでも広がっていきそうな宇宙を感じさせる広大なスケール感覚。その宇宙の中で築かれている、星々を統治する政体の威風。その政体の中でそれぞれの立場で己が為すべきを為さんとする人間たちの生き様。
そしてなにより、この広大な宇宙の中で偶然にして必然のように出会う、少年と少女のボーイ・ミーツ・ガール。
別にこの二人の出会いは劇的でもなく、特異でもなく、あり得る普通の出会いに過ぎないのです。その後も最後に到るまで、セーヤとラリエナの間には劇的な何かがあるわけじゃありません。ただ、コンビを組まされたことで会話を重ね、お互いのやりたいようにやり、その過程で相互に理解を深めていくだけに過ぎません。それは当たり前のコミュニケーションであり、そこには奇跡的な何かも、運命的なきっかけも、誰かが仕組んだ予定調和的伏線も何もありません。
それは普通の出会いであり、普通の関係の構築であり、二人にとってかけがえのない絆が生まれる展開もまた、別段特別すぎる何かがあったわけじゃない。
それなのに、いやそれだからこそなのか。
一連の事件が終わったあと、二人の姿に感じるのは、運命であり、奇跡であり、出会うべくして出会った必然のような、胸の高鳴るナニカだったのです。
自らに課した責の海に溺れかけながら強く気高く生き抜こうとする少女と、他者から見れば、本当に些細なことで、無に等しい己の中で彼女を唯一と定めた少年。この二人の間に繋がったものは、とても神秘的で美しく、同時に温かくて柔らかい。
それはまだ萌芽のようなものだけれど、恐らく此の後彼らに降りかかってくるだろう波乱、大難の中で掛け替えのないものとして大きく育っていくに違いない。

今回の事件は、まさにプロローグのようなもの。セーナとラリエナの繋がりが萌芽というのなら、のちのちの激動を予感させる様々な萌芽がアチラコチラで静かに芽吹きだしているのが見て取れる。伏線というほど露骨でもあからさまでも作為的でもなく、ただその治世のあらましとキャラクターたちの立ち位置を描くことで、時代の訪れを予感させるこの静やかながらもどよもすような聳え立つ空気感。
この空気感こそが、痺れるような大物感を感じさせてくれる大元なんだろうなあ。

単純にキャラクター小説としても秀一であることは強く言及しておく。特に、メインの二人であるセーヤとラリエナのそれは、キラキラと輝いていると言ってもいいほど。
俗物のくせに、やたらと有能で遣り手の軍人であるカン艦長と副官トゥバの掛け合いも妙に気持ちのいいものだったし、今回の敵となる二人の男のやりとりも妙味があって、皇帝と宰相のそれもなんだけれど、全体通して会話にインパクト、というか読んでる側に快をもたらすような不思議なパワーがあるんですよね。

この作品、今までの三浦良さんの作品から抱くイメージとは、まるで別物、と言ってもいいかもしれない。初期の頃にあった独特の癖の強さをより洗練させて伸ばしに伸ばし、その上で拙かった部分を解消して先鋭化された所を突出しているように感じさせないバランス感覚と丁寧さで補った上で、どんと丸ごとでっかい器に入れなおしたような。ここまで変われば、根本は変わらないにしてもやっぱり別物だよなあ。ほとんどクラスチェンジだよ、これ。

とにかく、現時点において本作は私の中で最大一押し作品に決定しました!!
売れろーー売れろーー! でも売れても方向性とか軸とかブレるなーー(ムチャ振り

MA棋してる! 1  

MA棋してる!(1) (富士見ファンタジア文庫 み 2-1-1)

【MA棋してる! 1】 三浦良/ぽぽるちゃ 富士見ファンタジア文庫

Amazon


うわ、これは……ちょっとびっくりするくらい王道の魔法少女モノ。ええ、そりゃもう、完璧真っ当な。というか、ライトノベルでこんなに直球な魔法少女モノってあったっけ? ありましたっけ?
異世界からマスコット型の来訪者が、現実世界の女の子(要小学生)の前に現れて、魔法と言う新しい力を与えてくれる。以降、そのマスコットをパートナーに異世界が原因の魔法関係の事件を解決。そのうち、自分と同じように魔法世界のマスコットを相棒とする同年代の少女と遭遇。最初は敵として衝突するものの、後々は協力して事に当たるようになる、みたいな?

