徒然雑記

終日のたりのたりかな  
  オロチのまどろむ庭TOP  読書メーター  月刊書籍発売カレンダー  書籍感想・殿堂作品
  書籍感想・著者索引(表紙絵附) 書籍感想・著者索引(シンプル版)  書籍感想・作品タイトル索引(シンプル版)
  10月の漫画新刊カレンダー  10月のライトノベル新刊カレンダー
  11月の漫画新刊カレンダー  11月のライトノベル新刊カレンダー
 

中島艶爾

焦焔の街の英雄少女 3 3   

焦焔の街の英雄少女3 (MF文庫J)

【焦焔の街の英雄少女 3】 八薙玉造/中島艶爾 MF文庫J

Amazon

ベヒーモス、カルキノスの襲来に乗じ、“桔梗”本部を強襲した“八雷”。杏の奮戦空しく、“八雷”を率いる嵐樹の剣皇・イザナミによって光義が連れ去られてしまう。後悔に苛まれ、一刻も早く光義の奪還に向かおうとする杏。しかし、常に傍で自分の支えとなっていた光義がいないことで、杏は「烈火の剣皇」としての自分の姿を見失っていた。一方の光義も、イザナミを始めとする“八雷”メンバーの目的を知り、迷いを覚える。そんな中、敢行される光義奪還作戦。杏と共に投入される“獣人殺し”と呼ばれる部隊。善意から生まれたはずの戦いがやがて大いなる悪意を呼び込み…。世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。愛と悲しみの第3巻。
違う違う、普通は自分を見失うというのはそういうのじゃないから。杏さん、それちょっと違うから。

案の定、豆腐メンタルの杏は拠り所でもあった光義を攫われてしまったことで余裕を失い、これまで演じてきた「烈火の剣皇」としての自分の姿を見失ってしまうのですが……そこはね、普通に元の臆病で内気な一人の少女に戻ってしまえばいいんですよ。剣皇としての自分を見失うってそういうことでしょうに、この娘ってばそういう弱さだけは頑として受け入れないのよね。
なので、ひたすら威厳ある強い剣皇を演じようとして……キャラが迷走し始めちゃいましたよ、この娘ッ!?
突然高笑いキャラになったり、スケコマシキャラになったり、薩摩隼人になったりと舞台上で頭真っ白になってパニックになってる新人女優並みの右往左往っぷり……可愛いなあ、ほんとにこの娘は。
それでも、片時も光義を助け出すことは諦めないんですよね。逃げ出すことも引きこもることもせず、内心半泣きになりながら、パニックになって冷静に何も考えられなくなりながらも、戦うことからは助けることからは決して背を向けない。どれだけ豆腐メンタルでも、その芯だけは揺るがない。これだけ弱くて儚くて可愛らしく守ってあげたくなる少女でありながら、揺るぎない強さを見せるヒロインはなかなか居ないですよ。

こういう娘がヒロインだからこそ、あれだけ光義という少年が身も心も消費し尽くして彼女に尽くそうとする姿が自然に感じるわけです。その一心不乱さ、一途さにいびつさを感じさせない。それだけの献身に足る、相応しいヒロインなんですよね。
新キャラにしてヒロインであろうイザナミこと碧も、凄くいい子で良いキャラしているのだけれど、光義はあまりにも杏に一途すぎて、割って入る余地が殆どなさそうなのが、ちと可哀想になるくらい。鉄板すぎる。
まあ、そんな状態にメゲずに明るく強く輝いてみせるだけのパワフルさと健気さを、碧も持っているのでヒロインとしての輝きはいささかもくすむことはないのですが。新たな剣皇として、仲間としてもこの上なく頼もしいですし。
テロリスト「八雷」として登場した立場の危うさは危惧するところでしたけれど、そもそも八雷という組織からして反政府組織ではなく、こっそりと企業や政府筋から支援を受けて表沙汰にしにくい案件を解決していた、という裏側からとはいえちゃんと秩序を守る側にいた事で、合流にもそんなに不具合を感じさせませんでしたし。
テロリストとしてのヤバイ部分に関しては、あの展開がある意味全部持って行ってくれたとも言えますし。

次の目標も近畿侵食圏の解放と定まり、光義の自分の置かれた境遇への悩みも、この事件を通じて払拭され覚悟も定まったことだし、一気に新展開に突入できる態勢は整いました……整いました。続き、でますよね!?

