メイケイエール、あれで勝つんか!!
これで「小倉2歳S」「ファンタジーS」「チューリップ賞」「シルクロードS」に続いて重賞5勝目。
重賞5勝は掛け値なしに凄いですよ。
道中制御が効かない荒れ馬ながら、ちゃんと走れば強いんだ、と言われ続けてきたメイケイエールですけれど、ほんと強いなっ!
池添騎手に乗り代わってからだいぶコントロールが効いていたように見えていたメイケイエールですけれど、今回は道中荒れっぱなし。勝利インタビューで池添くんが折り合いはどうでしたか、と聞かれてしみじみとキツかったですねー、とこぼしてたくらいですからね。
それでも、直線に入るくらいにはなんとか宥めていたのはさすがでした。
先頭を走っていたリフレイムが案の定、外柵に向けて斜めに走り去っていくのを尻目に各馬一斉に仕掛けていったわけですけれど、追い出してからのメイケイエールの脚色が一味違いました。
200のハロン棒前後で周りとは違う速度でグンと先頭に飛び出て、そのまま押し切りゴールイン。
ただ道中でやっぱりスタミナ使ってたんでしょうね。抜け出したあとの残り100メートルくらいでは脚色鈍ってるんですよね。遅れて伸びてきていたスカイグルーヴやタイムトゥヘブンと言った面々にだいぶ迫られていて、1600になってたら持たなかったでしょう。
一応、このレースは安田記念のトライアルレースともなっていて、勝ち馬には優先出走権が与えられるそうですけれど、メイケイエールは春はもうこれで終いにするという話も。
個人的にメイケイエールは体力・スピードなどから見てもマイル向きと思ってるんですけれど、やっぱり気性面でどうしても短い所しか走れないのかなあ。1400が今の所ピッタリにも思えます。
1200は短い感じがするんですよね。本職のスプリンターと比べるとどうしても。
もうちょっと折り合いさえ付いたらなあ。池添くん、頑張ってくださいよ。やっぱりメイケイエールがG1勝つところ見たいですし。

エアグルーヴの孫という直系という良血馬スカイグルーヴですが、重賞勝ちまでもう一歩の2着。なかなか勝ちきれないですねえ。実力的には十分だと思うのですけれど。
3着はタイムトゥヘブン。前回のダービー卿チャレンジトロフィーの11番人気での勝利がフロックでない事を証明する上がり2位の33.4秒の脚でした。この子も、アドマイヤベガの最高傑作のうちの一頭で桜花賞馬で古馬になってからも重賞いくつも勝った名牝キストゥヘヴンの子ですからね、頑張ってほしいものです。