多少、前提やロジックは異なるものの、こうして考えると素晴らしくテンプレート通りだわなあ。面白いのは、今のところライトノベルでここまでテンプレート通りに構築された魔法少女モノがほとんど存在しないというところ。
おかげで、懐かしくも妙に新鮮な気持ちで読む事が出来た。作り方が非常に丁寧で、慎重なほど話の土台やキャラクターの立脚を大事にしている、というのもあるんだろうけれど。
うん、この迂遠なくらいに丁寧な筆致も、今回書こうとしている作品の作風に合致しているのかもしれない。
主人公の女の子がまた、なんとも落ち着いた思慮深い性格で。小学五年生なんだけど、両親が、名人級の将棋棋士と史学博士というのもあるんだろうけど、変にギャーギャー騒がない子なんですよね。ただ、子供っぽくない、のとは違うんだよなあ。大人びているのとも少し違う。あくまで子供なんだけど、よく出来た子供っているじゃないですか。作中では、見た目は同年代の子より幼く見えるくらい小さいのに、友達やクラスメイトからは「おねえさん」的な存在として頼りにされてる、という風にも描写されてるけど、なるほど的確な表現。しっかりもので、落ち着いた、でもひねたところも斜に構えたところもない、素直にすくすくと育ってる純心な子供さん。
この子の視点があるおかげだろうか。彼女に魔法を教えることになるソフィーが守銭奴で色々とややこしい性格の持ち主で、一見するとただの難儀な迷惑モノにしか見えないんだけど、彼女が思慮深い、でも真っ直ぐな視線で見ているからか、傍から分かりにくいその意外なほど公正で真っ当なソフィーの本性が見えてきて、ラストで明かされる彼女に課せられる重要な役割も、まあやってみたら意外とアリなのかもしれない、というのが透けて見えてくるわけです。
その辺が理解できていない他の人間からすると、彼女は不適格者以外のなにものでもないんですけどね。
二人の異文化交流も、地味ながらもそのすり合わせがなかなか面白かった。変にテレビとか魔法・科学の存在に仰天するような派手なものじゃなく、ちょっとした認識の相違や、概念の有無による混乱とか、対話によって発覚するその相克と解消が、地味であるが故に興味深い仕上がりになってて、その辺もっといろいろ読みたかったかも。

んで、やっぱり肝となるのが将棋魔法か。
とある理由から、魔法世界元来の魔法を発現させる式を初期化し、主人公・奏がオリジナルで構築式を創造することになってしまった時、彼女が魔法を発動するシステムとして選んだのが、将棋!
さすがに、普通の将棋のルールを魔法戦にあてがうことはさすがに無理なので、実戦を通じてアレンジしていくことになるんだけど、この魔法がやっぱり面白い!
駒として起動した魔法を動かし、棋譜を構築。穴熊囲いや中飛車などといった将棋における戦法がそのまま、魔法として発動するわけなんですが、これが見てるとなかなか燃える。
しかも、敵の魔法戦術を将棋と同じように先読みして、此方の魔法も構築していかなくてはならなくて、単純に将棋の戦法を繰り出してぶつかり合うのではなく、将棋と同じように敵の動きを読みながら手を繰り出していかなくてはならなくて、その駆け引きは今後ともかなりの見ごたえある場面となってきそう。
相手の魔法は、もちろん将棋を元にしたものと違い、今回の相手となる魔法少女はあれ、プログラム言語を基盤とした魔法になるのか。根本的に異種魔法格闘戦、みたいな様相になるわけで。
お互い、相手の魔法の構築式の元となるものはわかるんだけど、お互いに将棋やプログラム言語なんかよくわかんないから、手探りしながらの駆け引きの色の濃い戦闘になるわけです。これ、噛み合わせとか、戦術の構築とか、けっこう戦闘の形態を整えるのは難しそうなんだけど、これが乗ってきたらのちのちとてつもなく面白くなってきそう。
そのへん楽しみなんだけど……でも、書くの難しそうだなあと心配でもある。
でもまあ、そのへんは期待してます。面白かった、続きが楽しみ♪


 