1巻 2巻感想


焦焔の街の英雄少女 2 3   

焦焔の街の英雄少女2 (MF文庫J)

【焦焔の街の英雄少女 2】 八薙玉造/中島艶爾  MF文庫J

Amazon

皇士帝タイサイの池袋襲来。幼なじみの杏に続き、新たに皇士の剣皇となった光義は彼女と共にそれを打ち破る。しかし、狂気に支配された光義は皇士剣で杏の胸を貫いてしまう。杏の命がけの呼びかけにより、正気を取り戻した光義だが、待ち受けていたのはさらに残酷な真実だった。そんな中、全長1キロを超える剋獣・近衛種ベヒーモスの関東接近が観測され、東京では獣人テロ組織“八雷”が暗躍する。杏を戦わせたくない光義と、彼の身を案じる杏は望まぬ形で心をすれ違わせてしまうのだが…。世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。風雲急を告げる第2巻。
いきなり悪堕ちしたのか主人公! と、慄いたのだけれど、さすがに敵味方に別れて、という展開にはならなかったか。杏のメンタルからして、そうなったらなったで立ち直れない気もするけれど。何だかんだと折れないメゲない壊れない杏の豆腐メンタルだけれど、光義に関してはダダ甘もいい所ですしね。光義の過保護すぎるくらいの態度をみていると、尚更にそう思う。
しかし、光義も受難というべきか、理想に近づいたかと思ったら思いっきり遠のいていたという事実が哀れというべきか。無力感に苛まれ続けていたところに、杏と同じ立場に立てて彼女を護れる力を手に入れたと思ったら、むしろ守るどころか彼女を傷つけてしまい、同じ剣皇になれたのだと思ったら実際は真逆だったという悪夢。
あっさり、一般人でしかなかった光義に、杏と同じ力を与えてしまう展開に拍子抜けしていたら、これである。無力で力になれないこともさることながら、幾ら同等に近しい力を手に入れても、それで足を引っ張ってしまったら本末転倒である。
追い詰めるねえ。
幸か不幸か、光義が抱えてしまった事情は、杏だけは全部知る事になったのだけれど、さてこれによって誤解によるすれ違いが起こる事は避けられたものの、現状に対してどう対応するかについては、光義を心配する杏と、杏の力になりたい光義とですれ違いを見せてしまう。まあこれは仕方ない。お互いに自分よりも相手を大事に思っている以上、ここは妥協出来ない部分である。メンタル豆腐の杏は、とてもじゃないけれど光義の侠気を汲んで、自分のために傷ついてくれ、といえるほど男前の少女ではない。それどころか、子供ができたら相当に甘やかして育ててしまう、孫が出来たら嫁から苦情が出るほど溺愛してしまうタイプの娘さんである。……じゃなくて、他人が傷つくならば自分が傷ついた方がよっぽど良い、とする英雄である。その彼女が、前線を支える仲間たちに被害が出ることを半ば承知で、それでも光義に退くように訴えるあたり、この娘にとって本当に光義が特別なのだということがよく分かる。だからこそ、男の子は退けないよなあ。

何やら、テロ組織と剋獣に妙な接点ができていたり、新たな剣皇が不穏な動きを見せていたりと、襲ってくる剋獣を撃退する、というシンプルな構図が混迷しだしてきて、そろそろ杏たちが何と戦っているのか。それをきちんと整理することで話に一本の筋を通す頃合いに来ているのかも。その辺りがしっかり描き出せたら、作品としてもどっしりとしてくるんだろうけれど。

1巻感想

焦焔の街の英雄少女3   

焦焔の街の英雄少女 (MF文庫J)

【焦焔の街の英雄少女】 八薙玉造/中島艶爾 MF文庫J

Amazon

焼け落ちた品川の街、逃げまどう人々。別世界から侵入した剋獣――世界の敵に人々は脅かされていた。しかしこの世界には英雄がいる。世界を喰らう剋獣五帝と戦い、討ち果たす者。焔まとう英雄、烈火の剣皇・紅地杏だ。だが彼女には秘密があった。そのメンタルは豆腐で英雄然とした姿は演じているだけ。自分の台詞の恥ずかしさに赤面、後輩の相談に狼狽し半泣き。その真実を幼なじみ・黄塚光義だけが知っている。度重なる戦いでその身を、英雄であろうとすることでその心を、傷つかせていく杏。だが無力な光義ができることは、彼女の平穏な日常を守ってあげることだけで……。これは世界の運命に翻弄される、英雄の少女とその幼なじみの物語。
いやいや、全然豆腐メンタルじゃないよ! 臆病で内気で恥ずかしがり屋さんだからこそ、どれほど怖くても、大切なモノを守るために逃げずに戦おうとする姿は、勇気の塊なのである。
本当に豆腐メンタルだったら、折れて挫けて内に篭って自分で作った殻から出てこなくなっちゃいますよ。
それなのに、それどころか杏ちゃんは愚痴らないし、恨み事も言わないし、泣き言一つこぼさない。自分だけが、世界を守れると知っているから、その使命を全力で果たそうとしている。それが、家族や大好きな幼なじみを守る事に繋がっていると知っているから、笑って戦場へと走って行く。
それを、どうして豆腐メンタルなどと言えよう。
言えるのは彼だけである。黄塚光義その人だけの、特権であり義務である。
彼だけが、人類の英雄の持つ弱さを、肯定してあげられる。してあげなければならないと、固く心に誓っているのだ。英雄である彼女を手助けできない無力さを、どれほどこの少年が忸怩たる思いで、痛切に感じているかは、彼が本来有していた人格を封印し、性格を湾曲させ、ただ杏が穏やかで幸福な日常を送れるように、彼女の心の平穏を守るためそれだけにカスタマイズして接している事からも明らかだろう。
その彼女の日常を守る行為がむしろ、杏を余計に英雄として戦う事に駆り立てる理由となっているという矛盾を前にしても、彼にはもうそれ以上何も出来ないが故に。
だからこそ、光義が杏と同じ英雄として並び立つ、という展開は彼の心を掻き毟るような渇望が叶えられるという意味で、とても王道であり、鬱屈を吹き飛ばす痛快な話の流れであったんだけれど。問題はこれを書いているのが、八薙玉造という作家だった、という所に尽きるわけで……。