3月31日

秋山瑞人
(電撃文庫)
Kindle B☆W


秋山瑞人
(電撃文庫)
Kindle B☆W


朱雀伸吾
(ヒーロー文庫)
Amazon Kindle B☆W


CLAMP
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


いのうえひなこ/棚架ユウ
(ライドコミックス)
Amazon Kindle B☆W

3月30日

宮原るり
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


宮原るり
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


えんじ
(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


下垣
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


桜木桜
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W

としぞう
(ファミ通文庫)
Amazon Kindle B☆W


ぶんころり
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


棚架ユウ
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W


まさなん
(GCノベルズ)
Amazon Kindle B☆W

3月29日

長月 達平
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


長月 達平
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


飴色 みそ/両生類かえる
(アライブ+)
Amazon Kindle B☆W


彭傑/桂千夏/真野真央
(アライブ+)
Amazon Kindle B☆W


小町さんぺい/Liars Alliance
(アライブ+)
Amazon Kindle B☆W


えかきびと/壁首領大公
(アライブ+)
Amazon Kindle B☆W


炎堂たつや
(アライブ+)
Amazon Kindle B☆W

3月28日

秋月壱葉/望月麻衣
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


糸なつみ
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W



Amazon Kindle B☆W

3月27日

山崎 響
(一迅社ノベルス)
Amazon Kindle B☆W


TYPE-MOON/大森葵
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中田ゆみ
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


山崎響/雪狸
(REXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鎌池和馬/冬川基
(電撃コミックス)
Amazon Kindle B☆W


荒木風羽/ケンノジ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


南高春告/鴉ぴえろ
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


苗川采
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


湯猫子/未来人A
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


五十嵐藍
(YKコミックス)
Amazon Kindle B☆W


三上小又
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


はんざわかおり
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


はんざわかおり
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


猫にゃん
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


椎野せら
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


春日沙生
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ムクロメ
(まんがタイムKRコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月25日

志瑞祐
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


御宮 ゆう
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


サイトウ ケンジ
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


汐月 巴
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


ニャンコの穴
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鳴海 雪華
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


鏡 遊
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


木緒 なち
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


両生類 かえる
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


久追 遥希
(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


柳内 たくみ
(MF文庫J単行本)
Amazon Kindle B☆W


道造
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


紙木織々
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


しば犬部隊
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W



(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


遥 透子
(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


赤池 宗
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


上野夕陽
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


風見鶏
(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


福田晋一
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


工藤マコト
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


佐藤真登/三ツ谷亮
(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


佐和井ムギ/まさみティー
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


みずのもと
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


長頼/シゲ
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


やもりちゃん/じゃき
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


サワノアキラ/秤猿鬼
(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ちくわ。(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


東條チカ/カルロ・ゼン
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ばたこ/中村颯希
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


石田あきら/東出祐一郎
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


伏見つかさ/渡会けいじ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


九我山レキ/くろかた
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


蛍幻飛鳥/志瑞祐
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


横田卓馬/伊瀬勝良
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


福井晴敏/虎哉孝征
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


福井晴敏/大森倖三
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Ark Performance/大河原邦男
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


夏元雅人/矢立肇
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


北爪宏幸/矢立肇
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


工藤マコト/矢立肇
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


佐々木少年/TYPE-MOON
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


犬塚惇平/ヤミザワ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


石井たくま
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


ZUN/水炊き
(角川単行本コミックス)
Amazon Kindle B☆W


御眼鏡
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


押切蓮介
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


長田悠幸/町田一八
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


オノ・ナツメ
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


浅月のりと
(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松風水蓮/彩峰舞人
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


3月24日

棚架ユウ/丸山朝ヲ
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W


洋介犬
(バーズコミックス)
Amazon Kindle B☆W

3月23日

殆ど死んでいる
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


カガミツキ/和多乃原かぼれん
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


洋介犬
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


岡まだち/今井真椎
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


岡まだち/今井真椎
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


ぐう/水無瀬
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


hoihoi
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


久遠まこと/徳川レモン
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


にぃと/アネコユサギ
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


倭ヒナ/ぷにちゃん
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


橋本良太/時野洋輔
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


ハミタ
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


大槻 俊也/二八乃端月
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


Spider Lily
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


阿部かなり/Spider Lily
(MFC)
Amazon Kindle B☆W


雨水龍/細音啓
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


鬼麻正明/暁なつめ
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


井冬良/二丸修一
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


葵季むつみ/二丸修一
(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


新海誠/甘島伝記
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


松本明澄
(イブニングKC)
Amazon Kindle B☆W


ハナツカシオリ
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


藤本正二/Juan Albarran
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


榎本あかまる
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


藤田和日郎
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


オキモト・シュウ/藤川よつ葉
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


田素弘
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


江口夏実
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


支倉凍砂
(中公文庫)
Amazon Kindle


入間 人間
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W


浅葉 なつ
(メディアワークス文庫)
Amazon Kindle B☆W

3月22日

川村拓
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


柊裕一
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


河本ほむら/八嶋諒
(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月20日

MIZUNA
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


もちだもちこ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


島田征一
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


暁晴海
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


星畑旭
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


Cuvie
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


生駒陽
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


サイトウケンジ/垣野内成美
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


河本ほむら/ズズ
(チャンピオンREDコミックス)
Amazon Kindle B☆W


柚木N’
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


紺野千昭/岩葉
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


佐賀崎しげる/鍋島テツヒロ
(ヤングチャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


あずまゆき
(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ルーツ/むにゅう
(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

3月17日

久住太陽/杉浦理史&Pita
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


森本大輔
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


藤川よつ葉/うえののの
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


二宮裕次
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


岡叶/樋口直哉
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W



(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲葉みのり
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


峰浪りょう
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


赤坂アカ/横槍メンゴ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W

L._SL290_.jpg" title="推しの子" />
奥浩哉/花月仁
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


すかいふぁーむ/ぺんたごん
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


午子/赤石赫々
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


椎橋寛
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


こうじ/鳴瀬ひろふみ
(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


広江礼威
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


えのあきら
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


イダタツヒコ/広江礼威
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


やまむらはじめ/広江礼威
(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


雨森たきび
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


冬条 一
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


ツカサ
(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


伊達 康
(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


えんじゅ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


美浜ヨシヒコ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


結城 涼
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


急川回レ
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


一分咲
(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


日日 綴郎
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


福山 陽士
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


蒼塚 蒼時
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


早月 やたか
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


ヰ森 奇恋
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


竹町
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


長岡 マキ子
(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


竹林 七草
(集英社文庫)
Amazon

3月16日

西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/大暮維人
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


山本崇一朗
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


福地カミオ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


硬梨菜/不二涼介
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


樋口彰彦
(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


吉河美希
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


春場ねぎ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金城宗幸/ノ村優介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


金城宗幸/三宮宏太
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


新川直司
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


コトヤマ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


畑健二郎
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


山田鐘人/アベツカサ
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


熊之股鍵次
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ひらかわあや
(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


渡井亘
(バンブーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

3月14日

あわむら赤光
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


佐藤真登
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


大森藤ノ
(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


星崎 崑
(GAノベル)
Kindle B☆W


白石定規
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


白石定規
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


白石定規
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


一ノ谷鈴
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W


よっしゃあっ!
(GAノベル)
Amazon Kindle B☆W

3月10日

四季大雅
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


宇野朴人
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


宇野朴人
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


鎌池和馬
(電撃文庫)
Amazon B☆W


時雨沢恵一
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


眤嫉駛
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


三河ごーすと
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


真代屋秀晃
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


アサクラネル
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


仁木克人
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


天乃 聖樹
(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


黒辺 あゆみ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


安崎 依代
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


台東 クロウ
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


新天新地
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


浅葱
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


米織
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


yocco
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


遠野 九重
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


橘 由華
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


橘 由華
(カドカワBOOKS)
Amazon


流優
(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


naginagi
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


稲井田そう
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


やしろ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


かのん
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

 【隻眼・隻腕・隻脚の魔術師 2 〜森の小屋に籠っていたら早2000年。気づけば魔神
すずすけ
(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


福山松江
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


熊乃げん骨
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


小鳩子鈴
(DREノベルス)
Amazon Kindle B☆W


ななてる
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


黒麦はぢめ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


根雪れい
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


美月めいあ/雨音恵
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


源素水/美月りん
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


さわむらリョウ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


TYPE-MOON/中谷
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


雨咲はな/有馬ツカサ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


矢神うた/葛原昏
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


青木潤太朗/森山慎
(角川コミックス)
Amazon Kindle B☆W


七菜なな/Kamelie
(電撃コミックスNEXT)
Amazon Kindle B☆W


宮月新/下内遼太
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


田岡りき
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲葉光史/山本崇一朗
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲葉光史/山本崇一朗
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