しかしまあ、この豆腐メンタルヒロインの杏ちゃんのキャワイイ事キャワイイ事。このネガティブとはベクトルの異なる弱々キャラは、相変わらず八薙さん上手いですよね。【獅子は働かず〜】のサロメお師様もそうだったけれど、この全力でイジメて光線を出してるヒロインは抜群ですね。残念ながら、この主人公はイジるどころか、過保護なくらいにフォローしまくってますけれど、うむ、杏の場合はイジメて光線よりもむしろ過保護にしないと死んじゃいそうな庇護欲を掻き立てるタイプなので、コチラのほうがいいのか。でも、本来の光義の性格ってむしろあんな繊細に接するタイプじゃないっぽいんですよね。光義が本性剥き出しにしてしまった時の、杏の半泣きの様子はナニカ良からぬ嗜好を刺激してしまい兼ねないアレな雰囲気が……w やめろよ、ついつい色々と想像しちゃうじゃないか。

ラストの展開は衝撃的でしたけれど、あの光義の杏への接し方、というか彼のずっと自分を歪めてしまっている生き方がかなり負荷がかかってそうな在り方だったので、こう…ガラっと二人の関係を変えてしまいかねないこの展開は、ちょいと舌なめずりな代物でした。次こそが楽しみ。

八薙玉造作品感想
 
11月26日

(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月25日

Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングガンガンコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ガルドコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(コロナ・コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(MF文庫J)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(オーバーラップノベルスf)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ダッシュエックス文庫)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFブックス)
Amazon Kindle B☆W


(KADOKAWA)
Amazon Kindle B☆W

11月22日

(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFC)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス フラッパーシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(モーニング KC)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスJOKER)
Amazon Kindle B☆W


(ガンガンコミックスpixiv)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月20日

Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見ファンタジア文庫)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(GCN文庫)
Amazon Kindle B☆W

11月19日

(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーGXコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

11月18日

(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガ文庫)
Amazon Kindle B☆W


(ガガガブックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤングチャンピオン烈コミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月17日

(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(電撃の新文芸)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(星海社FICTIONS)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(マガジンエッジKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W

11月16日

(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スターノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月15日

(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(富士見L文庫)
Amazon Kindle B☆W


(Gファンタジーコミックス)
Amazon Kindle B☆W

11月12日

(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(GA文庫)
Amazon Kindle B☆W


(宝島社)
Amazon Kindle B☆W


(星海社COMICS)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ゲッサン少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(サンデーうぇぶりSSC)
Amazon Kindle B☆W


(ビッグコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アース・スター コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(メテオCOMICS)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


11月11日

(裏少年サンデーコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(アクションコミックス(月刊アクション))
Amazon Kindle B☆W

11月10日

(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(BLADEコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(MFコミックス アライブシリーズ)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(電撃文庫)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(カドカワBOOKS)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W


(TOブックス)
Amazon Kindle B☆W

11月9日

(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンコミックスエイジ)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(角川コミックス・エース)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(シリウスKC)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(講談社コミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W
11月6日

(角川書店単行本)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W


(SQEXノベル)
Amazon Kindle B☆W

11月5日

エンターブレイン
Amazon Kindle B☆W


(エンターブレイン)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(ドラゴンノベルス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(PASH!コミックス)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(フロース コミック)
Amazon Kindle B☆W


(KCデラックス)
Amazon


(KCデラックス)
Amazon


(アフタヌーンKC)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


(ヤンマガKCスペシャル)
Amazon Kindle B☆W


Kindle B☆W

11月4日

(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(JUMP j books)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


(ジャンプコミックス)
Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W


Amazon Kindle B☆W

Categories
最新コメント

Archives
記事検索
タグ絞り込み検索