山本崇一朗
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


山本崇一朗
(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

3月9日

てにをは/いなば
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


佐藤夕子/篠浦知螺
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


白鷺六羽/小宮地千々
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


文屋リヱ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


つむみ/愛七ひろ
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


あび/樋辻臥命
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


ゆきの
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W



(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


たかの雅治/神無月紅
(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


コトバノリアキ
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


古川五勢
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


ヤチモト/resn
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


鷲見九/モンチ02
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


御影夏
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


あるくひと/小川慧
(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


高田裕三
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


マツモトケンゴ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


NEO草野
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


町田とし子
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


秋風緋色/ブロッコリーライオン
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


中島豊
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


園心ふつう/FUNA
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


横田卓馬
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


加古山寿/朱月十話
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


芳橋アツシ/延野正行
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


白土悠介/鬱沢色素
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


雪あられ/ツカサ
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


福田直叶/むらさきゆきや
(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


タクミユウ/橘ケンチ
(ワイドKC)
Amazon Kindle B☆W


金田陽介
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


三香見サカ
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


奈央晃徳/山川直輝
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


手名町紗帆/燦々SUN
(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


ひつじロボ/悠木碧/キメラプロジェクト
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


橙夏りり
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


ノブヨシ侍/クール教信者
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


檜山大輔
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W


中村カンコ
(アクションコミックス)
Amazon Kindle B☆W

3月8日

日野草/如月にまる
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


湯水快/山座一心
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


ありしゃん
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


佐々木善章/大地幹
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


黒崎リリー/島田英次郎
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


倉地千尋
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


宗我部としのり
(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


板垣恵介/猪原賽
(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


佐藤ショーキ
(少年チャンピオン・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


やとみ/藤田里奈
(ブシロードコミックス)
Amazon

3月7日

かみはら
(ハヤカワ書房)
Amazon Kindle B☆W


FUNA
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


初枝れんげ
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


メアリー=ドゥ
(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


空倉シキジ
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


赤堀君
(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


初枝れんげ/柴乃櫂人
(ガンガンコミックスONLINE)
Amazon Kindle B☆W


筧千里/堂島ノリオ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


あざね/大慈
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


ふか田さめたろう/植田亮
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


IMAGO/エイベックス・ピクチャーズ/こゆびたべる
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


機織機/川崎命大
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


中村基/中村なかち
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


えぞぎんぎつね/阿倍野ちゃこ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


常磐くじら/桃山ひなせ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


白石定規/七緒一綺
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


串木野たんぼ/ぽんこつわーくす
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W


蒼乃暁/BARZ
(ガンガンコミックスUP!)
Amazon Kindle B☆W

3月6日

三好智樹/瀬戸義明
(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


ずいの/系山冏
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


ippatu
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


藤本ケンシ/井出圭亮
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


山田恵庸
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


岡本倫
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


福本伸行
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon


上原求/新井和也
(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

3月5日

Kindle B☆W

3月3日

著 緑青・薄浅黄
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


かずなし のなめ
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


いつきみずほ
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


緒二葉
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


猪口
(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


河田雄志/行徒
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


出内テツオ
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


竜騎士07/赤瀬とまと
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


東冬/三田誠/TYPE−MOON
(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


槌田/TYPE−MOON
(角川コミックス・エースエクストラ)
Amazon Kindle B☆W


阿賀沢紅茶
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


龍幸伸
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


伊科田海
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


平方昌宏
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


末永裕樹/馬上鷹将
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


芥見下々
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


尾田栄一郎
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


タイザン5
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


西尾維新/岩崎優次
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


松本直也
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


春原ロビンソン/ひらけい
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


普津澤画乃新
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


鳥山明/とよたろう
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


へちぃ
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


山崎将
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲岡和佐
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


稲岡和佐
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


山本棗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


矢吹健太朗
(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


SUHO/Chae Habin
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


mini/yuin
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


iNA/Yuna
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


hiro者/すずね凜
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


ORKA/Spice&Kitty
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


鳥生ちのり/なまくら
(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索